映画さんぽ シスタマゴの徒然日記

映画大好きな姉妹が、最近観た映画のレビューや日々の出来事を気の向くままに綴っています♪

ちょっと違~う!

2014年07月31日 | 日記
先日、朝刊に挟まれていた地元のコンビニのチラシ。





さまざまな商品が割引になっているようですが…

あれ?よ~く見ると…

これ、おかしくない?!と思うことが。

絶対違うよね




正しくは、感謝『祭』でしょう

ちょっと重箱の隅をつついてみました

重箱の隅つつくの助



コメント

寄生獣 アニメ化

2014年07月30日 | テレビ
『寄生獣』映画化の話があったけど、今度はアニメ化というニュースが入ってきました。

二つを連動させれば、収入もUPするということでしょうか。

ところが、アニメ化のキャラクターデザインを見て…


……誰?

真ん中で、右手に寄生されているのがおそらく泉新一だろうけど、オリジナルと全然違う。

これがオリジナルの新一と村野里美さん。


この絵柄そのままというわけに行かないのなら、ちょっとアニメらしくしてもいいけど、あまりにも違いすぎる

小説のアニメ化とかいうならともかく、せっかく原作がマンガなのにデザインを変える意味がわからない。

と、ぐだぐだ言ってきましたが、放送されるなら観ますよ

ただ、こちらの地方では、こと深夜アニメに関してはほとんど放送されないというのが通例でして…

『銀の匙』なんかも、観られませんでしたよ。がっかり


人間を食べるという点では、『進撃の巨人』に共通するところもありますが、表現としてはこちらの方がグロいので、いろいろと規制が入りそうな予感も…


とりあえず、最初に寄生獣(パラサイト)が人間を捕食するシーンがあるのですが、これがクリオネの捕食形態を思わせるもので、なかなかに印象的です。
そのまま見せるとトラウマになる人もいるかもしれないので、ここはかわいいミッフィーちゃんに置き換えた画像でお見せします。ほぼこんな感じです。



よけい残酷だろ

ちなみに、映画版でのシーンは予告編で見られますが、予想に反してあんまり迫力がなかったのが残念。
“パクッ”て感じ。あそこはもっと効果音を効かせてほしかったなぁ~と思うのです。

コメント

みんなでごはん♪

2014年07月29日 | グルメ
ボーナスが入ったということで、先週、両親を誘って食事に行ってきました。

私たちの自宅からも実家からも程よい近さのところにちょうどいいホテルがあったので、そちらのコースディナーにしました

お品書きはこんな感じ。(毎度写りが悪くてごめんなさい)



前菜からお造り、焼き物etc…ひとつひとつ、どれもが本当においしかったです

家庭では出せない味という意味でも価値あるお料理でした

お料理はまったく撮らなかったのですが(撮るのは野暮な雰囲気ゆえに)タウン情報誌に写真が載っていたので、それをちょっと。

だいたいこんなイメージです。



みんなで食事を楽しんで、さぁ帰りましょうかとお会計を済ませたのはいいものの、せっかく両親にいくらかかったかばれないように支払いができたのに、帰りに父が「領収書使わんならくれ。」(←たぶん税金対策)というのであげることに。

結果、いくらかかったかバレバレになりました

うぅ…こういうことはスマートに決めたかったのに、元も子もなかったです。あ~あ


コメント

GODZILLA ゴジラ

2014年07月28日 | 映画
行ってきました、今夏最大の期待作『GODZILLA ゴジラ』



ハリウッド前作のローランド・エメリッヒ版『GODZILLA』の反省(?)をふまえたのか、今回のゴジラはほぼオリジナルに近い姿(ちょっと太めだけど)

果たして、ギャレス・エドワーズ監督のゴジラは如何に?

ゴジラの姿がなかなかスクリーンに出てこない…まるでスピルバーグの『ジョーズ』を思わせる演出だけど、これって、エドワーズ監督の前作『モンスターズ/地球外生命体』と似たような演出なんですね。

というより、全体的な雰囲気が『モンスターズ/地球外生命体』ゴジラ版という感じでした。

モンスター(ゴジラ)が主役ではなく、主役はあくまで人間たち。
モンスター(ゴジラ)が現れた時の、人間たちのさまざまな行動を描いているといった方が近いかも。



それでも、いよいよゴジラが出現するぞ~とわくわくし始めたのだけど、ゴジラだと思っていた怪獣は…意外にも、(※ここから若干のネタバレです)











ゴジラではなかった!!

えぇ~!?何~?この怪獣。ゴジラ以外の怪獣が出るなんて、聞いてないよ

なんと、その怪獣はまるでカマキリのようないでたちのムートーという生物。
オス、メス一体ずつおり、二体で愛情表現をするところは、やはり『モンスターズ/地球外生命体』を思わせるのでした。
(巨大な生物のいちゃいちゃが好きなのか?この監督は)

てっきり、ゴジラvs人間だと思い込んでいた私たちにとって、この第三の怪獣は予想外で、ここらへんでかなり「あれ、あれ?これってどういう映画?」と思ってしまったことは否めません。

ゴジラに街を破壊される人間たちの戦いを予想していただけに、街を破壊するムートーと戦う人間、それに加勢(?)するゴジラ。この関係には大いに戸惑ってしまったのでした

これは日本の『ゴジラ』のハリウッド版というよりも、そのあとにいくつも作られた『ゴジラ対○○』という映画のハリウッド版でしょう。

思い返せば、ゴジラは街を積極的に破壊していないんだよな~…(ムートーと戦った結果いろいろ壊してるけど)

この映画に対するゴジラの位置はヒーローであって、決して戦うべきモンスターではないのです。

いや~、度胆をぬかれました(いろんな意味で)

アメリカ人が「ガッズィーラ」という発音をする中、「ゴジラ」という正しい日本語で名前を呼んでいた渡辺謙さんがよかったです。

この人も大物になりましたね~。昔『タンポポ』でトラックのにーちゃんをやってた人と同一人物とは思えない(笑)

そういえば、宝田明さんが出るという情報を聞いたので探していたのですが、見つかりませんでした。
エンドクレジットには“Japanese immigration agent”(入国審査官)役で“宝田明”という名前はあったのですが、どこに出てたのか…と後で調べたらカットされたようです

ジュリエット・ビノシュも、こんな映画に出るなんて珍しい~と思ってたら、早々に退場と、なかなかに俳優さんの贅沢な使い方をしているようです。


というわけで、これから観に行く人は、『ゴジラ』ではなく、『ゴジラ対ムートー』を観に行くつもりでいましょう。
少なくとも、それが最初からわかっていれば、途中で混乱することはなくなるはず

日本でも『ゴジラ対○○』という映画がいくつもあったけど、その時の人間側の状況をリアルに描いたものは多くなかったはず。怪獣たちの戦いの下で、人間たちはどういう状況になっているのかに興味がある方には、お薦めです。

ただ、それが『ゴジラ』映画かといわれたら、それはわかりませんが…


いくら、姿がイグアナの出来損ないであろうと、『ゴジラ』映画としては、ローランド・エメリッヒ監督の『GODZILLA』の方が、純粋に楽しめる怪獣映画なんじゃないかなと思う私たちでありました。

コメント

入ってた~

2014年07月27日 | 日記
昨日の日記で新しいPCにSDカードが入らない~と言っていた私たち。

前に使っていたPCではこんな感じでした。


差し込んだ状態



これが取り出した状態




で、いま使ってる新しいPCではどうしてもここまでしか入りません



それで電気屋さんに持っていってみると「SDカードを無理やり入れたりしませんでした?」とか聞かれたのですが、もちろんそんなことはしていませんという旨を伝えました。

その修理担当の方も何度もカードを入れてみては、おかしいなぁ…何も詰まっているわけでもないし…でも入らないし…と、しばらく首を傾げてました。

しかし、何かふと思い立ってPCの電源を入れ、入るとこまでカードを差し込み、ふむふむと納得。

そして言われました。

「これで入ってる状態ですね~。これでちゃんと挿入されたと認識されてますし

見ると確かにディスプレイにそのマークの表示が出てました…

こ、こんなんでいいの?



なんか今までの感覚と全然違っているから、差し込めてないと思い込んでいました

あまりしっくりこないけど、これに慣れるしかないのですね

とりあえず壊れていたとかではなくて、すぐに解決してよかったです…


ちなみに新しいPCはこんなのです。ふふ、ミニオン



同時にプリンターも新しくしないといけなかったので(前のものはwindows7までの対応でした)こういうのを買いました。



今回はなんとか予算以内におさまったけど、それでもかなりの出費だったのでこれから大事に大事に使っていかなければと思っています

コメント

入らない~

2014年07月26日 | 日記
新しいPCが届きました

接続や設定も完了し、これからは快適にネットできる~と喜んでいたのですが、ひとつおかしなところが見つかりました。

なぜかSDカードを挿入できない

普通ならスッと差し込めてカチッとした手ごたえがあるはずなのに、どうしてもきちんと入らないんです

無理にはめ込んで壊れたら元も子もないし、結局はまた見てもらうことに…。

明日また電気屋さんに持って行かねばなりません

あ~…せっかくの新品のPCなのに、早々と不具合(?)が出てちょっとショックです

コメント

お湯!?

2014年07月25日 | テレビ
今日は、最高気温が39℃越えを記録した地域もあるようで、日本全体が猛暑に包まれましたあちー

ほんと、クーラーのない所なんていられない。
まだ冷房の効いている職場でよかった

家に帰ってきて、顔を洗おうと水を出したら…

お湯

ぬるま湯なんてものじゃなくて、そこそこの温度のお湯が蛇口から出ました。

8秒くらいお湯が出ていたので、うっかりガス給湯機をつけたままにしてしまったのかと思ったくらい。
しばらくしたら水に戻りました

それでもこちらはまだ猛暑日ではなかったのです。
けれど明日は、35℃超えるよう。

家で一日中クーラーをつけるとなると、電気代が心配
どこかお金のかからない所に涼みに行かなくては…
コメント

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

2014年07月24日 | 映画


売れないフォークシンガーの一週間の話。

これといった特別な出来事はなく(変わったことは多々起こるけど)ルーウィン・デイヴィスが不器用に生きていく姿を淡々と見せてくれる作品でした。

もっとうまくやれば売れるかもしれないのに…と思うことでも、彼は決して自分の意思を曲げることがない。
歌いたい歌を歌うから意味がある、自分の思うようなスタイルでやっていく…そんな頑なな考えゆえになかなか売れないのだ。

金もなく寝る場所もなく、その日その日をのらりくらりと過ごし、大の大人が何やってるんだか…という具合だけど、これがなぜか魅力ある映画に仕上がっているのだから不思議だ。

ジョン・グッドマンは結局のところ一体なんだったのかよくわからない…けれど、様々なエピソードが滑稽でおかしい。

地味めだけど、話の構成も含め、ふとしたところにコーエン兄弟らしさが出ている作品でした

かわいいネコも出てきます

コメント

謎のコール

2014年07月23日 | 日記
最近、深夜や早朝に家の電話が鳴ります。

最初の頃は、何か緊急の用事かと受話器を取ったのですが、その途端にプー・プー・プーと切られた音。

もしくは、何度か呼び出し音を鳴らして切る、という具合。

そういうことが何度も何度もあったので、さすがにすぐに電話に出るのはやめました。

家族ならケータイに掛け直してくるだろうし、それ以外でも重要な用事なら留守電に入れるだろうと思ってるので。

それにしても、一体何のためにしつこく電話をかけてくるのか、二人ともまったく心当たりがないのが困りものです

この番号に替えた当初から、間違い電話なども多くかかってきてたのですが、この番号を使っていた前の人にカンケーがあるのでしょうか?
とはいっても、この番号にしてもう10年以上経ってるしなぁ…

とりあえず、休日の早朝コールはやめてほしいものです
コメント

梅雨明け?

2014年07月22日 | 日記
梅雨が明けたのか、急に気温が高くなりましたあぢい~

もともと雨の日が多い地域なので、梅雨になったといっても、特に雨が多くなったとは感じません。
というより、梅雨に入った途端晴れの日が多くなったような感じすらします
実のところ、梅雨入りしたとかしないとかの報告は、必要なかったりして…(←言い過ぎ

7月にしては風も涼しいし、今年の夏は過ごしやすい日かもしれないね~なんて思いこんでいたのですが、8月に向けてどうなることやら

ただ、日中が暑いからといって、夜まで暑いとは限らなかったりするので、窓を全部閉めきっていると、いつの間にか外の気温の方が涼しかったりします。
そんなときは窓を開ければ涼しい風が入ってくるのに、閉めきってクーラーをかけているのは経済的にも無駄といえましょう。

たまには窓を開けてみて、外の気温が涼しくなってないか確かめるのも大事です

今、窓を開けてみたら、やっぱり涼しかったです。
クーラー消さなくちゃ
コメント

PCを買いに行きました

2014年07月21日 | 日記
ついに電器店にPCを買いに行きました。

国内メーカーのものだと高いのですが、“展示品限り”で安くなっているものがあったので、「これでいいか~」と決めました。

だけど購入にあたって、店の人がいろいろとサービスや周辺機器を一つでも多く売りつけようとするのに辟易しました

これまでは、PCのセットアップは自力で行っていたのですが、「OSがwindows8になったら、いままでと全然違うので自分でセットアップするのは難しいですよ」と脅しをかけられたり…
確かにPCに関しては不勉強で、これまでと何がどう違うのかまったくわからないので、簡単な出張設定をお願いすることになったのですが、思わぬ出費

「今使っているプロバイダーは何ですか?それを使ってるのは何かこだわりがあるのですか?」と訊いてくるので、「これまで薦められるままに、プロバイダーを何度も替えさせられているので、もう二度と替えたくないというこだわりはあります」と答えました

さらに、今使っているプリンターが、windows8には対応していないということで、やむなくプリンターも買い替えることになったのですが、隙あらば「お薦めはこれです」と高額なのを買わせようとします。

インクカートリッジも6色で、従来の4色と比べて発色がこれだけ違うとか、タッチパネルで操作できるとか云々…

いや、プリンターにそんな高度な事求めてないし…ということで安い4色インクのシンプルなのを選びました。

「ケータイはスマホをお使いですか、それともフツーのケータイですか」と訊いてきたので、「フツーのです」(←本当)と答えると、何も薦められませんでした
たぶんスマホだというと、また何かを薦められたのでしょう。

支払いの段階になっても、そこの電器屋さんのポイントカードを出したら、「クレジット機能付きのカードに替えると、ポイントが二倍付きますよ」と薦められました。

「いえ、このままで結構です」

お得だとかなんだとかで、そんな面倒くさいことになるべく関わらないようなシンプルな生活がしたいと叫びたくなるような時間でした

思ったより安くつくかと思ったけど、結局は予算ギリギリ
専門の知識がないと、いろんなところで足元を見られて、金額がだんだん高くなるものなのです…

あれ?確か車を買い替える時も、なんだかんだで高くしようという店の人の対応があったような。
もちろん、お店としてはなるべく高く買わせたいというのはあるんでしょうが、不勉強だとされるがままになりがちです。

すべての分野で専門的な知識を持つのは不可能だとしても、不必要なことにお金を使わないように前もって準備をしておくのは大切だと思うのでした

あ~、近くにPCに詳しい人がいたらいいのに~
コメント

日帰り温泉

2014年07月20日 | 日記
連休の天気は雨…という予報だったに関わらず、毎日すがすがしいほどの

週間天気予報では、ついに雨マークが消えました。なんだったんだ、あれは…

で、せっかくの連休だもの。ちょっと車で遠出して、日帰りで温泉に行こうということになりました

福井県の、三国観光ホテルで立ち寄り湯。
午後12時から利用できます。

料金は600円で、入浴料金としては安くはないですが、着いた時は他に客が1人のみ。

非常にゆっくりと温泉を楽しむことができました

フツーの浴槽とサウナ、露天風呂があるのですが、ここはその他にも“和畳の湯”というのもあるのです。

こんな感じ。


畳の間に浴槽が
もちろん、濡れても大丈夫な畳です
浴場らしく、畳に鯉の絵が描かれています。



洗い場もあり。
なんか、不思議な空間。

もちろん、寝っ転がるのも自由なのだけど、裸なので他に誰もいなくても躊躇してしまいます

天気はいいし、風は気持ちいいし、2時間近くもここの温泉を堪能してしまいました。

いい休日でした
(なんと、素晴らしい事にまだ1日お休みがあるのです。ブラボー

コメント

結果、買ってきてしまいました

2014年07月19日 | 
加筆訂正にぶちぶち文句を言いながらも(7/4の日記参照)、現在無料公開のコミックエッセイを読んでみた結果、

…買っちゃいました


『私の舞台は舞台裏 大衆演劇裏方日記』

受賞時と同じエピソードは、やっぱり投稿時の方がよかったかと思いましたが、新しいエピソードは文句なしに面白かったので、ぜひ他の話も読みたいぞと思い、遅まきながら買ってまいりました。

他のコミックエッセイも多数扱っている大きい書店に行ったのですが、なぜか見つからない…

店内の検索パソコンで探したところ、在庫は僅少。場所は『お近くの書店員にお尋ねください』とのこと。
書店員さんに探してもらって、面陳列になっているのをやっと見つけることができました。

…ラスト1冊でした。ギリギリセーフ

もしかして、すごく売れているのでしょうか。そうだとしたらとても嬉しいです。

すでに発表されていたエピソードが全部改稿されたわけじゃなく、ほぼ発表時そのままのもあってよかったです。

作者の方が昔マンガ家になりたかっただけあって、コマ運び、構図、笑いのタイミングのセンスが素晴らしい。カラーより、どちらかというと白黒の方が合ってるような味わいのある絵柄も素敵です。

一通り読んでみたところ、作者の木丸さんがこの仕事に就いて、この本を出すことになった経緯が、単なる偶然とは思えないところが多々ありました。
俗な言い方だけど、神掛っていると感じました。

ぜひこの作品が、ひとりでも多くの人に認識、理解されますようにと願わずにいられません。

いや~、ほんの一部読んで独り合点して買わずに終わることがなくてよかったです
コメント

明日から三連休~♪

2014年07月18日 | 日記
明日の土曜日は珍しく出勤なしで、しかも21日の祝日もお休み(←年に1~2回の祝日休み)ということで、なんと人並みに三連休

こーゆー時こそ、映画三昧~と行きたいところだけど、なぜか今週に限って観たい新作が公開されず…

すでに公開されている中から良さそうなのを1本くらい観に行くつもり。
後は日帰りでどこかに行って来ようかな~とも思っています。

ただ、三連休の天気は前半雨最終日になんとか晴れ間もあるかもというところです。

まあ、この辺では雨が降ってて当たり前の地域なので仕方ないかな

とりあえず、悔いのないように(貴重な)三連休を愉しむこととしましょう
コメント

新作映画のこと

2014年07月17日 | 映画
ロバート・ダウニー・Jrに第二子おめでたのニュースを読んでいたのですが、そこからあちこち辿っているうちに新作映画のニュースを知りました。

まずはジャン=ピエール・ジュネ監督の「天才スピヴェット」が11月に日本で公開されるとのこと

ジャン=ピエール・ジュネの作品はどれも大好き(「ロング・エンゲージメント」は、ちと地味だったかな?!)な私たちなので、やはりこの新作にも期待せずにはいられません

しかも今回は3Dにも挑戦するそうです。
ジュネ監督が3Dに…ってすごく意外な気がしますが、ありきたりでない3D映像が観られそうで楽しみです。(とは言っても私たちは2Dで観ると思うけど

それと…

あの「寄生獣」(原作:岩明均)が映画化されると初めて知りました。(ビーちゃんは知っていたようですが

主演は染谷将太さん(←いろんな映画に出ずっぱりな気が)で他のキャストも素晴らしい方たちばかり

これはちょっと気になる…と思っていたのですが、監督が山崎貴さんと知って…う、う~ん…な感じです

ちなみに予告編を観ると、ミギーが原作どおりのビジュアルで驚きました。
グロいけど、なんかちょっとかわいい気も…?
マンガとは違って、動きをそのまま見られるのは嬉しいですね

映画「寄生獣」公式サイト←予告編を見られます

コメント