そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

メリダとおそろしの森 3D

2012-07-23 | 劇場映画れびゅー
ピクサー最新作、『メリダとおそろしの森』の字幕版をなんとか見つけて観てきました。
いつも吹き替え版は極力避けてるけど、AKBの吹替えなんて特に観たくない。
★★★

オーソドックスなプリンセス物のお伽話作品は初めてのピクサーに期待しながら鑑賞でしたが、蓋を開けてみるとピクサーというよりもディズニープリンセス物と言ったほうがしっくりくるような内容。
ボルト』以降、ジョン・ラセターがディズニーに協力するようになってからはピクサーからディズニーへの技術供与は相当多くなって、『塔の上のラプンツェル』なんかはディズニーの系譜を完璧に守りつつもCG技術面ではそれまでのディズニーCGアニメから劇的に向上してたし、本作ではもう垣根が無くなったも同然なのかもと感じた。

今回予告編の有った来年公開予定の『モンスターズインク』のビギニング物や、先日ニュースになってた『ファインディング・ニモ』続編製作決定など、ピクサーは『トイ・ストーリー』と『カーズ』以外の過去の遺産についても続編ビジネスに熱心になって行く傾向にある様子。
ディズニーとの差が無くなった今、そうならざるを得ないのかもしれないけれど、本作を観た感想も踏まえてもっともっとピクサーには冒険してもらいたいと感じる。

ピクサーらしさと言えば、キャラクターの基本デザインや動き、ふわふわのパーマ毛の表現なんかに最新CG技術が注がれてる辺りくらいで、過度の感動や子供心を擽るワクワク感は今回無い。
早く動けよとか、気付くやろ的な場面が何度か有ったり、世界観の広がりが妙に狭いのについてもどこかいつものピクサーっぽくなく感じた部分、もっと洗練されてるイメージなんだけどピクサー映画って。
世界観の広がりが狭いように感じた点については、もしかしたら世界をCGで作り上げるのに関して、最近の日本のRPGのように予算の関係で同じ場面の使い場回しで対策しているのかもなんて感じた。
そんな事はしないよね?ピクサーさんは、きっと、そんな手抜きはしない会社であって欲しい。

ジブリに習い最近ラセター絡みの映画には『○○の○○』風な邦題付ける傾向に有って、本作では『おそろしの森』なんて付けて世界観を膨らませているけれど、映画を観てる限り森を“恐ろしい”と強調する必要があるような描写が無い。
そもそも、字幕版で観ていて「おそろしの森」と呼ばれていたような記憶が無い。
たとえあの森がおそろしの森と呼ばれているにせよ、なんでこんな見当はずれな邦題付けたんだろう。



塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« ローマ法王の休日 | トップ | ダークナイト ライジング  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

22 トラックバック

『メリダとおそろしの森』 2012年7月11日 シネマメディアージュ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『メリダとおそろしの森』 を試写会で鑑賞しました。 吹替で観ましたが、吹替最高! 大島優子万歳 なかなか良いですよ 【ストーリー】  王女メリダは王家のしきたりや伝統に反発を覚え、娘に女性らしい優雅さを身に付けるよう願う母と度々ぶつかっていた。そんなあ...
[映画『メリダとおそろしの森』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・先ず、言っておくと、変なコメントが来ていたが、私は、面倒臭いので、読まずに消しましたから^^;(IP・IDなどで、変なヤツだと特定できている)    ◇  そもそも、今 私は、『マダガスカル3』のことしか考えていない・・・^^;  ・・・さて、...
「メリダとおそろしの森」 大人としての勇気 (はらやんの映画徒然草)
初めて予告を観たとき、「プリンセス」「魔法」「魔女」という要素が強く印象に残りま
映画レビュー「メリダとおそろしの森」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
メリダとおそろしの森 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る◆プチレビュー◆型破りな王女メリダの成長を描く「メリダとおそろしの森」。驚くほどクオリティの高い映像に息 ...
劇場鑑賞「メリダとおそろしの森」 (日々“是”精進! ver.F)
運命を、切り開け… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207240002/ メリダとおそろしの森 オリジナル・サウンドトラックV.A. WALT DISNEY RECORDS 2012-07...
『メリダとおそろしの森』('12初鑑賞76・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:05の回を鑑賞。
メリダとおそろしの森 (Akira's VOICE)
母性本能おそるべし。  
メリダとおそろしの森・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
母の愛は魔法よりも強し。 ピクサー・アニメーション・スタジオの長編第十三作目は、古のスコットランドを舞台に、初めて女性を主人公としたプリンセス物だ。 とは言っても、ディズニーの伝統的なプリンセ...
映画「メリダとおそろしの森」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「メリダとおそろしの森」観に行ってきました。数々の3Dアニメーション映画を手掛けてきた、ディズニー&ピクサーのタッグによる冒険ファンタジー。この映画は3Dメガネが必...
メリダとおそろしの森3D       評価★★★67点 (パピとママ映画のblog)
自分の願いを叶えるため、森の魔法を使ってしまった王女メリダ。王国に恐ろしい災いをなすその魔法を解くため、メリダは自らの運命に果敢に立ち向かう。「トイ・ストーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」などのディズニー/ピクサーが初めて女性を主人公にした最新3Dア...
親としての信念は?その2。『メリダとおそろしの森(字幕版3D)』 (水曜日のシネマ日記)
スコットランドを舞台に描かれた王女とその娘の物語です。
「メリダとおそろしの森」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 「トイ・ストーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」のピクサー・アニメーション・スタジオ最新作。10世紀頃のスコットランドを舞台に、弓の名手にして次期女王の少女・メリダの奮闘を描くフェアリーテールストーリー。
「メリダとおそろしの森」 (NAOのピアノレッスン日記)
~私が、守り抜く~ 2012年   アメリカ映画  (2012.07.21公開)配給:ディズニー       上映時間:監督:マーク・アンドリュース/ブレンダ・チャップマン原案:ブレンダ・チャップマン脚本:マーク・アンドリュース/スティーヴ・パーセル/ブレ....
メリダとおそろしの森 (だらだら無気力ブログ!)
大島優子の吹替えは違和感なかった。
少女は勇敢な弓を射る~『メリダとおそろしの森』 【2D・吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 BRAVE  中世スコットランドのある王国。お転婆な王女メリダは弓の名手で、愛馬と森 を駆けるのが大好きな女の子。そんな彼女は、しとやかで高貴な女性に育てよ うとする母・エリノア王妃の...
ピクサーのお姫様モノですが・・・ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「メリダとおそろしの森」を鑑賞しました。 間違えないピクサー作品ということでしたが うーん いままでの作品と比べると・・・ といった感じだったかな 単純にアニメ作品として楽しめたけど それ以上がなかったというか いわいる、お姫様モノ....
メリダとおそろしの森 (銀幕大帝α)
BRAVE/12年/米/94分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/07/21) -監督- マーク・アンドリュース -製作総指揮- ジョン・ラセター -脚本- マーク・アンドリュース -声の出演- *ケリー・マクドナルド・・・王女メリダ *ビリー・コノリー・・...
メリダとおそろしの森 (いやいやえん)
あっそうなんだ…これは邦題から誤解が生まれますね。てっきり北欧の森の中でのファンタジック・アドベンチャーになるものと思い込んでしまう。実際のところは森自体はそんなに重要なファクターじゃない。 赤毛のふわふわとした髪の質感が素晴らしいです。メリダは馬...
『メリダとおそろしの森』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
音楽がアイリッシュ調で素晴らしかったのですが、10世紀頃のスコットランドを舞台にしたお話だそうです。説教臭いおとぎ話風ではありますが、オリジナルストーリーみたいですね。想像していたのとは全く違う内容だったので、見ていてちょっとビックリ?!もっとシリアスな...
【映画】メリダとおそろしの森…あのまる顔が可愛く見えてくる技術(ヤッツケ再開16) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
かなり久しぶりのブログ更新です 忙しかったり、週末はお酒飲んで潰れてしまったりと…いう感じで、なかなかブログにまで手が出なかったここ最近 近況ですが… 9月に2回ぐらいあった三連休は、各々コストコとか、鳥栖プレミアムアウトレットとかに行きましたが、詳細・日...
メリダとおそろしの森 (のほほん便り)
ピクサー史上初の女性主人公。もじゃもじゃ赤毛の娘ってあたりにチャレンジ精神を感じました。配偶者選びになり、最初は「日本のかぐや姫っぽいオハナシなのかしら?」と思ってたら、あらあら、厳格なお母様側が魔女の魔法で変身!その、取り戻し物語とは思わなかったので...
メリダとおそろしの森 (のほほん便り)
まず、何より、物語が終わったあとのメッセージ、「ジョブズに捧ぐ」のクレジットにジーーンとしてしまいました。ピクサー・アニメーション・スタジオ13本目の長編作。スコットランドを舞台に、自由を愛する赤毛の活発な王女メリダが、精霊に守られた神秘の森の奥で待ち受...