ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

イシキの来るところ

2010年03月31日 23時52分30秒 | Weblog
2009年5月18日
ポンペイの3つの石、地中海の意味、ユダヤ人、山城、宮本武蔵

ポンペイのあちこちで見られる3つの石は、3位一体もあらわすが、地中海を取り巻く3つの国(イタリア、ギリシャ、トルコ)をあらわし、それがシオニスト(ユダヤ人)の発生と関係があるという思いも寄らないことを知らせてきました。

この情報が知らされる目的が、ユダヤ人とパレスチナ人は同じ先祖であったということで、ユダヤ人はその地にとどまらないであちこちに出かけて行ってばらばらになったと伝えられていますが、なぜ出て行ったかはわかりませんでした。
それは地中海の海の底に沈んだイシカミ原子と関係していて、そのイシキたちは自分たちの故郷を求めて出かけて行ったということで納得が行きました。
それでユダヤ人のイシキは生まれ育った所がその人の故郷になるそうで、(イスラエルに来て)それまでその土地を守ってくれていた同じ先祖のパレスチナ人から、無理に取り上げた土地は借地料をちゃんと払う(パレスチナに経済援助をすること)ように、しっかりと知らせてくださいと。

又、最近バチカンを見てきたのもありますが、映画やTVでバチカンを良く見ます。
昨夜は思いもかけないコンクラーベ(法王選出の言葉=カソリックのエネルギー体のこと)と三角のものと新インフルエンザの関係などを伝えてきました。
カソリックの裏では、6亡星(=いて座、カゴメ紋)は三角が二つ重なったものとし、その三角を分解することで、支配星がいて座に勝ったと思わせて?新インフルエンザで攻撃してきているということ夜中に皆に知らせてほしいと、足の裏という変わった部位にサインをして知らせてきました。

#)箕谷古墳、小畑古墳群、武田城跡、鳥取砂丘などに行って来ましたが、それぞれ新しい情報を伝えてくれました。
山城の武田城跡も、想像以上すばらしかったですが、日本3大山城(備中松山城、大和高取城,岐阜岩村城)はもっとすごいとか。
現実に700m(武田城は300余m)もの険しい山頂に、巨石の石垣が人間の力で作れるでしょうか?

ソラ画像より
ポンペイの3つの石
あちこちにこのように石が置かれています。
立てた3つの石もありますが、3つの意味は3位一体も表しますが、↑のお知らせ参照。

2001年9月19日
ヤハウエーより

「ヤハウエーです。
とてつもないことになりました。
何と言ってお詫びすれば良いのかわかりません?
(イスラエルの強攻策がテロを招いた?)
イスラエルの指導者にどうしても降りることが出来ません。
改めて真剣に祈るようにお願いしてください。

あの土地(イスラエル)は、同じ民族が住んでいました。
それは“イスラー族”と言いました。
自分の中のイシキ(霊)と話が出来ると言う民族でした。
皆仲良く暮らしていました。
そのうちの一部の人がユー族(=あなたの国に行く)と名乗り、その土地の品物をよそに売ったりするようになり、あちこちに(商売のため)散らばって行きました。
一部の人は他の国(エジプトなど)を攻めて捕虜になった人達もあります。
長い間にその土地に居続けた人々は、違う宗教(イスラム教)を信ずるようになって行きました。
そうして商売のために出ていった人たちは、(宗教が前のままなので)お金が出来ても戻る所がなくなってきたのです。
昔は、同じ民族だったのです。
ただそこに残っていた人たちが違う宗教を信じたに過ぎません。
いわば兄弟同士で争っているのです。
そのことに気付いてください」

2001年12月18日
マホメットのイシキ(霊)より

以下の事はイシキ(=霊)が言ってきますので、現実にはどうか全くわかりませんが、身体に次のような苦痛を感じますので公開させてもらいます。
今日は朝から何回も小指の激痛があり、その後力が入らず。
左手の平の痛みも加わりましたが、書き出すことにより全く症状は無くなりました。

「私は(なかなか名前がわからない)イエスの友達のマホメットです。
イエスが許してほしい、と言って来たのです。自分のせいでこのようになったと。
(イスラム物語参照)
キリスト教やユダヤ教の人が、何も(=ソラからの情報)知らない人たち(イスラムの人達)を、悲惨な目に合わせてと。
ソラのものたちのお知らせ(クロップサークルなど)を無視し続け、人類に伝えることなく軍備に力を注いでいるアメリカ・イギリス・イスラエルの指導者達には、何らかのお知らせをしたいと思っています。
そしてイスラムの宗教指導者、政治家に対しても同じです。
ビンラディンには、私(マホメット)が降りたのです。
ビンラディンの肉体は今お返しします。
どこにいるかと言うと一番好きだった所、仲良く家族と過ごした別荘の傍の湖にあります。
イスラムの皆様。
どうかマホメットのお願いです。
争いを止めてください」

2001年6月21日
ヒミコ、文字、偽卑弥呼は ヒミコの名前を真似た悪女

ヒミコです。
あれは(卑弥呼は)私ではありません。
名前を真似した人でイシキ(霊)の言葉が聞こえて来た人です。(=チャネラー) 
それも戦争の好きなイシキ(霊)です。(プレアデナイに支配された人)
(魏志倭人伝)あの様に沢山の文字が書かれているのを見て、ただ驚きました。
お知らせしたいことは一つ一つの文字は意味を考えて作りました。
それを重ねて行くといくらでも文字を作れますよ、と中国の人に教えました。
魏という字を見て驚きました。
イナホノ女は私の事なのに、オニがついているからです。
鬼とは、田が人間の様に自分で考え、自分でイネを作ると思っている人(=田が勝手にイネができると思っている人=農業が嫌な)怠け者と言う意味で作った文字でした。
私がいた頃は隣の人とあの様な争いはありませんでした。
最後は悲しいことになりましたが、、」

志賀島の印は、知らされた事とは違う物でしたね。
朝鮮とは行き来があったので、そのうちの一つの物語かも知れませんが、悪代官に印を盗られたと言って来たときは想像もしていませんでした。

2001年6月28日
ねじり花の形で 宇宙からエネルギーを送り込む、DNAの操作がしやすい、イシキ=霊

近所の荒れ地にかわいい“ねじり花”が咲いているのを見ていたら
「そこの土地が“エネルギーを送って”、と言うので咲かせているのです。
星からのエネルギーをドリルの様に送るので、その事に気づいてもらうために形とした花です。
“ねじり花”はそうなのです。(ドリルのようにして、星からのエネルギーを送る)
DNAを“らせん状”にしたのは、星達なのです。
かすかなエネルギーでも効率良く、地球のモノに届かせるためにらせんにしたのです。
その事を知らせるために、ねじり花を咲かせていたのです」

「(物質化は)星達のレクレーションでした。
星達は、エネルギーを地球に降ろして形にします。
最初は何も形はありませんでした。
次第に自分たちで動くモノを作ろうと思いました。
そしてその動くモノを作るには、エネルギーを送らなければなりません。
そのエネルギーを効率良く送るには、あのらせんの形が楽に届けられるのです。
それで、DNA もあの形にしたのです」

「イシキ(霊)とは、意識の固まりのエネルギー体です。
イシキには元々形はありませんが、その意識が形を見せようと思うと形を示すこと(幽霊)ができます。
イシキを一言で言うと『お光りさん』です。
その光は千差万別です。
人間で成功している人でもイシキの光は弱いのです」

うとうととしていると ピクッと左手が大きく動く。
「それはあなたのイシキ(=潜在意識)と星達のエネルギーで腕を動かしたのです。
イシキだけでは動かせません。
また、あなたの顕在意識は腕を動かそうとは全く思っていなかったでしょう」

2001年7月13日
彗星、不思議と思う気持ち

真夜中突然目が覚める。
「今、明るい星、火星が地球に近づいてお知らせしています。
火星にも形無き(肉体がない)火星人はたくさん住んでいます。
(意識体がいると言うこと?)
何故火星が地球に近づいているかというと、学びに意識を向けて欲しかったからです。
それは星達が、(地球から見ると)大きな星の火星の運行さえも変えることが出来ると言うことです。
それが学びの一番の目的でした。
ハレー彗星が今度近づくのはいつか計算されていますが、次はいつになるかわからないのです。
それは、彗星の必要が無いからです。
彗星がなぜ現れ地球に近づいたかと言うと、地球に降りるために支配星のグループが、エネルギーを結集して地球に近づいていたのです。
そして人間を支配する力を強めて行っていたのです。
この間のヘールホップ彗星*には、支配星プレアデナイが最大のエネルギーを送り込んでいました。
大昔から、‘彗星が現れると国が乱れる’と言われていた意味はなぜか解るでしょう。
彗星とともに来た支配星 が人間に入り込み争いを起こさせていたからです。
支配星のイシキが人間に入り込み操作して、エジプトの(ハトシェプスト神殿)襲撃事件も起こりました」

(*ルクソールに行った時、ソフトボール位のヘールホップ彗星が目の前に降りてきていました。その2週間後位に事件は起きました)

「一番大切なことは、不思議だと思うことを究明する気持ちを持つ事が大切です。
不思議だと思いながらそのまま放置していると全く進歩がありません。
そして意味の無い?番組ばかり作っているTV局の姿勢が今問われています。
これまでの思いを頑なに守り続け、人間が何でも出来ると過信する事は、ますますもって生きることを困難にしています。
人間の思いが未来を作っているのに、いつになったら目覚めてくれるのかジーと待っています。
これらのメッセージを読まれた方は、これから起こる現実に意識を向けてくださるとより面白い人生が送ることが出来ます。
名のない星から連絡してもらいました」

2001年4月28日
この情報はソラのものなどから、どのようにして伝えられるか?

98年秋から知らされて続けて来た情報は、これで終わりかと思っていましたが、次々と知らされます。
【はじめに】
私はある体験をしてから口がかすかに勝手に動き出し、極かすかな言葉となって星たちの意識体と名乗る目に見えない存在から、自分の知らないことを知らされ続けています。
それは夜中に突然起こされたり、テレビの番組などを見ていたりして知らされます。
その思いもかけない情報は様々な出来事や、宇宙の神秘・古代史・ミステリーサークルについてなどで、これまで謎とされていたことに対して常識を覆すような事を知らせてくれます。
98年秋からずっと知らされている内容を、更に補足したものが『ソラからの伝言』です。

星達がなぜ知らせてくれたかというと、今の考え(宗教、民族など)ではいつまでたっても地球が平和にならないからだそうで、謎を解くことによりこれまでの考えを立ち止まって見直し、少しでも平和にしようという気持ちになって欲しいからだそうです。

文章の殆んどは伝えられたまま書いていますが、夜中に起こされてかすかにわかる言葉で伝えられたり、メモも出来ない時に突然知らされたりしたものです。
また星達もこちらの情報、特に地名や名前などはわからないので、私の記憶を通して伝えられます。
星達が言葉がわからなくて探している時には、私がいろいろ言葉を当てはめてみます。
あっていればそのまま先に進んでいきますが、違っている時はハッキリと「違います」と言い、先に進みません。

ソラ辞典より
三位一体
人間は魂、イシキ(霊、潜在意識)、顕在意識から成り立っていると言うこと。
クロップサークル(ミステリーサークル)で繰り返し3つのものが出て来るのは、人間をあらわしている。
魂=生き様とする力?。イシキ(霊=潜在意識)。顕在意識。
人間として生きているときの出来事などは霊と星達が話し合いをして決める。
肉体は原子から成り立っている事を知ることがとても大切である。
すなわち肉体の細胞の全てに意識があると、言うことを思って生活すること。

顕在意識は成層圏から送られてきて、脳は受信するだけと知らされている。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。

意識は顕在意識として書いています。

クロップサークル(穀物模様)より
2004/5/11 生まれ変わり
「あなた達の知りたいことです。
素直な模様です。
私たち女の子のイシカミが作りました。
人間は死んだら生まれ変わると言う事です」
(ソラの星になれる人もある)

1)外側の丸が人間の肉体です。
2)魂で、生きようとするエネルギーです。
3)イシキで、イシキ同士がくっついています。
4)真中に行って相談します。
5)細い線がそれを見ています。
6)その記憶を持って新しい肉体に戻ります。
7)それで過去の記憶を思い出す事があるのです。
8)外側の大きな丸は地球で、その中だけで行われます。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
31-MAR-2010 12:27:35 -42.16 82.40 M5.1 10.0 MID-INDIAN RIDGE
31-MAR-2010 10:54:01 -6.32 130.19 M4.7 128.9 BANDA SEA
31-MAR-2010 09:20:25 32.36 -115.22 M4.1 8.0 CALIF.-BAJA CALIF. BORDER REGION
31-MAR-2010 06:27:49 -9.37 117.39 M4.6 23.9 SUMBAWA REGION, INDONESIA
31-MAR-2010 06:11:30 -9.11 117.41 M4.7 45.1 SUMBAWA REGION, INDONESIA
31-MAR-2010 03:51:01 51.58 -175.33 M4.9 37.4 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS.
30-MAR-2010 21:18:43 37.41 139.48 M4.6 46.8 EASTERN HONSHU, JAPAN
30-MAR-2010 19:29:14 -31.58 -178.65 M5.1 35.0 KERMADEC ISLANDS REGION
30-MAR-2010 16:54:48 13.62 92.86 【M6.6】 45.4 ANDAMAN ISLANDS, INDIA

発生時刻 2010年3月31日6時18分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.4度 東経140.7度 深さ60km)
規模 M4.6 震度4 ひたちなか市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月31日のソラ。

意識の行くところ

2010年03月30日 23時51分23秒 | Weblog
2008年2月24日
イケガヤ彗星=クロイツェ群=悪者の彗星、アトランティスのアンドロイド=恨みの思い、成層圏=顕在意識の意味

池谷・関彗星はクロイツ群に属するということですが、クロイツェ群(クロイツ群ですが、クロイツェ=黒い杖としか発音できない悪い思いの塊の彗星)については2006年に掲示板で読者から知らされていましたが、今朝、詳しく知らせてきました。

「クロイツェ群はアトランティスで生まれた悪い思い(の塊の彗星)なのです。
多くのイシジンが(地球上で)いろいろな思いをして(分解して)地球の上(の成層圏)に挙がりました。
イシジンのあらゆる思いをもった原子が、イシジンの分解で思いを持って上に挙がっていったのです。
その原子の思いが意識の塊となって成層圏を創りました。
そしてそこから人間の顕在意識となって人間に降りるようになったのです。
その中に恨みを持った悪い思いの塊がクロイツェ群となって太陽の後ろに隠れていたのです」

「今、イシジンの思いを持った人間が目覚めてきています。
けれどもアトランティスで、服従する者だった(アンドロイドイシキは、当時のことを思いだしたくないので、この情報が広がるのを妨害するのです。
(顕在意識が成層圏から送られてくるというのは2005年7月11日のお知らせ、アンドロイドのことについては99年ごろアトランティスのことを伝えてきたのを、本『星からのメッセージ』に書いている)
イシカミが人間の形をして、最高の思いをしてきたイシジンだったイシキの持ち主は、過去世では働かなくてすんだので、現実社会で働くのが嫌なのです。
けれども人間として生まれてきたからには、するべき仕事は辛くてもしなければならないということを学ぶことが大切です。
その辛さをがんばって乗り越えることで、イシキの世界では再び良い思いをすることが出来るのです」

「アトランティスでなぜ服従する者(アンドロイド)があらわれたかというと、どのような形ででも地球に降りたいと熱望した星のイシキが降りてきたからです。
(思いが現実になるアトランティスを見て)なんとしても地球に降りて現実の体験をしたいと思う星たちのイシキが(いて座シリウより)遅れて降りてきたのです。
けれども後から降りてきたので、イシジンに仕える者となりましたが、働いている間に恨みの思いがあらわれたのです。
遅れて降りてきた星たちは、服従する者でもよいので降りてきたいと、自ら降りてきたのにその思いを忘れたのです。
そしてそれらの星のイシキは、服従させられたという恨みの思いを大きな塊として成層圏に残しました。
それらの星がその恨みを晴らすために、今生では支配者として肉体を持ったのです。
けれども宇宙には、“他を支配してはならない”という法則があります。
その法則を破っている者は自分たちの星に帰らなければなりません。
その支配者の星の多くはヘビの星とその仲間です。
その星に帰りたくない人は、地球がなぜ創られたかという原点に帰らなければなりません」

昨日、吉村作冶のエジプト展を見てきましたが、吉村教授がクロイツェ群の彗星の長老で、同じく司令官は、イシカミを封印しているので、そのことに抗議をするために急速に低気圧が発達して、大雪で知らせたそうです。
その他、シマズ貴子、四0弘0、0木0ケ0などもクロイツェ群と関係あると知らせてきましたが、いずれもこの情報と関係があります。
アトランティスが急に出てきましたが、アトランティスがあったと知らされた地域で群発地震が起きています。

《ビジョン1》
“白っぽい背景に極小さな黒点が、よく動くのや、静止したのなどが無数にある”
意味は
「成層圏にはこのような悪い思いの塊が無数にあるということです」

(昨日も冷たい風と共に、ヘビの星に帰りたくないので何とかしたいと降りてきていましたが、顕在意識に負けないで、今生なぜ肉体を持ったかを思い出してほしいのです)


ソラ辞典より
アトランティス
最初の情報(アンドロイドが反乱)は本『星からのメッセージ』に詳しく書いています。
その後更に詳しく伝えてきたのはとは少し違っていますが、大西洋にイシカミの巨人が地中海の土を運んで作った大陸とは今でも同じです。
いて座のモノたちはなんでも変化することが出来たので、理想とする物質を全て創りだしたのがアトランティス。
余りにも全て理想が実現したために、面白みがなくなりイシカミの原子たちは一気に手を離したので大陸は崩壊した。
意識のあるイシジンは泡状で、軽くて簡単に移動できたので、より原子がしっかりと結合したいわゆる固い物質にした国造りを地中海にした。
イタリアやギリシャなどに沢山ある石像や石造建築物はアトランティスの時代のものが原型となっている。
アトランティスの王の頭部などでわかるように、巨人の国でもあり、神話の世界そのものであった。

アトランティス大陸があった海の底に、鳴門の渦潮のような渦巻きがあり、地下宇宙に海水が入り込み、ローマのあらゆる泉に噴出しているとか、北海道の羊蹄山の噴出しもここからの水と伝えられています。

ソラ画像より
アトランティスの王の頭
ヨハンシュンセンの頭部。
これを見に来てほしいと以前言われていました。
ヨハン=夜半、シュンセン=出航する。
すなわちヨハンシュンセンは夜中にアトランティスから、地中海の保養所?へ出かけたという意味だそうです。
アトランティスについては、98年に詳しく知らされ本『星からのメッセージ』に詳しく書いています。

耳の前に四角い穴が開いているのが、その近くにカタツムリ官があり宇宙の大元の化身という証拠。
耳の前の肝班などがあるのはアトランティスの過去世を知らせている。
肝臓=アトランティスをあらわす。

アトランティスの王の足
頭の他、両足首、手、肘、フクラハギなど物質(石像)として残っています。
この巨大さですが、実際はもっと水分を含んで泡?のような塊だったので
巨人伝説も現実にあったことと思えます。

地震雲画像
2008年2月22日 東京
23-FEB-2008 12:41 M4.7 深さ10.0 AZORES ISLANDS REGION
23-FEB-2008 12:35 M5.3 深さ10.0 AZORES ISLANDS REGION
23-FEB-2008 11:56 M5.0 深さ10.0 AZORES ISLANDS REGION
23-FEB-2008 11:09 M4.8 深さ10.0 AZORES ISLANDS REGION
23-FEB-2008 11:03 M5.2 深さ10.0 AZORES ISLANDS REGION

アトランティス大陸があったと伝えられた地域です。
この地域に丁度オーストラリアを同じ形のビジョンを見せられ、アトランティスがここにあったと言って来ました。

2005年7月11日
遺伝子(DNA)、意識、穀物模様、浅い地震

2005年7月11日 0時30分
「遺伝子についてお知らせをします。
イシカミです。
(小さな丸の白い光があらわれ消える)
遺伝子とは(言葉がなかなか出てこず)一言で言うと“信じあう事です”?」

2003年12月7日
いろいろなお知らせ、顕在意識の発生

2003年12月6日 早朝突然

「顕在意識 は、西(偏西風)から生まれるのです。
(地球上の原子の意識がソラに昇り、それが集まり人間になろうとする。偏西風に乗って地球上を回っているうちに地上に降りて肉体に入ろうとすること?)
人間は“肉体”と、“魂(生きようという思い)”と、“顕在意識”の3つから成り立ちます。
死ぬと肉体と魂は無くなりますが、イシキは残りそれが何処に行くかが問題なのです。
イシキは脳で作られ、死ねばイシキは無くなると思っている人(科学万能主義者)は、 そのような所に行きます。(サインあり)
即ち、何も無い所にイシキは行くのです。
(以前お墓の土の中にはイシキはいないと知らされました。ただ人間がそこにいると思って行くと、そこにイシキは寄ってくるようです)
(読者が)平野を川で区切っている夢を見たと知らされたでしょうが、そのように肉体が無くなれば、“同じ思いのイシキ”が集まる所があるのです。(サインあり)
顕在意識は何処から生まれるかと言うと、西の方から生まれ、偏西風はお仕事で一番大切な働きをします。

偏西風と言うのは地球上に現われる思いが、人間に生まれ変わり5感を味わいたいと思い、肉体の中に入る所(の現象)なのです。
地球の上には、絶えず西から東に向かって風が吹いています。
その風に乗ってあらゆる思いが集まり、その思いが纏まって大きな塊となります。
その‘思いの塊’がどのような形で地球上に現れるかを決め、その思いの塊が決めたものの一つに人間があるのです。
そしてその 思いの塊 はどのような人間になるかを決めて、宇宙の原子に形になって欲しいと頼むので、原子たちは望まれた形になっていくのです。
このようになって現れたのがこれまでの人間でした。
これ以外にも宇宙の星から人間になろうと思って地球にやって来たイシキもあり、それらも肉体を持ちました。
それらの人間は、 人間としての体験や人間社会の事を余り知らない為に、現実の世界ではうまく生きていくことが出来ず苦労する事が多いのです。
それら星から来たイシキの人間で今生きて行くのが辛くても、何かとお知らせをして応援して行きますので、がんばって生きてください。
死に行く事を考えないで、 応援を待ってください。
するべき事をしておけば良いのです」

顕在意識はお風呂の蓋の水滴のように発生すると知らされました。
すなわち意識が地球の上にあがっていき、そこで同じような思いが集まって大きな塊になるそうです。
又、私は以前、全米催眠協会公認のヒプノセラピストとしてヒプノセラピーを少しの間していましたが、ほとんどのクライアントが過去世を知りたいということで、催眠誘導をしておりました。(現在、 催眠は弊害もある事が分かりしていません)
その過去世のセラピーの時、亡くなった後の様子を聞くと、殆んどが上に昇って行き雲の上にいると言われましたし、実際私も過去世の体験をした時、雲の上に寝ている感じがとてもリアルでした。
その事でイシキが雲の上、即ち、ソラに集まると言う事は本当ではないかと思っています。

【2008年6月18日追加訂正】
ここでイシキ(潜在意識)と書いていたのは、顕在意識の間違いでした。

2007年2月10日
柿色のビジョン、宗教の囚われ人たち

2007年2月9日《ビジョン》
“一面の柿色にやや濃い柿色の丸が2、3個”
意味を聞いても昨日はわかりませんでしたが2月10日
「悪い星のものが降参しました。
イシカミの(イシキの人の)中に入って悪さをしていました。
悪い星のものに出て行くように言って下さい」
悪い星のものが降参したことをあらわしていたようです。

「2000年の間、すべての人類は今よりもっと真剣にいろいろな宗教を信じてきました。
その間は争いに明け暮れたとしか言いようがありません。
これらの言葉こそ、宗教の煉獄に押し込めようとする支配星の思いなのです。
きれいな言葉で隠して、見えない牢獄に捕らえて2000年も過ごさせて、まだつなぎとめようとしています。
になぜなるかわからないまま、がん患者に説教をすることや、(熱心なクリスチャンであった三浦綾子は)なぜ人生の半分を寝たきりだったかの真実を隠したまま、宗教を押し付けることにさらなる罪を犯しています。
なぜ人間として生まれてきたか?
肉体を創っている存在は“思いを持つ原子”だと知ると、他のものに頼ろうとする前にまず自分に尋ねるようになります。
他のものに頼ろうとすることが、支配するものと支配されるものにわかれ悲劇が起きるのです」

#)今朝の中央公論の新聞の広告を見て、何時まで宗教の囚われ人でいたいのか?と思いました。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

*)シェルドレイクの仮説

潜在意識=イシキ
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。本人の知らない意識のエネルギーの固まり?
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラの人間誕生記
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
30-MAR-2010 09:14:18 31.68 -113.53 M4.5 10.0 GULF OF CALIFORNIA
30-MAR-2010 05:16:14 -31.27 -178.79 M5.2 89.0 KERMADEC ISLANDS REGION
30-MAR-2010 01:02:55 43.31 138.38 M5.8 35.0 EASTERN SEA OF JAPAN
29-MAR-2010 11:38:14 51.69 -130.28 M4.2 10.0 QUEEN CHARLOTTE ISLANDS REGION

発生時刻 2010年3月30日4時45分頃
震源地 静岡県西部(北緯34.7度 東経137.5度 深さ30km)
規模 M3.2 震度1 売木村(長野県)、恵那市(岐阜県)

発生時刻 2010年3月30日10時3分頃
震源地 北海道南西沖(北緯43.2度 東経138.6度 深さ10km)
規模 M5.7 震度3 小樽市勝納町、積丹町美国町

発生時刻 2010年3月30日10時31分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.4度 東経140.4度 深さ30km)
規模 M2.6 震度1 千葉一宮町、長生村、市原市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月30日のソラ。

お礼、松江の石、安来の古墳

2010年03月29日 20時36分55秒 | Weblog
2010年3月29日
松江の講演会のお礼、島根県の遺跡巡り、おへその意味、ムー大陸とフィリッピン、糖尿病、国引き神話、歯固め式

3月27日に松江にて【人の縁を結ぶ不思議な世界と出雲の神々と石の話】の講演を温かな雰囲気の中で無事終了いたしました。
お話しをさせていただく場を提供してくださり、又その後の懇親会では大変お世話になり本当にありがとうございました。
次の日の遺跡めぐりは、下に道路の通る塩津山古墳、始めてみる形の石箱の塩津神社古墳、こじんまりとして元気がもらえた仲仙寺9号の四隅突出古墳、真珠湾攻撃の前に出口オニサブロウが逮捕されたというミロク庵など、ソラ画像で紹介しています。

ソラ画像より
松江大本教の敷地の石人
出口オニサブロウが宍道湖の近くのこの小山の麓の大本教の施設で捕まって、それから真珠湾攻撃が始まったと読者から知らせがありました。
この境内には大きな石碑(イシジン)がたくさんありました。

松江大本教の敷地の壊された石碑
とても大きなものだったと思われます。

松江大本教の敷地の石碑
イシジンに勝手に歌碑が彫られていますが、これも大きいです。

八重垣神社
以前は気がつかなかった?目のように見えます。

仲仙寺9号の四隅突出古墳(島根県安来市)
可愛い古墳で、同行者のほとんどがとても体が軽く階段が登れたと。
桜はまだちょっと早かったですがスミレが咲いて可愛い古墳でした。

塩津神社古墳1(島根県安来市)
たまたま通りがかって見つけたのですが、石棺の原型のようであり、ボッチ君を思わせる形でした。

塩津神社古墳2(島根県安来市)
この中で小さいイシジンが創られたかと思ったのですが「狛犬が創られたのです」と。
塩津神社を通り過ぎる時、小さな社なのに狛犬だけが、古式然として大きく感じましたが、あいにくはっきりとは写っていませんでした。
後ろの方にかすかに写っています。
撮影をしている間、3匹の真っ白な犬がおとなしく見ていました。
四隅に短い足らしき突起があります。

塩津神社古墳3(島根県安来市)
内部はこのようにとてもきれいです。

塩津山古墳1(島根県安来市)
下を高速道路が走り、綾部の私市丸山古墳と似ていると思いました。
ここでは又次に来てくださいと言っていましたが、それでも行くと風雨がとても強くなりました。

塩津山古墳2(島根県安来市)
↑の隣にある可愛い古墳
周りに壺が埋まっていたようです。

塩津山古墳3(島根県安来市)
高速道路から見える「王稜の丘」の古墳です。
中の形が変わった壺や、両側が石で塞がれた円筒のものもありました。
塩津山古墳群」の動画でよくわかります。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
29-MAR-2010 07:35:06 -34.73 -71.51 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
29-MAR-2010 05:39:28 17.68 125.74 M4.5 10.0 PHILIPPINE ISLANDS REGION
29-MAR-2010 05:01:00 0.92 97.46 M4.4 35.0 NORTHERN SUMATERA, INDONESIA
29-MAR-2010 03:07:42 -36.78 -73.24 M4.8 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-MAR-2010 21:43:13 -35.34 -72.78 M5.5 19.2 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-MAR-2010 21:38:32 -35.34 -72.97 M5.9 21.1 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-MAR-2010 21:22:18 1.38 124.45 M4.6 313.8 MINAHASSA PENINSULA, SULAWESI
28-MAR-2010 21:13:46 -5.58 122.84 M5.1 40.6 SULAWESI, INDONESIA
28-MAR-2010 17:22:51 23.58 -108.84 M4.2 10.0 GULF OF CALIFORNIA
28-MAR-2010 14:36:34 -36.17 -73.55 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE

発生時刻 2010年3月29日0時55分頃
震源地 三宅島近海(北緯34.0度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.6 震度1 三宅村役場臨時庁舎

発生時刻 2010年3月29日10時29分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経139.9度 深さ50km)
規模 M4.3 震度3 坂東市、筑西市(茨城県)、真岡市、茂木町、下野市(栃木県)、久喜市、騎西町、宮代町(埼玉県)

発生時刻 2010年3月29日20時18分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.2度 東経135.2度 深さ10km)
規模 M3.7 震度3 和歌山市一番丁

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月29日のソラ。

日本の支配

2010年03月28日 22時37分21秒 | Weblog
【ヤマタイコク物語】」、「日本の文字、日本の柿」の続きです。

ソラ辞典より
ある者
ヤマト地方の小さな国の権力者であったが、ヤマタイコクを攻め滅ぼし、大国主を出雲に追放し、ヒミコ入れ墨を入れ自殺に追いやる。
タケルノミコトの義理の親。
ノアの息子を惨殺し、ノアを追放する。
ヒミコの娘を強引に由良からヤマトに連れてきて監禁し、子供(ニニギノミコト)を生ませる。
悪徳の限りを尽くし、悪事がばれないように文字を禁じ、逆らう者は徹底的に滅ぼし、自分の都合の良い神をも作ったと伝えられた。
ジンムとも言う。

リュージンの化身で、ワニの頭で肉体は人間で、着物を着た絵がモデルと。
イシジンころは動物と人間の合いの子がいた。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

2004年8月17日
物部の娘、オオイ・アマノヒト、大文字焼き

物部の娘です。
ようやく降りることができました。
(物部が滅ぼされた後)物部一族の男達は石を信じる人たちによって匿われ、散り散りになりました」

2004年5月11日
倭の国、イシカミの誓いの語録=イチゴ、曲がった刀 

2004年5月11日 真夜中突然目が覚めて

「それはひどい事になりました。
突然蘇我が攻めてきたのです。
シロ、シロ、城のような建物ではなく平らな家?でしたので、すぐにやられてしまいました。
(倭の国の者は)戦いはしなかったので、(一部の人を除いては?)武器はほとんどありませんでした。
家は焼かれ、男は殺されてしまいました」

2004年3月7日
オオシ アマノサト(凡海郷=おゝしあまのさと)

2004年3月7日 真夜中、突然に

「オオシ アマノサト(凡海郷=おゝしあまのさと)では、3日3晩地震が続き地盤が沈下したのです。
その事を語り伝える事をヤマトの者は禁じましたが、イシカミに守られた人は語り伝えました。(口語り=呂)
けれども正しい年代はわからず、ヤマトの者の言うままに伝え700年にしたのです。(実際は500年代)」

2007年6月8日
人間、大分の地震=ベツ(ップ)の世界、銅鐸の意味

四隅突出型は、地球は最初は四角だったが、丸くなるために、四隅のイシカミたちは一旦分解し、改めて山になりイシカミとして遅くに降りてきたが、すでに支配星が地球を支配していたために、イシカミの原子たちは、支配星の言うままにならざるを得なく、お寺や仏像などになった。
そのことで他のイシカミたちから責められていましたが、そのイシカミたちも仕事をしたことを伝えてほしいと言ってきました。

2008年6月20日

「端になったイシカミです。
地球が丸くなるので四隅のイシカミたちは分解して、再び形となって後から降りてきました。
それが三角山などです。
丸くなった地球では、人間たちが平等ではなくなり、争いが絶えなくなりました。
四隅のイシカミたちは支配星が支配した地球に降りてきたので、支配星の言うことを聞かざるをえませんでした。
そのことで他のイシカミたちに責められるのでイジワルをしていたのです」

明け方言葉になっていく。

「(イシカミの原子たちは)人間になることは一番の希望でした。
そして一度人間になると、ベツの人間になりたいと思いました。
それで人間は生まれ変わりをするようになったのです。
ソラから見ていると良いことしか見えません。
地球には嫌な思いが地上に漂っているので、良い人間になろうと降りてきても、悪い人間になることがあるのです。
それは地上近くに悪い思いのエネルギー体が沢山いるからです。
それを避けるにはソラに意識を向けてください。
そうすると悪者が寄り付かなくなります。
涙が出ることがあってもソラを見ていると悲しみが去って行きます」

(大きなラップ音あり)

「まるいもの(=イシカミ)です。
日本の丸いものです。
名前はわかりません。
倭の国(=京都府由良川沿い)のものでした。
倭の国がナム(=仏教)のものにやられました。
イシカミが悪いものだとナムのものが教えたのです。
そして村中が焼かれました。
石を頼りにすることを止めさせたのです。
それからナムのお経を読ませるようになったのです。
支配星はナムのものに力を与えたのです。
そして石のものが人間につくったもの(食べ物や田や池など)も、ナムのものが与えたように言ったのです。(ラップ音)
イシカミの子供が田を作りました。
そしてイシカミの姿に似せた食べ物を作りました。
そのひとつがお米です。
お米は支配星の送り込んだヘビが来ないように、尖った葉で守りました」

(イチゴのヘタがギザギザも同じ)

「倭の国のイシジンは人間と仲良く暮らしていました。
そしてイシジンが死んだ後は、丸いおわん*のようになりました。
けれどもナムの人は形を変えたのです。
四角くしたのです。
聖塚とショウブ塚は二つの丸いおっぱいの形だったのです。
(幼かった)キミヤマにお母さんのおっぱいと思わせたのです。
それをナムのものは四角くさせたのです。
道真が四角くするように言ったとナムのものはウソをついたのです」

(左手のひらにサインあり)
(人間に削らせた四角の形にさせた?こと)

四隅突出は支配星が山陰地方と北陸方面のイシカミを四足動物のようになるように教えたが、由良川沿いの倭の国では見られないのは、支配星は倭の国には入れなかったのでこの形はない。
2007年6月7日真夜中、目が覚めて

「(倭の国のイシジンの)形が残っていないので(ヨーロッパの石像として)人間の形に残すようにしたのです。
倭の国のイシジンたちも人間のために働きました。
けれどもイシジンが死んだ後、形が残っていないで忘れ去られてしまいました。
それで遅く降りてきたイシカミ達は(ヨーロッパでは)人間の形で残ったのです。
銅鐸はイシジンが人間に教えることをあらわしたものなのです。
(イシジンを石器としての)石の姿で残っても、自然に出来た石と思うだけなので青銅の銅鐸になったのです。
青銅の矛もイシカミの一部の原子がイシジンの形に変わって、イシジンがいたことをあらわしたものなのです。
(銅鐸はイースター島の石像と)同じなのです」

(以前三角の矢じりと言われているもので、取っ手が無いのでなぜかと聞くと、三角山と同じで、原子から見た三角山をあらわしたと伝えてきています。

2002年3月17日
君山(城山)、小呂、ストーンサークルのビジョン。 

3月16日 お風呂で小指が動かなくなる。(昨日の情報を公開していないからと)

「山彦(ヤマヒコ)は山と太陽の日の子供という意味でした。
山彦です。
ヒミコの娘の子供でした。
何故私が星原に住んでいたかというと、キミ山とお話できたからです。
そして君山(=城山)にいつも登っていました。
そして大きくなると、ヒミコの娘の男性(ノアの息子)に似た風貌になりました。
周囲の人は気をつけるように言って来ました。
それは父親と同じ運命になるかも知れないと言われました。
そして本当に容貌が似ているというだけで殺されました。
(孤児になったので)私の子はイヌ(ヤギ)*のお乳で育ちました。
(読者の)夢で星原に茶色のヤギがいたと言うのはそれをあらわしたのです」

(*2001年3月、読者が行った事もないのに、キミ山や星原にとてもよく似た情景の夢を見たが、その時茶色のヤギがいたと知らされた)

「何もかも奪われ、悲惨な暮らしでした。
そして随分と時が経ってからですが、一寸法師の話として知らされたとおりです。
一寸法師は山彦の子孫の物語なのです。
隣の村の者がこれらの出来事を小さな声で(隠れて)語り伝えました。
それでそこの村は「小呂」と言うのです。
そしてその小呂の峠を通り抜けたところが「白道路=ハソウジ」と呼ばれるのは、そこを通ってこの物語が「物部」村に伝えられたからです。

(白い木の者=ノアの息子の子供が掃除された=ハクソウジ=討伐された所と伝えられた。
この隣がシガサトである)

物部村から出た人が、都でホシノミナとイシカミの物語を伝えてくれたのです。
それが物部氏です」

(寝るも、耳が痒くて目が覚める)

「もう少し書いて欲しいのです。
それは一番大切なことです。
それは家のことです。(なかなか言葉が出てこない)
家(この地方の入母屋つくりの農家)の形は、そのような形をして(ホシノミナが)ソラから降りてきたことを伝えているのです。
そして(屋根の横の空気抜きが)口の形をあらわしているのです」

(寝るも歯がうずく)

「イシカミです。
いろいろお知らせしてきましたが、私の話も聞いてください。
私は君山(=城山)です。
“キミ”と言う意味はお知らせした通りです。
“キ”は、紙に書いて綴じたもの(記)=知らせたことを伝えた事がとても大切という意味です。
“ミ”は、人間は3位一体【 肉体、イシキ、魂 】から成り立っていることを知ることが一番大切、と人間達に教えてきました。
それでキミ山と呼んでもらったのです。
それが私達イシカミの言いたい事でした。
ヒミコはそれで大国主のことを、“わが君”と呼んでいたのです。
私(君山)がいつも私を信じる人にお知らせしたので物部氏の力が強くなったのですが、支配星に支配された者にはかないませんでした。
そして、完全に封印されたのです。
それでホシノミナをあらわす家を作るように教え、屋根に口をつけ形に残し語り伝えてもらったのです。
テレパシーで伝えたのです。
これが隠された歴史の一部です」

(*君山とチャネリングをしていたのが“星述べ”と言われ、星野原、星原の地名になった)

《ストーンサークルのビジョン》
昔の人々はイシカミをあらわすストーンサークルの中へ入って、食物を与えてくださいと一心に願ったのです。
固まって多くの人が念ずる事により願いがわかりやすくなリ、イシカミにつながる事が出来て、イシカミが願いを聞き届けていたのです。

ソラ画像より
白川郷(合掌造り生活資料館より)
陸の孤島である白川郷には、縄文土器などがあり、平家落人説は違っています。
この近くのイシカミがそれぞれ独自に人間を発生させ、イシカミの一部が集合住宅、田畑になり人間に生きるスベを教えて、その後は寝ていたそうです。
ソラからの情報では、ここのイシカミがヤマトに殺された山彦の子孫を呼び寄せ、日本海側から入り込んだそうです。
言葉もタッツケ、へこたれるなどは綾部の言葉と同じです。

白川郷も町のようになり、離れた所の「合掌造り生活資料館」の方が昔を忍ばせます。

2005年11月4日
初期の生まれ変わり、顕在意識と潜在意識、落雷

アトランティスや縄文の初期は1万年位前と思えるのに、ジンムがあらわれるのが2500年前くらいで、ジンムと大国主などの年代が実際の歴史とあわないのでどうなのか聞いていました。
あい変わらず数字は出てきませんし、想像するのも難しいのですが、このころの生まれ変わりはイシキそのままのようで、大人の姿で作られたりしたようです。
最初の人物と、その後に生まれ変わって同じ人物であらわれるまでの間、人間はイシカミによって創られたり、早くに創られた人間同士から生まれたりして、少しずつ人類は増えていったようです。
そしてイシカミのいて座の代表が大国主やその子供やユダヤ人のノアやムウラで、それに対して支配星の代表がジンムで、それらのイシキが日本において、それぞれの星の希望をかなえるために、肉体を持つ人間に生まれ変わったそうです。

2006年11月9日
新しい時代、外宇宙の乳母、虎塚古墳の壁画の意味

11月7日 AM10時45分に一回だけ!とても大きなドンという雷が鳴り、
「新しい時代の幕開けです」
とだけ言葉になりました。

佐呂間の竜巻の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
以前、北海道東から嫌味なメールが来ていましたが、外宇宙の乳母が佐呂間湖に降りたリュージンだったそうです。(佐呂間の竜巻が関係している?)

#)仁徳天皇の前の天皇はワニなどの動物人間だったそうで、エジプトや奈良の石室に描かれていたような動物人間は本当にいたそうです。
イシジンたちが生まれ変わって人間として創りだしたのに、内臓は動物を送り込んだ星たちがDNAに関与したため、人間の姿をした動物のようだったそうです。
2000年以前は動物人間がいたので、正式な人間は2000年前に発生したとも言ったようです。
それまでの高度な文明はイシジンが作り出したものです。
人間を創り出してもあまりに悲惨だったので、イシジンだったイエスやマホメット、釈迦などが人間らしく生きる指導をするために肉体を持ったが、支配星にやられて悲惨な体験をしたそうです。
ちなみにそれぞれの生まれた年が違うのは、支配星がこのことを知られないようにするためにウソを教えたり、イシキは生まれ変わっているので数百年の違いはあります。

#)茨城県の虎塚古墳(支配星に支配された権力者により嫌味な名前をつけている)
後から置かれた遺品の記事はありますが、どのような巨石で構築されているか全く書いてないのが残念です。
「この壁画はカビが生えていないそうですが、この絵は支配されていないイシジンが描いたものだからです」

・穴の開いた円=いて座(平等で王や女王が地球に先に降りたので真ん中が抜けている)
二つあるのは、現実の星とイシキの星をあらわす。
・半円=クラゲの形で降りて来たイシカミ杯のような形=イシカミの分身で、前方後円墳などになった。
・上部の細かい柵?はイシジン。
・棒や点=巨人や小さいイシジン渦巻き=宇宙の大元から分身のホシノミナが地球にやってきたこと
・上部の周りのトゲトゲは、支配星の蛇が入らないように描いた。
・三角が上下になっている=この絵の意味がわかった時が天と地のイシキの交流ができる時
・左側の丸と弓状=太陽系の星(水、金,火、木、土、冥)と月

虎塚古墳について
虎塚古墳の石室内の壁画の写真

地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
28-MAR-2010 07:16:17 18.47 -72.89 M4.2 10.0 HAITI REGION
28-MAR-2010 02:07:28 -15.44 -175.52 M5.0 39.8 TONGA ISLANDS
28-MAR-2010 01:08:24 -10.16 -78.03 M5.4 66.1 NEAR COAST OF PERU
28-MAR-2010 00:19:57 -56.89 147.52 M5.0 10.8 WEST OF MACQUARIE ISLAND
28-MAR-2010 00:03:55 32.55 -104.53 M4.3 5.0 NEW MEXICO
27-MAR-2010 23:50:18 -4.90 -80.73 M4.8 35.5 PERU-ECUADOR BORDER REGION
27-MAR-2010 20:02:32 33.38 141.10 M4.7 33.6 OFF EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
27-MAR-2010 18:36:32 -6.50 128.33 M4.7 358.2 BANDA SEA

発生時刻 2010年3月28日1時7分頃
震源地 宮城県南部(北緯38.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.5 震度1 蔵王町円田、大河原町新南

発生時刻 2010年3月28日2時37分頃
震源地 根室支庁南部(北緯43.2度 東経145.5度 深さ50km)
規模 M3.0 震度1 根室市厚床

発生時刻 2010年3月28日3時40分頃
震源地 広島県南東部(北緯34.5度 東経133.4度 深さ20km)
規模 M3.3 震度2 福山市

発生時刻 2010年3月28日5時2分頃
震源地 八丈島東方沖(北緯33.4度 東経140.9度 深さ70km)
規模 M4.6 震度2 八丈町大賀郷金土川

発生時刻 2010年3月28日20時17分頃
震源地 三宅島近海(北緯33.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.8 震度1 三宅村役場臨時庁舎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月28日のソラ(彩雲)。

日本の文字、日本の柿

2010年03月27日 22時57分11秒 | Weblog
【ヤマタイコク物語】」の続きです。

2002年1月9日
日本の行事、小惑星、ピナクルス

2002年1月8日 真夜中突然に

「日本の行事は、私たち(イシカミ)が知らせたのです」 と。

【君が代】=ヒミコがよく働き穏やかな大国主を尊敬し“君”と呼び、作った歌。

2004年3月28日
ヒミコより、ホツマツタエ、アワの歌の意味

2004年3月28日 明け方

「いつも人間が死ぬまでにいかに楽に生きていけるか、と思っていました。
それには知らされて良かった事を、みんなが知ると良いと思ったのです。
それで何とか文字を作ったのです」

ソラ辞典より
星述べ
星(いて座=イシカミ)からいろいろな人間生活に必要な知恵をチャネリングで受けて皆に伝えていたこと。
星述べ=特に子供や女性。
その言葉を知るために多くの人が集まって倭の国が出来たが(指導者は物部氏)、その後プレアデナイの星が強くなり、死後に地獄があり、仏教を信じなければと脅かし支配していったので悲惨な目にあい、イシカミの話は封印され忘れ去られた。

ホツマツタエ
一般には、古代大和言葉で綴られた日本の古代の神達の歴史の記録であると言われているが、ヒミコが女性のしなければならない仕事や、イシカミの事などを書いたものだと知らされた。
内容の一部の意味を聞かされている。
ホツマ文字はヘビをやっつける方法とも。

カタカナ
最初の文字(ホツマツタエ)は覚えにくいので、ヒミコと若者が考え出した文字。

「私はヒミコです。
“ワ”ということはとても大切だと思いました。
輪になって踊ったりして、お互い助け合ってヤマタイコクを作りました。
私が考えた『カタカナ』の意味をお知らせします。
“ワ”が最初の言葉でした。

『ア』=アナタのア。頭と身体。先頭に立つ。
『イ』=イノリのイ。頭を下げている姿、ノとリを合わせた。
『ウ』=ワの上の点で、輪の先頭に立ってウタウ。
『エ』=橋=エニ=川と川を結ぶ=連絡する=天と地を結ぶ。
『オ』=男のことで、付いているモノがある。

『カ』=動物の皮。力を合わせて力を入れて皮を剥ぐ。力があること。
『キ』=木の板に文字を書いて綴じた物。記録。
『ク』=苦労のク。タから点を取るとク。点は人間を表し、田に入らないと苦労するという意味。
『ケ』=毛のケ。頭の上に丸(お汁の壺)を載せていた。
『コ』=子供が産まれるところ。女性。

『サ』=(めざしを)刺す。男と女がサス。人を刺す。
『シ』=死ぬのシ。2つの点が魂と霊を現し、長い線が肉体。肉体からそれらが離れると死ぬ、死後の世界のこと。
『ス』=好きのス。これは若者が考えました。
『セ』=磯の精霊のセ。砂浜に穴を開けている貝。穴に入るということ。
『ソ』=ソのものということ。指さしてソレということ。

『タ』=高いのタ。田んぼのタ。稲を干す高い所に登った人の形。
『チ』=命の元である血。+は死。ノに散ると死。
『ツ』=罪のツ。肉体から魂と霊が離れると悪いことをする。
『テ』=身体の上に2本あるものが手。
『ト』=供という意味。自分をちょっと支えてくれる。

『ナ』=ナニの意味。ナ=+=死とはどういうものか、意味が解らなかった。
『ニ』=2本。肉体と霊だけでは死ぬということ。死ぬとはナニ。
『ヌ』=スとともに若者が考えました。
『ネ』=木の根の形。地下をあらわす。
『ノ』=野原のノ。本当は横線でした。平らな地形。

『ハ』=歯。(歯を出して)笑う。
『ヒ』=かまどから火が出ている様子。
『フ』=フーと口から息が出る様子。
『ヘ』=なだらかな土地の形。平等をあらわす。
『ホ』=死んだ後、善人は左、悪人は右と別れる死後の世界のこと。

『マ』=鉛が身体に入り、苦しむこと、身体を曲げている。魔のもの。
『ミ』=魂・霊・肉体の3つという意味。
『ム』=無理をして身体が曲がること。
『メ』=芽が出た様子。
『モ』=モノをもらう時に手を差し出す形。

『ヤ』=矢。
『ユ』=舞台の上でユーガに踊っている形。舞台の上で演説をする。
『ヨ』=たくさん食べ物が採れて、棚に並べている様子。良かったのヨ。

『ラ』=楽をすると後でフーとため息が出る様子。
『リ』=利口のリで、2通りのことを考えることができること。肉体と顕在意識のみで人間はできていると思うこと。
『ル』=礼をしている人の前に立っている人が、瑠璃(ルリ=宝石)を身に付けている様子。
『レ』=頭を下げて礼をしている様子。折れ曲がるのとは違うので、上下反対にしました。
『ロ』=家の中の炉のこと。口。

『ワ』=輪になって踊る様子。輪。
『ン』=シから点が一つなくなっている様子。魂が空に行くと、死んでも生まれ変わらなくても良いという意味。」

2005年1月13日
万葉集とソラの歴史

百人一首は、 風景や恋の歌と思わせていますが、菅原道真と柿本人麻呂と小野小町の3人で作られた和歌集で、倭の国の悲劇が隠されていて、それがバレると首を覚悟で作ったと知らされています。
ちなみに100人の作者とされていますが、和歌を贈った人の名前を付けることで公に伝える事が許されたそうです。

これまで何首かは隠された意味を知らされています。

2004年3月28日
小野小町より、カタカナ

2004年3月28日 車の中で、

「亡くなっているきれいな人がきています。
小野小町です。
知らせたい事があります。
私は菅原道真と柿本人麻呂と仲良しでした」

2004年3月30日
柿本人麻呂、酒船石

2004年3月28日 涙が自然に出てくる。

「(柿本)人麻呂です。
思いがけない事になりました。
こちらで(小野)小町に会え、とてもうれしい事でした」

2002年5月29日
柿本人麻呂、クロップサークルの変化

右足指が痛くなり問うと。

「岩のモノを信じる者でした。
柿本人麻呂です。
星述べをする人の所へ行こうと思いました。
(私が疑うと足の痛みがひどくなる)
それは本当というサインです。
星原の)家には誰もいませんでした。
皆殺しにされたと聞きました。
小さな子供が人買いに連れ去られて都に行った、と言われました。
それから出雲に行きました。
その前は、宮廷に仕えていた貴族でした。
何もせずご馳走を食べ、歌を作っていました。
友達の道真が讃岐に行ったので、いつになく自分もしっかりしなければならないと思いました。
道真が帰ってきて、ヤマタイコクの話を聞き愕然としました。
一番大切なものは“イシカミ”とわかったからです」

2002年5月29日 1時目が覚めて。

「何かお祝いの話をしてもらおうと思っていました。
あなたが柿本人麻呂の事を知りたいとわかりましたので降りてもらいます」

「見に行きました」と何回も言う。

「柿本人麻呂です。
ヤマトからはかなり厳しい道行き(旅とは言わない)でした。
小野小町が(綾部に)行った事がある、と教えてくれました。
(以前にも、小野小町とは和歌を通じて知り合いだったと言ってきた)
琵琶湖の船に乗り、海まで峠を越えて行きました。
海と川の船に乗り、星述べのいる所(イカルガ)に行きました。
けれども家には誰もいませんでした。
小さな子供は隠れていたが、 その他は皆殺しにされたと聞きました。
それでそこに柿の木を植えてきました。
そしていつか私が来た事を知ってほしいと思いました。
それから私は出雲に行くことにしました。
出雲にも警備の人がいました。
(警備の人は)何としても「石の言い伝え」を消し去ろうと、嫌がらせをしようとしていました。
私は何としても、出雲のイシカミに会いに行こうと思いました」

寝る。痒くて目が覚める。

「書いて欲しいのです。
一番大切なことが、イシカミの事を世に出す事と思いました。
そしてその事が世に出る事を邪魔しようとするのが、ヤマトの人達でした。
仕方がないので私はイワミの国に住み着きました。
そして和歌を作っていました。
イワミの国に私の領地があったのです。
イワミとは、岩(イワ=ストーンサークル?)を見(ミ)たらお祈りするということだと言っていました。
それでヤマトに睨まれたのです」

2002年5月29日 朝、右手の甲が痛くなる。

「弱いものでした。
柿本人麻呂です。
イワミで過ごして農業に励みました。
大国主もよく働いたと聞いたからです。
やさしい女性に出会い楽しく過ごしていました。(ラップ音)
それからしばらくして嫌な人が訪れてきました。
それはヤマトの使いの者でした。(手の甲が強く痛くなるもすぐ治る)
石に祈りをしてもいけないと言われました。
それから身に付けていた刀を取り上げられ、人形の形?(人型の形?)にさせられ、刀を突きつけられました。
歌の仲間が告げ口したのです。
何も悪い事はしていないのに、刀で刺されて水の中に入れられました。
あの歌は、【石にイシキがあるということ】を知らせた歌です。
世に知らせることが出来てうれしいです。
私の教えを“出雲の阿国”が歌や踊りでヤマトに伝えようと都に向かったのです」

(*それが歌舞伎の始まりで、“柿おとし”の言葉の始まりと以前にも知らされた)

ソラ辞典より
歌舞伎の始まり
出雲に行ってから大国主がヒミコを偲んだので、部下の男性が女装をしてヒミコの真似をした。出雲には男性しかついて行かなかったので、ヒミコの事を知っている人は男性しかいなかったからです。
これが【歌舞伎の始まり】なのです。
それを出雲の阿国が流しの踊りをしながら都に広めていった。

出雲の阿国
ヤマタイコクの子孫で生活のため踊りを始めて、歌舞伎の始まりを作った人。
阿国とは阿波の国=ヤマタイコクを表している。

柿ノ本人麻呂
倭の国の人でありながら和歌ができるのでヤマトに見込まれヤマトに住んでいたが、イシカミを信じて左遷される。
星延べのものに柿はイシカミが与えてくれた物だと教えられ、そこから柿ノ本人麻呂と言う意味のある名を付けたと言われる。
菅原道真の友人で、一緒にヒミコの文字のことを追求したために石見に流されるが、途中、星原に寄り柿の木を植えたと。
石見で小野小町と夫婦であったが、隠された物語(ヒミコの娘等)を調べているうちに真実を知り、ついに水に沈められた。

ソラ生物辞典より

イシカミの形に似せて作られた。
日本が原産で、色と形は地球に降りてきた時のイシカミの女王をあらわしている。
柿の学術名は「Diospyros Kaki」で「神から与えられた食べ物」

渋柿は支配星が送り込んだもので、その渋はイシカミを固めた。
それで支配星に支配された権力者は被差別部落の人たちに渋染めの着物を着させた。
網走の囚人服もイシカミを信じる人たちへの嫌がらせで柿色である。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
27-MAR-2010 10:54:26 43.92 147.05 M4.5 98.6 KURIL ISLANDS
27-MAR-2010 06:37:07 -32.40 -69.13 M4.8 32.7 MENDOZA PROVINCE, ARGENTINA
27-MAR-2010 04:37:56 -33.52 -71.83 M4.7 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
26-MAR-2010 18:35:56 38.24 26.25 M4.8 27.1 AEGEAN SEA
26-MAR-2010 18:17:12 13.40 125.17 M5.0 22.7 PHILIPPINE ISLANDS REGION
26-MAR-2010 14:52:06 -27.98 -70.71 M6.2 35.0 NEAR COAST OF NORTHERN CHILE

発生時刻 2010年3月27日15時47分頃
震源地 宮城県北部(北緯38.7度 東経141.4度 深さ80km)
規模 M3.3 震度1 気仙沼市、登米市、南三陸町、石巻市(宮城県)、陸前高田市、一関市(岩手県)

発生時刻 2010年3月27日19時54分頃
震源地 北海道東方沖(北緯43.7度 東経147.1度 深さ90km)
規模 M4.2 震度1 別海町、根室市

発生時刻 2010年3月27日20時43分頃
震源地 奄美大島近海(北緯28.3度 東経129.3度 深さ20km)
規模 M3.1 震度1 瀬戸内町古仁屋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月27日のソラ。

【ヤマタイコク物語】

2010年03月26日 23時15分10秒 | Weblog
2004年6月28日
ヤマタイコク物語

《以下のストーリーは全てチャネリングで知らされたもので、想像で書いたのではありません。
なお、年代が違うのはイシキの生まれ変わりがあり、過去世の思いを知らせるためにその容姿に似て生まれ変わります》

1)大昔、アトランティスの子孫である大国主は、アトランティスが滅びる時に母親の女王に云われて、宇宙の大元の分身であるホシノミナが降りた日本に行く事にしました。
大国主はアトランティスのイシジンと人間の合いの子だったので、とても大きく白い色で、アトランティスで金属に変わった鎌を持っていました。
途中、ヨルダンのペトラのイシカミに、食べても減らない食べ物マナを、同じく飲んでも減らない水の入った瓶を与えてもらいました。
そして、道中で一緒になったイシジンと人間の合いの子のヒミコと共に日本に向かいましたが、途中で支配星の送り込んだ大蛇にやられて死んでしまいました。
けれどもイシキは日本へ行きたいと思っていたので、そのことをテレパシーで知った道中のイシカミの巨人達は、大国主たちのイシジンの遺体を鎌と共に手渡しで日本へ運んであげました。

大国主たちは四国の山の台地(山台国)になっているイシカミの背中で、今度は大柄な人間の体に生まれ変わりました。
そしてイシカミの身体の上で、イシカミの原子は次々と食べ物に変わったので、食べ物に困ることなく過ごせました。
そして農業も発達し豊かで、人々は自然の恵みを分け合い平和に暮らしていました。
男性と女性は別れて暮らし、男性は山や畑の仕事で女性は子供たちと一緒に川の近くで共同生活をしていました。
山になったイシカミから大国主は農業の知恵を、ヒミコは文字や衣服などの生活の知恵を授けられて、人間としての平和な暮らしをしていました。
その事は近隣は勿論、大陸にもその噂は広がり、教えを乞いに来るほどでした。

ヒミコは星延べとして、イシカミからビジョンで文字を教えられ、ホツマ文字、すなわち“ミズホのツマ”の文字として皆に教えていました。
又、コウゾの木の皮で編んだ布を洗っていて紙が出来ることに気づき、その紙に生活の知恵などを文字として書いていったのが、ホツマ伝えでした。
けれども、ホツマ文字は覚えにくかったので、ヒミコは子供たちと一緒にわかりやすいカタカナの文字を作り、まとめてあらわす簡単な漢字も作っていました。
二人の間には、女の子のイトと男の子のタケルノミコという子供がいて、それは仲良く暮らしていました。

2)【ジンムがヤマタイコクを滅ぼす】
一方、朝鮮から九州に渡来した夫婦の元に、男の子が生まれましたが龍神のイシキが入りました。
龍神に入られた子供のジンムは成長するにつれ、他を支配しする事にたけていて、瞬く間に多くの人々を従え、次々と領土を広げていきました。
鵜戸神宮の前の巨石や、オニの洗濯岩の砂を固めた不思議な岩を見て、誰がこのようなものを作ったかと聞くと、イシカミの巨人(ウガヤノフキアエ)が作ったと、地元の人が答えたのでその巨人を自分の先祖にする事にしました。
巨人は大きな洞窟を作って、イシジンを創る場所に作っておいたのに、ジンムはウソをついて、人々をだましたのです。
そしてさらに東へ東へと、領土を広げるために侵攻していきました。

一方、ヤマタイコクでは、働くのが嫌な若者が大国主に恨みを持ち、幼いタケルノミコトを人質にとり、大国主の大切な(草刈)鎌を盗み出しヤマタイコクから逃げ出しました。
鎌は大国主がアトランティスから持ってきた、巨大な鎌でした。
そして噂に聞いた強いジンムの部下にしてもらおうと、ジンムに会い盗んできた鎌を差し出しました。
当時の日本には無かったすばらしい金属の鎌を手に入れたジンムは、ヤマタイコクを滅ぼせば沢山の刀があると思い、ヤマタイコクを攻めました。
けれども戦争をしないヤマタイコクには、兵器は何も無く、ヒミコが書いた文字の書かれた紙の束しかありませんでした。
怒ったジンムはヤマタイコクを徹底して焼き滅ぼし、大国主と8人の部下だけは出雲に追い出し、残りは奴隷としてヤマトへ連れて行くことにしました。
ヤマタイコクの人々はその時から刺青をつけられ、被差別部落民として差別され続けるようになったのです。

ヒミコは娘のイトをひそかに逃がしましたが、ヒミコ自身は捕まって奴隷として連れて行かれる事になり、隙をみて逃げ出し自殺をしました。
イトは乳母と共に無事に逃げ出す事が出来ましたが、星原まで行くことはできず途中で亡くなりました。
そして、時を経てヒミコに言われていたホシノミナの降りた所の星原で生まれ変わりました。

3)【ノアの親子と倭の国を創る】
そこにはノアの洪水でユダヤ人の親子がやはりイシカミに導かれて日本に流れ着いて、イトが生まれ変わる時ムウラも生まれ変わりました。
ムウラもチャネリングができホシノミナの所(星原)に呼ばれて行き、そこでムウラとイトは恋に落ち一緒に住むことにしました。
しばらくホシノミナの降りた所で暮らしていましたが、砂鉄を求めて由良の海岸で住む事にしましたが、子供の山彦だけはイシカミの君山と会話をしていて、そのそばに住みたいと星原に残りました。

ムウラとイトと海彦は海の側で暮らし、海の物を持って山彦に会いに来ていましたが、それがいつか市場のようになり、その地域はヤマタイコクのように和を大切にしていたので、国は栄えていき、倭の国の元となっていきました。
ノアとムウラ親子は生まれ変わっても製鉄の技術を覚えていて、鍬や斧などを作り、人々にとても喜ばれていました。
その頃は地軸が移動する前であったので、日本海側が暖かく、大陸との交流も盛んで、大陸から珍しい物も入ってきました。

一方、大国主が生まれ変わると同時に支配星はジンムも生まれ変わらせました。
ジンムはたくさんのイシカミの分身が大きな古墳となったのを利用して、ヤマトを基盤にしていましたが、又しても倭の国の繁栄をねたみ、その鉄製品を奪おうと突然ムウラとイトが築いた倭の国を攻めてきたのです。
その頃、ムウラはジンムの不穏な噂を聞いていたので、イトに小刀を与え、身の守り方を教えたり、何とか身を守ろうとしていました。
ヤマトに襲われ気丈なイトは必死で抵抗をしましたが、魚の網で捕らえられてしまいました。
(アミダ如来の名前の元とされた)
そしてイトを殺すと脅かされたムウラは、自分の命と引き換えにイトの命を助けるように言いました。
無実のムウラは籠に入れられ、小船に乗せられ海に流されたのですが、夜になってムウラを慕っていた仲間にひそかに助けられ、隠まわれていました。
そして逃げていた仲間と一緒に大江山で隠れ潜んでいましたが、ついにヤマトに見つかり、惨殺されてしまいました。
(大江山の鬼退治として、ムウラは悪者として後世に伝えられた)

みんなに慕われていた父親のノアも、追放されましたが、倭の国近辺では、お招きさんとして大切にされて、飲んだ水は言い伝えられていきました。
(それがお水取りに利用され、封印された)

けれども遠くに行くうちに乞食と間違えられ、籠に入れられ死んでしまいましたが、後から立派な人だったことがわかり、手厚く葬られました。
日本語のしゃべれないノアは、本当の名前のモーゼ(伝説のモーゼではない)と言っていたので、モーゼの墓とされました。
(金沢市にモーゼの墓がある)

4)【出雲の大国主】
争うという事ができない大国主は、折角築きあげたヤマタイコクを後にして、8人の部下と共に出雲に向かいました。
働き者の大国主はここでも農業を発達させ、人々は集まり大きな国となっていきました。
けれども大国主は、ヤマタイコクのことが忘れられず、形見として持ってきたヒミコの髪の毛を束ねて、その前に櫛を置き、毎日それに語りかけていました。
それを見て周りの人は亡くなった後も大国主を偲び、髪の毛をしめ縄に、櫛を鳥居として形を残していきました。

又、男性ばかり一緒に行ったので、ヒミコを知っているのは男性のみでしたが、あまり大国主がヒミコを偲ぶので、その内の一人がヒミコの真似をして慰めてあげました。
それが歌舞伎の始まりで、歌舞伎の“柿落とし”という名前で今日まで残っているのは、柿はイシカミが与えた食べ物で、イシカミの色と姿に似せて作られたからです。
柿で言い伝えられると困ると思ったヤマトは、柿渋で染めた衣類を嫌がらせで、被差別部落の人たちに強制的に着させていました。

イシカミの助けで大国主を中心に出雲の国が大きくなってくると、又してもヤマトが嫌がらせをして来るので、争いの嫌いな大国主は、当時は地続きであった隠岐の島に行くことにしました。
そこでも皆に大切にされ暮らしていたら、思いがけずあきらめていたイトに出会い、最後まで幸せに暮らしました。
その後後醍醐天皇などが隠岐に来てゆっくり出来ないと、大国主のイシキはイトのイシキと共にヤマトの手の届かない北海道に来ていました。

5)【タケルノミコト】
若者によってヤマタイコクから連れてこられた幼いタケルノミコは、早くに死んでしまいました。
支配星は生まれ変わる時にもジンムの元で生まれ変わるようにさせました。
そして生まれ変わっても敵とは知らずジンムの元で大きくなりましたが、ジンムからは絶えず大国主は悪者だと言われて育ちました。
そして大国主が亡くなると、8人の仲間は朝鮮の人達にだまされてヤマトを攻めようとしているとジンムは嘘をついて、ひそかに8人をだまし討ちにするようにタケルノミコトに言いつけました。

タケルノミコトは何も知らず言われるままに、大国主がもっとも信頼していた8人の仲間を次々と殺してしまいました。
けれどもヤマトへ帰って来て聞いた言葉は、その8人は自分の本当の父親の仲間だったという事でした。
その言葉を聞いてタケルノミコトは絶望に陥り、イシカタヤマ(猿投山)のイシカミに呼ばれてそこで自殺をしてしまいました。
父親の形見が鎌であったので、今でも猿投神社では鎌が奉納されます。

6)【ヤマトへ連れて行かれたイト】
一方、イトは幸せな生活から一転して、ヤマトへ連れて行かれることになりました。
道中、白い藤が咲いていたので、白人のムウラを忍んで、白い藤を手折って持って行きました。(才の藤、白藤神社)

ヤマトへ連れて行かれ何重にも塀で囲まれた所(八重垣)で、幽閉生活をさせられました。
ジンムはどうしてもイトとの子供が欲しく、強引に子供を生ませましたが、その子供がニニギのミコトで、イトの乳母に育てられられました。
乳母はニニギに、イシカミの話や、ヤマタイコクや母親が由良から連れてこられた事を話したために、それを知ったジンムに股を刺されて死にました。
その事を天の橋立の股覗きで伝えているのです。

イトは子供を生む事で由良に行くことが出来ましたが、ヤマトへ戻るのが嫌で、自殺をしようとしましたが、スセリ姫が身代わりを申し出て、警備のものから逃げる事が出来ました。
そして隠岐の島に隠れていた父親の大国主と共に、その地で最後を迎えました。

7)【星原で大きくなった山彦も殺される】
イトとムウラの息子の山彦は、星原に残っていたので命が助かり、何度か生まれ変わりました。
そしてイシカミの助けで次々田畑を作り、星原だけでなく、山を越えたシガサトまでも広げていき、穏やかな人柄で人望を集めていました。
山彦はムウラに似て瞳が他の人と違い、大きな身体で大きくなるにつれムウラに似てきました。
その噂がヤマトに届き、ヤマトがムウラを惨殺した仕返しをするのでないかと思った推古天皇の息子の聖徳太子が、山彦を殺しに来ました。

(聖徳太子はイシジンと推古(リュウジン系)の合いの子で、推古に支配され、言われるままにしてきたことを後悔していると伝えてきました)

その時のことをうたった百人一首
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲し」

星原にあるイシカミのキミ山は、イトとムウラの息子の山彦が罪も無いのに殺された惨劇を悲しく見守るだけでしたが、そのエネルギーで植物に不思議な変化を起こさせました。

それが【シガサトの7不思議】と呼ばれる奇跡です。
(注*京都府綾部市志賀郷に伝わる七不思議)

1)白藤(藤波神社の藤は正月に白藤が咲いた)
2)白萩(若宮神社=山彦が祭られる?神社の萩を白くした)
3)ゆるぎ松(山彦達が逃げて行った所の松が風も無いのに揺れる)
4)しずく松(同じく山彦が逃げていった場所の松が雨が降らないのにしずくが落ちる)
5)タケノコさん(竹の子の出る季節でもない2月4日に竹の子が出てきた)
6)みょうがさん(みょうがの出る季節でもない2月3日に芽が出てきた)
7)ご用柿(秋に赤くならないでお正月に赤くなる。御用、御用と追っ手がきて恐怖の為に柿が青いままだったから)
又、大男が夜中に悪い事をする伝説は、ヤマトが大きな山彦を悪者に仕立てあげ伝えさせたのです。

8)【ヤマトは仏教を利用して、貧富の差の激しい国家になった】
ジンムがヤマトに落ち着いてからも、何とか国を広めようとあちこち攻めていましたが、倭の国の人たちの団結は強く、なかなか支配下に置く事が出来ませんでした。
その頃中米では、あまりに大蛇に支配された人々が悲惨なために、彗星を呼び寄せその国を滅ぼしました。

彗星の衝突のために、巨大地震や地軸が移動して人々は不安になった頃に、竜神の支配する仏教が大陸から渡ってきました。
それまでイシカミの山や岩を祭っていたのですが、仏教はその山や岩が大地震を起したので、代わりに仏教を信じるように言いました。
また、竜神などに支配された人が、地獄絵などを見せ、信じないと死んでから地獄へ行くと恐怖の教えで人々を支配していきました。
そして、供物を供え、お経を唱える事で死後は極楽へいけると、働かなくても良い階級を作り、反対に国民からは搾取し、仏教のための豪華な建築物と次々作りました。
人々はそれまでは自然の恵みを平等に受けていたのに、それ以後貧富の差の激しい国家となっていたのです。

9)【封印されたイシカミ】
早くにヒミコがカタカナやホツマ文字を作り上げていましたが、ヤマタイコクを責め滅ぼした事がわかると困るので、ヤマトが文字を書く事を禁止しました。
その代わり蛇文字を作って神社に置き、民衆には文字を書くと蛇になると脅かしていたのです。
日本には神代文字がいろいろ隠されて存在するのに、ヤマトに都合の良い物語としてだけの文献(日本書紀など)を残したのです。

その事に気づいた道真が隠された事を世に出そうとして、友人の柿本人麻呂や小野小町と協力して、首を覚悟でイトとムウラの悲劇を秘めた和歌を作りました。
それが百人一首で、和歌の作者は権力者の名前をつけることで、公開が許され現在まで伝えられたのです。

けれども柿本人麻呂も小野小町もその後、権力者から狙われ命を落とすことになり、ナゾの人とされたのですが、人々はその事を知っていたので名前だけでもと語り継がれているのです。
ヤマトは権力者が国民を支配するのに都合の良い仏教、神道を国民に押し付け、両者が協力して山や岩を崇めていたイシカミを完全に封印してきたのです。

この物語はソラから知らされた事をつなぎ合わせて、出来上がったのですが、ヤマタイコクやイシカミの話は民話や百人一首に隠されて伝えられていました

【四国=死国】
徹底してヤマタイコクを隠すために、仏教でも封印した(88ヶ所巡り)。

【さるかに合戦】
“カニ”はイシカミをあらわし、お腹に子供がいるのがわかるようになっているのは、イシカミのお腹から巨人が出てきた事を知らせている。
“臼”はイシカミの分身が、臼の形をしている。
“柿”はイシカミの形であり、イシカミが生きている時は柿色だった。
“猿”はジンム=ヤマトをあらわし、イシカミに教えてもらった人が作り上げた物を取り上げた。

【元伊勢】
大江山の麓と天の橋立にある。
大江山皇太宮の78もの祠や、籠神社の行事などこの情報とあっている。

【ヒヤソ踊り】
綾部の高倉神社では「ヤソ、ヤソ、ヤソ」という掛け声をかけて踊る祭りの行事がある。
ヒミコとヤソ(ユダヤ人のノアの親子がいた)の事を掛け合わせた言葉である。

【隠岐の島】
隠岐の島にはユラヒメ神社と、大国主を祭る神社がある。
大国主がヨミの国へ行くと言ったというのは隠岐の島へ行った事。

【百人一首は隠された意味があり、わかると首が飛ぶのを覚悟で作られた】
風景や色恋のように解釈されているが、ムウラやイトの悲劇がこめられている。
これを作ったのが菅原道真、柿本人麻呂や小野小町。

鹿=稲妻をあらわし、星述べの者も含む。
月=丸=真実。
わた野原=内臓が飛び出した惨殺
由良の戸=由良川の河口。船の行き来を、噂が広がると困るので一時止めさせた。
フミ(文)=ヒミコの文字などの意味を含む。

*詳しくは『ソラからの真実の歴史』をご参照ください。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
26-MAR-2010 10:39:02 -6.34 130.24 M5.9 123.5 BANDA SEA
26-MAR-2010 10:30:41 -35.19 -72.06 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
26-MAR-2010 10:20:34 -35.32 -72.43 M4.8 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
26-MAR-2010 09:36:57 -1.33 -15.85 M5.1 10.0 NORTH OF ASCENSION ISLAND
26-MAR-2010 08:18:09 -8.83 118.31 M4.5 161.9 SUMBAWA REGION, INDONESIA
26-MAR-2010 05:33:12 -18.38 -173.23 M5.2 34.0 TONGA ISLANDS
26-MAR-2010 01:56:38 -1.11 -78.19 M4.9 10.0 ECUADOR
25-MAR-2010 17:53:48 0.56 126.99 M5.0 39.1 NORTHERN MOLUCCA SEA
25-MAR-2010 15:13:21 -7.29 128.50 M5.6 175.3 BANDA SEA
25-MAR-2010 13:57:53 -35.89 -72.69 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE

発生時刻 2010年3月26日3時4分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経139.9度 深さ50km)
規模 M3.3 震度1 筑西市(茨城県)、久喜市下早見、さいたま浦和区高砂(埼玉県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月26日のソラ。

3月27日松江市講演会

2010年03月25日 23時02分36秒 | Weblog
2010年3月7日
松江の講演会、卵の意味、エジプトの玄室、氷渡洞窟、水晶体、ビジョンの発生の謎、マオウとナーガ、ガルダ

松江のサイ科学の会員の方からの講演の依頼を頂きまして、次のような講演会を開くことになりました。

題目:【人の縁を結ぶ不思議な世界と出雲の神々と石のお話】
日時:3月27日(土)13時半~16時
会場:ホテル宍道湖  島根県松江市西嫁島2丁目10-16
入場料:無料

会場アクセス(地図)
■JR松江駅から
〇タクシー/約10分(約1,000円)
〇バス/(玉造温泉行・大東行・忌部行)浜乃木又は乃木駅下車徒歩7分
(商業・短大行)卸団地下車徒歩5分
(南循環内まわり)卸団地下車徒歩5分 、乃木駅下車徒歩7分
〇電車 /(下り、普通列車のみ停車)乃木駅下車徒歩7分
■松江温泉・県庁・松江城方面
〇レイクライン /(レトロ調の周遊バス)ホテル宍道湖前下車すぐ
■出雲空港から
〇空港バス /(松江温泉行)JR松江駅下車、各交通機関にて
■山陰道から
〇米子方面から/松江中央ランプ下車、直進信号2つ目を右折
〇広島・ 出雲方面から/松江中央ランプ下車、信号左折

関連記事
出雲の謎解き
出雲の謎解き(その2)
出雲の謎解き(その3)

2010年3月20日
ルーマニアの増殖する石、筋肉をあらわす岩、別人格

ルーマニアの増殖する石。
これはイシカミが生きて増殖していたことを伝えているようです。
読者が知らせてくださいました。
増殖する石1
増殖する石2
筋肉をあらわした岩

2010年3月25日
四隅突出型墳丘墓、ナン・マドール遺跡、ポアン・カレ(予想)、竜宮伝説、金星、ムー大陸

1)四隅突出型墳丘墓
これは松江が一番多く、次に広島、鳥取など、近畿を飛ばして北陸地方にも少しある。
方形墳丘墓の四隅が飛び出したもので、その突出部に葺石や小石でおおわれているもの。
近畿地方にはなぜないか?
2)ミクロネシアのポナペ島のナン・マドール遺跡
90余の人工の島でなり、5tから15tの石柱が積み重ねて外壁が造られていて、石柱の数は数10万本とも言われていて、7mくらいの円柱が半円を描くようにして海底に並んでいるそうです。
3)ポアン・カレ(予想)

地震雲などの画像より
2010年3月24日 札幌市 15:59 東(放射状の雲)【PHILIPPINE M6.0】
25-MAR-2010 05:29 M6.0 深さ72.4 MINDORO, PHILIPPINE ISLANDS

2010年3月25日 名古屋 18:16【PHILIPPINE M6.0】

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
25-MAR-2010 12:59:39 -34.20 -71.79 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
25-MAR-2010 11:10:39 -35.87 -72.94 M5.2 10.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
25-MAR-2010 05:29:31 13.74 120.07 【M6.0】 72.4 MINDORO, PHILIPPINE ISLANDS
25-MAR-2010 02:58:15 -35.08 -71.94 M4.7 35.0 CENTRAL CHILE
24-MAR-2010 19:54:37 46.51 151.06 M4.9 147.7 KURIL ISLANDS
24-MAR-2010 19:50:16 -17.51 -171.92 M5.1 35.0 TONGA ISLANDS REGION
24-MAR-2010 17:08:31 14.08 -91.41 M4.9 73.0 GUATEMALA
24-MAR-2010 14:14:58 -35.62 -72.91 M4.9 26.5 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
24-MAR-2010 14:11:33 38.64 40.23 M5.0 10.0 TURKEY

発生時刻 2010年3月25日0時36分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.3度 東経127.7度 深さ30km)
規模 M2.8 震度1 宜野湾市、西原町

発生時刻 2010年3月25日1時41分頃
震源地 富山県西部(北緯36.8度 東経137.0度 深さ10km)
規模 M2.8 震度1 氷見市、射水市

発生時刻 2010年3月25日10時33分頃
震源地 熊本県阿蘇地方(北緯32.8度 東経131.0度 深さ10km)
規模 M2.5 震度2 南阿蘇村

発生時刻 2010年3月25日13時2分頃
震源地 熊本県熊本地方(北緯32.5度 東経130.8度 深さ10km)
規模 M2.7 震度1 八代市、五木村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は3月25日のソラ。

【イシジンと人間の物語】

2010年03月24日 22時38分16秒 | Weblog
被差別部落の謎とき」、「ご在所」、「差別の謎とき」の続きです。

2008年1月20日
【イシジンと人間の物語】

イシカミの身体の原子は自分の思う通りの形になれたので、それぞれの目的に合った形になりました。
大きな山のような巨人から天使や小人のようなものまで、いろいろな形になり、今の人間の形が一番良いことに気付きました。
そしてイシカミの身体の山や丘にある横穴や石室で、その親のイシカミと同じ成分からできた石の人間「イシジン」になりました。

地球中にいろいろなイシジンがあらわれ、彼らが楽しそうに暮らしているのを見た支配星は、イシジンだけに地球を独占させまいと思いました。
それで支配星はイシジンを固めて石にする計画を立てました。
イシジンはそのことを知ったので、固められないうちに子孫を残せるようにと、地球を応援する星達に応援を頼みました。
これが地球に人間が生まれた本当の理由です。

星達の応援で、イシジンの身体の原子は、イシジンだった時の人間の形を覚えてから分解して、ストーンサークルや石箱(石棺)の中でイシカミからエネルギーを貰って、今の人間と同じ仕組みであらわれました。
最初の頃にできた人間は食べ物からエネルギーを得るのが難しく、弱くてすぐに死んでしまいました。
それでイシカミは人間のために、食べておいしくて栄養のある食べ物を作り出しました。
日本にいた人間はそれらを食べて、早くからイシジンの助けを借りずに自分達だけで生きていくことが出来るようになりました。

イシカミやイシジンが人間の元であり、食べ物などを与えて人間を見守ってきたのに、イシジンが亡くなって土や石になると、支配星は人間達にイシジンのことを隠してしまいました。
遅い時代まで人間の世話をしていたエジプトやヨーロッパのイシジンは、そのことを知ったので、人間の形の石像などになって残ることにしました。
エジプトではイシジンが壁に入って壁画になり、人間がどのようにしてあらわれたかを絵であらわしています。
またイシジンの身体の原子はもっと細かいものに分解して、モザイク画や絵としても残りました。

けれども支配星は、どのような遺跡も人間が造り、イシジンの存在は神話の上だけの話だと教えてきました。
そして支配星の教えた宗教で自分達を崇めさせました。
その教えの違いでこれまで人間が争いばかりしてきたのは、それをゲームのように支配星が楽しむためでした。
エジプトのアブシンベル神殿の頭の上の壷はイシジンの栄養源(イシカミが溶けたもの)を入れるもので、アゴにあるのは口から食べて味わった物のカスを捨てるものです。

※イシカミが大地を固める前の地球は非常に高温でした。
そこに突入した勇気あるイシカミは黒くこげてしまったので、それをあらわす黒い肌と縮れた毛の人間を創りました。
黒い肌は地球を希望の星にしたあかしなのです。

・・・・・・・・・・・・・・

2005年6月1日
《ビジョン》
“白い丸の周りに稲妻のような白い光が5、6本降りてきて、丸の中で2、3人?がごそごそしていると赤ちゃんのような顔が出来上がる”
意味は
「ストーンサークルの中に射手座のものがエネルギーを送り込んで、名のない星たちがイシカミの原子に指示を与えて人間(大人)を創った事を知らせたのです。
まず、最初に心臓が作られて大人の体が創られました。

そして最初の人間はホシノミナが降りてきた所(綾部市星原)のストーンサークルで創られました。
そしてそこから数千人も出て行ったのです。
けれどもそこのストーンサークルはヤマトに壊されたのです」

・・・・・・・・・・・・・・

2006年9月4日 夕方
日本のイシジンのことを考えていたら、右手の平にややきついサイン2回あり。
とてもかすかでなかなかわかりませんでした。

「死んでしまったイシジンです。
日本にもイシジンはいました。
イシカミの身体の一部原子が、より固くなってイシジンが生まれました。
それが横穴や縦穴です。
そして(別のイシジンの分解した原子が結集して空間に)人間があらわれると、人間の指導をしました。
それはお乳を飲むように教えました。
お乳は山羊の乳です。
そして眠るのはイシカミ(の山の)麓で寝ました。
人間は何も知らないので、いつもそばにいました。
口から食べる物を教えました。
それはイシジンの足元に生えてきました。
イシジンの身体の一部が食べ物に変わったのです。

私はトヨウケと呼ばれたもののイシジンです。
食べ物は稲も豆も菜っ葉も出来ました。
栗や柿も皆に分けました。
なんとしても人間に生きて欲しかったからです。
歯で噛むことも教えました。
(人間は)何度も死んでしまうので涙が出ました。
(右腕にサインあり)
人間に(物事を)伝えることがなかなか出来ませんでした。
それは忍耐のいることでした。
煮るということも何度も親に教えました。
人間は土で入れ物(土器)を作ることは出来ませんでした。
小さなイシジンが作りました。
イシジンは横穴や縦穴で生まれました」

今朝方のイメージ
“洞窟の前に大小の足跡が横向にある”

・・・・・・・・・・・・・・

2006年6月20日
「エジプトの大きなイシジンの身体を休めるために、イス座*のものはイスに座ることを教えました。
イスに座ると楽なので、エジプトのイシカミは、大きなイシジンとなりました。
その他のイシカミの原子たちは、イシジンのために肥沃な土地になりました。
それはナイル川が氾濫することで、水とイシカミの成分の土とで“お汁”となるためです。
そしてイスに座ったイシジンの足元から、ナイル川からあふれた水は(お汁となって)身体に浸透していったのです。
そして小麦が出来るとそれをお汁の代わり口からも飲みました。
それでエジプトのイシジンは元気だったのです」

1800年代のナイル川の氾濫?時のメムノンの巨像

*)イス座の星=イスラエル、イスラムの語源にもなったイス座のものが、中東の人たちと関わりが大きかった。

「それを見た支配星は、イシジンのいて座と建物を教えたシリウスだけの地球になると文句を言いました。
そしてソラのものを誘って、みんなが参加する人間を創ろうと相談しました。
そして人間が創られイシジンと仲良く暮らしていました。
それを見て、支配星は自分たちが人間を支配しようとして、イシジンを固めようと思ったのです。
それを知ったイシカミ達は、大急ぎでイシジンをたくさん創ろうと思いました。
それでカツパドキアやヨーロッパの地下墳墓で多くのイシジンが創られました。
一部のイシジンは自分たちをしっかりと形に残して、イシカミの存在を知らせるために、地下に残ったのです。
それが地下に埋もれている遺跡や像で、兵馬俑などもそうです」

「エジプトに動物との合いの子がいるのは、動物を送り込んだ星たちが関わっていることをあらわします。
動物はそれぞれの星が地球にその考えを送り込み、(その動物になりたい原子によって)動物が発生しました。
そしてイシカミとシリウスの考えた人間との合体を試みました。
それがまずいことになりました。
頭の部分のものが食べた物は、人間の身体では消化できなかったからです。
それで一代で終わったのです」

ソラ画像より
心臓の始まり
生物が地球で発生する時、最初に心臓を原子たちが創ると伝えられていましたが、イメージができませんでした。
それを知らせたそうです。

ソラ辞典より
イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石、石柱、銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。
まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて,生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。
石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。
それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルやその後は石室、石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。
初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

原子
物質を構成する1単位。原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
24-MAR-2010 11:30:13 -36.52 -73.50 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
24-MAR-2010 09:29:43 -6.60 104.62 M4.8 77.8 SUNDA STRAIT
24-MAR-2010 09:11:49 -15.04 -174.19 M5.1 8.8 TONGA ISLANDS
24-MAR-2010 07:21:48 -45.13 165.94 M4.4 10.0 OFF W. COAST OF S. ISLAND, N.Z.
24-MAR-2010 05:22:21 47.54 145.61 M4.3 416.7 SEA OF OKHOTSK
24-MAR-2010 02:44:50 32.51 92.83 M5.6 10.0 XIZANG
24-MAR-2010 02:06:11 32.50 92.70 M5.5 10.0 XIZANG
24-MAR-2010 00:05:16 -37.06 -73.27 M4.9 25.6 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
23-MAR-2010 20:19:17 -15.42 -74.54 M5.3 2.7 NEAR COAST OF PERU
23-MAR-2010 18:50:27 34.77 -36.61 M4.8 10.0 NORTHERN MID-ATLANTIC RIDGE
23-MAR-2010 17:21:55 -17.27 -178.81 M4.7 559.0 FIJI ISLANDS REGION
23-MAR-2010 15:51:25 37.38 74.65 M4.6 49.2 TAJIKISTAN-XINJIANG BORDER REG.
23-MAR-2010 15:23:39 52.87 171.99 M5.3 23.9 NEAR ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS
23-MAR-2010 15:02:08 37.44 74.69 M4.6 49.0 TAJIKISTAN-XINJIANG BORDER REG.

発生時刻 2010年3月24日0時47分頃
震源地 日向灘(北緯32.5度 東経131.9度 深さ30km)
規模 M4.0 震度2 延岡市北川町川内名白石

発生時刻 2010年3月24日10時50分頃
震源地 長野県南部(北緯35.8度 東経137.7度 深さ10km)
規模 M2.7 震度2 木曽町新開

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は12月31日のソラ。

差別の謎とき

2010年03月23日 22時57分36秒 | Weblog
被差別部落の謎とき」、「ご在所」の続きです。

2006年9月21日
イシジンと人間の結婚、その合いの子=オオクニヌシとヒミコ、台風14号、モラルハラスメント、両面宿儺など

《ビジョン》
“超微粒子が集まってきて一斉に斜め向こうの上にあがっていく。その後、入り口は石を積み上げた石室のような中に、茶色の大きくて四角い頭のイシジンと白い小さな人間?が一緒にいるマンガ”
意味は
イシジン人間が結婚したのです。
半分人間で半分イシジンというのもいたということを知らせました。
石像のイシジンは水分が多かったので、肉体は人間と同じでした。
人間との結婚はイシジンの願いでした。
あまりに人間が弱くて傷つきやすかったからです。(書いていると頭にサインあり)
そしていろいろな体験が出来る人間になりたかったのです。
(人間は)五感を感じることが出来たからです。
死んでも生まれ変われることを知っていたからです。(書くとサインがなくなる)

イシジンは嫌になるほど創れるのに、人間はなかなかできませんでした。
イシジンの遺伝子が大きく働くと、巨人になりました。
けれども巨人は命が短かったのです。
人間はイシジンが違う食べ物を与えたので長く生きれたのですが、巨人は死ぬしかないと言われたのです。
巨人のお汁がなかったからです。

人間とイシジンのあいの子がオオクニヌシやヒミコでした。
オオクニヌシは死ぬまでにホシノミナの降りた日本へ行こうと思いました。
同じくヒミコも合いの子で一緒に日本に行くことになったのです。
低い山になったイシカミは早くに死にました。
けれども高い山(エベレストなど)になったイシカミはお汁が出たので、それを貰いながら日本を目指したのです」

「なぜイシジンの精子が人間の卵子に入ったかというと、イシジンの原子が精子になりたがったからです。
それで男性のイシジンと女性の人間と結婚したのです。
人間同士は結婚が出来なかったのです。
なぜなら人間は男性としての機能が働かなかったからです。
イシジンの男性はたくさんいました。
それに対して人間の女性が少なかったのです。
それで女性は子供を生む女神として大切にされたのです。
それに対して男性は粗末に扱われて、そのことを潜在意識に残っている人が、今生では女性に威張るのです。
イスラム教やアフリカなどで女性に自由を与えないのも、同じ理由からなのです。
それで未だに中世さながらの悲劇が起きているのです」

「人間は男女関係なく一人ひとりが平等です。
人間の平等を破っているのが皇室制度です。
それをさらに(男子優先という制度で)先頭に立って皇室が破っているのです。
これらがなくならない限り無理なのです」

(アフリカの女性の割礼や、本「生きながら火に焼かれて」のヨルダン西岸の女性の悲劇)

#)「台風14号は誰?」と聞いていると

2004年10月16日
世も末、ビジョン、僻地の悲惨な習慣、ソラの思いの冊子

2004年10月13日 
夜中に目が覚めて見えた【ビジョン】です。
1) “日本鹿の角が扇型に固まっている”
「日本鹿の角はあちこちに広がろうとしていますが、角が固まると広がりません。

2007年2月20日
水、雪、リトル・ぺブル

「雨は(水の原子がお仕事をして)疲れている原子が降りてくるのです。
水は地球でお仕事をします。
それで白く(い雪)になって(浄化して)降りてくるのです。
それで雨にならず雪で降りてくるのです。
海の水がきれいになって降りてきたいと、雪になって降りてくるのです。
雪が少なくなったのはその地が(以前に比べて)浄化がすんだからです。
(ここ札幌も)雪を少なくしました。
マがやってくるので少しずつ雪を降らせているのです。(ラップ音あり)」

(先日から立春が過ぎたので雨にしてねと、言っていました。札幌では少しずつ雪が降っている。又、深海のなぞで硫化水素を取り込む細菌からエネルギーを貰っているシロウリ貝が気になって、どのようにしてエネルギーに返還するのか知りたいと思っていた)

2007年11月2日
カナンの意味、ホームズ彗星、サウジアラビア、イスラムの法律

へび座の王がアブドラ国王で王族がヘビ座で支配していると。
頭に黒いヒモを巻いているのが、ヘビに支配されていることをあらわしているそうです。
地球の富をヘビ座のものが独占しているということ=アラブ王族が富を独占していることとつながります。
ブッシュとあったことで、ヘビ座がますます増長していると。

2007年11月1日
次のこともチャネリングで真偽のほどはわかりませんが、身体のサインがとてもはっきりして必死で知らせてほしいという感じと、二晩に渡って知らされますのでお知らせします。
寝る前に両足の小指に違和感があり聞くと
「イシカミです」
と言った途端、胸が苦しくなり横になっておれないくらいでしたが、聞くとすぐ治る。

「なぜ、苦しいかと言うと、今も殺されているからです。
(イスラム社会において女性が殺されること*を必死で訴えている感じでした)
イスラムの教えで人が殺されるからです。
何者が知らせているかと言うと、イスラムの女性です。
早く助けに来てください。
オシ、オシ・・・・・」
(意味がどうしてもわからなかったが、イスラムの女性は言いたいことが言えないことのようです)

*)ホーリー監督のドキュメンタリー映画で、イスラム社会では女性が罪もなく殺されていることを告発されている。

「(非業の死を遂げた人の)イシカミに取り付かれる者がいます。
それがアラブの王族です。
なぜならこの情報を知りながら、イスラム主義を守るために(イスラム原理主義のテロリストに)お金を渡しているからです。
自分たちは贅沢三昧な暮らしをしながら、テロリストを死に追いやっているからです。
その悪いことしているのがアラブの王族たちは悪いと思っていません」

「マのものの元にいる者に告ぐ(イスラム原理主義の者へのメッセージ)するべき仕事は、イスラムの教えがいかに前時代のものか知らせること。
ダルハ*?の王子に告ぐ。
マホメットが伝えた」

*)ダルハの王子とは、アラブの王子だそうです。
再び、右手の甲に丸くしっかりとしたサインあり。
公園を歩いていると右手首が痒くなり、

「一番の悪者が降りています。
マの者のホメイニを援助していたからです。
イスラム主義を守るために、ホメイニに(金銭的に?)援助をして、イスラム原理主義を広めさせたのです。
そして(イスラム原理主義者に)お金を渡して陰で(テロリストを)育ててきたのがアブドラ国王です。
イスラム教徒を自分の国に引き寄せるためです。
私はマホメットです。
何度も知らせているのに公開してくれないので、書いてほしいからです」

「マの者の下にいる者に告ぐ。
今以上、罪なき婦女子を恐怖に陥れるな」

昨夜は夜中中?突風が吹き荒れて何度も目が覚め、同じようなことを何度か言っていて、初めての右手甲の丸い?サインはマホメットだったそうです。
2007年11月2日 この日も何度か起きてメモをしていました。

「カナン*の地の人が、もう嫌なことをされるのはカナンと言ったのです」
(綾部地方では、もう嫌ということを、「カナンで~」「カナンわ~」とか、カナワンと言う代わりに言います)
(右手のひらにきついサインあり=本当のこと)

*)カナンの地=ユダヤ人の約束の地がカナンと言いますが、パレスチナ人のホーリー監督の名前がButhina Canaan Khouryでカナンがつきます。
パレスチナで辛いことが続くので、カナン=もう嫌という意味をあらわしているようです。

真夜中、左足首にサインあり。

「マに服する者がわかったのです。
それが宗教指導者でした。
次のことも知らせてほしいのです。
これからはイシキが見えてくるようになります。
隠れて悪いことをしていても、その姿があらわれてきます」

2006年8月30日
エジプトの壁画の意味、白い十字架、サラスバディ、部落開放、中学教育

エジプトの遺跡のサイトを見て寝ました。
「お墓の中の絵は支配星に命令された(小さな)イシジンが描きました。
支配星は言うことを聞かないと、大きなイシジンを固めると脅かされたからです。
それで支配星のヘビなどを描いたのです。
イシカミは未来のことがわかったからです。
(飛行機やヘリコプターに似た絵は)花の受粉と、人間の精子が子宮の中を移動していることは同じと言う意味です。
4本の横棒は、四角いピラミッド(石室で人間があらわれていた)になったイシカミをあらわします。
支配星は蛇の星なので、支配星は精子を蛇に置き換えさせたのです。
いろいろな絵は、人間が石室に目を向けさせないために描かせたのです。
色即是空と同じです」

(色をつけた絵を描くと、ソラにつながると支配星が、岩から目をそらせるために描かせたこと。
キトラ古墳と同じ。
ただ、赤い色は血液をあらわし、イシジンは血液は流れていないけど、人間は流れていることを知らせている)

写真1:王家の谷ルクソール西岸にて
写真2:セティ1世葬祭殿の中の不思議な絵

#)次のことも厳しいことですが、先日あらわれたシリウスB、Cのエネルギー体が強烈でそれと関係していることと、口内にポリープができ、公開するように知らせてきますので、書かせてもらいました。
いずれもイシキに対しての言葉です。
肉体を持った時しか、つけは返せないということも大切なメッセージです。

寝る前に、先述の部落開放指導者に読者の方が自分の体験(宗教の呪縛から解けたことや、地震の体感なども不安がなくなったなど)のメールを送ったら、長文のメールが何通もきたと、その1通が転送されてきたのを読んで寝ました。
真夜中目が覚めて、

「組織の中の悪者の典型です。
意地悪な長文を何度も送りつけてくるのは、組織に生まれたエネルギー体に振り回されているからです。
組織が大きければ大きいほど、その中で意見が分裂し、お互い相手を言い負かそうとすることの繰り返しになります。
そこで争いの好きなエネルギー体が発生し、長年にわたるほど巨大化します。
そのことがメールにあらわれているのです」

(部落開放者たちのグループでも、二つ(全解連が解同)に分かれてお互いを罵り合っていると報告あり)

「まるいもの(イシカミ?)です。
学びをしている人(若者)がなぜ次々と事件を起すか?
その人のメールで知らせています。
(文字がダブっていてわからない)・・・(特に中学校では)一律の規定に当てはめようとします。
例外は認めない、決められたことからはみ出すことは異常であると、切り捨てています。
それが今の学校で行われています」

《夢かイメージ》
“ホームレスの人?が亡くなったのかの、寝床がきれいに片付けられていて手鏡が置いてある”
意味は
「最低の生活をしていても、いつも自分(の内面)を見つめていた人です。
自分はいかに生きてきたか?何のために生きているのか?と絶えず問いかけてきた人です。
それに対して伝統の剣道で刀を振り上げ、脅かしながら相手を威嚇しています。
その場で生徒は身動きも出来ないくらいになります。
それが教育という名の元になされています。
(中学の部活は)スポーツで身体を鍛えるという名の元に、強制的に争わせているのです。
争いをすることが正しいと繰り返し教えているのです」

《夢かイメージ》
“小さな真っ白な白菜の束の3つか4つを、切らずにそのまま大きな鍋に入れて煮ようとしている”
意味は
「十把ひとからげで教育をしているということです。
いやいや調理をしてすませようと思っています」

(一株がちいさな白菜は、中学生をあらわし、切らずに料理をするのは、面倒だからと言う意味のようです)

今の中学の教育をあらわしているそうで、ソラのものは良く見ていると思います。
(もちろん一生懸命、教育をされている方もおられるでしょうが、ソラのもののロボットは現実に見てきたようです)
以前にもお知らせしましたが、中学校に入ると登校拒否を起したという報告が何人か入ってきていますが、それぞれ何とか3年を過ぎ、高校へ入ると伸び伸びしているようです。
先日紹介しました、部落開放指導者が掲示板でソラの情報の書き込みをやめるように、又読者の方の書き込みも全て削除されたそうです。
その指導者のHPののことも、昨夜思いも寄らないことを知らせてきました。

「時分=時を分ける=過去世で被差別部落の人たちに対して意地悪をして楽しんだことを、現世でも過去にしてきた?ことを思い出させて楽しんでいる(花を咲かせている)」
とソラのものは知らせてきました。
今はイシキが、顕在意識を押しのけて、表に出る時代になっていると思えるくらいで、何気なく発する言葉もイシキが言わせているそうですが、言葉の意味はメールを読むと、顕在意識でも同じく思えます。
昔の悲惨なことをわざわざ取り上げ、それだけに神経を集中させるために、この被差別部落はヤマタイコクの子孫だと言う情報が出てくるのが、がまんならないのだと思えます。
そんな情報もあるのかと思うかとか、謎が解けて面白いと情報を理解する人もいるのに、必死で広がるのを妨害するというのはソラから知らされたことで納得がいきます。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
23-MAR-2010 11:04:54 -37.21 -73.65 M4.8 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
23-MAR-2010 10:39:08 -34.56 -73.57 M4.7 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
23-MAR-2010 08:23:57 15.25 -92.59 M4.4 95.3 MEXICO-GUATEMALA BORDER REGION
23-MAR-2010 07:54:44 -34.95 -72.50 M4.4 32.4 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
23-MAR-2010 07:44:30 -18.88 169.58 M4.9 10.0 VANUATU ISLANDS
23-MAR-2010 06:33:26 -33.90 -178.65 M5.4 10.0 SOUTH OF KERMADEC ISLANDS
23-MAR-2010 03:44:59 -34.75 -73.80 M5.1 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
23-MAR-2010 02:34:06 -45.62 -76.43 M5.0 35.0 OFF COAST OF SOUTHERN CHILE
22-MAR-2010 21:45:26 -12.02 165.83 M5.1 35.0 SANTA CRUZ ISLANDS
22-MAR-2010 19:58:14 18.45 120.86 M5.9 42.6 LUZON, PHILIPPINE ISLANDS
22-MAR-2010 16:26:32 -15.22 167.46 M4.9 115.7 VANUATU ISLANDS
22-MAR-2010 14:41:56 45.38 149.98 M4.3 74.8 KURIL ISLANDS
22-MAR-2010 14:30:56 25.93 128.31 M4.4 35.0 RYUKYU ISLANDS
22-MAR-2010 10:38:09 56.31 -156.53 M4.7 6.7 ALASKA PENINSULA

発生時刻 2010年3月23日0時10分頃
震源地 千葉県北東部(北緯35.5度 東経140.3度 深さ60km)
規模 M3.9 震度1 茂原市、多古町多古、大網白里町大網、千葉一宮町、長生村、千葉緑区おゆみ野、市原市、君津市(千葉県)、東京千代田区大手町(東京都)、三浦市城山町(神奈川県)、東伊豆町奈良本(静岡県)

発生時刻 2010年3月23日2時23分頃
震源地 サハリン南部付近(北緯47.0度 東経142.1度 深さ10km)
規模 M4.7 震度1 猿払村

発生時刻 2010年3月23日6時46分頃
震源地 択捉島付近(北緯44.7度 東経147.3度 深さ160km)
規模 M4.4 震度1 別海町

発生時刻 2010年3月23日9時27分頃
震源地 紀伊水道(北緯33.8度 東経135.0度 深さ20km)
規模 M3.1 震度1 御坊市(和歌山県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は1月30日のソラ。

ご在所

2010年03月22日 20時31分56秒 | Weblog
被差別部落の謎とき」の続きです。

2003年9月26日
ご在所岳

一番最初にイシカミのことを伝えてくれたのがご在所岳でしたが、女王の変わりに仕事をしてくれたそうで、女王は北海道でした。
射手座の女王 普段はおとなしい感じですが、今回あまりの決意(北海道の地震参照)に本当に驚きました。
一生懸命人間の為にと思ってしてきたのに、人間の仕打ちに裏切られたと思っているようですので改めてご紹介いたします。

イシカミとして女王と名乗って降りてきましたが、王女でした。
その王女が始めてイシカミとして著者に降りて来たのは、岐阜に私用で出かけたその夜でした。
「ギフ、ギフ」と慣れない言葉が口について出てきました。
その後も言葉を発するのはなれない感じでボツボツと伝えてくれました。

なぜ濃尾平野に3本の川があるかというと人間は、【魂、イシキ(霊)、肉体】からなると言う3位一体に気づくために作ったとか、川の側には巨大なイス? が埋まっているとか伝えてきました。
射手座の王女は岐阜に降りたが、身体がぼたぼた崩れて行き固まってしまう事が分かったので、海の方へ行こうとして、転んで今の所になったそうです。
著者が始めてご在所岳に行った時、晴天なのに風が強くロープウエーが動きませんでした。
折角来たのにどうしてかと聞くと、
「川を見て欲しいのです。
身体が固まっていくのが悲しくて泣いたら、この川になりました」
と伝えられましたが、きれいな水は驚く程の豊富な水量でした。
次回に行った時にはたくさんのいろいろな花が咲いて、うぐいすも鳴いて本当に天国のようでした。
又、【オバレ石】は2枚のこんにゃくを合わせたようですが、山の“口”のつもりで作ったそうですが、 山の身体が大き過ぎて麓から見ると白い点にしか見えません。
ご在所岳は菰野町にありますが、『石が物言う時が来る』と予言されたり、“コモ(菰)を敷いて山を拝む”という事から名前が付いたとも言われるそうです。
【オバレ石】自然に出来たと言われますが、岩と岩の間には引っ付かないように? 下に岩が敷き詰めてあります。

2003年12月8日
大石クラノスケ

2003年12月8日
部屋は暖かなのに顔の周りに冷たい風が吹いていて、肩が冷えて眠れないのは、知らせたかったからだそうです。
(幽霊の見える人であれば、形が見えたかも知れませんが、見ようと努力し目を凝らしても見えませんでした。けれど言葉は割とはっきりと口が動き、全く想像をしていなかった人が降りて来て次のようなことを伝えてきました)

「いつしか時は過ぎ行き(今は歴史上で)一番幸せな時代となりました。
大石クラノスケです。
この雪景色を見てはるか昔を思い出し、このような大雪の時に、私は一人で吉良邸に行こうと思いました。
(昨日はここは大雪でした)
私は誰にも告げずに吉良氏を討つために出かけようとしたのです。
けれども息子に見つかり、(息子が)他の人たちにも知らせたのです。
それで(あだ討ちは)大勢の人になったのです。
私は一人で(あだ討ちに)行こうと思ったのです。
(知られている)物語は、後の人があのように書いたのです。
(忠誠心を強めるために美談とした事)
吉良氏と(浅野を)仲たがいをさせたのは天皇でした。
天皇が、“赤穂のものが悪口を言っていた”と吉良氏に言ったので、吉良氏は殿をいじめたのです。
その事はこちら(イシキの世界)に来てから判りました。
あのように争いを起こさせたのは、あの冠をかぶらせた悪い星に支配され天皇のせいなのです。
(冠は昆虫を送り込んだ支配星の部下の星のイシキが教えたと以前伝えられた。
長いタレ? は昆虫の触角をあらわすと。支配星は人間を争わせてはそれを見て楽しんで、エネルギーを得ていたと知らされた)
私は勘定を任され贅沢な暮らしをしていました。
それで生まれ変わった今生は質素に暮らそうと思いました。
けれどもある事で生きる意味がわからなくなりました。
そして自ら命を絶ったのです。そして命と引き換えにお金が入りました。
私は“いて座”(のイシキ)の者でした。
以前に知らせたようにご在所岳(いて座の王女)の麓にしばらく隠れていました。
そして(殿の仇討ちは)どのようにすればいいか(ご在所岳に)聞いていましたが、日にちばかり過ぎて行き何もわかりませんでした。
(湯ノ山温泉に大石公園があり、実際にそこで大石クラノスケは考え事をしていた、と書いてありました)
何とかいて座のものの事を知らせたいと思って、再び人間として生まれ変わりました。
けれども現実の世界ではあまりに遠く離れて、何ら力になりませんでした」

その後何回か、“いて座のものの為に力になれない事が残念”と伝えて来ました。

2002年5月6日
六甲山、大石クラノスケ、元伊勢皇太神社

2002年5月2日
「六甲の山と言われるものです。
(射手座の)女王の妹でした。
仲間と共に(地球に)降りました。
私を信じてくれた人(大石クラノスケ)が辛い思いをさせられたので、王女(ご在所岳)の所に行くように言いました。
(大石クラノスケはご在所岳の麓の湯の山温泉に滞在したそうで、大石公園と言うのがあります)
仲間が作った岩(生石神社の巨石)の意味を世に知らせてもらい、嬉しく思います。
ホシノミナ星原に行く事が出来るようになり嬉しく思います」

注)生石神社の岩はTVの形をしていますが、イシカミは将来こういう形のものができることがわかったので作っておいたそうです。

次の日再び
「大石クラノスケは部下の1人にひそかに仲間から離れて、イカルガに行くように金子を渡しました。
その金で田畑を買って、(シガサトの7(8)不思議の)藤波神社を守るように言いました。
そして、大江山の元伊勢(皇太神社)も守るように言いました。
元伊勢に祭られている神こそ本当の神であると教え、人々に元伊勢に行くように奨めて欲しいと頼みました」

注)元伊勢の日室が岳は見事な三角山でピラミットと言われているが、まさにイシカミが作ったもののようで河原には奇岩が多い。
情報では、ノアの息子大江町の毛原で殺されたと言われ、ノアの息子とその部下を祭ったものであると知らされました。
人間を祭っていたが時が過ぎて、神として祭られるようになったここは日本で最初の神社と知らされました。
一つだけ大きな祠があり、沢山の全く同じ大きさの祠があるのは、ノアの息子とその部下なので同じ大きさのが沢山あると思いました。

2002年4月23日
ご在所岳

「さわやかな季節にきてくれるとうれしいです。
私はご在所岳でいて座の王女です。
私が作った口(オバレ石)の横に木が生えているので見えないので切ってくださいと頼んでくれますか?
(私の)口が見えないように木を生やされたのです。
(ロープウエーから丁度松ノ木が邪魔で、オバレ石が見えない)
ヨミの国王を背負って来たとこれまでに伝えましたが、本当の事です。(私が疑っていた)
射手座のものはいつまでも射手座に残って欲しかったのです。
射手座にいると永遠の命が...」

「射手座では肉体はありませんでした。
なぜ地球に降りるとこのような姿になったかというと、ひたすら人間を地球に降ろそうと思ったからです。
???? 細胞が生きるのが嫌だと思うと、死んでしまいます。
肉体が死んだ後の世話をするのが、ヨミのものです。
ヨミの国は、白い霧の世界です。
そこに光がありそちらに向かって行くと、それからは、ソラに行くものと再び地上に戻るものとに別れるのです。
それは本人の意志でなく、宇宙の法則にのっとって決められます。
そして支配したものは、(生まれ変わって次は)反対の立場の人間となるのです」

ソラ画像より
おばれ石
麓から見ると小さな点にしか見えませんが、射手座の女王が「口」のつもりで作ったそうです。
人間の大きさに比べるとその大きさがわかります。
岩の間は人間が通れる隙間があります。

女王が冥王星の王をおぶって地球に降りてきたと、最初から伝えられてそれでオバレ石というそうです。
なぜ冥王星の王をおぶって来たかわかりませんでしたが、2005年6月30日にわかりました。
射手座ではイシキは死ぬということがなく、いつまでも生きなければならないので、一旦終わって新しい体験をしたいと思ったので、死後の世界を司る冥王星の王を連れて来たそうです。
それで人間も寿命があり、新しく生まれ変わる事ができ、いろいろな体験が出来るようにしたそうです。

ご在所岳山頂の丸石
射手座の女王の顔のつもりで作ったそうです。

ご在所岳の地蔵石
人間の肩をイシカミが作りました。

ご在所岳の大黒岩
日本版バランスロック

ご在所岳の口を閉じた石
アーチーズの下肢の岩をそばまで行って撮影してくださった方から送ってくださいました。
ご在所岳の頂上からはるか遠くに見える石です。
↓の口を開けたような雲の写真は、この石が知らされることで“言葉を発する口”としてあらわれた雲です。
これと同じ山にあるオバレ石は、この石を下まで切り分けたようで、2枚のコンニャクが平行に立っているようなのは、ご在所岳=イシカミの口と知らされました。
イシカミの巨人が、石の刀で切ったそうです

閉じた口が開いた=地球が語りかけている
大雪山上にて。
長く棒状の雲が続いた先がこのようになっているのは、口を開いて警告していると。
↑のご在所の石と関係あり。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
22-MAR-2010 08:52:21 -41.17 -89.08 M5.3 10.0 SOUTHEAST OF EASTER ISLAND
22-MAR-2010 08:37:12 -6.57 130.47 M4.7 119.1 BANDA SEA
22-MAR-2010 08:26:25 66.38 -157.66 M4.4 10.0 NORTHERN ALASKA
22-MAR-2010 06:57:27 7.92 -82.21 M4.7 10.0 SOUTH OF PANAMA
22-MAR-2010 06:37:32 -8.57 122.22 M4.9 182.5 FLORES REGION, INDONESIA
22-MAR-2010 05:56:30 -26.50 178.36 M4.9 615.9 SOUTH OF FIJI ISLANDS
22-MAR-2010 04:36:08 -17.58 -12.95 M5.1 10.0 SOUTHERN MID-ATLANTIC RIDGE
22-MAR-2010 04:02:13 -4.44 143.95 M4.9 95.7 NEW GUINEA, PAPUA NEW GUINEA
22-MAR-2010 02:53:49 19.72 -70.93 M4.6 10.0 DOMINICAN REPUBLIC REGION
22-MAR-2010 01:00:39 -16.22 -69.53 M5.0 169.8 PERU-BOLIVIA BORDER REGION
21-MAR-2010 23:41:30 -14.74 167.13 M5.2 86.8 VANUATU ISLANDS
21-MAR-2010 21:00:02 -22.86 -175.46 M5.2 76.9 TONGA ISLANDS REGION
21-MAR-2010 18:31:04 -36.33 -72.98 M5.7 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
21-MAR-2010 16:25:19 -34.56 -71.84 M4.7 33.8 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
21-MAR-2010 15:28:56 -36.40 -73.21 M4.7 22.1 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
21-MAR-2010 15:00:00 6.74 -73.11 M4.5 155.2 NORTHERN COLOMBIA

発生時刻 2010年3月22日1時7分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.0度 東経141.2度 深さ70km)
規模 M3.1 震度1 東松島市小野

発生時刻 2010年3月22日12時22分頃
震源地 宮城県北部(北緯38.8度 東経140.8度 深さごく浅い)
規模 M3.2 震度2 大崎市鳴子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月21日のソラ。