映画さんぽ シスタマゴの徒然日記

映画大好きな姉妹が、最近観た映画のレビューや日々の出来事を気の向くままに綴っています♪

乾燥しすぎ~

2014年01月31日 | 日記
むーちゃんの職場は温度はそれなりに暖かく過ごしやすいのですが、湿度が異様に低いです

毎日20%台。
だいたい23~25%といったところでしょうか…。

これは乾燥しすぎですよね

ちょこっと調べてみたところ、気温が25℃なら45%くらい、21℃なら50%くらい、17度では65%くらいの湿度が適度らしいです。

で、それを下回るとウィルスが増殖しやすいとか

そういえば最近風邪ぎみで咳き込んでいる人とか喉の調子がおかしいという人が出てきているような…

インフルエンザとか流行る時期なので、いま特に気をつけなければならないのですけどね

風邪とはまったく無縁なむーちゃんですが、この乾燥の影響は腰まわりと肩にきています

一昨年前からなのですが、かゆくてかゆくて、掻いたら皮膚がカサカサになって白い粉のようにポロポロ落ちるということに

今は極力掻かないようにして、薬を塗るようにしたらようやく落ち着きましたが。

市販の薬では乾燥は防げてもかゆみは全然おさまらなかったので大変でしたが、病院の薬だとちゃんと効いてホッとしています

いや、それにしても、そもそも湿度の調節をなんとかしてほしいのだけど、自分たちではどうにもできないし本当に困ったものです。

こうなったら徹底して保湿…するしかないですね。
白色ワセリンを買ってこようかどうしようか、いま迷い中です…
コメント

どっちを見る?!どっちも見る?

2014年01月30日 | 映画
先日「進撃の巨人」のことでいろいろ調べている時に、たまたま「DEATH NOTE」「バクマン。」の小畑健先生の新連載がヤングジャンプで始まるという情報を目にしました。

タイトルは「All You Need Is Kill」。

桜坂洋さんのライトノベルが原作らしいのだけど、実はなんとこの同じ原作で今年の7月にトム・クルーズ主演で映画も公開されるとのことです。

こちらで予告編が見られます
       ↓
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』特報

海外ではこの予告編を見て「恋はデジャ・ブ2」なんて囁かれていたりもしているようだけど、なるほどこの設定はとても似ています
今回のこの作品はSFアクションぽいのでジャンルは全然違うけどね。

おもしろそうだけど、でもどうなんだろうか…?と今のところ正直まだ不安もあります。
監督がダグ・リーマンっていうのもあるんだけど
(「スウィンガーズ」は大好きなんだけど、他の作品は……ムニャムニャ

マンガも映画も「これはオススメ!」という評判になったら言うことなしなんですけどね~
できるならどちらも楽しみたい!とは思っているのですが、さて、どうなるんでしょうか…?
コメント

新作が続々公開だけど…

2014年01月29日 | 映画
この週末から再来週にかけて、続々と新作が公開されます。

それはとても嬉しい事なのだけど…

一度に来る数が多すぎる!!

今週末は『アメリカン・ハッスル』と『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』の2本だけど、『ウルフ~』は上映時間が3時間
土曜日は2人とも仕事のため、レイトショーに行かなければならないのだけど、帰宅時間は午前0時を過ぎることに…

今週はまだいい。

来週になると、『ラッシュ/プライドと友情』『スノーピアサー』『麦子さんと』こちらの地方では『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』の4本が!

そのまた次の週になると『エージェント・ライアン』『大統領の執事の涙』こちらでは『危険なプロット』の3本が!

しかも来週は、ビーちゃんとむーちゃんの休みが全然合わず…
果たしてすべて観ることができるのでしょうか…

いや絶対観に行くけど

というわけで大忙しの2月になりそうです
コメント

嬉しい偶然♪

2014年01月28日 | 日記
むーちゃんは今日は通院のため仕事を定時であがり、そのまま耳鼻科まで直行でした

この時間帯なのでいつもは聞けないラジオ番組「音楽遊覧飛行 -エイジアンクルーズ-」を聞くことができました

流れるのは民族音楽なので、あまりなじみがない曲ばかりだろうな…と思っていたら、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンの「シャマス・ウド・ドハー、バダル・ウド・ドジャー」(←覚えられない…)が流れだしました。

この曲は知らない曲です。

でもヌスラット・ファテ・アリ・ハーンは知っています。(パキスタンの方です。)

実はうちにはこんなCDがあるんです。




法悦のカッワーリー[Ⅱ]

年に1度も聴くかどうかだけど、音楽は心地いいです。
オススメの曲は「ALLAH-HU アッラー・フー(彼こそアッラー)」です

ところで、なぜこんなマイナーなCDを持っているかというと、そのきっかけは「デッドマン・ウォーキング」のサントラでした。



この写真じゃ全然読めないけど、アーティストの名前の一番下にNUSRAT FATEH ALI KHANの文字が

ここでは実はエディー・ヴェダーとコラボして2曲歌っていたのですが、それがすごく良かったので単独でのCDを探して買ったのでした。(まだPCが普及していない時代でしたので、もちろんお店で買いましたよ

しかし、まさかこの方の曲がラジオで聴けるなんて思ってもみなかったので、ちょっと嬉しかったです。

う~ん、なんていいタイミング
今日、通院の日にして良かった…なんて思ったのでした。


※ちなみに通院は一応今日で終わりました
 症状がこのまま落ち着いていれば大丈夫のようです。(難聴の雑音はなくなりました!)
 ただ飲みにくい薬はあと1週間分あるんだけどね
コメント

永井一郎さん

2014年01月27日 | 日記
声優の永井一郎さんが亡くなりました
急逝だということで、とても残念です。

永井さんといえば、サザエさんの波平さんが一番に有名ですが、私たちは『未来少年コナン』のダイス船長や、『天空の城ラピュタ』の将軍なども思い出します。

どんな時でも、永井さんの声が聞こえると、すぐに永井さんと気付くほど浸透していました。

サザエさんの登場人物の声優さんは、かなり交代しているようですが、永井さんはそのままで後任は一体誰になるのか気になりますね。

あの声で何十年も波平さんをやってきただけに、次の声優さんもかなりのプレッシャーだと思いますが、今までのイメージを壊さないような方にしてほしいものです。
それがプレッシャーなんじゃ

おなじみの声優さんが次々亡くなっていくので、淋しいです
コメント

今度からは忘れない!

2014年01月26日 | 日記
昨日のことなのですが、思いつきでふら~っと立ち寄ったドラッグストアでお菓子などを買ったのですが、レジで清算した時に店員さんから「袋をお持ちですか?」と聞かれました。

いつもなら必ず持ち歩いているのです。
しかし今日はカバンを替えてきたこともあり、しかも買い物する予定でもなかったので忘れてきてしまいました…

お菓子は割と多め、その量が入る袋が店内にはない、自分が持ってるカバンはとても小さい

…ということで、店員さんの「レジ袋は5円かかりますが、よろしいですか?」ということに「はい…と答える他ありませんでした

レジ袋はとても大きく、しかも5円かかるだけあって硬めで頑丈でした。
しかし、まさかこの自分が5円もかけてレジ袋を使う日が来るなんて思ってもみませんでした。

たかが5円、されど5円。
いつもならエコバッグを使ってエコポイントまでもらうくらいなのに、この有り様。
たったの5円のことだけど、なんだかとっても損した気分になったむーちゃんなのでありました…
コメント

おじさん?

2014年01月25日 | 映画
今日の新聞の広告ページを見ていたら、このおじさん誰だろ?

あれ?よく見たら知っている人?

んん??これは…


イライジャ・ウッドじゃないですか


(ピーターラビットと同じポーズ

というか、不覚にも一瞬“おじさん”と認識してしまったのが我ながら悲しい…

今までは子役の頃を思えば“成長したなぁ。”“大きくなったなぁ。”と思うくらいだったのに。

ところで昨日の記事で「ラジオフライヤー」のところでイライジャ・ウッドの話も出たけれど、当時の彼はこんなにかわいかったのですよ


(右にいるのは弟役のジョゼフ・マゼロ。幼い!)

いつまでも子ども子ども…と思っていたのに、ふと気付いた時には20歳だの、その後はいつのまにかもう30歳?!とビックリしたものだけど、3日後には33歳になるのですね。

早いものです

それにしても小さな時から今までコツコツと地道に俳優の道を歩んでいるのは素晴らしいですね
時には「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで大注目を浴びた時もあれど、調子に乗るようなふるまいもなく…えらいです

これからの活躍も楽しみにしています。
たとえ、おじさんっぽくなってもね

<おまけ>

こちらでCM動画が見られます。ピーターラビットと出てます
     ↓
トヨタ自動車ノアCM

コメント

懐かしき二本立て

2014年01月24日 | 映画
今の映画館は、指定席・完全入れ替え制ですが、昔は一度入ったら映画館を出るまで、何度も映画を観ることができました

ただ指定席ではなかったので、人気の映画になると席取り合戦になったものです。
ここらへんでは『インデペンデンス・デイ』や『スピード』が壮絶だったなぁ…

めっきり少なくなったけれど、シネコンができる前は二本立て上映が当たり前でしたね。

今は1本の映画代が1800円(1700円のところもあり)だけど、二本立ての場合は2本観ても1600円(当時)だったんですよね~。

映画館がその2本を決めるときもあれば、映画会社自ら2本をセットにして同時上映という形で公開するときもありました。

『男はつらいよ』と『釣りバカ日誌』とか、『火垂るの墓』と『となりのトトロ』とかね

覚えているところで、どんな二本立てがあったかというと、

『キンダガートン・コップ』と『バックドラフト』

『リトル★ダイナマイツ/ベイビー・トークTOO』『レナードの朝』
『リトル~』がつまらなすぎて、早く終わらんかな~と思った記憶があります

『ダーティ・ハリー5』『さよならゲーム』

『天使にラブソングを2』『裸の銃を持つ男33 1/3』

『ラジオ・フライヤー』『プリティ・リーグ』
なかなかの二本立て。リチャード・ドナーの『ラジオ・フライヤー』はあまり知られてないけど、ちょっとした秀作。
主演のイライジャ・ウッドとジョゼフ・マゼロが、まだほんの子供でとてもかわいかった記憶があります。

『ラルフ一世はアメリカン』『ハード・ウェイ』
コメディ二本立て。ジョン・グッドマンを見たのは『ラルフ一世~』が最初。

『プリティ・ウーマン』『ゴースト/ニューヨークの幻』
全国的にリバイバルの二本立て。私たちはこれが初見だったけど、とても面白かったのを覚えています

あと私たちは観てないけど、こんな二本立ても。

『ビリー・バスゲイト』『ゆりかごを揺らす手』

『兜』『ジェイコブス・ラダー』

友だちが観に行った、
『シザー・ハンズ』『ホーム・アローン』

『プレデター』『エンゼル・ハート』
…ハードな2本だ。友だちは観終わって「疲れた…」と言ってました


それで、これまでに観たサイコーの二本立てといえば…
『未来は今』『ショーシャンクの空に』の二本立て
大阪でティム・ロビンス特集というのをやっていて、確か1000円で観た覚えがあります。
今考えても、奇跡の二本立てだ…

ちなみに、翌週はブラッド・ピット特集で『カリフォルニア』『ジョニー・スエード』でした
コメント

なんだかなぁ…

2014年01月23日 | 日記
お正月休みが明けてからというもの、ずっと残業続きのむーちゃん

毎日2時間の残業(10時間勤務…)なのですが、帰宅してごはんを食べる頃は20時に。

晩ごはん食べつつテレビ見て、お風呂に入って…時計を見るとあっという間に23時になっていたりします

思えば職場の服とうちではパジャマに着替えるので、洋服をまったく着ていない日々が続いています…

もう服に着替えるのも面倒で、パジャマでいいや~といういい加減な状態に

せめてもう少し時間に余裕のある生活をしたいです。

というか、なんというか…


毎日、忙しすぎるんじゃあ~~~(←心の叫び)

と思うここの頃です…。
コメント

NTTにつながらない

2014年01月22日 | 日記
NTTのCLUB-NETから、「ポイントが4月で失効します」とメールが来ました。

利用したことないけど、せっかく何千ポイントも貯まってるんだからと、ログインしようとすると…エラー

書類上の回線IDに間違いない事を、嫌になるほど確かめて入力してもエラー

しょうがないので、メールで問い合わせたら『電話でお問い合わせください』との返事

その日は混み合ってて繋がらず、(午後9時までとあるけど、やっぱり5時までじゃないと繋がらないのかな…)と思い、後日5時前にかけたところやっと繋がりました。

だけど、「大文字と小文字を間違えてませんか」とか「もう一度入力してみて下さい」とか「それでもエラーになるなら後日5時までに電話してください」というだけで、何も解決されませんでした
終業前で早く帰りたかったのかもしれないけど、なんだかいい加減な応答でした

それからやり直してもやっぱりエラーになるため、また電話しようとすると…

「ただいま回線が混み合っています…」

今度はめげずに2時間ほどかけ続けましたが、

「ただいま回線が混み合っています…」

え~い!どうすりゃいいんじゃあ

NTTは、プラン変更の営業電話をよくかけてくるけど、売り込みする時ばかり躍起になって、こちらから問い合わせしたい時は、まったく当てにならない。

もうNTTが嫌いになりそうな今日この頃です
コメント

レンタルDVD2本

2014年01月21日 | 映画
先日、また旧作のDVDを借りてきました。

『イングロリアス・バスターズ』


タランティーノの作品で、唯一観ていない映画。
なんで観に行かなかったんだろう…と思うくらい、面白かったです

思えば、『ジャンゴ』で2回目の助演男優賞を獲ったクリストフ・ヴァルツが初めて助演男優賞を獲った映画なのでした。(そういえば、どっちもタランティーノの映画だなぁ…)
それまで“ナチスの将校”役は、ノミネートされても受賞できないというのが定説だったのに、初ノミネートでいとも軽やかにオスカーを獲ったのでした。

残酷な場面が多いけど、それと同じくらい笑える場面も多いのです。


『しあわせのパン』


観に行かなかった邦画で良さそうなのを選んでみました。

良さそう…だったのだけど、ほとんどファンタジーの世界でしたね

パン屋さんで生計を立てているくせに、数人の常連客以外お客さんが誰も来ない!
(ストーリーに関係なくても、常にパンを選んでいるお客さんぐらい映しておこうよ…)

店の営業時間がいつなのかしらないけど、結構気ままに買い物や散歩に出掛ける二人。
何かというと、タダでお客さんにご馳走しちゃう。

儲けあるの!?

まあ、店で売っているパンが1つ5千円とか、宿泊代が1泊3万円とかだったら、もしくは…
そんなパン屋があるかい

雰囲気優先のあまり内容のない作品で、ちょっと残念でした

さあ、今度は何を借りて来ようかな
コメント

サプライズ

2014年01月20日 | 映画
昨年の映画ですが、やっと公開されたので行ってきました。



『キャビン』同様、ホラー映画のパターンを踏まえた上で、それをくつがえす展開なのが面白いですね。

理由もわからずいきなり襲ってくる、動物の面を付けた人物たち。
フツーの展開なら、どうやって逃げ切るか、いかに攻撃をかわすかに終始するところですが、なぜか襲われる中にとても強い女性が混じっていて、序盤から反撃するところが新しいですね

殺し方は残酷なのですが、矢負いのまま動き回るお兄さんに笑ってしまったり、ホラーが苦手でも結構見られる映画でした。

殺人の動機がやや強引であったりするものの、一種のアクション映画として観ればまあそんなものかな。

ただ、作品全編にあふれるB級テイストは、やはり出演者が全員知らない俳優だからでしょうか

『キャビン』も、ほぼ無名の俳優ばかりなのだけど、クリス・ヘムズワースリチャード・ジェンキンスなど、有名な役者が混ざっているだけでなんとなく映画の質が上がってるような気になります。
(錯覚かも

やられっぱなしではない、反撃ありのホラー映画、キャッチコピー通り爽快感が伴う作品です。
絶対おすすめというわけではないけど、興味があったら観てみてね
コメント

今年だめでも来年こそは…

2014年01月19日 | 日記
平成26年のお年玉年賀はがき当せん番号が決定しました

むーちゃんはさほど多くの枚数はないのですが、とりあえず当せんしていないかチェックしたところ…

一枚も当たっていませんでした…

ただビーちゃんは一枚当たり

お年玉切手シートですが、それでも嬉しいものです

思えばむーちゃんはお年玉年賀はがきで当せんしたのはいつのことだったか覚えてもいません

むか~しはまだちょこちょこっと当たっていたのに。

それと初詣でひく、おみくじも…。

昔は当たり前のように、毎年「大吉」つづき。(もしかしたら今より割合が多かったのかもしれませんが。)

なのに、ここ10年のうちでも「大吉」は1度あったかどうだったかな?というところです。(記憶が曖昧になるくらい印象が薄い…

ちなみに今年は「末吉」でした。(あまりパッとしない感じ…

でも書いてあることは悪くなく、まあまあいいのでそれでもいいかなという気はするのですが

総体的な教えとしては…信神怠りなく心を正しくなさいとか、困った時ににわかにお祈りするようではいけない、平素から神様を敬って清い心を養って行いを正くしていなければならないなど、なるほどな~そうだよなぁ~と思うことが書かれていました。

そうそう、ツキを呼べるようにいつも清い気持ちと態度でいなければ。

そしたら来年には切手シートくらい当たるかもしれないですもんね

えっ、結局目指すところはそこなの?


コメント

これから映画鑑賞

2014年01月18日 | 映画
日曜日は『サプライズ』(地方だから来るのが遅いの)を観に行く!と予定してたのですが、上映回数がたったの2回しかなく、しかも15時台と20時台のみ。

できれば日曜日の午前中に観るのがベストだったので、土曜日の今日の20時台のを観に行くことにしました

地方の上映は遅いわ、少ないわで不便です。

噂によれば、通常のホラー映画とはちょっと違うようで…
(フツーのホラーなら観に行かないだろうけど)

毛色の違うホラーといえば『キャビン』も然りで、どうやら最近はフツーのホラー映画の定石を敢えて破る作品が出てきているようですね。

感想はまた今度、それでは行ってきます
コメント

アカデミー賞ノミネート発表

2014年01月17日 | 映画
第86回アカデミー賞のノミネート作が発表されました

とりあえずは、ノミネート作の紹介を。

【作品賞】
『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
『Captain Phillips/キャプテン・フィリップス』
『Dallas Buyers Club/ダラス・バイヤーズクラブ』
『Gravity/ゼロ・グラビティ』
『Her/her/世界でひとつの彼女』
『Nebraska/ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
『Philomena/あなたを抱きしめる日まで』
『12 Years a Slave/それでも夜は明ける』
『The Wolf of Wall Street/ウルフ・オブ・ウォールストリート』

【監督賞】
デビッド・O・ラッセル監督『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
アルフォンソ・キュアロン監督『Gravity/ゼロ・グラビティ』
アレクサンダー・ペイン監督『Nebraska/ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
スティーヴ・マックイーン監督『12 Years a Slave/それでも夜は明ける』
マーティン・スコセッシ監督『The Wolf of Wall Street/ウルフ・オブ・ウォールストリート』

【主演男優賞】
クリスチャン・ベイル『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
ブルース・ダーン『Nebraska/ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
レオナルド・ディカプリオ『The Wolf of Wall Street/ウルフ・オブ・ウォールストリート』
キウェテル・イジョフォー『12 Years a Slave/それでも夜は明ける』
マシュー・マコノヒー『Dallas Buyers Club/ダラス・バイヤーズクラブ』

【主演女優賞】
エイミー・アダムス『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
ケイト・ブランシェット『Blue Jasmine/ブルージャスミン』
サンドラ・ブロック『Gravity/ゼロ・グラビティ』
ジュディ・デンチ『Philomena/あなたを抱きしめる日まで』
メリル・ストリープ『August: Osage County/8月の家族たち』

【助演男優賞】
バーカッド・アブディ『Captain Phillips/キャプテン・フィリップス』
ブラッドリー・クーパー『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
マイケル・ファスベンダー『12 Years a Slave/それでも夜は明ける』
ジョナ・ヒル『The Wolf of Wall Street/ウルフ・オブ・ウォールストリート』
ジャレッド・レト『Dallas Buyers Club/ダラス・バイヤーズクラブ』

【助演女優賞】
サリー・ホーキンス『Blue Jasmine/ブルージャスミン』
ジェニファー・ローレンス『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
ルピタ・ニョンゴ『12 Years a Slave/それでも夜は明ける』
ジュリア・ロバーツ『August: Osage County/8月の家族たち』
ジューン・スキッブ『Nebraska/ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

【脚本賞】
『American Hustle/アメリカン・ハッスル』
『Blue Jasmine/ブルージャスミン』
『Dallas Buyers Club/ダラス・バイヤーズクラブ』
『Her/her/世界でひとつの彼女』
『Nebraska/ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

【脚色賞】
『Before Midnight/ビフォア・ミッドナイト』
『Captain Phillips/キャプテン・フィリップス』
『Philomena/あなたを抱きしめる日まで』
『12 Years a Slave/それでも夜は明ける』
『The Wolf of Wall Street/ウルフ・オブ・ウォールストリート』

主要な部門はこんなところでしょうか。

あと、日本ではアニメ部門が注目されてるんでしたね。

【長編アニメーション部門】
『The Croods/クルードさんちのはじめての冒険』
『Despicable Me 2/怪盗グルーのミニオン危機一発』
『Ernest & Celestine』
『Frozen/アナと雪の女王』
『The Wind Rises/風立ちぬ』

宮崎駿監督の『風立ちぬ』が今度こそ受賞するかどうかというのが、たぶんニュースの要となると思うのですが、『千と千尋の神隠し』で一度受賞してるんだからいいんじゃないの~…なんて思う私は日本人としてどうかというところでしょうか

『怪盗グルーのミニオン危機一発』が獲ったらすごいな
まあ、ないだろうけど(笑)

個人的にこれらの部門で気になるのは【主演女優賞】ですかね~。
もうノミネートの常連と化しているエイミー・アダムスにいい加減獲らせてあげたいと思っていたところ、候補者の顔ぶれを見ると、エイミー・アダムス以外はすべてオスカー受賞経験のある方ばかりじゃないですか
これは今年最大のチャンスかも知れないぞ、エイミー・アダムス!


授賞式の時期が近付いたら、また何が受賞するのか予想してみたいと思います


コメント