そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

アンストッパブル

2011-01-27 | 劇場映画れびゅー
なかなかメジャー路線を行かないのは演技の幅を広げる下積みなのか他に何か弊害があるのか、ポストブラピと言われながらちっともパッとしないクリス・パインを見ていると、全然浮上しないライアン・フィリップを思い出す。
今回は、デンゼル・ワシントンと共演やし、監督はトニー・スコットやし、ようやく良い映画に巡り合ったか?
アンストッパブル』を(先々週w)観てきました。
★★★

緊迫感に溢れた暴走列車の描かれようはさすがトニー・スコット!
胸を空くクライマックスも最高!

しかしこれ、映画として全部のバランスを観ると、観客の心理を煽った演出に重点を置きすぎていて、2回観たいかと聞かれると2度と観たくない事で前半は溢れている。

鉄道マンは全員あふぉかと。
あふぉ過ぎるやつらばかりに描かれていて、何が感動やねんてレベル。
しかも主人公(クリス・パイン)もそれに含まれているっつーかそれ以下で、どこまでDQNなのかと観ながら全く感情移入出来ないレベル。
観客のイライラを煽って気持ちを高ぶらせておいて、列車の緊迫感に拍車をかける意図なんでしょうけれど、徹底したDQNっぷりを見せておいて最後は「ほらヒーローだよ感動しなさい」ったって俺には無理です。
胸を空く反面、「うーん、なんでめでたしめでたしなんだ」と納得行かない構成。
最後のスッキリ感だけを前提に書かれた脚本に無理がある。

関係ないけど、あの魔のカーブは根本的にあかんやろ。



サブウェイ123 激突 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« ソーシャル・ネットワーク | トップ | グリーン・ホーネット 3D »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そーれさんは (鈴蘭)
2011-01-28 22:14:38
非常にロジカルな知的な方ですね。
こういう映画はちょっとアホっぽい方が楽しめるのでは…

カップルで見て「あ~ドキドキしたぁ」なんてキャッキャ言う映画だと思います。
>鈴蘭さn (そーれ)
2011-01-29 16:03:30
どうもです!
そんなことはないですよー。
序盤に大嫌いになったキャラクターを途中から好きになれないだけですw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

16 トラックバック

アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
「アンストッパブル」は清涼飲料水的娯楽映... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品、娯楽映画としては実に巧妙な出来である。物語は、危険物を満載して暴走した列車をいかに止めるか、ただそれだけである。冒頭から事故の発生、登場人物たちと彼らが置かれ...
「アンストッパブル」燃えるぜ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンストッパブル] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
映画『アンストッパブル』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-4.アンストッパブル■原題:Unstoppable■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:林完治■鑑賞日:1月10日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円ス...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (mama)
UNSTOPPABLE 2011年:アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン、ケヴィン・コーリガン、クリス・パ ...