映画さんぽ シスタマゴの徒然日記

映画大好きな姉妹が、最近観た映画のレビューや日々の出来事を気の向くままに綴っています♪

知らなかった…

2017年02月28日 | 映画
むーちゃんから、「今日新聞読んだ?」と言われたビーちゃん。
一通り読んだけど…

「ビル・パクストンが亡くなったよ」

え~!!!?

新聞には、写真もない小さな死亡記事のみ。
目に入らなかった…
ネットニュースも見なかったので、気付きませんでした

ビル・パクストンが出演してた最後に観た映画ってなんだったっけ?と思い出してたら、
『ナイトクローラー』がどうやら最後でした。


この人が出てる映画は数あれど、やっぱり『ツイスター』の彼が一番かっこよかったなぁ。
(かっこ悪かったのもあるけど。『ターミネーター』とか『ストリート・オブ・ファイヤー』とか『トゥルー・ライズ』とか…

それでも結構好きな俳優さんだったので、突然の訃報には驚きと悲しみしかありません

監督作もあるんでした。『フレイルティー/妄執』わりと評価がいいので、今度観てみようと思います。

あ~、ショックだ
コメント

第89回アカデミー賞授賞式

2017年02月27日 | 映画
さあ、先日のアカデミー賞予想がどれだけ当たったでしょうか。

まずは作品賞。

『ラ・ラ・ランド』わ~い、わ~い
的中おめでと…えっ違う?

まことの作品賞は、『ムーンライト』

ざわ…ざわ…え、そうなの?ざわ…ざわ…

というように、授賞式本番では“作品賞を間違える”というあり得ない事態が起こったようです。
なぜこんなことに?しかも一番大事な作品賞の時に…
ショーのクライマックスに、こんな大失態が起こってしまった今年の授賞式。非常に残念です

というわけで、今年の作品賞を受賞したのは、『ムーンライト』でした。

授賞式の数日前に、“トランプ大統領に抗議の意味を込めて『ムーンライト』に投票した会員が多くいた”という情報はあったものの、それでも『ラ・ラ・ランド』作品賞受賞は間違いないと思ったのですが…
しかし、作品賞を選ぶのに「抗議の意味を込めて」ってのは正直どうなんでしょうか。
その年、最も素晴らしいと思った作品に投票すればいいのでは?
もちろん、『ムーンライト』も良い作品だとわかってますが…

とにかく次行きましょうか。

監督賞、デイミアン・チャゼル
的中おめでとう~

主演男優賞、ケイシー・アフレック
ち、はずしちまったぜ

主演女優賞、エマ・ストーン
的中おめでとう~

助演男優賞、マハーシャラ・アリ
的中おめでとう~

助演女優賞、ヴィオラ・デイヴィス
やった~的中~、やっとヴィオラ・デイヴィスにオスカーが

脚色賞、『ムーンライト』
的中おめでとう~

脚本賞、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
的中おめでとう~

長編アニメーション賞、『ズートピア』
的中おめでとう~

編集賞、『ハクソー・リッジ』
あ、あれ?

作曲賞、『ラ・ラ・ランド』
的中おめでとう~

衣装デザイン賞、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
お、おや~?

視覚効果賞、『ジャングル・ブック』
ひゃっほ~的中~

というわけで、今年も例年にたがわずまあそこそこの的中率となりました

今回いろいろ波乱に満ちたショーだったようですが、でも『受賞やった~からの、『間違いでした』と知らされたラ・ラ・ランド関係者の失望は並大抵のものじゃなかったでしょうね

これから先、このような事態は決して起こらないように、原因の究明と対策をきちんとやってもらいたいものだと思った授賞式でした
コメント

第89回アカデミー賞予想

2017年02月26日 | 映画
もう授賞式は明日!!
例年通り、そんなにアテにならないけれど、今年もアカデミー賞予想をしたいと思います

作品賞
『メッセージ』
『フェンシズ(原題)』
『ハクソー・リッジ(原題)』
『最後の追跡』
『ヒデン・フィギュアーズ(原題)』
『ラ・ラ・ランド』(ライオンズゲート)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『ムーンライト』

ここは、ズバリ前評判通りの『ラ・ラ・ランド』一本で決めたいと思います。
お、強気だね

監督賞
デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)
メル・ギブソン(『ハクソー・リッジ(原題)』)
バリー・ジェンキンズ(『ムーンライト』)
ケネス・ロナーガン(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』)

ここも、『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼルに決めます。

主演男優賞
ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
アンドリュー・ガーフィールド(『ハクソー・リッジ(原題)』)
ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』)
ヴィゴ・モーテンセン(『はじまりへの旅』)
デンゼル・ワシントン(『フェンシズ(原題)』)

個人的にはライアン・ゴズリングに獲ってほしいし、ケイシー・アフレックが強力との噂もあるけど、そこをあえてデンゼル・ワシントンで勝負。

主演女優賞
イザベル・ユペール(『エル(原題)』)
ルース・ネッガ(『ラビング 愛という名前のふたり』)
ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)
メリル・ストリープ(『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)

こちらは『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンで行きたいですね。

助演男優賞
マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)
ジェフ・ブリッジス(『最後の追跡』)
ルーカス・ヘッジズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
デヴ・パテル(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
マイケル・シャノン(『ノクターナル・アニマルズ(原題)』)

これは前評判の高いマハーシャラ・アリで。

助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス(『フェンシズ(原題)』)
ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)
ニコール・キッドマン(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
オクタヴィア・スペンサー(『ヒデン・フィギュアーズ(原題)』)
ミシェル・ウィリアムズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)

もう、いい加減にこの人に獲ってほしい。ヴィオラ・デイビス

脚色賞
『メッセージ』(エリック・ハイセラー)
『フェンシズ(原題)』(オーガスト・ウィルソン)
『秘伝書(原題)』(セオドア・メルフィ、アリソン・シュレーダー)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(ルーク・デイヴィス)
『ムーンライト』(バリー・ジェンキンズ、タレル・マクレイニー)

どれも観てないよ~(←当たり前)『ムーンライト』かな?

脚本賞
『20センチュリー・ウーマン』(マイク・ミルズ)
『最後の追跡』(テイラー・シェリダン)
『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル)
『ロブスター』(エフティミス・フィリップ、ヨルゴス・ランティモス)
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケネス・ロナーガン)

こちらは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を挙げてみます。

長編アニメ映画賞
『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス(原題)』(ライカ/フォーカス・フィーチャーズ)
『モアナと伝説の海』(米ウォルト・ディズニー・スタジオ)
『マイ・ライフ・アズ・ア・ズッキーニ(原題)』(GKIDS)
『レッドタートル ある島の物語』(ソニー・ピクチャーズ・クラシックス)
『ズートピア』(米ウォルト・ディズニー・スタジオ)

ま、『ズートピア』で決まりでしょうね。

ここから下は、ホントにわからないのでヤマカンで。
(今までのもほとんどそうだけど

編集賞
『ラ・ラ・ランド』(トム・クロス)


作曲賞
ミュージカル映画だもん。音楽も強そう。で、
『ラ・ラ・ランド』 (ジャスティン・ハーウィッツ)


衣装デザイン賞
個人的に衣装が素敵だったと思うので(←小学生の感想か?)
『ラ・ラ・ランド』(メアリー・ゾフレス)

視覚効果賞
自分としては、『ドクター・ストレンジ』が凄いと思うのですが、そこをあえて
『ジャングル・ブック』
と言ってみる。


他の賞については割愛。というか、もう全然わかんないし

さて明日の授賞式、結果はどうなるでしょうか。
ドキドキですね~
コメント

ラ・ラ・ランド

2017年02月25日 | 映画
アカデミー賞授賞式前のギリギリ公開、観られてよかった

今年も授賞式の予想をしようと思ってるのに、もう時間がない!それこそ直前予想になります

で、今回最有力作品と言われている『ラ・ラ・ランド』
簡潔に紹介しますね。

『サウンド・オブ・ミュージック』や『ウェストサイド物語』などの社会的問題を盛り込まない、それ以前の往年のミュージカルの再来といわれています。


↑一瞬のシーンなのに、絵になってますね。

冒頭の高速道路のシーンなど、どうやって撮ってるのだろうと思うぐらい、一気にカメラが画面を駆け抜けていきます。
女優志望のミアの境遇、売れないジャズピアニストのセブの境遇を巧みな展開で見せてくれます。
随所に散りばめた伏線も、鮮やかに回収してくれるなど、とても見応えがあります。

二人の関係に焦点を当てた往年のミュージカルだといっても、やはり起こる出来事は現実的で、そんなにうまく事は運ばない点などが、昔のミュージカル作品とは一線を画すところだと思います。

けれどラスト、これまでの出来事がすべて思い通りに運ぶ、観客が望むであろう一連の展開と結末は、いかにも往年のミュージカル映画という手法で描かれていました。
当時ならば、この作品はきっとこうなったでしょう。

昔ながらのミュージカル映画のようでいて、やっぱり現代のミュージカル映画としては、少々せつなくともこのラストが一番納得のいくものだったと思います。

主役のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンは、『ラブ・アゲイン』『L.A.ギャングストーリー』でも恋人関係になっていて、ここまで共演が続くならいっそ本当にカップルになってしまえばいいのに、などと思ってしまいました
コメント

森永とサンリオのコラボや~

2017年02月24日 | グルメ
期間限定みたいだけれど、森永のお菓子のパッケージがかわいくなっててビックリ

サンリオとのコラボみたいなのですが『プレゼントビスケット』ではシナモロールが




個包装までかわいいです

そしてビスケットそのものまでもかわいくなってます



※『プレゼントビスケット』は『チョイス』と似ていますが、こちらはメープル&バター味で、これがまたおいしいのです (すでに2回買ってしまいました


『アーモンドクッキー』では、お馴染みのキティちゃん(チャーミーキティ)




箱の裏ではメッセージを書ける欄もありました




いつものパッケージより楽しくかわいくなっていて、これだけで買ってしまう人もいるのでは…なんて思いました。

他にも『チョコチップクッキー』はマイメロディとか『リーフィ』はクロミとか、『ムーンライトクッキー』はキキララ(リトルツインスターズ)といろいろあるようです。

私が今度買うならチョコチップクッキーかな…なんて考えてるあたり、すでにパッケージにつられている証拠かもしれません

コメント

コーンラーメン食べました

2017年02月23日 | グルメ
少し前にお好み焼き屋さんで食べたコーンラーメン。

(このお好み焼き屋さんはいろんなメニューがあるのです

おいしいのかどうか全然わからなかったけど、その時の気分でこのラーメンを注文しました。

和風のさっぱりスープで肉なんかも入ってて、ラーメンとしてはちょっと変わってるな…と思っていたのですが…



食べると意外においしい

このスープも最初は“こんな感じなのか~”と思うくらいだったのだけど、食べているうちに妙にはまってしまって結局は全部飲み干してしまったのでした

めったに行かないしメインはお好み焼きのお店だけど、ここのラーメンはなかなかのもの

また食べてみたいと思ったむーちゃんなのでした

コメント

スリル!

2017年02月22日 | テレビ
NHKで新ドラマが始まりました(全4回)

総合・BSプレミアム連動ドラマ『スリル』

“赤の章”“黒の章”に分けられて、それぞれ小松菜奈、山本耕史演じる主人公視点で描かれるドラマらしいです。

ただ、“赤の章”は総合テレビ、“黒の章”はBSプレミアムで放送とのことで、BSが観られない私たちには山本耕史編が観られないということ…
【悔しけりゃBS契約しろ!しないやつは泣け!】ということか!?
このやろう、BS弱者に対してひどい仕打ちを……BS弱者ってなんなの?

と思ってたら、“黒の章”は総合で再放送が観られるんでした。

単なる早とちりでした。へへ


コメント

“○○の監督”の肩書を離れたら

2017年02月21日 | 映画
先日映画を観に行った際『メッセージ』の予告編をやっていました。
その時、“監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ”の文字が!!

えっ何当たり前のことにびっくりしてんの?とお思いでしょうが、今までは“『灼熱の魂』『プリズナーズ』監督作品”としか、紹介されていなかったのです。

今回、“『ボーダーライン』の”とかいう前置きなしだったからなおさらです。

続いての予告編は『ブレードランナー 2049』リドリー・スコットは製作総指揮となっていて、あれ?今回の監督誰だ?と思ってたらまたもや、

“監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ”

おいおい2作続けてヴィルヌーブ監督の文字が出ちゃったよ~
というか、『ブレードランナー』の続編撮ったんだ。

ヴィルヌーブも“『プリズナーズ』の監督”という肩書を離れて、ついにメジャーな監督の仲間に…という思いになりました。

ま、私たちの周囲ではヴィルヌーブ監督どころか、『プリズナーズ』さえ誰も知らないだろうけどね
それが現実よ
コメント

二度と会いたくないわ!

2017年02月20日 | 日記
ついに、むーちゃんがガラケーからスマホに替わりました

なんだか最初は設定とか何とかめんどくさいことがいろいろあるけど、それはまぁいいとして…

替える際にすごく嫌だったのがsof○ba○kの店員の態度

言葉は丁寧なんだけど、ずっと冷たく突き放した言い方、ろくな説明もしないまま「これでよろしいでしょうか?」って…いいわけないので不明なところは聞きましたが

「色はどれがいいですか?」と聞くので「どんなのがありますか?」と尋ねたら、壁の方に手を向けて「あれです。」って…そっちにたくさんの種類のスマホが並んでいるんだけど~

そんなんでわかるか

i-padに「こちらに今日の日付と名前をお願いします。年は29年でいいです。」って言われたのですが、ペンの反応が悪くこれが写りにくい(←ペン先が劣化してボケボケになってる。)

「あれ?」という私に対して「写りますよ?」と、これまた冷たい一言…

笑顔なんてちっとも見せず、最初から最後まですました表情。

何だか小バカにされているような気持ちでした。

愛想のひとつもないし。

こっちが客なのに、どうしてそんなに上から目線なんでしょうか。

ある意味いやがらせをされてるような、八つ当たりされてるような、そんな感じもしました

まさか今までガラケー使っていることをバカにされていたんでしょうか…?(まさかそんなことはないと思いたいけれど…。)

この店員(←元モー娘。の新垣似。20代。)には二度と会いたくないです


それにしてもこんなにひどい店員にはめったにお目にかかれません。

私は絶対ああはならないように…と思ったのでした


ちなみにスマホの壁紙はトム・ハーディです~




コメント

2回目

2017年02月18日 | 日記
むーちゃんは今日はまるまる一日出勤でした

その代わり月曜日が代休になるので文句は言えませんけどね

で、今日、仕事が終わってから『この世界の片隅に』2回目を観に行きました

1回目観た時と違う映画館でしたが、今回は前より大きいスクリーンで嬉しかったです

ビーちゃんに誘われなかったら2回目は観なかったと思うけど、今回はなぜか前より「のんさん」の声がしっくり来たように思えたのが不思議でした。

いえ、1回目に観た時も声が合ってたとは思っていたけど、巷で言われていた(監督も言っていたかな?)『すず役の声はのんさんしかいない』『声がイメージにピッタリ!』ということが、正直に言って“そんなに言うほどかな?”と思っていたのですが、今回はそのことに妙に納得したのでした。

まったく同じものを観ているのに不思議ですね。

いい作品だったということもわかっていたのですが、同じくそれも2回目の方がもっと『良かった!』感が大きかったように思います。

表現や演出の良さは1回観ただけでもしっかり理解したつもりだったんだけど、やはりそれだけではまだ足りなかったようです。





この作品は3回目、4回目…と何度も足を運ぶ方がたくさんいますが、その気持ちもわかると思った2回目の鑑賞でした

コメント

まだ寒いですが…

2017年02月17日 | その他
バレンタインデーも終わったのでテンプレートを替えてみました

次のイベント的なものといえば、やっぱりひな祭りですよね。

…ということで、お雛さまのものに替えました


ここは暖かい春の雰囲気になりましたが、実際には外は寒いしまだまだ雪も…

春までまだ先ですね
コメント

VXガスって…

2017年02月16日 | 映画
金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害されたニュースで、使われた毒は猛毒のVXの可能性があるというニュースがありました。

VXガスって……映画『ザ・ロック』に出てきたあれ!?



この緑の玉が怖い…

これを吸って、人間がいったいどうなるのかは映画を観てください

ニュースによると、北朝鮮では暗殺によく使われる猛毒だそう。
……つくづく恐ろしい国だ
コメント

リベンジ…ならず

2017年02月15日 | 映画
NHKの『おはよう日本』に、『ラ・ラ・ランド』デミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングのインタビューが放送されるという情報がありましたので、これは前回のリベンジか!?ということで、いそいそとタイマー録画しておきました。
(早朝のためリアルタイムでは観られない

会社からの帰宅後、さっそく再生したところ……

いつやるんだろうまだかな、まだかな~あれ、もう残り時間がないよ…

終わった…!?

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害されたとのニュースがあったためか、インタビューのコーナーはありませんでした

リベンジならず…

この二人のちゃんとしたインタビュー映像を観ることができる日は来るのか?
ぼやぼやしてたら公開始まっちゃうよ~
(ま、始まってからでもいいけどね

コメント

もらえるとやっぱり嬉しい♪

2017年02月14日 | 日記
今日はバレンタインデーということで…



職場で6人の方からチョコやお菓子などいただきました




わ~い、わ~い

しばらくは(…といって2日間くらいでしょうが)おやつに困らないのが嬉しいです

そして来月のホワイトデーにはお返しを忘れないようにと、早速スケジュール帳にメモしたむーちゃんでした

コメント

またまたど忘れ

2017年02月13日 | 映画
以前の日記で、俳優の名前をど忘れしてしまうということを書きましたが、今日またど忘れしてしまいました。

それはあろうことか、この人


あれ~!?名前なんだったっけ?

なんか、“ジャ”とか“ジュ”とか“ジェ”とか
“ジェームズ”か!?と仮定して、名字に“ク”がついたような…とか仕事中に頭をフル回転させて思い出していたところ、おい!

だめだ、“ジェームズ・クロムウェル”しか出てこない…

“ジェームズ”が違うのか?で、もう一度“ジャ”“ジュ”“ジェ”“ジョ”と来たところでようやく、
“ジョージ・クルーニー”だったぁと思い出すことができたのです。

それにしても、ジョージ・クルーニーの名前をいきなり忘れるなんて、そんなことあるのか?
と、自分の記憶力の低下に愕然としてしまいましたね。

以前もマット・デイモンの名前をいきなり忘れるなんてことありましたし、もう自分が信じられない

でも、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクは、すらすら言えるんだよ。
と、なんのフォローにもなってないことを確認して、ちょっと安心する私なのでした
コメント