ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

謙虚、岩手県沖M5.6

2012年04月30日 21時44分21秒 | Weblog
ソラ画像より
アイルランド、クリヴィキール遺跡その3
広場から更に奥に入る入り口。
この門を潜り抜けるのは腰をかがめないと入れない。(=謙虚な気持ちでないと入れない)

又別の意味では、地球は地下に空洞があることを知らせている。

未完成のオベリスク
巨大なもので、人間には出来ないと思わせるために、巨大なオベリスクの形になったと以前に伝えられています。
遠くの人間を見ればいかに巨大かわかります。
そして、いかに人間が小さな存在であれるか他の石造建築を見ても歴然としています。

現代の機械をもっても建築困難なことが、石器時代の後の人間で出来ることではありませんが、人間が造ったとしか他の方法がわからないので、机上の空論ですませているのです。
想像だけで“人間が何でも出来た”と断定して傲慢になるでなく、もっと人間の限界を知り、なぜ?と言う疑問に対して謙虚にならなければならないと思います。

人間の力
この小さな石像を人間が立てるだけで、2時間かかったそうです。
ごくわずかな人数しかいなかったであろう大昔、今より食べ物のない時代、巨大な石像を造れるでしょうか?
今の未開拓地の人々と同じく、食べものを探すことで精一杯の毎日だったでしょう。

2003年2月10日
何か起こるのでないかという不安に対して

『支配星の想念が大きくなって行き、何か大きなことが起こるのではないかと、南で見たものを思い出して不安がよぎる・・・』
とメールをいただきました。

このことに対して、どうしてこの情報を以前から知りながら、そのような不安が起こるのか、私の方が不思議でもあります。
南の方で何か不安なビジョンでも見られたのでしょうか?

98年迄なら、支配星が恐怖を楽しんで見せたものですし、最近なら、かってはこのような恐怖が行われていた・・と言うことです。
もし仮に大きな地震が起きるのであれば、それはお知らせなので、人間は奢るることなく謙虚にもう一度、この情報に耳を貸して欲しいと思います。

支配星は確かにいろいろ準備をしていたようで、本当に地球全体にはいつまでたっても平和が訪れそうにありません。
同じ地球に暮らしていても、次元が違うが如くに大きな差が出ています。

ソラのものはこの情報に耳を貸さない人たちに対しては、どうしようもないと言います。
強制的に知らせようとすることは、支配することになりますので、あくまでご自分がソラと繋がろうと思うことで、その人のイシキが強力に働き出し道を開いていくようです。
即ち、面白いシンクロや夢で知らせながら人間生活を楽しんで生きていくようです。

何度も申していますが、あらゆる出来事は必要があって起こるといいます。
そのお知らせの意味を素直に理解すると、直接にそのような体験はすることはないと思っています。
もちろん小さなお知らせは次々と現れていますが、、、。

いろんな辛い目に遭われた方はとてもお気の毒と思いますが、イシキはその事を受け入れて、お知らせ役として自らその場に行くと言われます。
そして今の生き方ではイシキが望んでいる方向に進んで行っていないので、新たな人生を一からやり直おそうと思っておられるイシキでもあるようです。
イシキの世界に比べて、現実の世界はとても短いので、イシキから見ると現世の出来事はあまり重要ではないようです。

大変なご苦労をされた方も、一気に成長しようとされる強いイシキの意思の持ち主の方ですので、イシキ界ではきっと幸せは約束されていると思います。

現在地獄はなくなった様ですが、反対に他人に犠牲を強いた人はいつまでたってもイシキ界では責められているようです。
それは現実に悪いことをしてこの世界で十分非難された人(支配星に支配されたとのお知らせ役)よりも、陰では責任があったのに、
この世界では良いように思われている場合が、(公にされていないので)死後は余計にひどいようです。
 
他人の犠牲によってお金持ちになったのは勿論のこと、贅を限りに尽くす人も、次の生まれ変わりでは反対の体験をするようです。
イエスも、お金持ちが天国に行けるのはとても難しいと言っていますが、それは本当のようです。
権力者になり贅を尽くした人(シャウシェスク、江青)が、次回はインドの貧民窟に生まれ変わると、はっきり言っていた事もあります。
そう思うと他人の犠牲の上で金持ちになっていてもうらやましくはありませんし、そのつけはその人が払うだけですので、こちらで気を揉んでいても仕方がないと思うのです。
宗教者のようで言いにくいのですが、お金より何より心の平安が一番ではないでしょうか?
ただ間違わないで欲しいのは、宗教などの組織には、必ずそのためにはお金を寄付するようにと言われます。
その必要はなく、一部のお金はご自分へのささやかなご褒美として使うことも人間生活を楽しむ事で必要だと思っています。

出来れば山を見てイシカミに感謝をし、空の雲に話し掛けてくださるとソラのものは喜ぶと思います。

2003年11月20日
情報の原点?

【科学とは・・実験や観察に基づく経験的実証性と論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする 】[新辞林 三省堂より一部抜粋]

この情報は科学で無いので公開無用と言われましたが、この情報では不思議な形の岩も巨石遺跡の謎も、自然界の謎もまさに体系的整合性で解き明かされます。
情報の一番の重要な事は、あらゆるものすなわち満点の星にも、岩にも、小さなウイルスにも全てに“意識”があり、それらが現実の生活に大きく影響しているということです。
【意識は人間にしかない】 という思い込みが先に進めなく、この情報を受け入れる事が出来ないのだと思います。

この情報の大きな特徴は、
【クラゲのような柔らかくて、“意識のある!地球外生物”(イシカミと名づけました)が大昔に地球に降りて来て、自分達が地球に来た事を人間に知らせる為に、いろいろ不思議な形の岩を残した】
というものです。

クラゲはイシカミをあらわすために作られた生き物で、イシカミは、あのたくさんの足?で自分の分身の巨人を作って作業をさせたそうです。
又、あの足でエネルギー? を与えて遺伝子操作し、人間などの食べ物を作り出したそうです。
世界中に巨人伝説【デエタラボッチ】がありますが、一部では巨人がアクマなどにされているかは、後年の権力者がイシカミを崇めるのを嫌がったので、 情報操作したからだそうです。
あらゆる山はイシカミですが、そのうちの一つがわかりやすいエアーズロックで、 なぜアボリジニが神聖なモノとして崇めていたか、世界中で山が神と崇められていたり、特に日本ではなぜ巨石が崇められているかわかると思います。
巨人*は想像を絶する大きさなので、とても人間では操作できない巨石を扱う事が出来たので巨石建築を作ることが出来、宇宙意識や巨人の立場から考えた、石の配列などを作ったそうです。
不思議な形の岩や遺跡も、宇宙意識や巨人の立場から考えると、謎は解けるのです。(ソラ辞典参照)
(*巨人は人間のような成分でなく、骨はなく、遺体は山や岩になったのでこれまでわからなかった)
この情報を見下し、‘全てのことは人間の脳で考えられる科学が一番’というような傲慢な考えの書き込みが、相変わらずY掲示板でなされているようですが、レインボーブリッジの写真を見るとわかるように、少し上から見ると人間は見えないくらいの微小な生き物です。
人間の知ることのできる範囲は限られているのに、どうしてこの情報が奇想天外でそのような事はありえ無いと言い切れるのでしょうか?

宇宙(ソラや星)の意識は想像を絶するるエネルギーを有し、人間ではとても出来ない事をいとも簡単にしている事を謙虚になって考えるべきと思います。
人間の思っていることすらわかるようなのは、何度も言うようにソラのものや、イシカミのロボットと名乗る意識体?が傍にいて、その事を報告するからのようです。
それで昔の人は、“隠れて悪い事をしてもおてんとさまが見ている”と言ったのだと思います。
ロボットは、シャボン玉のように突然現れては消えたり、いろいろな電気製品などの操作?をしているようです。

今日はイシカミたちからは全く連絡がありません。
ソラのものと、地球神と、イシカミ達が話し合っているそうです。
昨日は、地震のことだけに興味を持っても、本当の目的からは離れているとイシカミは伝えてきましたので、要点だけ。

最近特に新種のウイルス、動物、植物の奇形、特定の生物の異常繁殖、人工衛星などの原因不明の故障など、今の科学では解明できないことが次々起き、科学の行き詰まりを感じさせます。
ちょっと立ち止まって原点に戻って欲しいと思います。

有史以前から4kmにも渡って、大きさを考えて並べたとしか思えない【カルナック列石】。
周りはブッシュ(=茂み)なのに、突然この地域だけ砂漠でこのような岩が林立している【ピナクルス】。

乾燥地帯の平野で、突然の陥没から始まるグランドキャニオンが、水流で作られたと言われてもとても納得できません。
お知らせに載せている不思議な岩などは、科学では全て自然に出来たと言われるだけで、巨石遺跡の謎は関係が無いからで済まされています。

ソラ画像より
アーチを作る前
これはアーチを作る前の半円です。
アーチの部分が補強してあるのがわかりますが、その後後ろの部分を取り除いて、連続のアーチを作ろうとしたようです。
横の小さく写っているアーチが、人間から見ると巨大なレインボーブリッジで、人間は小さすぎて見えません。

アーチの補強
この写真は下の「アーチを作る前」の写真もGary Laddさんの作品です。
在米の読者の方が作品を公開しても良いか交渉してくださいましてGaryさんから許可を得ましたので、ここに公開させていただきました。
明らかに細いアーチを補強しています。
紹介の本にはアーチはこの他にも補強がしてあるのを良く見つけます。

レインボーブリッジ
左下に小さく人間が写っています。

レインボーブリッジその2
人間の高さで写された写真。
右手にブリッジの裏に大きな支えと思われる岩が隠れています。

馬蹄形の川
ホースシューベンド。

ソラ辞典より
ホース・シューベント
パウエル湖から流れるコロラド川が深い谷底を馬蹄形に流れている部分。
人間は川を水が流れて自然にできたとしか思わないので、イシカミの意志を形で表わしたいという原子が、長い時間を掛けて、自然にできないような極端なU字型のカーブに削っていって作った。
学説では水で削られたとなっているが、岩は滑らかでなく、ごつごつと鋭角で、普段は水量も少ない。

ソラ画像より
カルナック列石(フランス)
3kmに渡って石が並んでいたそうですが、途中で途切れていたのは、列石を作った巨人達が複数いたからだそうです。
大きな列石(ケルマリオ)は2番目でそこには、ドルメン(テーブル状の石のトンネル)がありましたが、それはこの列石を作ったのが教官の巨人で校門あらわしているそうです。
大きな列石のそばにあったドルメンはカルナック列石を作るように教えた巨人という事を知らせたそうです。
列石は宇宙の最初は星たちはきれいに並べられていたことを知らせています。
けれども並べられるのが嫌になった星たちが戦争を起して天の川が出来、その後の星空の事をオーストラリアのピナクルスであらわしています。
(周りがブッシュの砂漠上に石が乱立している)

ピナクルス
学説ではかっての大木が化石になったと説明されていますが、この岩のように木とはとても思えないのがたくさんあります。
フランスのカルナック列石が星の戦争前で星達はキチンと並んでいたが、星の戦争後でばらばらになったのをピナクルスの石であらわしていると伝えられています。
そして回りはブッシュでここだけ砂漠です。
ひとりのイシカミが、このようになって知らせたようです。
この近くにデッドピナクルスというのは、ブッシュの中にこのような石が乱立していますが、ソラからしか見えません。

デッド・ピナクルス
地上からは行けない(道が無い)ピナクルスで、ブッシュに覆われています。
先回ピナクルスを訪れた時に
「ブッシュの中に秘密が隠されている=ブッシュ大統領が秘密を隠している」
と伝えられましたが、、、。
ピナクルスは宇宙の星をあらわすだけに、想像を絶する広さです。

2005年1月31日
このサイトの目的

2005年1月31日
昨夜はほとんど目覚めず、とても良く眠れました。
これは年末から伝えられていた事をつながっているようでした。
すなわちこれからは情報をHPではお伝えしないと言う事で、HPのお知らせは今日で最後という事です。

それはこの情報の一部を読まれただけで、イシカミが地震や台風を起す存在であると言う事だけが伝わり、
【イシカミがいわば地球の生みの親】
なのに、その本当の姿が伝えられていないからです。
そしてイシカミの事を伝えるホシノミナも同じに思われるからです。

それはこの情報が広がる事を嫌がる宗教団体などが、故意に内容を捻じ曲げて、その信者数をもって広めていると知らせてきました。
そのことで今の地球に愛想をつかし、内宇宙に行く計画がなされているのですが、まだ私はこの現実生活を楽しみたいと言う事でお知らせを公開する事を止める事にしました。
これまでの情報はわかりやすくまとめています。

なぜ地球は生物が住む星となったか、わかりやすく説明してくれました
日本の歴史を根底から覆すヤマタイコク
中東の争いの元を知らせてくれたイスラエルとパレスチナの関係
地球の成り立ちを簡単にまとめた
宗教の始まりを知らせてくれたイスラム教の成り立ち
同じくキリスト教の成り立ち
同じく釈迦とブッタ
なぜオーストラリアには独特の動物がいるかを知らせてくれた
同じくニュージーランド

それで情報をきちんと理解したいと思ってくださる場合は、本から情報を得ていただきますようお願いいたします。
尚、本『ソラからの伝言』の後の情報は、歴史と宇宙関係のみで 、
ソラからの真実の歴史』として編集中ですが、春までには発刊する予定です。

今一度、
【地球という星だけに、なぜ生物が発生し、人類が存在しているか】
謙虚に考えていただきたいと思います。

この情報ではそれらの事が詳しく、ビジョンなども含めて詳しく知らされました。
なぜ生物が地球で発生したか、十勝沖地震の後で知らされましたが、今日この事を書くことで、十勝沖に沈んでシリコンから藻になったイシカミが再び地震でお知らせしたようです。
(十勝沖M5.8、震度3)

7年に渡り知らされた情報は、大まかな筋書きでわかりやすい物語にしています。
けれどもこれ迄の知識が絶対正しいと思っている人、宗教を信じている人たちには理解できないようです。
そしていくら知らせても人間として存在させてくれた事に感謝する事無く、ひたすらイシカミを責めている人たちに、地球はこれから先はどのようになるか全くわかりません。

掲示板に書いていましたが、知らせて欲しいということです。
2005年2月7日 かすかに口が動いて言葉となる。

「音がしない会話があると言う事を(科学信仰者*は)知りません。
その考えが地球をこのような悲惨な状態にしているのです。
(キーンと一回だけ金属音がする=本当だと言う事)
そして見ると言う事も、その人たちは目で見る事しか出来ないと思っています。
その幼さが、あらゆる悲劇を生んでいるのです。
(科学信仰者*は)この宇宙の何を知っていると言うのでしょう。
宇宙のもの達はその人たちに今こそ鉄拳を振り下ろします」

「音は振動で伝わります。
音の振動を受け取ることができる範囲は、人間には極わずかしかありません。
それも知らない(科学信仰者*の)人間に何がわかるのでしょう」

*)科学信仰者とは、この情報を理解できなく激しく攻撃している(Y掲示板)科学絶対主義の人たちの事です。

2006年8月10日
巨大洞窟、異常気象

昨日は日が落ちてから散歩に出かけましたが、月が満月のせいもあるものの何か気になっていたら、外宇宙のイシキが月に隠れていると伝えてきたので
【月に隠れた外宇宙のイシキを消滅した】と言っていました。
真夜中、胸焼けがして目が覚める。

「急いで知らせしたいことがあるので起きてもらいました。
胸焼けになったのは、地球の地下空洞に外宇宙のもの達が入っているので知らせたのです。
地球はそれでお腹が張っているのです。
地球は膨らんでいるので、地球が暑いのです。
なぜ地球が膨らんだかと言うと、仲良くする太陽にも外宇宙のものが隠れていたのです。
そして太陽の仲間だからと、外宇宙のものたちは地球にウソをついて地下空洞へ入っていたのです。
そのことが昨日のゴキブリでわかったのです。
それが悪もの達の化身なのです。
犯人は石の建物に隠れていたのです?」

【太陽に隠れている外宇宙のイシキを消滅した】
【洞窟や地下空洞に隠れている外宇宙のイシキを消滅した】

昨夜TVで、ボルネオの世界最大の洞窟で、300万羽のこうもりの排泄物が100mの山になっていてそこに無数のゴキブリがいるのを見ていました。
NHKは相変わらず“洞窟は全て石灰岩でできていて、長い年月の間に水で溶かされて出来た”と説明していましたが、このディア・ケーブは、一切石筍がない、水も流れていない?
水が流れている場面はなく、もしあったら100mものこうもりの排泄物はもっと湿気を持つと思いますが、オガクズのようにさらさらしていました。
そして洞窟の大きさが幅100m高さ120mで、どうして出来たか謎だと以前、科学のネットで見た時は書かれていましたが、番組の中では全く触れられていませんでした。

地球上のあらゆる形態は、意識を持って創られているのに、全てのことが“長い時間をかけて自然にできた”と繰り返し解説する、すなわち地球の思いを完全に無視し続けていていることが、このような異常な気象を招いていることに早く気づいてほしいと思います。
わからないこともあると謙虚になるべきと思うのに、あまりにも短絡に断定することが、宇宙をはじめ地球の怒りをかっていると思います。
地球規模で酷暑が続いていることや先日の台風の進路のことといい、異常なことにつながると思います。

2007年8月3日
松代と皆神山、銅鐸の意味、各地の地震、ソラ画像(アイルランドなど)、【追記】

2008年11月5日追記
銅鐸はイシジンが身体を動かすために、競技(戦争ごっこ)をする時のスターターの意味もあると、出雲の遺跡で伝えてきた。

2007年8月1日 朝
《ビジョン》
“金色の網目が壁と天井に見える”
外宇宙の入り口が松代と皆神山の地下にあり、そのエネルギー体ということで消滅する。
【松代の地下のエネルギー体を切り刻んで消滅する】

その後、口内にポリープができたので何を知らせるのかなかなかわからなかったけれど、何度か聞いてようやくわかる。
それはソラ画像の銅鐸型の遺跡(クリヴィキール遺跡)の中に石の門があったが、戸隠しとはそのことを知らせている。
(松代に戸隠神社があり、9頭リューが祭られていると)

それは謎を解くために入り口の門を入るには狭く、腰をかがめないと入れない。
すなわち傲慢でなく、謙虚でなければその門には入れない。
そこを通り抜けると石の戸が向かい合っている。向いあっている二つの石の戸は下部でつながっている=同じ意味がある=イシカミは同じ仲間がいる。
さらに進むと三角のおにぎり型の石=イシカミがあり、銅鐸の答えはイシカミが子供(=分裂して分身)を創っていたことを教えているということである。
諏訪湖も銅鐸型の湖で、その中にひし形の石があるが、その中に皆神山や松代から抜け出たリュージンが隠れている。

(後略)

ソラ画像より
アイルランド、クリヴィキール遺跡その3

アイルランド、クリヴィキール遺跡その4
広場から更に奥に入る入り口。
二つの向かい合った石は同じ意味があり、それは地下でつながっていると言う意味。
同じような形の島が二つ並んでいる(天売島と焼尻島、金華山と網地島など)のはこのことを知らせている。
又、いつも同じ頃に地震があったりすることと関係がある。
これを抜けるとさらに広場があり、三角のおにぎり型の石(=イシカミをあらわす)がある。

又、別の意味で、平らになったり間隔があいて飛び出している石は、地球を覆ったイシカミが平らになったり、山になったりしたことを知らせていて、ウニの形であらわしている。

アイルランド、クリヴィキール遺跡その5=銅鐸の意味
↑をくぐりぬけたら又広場があり、その奥におにぎり型の三角の巨石があり、廻りも大きな石(=イシジン)が立って見ている。
銅鐸の中はこのように鳴っていて?イシカミに気づくまでにこのような経路があると知らせている。

アイルランド、クリヴィキール遺跡その6
遺跡の周りに2、3箇所このような窪みの石組があるのは、凹は口をあらわし、言葉を発していると。

ソラ辞典より
イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 4月30日0時2分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.7度 東経142.3度 深さ20km)
規模 M5.6
北海道
震度2 函館市
震度1 千歳市、新ひだか町、浦河町、様似町
青森県
震度3 八戸市、七戸町、五戸町、青森南部町、階上町
震度2 青森市、平内町、外ヶ浜町、藤崎町、十和田市、三沢市、野辺地町、六戸町、横浜町、東北町、三戸町、田子町、新郷村、おいらせ町、むつ市、東通村
震度1 五所川原市、今別町、蓬田村、板柳町、青森鶴田町、つがる市、中泊町、弘前市、黒石市、鰺ヶ沢町、西目屋村、田舎館村、平川市、六ヶ所村、大間町、佐井村
岩手県
震度4 宮古市
震度3 久慈市、山田町、田野畑村、普代村、野田村、大船渡市、陸前高田市、釜石市、盛岡市、二戸市、葛巻町、岩手町、滝沢村、一戸町、八幡平市、軽米町、九戸村、矢巾町、花巻市、北上市、遠野市、一関市、奥州市
震度2 岩泉町、岩手洋野町、住田町、大槌町、雫石町、紫波町、金ケ崎町、平泉町、西和賀町
宮城県
震度3 気仙沼市、涌谷町、栗原市、登米市、石巻市
震度2 宮城加美町、色麻町、南三陸町、宮城美里町、大崎市、名取市、角田市、岩沼市、大河原町、宮城川崎町、丸森町、仙台青葉区、塩竈市、東松島市、松島町、利府町、大衡村
震度1 白石市、蔵王町、村田町、亘理町、山元町、仙台宮城野区、仙台若林区、仙台太白区、仙台泉区、七ヶ浜町、大和町、大郷町、富谷町、女川町
秋田県
震度2 秋田市、由利本荘市、大館市、鹿角市、小坂町、北秋田市、横手市、大仙市、仙北市
震度1 能代市、男鹿市、藤里町、五城目町、八郎潟町、井川町、潟上市、三種町、にかほ市、上小阿仁村、湯沢市、羽後町、東成瀬村、秋田美郷町
山形県
震度2 天童市、中山町
震度1 鶴岡市、酒田市、三川町、遊佐町、庄内町、最上町、大蔵村、戸沢村、寒河江市、上山市、村山市、東根市、山辺町、河北町、大江町、南陽市、高畠町、白鷹町
福島県
震度1 福島市、郡山市、須賀川市、桑折町、天栄村、いわき市、相馬市、新地町、南相馬市

発生時刻 2012年4月30日0時5分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.8度 東経142.2度 深さ30km)
規模 M4.2
青森県
震度1 八戸市、五戸町、青森南部町、階上町
岩手県
震度2 宮古市
震度1 山田町、田野畑村、普代村、野田村、大船渡市、陸前高田市、釜石市、盛岡市、二戸市、葛巻町、八幡平市、軽米町、一関市

発生時刻 2012年4月30日0時20分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経140.8度 深さ50km)
規模 M3.6
千葉県
震度1 東金市、多古町、成田市

発生時刻 2012年4月30日0時54分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.8度 東経142.3度 深さ20km)
規模 M3.4
岩手県
震度1 宮古市

発生時刻 2012年4月30日4時26分頃
震源地 千葉県北東部(北緯35.7度 東経140.7度 深さ50km)
規模 M3.3
茨城県
震度1 茨城鹿嶋市
千葉県
震度1 東金市、旭市、多古町、芝山町、匝瑳市、香取市、成田市

発生時刻 2012年4月30日5時14分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.3度 東経139.2度 深さごく浅い)
規模 M1.8
東京都
震度1 新島村

発生時刻 2012年4月30日5時33分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経142.2度 深さ30km)
規模 M3.8
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年4月30日8時29分頃
震源地 広島県南西部(北緯34.4度 東経132.6度 深さ20km)
規模 M2.7
広島県
震度1 広島中区、府中町

発生時刻 2012年4月30日9時20分頃
震源地 福島県沖(北緯37.0度 東経141.5度 深さ20km)
規模 M4.4
福島県
震度2 白河市、須賀川市、鏡石町、天栄村、玉川村、平田村、古殿町、田村市、いわき市、楢葉町、川内村
震度1 郡山市、二本松市、大玉村、棚倉町、浅川町、小野町、本宮市、福島広野町、富岡町、南相馬市、猪苗代町
茨城県
震度1 日立市、高萩市、北茨城市、東海村、大子町
栃木県
震度1 宇都宮市、益子町

発生時刻 2012年4月30日10時26分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.8度 東経142.2度 深さ20km)
規模 M4.2
岩手県
震度2 宮古市
震度1 山田町、田野畑村、普代村、大船渡市、陸前高田市、釜石市、盛岡市、八幡平市、軽米町、九戸村、花巻市、一関市

発生時刻 2012年4月30日11時33分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.7度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.5
茨城県
震度3 日立市
震度2 高萩市
震度1 常陸太田市、北茨城市、大子町、常陸大宮市

発生時刻 2012年4月30日11時40分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.7度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.6
福島県
震度1 いわき市
茨城県
震度2 日立市、常陸太田市、高萩市
震度1 北茨城市、大子町、常陸大宮市

発生時刻 2012年4月30日17時38分頃
震源地 三重県北部(北緯34.9度 東経136.5度 深さ10km)
規模 M2.3
三重県
震度1 亀山市

発生時刻 2012年4月30日17時51分頃
震源地 新潟県上越地方(北緯37.1度 東経138.1度 深さ20km)
規模 M2.8
新潟県
震度1 糸魚川市、上越市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月30日のソラ。
コメント (2)

メノルカ島、生駒山、鳩山幸、千葉県北東部M5.8震度5弱

2012年04月29日 23時54分04秒 | Weblog
2012年4月28日
メノルカ島、太陽の異変、サンタンジェロ城、天使とアクマ、アショカピラーとダマスカス刀、鳩山幸、スペイン違法養子縁組

*)メノルカ島の巨石遺跡
巨石で屋根がふいてあり、いくつかの部屋があるというはじめて見る、本当の巨石の部屋です。

*)メノルカ島の巨石文化
巨石で屋根を造っている珍しい遺跡です。
TVで見ましたが、この屋根の下は人間が立っても十分高さのある普通の部屋のようでした。
T字型の石塔はシリウスのリーダーで知恵があり。
頭のない石塔は、その教えを受けている初期のイシジンのようです。

*)太陽が冬眠? 周期的活動に異変、地球に低温期到来か(2012年4月20日ニュース)
・・・太陽には南北両極に正と負の極があり、約11年周期で同時に反転する。2013年5月に次の反転が始まると予測されていたが、太陽観測衛星「ひので」で観測したところ、北極では約1年早く反転に近づいていることがわかった。南極はそれほど変化がなかった。 このペースだと、12年5月に北極のみが反転し、太陽の赤道付近に別の極ができる「4重極構造」になるという。・・・

“二つの顔のある”という言葉は、二日続けてでてきていましたが、ローマのサンタンジェロ城の天使とアクマの石像が頭に浮かびました。
*)サンタンジェロ城

ソラ画像より
生駒山
口を開けて叫んでいるようです。
目にあたる洞窟は空海が瞑想をしていたそうですが、空海もイシジンで超能力がありソラを飛べたようです。
それで全国に空海の足跡が残っているのでしょう。
この日のソラはとても変わった雲が次々と出ていました。

生駒山のイスキリ(イエス)のお墓
2000年ごろに
「山の中の自然石がイスキリのお墓なので来てください」
と言葉と共にビジョンを見せてくれました。
整地がしてあり手前が草ではなかったですが、形はほぼ同じでした。
チャネリングに誘われるままたどり着いた墓石です。

生駒山のバーソロミューのお墓
2004年に行きましたが、何故か公開していませんでした。
バー・ソロ・ミューとは、“一人の小さな迷い子”という意味で、なぜイスキリの13番目の弟子になったか詳しくチャネリングで知らせてきています。
(本『星からのメッセージ』、『星からのメッセージ第2集』参照)
↑のイスキリのお墓の隣にあり、13層になっていて、チャネリングどおりで驚きました。
古くなって壊れたので新しく創られたかもしれません。

2004年7月15日 生駒山での雲
↑の生駒山へ行ったこの日はとても変わった雲が沢山出ていました。

山添村 神野山頂上
このような岩が点在していますが、この岩の線刻画は
「ヤマトが支配されあまりに醜いので見たくないし、何も言わない」
ということをあらわしたそうで、岩の向いているほうはまさに生駒山の方向=奈良の方向でした。
目を閉じている横一文字ははっきりわかりますが、口はバツ印になっているのがこの画像ではあまりわかりません。
それはこの石が言いたいことをいえたのでわからなくした?
神野山頂上はよく整備されていて、ツツジがたくさん植えてあり、釣鐘草?が咲いていて女の子のイシカミのようでした。
登る時にキジと山鳩が出迎えてくれ、山鳩は30分以上車の上で止まって見ていました。

ノアの遺体? 宝達山頂上
ソラの情報では、早くからユダヤのノアとムウラの親子(共にイシジン?)が日本に来て、ヒミコの娘と一緒になって生まれたのが山彦、その山彦が治めたのが倭の国の始まりと伝えられています。
ノアはムウラと一緒に大江山近辺で製鉄を教えていたが、ヤマトに追放され石川県にたどり着き、籠に入れられて亡くなっり、その後、宝達山に葬られたとたと伝えられています。
その宝達山へ行くとノアが降りてきて、山頂に岩になっているので来て欲しいというので細い道でしたが車で行けたので行ってきました。
頂上には沢山石碑となってありましたが、ノアの身体(=イシジンだった)がこの岩になったと。
カニに似ているのはノアはカニ座から来たとも伝えてきました。
(書き終わると右足首にサインあり。紹介してくれてありがとうと)

ちなみにイスキリもチャネリングで生駒山の石が墓石だと言ってきましたが、イスキリもイシジンだったのであの形になったそうです。

伊勢神宮、踏まぬ石
ソラらからの情報ではムウラの頭と知らされた。
本当は長方形でシリウから来たと伝えられた。
ムウラのことは【ヤマタイコク物語】参照。

2004年5月26日
イエス(イスキリ)の墓

以前より数回、イスキリ(=イエス)の墓があると伝えられました。
先日は舟形の山にあるとのことでしたが、どこか分かりませんでしたが、たまたま生駒山を見ていて、13重石塔というのがあり聞くと、それがそうだと伝えてきました。

*)実際は13重石塔の隣の細長い石。ソラ画像の「生駒山のイスキリ(イエス)のお墓」参照。

一番最初のイメージは“山の中に細長い石”でしたので、そのようなものではとても見付からないと思っていましたが、読者の方が最近気になると言われていたところでした。
イスキリは僧侶にイシキとして降りて、作って貰ったそうです。
作った人はイスキリとのチャネリングでか、直感で13重の石塔を作ったと思われます。

【十三】と言う数字は、イエスの大人の弟子は12人で、海外では12人と決まってはいますが、孤児だったバーソロミューは青年になりイエスと一緒に日本に来たので、日本ではイエスは弟子は13人と言っていたのです。
それで日本で十三湊、十三(ジュウソー)という名前の付いた地名がありますが、ここに13の石塔ということで、イエス(=イスキリ)の残した名前が揃ったと思います。

イエスが日本に来たと言う情報は、青森にイエスの墓と言うのがありますが、あそこは弟と船頭として来たバーソロミューのお墓で、イエスは南下したと伝えられています。
2003年東北地方イシカミ関連遺跡調査写真集
日本に来るまではTOPの【ソラのイエス物語】をご参照ください。

(後略)

2004年2月19日
バーソロミュー

2004年2月18日 夕方 
頭上で軽く触る感じがして、以前イシキが降りて来た時はこのようであったので、意識を集中していろいろな名前を挙げてみるもなかなか行き当たらなかったが、ようやくバーソロミューからと分かる。

「バーソロミューです。
私の事を書いてくれてありがとう。
今一番幸せです。私はフランチェスコに生まれ変わっていました。
アッシジにイエス様が来て下さった事が分かったので、どうしても其処で生まれたいと思ったのです。
其処で生まれましたが、密かに許されぬ恋をして気が狂ってしまいました。
そしてただイエス様のことのみ思い生きていました。
イエス様が私の親を探しにイタリアまで来てくださったので、恩返しをしようと思ったのです」

2月19日眠れず。

「バーソロミューです。
私も日本に来ました。
来てくれた所(生駒山)に眠っている者です。
私が13人目のイエス様の弟子でした。
船から上陸した所を十三と言う名前を付けたのです。(=青森県の十三湊)
(バーソロミュー)は船頭(の一人)として一緒に来ました。
(別の一人が)坂口*と名乗ったのは、ゴルゴダの坂を忘れないようにと言う意味です」

※2004年12月29日 追記
当時は青森県新郷村のイエスの墓と言われる所? と思ったのですが、以前生駒山に行った事があり、({新郷村でなく)それは生駒山のことでした。
イシキは地名がよく分からないようです。

*)坂口家=イエスの子孫と言われているが、バーソロミューの子孫でもなく、一緒に来た他の船頭の子孫と知らされました。
*)トサミナト (十三港) とは後年に呼ばれるようになった?
*)十三=ジュウ(ユダヤ人) ソウ(そう思う)=大阪ではジュウソウと呼ぶ。
*)十三 =ジュウサン=ジュウ (ユダヤ人)+ サン(刺す事が終わった、すなわち追手から逃れられた。【カタカナの成り立ちより】 

2月19日朝
「私は(イタリアの)アッシジで生まれました。
両親は裕福な商人でした。
なぜエルサレムに行ったかというと、ローマの支配者(ピラト)に品物を届けるためでした。
私は外を見たくて宿舎から外に出たのです。
そして大勢の人ごみの中にまぎれこんでしまいました。
それはイシカミに呼ばれたからでした。
(歯に違和感あり=本当という意味)
私がなぜ日本に行く事になったかというと、私の体験を話せばわかるでしょう。
私も支配星に支配されてあのような事(死海写本に書いてある事)を伝えられたのです。
支配され辛いので、イエス様に相談しました。
すると“茨の冠”を被ると聞こえなくなると言われて私も被りました。
そうすると本当に聞こえなくなり、イエス様の方が正しいと思ったのです。
それで一緒にエルサレムを脱出したのです。
船は帆を張るだけでぐんぐん進み、途中寄り道しながら日本に着きました。
私たちが到着すると湊の人たちはとても丁寧に迎えてくれました。
それはかってノアの親子が、 日本人のためにいろいろと尽くしてくれていた事を、 湊の人たちは船の交流を通して伝えられていたからでした。
私たちはイシカミに呼ばれて移動して行きましたが、湊から遠くなると私たちが3人も揃っていると怖がる人達も出て来たので、 イエス様と別れて行動する事にしました。
そしてまだ追手が来るのでないかと心配していたので、当時は暖かくて栄えていた日本海から離れて暮らす事にしました」

バーソロミューの名前の由来を聞いて、この情報は本当だと思い、バチカンに手紙を出しました。
私はチャネラーで、
・バーソロミューの名前の由来の事。
・ユダはイエスの親友だった事。
・イエスが磔や十字架が掲げてあるのが嫌だと言ってきた事。
などを書いて送りました。
勿論返事はありませんが、その後の法王の行動は気にしてニュースを見ていましたが、法王がギリシャなどあちこちに行かれ、それぞれの宗教家と会われていた事は確かでした。

バーソロミューという名前は98年まで精神世界に関わっていた頃、名前を聞いていましたが、変わった名前だと思っていました。
支配星の部下はこの名前でチャネリングをしていたようで、実際のイシキが降りていた訳ではないそうです。
良いことを言っていたので、惹かれていたせいもありますが、ニューヨークに行く事になり、何処に行きたいかと聞かれたので地図を見ていると、バーソロミュー教会と、エマニュエルテンプルと言う文字が浮かび上がったように良く見え、バーソロミュー教会に連れて行って貰いました。

2004年11月28日
天狗、イエスの墓、馬蹄形の岩など、地震雲?  

2004年11月28日
愛宕山(306m 茨城県岩間町)[天狗の親分の周りを‘十三の天狗' が取り巻いている]
『上記のHPに奇祭のことが書かれていますが、イスキリの裁判の時の民衆を連想させます。』

と読者が掲示板に書き込みしてくださいました。
このサイトを読んでいると、口内に違和感が出てきて小さなポリープがあらわれました。

“天狗”とは以前から風貌からして分かるように、“外人”と知らされていましたが、ノアたちか、イスキリか分かりませんでした。
(今右人差し指にサインがあり)
13と言う数字は、イエス(=イスキリ)の弟子は12人と、それに孤児だったバーソロミューが大人になりイエスに付いて日本に来て13人目の弟子になったと知らされています。

茨城=イバラギとは、
イエスは支配星にチャネリングで支配され悲惨な目に遭っていましたが、イバラの冠をかぶる事で支配星のチャネリングが止まったということを知らせている地名と伝えられています。
茨=イバラ、城=ギ、とは木の板に記録したものを綴じた物・記(キ)を強調(ギ)している。
ちなみにイバラキとは発音できません。
(イエスは青森に上陸し、南下して大阪までいった。ソラのイエス物語参照)
イエスの墓は以前お知らせした通り、生駒山の13重の塔の傍と知らされています。

芭蕉の
【ナツキテモ タダヒトツバノ ヒトツカナ】
の隠された意味は
《ナ=十字架に磔され槍でつかれたイエスは、つばをかけられた只の普通の人であった。
ヒトツカナ=そのイエスは一つの塚に十字架が立てられている》

朝房山(茨城県笠間市)
この山にはダイダラボウ伝説もあります。

(後略)

2004年1月30日
ビジョン、気管支、ノアの船

2004年1月30日
【ビジョン】
“茶色のイギリスのような地図が見え、その後世界地図のような模様が見える。そこに上から同じ茶色い、イシカミ様の形の巨大なモノが落ちていき、そのまま土地と一体化する。その後、金+グリーン+茶色が混じったような色で、雪だるまのような形の光があらわれては消える”

2003年10月8日 咳がでる。

「(気管支を)作ったイシカミです。
シギ、シギのものです。(信貴山のイシカミ)
私たち信貴山と生駒山が喉(の機能)を考えました。
食べ物と空気を通す管が間違えないように働かせるにはとても大変でした。
なぜ咳が続くかと言うと、(気管支は)いつも閉じていないといけないので疲れるのです。
それで咳が続く時は喉の門番に交代してもらってください」

2003年10月10日

「信貴山と、生駒山のイシカミです。
食事をする時は気管支を閉じて呼吸をする時は食道を閉じるという事は、とても大変な事でした。
シギとは、 “死後のことを記録する” という一番大切なことをしらせます。
死ぬ時に呼吸が止まります。
(サインあり)
それを司るのが気管支です。
脳から指令が来ますが、実際に働くのは気管支です。
喘息などなぜ気管支の異常のお知らせをするかというと、その人のイシキが、その事を知るようにしつこく知らせてくるからです。
今進んでいる道が違っていますよ、という意味です」

2003年11月20日

「イシカミです。
ウシトラノコンジンにされたノアの親子もいて座のものでした。
イシカミの言葉を聞いていたので、波に乗せられ日本に着く事ができました。
私達は(イスラエルから)来ました。
国では船を作るように(イシカミに)言われました。
当時にしたら大きな船でした。
息子に仲間を呼んできてと言いましたが、誰も来ませんでした。
息子と二人だけで船に乗りました。
仲間は船を作るのが嫌だったので、逃げてしまいました。
船は風でどんどん運ばれて行きました」

ソラ辞典より
人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月29日7時44分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M3.7
岩手県
震度1 釜石市、遠野市

発生時刻 2012年4月29日16時35分頃
震源地 福島県沖(北緯37.0度 東経141.4度 深さ20km)
規模 M4.2
福島県
震度1 郡山市、須賀川市、天栄村、いわき市、福島広野町、楢葉町、川内村

発生時刻 2012年4月29日17時12分頃
震源地 千葉県北西部(北緯35.6度 東経140.1度 深さ10km)
規模 M3.5
千葉県
震度3 千葉中央区

発生時刻 2012年4月29日17時14分頃
震源地 千葉県北西部(北緯35.5度 東経140.1度 深さ10km)
規模 M2.8
千葉県
震度2 千葉中央区
震度1 茂原市、千葉緑区、市原市

発生時刻 2012年4月29日19時28分頃
震源地 千葉県北東部(北緯35.8度 東経140.7度 深さ50km)
規模 M5.8
岩手県
震度1 盛岡市
宮城県
震度2 宮城美里町、角田市、大河原町、丸森町
震度1 宮城加美町、色麻町、栗原市、登米市、大崎市、白石市、名取市、岩沼市、蔵王町、宮城川崎町、亘理町、山元町、石巻市、東松島市、松島町、利府町
山形県
震度2 中山町
震度1 上山市、山辺町、米沢市、南陽市、白鷹町
福島県
震度2 福島市、郡山市、白河市、須賀川市、鏡石町、泉崎村、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、田村市、いわき市、猪苗代町
震度1 二本松市、国見町、川俣町、大玉村、天栄村、西郷村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、小野町、福島伊達市、本宮市、相馬市、福島広野町、楢葉町、川内村、飯舘村、南相馬市、南会津町
茨城県
震度4 茨城鹿嶋市、潮来市、神栖市
震度3 水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、東海村、小美玉市、土浦市、石岡市、龍ケ崎市、取手市、つくば市、美浦村、阿見町、河内町、守谷市、利根町、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市
震度2 北茨城市、大洗町、大子町、常陸大宮市、那珂市、城里町、茨城古河市、結城市、下妻市、牛久市、八千代町、五霞町、境町、坂東市
栃木県
震度3 高根沢町
震度2 日光市、那須町、那須塩原市、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、野木町、岩舟町、那須烏山市、栃木那珂川町、下野市
震度1 大田原市、壬生町、栃木さくら市
群馬県
震度2 沼田市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、渋川市、群馬明和町、群馬千代田町、大泉町、邑楽町
震度1 中之条町、片品村、川場村、東吾妻町、群馬昭和村、高崎市、太田市、館林市、富岡市、安中市、榛東村、吉岡町、甘楽町、玉村町、板倉町、みどり市
埼玉県
震度3 川口市、春日部市、宮代町、さいたま緑区
震度2 熊谷市、行田市、加須市、羽生市、鴻巣市、久喜市、吉見町、狭山市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、幸手市、吉川市、伊奈町、川島町、白岡町、杉戸町、松伏町、さいたま西区、さいたま北区、さいたま大宮区、さいたま見沼区、さいたま中央区、さいたま桜区、さいたま浦和区、さいたま南区、さいたま岩槻区
震度1 本庄市、東松山市、深谷市、滑川町、嵐山町、小川町、鳩山町、埼玉美里町、埼玉神川町、上里町、ときがわ町、川越市、所沢市、飯能市、北本市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、埼玉三芳町、毛呂山町、越生町、ふじみ野市、秩父市
千葉県
震度5弱 旭市
震度4 東金市、多古町、九十九里町、芝山町、匝瑳市、香取市、横芝光町、山武市、成田市
震度3 銚子市、茂原市、千葉神崎町、東庄町、大網白里町、千葉一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、千葉中央区、千葉花見川区、千葉稲毛区、千葉若葉区、千葉緑区、千葉美浜区、千葉佐倉市、市原市、八千代市、四街道市、八街市、印西市、千葉酒々井町、白井市、千葉栄町、富里市、君津市、いすみ市
震度2 市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市、浦安市、館山市、木更津市、勝浦市、鴨川市、富津市、袖ケ浦市、大多喜町、御宿町、鋸南町、南房総市
東京都
震度3 東京墨田区、東京江東区、東京荒川区、東京足立区
震度2 東京千代田区、東京中央区、東京港区、東京新宿区、東京文京区、東京台東区、東京品川区、東京目黒区、東京大田区、東京世田谷区、東京渋谷区、東京中野区、東京杉並区、東京豊島区、東京北区、東京板橋区、東京練馬区、東京葛飾区、東京江戸川区、八王子市、武蔵野市、調布市、町田市、小平市、日野市、東村山市、西東京市、狛江市、東大和市、清瀬市
震度1 立川市、三鷹市、東京府中市、昭島市、小金井市、国分寺市、福生市、武蔵村山市、多摩市、羽村市、青梅市、あきる野市、伊豆大島町、東京利島村、新島村、三宅村
神奈川県
震度3 二宮町
震度2 横浜鶴見区、横浜神奈川区、横浜西区、横浜中区、横浜南区、横浜保土ケ谷区、横浜磯子区、横浜金沢区、横浜港北区、横浜戸塚区、横浜港南区、横浜旭区、横浜緑区、横浜瀬谷区、横浜栄区、横浜泉区、横浜青葉区、横浜都筑区、川崎川崎区、川崎幸区、川崎中原区、川崎宮前区、横須賀市、平塚市、鎌倉市、茅ヶ崎市、三浦市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、葉山町、寒川町、小田原市、厚木市、伊勢原市、中井町、神奈川大井町、松田町、湯河原町、愛川町、清川村、相模原南区
震度1 川崎高津区、川崎多摩区、川崎麻生区、逗子市、秦野市、南足柄市、神奈川山北町、箱根町、相模原中央区、相模原緑区
新潟県
震度2 南魚沼市
震度1 長岡市、三条市、加茂市、見附市、刈羽村
山梨県
震度2 忍野村、山中湖村、富士河口湖町
震度1 甲府市、笛吹市、山梨北杜市、甲州市、富士吉田市、大月市、上野原市
長野県
震度2 諏訪市、茅野市、佐久市、長野南牧村
震度1 上田市、軽井沢町、御代田町、原村、佐久穂町、飯島町
静岡県
震度2 東伊豆町、河津町、西伊豆町、伊豆の国市、沼津市、富士市、御殿場市
震度1 熱海市、伊東市、松崎町、函南町、三島市、富士宮市、裾野市、静岡清水町、長泉町、藤枝市、静岡駿河区、静岡葵区、静岡清水区、菊川市

発生時刻 2012年4月29日21時17分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.8度 東経141.2度 深さ40km)
規模 M4.5
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度2 岩沼市
震度1 宮城加美町、色麻町、登米市、宮城美里町、大崎市、白石市、名取市、角田市、蔵王町、大河原町、柴田町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台宮城野区、仙台若林区、仙台泉区、石巻市、松島町、大衡村
山形県
震度1 米沢市
福島県
震度3 二本松市、田村市、福島広野町、楢葉町、川内村、葛尾村
震度2 福島市、郡山市、白河市、須賀川市、川俣町、大玉村、鏡石町、天栄村、中島村、棚倉町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町、福島伊達市、本宮市、いわき市、富岡町、飯舘村、南相馬市、猪苗代町
震度1 桑折町、西郷村、泉崎村、矢吹町、矢祭町、塙町、鮫川村、石川町、相馬市、新地町、磐梯町
茨城県
震度2 水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、土浦市、筑西市、桜川市、鉾田市
震度1 茨城町、那珂市、城里町、小美玉市、石岡市、龍ケ崎市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、五霞町、境町、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、行方市、つくばみらい市
栃木県
震度2 那須町、真岡市
震度1 日光市、大田原市、那須塩原市、宇都宮市、足利市、栃木市、鹿沼市、小山市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、岩舟町、高根沢町、栃木さくら市、那須烏山市、栃木那珂川町
群馬県
震度1 沼田市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、太田市、渋川市、吉岡町、群馬千代田町、邑楽町
埼玉県
震度1 加須市、東松山市、久喜市、春日部市、宮代町、さいたま見沼区、長瀞町
千葉県
震度1 香取市、千葉中央区、成田市、柏市、千葉栄町
東京都
震度1 東京千代田区、東京杉並区

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月28日のソラ。

【ヤマタイコク物語】

2012年04月28日 23時13分13秒 | Weblog
イチの国(=阿波)、二の国 (=綾部)」、「阿波の土柱」、「ヒミコの仕事」、「オオクニヌシは田を作り、ヒミコは文字を作った」の続きです。

2004年6月28日
ヤマタイコク物語

《以下のストーリーは全てチャネリングで知らされたもので、想像で書いたのではありません。
なお、年代が違うのはイシキの生まれ変わりがあり、過去世の思いを知らせるためにその容姿に似て生まれ変わります》

【アトランティスから日本へ】

大昔、アトランティスの子孫である大国主は、アトランティスが滅びる時に母親の女王に云われて、宇宙の大元の分身であるホシノミナが降りた日本に行く事にしました。
大国主はアトランティスのイシジンと人間の合いの子だったので、とても大きく白い色で、アトランティスで金属に変わった鎌を持っていました。
途中、ヨルダンのペトラのイシカミに、食べても減らない食べ物マナを、同じく飲んでも減らない水の入った瓶を与えてもらいました。
そして、道中で一緒になったイシジンと人間の合いの子のヒミコと共に日本に向かいましたが、途中で支配星の送り込んだ大蛇にやられて死んでしまいました。
けれどもイシキは日本へ行きたいと思っていたので、そのことをテレパシーで知った道中のイシカミの巨人達は大国主たちのイシジンの遺体を鎌と共に手渡しで日本へ運んであげました。

【ヤマタイコク=山台国の始まり】

大国主たちは四国の山の台地(山台国)になっているイシカミの背中で、今度もイシジンと人間の合いの子の体に生まれ変わりました。
そしてイシカミの身体である土地のでは、イシカミの原子は次々と食べ物に変わったので、食べ物に困ることなく過ごせました。
けれども次第にイシカミの能力もなくなっていくことがわかったので、農業をして食べ物を得るように人々に教えていました。
そして農業も発達し豊かで、人々は自然の恵みを分け合い平和に暮らしていました。
男性と女性は別れて暮らし、男性は山や畑の仕事で女性は子供たちと一緒に川の近くで共同生活をしていました。
山になったイシカミから大国主は農業の知恵を、ヒミコは文字や衣服などの生活の知恵を授けられて、人間としての平和な暮らしをしていました。
その事は近隣は勿論、大陸にもその噂は広がり、教えを乞いに来るほどでした。
ヒミコは星延べとして、イシカミからビジョンで文字を教えられ、ホツマ文字、すなわち“ミズホのツマ”の文字として皆に教えていました。
又、コウゾの木の皮で編んだ布を洗っていて紙が出来ることに気づき、その紙に生活の知恵などを文字として書いていったのが、ホツマ伝えでした。
けれども、ホツマ文字は覚えにくかったので、ヒミコは子供たちと一緒にわかりやすいカタカナの文字を作り、まとめてあらわす簡単な漢字も作っていました。
二人の間には、女の子のイトと男の子のタケルノミコという子供がいて、それは仲良く暮らしていました。

【ジンムがヤマタイコクを滅ぼす】

一方、朝鮮から九州に渡来した夫婦の元に、男の子が生まれましたが争いが大好きな龍神のイシキが入りました。
龍神に入られた子供のジンムは成長するにつれ、他を支配しする事にたけていて、瞬く間に多くの人々を従え、次々と領土を広げていきました。
鵜戸神宮の前の巨石や、オニの洗濯岩の砂を固めた不思議な岩を見て、誰がこのようなものを作ったかと聞くと、イシカミの巨人(ウガヤノフキアエ)が作ったと、地元の人が答えたのでその巨人を自分の先祖にする事にしました。

巨人は大きな洞窟を作って、イシジンを創る場所に作っておいたのに、ジンムはウソをついて人々をだましたのです。
そしてジンムはさらに東へ東へと、領土を広げるために侵攻していきました。

【ヤマタイコクの滅亡】

一方、ヤマタイコクでは、働くのが嫌な若者が働き者の大国主に、働くように言われるのが嫌で恨みを持っていました。ある日、オオクニヌシの子供の幼いタケルノミコトを人質にとり、大国主の大切な(草刈)鎌を盗み出しヤマタイコクから逃げ出しました。
鎌は大国主がアトランティスから持ってきた、巨大な鎌でした。
そして若者は噂に聞いた強いジンムの部下にしてもらおうと、ジンムに会い盗んできた鎌を差し出しました。
当時の日本には無かったすばらしい金属の鎌を手に入れたジンムは、ヤマタイコクを滅ぼせば沢山の刀があると思い、ヤマタイコクを攻めました。
けれども戦争をしないヤマタイコクには、兵器は何も無く、ヒミコが書いた文字の書かれた紙の束しかありませんでした。
怒ったジンムはヤマタイコクを徹底して焼き滅ぼし、大国主と8人の部下だけは出雲に追い出し、残りは奴隷としてヤマトへ連れて行くことにしました。

【被差別部落の発生】

ヤマタイコクの人々はその時から刺青をつけられ、被差別部落民として差別され続けるようになりました。
そして、ヤマタイコクの人たちは、オオクニヌシから教えられた稲作を作る技能を持っていたので、次々と田の開墾をさせられましたが、その収穫はジンム一族が取り上げていました。
そして聖徳太子により、皿に差別がひどくなり、ジンムの子孫である天皇家が今も続いているため、いわれなき差別を受け続けているのです。
けれどもヤマタイコクの人たちは日本で最初の国家であるという、誇り高き国民だったのです。

【倭の国の誕生】

一方ヒミコは娘のイトをひそかに逃がしましたが、ヒミコ自身は捕まって奴隷として連れて行かれる事になり、隙をみて逃げ出し、土柱の洞窟で自殺をしました。
イトは乳母と共に無事に逃げ出す事が出来ましたが、星原まで行くことはできず途中で亡くなりました。
時を経てヒミコに言われていたホシノミナの降りた所の星原で、ホシノベ(=星の言葉を述べる)として生まれ変わりました。
そこにはノアの洪水でユダヤ人の親子がやはりイシカミに導かれて日本に流れ着いていました。。
ムウラもホシノミナの所(星原)に声に導かれるままたどり着き、そこでムウラとイトは恋に落ち一緒に住むことにしました。
しばらくホシノミナの降りた所で暮らしていましたが、砂鉄を求めて由良の海岸で住む事にしました。
子供の山彦だけはイシカミの君山と会話をしていて、そのそばに住みたいと星原に残りました。
ムウラとイトと海彦は海の側で暮らし、海の物を持って山彦に会いに来ていましたが、それがいつか市場のようになりました(ミナツキサン)
その地域はヤマタイコクのように和を大切にしていたので、国は栄えていき、倭の国の元となっていきました。
ノアとムウラ親子は生まれ変わっても製鉄の技術を覚えていて、鍬や斧などを作り、国はとても栄えました。
その頃は地軸が移動する前であったので、日本海側が暖かく、大陸との交流も盛んで、大陸から珍しい物も入ってきました。

【ヤマトの誕生】

ジンムはたくさんのイシカミの分身が大きな古墳となったのを利用して、ヤマトを基盤にしていましたが、又しても倭の国の繁栄をねたみ、その鉄製品を奪おうと突然ムウラとイトが築いた倭の国を攻めて行ったのです。
その頃ムウラはジンムの不穏な噂を聞いていたので、イトに小刀を与え、身の守り方を教えたり、何とか身を守ろうとしていました。
ヤマトに襲われ気丈なイトは必死で抵抗をしましたが、魚の網で捕らえられてしまいました。
(アミダ如来の名前の元とされた)
そしてイトを殺すと脅かされたムウラは、自分の命と引き換えにイトの命を助けるように言いました。
無実のムウラは籠に入れられ、小船に乗せられ海に流されたのですが、夜になってムウラを慕っていた仲間にひそかに助けられ、隠まわれていました。
そして逃げていた仲間と一緒に大江山で、隠れ潜んでいましたが、ついにヤマトに見つかり、惨殺されてしまいました。
(大江山の鬼退治として、ムウラは悪者として後世に伝えられた)

みんなに慕われていた父親のノアも、追放されましたが、倭の国近辺では、お招きさんとして大切にされて、飲んだ水は言い伝えられていきました。
(それがお水取りに利用され、封印された)

けれども遠くに行くうちに乞食と間違えられ、籠に入れられ死んでしまいましたが、後から立派な人だったことがわかり、手厚く葬られました。
日本語のしゃべれないノアは、本当の名前のモーゼ(伝説のモーゼではない)と言っていたので、モーゼの墓とされました。
(金沢市にモーゼの墓がある)

【出雲の大国主】

争うという事ができない大国主は、折角築きあげたヤマタイコクを後にして、8人の部下と共に出雲に向かいました。
働き者の大国主はここでも農業を発達させ、人々は集まり大きな国となっていきました。
けれども大国主は、ヤマタイコクのことが忘れられず、形見として持ってきたヒミコの髪の毛を束ねて、その前に櫛を置き、毎日それに語りかけていました。
それを見て周りの人は亡くなった後も大国主を偲び、髪の毛をしめ縄に、櫛を鳥居として形を残していきました。

又、男性ばかり一緒に行ったので、ヒミコを知っているのは男性のみでしたが、あまり大国主がヒミコを偲ぶので、その内の一人がヒミコの真似をして慰めてあげました。
それが歌舞伎の始まりで、歌舞伎の“柿落とし”という名前で今日まで残っているのは、柿はイシカミが与えた食べ物で、イシカミの色と姿に似せて作られたからです。
柿で言い伝えられると困ると思ったヤマトは、柿渋で染めた衣類を嫌がらせで、被差別部落の人たちに強制的に着させていました。
イシカミの助けで大国主を中心に出雲の国が大きくなってくると、又してもヤマトが嫌がらせをして来るので、争いの嫌いな大国主は、当時は地続きであった隠岐の島に行くことにしました。
そこでも皆に大切にされ暮らしていたら、思いがけずあきらめていたイトに出会い、最後まで幸せに暮らしました。
その後、後醍醐天皇などが隠岐に来てゆっくり出来ないと、大国主のイシキはイトのイシキと共にヤマトの手の届かない北海道に来ていました。

【タケルノミコト】

若者によってヤマタイコクから連れてこられた幼いタケルノミコは、早くに死んでしまいました。
支配星は生まれ変わる時にもジンムの元で生まれ変わるようにさせました。
そして生まれ変わっても敵とは知らずジンムの元で大きくなりましたが、ジンムからは絶えず大国主は悪者だと言われて育ちました。
そして大国主が亡くなると、8人の仲間は朝鮮の人達にだまされてヤマトを攻めようとしているとジンムは嘘をついて、ひそかに8人をだまし討ちにするようにタケルノミコトに言いつけました。
タケルノミコトは何も知らず言われるままに、大国主がもっとも信頼していた8人の仲間を次々と殺してしまいました。
けれどもヤマトへ帰って来て聞いた言葉は、その8人は自分の本当の父親の仲間だったという事でした。
その言葉を聞いてタケルノミコトは絶望に陥り、イシカタヤマ(猿投山)のイシカミに呼ばれてそこで自殺をしてしまいました。
父親の形見が鎌であったので、今でも猿投神社では鎌が奉納されます。

【ヤマトへ連れて行かれたイト】

一方、イトは幸せな生活から一転して、ヤマトへ連れて行かれることになりました。
道中、白い藤が咲いていたので、白人のムウラを忍んで、白い藤を手折って持って行きました。

ヤマトへ連れて行かれ何重にも塀で囲まれた所(八重垣)で、幽閉生活をさせられました。
ジンムはどうしてもイトとの子供が欲しく、強引に子供を生ませましたが、その子供がニニギのミコトで、イトの乳母に育てられられました。
乳母はニニギに、イシカミの話や、ヤマタイコクや母親が由良から連れてこられた事を話したために、それを知ったジンムに股を刺されて死にました。
その事を天の橋立の股覗きで伝えているのです。

イトは子供を生む事で由良に行くことが出来ましたが、ヤマトへ戻るのが嫌で、自殺をしようとしましたが、スセリ姫が身代わりを申し出て、警備のものから逃げる事が出来ました。
そして隠岐の島に隠れていた父親の大国主と共に、その地で最後を迎えました。

【星原で大きくなった山彦も殺される】

イトとムウラの息子の山彦は、星原に残っていたので命が助かり、何度か生まれ変わりました。
そしてイシカミの助けで次々田畑を作り、星原だけでなく、山を越えたシガサトまでも広げていき、穏やかな人柄で人望を集めていました。
山彦はムウラに似て瞳が他の人と違い、大きな身体で大きくなるにつれムウラに似てきました。
その噂がヤマトに届き、ヤマトがムウラを惨殺した仕返しをするのでないかと思った推古天皇の息子の聖徳太子が、山彦を殺しに来ました。

その時のことを百人一首では
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲し」

星原にあるイシカミのキミ山は、イトとムウラの息子の山彦が罪も無いのに殺された惨劇を悲しく見守るだけでしたが、そのエネルギーで植物に不思議な変化を起こさせました。

それが【シガサトの7不思議】と呼ばれる奇跡です。(注*京都府綾部市志賀郷に伝わる七不思議)

1)白藤(藤波神社の藤は正月に白藤が咲いた)
2)白萩(若宮神社=山彦が祭られる?神社の萩を白くした)
3)ゆるぎ松(山彦達が逃げて行った所の松が風も無いのに揺れる)
4)しずく松(同じく山彦が逃げていった場所の松が雨が降らないのにしずくが落ちる)
5)タケノコさん(竹の子の出る季節でもない2月4日に竹の子が出てきた)
6)みょうがさん(みょうがの出る季節でもない2月3日に芽が出てきた)
7)ご用柿(秋に赤くならないでお正月に赤くなる。御用、御用と追っ手がきて恐怖の為に柿が青いままだったから)
又、大男の山嵐が夜中に悪い事をする伝説は、ヤマトが大きな山彦の子孫を悪者に仕立てあげ伝えさせたのです。
その子孫が源義経であり山彦の子孫になります。

【ヤマトは仏教を利用して、貧富の差の激しい国家になった】

ジンムはヤマトに落ち着いてからも、争い好きなリュージンの化身のジンムは国を広めようとあちこち攻めていましたが、倭の国の人たちの団結は強く、なかなか支配下に置く事が出来ませんでした。
滅ぼされた倭の国はホシノベ=稲妻をあらわす鹿の意味は何かと問う、何鹿(イカルガ)という国として、モノノベ・シ=物部氏が国を治めていました。
そしてイシカミを大切にし、倭の国の再建に向けて国民の支持を受けていましたが、それをヤマトは快く思わず、推古の命令で聖徳太子が倭の国を滅ぼしました。

その頃中米では、あまりに大蛇に支配された人々が悲惨なために、彗星を呼び寄せその国を滅ぼしました。

巨大彗星の衝突のために、巨大地震や地軸が移動して人々は不安になった頃に、竜神の支配する仏教が大陸から渡ってきました。
それまでイシカミの山や岩を祭っていたのですが、仏教はその山や岩が大地震を起したので、代わりに仏教を信じるように言いました。
また、竜神などに支配された人が、地獄絵などを見せ、信じないと死んでから地獄へ行くと恐怖の教えで人々を支配していきました。
そして、供物を供え、お経を唱える事で死後は極楽へいけると、働かなくても良い階級を作り、反対に国民からは搾取し、仏教のための豪華な建築物と次々作りました。
人々はそれまでは自然の恵みを平等に受けていたのに、それ以後貧富の差の激しい国家となっていたのです。

【封印されたイシカミ】

物部氏がイシカミを大切にしていたのですが、滅ぼされたためにあらゆるイシカミに対することが隠されていきました。
イシカミが食べ物などに変ってくれていたのに、全て隠れてリュージンの化身の変りの神を創りあげて、それらを拝むようにさせたのです。
早くにヒミコがカタカナやホツマ文字を作り上げていましたが、ヤマタイコクを責め滅ぼした事がわかると困るので、ヤマトが文字を書く事を禁止しました。
その代わり蛇文字を作って神社に置き、民衆には文字を書くと蛇になると脅かしていたのです。
日本には神代文字がいろいろ隠されて存在するのに、ヤマトに都合の良い物語としてだけの文献(日本書紀など)を残したのです。

その事に気づいた道真が隠された事を世に出そうとして、友人の柿の人麻呂や小野の小町と協力して、首を覚悟でイトとムウラの悲劇を秘めた和歌を作りました。
それが百人一首で、和歌の作者は権力者の名前をつけることで、公開が許され現在まで伝えられたのです。

けれども柿本人麻呂も小野小町もその後、権力者から狙われ命を落とすことになりナゾの人とされたのですが、人々はその事を知っていたので名前だけでもと語り継がれているのです。
ヤマトは権力者が国民を支配するのに都合の良い仏教、神道を国民に押し付け、両者が協力して山や岩を崇めていたイシカミを完全に封印してきたのです。

この物語はソラから知らされた事をつなぎ合わせて、出来上がったのですが、ヤマタイコクやイシカミの話は民話や百人一首に隠されて伝えられていました

【四国=死国】

徹底してヤマタイコクを隠すために、仏教でも封印した(88ヶ所巡り)

【さるかに合戦】

“カニ”はイシカミをあらわし、お腹に子供がいるのがわかるようになっているのは、イシカミのお腹から巨人が出てきた事を知らせている。
“臼”はイシカミの分身が、臼の形をしている。
“柿”はイシカミの形であり、イシカミが生きている時は柿色だった。
“猿”はジンム=ヤマトをあらわし、イシカミに教えてもらった人が作り上げた物を取り上げた。

【元伊勢】

大江山の麓と天の橋立にある。
大江山皇太宮の78もの祠や、籠神社の行事などこの情報とあっている

【ヒヤソ踊り】

綾部の高倉神社では「ヤソ、ヤソ、ヤソ」という掛け声をかけて踊る祭りの行事がある。
ヒミコとヤソ(ユダヤ人のノアの親子がいた)の事を掛け合わせた言葉である。

【隠岐の島】

隠岐の島にはユラヒメ神社と、大国主を祭る神社がある。
大国主がヨミの国へ行くと言ったというのは隠岐の島へ行った事。

【百人一首は隠された意味があり、わかると首が飛ぶのを覚悟で作られた】

風景や色恋のように解釈されているが、ムウラやイトの悲劇がこめられている。
これを作ったのが菅原道真、柿本人麻呂や小野小町。
鹿=稲妻をあらわし、星述べの者も含む。
月=丸=真実。(月の歌は支配星が月を基地にしていたので、その意味のあるものあります。炭坑節など)
わた野原=内臓が飛び出した惨殺
由良の戸=由良川の河口。船の行き来を、噂が広がると困るので一時止めさせた。
フミ(文)=ヒミコの文字などの意味を含む。

*)詳しくはソラ星出版から発売の『ソラからの真実の歴史』をご参照ください。

ソラ辞典より
アトランティス

最初の情報(アンドロイドが反乱)は本『星からのメッセージ』に詳しく書いています。
その後、更に詳しく伝えてきたのはとは少し違っていますが、大西洋にイシカミの巨人が地中海の土を運んで作った大陸とは今でも同じです。
いて座のモノたちはなんでも変化することが出来たので、理想とする物質を全て創りだしたのがアトランティス。
余りにも全て理想が実現したために、面白みがなくなりイシカミの原子たちは一気に手を離したので大陸は崩壊した。
意識のあるイシジンは泡状で、軽くて簡単に移動できたので、より原子がしっかりと結合したいわゆる固い物質にした国造りを地中海にした。
イタリアやギリシャなどに沢山ある石像や石造建築物はアトランティスの時代のものが原型となっている。
アトランティスの王の頭部などでわかるように、巨人の国でもあり、神話の世界そのものであった。
アトランティス大陸があった海の底に、鳴門の渦潮のような渦巻きがあり、地下宇宙に海水が入り込み、ローマのあらゆる泉に噴出しているとか、北海道の羊蹄山の噴出しもここからの水と伝えられています。

ヒミコ
サマルカンドで大国主と一緒になり、日本に来る。
イシカミの声が聞こえ、文字を作ったり織物を織ったりして、大国主と供に四国にヤマタイコクを作る。
娘とタケルノミコトの2人の子供に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある者に攻め滅ぼされ自殺をする。

ある者
ヤマト地方の小さな国の権力者であったが、ヤマタイコクを攻め滅ぼし、大国主を出雲に追放し、ヒミコに入れ墨を入れ自殺に追いやる。
タケルノミコトの義理の親。ノアの息子を惨殺し、ノアを追放する。
ヒミコの娘を強引に由良からヤマトに連れてきて監禁し、子供(ニニギノミコト)を生ませる。悪徳の限りを尽くし、悪事がばれないように文字を禁じ、逆らう者は徹底的に滅ぼし、自分の都合の良い神をも作ったと伝えられた。
ジンムとも言う。
リュージンの化身で、ワニの頭で肉体は人間で、着物を着た絵がモデルと。
イシジンのころは動物と人間の合いの子がいた。

ヤマタイコク
山台国と書き、四国の高原にあったと言われる。
大国主とヒミコが土着民の少ないこの地に住み着き、イシカミからいろいろな食べ物や知恵を授けてもらって、集まって来た多くの人々と平和な国を築いていたが、後に、ある者に攻められ焼く尽くされてしまう。
ヤマタイコクの子孫が、今日まで虐げられてきた被差別部落の人たちや、サンカと呼ばれる人たち。

人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月28日0時12分頃
震源地 岩手県内陸北部(北緯40.2度 東経141.2度 深さ10km)
規模 M2.8
岩手県
震度2 二戸市
震度1 一戸町

発生時刻 2012年4月28日3時59分頃
震源地 兵庫県南東部(北緯34.7度 東経135.4度 深さ10km)
規模 M2.7
兵庫県
震度1 西宮市、宝塚市

発生時刻 2012年4月28日4時8分頃
震源地 岩手県内陸北部(北緯40.2度 東経141.2度 深さ10km)
規模 M2.9
岩手県
震度2 二戸市
震度1 一戸町、八幡平市

発生時刻 2012年4月28日8時21分頃
震源地 宮崎県南部山沿い(北緯32.1度 東経131.0度 深さ10km)
規模 M2.4
宮崎県
震度1 小林市

発生時刻 2012年4月28日18時58分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.5
岩手県
震度1 一関市

発生時刻 2012年4月28日23時13分頃
震源地 福島県沖(北緯37.3度 東経141.9度 深さ30km)
規模 M3.7
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2012年4月28日23時46分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.7度 東経142.4度 深さ50km)
規模 M4.1
岩手県
震度2 一関市
震度1 大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、花巻市、遠野市、平泉町
宮城県
震度1 気仙沼市、栗原市、南三陸町、石巻市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月28日のソラ。

オオクニヌシは田を作り、ヒミコは文字を作った

2012年04月27日 23時25分53秒 | Weblog
イチの国(=阿波)、二の国 (=綾部)」、「阿波の土柱」、「ヒミコの仕事」の続きです。

2004年5月14日
いろいろ

2004年5月13日 
【夢】
《実家のソラの畑に枝豆が沢山出来ているが、知らない人が数人せっせと収穫している。どうもおかしいと思い、車に積むところを写真に撮ろうとしている》
意味は
「中国の人は漢字の元(漢字の作り方)を持って帰り、それを基礎にして作ったということをあらわしました」

昨夜、本の原稿を編集していて、本当にヒミコが漢字の元を作ったのかと思って寝たので、
「本当にヒミコが作ったのです」
と伝えてくる。
 
2004年5月14日 
【夢】
《私が実家の庭にいると、山之0さんと言う名前の人が崖から降りてきて覗いているので、家宅侵入だと通報している》

「石が悪い働きをするという者が出てきたのです。
それで、(ストーンサークルの真中にあったという実家の庭の)石 におしっこをかけていたのです」

(シンクロで、イラク人に尿をかけている写真あり)

【イメージ】
“大きな尺取虫がいて慌てて駆除する”
(子供の頃、尺取虫が肩にいて、“尺取虫が頭に登ると死ぬ”という迷信を聞き、その頃から毛虫と同じくらい嫌い)

「尺取虫を送り出したのが、 ニート彗星です?」

【イメージ】朝
“誰か抱えていた羊を地面に下ろす”

「宇宙の大元です。
私の羊が野に放たれました。
それはホシノミナが戻ってくれたからです。
羊は供え物にして貰っていました。(旧約聖書から?)
ホシノミナがいなくなってから、いつも羊が慰めてくれていました」
(意味はまだわかりません)

【ビジョン】
“マンガの家の屋根に四角い穴が開く。
天皇の儀式用の服装をした人や、いろいろな人?が集まっているのが次第にばらばらになっていく”

2006年3月28日
タクラマカン=イシジンと人間の合いの子のオオクニヌシとヒミコが死んだ所、大仏の頭=イチゴ

2006年3月27日 寝る前。

「港に着いています。
(情報が知らされていること)
知らせてくれてありがとうとう。
(大分の石像=イシジンが)オオクニヌシたち(のイシキ)を連れてきたのです。
(当時は)海ではありませんでした。
けれども大陸から(仏教として)攻めて来ることがわかったので、(豊後水道の)イシカミが沈んだのです」

(昨日の大分の地震=M5.5のお知らせ)

「スル、スル、・・・・・・スルものです。
(この後、なかなか言葉が続かなくわからなかった)
するとは墨をするということです。
墨をヒミコに教えたのは私(イシカミのイシジン)でした。
墨で文字を書くように言ったのです。

私たちは(莫高窟の)イシカミを真似て、日本(大分)に降りたイシカミです。
ヒミコたちは(タクラマカン砂漠の所で)死んだのです。
それで私たち(イシジン)がオオクニヌシとヒミコ(のイシキ)を連れてきたのです。

それでヒミコたちが、死んだ所にいたイシジンの形を真似たのです。
けれども、(イシジンが)墨で文字を書くように(ヒミコに)教えたので、支配星は(よりきれいな)色で(仏教の)絵を描くようにさせたのです。
(色即是空の意味)

そして、イシカミが人間を助けてきたのに、仏教で封印してしまったので、イシカミ達は砂になったのです。
そして砂漠になり、生きる力をなくしたのです」

【4月2日追記】
以前、オオクニヌシたちはインドのアショカピラー=ダイジャの化身に殺されたと知らされていましたが、このエネルギー体がタクラマカンに行ったようです。

2006年3月28日 真夜中、親指にきついサインがあって目が覚める。

「砂の中のお墓にいたものについて、シリウスがお知らせします。
砂漠の中なのに、巨木のお棺があるのは、エジプトと同じです。
(以前は大木が茂るほどであったが、砂漠なったこと)
イシカミが人間の面倒を見ていたのに、人間が支配星の言うままになったからです。
地軸が移動しただけではないのです。
イシカミが雲となってソラに昇らなくなったから雨が降らなくなったのです。
イシカミが生きる希望をなくしたからです」

「なぜ、砂漠の中にお墓だけあるのかというと、ここでオオクニヌシとヒミコは死んだからです。
そして、仏教がこの道(シルクロード)を通ることを知っていたのでイシカミ達が、砂になったからです。
(砂漠の中から見つかったミイラは)イシジンと人間の合いの子*だったのです。
顔に白いクリーム(ようのもの)を塗っていたのは、イシカミのお汁なのです。
お汁を飲んでいたことを知らせるために塗ったのです」

ここで見つかった直後のミイラは、特に若い女性は肌が白く、チラッと見えただけだったのですが、足は白くて細く生きているようでした。
このミイラは違いますが、オオクニヌシはアトランティスの出身、ヒミコはペトラ出身で、イシジンと人間の合いの子だったと以前より伝えられています。
この地域で死んでイシジンが二人のイシキを日本へ連れて行ったと。
初期の情報では、イシカミが手に乗せて運んだと伝えられていましたので、生きて日本に来たと思っていた。

《ビジョン》
1)“黄色く実った小麦畑が三角に刈り取られている”
2)“道路脇にだけ、ヒョロヒョロと小麦が生えている”
3)“一面荒れ野になっている”
4)“一面砂漠なっている”
意味は
「タクラマカン砂漠一帯は、イシカミが降りてきて最初は豊かな土になったので、自然に麦もよくとれていたが、三角は支配星をあらわし、支配星がその土地を支配したので、イシカミの原子の土は次第にやせて行き、ついに砂漠となった」

5)“黒い木の棒=墓標の先が広がって、白くなり、白い鳥のようになって上にあがって行く”
意味は
「砂漠のお墓の意味を知らせたので、イシジンと人間の合いの子のイシキがソラにあがった」

6)“緩やかな丸山に大仏のような頭の小さな巻き毛”は、
意味は
「(大仏の頭は)イチゴ=イシカミの誓いの語録をあらわす=丸山の葺き石をあらわすのに、完全に仏陀の宗教に摩り替えられたことをあらわします。
大分の巨大な石像はここに降りたイシジンで、そのことを伝え、タクラマカンで死んだヒミコやオオクニヌシのイシキを四国まで連れてきたので、オオクニヌシたちは四国で生まれ変わりヤマタイコクを作った。
けれども、支配星に邪魔をされてヤマタイコクの四国にまで、仏教が押し寄せていくと思ったので、豊後水道のイシカミ達が沈んだのです。
けれども結局ヤマトから仏教は入り込み、ヤマタイコクは完全に封印され四国(死国)にされた」

イチゴ=イシカミのチかいのゴろくの葺き石の丸山(私市丸山古墳)

「涅槃仏はイシカミの巨人がいたことを知らせるために、巨人がそのまま亡くなったのです。
(タクラマカン砂漠で見つかった)船型の木のお棺は、ノアの親子が日本に船で向かったことを知らせるために、イシカミが教えたのです。
けれどもおうし座のものに支配されたので、お棺は牛の毛皮で覆われたのです」

昨日のお知らせのクマラジュのサイトを紹介してくださいました。
この中に逸話として、舌が焼け残ったというのがありますが、もし本当だったとしても支配星に支配されていると、それはありうると思うのは、私も現実に紙をも焼け残すことを支配星はできることを見ているからです。

ラダ星人(支配星の仲間)に支配されていたチャネラーの天0さんは、人を霊視する?時、とても細かいビジョン(金星人の文字に似たもの)を見せられ、それを少しの間違いなく和紙に鉛筆で描いて、自分たちの霊を守るために真ん中に丸を書き、点を書いていました。
それを燃やすとその丸だけ、きれいに燃えずに残るのです。
それは何回しても同じで丸く残っていました。

ビジョンの模様は決して人には知らせてはいけないと言われていたようですが、鈎針の形は、宇宙人と言っていました。
その他、下肢の形や、変わった模様は、金星人の文字と言われるものと似ていました。

2004年4月18日
漢字、皇の字、山彦など

2004年4月17日

「なぜ漢字は中国から始まったと思われているかというと、なんとしても自国(中国)の文字を作ろうと、中国の権力者が号令をかけたからです。
いにしえにヤマタイコクから簡単な漢字を教えられていたので、それを元に作っていったのです。(山、川、日など)」

「今、思い出しました。
白い王と書いて“皇”と呼ぶのは何故かというと、アトランティスの血を引く大国主が白い肌だったからです。
その言葉でもわかるように、最初の王は大国主だったのです」

「書いてください。
白い王とは大国主のことで、農業の神様として慕われていました。
それはイネの栽培をするのに、“田”を考えたからです。
最初は丸い田を作りましたが、それを伝えているのが車田です。
一番最初の王が白いと書いた意味がわかるでしょう。
そして出雲に田の形を残した巨木の跡があるのは、何としても大国主の働きを残しておこうと思ったからです。
“王”という文字は3位一体を認める人のみ、なるという意味です」

「山彦が降りています」

「一度、皆に知らせようと思っていました。
私がなぜ両親について海の近くに行かなかったかというと、君山といつも話していたからです。
(小さい頃はいわば自閉症だった)
大人になってからは話すようになり、仕事もたくさんしました。
お父さんが殺された事は“ミナツキサン”で知らされました。
ホシノミナジンジャにたくさんの人が集まりました。
誉れの仕事をしたのに 殺されました」

2004年4月6日

「トルファンのイシカミが怒ったのです。
(4月5日アフガニスタン国境でM6.6の地震)
港にすると言われて降りてきたのに、内地になってしまったからです。
ここも、かっては緑が生い茂っていました。
地軸の異常であのようになってしまったのです。 
(夏は 40℃ 以上になる猛暑、冬は -35℃ にも下がる酷寒の乾燥地帯)
トルファンは、自然発火であのような ボウズ山になってしまったのです。
プレアデナイの協力をせざるを得なかったのです?」

(孫悟空の物語?)

2001年6月21日
ヒミコ、文字、偽卑弥呼はヒミコの名前を真似た悪女 

「ヒミコです。
あれは(卑弥呼は)私ではありません。
名前を真似した人でイシキ(霊)の言葉が聞こえて来た人です。(=チャネラー)
それも戦争の好きなイシキ(霊)です。
(プレアデナイに支配された人)
(魏志倭人伝)あの様に沢山の文字が書かれているのを見て、ただ驚きました。

お知らせしたいことは一つ一つの文字は意味を考えて作りました。
それを重ねて行くといくらでも文字を作れますよ、と中国の人に教えました。
魏という字を見て驚きました。
イナホノ女は私の事なのに、オニがついているからです。
鬼とは、田が人間の様に自分で考え、自分でイネを作ると思っている人(=田が勝手にイネができると思っている人=農業が嫌な)怠け者と言う意味で作った文字でした。
私がいた頃は隣の人とあの様な争いはありませんでした。
最後は悲しいことになりましたが、、」
志賀島の印は、知らされた事とは違う物でしたね。

朝鮮とは行き来があったので、そのうちの一つの物語かも知れませんが、悪代官に印を盗られたと言って来たときは想像もしていませんでした。

2001年6月24日
出雲の巨大建築は‘大国主が田を作った’という事をあらわした 

2001年6月23日
NHK「出雲の巨大三本柱の建築」を見ました。
古くから出雲国造に関わられた宮司さんの家に、巨大三本柱の設計図が伝えられていて公開されていました。
それと同じで形で出土した巨大な3本柱は田の字型に建って、40mの高さの建物があったそうです。
昨年出雲に‘地震’があったのは、“イシキ達が折角3本柱を見つけだす手伝いをしたのに、この情報に目を向けてくれないから”と、大きなラップ音と共に知らされていました。

6月24日 昼
突然ピシーと大きな音と供に、何か落ちる感じがしたので聞いてみました。

「お知らせします。
出雲の巨大建築は私たちが建てました。
大国主を信じる者でした。
(再度大きなビシーというラップ音)
意地悪なヤマトに対抗するため、多くの船乗り?達が応援してくれました。
何としても、いき、、、、。  (言葉が出てこない)
何としても、大国主の事を伝えたいと思ったのです。
それで神殿を建てようと思いました。
建物は単なる飾りでした。
人が住むのではなく、神となった大国主の為に造ったのですから。
火を燃やして灯台の役もしていました。
そして一番の目的は、「田」を考えて食べ物に困らなくなったのは、(イシカミの教えを受けた)大国主なのに(ヤマトが)自分勝手な神を作り国民に押し付けていたので、その事(田作り)を言い伝える為に、あの様な建物を建てたのです。
何もかも意識を他に向けさせたので、建物で残そうと思ったのです。
今以上に舟は作っていました。
大きな舟でなく小さな舟で、風を上手に利用して遠くまで行きました」

田の字を強調して設計図を残しているのは、大国主が「田」を考えたと言っていたのでそうでないかと思っていましたが、やはりその通りでした。
そして中国の人が、ヒミコに文字を習いにきていたと伝えられましたが、同時に「田」の事も聞いたのでないかと思います。
それで「神農」とは大国主ではないか、と以前から思っていましたが、その思いがさらに強くなりました。

又、口遊び? と言う貴族の遊びの本に、一番高い建物は「出雲」で、2番目が「和二(わに=東大寺)」と書いてありました。
「和二」 が東大寺を表わすとは知りませんでしたが、それでやはり仏教はプレアデナイに支配されたモノで、これまでの星物語の情報が合っていると思いました。
ちなみに、‘ワニ’はプレアデナイが地球に送り込んだという事は、「バーバラ・マーシニアック著の「地球を開く鍵?」の本にしっかりと書いてあったと思いました。
(辛い記憶なのでハッキリ名前は覚えていません)

『因幡の白ウサギ』の物語は、イスキリの使いのバーソロミューが、ローマの地震(=ナマズ)を乗り越えて来たと伝えられましたが、ワニ(東大寺=仏教)を乗り越えて出雲に行き、ヤマトが差し向けた盗賊に身ぐるみはがれた、と言う事を童話にして伝えたと思いました。

ソラ画像より
出雲大社(古代神殿心御柱)
柱が田の字型に並んでいるのは、オオクニヌシは最初に農業を教え、田(文字はヒミコが考えた)の作り方を教えたからで、初期にビジョンなどで知らせてきています。

ソラ辞典より
ヒミコ
サマルカンドで大国主と一緒になり、日本に来る。
イシカミの声が聞こえ、文字を作ったり織物を織ったりして、大国主と供に四国にヤマタイコクを作る。
娘とタケルノミコトの2人の子供に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある者に攻め滅ぼされ自殺をする。

ある者
ヤマト地方の小さな国の権力者であったが、ヤマタイコクを攻め滅ぼし、大国主を出雲に追放し、ヒミコに入れ墨を入れ自殺に追いやる。
タケルノミコトの義理の親。ノアの息子を惨殺し、ノアを追放する。
ヒミコの娘を強引に由良からヤマトに連れてきて監禁し、子供(ニニギノミコト)を生ませる。悪徳の限りを尽くし、悪事がばれないように文字を禁じ、逆らう者は徹底的に滅ぼし、自分の都合の良い神をも作ったと伝えられた。
ジンムとも言う。
リュージンの化身で、ワニの頭で肉体は人間で、着物を着た絵がモデルと。
イシジンのころは動物と人間の合いの子がいた。

ヤマタイコク
山台国と書き、四国の高原にあったと言われる。
大国主とヒミコが土着民の少ないこの地に住み着き、イシカミからいろいろな食べ物や知恵を授けてもらって、集まって来た多くの人々と平和な国を築いていたが、後に、ある者に攻められ焼く尽くされてしまう。
ヤマタイコクの子孫が、今日まで虐げられてきた被差別部落の人たちや、サンカと呼ばれる人たち。

*)詳しくは【ヤマタイコク物語】参照。

人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月27日3時41分頃
震源地 青森県東方沖(北緯41.5度 東経142.0度 深さ70km)
規模 M4.8
北海道
震度2 千歳市、函館市、安平町、むかわ町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町、浦幌町
震度1 札幌東区、札幌白石区、江別市、恵庭市、長万部町、七飯町、渡島森町、福島町、胆振伊達市、壮瞥町、室蘭市、苫小牧市、登別市、白老町、日高地方日高町、新冠町、帯広市、十勝清水町、幕別町、本別町、十勝大樹町、広尾町、白糠町、別海町
青森県
震度3 階上町、東通村
震度2 平内町、外ヶ浜町、藤崎町、八戸市、三沢市、野辺地町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、五戸町、青森南部町、おいらせ町、むつ市、大間町
震度1 青森市、五所川原市、今別町、蓬田村、板柳町、つがる市、中泊町、弘前市、黒石市、田舎館村、平川市、十和田市、六戸町、三戸町、風間浦村、佐井村
岩手県
震度2 軽米町
震度1 宮古市、久慈市、野田村、岩手洋野町、釜石市、盛岡市、二戸市、葛巻町、一戸町、九戸村、矢巾町、遠野市
宮城県
震度1 登米市、石巻市

発生時刻 2012年4月27日3時44分頃
震源地 青森県東方沖(北緯41.5度 東経142.0度 深さ70km)
規模 M3.6
青森県
震度1 東通村

発生時刻 2012年4月27日5時3分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経140.1度 深さ70km)
規模 M3.2
茨城県
震度1 土浦市、取手市、つくば市、筑西市、桜川市
栃木県
震度1 宇都宮市

発生時刻 2012年4月27日14時37分頃
震源地 三陸沖(北緯39.9度 東経143.2度 深さ10km)
規模 M4.8
北海道
震度1 函館市
青森県
震度2 東通村
震度1 青森市、八戸市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、東北町、三戸町、五戸町、青森南部町、階上町、おいらせ町
岩手県
震度2 盛岡市
震度1 宮古市、久慈市、山田町、普代村、大船渡市、陸前高田市、釜石市、二戸市、雫石町、葛巻町、岩手町、滝沢村、八幡平市、矢巾町、花巻市、北上市、遠野市、一関市、西和賀町、奥州市
宮城県
震度2 栗原市
震度1 気仙沼市、涌谷町、登米市、宮城美里町、大崎市、石巻市、松島町
秋田県
震度1 横手市、大仙市

発生時刻 2012年4月27日15時24分頃
震源地 宮崎県南部山沿い(北緯32.1度 東経131.0度 深さ10km)
規模 M2.8
宮崎県
震度1 小林市

発生時刻 2012年4月27日17時23分頃
震源地 埼玉県南部(北緯36.0度 東経139.7度 深さ90km)
規模 M3.6
栃木県
震度1 宇都宮市
群馬県
震度1 桐生市

発生時刻 2012年4月27日18時18分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.1度 東経135.3度 深さ10km)
規模 M3.1
和歌山県
震度1 湯浅町、和歌山広川町、由良町、日高川町、紀美野町、有田川町

発生時刻 2012年4月27日19時54分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.0度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M4.2
岩手県
震度2 大船渡市、釜石市
震度1 宮古市、山田町、陸前高田市、住田町、矢巾町、花巻市、遠野市、一関市
宮城県
震度2 気仙沼市
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年4月27日21時6分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.4度 東経140.6度 深さ50km)
規模 M3.8
福島県
震度1 玉川村
茨城県
震度2 日立市、笠間市、ひたちなか市、東海村、常陸大宮市、桜川市、鉾田市
震度1 水戸市、常陸太田市、高萩市、茨城町、大洗町、大子町、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、結城市、茨城鹿嶋市、筑西市、かすみがうら市、行方市
栃木県
震度1 真岡市、益子町、茂木町、市貝町

発生時刻 2012年4月27日22時03分頃
震源地 紀伊水道(北緯33.6度 東経134.6度 深さ40km)
規模 M3.4
徳島県
震度1 神山町、美馬市、阿南市、牟岐町、那賀町、美波町、海陽町
高知県
震度1 東洋町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月27日のソラ。

ヒミコの仕事

2012年04月26日 23時20分01秒 | Weblog
イチの国(=阿波)、二の国 (=綾部)」、「阿波の土柱」の続きです。

ソラ辞典より
カタカナ
最初の文字(ホツマツタエ)は覚えにくいので、ヒミコと若者が考え出した文字。

「私はヒミコです。
“ワ”ということはとても大切だと思いました。
輪になって踊ったりして、お互い助け合ってヤマタイコクを作りました。
私が考えた『カタカナ』の意味をお知らせします。
“ワ”が最初の言葉でした」

『ア』=先頭に立つ。アナタのア。頭と身体。
『イ』=イノリのイ。頭を下げている姿、ノとリを合わせた。
『ウ』=ワの上の点で、輪の先頭に立ってウタウ。
『エ』=天と地を結ぶ。橋=エニ=川と川を結ぶ=連絡する。
『オ』=オトコのことで、付いているモノがある。

『カ』=力があること。(動物の皮。力を合わせて力を入れて皮を剥ぐ)
『キ』=記録。木の板に文字を書いて綴じた物。
『ク』=苦労のク。タから点を取るとク。点は人間を表し、田に入らないと苦労するという意味。
『ケ』=毛のケ。頭の上に丸(お汁の壺)を載せていた。
『コ』=子供が産まれるところ。女性。

『サ』=(めざしを)刺す。男と女がサス。人を刺す。
『シ』=死ぬのシ。2つの点が魂と霊を現し、長い線が肉体。肉体からそれらが離れると死ぬ、死後の世界のこと。
『ス』=好きのス。これは若者が考えました。
(追記、別の意味でスは大元の弟の悪者の一人が、スの神を名乗っています。ス=素=ゼロに戻そうとする働きがあり、今ではこちらの意味がほとんどである)
『セ』=磯の精霊のセ。砂浜に穴を開けている貝。穴に入るということ。
『ソ』=ソのものということ。指さしてソレということ。

『タ』=高いのタ。田んぼのタ。稲を干す高い所に登った人の形。
『チ』=命の元である血。+は死。ノに散ると死。
『ツ』=罪のツ。肉体から魂と霊が離れると悪いことをする。
『テ』=身体の上に2本あるものが手。
『ト』=友、供という意味。自分をちょっと支えてくれる。

『ナ』=ナニの意味。ナ=+=死とはどういうものか、意味が解らなかった。亡くなった人のお墓に+を立てて印とした。
『ニ』=2本。肉体と霊だけでは死ぬということ。死ぬとはナニ。
『ヌ』=スとともに若者が考えました。
『ネ』=木の根の形。地下をあらわす。
『ノ』=野原のノ。本当は横線でした。平らな地形。

『ハ』=歯。(歯を出して)笑う。
『ヒ』=かまどから火が出ている様子。
『フ』=フーと口から息が出る様子。
『ヘ』=なだらかな土地の形。平等をあらわす。
『ホ』=死んだ後、善人は左、悪人は右と別れる死後の世界のこと。

『マ』=魔のもの。鉛が身体に入り、苦しむこと、身体を曲げている。『ミ』=魂・霊・肉体の3つという意味。
『ム』=無理をして身体が曲がること。
『メ』=芽が出た様子。
『モ』=モノをもらう時に手を差し出す形。

『ヤ』=矢。
『ユ』=舞台の上でユーガに踊っている形。舞台の上で演説をする。
『ヨ』=たくさん食べ物が採れて、棚に並べている様子。良かったのヨ。

『ラ』=楽をすると後でフーとため息が出る様子。
『リ』=利口のリで、2通りのことを考えることができること。肉体と顕在意識のみで人間はできていると思うこと。
『ル』=膝を曲げて礼をしている。(2012年2月2日訂正)
『レ』=頭を下げて礼をしている様子。折れ曲がるのとは違うので、上下反対にしました。
『ロ』=家の中の炉のこと。口。

『ワ』=輪になって踊る様子。輪。
『ン』=シから点が一つなくなっている様子。魂が空に行くと、死んでも生まれ変わらなくても良いという意味。

漢字
ヒミコはカタカナを作って紙に書いていたが、まとめて書くと紙が少なくて済むので漢字を考えたと言われる。
簡単な漢字は男文字といって、カタカナは女文字と言った。
韓国や中国からも文字を習いに来た。
「漢字も私が考えた」と、ヒミコは何回も伝えてきた。

ホツマツタエ
一般には、古代大和言葉で綴られた日本の古代の神達の歴史の記録であると言われているが、ヒミコが女性のしなければならない仕事や、イシカミの事などを書いたものだと知らされた。
内容の一部の意味を聞かされている。
ホツマ文字はヘビをやっつける方法とも。

2004年3月28日
ヒミコより、ホツマツタエ、アワの歌の意味

2004年3月28日 明け方

「いつも人間が死ぬまでにいかに楽に生きていけるか、と思っていました。
それには知らされて良かった事を、みんなが知ると良いと思ったのです。
それで何とか文字を作ったのです。
(ホツマツタエは)今伝えられているのとほとんど同じですが、(よく知られている)解釈はほとんど違っています。
(以前ホツマツタエとは女性の日常の生活の知恵が書かれていると教えられたが、現実には古代天皇物語に解釈されている事)
石に力が有るということを知らせたのですが、(今の訳では)その解釈がありません。
(古事記など)神の物語として伝えられているのは、ヤマトの人が自分たちに都合の良いように(ホツマツタエを)利用して書いたのです。
ホツマツタエも阿波の歌も私が書いたので、お知らせした(解釈を)公開してください」

2000年6月8日

「ヒミコです。
【ホツマツタエ】の意味をお知らせします。

『ウタタネコ  コレオノブ』 = これは女の物語です。うたた寝をすると“怒らないで下さい”女の人はお変わりなく? こちらへおいでという意味なのです。
(元気なのに昼間から仕事をしないでうたた寝てばかりしていると、男性を待っていると思われる。ちゃんと女性の仕事を覚えてくださいという意味)

『アメツチノ ヒラケシトキ』 = 夜明け
『フタカミノ トホコニオサム』 = (ご飯を炊く時に)お釜が焦げないように(気をつける)
『タミマシテ アマテルカミノ』 = お釜の蓋の石が重くて取れない時に“アマテルサマ 力を貸してください”と頼むのです。
『ミカカミヲ タシテミクサノ』 = お腹にお煮しめを食べて
『ミタカラヲ サツクミマコノ』 = 身体の肩まで降ろした
『トミタミモ ミヤスケレハヤ』 = 髪の毛をまとめて束ねる
『トミガオヤ シイルイサメノ』 = 起きなさいと皆を起こすこと
『オソレミニ カクレスミユク』 = 遅れることなく固い炭火を埋めて
『スエツミヲ イマメサルレハ』 = 仲間の人にこんにちは(と挨拶をする)
『ソノメグミ アメニカエリノ』 = 自然の恵みの河に行って
『モフテモノ ホツマツタエノ』 = もうけモノの河の水にミズホの妻が
『ヨソアヤヲ アミタテマツリ』 = 伝えられることを感謝する
『キミガヨノ スエノタメシト』 = 私の君(大国主)に、いつまでも試練が
『ナランカト オソレミナガラ』 = ありませんように恐れを取る
『ツホメオク コレミンヒトハ』 = お勤めを苦にしないような人は
『シワカミノ ココロホツマト』 = しわが重なるまで心がほつれて(心穏やかに)
『ナルトキハ ハナサクミヨノ』 = 亡くなる時はきれいな花の咲くあの世の
『ハルヤキヌラン』 = 春にあなたは行けます。

これらは、私が幸せだった時に作りました。
面白くてたくさん作りました。
でも、長い年月の間に違う意味に変わったのだと思います。

ところで、どうして“ツマ(妻)”という言葉には、罪の“ツ”がつくのかいうと、結婚を決めても他の人とセックスをしたくなるのは、“マ(魔)”の者が入るからだと思ったからです。
またどうして結婚制度を作って相手を決めるようにしたのかというと、当時は女の人を取り合って争いが絶えなかったからです」

2001年1月8日

「【あわの歌】の意味をお知らせします。

『アカハナマ』  = 赤い花=そばの花、マ=不思議な力。そば粉には不思議な力がある。
『イキヒニミウク』= 生きている生のそばは、火で煎ると実が粉にしやすい。
『フヌムエケ』  = 冬に池の氷が張るとそばを家に入れないと苦くなってまずくなる。
『ヘネメオコホノ』= 土地を掘り起こすのは男の人で、
『モトロソヨ』  = 女の人は石を取り除くと収穫が多くなる。
『オテレセエツル』= 男の人は川の土手と橋を作る。
『スユンチリ』  = それらをがんばってすれば人生は楽になる。
『シイタラサヤワ』= シイの実をたくさん集めて石の臼で粉にし、その粉を丸いお団子にする」

2001年6月6日
アリューシャンとアフリカのイシカミ、毛虫を珊瑚を送り込んだ星、墨もヒミコが作った 

「射手座の兄の王子が北の果て(アラスカ?)に降りて、多くの部下が日本にたどり着こうと、手? を繋いでやっと北海道にたどり着いた。
あまりの寒さに、人間を取り出せないまま氷ってしまった。
地球に降りるのに陸地が無くなる、と聞いたのであわてて降りた」

それでも人間の為に、たくさんの食べ物を作ってくれたそうです。
(お礼を言って、“射手座に帰ってゆっくりお休みください”と伝える)

「その事を知ってもらいたく、小さな巻き貝(宇宙をあらわす)が、サンゴ(白い木をあらわす)を食べているのです。
(串本海岸で巻き貝が異常発生)。
毛虫の異常は、ケンタロウスが木をやっつけようと発生させていた。
木は“白い木 = 稲妻 = ホシノミナ”の意味を知ってほしいので、木星が地球にプレゼントしてくれた。
ケンタロウスが、その事に対して意地悪をした。
アンドロメダが、バッタを異常発生させて人口増加が著しい」

墨の臭いがして、ヒミコが、“ススと粘土で作った”と久し振りに知らせてくれた。

「木を燃やした後の炭の作用(=毒を吸い取る。年代が解る)があるのは、ホシノミナから“人間の為になってください”と頼まれたからです」

アフリカに降りたイシカミから。

「降りた時には、(地球は)支配星に支配されていて悲惨だった。
ピラミットを作ろうとキリマンジャロの山を作った。
アフリカの人を星とつながりやすいように作ったのを、支配星が先に利用したが、今は想念だけなので早く目覚めて欲しい」

2002年4月23日
ヒミコより、文字の始まり

2002年4月22日

「私たちが日本に来た時に、言葉はありました。
けれども、文字というものはありませんでした。
それで、お祈りをする言葉を皆に知らせることは出来ませんでした。
それで、文字を考えたのです。

多くの文字の言葉は一つにまとめて男文字(漢字)を作りました。
それで記録しておくのに紙が少なくてすみました。
私の所に大陸の人も来ていました。
大国主にお米の作り方を習いに来ていた人が、“お米の作り方を紙に書いて欲しい”と言うので書きました。
亀甲は、海辺の人が山の物と交換するために持って来ました。
それは穀物の入れ物に使い助かりました。

かえすがえすも残念だったのは、この亀甲に文字を書いて置けばよかったと思うことです。
いまだに(日本の)文字は外国から来たと教育者が教えているからです。
イシカミの教えのお祈りを、今も伝えているは....」 

2003年9月7日
バーミアン、ヒミコより、ヒミコノ生まれはペトラでサマルカンドへ行った?

2003年9月5日 バーミアンの仏典の文字を見ていると、右親指の付け根にサインあり。

「こらえきれません。
私の事を書いてください。
私はバーミアンの石窟のイシカミです。
私のかわいい子供(巨人)が仏像を彫られて殺されました?
私の子供は悪者の為に、一番嫌なことをされました。
知らせて欲しいのです。
(仏像が彫られる前は)人間達は皆、私が作った食べ物を沢山食べていました。
けれども嫌なもの(仏像)が彫られてから、それにお供えを沢山するように僧侶に言われ、いつもひもじい思いをするようになりました。
そして(仏像を)拝むように強制されました。
私は初めから見ていましたが、今も(他でも)同じようにしています。
死後の世界は(仏教で)知らされていることと違う事を知らせてください。
サインの痛みや違和感を“止めて欲しい”と言うと症状は無くなるが、その事はソラのものやイシカミがお知らせしているという事を、知らせて欲しいのです」

2003年9月7日 真夜中に目が覚める。

「私はヒミコです。
私も(ビジョンが)見えてホツマ文字を書いていきました。
送られてきた文字もそうなのです」

昨年、チャネリングをする人から、ビジョンで見たと変わった文字を描いて送られてきたことがあり、それの事。
又、ラダ星人とコンタクトをしているというチャネラーも、神の文字と言ってビジョンで見える不思議な文字を、紙に書いて浄霊をすると商売をしていましたが、金星人の文字といわれるものに似ていました。
釣り針型は宇宙人と言っていましたが、人間を支配する人という意味と思いました。

「なぜ知らされた文字がいろいろ出てくるかというと、バーミアンの石窟に仏像を彫られたイシカミが、なんとしても知って欲しいとテレパシーで知らせているのです。
バーミアンになぜ巨大な仏像が彫られたかというと、そこにプレアデナイが降りたからです。
そしてイシカミに嫌がらせをしてイシカミを封印するためです。
文字が出てきたのは、イシカミがヒミコに知らせた文字を真似して、プレアデナイがそこの人に教えた文字なのです。
あれ(発見されたバーミアンの仏典の文字)は人間がするべきことが書かれているのです。

“空に届くほどの大きな方にお供え物をしなさい。お願いをしなさい。それが身を守ることになるのです”
と書かれているのです。
その文字は当時支配していた支配星(プレアデナイ)の部下が人間にビジョンを見せて書かせたのです」

「私(ヒミコ)はイシカミから(ビジョンを)見せて貰い“ホツマモジ”を書きました。
ヤマタイコクの国があったという証拠は全て隠されたと思っているでしょうが、埋もれたモノの中にあります。
ヒミコがなぜ降りてきたかというと、かわいそうで見ておれないからです。
これ迄これほどたくさんのことをお知らせしているのに、激しい攻撃をされているからです。

ヒミコはペトラで生まれてサマルカンドへ行きました?
石窟のあった近くの町? で生まれましたが、そこからバーミアンが見えます。
なぜそこから仏典の文字が出て来たかというと、(イシカミから教えられた)ヒミコの文字を(プレアデナイが)真似した事を知らせているからです。
楼蘭の都がなぜ砂に埋もれて無くなったかというと、そこのイシカミが(プレアデナイに支配され)石窟にされ仏像を彫られる位なら、原子に戻りたいと砂になって行ったからです。
そして以前は緑溢れる町であったのに、争いばかりの町になり砂に埋もれて無くなったのです」

2005年11月15日
M7.1の地震の意味、ヒミコの鏡

2005年11月15日
三陸沖でM7.1(海外ではM7.2)の地震が起きました。
先日から死者10万人の地震と何度か言っていましたが、それを回避したのが今回の地震だったと思います。

私は宇宙からのメッセージをお届けするメッセンジャーにすぎませんので、個人の意見はできるだけ避けたいと思い、又、余計な不安を与えるといけないのでと思ってきました。
ただ宇宙的な大きなお知らせなのに、えらそうに言うと個人を攻撃することしか意識が行かない人たちがほとんどを占めているようです。
今回の地震の大きさに比べてその被害の少なさに目を向けて、いくら知らせても無視し続ける人たちに、何とか知らせようとしている宇宙の存在たちの本当の気持ちを察していただきたいと思います。
情報を発信している者への個人攻撃している場合でないことを、肝に銘じていただきたいと思います。

地球の平和のために7年に渡り情報を知らされ、それを実現するには“人類、皆平等”と言う基本が守られていないので、今の王室、皇室制度を見直すようにと何度も催促され、直接情報も届けましたが、全く何の変わりもありませんので、おめでたい時ではありますが、改めて公開させていただきます。

ヒョウ(雹)のお知らせ
「(天皇陛下の)ノルウエーでの歓迎式典のとき現地でと、帰国時に大きなヒョウが降ったのは偶然ではありません。
(この情報を)知らせても知らせてもただ一つの言葉 
“皇室制度を止めて欲しい” 
という言葉が発せられない事に、ソラのものは強い思いを固めて、大きな氷の塊となって知らせたのです。
(関東では冷蔵庫の氷くらい大きなヒョウが降ったと知らされています)
凍った氷は地球が冷やす合図です。
冷たい心の持ち主(宮内庁をはじめ皇室維持派)に対して、地球が精一杯の抗議をしているとヒョウであらわしたのです。
このことをどうしても伝えたくて起きて書いてもらいました」

2005年11月15日 巨人の挨拶(地震の予告でした)
今日は午後からいろいろな雲があわられ、巨人が手を上げた雲が出た後全天雲に覆われました。
立ち上がったのはイシカミの巨人(立ちあがっているのでなく連なった形)平べったいきのこ型はイシカミをあらわしています。
なぜ宮城沖か?
宮城=皇居をあらわし、本当なら皇居に知らせたいと言って来ましたが、10万人の震災となるので、宮城沖になったと宇宙の皆の相談で決まったそうです。

以下のこともひとつの情報と思います。
掲示板で知らされたサイトですが、改めてその一致にこれまで必死で訴えてきているソラのものたちの言葉を思いだしました。

#)十二単姿、ソラのものから見ると
選ばれたと思われている一人の娘に、何億もの国民のお金が使われることに、おかしいと思わないことをソラのものは警告をしているのでもあります。

2005年11月15日 真夜中咳が出て目が覚める。

「ヒミコです。
イシカミの巨人(イシジン)と一緒に食事をしていました。
イシジンはお汁*を飲んでいました。
私たちはイチゴや栗の実などを食べていました。
(そのほかは名前が思い出せないようでした)
イシカミの背中に住んでいました。
穴を開けると暖かでした。
(ヒミコがいた所でもイシカミの体をお餅を切り取るようにして)丸い団子を作りました。
(昨日の泥団子のお知らせ参照)
それを平らにして磨いていると鏡になりました。
それが鏡の元でした。
それを持っていたので、ヒミコはイシカミの声が聞こえると中国人は思ったのです。
それで(リューを描いた)鏡*を作り出したのです」

*)お汁=イシカミの体に穴が開いていて、そこから白い汁が出ていたのを、頭?の管から飲んでいた。
アザラシのお乳のように白い汁が出ていた。
アーチーズ国立公園、お供え物の岩
白いお汁イシカミの穴から出て、巨人が頭の管から吸い取ってエネルギーとしていましたが、イシカミが亡くなると、お汁も固まって巨人は死んでしまいました。
そのお汁を丸いお餅のようにして岩の上に乗せてあるのをあちこちで見ました。

*)鏡=リューを掘った鏡

縄文時代は穏やかに過ごしていた様子が伺える遺跡が多いのに、
大陸からのリューを彫った鏡が日本で見つかる時代(=弥生時代)になって、争いが起こったことを示すものがたくさん見つかっていますが、リュージン=争いが好きということをこれまで何度も伝えてきました。

なぜ鏡かというのは、あまりわかっていないと思いますが、食べ物を与えてくれたイシカミの言葉を聞きたいというので、鏡を持っていたということがわかりました。

#)カシオペア座の星の保育所(2005年11月ニュース)
残念ながら悪い支配しようとする星の誕生だそうです。
先ほど見えたビジョンも決して良いものではありませんでした。

《ビジョン》
“濃い青紫の色の中に濃い色で、小さなダニのような模様が無数にあり、それが四角に固まって整列する。明るい光が右横からくるも、濃い青紫の色が押し返し、一面を覆い尽くす”
意味は
「大きな地震で知らせたが、これまでどおり支配者はそのままで、なんら変わりがない。
さらに結束してその結束を破ることは非常に困難である」
ということのようで、今までどおりの地球ということをあらわしたようです。

#)キトラも石室解体検討へ 文化庁調査委に14日提案(2005年11月9日ニュース)
なぜ悪神のために大切な石室を分解するのでしょう。
どこまで巨石遺跡を作ったイシカミを無視すれば気のすむのでしょうか?
文化庁に強く抗議をします。
地球を作ってくれたイシカミを無視し続けることは、宇宙のものたちも決して許さないでしょう。

http://www.menokami.jp/に情報を紹介してくださったら即削除されたそうです。
防災をうたいながら人間の傲慢さを感じます。

ソラ画像より
北海道江別市埋蔵文化財センターの石棒
ペトラのイシカミのイシジンだったヒミコは、ペトラの“建物の柱を真似た鉄棒”を持って日本に向かいましたが、インドで大蛇に殺されます。
けれどもイシカミたちが協力して、その亡骸を日本まで運んだので、その鉄棒を真似てあちこちでイシカミの体から作られました。
両端が丸くなっているのは、ペトラの建物の柱の上は飾りがあり、土台はシリウスといて座をあらわしているので、それをあらわした。

巨人のイシジンの指
こちらは特大のイシジンの指だけ残っているようです。

この博物館の中にヒミコの元となった?という巨人の女性の石像がありますが撮影禁止で残念です。
情報で知らされたように上半身だけですが、5mくらいあるのでないかと思われます。
髪はすこしウエーブがあり、ギリシャ系の感じです。
リトルペトラから出てきた?

ソラ辞典より
ヒミコ
サマルカンドで大国主と一緒になり、日本に来る。
イシカミの声が聞こえ、文字を作ったり織物を織ったりして、大国主と供に四国にヤマタイコクを作る。
娘とタケルノミコトの2人の子供に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある者に攻め滅ぼされ自殺をする。

ある者
ヤマト地方の小さな国の権力者であったが、ヤマタイコクを攻め滅ぼし、大国主を出雲に追放し、ヒミコに入れ墨を入れ自殺に追いやる。
タケルノミコトの義理の親。ノアの息子を惨殺し、ノアを追放する。
ヒミコの娘を強引に由良からヤマトに連れてきて監禁し、子供(ニニギノミコト)を生ませる。悪徳の限りを尽くし、悪事がばれないように文字を禁じ、逆らう者は徹底的に滅ぼし、自分の都合の良い神をも作ったと伝えられた。
ジンムとも言う。
リュージンの化身で、ワニの頭で肉体は人間で、着物を着た絵がモデルと。
イシジンのころは動物と人間の合いの子がいた。

ヤマタイコク
山台国と書き、四国の高原にあったと言われる。
大国主とヒミコが土着民の少ないこの地に住み着き、イシカミからいろいろな食べ物や知恵を授けてもらって、集まって来た多くの人々と平和な国を築いていたが、後に、ある者に攻められ焼く尽くされてしまう。
ヤマタイコクの子孫が、今日まで虐げられてきた被差別部落の人たちや、サンカと呼ばれる人たち。

*)詳しくは【ヤマタイコク物語】参照。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月26日5時39分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.5度 東経140.7度 深さ60km)
規模 M3.4
福島県
震度1 浅川町
茨城県
震度1 日立市、高萩市、北茨城市、東海村、常陸大宮市

発生時刻 2012年4月26日5時45分頃
震源地 福島県沖(北緯37.6度 東経141.3度 深さ60km)
規模 M4.5
青森県
震度1 階上町
岩手県
震度2 一関市
震度1 宮古市、大船渡市、陸前高田市、釜石市、盛岡市、北上市、遠野市、奥州市
宮城県
震度3 名取市、宮城川崎町
震度2 宮城加美町、色麻町、登米市、宮城美里町、大崎市、白石市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、村田町、柴田町、丸森町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台宮城野区、仙台若林区、仙台太白区、仙台泉区、石巻市、塩竈市、東松島市、利府町、大衡村
震度1 気仙沼市、涌谷町、栗原市、南三陸町、七ヶ宿町、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、大和町、大郷町、富谷町、女川町
山形県
震度2 米沢市、白鷹町
震度1 最上町、大蔵村、戸沢村、上山市、村山市、天童市、東根市、山辺町、中山町、河北町、西川町、山形朝日町、大江町、尾花沢市、大石田町、長井市、南陽市、高畠町、山形川西町、山形小国町、飯豊町
福島県
震度3 須賀川市、川俣町、天栄村、玉川村、葛尾村、飯舘村
震度2 福島市、郡山市、白河市、二本松市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、中島村、矢吹町、棚倉町、石川町、平田村、浅川町、古殿町、小野町、田村市、福島伊達市、本宮市、いわき市、相馬市、福島広野町、楢葉町、富岡町、川内村、新地町、南相馬市
震度1 西郷村、泉崎村、矢祭町、塙町、鮫川村、三春町、会津若松市、下郷町、西会津町、猪苗代町、会津美里町
茨城県
震度2 日立市
震度1 水戸市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、東海村、大子町、常陸大宮市、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、つくば市、茨城鹿嶋市、美浦村、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市
栃木県
震度1 那須町、宇都宮市、鹿沼市、茂木町、芳賀町、那須烏山市、栃木那珂川町
群馬県
震度1 邑楽町

発生時刻 2012年4月26日7時12分頃
震源地 福島県沖(北緯37.4度 東経141.8度 深さ40km)
規模 M4.2
宮城県
震度1 色麻町、登米市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、柴田町、宮城川崎町、亘理町、山元町、石巻市、東松島市、松島町、七ヶ浜町、利府町
福島県
震度2 田村市、楢葉町
震度1 郡山市、白河市、須賀川市、二本松市、川俣町、鏡石町、天栄村、玉川村、浅川町、小野町、福島伊達市、本宮市、いわき市、相馬市、福島広野町、富岡町、川内村、葛尾村、新地町、飯舘村、南相馬市

発生時刻 2012年4月26日7時58分頃
震源地 長野県南部(北緯35.9度 東経137.6度 深さ10km)
規模 M2.1
長野県
震度1 木曽町

発生時刻 2012年4月26日9時32分頃
震源地 大隅半島東方沖(北緯31.4度 東経131.7度 深さ10km)
規模 M3.5
宮崎県
震度1 日南市、串間市
鹿児島県
震度1 大崎町

発生時刻 2012年4月26日15時40分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M3.5
岩手県
震度1 陸前高田市

発生時刻 2012年4月26日16時27分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.6
宮城県
震度1 宮城加美町、南三陸町、仙台宮城野区、松島町

発生時刻 2012年4月26日23時6分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.8度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.0
福島県
震度1 浅川町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月26日のソラ。

阿波の土柱

2012年04月25日 23時59分15秒 | Weblog
イチの国(=阿波)、二の国 (=綾部)」の続きです。

地震雲などの画像より
2010年9月5日 穀物模様(石狩市)1
読者より。
日本において初めてしっかりした模様ができ出したようです。
イギリスのスタッファ島のイシカミは、人間に狩りしか教えなかったのでと
早くから(100年以前?)から穀物模様を創って、メッセージを与えてきました。
そして毎年作ることで高度な模様を創るようになったが、日本は創る意識体が子供で、又あまり上手でないので無視され続けて上達しませんでした。
宇宙のミナシゴの原子たちが、見える世界で仕事をしますと言って来たことで、これらも仕事をしてくれたようです。

2010年9月5日 穀物模様(石狩市)2

2010年9月5日 石狩市知津狩 15:08(断層雲と穀物模様)

ソラ画像より
三田市土柱1

三田市土柱2
ヒミコは四国の土柱の洞窟で亡くなったと伝えられていますが、これは三田市のものです。
最近特にはっきりとしてきたようです。
石狩の穀物模様でも土柱をあらわしています。

ソラ辞典より
土柱
ヒミコがこの土地で自殺をする事を知っていたイシカミが、その土地の元素に“墓標をあらわす形になってほしい”と頼んだので、そこの元素が縦になる形になった。
イシカミが吉野川の河原の石をそこに運んでおいた。

*)阿波の土柱

2005年2月5日
ヒミコ、夢、ビジョン

2005年2月5日 真夜中腕の1点が痒くなり目が覚める。

「アワの者でした。
ヒミコです。
黒い墨でオシナマエ(刺青)をつけられました。
それは皇室の祖となった者が考えたのです。
そしてオシナマエを付けられた者たちの子孫が、長い間虐げられ続けてきたのです。
私はこの事実を世に知らせる為に今まで待っていました。
アワに墨はありました。
ヒミコが文字を書くために作っていたからです。
火で焼いた刀に墨をつけて切るのです。
火傷の傷に墨が残るのです。
男の人は一の字を鼻につけられました。
女の人は口の上につけられました。
それはこの口から出る言葉は悪い言葉だと思わせるためでした。
アワにいる人のことをお知らせします。
うな(右足親指にサインあり)だれています
オシラムに支配された人が住んでいた家に火をつけました。
そこから立ち去れと言われました。
何人も紐でつながれました。
長すぎると分けられました。
そして人間でありながら動物以下に扱われて連れて行かれました。
私が逃げたのはなつかしいヤマタイコクから離れる事は出来ないと思ったからです。
少女の刀で首を切りました。
すぐに意識は身体から離れて上に昇りました。
それを夢に見てもらいました。
(阿波の土柱の上で飛びはねている夢を97年頃見ました)
アワレナとはアワの者は、レ=ひざまずかないと、ナ=死ぬという意味です」

【夢?イメージ?】
“石?の手首や足首があり、反撃にそれを使おうと思っている”
意味は
「一番弱いソラのものがこれから(攻撃に対しての)反撃に使います」

【ビジョン】
“北海道に似た形で道東に細長い茶色の身体で帽子をかぶった巨人?が、寝ていたのが起き上がる”
意味は
イシカミの巨人が起き上がったので地震が起きたということです。

「ホシノミナで戻ってきました。
私の伝えたことで間違いは無いのです」と。

情報の細かい点でイシキの記憶違いがありますが、大きな流れでは間違いないと思っています。
情報の食い違いはお知らせくださると、改めて聞きなおします。

2003年9月17日
シリコンがなぜ藻になったか?、ドーバー海峡の白いがけの意味、岩の縞模様の意味

シリコンがなぜ藻になったか?

「射手座の意識体であるイシカミ達は、どろどろに溶けた“丸い地球”を固めるために“四角いもの”になろうと地球に突入したら、地球の高温の為にシリコンになりました。
地球はどろどろしてふらふらと宇宙を漂っていたので、丸の中に四角いモノが入れば漂わなくなるから。
(地球の始まりは【宇宙物語】参照)

そしてシリコンになったイシカミ達の仲間で、山や岩になることが出来なく海に沈んだシリコン達は、そのまま原子に戻るのでなく、動く事の出来る物質(=生物)になろうと思いました。
それでいろいろな形の藻になったのです。

(藻の細胞の丸になるには、2003年9月16日のお知らせの絵を参照)

なぜいろいろな形になったかと言うと、シリコンの原子は自分を主張する“意思”があるからです。
たくさんの形がある藻のシリコンには、しっかりとした意思があることを示しているのです。
藻はいろいろな原子で出来たものもありますが、それらは形のある物質になろうと思った他の原子たちが、シリコンの真似をして藻になっていったのです」

【ビジョン】
“小さな動物の様で、見たことのない形のモノが動いたくさんていて、その後ろに大きな巨人?のようなやはり見たことのない形がマンガのように現れる。小さなモノが何かを積み上げるような動きをしているが、次の場面は崖から人間に似たモノが落ちる”
意味は
「小さな生き物で人間の形に似たのもあるが、手足だけのような変わった形のモノが実際仕事をした巨人で、後ろにいた大きなモノがイシカミだそうです。
いろいろな形のモノをイシカミの柔らかい身体で作っているが、崖から落ちたようなビジョンの意味は、その部分の原子が、イシカミの指示で落ちて行った、すなわち原子に戻ったということをあらわしたそうです。
イメージ的にはブライスキャニオンの人型になるのは、岩の原子の意思で形が作られたと言う事のようです。
すなわち形に必要な岩だけ残り、他は崩れるということです。
天然記念物の土柱もそうで、簡単に作れて壊れるのであれば、天然記念物になりません」

【ビジョン】
“人の横顔のような形で、鼻を除いた部分(頬?)が真っ白なのが見える”
意味は
「昨夜見たドーバー海峡の白い崖のような白さで、上のような巨人が作りました」

「あのような(ビジョン)イシカミの巨人が、(ドーバー海峡の)崖を作りました。
なぜ作ったかというと、“この地域には白い肌の人間が住みつく”、と言う事を知らせたかったのです。
海に沈んでいた白いモノを岩に塗ったのです」

*)本当に鼻を除いた横顔が真っ白でしたが、崖も真っ白のようです。

以前、冷水山(北海道)の中腹で、同じように白いパールの液体? を強い力でこすりつけたような四角い岩を見た時に、しきりに
「一生懸命、海からここまで運んできたのに認めてくれない」
とサインをして、巨人が降りてきて文句を言ってきた事がありました。

なぜ岩は横の縞模様になったり、くびれたりするのか?

「イシカミが形になるために呼び掛けて集まった原子たちは、地球の近くで少しずつ集まってきて手をつなぎ横に列を作ります。
そして手をつないだ原子たちは地球に引っ張られて、イシカミの形となって地球に降りて行ったのです。
このようにイシカミは原子たちが手をつなぎ、重なり合って形が出来上がりました。
その時に一緒になった原子たちは、どのような形、色になるかと決めて降りてくるのです」

あちこちで見受けられる岩はそれをあらわしています。
ニュージーランドのパンケーキロックです。

Hoodooのサイトを紹介してくださいました。
とても沢山の不思議な岩が紹介されています。

以前、「ICチップはイシカミが作った」 と言っていたことがありました。
(インスピレーションで知らせたと言う事で、知識は宇宙の意識が大きく関係しています)

ソラ辞典より
シリコン
珪素(Si)。岩石や土の主成分。ICチップの材料。
イシカミ達は、煮えたぎっていた丸い地球を四角の形で降りて固めてくれ、あまりの高温のためシリコンとなった。
地球上の生物の発生は、海に沈下したイシカミが分解してシリコンになり、原子に戻るのでなく動く事の出来る物質になりたいと太古の藻となったのが始まり。
それが元となり、あらゆる地球上の生物に進化していった。
人間の細胞も元はイシカミの原子のシリコン。

*)シリコンは四角い構造(ケイ素面心立方格子構造

ソラ画像より
ブライスキャニオン1
アメリカ・ブライスキャニオン国立公園。

ブライスキャニオン2(アーチ)

ブライスキャニオン3
顔のように見えます。

ワイト島の白い崖
ドーバー海峡は、ヨーロッパ大陸からリュージンがやってこないように、自らイシカミが沈んだことを知らせている。
ドーバー海峡の白い崖はこの地域は白人が住むというので白い崖にしたと伝えられました。
ワイト島は英仏海峡の間にあり、風光明媚な島で同じ様な白い岩でできていました。

2005年11月6日
イシカミのヤマタイコク、アショカ・ピラー、石棒、石冠の意味、地球の警告

2005年11月5日 寝る前にヤマタイコクは四国のどこらあたりかと思っていた。

「思い出しました。
少々のことではそこ(四国のヤマタイコクがあった所)には行けません。
踏み固めた(イシカミの背中の)道は歩くのに気持ちのよいものでした。
大国主です。
(大柄な人間の身体に生まれ変わって)イシカミの体の上で暮らしていました。
柔らかく、暖かでした。
そして稲を植えました。
(種はどうしたの?)
種は目が覚めると目の前にありました。
(イシカミの原子が栄養があっておいしい稲の種になった?)
イシカミの身体に穴を掘ってそれを植えました。
以前(ビジョンで見た)丸い穴に植えていったのです。
稲は持ってきた稲刈り鎌で刈り取りました」

(右足の中指にサインあり)

2003年10月20日のお知らせの最後の夢参照。
・・・【夢】で《小さな丸い形の田を二人の男性が、手前から耕していき、それが4つ並んでいるが、その先は平野である。昔から伝えられている車田 (日の輪田、月の輪田) と同じで、丁度平野に丸い池を掘ったような感じの田を作っている。最後にセリフの文字が流れ、「活断層」という文字だけはっきりと現れる》男性二人は、大国主? と仲間で、二人ずつで小さな田を作っていたそうです。・・・

「石のトンカチはヤマタイコクがあった石鎚山をあらわしています。
イシカミの背中になる山の台地の方が暖かかく、住みやすかったのです。
イシカミの体が土になり、稲を植えたのです」

トッコ石や石棒

大国主の稲刈り鎌は、アトランティスから持ってきたと伝えられ、熱田神宮の大きな刀になったと伝えられていますが、今まで錆びずに残っているのが不思議だと思っていました。

「大国主はインドで大蛇にやられましたが、その鎌と遺体はイシカミによって四国の山まで運ばれました。
その鎌は大国主が生まれ変わった時にも、役にたちました。
けれどもその鎌があるというので、ジンムに殺されたのです。
錆びずにあったと言うことを証明するために、大国主が殺されたインドにおいて錆びない鉄柱*が残されていたのです」

*)「アショカ・ピラー

「アショカ・ピラーとは、ヒミコと大国主がやられた大蛇が変身したものです。
支配星によって大蛇にさせられた原子たちは、大国主とヒミコを殺ろすように命令されました。
支配星にさからえなかったのです。
それで大蛇の原子たちは、自ら硬い鉄に変わったのです。
そしてしっかりと仲間同士で手をつないでいたので錆びなかったのです。
この原子たちもイシカミの原子たちでした」

2006年4月1日追記
支配星の部下のインドのダイジャが、サマルカンドでオオクニヌシたちを殺してインドに逃げ帰ったのを、アショカピラーとして残って訴えていた。

「イシカミの仲間に、もう離れても良いと知らされたので錆びる*ようになったのです。
仲間とは岩*になっていたけれど、(この情報が)知らされたので崩れた岩です。
南 (半球のオーストラリア) に降りた仲間だったのです。
白い塔にしたのは、いつか白い棒*が日本のあちこちに立てられるのは、蛇の化身だと知らせるためです」

*)錆びる=千数百年錆びなかったと伝えられているが、最近錆びてきたようです。
*)オーストラリアのグレートオーシャンロードの崩れた岩。
一番手前の岩が2005年7月に突然崩れた。
*)白い棒=あちこちに立てられている人類世界平和・・・の文字の入った棒。

2005年11月6日 真夜中目が覚める。

「(イシカミの子孫で巨人だった前世のイシキの)ヒミコです。
アトランティスが崩壊し、地球を覆っていた水の膜がなくなり、サマルカンドも砂漠になっていきました。
ヒミコはペトラのイシカミのイシジンでした」

「そこの(エル・カズネの建物の)柱を真似た棒を持って、訪れた(前世の)大国主と一緒に日本へ向かったのです」

「大国主が稲刈り鎌を持って来ましたが、ヒミコは鉄棒*を持ってきました。
その鉄棒もヒミコの亡骸と共に、四国に運ばれました。
それを真似たのが(両端にふくらみのある)石棒です。
ヒミコの鉄棒はヒミコが死ぬと無くなりました」

*)鉄棒=その形を真似たのが石棒。何に使われていたか不明である。

石冠
「イシジンが作りました。
これは(ヒミコの)胸像です。
顔を描かなかったのは、これを崇めるようになるとエネルギー体が入り込むことがわかっていたからです」
これも何に使われていたか不明。

2005年11月6日 真夜中、左下肢のふくらはぎにサインあり。

「アルプスのイシカミです。
何度も問われていたのに答えなかったのには意味があるのです」
(ラップ音)
(これまで何度か、ヨーロッパのイシカミに問いかけていたが、返事がなかった)

「それはエベレストのイシカミが(地球をきれいにしていると)知らせていないのに、自分(も地球をきれいにしている)とは言えないので我慢していたのです。
(昨日のお知らせ参照)
小さな人間が、イシカミのことを見直して欲しいとそのことばかり思っていました。
それがむなしい願いとわかり、怒りをあらわしているのです。
(アルプスの氷河が溶けていること?フランスの暴動?)
イシカミの言葉でした。
アルプスのイシカミより」

夜中に突然、目が覚めて。

「なんとしても小さな人間を育てようと思いました。
それがイシジンの思いでした」

左足にややきついサインあり。

「白い光が一番尊いのです。
それは宇宙において最初に光り輝いたからです」

左足のふくらはぎにサインあり。
《イメージ》
“ヘビの模様に似た自動車のタイヤのような模様が浮かぶ”
(これはヘビなった原子も、イシカミの原子が変化したものだからです)
(この後は何度も起こされ、眠くて文字が乱れてわかりにくいのですが、白い光の地球に、このヘビ柄?タイヤがついていて、走りだすというようなことを言っていたと思います)
この後、大きなラップ音。寝る。
これは良い意味かなと聞いたのですが、厳しい答えでした。

「地球に思いがあるという情報を、いくら知らせてもそのようなことはないと攻撃したり、無視したりして、なんら変わりがないので、地球が強引に進むということです。
それをソラ(宇宙の)ものが知らせました」

これは明らかに地球や宇宙からの警告と思います。

ソラ辞典より
イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月25日0時52分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.2度 東経141.4度 深さ20km)
規模 M4.3
福島県
震度1 いわき市
茨城県
震度1 水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、東海村、土浦市、鉾田市
栃木県
震度1 那須烏山市

発生時刻 2012年4月25日1時27分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.8
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 気仙沼市、栗原市、登米市、南三陸町、石巻市、東松島市、女川町

発生時刻 2012年4月25日4時21分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.3度 東経140.1度 深さ70km)
規模 M3.4
茨城県
震度1 常陸大宮市、土浦市、筑西市
栃木県
震度1 栃木市、佐野市、小山市

発生時刻 2012年4月25日5時22分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経140.9度 深さ60km)
規模 M5.5
宮城県
震度2 角田市、大河原町、丸森町
震度1 栗原市、登米市、宮城美里町、大崎市、名取市、岩沼市、蔵王町、宮城川崎町、亘理町、山元町、石巻市、東松島市、松島町、利府町
山形県
震度2 中山町
震度1 上山市、山辺町、白鷹町
福島県
震度2 郡山市、白河市、須賀川市、鏡石町、泉崎村、矢吹町、矢祭町、玉川村、平田村、古殿町、田村市、いわき市
震度1 福島市、二本松市、川俣町、大玉村、天栄村、西郷村、棚倉町、浅川町、小野町、福島広野町、楢葉町、川内村、南相馬市、猪苗代町、南会津町
茨城県
震度3 水戸市、日立市、笠間市、ひたちなか市、東海村、小美玉市、土浦市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、取手市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、河内町、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、神栖市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市
震度2 常陸太田市、高萩市、北茨城市、茨城町、大洗町、大子町、常陸大宮市、那珂市、城里町、茨城古河市、牛久市、八千代町、五霞町、境町、守谷市、利根町
栃木県
震度3 佐野市、真岡市、益子町、市貝町、高根沢町、下野市
震度2 日光市、那須町、那須塩原市、宇都宮市、足利市、栃木市、鹿沼市、小山市、上三川町、茂木町、芳賀町、壬生町、野木町、岩舟町、栃木さくら市、那須烏山市、栃木那珂川町
震度1 大田原市、矢板市、塩谷町
群馬県
震度3 桐生市
震度2 沼田市、片品村、前橋市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、安中市、吉岡町、群馬明和町、群馬千代田町、大泉町、邑楽町、みどり市
震度1 中之条町、群馬高山村、川場村、みなかみ町、東吾妻町、群馬昭和村、高崎市、藤岡市、富岡市、榛東村、甘楽町、玉村町、板倉町
埼玉県
震度3 加須市、春日部市、宮代町、さいたま緑区
震度2 熊谷市、行田市、本庄市、羽生市、鴻巣市、久喜市、吉見町、埼玉美里町、川口市、所沢市、狭山市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、幸手市、鶴ヶ島市、吉川市、伊奈町、埼玉三芳町、毛呂山町、川島町、白岡町、杉戸町、松伏町、さいたま西区、さいたま北区、さいたま大宮区、さいたま見沼区、さいたま中央区、さいたま桜区、さいたま浦和区、さいたま南区、さいたま岩槻区
震度1 東松山市、深谷市、滑川町、嵐山町、小川町、鳩山町、東秩父村、埼玉神川町、上里町、ときがわ町、川越市、飯能市、坂戸市、日高市、越生町、ふじみ野市、秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町
千葉県
震度4 多古町、横芝光町
震度3 東金市、旭市、千葉神崎町、東庄町、九十九里町、芝山町、匝瑳市、香取市、山武市、千葉中央区、千葉花見川区、千葉稲毛区、野田市、成田市、千葉佐倉市、市原市、四街道市、八街市、印西市、富里市
震度2 銚子市、茂原市、大網白里町、千葉一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、千葉若葉区、千葉緑区、千葉美浜区、市川市、船橋市、松戸市、習志野市、柏市、流山市、八千代市、我孫子市、鎌ケ谷市、浦安市、千葉酒々井町、白井市、千葉栄町、館山市、木更津市、勝浦市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、大多喜町、鋸南町、いすみ市、南房総市
東京都
震度3 東京台東区、東京墨田区、東京江東区、東京荒川区、東京板橋区、東京足立区、東京葛飾区、東京江戸川区、町田市
震度2 東京千代田区、東京中央区、東京港区、東京新宿区、東京文京区、東京品川区、東京目黒区、東京大田区、東京世田谷区、東京渋谷区、東京中野区、東京杉並区、東京豊島区、東京北区、東京練馬区、八王子市、武蔵野市、三鷹市、調布市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、西東京市、狛江市、東大和市、清瀬市、多摩市、稲城市
震度1 立川市、東京府中市、昭島市、福生市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町、青梅市、あきる野市、日の出町、檜原村、伊豆大島町、東京利島村、三宅村
神奈川県
震度3 横浜鶴見区、横浜神奈川区、横浜都筑区
震度2 横浜西区、横浜中区、横浜南区、横浜保土ケ谷区、横浜磯子区、横浜港北区、横浜戸塚区、横浜港南区、横浜旭区、横浜緑区、横浜瀬谷区、横浜栄区、横浜泉区、横浜青葉区、川崎川崎区、川崎幸区、川崎中原区、川崎宮前区、横須賀市、平塚市、茅ヶ崎市、三浦市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、二宮町、小田原市、厚木市、中井町、神奈川大井町、松田町、湯河原町、愛川町、清川村、相模原中央区、相模原南区、相模原緑区
震度1 横浜金沢区、川崎高津区、川崎多摩区、川崎麻生区、鎌倉市、逗子市、葉山町、大磯町、秦野市、伊勢原市、南足柄市、神奈川山北町、箱根町
新潟県
震度2 刈羽村、南魚沼市
震度1 長岡市、三条市、十日町市、見附市
山梨県
震度2 山梨北杜市、忍野村、山中湖村、富士河口湖町
震度1 甲府市、山梨市、昭和町、南アルプス市、甲斐市、笛吹市、甲州市、中央市、富士川町、富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、小菅村
長野県
震度2 茅野市、佐久市、長野南牧村
震度1 上田市、諏訪市、小海町、長野川上村、軽井沢町、御代田町、立科町、富士見町、原村、佐久穂町、飯田市、飯島町、長野高森町、王滝村、木曽町
静岡県
震度2 東伊豆町、伊豆の国市、富士宮市、富士市
震度1 熱海市、河津町、西伊豆町、函南町、沼津市、御殿場市、静岡清水町、長泉町、静岡駿河区、静岡葵区、静岡清水区、菊川市

発生時刻 2012年4月25日5時27分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.7度 東経140.6度 深さごく浅い)
規模 M2.2
茨城県
震度1 日立市、常陸太田市

発生時刻 2012年4月25日5時31分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経140.9度 深さ70km)
規模 M3.9
茨城県
震度1 茨城鹿嶋市
千葉県
震度2 多古町、横芝光町、成田市
震度1 東金市、旭市、芝山町、匝瑳市、香取市、山武市、千葉佐倉市、富里市

発生時刻 2012年4月25日7時43分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経140.9度 深さ60km)
規模 M4.1
茨城県
震度1 ひたちなか市、東海村、土浦市、石岡市、茨城鹿嶋市、潮来市、利根町、稲敷市、神栖市
千葉県
震度2 旭市、多古町
震度1 銚子市、東金市、東庄町、九十九里町、芝山町、匝瑳市、香取市、横芝光町、山武市、千葉花見川区、成田市、市原市

発生時刻 2012年4月25日13時8分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.8度 東経140.8度 深さ60km)
規模 M3.9
茨城県
震度1 土浦市、茨城鹿嶋市、潮来市、稲敷市
千葉県
震度2 多古町、成田市
震度1 東金市、旭市、芝山町、匝瑳市、香取市、横芝光町、山武市、千葉花見川区、千葉佐倉市、千葉栄町、富里市

発生時刻 2012年4月25日13時32分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.0度 東経140.8度 深さ10km)
規模 M3.1
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2012年4月25日20時52分頃
震源地 岩手県内陸北部(北緯40.3度 東経141.5度 深さ80km)
規模 M3.1
青森県
震度1 階上町

発生時刻 2012年4月25日21時21分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.7度 東経141.0度 深さ10km)
規模 M3.1
千葉県
震度1 銚子市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月25日のソラ。

イチの国(=阿波)、二の国 (=綾部)

2012年04月24日 23時59分40秒 | Weblog
2002年8月21日
土柱、(イチ)の国=阿波、二の国(=綾部) 

「(阿波の)土柱の夢は、ヒミコが見てもらったのです。

(私は98年に土柱の上で飛びはねている夢をみました。
当時土柱と言う事は知らなかったのですが、たまたまそこの写真を見て、同じ風景だったので土柱とわかりました)

土柱は目印に、(先の見える)イシカミが作ってくれたのです。
なぜあのようになっているかと言うと、外国にも同じモノがあるということで、イシカミ達がテレパシーで話し合って作った事を知らせるためです。

(土柱は、世界で3箇所にしかないそうです)

ヤマタイコクは土柱の近くにあったのです。
私(ヒミコ)はその土柱の元で死にました。

(刺青をつけられ奴隷として連れて行かれそうになったので、逃れて自殺したと知らされている。
“本『星からのメッセージ』、『星からのメッセージ第2集』”参照)

イシカミのお蔭で、そこ(ヤマタイコク=四国)迄たどり着けたのです。
今はとても良い道が走っているそうですが、私達(大国主とヒミコ)は、イシカミに運んでもらい、川のある所に住み着きました。
少しでもホシノミナのある所(星原)に近づきたかったのです。
そこ(阿波)を“イ=(イチ)の国=阿波”と名付け、星原を“ニの国”と名付けました」

*)星原のある綾部は、現在も“丹=ニの国”と言われています。

*)ヤマタイコク物語

2002年9月1日
徳島の土柱

2002年8月28日
徳島県の神山町の悲願寺に向かうも、前回Aさんは間違えずに行けたそうですが、道を間違えたり余りに細かったりして、断念してもらいました。
とても細くて険しい道で、山肌にへばりつくように家がありますが、本当に山奥にお寺はあるようです。

途中 【ビジョン】で
“赤紫の、これまで見た事のないきれいなカラーが見える”

「イシカミからの歓迎の挨拶です」という事でしたが、「ヒミコが捕まえられた場所なので、思い出したくなくて断念してもらいました」と言う事でした。

【阿波の土柱】
徳島県にある独特の崖で、世界に3つしかないそうです。

「ヒミコです。
ここ(神山町のお寺のある所)で捕まえられました。
そして奴隷として舟に乗せられる前に再び逃げ出し、土柱の洞窟で自殺をしました」
(今は洞窟はない)

私が以前、“土柱の上で飛んで跳ねている夢”を見たのは、死んで自由になれたのでうれしかったので知らせたそうです。

「(土柱は)イシカミが吉野川の河原の石を持ってきて積み上げました。
(これは知らなかったのですが、説明版に土柱には吉野川の石があると書かれていました)
なぜ土柱になるかと言うと、将来ここでヒミコが自殺をする事がわかっていたので、ヒミコの墓標をあらわすように、(土の元素に)立った姿になってほしいと頼んだのです」

土柱の元素
「ようやく知らせることができ安心しました。
雨風で壊れていくので(土柱として保持していく事が)大変でした」

虫がとてもにぎやかに鳴いていました。
イシカミが「この声にとても和まされました」と。

【わくらばに おしながされる このみかな】
という俳句が浮かんできました。
昔は、それくらい沢山の落葉樹の葉っぱが谷を埋めたという事のようです。
山の頂上まで杉の植林がしてある事が、イシカミは嫌だと言う事のようです。

(ラップ音あり本当の意味ですと)

2002年9月2日
四国旅行2

2002年8月28日
淡路島に立ち寄る。

【イザナミ、イザナギ神社】
以前教えられた通りで、ジンムがヤマタイコクを攻める前に立ち寄り創った神様と。
ここは何も応答なし。

【おのころ島】
島の中ほどにあるのに島と呼ぶ。自然に口が、 「(悪い事をしていないか)おのれの心に聞け」と言葉が出ました。
その後看板に『自疑、、、、』と言う文字が書かれていました。

【セキレイ石】
同じく、 「(悪い事をすると)イシキが(恥ずかしくて)赤くなる」
と言葉が出ました。

2002年8月29日 四国にて

【土釜】
道中見過ごすくらいであったが、素晴らしいイシカミの作品と思われる半円の岩などがあり、ミニ・タロコ渓谷と思いました。
指の形? や粘土を丸くした感じがそのまま良く出ていました。

【剣山】
雨が降ったりやんだりする中を剣山にリフトで登るも、それ以上は雨がひどくて断念する。
「悲しかったのです。
‘剣’というような嫌な名前をつけられて。
(槍の形をした杉が頂上近くまで植林されている事も)嫌だったのです」

リフトに乗ると、行きも帰りも雨が降ったのは
「イシカミは動くことが出来なかったことが嫌だったのです」 と。
(イシキとなれば、移動できる事を知らせる)

「ごめんなさい。いじわるをして。
待っていたことが、遂に実現できたのです。(コンタクトがとれたこと?)
剣山と言われるイシカミです。
射手座では、いたずら者の若者で迷惑をかけていました。
立山と呼ばれるイシカミと一緒に、王女達を追いかけていました。
けれども地球に降りたら、ホシノミナの事を伝えるヒミコが、支配星に殺されるとわかったので、守るために、できるだけ高い山を作りました。
その時地球神が言ってくれたのです。必ず報われる時が来ると。
イシカミ達の苦労を、他の人間達に伝えてくれる時が来ると、言ってくれたので待っていたのです。
それでうれしくて泣いたのです。
今来ている台風は王女(オーストラリアとニュージーランド)達で、私に会いに来てくれたのです」

少し下がった所にある巨石は大分削られていました。顔のように思えましたがやはりそのようでした。

【ビジョン】
1)“モアイの像のような顔ではっきりと目が剣山の方を向いていました”

2)“ゾウ?が立っていて手を振って、大きな耳をばたばたさせている。
(ゾウ=王女達で、台風は去っていくということ)
その他見たこともない動物の漫画のような絵が描かれている”

3)“真っ白の手紙が隣の大陸? へ飛んで行くのがとてもはっきりと見えました”
(ソラのものの情報が海外へも伝わった?)

【大歩危小歩危】
素晴らしい渓谷で、とても沢山のイシカミの作品と思われるものがありました。
(指の跡や滑らかで粘土細工をしたような岩など)
崖は平らな岩が斜めになっているのは、人間もお互い支えあっていかなければいけないことをあらわしているそうで、スパッと切ったような側面は、やはり元素たちに指示を与える事で、きれいに切ったようになったそうです。
柱状節理のような岩もありました。

【祖谷渓谷】
イシカミ作品と思われる多くの岩がありますが、支配星が襲ってくるので高い山と、深い渓谷を作ったが、あまりに大変で【いや、いや作った】ということだそうです。

【ビジョン】
1)“いろいろな形がびっしりと詰まっているが、次の場面は所々空白になっている”
「形はイシカミの作品(岩)で、空白になっているのは人間に持ち去られた事をあらわした」

カニの形もありましたが、それは祖谷温泉に(沢)カニが浮いていたことをあらわしたようです。
(カニはイシカミをあらわしている。 ちなみにケーブルカーで降りる祖谷温泉は最高でした。目の前にいろいろなイシカミの作品が見えました。 長細いのはノアの箱舟? を真似したそうです)

2)“山から次々と雲が湧き出て、人の形の雲が数人立っている。その後2人? の形が手を取り合っている”
「水の元素たちが‘オニさん、こちらへ’と呼んで、支配する考えをソラに連れて行って浄化したことをあらわしています」

【石鎚山】
ここは一番激しい風雨でしたが、幸いな事にケーブルカーは動きました。
入り口に、おどろおどろしい像が沢山立っていました。
ケーブルカーの乗り場で休憩していると、お腹のまん中がちくちくして。

「イシヅチ(=石槌山)と呼ばれるイシカミです。
(入り口の像が嫌で)1人で悩んでいました。
像を取り除いてほしいと伝えてください」(その後痛みはなくなる)

“私は言えないのでお人形が並んでいると思って気にしないで下さい”と伝える。
帰り道も雨でしたが、私だけ「ミーン、ミーン」とセミの声が聞こえました。
ヤマタイコクの住人だった人のイシキからのように感じました。

【龍が洞】
中にもイシカミの指で作ったような跡が見られました。
「お連れした人間のために作りました」
と丁寧なイシカミの挨拶がありました。

指で川の形を作り、その上をお椀を被せるように作った? のではないかと同行者は言っていました。

ソラ画像より
祖谷温泉
イシカミ(デェダラボッチ)がノアの箱舟を真似して作ったそうです。
あちこちに指跡らしき滑らかな丸い跡があります。

イシカミのロボット?
祖谷渓谷を作ったイシカミ達のロボット?
大きな目で見ている?

祖谷渓谷の岩
ここの谷の岩は斜めになって重なっています。
人間はお互い支えあっていくように、と知らせているそうです。

2002年11月6日
山彦、白い表皮の木

2002年11月6日1時30分 目が覚める。

「白い木の者が降りてきました。
山彦です。
イシカミの君山に呼ばれて (マナイの海辺から) 星原に来ました。
おじさんとおばさんと(星原で)一緒に暮らしました。
君山から教えてもらった事を話すと多くの人が来ました。
そして頼むといろいろな食べ物がもらえることがわかりました。
殺されたおとうさんの毛を・・・・ (字がダブっていてわからない)
ホシノミナを大切にしなければならないと皆に言いました。
そして君村(吉美村)の長(オサ)になりました。
私がヒヤソ踊りを踊るように頼んだのです。
私は戦う事が出来なくすぐに殺されました」

白樺などの木の皮が白いのは何故か? と以前聞かれていた。

「いにしえにはイシカミである山の奥深くに入って、いろいろな物を貰っていました。
そして帰りが遅くなり道が分からなくなる時に、白い木が道しるべになるように作られました。
白樺が寒い地方に多いのは、寒い地方では山で夜を過ごせないからです」

2002年10月27日
イシカミの子供、ウサギとカメ、アトランティスの女王=アマンティアと王=ヨハンシュンセン

2001年9月11日
白いウサギの【ビジョン】を見る。

「ホシノミナの部下のものです。
白いウサギは仲間の月が見せてほしいと言ったので見てもらいました。
ウサギ(月)とカメ(地球)の話は、
“ウサギ(月)は(プレアデナイに)捕らえられたので走れなかったけど、目が覚めると(開放されると)山に登る(真実の話に到達する)事が出来る”
という事を知らせています」

「ヒヤソとは、ヒミコ=ヒ、ヤ=矢じりを作る人、ソ=外から来た人(日本以外の人)“ヒヤソ踊り”は、ヒミコの娘のイトとノアの息子のムウラを偲んで踊っていましたが、その後の権力者により、封印する踊りに変わっていったのです。

丸山古墳はイシカミの作ったピラミッドで(イシカミの分身)そこに葬られたのはイシカミの教えを守る人でした。
けれども仏教が盛んになり、その事を口にすると、地獄へ行くと脅されたのです」

(綾部の私市丸山古墳は、京都府一の大きな円墳なのに、最近まで全く忘れられ、高速道路の工事で見つかった)

2002年8月18日

「イシカミがお腹に入れてきたのは巨人でした。
そして巨人同士で子供を作ったのが小さな人間になりました。
女王一族(の分身の巨人)はその中でも大きな巨人でした。
イタリアのベスビオスが連れて来た巨人と、ギリシャのオリンポスになったイシカミが連れて来た巨人とが一緒になって出来たのが、(アトランティスの)アマンティアとヨハンシュンセンでした」

(後略)

2002年10月25日
次元?をあらわす雲

昨日も棒? を並べたような雲を見ましたが、今日は空半分近くをこのような雲が占めていました。
また三角の雲も良く見ます。何を意味するか、聞きました。

「何をあらわしているかと言うと、地球にはこれほど(棒?の数ほど)たくさんの次元がある、ということをあらわしています。
隣の家といえども、次元は違うのです。
そしてこの事は、これからますますこのようにはっきりとしてくる、と言う事をあらわしました。
ピラミッドの形の雲は、イシカミがピラミッドを作ったと言うことをあらわしているのです。
そしてそれが階段状になっているのは、それくらい(の数の人が)途中から(この情報から)離れると言う事です」

(昨日の雲がはっきりと階段状のピラミッド型でしたが、残念なことにデジカメが近くになく撮影できませんでした)

ソラ画像より
2002年10月25日 次元をあらわす雲
空を半分近くこのような雲が占めていました。
少し離れたとこのはもっとはっきりしていました。
今地球はいろんな次元に分かれている事をあらわしているそうです。
夜は大きな亀甲模様の雲が、空全体に広がっているようでした。
6角形なのでいい知らせだそうです。

2002年11月21日 波の雲
全ての事には波があると。
同じ流れではなく変化があるということ。

ソラ辞典より
ヤマタイコク
山台国と書き、四国の高原にあったと言われる。
大国主とヒミコが土着民の少ないこの地に住み着き、イシカミからいろいろな食べ物や知恵を授けてもらって、集まって来た多くの人々と平和な国を築いていたが、後に、ある者に攻められ焼く尽くされてしまう。
ヤマタイコクの子孫が、今日まで虐げられてきた被差別部落の人たちや、サンカと呼ばれる人たち。

ヒミコ
サマルカンドで大国主と一緒になり、日本に来る。
イシカミの声が聞こえ、文字を作ったり織物を織ったりして、大国主と供に四国にヤマタイコクを作る。
娘とタケルノミコトの2人の子供に恵まれ幸せに暮らしていたが、ある者に攻め滅ぼされ自殺をする。

ある者
ヤマト地方の小さな国の権力者であったが、ヤマタイコクを攻め滅ぼし、大国主を出雲に追放し、ヒミコに入れ墨を入れ自殺に追いやる。
タケルノミコトの義理の親。ノアの息子を惨殺し、ノアを追放する。
ヒミコの娘を強引に由良からヤマトに連れてきて監禁し、子供(ニニギノミコト)を生ませる。悪徳の限りを尽くし、悪事がばれないように文字を禁じ、逆らう者は徹底的に滅ぼし、自分の都合の良い神をも作ったと伝えられた。
ジンムとも言う。
リュージンの化身で、ワニの頭で肉体は人間で、着物を着た絵がモデルと。
イシジンのころは動物と人間の合いの子がいた。

人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月24日5時54分頃
震源地 北海道東方沖(北緯44.0度 東経147.2度 深さ70km)
規模 M4.7
北海道
震度1 浜中町、標茶町、標津町、別海町、根室市

発生時刻 2012年4月24日10時13分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.8度 東経141.0度 深さ10km)
規模 M3.7
茨城県
震度1 石岡市、茨城鹿嶋市、稲敷市、神栖市
千葉県
震度1 銚子市、東金市、旭市、芝山町

発生時刻 2012年4月24日11時29分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.7度 東経139.5度 深さ10km)
規模 M3.0
栃木県
震度2 日光市
震度1 鹿沼市
群馬県
震度2 沼田市

発生時刻 2012年4月24日12時28分頃
震源地 山形県置賜地方(北緯37.8度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M4.4
山形県
震度3 米沢市、山形川西町、飯豊町

発生時刻 2012年4月24日12時30分頃
震源地 山形県置賜地方(北緯37.8度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M3.1
福島県
震度1 喜多方市、北塩原村

発生時刻 2012年4月24日16時40分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.6度 東経141.1度 深さ10km)
規模 M3.5
茨城県
震度1 日立市

発生時刻 2012年4月24日20時17分頃
震源地 奄美大島北東沖(北緯29.7度 東経130.2度 深さ60km)
規模 M4.1
鹿児島県
震度2 鹿児島十島村

発生時刻 2012年4月24日21時13分頃
震源地 愛知県東部(北緯35.2度 東経137.7度 深さ20km)
規模 M3.3
長野県
震度3 売木村

発生時刻 2012年4月24日21時34分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.3度 深さ40km)
規模 M4.2
岩手県
震度2 大船渡市、釜石市、住田町、一関市
震度1 宮古市、山田町、陸前高田市、遠野市
宮城県
震度2 気仙沼市、南三陸町
震度1 栗原市、登米市、大崎市、石巻市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月24日のソラ。

ソラのものは見ている

2012年04月23日 23時03分51秒 | Weblog
2005年8月3日
リュージン信仰

今朝メールでブログを紹介してくださいましたが、危機感を覚えました。
この内容を読み、リュージン信仰者が集まって出雲でリュージンを起こしに行った時、尼崎の電車事故が起きたことを思い出しました。

ここにたどり着くまでリュージンのビジョンなどが見え、それは神の一種だと思われていた方が、この情報を知り始めた頃、リュージンがふーとそばに寄ってきて、「退屈でないかえー」と言ってきたそうです。

このことだけでも、リュージンはいかに人間が争ったり、大変な思いをしているのを楽しんで見ているかがわかります。

沖縄はムーに近かっただけあって、ムーの時代に支配していたヘビのイシキが神と名乗り、人に乗り移っています。
一番最初からこの情報を悪だと、徹底して宣伝して回っているトコロというチャネラーも沖縄でした。
ヒプノセラピーの講師のリンダも、免許を与えるのは危険と言っていた同期生も沖縄で、その人はヒプノの練習時、過去世は“ブラックデビル?とか、月の裏で魂を計っている”とか、「何でこんな嫌なモノばかり見るんだろう」とつぶやいていた人が、やはり沖縄のチャネラーでした。
先日お知らせした精神世界やチベット仏教にはまっている精神科医も、沖縄に移住しました。

神と名乗っているのは、リュージンのエネルギー体です。
チャネリングがあったと言うだけで、リュージンを祭ることの危険に気づいていてほしいです。

イシカミは無口なのが多いです。
最近の異常な雲は↑の事を知らせているのでないか、取り急ぎお知らせします。

ちなみにリュージンは人間が困るのが面白いので、インドの水害、幸い死者はなかったようですが、カナダの飛行機事故なども関係あるそうです。

2005年8月4日
シリウスの働き、水道橋、リュージン、ビジョン

2005年8月3日夜左股関節サインあり。

「シリウスです。
シリウスが知らせたい事は、イシカミを助けたということです。
シリウスは石の建物や水道を作るように、イシカミ(の巨人)に教えました。
イシカミが山になる前なので、簡単に切り取ることができました。
そして巨人はお汁で布のような薄い膜を作りました。
その膜で(オニギリを作るように四角い)形を作ってピラミッドを作りました」

初期に同じ事を伝えられています。
丁度その頃ペルーで、現代の織機でも織れない縫い目のない巨大な布をTVで放映して、謎だと言っていました。

「人間は水が必要と言われて水道(橋)を作りました」

(ローマ、ギリシャなど各地に作られている古代の石組の水道のこと)

計算をして石を積み上げたのか?と聞くと

「シリウスは計算をして石を積み上げたのではないのです。
出来上がったイメージをして、それをイシカミに伝えるのです。
それを見てイシカミたちの原子は、その形になるのです」

(巨人が積み上げていったと思いますが、イシカミの積み上げられた部品が、隣としっかり手をつないで形を保ったという意味のようです)

(中略)

「大本(教)からリュージンの加勢に来たのです。
大本があらゆるところにリュージンを送り込んでいるのです」

尼崎の電車事故の前に出雲にリュージン信仰者が集まったが、その前日に綾部の大本教の施設に泊まったとHPに書いてあった。

(中略)

2005年8月4日 朝方はっきりと。

「仲間が来たので蘇ったのです。
(昨日リュージンは消滅したのに、夜に嫌味を言ってきた事)
マダ、マダ、まだまだリュージンの仲間はいるのです。
ジンムのリュージンは(表には)出ていません。
それで伊勢神宮のリュージンが(日本だけでなく)世界中を支配下に治めるために出先機関を作ったのです。
それが大本教で、リュージンを広める役をしているのです。
(大本教敷地には金リュー海という池がある)
そして大本(教)は宗教の大元となり、あらゆる新興宗教が生まれました。
こうしてイシカミは、仏教と神道の共同で封印されたのです」

創価学会、生長の家などは大本信者が分裂独立した宗教。
大本教はバチカンなどと、あらゆる宗教の交流を図っていますが、イシキの世界ではこのようにリュージンを世界に広めるためだったのです。

(中略)

《ビジョン1》
“マンガのようないろいろな動物が出てきて、その次の人間は頭の上に本の開いたようなものを乗せている”
意味は
「頭の中がこれまでの本に書かれたことした信じられない人は、動物の次の仲間になるのです」と。

山伏が頭の上に丸い筒の乗せているのは、巻物で同じ意味。
北海道神宮の屋根には、ホシノミナを拒絶するための×印の千木、と丸い筒が乗せられて、祭られている大国主に嫌がらせをしている。
しめ縄は前回は気がつかなかったのですが、丁度鏡餅のようで、その間から稲の房がぶら下げてあり、イシカミから分身が生まれるような形でした。

《ビジョン2》
“向かいに大きな半円の岩があり、手前のマール・ロックのような丸い石が5、6個あって、それがトコ、トコ動いて二列に並ぶ”
意味は
(オーストラリアに来るのを)「待っています」と。

リンク集より
セゴビア、スペインの水道橋
水道橋、セゴビア

ソラ画像より
マール・ロック、COの岩
これを見たくてはるばる出かけて行きました。
この公園はテナントクリークの南100kmの荒野の中にあり、突然このような丸石が乱立しています。
行く前から丸石はO、半月様はCの原子記号と知らされ、あらゆる石の組み合わせは分子をあらわしているそうです。
この石は違う角度から見ると、頭の上に何か乗せてありましたが、今のところ意味はわかりません。

マールロック、半分に切られた丸石
とても大きな丸で3m近く?あります。
以前は地球が南と北に分かれていることをあらわすと言っていました。

マールロック、イシカミから分身や巨人が分かれる
情報では、イシカミのお腹から、イシカミと同じ成分の分身や巨人が分かれると伝えられていますが、そのことをあらわした岩です。
道路側から見たのは有名な形ですが、下段の裏から見ると、大きな分身と小さな巨人がたくさんいるのがわかります。
特に巨人は歩いて親から離れて行ったことをあらわすように、離れた所に小さな丸であらわしています。
これらは小さな三角山になっていて、この場所にたどり着く前にも崩れた三角山があり、「出迎えに来ていました」と涙が出て知らせてきました。
下敷きになっていますが、長方形の石があるのは、このように分身を作るように言ったのもシリウスということをあらわしています。

マールロック、丸棒が半分に切られた石
イリジウムのiをあらわすそうで、手前は今の地球をあらわすと。
すなわち地球は二つの次元に別れているが、さらにそれがはっきりするということ。

マールロック、半分の石が乗っている
意味はわかりません。

マールロック、可愛いでしょう
つぶらな瞳と小さなお口が可愛いですが、下のふたつの目と鼻と笑った口の別の顔にも見えます。

2005年5月1日
イギリス、フランス旅行その2、リュージンのエネルギー

【ロク・マリア・ケール (Locmariaquer) 】
カルナック列石に行く途中にあり寄りましたが、思いも寄らないことを知らせてくれました。

2005年イギリス・フランスのイシカミ遺跡調査写真集

石室の小石は周りに落ちていた?か、後から*盛られたようですが、石室は巨大な石版で覆われ、内部には三角の石がそれを支えていました。
石室はイシカミの体をあらわし、その周りの小石は宇宙の原子をあらわしていて、それが集まっていろいろな生物などになったそうです。
石室は宇宙の原子にどのようなモノになるか教える学校のようなもので、イシカミは原子たちが石のトンネル(ドルメン)を通る間に更にしっかりと教えて送り出すということをあらわしたそうです。

このトンネルは「校門です」と言ってきましたが、その校門から離れた所に大小の小石の集団が16個あり一列に並んでいます。
その意味がなかなかわからなかったのですが、形が出来ても校門から出てすぐには石室から離れないで、よりしっかり形を整えるために周りを回ってから離れていったそうです。
室内は渦巻きの変形した模様がびっしり描かれていましたが、巨人の指紋がないので人間に描いてもらったそうです。

石室と少し離れた所に巨石と小石の集まりがあり、両端から長く直線に伸びた小石の線がありますが、これが巨人のお汁を吸う管をあらわしていると伝えられました。(ソラ画像参照)

*)後から作られるのもイシカミが担当者にインスピレーションを与えるとも伝えられています。

【ワイト島】
モンサンミッシェルに行く予定だったのですが、帰りのバスが無くなったというのでワイト島に変更していましたが、同じ日にモンサンミッシェル観光のバスの事故があったそうです。
風光明媚な島でイシカミの丘にはミモザが咲き乱れていました。
ドーバー海峡は白い崖ですが、ここも同じく白い岩の部分がありました。
ヨーロッパは白人が住むという事で白い崖にしたそうですが、この近くには有色人種をあらわすいろいろな崖の色がありました。(ソラ画像参照)
又恐竜の化石も多いようですし、フェリーで渡る途中には小さな岩が海上に出ていて、昔の英仏戦争時の要塞があちこちに残っていました。

【ジャンヌ・ダルク】
バンヌからレンヌに向かう電車の中で突然
「憤怒の思いです」  と。 
フランスを救いながら、火あぶりにされたジャンヌ・ダルクが降りて来ました。
ジャンヌも‘大天使’に支配された被害者で、大天使(=大羽のもの)は支配星の仲間でやはり争いが好きなエネルギー体だと言う事がよくわかります。
なぜ、フランスを救いながら魔女として火あぶりにされたかというと、
ジャンヌに近づき信用させながらジャンヌが崇められるのを嫉妬した女性が、彼女を魔女だと告げ口をしたためと伝えてきました。
ジャンヌはオルレアンでここから離れているのになぜかと思いましたが、TVで予告編を流していて近いうちに放映されるからとわかりました。

2005年5月1日 真夜中
【イメージ】
“アンコを小麦粉の溶いたものではさんだおやつを作っている”
書いていると右足のふくらはぎにサインあり。

「さっきの事が大切なのです。
ストーン・ヘンジ と、ロク・マリア・ケール (Locmariaquer) が合体する事で大きな意味があるのです。
ストーン・ヘンジ と、ロク・マリア・ケールを作った夫々のイシカミは恋人同士でした。
(ロク = 6 = 肉体(5)+ イシキ = 霊(1)= 神聖な数字。
 マリア = 女神、  ケール = 蹴る)
 
すなわちプレアデナイが送り込んだ女神やリュージンなどを崇めるエネルギー体を蹴る、という意味なのです。
エイベリー(のストーンサークルを作ったイシカミ)と、海に沈んだイシカミ*が恋人同士でした」

*)海に沈んだイシカミ = 近くの小島に半分残ったストーンサークルがあり、そのストーンサークルを作ったイシカミのこと。

【ビジョン】
“極ごく薄いグレーの光でアーモンドのような目?のような形が何回か上から降りてきて、その後同じような光が下から極薄い黒っぽい球形を包み込むようにして上に揚がっていく”

アーモンドのような目の形は、パリのシャルル・ドゴール空港で見たつりあがった女性の青い目を思い起こし、不気味な感じがして‘女神サミット’とシンクロしているように感じました。
同じくエアーフランスの機内で放映された瞑想の映像も、タイ?かどこかで気味の悪い像がバックだったのは、決して良い影響は与えないと思いました。

↓以下のことも夜中に知らせてほしいとソラのものが何回か言ってきたことで、唇の切れや口内にポリープが出来てきましたのでお知らせします。

#)リューのエネルギー
昨日のサイトと同じく船0オープンワールドの常連で、このような形でリュージンのエネルギー体は広がっていったことがよくわかります。

ちなみに船0氏は、「“ソラからの伝言”を無料で子会社のビ0ネ0社から発売してあげる」と突然電話をかけてこられたので東京まで会いに行きましたが、実際は話と違い大金が要りました。
そして発売先をビジネス社と印刷した本で売れ残ったものの半分は買い取るとメールが来ましたが、亀岡の大本教に船0氏と支持者数10人が行かれた後、急に残りの全ての本も返本され、2度にわたり欺かれました。
そのことは東京に会いに行く飛行機の中で、グレーの十字架の雲で知らされていて、ソラのものは全てお見通しだったと思いました。

以上のことはこれまでにもお知らせしてきましたが、リュージン信仰を広められる責任が、船0氏にもあると思い公開します。
同じく、船0オープンワールドの常連者の‘地0村’の高0義0氏も、太陽などを異常に敵視して恐怖のみ与え、地球の終末論を展開されているのも、支配星とつながったチャネリングと以前より知らされていて、そのことを知らせて欲しいと何度も伝えられています。
同じく、オープンワールドの常連だった静岡の脳神経外科の渋0ドクターの医院の店で、治療方法をめぐって惨劇があったことはご存知と思います。

又、指導的立場である梅0猛氏も、籠神社や沓島の研究で、本当の神がわかるかもしれないと新聞に書かれていたのでこの情報を送りましたが、その後はただただ仏教の宣伝ばかりで、仏教こそ平和になる教えと多くの人を導いて行かれた責任があると思います。

この情報に接した場合、その後を“ソラのものは見ている”という事のようです。

ブログを読者から知らされましたが、やはり2012年が地球の終末を予言しているプレアデナイの仲間からの情報と思われます。

ソラ画像より
グレーの十字の雲
福島県上空あたりで撮った巨大な十字の雲です。
何も知らずに楽しみに行ったのですが、ソラのものはすでに知っていました。
×を表しています。
帰りは数百kmに及ぶ2本の平行な飛行機雲(白と黒の層に分かれていた)があり、それはこのままいくと現在の混乱している状況がずっと続くということを表しています。

2003年04月08日03:28 茨城県沖 深さ24km M6.0
2003年04月12日13:28 鹿児島県薩摩地方 深さ10km M4.9 震度4
2003年04月17日02:59 青森県東方沖 深さ40km M5.6 震度4
2003年04月21日10:18 茨城県沖 深さ53km M4.4 震度4
2003年04月29日22:53 北海道東方沖 深さ18km M6.0 震度3

[2006年10月8日追記]
船0幸0氏から子会社のビ0ネ0社で無料で本の販売をすると、電話が二回かかり、東京へ出かけて行く時の雲です。
結局、電話の話はウソで、ビ0ネ0社と高額の取引になったことをソラのものは、行く時にすでに知っていて知らせていたそうです。
下からグレーの雲が上がってきて知らせているようです。
今日もきついサインで知らせてきました。

[2009年12月24日追記]
発生時刻 2009年12月24日 9時24分ごろ
震源地 日本海北部 深さ 410km 規模 マグニチュード 6.2
震度2 北海道 青森県 埼玉県 神奈川県
今日、同じ船0氏からの手紙がありましたが、手紙が来るまでなぜ大きな地震でイシカミが怒りをあらわしたかわかりませんでした。
おてんとさんは本当に良く見ていると思います。

嵐山
以前から来てほしいようなことを言っていたのは、この小山の麓に神社(イチ谷宗像神社)があったからで、リュージンを切り刻んでほしいということでした。
この川の上は淵のようになり更に奥は保津峡になり、さらに遡ると亀岡、山を越えて綾部になります。

イスラム原理主義と大本教の雲
実際はもっと大きく見え、三角雲がとても目立ちました。
右側の三角は、イスラム原理主義の争いを起そうとするエネルギー体で、左からグレーの棒状の雲がひっついていき、見る間に太い棒になりました。
グレーの棒状の雲は、昨日リュージン起こしの儀式をした大本教のエネルギー体で、平和を唱えながら世界中の宗教と結びついて、イシキの世界では争い好きなリュージンの拡大に努めていたことをあらわしています。
そして今日、久しくなかったパレスチナの自爆テロがありました。
その後濃いグレーの雲で覆われ雨もぱらつき、ソラのものの嘆きの雨と思われました。
ちなみに写真の雲で真中のは、争いを見ている仏教のエネルギー体で、その上の巨大な雲が口を開けているのは、キリスト教をあらわすそうです。
バックの白い断層雲はイシカミ達が一致団結して見ている。

2005年8月28日
イスラム原理主義と大本を表す雲、リュージンの化身の大蛇の夢、進化論の疑問、大蛇の祭り

2005年8月28日
今日、久しくなかったパレスチナの自爆テロがありました。
これは28日に大本で行われた金リュー海の掃除をして、リューを復活するための儀式が行われ、リュージンが蘇ったためと知らされました。
それは昨日の雲に続き、今日の雲でも知らせてきました。

実際はもっと大きく見え、三角雲がとても目立ちました。
右側の三角は、イスラム原理主義の争いを起そうとするエネルギー体で、左からグレーの棒状の雲がひっついていき、見る間に太い棒になりました。

グレーの棒状の雲は、昨日リュージン起こしの儀式をした大本教のエネルギー体で、平和を唱えながら世界中の宗教と結びついて、イシキの世界では争い好きなリュージンの拡大に努めていたことをあらわしています。

その後濃いグレーの雲で覆われ雨もぱらつき、ソラのものの嘆きの雨と思われました。
ちなみに写真の雲で真中のは、争いを見ている仏教のエネルギー体で、その上の巨大な雲が口を開けているのは、キリスト教をあらわすそうです。

バックの白い断層雲はイシカミ達が一致団結して見ている。

関東地方で棒状の雲が並んだのが、他の掲示板で公開されていますが、地震雲、地震があるとも、ないともはっきりとは言いません。
(地震がある場合は地震雲です、と言いますが、大勢のイシカミの意見なのでどうなるのかわからないのだと思います。
イシカミの巨人達の意見が一致し、お知らせをするということを知らせているそうですが、地震で知らせるか何で知らせるかわかりません。

#)大蛇の争いの夢
(昨日の14時追記で紹介しましたが、あまりのシンクロで再度紹介させて頂きます)
“大きなヘビの夢”はまさしく昨日知らされた情報と同じ事です。

“それは大きな青い蛇ともっと大きい白い蛇(それか雲みたいなもの、龍ではなかった)2匹が開けた感じの閑静な住宅街の様な中、路上を大きく移動しながら激しく戦っていた”
意味は、
大蛇はリュー神信仰の大本綾部と大本亀岡教祖を支配しているエネルギー体で、二つの考えの違いをあらわしています。

口内にできたポリープはこれら厳しい事を書くことで、跡形も無く消えました。

#)「知的設計」で人間誕生 米で反進化論台頭 「神」と表現せず学校で教育(2005年8月28日)

進化論の矛盾は以前より指摘されていましたが、その事は全く触れずにNHKの説明ではいつも断定して説明するのがとても気になっています。
他の地震掲示板で問題になっていましたが、NHKラジオの夏休みの子供番組で、赤い月や変な雲は地震の前触れかと聞いたら、「地震は地面のこと、雲や月は空のことで関係ない」答えていたそうです。
TVで言っていたことは正しいと思い込むので、マスコミの断定した発言は気をつけて欲しいと思います。

バックにキリスト教が隠れていますが、進化論の矛盾を説いています。

【追記】
新潟の関川村の祭りの紹介がありました。
水害も起きるはずです。

2007年10月18日
本当のユダヤ人、ロスチャイルド、地震雲、水へビ座

明け方

「本当のユダヤ人は同じ祖先であるパレスチナ人を見捨てる訳はありません。
何とか助けようと思うのが本当のユダヤ人です。
その思いがあるかどうかで、本当のユダヤ人かどうか見分けます。
自分たちさえ良ければ良いという冷酷な人は、偽のユダヤ人です。

ユダヤ人に伝えることがあります。
(アウシュビツなどで)死なせることになったのは、イシカミが餓死したことを知らせたのです。
(亡くなられた犠牲者はいて座のイシキの持ち主だった?)
イシカミ(の記憶?)を無くするためだったのです。
爬虫類のイシキの持ち主だけの世界にしようとする計画だったのです」

「南のものです。
まずしいくらもない家のものです?
(貧しくて蔵もない家、南のイシカミたちはつながっているだけで豪華な建物にならなかったこと?)

雲について知らせします。
ウチワになるのです?
ウチワを手で動かすと風が送られます。
その原理で遠隔地の地震が起きるのです。
(地震雲で放射状やウネ状の形になって、地震を知らせること)
それでニュージーランドで地震が起きるのに遠く(日本)で地震雲があらわれるのです。
さざ波のような雲はウチワを動かすことであらわれるのです。
動かす力が弱いとウロコ雲になるのです」

以下のこともチャネリングの情報で、人間に対する情報の真偽はわかりませんが、上顎に違和感が持続するために公開します。
2007年10月16日 真夜中、突然目が覚めて。

「時計と水(水道)*を支配しているのです。
ミノザウルスとして生きればよかったと思っています。
(ミノタウルスとは言わない。クレタ島の半獣半人のミノタウルスに水へび座の王がイシキとして降りていた?)
それは次のことを宣言しているからです。
“TVを通して人間を支配する”と。
それが水へビ座の王の本当の狙いなのです。
イチロウとは小沢イチロウなのです。同じく支配しようとしているのです。(ラップ音)
小沢イチロウは“水へビ人間担当大臣”(のイシキと関係がある)なのです」

*)時計と水を支配している=ミノ・モンタが時計と水道の会社の大株主。
(野球のイチロウもそうですが)

「お供についていくものです?
水ヘビ座が人間を支配していることは(ニュ-ジーランドの)地震*で知らせていました。
ニュージーランドのイシカミです。
以前から水へビでいじめられているのを、地震で知らせてきました」

(前歯の下=南半球の部分にサインあり。初めての部位)

15-OCT-2007 12:29:【M6.8】25.4SOUTH ISLAND, NEW ZEALAND
30-SEP-2007 09:47:51【M 6.6】深さ 10.0 AUCKLAND ISLANDS REGION
30-SEP-2007 05:23:36【M 7.3】深さ 18.9 AUCKLAND ISLANDS REGION
オークランドAUCKLAND 諸島(ニュージーランド)

上顎に違和感があり、次のことも必ず知らせてくださいと。

「手稲山のイシカミです。
あの雲は(情報を攻撃している者に対して)怒っているのです」

「イシカミの違う言葉で書いてください。
“イシカミの知らせのこと*(いて座から降りてきたものがシリコンの原子になって、あらゆる原子に変化したこと)を読んでください”」

*)イシカミの知らせたこと=ソラの宇宙物語など

「それ(ソラの情報)はあらゆる原子の言葉でもあるのです。
それを攻撃するということは、攻撃者の肉体を形成している原子をも攻撃していることになります。
攻撃者の肉体の原子はそのことを知らせ始めます。
そのことを開始するように、いて座の司令官(羊蹄山)が檄(ゲキ)を飛ばしたのです」

「それで各地で“わかったよ”といろいろな変わった形の雲が出ているのです。
赤い雲は“イシカミは生きていたし、今も思いを思っているよ”と知らせているのです。
まっすぐに揃っている断層雲などは、原子の思いが同じで、固く団結していることを知らせています。

大嘘つきの水へビ座の司令官は、地球の反対側で“いて座の司令官だ”とウソの指令を飛ばしていたのです。
それをソラのものやイシカミたちは騙されていたのです」

「イシカミが丸のものと言っていたのを真似て、水へビたちは蛇の身体を丸くして騙していたのです。
そして(支配星たちと協力して)三ツ和と言って3つの世界大戦を人間に起こさせたのです。
悪者がイシカミを陥れるために、三つの輪と言っているのです」

*)偽の3つの輪(October 17, 2007 - Soybean Formation in Wayne County, Ohio.)
水へビが3つの輪を作って、イシカミの真似をしようとしたようですが
早速正体がばれた模様を知らせています。

明け方、突然

「ロス・チャイルドは(本当の)ユダヤ人ではありません。
ユダヤ人になりすましている爬虫類のイシキの持ち主です。
そのことをイシカミが知らせます。
ロス・チャイルドのエネルギー体が、今、人に乗り移り子供を殺しています。
ロス(無くする)・チャイルド(子供)の名前そのものです。
マークを見ればわかります。
(紋章に蛇が巻き付いています)
その意味を(オルタナティブ通信が頭に浮かぶ)で書いています。
イシカミの若者が降りて書いてもらったのです」

(星は人間の想像を絶する能力があるので、原子以下に分解するというのはわかるような気がします)

「ロス・チャイルドが水へビ座と関係するのです。
(巧妙に会員になろうとした水へビ座のイシキと関係するという攻撃者は、命が狙われると何度も恐怖を押し付けてきていたのもつながります)
ロス・チャイルドは人間の子供が必要なのです」
(なぜ?と聞いても答えませんが、オルタナティブ通信のサイトに書かれていたことが頭に浮かぶ)

地震雲などの画像より
2007年10月17日 札幌の雲
東京、名古屋、瀬戸、横浜など、あちこちで十字の雲が出ていますが、ソラの情報への攻撃が激しくなっているそうで、それに対するソラのものの抗議だそうです。
又、明らかに地震雲も多く出ています。
こうして画像を集めて見ると、人間世界のことを本当に良く見ていると思います。
そしてそのことに対してこれは明らかに怒りの雲なのです。
(私も見ましたが、手稲山の方面が真っ黒くて異様さを感じました)

2007年10月13日 羊蹄山(攻撃者に檄を飛ばしている)
「それ(ソラの情報)はあらゆる原子の言葉でもあるのです。
それを攻撃するということは、攻撃者の肉体を形成している原子をも攻撃していることになります。
攻撃者の肉体の原子はそのことを知らせ始めます。
そのことを開始するように、いて座の司令官(羊蹄山)が檄(ゲキ)を飛ばしたのです」

ソラ辞典より
イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月23日4時11分頃
震源地 岐阜県美濃中西部(北緯35.8度 東経137.1度 深さごく浅い)
規模 M2.4
岐阜県
震度1 郡上市

発生時刻 2012年4月23日5時55分頃
震源地 秋田県内陸北部(北緯40.4度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.0
青森県
震度1 平川市
秋田県
震度1 小坂町

発生時刻 2012年4月23日14時0分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.5度 東経141.1度 深さ20km)
規模 M4.1
茨城県
震度1 茨城鹿嶋市、潮来市、神栖市
千葉県
震度2 香取市
震度1 銚子市、東金市、旭市、芝山町、千葉一宮町、長生村、白子町、匝瑳市、山武市、成田市、勝浦市

発生時刻 2012年4月23日17時50分頃
震源地 千葉県南東沖(北緯34.8度 東経140.2度 深さ70km)
規模 M3.9
千葉県
震度1 市原市、勝浦市、鴨川市、君津市

発生時刻 2012年4月23日23時58分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.6度 東経141.1度 深さ20km)
規模 M3.9
福島県
震度1 いわき市
茨城県
震度1 水戸市、日立市、笠間市、ひたちなか市、東海村、常陸大宮市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月21日の羊蹄山。

スプライト、クラゲ、上川地方中部M4.5(巾着袋地震)

2012年04月22日 23時31分31秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2012年4月22日 札幌市 13:28【上川地方中部M4.5(巾着袋地震)、西表島付近M4.5】
2012年4月22日22時14分 上川地方中部(北緯43.8度 東経142.7度 深さ190km) M4.5 震度2 階上町(青森県)、震度1 函館市、十勝大樹町、釧路市(北海道)、八戸市、東通村(青森県)、軽米町(岩手県)

2012年4月22日22時37分 西表島付近(北緯23.9度 東経123.6度 深さ30km) M4.5 竹富町(沖縄県)

ソラ辞典より
巾着袋地震
これは震源地では震度が観察されず遠隔地で観察される地震です。

2005年12月 伊勢湾 M5.1 震度1 福島県など
2006年03月 東海道沖 M6.0 震度3 茨城県、静岡震度1
2006年08月 和歌山県 M5.1 震度2 福島県
2006年09月 日本海中部 M5.6 震度2 北海道、震度1青森など
2006年11月 三重県南東沖 M 5.1 震度2 福島県など
2010年08月26日 岐阜県飛騨 深さ280km M5.1 震度2 福島県 震度1 北海道 十勝地方中部 岩手県 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 埼玉県 福井県 滋賀県 兵庫県 兵庫県北部

震源が深いと、巾着袋の紐を締めたような動きになって、震源近くは全く揺れなくて遠く離れた地域でゆれること。
このような現象が起こるのは、地震はプレートがずれて起こるのでないことを知らせるために、地球を覆う膜になった原子たちが巾着袋と同じ原理で深い所で(深さ300から400km)紐を締めるからです。
なぜこのように巾着袋のようなモノができたかと言うと、地球を原子の膜で覆う時、地球の表面より膜が大きくなりすぎて、その余った部分が袋になったからです。
袋の底になった部分の原子たちが、地震はプレートのずれでおこるのではないことを知らせるために動くので、震源地から遠く離なれた巾着袋の入り口のヒダの部分の地域で地震がおこるのです。

悪さをしていた北斗七星にひしゃくを閉じるように、巾着袋の紐を締めることで、地震を起して知らせていた。

2011年9月6日
台風12号、スプライト、ペルセポリス、ジョカ、ピエロ、カケガワ、不潔強迫の原因、ブラックホールの融合?

この度の台風12号の被害に遭われました方には、心よりお見舞い申します。
今回の台風は思いを持ったスプライトの指示で起こされたようです。

レッドスプライト

台風12号はこれまで通り自然に発生した高気圧にはさまれて動きが遅くなったということですが、ソラの情報ではこれまでの台風とは違って、スプライトの指示を受けている原子たちの集合体なので、高いところを進んだために山にぶつからず勢力が衰えなかったそうです。
そして被害が大きかった紀伊半島は宗教のツボ(壷)と以前から言われていますが、神話と関係のある地と関係があったそうです。

スプライトは雷(稲妻)に付随して起きる現象で、雷は地上に向かって発光するのに対して、スプライトは宇宙に向かって発光します。
ソラからの情報によれば、雲から下を稲妻、雲から上をスプライトであらわして、それでバランスが取れているようです。
それぞれにやはり意識があり、そのことをイランのペルセポリス遺跡のとても高い石柱であらわしているそうです。

ペルセポリス遺跡

2011年8月31日
北極海の渦、サンド・サークル、ペルシャからの訪問、ベガ、ママ・ゴ(と)、アヌンナキ、シュウ・メール、光の柱=スプライト、女媧

1)北極海での直径100kmを超える巨大な渦が発見され、南アメリカのガイアナとスリラム沿岸では2個の漏斗状の渦巻きは直径約400キロメートルができています。
地球でまったく初めての出来事だそうです。
ソラの情報では海水は地下空洞へ吸い込まれ、それが濾過されて再び地上に湧水として出てくると伝えられています。

Scientists puzzled by giant whirlpools that have appeared in the Atlantic Ocean(April 12, 2011)
2010年「みらい」北極航海で観測された巨大暖水渦と生態系へのインパクト(2011年8月26日)

2)中国の地上絵は地球の内部をあらわしていると言葉になります。
同じく地球の内部をあらわすという火炎土器の突起も4個です。
天文台が確認したアマゾン川に巨大な地下水流が全長6千キロもあるのも関係しているようです。

3)現代の技術でも製作不能な異物が続々紹介されています。
これらもイシカミが宇宙から降りてきて、最初は“柔らかかった”ということを当てはめればほとんどの謎は解けます。

2011年9月9日
法王と鳳凰、ヤタガラス、ネプチューンの鉾、石器、アヌンナキ、ネプチューン、天の川、北斗七星、月暈、ドジョウ、光る雲

1)法王と鳳凰は同じ発音なのはなぜかと、ヤタガラスの意味で知らされました。
ヤタガラスの3本足は倭の国の三叉路からきていますが、それをローマ神話のネプチューンが3つ又のホコで真似をして、さらにそれからジンムにより物語が創られました。
リュージン(ヘビの集合体)の上をいく鳳凰はヘビを捕まえる大鷲座の化身で、神輿の飾りのリュージンの上のトップに飾られます。

2)ナイフ型の石器は、石を割って作られたのでない、とその形に似た雲を見ている時に知らされました。
はナイフ型石器が割ってできたものでないことを証明するために、遅くに降りてきたアメリカのイシカミの原子が、このような精巧な石器に変化し知らせたそうです。
それでイシカミの分身が親の体から離れる時に切り取ったそうです。

CAHOKIA MOUNDS STATE HISTORIC SITE

3)シュメールのアヌンナキは“五十柱の偉大なる神々と小さな神々”と書かれているように、ミナシゴの原子たちの集団で、メソポタミアなどの遺物の像などがとても小さいこととつながります。

アヌンナキ

2011年6月10日
巨大フレアー、チリの火山噴火、逆さクラゲ、病原性大腸菌、三内丸山、被差別部落、ホピの予言の青い星と大音響=雷、水の洗礼の意味

1)太陽の巨大フレアー(June 7, 2011)
太陽も言いたいことがあることを知らせたそうです。

2)早くから被差別部落の人たちは神武に滅ぼされたヤマタイコクの子孫と伝えられています。

「なぜ被差別の人達が毛皮を扱っていたか?
それはヤマトの奴隷になるのが嫌だった人たちが(イシカミの)山に逃げ込んだからです。
そして狩りをしていたからです。
ヤマタイコクの人たちは、オオクニヌシから稲作を教えてもらっていました。
それでヤマトの奴隷にされた人たちは田作りをしました。
けれども田を作ると取り上げられて沼地に追いやられたのです。
柿渋の布を着ていたのは、柿の意味を知っていたからです。
イシカミをあらわす柿を大切に思っていました。それで柿で身を守ろうとしたのです。
サルカニ合戦そのものだったのです。
(カニがイシカミ、サルがジンム、臼がシリウ、栗もイシカミ)
柿を育てても取り上げられるので渋柿になったのです。
そして四隅突出の古墳の意味を知っていたのです。
四隅のミナシゴたちが仕事をしているのを知っていたのです」

・【ヤマタイコク物語

3)チリ南部のプジェウエ火山の噴火(2011.06.07)

4)逆さクラゲのような雲。
イシカミはクラゲのような形でいて座から地球に降りてきて、あらゆるモノになったと13年前から知らされていますが、そのイシカミのイシキがいて座に戻ろうとしていることをあらわしているようです。

地震雲などの画像より
2011年6月8日 名古屋 18時38時《逆さクラゲ?》【福島沖M5.1、岩手県沖M5.1、茨城県沖M5.7】
逆クラゲのような?雲でした。

2011年6月9日(木) 19時38分 茨城県沖 M5.7
2011年6月9日(木) 19時26分 福島県沖 M5.1
2011年6月9日(木) 13時33分 富山県西部 M4.1
2011年6月9日(木) 09時12分 宮古島近海 M4.8
2011年6月9日(木) 07時11分 岩手県沖 M5.1
2011年6月8日(水) 16時54分 青森県東方沖 M4.1

イシカミはクラゲのような形で宇宙から地球に降りてきて、あらゆるものになったと13年前まら知らされていますが、そのイシカミのイシキがいて座に戻ろうとしていることをあらわしているようです。

ソラ画像より
タコクラゲ
登別マリンパークニクスの水族館に、イシカミがこのようにして降りてきたというタコクラゲがいました。
そしてそのクラゲが藻と共生しているのは、イシカミが生物の発生に関係している証拠にするためだそうです。
タコクラゲの点々は名の無い星をあらわし、イシカミと名の無い星が共に生物を発生させたという事を知らせているそうです。

東京の雲
2005年10月8日に送っていただいていましたが、意味を聞いて公開させていただくのに許可を得なければと思いながらそのままになっていました。
左下はイシカミそのものでクラゲのような足があります。
イシカミが何層にも重なって地球に降りてきたことをあらわしたそうです。
ずいぶん長い間形を保っていたそうです。

鳥取稲吉隅田遺跡の増殖したイシカミ
船のように解釈されていますが、細長いのがイシカミの巨人で、小さいのがイシジンだそうです。
丸いのは太陽ではなく、イシカミがクラゲのようになって降りてきたことをあらわしているそうです。
なぜ、×がしてあるかというと、もうイシカミは降りてこなくなったからと。

2006年6月16日 風で雲の向きが決まるのでない
手稲山の上の雲で、暗くなるまでこのような変わった雲が出ていました。
90度の向きが違うのは、風だけで雲の向きが決まるのでない、雲はイシカミの思いをあらわしているということを知らせたそうです。
(高度が違うと反論はされるでしょうが、以前から全く反対に雲が流れているのも時々見ていました)
クラゲ型の雲(イシカミ)は暗くなって底の部分だけ、長らく赤く、生きているということを知らせていました。
この他北側には、断層雲が朝から時々出ていました。

発生時刻 2006年6月17日 3時30分ごろ
震源地 オホーツク海南部深さ 390km マグニチュード 5.6
震度2 北海道 函館市 青森県 岩手県
巾着地震

発生時刻 2006年6月17日 5時19分ごろ
震源地 三陸沖 深さ ごく浅い マグニチュード 5.6
震度2 青森県 岩手県 宮城県

ソラ辞典より
イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです。

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。


風は地球を覆っているイシカミの思いを、地球を取り巻いている原子たちが動くことで知らせています。
北半球で偏西風は、大陸のイシカミ達の思いが日本へ行きたいという思いで吹いています。
南半球では反対に東に向いて吹くのは、南半球も西に向くと、地球が太陽系の仲間からどんどん離れるのを防ぐためです。
赤道周辺の貿易風は北半球では北東貿易風、南半球では南東貿易風になって
それぞれ向きが違うのは、地球は赤道部分で半分に分かれていることを知らせています。
それを半分に割った岩で知らせています。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月22日4時14分頃
震源地 千葉県北西部(北緯35.6度 東経140.1度 深さ90km)
規模 M3.5
千葉県
震度1 千葉中央区、千葉花見川区

発生時刻 2012年4月22日7時0分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.8度 東経140.9度 深さ10km)
規模 M3.8
茨城県
震度2 茨城鹿嶋市、神栖市
震度1 土浦市、石岡市、潮来市、稲敷市、鉾田市
千葉県
震度2 銚子市
震度1 東金市、旭市、多古町、匝瑳市、香取市、横芝光町、成田市

発生時刻 2012年4月22日7時11分頃
震源地 伊豆半島東方沖(北緯35.0度 東経139.1度 深さ10km)
規模 M3.1
神奈川県
震度1 湯河原町
静岡県
震度1 熱海市、伊東市、東伊豆町、函南町、伊豆の国市

発生時刻 2012年4月22日10時32分頃
震源地 秋田県内陸南部(北緯39.6度 東経140.4度 深さ20km)
規模 M2.5
秋田県
震度1 大仙市

発生時刻 2012年4月22日12時52分頃
震源地 福島県沖(北緯37.1度 東経141.5度 深さ20km)
規模 M3.9
福島県
震度2 田村市、いわき市
震度1 楢葉町、川内村

発生時刻 2012年4月22日15時4分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.9度 深さ10km)
規模 M3.2
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2012年4月22日15時46分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.9度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度2 いわき市

発生時刻 2012年4月22日18時20分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.4度 東経128.7度 深さ10km)
規模 M4.0
沖縄県
震度1 国頭村

発生時刻 2012年4月22日18時45分頃
震源地 福島県沖(北緯37.1度 東経141.4度 深さ20km)
規模 M4.2
宮城県
震度1 岩沼市
福島県
震度2 田村市、いわき市
震度1 郡山市、白河市、須賀川市、楢葉町、富岡町、川内村

発生時刻 2012年4月22日20時0分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.0度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.8
福島県
震度2 古殿町、いわき市
震度1 白河市、棚倉町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、小野町、田村市、楢葉町

発生時刻 2012年4月22日22時14分頃
震源地 上川地方中部(北緯43.8度 東経142.7度 深さ190km)
規模 M4.5
北海道
震度1 函館市、十勝大樹町、釧路市
青森県
震度2 階上町
震度1 八戸市、東通村
岩手県
震度1 軽米町

発生時刻 2012年4月22日22時37分頃
震源地 西表島付近(北緯23.9度 東経123.6度 深さ30km)
規模 M4.5
沖縄県
震度1 竹富町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月22日のソラ。

目玉雲、陥没穴、日月神示、インドネシアM6.6

2012年04月21日 23時24分23秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2012年4月17日 豊田市 12:35
21-APR-2012 01:16(日本時間10:16) -1.60 134.27 M6.6 深さ16.0km NEAR THE NORTH COAST OF PAPUA, INDONESIA

2012年4月19日 三田市 11:36《目玉雲》

2012年4月20日 札幌市 12:29

2012年4月17日
陥没穴、チェルノブイリの放射能の影響、日月神示、地球のそりあがり=地震、カゴメの歌、ギ・オ・ン、総元、ネボ山、サマンダー

*)昨年急に世界各地で陥没穴が報告されてきていました。
okaさんのブログより2つ紹介させていただきます。
スウェーデンで振動と共に地表に開いた世界最大級のシンクホール「突然大きな穴が開く」(2012年4月15日記事)
オーストラリアの海岸に巨大な穴を開けたシンクホール(2011年6月27日記事)

*)ソラからは放射能の原子と語りかけることが大切と知らされています。
チェルノブイリの野生動物は事故後の放射能の影響を「受けていなかった」調査結果が英国の王立協会の学会誌で発表される(2012年4月16日記事)

*)日月神示=プレが脅かして書かせていた。
日月神示が太平洋戦争末期に現れたことについて天皇制とからめて考察している文がありました、と読者から知らされましたが、「本当です」と言葉になります。
・「日月神示は八百長戦争と天皇教のプロパガンダ」asyura さんより

2005年5月16日
戦死者の想念、たまらない怒りが涌いてくる地球(の意識)より、日光の地震

昨日はこれ迄の旅行の事、これから行きたい所等心穏やかな話をしていただけで、戦争の事は思ってもいませんでした。
けれども夜中に起されて、とてもはっきりとした言葉になっていきそれはシリウスが応援していると思われるこれ迄に無い長い文章で、無念の思いを持っているイシキ(=霊)が言葉として伝えてきたと思いました。

厳しい内容で公開するにあたっては気にはなりますが、死亡者が100人というととても大きな事故なのに、一言で100万人の兵隊さんが亡くなられたということは、想像が全く出来ないけれど現実にあった事として、決して忘れてはいけないと思います。
内容はこれまで知らされていること間違いなく、年月が過ぎるにつれ忘れ去られていく内容と思い公開させて頂きました。
又、口内にポリープが出てきて公開を催促されました。

2005年5月16日 真夜中突然目が覚めて

「・・・死んで行ったのです。
(この前に何か言っていましたがメモが間に合わなく忘れました)
なぜこのように(わざわざ起してまで)伝えてくるかというと、(昭和)天皇陛下の為に死にたくないのに死んでいった兵士が100万もいたからです。

[ 日本の兵員死亡者数=1,174,000名余、日本の民間人死亡者数=670,000名余 ]

(昭和天皇は) 一度も死ぬほどの恐怖にあう事もなく死んでいった人です。
死ぬ事が国のためだと言われて動物以下の暮らしをさせられ、あらゆる生き物(ヘビやネズミ)が極上の食べ物だった私たちは、父や母、妻の元に帰りたいと、気が狂うほど思い半ばやけになり突撃していきました。
その多くの若者達のこの無念の思いは、天皇という名前が存在する限り消えていないということを(その事を伝え聞いている者は)示さねばなりません。

王侯貴族が極上のワインと贅を尽くした料理に舌づつみをうっている時、ゴミ捨て場をあさり、病気の母親と幼い弟の為に必死で食べ物を探していましたが、そのTVを見てなんと思ったでしょう。

(実際はとても厳しい言葉で、、書けない。TVでゴミ捨て場で暮らす親子を放映していました)

地球人が平等に受け取る事ができるようになるソラの情報が、世界に広がらないのは上に立つ人 (政府、マスコミ、科学者、皇族も含む)が認めないからです。

それで、今もなお毎日多くの人々が絶望し、爆弾を巻きつけた人の道ずれの犠牲になっています。
今、地球(の意識)はその様な人間を(人間の目を通して)見る事ができるようになりました。
新緑や咲き乱れる花々を見て、天国とはこのような所かと心うれしく思っている人もいれば、想像を絶する空腹とゴミの臭いの中で暮らす人々、お腹一杯食べても食べきれずゴミとして捨てている人々、親が子と、子供が親を殺すこの地球の人たちを見ています。
(目がゴロゴロしてイシカミが降りている様子)

射手座では皆平等でした。
地球を希望の星にしたいと思う気持の強さで、王や女王が決まりました。

他者を犠牲の上に成り立つ地球の王侯貴族とは全く違うのです。
その同じ仲間同士(王侯貴族や皇室)で遊びに行く事が国の友好のため、ということはして出来るものではありません。
人々の(税金で)お金で贅沢をしているのは、親のお金で贅沢をして遊びまわっている若者と同じです。

このことを、ソラのもの、イシカミ、シリウスたちは良く知っています。
(皇室制度は)人間皆平等という法律からずれています。
(皇室の人たちの)自由を認めず、操り人形にしています。
それは(日光で象徴される)将軍と同じということを、
(栃木県の)地震 と、(関東地方の)雹(ヒョウ)であらわしました。
たまらない怒りが涌いてくる大人になった地球(の意識)より」

*)地震=震源地 栃木県南部(日光市)深さ10km M4.5 震度4
*)雹=関東地方に大きいのでは角砂糖のような大きな雹が降ったこと

(これを書き終わると、右足がホカホカと気持ちよく、エネルギーが降りている事がよくわかりました)

なぜこのような事を突然知らせて来たかと言うと、海外から両陛下が帰国された事、北朝鮮は戦前の日本をあらわしていると伝えられているのと、シンクロしていると思います。

「天皇制がなくならない限り、北朝鮮は戦前の日本を手本にして何とか強い国になろうとするのです」 とも。

北朝鮮の不穏な動きに日本も関わっていることを伝えたいようです。

#)皇居の壕のコイ大量死、コイヘルペスが原因(2005年5月16日ニュース)
「ソラのもののお知らせ」 と。

2006年8月16日
神功皇后、統一教会、南京虐殺、国会議員の実家の放火、戦争責任など

2006年8月16日
《夢その1》
私はあまり蛇の夢を見た覚えがないのですが、とてもはっきりとした夢でした。

“星原の入り口の道路に白蛇がいて、こちらに向かってくる? 嫌だなと思っているとそのうちその蛇は小さな首だけになっても飛んでくる? そばにあった木の枝で払おうとすると、ヘビの首がいなくなる”
意味は
「白蛇は神功皇后のエネルギー体で、それが(星原の)星の宮神社の裏山にいるのです。
統一教会の文鮮明は、神功皇后(外宇宙の女王)のエネルギーを与えられていたのです。
ブン・センメイとは“この情報の文をせん滅する”という意味なのです」

【外宇宙の女王である神功皇后のイシキを消滅する】

丁度昨日、五色塚のある関西地方の方から気になる夢の相談を受けた時、「船に乗った人」と言って神功皇后のことが出てきて、そのエネルギー体が嫌な夢を見せたと伝えられていました。
(以前に五色塚を勝手に神功皇后がお墓にさせた?ようなことを伝えられていた)

《夢その2》
“実家にいるが、お客が大勢?くるので片付けようとするも、あちこちに衣類が脱いであるのでなかなか片付かない。そのうち家の入り口に、ちょっと間の抜けたような人がおもちゃ?の機関銃を持って狙いを定めているが、緊迫感はない。それでも迷惑なので110番に電話をして住所を言うも相手は真剣に聞かなく、そばに人が来たので電話を切る。再度かけ直すと女性が出てきて状況を伝えることが出来、警察を待っている”
意味は
「衣類が脱いであるというのは、南京城の兵隊のことを知らせています。
(南京虐殺を先日TVで見ていた)
靖国神社に行くことを非難している国会議員の実家が、(右翼?によって)放火されたことと関係しています」

*)南京虐殺
南京城内で中国兵が軍服を脱いで民間人の衣服(便衣)を着て逃亡したことで、民間人も多く殺されたということ。
写真を見るだけでこれ以上の悲惨なことはないと言えます。
戦争は狂気を生み出すが、なぜこのようになるか根本(見えない世界)から考えなおさないと悲劇は現代も続いているのです。
これを見てもタカ派は南京虐殺を否定するのでしょうか?
たまたま見たTVで女性の国会議員(高市早苗)は、はっきりとなかったとTVで言明していましたが、やはり奈良出身で、ヤマトの影響が大きいのでしょう。

【2006年9月26日追記】
高市議員は太平洋戦争は日本の責任でない、日本から仕掛けたのでないと言っていたので驚いたのですが、その後司会者に突っ込まれて、その司会者が右翼から嫌がらせをされたと週刊誌に書かれていて、右翼と関係のある議員と思っていますが、今回大臣になったことも、外宇宙のイシキと関係あり人のようです)

靖国神社参拝を否定している国会議員の実家が放火されたのは、天皇制の廃止を訴えているこの情報の発信者の私の実家にも関係することを知らせたそうです。

以前にも書きましたが、実家のある星原(だけでなく綾部市全体)には、明治維新時、多くの京都府外の人たち(主に薩長関係?)が入植したと情報では伝えられています。
そして苗字もシカタが圧倒的に多いのは、白木(星延べ=チャネリング)の監視をするためとも。
星述べをしていた白木家は何度も?断絶させられていて、現在ある白木の苗字も明治の入植時に入ってきた一部の人に付けられ、星述べとは全く関係のない人たちと伝えられていますし、現実にこの情報は知りません。
以前に亡祖母が降りてきて、祖父母ともよそから来た人と詳しく知らせてきていますが、現実に夫婦で養子だったと聞いたことがあります。

京都府 綾部」にまとめてくださっていますが、最後の高倉神社のある高倉町にはお寺がなく、お盆の時に高倉の人たちは星原のお寺に来るのも、監視するためとも伝えられています。

綾部の方言で「・・・・しちゃった」というのは、薩長から来た人たちが、自分達の出自がわかると困るので、出身地の方言が出そうになると、お茶の栽培を始めていたので「・・・しちゃった」とつけるように教えられたと。

又「かまわない」という意味が「ダンナイ」というのは、薩摩は平等を目的としていたので、“階級のないこと=段がない”といういみで、方言とされたとも伝えられています。
星原の実力者などはヒシロ(氷代?)という北側に集まっているのは、後から入ってきたからだそうです。

また、綾部に郡是の本社が(以前に)あったのは、増えすぎた人口をまかなうために、養蚕を始めさせ国が製糸工場に力を入れたようです。
ちなみに綾部は大本教(新興宗教の大元)の発祥地になぜなったのかも詳しく知らされています。

天皇家の神社である伊勢神宮では表立ってリュージン信仰が出来ないので、大本教でリュージン信仰を全国に広めさせたそうで、大本教は地球平和を唱えながら、リュージン信仰を世界に広めていったのです。
大本教本部の敷地に大金が埋蔵されていた理由も、なぜそこにあったかとても詳しく伝えられていて、その敷地の持ち主の子孫が今の時代にどのような状況なのかも、現実に知らされています。

《ネット管理者の夢》
“大学の教室のような所に戻ってくると、神主のような神職の人たちが10人くらい、前に立たされて怒られている”
この場面を2回続けて見られたそうです。
意味は
「伊勢神宮と靖国神社の神主たちが、『日本は塩に守られているので、戦争をしても勝てる』と言ったからです」

リュージンを祭る神社にお供えした塩の一粒々には、リュージンのエネルギー体が入り込んでいた。
神社だけでなく宇宙エネルギーとか、塩が特別な力を持っていると思って崇めていると、そこにもエネルギー体が入り込んでいます。

昭和皇后がもっと広い国がほしいと言った事に対して、支配星とつながっていた伊勢の巫女が言葉(チャネリング)で
『日本は神の国なので中国の一部を日本のものにしても良い』
と言ったことを天皇が認めたので、太平洋戦争が始まり、その後も
『日本は神国なので最後は蒙古の時と同じように勝てる』
と支配星の部下が巫女に言い続けたのを、昭和天皇が信じて敗戦の受諾が遅れたことと、チャネリングでは知らされています。
伊勢の巫女の言葉のサニワを求められた伊勢神宮と靖国神社の神主達が、巫女の言葉を神の言葉と信じて、天皇に進言したからのようです。

“地球を応援しているモノたち”から知らされた情報(靖国神社についても)をまとめてくださっています。

#)台風10号=ムーノイア
最初は神功皇后のいる関西を浄化しようと思ったけど、追いかけてきた11号(アレノイア)に上陸してはいけないと言われたのと、神功皇后のイシキが消滅したので、リュージン退治にいくそうです。
(右手首にサインあり)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球をした支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年4月20日6時54分頃
震源地 福島県沖(北緯37.0度 東経141.5度 深さ20km)
規模 M4.0
福島県
震度2 いわき市
震度1 田村市、楢葉町、川内村

発生時刻 2012年4月20日7時53分頃
震源地 山形県置賜地方(北緯37.8度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M3.8
山形県
震度2 米沢市
震度1 上山市、南陽市、高畠町、山形川西町、白鷹町、飯豊町
福島県
震度2 喜多方市、北塩原村
震度1 西会津町、磐梯町、三島町、福島金山町、会津美里町

発生時刻 2012年4月20日9時54分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M3.3
宮城県
震度1 女川町

発生時刻 2012年4月20日10時34分頃
震源地 福島県沖(北緯37.5度 東経141.4度 深さ50km)
規模 M4.0
宮城県
震度1 角田市、岩沼市
福島県
震度1 浅川町、川内村、南相馬市

発生時刻 2012年4月20日13時15分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経139.9度 深さ50km)
規模 M2.7
茨城県
震度1 石岡市
栃木県
震度1 栃木市

発生時刻 2012年4月20日21時20分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯27.3度 東経128.4度 深さ50km)
規模 M3.4
鹿児島県
震度1 知名町

発生時刻 2012年4月21日1時28分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.7
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2012年4月21日2時29分頃
震源地 福島県沖(北緯37.1度 東経141.4度 深さ20km)
規模 M4.1
福島県
震度2 いわき市
震度1 白河市、田村市、福島広野町、楢葉町、富岡町、川内村

発生時刻 2012年4月21日5時45分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経141.9度 深さ60km)
規模 M3.3
岩手県
震度1 一関市

発生時刻 2012年4月21日8時3分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.7度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M2.8
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年4月21日12時13分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯27.4度 東経128.7度 深さ40km)
規模 M3.9
鹿児島県
震度2 伊仙町、知名町
震度1 瀬戸内町、徳之島町、天城町、和泊町

発生時刻 2012年4月21日18時24分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.8度 深さ20km)
規模 M3.6
福島県
震度2 古殿町、いわき市
震度1 鏡石町、棚倉町、平田村、浅川町、小野町、福島広野町

発生時刻 2012年4月21日20時6分頃
震源地 宮城県北部(北緯38.9度 東経141.6度 深さ60km)
規模 M3.3
岩手県
震度2 一関市
宮城県
震度1 登米市、南三陸町

発生時刻 2012年4月21日23時29分頃
震源地 日高地方西部(北緯42.5度 東経142.2度 深さ110km)
規模 M4.4
北海道
震度3 千歳市
震度2 江別市、恵庭市、北広島市、函館市、南幌町、苫小牧市、安平町、むかわ町、日高地方日高町、新冠町、浦河町、浦幌町
震度1 当別町、札幌北区、札幌東区、札幌白石区、札幌南区、札幌厚別区、札幌清田区、渡島森町、小樽市、美唄市、三笠市、栗山町、胆振伊達市、室蘭市、登別市、厚真町、平取町、新ひだか町、様似町、えりも町、新得町、帯広市、幕別町、本別町、十勝大樹町、広尾町、白糠町
青森県
震度2 階上町、むつ市、大間町、東通村
震度1 青森市、平内町、外ヶ浜町、八戸市、三沢市、野辺地町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、三戸町、五戸町、青森南部町、風間浦村、佐井村
岩手県
震度1 岩手洋野町、盛岡市、二戸市、軽米町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月21日の羊蹄山。