ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

地震雲、ドルメン、ヤンマイエン島M6.8、フィリピンM7.6

2012年08月31日 22時36分31秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2012年8月30日 札幌市 18:19 西【ノルウェー・ヤンマイエン島M6.8】
30-AUG-2012 13:43(日本時間22:43) 71.46 -10.92 M6.8 深さ9.9km JAN MAYEN ISLAND REGION
30-AUG-2012 13:51(日本時間22:51) 70.93 -8.06 M5.2 深さ12.3km JAN MAYEN ISLAND REGION
ヤンマイエン島

2012年8月31日 札幌市 12:28【フィリピンM7.6】
31-AUG-2012 12:47(日本時間21:47) 10.83 126.68 M7.6 深さ34.9km PHILIPPINE ISLANDS REGION

クロップサークル(穀物模様)より
2012/8/30 ついたて写真
ドルメン?(巨石の石組)のそばにあります。
言葉にはなりませんが、ついたてに似ていて、ドルメンを保護しているようです。

ソラ画像より
ドルメン(フランス)
大きな列石のそばにあったドルメンで、カルナック列石を作るように教えた巨人という事を知らせたそうです。

カルナック列石(フランス)
3kmに渡って石が並んでいたそうですが、途中で途切れていたのは、列石を作った巨人達が複数いたからだそうです。

大きな列石(ケルマリオ)は2番目でそこには、ドルメン(テーブル状の石のトンネル)がありましたが、それはこの列石を作ったのが教官の巨人で校門あらわしているそうです

列石は宇宙の最初は星たちはきれいに並べられていたことを知らせています。
けれども並べられるのが嫌になった星たちが戦争を起して天の川が出来、その後の星空の事をオーストラリアのピナクルスであらわしています。
(周りがブッシュの砂漠上に石が乱立している)

デッド・ピナクルス
地上からは行けない(道が無い)ピナクルスで、ブッシュに覆われています。
先回ピナクルスを訪れた時に
「ブッシュの中に秘密が隠されている=ブッシュ大統領が秘密を隠している」
と伝えられましたが、、、。
ピナクルスは宇宙の星をあらわすだけに、想像を絶する広さです。

続石
小山を登った中腹に、突然現れる巨大なドルメン。
手を伸ばして手が横向の岩にようやく届くくらい高さに、長さ数mの巨石が横向になっています。
いて座が地球を支えていることをあらわす。↑
遠野にカッパ伝説など多くの伝説があるのは、この巨石などから意識をそらせるためのようです。

ナウスの遺跡
向き合った石とその奥のドルメンの形は、後に見る”銅鐸型”の遺跡の中とよく似ています。

キャロウモアの遺跡、ドルメン
あちこちにこのような石組があります。

ヤク・ラ・ヒメ(八倉ひめ神社)その2、長短の石棒
小さなドルメンのような中に大小の石棒が立っていました。
ヤク・ラひめはヤク・シマから来た?
瀬戸内海を創った?
その他これまでのいろいろなソラの情報とつながりそうです。

次の日の朝、同行者により《ビジョン》の報告がありました。
“石棒がぴょぴょんと飛んでいるのが見えました。何度か飛んで着地した瞬間に橋けた?のようなものに一瞬でなり、その後動かなくなりました。まわりにもそのようにしてなった建物類がいくつかありました”

私も旭岳の麓の景色のビジョンで、たくさんの石が移動したり、天人峡の手前の道路では、石に顔があり、手で招いているビジョンを見たりしています。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200309062148...
その他何人もの読者も石から建築物になったり、石像?が壁に入ったり、石や山が動いているビジョンや夢を見たという報告があります。
民話や神話で、現実の世界だけ見ていると到底信じられないようなことでも本当にあったことといえます。

天石門別8倉ひめ神社は道路横の鳥居だけだった?

大雪山の天人峡温泉入り口
イシカミの分身のビジョンです。
手招きしていました。
この後旭岳?だったかで、同じ形の石を見ました。

2006年6月3日
小さなストーンサークル、ドルメンの意味、ヒシャーム宮殿の紋章、ワディ・ラムなど

2006年6月3日
小さなストーンサークルと、パレスチナの宮殿のシンボルマーク?の意味を聞いて寝た。

「小さなストーンサークルの意味を知らせます。
これはイシジンが、このようにしてできるということを知らせたのです。
すなわち、地面にもイシカミがいたということです。
(イシカミの身体が床になり、カマクラのような中でイシジンが発生したということ)
そのように下になったイシカミの原子が、周りから集まってきて、イシジンとして立ち上がったことを知らせています。
ストーンサークルでなく、単独の石(スタンディング・ストーン)もそのこと(イシジン)をあらわしています。
石組の小さなものは(ドルメン)は、小さな動物が発生するのにイシカミが囲いを作り、エネルギーを与えたのです。
小さなウサギや狐になる原子は、何もない空間であらわれることは嫌だと言ったのです。
大きな山羊や鹿は空間に発生してもこわがらなかったのですが、小さな動物は怖がったのです」

*)ドルメン=テーブル状の巨石

パレスチナヒシャーム宮殿の紋章

「この模様は何をあらわすかというと、六ぼう星(=イシキを認めるという6を大切にする星=ダビデの星)が隠れています。
長い年月の間に争いがあり、その意味が隠されたと言うことをあらわしています。
また、パレスチナ人とユダヤ人は同じ先祖であるということをあらわしています」

明け方、右手のひらに一回だけ、きついサインで目が覚める。
(次のこともチャネリングですので現実にはどうかわかりません)

「ワディムという者です。
私がイスラエルと戦うことを止めようという文を作りました。
友達物語の)冊子を見てから(唇にサインあり)ユダヤ人に対する思いが変わりました。

(ユダヤ人を)悪く思っていたけれど、彼らがなぜパレスチナに来たいのか意味がわかりました。
パレスチナを訪れようとしている人たちがいることもわかりました。
(政情が安定すると、観光地として外貨を得ると良いと思っていた)

丸くなることで双方が平和に暮らせることがわかりました。
それからマのものが、ヘビの星から来ていることがわかり、支配されてはいけないと思いました。

人が変わったように(残酷になるのは)何人も見ています。
これまでは戦争だから仕方がないと思っていました。
けれども支配星に操られていることがわかったのです。
何としても支配されない人間であらねばならないと思いました。
これが私の思いの変化です」

(先日、ハマスとファタの囚われの指導者たちが、イスラエルとの二国共存を受け入れるように、文を作成したとニュースで読んでいた)

*)ワディムという聞いたことのない名前を言ってきたけれど、先ほどシリアの旅行記を見ていて似た名前(ワディ・ラム)の岩山があり、それと関係があるのかと思っていると、腰にチクチクとサインがあり。
ここの山の化身の人?

#)読者の方のイメージ、掲示板より
“昨日はイメージで石切神社の広い境内にストーンサークルが現れました。
もしかして本当にそこにあったのかなと思うと、あちこち無造作に置かれている岩もそれだったかも、、、。”

ストーンサークルはあちこちに本当にたくさんあって、権力者はイシカミを封印したいのと、人々も耕作に邪魔なために、後年の人がサークルを壊して動かしたために、ただの石になったと思います。
(と書いていると、右腰にチクチクとサインあり=「本当のことです」と)

【追記】掲示板より
「四国や九州あたりの田舎の田んぼに、このような立石が所々あるのを見かけたのを思い出しました。
田んぼの真ん中にあり、農作業をするには邪魔だろうなと不思議に思っていました。
動かすとたたりがあるとか、天気が悪くなるとか言われているのかもしれませんが、ひょっとしたら昔ストーンサークルなどがあったのかもと、今思いました」

#)変わった建造物
パキスタンのデラワール砦,モヘンジョダロの跡など
スーダンのオールド・ゴンドラにある聖者廟オールド・ドンゴラにある

2006年10月10日
北朝鮮の核実験、間に合った意味、シリウス、新潟のイシカミ、ドルメンの出来方の図、寝覚めの床画像

ドルメンの横の巨石はどうして出来たのか?と思っていた。

「(横の岩になった原子たちは)丸くなって 輪になろうと思ったのです。
それで横向の岩になろうとした原子たちは、分解して結合していない時に上に集まりました。
そして縦になった岩の上で丸くなろうとしたのです。
けれどもイシカミの故郷は、皆平等だったので丸くなるために、上になるものがいませんでした。
それで丸くなれずに平らになったのです。
小さなドルメンではキツネやウサギや小人(ヨーロッパの小人やコロボックルなど)が創られました」

今、思い出したことがありますが、左手の小指の下が9月半ば頃?からか、そこを押さえると軽い痛みがありました。
小指は地球をあらわすので、地球が何か訴えていると思っていたのですが、言葉がすぐ出てこないのでそのままになっていました。
今もなにかの拍子に、そのサインがあらわれます。
まだ、地球としてはすっきりしていないのかもしれません。

ドルメンの形はどうしてなかったか?絵に描いてもらいました。(下段参照)

次のこともあまりのことで、お知らせするのをためらっらたのですが、先日から下唇に小さいけれど湿疹のようなものが丸くでき、このことを知らせてほしいからだそうなのでお伝えします。

北朝鮮の核実験がされたということで、今、思い出してちょっとヒヤッとしていることがあります。
9月までは
「なんとしても本【ソラの人間誕生記】を早く出してほしい。間に合わないからです」
と何度も言ってきていました。
けれども何が間に合わないのかわからなく、早く本を出すために原稿に集中していましたが、あまり度々なので異常さを感じるくらいでした。

それが10月に入ると、本を急ぐようにとは全く言わなくなり
「地球です。間に合いました」
と言う言葉が出てきていたのは、本の原稿が進んだからだと思っていました。

その後も朝、目覚めると、
「地球です。間に合いました。よかったです」
と4,5日続いて言ってきましたが、聞き流して何が間に合ったのか聞いていませんでした。

先ほど北朝鮮の核実験は何を意味するのか聞くと、
「核実験で終わったので良かったのです」
と、言葉になるので意味を聞くと
「(日本に複数の)原爆が落とされるとこでした。
日本が壊されることにならなかったので、間に合ったと言ったのです」
と驚く言葉になりました。

その後聞き直すも
「本当なのです。
あまりにも(北朝鮮に)次々と災難(台風や爆発事故)が起きるので、(北朝鮮の権力者たちは)やけになっていたのです。
日本に原爆を落として、自分たちも死のうと思っていたのです」
と言葉になりました。

チャネリングの言葉はイシキの世界だけのことか、現実にはどうかわかりませんが、

・北朝鮮国連大使、核実験「祝福すべきだ」(2006年10月10日ニュース)
という言葉が、妙に情報と一致するようでもあります。

《夢かイメージ》
読者の方が描かれていた地図で、見た後意味を聞いているとうたた寝をしました。

意味は
「(横線は北朝鮮が原爆を投下することで)人類の進む道を遮断しようとしたことをあらわしています。
北朝鮮は原爆を落とそうとしていたことは確かなのです。
黒い点は北朝鮮をあらわします」
と言葉になりました。

(日本に落とされたら、地球は水と砂の星に戻る計画だった?ようです。
9月の中ごろ、地球が終わりになるというようなことも、夢うつつに聞いていたけれど、その後何も言ってこないので、嫌味を言ってきたものがいたのかな、と思うくらいでした。
イメージの線が横切った後、線がまっすぐになっているので、人類は進む道を誤らないようになる?)

特定の人間を崇めさせ、軍備にお金を注ぐことで国民を飢えさせるのは、戦前の日本と同じで一番罪なことです。
人々に恐怖を与える地下核実験も言語道断ですが、もちろん、大国だから核を持っても良いわけでもありません。
亡くなっても意識が残ることは確実であるということを、世界中の権力者は特に知るべきでしょう。
自分たちのエゴで人々を苦しめることは、死後の世界で責められ続けていると伝えてきますので、、、。

今朝の私の見たビジョンと、読者から知らされた夢の意味が一致するのは、新潟に北朝鮮から入港したり、日蓮(=外宇宙の王)が佐渡と関係したりして関係があると思いました。

《ビジョン》
“子供が笑っている。次に頭に白い鉄兜(中世のヨーロッパで使うような)をかぶったりりしい?男性のマンガ”
意味は
「(新潟のイシカミも)子供だったのが青年に成長しました。
そして兜をかぶっているので、支配星にやられなかったのです(=精神的に大きな邪魔はされなかった?)
そしてシリウスに教えられて、日本を守っていた?」
と言う意味のようです。
青年は新潟の八海山のイシカミのようで、しっかりと鉄兜をかぶっていたのでやられなかったそうです。

今朝の読者の方のメールです。
「同じようなビジョンというか夢を2回見たのですが、直接お知らせしたほうがいいと思い、メールしました。

1回目の内容が
“北陸地方?のあたりが拡大されて見え、他のところは衛星写真で見るように全体的に暗い緑色になっているのに一部分だけ絵の具のような明るい青い色になっている。
水色なのは塗られているのではなくて水浸しになっていて、
「これはヘビの仕業です?ここに入り込みました?」
という言葉が頭の中に浮かんでくる“

2回目は
“また同じところが水浸しになっているのが見えて、今度は
「白い犬がそこに向かって吠えています?そこを守っています?」
と言葉が浮かんでくる”

白い犬というのはシリウスをあらわし、先日から複数の方から白い犬に関して報告があります。
新潟の大雨や地震は、外宇宙の王(蛇)である日蓮を崇める宗教団体の政党が国の政治に参加していることを、シリウスがイシカミに教えたので新潟のイシカミ達が警告を発していたようです。
そして日本が創価学会や統一教会や韓流で覆いつくされていたからでもあると思います。

ちなみにシリウスはリンゴでもあらわしますが、リンゴをかじっているCM(=アップル社のiPod)のCMは、リュージンそのものです。

シリウスと名乗っていたプレアデナイの一味のポラミスが、支配星の協力をしていたこともわかりました。
先日、蛆がたくさん湧いているのが、リンゴのカンズメからだったのは、シリウスを名乗っていたポラミスだったそうです。
今では隠れていてもニュートリノが地球のそばで見ているので、ウソをついていても見つけ出すことが出来るようです。

佐渡のお知らせ

#)掲示板より、モスクが閑散としているそうです。
2006/09/28 22:33:37 のモスクの画像の横に
「不思議なことに、礼拝の時間になってもどこのモスクも閑散としていた」
と書いてあるのが気になります。
イスラム社会に送った冊子「友達物語1、2」の意味を、イスラム教徒の人たちは受け入れてくださったのでしょうか?

*)寝覚めの床と雲
巨大な面白い岩と雲を紹介してくださっています。

ソラ画像より
2006年10月9日 脊椎の雲
はっきりとはまだわかりませんが、脊椎と下の縞模様は顕在意識をあらわすようです。

2006年10月9日のソラにも面白い雲が紹介されています。
Sが酸素を取り込む、宇宙かららせん状にエネルギーが送られる、長方形=シリウス、同じ思いの原子の集まり、3位一体、精子などいろいろあらわしているようです。

ソラ辞典より
プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石、石柱、銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月31日3時6分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.8度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.4
福島県
震度1 矢祭町
茨城県
震度1 日立市、常陸太田市、高萩市、常陸大宮市

発生時刻 2012年8月31日11時29分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.6度 東経141.9度 深さ40km)
規模 M3.2
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年8月31日20時14分頃
震源地 宮古島近海(北緯24.7度 東経125.2度 深さ30km)
規模 M3.3
沖縄県
震度2 宮古島市

発生時刻 2012年8月31日23時26分頃
震源地 福島県浜通り(北緯36.9度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M4.4
宮城県
震度1 宮城美里町、大崎市、白石市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、村田町、宮城川崎町、亘理町、山元町、石巻市、東松島市、松島町、利府町
山形県
震度1 上山市、山辺町、中山町、白鷹町
福島県
震度3 白河市
震度2 須賀川市、二本松市、鏡石町、天栄村、中島村、棚倉町、矢祭町、玉川村、浅川町、いわき市
震度1 福島市、郡山市、桑折町、川俣町、大玉村、西郷村、泉崎村、矢吹町、塙町、鮫川村、石川町、平田村、古殿町、三春町、小野町、田村市、福島伊達市、本宮市、相馬市、福島広野町、楢葉町、富岡町、川内村、浪江町、葛尾村、飯舘村、南相馬市、下郷町、西会津町、猪苗代町、会津美里町
茨城県
震度2 日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、大子町、常陸大宮市、土浦市
震度1 水戸市、ひたちなか市、茨城町、東海村、那珂市、城里町、小美玉市、石岡市、取手市、牛久市、つくば市、美浦村、五霞町、坂東市、筑西市、かすみがうら市、桜川市、鉾田市、常総市
栃木県
震度2 大田原市、那須町
震度1 日光市、那須塩原市、宇都宮市、鹿沼市、茂木町、市貝町、芳賀町、那須烏山市、栃木那珂川町
群馬県
震度1 沼田市、邑楽町
埼玉県
震度1 久喜市、春日部市、吉川市、宮代町、杉戸町、さいたま大宮区、さいたま中央区

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月31日のソラ。

地震雲、渥美半島と知多半島、宮城県沖M5.6震度5強

2012年08月30日 22時40分21秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2012年7月9日 名古屋 18時43分《縦雲と横雲?》
とても変わった雲で今のところ意味がわかりません。

2012年8月21日 名古屋 18時43分

2012年8月28日 三田市 9時01分 《知多半島と渥美半島》
先日から知らせてきている知多半島と渥美半島が、イシキの世界では一緒になって仕事をすることを知らせています。
すなわち、鳴門海峡で切断されていた日本列島の片足の代わりになって働いてくれる?

2012年8月28日 兵庫県三木市 10時06分《アトランティスからの応援?》
ボワーとしたとても不思議な感じの雲だったそうですが、驚く言葉が出てきました。
「アトランティスを創ったシリウスが応援にきました」と。
言葉になりましたが、先日から知らせてきていることとつながります。

2012年8月29日 八王子市 13:44《つなげた》
↓と同じことを知らせているようです。

2012年8月29日 三田市 17時04分《つなげた》
とても身だった雲だったそうです。
これは現実にこの日にあったこととつながり、とても大きな意味があるようです。
大きな長方形は、良いシリウスが働いてくれたことを伝えています。
渥美半島と知多半島が見えない世界でつながった?

2012年8月29日 札幌市 17:51 西

2012年8月30日 札幌市清田区 5:11【宮城県沖M5.6、震度5強】
平成24年08月30日04時17分頃 茨城県南部 M4.2 震度3
平成24年08月30日04時05分頃 宮城県沖 M5.6 震度5強
平成24年08月30日02時43分頃 岩手県沖 M4.1 震度2
最近ちょっと続いています。
平成24年08月29日08時17分頃 宮城県沖 M4.1 震度2
平成24年08月29日02時51分頃 岩手県内陸南部M4.0震度2
平成24年08月28日22時55分頃 茨城県沖 M5.0 震度2
平成24年08月28日20時44分頃 福島県沖 M4.4 震度2
平成24年08月27日20時21分頃 岩手県沖 M4.4 震度1
平成24年08月27日19時54分頃 大隅半島東方沖M4.1震度1
平成24年08月26日03時37分頃 福島県沖 M5.1 震度4
平成24年08月25日23時16分頃 十勝地方南部M5.9震度5弱

2012年8月30日 札幌 西 13時頃
ミスタードーナツのポンデリングの様でした。

2012年8月30日 札幌市 18:19 西

2012年8月30日 三田市 18時25分
Lの字にも見えました。

2012年8月30日 三田市 18時26分
十字の雲。

十字の雲はあらゆる所にプレは支配したものを配置しているということを知らせました。
今日病院へお見舞いに行き、廊下で若い骨折の手術の跡のある患者さんを見たと同時に、左外クルブシにサインがあり、その患者さんが部屋に入るとそのサインは消えました。
又、渡り廊下に大きな蛾が緑色の卵を沢山出して死んでいたのも知らせたそうです。

2002年4月22日
ニュージーランドの巨人?、生贄の岩?、ウサギのビジョン、アカネヤマ  

2002年4月20日
掲示板にニュージーランドに巨人の足跡?のような岩があると書いていたらラップ音あり。

「私が(ニュージーランドのイシカミの)姉の王女です。
長老が、お腹に人間を入れてきました。
1人だけだったので、子供はできませんでした。
人間は生きていくのは嫌だと思っていましたが、長老があのような物(足型の岩や指を突っ込んだような岩)を作って、置くように教えたのです」

2002年4月21日
ストーンヘンジの前の平らな岩は、‘生贄の岩と呼ばれている’と書いてあるのを見ていると。

「違います。
イシカミが人間(=人間になる原子を)を連れて来たことをあらわしているのです」 と。

“アカネヤマが身体の一部を差し出し、‘これで私の姿を作りなさい' と言った【夢】 を見た”という掲示板の書き込みは何を意味するかと思って寝た。

2002年4月22日 3時目が覚める。

「お知らせのアカネ山です。
私の身体を長くしてあの半島(渥美半島)を作ったのです。
(アカハネ海岸というのがある)
(日本列島の)ホシノミナのいるところ(綾部)から(右側)はしっかりと根(山陰中国地方)が降りているのに、(紀伊半島は)伸びませんでした。
それで少でも代わりの働きができればと(渥美半島を)作りました。
(知多半島は小さいのでチタ?)
(日本列島を)木に見立てたのです。
私の身体から作られた3つの山(分身)が、赤石連山?です」

“ウサギが洋服を着て横向きに並んでいる指輪か王冠?の【ビジョン】を見た”と言う書き込みの意味を問うと。

「ウサギ=月の使い。
洋服を着ている=月がプレアデナイの支配から逃れた事をあらわしている。
横向きに並んでいる=イギリスの衛兵の交代を真似している。 
(その日、私はイギリスの衛兵の交代を見ていた)
指輪か王冠?=応援してくれるのでソラのものが(見た人に)プレゼントしたつもり」

2006年6月7日
知多半島の意味、象鼻山、火山、アインシュタインの予言?など、追記666の意味?

2006年6月7日12時、右目がゴロゴロするも意識を向けると治る。

「チタ(知多半島)のイシカミです。
カ、カ、カ・・・・・・悲しいことではありません。
悪者は捕まりました?
知多の88ケ所のエネルギー体は消滅しました。
(右手中指が痒い)
ここ(知多半島)はこの間知らせたように、地球のおしっこをするところなのです」

*)知らせた=先日、登別温泉に行った時、川岸で丁度、小さな男の子がおしっこをしているような水の噴出があり、その時、何を知らせているのかなと思っていた。

「象鼻山のイシカミが知らせて来たのです。
知多半島は地球の尿道なのです。
そこからおしっこを出すように、地球に伝えてください。
登別の煙も同じです。
地球は生きているので煙を出しているのです。
そのことを人間に知ってほしいので煙を出すのです」

*)象鼻山=読者の方より象鼻山の古墳を見に行くと知らされていた。

*)煙=登別へ行く道中、有珠山の噴火の跡から煙が出ていたこと。その近くでたくさんのウドを採っておられて頂いたことで、有珠山は以前の噴火と共に、人間のことを考えてくれていると思っていた。
普賢岳は仏教用語の“普賢”と名前をつかられているのが嫌と、この山の噴火は大変な人的被害があったのに対して、その噴火のすぐ後にあった有珠山の噴火では、人災はなかった。

#)火山活動が続いているムラピ山(2006年6月7日ニュース)
同じく、
#)桜島・昭和火口で噴火 60年ぶり、噴煙1000mに(2006年6月7日ニュース)
イシカミ同士は話をするのでしょう。

(中略)

夢うつつに、「このこと↓が666なのです」と言っていたようです。
2006年6月6日に知らされたニュース

#)イラク 警官姿の集団に50人拉致される バグダッド(2006年6月6日ニュース)
その後の様子が何も知らされませんが、、、。

2010年11月26日追記
666の意味と書いて詳しく書いていないので聞き直しました。

「このように正義の姿をして、悪いことをしているのが、今の人間の世界で多く見られることです。
見えない世界を信じないからです」

6は手(2)足(2)+胴体(1)+意識=6

3は3位一体をあらわし、人間とは
肉体+魂(生きる力)+意識(顕在意識と潜在意識)
で形成されるということです。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月30日0時14分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.7度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M2.6
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年8月30日1時11分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.2度 東経141.7度 深さ50km)
規模 M3.8
宮城県
震度1 南三陸町、石巻市、女川町

発生時刻 2012年8月30日2時40分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.2度 東経140.0度 深さ70km)
規模 M3.5
茨城県
震度1 笠間市、常陸大宮市、小美玉市、土浦市、石岡市、取手市、筑西市、かすみがうら市、桜川市
栃木県
震度1 宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、岩舟町、下野市
群馬県
震度1 板倉町、邑楽町
埼玉県
震度1 加須市、宮代町

発生時刻 2012年8月30日2時43分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.2度 東経142.5度 深さ30km)
規模 M4.1
青森県
震度1 青森南部町、階上町
岩手県
震度2 釜石市、住田町
震度1 宮古市、山田町、大船渡市、陸前高田市、大槌町、盛岡市、八幡平市、矢巾町、花巻市、北上市、遠野市、一関市、平泉町、西和賀町、奥州市
宮城県
震度1 気仙沼市、栗原市、南三陸町、大崎市、石巻市

発生時刻 2012年8月30日4時5分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経141.9度 深さ60km)
規模 M5.6
北海道
震度1 函館市、白糠町、標津町、別海町、根室市
青森県
震度3 階上町
震度2 八戸市、七戸町、東北町、五戸町、青森南部町、おいらせ町、東通村
震度1 青森市、外ヶ浜町、平川市、十和田市、三沢市、野辺地町、六戸町、横浜町、三戸町、田子町、むつ市
岩手県
震度4 矢巾町、一関市、奥州市
震度3 宮古市、大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、大槌町、盛岡市、滝沢村、花巻市、北上市、遠野市、金ケ崎町、平泉町
震度2 久慈市、山田町、普代村、野田村、二戸市、雫石町、葛巻町、岩手町、一戸町、八幡平市、軽米町、九戸村、紫波町、西和賀町
震度1 岩泉町、田野畑村、岩手洋野町
宮城県
震度5強 南三陸町、仙台宮城野区
震度5弱 名取市、塩竈市、東松島市
震度4 気仙沼市、涌谷町、栗原市、登米市、宮城美里町、大崎市、岩沼市、蔵王町、大河原町、宮城川崎町、亘理町、仙台青葉区、仙台若林区、仙台泉区、石巻市、松島町、七ヶ浜町、利府町、大和町、大郷町、富谷町、大衡村、女川町
震度3 宮城加美町、色麻町、白石市、角田市、村田町、柴田町、丸森町、山元町、仙台太白区、多賀城市
震度2 七ヶ宿町
秋田県
震度2 井川町、秋田市、由利本荘市、横手市、湯沢市、東成瀬村、秋田美郷町、大仙市、仙北市
震度1 能代市、男鹿市、五城目町、八郎潟町、潟上市、三種町、にかほ市、大館市、上小阿仁村、北秋田市、羽後町
山形県
震度3 舟形町、大蔵村、村山市、天童市、東根市、山辺町、中山町、河北町、尾花沢市、大石田町、米沢市、南陽市、白鷹町
震度2 鶴岡市、酒田市、三川町、遊佐町、庄内町、新庄市、山形金山町、最上町、真室川町、鮭川村、戸沢村、山形市、寒河江市、上山市、西川町、山形朝日町、大江町、長井市、高畠町、山形川西町、山形小国町、飯豊町
福島県
震度3 福島市、白河市、須賀川市、二本松市、桑折町、国見町、川俣町、天栄村、古殿町、小野町、田村市、福島伊達市、本宮市、相馬市、富岡町、川内村、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村、南相馬市
震度2 郡山市、大玉村、鏡石町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、三春町、いわき市、福島広野町、楢葉町、喜多方市、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、会津美里町
震度1 塙町、鮫川村、会津若松市、下郷町、西会津町、南会津町
茨城県
震度2 水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、東海村、大子町、常陸大宮市、那珂市、小美玉市、土浦市、石岡市、筑西市、桜川市
震度1 北茨城市、城里町、龍ケ崎市、取手市、牛久市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、五霞町、境町、利根町、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、行方市、鉾田市、つくばみらい市
栃木県
震度2 大田原市、那須町、市貝町、高根沢町、那須烏山市
震度1 日光市、那須塩原市、宇都宮市、栃木市、鹿沼市、小山市、真岡市、益子町、茂木町、芳賀町、岩舟町、栃木さくら市、栃木那珂川町、下野市
群馬県
震度1 沼田市、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、玉村町、板倉町、群馬明和町、群馬千代田町、邑楽町
埼玉県
震度2 加須市、宮代町
震度1 熊谷市、行田市、本庄市、東松山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、久喜市、吉見町、埼玉美里町、春日部市、上尾市、草加市、桶川市、八潮市、富士見市、三郷市、坂戸市、幸手市、吉川市、毛呂山町、川島町、白岡町、杉戸町、松伏町、さいたま西区、さいたま北区、さいたま大宮区、さいたま見沼区、さいたま中央区、さいたま浦和区、さいたま南区、さいたま緑区、さいたま岩槻区
千葉県
震度1 東金市、多古町、香取市、千葉中央区、千葉花見川区、野田市、成田市、印西市
東京都
震度1 東京千代田区、東京江東区、東京杉並区、東京荒川区、東京板橋区、東京足立区、東京江戸川区、町田市
神奈川県
震度1 横浜中区
新潟県
震度2 加茂市、新発田市、村上市、阿賀野市、阿賀町、胎内市
震度1 長岡市、三条市、見附市、田上町、刈羽村、南魚沼市、燕市、五泉市、聖籠町、弥彦村、関川村、新潟北区、新潟中央区、新潟秋葉区、新潟南区、新潟西区、新潟西蒲区

発生時刻 2012年8月30日4時17分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.2度 東経139.9度 深さ50km)
規模 M4.2
福島県
震度1 泉崎村
茨城県
震度3 小美玉市、土浦市、つくば市、坂東市、筑西市
震度2 水戸市、日立市、笠間市、常陸大宮市、城里町、茨城古河市、石岡市、結城市、下妻市、取手市、美浦村、阿見町、五霞町、境町、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市
震度1 常陸太田市、ひたちなか市、茨城町、東海村、大子町、那珂市、龍ケ崎市、牛久市、茨城鹿嶋市、潮来市、河内町、八千代町、守谷市、利根町、神栖市、行方市
栃木県
震度3 佐野市
震度2 日光市、宇都宮市、足利市、栃木市、鹿沼市、小山市、真岡市、上三川町、益子町、壬生町、野木町、岩舟町、高根沢町、下野市
震度1 大田原市、矢板市、塩谷町、那須塩原市、茂木町、市貝町、芳賀町、栃木さくら市、那須烏山市、栃木那珂川町
群馬県
震度3 大泉町
震度2 沼田市、前橋市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、渋川市、神流町、板倉町、群馬明和町、群馬千代田町、邑楽町、みどり市
震度1 片品村、みなかみ町、東吾妻町、群馬昭和村、高崎市、藤岡市、富岡市、榛東村、吉岡町、群馬上野村、甘楽町、玉村町
埼玉県
震度3 加須市、久喜市、埼玉美里町
震度2 熊谷市、行田市、本庄市、東松山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、滑川町、嵐山町、埼玉神川町、ときがわ町、春日部市、上尾市、桶川市、北本市、蓮田市、坂戸市、幸手市、越生町、宮代町、白岡町、杉戸町、さいたま西区、さいたま岩槻区、秩父市、皆野町、長瀞町
震度1 小川町、吉見町、鳩山町、東秩父村、寄居町、川越市、川口市、飯能市、狭山市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市、新座市、八潮市、三郷市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、伊奈町、埼玉三芳町、毛呂山町、川島町、松伏町、さいたま北区、さいたま大宮区、さいたま見沼区、さいたま中央区、さいたま浦和区、さいたま南区、さいたま緑区、横瀬町、小鹿野町
千葉県
震度2 千葉花見川区、成田市、柏市、印西市
震度1 東金市、千葉神崎町、多古町、芝山町、香取市、山武市、千葉中央区、千葉若葉区、千葉美浜区、市川市、野田市、千葉佐倉市、習志野市、流山市、八千代市、我孫子市、鎌ケ谷市、四街道市、八街市、千葉酒々井町、白井市、千葉栄町、富里市
東京都
震度1 東京千代田区、東京中央区、東京港区、東京新宿区、東京文京区、東京墨田区、東京江東区、東京品川区、東京目黒区、東京大田区、東京世田谷区、東京渋谷区、東京中野区、東京杉並区、東京北区、東京板橋区、東京練馬区、東京足立区、東京葛飾区、東京江戸川区、八王子市、武蔵野市、三鷹市、東京府中市、調布市、町田市、小平市、国分寺市、西東京市、狛江市、東大和市、瑞穂町、青梅市、あきる野市
神奈川県
震度1 横浜中区、横浜港北区、横浜緑区、川崎川崎区、川崎幸区、川崎中原区、相模原緑区
山梨県
震度1 山梨北杜市、小菅村

発生時刻 2012年8月30日7時35分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.2度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M4.0
岩手県
震度1 大船渡市、釜石市、住田町、花巻市、遠野市、一関市
宮城県
震度1 気仙沼市、栗原市、南三陸町、大崎市

発生時刻 2012年8月30日8時33分頃
震源地 根室半島南東沖(北緯43.2度 東経145.6度 深さ90km)
規模 M3.3
北海道
震度1 根室市

発生時刻 2012年8月30日15時24分頃
震源地 秋田県内陸北部(北緯40.1度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M2.9
秋田県
震度1 大館市、北秋田市

発生時刻 2012年8月30日18時57分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.3度 東経135.4度 深さ10km)
規模 M2.7
和歌山県
震度2 紀の川市
震度1 かつらぎ町、紀美野町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月30日のソラ。

地球を形成したもの

2012年08月29日 21時50分30秒 | Weblog
台風と地震、インドネシア・モルッカ海M6.6、エルサルバドル沖合M7.3」、「地球の地下はこのように通路があって連絡しあっています、茨城県沖M5.0」の続きです。

2012年2月9日
【追記、エン・ケラ・ド・ウス】、南極の氷底湖に到達、北極と南極、地球の内部、謎の渦、地球のコアからのエネルギー、太陽の変化、同時地震

【2月9日22時追記】
「エン・ケラ・ド・ウスが悪者の塩の星なのです」
と今朝方、言葉になりました。
これは土星の衛星ですが、調べるとその水蒸気に塩化ナトリウムや炭酸塩が検出されたそうで、塩の星だといってきたことをつながりました。

エン・ケラとは円=輪を蹴散らかす、
ド・ウス=臼=チョイ悪シリウの友達(トもだち)という嫌な意識の衛星です。
土を送り込んだ土星の影に隠れて、自分たちは特別だと思う意識の原子の集合体のようです。

エンケラドウス
・・・土星の衛星で、(中略)、土星探査機カッシーニの観測で、エンケラドゥスの水蒸気に塩化ナトリウムや炭酸塩が検出されたことが発表された。・・・

ギリシャ神話にもありましたが、やはりチョイ悪のようです。
イスラエルのシオ・ニストに力を与えていた星?
シオニストの横暴がパレスチナの悲劇を招いています

【2月9日追記】
南極最大の氷底湖、到達を確認(2012年2月9日記事)
・・・ロシアの調査チームが、南極の氷床を掘削していたドリルが氷床底のボストーク湖に到達したことを確認した。・・・

最後に書いていますように、
「地球はゆっくりと呼吸をするようにお願いします」

最近寒暖の差が激しいのは、ロシアが南極の氷底湖まで達する穴を開けたことで、南極と北極を結ぶ通路につながり、地球が呼吸を始めたからで、北極の寒気に南極の寒気がプラスされて寒くなっている。
地球が吐き出す呼気の場合は、南極の寒気が北極に行くためさらに寒気が強くなるが、吸い込む吸気時は、北極の寒気も吸い込むので寒気が緩む。
それは太陽の一部のチョイ悪がさらにその作用を強めているからだそうです。

以下のこともチャネリングでの言葉ですので真偽の程はわかりませんが、世界中の異常な寒波は、以下のいろいろな現実の世界での現象とつながっていると思われます。

ソラの情報では、
地球の真ん中に穴があって、南極と北極はつながっているが、これまでは南極大陸によってふさがれていた。
(初期の南極はもっと北にあり、温暖な大陸であったので恐竜が跋扈していた(化石がでる)が、地球が丸くなって南極大陸の原子たちが、穴をふさぐために移動したと伝えられています)

地球の中はマグマでなく、地下水路が縦横に走っていて真水が流れている。
(地下空洞があるのは、火炎土器であらわしていると伝えられています)

あらゆる海での渦巻きは地下に吸い込まれていて濾過されていること。
又、塩湖や死海など塩分の多い湖などは、水が濾過されて地下に流れ込んでいる。
それらが中近東のカヌートやあらゆるところの湧水、ヨーロッパなどの噴水の水源は地下水路から送られていること。

このようになっているのは、地球を形成した原子たち=ミナノモノたち(孤児のイシカミたち)が、目的を持ってそのように創ったが、今の科学者を始め人々は決して原子に意識があること、地球を形成したものが宇宙から飛来したことを認めないので、いろいろな現象で知らせているようです。

*)【地球物語

南極最大の氷底湖、ロシアが到達か(2012年2月7日記事)
・・・ロシアの調査チームが、南極の分厚い氷床の表面から3768メートル下にある淡水湖の水面に「肉薄」したことが、報道により明らかになった。掘削が湖水面に達すれば、南極の氷底湖に到達した史上初の例となる。・・・

*)ボストーク湖は南極大陸に存在する氷底湖である。

なぜここだけ凍らないか?
やはり地下空洞とつながっているからでないでしょうか?

・・・深海の温度は上部漸深海帯では水温が急激に降下し、下部漸深海帯ではさらにゆるやかに下降する。深海帯では水温はほとんど変化せず、水深 3,000 m 以深では水温は 1.5 ℃ 程度で一定になる。・・・

今の学説は地球の中は超高温のマントルで埋まっていて、溶岩はマントルが吹き出ていると言われています。
それなら深海に行くほど高熱になるはずです。
けれども6000mの深海でも実際には1.5度Cと一定になるというのはなぜでしょう?
極わずかに熱水が吹き出ている部位もあるそうですが、本当に極わずかです。

タンザニアのオルドイニョ・レンガイは黒っぽい溶岩 を噴出する活火山であり地元の人に“神の山”と呼ばれています。
この溶岩は温度が低く、500度から600度で、他の活火山の真っ赤になった溶岩とは全く違う溶岩です。
この溶岩は噴出す時は黒いですが、しばらくすると白く変わっていきます。
ソラの情報では黒い溶岩は、ミナノモノの原子が地球を形成したのに今の人々は認めないので、その地下の原子たちの憤怒の色と言います。
そして白くなるのはその地下の原子たちが、外に出ることでその働き(分身をあらわす塔=ホルニトを形成)をするのと、地球の内部はマグマで熱せられていないということを知らせている=良い仕事をしているからと言葉になります。
山頂には溶岩湖もありますが、濃いグレーの泥状のものがうねっています。

真っ赤なマグマが地球の中にあると思わせている活火山はキラウエアー山が有名ですが、キラウエアー=Kill a Way=(人類の)進む道を殺す=マグマが地球の中にあると思わせている=人類の進み道はない。と知らせています。
溶岩は酸素に触れてはじめて高熱になるのであって、地下では沸騰はしていないのです。
なぜ、溶岩でこのように違うか?
それは溶岩を形成している原子たちの思いが、そのような形にさせているそうです。

キラウエア火山は山から頻繁に溶岩の流出がある
・・キラウエア火山の噴火活動は、プナルウ黒砂海岸の形成に、大きな影響を与えていると考えられている・・
黒砂の黒は悪をあらわします。

以上の情報と関連があると思われる以下のサイトは、In Deepさんなどのブログから紹介させてもらいました。

*)ガイアナ、スリナム沖の大西洋で2つの巨大な渦(400km)を発見されました
渦巻きがなぜ起こるか今の科学ではわからないそうですが、ソラの情報では、渦を巻いて海水が地下空洞へ入り込んでいると伝えられています。

*)南極で 30キロメートルの長さに渡って出現した「巨大な亀裂」とNASAが報道

*)南極上空に現れた「月のサイズ」ほどもある渦巻き雲、鳥取でも奇妙な渦巻きが発生しています。

*)地球の中心部から異常なエネルギーが噴出しているという報告、「地球の中心部(コア)から強力なエネルギーが放出されていることが記録された
・・・ロンドンに本部がある「国際地球動力モニタリングシステム( GNFE / Geodynamic Monitoring System )」は、2011年11月15日に、地球のコアから放出されている強力なエネルギーを記録した。
以下に挙げる都市は、観測の中心であるアトロパテネの観測ステーションから遠く離れているにも関わらず激しい三次元重力の異常が記録された。
・イスタンブール(トルコ)・キエフ(ウクライナ)・バクー(アゼルバイジャン)・イスラマバード(パキスタン)・ジョクジャカルタ(インドネシア)
GNFE のエルチン・カリロフ教授によると、アトロパテネ観測ステーションの記録の詳細な分析では、これは地球のコアから発散している強力なエネルギーの放出を示唆しているという。(中略)カリロフ教授の説では、これらの重力異常は、地殻構造の中の「波」によって作られるとしており、そのストレスが限界に達した時に大きな地震がフォーカスされるということだ。これらの波は非常にゆっくりと移動していき、大陸部では時速 30キロメートル、海洋部の地殻では時速 120キロメートルで進む。・・・

これは前述した地下空洞がつながっているので「波」が起きると思います。
それで各地の地震の発生の同時地震などとつながると思います。

*)世界中で響き渡る「謎の轟音」の正体は?

*)私たちを取り巻く「渦」は何を意味するのか?
いろいろな謎が発生

*)海洋研究開発機構の北極海総合研究チーム
・・・直径100kmを超える巨大な海洋の渦をアラスカ沖のカナダ海盆で発見し、その詳細な観測を世界で初めて行いました。観測の結果、この渦は北極海では珍しい巨大な渦であり、・・・
この渦巻きもやはり地下空洞に吸い込まれて行き、濾過されて地下で真水になっているようです。

*)先日お知らせした南極の穴も関係しているようです。

「南極のイシカミを切り刻んでください。
を見せるために氷を溶かしたのです。
地球の真ん中には穴が通っているのです。
北極の渦巻きは地下に水は吸い込まれているのです」

*)南極で地震をはじめとした数々の地質的変化が増加中
・・・2009年4月4日に、07:02:46にマイエン島でM4.5の地震(深さ10.0km)07:19:42にバレニー諸島でM5.3の地震(深さ10.0km)の2つの深さ10kmの地震がほぼ同時間にあったわけですが、これは「北極と南極」なんですね。・・・

これこそ南極と北極が地下空洞でつながっているので連絡しあって地震を越したようです。
日本と南米なども度々同時地震が起きています。

*)血を流す氷河
・・・2010年03月23日南極のある氷河から血のように赤い水が流れ出す現象が再び現れた。今回この現象が現れた氷河はマクマード乾燥谷に位置する。この地区には風速320キロに達する強風が吹き付け、全く氷が存在しないポイントがあり、南極で最も不思議な地区の一つとして知られている。・・・

赤い血というのは、生きていることとあらわします。
南極大陸も生きていることを知らせているようです。

*)地球を制御する太陽の作用の真実: 太陽嵐がヴァン・アレン帯から電子を消し去っていることが判明
・・・米国カリフォルニア大学の天文学者たちは、地球の外側にある放射線のベルト地帯に含まれる電子の大部分が、太陽からの磁気嵐の際の最初に「消える」ということを発見した。そして、消えた電子は数時間後に再び現れるのだ。・・・

これはその電子が磁気嵐と合体し、太陽の核爆発のエネルギー源となり、爆発することで又電子が放出されるようです。
太陽のフレアーの異常も度々取り上げられています。

太陽のことについては、特に言葉にはなりませんが、太陽の意識の中にも
チョイ悪がいるようで、太陽も意識があることに気づかないので怒っているようです。

以上のことを書いて、今の状態では北日本や日本海側だけでなく世界中の人たちが寒さで大変な思いをされているので何とかならないか?と聞くと、左人差し指のツケ根にサインあり。

「オチがあるのです。
地球に静かに息をするように頼んでください」
ということです。

それにはより多くの人たちが、原子に意識があり、地球や太陽も生きているということを認めないと効き目がないようです。

07-FEB-2012 23:37 M4.9 深さ10.0km SVALBARD REGION(北極海)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月29日2時51分頃
震源地 岩手県内陸南部(北緯39.0度 東経140.9度 深さ10km)
規模 M4.0
岩手県
震度2 一関市、平泉町、奥州市
震度1 大船渡市、陸前高田市、釜石市、八幡平市、花巻市、北上市、遠野市、金ケ崎町、西和賀町
宮城県
震度2 栗原市
震度1 気仙沼市、登米市、大崎市、石巻市
秋田県
震度1 横手市、東成瀬村、秋田美郷町

発生時刻 2012年8月29日3時11分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.2度 東経140.9度 深さ10km)
規模 M2.9
福島県
震度1 福島広野町

発生時刻 2012年8月29日6時34分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M2.8
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年8月29日8時17分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.9度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M4.1
岩手県
震度2 大船渡市、陸前高田市、釜石市、一関市
震度1 宮古市、住田町、盛岡市、矢巾町、花巻市、北上市、遠野市、金ケ崎町、平泉町、奥州市
宮城県
震度2 気仙沼市
震度1 栗原市、登米市、南三陸町、大崎市、石巻市

発生時刻 2012年8月29日19時19分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.7度 東経141.1度 深さ40km)
規模 M3.9
茨城県
震度2 日立市
震度1 常陸太田市、高萩市、北茨城市、東海村、大子町、常陸大宮市

発生時刻 2012年8月29日21時36分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経142.0度 深さ50km)
規模 M3.5
岩手県
震度1 大船渡市、一関市
宮城県
震度1 気仙沼市、南三陸町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月29日のソラ。

地球の地下はこのように通路があって連絡しあっています、茨城県沖M5.0

2012年08月28日 23時06分39秒 | Weblog
台風と地震、インドネシア・モルッカ海M6.6、エルサルバドル沖合M7.3」の続きです。

地震雲などの画像より
2012/8/27 地球の地下写真
「地球の地下はこのように通路があって連絡しあっています。
それを地震で知らせています」

26-AUG-2012 15:05(日本時間8/27 00:05) 2.20 126.84 M6.6 深さ91.9km MOLUCCA SEA
27-AUG-2012 04:37(日本時間13:37) 12.28 -88.53 M7.3 深さ20.3km OFFSHORE EL SALVADOR
のように、わりと近い時間に大きな地震が起きています。

2007年10月3日
シオ(ン)のギケツシヨ=ヨシツネ(ケ)ノギ(記録)をオシ=よく読むこと、アンティキテラ=(地下のイシカミに)アンタキイテル?

10月2日朝、右下腹部にサインあり。

「書いてください。
イシカミです。
仕事が出来ました」と。

その後、

「シオのすみかにいるものです?
シオンの議定(決)書は(ソラの情報に?)一番近いことなのです。
意味を見直してください。
シオ(ン)ノ・ギ・ケツシヨを反対に読むと
「ヨシツケ=義経の記録(ギ)をオシ=しっかり読み直すこと」
ということなのです。

ネでなくケとなるのは、ネとは義経は地下(ネ)のイシジンの子供ではなかったからです。
(悪者を退治した)良いことをしたのに、星のツケを払わされた義経なのです。
ユダヤ人とは山彦のことなのです。(ノアの親子はユダヤ人)
悪いことに書き換えたのは支配星で、これまではその通りのことがなされていました。
長い年月を経て支配星に支配された権力者によって違う意味に伝えられたのです」

これも思わぬ解説でした。
確かにこれまでは人類の奴隷計画がなされてそのまま現実に起きていたようですが、シオンの議定書の後半は支配星の思うままにはなりませんが、支配星が教えた宗教から脱出することで地球は変わっていくと思っています。
又、現世で欲に走っていても必ず死後にそのツケが来ることがわかれば、おのずと生き方がわかってくると思います。
シオンの議定書はユダヤ人を貶めるために、嫌がらせであのような文に書かれて公開されているとも言います。
ホロコーストの原因になったとも。
ユダヤ人がお金をもうけるのは、祖国を守ってくれていた先祖の仲間、パレスチナ人にそのお礼をするためと以前から知らされています。
ユダヤ人の財閥は自分たちのためばかりでなく、パレスチナ人に対して約束を確実に守ってほしいと思います。

2007年10月2日
《ビジョン1》
“天使の羽根のようなものが、取り外して干してある”
意味は
「羽根のあるイシジンが人間になったので、羽根を取りはずしたのです。
マホメットが天井の穴から出て行ったというのは、天使だったからです」

エルサレムの岩のドームの内の岩からマホメットが馬に乗って昇天したといわれ、岩にはマホメットの足跡が残っています。
イエスもマホメットは勿論、義経時代でもイシジンはいたようですが、人間とイシジンの区別がわからなかったのでそのまま人間の伝記になっているようです。
まだはっきりとは言ってきませんが、イシジンと人間との合いの子の場合、男子はイシジンで女子は人間になったようです。
そしてイシジンはイシカミの原子に指示を与えるとその原子は変化していったので、イエスが水をぶどう酒に替えたり、一匹の魚を人数分に増やしたり、見えない人の目を見えるように出来たので、人間にはない能力持つことで神の子供と思ったようです。

《ビジョン2》
“丸(扇風機?)の中に携帯が入っているような模様”
意味は
「1)イシカミの会話の仕組みをあらわしました。
イシカミは言葉を持たず、クジラやイルカのように音の振動で会話をしました。
人間に聞こえないような音もあり、頭の骨に直接響いて日常の会話をしていました。
けれどももっといろいろ話したいと思って、喉と耳の機能を考えたのです。

2)「地球の中の地下道でイシカミたちが電話をして話しているのです。
アンタラ キイテル=あなたたち聞いていますか?と言う意味で“アンティキテラ”を地球の地下の電話のつもりで創ったのです。
(電話で起こすので)同時にあちこちで地震が起こったり、これまで起きていなかった所で地震が起きるようになったのです」

又ビジョンの丸は地球も現します。
地球の地下に携帯電話があり、イシカミたちは通話しあっているということをあらわしました。
アンティキテラとは
「アンタキイテイル=あなた聞いていますか」
とイシカミが電話で問いかけている意味なのです」

*)アンティキテラ(の歯車)

《ビジョン3》
“薄黄色のバックに黒いちょっと大き目の点と小さな点がドンドン上にあがって行く”
意味は
「切り刻んだ悪い星のイシキがソラにあがっていくこと」
悪いエネルギー体を切り刻んで宣言していることが効果があるということ。

*)友達物語

「誓います。
地下空洞のイシカミです。
これまで地震を起して、人間が大変な思いをしてきましたが、これからは被害のないようにお知らせします。
大きな地震は沖で知らせるようにします。
知らせることは地下にも通路があるということです。
それは湖にもつながっていています。
それで久しぶりにカナダのイシカミに知らせてもらったのです」

01-OCT-2007 16:42 M4.1 深さ18.0km SOUTHERN QUEBEC, CANADA

この他最近変わった所で地震が起きています。
現実にはこれからどうかわかりませんが、先日続けておきた大きな地震の割にはこれまでのような大きな被害は伝えられていません。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月28日2時51分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.3度 東経140.7度 深さ50km)
規模 M3.0
茨城県
震度1 ひたちなか市

発生時刻 2012年8月28日5時29分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.8度 東経141.3度 深さ20km)
規模 M3.3
茨城県
震度1 高萩市

発生時刻 2012年8月28日8時11分頃
震源地 十勝地方南部(北緯42.3度 東経143.1度 深さ50km)
規模 M3.7
北海道
震度1 浦河町、様似町、えりも町、幕別町

発生時刻 2012年8月28日20時24分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.8度 深さ10km)
規模 M2.7
福島県
震度1 いわき市

発生時刻 2012年8月28日20時44分頃
震源地 福島県沖(北緯36.9度 東経141.5度 深さ30km)
規模 M4.4
宮城県
震度1 名取市、岩沼市
福島県
震度2 白河市
震度1 郡山市、二本松市、天栄村、棚倉町、玉川村、浅川町、いわき市、楢葉町、川内村
茨城県
震度1 水戸市、日立市、高萩市、北茨城市、笠間市、東海村、常陸大宮市、土浦市、桜川市、鉾田市
栃木県
震度1 大田原市、那須町、宇都宮市、益子町

発生時刻 2012年8月28日21時32分頃
震源地 茨城県沖(北緯35.9度 東経141.1度 深さ20km)
規模 M3.4
茨城県
震度1 茨城鹿嶋市

発生時刻 2012年8月28日22時55分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.4度 東経141.9度 深さ10km)
規模 M5.0
宮城県
震度1 登米市、大崎市、岩沼市、蔵王町、大河原町、宮城川崎町、丸森町、石巻市、松島町
山形県
震度1 米沢市、高畠町
福島県
震度2 郡山市、天栄村、西郷村、玉川村、古殿町
震度1 福島市、白河市、須賀川市、二本松市、川俣町、大玉村、鏡石町、泉崎村、棚倉町、浅川町、田村市、本宮市、いわき市、川内村、南相馬市、猪苗代町
茨城県
震度2 水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、笠間市、東海村、小美玉市、鉾田市、常総市
震度1 北茨城市、ひたちなか市、茨城町、大子町、常陸大宮市、那珂市、土浦市、石岡市、結城市、取手市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、利根町、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、神栖市、行方市、桜川市
栃木県
震度2 大田原市、真岡市、市貝町、高根沢町
震度1 日光市、那須町、那須塩原市、宇都宮市、小山市、益子町、芳賀町、那須烏山市、栃木那珂川町、下野市
群馬県
震度1 沼田市、片品村、前橋市、渋川市、邑楽町
埼玉県
震度1 加須市、久喜市、埼玉美里町、春日部市、吉川市、宮代町
千葉県
震度1 銚子市、東金市、旭市、多古町、香取市、千葉中央区、市原市
東京都
震度1 東京足立区

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月28日のソラ。

台風と地震、インドネシア・モルッカ海M6.6、エルサルバドル沖合M7.3

2012年08月27日 22時16分58秒 | Weblog
ソラ辞典より
台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

2009年6月12日
Uチューブ紹介、ポセイドンと巨大湖、魚の穀物模様、オリオン座、台風とスロー地震、ソラからおたまじゃくしや魚

先日からポセイドン、黒海のお知らせが続いていますが、6月4日カスピ海、6月10日バイカル湖近辺で地震が起きているのは、ポセイドンと関係があるようで、思わぬことを伝えてきました。地震雲などの画像や穀物模様も参照。

・オリオン座のベテルギウス、謎の縮小(2009年6月11日記事)
先日からオリオンのお知らせがあります。

台風が“スロー地震”の引き金となる(2009年6月11日記事)
・・・5年という研究期間で、スロー地震は台湾の台風シーズンにしか発生せず、台風と同時に発生したスロー地震が111回もあったのである。スロー地震は、世界の特定の地域で地震エネルギーを緩和させているのではないかと推測されている。・・・

これもこの情報とつながります。

2006年11月27日
地震(ゆっくり地震も)の原因、ニウたちの結合と分離、赤ちゃんの中の胎児、プレアデナイの一族の消滅、猫

#)「2004年12月27日のお知らせ」のビジョンの絵の地震の元となる地球の割れ目や、ぬるぬる地震(スロースリップ)がなぜ起こるか聞いていました。

「それは(ニウたちが)気の合う友と手をつながないからです。
地球では、地球になったニウやイシカミのニウたちが手をつないで、形を創っています。
けれどもそれが同じ仲間でも気の合わないニウたち同士が手をつなぐこともあります。
そうするといつもケンカをしてそれで、つないでいた手を離すようになります。
手を離すことで隙間が出来、ニウたちはそれを治そうと動くので地震が起こるのです。
けれども仲の悪いニウたちだけが地震を起すのではありません。
なんとか地球のニウや、イシカミのニウたちは、人間に自分たちの存在を知らせたいと、わざと地震を起す場合もあります。
“ぬるぬる地震”は、ニウたちが一気に動くと人間が大きな被害を受けることを知ったので、少しずつ治しているので起こるのです」

“ゆっくり(ぬるぬる)地震”とは、少しずつ岩盤が動いていることで、一気に動いたら大きな地震になっていると思われる地殻変動が、2000年から観測されています。

津山線の落石=テーブルのように表面が滑らかなのは、イシカミのニウたちでも、気の合わないニウたちが手をつないでいたのが一気に手を離すことで、このようならスパッと切り取ったような岩になるということで、地震の意味を知らせてくれたそうです。

同じ民族同士のイラクや、過去で同じ民族だったユダヤ人とパレスチナ人が争っているのも関係があるのかなと思います。

#)チリで生まれた赤ちゃん、お腹の中に別の胎児がいた(2006年11月27日ニュース)
を読んでいると、右手のひらにきついサインあり。

「何をあらわしているかというと、人間の始まりの頃のことです。
(人類発生の頃は)赤ちゃんのように何も出来ない人間が、人間の赤ちゃんを産んだということを知らせているのです」

昨日プレアデナイの女王の復活があったということですが、いろいろなことで思い当たり納得できました。
すなわち、プレアデナイは残酷で争いが好きということで、イラクでの大きなテロの発生なども、プレアデナイのエネルギー体の仕業だったようです。
【プレアデナイの女王を消滅した】

2006年11月27日明け方
《イメージ》
“大きな蛾とそれよりちょっと小さめの蛾2匹と、小さな蛾2,3匹をジェット噴射の駆虫剤で駆除する。トンボなどがくもの巣に引っかかっている。アブの羽音がして弱っているのが一瞬見えるも、駆除できず気がかりと思っている”
夢の後すぐ目が覚めて、しっかりと駆除できたことで良かったと思っているが、弱っていたがアブが見つからずちょっと気なっていた。
蛾=プレアデナイの女王や王女の化身、アブは王?=一時は応援をしていたが、支配しようとする感じではあっても直接に害はない?と思っていたが
【プレアデナイの王を消滅した】
と発音するもなかなか出来なかった。

#)プレアデナイが送り込んだ猫が、17日間飲まず食わずでも生きていて船に乗ってイスラエルからイギリスへ渡った(2006年11月27日ニュース)
プレアデナイの作った争い好きな宗教のエネルギー体を、猫の化身であらわしたそうです。
それがイスラエルから抜け出し、プレアデナイは豪華なことの好きだったので、豪華な生活をしているイギリスの王室へ戻った?行った?ということのようです。
争いを楽しむプレアデナイのエネルギー体は、ロシアの亡命者の怪死で、争いの場をイギリスに持って行った?

#)元ロシアのスパイ、ロンドンで謎の死(2006年11月27日ニュース)

2011年11月3日
ターバン、ブルカ、北斗七星、染色体異常の始まり、コーヒーとお酒、ヨミの国、マリアナ海溝

1)ターバンは単に長い布を巻いているだけと思っていましたが、↓によると「扁平で頭の形にそった丸い帽子をかぶりそこに布を巻くもの」だそうです。
お皿が割れたことは、「良いことです」と言葉になったのも、イスラム教徒などターバンの中に固いお皿を載せているので、頑固な古い考えから抜け出すことができないことを知らせたそうです。ユダヤ教徒の帽子も同じです。

2)アフガニスタンの女性はタリバンが去った後にもブルカを着用しているのは、社会全体が荒れ果てて女性が安心して歩けないからということもあるようです。
ブルカは小鳥のカゴに似ていますが、思わぬことにイカロス、太陽、ハゲワシ、アフラ・マズダー(太陽)などとつながるようでした。

#)ノストラダムス詩篇6巻70番より
「偉大なシランが世界の首領になるだろう、 プルス・ウルトラ(プレアデナイ)が愛され、恐れ慄(おのの)かれた後に。
彼の名声と称賛は天を越え行くだろう。
そして勝利者という唯一の称号に強く満足する」

プレがいなくなった後のことで、シラーンとは知らん=シランとは、ミナシゴたちに見える世界のことは“シラン”と乳母たちが教えてきたことです。
すなわち「見える世界と見えない世界とは同じだとミナシゴたちは教えられていたが、それが違うことに気づいたこと」
ということで、シランとは宇宙の意識のある原子の巨大な集合体のことのようです。

2004年2月11日
地震雲、十勝沖のイシカミから生物は発生した

「手稲山のイシカミが降りています。
危機一髪だったのです。
あまりにお知らせを無視する人ばかりなので、 惑星X(ルシファー)はソラのモノの代表として、いて座のイシカミたちに一斉に蜂起して、南で起したような大きな地震を日本の中央でも起して欲しいと頼んでいました。
そのために知らせた雲です」

異常な雲を紹介する事に撮影者から苦情があり、お知らせを単なるエッセイとして聞き流してる(人が)いますが、色々な雲はソラのモノやイシカミなどが知らせています。
ですので、それらの情報は一人でも多くの方に知ってもらうことが大事だと思っています。
(昨年9月北海道に於いて、地震雲を見ながらその意味を知りませんでしたが、その前にチャネリングで地震を起したいとイシカミ達が言っているのを無視して、お知らせをしませんでした)
9月21日の写真、3人が見ている)

なぜ地震や台風を起したいと言ったかというと、折角一生懸命に穀物模様(クロップサークル)を作ったのに、全く理解してもらえなかったからだそうです。
北海道に起きたのは、十勝沖に沈んでいるイシカミが、最初にシリコンとなり生物を発生させたそうで、いわば生物の基礎を築いた事を知らせたかったからだそうです。

その結果、あのような大きな地震と台風になりました。
このように情報をあまりに無視したり、知らされた事を自分のためだけに独占しようとすると、そばで見ているロボットがお知らせするようです。

地震雲などの画像より
2012年8月26日 札幌市 18:14【インドネシア・モルッカ海M6.6、エルサルバドル沖合M7.3、南カリフォルニア連続地震】
26-AUG-2012 15:05(日本時間8/27 00:05) 2.20 126.84 M6.6 深さ91.9km MOLUCCA SEA
27-AUG-2012 04:37(日本時間13:37) 12.28 -88.53 M7.3 深さ20.3km OFFSHORE EL SALVADOR
この他、南カリフォルニアでマグニチュード2~5クラスの地震が、27日0時半から27日18時にかけて約120回起こっています。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月27日4時37分頃
震源地 釧路沖(北緯42.9度 東経145.0度 深さ90km)
規模 M3.5
北海道
震度1 標茶町、鶴居村、別海町、根室市

発生時刻 2012年8月27日7時58分頃
震源地 福島県中通り(北緯37.1度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.4
福島県
震度1 棚倉町、玉川村、浅川町、古殿町

発生時刻 2012年8月27日17時6分頃
震源地 青森県下北地方(北緯41.2度 東経141.3度 深さ10km)
規模 M2.0
青森県
震度1 東通村

発生時刻 2012年8月27日19時54分頃
震源地 大隅半島東方沖(北緯31.1度 東経131.5度 深さ30km)
規模 M4.1
宮崎県
震度1 宮崎市、日南市、串間市、都城市
鹿児島県
震度1 鹿屋市、大崎町、錦江町、志布志市

発生時刻 2012年8月27日19時58分頃
震源地 大隅半島東方沖(北緯31.1度 東経131.5度 深さ40km)
規模 M3.7
宮崎県
震度1 串間市
鹿児島県
震度1 鹿屋市、錦江町

発生時刻 2012年8月27日20時21分頃
震源地 岩手県沖(北緯40.1度 東経142.4度 深さ20km)
規模 M4.4
岩手県
震度1 盛岡市

発生時刻 2012年8月27日20時30分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.5度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M3.0
震度 宮城県
震度1 南三陸町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月27日のソラ。

穀物模様、地震雲、赤い月、福島県沖M5.1

2012年08月26日 22時40分00秒 | Weblog
2012年8月26日
穀物模様、地震雲など、赤い月、プレの女王、知多四国88箇所、南十字星、火山の噴火、イスラエル・パレスチナの学生の集会

#)穀物模様が次々と出ていますが、その一つ

「シリウスの指導でミナノコたちが手をつないで仕事をしました。
丸は地球です。
そばで名のない小さな星が見ています。
遠くに太陽がいます」

地下のイシカミやミナノコの最近のお知らせと一致しています。

#)2重の虹の出る前に大雨となり、一気に涼しくなっていました。
あることをするために「涼しくしてね」と言っていたら「寒くなるほどにします」と言葉になりましたが、本当にマイナス7度の寒気団が、近畿地方に下がってきたそうです。

#)たまたまベランダに出たら、真っ赤な月で、雲のせいかいろいろな形に変化をしていましたが、十勝で震度5の地震が起きました。
色々な雲で知らせていました。

地震雲などの画像より
2012年8月25日 名古屋 10:43【十勝地方南部M6.1震度5弱、福島県沖M5.1震度4】
2012年8月25日23時16分 十勝地方南部(北緯42.2度 東経143.1度 深さ49km) M6.1 震度5弱 浦河町、様似町、幕別町、浦幌町、更別村、十勝大樹町、広尾町(北海道)
※気象庁は8/26に当初発表のM5.9からM6.1に修正。
2012年8月26日03時37分 福島県沖(北緯37度 東経141.1度 深さ90km) M5.1 震度4 宮城県、福島県、茨城県

2012年8月25日 篠山辺り 14時47分《歩く山の字型》
舞鶴高速にて。山の字のような雲。

私も左側のこの雲を見ましたが、もっとはっきりとした”山”の形で、それに足がついたようでした。
その後、走っているような形になり、最近は本当に色々な形で知らせてくれているようです。

2012年8月25日 武蔵野市 18:06

2012年8月25日 武蔵野市 18:07

2012年8月25日 三鷹市 18:33

2012年8月25日 三鷹市 18:37

2012年8月25日 石狩市厚田 19:00【十勝地方南部M6.1震度5弱、福島県沖M5.1震度4】

2012年8月25日 三田市 23:20《赤い月》【十勝地方南部M6.1震度5弱 】

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月26日0時49分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.4度 東経142.1度 深さ60km)
規模 M3.6
岩手県
震度1 宮古市

発生時刻 2012年8月26日1時21分頃
震源地 青森県三八上北地方(北緯40.5度 東経141.6度 深さ110km)
規模 M3.5
青森県
震度2 階上町
震度1 八戸市
岩手県
震度1 岩手洋野町

発生時刻 2012年8月26日3時37分頃
震源地 福島県沖(北緯37.0度 東経141.1度 深さ90km)
規模 M5.1
青森県
震度2 階上町
震度1 八戸市、五戸町、青森南部町、おいらせ町、東通村
岩手県
震度3 一関市
震度2 普代村、大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、盛岡市、矢巾町、花巻市、北上市、遠野市、金ケ崎町、平泉町、奥州市
震度1 宮古市、久慈市、山田町、二戸市、雫石町、八幡平市、紫波町、西和賀町
宮城県
震度4 岩沼市、柴田町
震度3 登米市、宮城美里町、大崎市、白石市、名取市、角田市、蔵王町、大河原町、村田町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台宮城野区、仙台若林区、仙台太白区、仙台泉区、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、大衡村
震度2 気仙沼市、宮城加美町、色麻町、涌谷町、栗原市、南三陸町、七ヶ宿町、多賀城市、七ヶ浜町、利府町、大和町、大郷町、富谷町、女川町
秋田県
震度1 由利本荘市、にかほ市、横手市、羽後町、東成瀬村、秋田美郷町、大仙市、仙北市
山形県
震度3 米沢市、白鷹町
震度2 最上町、村山市、天童市、東根市、山辺町、中山町、河北町、西川町、山形朝日町、尾花沢市、大石田町、長井市、南陽市、高畠町、山形川西町
震度1 鶴岡市、酒田市、三川町、遊佐町、庄内町、新庄市、山形金山町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、山形市、寒河江市、大江町、山形小国町、飯豊町
福島県
震度4 福島市、二本松市、川俣町、田村市、福島伊達市、いわき市、葛尾村、新地町、飯舘村
震度3 郡山市、白河市、須賀川市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、天栄村、中島村、棚倉町、矢祭町、塙町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、小野町、本宮市、相馬市、福島広野町、楢葉町、富岡町、川内村、南相馬市、喜多方市、磐梯町、猪苗代町、湯川村
震度2 西郷村、泉崎村、矢吹町、鮫川村、三春町、会津若松市、北塩原村、西会津町、会津坂下町、柳津町、会津美里町
震度1 下郷町、檜枝岐村、南会津町
茨城県
震度4 水戸市、日立市、高萩市
震度3 常陸太田市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、東海村、大子町、常陸大宮市、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、筑西市、行方市、桜川市、鉾田市
震度2 大洗町、茨城古河市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、八千代町、五霞町、境町、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、常総市
震度1 河内町、守谷市、利根町、神栖市、つくばみらい市
栃木県
震度3 日光市、大田原市、宇都宮市、佐野市、真岡市、市貝町、芳賀町、高根沢町、那須烏山市、栃木那珂川町
震度2 矢板市、塩谷町、那須町、那須塩原市、足利市、栃木市、鹿沼市、小山市、益子町、茂木町、壬生町、岩舟町、栃木さくら市、下野市
震度1 上三川町、野木町
群馬県
震度2 沼田市、前橋市、桐生市、太田市、渋川市、群馬千代田町、大泉町、邑楽町
震度1 中之条町、片品村、みなかみ町、東吾妻町、群馬昭和村、高崎市、伊勢崎市、館林市、吉岡町、神流町、玉村町、板倉町、群馬明和町、みどり市
埼玉県
震度2 行田市、加須市、東松山市、羽生市、鴻巣市、久喜市、滑川町、嵐山町、春日部市、幸手市、宮代町、杉戸町、さいたま見沼区
震度1 熊谷市、本庄市、深谷市、小川町、吉見町、鳩山町、埼玉美里町、埼玉神川町、ときがわ町、川越市、川口市、所沢市、飯能市、狭山市、上尾市、草加市、越谷市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、鶴ヶ島市、吉川市、伊奈町、埼玉三芳町、毛呂山町、越生町、川島町、白岡町、松伏町、さいたま西区、さいたま北区、さいたま大宮区、さいたま中央区、さいたま浦和区、さいたま南区、さいたま緑区、さいたま岩槻区、秩父市、横瀬町、長瀞町
千葉県
震度2 千葉神崎町、香取市、成田市、柏市、印西市、千葉栄町
震度1 銚子市、東金市、旭市、多古町、芝山町、匝瑳市、横芝光町、山武市、千葉中央区、千葉花見川区、千葉若葉区、千葉美浜区、野田市、千葉佐倉市、習志野市、市原市、八千代市、我孫子市、鎌ケ谷市、四街道市、八街市、千葉酒々井町、白井市、富里市
東京都
震度1 東京千代田区、東京中央区、東京港区、東京新宿区、東京文京区、東京台東区、東京墨田区、東京江東区、東京品川区、東京目黒区、東京大田区、東京世田谷区、東京渋谷区、東京中野区、東京杉並区、東京北区、東京荒川区、東京板橋区、東京練馬区、東京足立区、東京葛飾区、東京江戸川区、武蔵野市、三鷹市、町田市、国分寺市、西東京市、狛江市、東大和市
神奈川県
震度1 横浜中区、横浜緑区、川崎幸区、川崎中原区、川崎宮前区
新潟県
震度1 長岡市、見附市、南魚沼市、村上市、五泉市、阿賀野市、阿賀町、胎内市、新潟秋葉区

発生時刻 2012年8月26日10時43分頃
震源地 福島県会津(北緯37.1度 東経139.3度 深さ10km)
規模 マグニチュード 2.3
福島県
震度1 檜枝岐村

発生時刻 2012年8月26日22時13分頃
震源地 岐阜県飛騨地方(北緯35.9度 東経137.3度 深さごく浅い)
規模 M3.5
岐阜県
震度3 下呂市

発生時刻 2012年8月26日22時24分頃
震源地 長野県北部(北緯36.8度 東経138.6度 深さ20km)
規模 M3.0
群馬県
震度1 中之条町、草津町
新潟県
震度1 上越市、湯沢町
長野県
震度1 飯山市、山ノ内町、栄村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月26日のソラ。

人類の起源、十勝地方南部M6.1

2012年08月25日 22時58分06秒 | Weblog
ソラ辞典より
人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

ソラ画像より
アイルランドのベーグモアー、沢山のストーンサークル Beagmore, Ireland A lot of stone circles
小さな土塁。
大小さまざまなストーンサークルが、小さなお花をいっぱい咲かせて待ってくれていました。
時間が止まったようで、何時までもここにいたい、人間の創られた原点と思えました。
大きな石は指導的なイシジンで、それぞれの石には表情がよくわかるのもあります。
小石の小山は、イシカミがこのように原子の塊で降りてきて、そのうちの動きたい原子が親から出てきて、いろいろな形になってサークルを作り、その中で原子に号令をかけ、人間を発生させたと伝えているそうです。

周堤墓のような凹みは、イシカミが降りてきた時、重くて凹んだものもあることを知らせているそうです。

遠くて見えませんが、長い直線の石の配列は、イシカミが遠いいて座からやってきたことをあらわしているそうです。

Big and small, various stone circles welcomed us with a lot of small flowers.
I felt as like the time stopped and wanted to stay here forever.
I thought Beagmore is the original place to create human beings.
Big stones are maybe leaders of ISHIJINS and some of stones show their expressions clearly.
A small mound of small stones expresses as follows:
ISHIKAMI fell down as a group of atoms like the mound.
Atoms who wanted to move came from their parent ISHIKAMI and became various forms.
They created stone circles and directed atoms to appear human beings.

A hollow like an earth circle exspresses that some ISHIKAMIS were very heavy and dented when they fell down.

This picture does't shows long line stones.
They express that ISHIKAMI came from far Sagittarius.

Beaghmoreの遺跡
沢山の小さな石のストーンサークルがきれいに残されていて、かわいいお花をいっぱい咲かせて待っててくれました。
大きな石は監督役のようで、見守っています。

二つずつサークルが並んでいるのは、驚くことを現地でも帰ってきてからも同じことを伝えてきます。
すなわち二つ並んでいるのは、【目】の意味をあらわすと。

*)Beaghmore Stone Circle Complex

石と土のサークル
一部に石と土だけの大小のサークルがあるのは、なぜかなかなかわかりませんでしたが、イシカミの目をあらわしているそうです。
すなわち色や形が直接は見えなかった?ので味気なかった?ことをあらわしているようです。

放射線のある目の形
AとBの二つ並んだサークルは、普通の人間の目をあらわすそうです。
すなわち、「嫌な物を見ても、現実には見えないが3本の線のように、目頭から出てしまう」
ということで、普通の人は幽霊などは見えないということをあらわしているそうです。

もうひとつの意味は、長い線は、遠くの宇宙からやって来たことをあらわすそうです。

1本の線があるサークル
CとDは一本だけ線があります。
これは見えない世界のものを見ることができる人の目をあらわしているそうです。

縦の目になぜなるか?のサークル(アイルランド)
思いもよらないことを伝えてきました。

縦の目=爬虫類の目と同じで、人間も爬虫類の星から来ている人ではたまに?縦の目になるそうです。
ちなみにエジンバラを見た後に来たことも意味があるようです。

二つのストーンサークルと、周提(凸凹)のサークルです。
G、Fの形がそれをあらわしています。

嫌なものを見てもそれを、普通の人のように放出できないので、目の入り口を閉じるので目が縦になる。
猫かやは虫類のヘビなども縦になります。
自らの姿を見たくないとも言います。

放出する線がなく、代わりに凸凹の現実を見る=隠すことができない。

別の意味もあり、
サークルでは人間が創られましたが、へこんだサークルは、イシカミが地球に降りてきて、先に降りたイシカミが柔らかかっためにへこんだということもあらわしているそうです。

アイルランド、ビーグルモアーの遺跡
手前にも長く伸びていますが長い直線は遠い宇宙からイシカミがやってきたことを、石の固まりはイシカミが物質として山になったことをあらわすそうです。
大きな石は先に来たイシカミがイシジンとしてお出迎えしていると。
イシカミの一部が分かれてストーンサークルを形創り、その中で人間になりたい原子たちにエネルギーや知恵を与えて、人間が創られたそうです。

キャロウモアの遺跡、ストーンサークル
ストーンサークルの石は一抱えは出来ない大きな石です。

キャロウモアの遺跡
ストーンサークルと石箱の原型がここでも見られます。

キャロウモアの遺跡、二重のストーンサークル
外側は大きな石で内側は小さな石でストーンサークルができています。
やはりこれも一重だけのストーンサークルではエネルギーが足りなかったので、二重になって人間になる原子にエネルギー(=指示)を与えたようです。

キャロウモアの遺跡とおっぱい山(クノックナレア山)
奥の山はクノックナリで上に女王メイブの墓=石積みの丘(=乳首にあたる)がある。
この遺跡はヨーロッパで2番目に大きく、あちこちに大き目の石でドルメンや、ストーンサークルが散在していて、一部は牧場の中に組み込まれている。

見たこともない青空、アイルランド・エジンバラ画像集
短時間だけですが、同行者共々、これまで見たこともない濃い紺碧色のソラで驚きました。
青空はソラの一部のものが悪いことをしたのを、消毒?していると以前、海の色と同じく伝えてきています。
アイルランド、エジンバラ画像集は↓でも紹介してあります。
簡単ビデオもありますので、どうぞ。

*)2007年アイルランド/イギリス・エジンバラ調査

2005年6月1日
人間はストーンサークルの中で創られた、東京湾の地震

【ビジョン】
“白い丸の周りに稲妻のような白い光が5、6本降りてきて、丸の中で2、3人?がごそごそしていると赤ちゃんのような顔が出来上がる”
↓の画像参照。

意味は
「ストーンサークルの中に射手座のものがエネルギーを送り込んで、名のない星たちがイシカミの原子に指示を与えて人間(大人)を創った事を知らせたのです。
まず、最初に心臓が作られて大人の体が創られました。

そして最初の人間はホシノミナが降りてきた所(綾部市星原)のストーンサークルで創られました。
そしてそこから数千人も出て行ったのです。
けれどもそこのストーンサークルはヤマトに壊されたのです」

(本当かな? と思っていると、口の上をチクチクとサインがあり、本当ですと)

ホシノミナの降りた所に最初のストーンサークルがあり、ヤマトに壊されたとは、以前にも知らされています。
ちなみに以前の情報でよく出てきた綾部市シガサト(犀川流域)には、旧石器時代のチャ-ト製ナイフ形石器が出ています。
同じく綾部市にある(埋められたが)たくさんの何の穴か分からないという巨大な穴は、青森の三内円山と同じ巨木で巨人を示すものが作ってあったのですが、ヤマトがそれを隠すためにあちこち穴を掘って意味をわからなくさせたと知らされています。

人間は猿を基礎としていますが、直接進化したのでなく参考としただけで、
丁度コンタクトの映画にあった
“小さな点(=原子)が集まって人間の姿が出来上がる”
イメージと同じと思いました。

ストーンサークルの中に、エネルギーを与えられて創られたと聞いて思い出したのが穀物模様です。
以前TVで、小さな光があらわれた後に穀物模様が出来ていたと、実際光を見た人が言っていましたが、実際に小さな光がふわふわしている映像も写されていました。

日本のTVではたった一つの穀物模様を見せて(それも一度試作してからの)穀物模様は人間が作ったと、お笑いにして断言してしまいましたが、もっと真剣に取り組んでいただきたいと思います。

豊田で見た穀物模様では、巻き上げるようになっていたり、焦げたような色になっていたりして、明らかに不自然なエネルギーが与えられたようで、自然に出来たとは思えませんでした。

TVで写っていた小さな光がロボットと思えますが、最初の穀物模様を見た頃、穀物模様ができていた所へ行く道で、ぬいぐるみの小象が2頭道を横切るビジョンか夢をみました。
それはイシカタヤマのロボットが穀物模様を作ったということをあらわしたそうです。
小象のロボットは、娘がタイで買ったぬいぐるみそのもので、こちらをチラッと見て横切り、可愛かったイメージはまだはっきりと覚えています。

発生時刻 2005年6月1日20時44分ごろ
震源地 東京湾 深さ50km M4.2 震度3

7時ごろ、皇居の門で4人の警察官の交代という、前時代的な行事がまだ行われているのをTVで見ていました。
(書いていると大きなラップ音)
同じ人間なのに未だになぜあのように特別扱いしているのでしょう。
巷では夜も寝ずに事件に対応している警察の方がおられるのに。

「海の中のイシカミです。
(TVを)あなたが見ていてのを見たのです。
それで知らせたのです。
これほど知らせても変わりません」

の後ビジョン
“真中に極太の黒い柱?がドンとある”

「ソラの者達にとって↑のような事が一番の目障りな事なのです」 と。

ソラ辞典より
イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月25日0時38分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.7度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M3.0
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年8月25日7時43分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.5度 東経141.1度 深さ40km)
規模 M4.0
福島県
震度1 天栄村
茨城県
震度2 高萩市、常陸大宮市
震度1 水戸市、日立市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、東海村、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、筑西市、桜川市、鉾田市
栃木県
震度1 小山市、真岡市、益子町、茂木町

発生時刻 2012年8月25日8時35分頃
震源地 熊本県阿蘇地方(北緯33.1度 東経131.1度 深さ10km)
規模 M2.4
熊本県
震度1 熊本小国町

発生時刻 2012年8月25日8時51分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.3度 東経141.1度 深さ40km)
規模 M3.6
茨城県
震度1 水戸市、日立市、常陸大宮市、土浦市、鉾田市

発生時刻 2012年8月25日9時52分頃
震源地 山形県置賜地方(北緯37.8度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M3.6
山形県
震度2 飯豊町
震度1 米沢市、山形川西町
福島県
震度1 喜多方市

発生時刻 2012年8月25日9時55分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度1 古殿町、いわき市

発生時刻 2012年8月25日18時2分頃
震源地 福島県中通り(北緯37.1度 東経140.5度 深さごく浅い)
規模 M2.5
福島県
震度1 古殿町

発生時刻 2012年8月25日20時14分頃
震源地 岩手県沖(北緯40.0度 東経142.0度 深さ10km)
規模 M3.8
岩手県
震度3 普代村

発生時刻 2012年8月25日23時16分頃
震源地 十勝地方南部(北緯42.2度 東経143.1度 深さ49km)
規模 M6.1
北海道
震度5弱 浦河町、様似町、幕別町、浦幌町、更別村、十勝大樹町、広尾町
震度4 札幌東区、札幌白石区、千歳市、函館市、厚真町、安平町、むかわ町、平取町、新冠町、新ひだか町、えりも町、鹿追町、新得町、帯広市、十勝清水町、芽室町、十勝池田町、豊頃町、本別町、中札内村、釧路市、白糠町、別海町
震度3 石狩市、当別町、新篠津村、札幌北区、札幌豊平区、札幌南区、札幌厚別区、札幌手稲区、江別市、札幌清田区、恵庭市、北広島市、鹿部町、小樽市、余市町、赤井川村、滝川市、浦臼町、岩見沢市、美唄市、三笠市、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、中富良野町、南富良野町、占冠村、北見市、訓子府町、置戸町、胆振伊達市、室蘭市、苫小牧市、登別市、白老町、日高地方日高町、上士幌町、足寄町、音更町、士幌町、弟子屈町、釧路町、厚岸町、標茶町、鶴居村、中標津町、標津町、根室市
震度2 札幌中央区、札幌西区、長万部町、七飯町、渡島森町、渡島北斗市、福島町、知内町、木古内町、上ノ国町、厚沢部町、乙部町、今金町、せたな町、積丹町、古平町、仁木町、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町、岩内町、深川市、妹背牛町、秩父別町、北竜町、沼田町、芦別市、赤平市、砂川市、歌志内市、奈井江町、上砂川町、新十津川町、雨竜町、夕張市、和寒町、剣淵町、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、東川町、美瑛町、富良野市、上富良野町、留萌市、増毛町、美幌町、津別町、斜里町、清里町、小清水町、大空町、佐呂間町、遠軽町、湧別町、興部町、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町、陸別町、浜中町、羅臼町
震度1 八雲町、渡島松前町、檜山江差町、島牧村、寿都町、黒松内町、蘭越町、共和町、奥尻町、名寄市、幌加内町、比布町、愛別町、上川地方上川町、初山別村、小平町、猿払村、網走市、紋別市
青森県
震度4 東通村
震度3 青森市、平内町、外ヶ浜町、藤崎町、八戸市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、五戸町、青森南部町、階上町、おいらせ町、むつ市、大間町
震度2 五所川原市、今別町、蓬田村、板柳町、青森鶴田町、つがる市、中泊町、弘前市、黒石市、田舎館村、平川市、十和田市、六ヶ所村、三戸町、田子町、風間浦村、佐井村
震度1 鰺ヶ沢町、深浦町、西目屋村、新郷村
岩手県
震度3 盛岡市
震度2 久慈市、普代村、野田村、岩手洋野町、二戸市、岩手町、滝沢村、一戸町、八幡平市、軽米町、九戸村、矢巾町、紫波町、花巻市、遠野市、奥州市
震度1 宮古市、山田町、田野畑村、大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、雫石町、葛巻町、北上市、一関市、金ケ崎町、平泉町、西和賀町
宮城県
震度2 涌谷町、栗原市、登米市、石巻市
震度1 気仙沼市、南三陸町、宮城美里町、大崎市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町、東松島市、松島町、利府町
秋田県
震度1 能代市、藤里町、八郎潟町、井川町、大潟村、潟上市、三種町、秋田市、にかほ市、大館市、上小阿仁村、北秋田市、横手市、湯沢市、羽後町、東成瀬村、秋田美郷町、大仙市
山形県
震度2 中山町
震度1 村山市、天童市
福島県
震度1 いわき市、楢葉町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月25日のソラ。

女川第1中学校から、ミナノコたちの仕事、地震雲の意味

2012年08月24日 21時43分53秒 | Weblog
ミナノコたちが手をつないだ、パプアニューギニアM6.2」、「地球の中、福島県沖M5.2」、「8月の地震雲、択捉島南東沖M5.4、十勝地方南部M5.2」、「穀物模様似のタオル、イランのダマーヴァンド山、北海道東方沖M4.8」の続きです。

ソラ画像より
宮城県女川第1中学校から
イランのテヘラン大学にお勤めのゴドラッド・ザーケリーさんが、2003年のイランの大地震で、日本人が俳句で力づけてくれたことを思い出し、その恩返しをしようと、大学の応援の元イランで俳句を募集し、選ばれた俳句を『俳句集、希望』を創られました。
それをぜひ3.11大地震の被災地に届けたいということでしたので、NPO地球の平和のための謎とき会の皆さんが連携で協力をしてくださいました。
俳句集と共にシャープペンシルやNPOのシオリ「目には目を、歯には歯を」の本当の意味、分かち合いの大切さをシオリにしたのを送らせていただきました。
女川とつないでくださった方へのお礼のメールに添えられていた絵です。
見ていると涙が出てきます。
宇宙の皆さん、被災地の方への応援をお願いします。

(俳句集は女川の仮設住宅や、多賀城、石巻の避難所などへも贈られ、そこに会員個人から、又、NPOからも地元の商店を通してダイレクトに支援物資を送らせていただくことができました)

地震雲などの画像より
2011年9月7日 名古屋近郊 23:29(月暈)
とても変ったくもですが、先日から宇宙のミナシゴの原子のことが伝えられています。
細かい雲は宇宙のミナシゴの原子たちのようで、ソラ画像でも紹介しています。

クロップサークル(穀物模様)より
2012/8/24 ミナノコたちの仕事写真
今のところ言葉にはなりませんが、やはりミナノコたちがきちんと手をつないで、地球上で仕事をしていることを知らせているようです。
四角はシリウすの指導を受けているようです。

↓地震雲などで知らせてくれていることを、伝えているようです。

地震雲などの画像より
2012年8月18日 綾部市 17:19(二重の虹)
この後、しばらくしてから、中央が切れて両端だけの虹が出ていました。
綾部のソラの家に行きましたが、17日は猛暑で、明日はバーベキューをするから涼しくしてね、と頼んでいました。
「ミナノコです、寒くなるほどにします」と言葉になりました。
次の18日は午後から大雨になり、一気に涼しくなり、舞鶴で22度と気象情報が出たそうです。
その後、TVで18日はマイナス7度の寒気団が近畿地方に下がってきたと解説されていました。
思い出したのが、7月21日に東京の子供さんを見舞いに行きましたが、前日は猛暑なので、涼しくしてね、と頼んでいました。
21、22日と東京ではGWのようなさわやかな風が吹き、戸外で立ち話も平気でした。

2012年8月19日 愛知県阿久比 11:04 《L字型雲》
L字型の雲は三田でも何度か見ていますが、大きな意味を知らせています。
愛知県知多は知多四国88箇所めぐりで有名で、霊場はプレの女王によって封印されています。
プレの女王により、知らない間に黒リュー信仰をさせられた霊能者が住んでいる地域でした。
小さな半島は、日本列島の片足が瀬戸内海により切断された代わりをし、プレの女王が支配しようとしました。
そのことを上半身が起き上がった日本列島をあらわしています。
片足を上げたイシジンであらわしています。

2012年8月23日 瀬戸市 10:13《片足をあげたイシジン》
中央が片足を上げたイシジンをあらわしています。

2012年8月23日 瀬戸市 10:14

2012年8月22日 瀬戸市 15:35
ヒコバエを思いました。

2012年8月22日 瀬戸市

2012年8月22日 瀬戸市 16:36

クロップサークル(穀物模様)より
2012/8/21 地球の中写真
イシカミの丘の横にできています。
パンタリカの出土品」、「ナミビアのソラから落ちてきた正体不明の品物」に似ています。
「地球の中はこのようになっているのです」と言葉になります。
北半球が複雑な模様の方?

「地球の中のイシカミをあらわしました。
耳があって言葉は聞いていますが、目はありませんので見えません。
髪の毛のあるのは北半球で、湧き水が多いということです。
頭をちょっと動かすと、北極点が移動し、異常気象といわれるのです」

顎関節という変わったサインが出ていますが、この近くにカタツムリ管(=大元をあらわす)があり、それがとても大きな働きをすることを長居横棒であらわしているようです。
すなわち、渦巻きを伸ばすと長くなる。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月24日2時10分頃
震源地 福島県沖(北緯37.6度 東経141.8度 深さ50km)
規模 M4.2
宮城県
震度2 石巻市
震度1 角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、柴田町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町、女川町
福島県
震度2 福島伊達市、新地町
震度1 福島市、郡山市、白河市、須賀川市、二本松市、桑折町、川俣町、大玉村、天栄村、玉川村、浅川町、小野町、田村市、本宮市、いわき市、相馬市、福島広野町、楢葉町、富岡町、川内村、葛尾村、飯舘村、南相馬市

発生時刻 2012年8月24日3時41分頃
震源地 岩手県沖(北緯40.2度 東経142.4度 深さ40km)
規模 M4.1
青森県
震度1 八戸市、三沢市、三戸町、五戸町、青森南部町、階上町、おいらせ町、東通村
岩手県
震度1 宮古市、岩手洋野町、盛岡市、二戸市、八幡平市、軽米町

発生時刻 2012年8月24日10時22分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.2度 東経139.8度 深さ50km)
規模 M3.5
茨城県
震度2 桜川市
震度1 水戸市、常陸太田市、笠間市、常陸大宮市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、結城市、筑西市、かすみがうら市
栃木県
震度1 大田原市、宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、益子町、野木町、下野市
群馬県
震度1 太田市
埼玉県
震度1 加須市、久喜市、宮代町

発生時刻 2012年8月24日15時50分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.7度 東経142.4度 深さ40km)
規模 M3.8
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 南三陸町

発生時刻 2012年8月24日20時1分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.4度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M3.6
東京都
震度2 東京利島村、新島村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月24日のソラ。

穀物模様似のタオル、イランのダマーヴァンド山、北海道東方沖M4.8

2012年08月23日 22時52分33秒 | Weblog
ミナノコたちが手をつないだ、パプアニューギニアM6.2」、「地球の中、福島県沖M5.2」、「8月の地震雲、択捉島南東沖M5.4、十勝地方南部M5.2」の続きです。

ソラ画像より
穀物模様似のタオル
穀物模様の「ミナノコたちが手をつないだ」(写真)と似ています。
NPO地球の平和のための謎とき会で世話になっている読者から送られてきました。

イランのダマーヴァンド山
イランのゴドさんより

*)ダマーヴァンド山
・・・ダマーヴァンド山(Mount Damāvand、ペルシア語: کوه دماوند) は、イランにある火山(現在は休火山だが、噴気孔が活動している)。アルボルズ山脈中部にあり、標高は5,610m。イランの最高峰であり、中東全体の最高峰でもある。カスピ海の南岸、テヘランの北東66kmに位置する。この山に最も近い主要な都市はレイネ(Rineh、رینه)であり、山の南側にある。イランにおける伝説や神話を持ち、特別な場所とされる山。また、羊飼いたちによって千年以上も前から登られた山である。・・・

ペルセポリスは遠く離れていますが、この山と関係あると言葉になります。

イランのダマーヴァンド山の麓
イランのゴドさんより
麓の村で温泉もあるそうです。

2011年9月16日
カナート、ペルセポリス、噴水、パレスチナの悲劇、脾臓と胆嚢、肋骨、ミナノモノ、平の敦盛

1)カナート(カ・ヌー・トと発音になる)はイランの乾燥地域に見られる地下用水路のことで、長さが10数km、竪坑の深さは300メートルのものまであるそうです。
これらは鎌倉の”切り通し”と同じで、地下のイシカミの原子たちが長いものになって抜け出た跡が、水路になったと伝えられました。
人間が創ったのも勿論ありますが、人がかがんで入るような暗渠の水路が数kmも続いていたり、縦坑が100m以上もあるのは、人間が造ることは到底無理と思っていました。

各国の地下水路も古代からの噴水の水路も同じ仕組みのようです。
水星が水の形をあらわしたいからと、いて座のイシカミの原子に頼んで、水路や噴水になってもらい、地下空洞の水路とつなげたので、ヨーロッパの噴水など1000年以上も保っているようです。
水も雨水だけなら枯れてしまいますが、驚くほどの水量が流れるのは、地球の内部はマグマでなく、洞窟のようで地下水路などが縦横に走っているからだそうです。

2)ハザール・ストゥーン(千の柱)、チヒル・ミナール(40の尖塔)とも呼ばれるイランのペルセポリスは、その名の通りは大小の石柱や石の土台がたくさんあります。
それらは世界中のイシジンがそこの集まるための場所と、ソラの情報では知らされています。
その石柱は、カナートを創るために抜け出した地下のイシカミの原子たちが、ゆるい結合で移動して、そこに集まって固まったと伝えられました。
そうでなければどのようにしてこの石柱を積み上げたでしょう?

A Pictorial Tour of Persepolis
ペルセポリスの石柱

2011年9月6日
台風12号、スプライト、ペルセポリス、ジョカ、ピエロ、カケガワ、不潔強迫の原因、ブラックホールの融合?

この度の台風12号の被害に遭われました方には、心よりお見舞い申します。
今回の台風は思いを持ったスプライトの指示で起こされたようです。

台風12号はこれまで通り自然に発生した高気圧にはさまれて動きが遅くなったということですが、ソラの情報ではこれまでの台風とは違って、スプライトの指示を受けている原子たちの集合体なので、高いところを進んだために山にぶつからず勢力が衰えなかったそうです。
そして被害が大きかった紀伊半島は宗教のツボ(壷)と以前から言われていますが、神話と関係のある地と関係があったそうです。

スプライトは雷(稲妻)に付随して起きる現象で、雷は地上に向かって発光するのに対して、スプライトは宇宙に向かって発光します。
ソラからの情報によれば、雲から下を稲妻、雲から上をスプライトであらわして、それでバランスが取れているようです。
それぞれにやはり意識があり、そのことをイランのペルセポリス遺跡のとても高い石柱であらわしているそうです。

2011年8月6日
宗教法人の非課税、復興資金、いろいろなビジョン、倭の国、悪の金星、プレの悪あがき、ペルセウス座流星群

宗教法人は広大な土地に、大きな建物を持っていても非課税です。
ソラからの情報では一貫して、宇宙は平等であり、支配はいけないと伝えられています。
宗教は人間を支配するという宇宙の法則に反した組織で、あたかも死後の世界を知っているように、巧妙に誘導しお布施と称して多額の寄付をさせています。

そしてそれらの資金は宗教組織の資産として一部の人たちだけが労せずして食むという特権と、これでもかというくらいの広大な土地に巨大な建物などに変っていますが、全て無税です。
今回NPO法人・地球の平和のための謎とき会の集会所として田舎の中古の家を個人から借りて活動を始めていますが、それに対してはしっかりと不動産取得税がかかってきました。
そのことで以前から宗教法人の非課税に矛盾を感じていたのと、ソラからもとても厳しい言葉になって、公開するようにと、口内にポリープもできましたので書かせていただきます。

宗教という名の元に、平和を訴えていますが、その裏では争い好きで、崇めてほしい巨大なリュージンのエネルギー体を世界中にばら撒いているので、世界中が争いの構図から抜け出せないと伝えられています。
宇宙は意識で満ち溢れているそうで、宗教は一番嫌なもの(=支配しようとするエネルギー体=リュージンなど)を崇めることなので、信じれば死後に救われるというのは真っ赤な嘘になります。

それなのに信じれば救われると人を欺いて入信させ、多額のお金を寄付させますが、その集金に対する税金は取らないで、一生懸命働いている人たちの、厳しい仕事に対してはそう多くもない収入からはしっかりと税をとる今の制度は、どうしても納得できません。
今回の震災の復興に関して、巨額の資金が入用です。
宗教も皆を助けると公言しているのであれば、寄付などという施しでなく、しっかりと払うべきものは払うようにして、政府はこの悪しき制度に対して真剣に取り組んでほしいと思います。

それとこの国の危機に際してもうひとつ決断をしていただきたいのが、皇室制の廃止です。
以前から何度も書いていますので今回は詳しくは書きませんが、宇宙の平等を壊しているこの制度が廃止されないので地球の平坦化が進んでいると何度も伝えられています。
わずかな皇族の人たちのために、巨額の税金が使われています。
皇室の資産で運用されているというのも、元は国民の税金を回しただけです。
そしてホームレスも多くいるというのに、皇族のために都心の広大な敷地を専用にしています。
囚われ人のように皇室の人たちの悲劇が現に起きていますが、皇族の方も普通の家族として暮らされるとどれほど幸せかと思います。
是非、皇居は国民のために解放し、入園料を取って国の財政に当てていただければと思っています。
国家存亡さえ心配される今の危機に、以前から思っていたことを書かせていただきました。

2011年5月18日
ミランダ、UFO、義経、チェルノブイリ、延暦寺、ティターン、ペルセポリス

1)ミランダは天王星の衛星ですが「ミランダとは、ニランダ=天皇制(天王星)を睨んでいる」という意味だそうです。
先日から新宿でUFOとか、子供さんが金色のUFOを見たとか連絡が来ていますが、ミランダが送り込んでいると知らせてきました。
ミランダの長方形の中に睨んだような模様があるのはシリウが監視に行っているそうです。

2)義経神社、イシジンであった義経は伝説で伝えられていることが本当であったこと、源氏の名前の謂れ、弁慶の関係、なぜ頼朝が嫌ったか、鎌倉の切り通しとの関係など、いろいろな謎の答えを伝えてきましたが、これまでのお知らせとつながって行きます。ソラ画像参照。

3)タイタン(ティターン)逆さになっている像の意味

2012年6月5日
都の地震?、政治家への警告、ミナノコ、太陽、ペトラ=カシオペア座、プレの王=ミケーネ(三毛猫)、キンリュウ=金魚?、稲妻

次のこともチャネリングの言葉ですので、真偽のほどはわかりません。
昨夜寝ていて急に涼しくなったので、何か降りていると思いましたが眠くて寝ました。
朝起き掛けに

「なぜ、急に涼しくなったかというと、天皇だったもの(昭和天皇、以前のようにヒロヒトとは言わない)が降りているからです」

「嫌になるほど責められています。
邪鬼のいなくなった地獄の跡にいましたが、ここまで責めにきました」

「どうして大地震のことを言ったかというと、ミナノコたちの考えなのです。
竜巻が来ます。
それは広い平野にきます」

右大腿にサインあり。

「(自分が直接人を)殺したことはありません。
皆に戦争をするように言いました。
ナラクにいるものです。
ソラにあがりたいのですが、悪いことをしたのであがれません。
若者が殺してやると襲ってくるのです。
学ぶことは死んでからの方がいつまでも責められるということです。
早く皇室を無くすように伝えてください。
それが続く限り、地球に平和はきません。
その原因は人間の平等と壊している皇室制がなくならないからです。
そしてあまり知らないのですが、宗教のせいだと言われ続けています。

今、人々の苦しみをさらに強めようとしていること(消費税増税)が行われようとしています。
その税の行き先をしっかり知らせてください。
大勢の人を従えて見物したり話をすることは、人々から取り上げた税金を使っているだけです。
遊びほうけた子弟を海外で学ばすために税金が使われることも許されません。
(人間を通してこちらの世界から見ていると)ソラが怒るのもやむをえないと思っています。
かって神と呼ばれたヒロヒトより。
ナラクにくる事のないように知らせてください」

ちなみに昭和天皇の葬儀は約100億円だったそうです。
毎年、皇室費 62億3千9百万円+宮内庁106億2千5百万円=170億円が10数人の皇族のために使われていることになります。

丁度ひふみ神示さんも明治天皇のお知らせを紹介してくださっています。
以下のこともチャネリングなので真偽の程はわかりませんが!!、昨年末に知らせたことが、2012年1月1日の鳥島M7.2で起きましたので、とりあえずお知らせしておきます。
イシキの世界のことだけかもかわかりませんが、6月4日夜中と明け方と2回、同じような言葉が出てきました。

「小学生以下の小さな子供のミナノコたちが、大地震を起こすと言っています。
都の近くで高波も起きます。
いくら伝えても、次のことがなされないからです。

それは人々からお金を取ることばかり(消費税増税)を政府の人は考えているからです。
何度も伝えている人間の平等を壊して、巨額の税が投入されている皇室や宮内庁がそのままで、なんら変わりがないこと。
そして支配星が支配するために創られた宗教は、人々の不安の弱みに付け込んでいるだけの悪徳商売なのに税を取っていません。
それらからお金を回すことがまず最初にするべきことなのに、なされないからです。
それでソラ(宇宙)で計画されたことを、ミナノコたちが実行するというのです」

地震と雲画像でも赤い月、断層雲、異常な夕焼け雲など。

・千葉県大原漁港に大量のイワシが打ち上げられる(2012年6月ニュース)

ミナノコがソラにあがったから?
その他3重の低い虹が関東で見られています。

・太陽の活動、過去20年で低下 地球寒冷化への影響は不明(2012年6月4日ニュース)

ソラ画像より
ペルセポリス
R子さんより提供。

《ビジョン》
“白い小さなイシジンが一列に並んでいる。次に枠の中に大人のイシジンが3人並んでいる。次に同じく枠の中の一人のイシジンが横向きの駆け足の格好をしている。次に、小さなイシジンが並んだのは小さめの石垣がたくさん並んでいる。次に大きな石垣になる”
意味は
「石垣の出来方を知らせていて、小さい石は小さいイシジンが集まり、大きい石は大きなイシジンでできていることをあらわし、今は石垣からイシカミのイシキが抜け出したことをあらわしています」

この画像が頭に浮かびました。
これらもイシジンが壁の中に半分入って、イシジンがこれらの遺跡を創ったことを知らせています。
丸い花びらのようなのは、太陽のイシキが降りていたことをあらわしている。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸、埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月23日0時16分頃
震源地 福島県沖(北緯36.9度 東経141.1度 深さ50km)
規模 M3.8
福島県
震度2 小野町
震度1 白河市、須賀川市、鏡石町、天栄村、玉川村、平田村、浅川町、田村市、いわき市
茨城県
震度1 日立市、常陸太田市、高萩市、常陸大宮市

発生時刻 2012年8月23日12時19分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.2度 東経141.0度 深さ50km)
規模 M3.2
茨城県
震度1 水戸市

発生時刻 2012年8月23日13時5分頃
震源地 福島県沖(北緯37.3度 東経141.5度 深さ50km)
規模 M3.2
福島県
震度1 福島広野町

発生時刻 2012年8月23日13時38分頃
震源地 福島県中通り(北緯37.1度 東経140.5度 深さごく浅い)
規模 M2.4
福島県
震度1 古殿町

発生時刻 2012年8月23日13時56分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.8度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.1
茨城県
震度1 日立市、常陸太田市、高萩市、常陸大宮市

発生時刻 2012年8月23日15時11分頃
震源地 福島県中通り(北緯37.1度 東経140.5度 深さごく浅い)
規模 M2.2
福島県
震度1 古殿町

発生時刻 2012年8月23日20時5分頃
震源地 北海道東方沖(北緯43.4度 東経147.1度 深さ50km)
規模 M4.8
北海道
震度2 根室市
震度1 標茶町、標津町、別海町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月22日のソラ。

8月の地震雲、択捉島南東沖M5.4、十勝地方南部M5.2

2012年08月22日 22時44分25秒 | Weblog
ミナノコたちが手をつないだ、パプアニューギニアM6.2」、「地球の中、福島県沖M5.2」の続きです。

地震雲などの画像より
2012年8月18日 綾部市 17:19(二重の虹)
この後、しばらくしてから、中央が切れて両端だけの虹が出ていました。
綾部のソラの家に行きましたが、17日は猛暑で、明日はバーベキューをするから涼しくしてね、と頼んでいました。

「ミナノコです、寒くなるほどにします」
と言葉になりました。
次の18日は午後から大雨になり、一気に涼しくなり、舞鶴で22度と気象情報が出たそうです。
その後、TVで18日はマイナス7度の寒気団が近畿地方に下がってきたと解説されていました。

思い出したのが、7月21日に東京の子供さんを見舞いに行きましたが、前日は猛暑なので、涼しくしてね、と頼んでいました。
21、22日と東京ではGWのようなさわやかな風が吹き、戸外で立ち話も平気でした。

2012年8月18日 綾部市 18:07(両端だけの虹1)

2012年8月18日 綾部市 18:07(両端だけの虹2)

2012年8月16日 江別市 18:19(途切れた虹)
岩見沢方面に出ていました。

2012年8月16日 江別市 18:25(短い虹)

2012年8月18日 剣淵町 11:59

2012年8月18日 剣淵町 13:39

2012年8月18日 剣淵町 13:46(立ち上がった雲)

2012年8月18日 剣淵町 14:02

2012年8月18日 士別市 14:31

2012年8月18日 深川市 16:43

2012年8月19日 愛知県阿久比 11:04

2012年8月19日 愛知県阿久比 12:52

2012年8月19日 明石市 13:03

2012年8月19日 三田市 18:18

2012年8月19日 三田市 18時47分
低い位置の雲は唇の形に見えました。

2012年8月19日 三田市 18時47分
拡大してあります。

2012年8月21日 名古屋 8:15

2012年8月21日 名古屋 8:26
↑が変化した雲です。

2012年8月21日 三田市 15時01分

2012年8月21日 三田市 16時33分

2012年8月21日 三田市 16時33分

2012年8月21日 三田市 16時34分

2012年8月21日 三田市 17時11分
拡大して撮りました。

2012年8月21日 八王子市 17:23

2012年8月21日 名古屋 18:38【十勝地方南部M5.2】
2012年8月22日 10時33分頃 十勝地方南部 M5.2 震度4

2012年8月21日 東京 18:42

2012年8月21日 瀬戸市 18:44

2012年8月21日 瀬戸市 18:48

2012年8月22日 三田市 16時29分

2012年8月22日 三田市 16時59分

2012年8月22日 三田市 17時09分
↑の写真の雲が変化しました。

2012年8月22日 札幌市 18:05 西

2012年8月22日 札幌市 18:15 西

2012年8月22日 三田市 19時03分

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、外宇宙のものたちであった。

外宇宙
【2012年6月17日追記】
この当時外宇宙と書いていますが、ヘビ使い座の女王が嘘をついていたのです。
外宇宙=ヘビ使い座です。
この舌を出したビジョンが最近知らせてきました。

2006年9月20日
「創価学会の池田大作のイシキがヘビ使い座の王で、ヘビ使い座の女王のイシキが池田カネコです」

(2006/10/12記)
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2012年8月22日3時45分頃
震源地 釧路沖(北緯42.9度 東経145.5度 深さ50km)
規模 M3.6
北海道
震度1 浜中町、根室市

発生時刻 2012年8月22日6時8分頃
震源地 山形県置賜地方(北緯37.8度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M3.2
山形県
震度1 米沢市、飯豊町

発生時刻 2012年8月22日6時30分頃
震源地 択捉島南東沖(北緯44.1度 東経148.1度 深さごく浅い)
規模 M5.4
北海道
震度1 標津町、別海町、根室市

発生時刻 2012年8月22日10時33分頃
震源地 十勝地方南部(北緯42.3度 東経143.1度 深さ60km)
規模 M5.2
北海道
震度4 浦河町、浦幌町
震度3 新冠町、様似町、えりも町、鹿追町、芽室町、幕別町、十勝池田町、本別町、中札内村、更別村、十勝大樹町、広尾町、釧路市
震度2 札幌東区、札幌白石区、札幌南区、千歳市、函館市、三笠市、北見市、胆振伊達市、室蘭市、厚真町、安平町、むかわ町、日高地方日高町、平取町、新ひだか町、上士幌町、新得町、足寄町、帯広市、音更町、士幌町、十勝清水町、豊頃町、釧路町、標茶町、白糠町、標津町、別海町、根室市
震度1 石狩市、当別町、新篠津村、札幌中央区、札幌北区、札幌豊平区、札幌厚別区、札幌手稲区、江別市、札幌清田区、恵庭市、北広島市、鹿部町、渡島森町、小樽市、積丹町、余市町、赤井川村、喜茂別町、北竜町、滝川市、夕張市、岩見沢市、美唄市、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、富良野市、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村、美幌町、津別町、訓子府町、置戸町、苫小牧市、登別市、白老町、陸別町、弟子屈町、厚岸町、浜中町、鶴居村、中標津町
青森県
震度2 階上町、東通村
震度1 外ヶ浜町、八戸市、三沢市、野辺地町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、五戸町、青森南部町、むつ市、大間町
岩手県
震度1 盛岡市、軽米町

発生時刻 2012年8月22日17時50分頃
震源地 宮城県北部(北緯38.9度 東経141.6度 深さ60km)
規模 M3.3
岩手県
震度2 一関市
宮城県
震度1 登米市、南三陸町

発生時刻 2012年8月22日19時27分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯29.2度 東経129.3度 深さ10km)
規模 M2.4
鹿児島県
震度1 鹿児島十島村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月22日のソラ。