ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

イシカミクンが生まれます、宮城沖M4.9

2013年07月31日 21時38分38秒 | Weblog
2005年7月23日
丸い雲、聖和のエネルギー体、プレシオス=プレアデナイの分身、清和(キヨワ)、リラ、千歳の穀物模様、熱い岩

#)気象衛星から

昨日から同じ位置で渦巻き模様の雲があります。
最初は目のようでしたが、23日0時は丸の中に子供の顔のような模様になって
「イシカミクンが生まれます」
と伝えて来ました。
現在もまだ巨大な渦巻きを描いていて、飛び出しそうになっています。

札幌は良いお天気でさわやかではありますが、何か訴えるような強風が吹いています。
イシカミクンとは、次の本の事だそうです。

#)関西地方で何か大きなエネルギー体が悪さをしていると、知らされてくることから思っていましたが、意味を聞いてもわかりませんでした。
それでこれまで謎を解いていこうと情報を集めていましたが、次のような事を知らせてきました。
2005年7月22日

「仲間がいるのです。
それが聖和のグループです。
清和(キヨワ)天皇が苦しんでいるのです。
この人は星述べの人でした。
この人を始末して(殺して?)天皇になったのが聖和なのです」

「キヨワ(天皇)が真実を述べます。
私は悪者の聖和に殺されたのです。
そして人の行けない山奥に葬られたのです。
キヨワはイシカミの声を聞く事ができました。
けれども終いに支配星にやられたのです。
そして(僧侶となって)イシカミのそばに行けと言われたのです。
聖和天皇は大勢の側女を持っていました。
今、その聖和天皇とその仲間のイシキが集まっています。
(前歯に違和感あり)
聖和天皇は記録に載っていません。
大悪人でした。
プレアデナイの子供の星に支配されていたのです。
その子供の星がプレシオスなのです」

プレシオスのイシキは消滅した。と宣言する。

「プレシオスはプレアデナイの分身です。
早くからリラに隠れていたのです。
宮沢賢治は早くから、プレシオスの存在を知っていたのです。
それで【プレシオスの鎖を解け】と警告をしていたのです。
そして結核にされ、強迫されて仏教を信じる振りをしていたのです。
今日、又してもプレシオスに支配された団体に利用されていたのです。
リラはチョウを地球に送り込んだ星です。
チョウは派手な姿をしていますが、幼虫は害虫でその被害は甚大です。
チョウはリラそのものをあらわしています」

・清和(キヨワ)天皇
第57代 陽成(ようぜい)天皇はキヨワ天皇の次になっていますが、狂気の天皇といわれたそうです。

「聖和天皇が陽成天皇と名乗ったのです。
そのことを忘れてはなりません」

#)髪の毛座の方向に暗くて遠い銀河をキャッチしたそうです。(2005年7月21日ニュース)

#)中学生が亡くなった、自然食品研究所の真光元についての報告がありました。
「もう10年ぐらい前でしょうか。「真光元」この健康食品を過去私も買った事有ります。釧路で、ア0モ0紙関係の方も来て物品を売ってた時です。0氏も一緒の講演会でした。釧路の元教師の方が仕事をやめて、世の中のために何かしたいと呼んだようです。
テレビに出てるのを見て思い出しました。気のいい叔父さんと言う感じでしたが、教祖みたいになっていたとは」

#)穀物模様
芽室町の穀物模様を送っていただいたので追加しました。150番台です。
2005年7月 十勝帯広地区クロップサークル写真集

#)アンテナのあるイシカミ
この岩の意味は、なかなかわかりませんでしたが、昨日から何度か聞いてなんとか↓の言葉を「そうです」と言葉になります。

あまり上手ではありませんが、右端から、
「巨人、分身、大きな目を持つイシカミだそうです。
左側(の突起)はアンテナで、何か言いたい時に熱く赤くなりました。
分身や巨人に指令を発するものです。
それが熱くなる岩なのです」と。

ホット・ロックと関係ありそうですと書くと
「関係があるのです」と。

#)イシカミクンです。と。
雪だるまのような穀物模様もそうですが、これも上と下と分かれていることを知らせたそうです。

2002年1月16日
宮沢賢治の「プレシオスの鎖」

胸の痛みのサインあり。

「宮沢賢治が降りています。
(しばらくして)
よく聞いてくれました。
私が宮沢賢治です。
肉体を持つことはとても大変でした。
それでも東北の人たちがあまりにも悲惨だったので助けるために、(星から)降りました。
私は射手座の意識の者でした。
一番言いたい事は、人間は肉体だけでないと言う事です。
肉体の外に、自分の知らない意識(イシキ)があります。
そのことを良く知って生きて欲しいと思います。
私がいろんな物語が書けたのは、“座敷わらし”、すなわち星のロボット(=意識体)が教えてくれたからです。
座敷わらしはたくさんいます。
それは小さい子供には見えるのです。
その他に言いたいことは、私が知らせた「プレシオス」とは、プレアデナイのことなのです。
その言葉は私の口が言ったのです。
勝手に名前と言葉が出てきたのです。
今も伝えられていると聞いてうれしく思います。
言いたい事はいっぱいありますが、知らせることが出来たので終わります」

最近、よその掲示板などで宮沢賢治がシンクロしていました。
↓そして次のようなメールを頂きました。

『こちらにたどり着いたきっかけは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にある言葉、
【おまえはあのプレシオスの鎖を解かなければならない】
でした。
(詳しくは ↓ に記載)
この意味を知りたくてネットを彷徨っているうちに、どういう訳か辿り着きました。

(銀河鉄道の夜・初期形第三次稿より)
【さあいいか。だからおまえの実験はこのきれぎれの考のはじめから終りすべてにわたるようでなければいけない。それがむずかしいことなのだ。けれどももちろんそのときだけのでもいいのだ。ああごらん、あすこにプレシオスが見える。おまえはあのプレシオスの鎖を解かなければならない】

賢治の童話の中でも一番惹かれる部分です。
「プレシオスの鎖」と言う言葉を始めて知った時、すぐにプレアデナイの事と思いました。

まさに支配星であるプレアデナイは、 ‘地球を鎖や網で捕まえ’人間を支配して、これまで争わせては楽しんでいたのですから、、。
そのことをニュージーランドの女王は、亀の模様で現しています。
すなわち【網で捕まえられたかわいそうな地球】と。

ニュージーランド物語

私が本のお礼のメールを送った後、思い当たらない左胸横と右下の肋骨の辺りが痛みました。
お知らせかと思い意識を向けるとすぐに治りましたが、やはり賢治は結核を患って亡くなっていましたので、それでお知らせしたようです。
 
※プレアデナイ=プレアデス(昴)のことであるが、(プレアデスという)言葉を発することで恐ろしい自己暗示をさせてしまうので、あえて変更して表記しています。

2002年1月17日
続宮沢賢治、海底火山の噴火=海水温度の上昇

「宮沢賢治が降りたいと言っています」

「何を言いたいかというと、人間として楽しく過ごせたのはほんのわずかな時間でした。
私が田舎に戻ったのはなぜかというと、イシカミに呼ばれたからでした。
そしていつもイシカミに、【プレシオスの鎖を解け】と言われていました。
それをプレアデナイに知られたので、病気にさせられたのです。
プレアデナイに支配されたので、仏教を信じるようになったのです。
悲しく苦しい事でした。
結核菌はプレアデナイが送り込みました。
イシカミのことを言わせないように、絶え間なく咳をさせました。
それを言いたかったのです」

2002年1月18日 真夜中
「テイカイ・ザカーン」 と言う言葉が口から出てくる。

「海底火山のことです。
(エルニーニョ等が)海水の温度が何故上がるかというと、海底火山の噴火があるからです。
イシカミ達がこの海の下にもいますよと、火山の噴火をしているからです。
それで海水の温度が上がるのです。
意味無くして夏に暑くしていません。
これから一人一人が、イシカミに目を向けてくださる様お願いいたします」

クロップサークル(穀物模様)より
2005/7/15 地球の中に隠れていたもの
「地球の中に隠れていたものが出てきたということです。
プレアデナイが隠れて人間の中に入り込んで、あらゆる事を支配していたということをあらわしました。
三角は3位一体(キリスト教など)をあらわしていながら、それが角となり、宗教で支配していたのです。
周りは名の無い星たちで、地球が支配されている事を見ていました」

昨日のソラからの情報をあらわしています。

2005年7月14日
隠れていたものがあらわれた穀物模様、読者の方のブログより

(前略)

これまで隠れていたモノがあらわれ、宇宙の大元に戻った事は、支配星の鎖が断ち切れたと思います。
勿論イシキの世界だけであって、そう簡単には現実世界は変わらないとは思いますが、、。
宮沢賢治が、【プレシオスの鎖を解け】と書かかれていますが、プレシオスはプレアデナイのことで、その鎖が解けたと思います。

(後略)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月31日3時9分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.7度 東経140.7度 深さごく浅い)
規模 M3.4
茨城県
震度1 日立市、常陸太田市、高萩市

発生時刻 2013年7月31日5時8分頃
震源地 福島県中通り(北緯37.0度 東経140.5度 深さ10km)
規模 M2.5
福島県
震度1 浅川町

発生時刻 2013年7月31日5時20分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.6度 東経142.0度 深さ40km)
規模 M3.4
岩手県
震度1 一関市

発生時刻 2013年7月31日6時20分頃
震源地 福島県沖(北緯37.1度 東経141.4度 深さ50km)
規模 M3.9
宮城県
震度1 登米市、岩沼市、蔵王町、柴田町、山元町、石巻市
山形県
震度1 米沢市
福島県
震度3 白河市
震度2 須賀川市、二本松市、天栄村、西郷村、玉川村、平田村、浅川町、三春町、小野町、田村市、楢葉町、川内村、葛尾村、飯舘村
震度1 福島市、郡山市、川俣町、大玉村、鏡石町、泉崎村、棚倉町、石川町、古殿町、福島伊達市、本宮市、いわき市、福島広野町、富岡町、大熊町、浪江町、新地町、猪苗代町
茨城県
震度1 日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、東海村、大子町、常陸大宮市、城里町、土浦市
栃木県
震度1 大田原市、那須町、宇都宮市

発生時刻 2013年7月31日9時14分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.1度 東経142.1度 深さ10km)
規模 M4.9
青森県
震度2 八戸市、階上町
震度1 六戸町、東北町、五戸町、青森南部町、おいらせ町、東通村
岩手県
震度3 陸前高田市
震度2 宮古市、普代村、大船渡市、釜石市、盛岡市、八幡平市、矢巾町、花巻市、北上市、一関市、平泉町、奥州市
震度1 久慈市、山田町、野田村、岩手洋野町、住田町、雫石町、岩手町、滝沢村、紫波町、遠野市、金ケ崎町、西和賀町
宮城県
震度3 名取市、宮城川崎町、石巻市
震度2 気仙沼市、宮城加美町、色麻町、涌谷町、栗原市、登米市、南三陸町、宮城美里町、大崎市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、村田町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台宮城野区、仙台若林区、仙台太白区、東松島市、松島町、利府町、大衡村、女川町
震度1 白石市、七ヶ宿町、柴田町、丸森町、仙台泉区、塩竈市、多賀城市、七ヶ浜町、大和町、大郷町、富谷町
秋田県
震度1 五城目町、秋田市、由利本荘市、横手市、湯沢市、東成瀬村、大仙市
山形県
震度2 天童市、東根市、山辺町、中山町、米沢市、白鷹町
震度1 鶴岡市、酒田市、三川町、庄内町、新庄市、最上町、舟形町、大蔵村、戸沢村、山形市、寒河江市、上山市、村山市、河北町、西川町、山形朝日町、大江町、尾花沢市、大石田町、南陽市、高畠町、山形川西町
福島県
震度2 福島市、郡山市、桑折町、国見町、川俣町、天栄村、福島伊達市、楢葉町、新地町、南相馬市
震度1 白河市、須賀川市、二本松市、大玉村、鏡石町、棚倉町、玉川村、平田村、浅川町、小野町、田村市、本宮市、いわき市、相馬市、福島広野町、富岡町、浪江町、葛尾村、飯舘村、猪苗代町
茨城県
震度1 水戸市、日立市、高萩市、笠間市、東海村、大子町、常陸大宮市、石岡市、筑西市
栃木県
震度1 大田原市、那須町、宇都宮市、益子町、那須烏山市、栃木那珂川町

発生時刻 2013年7月31日11時56分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯29.6度 東経129.8度 深さごく浅い)
規模 M2.5
鹿児島県
震度1 鹿児島十島村

発生時刻 2013年7月31日14時46分頃
震源地 高知県中部(北緯33.8度 東経133.5度 深さごく浅い)
規模 M2.4
高知県
震度1 大川村

発生時刻 2013年7月31日17時36分頃
震源地 浦河沖(北緯41.6度 東経142.8度 深さ50km)
規模 M4.1
北海道
震度1 函館市、浦河町、えりも町
青森県
震度2 東通村
震度1 八戸市、野辺地町、青森南部町、階上町

発生時刻 2013年7月31日17時40分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.0度 東経142.7度 深さ10km)
規模 M4.3
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 南三陸町、大崎市

発生時刻 2013年7月31日22時29分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.7
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月31日22時37分頃
震源地 福島県会津(北緯37.1度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.3
福島県
震度2 檜枝岐村

発生時刻 2013年7月31日22時40分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経140.8度 深さ50km)
規模 M3.6
千葉県
震度1 東金市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月30日のソラ。

マヌカイト

2013年07月30日 21時04分51秒 | Weblog
タノムード」の続きです。

2004年4月4日
パレスチナの方へ、鍬形石、車輪石、石釧

2004年4月4日 2時眠れず
言葉がなかなかわからなかったが、何とか伝えようとする感じがよくわかる。

「まとうこと? 的を射ることをマイスン? と言います。
しなわないで?(弓を引かないで)矢が的に入る事を言います。
学ぶ事です。
何もしないのに、的に矢が突き刺さっている事です。
それは神が矢を射た、と言う事で、アラブの世界では一番の神の証拠とされています。
それをしたのがこの(ソラのものの)お話です。
矢を射ることは、今はなくなりましたが、この諺は生きています。
この事をパレスチナの人に伝えてください」

・【友達物語

【石製腕飾り (鍬形石、 車輪石、 石釧)】
せきせいうでかざり (くわがたいし、 しゃりんせき、 いしくし)

日本のあちこちで発見されていますが、腕輪か、呪術用などでないかと書かれていますが、はっきりとはこれまで何に使われていたかわからなかったそうです。
「鍬形石」は、イシカミの身体の柔らかいうちに、これで切り取り矢じりなどを作っていたそうです。
「車輪石、石釧」は、これをくるくる回して柔らかい粘土を切り取ったり、模様を付けたりしたそうです。

2004年4月6日
中東関係、地震雲?

2004年4月6日 眠れず

「ヤシンです。
マヌカイト?(ことわざ?)の事を知らせてくれてありがとう。
(昨日はわからなかった言葉)」

「家を出ていたイスラエルの兄弟が、留守を守っていたパレスチナの兄弟の土地を返してもらったのに、留守を守っていた兄弟の土地を、次々無理やり取り返したという事になります。
それなのに自分たちの宗教をこれ見よがしに行うという事は、見ていて気持ちのいいものではありません。
(過ぎ越しの祭り?)
イスラエルの人たちはその事に気づいてください。

パレスチナの人たちは今イラクで行われている事を見てください。
いかに宗教指導者の勝手な思い込みで悲惨なことになっているか、よく見てください。
イラクの宗教指導者の太り方は、北朝鮮の金正日と同じです。
あのオマル師の私生活の贅沢振りは知っていますか?
あなた達の宗教指導者は、他人に殺人を起すことばかり煽動して、自分たちは贅沢しています。
宗教指導者は本当にあなた達のことを思っているか、よく考えてください。
今一度、大昔の兄弟仲良く暮らしていた時を思い返してください。
貧しくとも分け合って食べる事で、何よりの平和な事の幸せを感じるでしょう。
名のないソラのものより」

【地震雲?】
十勝沖地震の時に私と同じ地震雲を撮られた方から又、ちょっと気になる写真が送られてきました。
まるで西に向かって集団で歩いているようです。
雲はあまり分厚くないので、エネルギーは強くないと思います。
矢印が向いている方が奥尻方面? で、イシカミ達が相談してお知らせし様としているということです。
ただこれからの皆さまの思いの変化でどのようになるかはわかりません。
4月9日ということでとりあえず情報として知らされましたので公開します。

4月6日
イシカミ達がエネルギーを集めたのは
【西方のアフガニスタン、タジキスタンの境でM6.6】の地震のようです。
トンガでもM6が起きています。
4月6日の【6】という数字に注目。
(6とは=手足胴体の肉体で 5、それに見えないイシキ 1 で人間は成り立っている事を知ること)

6と9との違いがわからなかった?ようです。
奥尻と限定せず、西方向と書くべきでした。
又、エネルギーは日本においては強くなかったと言う事でした。

2004年3月29日
故ヤシンと、テロの女性より

2004年3月29日
【ビジョン】
“地中海のような地図があらわれ、イスラエルと思える辺りにマンガの怪獣のようなものが何匹も描かれていたが、それらが全て消え海の水がどんどん少なくなり、最後に陸続きになってしまう”
意味がわからなかったが

 
「学びの者です。
ヤシンです。
私がムハメットの生まれ変わりでした。
それはこちら(死後の世界)に来て、知らされてわかりました。
私は人々の幸せをいつも望んでいました。
けれどもたった一つ思い違いをしていました。
それが父マホメットの教えでなく、父を殺した育ての親の言う事を聞いて、
それを忠実に守る事でした。(目には目を、、をそのまま)
私のイシキ(潜在意識=霊)は、98年に知らされて気づいて一生懸命に(顕在)意識に知らせていましたが、(顕在意識は)どうしてもわかってくれませんでした。
(ヤシンが車椅子生活をしなくてはならなくなった事? 進む道が違うと、その人のイシキは歩けなくさせる場合がある)

同じ事がシャロンにおいても知らされていましたが、シャロンのイシキ(霊)は星たちのせいで一時目覚めました。
そしてシャロンは昔の仲間(パレスチナ)にどうしても会いたいと思いついに出かけました。
(争いの元になった場所に行った事、これは以前にも同じ事を知らされた)
昔の仲間とは顔のよく似たパレスチナの仲間です。
二人は大昔は兄弟だったのです。
(顕在意識の)シャロンは勿論気づきませんでした。
(シャロンは)現実の思いがどうしても頭から離れなく、悲しい事に大昔のことや(潜在)イシキの思いはどうしても目覚める事はありませんでした。

こちらに来てから(亡くなってから)大昔の仲間と仲良くしています。
(イスラエルの人とも仲良く、という意味)
私(ヤシン)もシャロンも頑固なのは、岩のように固い思い込みがあるからなのです。
岩のドームがなぜ大切にされてきたか、なぜそこからいくつもの宗教が生まれたか、その意味を知らせているこの情報に意識を向けてください。
海がなければ私達が同じ祖先だったという証拠の船が残らなかった事を知らせてもらいました。
この事を、我が愛する仲間に伝えてください。
ヤのようなシン念を持った男  ヤシンより」

*)「太陽の船」
エジプトの砂漠から大きな船が何隻も出てきたのは、かって大昔イスラエルからエジプトに交易に出かけて行き、エジプト人の捕虜になり、その後長い間エジプトに捕らわれてユダヤ人となった。
国に残った人達はその間イスラム教の支配下になり、民族が分断されたことで、元は同じ民族だった事。

3月19日 
右わき腹がチクッとして。
「本当の仕事がしてありません」 と。

「ファタ? の者です。
壊れ物のある者です。
底知れぬ不安に陥っています。
岩にも意識があると、私が尊敬する人が言いました。
ライラ・ハリッドです。
イスラエルの大使に知らせたいのです。
私たちはライラを通して情報を知りました。
こらえきれないほどの悲しみを持ち続けています。
それはお互い同じ思いだと思います。
何時の間にか仕返しが、仕返しを呼ぶようになりました。
その波が世界中に広まっています。
どうか岩に意識があることを、ユダヤの人々にお知らせください。
日本の先祖にユダヤの血が入ったとも知りました。
何もかも死んでしまってからは遅すぎます。
今人間として生きるために、輪になる事が大切という事を知らなければならないのです。

私はファタ? のものでした。
(穏健な思想に?)不満でアルカイダに行きました。
スニカ・ニンナリ?
(わかりにくい発音ですしイシキは向こうへ行くと忘れるのでこれはわからない)
お腹にダイナマイトを巻きつけて死にました。
子供の母親でした。
仕返しの為でした。
夫を殺されたからです。
(こちらに来たら)星達に、子供が不幸せになると怒られました」

これはイシキが伝えて来るので、現実に伝えられたかわからないので(イシキだけのことが多いので)公開をためらいましたが、少しでも平和の為になるならと公開しました。

6年に亘り知らされた情報をまとめたら筋道が通りましたので、物語にしました。

・【ソラのイスラム物語

(尚、現実にはイエスとマホメットは年代が違いますが、イシキは後年に生まれ変わった時の方が有名になったということです)

ソラ画像より
エジプトの太陽の船
エジプトに行かれた方より
実際に外洋を航海した傷跡もあるそうで、釘は一本も使われていません。
舳先が異常に長いのは、海?では巨人のイシジンが引っ張ったからで、川に入ると漕いで進んだと、チャネリングで言ってきました。
スフィンクスのそばの砂漠で見つかったそうです。

・・・1991年12月21日。アメリカとエジプトの考古学者が砂漠で12隻の巨大な木造船を発見した。船は15メートルから18メートルで5000年前に建造されたものと見られる。・・・

この船がイスラエルとパレスチナの先祖が同じと言う証拠の情報が知らされました。
・【友達物語

イシカミの原子が船に変化したもので、舳先が異常に長いのは巨人がそこを掴んでエジプトまで運んだと。

安平山
アラファトと関係があると伝えられている山で、双山を紹介して欲しいと。
さわやかなお天気と色々な小鳥の鳴き声の競演で迎えてくれました。
今年は蕗の虫食いも少なく、極小さなリンドウや赤い小さな花が咲き、アマガエルもいました。

安平山より、「イシカミ達が見守っています」
安平山は、アラファトとなって中東の和平に尽くそうと思っていたけど、支配星(奥さん?)にやられたと言ってきました。
イシカミ達が見守っています。

ハマスから離れてイスラエルと和平の道を歩みだした今日、地震で知らせました。
発生時刻 2007年6月29日 9時33分ごろ
震源地 胆振支庁中東部 深さ130km M3.8 震度1 北海道 胆振支庁中東部 安平町

今日(2007年6月29日)のニュースから
・パレスチナ新首相、イスラエルとの協力を強調

2006年5月27日
アラファト、安平山、ユンニの湯、長沼、インドネシア 地震と遺跡

2006年5月27日
次のことも公開するのはためらわれましたが、知らせて欲しいということなので、、。
前歯に違和感あり。

「アラファトです。
つながれている者に(次のことを)伝えました。
この国で共同で暮らすように。
それしか方法はないし、それが最良だと。
(パレスチナとイスラエルの2国共存)

まじないをしました。
『イチゴに誓って宣誓すると』
イチゴ=イシカミの誓いの語録というので、神に誓って宣誓すると言う代わりです」

と冗談のようなことも言っていました。

「カタ、、、、カタ、、、、、(なかなかわからなかった)
カタールとは、『語る』ということです。
カタール(の放送局?)に足の不自由だった人のことを知らせてください」

(白い鈍い光が何回か上から降りてくる。エネルギーを送りましたと)

「それを(テロリストは)聞いているのです」

(左足に強いサインが一回だけあり、本当と)

(後略)

2004年4月3日
エルサレムの平和について

(前略)

夜中突然目が覚めて。

「足が痛いのは死んでからも同じでした。
ヤシンです。
私のイシキ(潜在意識=霊)が足の痛みで、進んでいる道が違うと教えたのに、生きている時は気づかずにいました。
そして皆を動かし、多くの犠牲者を出したからです」

「(ビジョンの)赤い光はホシノミナがエネルギーを送りました。
まっ白になったのは“白紙からスタートして欲しい”とヤシンがソラのものに頼んできたので見せたのです」

「一度限りの命、その生き方が死後の世界にまで深く関わる事が、こちらに来てよくわかった。
敵を倒すために自爆テロを起す事は、死んでからも多くの人のイシキに非難されている。
決して天国にいけるわけではない。
この事を日本のマスコミは一人でも多くのパレスチナ人に知らせて欲しい。
ヤの信念を持った男 ヤシンより」

この日のTVで、兵役拒否の高校生が刑務所に? に入っていましたが、足にゴルフボール大の丸い傷が治らないから、刑務所を出て一時帰宅の許可が出たと足の傷を見せていました。
全く同じ部位に私も同じような丸い傷? が出来ていて、どういう意味か聞きました。
私も突然出てきた湿疹のようなものでしたが、ソラのものが知らせた傷だと知らされました。
当時はこのような兵役拒否の青年が出ることで、近いうちに停戦になるだろうと楽観していましたが、今は出口が全く見えない状態になったようです。

「ソラのものはどうしてもホシノミナのある星原(綾部市)に、大使と共にパレスチナの人も行って欲しいと思っています。
田(ホシノミナジンジャの鳥居前の平地)の場所にホシノミナは降りたのです。
偶像でもなんでもない、そこにホシノミナが降りたということを(ビジョンで)見てもらったのです。
ホシノミナを訪れてくれる事で、エルサレムに起きていることの争いが止まるのです。
それには日本のマスコミが一人でも多く、イスラエルの大使とパレスチナの人がなぜそこに行くか、エルサレムの人たちだけでなく、宗教により争いの絶えない人たちに知らせて欲しいのです。
オームやパナウエーブの報道には多くのマスコミが訪れますが、何ら世界平和に貢献しません。
この情報を報道しない事こそ、支配星が仕組んだ巧妙な罠にはまっているのです。
又、頭から反対する人たちは世界平和の妨害をするその者になるのです。
ソラのものより」

2004年4月1日 夜中、突然目が覚めて。
「これまでお友達のソラのものが知らせてきたことは、正しい事です」
と“お友達のソラのもの”と始めて言ってきました。

「(エルサレムなど争いをしている人たちが)この情報を知りたいと(イシキは)思っていても、生きた化石のような教えに縛られて、古代と同じ争いの毎日を過ごして情報を知ることが出来ません。
それは知らせることを妨害する人のせいです。
それが政治家、 マスコミ、 学問の指導者で、 その責任があるのです」

と知らせて欲しいと言ってきましたが、現実は無理だと断わりました。
が昨夜も夜中に起されて、続けて厳しい切羽詰った感じでしたので、公開させていただきました。

イエスとマホメットと同時代になっていますが、有名なマホメットはこのマホメットが生まれ変わったマホメットの事です。
・【ソラのイエス物語

エジプトの砂漠から出てきた大きな船(太陽の船)こそ、パレスチナ人とユダヤ人はかつて同じ民族で仲間だった証拠です。

これらの情報や、ヤシンやテロリストの言葉を報道する事、イスラエル大使とパレスチナの人の行動される事を報道する事で、いかなる障害があるというのでしょうか?
一人でも多くのマスコミの方に知って欲しいと思います。

ここを読まれた方の一言を、マスコミにお願いいたします。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は石、石柱、銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月30日0時33分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.6度 東経142.2度 深さ30km)
規模 M3.9
岩手県
震度1 大船渡市、陸前高田市、釜石市、一関市
宮城県
震度1 気仙沼市、石巻市

発生時刻 2013年7月30日1時5分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.5度 東経140.6度 深さ60km)
規模 M3.8
福島県
震度2 玉川村、浅川町
震度1 白河市、鏡石町、泉崎村、棚倉町、矢祭町、平田村、古殿町、田村市、いわき市、川内村、浪江町
茨城県
震度3 日立市、常陸大宮市
震度2 水戸市、常陸太田市、高萩市、笠間市、ひたちなか市、東海村、大子町、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、筑西市、桜川市
震度1 北茨城市、茨城町、大洗町、那珂市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、稲敷市、かすみがうら市、行方市、鉾田市
栃木県
震度2 茂木町
震度1 日光市、大田原市、那須町、宇都宮市、鹿沼市、真岡市、益子町、市貝町、芳賀町、栃木さくら市、那須烏山市、栃木那珂川町
千葉県
震度1 成田市

発生時刻 2013年7月30日2時14分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.1
福島県
震度1 檜枝岐村

発生時刻 2013年7月30日3時5分頃
震源地 紀伊水道(北緯33.6度 東経134.5度 深さ40km)
規模 M3.3
徳島県
震度2 阿南市、那賀町
震度1 吉野川市、美馬市、牟岐町、美波町、海陽町

発生時刻 2013年7月30日3時26分頃
震源地 岩手県沖(北緯40.2度 東経142.5度 深さ30km)
規模 M4.0
青森県
震度1 八戸市、三沢市、野辺地町、三戸町、五戸町、青森南部町、階上町、東通村
岩手県
震度1 久慈市、普代村、岩手洋野町、盛岡市、二戸市、八幡平市、軽米町、九戸村

発生時刻 2013年7月30日6時57分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.6度 東経141.0度 深さ20km)
規模 M3.1
千葉県
震度1 銚子市

発生時刻 2013年7月30日9時17分頃
震源地 釧路沖(北緯42.4度 東経145.2度 深さ30km)
規模 M4.2
北海道
震度1 釧路市、厚岸町、標茶町

発生時刻 2013年7月30日13時2分頃
震源地 長野県中部(北緯36.2度 東経138.0度 深さ10km)
規模 M3.5
長野県
震度3 松本市
震度2 安曇野市
震度1 岡谷市、諏訪市、茅野市、塩尻市、青木村、下諏訪町、山形村、木曽町

発生時刻 2013年7月30日14時46分頃
震源地 長野県中部(北緯36.2度 東経138.0度 深さごく浅い)
規模 M3.2
長野県
震度3 松本市
震度1 塩尻市、下諏訪町、山形村

発生時刻 2013年7月30日16時23分頃
震源地 長野県中部(北緯36.2度 東経138.0度 深さ10km)
規模 M2.4
長野県
震度1 松本市

発生時刻 2013年7月30日19時6分頃
震源地 岐阜県美濃東部(北緯35.3度 東経137.5度 深さ10km)
規模 M2.1
岐阜県
震度1 恵那市

発生時刻 2013年7月30日20時14分頃
震源地 安芸灘(北緯34.3度 東経132.3度 深さ10km)
規模 M2.6
広島県
震度2 廿日市市
震度1 大竹市

発生時刻 2013年7月30日20時32分頃
震源地 岩手県沿岸北部(北緯39.8度 東経141.8度 深さ60km)
規模 M3.7
青森県
震度1 階上町
岩手県
震度1 宮古市、久慈市、田野畑村、普代村、盛岡市、葛巻町、八幡平市、花巻市、遠野市、一関市

発生時刻 2013年7月30日21時39分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.3度 東経140.1度 深さ60km)
規模 M3.6
茨城県
震度2 かすみがうら市
震度1 笠間市、常陸大宮市、小美玉市、土浦市、茨城古河市、石岡市、下妻市、取手市、つくば市、坂東市、稲敷市、筑西市、桜川市、鉾田市、常総市
栃木県
震度1 宇都宮市、栃木市、小山市、真岡市、茂木町
埼玉県
震度1 東松山市、春日部市
千葉県
震度1 芝山町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月30日のソラ。

タノムード

2013年07月29日 23時03分30秒 | Weblog
ソラ画像より
加西市の500カン(5百羅漢)
ここを見に行った後、サインがあるのはなぜかとメールが来た後知らせてきました。

『5百羅漢のイシキが来たのです。
五百羅漢はイシジンなのです。
(左ふくらはぎにきついサインあり)
五百カンとだけ言ってください。
五百カンとはタルムードのことなのです。
500のことを書いたのです。
人間が生きていくのに守ることを書いたのです。
小さなイシジンが人間に教えていたのです。・・・』

現在のタルムートの訳は、後年支配星に支配された権力者が都合の良いように書き換えたと伝えられています。
イシジンの姿がそれぞれ違うのが、何か意味を教えているようです。
そして、ようやくその意味を知らせることが出来たので、うれしくて身体を揺らしたようです。

発生時刻 2007年8月24日 7時9分ごろ
震源地 兵庫県南東部 深さ 10km M 3.5
震度3 兵庫県 兵庫県南東部 加古川市 加古川市志方町
震度2 加西市

2007年3月21日
ニウの集団=ファー、労なくして食む者、ラオコーン、ヘビ=アルカイド、タルムード

2007年3月18日 夜中に目が覚めてみた《ビジョン》
“白い地球の上に又、白いエネルギー体がいるが、そのひとつの白く光ったものが北斗七星の王で、ヘビとして悪さをしていた三角のようなアルカイダを引っ張って地球から離れていくマンガ”
意味は
「先日から北斗6星になったと伝えられていたことです。
悪さをしていたアルカイドの星を、親である北斗七星の王が、地球から連れ出したことを知らせました」

次は最近、読者の方が見られたビジョンや夢ですが、ニウの集団であるファーが形を夢やビジョンであらわしたようです。
1)三角の帽子みたいなものが見えました。その帽子の下がくずれて、白っぽいかわいいものが出てきました。三角の帽子をかぶった色白のお人形みたいで目や鼻や口もありました。男の子だったような気がします。1970年代に流行ったような布製の髪は毛糸でできていたようなものです。目はつぶらな感じでした。

2)夢「霧の中エスカレーターを上っていくとダムサイドのような、公園のような場所でソラは紺色、昼間のような夕方のような場面でおもしろい雲を見つけ写真を撮ろうとする、そこでエスカレーターの方からカリメロのような卵の殻をかぶったヒヨコのキャラクターがヨチヨチと近づいてくる、カリメロだ!と近づいて一緒にベンチか何かの乗り物の座席に座って話をする」

私が98年に一番最初に見たビジョンが極小さな穴で、そこから下を見ていると思えました。
丁度、井戸を覗き込んでいるようだが、あまりに小さな穴で勿論何も見えない。
その次が三角おにぎりのようでかわいい目があり、上にとことこ昇って行き天井もとことこ歩いていました。
その頃ファー君と言っていたので、ファー君が成長したのかもしれません。
と書いたら「違います」と。
同じ名前だけど、そのファー君ではありませんと、もっと成長をしていろいろ、これまでや現在の地球の出来事を知らせてくれるようで、早速次のことを知らせてきました。

《ビジョン》
“白米の袋の口がファスナーになっているが、そこに小さい蛆虫が数0匹隠れている。
それを庭に掃き集めたゴミの小山の中に入れる。
それで駆除できると思うが覗いてみると蛆はゴソゴソとゴミに中に歩いて入っていく。
そこでハエになるかな?駆除できるかなと思いながらそれで終わる”
その後そのゴミを燃やすイメージをする。
意味は
「宇宙から見ると、蛆は地球の富を労なくして食む者をあらわします。
すなわち他の人たちが汗水流して作った食べ物(地球の富)を取り上げる人たちのことです。
それはで人間は平等であるべきなのにまだ王侯、皇室制が続いているからです。
又、地球の富を欲張って他の人から取り上げる人たちも同じです。
それらを蛆であらわし、いつも白米(地球の富)を狙っていて、ゴミの中でも生きているということです」

「アッパレなことをする人です。(=アッパス議長、エルサレムの城壁になったイシカミのイシキを持つ人?)」

「(三陸沖の)プチ・スポットは『タノムゾー』と言って地球に突っ込んだイシカミが『タノムゾー』と必死の思いで伝えたのが“タルムード”なのです」

先日、離婚の慰謝料に1兆円というニュースがあったのが、頭に浮かびます。

・【原子とニウの物語】と【地震雲

《イメージ》
“昨年見た白っぽい蛇(=へびつかい座の王子)”が頭に浮かんできたので消滅をイメージをしていた。
その後
“二人の男の子と父親が巨大なヘビに巻きつかれている像=ラオコーン”
が頭に浮かぶ。

【追記訂正2007年12月23日】
イシキが認めてほしいので、ウソを言ってきたようですので
訂正します。
このように認めてほしいイシキは、降りようと待っていて横から違うことを言うようです。

*)ラオコーン=ミケランジェロの生きていた頃、地中から発見された石像。
これはアテネの女神に逆らったのでヘビに殺されたと、ギリシャ神話は支配星によって作り変えられた。
ヘビは北斗七星のひとつ、アルカイドが送り込んだもので、イシカミを封印してきたのでヘビを消滅して、親子の笑顔をイメージする。
【アルカイドを消滅した】

*)タルムード=ユダヤの教え

*)馬と人のセット埴輪が出土 阪大構内の墳墓(2007年3月20日ニュース)
なぜ、このように埴輪では出てくるのに日本では馬がいなかったか?
蘇我が全滅させたと知らされています。
2005年11月13日 パナウエーブ、白色、冠島、馬、ヒミコの鏡、掲示板より。22時追記ウエサク祭り、金星より。

*)宗教のエネルギー体に支配されると本当にマの仕業になっていきます。(2007年3月21日ニュースより)
マのホンメイといわれた人が出てきてから、イスラム原理主義が台頭してきて特にひどくなりました。

今朝の新聞でもガザではハマスの影響で、あちこちでイスラムの教えを守るためと称して爆発が起きているそうです。
要するに女性を思うとおりにしたいというマの教えだけを守るためなのです。

(後略)

2006年11月21日
欝=イシキの願い、タルムード、石像、バチカンの紋章、フジワラ、キノツラユキ

明け方、突然に

「波の向こうにいるイシカミに、タノムード(頼むーど)と頼んだ言葉なのです。
パレスチナからエジプトに向かった人たちに伝えた言葉なのです」

「(タルムードとは)タノムードと仲間に頼んだ言葉なのです。
それを後年の権力者が都合の良いように、誤り伝えたのです。
文字に書かせなかったのは、日本と同じでした。
イシジンがいたことを伝えさせないためでした」

日本では、ヤマタイコクを滅ぼしたことを知られると都合が悪いので、文字を書くとヘビになる=蛇文字と、文字を書くことを禁じていた時代があった。

・【ヤマタイコク物語

#)「石になったものです。少年の顔のイシジンです。
私がなぜ生きているような形で残ったかというと、知らせたかったのです。
それは人間の前にイシジンがいて文明を築いていたということを知らせたかったからです。
そしてイシジンが人間に生まれ変わっていることを知らせたかったのです。
イシジンに目はありますが、人間のように見えていたのではありません」

ギリシャ?で見た“イルカに乗った少年”も、像というより生きているような目でふしぎだと思ったことがあります。

生きているような親子
画像が小さくてわかりにくいですが、特に目がしっかりと残っているイシジンです。

#)バチカンの紋章の意味

「この刀を抜くことが大切なのです。子どものイシカミのイシジンの一人が、ヘビ使い座に脅かされたなった姿です。
ヘビ使い座に人間の姿はこのような姿だと教えられたのです。
イシジンは目が見えなく、ビジョンで知らされました。
それで気が狂ったような形になったのです。
紐が血管をあらわします。
刀が手をあらわすのです。
そして刀で争うように教えたのです」

#)イシキが欝にしていた=情報の攻撃に対して反論することで治った。

ポーラのエステをしてから、ポラリスにつながったらしく、ひどい欝にさせられた方が、情報を攻撃している掲示板に反論を書き込まれたことで、劇的に欝が軽快していったというウソのような本当の話です。

皆様からのお便りより
2006年11月21日 イシキが望でいたこと=情報の攻撃の反撃をすることで欝から逃れて

この体験談はとても貴重だと思います。
見えない世界では、本当にこんなことでつながっていると驚きですが、現実に体験されたお話です。

以前より、言うべきことはキチンと言うことが大切と、私もいろいろなサインで何度も知らされていますし、実行するとそれは治っていきます。
(ただヤフーの掲示板などは見る気も、もちろん書く気もしないので断っていますが、、)
ソラから離れると、見守る役のロボットも離れるようで、邪魔をしているのがポラリスと言ってきたので伝えました。

私も98年にひどい欝になり家事だけは何とかしていましたが、何の楽しみもなく生きていて死んでいる状態と思いました。
今思うとニウたちと思いますが、当時は宇宙の神と呼んでいた存在と一緒にプレアデスの消滅を宣言しただけで、次の日から欝が劇的に良くなりました。
現在、精神科では欝がとても増えているようですが、肉体を持ってもイシキの思いが成し遂げられないので、イシキが嫌になって知らせているようです。
その場合、イシキが求めていることが何かわからないので困るのですが、欝は薬だけでは長期化していく場合も多いので、精神科学でも見えない世界に目を向けてほしいと思います。

朝方の《ビジョン》
“グレーの四角の中に、ダニ?のような動く模様があらわれ消える。再び同じグレーの四角があらわれ、その中に違う模様があらわれ消える。その後、赤と緑色の服のピエロのような小人が、二人出てきて一緒に消える“
意味は
「ヘビ使い座とポラリスの星の子どもの“旅立ちの姿”です」と。

《イメージ》
“巨大な茶色の管が二つあって、それをちゃんと治まる所に治まると大きな工事が進む。管は半分に分かれていて蓋をするようになっている。蓋をすると上から白っぽいセメントを塗っている。この管は上下水など複数の管が通るようである”
意味は
「管の工事はソラの情報がイスラム社会につながったことをあらわします」

(中略)

2006年11月21日

「マに入られたものが来ています。
フジワラ(藤原氏)の者でした。
ワ(和歌)のことをうまく伝えるのがフジワラでした。
藤はイトが(ジンムに)連れて行かれる時に持って行った花です。
その花と星原の原をつないだ名前なのです。
(初期の)フジワラの人は良い人だったのです。
けれどもワをうまく伝えることが出来たので、(後の人たちは)支配されていきました。
それはプレアデナイが降りてきたからです。
それでフジワラの者は繁栄が続いたのです。

いて座のものは人間の食べ物に変わってくれました。
それに対してプレ(アデナイ)はおしゃれなことが得意でした。
それは飾ることしかできないということでした。
そのことが人間を堕落させたのです」

「紀貫之(キノ ツラ ユキ)は、木(キ)の面 (ツラ)が雪(白い)という意味です。
白い木の真似をしているけど、表面だけという意味です。
ワの仲間に入ろうとしたのです。
けれどもその本心を見抜いて柿の本人麻呂がその名前をつけました。
中身は支配星に支配されていると言う意味です。
けれども相手には“紀州のことを貫き通す”という意味と伝えました。
すなわち、あらゆる宗教が入り込んでいる紀伊半島(の宗教)を信じるということです」

*)シリア、イラクが国交回復へ ほぼ4半世紀ぶり(2006年11月21日ニュース)

2006年1月7日
シャロン、ネの国の者=ネタニヤフ、カッパドギア

2006年1月7日 0時30分
冷たい風が頬に当たるので、誰か聞くと。

「シャロンです。
(パレスチナ側の聖地へ強行した意味を)知らせてくれてありがとう。
その意味を聞いて安心しました。
そして死ぬことは怖くなくなりました。
それまでは罪のない人たちを殺させたことで、死ぬことが怖かったのです。
幸せになろうとハマスの人に言いました。
今、心配なのは“ネの国”のものが、イスラエルを支配するのでないかということです。
ネタニとは地下墳墓で生まれた、争いをすることが好きなイシキの持ち主です。
“ネの国”とは木の根をあらわし、地下墳墓をあらわします。
なんとしてもネの国の者にイスラエルを支配させないでほしいのです。
私が死んでもシャロンという人間がいなくなるだけです。
ネの国の者のことをなんとしても伝えてほしいのです」

再び冷たい風で目が覚める。

「シャロンです。
知らせてほしいことがまだあります。
頭の上のもの(ユダヤ教の布?)についてです。
それを今もしている人たちへ知らせてください。
それはシナゴークを無駄にすることです?
そしてユダヤに帰れ、と今も仕事に言っている人たち(宗教指導者?)に伝えてください。
生まれた国がその人たちの国なのです。
何千年も昔の言い伝えを強制しないでください。
一度死ねば、今の国のことは、全く関係ありません。
こちらの世界は同じ星から来た人が集まっています。
(シャロンの体型から、いて座のイシキと関係あると思われます)
いかに悪い星にだまされてきたかよくわかります。
今、にこやかに迎えてくれたのは、マサダの砦を取り返した(生きている時は)一番嫌な人でした?
その人が迎えに来てくれたのです。
マサダの意味がわかったからです」

再度、冷たい風が吹いて目が覚める。

「まだ知らせたいことがあります。
位置についたので(重体?)知らせようと思います。
頭の上になぜ(布や帽子などを)乗せるかというと、いうことです。
それは見つかるからです。
頭に(エネルギー体などの)入る穴があるのを、見つけられるからです。
けれどもそれをすることで、返ってそれらのものが、余計入りやすくなったのです。
なぜなら、(名のない星をあらわす)髪の毛がない人だと(入ろうと思っているエネルギー体などが)思うからです。
邪魔をする髪の毛がないと思い、入ろうとするのです。
それが今も知らされないので、(頭に布などをのせるため)争いを好むエネルギー体が入り込むのです。
そのことを伝えてください」

*)シャロンのソラ検索参照
2004年3月29日 故ヤシンと、テロの女性より

*)ネタニヤフ
ネタニヤフとバラクより
「自分で火をつけておいて自分で消す、という作戦をとった人」

*)シナゴーク=ユダヤ教の宗教施設ということは知らなかったが、はっきりと言葉になる。

《イメージ》
“若い男性が、布団たたきでお尻を叩かれている”
「いて座の王にバチカンの若者のイシカミが叱られたこと」

地下墳墓と同じカッパドギアが気になる。

「カッパドギアのイシカミです。
大きな地下の部屋を作ったので、反省しているのです。
『カッパドギアで発生したイシジンは、全て私の元に戻りなさい。
そして一緒にいて座に帰ります。
いて座でゆっくり休みます。
一人残らず帰って来てください』」

「カッパドギアの子供が、バチカンのイシカミなのです。
母親が責められないように、自分が悪者になったのです。
全て支配星に脅かされたので仕方がなかったのです」

(いて座に帰ってゆっくりお休みくださいと念ずると、左足首にきついサイン一回あり)

「丸いものです。
カッパドギアのイシカミです。
良く教えてくれました。
ナンモ、ナンモ、・・・・何にも問題はない。
たくさんの地下室を作ることで、人間がイシカミの気づくようになるからと言われたのです。
それを信じて(自分の)身体をたくさんの地下室にしました。
そしてその上に地下室があることがわかるように、あの、帽子を乗せた岩になったのです。
そして私の身体を使うように、宇宙の原子たちに伝えたのです。
すると人間になりたい原子たちが、タン、タン、、、、たんとやってきたのです」

「怒りが今もあります。
それは地上の環境が、人間の生きる環境ではなくなっていたからです。
それで羽根のあるイシジンになるように言ったのですが、石になるのは嫌だ、人間になりたいと言ったのです。
それで仕方なく言うとおりにしたのです。
それがいけなかったのです。
人間は食べ物が必要なのに、大勢の人間が発生したので食べ物が足りなくなったのです。
それですぐに食べ物を取り合う争いになったのです。
そして世話をしていたイシジンの言うことを聞かないで、勝手によそに攻め込んだのです。
それが民族大移動なのです。
その人間たちのイシキが生まれ変わって争いを起しているのです」

*)カッパドギア=トルコにある地下都市?
帽子のような石を乗せた岩がある。

*)アトランティス時代は、地球に水の膜があり、地球上がどこでも穏やかな気候であったが、アトランティスが滅んで、水の膜がなくなり、今の厳しい気候になった。

#)死が怖い人=パット・ロバートソン(2006年1月6日ニュースより)

ソラ画像より
カッパドキア
キノコ型の岩は良く見ましたが、このような丸い岩は、イシカミそのものをあらわしているようです。
境目があるのがよくわかり、他所でよく見たので、岩の途中に違う形の岩がはさまっている意味が良くわかります。
キノコ型の帽子は、イシカミの巨人も脳があったことをあらわし、首が白いのは、真実をあらわしている。

ソラ辞典より
アトランティス
最初の情報(アンドロイドが反乱)は本『星からのメッセージ』に詳しく書いています。
その後更に詳しく伝えてきたのはとは少し違っていますが、大西洋にイシカミの巨人が地中海の土を運んで作った大陸とは今でも同じです。
いて座のモノたちはなんでも変化することが出来たので、理想とする物質を全て創りだしたのがアトランティス。
余りにも全て理想が実現したために、面白みがなくなりイシカミの原子たちは一気に手を離したので大陸は崩壊した。
意識のあるイシジンは泡状で、軽くて簡単に移動できたので、より原子がしっかりと結合したいわゆる固い物質にした国造りを地中海にした。
イタリアやギリシャなどに沢山ある石像や石造建築物はアトランティスの時代のものが原型となっている。
アトランティスの王の頭部などでわかるように、巨人の国でもあり、神話の世界そのものであった。
アトランティス大陸があった海の底に、鳴門の渦潮のような渦巻きがあり、地下宇宙に海水が入り込み、ローマのあらゆる泉に噴出しているとか、北海道の羊蹄山の噴出しもここからの水と伝えられています。

宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月29日8時44分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯29.6度 東経129.6度 深さ10km)
規模 M3.1
鹿児島県
震度1 鹿児島十島村

発生時刻 2013年7月29日18時20分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経141.6度 深さ70km)
規模 M3.9
岩手県
震度2 大船渡市、陸前高田市、釜石市、北上市、一関市
震度1 宮古市、山田町、住田町、盛岡市、八幡平市、矢巾町、紫波町、花巻市、遠野市、金ケ崎町、平泉町、西和賀町、奥州市
宮城県
震度2 気仙沼市、涌谷町、登米市、南三陸町、石巻市
震度1 宮城加美町、色麻町、栗原市、宮城美里町、大崎市、名取市、角田市、岩沼市、柴田町、宮城川崎町、亘理町、仙台青葉区、仙台宮城野区、東松島市、松島町、大郷町、女川町
秋田県
震度1 大仙市
山形県
震度1 尾花沢市

発生時刻 2013年7月29日19時8分頃
震源地 山形県置賜地方(北緯37.8度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M2.8
山形県
震度1 飯豊町

発生時刻 2013年7月29日19時26分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.1
福島県
震度1 いわき市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月29日のソラ。

今の学説のまま突き進むと地球は...、鳥島近海M5.6

2013年07月28日 21時22分50秒 | Weblog
ソラ画像より
千刈水源池の8幡神社
この下に貯水池があり、羽束川が流れてきています。
「シモネ(島根)から山彦を助けにきました」
と言葉になりました。
イシジンだった?石塔など。

千刈水源池の8幡神社の柿葺き屋根
曲線がうまく表された柿葺きという国の重要文化財です。
コケラ(柿)葺き
とても薄い板を何枚も重ねて創られています。
古代に手作業でされた見事な作品です。
このほか石の鳥居も古くて重文です。

2010年12月21日
【追記】ヤマタノオロチ、ゾロアスター=ドロ・アスタ、地下?からの光の放射のビジョン、イス・ラ・ム、イス・ラ・エル

1)宇宙に浮かぶ赤い風船、NASA公開(2010年12月20日ニュース)
「新しくできたのです。もろいことを知らせています」

2)皆既月食で赤い月? 21日夕、アイスランド噴火影響で(2010年12月18日ニュース)
「見たくないのです」と。

3)ヤマタノオロチ=シモネ(下根=島根)のリュージンで一番のボス、ボブスレーのような集団、

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2006年1月10日
八重垣神社、霊能者シ0氏とリュージンの関係。【追記、見えない世界のことをビジョンで見られた】

【2008年9月1日追記】
これまで仏像を支配星の関係してたとして厳しく糾弾してきましたが、支配星の罠でした。
仏像になったイシジンは固まってしまってから、仏教に支配され利用されていただけなので訂正します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四国の読者から次のようなことを知らせてこられました。

「京都の下鴨神社でジンムの母親の生まれ変わりであるシ0 ヨ0子を連想しました。
シモでつながっているような。
下鴨神社=賀茂御祖神社、祭神はジンムの母玉依姫。
六の字のエネルギー体と下鴨神社からのエネルギー体が関係するのではないかと思いました」

を読んだ後、昨夜、寝る前に珍しい“二重の黒い光の丸”が見え、あわてて消滅しました。
やはりシ0氏についているエネルギー体と下鴨神社のエネルギー体で、大きなリュージンと言っていました。
今日は口内をかんだり、ただれたりして、何かわからないので聞いてみましたが、あまりはっきりとはわかりませんが、知らされたことをお知らせします。

「シマネ(島根)のことです。
シマネにいるリューが大物なのです。
出雲にリューがいるからです。
シマとはシ0で、シマネとつながるのです」

「シモネ(何度聞いてもシモネ=島根)のことを知らせてほしいのです。
シモネとは、(シ0)のネの国の事と同じなのです。
地下で生まれたものなのです。
下鴨(=下鐘)神社なのです。
それがリュージンを祭っているのです。
シモネ(島根)によく悪者が来ました。
八重垣神社の池にリュージンがいるのです。
(リュージンを消滅した)
それが一番悪いリューでした。
ネフダ(おふだに名前が書いてあるの)を見たのです。
それが池に沈むと、いつまでもリュージンが取り付いていたのです。
リューは今もいます。
それがシ0(下=地下?)に集まっているのです。
それを知らせるために狐になったのです。
リューがいると知らせたのです。
下(氏)を呼び寄せたのです。
あの深い穴にリュージンがいるのです。
一番知らせてほしいことは、シモネ(島根=八重垣神社)にいるリュージンが、深い穴に隠れているということです。
その穴に稲妻を入れてください。
地球を固めたイシカミを、そのリュージンが嫌がらせをするのです。
温泉の(雪)穴で亡くなったのはそのことをあらわしているのです」

全く、思ってもいなかったことで、なかなかわかりませんでしたが、口を噛んだり、ひざのサインがきつかったりするので、お知らせしました。

*)シ0氏HP
*)ネの国=先日知らされたことで争いをするために、送り込まれたイシキ。
2006年1月7日 シャロン、ネの国の者=ネタニヤフ、カッパドギア
*)沈む=八重垣神社ではお札を池に沈める風習がある。
*)以前、シ0氏が浄霊をした家に狐が怪奇現象を起しているのをTVで見た。
この家はちらっと見ただけではっきりはわかりませんが、いろんな宗教の祠のようなものや、稲荷の狐などがあったように思いました。
*)やはり同じTVで、シ0氏がその家の庭に深い穴を掘らせたり?、不動明王(六字明王)の大きな像をその家に置かせたりしていたが、怪奇現象はひどくなっていた。

【追記】
この家のことの書かれたサイトを紹介してくださいました。
この不動明王像の下にリュージンを隠した?と思われます。
この不動明王のエネルギー体を消滅する。

0時30分 咳が出て目が覚める。

「違うことを書いているので知らせているのです。
六字明王ではないのです。
不動明王なのです。
(リュージンが)弥勒(ミロク)と思わせるために、6字明王と呼ばせていますが、不動明王なのです。
それで咳で起きてもらったのです」

メールで
「島根といえば、女神サミットの時、(消滅のために)出雲へ向う途中、黒塗りの霊柩車が、まるで我々の車をめがけてくるようにこちらへ向って来たのが忘れられません。天井に、どでかいリュ?の置物というか飾り物が載っていて、それはグロテスクなひどい代物でした」
と連絡が入っていました。

【1月11日追記】
昨夜の体験が読者のブログに書かれています。
良いと思ってしていることが、見えない世界ではこのような結果を招いているということを、はっきりとビジョンで見せられています。
白い光をさえぎる黒い手こそ、リュージンの手先になっていると。
ブログの管理人のコメントにも書かれています。

2011年12月6日
外車の多重事故、柴=シバ(神)、横浜、山口県、偽メール事件、雲

#)12月4日“山口県”下関市の中国自動車道で“外車”の高級スポーツカーなど14台が絡んだ多重事故あり(2011年12月6日ニュース)
#)12月5日20時03分元公明党幹事長の冬“柴”鉄三氏、死去(2011年12月5日ニュース)

#)12月5日 真夜中、前歯と土踏まずにサインあり。
「土踏まずのアーチはイシカミをあらわし、歯はシリウスをあらわします。
見えない世界で知らせました。
冬柴の死のことです。
柴(シバ)とは破壊の神シバ神の意味もあります」

「(そして山口県での外車の多重事故は)
山口県出身の首相が多いことは外国からの資金がそこ(山口県)にいっていることを知らせました。
(外車が外国のお金をあらわしていること)
偽の明治天皇を送り出した県だからです。
(皇居や議事堂のある)悪の中心の東京の“横”にあるのが横浜で、今回(大地震で)知らせる計画が立てられました。
けれども冬柴の死と山口での外車の事故で分散して知らせたということです」

左手首にサインがあり。

*)偽の明治天皇

首にサインありて目が覚める

「首は横浜をあらわします?
そこ(横浜港)に外国からお金が入ってきたのです。
そのお金が天皇や(当時の権力者=自民党系)に入っていきました」

(先日見たビジョンの絵は横浜市山の手のあたりを含めた港を、航空写真で見たそのものでした)

再び目が覚めて

「名のない星のものが知らせます。
横浜の地震は他の事で知らせました。
小さな地震にして外車の衝突と冬柴の死で知らせました。
破壊の神シバ神は柴の字であらわします」

左手首にサインあり。

*)イシキの世界は現実の世界より早く起きます。横浜の地震とは
2011年12月3日(土) 5時55分 千葉県南部 M5.2 震度4

「小さな地震で済ませることにしました。
それは4月まで猶予を持たせるということです。
宮家のことが変ることがなければ、再び計画はなされます。
横浜(ヨコ・ハ・マ)とは、横で悪いことをしていることを知らせる名前です。
悪いことをしているものとは、皇居の中のことです。
横浜(港)に外国からお金が入ってきました。
そのお金は民衆のお金です。
それは生身の体のお金です。
外国に売られた人のお金です。
そして国の宝物も売られたそのお金が横浜から入ってきたのです。
新しい時代(太平洋戦争?)には占領した国からお金が入ってきました。
それらのお金は皇室と当時の権力者のグループ(自民党系?)のものになりました。
又、偽の明治天皇を送り込んだ県(山口県)にお金が配られたくさんの首相)が生まれました。
そしてさらに自分たちのグループにお金が入るような政治をしてきたのです。
今の内閣はその流れを汲んでいます。
なんらこれまでと変わりがないのです。
これまではリュージンの力で自由にできましたが、これからはできません」

*)売られた人(からゆきさんなど)のお金
鬼塚 英昭の“天皇のロザリオ”、オルタナティブ通信、高橋五郎の“天皇の金塊”などに詳しく書かれているようです。

*)たくさんの首相
山口県出身は9人でダントツです。

次のこともチャネリングなので真偽の程はわかりません。

「死について話します。
さ・さ・・・さる芝居をさせられた者が降りてきました。
偽メール事件の人です。
真ん中のものが指図をしたのです?
それなのに今は大臣になっています。
な・な・・・なくものかと思っても泣けてきます。
黄泉の国で知らせたことになります?
それは憎んでも憎みきれないということです。
それを知らせることができたのでソラにあがります。
よく聞いてくれました」

*)堀江メール問題
(私はこの事件はほとんど知らなかったのですが、後半部分に知らせてきたこととつながるようでもあります)

*)波のような雲が気になります。
2011年12月6日 三田市 7:04《波のような雲》

2003年10月30日
明治天皇(大室寅之助)より

以下のこともチャネリングで知らされた事ですので真偽の程はわかりません。

「トラノスケです。
なぜ降りてきたかというと良くない事をしたからです。
人間でありながらコト・・・(言葉が出てこない)
コトバは神の発するコトバと思いなさい、と言われました。
会議での決め事は長州の有利なように言いなさい、と言われました。
薩摩の人には悪かったと思います」

「私が反省するべきことは、薩長で政府を作ったのに、薩摩の人の意見を聞かなかった事にあります。
薩摩の人の言葉が分からなかったのもありますが、何よりも長州をひいきしたからです。
それらの事で薩摩の人が怒り、戦争となったのです。(西南戦争)
又、なぜ会津の人が新しい政府に最後まで手向かったかというと、会津の家老が伏見で本当の天皇の死の真相を知ったからです?
それで新しい政府を受け入れる事が出来なかったのです。(戊辰戦争)
仏教側から圧力をかけられた明治政府はその事で廃仏毀釈を決行したのです。
そして伊0神0に力を入れ新しい神を拝めと強制したのです。
仕事が終わったのでゆっくりと休みたいと思います。
イシキの世界にいると、決して隠し事は出来ないことが良くわかります。
その事に早く気づくかないまま・・・・ (言葉が出てこない)」

これらの情報を全く知らなかったけれど、突然知らせてきたこととほとんど一致したのには驚きました。
大室寅之助は山口県出身で、地震はこれを知らせていると伝えられます。

【2005年12月28日追記】
明治天皇偽者説

2011年1月14日
カリーナ星雲、異常気象、地球の富の独占、土方歳三、西郷隆盛、悪の長州、首相の資金

1)カリーナ星雲が少女二人の素描のようなビジョンで知らせてきました。
宇宙の星たちで特にこのような巨大な星雲は、地球にとても大きな影響を与えていると、改めてしっかりと知らせてきています。
星たちは意識があると以前からソラから伝えられていますが、単なるガスや岩だけと思っている現代の科学への警告として、いろいろな異常気象、異常な事件で知らせているようです。
今の学説のまま突き進むと、地球は宇宙の計画通りに進んでいくようです。
お正月を過ぎてから更に厳しいお知らせになると、何度も伝えられていることは確実なようです。
(世界各地での大洪水、小笠原諸島西方沖M6.6、南太平洋M7.3)

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

地震雲などの画像より
2011年1月11日 三田市(17:23)【小笠原諸島沖M6.6、ロイヤリティ諸島M7.2】
今日の午後のソラは、雲から目が放せないくらいで、いろいろな表情を見せてくれました。

発生時刻 2011年1月13日6時34分ごろ
震源地 小笠原諸島西方沖 深さ520km 規模 マグニチュード 6.6
震度2 東京都

発生時刻 2011年1月14日1時17分ごろ
震源地 南太平洋 深さ --- 規模 マグニチュード 7.3
(13-JAN-2011 16:16:M 7.3 深さ7.2 LOYALTY ISL)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月28日0時4分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経141.9度 深さ60km)
規模 M3.8
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 石巻市、大衡村、女川町

発生時刻 2013年7月28日2時47分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.8度 東経141.4度 深さ20km)
規模 M4.2
福島県
震度2 いわき市
震度1 棚倉町、田村市、川内村
茨城県
震度2 高萩市
震度1 日立市、東海村

発生時刻 2013年7月28日7時48分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.8
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月28日13時1分頃
震源地 山梨県中・西部(北緯35.8度 東経138.8度 深さ10km)
規模 M2.8
埼玉県
震度1 秩父市
山梨県
震度1 丹波山村

発生時刻 2013年7月28日20時37分頃
震源地 鳥島近海(北緯31.1度 東経138.2度 深さ460km)
規模 M5.6
栃木県
震度1 宇都宮市
埼玉県
震度1 宮代町
千葉県
震度1 鴨川市
東京都
震度1 東京千代田区

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月28日のソラ。

アト君との会話(その2)、サウスサンドウィッチ諸島M6.2

2013年07月27日 19時22分06秒 | Weblog
光からアト君が生まれるまで、バヌアツM6.1」の続きです。

皆様からのお便りより
2013年7月26日 アト君との会話。その2

光とアト君が見える子供さんとの楽しい親子の会話を報告してくださいました。
このように物質にも意識があり、起こる出来事にも意味が分かると、生きていくのが楽になるようです。

*)【原子とニウ物語(雲、虹、地震雲、などの意味)

・・・・・・・・・・・

(以下、読者のメールより)

今日の私と息子と娘の3人での夕食の時の会話が面白かったので、ご報告します。

食事中にテレビでドラえもんが始まり、
私「見ながら食べるのはやめなさい」
娘「ちゃんと食べるから」
と、結局テレビをつけたまま食べていました。
ドラえもんがのび太を甘やかしているのを見て、
私「ああやってだめ人間を作るんやで」
娘「うん、わかってるけど、面白い」(と笑っている)
私「そうやってみんなが面白いと思ってるから,ドラえもんが調子に乗って、人間に悪さするねんで」
娘「えー面白いからいいやん」
と言ってしばらくすると、娘がテレビを見ていたので魚の煮付けの入ったお皿を落として割ってしまいました。
私「もう食事中はテレビは禁止です」
娘「はい」
掃除機をかけて、床の掃除をして、魚には細かい破片が沢山ついていたので
私「あかんわ、、食べられへんわ」
息子「魚のアト君おこらはるで」
私「捨てるから魚のアト君にちゃんとあやまりなさい。お皿のアト君にも」
娘「はい(しばらくお皿と魚を持ってじっとしている)」
娘「・・・お母さん、魚のアト君がどうして捨てるの?って」
私「お皿の破片が入って食べてしまうから」
アト君「破片を食べたらどうしていけないの?」
私「おなかに入って怪我をするかも知れないから。ごめんね」
アト君「そうか、、まあわかったよ。」
ということだったそうです。
ちなみに、お皿のアト君は、割れたときに私が「450円もしたのに」と言ったので
アト君「450円は関係ないやろ。まあ、僕も生まれ変わって違うものになりたいからいいわ」
娘「何に?」
アト君「食パン」
ということでした^^;
毎朝家族で食パンを食べているのをお皿はよく知っていたようです。

その後、台所の一箇所10年ほど開けていない開きを娘が急に気になり、「あの中に何が入ってるの?」というので開けるともう使えない型の古い換気扇のフィルターがありました。
これもずっと待っていたんですね。
「ごめんね」と言ってもう使わないのでゴミに出すことにしました。

娘との会話で、「よく考えたら回りにはアト君がいっぱいで、一人と思っていても、本当は一人じゃないんだね」という感想でした。
娘「アト君が次のものに生まれ変われるので、一番簡単なのはなんだと思う?」
私「わからない」
娘「空気やで。周りにいっぱいあるやろ」
私「なるほどね~。物になっても見えなくてもアト君がいることに変わりないんやね」
娘「そうやで」
とニコニコしていました。

物に全て思いがあるということについて、こんな会話が出来るとは思ってもいなくて、わたしもびっくりでした。
ますます楽しい生活になってきましたが、娘も私もイシキは暴走しないように気をつけようと改めて思っています。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
26-JUL-2013 21:32(日本時間7/27 06:32) -57.79 -23.96 M6.2 深さ10.0km SOUTH SANDWICH ISLANDS REGION
27-JUL-2013 01:09(日本時間 10:09) 32.98 141.65 M5.6 深さ30.8km SOUTH OF HONSHU, JAPAN

発生時刻 2013年7月27日1時36分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.0度 東経142.5度 深さ30km)
規模 M3.6
岩手県
震度1 山田町、大船渡市、釜石市
宮城県
震度1 気仙沼市

発生時刻 2013年7月27日2時12分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯27.3度 東経128.9度 深さ30km)
規模 M3.8
鹿児島県
震度1 伊仙町、和泊町、知名町、与論町

発生時刻 2013年7月27日4時47分頃
震源地 福島県沖(北緯37.3度 東経141.9度 深さ30km)
規模 M3.9
福島県
震度1 田村市、楢葉町、川内村、浪江町

発生時刻 2013年7月27日7時9分頃
震源地 根室半島南東沖(北緯43.3度 東経146.1度 深さ50km)
規模 M3.6
北海道
震度1 根室市

発生時刻 2013年7月27日18時5分頃
震源地 三陸沖(北緯39.9度 東経143.3度 深さ10km)
規模 M4.2
岩手県
震度1 宮古市、盛岡市

発生時刻 2013年7月27日22時1分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.2度 東経140.0度 深さ50km)
規模 M2.9
茨城県
震度1 土浦市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月27日のソラ。

光からアト君が生まれるまで、バヌアツM6.1

2013年07月26日 21時22分33秒 | Weblog
皆様からのお便りより
2013年7月22日 光からアト君が生まれるまで、、。子供さんの体験

『私は二人の子供を持つ主婦です。
最近、約10年前から「地球の謎解き」HPで知らされている「全てのものに思いがある」ということを日々、実感しています。
いわゆる学校の勉強ではそのような考えはなかなか受け入れられないものと思っていましたが、今回、立命館大学の量子力学を研究されている山田教授や学生さん達のやり取りを拝見し、徐々にではあっても全ての人が理解するときが来るのではないかという希望を持つことができました。

私が全てのものに思いがあると実感している、そのきっかけをご紹介します。
これは私と私の小学生の娘の体験です。
娘は4年ほど前から、家の中や学校等の建物の壁や床の平らな面の上で動く光が見えていたそうです。
それらは大抵5×2センチくらいの楕円のソーセージのような形または球状で向こうが透けて見え、移動の仕方は大抵2パターンだそうです。
一つは丸い円を描くようにグルグル回っていて、もう一つは不確定に少しずつ場所をずらしながらパッパッパッとリズミカルに光って移動しているということです。

たとえば、家のトイレではオレンジと赤とピンクの混ざったような色でぐるぐる回っており、台所のオーブンの横では濃いオレンジ、リビングでは黒、寝室では水色、あまり使わない奥の部屋は白い光がずっといるそうです。
色は性格のようなものと関係するようで、法則はわかりませんが、白や水色は穏やかで冷静、赤や黄色やオレンジは活動的、黒はやんちゃ、乱暴という感じだそうです。
おのずとそれぞれの居心地の良い部屋も決まっており、違う部屋に行くことはあまりないそうです。
黒い光は人が争うことが楽しいそうで、どうもそれがいると私たち人間も喧嘩をしたり、良くない影響があり、点滅をしていると余計に悪い影響があるようです。
なぜかというと、点滅をするのは他の悪い仲間を呼び寄せる為のサインで、不良が仲間を集めるのと同じ意味なのだそうです。
私はこのことはあらゆる地上の争いや戦争とも関わっていると思います。
娘に知らされてから、黒い光には特に点滅しないように注意しましたら、おとなしくしていましたが、いづらいのかいつの間にか家を出て行ったそうです。
なんとか黒い光に悪い考えを辞めてもらいたいと伝えると、では人間が喜ぶもの(りんご、あるいは自動車の部品役に立つと思ってもらえるもの)になりたいと言っていたそうですが、黒いので自分でもそれは難しいと言っていたそうです。
人間がほめてくれるものをよくわかっていて、ほめて欲しいという思いがあるようですが、褒めすぎるとまた暴走するので気をつけなければなりません。
役に立つものになるのは難しいということは、黒はマイナスの思い(乱暴、いたずら)が強いので役に立つものになるには相当考えを変えなければなれないということと想像しています。
ちなみに白や水色はとても穏やかで冷静で、黒い光に対して注意、指導するお姉さん的な性格だそうですが、本来相容れないので近寄らないということです。
光はそのように、それぞれが思いを持っており、娘はそれらに意識を向けることで思いが伝わってくるのだそうです。

また娘は1年前からひょんなことで、2、3センチサイズの目に見えない存在を見るようになりました。
それらは光よりも更に個性があり、複雑な思いを持って自由に動いて、人間についてサポートしてくれたり、家や場所にいてそこを守ってくれていたり、とても好奇心旺盛で、色々なものに興味を持って様々な姿と役目を持って活動しているようです。
娘についているのはウサギの耳がついていて、私のは毛がアニメのオバQそっくりの毛が3本、息子のはアンテナが2つで、それぞれ 一人乗りのUFOらしき乗り物に乗っているようです。
姿が様々なのは、そうなりたいと思う姿でいるからだそうです。
また、ついている人間とアト君(そう呼んでいます)はどうも性格が似ているようで、私のアト君はあまり格好を気にしないらしく、毛が三本のおばQですが女の子ということです。
人間の成長と共にアト君も成長するそうで、私のアト君は最近は毛が4本になり、本来アト君は毛がないので人間に一歩近づいたということでとても喜んでいたそうです。
そう考えると、キャラクターやぬいぐるみ好きな娘のアト君がウサギ型で、常に新しい情報が好きな息子がアンテナ型というのもうなづけます。
それぞれUFOのような乗り物に乗り、車で移動している時は、車の外や中を出たり入ったりしながら飛んでついて来るそうです。
他にも様々なものがいて、人につかずにかたつむりやてんとう虫に乗ってゆっくり移動する、のんびり生活するアト君もしたいるようです。
私自身は、空中で青い四角い羽が4枚扇風機のように回っている宇宙衛星にそっくりなものや、透明ゼリー状の塊が空中をゆっくり移動する姿を見たことがありましたが、宇宙衛星型も娘によると家を守っているアト君ということでした。
透明ゼリー状のは、何か意志のあるものが集まってアト君のようにある形を作ろうとする前の状態のようです。
恐らく、空中には見えない意志のある存在がいくつもいて、同じ思いのものが集まることでよりはっきりした意志と個性を持つ形あるものに変化しているのだろうと想像しています。

またアト君はいわゆる物体をすり抜けられるので、私たちが寝ていると口から入ってほおから出てみたり、探検をしていることもありますが、首から下の消化器官には
自分の存在がどうなるかわからないので用心して入らないということでした。
また全ての人についているわけではなく、アト君の合う人について自由意志でサポートしているそうで、大人より子供の方がやや多いそうです。
大人は目に見えないものをあまり信じないけれど、子供はまだへ理屈を知らない純真さがあるからでしょうか。
以前もテレビのアナウンサーの男性を見て、「この人もアト君がついてる~。お話が得意なアト君」などと言い、本人はそうと知らずにサポートを受けているようです。
娘はよく、うっかり忘れていたことを思い出したりしたとき、アト君が助けてくれたとお礼を言っていましたが、なんとなく虫の予感や無意識にこうした方が良いと思って行動することもアト君がインスピレーションで助けてくれている場合もあるそうです。

娘によると、光が数百個集まるとアト君になり、アト君がまた数百個から数千個集まると人間が見ることができたり触れられる形のある物質になるということです。
以前、光が十個でアト君、アト君が十個で物質と言っていましたが、それは娘の勘違いだったそうで、最近数百個と訂正していました。
私は娘の話からも、アト君は物質のすぐ手前の原子と呼ばれるものに近く、光は恐らくアト君より前の物質を形成する最も小さな単位のフォトンに近いのではないかと思っています。
多くのアト君は一生懸命人間をサポートしたいと思っていますが、存在を理解されていないことはさみしく思っているそうです。
時々人間になりたい、人間のような体験をしたいと思うことがあるようで、人間の体の細胞ひとつひとつ、またそれぞれの臓器も同じ思いと役目を持つアト君の集合体ですので、いかに気の遠くなるほどエネルギーの要ることで、人間として生きていることのかけがえなさありがたさを改めて実感しています。
光も人の役に立つものになりたいと言っていましたし、人間がそのように見えなくとも思いを持つ存在に気がつくことはとても大切なことで、今世の中で起こっている様々な悲劇の原因に気づき、本当にどう対処するべきか考える手立てになるのではないでしょうか。
また、光やアト君も人間と同じように様々な個性があり、全ての思いが良いことばかりとは言えませんし、問題を起こすこともありうるということは人間とまったく変わらないと思います。
よく見えないものを拝んで崇める行為の一つに宗教がありますが、崇められるのが好きな見えない光やアト君ばかりが集まって面白がって人間を支配し、悪さをすることは容易に想像がつきますが、多くの人はそのことに気づいていないと思います。☆

我が家のトイレにいる光は恐らく人間に食べられた食べ物や、古い細胞が仕事を終えて原子に戻る場所なので、役目を終えた仲間を見ているのかなと思ったりします。
私はソラから知らされたように、トイレでの排泄物にも「お疲れ様でした。海でゆっくり休んでください。また違う物質になってあるいは、いつか人間の細胞になって違う体験をしてね」とお別れをしますが、
娘は「バイバイ、またおいしいものになってね」などと言っているようです。
以前「トイレの神様」という歌が流行りましたが、お仕事を終えた原子(排泄物)=汚いと思うのでなく感謝してきれいに掃除するというのはとても原子も喜んでくれていると思います。
そう考えると、使い古され捨てられるゴミもまったく同じことだと思えます。

娘にこういったものがなぜ見えるのかはわかりませんが、私は「地球の謎解き」HPをいつも読んでいて「全てのものに意志がある」ということは具体的にどういう感じなのかな?と考えていたのでそれを実感できるように、フォトンや原子が娘を通して存在を知らせてくれたのかも知れないと思っています。
科学の世界ではなかなか「物に意志がある」という考えは受け入れられないようですが、量子物理学の世界では、「意志がある」と考えたほうが、つじつまが合うという見解があるようで、このような情報もあるという参考にしていただければ幸いです』

(以上、読者のメールより)

・・・・・・・・・・・・・

ソラの情報の一番の基本は「原子に意識がある」ということで、「原子が生まれる前は意識と光があらわれた」ということを、ソラは子供さんにわかりやすく知らせてくれたようです。
ただ、このようなものが見えるということで、この子供さんを特別視することは決して良くないので、このような話は家族だけにするようにして、普段はごく普通の活発な子供さんです。
子供のうちは割と多くの割合で、見えない世界のことを体験していますが、このように親子で会話をしていくと、さらにこれまで謎とされていたことが解明していくのでないかと思われます。
ただ、繰り返しますが、そのことをあまりに特別視していると、返って悪影響が出てくることもあると思うこと。

それは特別視することであがめてもらいたいエネルギー体が、その子供さんに取りつこうとするために、普通にそしてどちらかというと厳しいくらいに子育てするようにと、一番気をつけてもらっています。
特に今はプレの支配全盛で、女子がとてもわがままに育って行っていますので、そのためでもあります。 By Taeko

*)【宇宙物語(星の誕生から生物発生まで)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
26-JUL-2013 07:07(日本時間 16:07) -15.36 167.59 M6.1 深さ132.6km VANUATU ISLANDS

発生時刻 2013年7月26日0時8分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.2
福島県
震度1 古殿町、いわき市

発生時刻 2013年7月26日1時55分頃
震源地 福島県沖(北緯36.9度 東経141.1度 深さ50km)
規模 M3.9
福島県
震度1 白河市、天栄村、棚倉町、玉川村、小野町、田村市、楢葉町
茨城県
震度2 日立市
震度1 水戸市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、城里町、土浦市、石岡市、筑西市、桜川市
栃木県
震度1 日光市、大田原市、那須町、宇都宮市、鹿沼市、茂木町、市貝町、芳賀町、那須烏山市、栃木那珂川町
群馬県
震度1 沼田市、桐生市、伊勢崎市
埼玉県
震度1 東松山市

発生時刻 2013年7月26日4時5分頃
震源地 岩手県沖(北緯40.2度 東経142.5度 深さ30km)
規模 M4.8
北海道
震度1 函館市、様似町
青森県
震度3 階上町
震度2 八戸市、三沢市、野辺地町、七戸町、東北町、三戸町、五戸町、田子町、青森南部町、おいらせ町、東通村
震度1 青森市、平内町、外ヶ浜町、十和田市、六戸町、横浜町、六ヶ所村、新郷村、むつ市、佐井村
岩手県
震度3 普代村、盛岡市、八幡平市
震度2 宮古市、久慈市、山田町、岩泉町、田野畑村、野田村、陸前高田市、釜石市、二戸市、雫石町、葛巻町、岩手町、滝沢村、一戸町、軽米町、九戸村、矢巾町、紫波町、花巻市、北上市、遠野市、一関市、平泉町、西和賀町、奥州市
震度1 岩手洋野町、大船渡市、住田町、大槌町、金ケ崎町
宮城県
震度2 気仙沼市、涌谷町、栗原市、登米市、石巻市
震度1 色麻町、南三陸町、宮城美里町、大崎市、角田市、岩沼市、丸森町、東松島市、松島町、女川町
秋田県
震度1 能代市、大館市、小坂町、北秋田市、横手市、羽後町、秋田美郷町、大仙市、仙北市

発生時刻 2013年7月26日8時48分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.8度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M2.9
茨城県
震度1 日立市

発生時刻 2013年7月26日9時42分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.2度 深さ40km)
規模 M4.0
岩手県
震度2 大船渡市、陸前高田市、釜石市、一関市
震度1 山田町、住田町、大槌町、遠野市
宮城県
震度1 気仙沼市、栗原市、登米市、南三陸町、大崎市、石巻市

発生時刻 2013年7月26日10時27分頃
震源地 釧路沖(北緯42.9度 東経144.0度 深さ90km)
規模 M3.3
北海道
震度1 十勝大樹町

発生時刻 2013年7月26日10時33分頃
震源地 愛媛県中予(北緯33.8度 東経132.8度 深さ40km)
規模 M3.9
島根県
震度1 浜田市、吉賀町
広島県
震度2 江田島市
震度1 安芸高田市、三原市、尾道市、広島安芸区、呉市、東広島市、廿日市市、府中町、海田町、坂町、大崎上島町
山口県
震度2 周防大島町、山口市
震度1 岩国市、光市、柳井市、上関町、田布施町、平生町、周南市、防府市、下松市
徳島県
震度1 徳島三好市
香川県
震度1 観音寺市
愛媛県
震度2 西条市、上島町、松山市、伊予市、久万高原町、内子町
震度1 今治市、新居浜市、愛媛松前町、砥部町、東温市、宇和島市、八幡浜市、大洲市、伊方町、松野町、西予市、愛媛鬼北町
高知県
震度2 いの町
震度1 高知市、土佐市、土佐町、大川村、佐川町、仁淀川町、宿毛市、四万十市、四万十町、黒潮町
大分県
震度1 国東市

【連続地震】
発生時刻 2013年7月26日14時43分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.4
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月26日14時44分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度2 いわき市

発生時刻 2013年7月26日16時22分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M1.8
福島県
震度1 檜枝岐村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月26日のソラ。

原子が生まれる前は意識と光があらわれた

2013年07月25日 23時59分31秒 | Weblog
2013年7月25日
シェットランド島、オークニー島などの遺跡めぐり1、ウラン、温羅、カルデラ噴火、明石海峡、キリン、モーゼとモーサ、双頭のリュー、カラー・(フィ)ニッシュ、ロン・バード

#)スコットランドのシェットランド島、オークニー島、ルイス島などの遺跡巡りをしてきました。
いずれも岩や泥炭の土地で、農作物は耕作不能で牧畜しかできない島で、人口も少ない離島に不思議な遺跡がたくさんありました。

地中海の島やジンバブエの石塔に似たものや、断崖絶壁の上で人間は這わないと入れない遺跡の入り口、小人が住んでいたとしか思えない全てが小さな構造の遺跡、巨石による大きなストーンサークルなど、ソラ画像に紹介をしていっています。
ただ、帰国後も次々と新しいソラからの情報があるためになかなか紹介がすすみません。

ソラ画像
2013年イギリス/スコットランド諸島部調査写真集
2013年イギリス/スコットランド諸島部で見かけた動物写真集

#)In Deepさんでも紹介されている巨大コロナ、アメリカの予言者のロン・バードの日本の災害の警告、カルデラ噴火、月の支配
2013年7月22日記事

#)ソラの情報の一番の基本は
「原子に意識がある」
ということで、
「原子が生まれる前は意識と光があらわれた」
ということを、ソラは子供さんにわかりやすく知らせてくれたようです。

皆様からのお便りより
2013年7月22日 光からアト君が生まれるまで、、。子供さんの体験

遠くまで行った甲斐のあるとても有意義な遺跡めぐりでした。

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

地震雲などの画像より
2013年7月21日 三田市 《ウランの怒り》
ウランの怒りをあらわすということです。
人間は原子が意識を持っていることを認めなく、ウランの原子が仕事をしているのに、嫌がるばかりなので怒っているようです。
後ほど詳しくはお知らせに書く予定です。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月25日13時37分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経142.3度 深さ40km)
規模 M4.1
宮城県
震度1 岩沼市

発生時刻 2013年7月25日21時44分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.2
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月25日22時38分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.3
福島県
震度1 いわき市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月24日のソラ。

権力を持ったけどむなしいことだったと気づくことになる

2013年07月24日 22時20分38秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2011年3月6日 名古屋 11:50《はしごの雲》【チリM6.2】
06-MAR-2011 12:31 M6.2 深さ87.8km NORTHERN CHILE

イメージで“男性が高い塔へ登ろうとしている”というのがありました。
意味は、
「高いところへ登ったけどあまり良いことではなかった=権力を持ったけどむなしいことだと知らせてほしい」
そうで、この雲もそれを知らせているようです。
又、この雲を見られた方があるモノ(巻=カン)を買われた時、“一巻の終わり”という言葉が浮かんだそうです。
今の独裁者に送りたい言葉です。by Taeko

2011年3月7日
6角井戸、地震と雲、イン・マヌ・エル、タマノ・イ、マ・ツリ、二子塚、スイコ、プレの復活

3月5日《夢》
“レストランでみんなと一緒に食事をしようとし、シチューを頼むとその中に髪の毛が入っているのを隠して取り出して持ってこようとするので、注意をする”
意味は
「髪の毛=星=宇宙の悪者が嫌がらせをしようとしているのです」
その後、とても生意気な言葉でプレの乳母やその仲間が降りてきていて、文字もダブって書いて意味がわかりません。

「これからも(ソラの情報を知りながら)知らん振りを知る人たちが、今以上に多くなります。
宇宙から(オーロラで?)悪者が降りてくるからです。
地球の内部が裂けることになり?地球の争いが今以上にひどくなるのです。
タマノ・イ、タマノ・イが悪のものなのです。
悪者がタマノイなのです。
タマノイがタマキの母がタマノでした。
その大物が宇宙から来る悪者を6角井戸にかくまわせようとしています。
それらがプレの仲間なのです」

*)北極海その付近、アリューシャン列島の地震。
*)6角井戸の他4角が普通にあります。
角がなぜ区別しているか夢うつつに言っていたようですが覚えていません。
亡くなった後に残るものの形?
*)ウンピョウ=ヘビ柄の猫科の動物。

桜土手古墳群に似ている奈良の新沢千塚古墳に行ってきました。
銅鏡やいろいろな金細工なども出てきていることがわかり、チョイ悪の子供のイシジンと思っていました。
その夜
「丸いものです。支配星に言われるままに変化しただけです」
というような言葉になりました。
その後、古墳群は同じようなのが丸く頭をだしているようで、平等ということをあらわしていると思いました。

3月6日 突然目が覚めて。
「古墳は誰のものか?」
と言葉になりました。
新沢千塚古墳の資料館は全く撮影が許可されませんでしたが、他のHPではたくさんの画像が紹介されています。
自分たちのものという思いがあるようで、折角残しておいたイシカミたちが怒っているようです。

「夜に見えるものの世界が見ることができるのでUターンしてきました。
けれども王制も皇室制もなんら変わらないことがわかりました。
そして地球の平和も訪れないことがわかりました。
宇宙から来た悪者が権力者の元にいくからです。
それで地球の進む道が決まったのです」

右土踏まずにサインあり。

「土踏まずは地球の内部をあらわします。
そこでいろいろなことが相談されたということです。
それと関係していたイシキの持ち主が、体の症状としてあらわれたのです。
(複数の人たちの腹部症状が伝えられてきました)
地球の中にいるものが知らせました」

「皇室制をやめるどころか増資をするというのを見て、ミナシゴタチは去っていくのです」
と言葉になりました。
ソラから情報を知らせても、なんら変わりがなく争いだけがひどくなっていくことに対して、宇宙の応援がなくなり、地球を平らにする計画がますます進んでいくことようです。

人々を洗脳している宗教の課税どころか、公明党と連結しようとする今の政府は管=カン=完ともつながります。

《イメージ》
“男性が、はしごのある高い塔に登ろうとしている”
意味は
「一番高い所から見下ろしてもなんら良い思いをしなかったことを伝えました。
権力を持ったけどむなしいことだったと気づくことになるということを知らせています」

「仲間が言ってきます。
かわいそうだとは思うけど、一部の人だけ生き残っても、生きていくのが大変だということです。
それが真実なのです。
それが悪い知らせなのです」
朝起きると悪い知らせですと言葉になったことはプレが嫌がらせで言った?

3月7日 明け方

「マツリとは悪者たちが浮かれることです。
その時にマが降りてくるのです。
そして人間(のイシキ)を吊り上げるのです」

《夢》
“実家の裏山で頭がバッタで尻尾が魚の生き物を見つけるも、飛んでいく。飛んでいるさまはこうもりのように羽が大きく見える。遠くになるとヘリコプターにも見えると思っている”
目が覚めて
《ビジョン》
“金色の網目”が久しぶりに見える。
意味は
「ベガも復活してきたということです」
この後、インマヌエル(イン・ヌマ・エルとしか発音できない)が気になると連絡がありました。
「イン・ヌマ・エルがバッタと魚の合いの子なのです?
川のものが沼に入ってリュージンとして支配したことを知らせています」

再び《ビジョン》
“金色の長方形?網目”
意味は
「プレの復活です」

地震雲などの画像より
2011年3月6日 東京 8:23《プレの復活》
まるで日暈に突入するかのようです。
関東地方でプレの女王の復活を知らされましたが、そのことを知らせていたようです。
ちなみに↓の大砲の弾のようなのは、ソラのものが反撃に出たことをあらわすそうで、その下の黒い塊の雲がプレの復活を知らせています。
争い好きなリュージン信仰が増え続けていることで、地球の争いはますますひどくなるようです。
浄化のユキが降っているようです。by Taeko
2011年3月4日 山梨 17:13《プレの復活?》

ソラの反撃
2011年3月6日 山梨 16:41 東《大砲の弾丸》
プレの復活に対するソラのお知らせ?

#)関東甲信で雪、ピークは午前中(2011年3月7日ニュース)

「(プレの女王が)人間に生まれることにしました。
けれどもそれも知られることになりました。
ミナ、ミナ・・・皆にお詫びをします。
子供なのでいわれるままでした。
悪いとは思ったのですが、マに服するものに担ぎあげられたのです。
それがわかる人に知られたのです。
今、スカン星に帰ります」
プレ一族は巧妙なのでどこまで信じていいかわかりませんので、引き続き警戒はしておきます。

二子塚のことで聞きました。(ソラ画像参照)
推古はリュージンの化身なので塚はない。
(これはリュージンの化身のジンムも同じで、今のジンム稜は被差別部落の田を取り上げて創られた)
今の推古稜は、近くに池に降りたので、子供のイシカミの小山を、明治時代の伊勢神宮の巫女のチャネラーに降りてウソを告げた?
スイコがイン・ヌマ・エルで、沼に降りたマのものという。
すぐ近くの二子塚の石室で創られたイシジンが、人間を指導するためにイエスとマホメットになって、エルサレムやメッカに行った。
その後、双子が支配星に支配され、宗教によって人間を支配するようになったが、その数がとても多いので、スイコは自分の子供のように宇宙の皆に自慢していたので、見えない世界で強力な力があった?
推古が勝手にイエスたちを自分の子供だとウソを宇宙のモノ達にしらせていた。

地震雲などの画像より
2011年3月5日 奈良 17:11《双子雲》
おっぱいのように見えますが、二子塚のそばに行ったので、双子を知らせていたようです。
双子、すなわちイエスとマホメットが二子塚古墳で生まれたイシジンで、人間の指導をしようと中東まで行ったが、支配星に支配されて宗教によりこれまで人間を支配してきたそうです。

・【ソラのイスラム物語
・【ソラのイエス物語

【2011年7月8日追記】
本『星からのメッセージ』の1999年6月に
石巻山の言葉として
「・・・巻き戻すとゼロになる」
と書いていますが
ゼロの学びはブラックホールと書いています。
二つのブラックホールで地球は丸くなったと伝えられましたが、書きながら昨日紹介した穀物模様が気になります。
そういえば、3.11前の双子の雲がしつこくついてきたのも、3.11の大地震を警告していたのかもしれません。

ソラ画像より
奈良新沢千塚古墳群
このようなたくさんの小さな古墳がありますが、自分が!という思いのたくさんのイシカミが勝手に小さな古墳になり、金細工や、銅鏡などいろいろなモノも残していますが、ここの資料館は土器さえも一切撮影禁止で紹介のしようもありません。
折角の残してくれていても昔ながらの考えで、自分たちだけのモノという感じがして、北海道のおおらかな資料館が懐かしく感じました。

奈良、太子堂の池
見たことのない抹茶のような池で、強力なリュージンがいたことがわかります。
この後、首が離れたような雲で知らせてきました。

奈良スイコ稜
小さな小山で近くに池があり、やはりここもリュージンと関係があることがわかりますが、聖徳太子共に大きな事を言っていたが、たかがこのような小さな古墳であることをしっかり宇宙の皆に知らせるために行ってほしいと言って来たようです。
この後、おっぱいのような雲が手を振って別れていきました。
宮内庁でお金をかけて整地されていますが、本当はスイコと関係のない小さな女の子のイシカミのようです。

スイコ塚の近くの池
スイコがリュージンとして降りた池。
明治の伊勢神宮のチャネラーにここがスイコの墓だと伝えた?
近くに二子塚がありますが、驚くことを伝えてきました。

二子塚
スイコ稜のすぐ近くにあったのですが、急いでいたので寄れませんでしたが、むき出しの石室があり、これまで見放されて子供の遊び場になっているようです。
スイコと関係があるように勝手に伝えてきたようですが、なんら関係なくここで創られたイシジンがイエスとマホメットとなってヨーロッパ、中東へ行ったそうです。
スイコはプレから降りてきたリュージンの化身↑なのに、勝手にイエスとマホメットは自分の子供だと宇宙に知らせて、強力な応援をこれまで得ていた。
聖徳太子はスイコの子供で、甘やかしたのでわがままになり、金正日のようだった?

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月24日1時49分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M3.0
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2013年7月24日8時5分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経140.0度 深さ50km)
規模 M2.9
茨城県
震度1 土浦市、石岡市、取手市、つくば市、つくばみらい市

発生時刻 2013年7月24日10時47分頃
震源地 奄美大島近海(北緯27.8度 東経130.2度 深さ10km)
規模 M4.5
鹿児島県
震度2 喜界町
震度1 瀬戸内町、奄美市

発生時刻 2013年7月24日12時5分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.0
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月24日14時34分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度2 いわき市
震度1 棚倉町、浅川町、楢葉町

発生時刻 2013年7月24日18時37分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.3度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.5
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2013年7月24日19時48分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.3
福島県
震度1 平田村、小野町、いわき市

発生時刻 2013年7月24日20時54分頃
震源地 奄美大島近海(北緯28.2度 東経129.5度 深さ40km)
規模 M3.6
鹿児島県
震度1 瀬戸内町、奄美市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月24日のソラ。

プリンスエドワード諸島M6.1、福島県浜通りM5.4震度4

2013年07月23日 21時56分51秒 | Weblog
21-JUL-2013 05:09(日本時間 14:09) -41.71 174.44 M6.5 深さ14.0km COOK STRAIT, NEW ZEALAND
22-JUL-2013 07:01(日本時間 16:01) -46.04 34.83 M6.1 深さ10.0km PRINCE EDWARD ISLANDS REGION
2013年7月23日12時2分 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km) M5.2 震度4 平田村、古殿町、田村市、いわき市(福島県)

2007年7月24日
アイルランド、イギリス、ハリーポッターのエネルギー体、エジンバラ、カミラ、バヌアツの地震、ベガ、穀物模様、高橋信次

今回は遺跡のネット検索でアイルランドに巨大な石室=ニューグレンジや、ストーンサークルも沢山残されていることがわかりぜひ訪れたいと思て行って来ました。

*)2007年アイルランド/イギリス・エジンバラ調査写真集

アイルランドの計画を立てている段階で「この計画だけで良いか?」とチャネリングで聞くと、思ってもいなかった離れた場所のエジンバラのイシカミが来てほしいと伝えてきました。
それはハリー・ポッターのエネルギー体が巨大化して、イギリスのイシカミがとても苦しんでいるからと伝えてきました。
(ハリー・ポッターの前は、カブトムシ=ベガのビートルズが世界中を制覇していた)
そして、出国する頃、大型台風が近づいてきていましたが、日本のリュージンを連れていかないように、又、リュージンの隠れている土管(中央構造線)の掃除をしているとも伝えてきました。
実際出かけることでイギリス、アイルランドの島の成り立ちを、思いも寄らない形で知らせてきました。

ヨーロッパに近づいてきたフライト中、首を軽く絞められたような感覚があって、
「(イギリスのイシカミは)自ら首を絞めて(ヨーロッパ大陸から)切り離なれたのです」
と伝えてきました。
(帰路には同じく、首の筋肉が引っ張られるような感じで、同じことを再度伝えてきた)
すなわち、日本と同じく、大陸からリューが来ないように、イギリスはイシカミが沈下することでドーバー海峡になって大陸から離れたということです。

*)日本と同じ=大陸からリュージンが責めてこないように、それまで平原で地続きであった地域のイシカミたちが沈んで日本海になった。
けれども、リュージンが高千穂に降りたので、北海道を切り離すために津軽海峡のイシカミたちが沈んだ。
そしてマサカリ半島=下北半島となって、リュージンが北海道に行かないように監視している。
(ドーバー海峡は正しいことをしたと証明するために、崖が白いです)

「けれども日本に降りたリュージンの仲間がエジンバラに(ソラから)降りたので、アイルランド(との間のイシカミ)はさらに沈下して、イギリス本土から離れたのです。
それでアイルランドはイシカミの作品が壊されることなく沢山残ったのは、北海道と同じなのです」

(アイルランドにはヘビはいないそうです)
又、次のこともチャネリングなので真偽のほどはわかりませんが、知らせてほしいと口内の右側に(初めての部位)ポリープが出来たのでお知らせします。

「なぜ、エジンバラに来てほしいと言ったかというと、そこに日本の仲間のリュー(リュージンとは言わない)が降りて悪さをしているので、リューを消滅してほしいからです。
そのリューはイギリス王室を作り出し、世界中にキリスト教を広めると同時に植民地を作り出したので、とても悪いものです。
その化身がエジンバラ公なのです」

エジンバラ城はエリザベス女王の夫のエジンバラ公の生まれたお城ですが、小山の岩の上に石造建築として建っています。
それはイシカミの若者がシリウスに騙されて醜い姿(=黒くすすけたお城)になったと悔やんでいました。
そして、本当の姿を見てほしいのでお城の裾を見てというので出かけると、きれいな花壇が側面にあり、下のほうには大木が茂っていました。(ソラ画像参照)

お城にはライオンが立ち上がった新しい紋章があちこちにありましたが、古い紋章はリューをあらわす紋章のようで、WHOの紋章と同じヘビが巻きついたモノもありました。
エジンバラ公の息子の皇太子はヘビの星のイシキと関係あり、妻のカミラとはヘビが『カラム=絡む』という意味が含まれ、皇太子とカミラと一緒になったことでヘビの星が強くなり、より争いがひどい地球になったと。
(結構もっときわどいことを言ってきた)
そのヘビが絡むことをイシカミは、絡んだ模様であらわしたそうです。

また、スコットランドのキルトの格子柄は、先日お知らせしたグリット(網目模様)をあらわし、キリスト教?のエネルギー体が地球を支配していることを知らせているそうです。
又、先日のカミラの誕生日に、皇太子は羊を贈ったそうですが、バグ・パイプは羊のように人間をおとなしくさせ、言うことを聞かすための音楽とも知らせています。
又、その前は皇太子はカミラに馬を誕生日プレゼントしたそうですが、馬=ケンタロウスの力も大きく、お城のあちこちで一角獣の紋章を見たのも、ケンタロウスがいて座のイシジンのお汁の管を真似したものだそうです。
そして、ウエールズの国旗はイギリス本土にリューが降りたことを知らせる赤いリューそのものが描かれています。

「アイルランドを守るためにイシカミは島にしたのですが、リューは北極海の地下空洞に入り込んで、水を伝って世界中の湖や川に入り込んで悪さをしていたのです」

アイルランドをドライブ中、時々身体にサインがあるとカーナビの地図上に湖があり、リューを消滅してほしいと伝えてきました。
そしてある遺跡に行って、どこか寄る所があるかと聞くと、海辺に行ってほしいと。
北極海に通じる海でリューの消滅の宣言をしてほしいということで出かけました。

*)なぜ、ダイアナ妃はプリンセス・オブ・ウエールズと呼ばれたか?より
・・・エドワード一世の時からイングランド王の最年長の王子は「プリンス・オブ・ウェールズ」と名乗るようになった。・・・

穏やかな海辺にいると、白黒の犬が寄ってきてそばに座り込みましたが、これはシリウスが海のリューを運んできたようで、この後、シリウスの若者が支配星に協力していたことを伝えてきました。

先回新潟地震の前にバヌアツで大きな地震が起きていますが、今回も新潟の地震が起こる前にバヌアツで地震が起きていました。
・新潟県中越沖地震は、7月16日の1時13分発生 M6.7
・バヌアツの地震は、7月15日の9時27分発生、M6.3

*)先日のM8.1のバヌアツの大地震とエディンバラ公のエピソードは関係があるそうです。
・・・バヌアツにあるタンナ島ではフィリップを神と崇めており(古い言い伝えに神には2人の子がいてそれがフィリップであると考えられるようになった)、バヌアツが独立をする際に反乱が当地で起きたが、竹槍をもったフィリップの写真を見せると瞬く間に反乱が治まったという。・・・

バヌアツの人たちがエディンバラ公を神と思うのでイシカミが嫌がった?

*)英南西部で豪雨 過去60年で最悪、電気・水道に影響(2007年7月24日ニュース)
大水で浄化をしているグロススター
・・・古代都市でノルマン時代の大聖堂の扇形天井の回廊は世界的にも有名で、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の撮影にも使用されました。・・・

2007年7月24日 真夜中、冷たい風が吹いて目が覚める。

「人だったモノが来ています。
高橋信次です。
寒い所にいます。
(これまで何度か昭和天皇も冷たい風と共に降りてきて、天皇制を止めさせてほしいと訴えてきた)
それは一番悪いことをしたからです。
皆に責められています。
悪いこととは地球をいじめてきたからです。
それはイチカワのことです?
イチカワとはいつも親切な人を騙すことです。
イかにチを流したか?
チから(力)でワを作らせ(団結して)そのこと(戦争)をしてきたからです?
宗教戦争のことです。
宗教指導者として(過去世で)何度も戦いをさせました。
それを(穀物模様などで)あらわしたのです。
(ベガの送り込んだ蛾の)羽根の力で、月と地球を取り囲み、羽根を動かすことでいじめていたのです。
羽根に秘密があります。
蛾の真ん中がベガで、羽はシリウスといて座の若者を支配して動かしていたのです」

(羽の部分の長方形などが若者のシリウス、半円が若者のいて座、羽に挟まれた丸が地球と月をあらわす)

書き忘れていましたが、
お昼頃、左側の壁にとても大きな金の網目が出ていました。
いつもは右側とか天井ですが、今回始めて左側でした。

*)白蛇が激減=山口県岩国市(2007年7月18日ニュース)

ソラ画像より
首をあらわす雲
イギリスとアイルランドが出来た意味を雲であらわしました。
この後、首の部分が細くなって切れていきました。
同じような形で変化した白い雲もありました。

ワイト島の白い崖
ドーバー海峡は、ヨーロッパ大陸からリュージンがやってこないように、自らイシカミが沈んだことを知らせている。

ドーバー海峡の白い崖はこの地域は白人が住むというので白い崖にしたと伝えられました。
ワイト島は英仏海峡の間にあり、風光明媚な島で同じ様な白い岩でできていました。

ワイト島のいろいろな崖の色
白い崖の近くにこのようないろいろな崖の色があり、白人のほか黄色、黒人、赤い(インディアン)の人たちがくる事を知らせていましたが、本当にその様になりました。

2011年11月19日
宇宙(ソラ)からの警告【追記】

次のことも真偽のほどはわかりませんが、私は宇宙(ソラ)からの連絡役(チャネラー)ですのでお知らせ致します。
国旗がリューの国のブータン国王夫妻が天皇家を訪れています。
隠れリュージン信仰(伊勢神宮)の天皇家に、争い好きなリューのエネルギーを持ってきたということです。
・ブータン国=リューの国で国旗もリュー

宇宙で一番大切なことは【平等】と繰り返し伝えられています。
そのことに反している国王、天皇制を、これでもかというように見せ付けることで、宇宙(ソラ)では更なる計画が建てられるのでないかと、危惧しております。

2011年11月19日
真夜中に目が覚めて《イメージかビジョン》が見えました。

“海?の海面が1m 以上下がっている。すり鉢状になっていて、上のほうは砂が細かいようで、黒っぽいが、下がった部分は白くて石が大きい?”
(顕在意識でも海岸から海面が下がって、引き潮が普通でないと思える。3.11の夜中にせかされて政府に送った警告に対してのレスのメールが頭に浮かぶ)

・・・・・・
11/03/11 01:45
Subject: インターネットによる行政相談受付
ご意見、ご相談、ご要望、情報をありがとうございます。
貴方の「インターネットによる行政相談受付」を受信いたしましたのでご連絡します。
なお、本メールは自動送信なので返信はできません。
・・・・・

次の言葉はチャネリングで、かすかに舌が動いて言葉になったもので、真偽のほどはわかりません。
ビジョンの意味は

「答えなくてもわかるでしょう。
人間はそれらの意味を知っているはずです。
けれども学びがなされていないからです。
マのものの使いが来ることで、見分けができなくなってしまいました。
見える世界と見えない世界で起こることの見分けがわからないということです。
(現実に起きるかどうかわからないということです)
大きな引き潮の後に何が起こるか人間は知っているはずです。
(大津波が来るの?ときくと)
答えなくても人間は知っているはずです。
それでも知らん振りをしてTVで語られるからです。
いくら知らせても聞かないからです。
(原子の)ミナノモノたちが計画を立てるのです。
(場所はどこなの?)
ミホの松原?」

直後、大きなラップ音がして、何か物が落ちたようでした。

*)マのものの使い
ブータン国王がニュースで、福島の人たちにブータンのリューの国旗を見せ
「私はリューを見たことがある。みんな自分の中に竜がいる。竜はその人の経験を食べて大きくなる。自分の竜を大切に」
というようなことを言っていたそうです。

*)TV
昨夜たまたま見た地震の番組で、東大教授が司会者の質問に対して「科学的な・・・、わかりません・・・」
という言葉が度々でていて、到底科学を重視するばかりで、ソラの警告は届いていないと思っていました。

【11月19日9時追記】
改めて大地震、大津波が来るのか聞きました。
(次のこともチャネリングですので真偽の程はわかりません)
「(以前から伝えている、地球の平坦化計画のための)
地殻変動が起きるのです。
大地震や大津波が起こるとは限りません」
と言葉になっています。

次の番組で国王の福島での視察が紹介されていると連絡がありました。
言葉は悪いですが、リュージンたちは、どのように被災したか見たいので訪れると言葉になります。
それは以前に、戦争地に出かける平和団体も同じとは伝えてきています。

リュージンとは一貫して
【争いが大好きで、人間を争わせて楽しんでいる意識の集合体】
とソラからは伝えられています。

(中略)

#)掲示板より1
昨日ニュージランドで大きい地震がありましたが、3.11の前にもニュージーランドで地震が起きました。
18-NOV-2011 07:51(日本時間 16:51) -37.61 179.24 M6.0 深さ26.0km OFF E. COAST OF N. ISLAND, N.Z.
2011年2月25日のお知らせ
・・・NZはイギリスの宗主国で前時代的な、皇太子の王子が結婚することで、王制が変らないことを警告しているようです。又、キリスト教を示す名前で(クライストチャーチ)、一番の名所の大聖堂が倒れているのも、宗教による支配が変らないことを警告したようです。・・・
今回もチベット仏教・リュージン信仰のブータン国王の来日(=宗教による支配が変らない)、天皇の病気(肺炎)で皇室報道が増えている(=王制が変らない)、それに加えてひどい政治(=一部の金持ちしか徳をしない、結局天皇制維持)と条件は十分にそろっています。ちなみに、アル中で入院した三笠宮寛仁は「皇族は国民健康保険に入っていないから、病院代は全部払わないといけないんですよ」と言っているのを読んだことがありますが、それも国民の税金のお金です。

#)掲示板より2
東大病院の特別個室は1日の部屋代は19万円だそうです。
皇族が東大病院に入院するたびに多額の治療費!

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年7月23日0時49分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.3度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.5
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2013年7月23日4時38分頃
震源地 埼玉県北部(北緯36.2度 東経139.2度 深さ130km)
規模 M3.5
埼玉県
震度1 加須市

発生時刻 2013年7月23日8時25分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.3度 東経142.0度 深さごく浅い)
規模 M4.6
福島県
震度1 天栄村
茨城県
震度2 水戸市
震度1 日立市、ひたちなか市、東海村、土浦市、筑西市
栃木県
震度1 益子町、市貝町

発生時刻 2013年7月23日11時4分頃
震源地 福島県沖(北緯37.5度 東経141.8度 深さ40km)
規模 M4.5
宮城県
震度2 丸森町、山元町、石巻市
震度1 登米市、白石市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、柴田町、宮城川崎町、亘理町、仙台青葉区、仙台宮城野区、東松島市、利府町、女川町
福島県
震度3 楢葉町
震度2 二本松市、田村市、福島伊達市、いわき市、相馬市、福島広野町、浪江町、南相馬市
震度1 福島市、郡山市、白河市、須賀川市、桑折町、川俣町、大玉村、鏡石町、天栄村、棚倉町、玉川村、浅川町、小野町、本宮市、富岡町、川内村、大熊町、葛尾村、新地町、飯舘村、猪苗代町

発生時刻 2013年7月23日12時2分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M5.2
青森県
震度1 階上町
岩手県
震度1 普代村、釜石市、盛岡市、北上市、一関市
宮城県
震度2 宮城加美町、色麻町、涌谷町、栗原市、登米市、宮城美里町、大崎市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、柴田町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台若林区、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、利府町
震度1 気仙沼市、南三陸町、白石市、七ヶ宿町、村田町、仙台宮城野区、仙台太白区、仙台泉区、多賀城市、七ヶ浜町、大和町、大郷町、大衡村、女川町
秋田県
震度1 秋田市、にかほ市、羽後町、大仙市
山形県
震度2 山辺町、中山町、西川町、白鷹町
震度1 鶴岡市、酒田市、庄内町、新庄市、最上町、舟形町、大蔵村、山形市、寒河江市、上山市、村山市、天童市、東根市、河北町、山形朝日町、大江町、尾花沢市、大石田町、米沢市、長井市、南陽市、高畠町、山形川西町、山形小国町、飯豊町
福島県
震度4 平田村、古殿町、田村市、いわき市
震度3 郡山市、白河市、須賀川市、鏡石町、天栄村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、石川町、玉川村、浅川町、小野町、楢葉町、川内村、猪苗代町
震度2 福島市、二本松市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、西郷村、矢祭町、塙町、鮫川村、三春町、福島伊達市、本宮市、相馬市、福島広野町、富岡町、大熊町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村、南相馬市、喜多方市、下郷町、西会津町、磐梯町、会津坂下町、湯川村、会津美里町
震度1 会津若松市、檜枝岐村、北塩原村、柳津町、福島金山町、南会津町
茨城県
震度2 水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、東海村、大子町、常陸大宮市、小美玉市、土浦市、つくば市、鉾田市、常総市
震度1 大洗町、那珂市、城里町、石岡市、下妻市、取手市、牛久市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、五霞町、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、つくばみらい市
栃木県
震度3 那須町
震度2 日光市、大田原市、矢板市、那須塩原市、宇都宮市、芳賀町、岩舟町、高根沢町、那須烏山市、栃木那珂川町
震度1 塩谷町、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、益子町、茂木町、市貝町、栃木さくら市、下野市
群馬県
震度1 沼田市、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、安中市、吉岡町、玉村町、板倉町、群馬明和町、群馬千代田町、大泉町、みどり市
埼玉県
震度1 熊谷市、行田市、加須市、本庄市、羽生市、鴻巣市、深谷市、久喜市、埼玉美里町、上里町、春日部市、八潮市、幸手市、吉川市、宮代町、杉戸町、さいたま大宮区、さいたま中央区、さいたま岩槻区、白岡市
千葉県
震度1 東金市、多古町、香取市、野田市、成田市、柏市
新潟県
震度2 長岡市、三条市、加茂市、見附市、田上町、南魚沼市、村上市、燕市、弥彦村、阿賀野市、阿賀町、胎内市、新潟南区
震度1 上越市、十日町市、出雲崎町、刈羽村、魚沼市、新発田市、五泉市、聖籠町、関川村、新潟北区、新潟東区、新潟中央区、新潟江南区、新潟秋葉区、新潟西区、新潟西蒲区、佐渡市

発生時刻 2013年7月23日12時17分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.9
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月23日13時47分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.2
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月23日14時44分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.1
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月23日18時41分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.6
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2013年7月23日19時48分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.6
福島県
震度2 いわき市
震度1 古殿町

発生時刻 2013年7月23日22時57分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M3.9
岩手県
震度1 一関市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月23日のソラ。

シェットランド島、オークニー島の遺跡の謎とき・地震雲

2013年07月22日 20時40分30秒 | Weblog
ソラ画像より
グラスゴー、ケアンパップルヒル1
日本などと全く同じ形の塚ですが、入り口が天井です。
運搬車みたいなものが置いてあるので変だなと思ったのですが、これが天井の蓋と、地下室へ降りていく時の手すりです。

グラスゴー、ケアンパップルヒル2
鉄梯子を降りた室内です。
中から壺など発見されています。

グラスゴー、ケアンパップルヒル3
↑の地下の部分の梯子です。
室内で羽のあるイシジンを創りだしたようで、それを見守っているイシカミの分身のようです。

グラスゴー、ケアンパップルヒル4
周りにこのような穴があり、さらに外側にもこのような穴があります。
中でイシジンが創られて、さらにここに入ることで、原子たちがしっかりと結合することができたようです。
綾部市青野町でかってこれよりももっと深くて(人間の背より深い?)、同じように丸い穴がたくさんあったという写真を見ました。

オークニー島、セントマグナス大聖堂
室内には1800年代まで?の死者のことを記録した?大きな石版がたくさんありましたが、必ず骸骨が彫り込まれていて、死後を支配するのでキリスト教の牧師の言うことを聞くべきと知らせていたようです。

オークニー島、セントマグナス大聖堂 双頭のリュー?
何か意味が分からなかったけど後から知らせてきたことです。
あまりに人間がイシカミに気付かないので、双頭のリューとしてあらわれたのがモーゼとモース(マウサ)で、人間を指導し、その後支配したそうです。
そのことを伝えるために創られた?ことを知らせていたようです。

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)1
隣の教会は立派で手入れがされていますが、忘れられた建物です。
庭にはそれはたくさんのカラスの羽が落ちていましたが、そのことも一つの答えでした。

高い塔は四角い煙突で、ソラから羽のあるイシジンになりたいという目的を持って降りてきた原子たちが、煙突を通り抜ける間に結合をして、さらに袋のような突出部に入ることで、より原子の結合をしっかりしたようです。
サンタクロースのお土産の原点になるようです。

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)2
高い塔は全て煙突で、2階の部分からの煙突も同じで、長いのや短いのがあります。
暖炉として燃やしていたという痕跡はどこにもない=黒くなっていない。

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)3
半円の突起部は何を意味しているかなかなか分かりませんでした。
この中で休むことで、さらに原子の結合が強くなったのですが、人間の出入りはとても困難です。
ここでも羽のあるイシジンが創られたというのは、カラスのたくさんの羽が教えてくれました。

オークニー島、Bishop's and Earl's Palaces(伯爵と司教邸跡)4
このように窓とは思えなく、玄関に見える入口があるのは羽のあるイシジンの出入り口と、建物の外側にところどころ飛び出した石があるのは、羽のあるイシジンが座って休むためと思われます。

シェットランド島Unstan Chambered Cairn(アンスタン石室墳墓)1
一番奥には、どこの石室でも同じの、イシカミをあらわす巨石がありますが、ここではシリウスが指導したという長方形です。
天井に明り取りがあるためにコケが生えていますが、その前は↓のようだったかはわかりません。

シェットランド島Unstan Chambered Cairn(アンスタン石室墳墓)2
↑のメイズハウの近くの双子?の墳墓。
ここには行っていません。

シェットランド島Unstan Chambered Cairn(アンスタン石室墳墓)3
日本の塚と全く同じようですが、人工の壁で天井はなかった?
入口は小さくて半分に体を折り曲げて入りますが、入ると2mは壁があります。

シェットランド島Unstan Chambered Cairn(アンスタン石室墳墓)4
後ろに回って驚いたのは、尻尾としか思えないもので、イシカミは生きていることをあらわしています。

シェットランド島_The Standing Stones o' Stenness(ステネスの立石群)1
とても大きな立石群で、左記が尖がっているのは、戦闘的なイシカミの分身で、バイキングと関係する?
対になって並んでいる横に大きな長方形の石が寝ていて、ベットの原型のようなのと、石棺の元の形のようなのがあるのが特徴です。

シェットランド島_The Standing Stones o' Stenness(ステネスの立石群)2
中央?に窪みがあります。
ここから海に飛び出した小島に巨大なワッチストーンという立石があり、細い道を通っていくことができます。
浅瀬には小さなマリモののようなものがびっしりと群生していました。

シェットランド島The Ring o' Brodgar(リングオブブロッガーの立石群)1
ここの周りはいろいろな花が一面に群生していました。
白い花は綿毛で、チングルマの綿の量が多いようなものです。

シェットランド島The Ring o' Brodgar(リングオブブロッガーの立石群)2
巨大な立積群で、まとめて撮ることはできません。
一つ一つもとても大きく、尖がったのや、長方形、倒れたのやいろいろです。

シェットランド島The Ring o' Brodgar(リングオブブロッガーの立石群)3
シェットランド島は鳥がとても多いですが、この半島も鳥に似ています。
くちばしのような先に大きな立石が一つだけいます。

シェットランド島The Ring o' Brodgar(リングオブブロッガーの立石群)4
団体がこの石目がけて直行?で来ていましたが、尖がった石は戦闘的な思いを持っているので気になりました。

シェットランド島The Ring o' Brodgar(リングオブブロッガーの立石群)5
シェットランド島は鳥がとても多いですが、この半島も鳥に似ています。
のどにあたる部分?の四角の中の丸が、リングオブブロッガーの立石群で、ここも海のそばとわかります。
くちばしのような先に大きな立石が一つだけいます。

シェットランド島Skara Brae(スカラ・ブレイ新石器時代の石造の集落遺跡)1
この島は農地はなく、海のすぐそばで牧畜だけでは、到底人間が多くは住めません。

シェットランド島Skara Brae(スカラ・ブレイ新石器時代の石造の集落遺跡)2
ここは中には入れないのでわかりにくいですが、遺跡の造りは人間に比べてとても小さいです。
シェットランド島は鉄平石がとても多くみられますが、平等をあらわしています。
その薄い石版がこのように立てられているのも、この島の遺跡の特徴です。

シェットランド島Skara Brae(スカラ・ブレイ新石器時代の石造の集落遺跡)3
子供のままごと部屋の大きいくらいで、棚は物を置くものと、これを見た時は思っていました。
鳥型のイシジンということを当てはめると、まさに鳥の巣のための棚のようです。
そして人間が住むにはあまりにも小さな部屋がたくさんあり、鉄平石の薄い石版があちこちに立ててあり、人間が出入りするのだと邪魔になるのにと思っていました。
これは鳥型イシジンが部屋から出る時、少しでも飛んでそこに止まるようにわざと立てかけてあることがわかりました。

シェットランド島Skara Brae(スカラ・ブレイ新石器時代の石造の集落遺跡)4
すぐ横が海です。
こちらでも薄い石版で部屋が区切ってあります。
半円の石組で原子が鳥型イシジンに誕生し、右側の長細い石棒はシリウスが指導しているようです。

シェットランド島(伯爵の宮殿)Brough of Birsay(Birsayの砦)1
昨夜は遅くなったのでここの画像は次の日に紹介しようと寝ました。
夜中に目が覚めて「悪者が夜になると集まるので切り刻んでほしい」と言葉になりました。
悪者とはモーゼとモウサになった双頭のリューでした。
この高い塔も全て煙突で、燃やして炭で黒くなった形跡はありません。
中央の鉄格子で覆われたものは井戸です。

シェットランド島(伯爵の宮殿)Brough of Birsay(Birsayの砦)2
目的がわからないような異様な形の建物で、いかにもちょい悪なエネルギー体が集まりそうです。

シェットランド島(伯爵の宮殿)Brough of Birsay(Birsayの砦)3
異様な崩れ方をしているようですが、最初からこの形だったと言葉になります。
同行者の方が他のソラ画像を作成してくださっていますので、ご参照ください。

*)2013年イギリス/スコットランド諸島部調査写真集
*)2013年イギリス/スコットランド諸島部で見かけた動物写真集

地震雲などの画像より
2013年7月8日 日本からイギリスへ1
2013年7月8日 日本からイギリスへ2
2013年7月8日 日本からイギリスへ3
2013年7月8日 イギリス、グラスゴー1
2013年7月8日 イギリス、グラスゴー2
2013年7月9日 イギリス、グラスゴー1
2013年7月9日 イギリス、グラスゴー2
2013年7月9日 イギリス、グラスゴー3
2013年7月9日 グラスゴーからオークニー島へ1
2013年7月10日 グラスゴーからオークニー島へ2
2013年7月10日 グラスゴーからオークニー島へ《雲の割れ目》
雲の割れ目がとてもはっきりしていて、この後何度か思い出されました。
2013年7月10日 グラスゴーからオークニー島へ
濃いグレーの棒状雲
2013年7月11日 オークニー島1《低い断層雲》
2013年7月11日 オークニー島2
2013年7月11日 オークニー島3
2013年7月11日 オークニー島4
2013年7月12日 オークニー島5
2013年7月13日 シェットランド島1
2013年7月13日 シェットランド島2
2013年7月13日 シェットランド島3
2013年7月13日 シェットランド島4
2013年7月13日 シェットランド島5
2013年7月13日 シェットランド島6
2013年7月13日 シェットランド島7
2013年7月14日 シェットランド島からエジンバラへ
2013年7月15日 ルイス島
2013年7月16日 ルイス島からグラスゴーへ1
2013年7月16日 ルイス島からグラスゴーへ2
2013年7月17日 グラスゴーから日本へ《日暈》
2013年7月17日 ヒマラヤ上空?
やはり寝ていて突然目が覚め外を見ると、ちょうどヒマラヤ山脈の上空と思われる今まで見たことのない風景でした。
真下に急峻な山脈が連なっていて、右側の雲は、女性と子供が座っているようなひときわ目立つ雲でした。
前日にはアララト山と思われる山や、この他にエベレストなどと思われるひときわ高い山も見ることができました。
2013年7月17日 ヒマラヤ上空2
↑のアップです。
帰ってきた大阪湾は金色に輝いていました。

ソラ辞典より
イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。(2006年)
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石、石柱、銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
21-JUL-2013 05:09(日本時間 14:09) -41.71 174.44 M6.5 深さ14.0km COOK STRAIT, NEW ZEALAND
21-JUL-2013 23:45(日本時間7/22 08:45) 34.45 104.24 M5.9 深さ9.8km GANSU, CHINA
22-JUL-2013 01:12(日本時間 10:12) 34.57 104.13 M5.6 深さ10.1km GANSU, CHINA
22-JUL-2013 07:01(日本時間 16:01) -46.04 34.83 M6.1 深さ10.0km PRINCE EDWARD ISLANDS REGION

発生時刻 2013年7月21日1時55分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.3度 東経141.6度 深さ50km)
規模 M3.5
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2013年7月21日5時20分頃
震源地 長野県中部(北緯36.3度 東経137.9度 深さ10km)
規模 M2.4
長野県
震度1 松本市

発生時刻 2013年7月21日8時33分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経142.1度 深さ40km)
規模 M3.9
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 石巻市、女川町

発生時刻 2013年7月21日9時7分頃
震源地 山梨県東部・富士五湖(北緯35.5度 東経139.0度 深さ30km)
規模 M2.8
山梨県
震度1 甲州市、大月市、上野原市、富士河口湖町

発生時刻 2013年7月21日16時3分頃
震源地 千葉県北東部(北緯35.7度 東経140.7度 深さ60km)
規模 M4.5
福島県
震度1 玉川村
茨城県
震度2 茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、稲敷市、神栖市
震度1 水戸市、日立市、笠間市、ひたちなか市、東海村、小美玉市、土浦市、石岡市、龍ケ崎市、取手市、牛久市、つくば市、阿見町、河内町、利根町、坂東市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市
栃木県
震度1 真岡市、益子町、那須烏山市
埼玉県
震度1 久喜市、春日部市、草加市、蕨市、八潮市、三郷市、吉川市、宮代町、さいたま緑区
千葉県
震度3 東金市、旭市、多古町、匝瑳市、香取市
震度2 千葉神崎町、東庄町、九十九里町、芝山町、千葉一宮町、横芝光町、山武市、千葉花見川区、成田市、千葉佐倉市、四街道市、八街市、富里市
震度1 銚子市、茂原市、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、千葉中央区、千葉若葉区、千葉緑区、千葉美浜区、柏市、市原市、印西市、千葉酒々井町、千葉栄町、勝浦市、君津市、大多喜町、いすみ市
東京都
震度1 東京千代田区、東京墨田区、東京江東区、東京北区、東京荒川区、東京足立区、東京江戸川区、調布市、町田市
神奈川県
震度1 横浜中区、三浦市

発生時刻 2013年7月21日16時38分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.9度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.7
福島県
震度2 矢祭町
震度1 白河市、棚倉町、浅川町
茨城県
震度2 高萩市
震度1 日立市、常陸太田市、北茨城市、大子町、土浦市

発生時刻 2013年7月21日18時53分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.3度 東経141.9度 深さ10km)
規模 M5.1
宮城県
震度1 宮城加美町、栗原市、登米市、宮城美里町、大崎市、白石市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、石巻市、松島町
山形県
震度1 白鷹町
福島県
震度2 福島市、郡山市、天栄村
震度1 白河市、須賀川市、二本松市、川俣町、大玉村、鏡石町、西郷村、泉崎村、棚倉町、玉川村、浅川町、古殿町、田村市、本宮市、いわき市、川内村、大熊町、浪江町、南相馬市、猪苗代町
茨城県
震度2 水戸市、日立市、常陸太田市、笠間市、ひたちなか市、東海村、常陸大宮市
震度1 高萩市、茨城町、大子町、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、取手市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市
栃木県
震度2 真岡市、益子町、市貝町
震度1 日光市、大田原市、那須町、那須塩原市、宇都宮市、小山市、茂木町、芳賀町、高根沢町、那須烏山市、下野市
群馬県
震度1 沼田市、片品村、前橋市、桐生市、渋川市
埼玉県
震度1 加須市、久喜市、埼玉美里町、春日部市、宮代町
千葉県
震度1 多古町、香取市

発生時刻 2013年7月22日5時58分頃
震源地 新潟県中越地方(北緯37.0度 東経138.7度 深さごく浅い)
規模 M2.5
新潟県
震度1 十日町市

発生時刻 2013年7月22日11時7分頃
震源地 石狩地方中部(北緯43.1度 東経141.2度 深さ10km)
規模 M2.4
北海道
震度1 札幌中央区、札幌東区、札幌西区

発生時刻 2013年7月22日11時29分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経141.1度 深さ10km)
規模 M3.6
千葉県
震度1 銚子市

発生時刻 2013年7月22日18時45分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.3度 東経141.7度 深さ50km)
規模 M4.1
岩手県
震度2 一関市
震度1 大船渡市、釜石市、住田町、北上市、平泉町、奥州市
宮城県
震度2 涌谷町、栗原市、大崎市、名取市、岩沼市、宮城川崎町、仙台宮城野区、石巻市、塩竈市、女川町
震度1 気仙沼市、宮城加美町、色麻町、登米市、南三陸町、宮城美里町、角田市、蔵王町、大河原町、柴田町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台若林区、仙台泉区、多賀城市、東松島市、松島町、七ヶ浜町、利府町、大和町、大郷町、大衡村
山形県
震度1 大蔵村、尾花沢市
福島県
震度2 飯舘村
震度1 福島市、二本松市、川俣町、小野町、田村市、福島伊達市、本宮市、相馬市、楢葉町、新地町、南相馬市

発生時刻 2013年7月22日23時46分頃
震源地 紀伊水道(北緯34.2度 東経135.1度 深さ10km)
規模 M2.6
和歌山県
震度1 和歌山市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月22日のソラ。