ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

けれども地震はなぜ起こるのか?

2008年06月17日 23時59分23秒 | Weblog
原子とニウ物語(雲、地震雲、などの意味)
青空には何もないように見えますが、人間には決して見えない原子よりさらに小さなモノたち=ニウたちが充満しており、彼らは思いを持って地球を見ているそうです。

宇宙の始まり宇宙の大元が一人ではさみしいので、相手をしてくれるモノをつかもうとする“思い”が最初に生まれましたが、反対につかまれまいとして逃げようという“思い”もあらわれました。
その“思い”が追いかけることで渦巻きがあらわれ、それが極限まで凝縮してパンとはじいて原子が生まれました。
そして同じ思いを持つ原子が集まって星が誕生しました。
けれども固まってできた原子の塊の星の中には、固められて自由にならないことが嫌でそこから外に出ようとする思いのモノもあらわれ、それがニウと呼ばれました。
原子よりはるかに小さいニウも“思い”を持っていますが、あまりに小さく極わずかな質量を持つだけなので、人間は最近まで見つけることはできませんでした。
原子核の周りを電子が回ることで原子になり、さらに集まることで物質になることができますが、ニウはたくさん集まっただけでは物質にはなれません。

地球の始まりは真っ赤な火の玉の星でしたが、宇宙の大元は地球を“形をあらわすことのできる希望の星”にしようと計画をたてました。
その計画に賛同した“いて座イシカミ”の原子たちは、集団で地球を冷やし固めようと地球に最初は長方形の棒のような形で地球にやってきました。
そして地球に到着すると、粉をこねたような大きな塊になり、それから薄く伸びて膜のようになり地球を覆い包みました。
次にやってきた原子たちは今度はバナナのような形で降りてきて山や丘になりました。
そして最後に降りてきた原子たちはクラゲのような形で降りてきて、生物の元になりましたが、それらは星からの指令でいろいろな形の生物になりました。

それ以後、最初に降りてきて地球を覆って地下になった原子や原子から飛び出したニウたちと、山になった原子やそこから飛び出したニウたちは絶えず会話をしていました。
すなわち原子たちは、原子から飛び出した子供のニウたちを連絡役にして、お互い交信をしているのです。
そして地球を覆った原子たちと山の原子たちは、水蒸気になって昇っていく原子やニウたちに自分たちの思いを伝えることで、ソラにいる原子やニウたちにその思いを伝えていきます。
山の原子たちの思いを知ったソラの原子たちは、自分の思いと同じ思いの水蒸気の原子たちに呼びかけて一緒になり、それがたくさん集まって水蒸気は水滴となり目に見える形の雲になります。
こうして地球を覆った原子や山になった原子の思いを、いろいろな形の雲としてソラに浮かべています。

一方、宇宙から来て生物になり、星たちの指導で人間の形になった原子たちは星の意識(潜在意識)を持っていますので、地球を生物の住む地球にしてくれた原子たちのことを人間の顕在意識に知らせようと思います。
なぜかというとほとんどの人たちの顕在意識は、何もかも自然にできて、地球も食べ物も全て“思いを持つ”原子から出来ていることに気づかないで、違うものを崇めて信じているからです。
違うものとはあらゆる宗教であり、崇めている神と言われるもので、それらを崇める思いが強いと、肉体を創っている原子たちがSOSを発します。
そしてSOSを発した人が大勢集まると、原子から指令を受けたニウたちは連絡しあって大きなSOSの思いの塊として宇宙へ発信するので、SOSに気づかせようとソラや地球に充満している原子たちが行動を起こすので、いろいろな災害になるのです。
災害は人間の思いが呼び寄せているソラ(宇宙)からのお知らせなのです」

原子たちの思いを形にあらわしているものひとつがいろいろな形の雲で、変わった雲は原子たちの意見が一致して、ここに思いを持ったものがいると知らせたり、人間に対しての抗議をするために集まってできます。
又、このような変わった雲が出たら
“原子たちに意識を向けほしい”
と思って地震で知らせているようです。
小さな地震は
“ここにいるものも思いを持っていますよ”
とも知らせます。
巨大地震が起きる時は、
“人間の進んでいる道が間違っている”
と知らせていると思うことも大切です。

画像であらわした雲の種類を独断で決めさせてもらいましたが、次のような雲があらわれると
“これから地震を起すよ”
と知らせて、しばらくすると地震が起こるようです。
けれども地震表にはあらわれても、沖で起きていたり、遠くで起きる場合は体感ではわからなく気づかない場合が多く、このようにまとめてみると雲と地震の関係が良くわかります。

【変わった形の地震】
次のこともチャネリングの情報によりますので、真偽のほどはわかりませんが、他のあらゆる情報と繋がっているようなので簡単にまとめてみました。

《巾着袋地震》
これは震源地では全くゆれなくて何00㎞も離れた所だけ揺れる地震です。

2005年12月20日 伊勢湾 深さ370㎞、M 5.1 震度1 福島県 茨城県 栃木県 東京都23区のみ
2006年3月28日 震源地 東海道沖 深さ410㎞ M 6.0 震度3 茨城県、静岡は震度1
2006年6月17日 震源地 オホーツク海南部 深さ約390㎞ M5.6 震度2函館、岩手
2006年8月22日 震源地 和歌山県南部 深さ410㎞ M5.1 震度2 福島県
2006年9月16日 震源地 日本海中部 深さ430㎞ M5.6 震度2 北海道、震度1青森、岩手
2006年11月17日 震源地 三重県南東沖 深さ370㎞ M 5.1 震度2 福島県 茨城県 栃木県

このように震源地では全くゆれず、はるか離れた所がゆれるのは、地震はプレートがずれて起こるのでないことを知らせるために、膜になった原子たちが、巾着袋と同じ原理で深いところでひもを締めるからです。
それで巾着袋の入り口のヒダの部分=震源地から300から400kmの地域が動いたのです。

《ゆっくり地震》
最近話題になっているゆっくり地震とは、通常なら大きな地震を発生させる地下の岩盤のずれが、長期間に渡ってじわりじわりと進行するもので、体に感じるような揺れは発生しません。
房総半島は、プレート理論ではで北西方向に年間約2センチ移動しているとされていますが、観測衛星で反対の南東方向に1-2cm移動していたことが分かったそうです。
そしてその試算では、ゆっくり地震が一瞬で起きればM6.5の地震に相当するエネルギーがあるそうで、他に四国西部、紀伊半島北部、愛知県でも観測されています。
前述のゆっくり地震ではプレート理論と反対に陸の移動が起きているそうですし、和歌山沖の双子地震もプレート理論では説明できないそうです。
プレート境界から離れた大陸地殻内や海洋プレート内でもまれに地震が発生するのも発生原因はわかっていないようです。
このような形の地震が増えているのは、実際人間が大変な被害を受けることを知ったイシカミの原子たちが、少しずつ動いて人間が被害を受けないようにしてくれているからと思うことも大切と思います。

【巨大地震と巨大津波】
人間の肉体を創っている原子たちの思いが潜在意識です。
その人間の潜在意識が宗教などによって自分たちの嫌なものに支配されると宇宙に助けを求めます。
その助けを求める思いが巨大になると、それに応じて巨大なガスの彗星が地球に突っ込みます。
地球は原子たちが手をつないで膜で覆っていますが、それに彗星が突っ込むと膜に穴がきます。
そうすると地球はゴムまりの空気が抜けたようになり大変なことになるので膜を作っている原子たちは急いでその穴を補修しようとするので巨大地震が起きます。
その後も何度も地震が起きるのは、彗星の衝突の衝撃で原子たちのつないでいた手が離れたので、元に戻ろうと動くために何度もゆれるのです。

巨大津波は、巨大なガスの彗星が地球に衝突し、水で衝撃は和らげられるものの、海面に巨大な穴を開けるので、そこに周りの海水が流れ込み巨大な渦巻きが発生します。
実際、渦に巻き込まれた人は、巨大な洗濯機の中に放り込まれたようだと感想を述べていますし、人工衛星から見た写真では、大きな渦巻きが写されています。
地球の膜の小さな傷であれば、イシカミの原子がたくさん傷の上に乗る事で、傷がふさがって治るので津波は起きません。

【自然現象のソラの解釈】
台風》は次のようにして発生するそうです。
「暑い地域ではあまり暑いので水の原子はソラに戻ろうとして水の蒸発が多くなります。
それで水の原子たちは帯状に集まりながら上に揚がって行きますが、水の原子たちは海をきれいにするため掃除をしようとして“追いかけっこ”を始めます。
追いかけっこをする事で渦巻きが出来、大きな波が出来、その大きな波が海の掃除をします。
このようにして海上では次々と集まってくる水の原子たちが、追いかけっこを続けるので原子の渦巻きは次々とソラへ登り、どんどん分厚い雲の渦巻きになり、台風が育っていきます」

《稲妻》は上空から同じ思いをしたたくさんの原子たちが、一斉にかけ降りてくることで電気となって降りてきます。稲妻となってソラから降りてきた原子たちが、 地上で集まって人間など形つくりましたが、《巨大な竜巻》はその反対を見せています。
すなわち竜巻は物質を巻き上げてバラバラにするのです。

『いろいろな雲』のうち“ぽっかり雲”と浮かんでいるのは、同じ思いを持った水の原子たちが集まり、望みどうりの形になってただよっています。
又地球を固めた原子たちが長方形やバナナ型、クラゲ型で地球に降りてきたので、その形を真似ているのもあり、凸凹の雲で寝転んだ顔に似ているのは、雲の原子たちも人間と同じ思いを持っていることをあらわすためです。
ソラ全体に小さな塊の雲の“ウロコ雲”は、原子たちが極々小さく肉眼では見えないけれど、集団になると形をあらわすことができるということをあらわし、それがソラから見ていることをあらわします。
刷毛で掃いたような“刷毛雲”は、上層にいるニウたちの思いをあらわし、地上の争いなどをあまり知らないので、穏やかな感じの雲になります。
巨大な綿あめのような“入道雲”は地上の熱のためにたくさんの水の原子が一斉に上昇し、いろいろな形で意志表示をしますが、分厚いのはより強い思いを形にあらわします。
又、地球に最初に降りてきたのが雪だるまのような形をしていたのでそれに似た形をあらわします。

《雪の結晶》は、水の分子もそれぞれの思いがあって思いを形にあらわすので、6角形のいろいろな形になります。
なぜミツバチの巣や柱状節理の岩のように6角形になるかというと、人間の肉体は手足と身体で5になるけれど、人間は見えない潜在意識が加わって構成されているので、6をあらわす6角形になります。

2004年12月6日
「“おいでください”とイシカミのお知らせを手伝った者です。
(妙見堰で亡くなられたユウタ君のお母さん)
つらい事でした。
なんとしても地震はイシカミがお知らせしている事を、人間に知って欲しかったからです。(左わき腹がチクンとする)

(ご家族に)悲しい思いをさせて悪かったと思います。
今、一番知って欲しいのは、私が日蓮を信じ無かったから死んだと、ふれ回られている事です。
その事がとても嫌なので、次の事をしっかり知らせて欲しいのです。
日蓮こそ支配星のエネルギー体の化身だったのです。
(耳に違和感あり=本当と。日蓮は外宇宙の王でもあり)
それとバタフライの本も同じなのです。
蝶のことは以前知らせました。
(蝶々を送り込んだのはリラ星で、青虫は悪い事しかしない。蝶は派手好みで仕事はしたくない)
(バタフライの本には)青虫が蝶になると良いように書かれていますが、その蝶がたくさんの卵を産んで青虫が更に増える事に気づかなければなりません。
日蓮やバタフライの著者の思想は共に瞑想中に生まれ本であり、それがその地 (新潟)で広まっています。
(*読者の家のポストに日蓮の本が入っていたと。)

その事をイシカミは知っているので、地震が治まらないのです。
私 (ユウタ君のお母さん)はイシカミの化身だったのです。
それで、なんとしても妙見堰(仏教の名前が着いている)の意味を知ってもらい、今進んでいることを止めるために、
そこのイシカミに“お越しください”と言って、(イシカミに土砂崩れを)起してもらったのです」

2004年12月19日
2004年12月18日 真夜中

「長いこと待っていました。
これから申す事は一番大切なことです。
まだお知らせされていませんので、私が先に言わせて貰います。
何故あのような大きな地震が起きて、痛ましい被災者になったかと思われるでしょうが、私の生まれた目的がこの仕事をする為だったのです。

(ユウタ君のお母さんで、妙見堰のイシカミに崩れるように頼んで、仏教の嫌な名前を付けられているのを抗議した事)

それが一番皆さんに知らせて欲しいことでした。
けれどもお仕事をする事で、残された人に深い悲しみを与えた事を申し訳なく思っています」

「まだ知らされていないのにこうして知らせるかというと、まもなくこれから起きる事を受け止めるのに、この事を知っておいたほうが良いからです。
イシカミが人間にしてくれた事を思ってください」

2001年12月3日
東北の地震は何のお知らせか?の問い合わせに

「(最近東北のイシカミ達の情報が集まっている)
東北のイシカミを見つけ出しているので、
ホシノミナから、お礼をしなさいと言われたのでお知らせしました。
少し大きすぎましたか?
(被害があるか? と言う事)」

12月3日0時
ホシノミナです。
岩手のイシカミに、お礼の合図をしなさいと言いました」
とだけ言ってくる。

太平洋プレートが入り込んで、大きな地震になりますか?
(これは霊的なので現実には分かりません)

太平洋プレートと言うものは、無いのです。
イシカミ達が知らせているだけなのです。
陸地が少し動いていると言うのも、イシカミ達が少し動いているだけなのです。
イシカミに目を向けてもらえば、以前のような被害の大きな地震はありません。
最近は津波が無いでしょう。
あれは支配星が、星達に一斉にエネルギーをまとめて送るように命令していたからなのです。
津波が何故起こるかというと、あたかも大きな空気の手の平で海を叩くとあのような津波になっていたのです。
クロップサークルも形のある空気の 「押し型」 で押して作るので、同じ原理なのです」

6月28日【地球のナゾを解く】第一回福岡講習会「宇宙の始まり、地球の誕生」
今の科学はそれぞれで行き詰っていることをソラのものも何度も穀物模様などで知らせていています。
それに対して僭越ながらソラの情報はあらゆる分野とつながり、これまでの思い込みを横に置いていただくとシンプルでわかりやすいと思います。

地球の始まり、生物の発生のナゾ、恐竜の絶滅のナゾ、人類発生のナゾ、巨石遺跡のナゾ、古代遺跡のナゾ、穀物模様、ナスカの地上絵などなど、地球でナゾとされていることを、これまでの説に囚われないでソラから知らされた情報を参考に共に学んで行きたいと思っています。

それでまず、【地球のナゾを解く】第一回講習会「宇宙の始まり、地球の誕生」を福岡で行うこととしました。
お近くの方でナゾに興味のある方はどうぞお越しください。

日時:6月28日(土) 14時~16時 (会場13時30分)

場所:福岡「ももちパレス会議室3
・住所:福岡県福岡市早良区百道二丁目3番15号
アクセス
 ・地下鉄-藤崎駅より徒歩1分
 ・西鉄バス-藤崎バスターミナルの目の前
 ・福岡都市高速-愛宕ICより車で5分

料金 2000円 (先着30名様に『ソラからの物語』を贈呈します)

ソラ・シリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。
「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は6月15日のソラ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「これほどお知らせしている... | トップ | 西郷サン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
岩手・宮城内陸地震 住宅被害少ない理由は(2008年6月16日付ニュース) (rainbowbridge21)
2008-07-12 01:11:32
>14日朝の岩手・宮城内陸地震では山間部で大規模な地滑りが発生したが、住宅など建造物の全半壊は12棟と、昨年の新潟県中越沖地震(全半壊6485棟)などに比べて被害は小さかった。震度6弱だった宮城県・築館や鳴子で観測された地震波を同研究所のグループが解析した結果、周期が0・2秒程度の短周期の地震波と、周期が2秒以上の長周期の地震波が強く含まれていることが判明した。一般に、周期の短い地震波は小さな構造物を、周期の長い地震波は大きな構造物を揺らしやすい。木造住宅などに大きな被害を及ぼすのは周期1~2秒の地震波で、「キラーパルス」とも呼ばれる。今回はそれより短周期側と長周期側に地震波のピークがあるため、地震の規模と震度が大きかったわりには「キラーパルス」は強くなかった。一方、震源から約400キロ離れた関東平野ではユラユラとした揺れ(長周期地震動)が3分以上も続いたことも今回の地震の特徴といえる。長周期の地震波は遠くまで衰えずに伝わる特性がある。今回は震源が浅かったので、長周期の表面波が強く生成されたという。地震発生から約1分後に北関東に達した周期5~8秒の長周期地震動は、関東平野の地下の柔らかい堆積層に閉じ込められて増幅し、3分以上にわたって地面を揺らし続けた。関東各地の震度は2~3だったが、固有周期が地震波と合致する高層ビルなどでは、「共振」と呼ばれる現象によって揺れがさらに増幅され、大きな揺れが長く続いた。
過去最大の地滑り=東京ドーム40杯超(2008年6月17日付ニュース) (rainbowbridge21)
2008-07-12 01:12:10
>岩手・宮城内陸地震で、荒砥沢ダム(宮城県栗原市)上流の大規模な地滑りで動いた土砂の量は少なくとも4000万立方メートル以上に及び、過去最大規模であることが17日、土木学会や日本地震工学会などの合同現地調査で分かった。小長井一男東大教授(地震工学)は、この地滑りで「数千万立方メートルの土砂が動いた」と指摘。4000万~6000万立方メートル程度と推測し、1984年長野県西部地震の約3600万立方メートルに「匹敵するかそれ以上」としている。岩石のかけらを手に持ったところ、非常に軽くすき間が多かったという。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事