そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ソウ3

2006-11-21 | 劇場映画れびゅー
何一つ内容について知らずに観たら、完璧な謎と恐怖に感動すら覚えてしまうソリッド・シチュエーション・ホラーのシリーズ三作目『ソウ3』を、今回も恐怖に対する不安と謎への期待を胸に観てきました。
★★★

★の数は減ってしまったけど、今回も何も知らないままご覧ください。
観る前にネタバレ部分を読むなんて以ての外ですよ。

あ、そうそう。
前の二作を観ていない方は一作目から順に観る事を強くお勧めします。
三作目を先に観ると訳が分からないだけじゃ済みませんから。

ネタバレ
今回はグロさ大幅増量、謎はアッサリ目でガッカリ。
都度、想像したとおりに話が進んでしまう。

前の二作に残された謎がアマンダの回想で明かされたのについては、散々ネット上で論議されていた事の答えとして賛否分かれそう。
俺的には、曖昧な部分は想像に任せるままで有ってほしかった。
結果クオリティーの劣る続編が、クオリティーの高い前の作品のイメージを崩すのは残念過ぎる。

ジグソウの仕掛ける完璧な殺人ゲームの美学が、実はアマンダによって崩されていたなんてナンセンスで、せっかくの前二作が台無しに成りかねない話。
これが一作目からの構想だとすればかなり残念な描き方だったと思う。
前作の直後に本シリーズを脚本(原案)/監督/出演等してスターダムにのし上がったリー・ワネルとジェームズ・ワンの、二人を見出したプロデューサーグレッグ・ホフマンが急逝した事で、何らかの縛りが解けてこんな事になってしまったのかな、なんて変な方向に想像は膨らみ困惑気味です。
名シリーズも遂に変な方向へ向かい、終わってしまったか。

クライマックスで、アマンダがこのシリーズを通してのプレイヤーだった事が分かる仕掛けになっているけど、伏線がこれ見よがしでバレバレ。
こういうところに絶対気付かせないところがこのシリーズの面白い所だったのに。
あえてバレバレにしていたと思える節もあるけど、クライマックスの驚きが半減した。

アマンダが完璧な美しいゲーム(サイコパスの視点)を崩していたとしても、それは彼女が主役のゲームなのだから、ジグソーの壮大なゲームの中においては彼女の最後がどうなるのかだけが重要なのだ、とも考えられなくはない。
でもいづれにせよ、プレイヤーに生き残る術を残すやり方がジグソウのやり方だったはずで、ずば抜けて面白かった前二作を踏み台にして「アマンダがプレイヤーだから前二作でプレイヤーだと思われていた人達(コマ)は生き残る手段を奪われていても良い」というのではばかばかしい。

最後、ジグソウが死に際に流したテープの内容が、彼自身がまだ死んでいない事を前提とした内容だったのは、あの時点で彼がまだ生きていて、ジェフがプレイする様を観察する予定だった事を匂わせた。

アマンダが彼女のゲームに勝ち、リーを撃つことなく夫ジェフがあの場に現れていればアマンダも死ぬことは無かったかもしれないし、そうであればジェフも怒りに任せてジグソウを惨殺する事が無かったかもしれない。
つまりは、リーも彼女自身のゲームに勝利し、ジェフも彼自身のゲームに勝利した場合の事。
が、さらに壮大なゲームにおいて自身の命を晒してプレイしていたジグソウが、アマンダというコマの制御に失敗して全てが崩壊したと考えると納得いく。

アマンダという制御の利かないコマを選んだ時点でジグソウの負けが決まっていたのか?
彼女が生き残ったゲームのプレイヤー達を殺害していた事をジグソウは知らなかったのか。

知っていたにせよ知らなかったにせよ、朦朧とした意識の中で「愛してる」とつぶやいた事に気付かず、リーにモーションをかけているフリをしてアマンダを挑発したのが、自信に満ちたジグソウの唯一のミスなのかもしれない。

次の日に観た『麦の穂をゆらす風』のテーマが、今回ジグソウが各プレイヤーに課せたルールとかぶっていたのがなんとも皮肉だった。



SAW ソウ DTSエディション

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

ソウ2 DTSエディション

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« 麦の穂をゆらす風 | トップ | 007 カジノ・ロワイヤル »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして~ (chihana)
2007-04-03 18:53:12
1から順に見ています。
3でこれまでの説明をしているように見えましたが、、
語りすぎです、ジグソウ~
アマンダも第二のジグソウの器ではなかったんですね、、、
ジグソウこれからどうするんでしょう
別な意味で楽しみです
ジグソウ像が (そーれ)
2007-04-05 14:42:25
>chihanaさん
そうですよね、
語りすぎで神秘性がどんどん失われて
嬉しくないですよね。
二人とも今回こそは確実に息の根を止められたので
次回以降は前日譚になるのかもしれませんね。
『ソウ0』とか、『ソウ-1』とか(そういや『ブレアウィッチ0』はどうなったんだろう)
あれでも生きてたら…13金シリーズ的になってしまいそう(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

29 トラックバック

SAWIII ソウ3 (ネタバレ映画館)
アマンダ・ビギニング?
ソウ3  SAW III (映画鑑賞★日記・・・)
『SAW III』公開:2006/11/18(11/18鑑賞)製作国:アメリカ監督:ダーレン・リン・バウズマン出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデン、バハー・スーメク、ディナ・メイヤー、J・ラローズ、デブラ・リン・マッケイブ、バリー・フラット ...
SAW3 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ソウ絶さアップ・おソウ末さもアップ  
ソウ3 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SAW III) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 2004年「ソウ」誕生。 2005年に「ソウ2」が公開され、遂にシリーズ第3弾の登場。 物語は「ソウ2」のラストから始まる。 罠にかかり助けを求める荒くれ刑事のエリック・マシューズ(ドニー ...
SAW3 (何を書くんだろー)
「SAW3」評価 ★★★★☆(3.9)『あらすじ』 ジグソウを追い続ける女刑事のケリーは、殺人事件の現場で惨たらしい被害者の姿を見ることに。しかし、その現場は扉までもが溶接され、まったく逃げ道のないモノだった。今までのジグソウの手口とは違うと判断 ...
映画「ソウ3」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ソウ3」 【ソリッド・シチュエーション・スリラー】というジャンルを確立した『ソウ』シリーズの第3弾。 「1」ではその【状況設定】の斬新さとラストに驚かされ、「2」ではジグソウがさらに多人数にゲームを仕掛け、前作ファンの期待を裏切らな ...
ソウ3 SAW3 (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
トビン・ベル、アンガス・マクファーデン、ディナ・メイヤー 、 バハー・スーメク、ショウニー・スミス、J・ラローズ 出演 女刑事ケリーは殺人現場で死体がエリック刑事で無い事に安堵します そして今までのジグソウと違った手口に不審感を持つのです そして ...
SAW III (arudenteな米)
「2」よりはかなりマシだが…
SAW3 (UkiUkiれいんぼーデイ)
毎度のことですが、も、始まっていきなりですよ。。。 あたしゃ、最初の10分で観に来たこと後悔しました~。 すっごいんですも~ん(ノ~^;)ゞ 前作の2作は、DVDでの鑑賞だったんで、まだ耐えられましたが、やっぱり劇場のスクリーンで観るとその ...
映画「ソウ3」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年64本目の劇場鑑賞です。公開前のSAWイッキミ!で観ました。「ソウ2」のダーレン・リン・バウズマン監督作品。斬新なトリックと壮絶な残酷描写で世界的に大ヒットしたシチュエーション・スリラーのシリーズ第3弾。謎の殺人鬼“ジグソウ”が仕掛ける新たなゲー ...
SAW 3 (日々エンタメざんまい!)
おすすめ度:★★★☆☆【STORY】 女刑事ケリーは、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。 鎖に繋がれた死体は爆弾で飛び散っていた。 死体が行方不明となっていたエリック刑事ではなかったことに、 ケリーは胸を
ソウ3 SAW? (ちょっと変な話)
CAST ジグソー/トビン・ベル アマンダ/ショウニー・スミス ジェフ/アンガス・マクファーデン リン・テンロン/バハー・スーメク ケリー/ダイナ・メイヤー ソリッド・シチュエーション・スリラー「SAW」シリーズの続編 この3では、前2作での謎が ...
SAW3(ソウ3)(映画館) (ひるめし。)
"さあ、ゲームをしよう この3人の運命は、お前次第・・・" 俺は、息子を殺した人間たちを処刑するのか? 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:ダーレン・リン・バウズマン 出演者:トビン・ベル/ショウニー・スミス/アンガス・マクファーデン/バハー・ ...
SAW3/ソウ3 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
謎は新たに生み出される!!、いよいよ絶頂に達する「ゲーム」の正体は?? 女刑事ケリーは、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。鎖に繋がれた死体は爆弾で飛び散っていた。死体が行方不明となっていたエリック刑事ではなかったことに、ケリーは胸をなで ...
■SAW? -ソウ3- (ルーピーQの活動日記)
殺人現場に呼び出されたケリー(ダイナ・メイヤー)は、鎖に繋がれ爆弾で飛び散っている死体と対面していた。エリック(ドニー・ウォールバーグ)ではなかったことに胸をなでおろしたケリーは、今までのジグソウ(トビン・ベル)の犯行パターンとは違うことに気付く ...
ソウ3 (future world)
一作目二作目と観たからには、毎度のように当然三作目も・・・・ しかし、前評判や観た人の話では‘最高にグロイ’らしいので・・・耐えられるかどうか、ちょっと心配。。。 過去二作を一緒に観に行ったメンバープラス一人の女4人で横並びで観ることに。 も ...
SAW3 (Not Diary But Blog !!)
SAW3見てきました。 上映前から、予告編がグロかったなどから結構グロいことは覚悟していたんですが… 確かにグロい… そしてかなり痛々しいorz 思わず顔を背けたくなってしまいます。 この作品に比べれば、1はなんてやさしい作品だったん ...
SAW 3 06年 233本目 (猫姫じゃ)
SAW ソウ3 2006年   ダーレン・リン・バウズマン 監督トビン・ベル 、ショウニー・スミス 、アンガス・マクファーデン 、バハー・スーメク 、ディナ・メイヤー 相変わらずのイタさ、、、やっぱりこの映画、劇場で見なきゃ良かった、、、もう、思いっ ...
ソウ3 (Saw ?) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダーレン・リン・バウズマン 主演 トビン・ベル 2006年 アメリカ映画 108分 ホラー 採点★★ まぁ、3人に増えてないだけ良かったですが。 【ストーリー】 ゲーム好きのジグソウに誘拐された男女。女性医師リンに与えられたルールは、ある男に仕掛けたゲー ...
「SAW3」 (映画鑑賞検定3級blog)
1は、いまだに結構なお気に入り。2も思っていたより良かった。そんなわけで、とりあえず3も観に行くことにした。
SAW3 (いろいろと)
世界的大ヒットを記録した サスペンス・スリラーの第3弾 SAWはレンタルで SA
SAW III (Extremelife)
斬新なトリックと壮絶な残酷描写で世界的に大ヒットしたシチュエーション・スリラーのシリーズ第3弾。謎の殺人鬼“ジグソウ”が仕掛ける新たなゲームが幕を開ける。シリーズの生みの親ジェームズ・ワンとリー・ワネルは原案と製作総指揮を担当。監督は「ソウ2」に引き続...
SAW3 (ひとり・暮らす・楽しむ-chihanaの場合。)
SAW 3見ました。 スプラッターーーー 血が! 血が!! 血が!!!うがああああああ 2にもまして痛い。ちょっと調子乗りすぎた? 2での「ジグゾウ」の殺人の“理念”が1とは違うな~と思ってはいたんですが、 3は総まとめ、ってカンジでした。 生きることへの...
ソウ 3 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
トリック&残酷描写で大ヒットしたシリーズ第3弾。 CUBEで流行り始めたシチュエーション・スリラーを進化させて、辻褄を合せながら続編が作られる「感心なシリーズ」 ソウ3 DTSエディションposted with amazlet on 07.0
SAW3 (黄昏ミニヨン想録堂)
 まず、CMの半分は大いに誇張なのでJAROに訴えるべきである。
ソウ3 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『謎は新たに生み出される!』  コチラの「ソウ3」は、ソリッド・シチュエーション・スリラー「ソウ」シリーズの3作目なんですが、11/18公開になったので、観てきちゃいましたぁ~♪  グロいながらも思わず顔がニタついてしまう圧倒的な面白さを感じてしまった1作...
SAW3 (Screen saver☆)
やべぇハマッた 。。。いろんな意味で _| ̄|○ 1が相当好かったんで 2も結構イケてたんで 3も。。。 グロさ3倍以上 個人的にはソコ増やさないで欲しかった(T-T) ほぼ全編が悲鳴、、、 痛々しさ全開のお化け屋敷(?)な感じで このシリーズ平気...
「ソウ3」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今月のDVD鑑賞は 「ひらりん的ホラー特集2009夏」 をやってるよーーー、その第6弾。
【ソウ3】「赦し」を試すゲームをしよう (映画@見取り八段)
ソウ3~SAW III~ 監督: ダーレン・リン・バウズマン    出演: トビン・ベル、ショウニー・スミス、ディナ・メイヤー 公開: 2006年11月 ...