ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

“ナゾ”の視点(地震雲)

2009年09月30日 23時59分14秒 | Weblog
“ナゾ”の視点」、「“ナゾ”の視点(宇宙のはじまり、地球のはじまり)」、「“ナゾ”の視点(人間以前の存在が残したもの)」の続きです。

ソラ辞典より
地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

原子とニウ物語(雲、虹、地震雲、などの意味)】より

宇宙から来て生物になり、星たちの指導で人間の形になった原子たちは星の意識(潜在意識)を持っていますので、地球を生物の住む地球にしてくれた原子たちのことを人間の顕在意識に知らせようと思います。
なぜかというとほとんどの人たちの顕在意識は、何もかも自然にできて、地球も食べ物も全て“思いを持つ”原子から出来ていることに気づかないで、違うものを崇めて信じているからです。
違うものとはあらゆる宗教であり、崇めている神と言われるもので、それらを崇める思いが強いと、肉体を創っている原子たちがSOSを発します。
そしてSOSを発した人が大勢集まると、原子から指令を受けたニウたちは連絡しあって大きなSOSの思いの塊として宇宙へ発信するので、SOSに気づかせようとソラや地球に充満している原子たちが行動を起こすので、いろいろな災害になるのです。
災害は人間の思いが呼び寄せているソラ(宇宙)からのお知らせなのです。

【巨大地震と巨大津波】

人間の肉体を創っている原子たちの思いが潜在意識です。
その人間の潜在意識が宗教などによって自分たちの嫌なものに支配されると宇宙に助けを求めます。その助けを求める思いが巨大になるとそれに応じて巨大なガスの彗星が地球に突っ込みます。
地球は原子たちが手をつないで膜で覆っていますが、それに彗星が突っ込むと膜に穴がきます。
そうすると地球はゴムまりの空気が抜けたようになり大変なことになるので膜を作っている原子たちは急いでその穴を補修しようとするので巨大地震が起きます。
その後も何度も地震が起きるのは、彗星の衝突の衝撃で原子たちのつないでいた手が離れたので、元に戻ろうと動くために何度もゆれるのです。

巨大津波は、巨大なガスの彗星が地球に衝突し、水で衝撃は和らげられるものの、海面に巨大な穴を開けるので、そこに周りの海水が流れ込み巨大な渦巻きが発生します。
実際、渦に巻き込まれた人は、巨大な洗濯機の中に放り込まれたようだと感想を述べていますし、人工衛星から見た写真では、大きな渦巻きが写されています。
地球の膜の小さな傷であれば、イシカミの原子がたくさん傷の上に乗る事で、傷がふさがって治るので津波は起きません。

地震雲などの画像より
2009年9月26日 伊丹から東京へ【津波様雲、南太平洋M8.0、津波1.5m】
今回ちょうど、東京へ向かうフライト中、それまで寝ていて突然、目が覚めて(目を覚まさせられた?)撮ったのが↓です。
寝ぼけていて通りすぎて少ししか写っていませんが、左下段の雲です。
この時、津波に似ているなと思いましたが、このような大きなの(M8.3)を知らせているとは思いもよりませんでした。

発生時刻 2009年9月30日 2時48分ごろ
震源地 南太平洋(南緯15.3度、西経171.0度)
深さ ごく浅い 規模 マグニチュード 【M8.3】

29-SEP-2009 18:21:M5.8 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:20:M 5.6 10.0 NORTHERN COOK ISLANDS
29-SEP-2009 18:08:M 5.6 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 17:48:M 8.0 85.4 SAMOA ISLANDS REGION

2009年9月26日 伊丹から東京へ【沖縄沖M5.9】
発生時刻 2009年9月29日 4時23分ごろ
震源地 沖縄本島北西沖 深さ 20km 規模 マグニチュード 5.9
震度3 鹿児島県

2009年9月25日 山形市 午前10時半【沖縄沖M5.9】

2009年9月26日 山形市 午前11時 【沖縄沖M5.9】

2009年9月28日 山梨 8:09 東南【沖縄沖M5.9、M4.3】

2009年9月26日 名古屋 7:19【南太平洋M8.0、インドネシアM7.7、青森県沖M4.2】
くっきりと立ち上がった雲でした。

発生時刻 2009年9月30日 2時48分ごろ
震源地 南太平洋 深さ ごく浅い 規模 【M8.3】
発生時刻 2009年9月30日 19時16分ごろ
震源地 インドネシア付近 深さ ごく浅い 規模【M7.7】

発生時刻 2009年9月30日 2時21分ごろ
震源地 青森県東方沖 深さ 60km 規模 マグニチュード 4.2
震度2 北海道 青森県

29-SEP-2009 18:21:M5.8 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:20:M 5.6 10.0 NORTHERN COOK ISLANDS
29-SEP-2009 18:08:M 5.6 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 17:48:M 8.0 85.4 SAMOA ISLANDS REGION

2009年9月26日 名古屋 7:46【根室支庁北部M4.4】
発生時刻 2009年9月29日 21時3分ごろ
震源地 根室支庁北部 深さ 10km 規模 マグニチュード 4.4
震度4 北海道

2009年9月29日 三田市(11:58)西 【根室支庁北部M4.4

2009年9月29日 岩見沢 06:46 東(断層と棒状の雲)【南太平洋M8.3 、インドネシアM7.7、青森県沖M4.2、沖縄M4.8】
発生時刻 2009年9月30日 2時48分ごろ
震源地 南太平洋 深さ ごく浅い 規模 マグニチュード【M8.3】
29-SEP-2009 18:21:M5.8 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:20:M 5.6 10.0 NORTHERN COOK ISLANDS
29-SEP-2009 18:08:M 5.6 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 17:48:M 8.0 85.4 SAMOA ISLANDS REGION
発生時刻 2009年9月30日 19時16分ごろ
震源地 インドネシア付近
深さ ごく浅い 規模 マグニチュード 7.7

発生時刻 2009年9月30日 2時21分ごろ
震源地 青森県東方沖 深さ 60km 規模 マグニチュード 4.2
震度2 北海道 青森県
発生時刻 2009年9月30日 7時43分ごろ
震源地 沖縄本島北西沖 深さ 10km 規模 マグニチュード 4.8
震度1 鹿児島県

2009年9月30日 山形県東部 17:30 北西【インドネシアM7.7】
発生時刻 2009年9月30日 19時16分ごろ
震源地 インドネシア付近(南緯0.9度、東経99.9度)
深さ ごく浅い 規模 マグニチュード 7.7

DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
30-SEP-2009 12:48:01 -6.28 151.40 M5.3 56.8 NEW BRITAIN REGION, P.N.G.
30-SEP-2009 10:38:54 -0.72 100.07 M5.5 104.2 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA
30-SEP-2009 10:16:10 -0.80 99.93 【M7.6】 85.0 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA
30-SEP-2009 09:29:26 -33.21 -179.19 M4.8 35.0 SOUTH OF KERMADEC ISLANDS
30-SEP-2009 09:05:13 -16.13 -172.86 M5.0 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 08:24:58 -16.58 -172.68 M5.3 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 07:32:15 -15.26 -172.70 M4.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 07:13:46 -16.58 -172.94 M4.7 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 05:54:01 23.84 124.21 M4.9 10.0 SOUTHWESTERN RYUKYU ISLANDS
30-SEP-2009 05:24:51 -15.35 -173.38 M5.3 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 05:08:33 4.97 126.89 M4.8 54.6 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
30-SEP-2009 04:46:22 -16.35 -172.25 M4.8 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 04:03:11 -15.62 -173.35 M5.0 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 03:18:10 -15.78 -172.77 M4.6 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 02:47:27 -15.72 -173.14 M5.0 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 02:39:08 -16.23 -172.91 M4.7 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 02:29:34 -16.62 -173.04 M5.0 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 02:21:31 4.99 127.06 M4.9 35.0 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
30-SEP-2009 01:46:51 4.53 127.53 M4.9 51.6 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
30-SEP-2009 01:39:50 -15.48 -173.38 M5.1 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 01:39:42 4.91 126.73 M5.6 72.2 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
30-SEP-2009 01:30:40 -15.53 -172.58 M4.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 01:16:18 -15.58 -172.04 M4.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 01:09:29 -14.97 -173.61 M5.1 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 01:05:34 -14.91 -173.24 M5.2 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 00:40:52 -15.46 -172.93 M5.1 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
30-SEP-2009 00:27:53 -15.03 -173.14 M4.8 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 00:22:38 -15.38 -173.48 M4.9 10.0 TONGA ISLANDS
30-SEP-2009 00:11:38 -15.99 -172.24 M5.0 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 23:51:43 -15.13 -171.94 M4.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 23:45:03 -15.84 -172.53 M5.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 23:32:57 -15.54 -173.32 M5.4 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 23:11:51 -15.56 -173.37 M5.5 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 22:54:07 36.83 -104.72 M4.1 5.0 NEW MEXICO
29-SEP-2009 22:41:45 -15.20 -172.90 M4.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 22:36:17 27.84 127.80 M5.4 7.7 RYUKYU ISLANDS
29-SEP-2009 22:08:30 -15.35 -173.39 M5.1 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 21:51:00 -16.17 -172.53 M4.9 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 21:28:56 -17.21 -173.00 M5.0 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:57:58 -16.07 -173.12 M5.2 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:46:02 -14.95 -173.33 M5.0 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 18:40:11 -15.35 -173.30 M5.4 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:34:29 -14.87 -172.49 M5.1 10.0 SAMOA ISLANDS
29-SEP-2009 18:29:26 -15.95 -173.23 M5.0 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:21:42 -16.20 -173.07 M5.8 10.0 TONGA ISLANDS
29-SEP-2009 18:20:27 -12.19 -161.60 M5.6 10.0 NORTHERN COOK ISLANDS
29-SEP-2009 18:08:22 -15.47 -172.09 M5.6 10.0 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 17:48:19 -15.56 -172.30 【M8.0】 85.4 SAMOA ISLANDS REGION
29-SEP-2009 17:21:44 41.58 141.98 M4.9 65.2 HOKKAIDO, JAPAN REGION
29-SEP-2009 12:03:19 43.50 144.78 M4.5 10.0 HOKKAIDO, JAPAN REGION

発生時刻 2009年9月30日2時21分頃
震源地 青森県東方沖(北緯41.5度 東経142.1度 深さ60km)
規模 M4.2 震度2 函館市、野辺地町、東通村

発生時刻 2009年9月30日7時36分頃
震源地 沖縄本島北西沖(北緯27.9度 東経127.8度 深さごく浅い)
規模 M5.5 震度2 天城町、和泊町

発生時刻 2009年9月30日7時43分頃
震源地 沖縄本島北西沖(北緯27.8度 東経127.9度 深さ10km)
規模 M4.8 震度1 和泊町、与論町

発生時刻 2009年9月30日14時17分頃
震源地 宮城県北部(北緯38.8度 東経140.8度 深さ20km)
規模 M2.1 震度1 栗原市花山

発生時刻 2009年9月30日16時40分頃
震源地 胆振支庁中東部(北緯42.8度 東経141.9度 深さ20km)
規模 M2.6 震度1 安平町追分柏が丘

発生時刻 2009年9月30日16時56分頃
震源地 山形県庄内地方(北緯38.6度 東経140.0度 深さ20km)
規模 M3.1 震度2 大蔵村肘折

発生時刻 2009年9月30日19時2分頃
震源地 奄美大島近海(北緯28.5度 東経130.2度 深さ60km)
規模 M3.9 震度1 喜界町、奄美市

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月30日のソラ。

“ナゾ”の視点(人間以前の存在が残したもの)

2009年09月29日 23時13分03秒 | Weblog
“ナゾ”の視点」、「“ナゾ”の視点(宇宙のはじまり、地球のはじまり)」の続きです。

ソラ画像より
傷ついたイシジン
イシジンイシカミの人間と伝えられ、デイダラボッチのようなものと想像していましたが、石像がイシジンの遺体だそうです。
以前見た時、大理石の皮膚が生きているようで、布のカーブなどこれほど上手に創れるのが不思議でしたが、納得できました。

これはエデンの園で、新しく創られた人間をこれらのイシジンが世話をしていましたが、人間が増えすぎて、食べ物が足りなくなり、人間同士で争うので、世話をしていたイシジン同士も争うようになり、その悲しみを人間に教えるために、このような形で残したそうです。
ちなみに有名なピエタ(母親が倒れた息子を抱いている)も同じ意味ですが、キリスト教がマリアをイエスに摩り替えたそうです。

ちなみに人間が作ったイエスの物語の石像もありましたが、比べ物にならないお粗末なものでした。
ミケランジェロなども絵は描いたが、石像は作っていなく、人間が創ったと思わせるための伝説のようです。

薄いジョーゼットのような布は、イシカミのお汁で作ったそうですが、現実にそれを思わせるものがありました。
レバノンのジェイタ洞窟」の“とろろコブ”のような鍾乳石が、布をあらわしているそうです。

生きているような石像
目と言い、歯といい本当に生きているようです。
どこかで見たいるかに乗った少年も、目が生きているようでしたし、他の石像でも血管、爪、筋肉の隆起など見受けられます。

生きているような親子
画像が小さくてわかりにくいですが、特に目がしっかりと残っているイシジンです。

ローマの泉
有名なトレビの泉ですが、それは想像をはるかに超える流れる水量でした。
生きているような石像がこの裏の建物にも沢山ありますが、何より1年中絶えなく流れるものすごい量の水はどこから来ているのか?
人間が造ったというのであれば聞いてほしいと。

ローマのあちこちに水道の蛇口のように流れていますが、飲むことが出来るのは、人間は水が要るのでイシジンが用意してくれたそうです。

どこからの水かと言うと情報では、アトランティスがあった大西洋に、鳴門の渦潮と同じようになって地下宇宙に入り込み、そこから送られているということです。
これまでから地下宇宙には、地球の表面から塩分を濾過した水が入り込み、地下水脈となって縦横に走っていると伝えてきています。
そのひとつが柿田川の噴出しで、「シマンテックと同じです」と私の知らない言葉、シマンテック(=ウイルスを濾過する=水を濾過する)と言う言葉で知らせてきました。
北海道の羊蹄山の噴出しも、ものすごい水量ですが、これもアトランティスの海から、アトランティスの記憶を含んで送られてきているとも伝えられています。

ミラノのイシジン塔の上の写真
巨大な建物のドウモを下から見ただけでは、このように石像が乗っているとは決してわからないくらい高い塔です。
上まで登ってドウモの尖塔には全て石像(イシジン)がいたのには驚きアップで撮りました。
石像はとても大きく、重いはずですが、どこにもその謎は書いてない?
ドウモと人間の大きさを比べると、いかに人間が小さいか?
天使(イシジン)が創ったと言う伝説が事実だと言うことがわかります。

バチカンがキリスト教徒に崇められているので、それに対抗して、人間がこの建物などを造れるか?と、イシジンが尖塔の上に乗ったそうです。
この建物だけでも、生きているような石像が2400体もあり、このような高所に乗っているのです。
現代の高層のクレーンがあっても、生きているような大理石の像を作ってセメントで引っ付けても、10年もしないうちに、次々落ちる心配があるでしょうに。
これがなぜ落ちないか?
トレビの泉の石像のように、土台と同じ石でできているからだそうです。
すなわちひとつの塔が一人の?イシジンが変化して形になったからだそうです。

バチカンの広場
巨大な石柱の上に石像が立っていているのは、石柱が巨人をあらわし、それがイシジンの形としてあらわしているようで、夜中に言葉になって
「ムレ、ムレ、・・・(人間の) 群れを見ていたものです。
誰一人、(石像を)イシジンということに気づくものはいませんでした・・・・・」
と、法王の説教には熱狂的?に迎えていた人々のことを、皮肉って伝えてきました。

広場にはタコクラゲ型の噴水があり、渦巻きと悪相に似た彫り物がありましたが、この場の意味を表しているようです。

バチカンの中は、数10年前に来た時は、貧しい信者から集めたお金でこれほど華やかな贅を凝らした教会はないと思っていましたが、今回は照明が落とされているのかその光りを感じませんでした。

ちなみに、死者との交信ができるというのでイエスは有名になったが、ここへ来て、これを大切にしなければいけないと言ったので、権力者は怒ったとも。

イシジンの姿
イシジンが存在したことを知らしめるために、自分達の一番良いと思う姿で固まったそうで、それでいろいろなポーズをしているようです。
巨大な柱もイシカミの巨人で、石像と一体となっているので、何千年も剥離することなく立っていると思われます。
3m近い?大理石の巨体で、顔は生きているようで、繊細な布のカーブなど細かな彫りこみです。
上から見ているのに、人間は全く石像に意識があるとは気づいていないと嘆いていました。

コロッセオ
先回来た時は、やはり十戒のシーン(剣闘士の争いやキリスト教徒がライオンに襲われる)を思い出して、入り口しか入れませんでしたが、今回はゆっくり見れたけれど余計な工事がしてあり残念でした。
映画では中央が平らで、いろいろなことが行われたという設定でしたが、実際は、地下の小部屋があり、どう考えても平らで大きな広場ではないので、それを平らなイメージにするためのようです。

後から降りてきたイシカミたちが作ったもので、意味がなかなかわからなかったのは、あまり良い意味で作られたのではないからでした。

行き止まりの階段(座席として座っても前のレンガの手すりで何も見えない)や小石交じりの坂道(いずれも高さは2mくらいだけ)が、いわゆる観客席に何箇所かあるのは、人間が階段を上がったり、坂道を登るのに、どのような肉体が必要か、いわば人間の体を進化をさせるための、肉体改造研究所のようなものだったそうです。

そこで人間になろうと集まった原子たちでも、そのような訓練があるのは嫌だと思いさっさと原子に戻ろうと思うグループの人間が、地下の小部屋に自ら行った(亡くなった)そうです。

そして強い人間として生きたい、争いを楽しみたいなどの人間が残っていったようです。
そして争いを楽しみたい人間を育成していたのが、地下墳墓で作られた羽根のあるイシジン(天使たち)で、当時は支配星がすでに強い力を持っていて、言うことを聞かないと、地下墳墓に戻すと脅かし、言うままにさせたようです。
地下墳墓はほとんどがその目的で作られたようで、カッパドギアなども同じ目的のようで、それで中東は争いが多いのかとも思います。
そう思うと、中国の兵馬俑も兵隊ばかりで納得がいきます。

コロッセオの壁の中身
ローマ建築は外側は薄くて小さなレンガでできていますが、中側はこのようにまるでコンクリートで固めたようになって、ものによっては小石交じりや、細長いものを固めたものでできています。

「人間がレンガを積み重ねて造ったと言うのであれば、コンクリートのなかった当時、岩と同じ硬さになる物質は何か建築家に聞いてください」
と。

このように太い石柱の折れたのが、あちこちにあるのは、イシカミの筆 (太い石柱) が折られている=イシカミの作品だということが伝えられていないことを知っていたので、抗議で置かれているそうです。

コロッセオ、地下室だった
小さな個室でイシジンが創られ(原子=ニウたちが集まった)周りの壁=イシカミのニウたちが、イシジンにエネルギーを与え、その間を通ることでさらにしっかりと結合できた。

コロッセオ
地下室で創られたイシジンは小さかったが、ここを通り抜けることでよりしっかりと大きくなるための通路の部屋?だそうです。

カラカラ浴場跡
千数百人が一度に入浴できたという跡地ですが、無数のレンガで高層に造られた建物があり、庭には太い石柱が壊れたのやレンガの?石棺がありました。
周りにはレンガ造りの石室がたくさんあり、それらで創られた人間をイシジン(アトランティス人の子孫で、石像の人たち)が世話をして、食べ物も与えていたいわば【エデンの園】だったそうです。
レンガなどは人間が積み上げたのでなく、イシカミの分身などの体のいわば細胞であるとわかると、天文学的な数のレンガの建物の意味がわかります。

半円や長方形の窓の意味は、イシカミやその中でもちょっと悪の意味があるそうですが、それがレンガでふさがれているのや、小さな長方形の窓?の意味はまだわかりません。

ローマの水道橋
今回一番見たかったのがここで、想像以上の大きさでした。
はるか向こうの山から、ただ水を得るために、巨大な石で組み立てられた水道橋が作られたのですが、この場所で終わって?います。

巨大な石を組み立てたこのような水道橋が、ヨーロッパやアフリカ、インドなどのあちこちにあるようです。
足をあらわす巨人がクラゲのように増殖して固まり、人間のために水を引こうと思ったそうです。
一夜にして橋ができたというのも、意味がわかります。

人間が水を得るために創るのであれば、簡単に低いところを流れる水路を作り、水の集まるところに浴場を作るはずです。

石が組み立ててあると、人間が作ったと間違われるのになぜ、そのように組み立てた水道橋にしたかと聞くと、同じ考えの原子たちが大勢集まると、ひとつの形になれるが、少しずつ思いの違う原子たちが集まったので、石を組み立てる形になったそうです。
下肢をあらわす岩(ディリケートアーチ)の仲間でもあり、凱旋門なども、より立派な形に表して残ったのは、後から降りてきたイシカミたちだったからのようです。
近くのタルクィーニアの駅の近くには、これより小さな、まるでコンクリートでできたような水道橋が突然あらわれ、数百mで森の中に消えて行って、ミニバスに乗っていたので行き先はわかりませんでしたが、小さな巨人たちが作ったようです。(地名にチビタベッキアというのがある)
ローマからのアッピア街道の分岐の石畳がココで終わり、途中から支配星の嫌がらせの松の並木も続いていました。

アッピア街道
ローマから750kmもの石畳の道路で、その一部の両脇は小さな薄いレンガを積み重ねた分厚い塀が延々と続きます。
石畳と塀、それだけでもいかに膨大な数の石やレンガが使われたか、想像するだけで人間業ではできないことと思えます。

この近くに、地下に全長12kmの地下墳墓(カタコンベ)と呼ばれているものがありますが、お墓にするだけのために、一気に10m以上深く堀り下がったり、延々と12kmもの地下道兼地下室を作るでしょうか?
地下には大小さまざまな棚があり、ここで羽根のあるイシジン(天使)が作られ、支配星に言うことを聞かないとココに戻すと、脅かされたというのに、ふさわしい場所と思えます。

ローマの石畳
ローマは町中が石畳ですが、それは気の遠くなるような数の石が整然と並べられ、でこぼこがとても少ないのでなぜかと聞くと、「イシカミの皮膚だからです」と。
その石畳は郊外までも続いていて、見るまでは人々が大勢で敷き詰めて行ったのだろうと思っていましたが、そんな半端な数のものではないことは、実際目で見なければわからないと思えます。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
29-SEP-2009 12:03 M4.5 深さ10.0 HOKKAIDO, JAPAN REGION
29-SEP-2009 09:14 M4.8 深さ161.9 BANDA SEA
29-SEP-2009 06:01 M5.0 深さ10.0 XIZANG
29-SEP-2009 02:04 M4.7 深さ31.3 SOUTHWEST OF SUMATERA, INDONESIA
28-SEP-2009 19:22 M5.9 深さ10.0 RYUKYU ISLANDS
28-SEP-2009 14:38 M5.1 深さ31.9 NEW BRITAIN REGION, P.N.G.

発生時刻 2009年9月29日0時12分頃
震源地 大分県西部(北緯33.4度 東経130.9度 深さ10km)
規模 M2.7 震度1 中津市、日田市(大分県)、東峰村、朝倉市(福岡県)

発生時刻 2009年9月29日4時23分頃
震源地 沖縄本島北西沖(北緯27.8度 東経127.9度 深さ20km)
規模 M5.9 震度3 天城町

発生時刻 2009年9月29日7時48分頃
震源地 沖縄本島北西沖(北緯27.8度 東経127.8度 深さ10km)
規模 M4.3 震度1 与論町

発生時刻 2009年9月29日21時3分頃
震源地 根室支庁北部(北緯43.6度 東経144.7度 深さ10km)
規模 M4.4 震度4 中標津町養老牛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月29日のソラ。

“ナゾ”の視点(宇宙のはじまり、地球のはじまり)

2009年09月28日 22時53分38秒 | Weblog
“ナゾ”の視点」の続きです。

宇宙物語(星の誕生から生物発生まで)
(前略)
3)宇宙の大元の近くに最初に出来たのが、いて座という星でした。
いて座はいくつかの星の集団ですが、お兄さんやお姉さんに当たり、面倒を良く見るという思いを持った集団でした。

宇宙の大元は次々生まれる星たちを、きちんと並べていましたが、そのうち並べられるのが嫌だと思う星たちが沢山出てきて戦争になりました。
その星の残骸が天の川なのです。
星の戦争では星たちのいろいろな不満の思いが固まりとなり、宇宙を漂っていました。
それで大元は分身のホシノミナを作り掃除をさせる事にしました。

ホシノミナはまず不満の塊の星のかけらなどの、宇宙のゴミを集めるために必要な原子の固まりを作りました。
それはヘリウムの固まりでそれに、稲妻となっては原子たちに一斉に駆け下りさせ、固まりのヘリウムを燃やしました。
ヘリウムの固まりは燃える事で火の玉となり、次々と宇宙の不満のかけらのゴミを吸い寄せていきました。
それがどんどん大きくなって、燃える火の玉の星の地球になりました。
他の星たちは地球に側に寄られると、自分も燃えてしまいそうになるので、地球にあっちへ行ってと嫌がりました。
仕方がないので地球は宇宙の外に出て行こうとしましたが、ホシノミナは地球にそこに留まるように言いました。

4)ヘリウムの燃える固まりの地球は、火は消えても煮えたぎっていました。
そしてあまりの高熱でヘリウムから鉄に変わっていました。
なぜ地球が鉄の固まりになったかというと、ヘリウムの気体であるより、形になりたいと強く思ったからです。
そして形として残り宇宙を掃除したという、証拠に残しておこうと思ったのです。
そして大元は地球を宇宙の希望の星にするために、太陽系のグループを作りました。
そして一番年上の星のいて座に相談しました。
まず、煮えたぎってどろどろで、丸くて固定できないので四角の形で、いて座の突撃隊は地球に突っ込み固定しようと思いました。
そのお陰でうろうろしていた地球は、その場に留まる事が出来ましたが、いて座の原子は地球の高熱のためにシリコンになりました。

5)ドロドロに溶けた鉄の塊であった地球を、降りてきたいて座のモノたちは何体も合体して地球を覆おうと思いました。
柔らかないて座のモノたちは、丁度うどんをこねるようにしっかりと一つの塊になり、そしてできるだけ薄く延びて大きな膜になり地球を覆いました。
けれども地球はとても大きく広い面積だったので、一つのグループだけでは覆い尽くせなく、合体したグループはあちこちに降りてお互い端同士がつながりあいました。
そのつなぎ目が火山帯であり、海溝になりました。
この射手座から降りてきたモノがイシカミと呼ばれました。

その上に降りてきたイシカミ達はより巨大な固まりで降りてきて、ゴンドワナ大陸になりました。
その中心がユーラシア大陸になったものはあまり移動するのが好きでなく、同じ思いのものたちが降りたその地に落ち着きました。
けれども新しい世界を知りたいと思う同じ思いのイシカミ達は、移動していきアメリカ、アフリカなどの大陸や島になりました。

6)宇宙に充満したヘリウムの原子も、何とか地球のために手伝いをしようと思いました。
和(=輪=O)が大切だという大元の願いを叶えようと、ヘリウム(He)はクラゲのような身体のいて座のモノの身体の狭いところを通り、丸くなって外に出て酸素(=O)になりました。

いて座のモノが地球に降りたことで固まったもののまだ熱い為に、次に大元は地球を冷やすように水星に言いました。
水星の意識体達は地球に降りて行こうと思いましたが、あまりに熱い為に一人で行くのは嫌だと思い、手をつないでいく水素(=H)という原子に姿を変えて地球へ降りて行きました。
地球にはすでに酸素が存在しましたので、水素は酸素と結合して水(H2O)を作るとそれで地球を冷やそうとしました。
けれど水だけでは高温の地球を冷やすには充分ではなかったため、より強く冷やすためにナトリウムと塩素の原子にも応援として加わってもらいました。
そのようにして地球の周りからどんどん雨として降りたので、ナトリウムと塩素の結合した塩は海だけでなく、山の中にもあるのです。
雨は低い所に集まり海となりました。

7)一方シリコンの原子の物質になったいて座のモノは、それぞれ自分のなりたい形になりました。
あるモノは岩に、あるモノは土になり、地球は変化にとんだ地形になりました。
けれども後から降りてきたいて座のモノは、海に降りてしまうものもいました。
地球でいろいろな形になろうと思ってきたけど、降りてきても岩にならずに分解してシリコンだけになったのもいましたし、海の中の岩でジーとしているのは面白くないと思うシリコンもいました。
それらのシリコンはいろいろな形の藻になり、それが植物プランクトン、ついで動物プランクトンとなり、生物が発生しました。
ソラのものやイシカミ達は、いろいろな動植物などを想像できるものを原子たちに伝えて、形として出現させていました。

8)そのうち、自分たちの事を理解できる賢い生き物、すなわち人間を創造しようと思いました。
地球に降りたイシカミの知恵を元に、人間が形つくられました。
それはナスカの地上絵などで人間の形を、宇宙に存在する原子たちに見せて、そのような形の生き物を作るように指示を出していたのです。
原子たちは自分の意志で目的を持って集まり、形を形成していったのです。

9)イシカミの原子のシリコンたちは自分の思うとおりの形になることができましたが、最初はただの大小の石だけ、次に立石になりました。
けれど自然に出来たとしか思えないのでもっと変わった形になろうと思い、いろいろな飾りのついた石柱や、模様のついた壁になりました。
石柱や壁だけでもつまらないと、屋根をつけた建物になっていきました。
それで鉄も運搬車もないのに、巨大な石にしてそれを隙間なく積み上げた巨大なピラミッドやあらゆる石造建築があるのです。
そして想像のできうる限りの豪華なお城にまでなることができました。
又、ある原子たちは繊細な布や戦うための鎧、豪華な宝石の装飾品などにも変化していき、形としての最高の物となっていきましたが、それらは人間の争いの元となりました。
それらを得るために、人間としてなぜ生まれたかを忘れ、形のあるものに対する欲が強くなり、地球上では争いが絶えなくなっていきました。

それ故に生きているモノの全ての元は、シリコンになったいて座から降りてきたモノなのです。
そしてすべての原子は思いを持っている事を忘れてはいけません。
それ故に、山であれ、岩であれ、動く物は勿論の事、原子からなるモノには全て思いを持っていると言う事です。
そればかりか、見えない空気にすら思いがあるのです。
人間はその原子と会話が出来なく思うとおりになりませんが、いて座から降りてきたモノはそれが出来たので、いろいろな形の岩などがあるのです。
いて座から降りてきたものを【イシカミ】と呼びます。
(一部省略)

原子とニウ物語(雲、虹、地震雲、などの意味)
青空には何もないように見えますが、人間には決して見えない原子よりさらに小さなモノたち=ニウたちが充満しており、彼らは思いを持って地球を見ているそうです。

「宇宙の始まりは宇宙の大元が一人ではさみしいので、相手をしてくれるモノをつかもうとする“思い”が最初に生まれましたが、反対につかまれまいとして逃げようという“思い”もあらわれました。
その“思い”が追いかけることで渦巻きがあらわれ、それが極限まで凝縮してパンとはじいて原子が生まれました。
そして同じ思いを持つ原子が集まって星が誕生しました。

けれども固まってできた原子の塊の星の中には、固められて自由にならないことが嫌でそこから外に出ようとする思いのモノもあらわれ、それがニウと呼ばれました。
原子よりはるかに小さいニウも“思い”を持っていますが、あまりに小さく極わずかな質量を持つだけなので、人間は最近まで見つけることはできませんでした。
原子核の周りを電子が回ることで原子になり、さらに集まることで物質になることができますが、ニウはたくさん集まっただけでは物質にはなれません。

地球の始まりは真っ赤な火の玉の星でしたが、宇宙の大元は地球を“形をあらわすことのできる希望の星”にしようと計画をたてました。
その計画に賛同した“いて座のイシカミ”の原子たちは、集団で地球を冷やし固めようと地球に最初は長方形の棒のような形で地球にやってきました。
そして地球に到着すると、粉をこねたような大きな塊になり、それから薄く伸びて膜のようになり地球を覆い包みました。
次にやってきた原子たちは今度はバナナのような形で降りてきて山や丘になりました。
そして最後に降りてきた原子たちはクラゲのような形で降りてきて、生物の元になりましたが、それらは星からの指令でいろいろな形の生物になりました。

それ以後、最初に降りてきて地球を覆って地下になった原子や原子から飛び出したニウたちと、山になった原子やそこから飛び出したニウたちは絶えず会話をしていました。
すなわち原子たちは、原子から飛び出した子供のニウたちを連絡役にして、お互い交信をしているのです。
そして地球を覆った原子たちと山の原子たちは、水蒸気になって昇っていく原子やニウたちに自分たちの思いを伝えることで、ソラにいる原子やニウたちにその思いを伝えていきます。
山の原子たちの思いを知ったソラの原子たちは、自分の思いと同じ思いの水蒸気の原子たちに呼びかけて一緒になり、それがたくさん集まって水蒸気は水滴となり目に見える形の雲になります。
こうして地球を覆った原子や山になった原子の思いを、いろいろな形の雲としてソラに浮かべています。

一方、宇宙から来て生物になり、星たちの指導で人間の形になった原子たちは星の意識(潜在意識)を持っていますので、地球を生物の住む地球にしてくれた原子たちのことを人間の顕在意識に知らせようと思います。
なぜかというとほとんどの人たちの顕在意識は、何もかも自然にできて、地球も食べ物も全て“思いを持つ”原子から出来ていることに気づかないで、違うものを崇めて信じているからです。

違うものとはあらゆる宗教であり、崇めている神と言われるもので、それらを崇める思いが強いと、肉体を創っている原子たちがSOSを発します。
そしてSOSを発した人が大勢集まると、原子から指令を受けたニウたちは連絡しあって大きなSOSの思いの塊として宇宙へ発信するので、SOSに気づかせようとソラや地球に充満している原子たちが行動を起こすので、いろいろな災害になるのです。
災害は人間の思いが呼び寄せているソラ(宇宙)からのお知らせなのです」

原子たちの思いを形にあらわしているものひとつがいろいろな形の雲で、変わった雲は原子たちの意見が一致して、ここに思いを持ったものがいると知らせたり、人間に対しての抗議をするために集まってできます。
又、このような変わった雲が出たら“原子たちに意識を向けほしい”と思って地震で知らせているようです。
小さな地震は“ここにいるものも思いを持っていますよ”とも知らせます。
巨大地震が起きる時は、“人間の進んでいる道が間違っている”と知らせていると思うことも大切です。
画像であらわした雲の種類を独断で決めさせてもらいましたが、次のような雲があらわれると“これから地震を起すよ”知らせて、しばらくすると地震が起こるようです。
けれども地震表にはあらわれても、沖で起きていたり、遠くで起きる場合は体感ではわからなく気づかない場合が多く、このようにまとめてみると雲と地震の関係が良くわかります。

地震雲などの画像より
2009年9月25日 11:48 宮城県【北極海M5.0、南極海M5.4】
25-SEP-2009 09:45 M5.0 深さ13.9 CHUKCHI SEA
25-SEP-2009 09:46 M5.4 深さ10.0 PACIFIC-ANTARCTIC RIDGE

2009年9月25日 山梨 14:07 北東【北極海M5.0、南極海M5.4】

2009年9月27日 名古屋 16:13 逆さ虹【浦河沖M4.2】
虹の下方に太陽がありました。

発生時刻 2009年9月28日 12時8分ごろ
震源地 浦河沖 深さ 40km 規模 マグニチュード 4.2
震度2 北海道

28-SEP-2009 12:13 M5.3 深さ10.0 SOUTHERN MID-ATLANTIC RIDGE
28-SEP-2009 07:14 M4.7 深さ58.8 NEAR N COAST OF NEW GUINEA, PNG.
28-SEP-2009 04:13 M4.9 深さ588.3 JAWA, INDONESIA
28-SEP-2009 02:43 M4.7 深さ10.0 QINGHAI, CHINA
28-SEP-2009 00:26 M4.8 深さ50.1 JAWA, INDONESIA

発生時刻 2009年9月28日11時4分頃
震源地 父島近海(北緯26.5度 東経141.9度 深さ60km)
規模 M4.1 震度1 小笠原村父島三日月山、小笠原村母島

発生時刻 2009年9月28日12時8分頃
震源地 浦河沖(北緯42.1度 東経142.4度 深さ40km)
規模 M4.2 震度2 新ひだか町三石、浦河町、浦幌町、広尾町

発生時刻 2009年9月28日12時59分頃
震源地 国後島付近(北緯43.7度 東経146.1度 深さ70km)
規模 M3.6 震度1 根室市

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アト君とお花
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月26日のソラ。

“ナゾ”の視点

2009年09月27日 23時58分33秒 | Weblog
ソラ辞典より
目には目を、歯には歯を…
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、ソラのイスラム物語のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

ソラ画像より
エジプトの太陽の船
エジプトに行かれた方より
実際に外洋を航海した傷跡もあるそうで、釘は一本も使われていません。
舳先が異常に長いのは、海?では巨人のイシジンが引っ張ったからで、川に入ると漕いで進んだと、チャネリングで言ってきました。
スフィンクスのそばの砂漠で見つかったそうです。
・・・1991年12月21日。アメリカとエジプトの考古学者が砂漠で12隻の巨大な木造船を発見した。船は15メートルから18メートルで5000年前に建造されたものと見られる。・・・
この船がイスラエルとパレスチナの先祖が同じと言う証拠の情報が知らされました。

*)【友達物語

イシカミの原子が船に変化したもので、舳先が異常に長いのは巨人がそこを掴んでエジプトまで運んだと。(2007年11月5日)

ソラ辞典より
原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

宇宙物語
1)宇宙の最初は真っ暗闇でした。
そして最初に発生したものは「何?」という思いでした。
何?という思いを持ったモノが、宇宙の大元でした。
大元は一人ぼっちで寂しくて、誰かいないかとおもいました。
その思いは何かを掴もうとする、カスタネットのような動きをしました。
するとそれにつかまえられまいとする複数の思いが、逃げる動きをしました。
それから掴もうとする思いと、逃げようとする思いが、おっかけっこをはじめました。
けれども追っかけられていた思いが、誰が追っかけているのだろうと思い、逃げるのを止めました。
そして両方の思いは一緒になり、好きだという愛の思いが生まれて始めて小さな物質が生まれたのです。
それが原子でした。
追っかけられた複数の思いは止まって原子核となり、追っかけていた方は電子となり、止まる事無く追っかけています。
なぜかというとおっかけっこが好きで止まりたくないからです。
このようにして次々と新しい原子が生まれ、宇宙に充満していきました。

2)最初の原子はヘリウムと言い、皆平等で平和でしたが、次第に退屈してきました。
それで原子になってもおっかけっこを続けていましたが、ものすごい数の原子が参加したために、巨大な渦巻きになっていきました。
そして渦巻きの真中では、これ以上圧縮できないくらいになり、ついにはパンとはじけ火花となり、それが無数に飛び散りました。
そこで始めて光があらわれ、飛び散った火花に回りの原子たちが吸い寄せられ、大きな固まりになりました。
渦巻きはあちこちに出来、次々と光の固まりが出来、こうして星が誕生しました。
けれども原子たちは、仲間と一緒にいたいので、楕円形にまとまっていました。
それが銀河系で、その他の場所にも同じような集団が、あちこちにできていきました。
それぞれの星はいろいろな思いを持った固まりでしたが、原子はヘリウムだけでした。
(後略)

2006年9月22日
第10惑星の王と女王などの光、地球の次元の上昇?いろいろな雲、両面宿儺

明け方
ホシノミナの言葉を一番邪魔をしたのは、宗教界でした。
悪くなるものは仕方がないと思わせてきました」

《イメージ》
“出納簿で数字はわからない”
意味は
「仲間が知らせてきました。
良い人が悪者に誘惑されたのです。
同じことが地球上でたくさん行われてきました。
悪い星は人間に悪を教えてきました。
それを星のものはソラから見ています」

(要するに悪いことを陰でしていても、ソラから“おてんとさん”が見ているということのようです)

《ビジョン1》
“細かい細胞のような模様が出てきて、青紫から土色に変わる”
意味は
「第10惑星が地球を覆っていたが、イシカミの力が復活してきた」

けれども次の
《ビジョン2》
“濁った赤黒い中に小さなダニのような模様があらわれるが、なかなか消えなかった”
《ビジョン4》
“こげ茶色の大きな船に薄いグレー?の丸い玉が乗っている。その下にも同じような船がチラッと見える”
意味は
「地球の位置が移動しているということです。
下の船の位置から上にあがったということで、次元があがったということを知らせています。
イシキが表に出だしたということです。
イシキの言葉が表に出てくるので、ソラのものはより見やすくなりました」と。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
27-SEP-2009 15:16 M5.2 深さ118.1 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
27-SEP-2009 12:03 M4.2 深さ55.8 KODIAK ISLAND REGION
27-SEP-2009 11:18 M4.8 深さ23.7 SOUTH OF PANAMA
27-SEP-2009 07:26 M4.7 深さ58.2 NORTHERN SUMATERA, INDONESIA
26-SEP-2009 19:47 M4.5 深さ41.6 ALASKA PENINSULA
26-SEP-2009 19:10 M4.5 深さ35.0 OFF COAST OF CENTRAL MEXICO
26-SEP-2009 18:51 M4.6 深さ35.0 SOUTHWESTERN RYUKYU ISLANDS
26-SEP-2009 15:32 M4.6 深さ283.0 VANUATU ISLANDS
26-SEP-2009 13:46 M4.8 深さ10.0 WEST CHILE RISE
26-SEP-2009 13:26 M5.3 深さ10.0 LAKE TANGANYIKA REGION
26-SEP-2009 06:39 M4.5 深さ25.7 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
26-SEP-2009 04:57 M4.5 深さ35.0 CRETE
26-SEP-2009 04:22 M5.3 深さ10.0 SOUTHWEST INDIAN RIDGE
26-SEP-2009 04:03 M4.5 深さ92.6 NEAR COAST OF OAXACA, MEXICO
26-SEP-2009 03:15 M4.5 深さ10.0 JAN MAYEN ISLAND REGION
26-SEP-2009 02:52 M4.6 深さ35.0 CRETE
26-SEP-2009 01:03 M4.5 深さ95.0 NEAR COAST OF CHIAPAS, MEXICO
25-SEP-2009 23:01 M4.8 深さ10.0 NORTHWEST TERRITORIES, CANADA
25-SEP-2009 22:24 M4.7 深さ18.0 NORTHWEST TERRITORIES, CANADA

発生時刻 2009年9月26日13時51分頃
震源地 福島県会津(北緯37.3度 東経139.9度 深さ10km)
規模 M1.5 震度1 下郷町

発生時刻 2009年9月26日14時27分頃
震源地 東京都多摩東部(北緯35.7度 東経139.5度 深さ30km)
規模 M3.0 震度1 八王子市、立川市、昭島市、町田市、日野市、国分寺市、東大和市、あきる野市、横浜中区、川崎川崎区宮前町、綾瀬市、相模原市、愛川町ほか

【奄美大島近海と千葉県南東沖で同時地震】
発生時刻 2009年9月26日15時6分頃
震源地 奄美大島近海(北緯28.0度 東経129.4度 深さ40km)
規模 M3.5 震度1 瀬戸内町、奄美市

発生時刻 2009年9月26日15時7分頃
震源地 千葉県南東沖(北緯34.6度 東経140.4度 深さ60km)
規模 M4.3 震度1 館山市、勝浦市、鴨川市、南房総市、伊豆大島町、横浜中区、東伊豆町

発生時刻 2009年9月26日23時51分頃
震源地 西表島付近(北緯24.4度 東経123.9度 深さ10km)
規模 M3.2 震度1 竹富町

発生時刻 2009年9月27日7時39分頃
震源地 新潟県上越地方(北緯37.1度 東経138.5度 深さごく浅い)
規模 M2.2 震度1 上越市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月27日のソラ。

平和とは、ソラのイスラム物語

2009年09月25日 23時36分59秒 | Weblog
2009年9月24日
日本心霊科学協会での発表

第8回心霊科学協会研究発表会に参加することになりました。

日時:平成21年9月27日(日)
会場:日本心霊科学会館2階。
時間:15:00~15:20
【地球平和のためのチャネリングについて】

詳しくは「財団法人日本心霊科学協会事務局:第8回 心霊科学研究発表会(プログラム)」参照。
〒161-0034 東京都新宿区上落合 1-12-12
Tel (03)3362-7111 FAX (03)3367-4095

2009年9月18日
平和とは

“平和”ということを聞いて寝ました。

「平和とは、何者も憎むべき者がいないということです。
大元の弟は(宇宙の星や意識体の)孤児たちを集めて育てていたのです。
その孤児たちが悪さをしだしたのです。
なぜかというと、いつも大元が父(大元の弟)を追いかけるので反撃をしたのです。
悪者が生まれたのは宇宙の大元が弟を追いかけ続けたからです。
それで大元が弟を追いかけるのを止めました。
“平和とは”憎むべきものは何もないということです。
ソラの情報を)知るほどに悪者は、自分を守ってくれた者(大元の弟)に対してお礼をしようとしたことがわかります。
開かれたお知らせに書いてください」

先日から「チッチ・チュー、チッチ・チュー」という可愛く変わった鳴き声が聞こえていますが、これが変化してチキュウになったようです。

【ソラのイスラム物語】
これはソラのものからチャネリングで知らされたストーリーです。
そしてこの物語のマホメットはイスラム教教祖ではありません。
イスラム教の教祖は、このマホメットの息子・ムハメットの意識が後年に生まれ変わった者です。

宇宙のたくさんの星たちにはいろいろな思いを持っていて、人間と同じで不満も持っていました。
その星たちの不満の塊を集めて回って出来た地球は、その不満のエネルギーのために真っ赤に煮えたぎった星でした。
その地球を宇宙の希望の星にする為に、射手座からイシカミという意識体がクラゲのように柔らかな身体になって降りてきました。
そのイシカミがクラゲのような形をして降りてきたので、モスクを半円の形にしてあらわしました。
そしてミナレット(尖塔)はイシカミが地球に降りてきたことを書き伝えるという、筆に似せた形をあらわしました。
モスクには小さな半円の屋根がいくつかあるのは、クラゲのようにイシカミは増殖できたことをあらわしています。
ソラ画像:モスク

山や岩になったイシカミは、他の動物のように子孫を残すことが出来ませんでした。
そこで、イシカミは、
「自分達が山や岩になっても、自分達の事を語り伝えることが出来るものを創ろう」
と考えました。
そして、シリウスや他の星たちと一緒に人間を創ろうと計画しました。
それでイシカミの一部の原子達は、自由に動けるものになろうとして人間の形のイシジンになりました。
そしてイシジンになった原子たちは、しっかりと自分たちの形を覚えてから分解しました。
その他イシカミは、いろいろな形の石造建築物などにも変化しました。
(ソラ画像:バチカンの建物コロッセオローマの水道橋ミラノのドウモ等)

一方、海に降りたイシカミの原子は藻やプランクトンになり、星たちも知恵を寄せ集めてあらゆる生物にどんどん進化させていきました。
そして人間に似たサルまで進化させ、人型イシジンだった原子に、進化したサルを応用して人間を発生させることにしました。
そしてイシカミから出来たストーンサークルや石室の中で、イシカミがエネルギーを与えることでイシジンだったものが分解した原子たちが、形を覚えていて人間になりました。
これが最初の人間が誕生です。
(ここまでの話の詳細は【ソラの宇宙物語】を参照してください)

【ソラのイスラム物語】
1)中東地方に降りたイシカミはクラゲのような形をして降りてきたので、モスクを半円の屋根にしてそのことを伝えました。
そしてミナレット(尖塔)はイシカミが地球に降りてきたことを書き伝えるために筆に似せた形をあらわしました。
モスクに小さな半円の屋根がいくつかあるのは、クラゲのようにイシカミは増殖できたことをあらわしています。
早くに降りていた中東のイシカミ達は、トルコやエルサレムなどの地下空洞でたくさんのイシジンになりました。
そしてイシジンは創り出した人間の世話をして平和な生活をしていていました。

支配星たちはそれを見て、人間を自分たちの思うとおりに争わせて楽しもうとしました。
そして支配星に操られた人間を哀れに思ったイシカミは、なんとか人間を助けようとエルサレムに降りてきました。
それが岩のドームの中にある岩になったイシカミでした。
そのイシカミは何人かのイシジンの能力を持った半イシジンの者を、人間として送り出しました。
その半イシジンの人間は何人かいて、原子に話しかけることで奇跡を起こすことができたり、イシカミの言葉を聞くことが出来ました。
そして人間の本当の親はイシカミであることを伝えましたが、より強い力をもった支配星がその半イシジンの人間たちを支配してしまいました。
そして最初はイシカミの事を伝えていたのに、途中からいろいろな支配星が教えていったので、それぞれ違う神として信じるようになりました。
それでエルサレムではいろいろな宗教が発達していったのです。

2)イシジンの能力を持った人間として再び生まれ変わった半イシジンにイエスマホメットもいました。
イエスとマホメットは別々の国でともに立派に成長しました。
イエスは若い頃、何度もインドへ渡っていましたが、その頃に道中でマホメットと知りあっていました。
そして二人は過去世で双子だったことを思い出して仲良くしていました。
けれども大人になったイエスも人々に信頼されると同時に、支配星に支配されてしまいました。
そのせいでイエスはローマの支配から立ち上がるために戦争をしよう、と皆に伝えたために死刑の宣告がなされました。

それでイエスは国外に逃げ出し、他国の船主になっていたマホメットに助けを求めました。
マホメットは可愛そうに思いイエスに船をあげました。
イエスは無事脱出しましたが、舟をあげた事を快く思わない悪者がマホメットを殺してしまいました。
殺されたマホメットは穏やかで皆の人望がありました。

マホメットはそれまでの恐ろしい復讐の法律を次のように変えていました。
【目には目を】は「見て美しいものをもらったら、見て美しいものを返ししなさい」と。
【歯には歯を】は「食べるものをもらったら,食べるものをお返ししなさい」と。
それは神様から与えられるものを独り占めしてはいけない、という事を教えていたので平和な時代が続いていました。

けれども悪者はマホメットの財産を自分の物にして、マホメットの息子ムハメットを育てました。
悪者はムハメットが本当の事に気づくのでないかと恐れて、何とか命を絶とうとしたためムハメットは回りの人から愛情を受けることなく育ちました。
そして悪者はまた元の恐ろしい復讐をする法律に変えてしまったのです。
すなわち
「目をやられたら目を傷つけるように。歯を壊されたら歯を壊すように」
とムハメットは教えられて育ちました。

また、悪者はムハメットに父親を殺したのは、キリスト教徒だと嘘を教え、ムハメットは絶えず命を狙われる感じがするために、人を信じる事ができませんでした。
たった一人の妹だけを愛していましたが、その妹も命を狙われるのでないかと心配していました。
それでムハメットは妹が外に出るときは、顔がわからないようにしようと思い、女性には皆、布で顔を隠させるように命令をしたのです。

それでもムハメットは心が落ち着かなく、なんとか強くなろうと平野で修行をしていましたが、修行をしていたある時、ムハメットにどこからともなく声が聞こえたのです。
「黒い水(石油やコールタール)が出るところを教えてやろう。
けれどもその黒い水が出ると、お前の命を狙う者が出てくる。
それは妹と一緒になった者が命を狙う事になる」
と声は教えました。

そのうち妹にも好きな人ができ、一緒になりたいと言いました。
相手はムハメットの部下でした。
ムハメットは悩んだ末妹の目を刺し、部下も殺してしまいました。
その後ムハメットは見えないものの声の言う事を聞くことで、大きな国にする事ができましたが、最後までその事を後悔していました。

ムハメットはますます強い王様となり、厳しい掟を作りました。
ご馳走を食べ過ぎるのでたまにはお腹を休めるようにという声を聞いて、国民にも同じようにするように言いました(断食)。
ムハメットは頭の上から声が聞こえるので、他の人が聞こえないように頭に布を巻くように言いました。
豚は悪いドラゴンが変化したものだと声が言ったため、食べる事を禁止しました。

白い服を着るのは宇宙の始まりが白い光であったのと、ホシノミナ=稲妻の白い光をあらわしています。
メッカで柱の周りを回るのは、宇宙の始まりが渦巻きだったことをあらわしていますが、それはメッカに行かなくても、渦巻きの意味を知るだけで思いは宇宙に通じています。
床に座り拝むことは、地球を生物の住むホシにしてくれ、食べ物を与えてくれたイシカミの身体に触れて、感謝していることをあらわしています。
ムハメットはいろいろな厳しい掟を作りましたが、仲間を大切にする事などの良いことも決めました。
これらの大昔に作られた規則が、現代まで残っているのがイスラムの世界です。
イスラムの教えは感謝する事、仲間を大切にするという、とてもいい教えなのです。

ムハマドの身体が弱った頃、戦車にライオンをつなぎました。
それで悪者を退治しようと思ったのです。
けれどもライオンは車を引く力がなかったのです。
ライオンは人間のためには働かない動物だからです。

今のイスラム社会はライオンをつないで進んでいるようなものです。
ライオンは決して人間のためには働かない動物です。

(これは今のイスラム社会のあらわしているそうです)

イスラム社会で争いが絶えないのは、昔の教えが長い年月の間に、少し間違って伝えられたためです。
偶像を崇めてはいけないという良い教えがあるのに、宗教指導者を崇めているからです。
意識の世界にいるマホメットは、このことがとても悲しいと伝えて欲しいと言ってきました。
宗教指導者が支配星に支配されると、ひたすらネバならぬと強制し今のような悲劇が起きるのであって、原点に立ち返れば何ら問題は無いのです。

【地中海沿岸のイシジンたちは石像として残りました。それがバチカンなどにある石像です】

ソラ画像:傷ついたイシジン

ソラのイエス物語】に続く。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
25-SEP-2009 15:47 M5.1 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
25-SEP-2009 14:23 M4.8 深さ108.8 LOYALTY ISLANDS REGION
25-SEP-2009 14:07 M5.0 深さ65.6 KERMADEC ISLANDS, NEW ZEALAND
25-SEP-2009 12:20 M4.7 深さ29.0 NEAR COAST OF CHIAPAS, MEXICO

【北極と南極近くで同時地震】(位置はIRIS参照)
25-SEP-2009 09:46:58 -54.86 -143.88 M5.4 深さ10.0 PACIFIC-ANTARCTIC RIDGE
25-SEP-2009 09:45:33 67.02 -170.20 M5.0 深さ13.9 CHUKCHI SEA

25-SEP-2009 09:06 M5.5 深さ135.4 BANDA SEA
24-SEP-2009 23:02 M4.9 深さ15.5 NORTHERN XINJIANG, CHINA

発生時刻 2009年9月25日14時30分頃
震源地 福島県会津(北緯37.2度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M2.7 震度1 檜枝岐村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月20日のソラ。

ソラ画像、最近の地震雲

2009年09月24日 22時28分36秒 | Weblog
ソラ画像より
大型鳥の埴輪(藤井寺私立生涯学習センター)
思いがけないことを言ってきますが、念をおして確認をしています。
3羽と後ろのUFO?のような埴輪に意味があるようです。
水かきのついた足もあります。
クチバシに白いモノ?がある(現実にはない)のも、真実を言っていると知らせているかも?
右裏の埴輪(筒型の横に平板が引っ付いている)の意味がわかりません。
日本最大級の水鳥の埴輪ですが、舟形も最大のがあります。
この近くにヤマトタケルノミコトの塚もありこの埴輪と関係している?

応神稜(誉田八幡宮)の石橋
羽曳野市にあり、仁徳天皇稜について大きい。
やはり宮内庁管轄で、葺き石などあるそうですが入れません。
半円はイシカミをあらわし、長い石柱はシリウが支えているそうです。
欄干の模様は雲をあらわし、その上は成層圏をあらわしているようです。
西宮神社にも同じようなのがあります。

藤井寺の前方後円墳
まるで家族のようです。
大きいのは応神天皇稜で、すその中?に小さな前方後円墳があります。

誉田八幡宮(応神稜の隣)の一角獣
やはり西宮神社に同じのがありましたが、角=お汁の管をつけ、イシカミをあらわしているチョイ悪のイシジン

藤井寺市、道明寺の丸石
未来の地球をあらわしているそうです。
今の地球は球体で、人間が平等でないが、いて座と同じように平等になるようにと創っておいたそうです。
11面観音がありますが、11人の人格があるということで、女性のイシカミノ分身です。

松岳山古墳の埴輪(柏原資料歴史館)

いろいろな埴輪(柏原資料歴史館)

線刻画(柏原資料歴史館)
バレーリーナのような線刻画です。

高井田の巨石の石室(柏原市)
ひとつの小山(女性のイシカミ)にこのような巨石の石室が複数あります。

高井田の横穴(柏原市)
イシジンのベット、羽のこすれた跡など、ヨルダンやトルコの石室とよく似ています。
大きなどんぐりがとてもたくさん落ちていましたが、イシジンがすりつぶしてお汁としていたようです。
このような横穴が複数、まるでアパートのようにあり、線刻画が描かれています。

子供の天使の生まれた跡
別の所にもこのような小さなのが(子供の座椅子くらい)ありますが、この部分のイシカミの原子が小さな天使になったそうです。
壁に引っかき傷があちこちあるのは、天使の羽根で、まだ柔らかかったイシカミのお腹の中を引っかいたからと。

ハ=平等の岩
オーストラリアマールロックより。
いて座では皆平等だったのを、ハの形であらわしました。
パは、平等をより強調している。

中東のイシカミの女王(カツパトキア)
カツパトキ=勝つ、平等が強いことが友達と記録してある。という意味。
頂上も見事に平らです。
前夜雨が降って山肌がきれいなピンクでした。
訪れた時は、暑くなく、寒くなくさわやかな風を吹かせて迎えてくれました。

いて座の形の石器(綾部市)
右側の円形で中央が凹んでいるものは、いて座の星では皆平等で、中央が凹んでいるのは、中央に王などがいたが、率先して地球を固めるために飛び出したことをあらわしているそうです。
ちなみに、王とか女王とかいうのは、それだけ意識=思いが強いことをあらわしているだけです。
ラップ島の石貨も同じ形で、同じ意味をあらわしている。

地震雲などの画像より
2009年9月23日 東京 17:00 南
円の中央に通る太いラインのようです。
写っていませんが、カメラを向けていると電線にカラスが止まりました。

昨日紹介(応神稜の石橋)しましたが、半円の橋を支える石柱=シリウをあらわしているようで、驚きました。

2009年9月24日 三田市(6:03)
長方形=シリウ、半円=いて座をあらわす雲。

2009年9月24日 三田市(6:03)東【八丈島東方沖M4.7、メキシコM6.4】
この後、真っ白な霧に覆われました。

発生時刻 2009年9月24日 10時14分ごろ
震源地 八丈島東方沖 深さ 20km 規模 マグニチュード 4.7
震度1 東京都

24-SEP-2009 07:16 M6.4 深さ4.8 OFF COAST OF JALISCO, MEXICO

2009年9月24日 札幌 14:44【メキシコM6.4】

2009年9月23日 東京 11:56【マーキュリー島M6.0】
23-SEP-2009 02:59 M6.0 深さ10.0 MACQUARIE ISLANDS REGION

2009年9月22日 横浜 南【小笠原諸島西方沖M4.8】
発生時刻 2009年9月23日 8時0分ごろ
震源地 小笠原諸島西方沖 深さ 420km 規模 マグニチュード 4.8
震度2 東京都

2009年9月19日 北陸上空 9:19【小笠原諸島西方沖M4.8】

2009年9月22日 札幌 11:13 【福島沖M4.7】
発生時刻 2009年9月22日 20時40分ごろ
震源地 福島県沖 深さ 70km 規模 マグニチュード 4.7
震度3 宮城県 福島県

2009年9月21日 三田市(7:32)【ブータン6.3】
21-SEP-2009 08:53 M6.3 深さ7.2 BHUTAN

2009年9月20日 栃木 6:11【ブータンM6.3】

2009年9月19日 山梨 18:04 西【ブータンM6.3】

2009年9月18日 栃木 7:50 【フィリッピンM6.0】
18-SEP-2009 06:23 M6.0 深さ50.1 MINDORO, PHILIPPINE ISLANDS

2009年9月17日 東京 【浦河沖M4.2】
発生時刻 2009年9月18日 15時36分ごろ
震源地 浦河沖 深さ 60km 規模 マグニチュード 4.2
震度2 青森県

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
24-SEP-2009 07:57 M4.9 深さ35.0 LAKE ISSYK-KUL REGION
24-SEP-2009 07:16 【M6.4】 深さ4.8 OFF COAST OF JALISCO, MEXICO
24-SEP-2009 05:46 M4.7 深さ111.6 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
24-SEP-2009 03:19 M4.8 深さ12.6 FLORES REGION, INDONESIA
24-SEP-2009 01:14 M4.7 深さ52.4 SOUTH OF HONSHU, JAPAN
23-SEP-2009 08:46 M4.8 深さ34.9 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
23-SEP-2009 07:29 M5.1 深さ10.0 SCOTIA SEA
23-SEP-2009 02:59 【M6.0】 深さ10.0 MACQUARIE ISLANDS REGION
22-SEP-2009 23:58 M4.7 深さ10.0 SOUTHWEST OF SUMATERA, INDONESIA

発生時刻 2009年9月23日4時55分頃
震源地 種子島近海(北緯30.6度 東経131.1度 深さ40km)
規模 M3.1 震度1 中種子町

発生時刻 2009年9月23日8時0分頃
震源地 小笠原諸島西方沖(北緯27.3度 東経140.3度 深さ420km)
規模 M4.8 震度2 小笠原村母島

発生時刻 2009年9月23日12時10分頃
震源地 静岡県中部(北緯35.2度 東経138.3度 深さ20km)
規模 M2.2 震度1 静岡葵区

発生時刻 2009年9月23日17時58分頃
震源地 奄美大島近海(北緯28.0度 東経129.5度 深さ40km)
規模 M3.3 震度1 瀬戸内町、奄美市

発生時刻 2009年9月23日23時18分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経141.6度 深さ70km)
規模 M3.4 震度1 気仙沼市、南三陸町、石巻市(宮城県)、陸前高田市、釜石市、一関市(岩手県)

発生時刻 2009年9月24日0時52分頃
震源地 長野県南部(北緯35.8度 東経137.6度 深さ10km)
規模 M2.1

発生時刻 2009年9月24日10時14分頃
震源地 八丈島東方沖(北緯33.7度 東経141.0度 深さ20km)
規模 M4.7 震度1 八丈町大賀郷金土

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月19日のソラ。

最初の日本の国民

2009年09月22日 22時30分01秒 | Weblog
ヤマタイコク」、「カタカナ」の続きです。

ソラ辞典より
漢字
ヒミコカタカナを作って紙に書いていたが、まとめて書くと紙が少なくて済むので漢字を考えたと言われる。
簡単な漢字は男文字といって、カタカナは女文字と言った。
韓国や中国からも文字を習いに来た。
「漢字も私が考えた」と、ヒミコは何回も伝えてきた。

ひらがな
漢字やカタカナはヒミコがイシカミに教えられてつくったが、ヤマタイコクのことを知られるのが嫌で蛇文字を作ったが、それが変形したもの。

被差別部落
ヤマタイコクが滅ぼされた時、そこの国民に入れ墨をつけ奴隷としてヤマトへ連れて行き、田を作らされては取り上げ差別し続けたと言われる。
被差別部落の住民こそ、誇り高き優秀なヤマタイコクの子孫と知らされた。

2002年3月12日
いろはにほへとの意味、ご在所岳のカエルの岩 

「何としてもこの歌の意味を知って欲しかったので見てもらいました。
道真が読みました。

「いろはにほへと」
いろ=いろいろなこと。
におう=隠されていてもそれとなくわかる。匂って欲しい。(昔の事がおぼろげながら伝えられていました)

「ちりぬるおわか」
ちりぬる=(権力者によって)消された。
おわか=(かっての有力者の)お墓はイシカミの遺体

「よたれそつねならむ」
よたれ=世の時が経たら。
そつねならむ=それらの事をいつでも習う(知る)事ができる

「ういのおくやま」
ういのお=始めの王で。
くやま=苦しんでいる山 。(イシカミ)

「けふこえて」
け=ケ=うやうやしく戴く物 。 (カタカナの成り立ち参照)
ふこえて=ふご(籠)に入れ与えてくれる。

「あさきゆめみし」
あさき=朝木をゆすって実を貰い。
ゆめみし=夕には (もみの) 芽が出ているか見る。

「えひもせすん」
え=エッタ=田作りを教えてくれたヤマタイコクの人を、ひ=非=非人にしてはいけない。

↓掲示板の書き込みで知らされた事です。
『4、5日前になりますが、夢?で自分から向かって左側に「若狭」という文字だけが見え、 反対側では天井に近い場所の古い板に「大清明神」という文字が書かれていました。
かなり古く漆のような上塗りもほとんど剥げた状態で、扉はしっかり閉まっていました。
「若狭」に関しては、ノアの息子が関係しているようです。

2003年11月1日
エタ、塩、死海、ノン

2003年10月31日

「“エタ”とは良い言葉なのです。
“タ”とは、タカイところから見る人=イシカミ=巨人=あらゆる食物を作り出しました。
又は大国主に教えられた田を作る人=ヤマタイコクの子孫を表わします。
“エ”とは、字の形を見ればわかるように“橋渡し”をする事=イシカミと人間の橋渡しをする人という事を表わします。
すなわち田を広め食料を作り出した、最初の日本の国民と言う意味なのです」

(カタカナの説明は、ソラ辞典のカタカナ参照)

2003年11月1日 真夜中目が覚める。

「塩の物語です。
塩は少しだけなら生き物が生きていくのに大切ですが、多すぎると生物は死んでしまいます」

【ビジョン】が見える。
“黒っぽい地平線? と白っぽい空?”
意味は
「アメツチノヒラケシトキ=(夜が明けて空がはっきりする事の意味もありますが)煮えたぎっていた地球が、水星が作ってくれた水により冷やされ、陸と海に分かれ水の惑星になったことです。
水の惑星になった最初の頃、地球の周りには水蒸気の膜がありました。
そして地球に熱を与えるために作られた太陽は、その水蒸気の膜を通して温かく照らしていました。
地球の赤道近辺には分厚い雲が帯状にかかり、地球のどこの部分も生き物にとっては住みやすい温度と湿度になっていました」(左手首サインあり)

(その後、支配星によって送り込まれた恐竜により、地球は占領されたために、無数の稲妻で一気に掃除されたと伝えられています)

「死海がなぜ沢山の塩を含み、文字通りの死の海となったのはなぜかというと、あまりに争いばかりする人間にイシカミが抗議しているのです。
塩は生きていくのに大切なものなのに、イシカミは異常に多くの塩に変わってお知らせをしているのです」

11月1日昼右手にサイン。

「何を知らせたいかというと、塩の続きのお話です。
死海を作ったイシカミは、この地は争いの絶えない地になることがわかったので、死の国を準備しておこうと思ったのです。
魚は生物の始まりで、その魚を作ったのはソラのものとイシカミなのに、人間は認めません。
それで食べ物でもある魚を住まわせないようにしたのです。
死海では人間の身体が浮きます。
それは死ぬとイシキの世界になり、イシキは身体が浮き揚がったように感じると言うことを知らせているのです。
死の海はその体験をするために作りました。
宗教の争いが続くことがイシカミを怒らせ死の海にしたのです。 シナイ山のイシカミより」

2003年10月22日
ホツマツタエ、前方後円墳、読者の夢

2003年10月22日 真夜中

仁徳天皇のお墓の中には女性の品物があります?
仁徳天皇陵はヒミコのお墓にしようと作ったお墓で、そこに仁徳天皇とヒミコを偲んで女性の品物(櫛?)が入っているのです。
仁徳天皇がお願いしていたのです。
(私が)亡くなったらイスキリから教えられた Ω (オーム)の形にして欲しいと。
それで仁徳天皇を慕っていた人たちが、あのような形にしたのです。
ヒミコの話は大国主を慕う人(出雲の人)たちから聞いていたのです。
仁徳天皇は一番良い天皇でした」(足にサインがあり)

「私はお姫様に可愛いがられた一寸法師と呼ばれた者です。
(以前、一寸法師が仁徳天皇になったと知らされた)
私が知らせたことは真実の事です」

【イメージ】
“車のオートロックの情景が浮かぶ”
「車のオートロックはドアを閉めると自然にロックされますが、人間の脳も同じようにされている事が分かりました」(この情報が受け入れられない人たち?)

「そのロックを解くのにカギが必要です。
(そのロックを解除する)鍵穴が、“仁徳天皇の前方後円墳”なのです。
仁徳天皇のお墓が、なぜ途中から“開かずのお墓”になったか、今の踏み切りで表しています。
(小金井の踏み切り?)
(仁徳天皇陵が)なぜ途中から埋め戻されて閉じられたか、宮○庁が知っています?
仁徳天皇のお墓の中が知らされないことは良くない事です。
仁徳天皇のお墓の中には、男性の品物の他に女性の品物が入っています。
その事が国民に知られると困るので、“開かずのお墓”にしたのです」

「仁徳天皇は一寸法師だったと以前にお話しました。
そして自分の祖先であるヒミコのことを出雲の人に聞きました。
それで自分が亡くなれば、ヒミコをあらわす櫛(=鳥居の原型)を一緒に入れるようにお願いしたのです。(足にとても強いサイン)
その事はイシカミのことが分かるので支配星の嫌がるものです」

(ヒミコはイシカミの言葉を聞いて文字を書いていた)

「ツマ、ツマ…(言葉がなかなか出てこず)妻の勤めを書いた言葉=ホツマツタエのホツマ文字?
カタカナ?がお墓の石に書かれているのです。
ホツマツタエはヒミコが妻としての勤めを書いたものなのに、権力者の都合のよいように書かれた物語(古事記や日本書紀)を裏付けするように訳されました。
そしてホツマツタエはヒミコが書いた目的とは違う意味で解釈され世に出ました。
そして意味を悟られないように、現実には無いミカサフミの2、3巻を探す事に意識を向けさせたのです。
ホツマツタエ がなぜ宇和島から出たかと言うと、世間に知られないように隠れて違う意味で解釈されていたのです。(強い足のサイン)
それが地球の秘密を開くカギなのです。
ホツマツタエは、イシカミのことが書かれていると受け継がれて来ました。
その意味を、神の言葉として? 解釈させてきたのが神道です」

2008年1月11日
キリスト教各派の始まり、仁徳陵

(前略)
先日、関西方面で濃霧がひどかったのですが、思いもよらないことを伝えてきました。(チャネリグなので真偽のほどはわかりませんが)
それは水の原子が仁徳天皇陵のイシカミに目覚めるようにと知らせたそうで、仁徳陵をサカイに(堺市)イシカミの遺体である塚を天皇家がお墓と言わせてきたそうです。
仁徳陵からが4獣神の銅鏡が出てきたと言われていますが、ヒミコのホツマ文字の銅鏡が出てきたそうで、それで銅鏡を入れ替え、ホツマ文字をひそかに古事記などと話が合うようにまとめさせたと伝えてきました。
それは夜中に突然

「仁徳陵をまず最初にこんな天皇のお墓があると言わせたのです。
そして昔から(大きなお墓を作れる)天皇家が日本を治めてきたと思わせたのです。
それをサカイ(仁徳天皇陵)にイシカミの身体を天皇家のものとさせたのです。
それは人間を創るために塚となったイシカミの身体です。
そこで創られた人間が仁徳になったのです。
そしてその創られた人間が星原へ行ったのです。
そこで創られた人間が滅ぼされた倭の国へ行ったのです。
小さな子供でした。
仁徳陵になったイシカミは遅くに降りてきたのです(各地の天の岩舟伝説)。
そしてヤマトでいけないことが行われていたので助けようと思ったのです。
それで一番おおきなイシジン(前方後円墳の形)になったのです。
そしてそこで超能力の人間を創りました。
それが一寸法師の話しの元となったのです。
打出の小槌はイシカミのモノでした。
イシジンが超能力のある小さな人間の世話をしていたのです。
そして打出の小槌が、子供の原子に話しかけて急激に大きくなったのです」

1月8日 真夜中、突然
「これまでクツワをされていたことを二人で知らせます」
(二人とはオルタナティブ通信の書き込み者とソラからのメッセージ)
オルタナティブ通信:武器密輸商人である天皇一族は兵器販売促進=自分の金儲けのため日本を戦争に引きづり込んだ」が頭に浮かんで、右中指、右前腕などにサインあり。

「天皇のことは本当なのです。
クツワとは言わないようにされていたことです」
今日も更に詳しく同じことを伝えてきていますが、これまで知らされたことと一致しています。

*)【ヤマタイコク物語

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
IshikamiTheMovie
地震雲画像
【同時地震】
22-SEP-2009 22:59:36 27.22 139.97 M5.1 深さ449.1 BONIN ISLANDS REGION
22-SEP-2009 22:58:30 -6.20 154.68 M5.7 深さ66.5 SOLOMON ISLANDS

22-SEP-2009 19:38 M4.8 深さ50.8 KURIL ISLANDS
22-SEP-2009 19:25 M5.0 深さ48.8 MINDORO, PHILIPPINE ISLANDS
22-SEP-2009 19:17 M4.8 深さ10.0 SOUTH OF KERMADEC ISLANDS
22-SEP-2009 15:57 M4.8 深さ35.0 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA
22-SEP-2009 11:40 M4.7 深さ67.6 NEAR EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
22-SEP-2009 10:45 M5.2 深さ35.0 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS.
22-SEP-2009 04:38 M5.5 深さ51.9 NEW GUINEA, PAPUA NEW GUINEA
21-SEP-2009 23:18 M4.8 深さ10.0 CENTRAL MID-ATLANTIC RIDGE

発生時刻 2009年9月22日7時57分頃
震源地 与那国島近海(北緯24.4度 東経123.0度 深さ50km)
規模 M3.9 震度1 与那国町

発生時刻 2009年9月22日18時49分頃
震源地 福島県沖(北緯37.0度 東経141.3度 深さ50km)
規模 M3.8 震度1 白河市、玉川村、いわき市、楢葉町、川内村(福島県)、日立市、高萩市、北茨城市磯原町ほか(茨城県)

発生時刻 2009年9月22日20時40分頃
震源地 福島県沖(北緯37.6度 東経141.7度 深さ70km)
規模 M4.7 震度3 相馬市、葛尾村(福島県)、角田市、山元町、石巻市(宮城県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月22日のソラ。

カタカナ

2009年09月21日 23時28分37秒 | Weblog
ヤマタイコク」の続きです。

ソラ辞典より
ヤマタイコク
山台国と書き、四国の高原にあったと言われる。
大国主とヒミコが土着民の少ないこの地に住み着き、イシカミからいろいろな食べ物や知恵を授けてもらって、集まって来た多くの人々と平和な国を築いていたが、後に、ある者に攻められ焼く尽くされてしまう。
ヤマタイコクの子孫が、今日まで虐げられてきた被差別部落の人たちや、サンカと呼ばれる人たち。

ヒミコ
サマルカンドで大国主と一緒になり、日本に来る。
イシカミの声が聞こえ、文字を作ったり織物を織ったりして、大国主と供に四国にヤマタイコクを作る。
娘(イト)タケルノミコトの2人の子供に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある者に攻め滅ぼされ自殺をする。

ホツマツタエ
一般には、古代大和言葉で綴られた日本の古代の神達の歴史の記録であると言われているが、ヒミコが女性のしなければならない仕事や、イシカミの事などを書いたものだと知らされた。
内容の一部の意味を聞かされている。
ホツマ文字はヘビをやっつける方法とも。

カタカナ
最初の文字(ホツマツタエ)は覚えにくいので、ヒミコと若者が考え出した文字。

「私はヒミコです。
“ワ”ということはとても大切だと思いました。
輪になって踊ったりして、お互い助け合ってヤマタイコクを作りました。
私が考えた『カタカナ』の意味をお知らせします。
“ワ”が最初の言葉でした」

『ア』=アナタのア。頭と身体。先頭に立つ。
『イ』=イノリのイ。頭を下げている姿、ノとリを合わせた。
『ウ』=ワの上の点で、輪の先頭に立ってウタウ。
『エ』=橋=エニ=川と川を結ぶ=連絡する=天と地を結ぶ。
『オ』=男のことで、付いているモノがある。

『カ』=動物の皮。力を合わせて力を入れて皮を剥ぐ。力があること。
『キ』=木の板に文字を書いて綴じた物。記録。
『ク』=苦労のク。タから点を取るとク。点は人間を表し、田に入らないと苦労するという意味。
『ケ』=毛のケ。頭の上に丸(お汁の壺)を載せていた。
『コ』=子供が産まれるところ。女性。

『サ』=(めざしを)刺す。男と女がサス。人を刺す。
『シ』=死ぬのシ。2つの点が魂と霊を現し、長い線が肉体。肉体からそれらが離れると死ぬ、死後の世界のこと。
『ス』=好きのス。これは若者が考えました。
『セ』=磯の精霊のセ。砂浜に穴を開けている貝。穴に入るということ。
『ソ』=ソのものということ。指さしてソレということ。

『タ』=高いのタ。田んぼのタ。稲を干す高い所に登った人の形。
『チ』=命の元である血。+は死。ノに散ると死。
『ツ』=罪のツ。肉体から魂と霊が離れると悪いことをする。
『テ』=身体の上に2本あるものが手。
『ト』=供という意味。自分をちょっと支えてくれる。

『ナ』=ナニの意味。ナ=+=死とはどういうものか、意味が解らなかった。
『ニ』=2本。肉体と霊だけでは死ぬということ。死ぬとはナニ。
『ヌ』=スとともに若者が考えました。
『ネ』=木の根の形。地下をあらわす。
『ノ』=野原のノ。本当は横線でした。平らな地形。

『ハ』=歯。(歯を出して)笑う。
『ヒ』=かまどから火が出ている様子。
『フ』=フーと口から息が出る様子。
『ヘ』=なだらかな土地の形。平等をあらわす。
『ホ』=死んだ後、善人は左、悪人は右と別れる死後の世界のこと。

『マ』=鉛が身体に入り、苦しむこと、身体を曲げている。魔のもの。
『ミ』=魂・霊・肉体の3つという意味。
『ム』=無理をして身体が曲がること。
『メ』=芽が出た様子。
『モ』=モノをもらう時に手を差し出す形。

『ヤ』=矢。
『ユ』=舞台の上でユーガに踊っている形。舞台の上で演説をする。
『ヨ』=たくさん食べ物が採れて、棚に並べている様子。良かったのヨ。

『ラ』=楽をすると後でフーとため息が出る様子。
『リ』=利口のリで、2通りのことを考えることができること。肉体と顕在意識のみで人間はできていると思うこと。
『ル』=礼をしている人の前に立っている人が、瑠璃(ルリ=宝石)を身に付けている様子。
『レ』=頭を下げて礼をしている様子。折れ曲がるのとは違うので、上下反対にしました。
『ロ』=家の中の炉のこと。口。

『ワ』=輪になって踊る様子。輪。
『ン』=シから点が一つなくなっている様子。魂が空に行くと、死んでも生まれ変わらなくても良いという意味。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
21-SEP-2009 21:58 M4.9 深さ10.0 SOUTH OF PANAMA
21-SEP-2009 19:38 M5.6 深さ82.3 MYANMAR
21-SEP-2009 15:41 M4.7 深さ35.0 MARIANA ISLANDS REGION
21-SEP-2009 09:43 M4.8 深さ43.6 XIZANG-INDIA BORDER REGION
21-SEP-2009 09:30 M4.6 深さ401.6 FIJI ISLANDS REGION
21-SEP-2009 08:53 【M6.3】 深さ7.2 BHUTAN
21-SEP-2009 08:30 M5.3 深さ10.0 JAN MAYEN ISLAND REGION
21-SEP-2009 03:55 M4.6 深さ30.9 LEEWARD ISLANDS
20-SEP-2009 23:41 M4.8 深さ30.9 KURIL ISLANDS
20-SEP-2009 22:07 M5.0 深さ10.0 CENTRAL MID-ATLANTIC RIDGE
20-SEP-2009 18:23 M4.9 深さ10.0 SOUTHERN EAST PACIFIC RISE
20-SEP-2009 09:08 M4.6 深さ91.0 KURIL ISLANDS
20-SEP-2009 03:50 M4.3 深さ24.0 CENTRAL ITALY
20-SEP-2009 00:51 M5.1 深さ83.7 SANTA CRUZ ISLANDS
19-SEP-2009 23:10 M4.8 深さ80.7 NEAR COAST OF VENEZUELA
19-SEP-2009 22:55 M4.9 深さ10.0 CALIF.-BAJA CALIF. BORDER REGION
19-SEP-2009 20:21 M4.9 深さ10.0 SVALBARD REGION
19-SEP-2009 18:35 M4.6 深さ96.5 NORTHERN SUMATERA, INDONESIA
19-SEP-2009 16:38 M4.0 深さ27.4 RAT ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS
19-SEP-2009 15:50 M4.5 深さ32.2 RAT ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS
19-SEP-2009 14:43 M4.8 深さ96.8 SAMAR, PHILIPPINE ISLANDS
19-SEP-2009 10:50 M4.8 深さ10.0 NORTHERN SUMATERA, INDONESIA
19-SEP-2009 09:14 M4.2 深さ20.0 MEXICO-GUATEMALA BORDER REGION
19-SEP-2009 08:54 M5.4 深さ10.0 SICHUAN, CHINA
19-SEP-2009 07:49 M4.7 深さ35.0 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
19-SEP-2009 04:17 M5.1 深さ193.9 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN
19-SEP-2009 02:40 M4.3 深さ82.8 SOUTH OF BALI, INDONESIA
19-SEP-2009 01:41 M4.8 深さ41.0 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
18-SEP-2009 23:06 M5.8 深さ71.6 SOUTH OF BALI, INDONESIA
18-SEP-2009 21:35 M4.8 深さ59.7 NEAR COAST OF OAXACA, MEXICO
18-SEP-2009 18:46 M5.6 深さ10.0 REVILLA GIGEDO ISLANDS REGION
18-SEP-2009 18:34 M5.8 深さ92.7 HALMAHERA, INDONESIA
18-SEP-2009 14:10 M4.5 深さ23.1 RAT ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS

発生時刻 2009年9月19日1時36分頃
震源地 西表島付近(北緯23.9度 東経123.6度 深さ30km)
規模 M3.7 震度1 竹富町

発生時刻 2009年9月19日1時46分頃
震源地 京都府南部(北緯35.1度 東経135.6度 深さ10km)
規模 M3.7 震度2 京都右京区、能勢町

発生時刻 2009年9月19日13時42分頃
震源地 橘湾(北緯32.6度 東経129.9度 深さ10km)
規模 M2.6 震度1 長崎市

発生時刻 2009年9月19日17時21分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.6度 東経141.4度 深さ30km)
規模 M4.0 震度1 白河市

発生時刻 2009年9月19日18時3分頃
震源地 天草灘(北緯32.1度 東経129.7度 深さ10km)
規模 M3.1 震度1 薩摩川内市甑島

発生時刻 2009年9月20日20時11分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.2度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M2.5 震度1 神津島村

発生時刻 2009年9月21日0時30分頃
震源地 浦河沖(北緯42.3度 東経142.2度 深さ50km)
規模 M3.7 震度1 安平町、むかわ町、日高支庁日高町、新冠町、新ひだか町静内、新ひだか町三石

発生時刻 2009年9月21日5時4分頃
震源地 青森県東方沖(北緯40.6度 東経142.0度 深さ100km)
規模 M3.6 震度1 八戸市、青森南部町(青森県)、九戸村(岩手県)

発生時刻 2009年9月21日10時17分頃
震源地 京都府南部(北緯35.1度 東経135.6度 深さ20km)
規模 M3.4 震度2 南丹市、震度1 能勢町、亀岡市、三田市ほか

発生時刻 2009年9月21日10時21分頃
震源地 大分県西部(北緯33.4度 東経130.9度 深さ10km)
規模 M2.2 震度1 日田市

発生時刻 2009年9月21日12時33分頃
震源地 大分県西部(北緯33.4度 東経130.9度 深さごく浅い)
規模 M2.2 震度1 中津市

発生時刻 2009年9月21日14時56分頃
震源地 山形県庄内地方(北緯38.6度 東経140.1度 深さ10km)
規模 M2.6 震度2 大蔵村肘折

発生時刻 2009年9月21日19時14分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経141.6度 深さ70km)
規模 M3.5 震度1 気仙沼市、登米市、南三陸町(宮城県)、気仙沼市、陸前高田市、釜石市、一関市(岩手県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月21日のソラ。

ヤマタイコク

2009年09月18日 22時30分13秒 | Weblog
ヤマタイコク物語

《以下のストーリーは全てチャネリングで知らされたもので、想像で書いたのではありません。
なお、年代が違うのはイシキの生まれ変わりがあり、過去世の思いを知らせるためにその容姿に似て生まれ変わります》

1)大昔、アトランティスの子孫である大国主は、アトランティスが滅びる時に母親の女王に云われて、宇宙の大元の分身であるホシノミナが降りた日本に行く事にしました。
大国主はアトランティスのイシジン人間の合いの子だったので、とても大きく白い色で、アトランティスで金属に変わった鎌を持っていました。
途中、ヨルダンのペトラのイシカミに、食べても減らない食べ物マナを、同じく飲んでも減らない水の入った瓶を与えてもらいました。
そして、道中で一緒になったイシジンと人間の合いの子のヒミコと共に日本に向かいましたが、途中で支配星の送り込んだ大蛇にやられて死んでしまいました。
けれどもイシキは日本へ行きたいと思っていたので、そのことをテレパシーで知った道中のイシカミの巨人達は、大国主たちのイシジンの遺体を鎌と共に手渡しで日本へ運んであげました。

大国主たちは四国の山の台地(山台国)になっているイシカミの背中で、今度は大柄な人間の体に生まれ変わりました。
そしてイシカミの身体の上で、イシカミの原子は次々と食べ物に変わったので、食べ物に困ることなく過ごせました。
そして農業も発達し豊かで、人々は自然の恵みを分け合い平和に暮らしていました。
男性と女性は別れて暮らし、男性は山や畑の仕事で女性は子供たちと一緒に川の近くで共同生活をしていました。

山になったイシカミから大国主は農業の知恵を、ヒミコは文字や衣服などの生活の知恵を授けられて、人間としての平和な暮らしをしていました。
その事は近隣は勿論、大陸にもその噂は広がり、教えを乞いに来るほどでした。
ヒミコは星延べとして、イシカミからビジョンで文字を教えられ、ホツマ文字、すなわち“ミズホのツマ”の文字として皆に教えていました。
又、コウゾの木の皮で編んだ布を洗っていて紙が出来ることに気づき、その紙に生活の知恵などを文字として書いていったのが、ホツマ伝えでした。
けれども、ホツマ文字は覚えにくかったので、ヒミコは子供たちと一緒にわかりやすいカタカナの文字を作り、まとめてあらわす簡単な漢字も作っていました。
二人の間には、女の子のイトと男の子のタケルノミコという子供がいて、それは仲良く暮らしていました。

2)【ジンムがヤマタイコクを滅ぼす】
一方、朝鮮から九州に渡来した夫婦の元に、男の子が生まれましたが龍神のイシキが入りました。
龍神に入られた子供のジンムは成長するにつれ、他を支配しする事にたけていて、瞬く間に多くの人々を従え、次々と領土を広げていきました。
鵜戸神宮の前の巨石や、オニの洗濯岩の砂を固めた不思議な岩を見て、誰がこのようなものを作ったかと聞くと、イシカミの巨人(ウガヤノフキアエ)が作ったと、地元の人が答えたのでその巨人を自分の先祖にする事にしました。
巨人は大きな洞窟を作って、イシジンを創る場所に作っておいたのに、ジンムはウソをついて、人々をだましたのです。
そしてさらに東へ東へと、領土を広げるために侵攻していきました。

一方、ヤマタイコクでは、働くのが嫌な若者が大国主に恨みを持ち、幼いタケルノミコトを人質にとり、大国主の大切な(草刈)鎌を盗み出しヤマタイコクから逃げ出しました。
鎌は大国主がアトランティスから持ってきた、巨大な鎌でした。
そして噂に聞いた強いジンムの部下にしてもらおうと、ジンムに会い盗んできた鎌を差し出しました。
当時の日本には無かったすばらしい金属の鎌を手に入れたジンムは、ヤマタイコクを滅ぼせば沢山の刀があると思い、ヤマタイコクを攻めました。
けれども戦争をしないヤマタイコクには、兵器は何も無く、ヒミコが書いた文字の書かれた紙の束しかありませんでした。
怒ったジンムはヤマタイコクを徹底して焼き滅ぼし、大国主と8人の部下だけは出雲に追い出し、残りは奴隷としてヤマトへ連れて行くことにしました。
ヤマタイコクの人々はその時から刺青をつけられ、被差別部落民として差別され続けるようになったのです。
ヒミコは娘のイトをひそかに逃がしましたが、ヒミコ自身は捕まって奴隷として連れて行かれる事になり、隙をみて逃げ出し自殺をしました。
イトは乳母と共に無事に逃げ出す事が出来ましたが、星原まで行くことはできず途中で亡くなりました。
そして時を経て、ヒミコに言われていたホシノミナの降りた所の星原で生まれ変わりました。

3)【ノアの親子と倭の国を創る】
そこにはノアの洪水でユダヤ人の親子がやはりイシカミに導かれて日本に流れ着いて、イトが生まれ変わる時ムウラも生まれ変わりました。
ムウラもチャネリングができホシノミナの所(星原)に呼ばれて行き、そこでムウラとイトは恋に落ち一緒に住むことにしました。
しばらくホシノミナの降りた所で暮らしていましたが、砂鉄を求めて由良の海岸で住む事にしましたが、子供の山彦だけはイシカミの君山と会話をしていて、そのそばに住みたいと星原に残りました。

ムウラとイトと海彦は海の側で暮らし、海の物を持って山彦に会いに来ていましたが、それがいつか市場のようになり、その地域はヤマタイコクのように和を大切にしていたので、国は栄えていき、倭の国の元となっていきました。
ノアとムウラ親子は生まれ変わっても製鉄の技術を覚えていて、鍬や斧などを作り、人々にとても喜ばれていました。
その頃は地軸が移動する前であったので、日本海側が暖かく、大陸との交流も盛んで、大陸から珍しい物も入ってきました。

一方、大国主が生まれ変わると同時に支配星はジンムも生まれ変わらせました。
ジンムはたくさんのイシカミの分身が大きな古墳となったのを利用して、ヤマトを基盤にしていましたが、又しても倭の国の繁栄をねたみ、その鉄製品を奪おうと突然ムウラとイトが築いた倭の国を攻めてきたのです。
その頃ムウラはジンムの不穏な噂を聞いていたので、イトに小刀を与え、身の守り方を教えたり、何とか身を守ろうとしていました。
ヤマトに襲われ気丈なイトは必死で抵抗をしましたが、魚の網で捕らえられてしまいました。
(アミダ如来の名前の元とされた)
そしてイトを殺すと脅かされたムウラは、自分の命と引き換えにイトの命を助けるように言いました。
無実のムウラは籠に入れられ、小船に乗せられ海に流されたのですが、夜になってムウラを慕っていた仲間にひそかに助けられ、隠まわれていました。
そして逃げていた仲間と一緒に大江山で、隠れ潜んでいましたが、ついにヤマトに見つかり、惨殺されてしまいました。
(大江山の鬼退治として、ムウラは悪者として後世に伝えられた)

みんなに慕われていた父親のノアも、追放されましたが、倭の国近辺では、お招きさんとして大切にされて、飲んだ水は言い伝えられていきました。
(それがお水取りに利用され、封印された)

けれども遠くに行くうちに乞食と間違えられ、籠に入れられ死んでしまいましたが、後から立派な人だったことがわかり、手厚く葬られました。
日本語のしゃべれないノアは、本当の名前のモーゼ(伝説のモーゼではない)と言っていたので、モーゼの墓とされました。
(金沢市にモーゼの墓がある)

4)【出雲の大国主】
争うという事ができない大国主は、折角築きあげたヤマタイコクを後にして、8人の部下と共に出雲に向かいました。
働き者の大国主はここでも農業を発達させ、人々は集まり大きな国となっていきました。
けれども大国主は、ヤマタイコクのことが忘れられず、形見として持ってきたヒミコの髪の毛を束ねて、その前に櫛を置き、毎日それに語りかけていました。
それを見て周りの人は亡くなった後も大国主を偲び、髪の毛をしめ縄に、櫛を鳥居として形を残していきました。

又、男性ばかり一緒に行ったので、ヒミコを知っているのは男性のみでしたが、あまり大国主がヒミコを偲ぶので、その内の一人がヒミコの真似をして慰めてあげました。
それが歌舞伎の始まりで、歌舞伎の“柿落とし”という名前で今日まで残っているのは、柿はイシカミが与えた食べ物で、イシカミの色と姿に似せて作られたからです。
柿で言い伝えられると困ると思ったヤマトは、柿渋で染めた衣類を嫌がらせで、被差別部落の人たちに強制的に着させていました。

イシカミの助けで大国主を中心に出雲の国が大きくなってくると、又してもヤマトが嫌がらせをして来るので、争いの嫌いな大国主は、当時は地続きであった隠岐の島に行くことにしました。
そこでも皆に大切にされ暮らしていたら、思いがけずあきらめていたイトに出会い、最後まで幸せに暮らしました。
その後、後醍醐天皇などが隠岐に来てゆっくり出来ないと、大国主のイシキはイトのイシキと共にヤマトの手の届かない北海道に来ていました。

5)【タケルノミコト】
若者によってヤマタイコクから連れてこられた幼いタケルノミコは、早くに死んでしまいました。
支配星は生まれ変わる時にもジンムの元で生まれ変わるようにさせました。
そして生まれ変わっても敵とは知らずジンムの元で大きくなりましたが、ジンムからは絶えず大国主は悪者だと言われて育ちました。
そして大国主が亡くなると、8人の仲間は朝鮮の人達にだまされてヤマトを攻めようとしているとジンムは嘘をついて、ひそかに8人をだまし討ちにするようにタケルノミコトに言いつけました。

タケルノミコトは何も知らず言われるままに、大国主がもっとも信頼していた8人の仲間を次々と殺してしまいました。
けれどもヤマトへ帰って来て聞いた言葉は、その8人は自分の本当の父親の仲間だったという事でした。
その言葉を聞いてタケルノミコトは絶望に陥り、イシカタヤマ(猿投山)のイシカミに呼ばれてそこで自殺をしてしまいました。
父親の形見が鎌であったので、今でも猿投神社では鎌が奉納されます。

6)【ヤマトへ連れて行かれたイト】
一方、イトは幸せな生活から一転して、ヤマトへ連れて行かれることになりました。
道中、白い藤が咲いていたので、白人のムウラを忍んで、白い藤を手折って持って行きました。
(才の藤、白藤神社)

ヤマトへ連れて行かれ何重にも塀で囲まれた所(八重垣)で、幽閉生活をさせられました。
ジンムはどうしてもイトとの子供が欲しく、強引に子供を生ませましたが、その子供がニニギのミコトで、イトの乳母に育てられられました。
乳母はニニギに、イシカミの話や、ヤマタイコクや母親が由良から連れてこられた事を話したために、それを知ったジンムに股を刺されて死にました。
その事を天の橋立の股覗きで伝えているのです。

イトは子供を生む事で由良に行くことが出来ましたが、ヤマトへ戻るのが嫌で、自殺をしようとしましたが、スセリ姫が身代わりを申し出て、警備のものから逃げる事が出来ました。
そして隠岐の島に隠れていた父親の大国主と共に、その地で最後を迎えました。

7)【星原で大きくなった山彦も殺される】
イトとムウラの息子の山彦は、星原に残っていたので命が助かり、何度か生まれ変わりました。
そしてイシカミの助けで次々田畑を作り、星原だけでなく、山を越えたシガサトまでも広げていき、穏やかな人柄で人望を集めていました。
山彦はムウラに似て瞳が他の人と違い、大きな身体で大きくなるにつれムウラに似てきました。
その噂がヤマトに届き、ヤマトがムウラを惨殺した仕返しをするのでないかと思った推古天皇の息子の聖徳太子が、山彦を殺しに来ました。

(聖徳太子はイシジンと推古(リュウジン系)の合いの子で、推古に支配され、言われるままにしてきたことを後悔していると伝えてきました)

その時のことを百人一首では次のようにうたっています。
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲し」

星原にあるイシカミのキミ山は、イトとムウラの息子の山彦が罪も無いのに殺された惨劇を悲しく見守るだけでしたが、そのエネルギーで植物に不思議な変化を起こさせました。

それが【シガサトの7不思議】と呼ばれる奇跡です。
(注*京都府綾部市志賀郷に伝わる七不思議)

1)白藤(藤波神社の藤は正月に白藤が咲いた)
2)白萩(若宮神社=山彦が祭られる?神社の萩を白くした)
3)ゆるぎ松(山彦達が逃げて行った所の松が風も無いのに揺れる)
4)しずく松(同じく山彦が逃げていった場所の松が雨が降らないのにしずくが落ちる)
5)タケノコさん(竹の子の出る季節でもない2月4日に竹の子が出てきた)
6)みょうがさん(みょうがの出る季節でもない2月3日に芽が出てきた)
7)ご用柿(秋に赤くならないでお正月に赤くなる。御用、御用と追っ手がきて恐怖の為に柿が青いままだったから)
又、大男が夜中に悪い事をする伝説は、ヤマトが大きな山彦を悪者に仕立てあげ伝えさせたのです。

8)【ヤマトは仏教を利用して、貧富の差の激しい国家になった】
ジンムがヤマトに落ち着いてからも、何とか国を広めようとあちこち攻めていましたが、倭の国の人たちの団結は強く、なかなか支配下に置く事が出来ませんでした。
その頃中米では、あまりに大蛇に支配された人々が悲惨なために、彗星を呼び寄せその国を滅ぼしました。

彗星の衝突のために、巨大地震や地軸が移動して人々は不安になった頃に、竜神の支配する仏教が大陸から渡ってきました。
それまでイシカミの山や岩を祭っていたのですが、仏教はその山や岩が大地震を起したので、代わりに仏教を信じるように言いました。
また、竜神などに支配された人が、地獄絵などを見せ、信じないと死んでから地獄へ行くと恐怖の教えで人々を支配していきました。
そして、供物を供え、お経を唱える事で死後は極楽へいけると、働かなくても良い階級を作り、反対に国民からは搾取し、仏教のための豪華な建築物と次々作りました。
人々はそれまでは自然の恵みを平等に受けていたのに、それ以後貧富の差の激しい国家となっていたのです。

9)【封印されたイシカミ】
早くにヒミコがカタカナやホツマ文字を作り上げていましたが、ヤマタイコクを責め滅ぼした事がわかると困るので、ヤマトが文字を書く事を禁止しました。
その代わり蛇文字を作って神社に置き、民衆には文字を書くと蛇になると脅かしていたのです。
日本には神代文字がいろいろ隠されて存在するのに、ヤマトに都合の良い物語としてだけの文献(古事記・日本書紀など)を残したのです。

その事に気づいた菅原道真が隠された事を世に出そうとして、友人の柿本人麻呂や小野小町と協力して、首を覚悟でイトとムウラの悲劇を秘めた和歌を作りました。
それが百人一首で、和歌の作者は権力者の名前をつけることで、公開が許され現在まで伝えられたのです。

けれども柿本人麻呂も小野小町もその後権力者から狙われ命を落とすことになり、ナゾの人とされたのですが、人々はその事を知っていたので名前だけでもと語り継がれているのです。
ヤマトは権力者が国民を支配するのに都合の良い仏教、神道を国民に押し付け、両者が協力して山や岩を崇めていたイシカミを完全に封印してきたのです。

この物語はソラから知らされた事をつなぎ合わせて、出来上がったのですが、ヤマタイコクやイシカミの話は民話や百人一首に隠されて伝えられていました

【四国=死国】
徹底してヤマタイコクを隠すために、仏教でも封印した(88ヶ所巡り)。

【さるかに合戦】
“カニ”はイシカミをあらわし、お腹に子供がいるのがわかるようになっているのは、イシカミのお腹から巨人が出てきた事を知らせている。
“臼”はイシカミの分身が、臼の形をしている。
“柿”はイシカミの形であり、イシカミが生きている時は柿色だった。
“猿”はジンム=ヤマトをあらわし、イシカミに教えてもらった人が作り上げた物を取り上げた。

【元伊勢】
大江山の麓と天の橋立にある。
大江山皇太宮の78もの祠や、籠神社の行事などこの情報とあっている

【ヒヤソ踊り】
綾部の高倉神社では「ヤソ、ヤソ、ヤソ」という掛け声をかけて踊る祭りの行事がある。
ヒミコとヤソ(ユダヤ人のノアの親子がいた)の事を掛け合わせた言葉である。

【隠岐の島】
隠岐の島にはユラヒメ神社と大国主を祭る神社がある。
大国主がヨミの国へ行くと言ったというのは隠岐の島へ行った事。

【百人一首は隠された意味があり、わかると首が飛ぶのを覚悟で作られた】
風景や色恋のように解釈されているが、ムウラやイトの悲劇がこめられている。
これを作ったのが菅原道真、柿本人麻呂や小野小町。
鹿=稲妻をあらわし、星述べの者も含む。
月=丸=真実。
わた野原=内臓が飛び出した惨殺
由良の戸=由良川の河口。船の行き来を、噂が広がると困るので一時止めさせた。
フミ(文)=ヒミコの文字などの意味を含む。

*)詳しくは『ソラからの真実の歴史』をご参照ください。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
18-SEP-2009 11:53 M5.4 深さ27.3 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
18-SEP-2009 07:02 M5.1 深さ10.0 QINGHAI, CHINA
18-SEP-2009 06:53 M5.0 深さ10.0 QINGHAI, CHINA
18-SEP-2009 06:23 M6.0 深さ50.1 MINDORO, PHILIPPINE ISLANDS
18-SEP-2009 01:05 M4.9 深さ35.0 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA
18-SEP-2009 00:52 M4.6 深さ58.2 TALAUD ISLANDS, INDONESIA
18-SEP-2009 00:43 M4.8 深さ12.5 QINGHAI, CHINA
17-SEP-2009 23:21 M5.9 深さ10.0 EASTER ISLAND REGION
17-SEP-2009 23:14 M4.8 深さ15.1 GANSU, CHINA

発生時刻 2009年9月18日15時36分頃
震源地 浦河沖(北緯41.6度 東経142.0度 深さ60km)
規模 M4.2 震度2 東通村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月18日のソラ。

クロップサークル(その3)

2009年09月17日 23時13分17秒 | Weblog
クロップサークル」「クロップサークル(その2)」の続きです。

クロップサークル(穀物模様)より
2007/6/14 地下空洞とその入り口など
地球地下空洞をあらわし、4つの地下空洞に入り口は、天頂の丸(1)は北極で、3つは日本の、富士山の麓(2)、長野県松代(3)、新潟県柏崎(4)になり、ホッサマグナの線となっている。
小さな丸は、地下空洞への入り口の補助口となり、富士山麓のウナギ井戸、松代の地下空洞や、新潟の番神堂など。
又、新潟は石油や天然ガスが出る、富士山や長野は火山も地下空洞とつながっているようです。
北極のそばの丸は、アリューシャンやアイスランドの火山など」
大西洋と太平洋の下にはそれぞれ、アトランティス大陸(6)、ムー大陸(5)があることを知らせている地球の図。
緑の変形4角形の角は、地下空洞から外に出ようとすることをあらわしている。
緑の曲線は太平洋と大西洋をあらわいる。

2007年5月5日 飯綱山古墳群、番神堂、 4つの地下空洞、ソラ画像、アイルランドのイシカミと和平
に地下空洞の入り口のことを知らされています。
先日、空気入れの《イメージ》があり、
「地球の中の地下空洞に空気を入れました」とも。
書き終わると歯にサインあり。本当と言う意味。

2008/9/8 地球の中心
この意味を知らせて来た時、白い大きな丸のビジョンが見え、
「ようやく地球の中のイシカミと水星に気づいてくれました」と。
それまでは良いことを知らせる時は、白い蛍光灯のようなビジョンで、中まで白い丸は初めてでした。
これは月の中心をあらわす穀物模様と並んであります。
最初は何をあらわしているか、全くわからなかったのですが、昨日から何度聞いても地球の中心で、風車の形をして、自転をしているそうです。
最初に5つの三角(イシカミ)が中心となって廻ったが、重いのでピンクの形のイシカミがしっかりと固定して、更に他の三角=イシカミがそれらを固定して、重い地球の自転を助けて?いるそうです。
隙間は煮えたぎっていた地球を冷やすために降りてきた水だそうです。
変形三角の筋は、真ん中の水が閉じこめられるのが嫌だといったので、筋を通して水は出入りできるそうです。
この核の周りをイシカミたちはこねた小麦粉を伸ばしたもので覆ったそうで、その継ぎ目がプレートテクトニクスの説になった継ぎ目だそうです。
分厚い岩盤で覆われているが、このように水は地球の内部の隙間を通って、地球の反対側に湧き水として出てくるそうです。
(月の中心から700-800kmの部分は液体の性質を帯びており、液体と固体の境界付近などでマグニチュード1-2程度の深発月震が多発している)

2007/7/31 地球の顔
「とても良い模様です。
地球が自分の思いを訴えることができました」

2007/6/14 次元がさらにはっきりと分かれる地球
Abbots Down, Nr Pewsey, Wiltshire. Reported 6th June.
「地球は次元が分かれている。
争いの続く次元では更に争いがひどくなる。
金持ちの幸せは、次元が高いことではない。
お金のための争いがひどくなることでもある」

2007/5/25 連絡
May 24, 2007 - Geometric Wheat Formation in Madisonville, Tennessee.
真ん中の丸は地球、大きな丸はアト君(原子)で、小さな丸はニウ君が、地球と関わって連絡をし合っているということをあらわしています。
連絡が密にできるようになったので、雲や異常気象でさらにお知らせをしっかりとするようになった。

2007/5/25 天と地が引っ付いた
Winterbourne Monkton, nr Avebury, Wiltshire. Reported 23rd May.
「カゴメ紋をあらわします。
すなわち天と地がくっついた、ソラのものたちが地上に降りてきて、地上のイシカミのイシキが天に昇って知らせるということ。
真ん中が地下空洞のある地球をあらわし、イシカミ雲、その上はソラのものの雲、その廻りは成層圏で、引っ付いていることで意識がつながって知らされる。
成層圏は意識を送り出していることを知らせている。
このことでさらにはっきりと異常気象や、変わった雲で知らせることになった。

2007/5/20 地球を囲むイシカミたち
Morgan Hill, Nr Devizes, Wiltshire. Reported 18th May
以前は尖った三角=支配星で地球を取り巻いていましたが、丸い鏡餅のようなイシカミに変わっています。

2007/4/18 輪切りの地球
「地球は今このような形になろうと計画しています。
すなわちいくら(ソラの情報を)伝えても人間が平等でないからです。
輪切りにすると皆平等になります」
イシキの世界からはオーバーに伝えてきますが、何時まで経っても王制や皇室制がなくならないので、思い切り皮肉を言ってきました。
いて座平等であったと、世界中に丸くて平らな石器として残しています。
それどころか王や女王(地球を思う思いの強さで決まる)たちは、自ら先頭に立って犠牲になってやってきたので、真ん中は穴が開いているくらいで、それをヤップ島などで巨大な石貨として残されています。
ヤップ島の近くのソロモン諸島(M7.6)の余震は、M4.5以上が80回近くで知らせています。
(バヌアツ=M7.1の地震は8回)
M7.6のあと8回もM6以上があるのは、イシカミを認めないプレート理論のプレートの跳ね返りという今の学説に抗議をして知らせているそうです。

2005/8/7 目の穀物模様
「良い事をあらわす模様です。
手前の小山はイシカミの巨人で、頂上の丸が目で、今も見ているということです。
小さな棒のまつげをつけたのは、女の子のイシカミだったからです。
5本の長いのは、生きている時には巨人には手があったという事をあらわしています」

2005/7/21 道路をまたぐ穀物模様=思考の風通しを良くするように
これははっきりしない模様だし、間違って道路(グレー)をはさんだと思っていたら左鼻にサインあり催促されました。
「(トラクターのワダチの)半円を見つけたので描いたのです。
半円はイシカミだからです。
(右上は右から)イシカミ、巨人、分身です。
道路をはさんでいる丸は、上のイシカミ達が言っていることです。
又、地球は半分に分かれていて、流れが違うということをあらわしています。
固まった考えに風穴を通すようにという意味をあらわします。
二つのサークルは、男と女のイシカミの大人のロボットが作った事をあらわしています。

2005/7/21 陰で助けてくれていた星
真中は宇宙の大元です。
周りの丸いのは太陽系です。水星、金星、地球、火星、木星、土星、冥王星
六角形はルシファーです。
今になってわかったのです。
ルシファーが一番大元と連絡をしていたのです。
ルシファーは支配星によって悪く言われていましたが、いつもイシキは宇宙のために働いていたのです。
小さな丸はロボットで、大元の指示の元に行動していました。
中側の丸は、射手座と髪の毛座で、共に大元と連絡をしていました。

2005/7/21 地球を応援する星たち
真中=地球、4つの丸は射手座、シリウス、月、髪の毛座、
8つの丸は太陽系の惑星で、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、冥王星達がお互い連絡を取りながら、地球を見守っています。

2005/6/24 支えられている地球
(これはなかなか意味がわかりにくく、まだちょっとわかりません。
言葉になったのをそのまま書きました)

イシカミのチカイのゴロクです。
全ての物質は宇宙の原子が集まってできることをあらわしています。
丸は地球で、小さな四角は原子で、地球に近づくと大きな物質になるということをあらわしています。
両脇は南極と北極?で地球を見えないヒモで支えているのです」

2005/6/9 CO2の模様
マジックテープと同じ意味の模様です。
3つの輪をつなごうとしています。
C02 をあらわしています。
人間は酸素を取り入れる事ができるようになったので、生きる事ができるようになったのです。
和をあらわす酸素で生きていることをあらわしているのです。
炭素 C は輪が半分ですが、他の炭素とつながる事ができます。
けれども尻切れトンボで終わっています。
(今のほとんど人は、自分や自分の国さえ良ければよいという思いで)自分の周りのことしかつながろうとしません」
隣に古墳があります。
イギリスの穀物模様は古墳や地上絵の近くでよくあらわれるのは、イシカミのロボットが作っているというこの情報と一致します。

*)ミステリーサークル、グーグルに出現(2009/9/16記事)
>ミステリーサークルが最初に注目を集めたのは1970年代半ばで、イギリスのウィルトシャー州の畑で空中撮影された。出現場所は小麦や大麦といった平坦な穀物畑が主で、初期のデザインは単純だった。それ以来この地域は、次第に複雑化するミステリーサークルのメッカとなった。例えば2008年には、円周率の最初の10桁を暗号化したと思われる直径46メートルのサークルが出現した。また今年の夏には、大麦畑でクラゲの形をした巨大なミステリーサークルが発見されている。「ミステリーサークルは、古代遺跡の付近で発見されることが多い」とも指摘する。ミステリーサークルのメッカとして広く認知されているウィルトシャー州一帯には、石器時代の遺跡が多数点在している。有名なストーンヘンジもその一つだ。このところ、夏場の観光スポットとしてミステリーサークルの人気が高まっているという。「大勢の観光客が毎年ミステリーサークルを見るためにわざわざイギリスを訪れている」「イギリス国内では今年になってから既にかなり多くのミステリーサークルが出現している。私の記憶では、これほど多くのミステリーサークルが出現した年はこれまでにもなかったと思う」

2007/5/20 お祝いの花
Morgan Hill, Nr Devizes, Wiltshire. Reported 18th May
お祝いの花と二つの次元に別れた地球。
大きな丸のいて座と小さな丸の名のない星達が見ています。

2007/6/2 実を結びました
June 1, 2007 - New Barley Formation in Germany.
「『イチゴ=イシカミの誓いの語録』の花です。
お祝いの花です。
4月の花が実を結びました」

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
17-SEP-2009 09:29 M4.6 深さ245.0 MARIANA ISLANDS REGION
17-SEP-2009 09:24 M5.0 深さ10.0 QINGHAI, CHINA
17-SEP-2009 04:52 M5.3 深さ82.2 HALMAHERA, INDONESIA
17-SEP-2009 01:47 M4.7 深さ42.3 KURIL ISLANDS
16-SEP-2009 23:47 M5.2 深さ72.1 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA
16-SEP-2009 20:50 M5.1 深さ35.0 FOX ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS
16-SEP-2009 14:16 M4.7 深さ10.0 TONGA ISLANDS
16-SEP-2009 13:57 M4.6 深さ179.6 KURIL ISLANDS
16-SEP-2009 06:44 M4.7 深さ36.2 PERU-ECUADOR BORDER REGION
16-SEP-2009 02:14 M4.3 深さ587.1 FIJI ISLANDS REGION
15-SEP-2009 14:55 M4.5 深さ16.0 NORTHERN MOLUCCA SEA

発生時刻 2009年9月16日6時42分頃
震源地 三重県中部(北緯34.8度 東経136.4度 深さ10km)
規模 M3.1 震度2 鈴鹿市、亀山市、津市、伊賀市

発生時刻 2009年9月16日10時48分頃
震源地 浦河沖(北緯42.1度 東経142.5度 深さ60km)
規模 M3.6 震度1 新冠町、新ひだか町静内、新ひだか町三石

発生時刻 2009年9月16日12時52分頃
震源地 釧路沖(北緯42.9度 東経144.0度 深さ80km)
規模 M2.8 震度1 十勝大樹町、釧路市音別町

発生時刻 2009年9月16日18時28分頃
震源地 千葉県南東沖(北緯34.9度 東経140.5度 深さ70km)
規模 M3.7 震度1 長生村、勝浦市、鴨川市、大多喜町大多喜

発生時刻 2009年9月16日21時38分頃
震源地 大分県西部(北緯33.4度 東経130.9度 深さ10km)
規模 M3.3 震度3 中津市

発生時刻 2009年9月17日2時10分頃
震源地 大分県西部(北緯33.4度 東経130.9度 深さ10km)
規模 M3.2 震度2 中津市

発生時刻 2009年9月17日13時38分頃
震源地 北海道東方沖(北緯43.8度 東経147.6度 深さ10km)
規模 M5.1 震度1 標津町、根室市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は9月17日のソラ。