ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

パレスチナのドキュメンタリー映画『Women in Struggle-目線-』4

2007年06月30日 22時18分41秒 | Weblog
Women in Struggle 公式ホームページ(English)
映画『Women in Struggle -目線-』とブサイナ・ホーリー監督パレスチナから来日ツアー
上映会スケジュール
7月1日(日)13:00 ~(12:30 開場)
13:00~13:10 パレスチナからの目線開催にあたって
13:10~14:10 『Women in Struggle ―目線―』上映
14:10~14:20 10 分休憩
14:20~15:30 監督トーク&ディスカッション
会場:東京都 港区立男女平等参画センター リーブラ4F 集会室
   JR「田町駅」東口 徒歩 2 分
   地下鉄浅草線・三田線「三田駅」徒歩 4 分

7月4日(水)17:30~
会場:那覇市牧志3-6-10 桜坂劇場

7月6日(金)19:00~(18:30 開場)
会場:広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階マルチメディアスタジオ
   広島市中区袋町 6 番 36 号
   袋町小学校横 、市内電車「袋町電停」徒歩約 3 分

7月7日(土)14:00~16:30(13:30 開場)
*上映前に背景を解説する時間を 10 分ほど予定。
会場:大阪市立 難波市民学習センター講堂
   (JR 難波駅上 OCAT ビル 4 階)
   地下鉄「なんば 駅」22・23 番出口方面、
   四つ橋線・千日前線「なんは 駅」30 番出口方面、
   近鉄「なんば 駅」西側改札

7月8日(日)13:00~17:30 (12:20 開場 )
「占領から 40 年、いま占領とジェンダーについて考える」
上映会+講演会 Women in Struggle(パレスチナ・女たちの闘い)
 ・占領 40 年目のパレスチナ…矢野可奈子(京都大学研究生)
 ・映画解説…岡真理 ( 京都大学教員、現代アラブ文学 ) 
 ・映画『Women in Struggle―目線―』上映 
 ・ブサイナ・ホーリー監督講演
 ・ラウンド・トーク 「占領下の女性と暴力」
  ブサイナ・ホーリー監督 × 岡真理さんほか
会場:京都大学 文学部新館 第3講義室
   京阪「出町柳」駅下車 東へ徒歩約 10 分、
   市バス「百万遍」「京大正門前」下車 徒歩約 5 分

ブサイナ・ホーリー(Buthina Khoury)監督の出身地はタイベ村。タイベビールで有名なところです。
タイベビール(Taybeh Beer)
>タイベ村は、イエス・キリストが、パリサイ人によって捉えられる前に一時避難していた土地で、聖書のなかで「エフライム」として登場します(ヨハネ福音書11.54)。現在はパレスチナ唯一の100%キリスト教徒の村です。

The Jesus tale from the SORA(日本語版)
(it is a continuation of an Islamic tale.)

During the Atlantis era, the one of twins Minerva has grown up. He married into the queen of Atlantis, and they had a child, lived happily.
Thousands of years have passed after that and Minerva was reborn as Jesus in Jerusalem.

The father of Jesus was a big man, and Mary was very small and the body liked a child.
Although people did not think that Mary has become pregnant by no means, since the child was born suddenly one day, everyone was surprised.
The next life of Jesus was born to the very poor house.
Then, in order to help a household economy, he went to India repeatedly from the time of a child as help of a merchant's people from India.

Then during his trip, he met a son of the ship owner, Mahomet, and they found out that they had a same nick on each other’s hands. And they got to know each other since both had a gentle nature and recognized that they had similar characteristics in that.
And every time they met, they were discussing how could they make the world be peaceful.

Later, Jesus has stood on his own two feet and worked as a stone carpenter under his father. Although he was working together with his father, however, he worried about that father abused his Mother, Mary, because his father had a drinking problem.

One day of the night, Jesus was looking at the meteoric shower of a night sky.
Then, voice has been suddenly heard from the sky.
It was declared, “the Voice of God”, and since the power that cures illness is given to Jesus, it has said, "from now on, follow the voice."
From the next day, Jesus just only put a hand over a place and could cure illness.
People who heard the rumor came to Jesus one after another, and came to have illness cured.
Jesus always told very gently the persons who were always fighting that they should reconcile each other.
On the other hand, gentle Mary was assembling and bringing up orphans, one of them was Bartholomew.
The meaning of Bartholomew's name is: a child of foreign country. He was a naughty boy, but after he’s grown up, he was wisely and became the pupil of Jesus.
The people who saw Jesus worked splendidly, they came along to be his pupil one after another, and lived in a group gradually.
However, while they were living in a group, various problems also occurred and Jesus made the rule.
Although there were some pupils who complained that the rule was severe. Only Judah often listened to what Jesus always says, and had helped Jesus.

Moreover, although Mary was also bringing up the child deserted by their parents with her mercy. One day one of the pupils brought a crying child who looked like born in wealthy family.
Since he did not understand the language, because of a foreign child, so everybody called him” Bartholomew”. That means; "a small person from a foreign country."
It seemed that Bartholomew had got separated from parents, and may be the child of the merchant of Italy.
In the beginning, Bartholomew was all crying, but since he met gentle Mary and same kind of children there, he got used immediately. Especially Jesus loved him, and the Bartholomew was associating with him.
And although kind Jesus all the way to Italy for searching Bartholomew's parents, but he couldn’t find at least.

Then, Emma, the brought-up orphan, grew up to be a beautiful girl.
Although Emma took to Jesus, since Jesus thought of Emma like a younger sister, he was admonished gently.
Selfish Emma thought that Jesus didn’t care about her because Jesus was busy with curing a sick person, and she didn’t like it, and told other people the secret things of Jesus plausibly. That was; Jesus was told that the voice that declares itself God rose up from rule of Rome, and caused a rebellion, since it had been said to other men that Jesus worried about it, the person who was jealous of popular Jesus, have spread rumor.
And the rumor was like, "Jesus said that he was going to be a king of Judea", and further, rumor spread all over Jerusalem and turned into the rumor; "Jesus wants to be a king of Judea and he thinks that he would have a war against Rome."

The people who considered that it would be a problem if there were a war, have spread rumor further, it was reached even chief Pilatus in Rome who was governing Jerusalem at the time.
And people asked Pilatus to put Jesus on trial.
He was heard from daughter Nias that Jesus was very kind, only to cure the sick person, so that he was wondering what should he do.

Moreover, a lot of money arrived from Mary on the day before a trial, and had people made the decision, since he was asked to make Jesus into innocence without issuing judgment.
People who believed rumor that Jesus was going to serve as a king and have a war against Rome, asked Pilatus that Jesus should be crucified
In this way, since Emma leaked the secret of Jesus, people who considered that it would be troubled by them if it is warring arranged and asked him to be crucified with one voice.

However, since the soldier who attended at the sentence, was said not to kill Jesus from Pilatus, Jesus was only stabbed a little in the side with a spear.
Jesus actually had been fainting away because of the pain of the crucifixion. Everybody assumed that Jesus passed away and they have returned.

To be continued.

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はエジプトの太陽の船。

パレスチナのドキュメンタリー映画『Women in Struggle-目線-』3

2007年06月29日 21時36分15秒 | Weblog
Women in Struggle 公式ホームページ(English)
映画『Women in Struggle -目線-』とブサイナ・ホーリー監督パレスチナから来日ツアー
上映会スケジュール

6月30日(土)14:00~(13:30 開場)
「ドキュメンタリーの力」
14:00 『レイバー Women』(30 分 ) 他
16:30 『Women in Struggle―目線―』上映+監督トーク
会場:東京都国立市 一橋大学・佐野書院 東京都国立市中 2-17-35
   JR「国立駅」南口徒歩 10 分、大学通りを南に直進、キャンパスの端を右折

7月1日(日)13:00 ~(12:30 開場)
13:00~13:10 パレスチナからの目線開催にあたって
13:10~14:10 『Women in Struggle ―目線―』上映
14:10~14:20 10 分休憩
14:20~15:30 監督トーク&ディスカッション
会場:東京都 港区立男女平等参画センター リーブラ4F 集会室
   JR「田町駅」東口 徒歩 2 分
   地下鉄浅草線・三田線「三田駅」徒歩 4 分

7月4日(水)17:30~
会場:那覇市牧志3-6-10 桜坂劇場

7月6日(金)19:00~(18:30 開場)
会場:広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階マルチメディアスタジオ
   広島市中区袋町 6 番 36 号
   袋町小学校横 、市内電車「袋町電停」徒歩約 3 分

7月7日(土)14:00~16:30(13:30 開場)
*上映前に背景を解説する時間を 10 分ほど予定。
会場:大阪市立 難波市民学習センター講堂
   (JR 難波駅上 OCAT ビル 4 階)
   地下鉄「なんば 駅」22・23 番出口方面、
   四つ橋線・千日前線「なんは 駅」30 番出口方面、
   近鉄「なんば 駅」西側改札

7月8日(日)13:00~17:30 (12:20 開場 )
「占領から 40 年、いま占領とジェンダーについて考える」
上映会+講演会 Women in Struggle(パレスチナ・女たちの闘い)
 ・占領 40 年目のパレスチナ…矢野可奈子(京都大学研究生)
 ・映画解説…岡真理 ( 京都大学教員、現代アラブ文学 ) 
 ・映画『Women in Struggle―目線―』上映 
 ・ブサイナ・ホーリー監督講演
 ・ラウンド・トーク 「占領下の女性と暴力」
  ブサイナ・ホーリー監督 × 岡真理さんほか
会場:京都大学 文学部新館 第3講義室
   京阪「出町柳」駅下車 東へ徒歩約 10 分、
   市バス「百万遍」「京大正門前」下車 徒歩約 5 分

The "You fellows" story(日本語版)
Our book "The earth story" which is written in japanese and it was made to know from consciousness of the sky, reveals the facts which was hidden in the history until now.

This "You fellows" story is a part of the various stories in the book.

In the old days, the culture of the world was much more advanced than we now imagine.

However, the people in the past did not have the ability to write about what their lives were like.

Therefore, all we can do until now was to imagine the life of the past by referring to scientist research.

The country of Israel had an advanced culture, so the people were living happily.

However, even in this happy country, there were some people who wanted to live peacefully at home and others who wanted to leave the country for trading.

These nomads were nicknamed "You fellows" because they wanted to associate and get involved with other people. The name "YOU" came from their active character "We want to deal with YOU".

Those who wanted to live in their homeland Israel decided to stay in the country.
The "You fellows" people made a large ship and sailed abroad for trading, leaving the others behind.

There was a large amount of rainfall each year in Egypt back in the past, therefor many plants and animals could thrive peacefully.

There was a big tributary to the Nile River where ships could enter near the city.

"You fellows" people sailed up the tributary to the city in order to associate with the new people and find jobs there.

However, since an evil king was ruling Egypt at that time, all the "You fellows" were caught and made slaves.

After that, rain decreased in Egypt and many trees were cut down to form a better culture. Therefore, the tributary of the Nile River eventually turned into a vast desert and the "You fellows" ship was left in the desert.

The word of "You" changes for a long time, and these "You fellows" are called Jews today.

This explains to you why Jewish people did not have a country and why they wanted to return to the land of Israel.

History after that is widely known by the story "The Israelites flee from Egypt" and many others.

The people who did not leave Israel found the Islamic religion later on and based their lives on it. Now, they are called Palestinian.

Even though the Jewish people and the Palestinian people have different religions, they were originally from the same country and were good friends.

It is written in "The earth story" that various religions after that were born.

The end.

ソラ画像:安平山より
安平山は、アラファトとなって中東の和平に尽くそうと思っていたけど、支配星奥さん?)にやられたと言ってきました。
イシカミ達が見守っています。

ハマスから離れてイスラエルと和平の道を歩みだした今日、地震で知らせました。

発生時刻 2007年6月29日 9時33分ごろ
震源地 胆振支庁中東部(北緯42.8°、東経142.0°)
深さ130km M3.8 震度1 安平町

今日(2007年6月29日)のニュースから
パレスチナ新首相、イスラエルとの協力を強調
パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ラマラ(CNN) 
パレスチナ自治政府のファイヤド新首相は28日、自治区ガザを制圧したイスラム原理主義組織ハマスに対抗する上で、イスラエルとの「強固で積極的な」協力関係を望んでいると述べた。CNNとのインタビューで語った。
ファイヤド首相が欧米メディアとのインタビューに応じるのは、今月17日の就任以来初めて。同首相はこの中で、すでにイスラエルに協力要請のメッセージを送ったことを明らかにした。パレスチナ内部でささやかれる「イスラエル寄り」との批判については「まったく問題にしていない」とはねつけ、「私は自分の任務を承知している。それは、パレスチナ住民の利益のために尽くすことだ」と述べた。
首相はまた、「イスラエルと共存する独立国家の樹立」という目標を、平和的手段によって実現すべきだと強調。「過去7-8年間にわたる対イスラエル闘争は、事態を悪化させるばかりだった。武器の使用が認められるのは自治政府機関だけだ」と述べ、武装勢力などによる活動を強くけん制した。
パレスチナ自治区は、ハマスが実効支配するガザと、穏健派ファタハのアッバス自治政府議長が発足させた新内閣の統治下にあるヨルダン川西岸に、事実上分裂している。ファイヤド首相はファタハに所属しない独立派だが、元世界銀行職員で、ファタハを支援する欧米とのつながりも深い。

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はエジプトの太陽の船。

パレスチナのドキュメンタリー映画『Women in Struggle-目線-』2

2007年06月28日 23時55分49秒 | Weblog
Women in Struggle 公式ホームページ(英語版)
映画『Women in Struggle -目線-』とブサイナ・ホーリー監督パレスチナから来日ツアー
上映会スケジュール

6月30日(土)14:00~(13:30 開場)
「ドキュメンタリーの力」
14:00 『レイバー Women』(30 分 ) 他
16:30 『Women in Struggle―目線―』上映+監督トーク
会場:東京都国立市 一橋大学・佐野書院 東京都国立市中 2-17-35
   JR「国立駅」南口徒歩 10 分、大学通りを南に直進、キャンパスの端を右折

7月1日(日)13:00 ~(12:30 開場)
13:00~13:10 パレスチナからの目線開催にあたって
13:10~14:10 『Women in Struggle ―目線―』上映
14:10~14:20 10 分休憩
14:20~15:30 監督トーク&ディスカッション
会場:東京都 港区立男女平等参画センター リーブラ4F 集会室
   JR「田町駅」東口 徒歩 2 分
   地下鉄浅草線・三田線「三田駅」徒歩 4 分

7月4日(水)時間未定
会場:那覇市牧志3-6-10 桜坂劇場

7月6日(金)19:00~(18:30 開場)
会場:広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階マルチメディアスタジオ
   広島市中区袋町 6 番 36 号
   袋町小学校横 、市内電車「袋町電停」徒歩約 3 分

7月7日(土)14:00~16:30(13:30 開場)
*上映前に背景を解説する時間を 10 分ほど予定。
会場:大阪市立 難波市民学習センター講堂
   (JR 難波駅上 OCAT ビル 4 階)
   地下鉄「なんば 駅」22・23 番出口方面、
   四つ橋線・千日前線「なんは 駅」30 番出口方面、
   近鉄「なんば 駅」西側改札

7月8日(日)13:00~17:30 (12:20 開場 )
「占領から 40 年、いま占領とジェンダーについて考える」
上映会+講演会 Women in Struggle(パレスチナ・女たちの闘い)
 ・占領 40 年目のパレスチナ…矢野可奈子(京都大学研究生)
 ・映画解説…岡真理 ( 京都大学教員、現代アラブ文学 ) 
 ・映画『Women in Struggle―目線―』上映 
 ・ブサイナ・ホーリー監督講演
 ・ラウンド・トーク 「占領下の女性と暴力」
  ブサイナ・ホーリー監督 × 岡真理さんほか
会場:京都大学 文学部新館 第3講義室
   京阪「出町柳」駅下車 東へ徒歩約 10 分、
   市バス「百万遍」「京大正門前」下車 徒歩約 5 分

2007年6月26日
日本縦断ブサイナ・ホーリー監督の上映&トークツアーに参加してきました。

映画は、ベールをかぶらないパレスチナの女性活動家で、自分たちの意思をはっきりと伝えることが出来ると言うので選ばれた4人の体験談でした。

イスラエルの占領も勿論一番大きな問題ですが、やはり暴力と女性を弾圧するイスラム原理主義が台頭する心配をされていました。
この映画はイスラエルでも公開されたそうです。

監督はワシントンで学ばれ、クリスチャン村に住んでいるそうで、日本にたどり着くのに3日間かかったそうです。
監督は札幌には来られないと思っていたのですが、トークもあり、終わった後、『友達物語1』、『友達物語2』をプレゼントして名刺交換をしてきました。
パレスチナ、イラクをはじめ、争いに明け暮れている人たちに、一日も早く平和が訪れることを願ってやみません。

ブサイナ・ホーリー監督インタビュー
>次回作は、パレスチナでタブーとされていた女性への虐待、名誉殺人をあつかったもので、まもなく完成します。

2006年5月21日
2006年5月21日 朝方、突然目が覚めて。

「(イスラエルは)土地の使用料を(パレスチナの)難民に払ってください」

(イスラエルはパレスチナの土地を取り上げて国を作ったので、追い出されたパレスチナ難民に土地の使用料を払うようにという意味)

「(イスラエルの)軍備をなくすればそのお金で払えるはずです。
それが一番大切なことです。
そして共存して暮らしてください。
それが一番平和に暮らすことができます。ソラのものより」

イスラム社会は女性を守ると言いながら、女性の人権を無視しているのは、大昔と変わりなく、その悲劇は度々聞き、そのひどさに驚くばかりです。
そのひとつのヨルダン西岸の女性の「生きながら焼かれて」など、想像を絶する悲劇が現在も続いているのは、なんとしても変わらなければならないと思います。
女性割礼のこのソマリアもイスラム教です。

2004年10月16日
別の掲示板に、“生きながら焼かれて”というショッキングな本の事が書かれていましたが、これはアラブ社会の一部の習慣だそうです。
昨夜中に目が覚め、随分前に見たTV番組のアフリカの女性の割礼の事が気になりました。

それは、ある女性がアフリカの僻地で割礼をされ、お金持ちの老人と結婚させられそうになった為その地域を逃げ出したが、幸いな事に助け出されて後にアメリカでスーパーモデルになり、この悲惨な習慣を無くす運動をしているという内容でした。

まだまだ悲惨な想像を絶する習慣が残っている国にこそ、早くこの情報を届けたいと思います。

2005年1月2日
【生きながら火に焼かれて】というノンフィクションの本を読みました。

【生きながら火に焼かれて】著者スアドさんインタビュー
>17歳で恋をし、妊娠したスアドさん。彼女の家族は、名誉を汚した罰として彼女を火あぶりにしました。彼女が例外だったわけではなく、その村では男性と話をするだけでも、家族の恥として「名誉の殺人」が行われることも。そして、今でも世界中で年間6000人以上の少女が、家族の手によって「名誉の殺人」の犠牲者になっているとも言われています。

ヨルダン川西岸で焼き殺されかかった若い女性が、奇跡的に助けられた内容ですが、今なお信じられない悲惨な習慣が残っている事がよく分かります。
現代でもその地方は女性は動物以下の扱いを受けているのであれば、マリアが最初に伝えてきた事は本当と改めて思いました。

イエスは、父親がいつも母親に暴力を振るうのを見るのが嫌で夜空を見ていたとか、ピラトに裁判で見逃してもらおうとマリアが宝石を渡した事がわかって、酒乱の夫にお腹をけられて亡くなったというのも、2000年も前でなくても(この地方で)現在も行われている虐待があるという事で、改めて情報は本当であったと思います。

【ソラのイエス物語】

2007年2月20日
(チャネリングによる言葉ですので、真偽のほどはわかりませんが、突然に言葉になってきました)

「ホンメイ(本命)なのです。
マのもののホンメイが(イランの)ホメイニ師なのです。
この情報を阻止するマのもの(のイシキ)が(ホメイニ師を信じる者に)降りたのです。
それでサドル=(自転車のサドル=銀の竜)師がホメイニ師=ハメネイ師を頼って逃げたのです。
(ホメイニ師によって?)多くの自爆テロが生み出されました。

イスラムの狂信者は女性を自由に束縛することが出来ると解釈しています。
それができなくなるので反対をしているのです。
それをたきつけているのが、マのもののホンメイ、ホメイニ師です。
このことはいつか必ずお知らせしなければと思っていました」

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はエジプトの太陽の船。

パレスチナのドキュメンタリー映画『Women in Struggle -目線-』

2007年06月27日 23時57分42秒 | Weblog
映画『Women in Struggle -目線-』とブサイナ・ホーリー監督パレスチナから来日ツアー
上映会スケジュール
6月30日(土)14:00~(13:30 開場)
会場:東京都国立市 一橋大学・佐野書院

7月1日(日)13:00 ~(12:30 開場)
会場:東京都 港区立男女平等参画センター リーブラ4F 集会室

7月4日(水)時間未定
会場:那覇市 桜坂劇場

7月6日(金)19:00~(18:30 開場)
会場:広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階マルチメディアスタジオ

7月7日(土)14:00~16:30(13:30 開場)
会場:大阪市立 難波市民学習センター講堂

7月8日(日)13:00~17:30 (12:20 開場 )
会場:京都大学 文学部新館 第3講義室

2003年7月2日
地球をこれまで支配してきた星(支配星プレアデナイ及びその部下など)にこれまで人類は、操人形のように争いを起こさせられ、戦争の歴史を歩んできました。
彼らは人間の恐怖の想念をエネルギー源としていたそうです。
そして名の無い小さな星たちの集合意識=ソラのものイシカミたちが、これまで地球を支配してきた支配星と入れ替わるのがわかったので、支配星はあらゆる準備をしていました。

準備されていたものが宗教であり、精神世界のいわゆる98年までのチャネリングなのです。
長年にわたり人間を支配し、指導してきたとても賢い支配星は、人間を洗脳する事はいとも簡単で、“愛でもって悪を包みこむように”と教え、悪を隠して膨大な悪のエネルギーを育てていたのです。
精神世界では“愛”、“光”、の言葉をふんだんに使って瞑想を勧め、それが出来ないものは低い人間と思わせていました。

98年に大物の支配星はいなくなりましたが、それ以後も崇めて欲しいエネルギー体が、支配星の抽象的!な耳に心地よい言葉の羅列を真似して次々出てきていますが、ソラのものはそれらを“籠の中のカナリア”と言っています。
過去ばかり向いていると思われるようですが、最初に書いていますように、どうしてこのような情報が知らされるようになったかというと、

これ迄の考えのままでは決して平和な地球にはならないので、大昔の知らない事を知らせる
  
と言ってきました。

そして今の争いの原点を知らせる事で、争いの無意味さに気づきます。
特にパレスチナの争いの原点は、ソラのものから知らされないと決して分からなかったのです。

なぜ、エジプトの砂漠の中から実際使われていた大型の船が出てきたか?

この謎を解いてくれた事に気付いた事で和平が進んでいると思っています。
ソラから知らされた情報を簡単にお伝えします。

友達物語
空の意識体から知らされた「地球物語」という本では、これまでの歴史の中で隠されてきた事柄を明らかにしています。
この友達物語(You fellows)物語はその中の一部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々大昔、世界の文化は今の私達が想像しているより、もっと進んでいました。
しかし、当時の人々は生活の様子を文字にする手段を持ちませんでした。
それで、これまで我々が出来たのは、科学者の調査に基づく想像のみでした。
その文化の発達したイスラエルの国の人たちは仲良く暮らしていました。
けれども、その人たちの中でもいろいろな性格の人たちがいて、毎日平凡に暮らすのが好きな人と、もっと国から外に出て貿易をしてみたいと思う人に分かれました。

国の外に出てみたいと思う人たちをユー族といいました。
ユー、すなわちあなたとお付き合いしたいと言う積極的な人たちでした。

その土地で同じように暮らしていたいと思う人たちは、そのままその土地に残りました。
ユー族の人たちは大きな船を作り、貿易のために海外に出かけていきました。

当時エジプト地方にはもっと多く雨が降り、多くの動植物が穏やかに育っていました。
ナイル川には船が都市の近くまで出入りできるような大きな支流がありました。
エジプトの絵画集

ユー族の人たちはその支流をさかのぼって行き、そこで仕事をしようと思いました。
しかし、その頃はエジプトを悪い王様が治めていたために、ユー族の人は皆捕らえられて奴隷にされてしまいました。
それ以後エジプトでは雨が少なくなり、また、木を切り倒した事で砂漠化が進み、船は砂漠の中に残されたのです。
ユーという言葉が長い間に変化し、彼らユー族は現在ユダヤ人と呼ばれています。
これで何故ユダヤ人が国を持たなかったか、イスラエルの地に戻りたかったかが分かるでしょう。

それ以後の歴史は、イスラエル人(モーセとユダヤ人)のエジプト脱出の話や他の多くの物語でご存知と思います。

イスラエルを去らず残った人達は、後にイスラム教を取り入れ生活の基盤としました。
彼らは今パレスチナ人と呼ばれています。

ユダヤ人とパレスチナ人は異なる宗教を持っていますが、彼らは元々同じ国で生まれ仲の良い友達だったのです。

それ以後いろいろな宗教が生まれた事は"地球物語"に書いています。
おしまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エルサレムのユダヤ人は”嘆きの壁”を大切にしますが、その壁の向こうにはイスラム教の聖地の“岩のドーム”があります。

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教が共にそのエルサレムを聖地とするのは、そこで神の名乗る存在からチャネリングが始まったからです。
そしてその神と名乗る存在こそ、その下に潜っているその巨石がイシカミの中東の王だからです。
そのイシカミが色々な人に、チャネリングで呼びかけたために、その地から複数の宗教が生まれたのです。

2000年にシャロン首相が、イスラムの聖地といわれる所に強引に訪れた事が、パレスチナ人の反感をかって、かつては自爆テロが続発しました。
けれどもなぜシャロン首相のイシキ=霊が無理にそこを訪問したかというと、シャロン首相の過去世が、その地で過ごしたその場所を訪れたいとイシキが思ったからと、シャロン首相のイシキが伝えてきました。
(顕在意識はどのように思ったかはわかりません)

そしてエジプトの砂漠から、現実に波で傷ついた大型の船(太陽の船)が出てきている事も、この情報の真実を増しています。

この友達物語と供にこれらの情報は、2003年、2004年に世界連邦の招きで来日したパレスチナ、イスラエルの戦争遺児達、10数人に“友達物語”の冊子を渡して説明しています。

アラファト議長が生前【預言者さえも間違っていた】と言ったと報道されましたが、チャネリングではこの情報を知ったからと伝えられたのと、冊子を渡した数ヶ月後の時期的には一致しました。

The "You fellows" story(英語版)

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はエジプトの太陽の船。

パレスチナのドキュメンタリー映画

2007年06月26日 22時21分50秒 | Weblog
2007年6月26日
日本縦断ブサイナ・ホーリー監督の上映&トークツアー!
映画『Women in Struggle -目線-』と監督パレスチナから来日ツアー
─札幌6月25日・26日、仙台27日、東京30日・7月1日、沖縄4日、広島6日、大阪7日、京都8日─
上映会スケジュール
に参加してきました。
映画は、ベールをかぶらないパレスチナの女性活動家で、自分たちの意思をはっきりと伝えることが出来ると言うので選ばれた4人の体験談でした。

イスラエルの占領も勿論一番大きな問題ですが、やはり暴力と女性を弾圧するイスラム原理主義が台頭する心配をされていました。
この映画はイスラエルでも公開されたそうです。

監督はワシントンで学ばれ、クリスチャン村に住んでいるそうで、日本にたどり着くのに3日間かかったそうです。
監督は札幌には来られないと思っていたのですが、トークもあり、終わった後、『友達物語1』、『友達物語2』をプレゼントして名刺交換をしてきました。
パレスチナ、イラクをはじめ、争いに明け暮れている人たちに、一日も早く平和が訪れることを願ってやみません。

2007年3月21日
「宇宙から見ると、蛆は地球の富を労なくして食む者をあらわします。
すなわち他の人たちが汗水流して作った食べ物(地球の富)を取り上げる人たちのことです。
それは人間は平等であるべきなのにまだ王侯、皇室制が続いているからです。
又、地球の富を欲張って他の人から取り上げる人たちも同じです。
それらを蛆であらわし、いつも白米(地球の富)を狙っていて、ゴミの中でも生きているということです」

今朝の新聞でもガザではハマスの影響で、あちこちでイスラムの教えを守るためと称して爆発が起きているそうです。
要するに女性を思うとおりにしたいというマの教えだけを守るためなのです。

2006年10月22日
*)海岸での女性遊泳を禁止、ソマリアのイスラム勢力(2006年10月21日付ニュース)
「イスラム原理主義者たちは、女性を支配したいために、男性の都合の良い解釈をしているのです。ソラのものより」

*)<イスラエル>大統領は性的暴行などで「起訴が相当」(2006年10月17日付ニュース)
「兵士を戦わせ、死に向かわせておきながら、国の指導者とはこういうものです。とのお手本を見せているのです。ソラのものより」

2004年11月4日
「宗教指導者も同じです。
自分達は決して危険な事はしないで、毎日(モスクの)マイクで人々の洗脳をしているのです。
そして敵をやっつけろと言葉巧みに、無垢な人たちを狂わせているのです」

2006年7月1日
「パレスチナがジゴクのようになりました。
マに取り付かれた者が(イスラム原理主義、イスラエルの強硬派)指導者になっているからです。
なぜ、マに取り付かれるかというと、悪い思いのスモール・イー(e) が宇宙からやってくるからです。
スモール・イー(e)は人間の生きる力を奪います。
悪い思いのスモール・イー(e)の集合体がリュージンの正体なのです」

【悪い思いのスモール・イー(e)の集合体を消滅した】

2005年8月28日
今日、久しくなかったパレスチナの自爆テロがありました。
これは28日に大本で行われた金リュー海の掃除をして、リューを復活するための儀式が行われ、リュージンが蘇ったためと知らされました。
それは昨日の雲に続き、今日の雲でも知らせてきました。

イスラム原理主義と大本教の雲
実際はもっと大きく見え、三角雲がとても目立ちました。
右側の三角は、イスラム原理主義の争いを起そうとするエネルギー体で、左からグレーの棒状の雲がひっついていき、見る間に太い棒になりました。
グレーの棒状の雲は、昨日リュージン起こしの儀式をした大本教のエネルギー体で、平和を唱えながら世界中の宗教と結びついて、イシキの世界では争い好きなリュージンの拡大に努めていたことをあらわしています。
その後濃いグレーの雲で覆われ雨もぱらつき、ソラのものの嘆きの雨と思われました。
ちなみに写真の雲で真中のは、争いを見ている仏教のエネルギー体で、その上の巨大な雲が口を開けているのは、キリスト教をあらわすそうです。
バックの白い断層雲はイシカミ達が一致団結して見ている。
関東地方で棒状の雲が並んだのが、他の掲示板で公開されていますが、地震雲、地震があるとも、ないともはっきりとは言いません。
(地震がある場合は地震雲です、と言いますが、大勢のイシカミの意見なのでどうなるのかわからないのだと思います。

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は6月26日のソラ。

地下空洞へ消えた湖

2007年06月25日 23時58分36秒 | Weblog
2007年6月22日
湖が突然消滅 底に大きな亀裂 チリ
深さ30メートルの湖が消滅、原因不明 チリ
水が突然消滅した氷河湖の写真
南米チリ南部の冷涼なパタゴニア地方にあった広さ1平方キロ、深さ約30メートルの湖が突然消滅し、同国の科学者らを慌てさせている。同国森林公社などによると、この湖はベルナルド・オヒギンス国立公園の中にあった氷河湖。3月には存在が確認されていたが、5月27日に公園レンジャーが定期パトロールに訪れたところ、消えていた。底に氷塊があったほか、大きな亀裂が走り、湖に流れ込んでいた川も干上がっていたという。(2007年6月22日付ニュース)

「これは地球には地下空洞があることを、そこの、イシカミが証明したのです。
(他の国で、陥没することで丸い穴が相次いで知らされましたが)その代わりに亀裂を起こして地下空洞に水を移動させたのです」

地下空洞ソラ辞典より)
地球の中の空洞。
北極に入り口があり、中は地球と同じような風景で暖かく、きれいな花が咲き乱れていて、悪い者は決して行くことは出来ないという。
鳴門の渦潮は、地球の空洞に海水が渦巻き状に注ぎ込んでいる。
学説では富士山の伏流水と言われている柿田川湧水は、地下空洞に注ぎこんだ海水がろ過されて出てきたもの。
悪い星のイシキが又行くといけないので、詳しくは教えてくれない。
人間が行くには一寸時期が早い。
この情報を認めたものでないと、イシカミはいれてくれない。

最近地下空洞へ外宇宙のモノが入って隠れていると。
静岡の富士山の麓にはたくさんの地下穴があり、そこに外宇宙のイシキたちが隠れている。
富士山の麓に創価学会をはじめ多くの宗教、精神世界が集まっているのも
地下空洞へ入ろうと狙っているからと。
オームもそうであった。

地下空洞とその入り口などクロップサークルより)
Welcome to the Crop Circle Connectorより
JUNE 2007のWhite Horse Milk Hill, nr Alton Barnes, Wiltshire. Reported 7th June

「地球の地下空洞をあらわし、4つの地下空洞に入り口は、天頂の丸(1)は北極で、3つは日本の、富士山の麓(2)、長野県松代(3)、新潟県柏崎(4)になり、ホッサマグナの線となっている。

小さな丸は、地下空洞への入り口の補助口となり、富士山麓のウナギ井戸、松代の地下空洞や、新潟の番神堂など。
又、新潟は石油や天然ガスが出る、富士山や長野は火山も地下空洞とつながっているようです。
北極のそばの丸は、アリューシャンやアイスランドの火山など」

大西洋と太平洋の下にはそれぞれ、アトランティス大陸(6)、ムー大陸(5)があることを知らせている地球の図。

緑の変形4角形の角は、地下空洞から外に出ようとすることをあらわしている。
緑の曲線は太平洋と大西洋をあらわいる。
2007年5月5日のお知らせに地下空洞の入り口のことを知らされています。

先日、空気入れの《イメージ》があり、
「地球の中の地下空洞に空気を入れました」とも。

書き終わると歯にサインあり。本当と言う意味。

2007年5月5日
火炎土器はこれまで支配星にだまされてこの形になったと伝えてきて、確かに後年崇められる象徴と利用されたようですが、それを挽回したいので見に来て欲しいということでした。
火炎土器は思っていたより大きく、沢山で、そしてとても複雑な模様なのに、損傷がなく現代まで保存されていたのが、奇跡と思えます。

複雑な模様は地球の内部をあらわしていると伝えてきました。
火炎土器はイシジンが頭にかぶるお汁の入れ物でない=底が平らで置物として形を造っている。
遺体の頭に壷がかぶさっていたのは、模様のない丸いそこの壷でした。

火炎土器の中は勿論空洞ですが、それは地球の中は空洞で、あちこちに小さな地下空洞があることも知らせています。

4つの突起は地下空洞の入り口をあらわし、北極、立山麓、長野松代、富士山麓にある。
火炎土器は地球の内部をあらわしていて、入り口は太平洋をあらわし、内部は滑らかで底まで深くはない?
(内部は模型しかわからないので、、)

周りのギザギザが太平洋環火山帯のイシカミ達で、島になったり日本列島などになった。
最初、地下空洞の入り口の4つは均等にあったが、地球が頭を少し持ち上げたために地下空洞の突起の部分が集まってきて、富士山、立山、北アルプスになった。
そしてこれまで知らせて来た、チリーと静岡が地球内部でつながっていると言うのはこれを見るとなんとなくわかるようです。
渦巻き状の模様はイシカミが地球に突入した後、原子たちは仲間同士で固まり、丸くなろうとしたことをあらわすそうです。
地上でも崖などで層になっているのは、このように地下でも層になって曲がっていることを知らせている。

いろいろな形の火炎土器があるのは、イシカミの情報の受け取り方が違うからのようです。
同じく県内でティアラ展が行われていたようですが、火炎土器の模様と関係があるようです。
火炎土器も国宝に指定され、30万から50万の耐震装置の上に乗って大事にしてもらってうぬぼれているせいか、本物の画像は紫色のエネルギー体?が写っていました。
まだわからないことが多いですが、今までわかったことです。

ソラ画像より
火炎土器=地球の内部をあらわす
火炎土器上部
火炎土器

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は6月25日のソラ。

彼の行くところ

2007年06月24日 21時13分03秒 | Weblog
予定

2005年7月8日
「人間の肉体は、イシカミからできている事を忘れてはいけません。
生物の発生は、トマコマイ(苫小牧)に降りたイシカミが考えました」

「それ(生物になること)が知らされているのです。
原子(原子核の周りを電子)が回る事で生きています。
それで地球も回るのです。
原子が回るので、地球も回れるのです」

ラセンの雲
千葉の読者の方より。
今日のお知らせに、シリコンが動くモノ(生物)にかわるのに、原子たちが連なったり、中に入っていったりしたと伝えて来ましたが、雲でもラセンを描いて、読者の方に見てもらっています。
DNAをあらわしているようです。

2005年7月10日
「藻になったイシカミです。
トマコマイの海岸が丸いのは、私が沈んだからです。
私がシリコンから藻になろうと思ったのです。
それは動きたいと思ったからです。
それまでの(イシカミの)シリコン(=珪素)は塊だったからです。

私は原子たちに、自由に動いても良いと言いました。
原子たちは、気の合ったもの同士で並びました。
ある原子たちは、中に回ろうとしました。
何度か内側に集まろうとする事で、ラセンができました。
そしていろいろな形になりました」

「山に角を作ったイシカミです。
トマ・コマ・イのイシカミです。
私がその角(の岩)を作ったのは、海に沈んだイシカミに見てもらうためです。
そして地球にも知らせる為です。
地球が生きていくのが嫌になった時に、イシカミの巨人の角を思い出してもらおうと作ったのです。
(イシカミ達が一生懸命地球を希望の星にしようと努力をした事。バシッとラップ音)
(巾の広い)滝は、山からも生き物になった仲間が飛び降りている事を知らせたのです。
滝は水に溶けたシリコンが、山のイシカミの気持ちをあらわしているのです。
山のイシカミが、生き物になろうと(言葉が出てこない)、高い所から飛び降りるのです。
(イシカミの決意をあらわしている?、書いていると右下腹が5、6回チクチクとサインあり。“そうです。それが言いたかったのです”と)
そして水星(=水)と、土(=土星)と、木(=木星)の助けで生き物になる事ができるのです。
そして 勿論太陽の助けも大切です」

2004年6月17日
「忘れられない人、それが山彦です。
いつも山彦とはお話ししていました。
そしていつもミナツキサン(綾部の夏祭り)には海彦と楽しく過ごしました。
なぜ山彦と呼ばれるかというと、山彦が山に入るといつもキノコが生えたから。
それが椎茸でした。
椎茸は(日に当てると)骨が強くなりますが、そのようにしたのは私、君山です。
松茸は後から真似をして作られました。
山の谷に作っても おいしいお米がとれるようにしました。
空の畑(星原の畑)も荒れるにまかせ悲しく思っています。
以前は柿や栗がたくさんなりました」
(子供の頃は小山全体が柿や栗畑だった)

*)君山は山彦を見守っていて山彦が殺された後、シガサトの7(8)不思議を起したり、小豆(山彦の殺された血の色)や 黒豆(ハラ黒いヤマトに真実を隠されたこと)を出した。

2007年1月14日
1月15日は松が明けると言いますが、松がめでたいというのも、情報では反対です。
松は葉が刀の形をして、形ばかりをめでて、人間に対してほとんど役にたちません。
竹は皮、新芽、竹細工といろいろと人間は利用しますが、松の下に思われています。

2005年9月7日
ジンムの生まれた所と言われる神社に偶然行きましたが、その近くにある池にリュージンが降り、朝鮮から来た若夫婦の子どもに、リュージンが乗り移ったのがジンムだと。
この近くの韓国岳の近くは松がほとんどで、松葉=刀をあらわし、争い好きのジンムの発祥地として知らせていました。
ジンムという争い好きの強力な力を持った人物は、スサノオの蛮行という形で物語に残されています。
馬の皮を剥いだということも、この情報で日本の馬を食べ尽くしたのが、朝鮮から来た人々というのと一致します。

「木を植える事のみ、木が一番地球を救うように人間は思っています。
その土台になっている土になったイシカミの事を全く思いません。
それに木が生える事で地球を固めて生物を発生させたイシカミの姿を見えなくしました」

・参考:ヤマタイコク物語

2004年6月19日
【安平山】
アンピラ山とは、「安否=アンピ」をあらわしているそうです。
すなわちアンピラ山のイシカミは早くに地球に降りてきて、他のイシカミにも降りていらっしゃいと言ったそうで、後から降りてきたイシカミがどのようになったか、安否を気使っていたそうです。
(イシカミさんのお蔭で人間はとても助かっていますと、報告しておきました)

近くの鹿公園に行き鹿を見て、改めて白紋がきれいに並んでいるのを確認し、お尻が白い意味を聞きました。
鹿の角=稲妻=ホシノミナをあらわしたのは、安平山のイシカミが考えたそうですが、今、世界中で鹿が異常繁殖しているということで、迷惑をかけているそうだと伝えると迷惑をかけていますと。
お尻が白いのは、「真認=シンニン=信認も」をあらわすそうで、真実を確認している?そうです。

2005年6月6日
「アラファト(パレスチナ議長)です。
フランスで亡くなった者です」

と言葉になるので何度も聞きなおしたのですが、そうですと。

「安平山のイシカミ(の巨人の化身?)です。
シリウスに言われて(平和をもたらすために)パレスチナに行ったのです。
けれどもファタ派のエネルギー体に負けて、平和にする事ができませんでした。
(イシキとして降りてきて)こうしてきれいな日本を見る事ができてうれしいです。
(向こうの世界で)ゆっくり休んでいます」 
と、言葉になりました。

2006年5月27日
「アラファトです。
つながれている者に(次のことを)伝えました。
この国で共同で暮らすように。
それしか方法はないし、それが最良だと。
(2国共存)
まじないをしました。
『イチゴに誓って宣誓すると』 
イチゴ=イシカミの誓いの語録というので、神に誓って宣誓すると言う代わりです」

「カタ、、、、カタ、、、、、(なかなかわからなかった)
カタールとは、『語る』ということです。
カタール(の放送局?)足の不自由だった人のことを知らせてください」
(白い鈍い光が何回か上から降りてくる。エネルギーを送りましたと)
「それを(テロリストは)聞いているのです」
(左足に強いサインが一回だけあり、本当と)

・2004年4月3日のお知らせ「エルサレムの平和について」より
夜中突然目が覚めて。
「足が痛いのは死んでからも同じでした。ヤシンです。
私のイシキ(潜在意識=霊)が足の痛みで、進んでいる道が違うと教えたのに、生きている時は気づかずにいました。
そして皆を動かし、多くの犠牲者を出したからです」

「(ビジョンの)赤い光はホシノミナがエネルギーを送りました。
まっ白になったのは“白紙からスタートして欲しい”とヤシンがソラのものに頼んできたので見せたのです」

「一度限りの命、その生き方が死後の世界にまで深く関わる事がこちらに来てよくわかった。
敵を倒すために自爆テロを起す事は、死んでからも多くの人のイシキに非難されている。
決して天国にいけるわけではない。
この事を日本のマスコミは一人でも多くのパレスチナ人に知らせて欲しい。
ヤの信念を持った男 ヤシンより」

ユンニの湯の温泉に行く時に、親指にサインあり。
「雨霧山(アメキリヤマと呼んでと)です」
地図を見ると近くに、鬼首山とか大蛇の沢川の名前が気になるのは、雨霧山がその名前を変えて欲しかったからのようです。

「悪者がその名前を付けさせたのです。
悪者とは長沼にいる大蛇(のイシキ)が付けさせたのです。
長沼の大蛇(のイシキ)を消滅してください」と。

【長沼の大蛇のイシキを消滅した】

ユンニの湯の温泉は、コンブを溶かした?ような暗褐色の温泉で、つるつるして気持ちが良かったですし、大きな岩の露天風呂もありました。
「私(雨霧山)の子供が温泉を作りました」と。

札幌に向かう途中、足にサインがあり、
「長いもの、長いものになりました。
悪い者が(長沼のダイジャが札幌に)こないように長くなりました。
いつまで経っても気づいてくれないのでお知らせします」と。

何時も気になっていながら人工林かなと思うくらい、平らな丘陵が長く続いているのは、イシカミが長くなって、隣の長沼からダイジャ(のイシキ?)が来ないようにしたようです。
長沼は、かって夕張川の蛇行部があり、沼が多い地域です。

この細長い丘陵の近くが、2003年たくさんの穀物模様を作ってくれた空知地方です。

2006年5月28日
「(長沼の?)マの生贄にされていたのが、安平山のイシカミです」

《イメージその1》
“うっすらと山を巨大な三角のものが口にくわえている感じの絵”

安平山がイシキの世界で、ダイジャにくわえられてので、安平山のスキー場は、ひどく土地がやせている感じがした?
長沼のダイジャのエネルギー体が消滅したことを知らせて来たようです。

2003年7月14日
空知地方の穀物模様(=クロップサークル)

【クロップサークル】
昨日、帰途の途中に高速道路から見たクロップサークルを見に行きました。遅くて日が暮れると思い、チャネリングで聞きながら行くとありました。
何とか日の入りまでに写す事が出来ましたが、やはり高い所からでないと模様がはっきりわからないのと、高速道路からはよく見えても、そばに行くと田に入ることが出来ず、農道からしか写す事ができなく残念でした。
最後に知らされた所は少し高い道路から撮影でき、何とか全体像が写せました。

模様がヨーロッパなどと違うのは、作る目的が違うからだそうです。
日本でサークルがないのは
【日本人は輪を尊ぶので知らせる必要は無いのです】
という思いもかけない言葉でした。

3本線は3位一体(人間は、肉体・イシキ=霊・魂)から出来ている事を表わしているそうです。
長い直線は、ようやくトンネルを抜けた=人間がイシカミに気づいてくれたという意味だそうです。
(イシカミとは、地球を固めて、人間の為にいろいろしてくれた射手座のいわば宇宙人=HPの地球物語に書いています)
大きな丸っぽいのは人間の肉体だそうです。小さな丸はソラのもの達だそうで、 
「地球に降りてきて伝えていますよ」という意味だそうです。
矢印様は、今のまま(信じて)進んでいってほしい?

これまでスタッファ島のイシキが先頭に立って、ヨーロッパなどのクロップサークルを作っていましたが、あまりに人間が気づいてくれないので、本当の事をいうと地球は石器時代に戻ればいいとさえ思っていたそうです。
「本当のことをいうと・・・」と、言う時はさすがためらいがあったのか、なかなかホンから先に進みませんでした。
けれどもクロップサークルを作るのを手伝ってと頼んだことで、
「人間の為に作る事が出来て嬉しい」と言っていました。
スタッファ島のロボットの他、エアーズロックのロボットも参加したそうです。

最後に
12日は雨や風が強かったそうですが、「悲しみが一気に吹き出たのです」とも言っていましたが、ここだけを読まれた方にはとても信じていただけないと思いますが、その感情はよくわかりました。
(今も殆どイシカミを認めてもらえていない事)

2003年7月第5回北海道クロップサークル調査

2006年7月13日
本当にこのように、リュージンやその弟子のヘビを崇めることが、どれほど地球を痛めつけいることか。
そして、そのエネルギー体に支配された青少年が、異常な事件を起していることに、一刻も早く気づいてほしいと思います。
それだけではありません。
争い好きなリュージンを広めることは、中東に新たな戦争を起しています。
これは日本におけるリュージンのエネルギー体が、巨大化して海外のエネルギー体に力を与えるからで、深く関わります。
以前から知らせていますが、神道は昆虫の触角を帽子の垂れであらわしているように、昆虫を送り込んだ星と関係があるのに、わざわざ昆虫博覧会に行っているのも、エネルギー体の増強に関係があるそうです。
・皇太子、群馬の昆虫の森へ(2006年7月12日付ニュース)

2005年9月10日
「聖徳太子です。
友達になぜ、悪者になったかと言われたのです。
今まで、言わなかった事があります。
白い物(白い木=稲妻)が嫌だったのです。

それで色*で位を決めたのです。
何時になく稲穂の実りが悪い時、悪い星が言ってきました。
このままでは稲穂が実る事はない、と悪い星の神の声は言ってきました。
それで稲穂が実るように、村人を刺すように神は言ったのです。
言う事を聞かないと稲穂が実らないと神が言うと村人に言いました。
そして村人を刺す(ムラサキ)と村人は青い顔*になりました。
それを見て“そのような色が一番大切な色だ”と神は言いました。
それでムラサキ色が一番大切な色としたのです。
色は白以外が大切な色と決めたのです。
それを思い出して泣いていたのです」

*)色の階級
*)青い顔=支配星やその部下は、人間の恐怖をエネルギー源にしていたと知らされていて、そのことをあらわしています。

2005年7月23日
「リラはチョウを地球に送り込んだ星です。
チョウは派手な姿をしていますが、幼虫は害虫でその被害は甚大です。
チョウはリラそのものをあらわしています」

2006年8月4日
#)お便り(掲示板)紹介
青色、紫色、白色のエネルギー体(鷹取山の魔崖仏)リラのエネルギー体
リラは蝶を送り込んだと伝えられています。
形のみ競う蝶は青虫の時に、人間の食べ物を食べ、人間にとって有害です。

支配星リラによる音楽
リュージンソングが癒しに効果?
自然音楽セラピーとして、”地球に龍神を呼んだコンサート”が行われているようですが、リラが支配星の仲間であったことがはっきりしました。
これまでその裏に隠されていたけれど表に出てきたようです。
音を聞くだけで、病気の症状に効くって宣伝しても良いのでしょうか?
試しに聞いてみたら、リュージンのはしばらくして空気の塊を飲み込みました。
この音楽のエネルギー体が、空気の塊として肉体に入るということがわかり、大きなエネルギー体が存在することが良くわかりました。
98年にボーイソプラノの賛美歌が、精神世界で流行りましたが、それと同じで、プレアデナイの好きな声なのです。
《言霊》は直接脳に入り込み、洗脳しやすくなるのは、意味のわからないお経を長い時間聞かせるのと同じです。

2004年3月22日
「ウニは岩(のシリコン)を食べておいしい身を増やすのです。
それは岩のシリコンの原子が何とか違う原子に変わりたいと願うので、ウニが食べてあげるのです。
あのウニのトゲは栗の真似をしているのです。
栗にはイガがありますが、あれは栗の原子があのような形に変えたのです。
ウニと共になぜあのような痛いとげで周りを包んだかというと、意地悪で包んだのではありません。
表面積をできるだけ大きくするために、あのような形にしたのです。
凹凸を沢山作ることにより、広い面積から空気や海水の原子を取り入れ、おいしい栄養のあるものを作るためです。
あのおいしさは根や口から取り入れたものだけではなく、空気や海水から取り入れているのです」

2005年5月10日
大阪城になっているイシカミも来ています。
子供の男の子のイシカミのようです。
僕は栗を作りました。
ここに岩船神社がありました。
巨石に皆がお願いをしていたのです。
食べ物がほしいといわれたので、僕の身体に似たものをとお願いしたら栗の木を作ってもらいました。
そして秀吉の時代になり、巨石は一部は高津神社に運ばれ他は石垣として使われて岩船神社なくなりました。
・参考:チャネリングで知らされた情報の検証

サケソラ生物辞典より)
サケは川に上ってきて、人間が見える場所で産卵をする。
人間は魚から進化したのではない事を知らせている。

地震雲画像:6月22日宮城の方より
発生時刻 2007年6月23日 7時20分ごろ
震源地 日高支庁西部 深さ 120km M 5.1 震度3 北海道

発生時刻 2007年6月23日 14時58分ごろ
震源地 千葉県南東沖 深さ 70km M 4.7 震度3 静岡県

発生時刻 2007年6月23日 16時15分ごろ
震源地 苫小牧沖 深さ 130km M 4.5 震度2 青森県 岩手県

発生時刻 2007年6月23日 23時53分ごろ
震源地 茨城県沖 深さ 50km M 4.1 震度4 茨城県

*地震雲写真集『地震と雲』発売中!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は6月24日のソラ。

昭和天皇は人間の姿をしたリュージン

2007年06月23日 23時57分26秒 | Weblog
2007年6月22日
2007年6月22日 
朝方、久しぶりに右頬にかすかに冷たい風が吹きつけるので、誰(のイシキ)か降りているのか聞くと思ってもいない言葉になりました。
ただ、イシキの世界からのチャネリングですので真偽のほどはわかりません。
そして公開を躊躇していたのですが、一日中右目に涙が出てくるのは、
「知らせてくれないから涙を出している」
ということですので、お知らせします。

「私はキム・ションニ?という者です。
金日成の息子でした。
(小さな白い光があらわれ消える=本当と言う意味)
私は(生まれた時には)脳性マヒでした。
それで父親に首を絞められて殺されました。
そして(生まれていた)イトコ?を自分の子供だと言って、皆に紹介したのです。
このことを知っている人はほとんどいません。

なぜ、私が脳性マヒとして生まれたかと言うと、(支配星に)昭和天皇の真似をするようにと言われたからです。
昭和天皇は人間の姿をしたリュージンだということを、生まれる前に見ていたからです。
その恐ろしい人と同じになれと言われたからです。
それが嫌だったので脳性マヒとなって身体を動かさないようにしたのです。
それが今思うと良くなかったのです。
(右股関節にサインあり)
ザンネン・・・・、残念なことにキム・ジョンイルが、(金日成の)息子として好き放題に育てられたからです。
私の身代わりのキム・ジョンイルが国をボロボロにしたのです」

はっきりとした《イメージ》
“中と小の白い箱があり、小さな箱は中の箱の中に入る”
意味は
「朝鮮からのメッセージが箱の中に入って送られたことを知らせました」

「ソラから見ていると全てのことがわかります。
なぜ、悪者(のキム・ジョンイル)が今まで好き放題なことができたかと言うと、それは(現実世界で)リュージンが崇められていたからです。
それで(リュージンの子分である)ヘビ一族が、地球の富を自分たちにより多く持つことが出来たのです。
今に(隠れて悪い事をしていても表に出てきて)わかります」

《イメージ》
(茶色のタオルは現実には持っていない)
“茶色のタオルが干してある”
意味は
「それが朝鮮の血の歴史を拭き去ったタオルです。
血の歴史の何もかも茶色のタオルが消し去ったということです」

「(金は支配星が教えた)金という文字が示すように、支配星(プレアデナイなど)に支配されるとこのようになると知らされたのです。
そして裏で(北朝鮮と)つながっているのが、人間の姿をしたへび族の一人、文鮮明なのです。
文鮮明の兄が北朝鮮にいたのです。
そして兄が支配星から受けたチャネリングの情報を、利用したのです」
(その後エネルギーを貰っていたというようなことを、夢うつつで聞いていました)

2007年6月21日
#)朝鮮の食事や服などの夢を見ると複数の報告があるのと、ヒル長官が北朝鮮へ行くのが気になっていました。
金正日が亡くなったのかと聞くと

「(金日成の息子の)金正日ではありません。
偽物です(以前から偽物と言ってきている)。
偽物がいなくなった*のです。
金正日がいなくなったので、ヒル*(アメリカの特使)が行くのです」

*)いなくなった=動けなくなった?
*)ヒル=リュージンの子分。

(独裁者の金正日は、戦前の天皇を真似たと何度も伝えられています。
98年秋ごろに突然、胸が痛くなって咳が出て、北朝鮮の文鮮明の兄のイシキとつながり交信しました。
兄と名乗る存在は、結核になってもうすぐ死ぬと言い、韓国にいる文鮮明にチャネリングの情報を売っていると言っていました。
それで文鮮明は統一教会を始めたと。
兄は結核の薬がないので送ってほしいと言うようなことも言っていたのを覚えています)

2004年12月19日
昨夜は腰がだるくてあまり眠れなく意味を聞きました。

「知らせて欲しいからです。
今も昔と同じ様に、支配者の権力が横行しているという事が判りました。
貧しい人々から取り上げた富を権力者の威光の為に使っています。(葬儀)
これらの人達は亡くなる事の本当の意味を知っていたので、 斂葬の儀と言うのです。
斂葬の元の字は“剣葬”と書きました。
伊勢の巫女が歴代の天皇の絵の描かれた掛け軸を預かり、天皇は誰一人成仏出来ていなく、空海ですら誰一人成仏させる事が出来なかったので、成仏させて欲しいと頼まれたという事は本当なのです。
(私は何も知らなく、98年にプレアデナイとコンタクトをとっている人と伊勢の巫女さんを引き合わせ、直接話も聞き掛け軸も見ました)

その時にプレアデナイに支配された男性が念ずると、古ぼけた絵が写真のようになったのを あなた(著者も)見ましたが、プレアデナイは絵を写真のようにする事は出来ても、それらの人は決してソラに昇る事は出来ないのです。
それはその男性が言っていたように、多くの虐げられて苦しんだ人々がぶら下がっているからと、いうことも本当なのです。
斂葬の儀すなわち“剣葬の儀”とは、そのように多くの恨らみを持った人々にぶら下がられるのを剣で切り落とす為にされるのです」

昨夜、ショウワ天皇の皇后と名乗り、
「高松宮(喜0子さん)が嫁にくる事になった時、“(徳川家の孫の)この人なら(支配者の)仲間になれる”と言いました。
けれども美0子の時は“粉屋(○清○粉)の娘はどこの誰かわからない”と言った事が(ショウワ天皇が言ったと)世間に出ました。
私は死んでから、いつも追いかけられています。
戦争をけしかけたと、天皇と共に追いかけられているのです」
と言って来ていました。

ちなみ高松宮妃の葬儀の値段、1億3100万円。

2005年5月11日
98年まで死後の世界はプレアデナイが支配していたそうです。
そしてお寺などにある地獄絵のような世界は実際あったそうで、98年以後はイシキ(霊)や邪鬼のいない無人の地獄の世界はそのまま残っていると、何回か99年ぐらいまで伝えられていました。

ヒ0ヒ0と名乗る存在が何度も冷風と共に降りてきて、責められて困るので天皇制を止めて欲しいと言われていましたが、出来ないと断わっていました。
すると“地獄の釜のある所にいると誰も責めてこないから良かった”、とそれ以後私のところには降りてこられなくなりました。
地獄の絵がお寺にあるのは、実際プレアデナイが僧侶などにビジョンを見せて、仏教を信じないと地獄へ行くと脅かしていたから、人間は死後の世界を知らないので皆信じていったのです。

2004年10月26日
イシカミの宿敵であるスターリンを、多くの人の代わりにお知らせします。
スターリンなど絶対権力者は共にヒゲをはやし、多くの人を戦争に駆り立て人々を苦しみのどん底に陥れました。
今、被災地の人々は、戦争の時の苦しさを知らせてくれているのです。
戦争時代はもっともっと苦しい生活を強いられました。
その事のお知らせ役をしてくれていますが、あまりのひどさに、早く違う人生を送るために生まれ変わろうと急いでいる人もいます」

「イシカミの中には、石油に変わったものもいます。
その事を知らせたいのです。
太平洋戦争も石油の奪い合いで戦争になりました。
一部の人が贅沢をする為に、石油に変わったのではありません。
又、地球は限られた面積しかありません。
一部の人だけが広大な面積の土地を自分のものにしているのは、誰の許可を得たのでしょう。
どろどろの煮えたぎった地球を、人間が住むのにふさわしい星にしたのはイシカミです。
それなのに、全くその事を認めようとしない事も我慢できないのです」

2007年5月7日
「(オルタナティブ通信:天皇=売春業者のことは)一部間違いもありますが、大筋であっています。
今、そのことが改めて世に出ることに意味があるのです。
多くの人たち(特に権力者達)が忌むべきリュージンに支配されていたことを知らせています。
リュージンが富を好み、他を争わせて楽しむことでエネルギーを得ると、これまで幾度となく伝えてきました。
そのことの頂点にあった(=一番よくあらわれていること)のが第二次世界大戦です。

(その戦争で)亡くなった人たちの思いが、大きな力となって知らせてきています。
それは“クルシムのク”の字の集まった所(グリーンズバーグ)でお知らせをしています。
(グリーンズバーグの)巨大な竜巻がそうなのです。
オーストラリアのイシカミも早くから伝えているのに、無視しているので(ソラのものたちは)お知ら(=異常旱魃)するのです」
(オーストラリアでマールロックをデビルス・マーブルスと呼んだり、アボリジニがウルルなどでニジのヘビの神として崇めるのが嫌だとか、ウエーブロック、モーニング・グローリー=巨大棒状雲の意味など知らせても無視していること)

2006年10月22日
読者のブログに紹介されていました。
江川昭子氏のブログ:フェアではない~耐震構造の偽装問題のメディアの対応について

「今ほど(メディアが)発達していても、権力者はこのように都合の悪いことを隠します。
権力者の限りない横暴が通っていた昔の文献に、どれほどの真実が書かれているか、良くわかるはずです。
(それなのに)カビの生えた文献にしがみついているので、ローマ法王のような争いを生むだけなのです」

2006年7月25日
星の悪のつけを払うことが出来るのは、肉体を持った時だけと繰り返し伝えられています。
その肉体はイシカミの原子で出来ているからのようです。
権力者で富を独占し豪勢な生活を送った人たちは、宇宙の掟で反対の体験をさせられるとは以前から知らされています。
イエスも2000年も前から“大金持ちが天国に行くには、らくだが針を通るより難しい”と言っているのに、どうして欲に駆られて権力を行使するのでしょう?

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は6月22日のソラ。

地震の学習

2007年06月22日 21時11分36秒 | Weblog
気象庁 地震情報
Latest Earthquakes in the World - Past 7 days
平成19年6月23日7時20分ころ 震源地:日高支庁西部(北緯42.5°、東経142.2°)深さ約120km、マグニチュード5.1
震度3 千歳市、函館市、室蘭市、苫小牧市、むかわ町、新冠町、新ひだか町、浦河町、浦幌町

原子とニウ物語(雲、虹、地震雲、などの意味)
【変わった形の地震】
次のこともチャネリングの情報によりますので、真偽のほどはわかりませんが、他のあらゆる情報と繋がっているようなので簡単にまとめてみました。

《巾着袋地震》
これは震源地では全くゆれなくて何00㎞も離れた所だけ揺れる地震です。

・2005年12月20日 震源地:伊勢湾 深さ370㎞、M5.1、震度1 福島県 茨城県 栃木県 東京都23区のみ
・2006年3月28日 震源地:東海道沖 深さ410㎞、M6.0、震度3茨城県、静岡は震度1
・2006年6月17日 震源地:オホーツク海南部 深さ約390㎞、M5.6、震度2函館、岩手
・2006年8月22日 震源地:和歌山県南部 深さ 410㎞、 M5.1、震度2 福島県
・2006年9月16日 震源地:日本海中部 深さ 430㎞、 M5.6、震度2 北海道、震度1青森、岩手
・2006年11月17日 震源地:三重県南東沖 深さ 370㎞、M 5.1、震度2 福島県 茨城県 栃木県

このように震源地では全くゆれず、はるか離れた所がゆれるのは、地震はプレートがずれて起こるのでないことを知らせるために、膜になった原子たちが、巾着袋と同じ原理で深いところでひもを締めるからです。
それで巾着袋の入り口のヒダの部分=震源地から300から400kmの地域が動いたのです。

《ゆっくり地震》
最近話題になっているゆっくり地震とは、通常なら大きな地震を発生させる地下の岩盤のずれが、長期間に渡ってじわりじわりと進行するもので、体に感じるような揺れは発生しません。
房総半島は、プレート理論ではで北西方向に年間約2センチ移動しているとされていますが、観測衛星で反対の南東方向に1―2cm移動していたことが分かったそうです。
そしてその試算では、ゆっくり地震が一瞬で起きればマグニチュード(M)6・5の地震に相当するエネルギーがあるそうで、他に四国西部、紀伊半島北部、愛知県でも観測されています。
前述のゆっくり地震ではプレート理論と反対に陸の移動が起きているそうですし、和歌山沖の双子地震もプレート理論では説明できないそうです。
プレート境界から離れた大陸地殻内や海洋プレート内でもまれに地震が発生するのも発生原因はわかっていないようです。
このような形の地震が増えているのは、実際人間が大変な被害を受けることを知ったイシカミの原子たちが、少しずつ動いて人間が被害を受けないようにしてくれているからと思うことも大切と思います。

《巨大地震》
人間の肉体を創っている原子たちの思いが潜在意識です。
その人間の潜在意識が宗教などによって自分たちの嫌なものに支配されると宇宙に助けを求めます。
その助けを求める思いが巨大になるとそれに応じて巨大なガスの彗星が地球に突っ込みます。
地球は原子たちが手をつないで膜で覆っていますが、それに彗星が突っ込むと膜に穴がきます。
そうすると地球はゴムまりの空気が抜けたようになり大変なことになるので膜を作っている原子たちは急いでその穴を補修しようとするので巨大地震が起きます。
その後も何度も地震が起きるのは、彗星の衝突の衝撃で原子たちのつないでいた手が離れたので、元に戻ろうと動くために何度もゆれるのです。

《巨大津波》
巨大津波は、巨大なガスの彗星が地球に衝突し、水で衝撃は和らげられるものの、海面に巨大な穴を開けるので、そこに周りの海水が流れ込み巨大な渦巻きが発生します。
実際、渦に巻き込まれた人は、巨大な洗濯機の中に放り込まれたようだと感想を述べていますし、人工衛星から見た写真では、大きな渦巻きが写されています。
地球の膜の小さな傷であれば、イシカミの原子がたくさん傷の上に乗る事で、傷がふさがって治るので津波は起きません。

2004年12月19日
「長いこと待っていました。
これから申す事は一番大切なことです。
まだお知らせされていませんので、私が先に言わせて貰います。
何故あのような大きな地震が起きて、痛ましい被災者になったかと思われるでしょうが、私の生まれた目的がこの仕事をする為だったのです。

(ユウタ君のお母さんで、妙見堰のイシカミに崩れるように頼んで、仏教の嫌な名前を付けられているのを抗議した事)

それが一番皆さんに知らせて欲しいことでした。
けれどもお仕事をする事で、残された人に深い悲しみを与えた事を申し訳なく思っています」

「まだ知らされていないのにこうして知らせるかというと、まもなくこれから起きる事を受け止めるのに、この事を知っておいたほうが良いからです。
イシカミが人間にしてくれた事を思ってください」

2004年12月29日
「仕事をしたイシカミです。(スマトラのイシカミ)
仕方がなかったのです。
地球神が死んでしまうと思うくらい(地球の傷が)ひどかったからです。
(彗星が衝突して)地球には大きな傷が出来たので、大勢のイシカミが一斉に動いた(=助けた)からです。
なぜ地球に亀裂が入ったかというと、蛇を神と信じる人のイシキが助けを呼んだので、原子が集まったのですが、その彗星をヘビのエネルギー体が乗っ取り降りてきて衝突したのです。
思いも寄らないと思いますが、あちこちに立っている白い柱も白蛇を現わした仲間なのです。

(“世界人類が平和でありますように”と書かれた白い柱があちこちに立っていますが、以前から白蛇のエネルギー体に支配された宗教と伝えられています。五井教祖が気功(植芝氏)とつながりがあり、ムーの雑誌にのっていたように、気功は蛇のエネルギー体がエネルギーを与えているので、情報と一致します)
琉球王の子孫が後継者だそうですが、ムーの神官のイシキと関係ありと。

(宗教を信じる人たちの顕在意識では)地球の平和のためにと思っていますが、蛇のエネルギー体に利用されていて、イシキはそのエネルギー体に協力しているのです。
なぜなら、
【全ての宗教は支配星=蛇が作り上げた】
からです。

あらゆる宗教は特定の人物を崇めるようになり、そこにはエネルギー体が発生し、それらの全てのエネルギー体が合体する事で、巨大なエネルギー体となり益々大きな彗星を呼び寄せます。
そしてその都度地球が傷付いて行くので、地震や津波は更に巨大なモノが発生し、そのうち地球はダメになるのです」

実際チャネリングでは何度も、石器時代に戻るととても厳しい事を伝えてきています。
あらゆる組織の宗教団体やそれに所属する信者さんは、真剣にこのことを考えて欲しいと思います。

2004年12月27日
ここ最近の地震は、揃って震源の深さが10kmとなっています。
人間のために一生懸命働いたのにという、遅く降りてきたイシカミの無念と、地球神の思いが一緒になったようです。
他の地震掲示板で、プ-ケット島で“月が緑色でくるくる回っていた”という書き込みがあったそうですが、科学信仰者に罵倒されていたそうです。
このように異常な事もそんな事ありえないと、何でも知っているような傲慢な人が多いので、見えない世界からはしっかりと知らせてくると思います。

「いつか真実を書いて欲しいと思っています。
生涯を贅沢に過ごして豪華な儀式を挙げた人と、スマトラで津波にさらわれて亡くなった人達との末路の違いが、死後の世界ではどのように違うか、今の人たちは知りません。
自然の災害によってお知らせ役をされた方は、星になれるのです。
そして希望するなら、人間として生まれ変わる事も出来ますが、(イシキの世界では辛いのを知っているので)決して派手な人生は選ばないのです。
うそで固めた神話に基づいた人達を神と崇めて来ましたが、今尚それが続いているのに人々はその矛盾に未だ気づきません」

「(前世で)一度も働かなかった人が世の中に出る(生まれ変わる)事になりました。
ヒンズー教のカースト(=カスが友達)の一番下になる事になりました。
それが宇宙の法則です。
(現実生活で一番上にいると、生まれ変わった時は一番下になるとは、これまで生まれ変わりの情報では何度か知らされています)
反対に津波で亡くなった人は、一瞬のうちに違う世界に生まれ変わります」

(津波に襲われて助かった人は、すぐに気を失ったと言われています)
(小指に5、6回サインあり)

「地球神が死んだと沖縄の(イシカミに)知らされました。
(インドネシアで)津波を起したイシカミです。
我慢の限界でした。
蛇を神と祭ったり(ペナン島に蛇寺)、支配星に支配されイシカミを封印したモノを祭り続ける事に、がまんができませんでした。
いくら知らせても何ら変わりがないからです。
亡くなった人たちのイシキが助けを呼んだのです。
(顕在意識は)何も知らないで(支配星の宗教を熱心に)信仰しているので、このまま死んだら(イシキの世界で)つらい事になるので、早く生まれ変わりたいと言ってきたのです。

(自然の災害で亡くなられた場合は、お知らせ役をしているので早く生まれ変わり、それまでの罪が無くなる?
これまでは事故などで急に亡くなる場合は、イシキはさ迷うと言われていましたが、エネルギー体等があたかもイシキがさ迷っているように、面白おかしく悪さをしていただけと伝えられていますので、決して水の中で苦しんでいるとかではないようです。私に伝えてきた人で、辛いとか言ってきた人は現世で有名な人ばかりです)

地球神(のイシキが)がいなくなったのは、地球が意識を持って生きている事を人間が認めないからなのです。
そして(地震を起す事が悪いと思っているので)地球神が身動き出来なく、とても苦しくて辛かったからなのです。
地殻が作られた意味をお知らせしましたが、そのことを知ると同じ場所で何度も地震が起こる意味がわかるでしょう。
地球はただの溶岩の塊で、プレートの跳ね返りだけで地震が起きていると思い込んでいる事が、地球は我慢ならないのです」

2004年11月16日
#)新潟の被災地の読者の方(あまり被害はなかったそうです)が、 地震に遭われてから知らされることが納得できるのであちこち紹介してくださったそうですが、全く受け入れてもらえなかったけど、不思議な事に震度3の時に揺れなくて気が付かなかったというメールを頂きました。

理解して貰えなかったのはノアの親子も同じ思いだったろうな、と思うと急に涙があふれてきて嗚咽がでるほどでしたが、その事をメールに書いているとピタッと涙も止まりました。 意味を聞くと

「山のモノです。
(読者の)暖かな気持を感じたので“抱っこ”していたのです。
ユウタくんと同じです」と。

2005年5月11日
↓読者の方より

ソラのQ&Aのサイトに、白ヘビのような・・とかいてありましたが、正に昨日の新潟日報(新潟県地方紙)に
“長岡市の養鯉池に体長1.5m程の白ヘビが出現「復興へ導く神の使いでは」と地元住民の話題となった。(長岡市大川原町)山を隔てて隣の蓬平町の住人は「ただ事ではない」と。ムラの守り神、高龍神社はダイジャをまつっている事で知られる。「高龍様が山を越えて避難したのでは」とうわさも。”
と記事が出ていました。
10年以上前に高リュー神社に行った時、そういえば白ヘビの抜け殻を大切に飾ってあるお土産屋さんを見たのを思い出しました。今日こちらを見たらシンクロしていてビックリしたのでご連絡します』
(記事は写真付でした)

追加のメール
『今思い出したのですが、記事に出ていた地域はいずれも中越地震で特に被害の大きい地域です。
特に高リュウ神社の辺りは壊滅的で今でも仮設住宅で暮らしておられる方が多い地域です。
山古志村から長岡に来る時に通る道でもあります。
地図を見たら、その麓には白リュー神社、明リュー神社もあり、白山神社が3箇所、コウリューは鮫竜とも書くようで麓にその名前の橋があってびっくりしました。
物事は繋がっているとつくづく実感しました。』
(いかにリューという名前がつけられ嫌がっているか良くわかります)

2005年9月7日
地球には意識があり生きているので、動かないととても苦しく、死んでいくというのは、人間と全く同じでなのです。
そのような事はないと、決して誰も言えないはずなのに、又、地球に住まわせてもらい、食べ物を与えてもらっているのに、平気でその地球に対して暴言を吐いているのと同じなのです。
地球を生かしているのはイシカミの働きなのです。

そのことを書いているこの情報を理解できなく、これまで隠され知らない事なのに、まるで全て知っているような今の科学の教え、ヘビの星に教えられたリュージン信仰をする宗教にうつつを抜かしている事への激しい怒りと、地球への嫌がらせをするヘビからの苦しみを取るために、次々と厳しい知らせをしているのです。

2005年9月2日
「甘い言葉ではないのです。
まるで地球の叫びを聞いていないように知らない振りをする人。
地球が嫌がっている攻撃する書き込みは、それを知っているヘビのエネルギー体に支配された人が書いています。
涙を流す人(被災者)は、イシキが人間のイシキです。
涙すら流さず、自分の身の周りのことのみ思い、ひたすら(お知らせ)を憎む人に知らせます」

「なぜ、この情報が知らされたか?
支配星のプレアデナイが、自分たちの星が寿命が来て消えることを知ったからです。
それで地球に移住しようと計画をしたからです。
まず、人間達が自分たちの姿に馴れるように、ETの映画で知らせました。
そしてUFOやアンドロイド(グレーや2mの白人の巨人)を地球に送り込み、人間になれさせました。
国(特にアメリカ)の指導者レベルと内密に交渉をして、(アメリカは)UFOやクローン技術を教えてもらう代わりに、基地を提供しました。
その頃、支配星の仲間の星も次々地球に降りてきて、人間を支配下に置く実験をしていました。
それらが多くの新興宗教やカルトを生み出していきました。
それらは全てヘビのイシキに支配されたもので、地球は宇宙に助けを求めました。

そのことに気づいたヘビの大将であるプレアデナイは、人間や他の星たちに知恵を与えているシリウスを始末しようと思いました。
それでプレアデナイはある人物に超能力を与え、共同でシリウスを消滅させたのです。
邪魔物のシリウスがいなくなったので、プレアデナイは一気にアセンション*ときれいな言葉で人間を騙し、自ら集団自殺をさせるように洗脳していきました。
その手先になったのが精神世界で、特に2013年にその計画を実施しようとしていました」

*)アセンション=イシキだけの世界、すなわち死の地球にして、プレアデナイが支配しようと計画をしていた。

「そのことに気づいた名のない星たちが結束して、プレアデナイとその仲間を消滅させました。
けれども、悪賢いプレアデナイは宇宙の法則*を破ってまで人間に入り込んでいました。
それは崇めて欲しいと思っているイシキに入り込んだり、人間の卵子にエネルギー体を入り込ませ、そのイシキを持った子供を産ませ自分たちの計画を実行し始めていたのです」

*)宇宙の法則=宇宙のものは、人間に入り込み支配する事は許されないという法則。それを木星の衛星があらわしている。すなわち、木星(卵子)に衛星(精子)が廻っているけど決して中には入らないし、他所から侵入しようとするものは跳ね返す。木星探査機が全て撥ね付けられ侵入できないことが、その事を知らせていた。

プレアデナイは人間だけでなく人間が崇めるもの、特に宗教に使われる物(塩やお酒など)、言葉(お経など)、宇宙エネルギーと呼ばれるあらゆる物にエネルギー体をいれておいたのです。
そして宇宙エネルギーや、自分の欲のために力を求める人たちにより、エネルギー体はドンドン大きくなっていったのです。
それらはソラのものがいくら警告しても人間は聞き入れず、ますますエネルギー体は大きくなり、地球の苦しみは極限に達していきました。
そして仕方なく次々と異常気象で知らせて行っているのです。

2000年の気候を思い出して欲しいのです。
(98年から知らされだしたソラの情報は)2000年には地球に広がると、宇宙のものは思っていました。
それであのような快適な気候になっていたのです」

(2000年には愛知県の豊田に住んでいましたが、梅雨の時期も快適で傘をささないで過ごし、夜に雨が降って昼間は晴れて、夏も過ごしやすかったです。
ただ地域によって大雨が降ったのは、リュージン信仰などを嫌がったその地のイシカミが浄化のために降らせたそうです。
台風の上陸も確かなかったか、あってもかすめたくらいだったのは、日本を見たいからと言っていました)
デジタル台風:台風リストビュー
(台風番号2000年の台風をクリックすると経路がわかります)

「いくら情報を知らせても無視や攻撃ばかりしているのを、降りてきたソラのもののロボットが全て報告し、次第に厳しいお知らせになっていったのです。
全ては地球の叫びを無視し、ヘビのイシキに支配された宗教がますます力を持ち、政治にまで関わるようになった人間のために、このような異常気象になったのです。
以上が私たち、ソラのものの言いたいことです」
(このことは98年から一貫して同じ事が伝えられています)

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は6月22日のソラ。

なぜ人間?

2007年06月21日 21時18分12秒 | Weblog
人間ソラ辞典より)
生物はいて座から降りてきたイシカミ原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルやその後は石室、石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

『ソラの人間誕生記』目次

第1章 宇宙の誕生から原子の発生まで
【宇宙の誕生そして原子の発生】
【全ての原子には思い=意識がある】
【宇宙の原子たちの不満の思いを掃除して燃やした塊が地球の元になった】
【地球を固めたのがいて座のイシカミだった】
【ドロドロの地球をイシカミたちが包み込んだ膜がプレートである】
【初期の地球の上空は水の膜が覆っていた】

第2章 イシカミ
【イシカミは地球に降りてきて山や渓谷、土などになった】
【イシカミは岩になって宇宙の歴史を伝えている】
【イシカミは自分の肉体の原子に指示することで分裂・増殖が出来た】
【イシカミの巨人は想像を絶する大きさで、その分身は川や池を造った】

第3章 イシカミが古代遺跡などになった
【イシカミはストーン・サークルやメンヒル、ドルメンなどになった】
【古墳は塚から前方後円墳までイシカミの分身が固まったものである】
【石室もイシカミの身体の一部が巨石に変化したものである】
【イシカミの分身で顔があるのがモアイである】
【初期のイシカミの分身はより立派な形で残ろうとして石柱になった】
【石造建築はイシカミの分身とシリウスの合同作品だった】
【世界中にある巨人伝説は巨大なイシジンによるものだった】

第4章 人間の形をしたイシジンの発生
【イシジンはイシカミの身体から抜け出て生まれ〝お汁〟を栄養にしていた】
【土器の壷はイシジンのお汁の入れ物だった】
【最初の人型のイシジンはトルコで発生した】
【アトランティスのイシジン】
【土蜘蛛は日本のイシジンのひとつであった】
【中南米や東南アジアのイシジンは支配星にだまされた】
【イシジンはなぜ固められたか】

第5章 生物の発生
【生物は岩のシリコンから発生した】
【星の思いでDNAが出来る】
【星たちがDNAを構成する原子に指導をすることで生物は進化する】
【恐竜時代の重力は小さかった】
【恐竜は地球上にいっせいに降り注いだ稲妻で感電死した】
【地球には家族愛を持つ小型の動物だけを送り込むことになった】

第6章 人間誕生
【人間はなぜ生まれてきたのか】
【イシカミから出来たストーン・サークルで人間が創られた】
【小さなイシジンもストーン・サークルで生まれた】
【ストーン・サークルの中の小さな土偶が人間発生を知らせている】
【ストーン・サークルの後は劇場型遺跡や石箱、石室で人間が創られた】
【ギリシャ・ローマ式建築はイシカミの亡骸で、人間のために建物になった】
【イシジンと人間の合いの子がいた】

第7章 人間の身体の各部
【身体の各部位の意味】
【イシカミやソラのものは人間の肉体に地球の出来事を伝える】

第8章 意識と肉体と病気の関係
【潜在意識と顕在意識】
【脳の発生と働き】
【脊椎の出来方】
【血液について】
【意識と病気の関係】
【身体からのメッセージ】

第9章 人間を支配してきたもの
【見えない世界を利用するエネルギー体への警告】
【宗教のエネルギー体が人間を支配してきた】
【誕生から死まで宗教の行事で支配されてきた】
【きれいな言葉の陰に支配が隠された精神世界】
【なぜリュージンが雨を支配できたか?】
【人間の世話をしたイシジンは宗教に取り込まれた】
【見えないエネルギー】
【人間を支配してきたものの意味】
【生まれ変わりについて】
【ホロコーストもキリスト教が関係していた】

付録
【ソラの釈迦とブッタ物語】
【ソラのイスラム物語】
【世界の巨人伝説とローマ式建築物】

あとがき

2006年3月29日
星の宮神社の(ある山の)イシカミです。
人間はストーンサークルの中であらわれました
そしてイ、イ、イ・・・・・・・(他の人間が)いないかと周りを見回していました。
同じ姿の人間がいないかと探したのです。
それで、イシジンたちは続いてサークルの周りに立って、オーと声を出しました。
すると、またぼんやりと人間の姿があらわれ、次第にはっきりとしてきました。
そして何人もの人間があらわれました。
その頃は、家はなくてもイシカミが暖かかったので、(イシカミの)そばにいるだけで良かったのです。
人間に水と食べ物を与えることにしました。
食べ物はよく熟した柿の実を与えました。
そしてイシカミの食べ物に似た、ヤギの乳を飲ませることにしました。
ヤギの乳はイシジンが搾りました。
器はイシカミの身体で、イシジンが作りました。
こうしてイシジンが人間を保護していたのです。
そして人間が赤ちゃんを産み増えていきました。
その赤ちゃんもイシジンが育てました。
柿もヤギもイシカミができるように願うと、原子たちが集まってできました。
日本で始めて人間があらわれたのです」

2005年11月8日
マルタの遺跡を作ったイシカミです。
ミ、ミ、ミ、、、、、、、、見に来てください。
あまりにも(気づくのが遅すぎ待つのが)長すぎました。
私の身体の回りを石で残しました。
(クローバー状の形の配石)
身体の原子に石になるように伝えたのです。
それで巨人の姿がわかると思ったのです。
そしてその(配石の)中で人間を創りました。
身体の中にはいつもソラとつながった原子がいました。
そしてソラのものの指令で原子たちは行動を起こしました」
(下から白い光が上がってくるビジョン)

「私の中にソラとつながった原子たちがたくさんいました。
それらの原子たちはかわいい人間になりました。
それは(人間の)足から形が創られていきました。
それからいくつモノ内臓が創られていきました。
そして赤く輝く血が全身を巡っていきました。
それぞれの原子たちは、ソラからの指令通りの働きをしていきました」

2005年5月1日
「私はソラのもので知らせる役です。
これからこわれるものができます。
時間の定義が変わります?
死に向かう時間が変わるということです。
アフリカでは多くの人が亡くなっています。
ソラのものが地球の状態を知らなくて、早く人間として体験したいと(アフリカなどの現状を知らなくて)生まれてくるのです。
そしてソラのイシキたちはあまりの悲惨な現実に早く生まれ変わろうと思います。
イシキはエネルギーです。
一人が又一人に生まれ変わるのでなく、何人も集まって一つのイシキとして、学習した人間が生まれてくるのです」

ソラ・シリーズ発売中!
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
アト君とちきゅう君
アト君とお花

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はエジプトのイシジン。(エジプト、アブ・シンベル神殿より)