そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ラブリーボーン

2010-01-30 | 劇場映画れびゅー
近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。


一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を書くと反感買うかもしれないけど、ぶっちゃけ感動なんて全く出来なくて、早く帰りたいと思う程つまらなかった。

幸せな家庭に生まれたスージーが危険な目に会い殺されてしまうまで、殺された直後までの導入部分は、顔を覆いたくなるほどの恐怖と胸に突き刺さる悲しみを感じて、なんてよく出来た映画なんだろうなんて思いながら観てたんですが、その後の本筋がメタメタ。

必要以上にドラマチックな選択をし続けるストーリー展開、後始末考えずに意外性ばかりを求めた運びの連続なんだけど、そればかりが続くと飽き飽きしてしゃーなかった。

天国と現世の狭間の世界の映像が綺麗だったのも、なんか他の映画で観た感覚。

いくつになってもやらかしてくれるスーザン・サランドンのステキ過ぎる髪型と、破天荒なキャラクターだけは好印象。

ピーター・ジャクソンの映画だからって『指輪物語』の字幕入れてる場合じゃないよ戸田大先生様。
つーかさ、スノーグローブくらいフツーに日本で使ってる言葉だから!

ネタバレ
14歳の少女の心の動きがベースになっているせいか、作家が14歳(以下)レベルの稚拙な感性を見事に代弁して書いたのか、素晴らしい原作を脚本家がダメにしたのかよく分からないけれど、死んだスージーに大人や周囲の人達がドラマチックに翻弄されて行く様にイライラさせられっぱなし。

過去の亡霊に囚われるって言葉があるけど、本当に亡霊に囚われてしまっていて、お父ちゃんとか頭オカシくなるし、おかんは子供置いて家出するし、死んだスージーが直接介入して家庭を崩壊させていくのがもう「はよ成仏せいや!」状態で。
そうでなくても家族の心の負担って大きいのに。

この映画の流れだと、スージーの影響を直接は受けていない妹が犯人に気づいて証拠を発見し、犯人はスージーの遺体を隠滅して逃亡→逃亡先で事故死でしょ?

妹の手柄のストーリーを抜くと、結局スージーは現世にしがみついて家族を崩壊させ、その間狭間の世界で豪遊。
お父ちゃんの心をボロボロにした挙句、最後はムーア人と霊感少女が新たに恋人同士になりそうな雰囲気な所に割って入ってセックスまでして、そのせいで連続殺人鬼は遺体隠滅と逃亡に大成功。
でも、悪いことしたせいで天罰が下ったよ!良かったね!って事でしょ?
なにそれ!!!

スージー、イラン事以外なんもしてないやん、14歳の幽霊が14歳の感性でやりたい放題やって成仏したって話やん。

しかも、終盤は家族捨てて家を飛び出したおかんが帰って来させたり、惨殺された被害者達を笑顔で登場させたりして「どう!感動的でしょ!」ってやり方が気に入らん。
もう全くもって気に入らん!!!



ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

コメント (6)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
« ソフトバンク 「Wi-Fiバリュ... | トップ | パラノーマル・アクティビティ »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれま (KLY)
2010-01-30 13:57:58
私が結構辛口で反感買うかとおもったら、そーれさんはもっと辛口だった。(笑)
世の中的には何だかえらい評判いいんですよね。ただ、最後はHしたんじゃなくてファーストキスじゃないでしょうか?それだけが心残りだったみたいだし。^^;
>KLYさん (そーれ)
2010-01-30 20:09:55
どうもです!
飲みに行くのを辞めてレイトショーで観てたので、「酒飲みに行きゃ良かった!」ってのが正直な感想でしたw
不思議ですよねぇ、なんで評判がいいのかさっぱりです。

男女がグッタリして横になって目をつぶってたら、キスだけをした後ではないと妄想していまいますけどw
何れにしても、かき回すだけかき回しておいて、やりたい事だけやって成仏したってのが『ゴーストニューヨークの幻』とは違って全く感動出来ないポイントでした。
こんにちは。TB頂きました。 (ミスト)
2010-02-02 15:56:11
(笑)・・・
この手の感想を読んで笑うってのは不謹慎でしょうか!?(笑)
でも、笑ってしまいました。
余りにも私が言いたかった事をストレートに言ってたから。
あっ、私はHしたとこまでは想像してませんでしたが・・・
原作本ではそうなっているのかしらん?
いや、それはそんなにしつこく気になっている
訳ではないのでどうでも良いのですけど。
「惨殺された被害者達を笑顔で登場」ってのはほんとそうですね!
>ミストさん (そーれ)
2010-02-03 12:56:15
どうもです!
ありがとうございます、今回ネタバレ部分は観た人で同じように感じた人にだけ怒りに任せた毒満載で、面白おかしく感じて貰えるように書いたつもりだったので、笑っていただけたのでしたら本望ですw

笑顔で登場させたのも納得行かないんですが、なんであの時点でみんな成仏したのかはもっと意味がわからないんですよね。
犯人逃げたし。
分かります!! (映画大好き)
2010-02-08 15:09:02
ですよねーーー。仕事上、あまりそういうことを書くことが出来なかったのでストレスがたまっていましたが・・・・

「有難う!!」って気になりました(笑)

まさに言いたかった事です!!

これでアカデミー賞を取ったらアカデミーは一切、信用出来ませんね(笑)
>映画大好きさん (そーれ)
2010-02-08 19:22:47
どうもです!
毒づきまくって書いた私もスッキリですw
作ってる側もこの話のおかしな点に気付かなかったのか、何らかの宗教的な考え上の物語なのか、私の価値観には全く反する話でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

49 トラックバック

ラブリーボーン (悠雅的生活)
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
ラブリーボーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:THE LOVELY BONES。ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、ライアン・ゴズリング、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ローズ・マクアイヴァー、マイケル・インペリオリ、リース・リ...
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」...
ラブリーボーン (Akira's VOICE)
生と死を繋ぐファンタジー。  
ラブリーボーン・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
劇場鑑賞「ラブリーボーン」 (日々“是”精進!)
ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った...
ラブリーボーン (LOVE Cinemas 調布)
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つ...
ラブリーボーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り続...
ラブリー・ボーン (Blossom)
ラブリー・ボーン THE LOVELY BONES 監督 ピーター・ジャクソン 出演 マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ     スーザン・サラ...
ラブリーボーン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!これは、私が天国に行ってからのお話。
『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと (SOARのパストラーレ♪)
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
ラブリーボーン (試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ...
ラブリーボーン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ...
映画レビュー「ラブリーボーン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Lovely Bones◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ殺された。彼女は美しく不思議な場所へ辿り着く。ここは天国? スージーはそ...
[映画『ラブリーボーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸...
「ラブリーボーン」なんかスッキリしない・・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハラハラドキドキさせられて、どうなるのかな~って最後まで引き込まれて観たんですが・・・最後まで見終わってみると、ん~~??というと...
ラブリーボーン (とりあえず、コメントです)
同名ベストセラー小説に感動したピーター・ジャクソン監督が映画化した作品です。 14歳で殺された少女の魂の彷徨を、美しい映像と音楽で綴っていました。 本当に美しくて切ない物語でした(T_T)
『ラブリーボーン』 (めでぃあみっくす)
愛すべき原点に戻れ。それがスティーブン・スピルバーグが最もこの世に残したい想いではないかと思いました。14歳で命を絶たれてしまった女の子が残された家族や友人に第六感を通じて想いを届けるこの映画。原作ありきとはいえ、私は不思議とこの作品を通じてスティーブン...
【98.2Kg】 「ラブリーボーン」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわ~です♪ {%笑いwebry%}
ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ? (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、...
ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:200...
「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おま...
mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・...
ラブリーボーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘...
ラブリーボーン (心のままに映画の風景)
家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
ラブリーボーン (★ Shaberiba )
こんなことあってはならない・・
【ラブリーボーン】 (日々のつぶやき)
監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ   これは、私が天国に行ってからのお話。 「14歳のスージー・サーモンは近所に住む男にトウモロコシ畑で
「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何...
【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン (猫とHidamariで)
私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド日本公開:2010年1月29日チェック14歳で殺さ....
ラブリーボーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんと言っても注目は、「...
ラブリーボーン (ゴリラも寄り道)
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、...
ラブリーボーン (だらだら無気力ブログ)
  『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両...
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
★「ラブリーボーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
ラブリーボーン(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしま...
ラブリーボーン (Diarydiary! )
《ラブリーボーン》 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 -原題
ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES (銅版画制作の日々)
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。   東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の...
天国と地上の間~『ラブリーボーン』 (真紅のthinkingdays)
 THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は...
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 (水曜日のシネマ日記)
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
「ラブリーボーン」胸に迫る想い (ノルウェー暮らし・イン・London)
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
【映画】ラブリーボーン (新!やさぐれ日記)
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしま...
ラブリーボーン (Movies 1-800)
The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベストセラー小説の映画化で、殺害された14歳の少女が、地上と天国の間の不思議な空間...
「ラブリーボーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...
「ラブリーボーン」 (大吉!)
<木曜日> ”私は14歳で殺された・・。”   「ロード・オブ・ザ・リング」の監督とスピルバーグが手を組んだ映画だそうで。 スージー・サーモンは、学校の帰りに近所に住む男に襲われ、殺されてしまう。 血塗れで地中に埋められていた帽子だけが発見され、両親の...
ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES (ゆるーく映画好きなんす!)
P・ジャクソン監督のやりたいことをやる姿勢は嫌いじゃないけど・・・ 『 ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES 』 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 135分 監督 : ピーター・ジャクソン 製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ
『ラブリーボーン』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作
ラブリーボーン (2ちゃんねる映画ブログ)
【ピーター・ジャクソン最新作】 ラブリーボーン The Lovely Bones http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1258382928/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 23:48:48 ID:Jd6VaVje 日本公式 http://www.lovelyb.jp/ ピーター・ジャクソン...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
ラブリーボーン (mama)
THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブライアン・ ...