ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

一番の怒り

2007年09月30日 23時18分19秒 | Weblog
2005年5月21日
「平将門が悪者になっていますが、将門が知らせに降りて来ました。
私は何も悪い事をしていないのに、(悪者にされて)怒りがおさまらないのです。
それは貴族達はなぜ働かないで、(農民が)働いて作った物を取り上げるのかと天皇に言っただけなのです。
そして、働いた人も同じ様に食べる事が必要だと言ったのです。
(当時はお米を作らせて全て取り上げて、農民は稗や粟を食べさせていた?)

私がいつ迄も(殺された事で)恨みを持っていると思われていますが、人が死ぬとどのようになるか知らないからです。
私だけの思いではないからです。
虐げられた人々の思いが、同調を呼びこちらに来てくれるからです」

(将門のお墓を移動させると祟りがあるとか、以前聞いた事はありますが、急に伝えてきたのは、私はNHKのドラマは見ていないですがロボットは見ている?のかなと思っています)

2006年2月13日
真夜中、目が覚めて口が動く。

「衣の人が着ています。
いつも、いつも尾長になるのに?、、、、、、。
きれいな尾長の羽根の守りをしなければならなかったのです?
尾長になるとは、長い着物を着て、外にでることができないようにされていたことです」

(絹の12単衣を着せた意味?、尾長鳥は尾の羽根が長いので、動くと羽根がもつれるので止まり木に止まったままである。)
尾長鳥

「(12単衣は)いかに貧富の差がひどかったということをあらわす着物です。
働く人たちから取り上げたもので、見せびらかしで何枚もの着物を着せていたのが権力者です。
それに反して働く人たちが着ていたものはなんと言って良いかわかりません。
そのようなひどいものを着せるのが伝統ある家系で、それが長く続いているのが立派だと思っています。
そのような風習が続いている家系が、立派だといって今の皇室制度を続けることがおかしいのです」

突然、このようなことを伝えてきたのでなぜかと思っていると、読者のブログに平将門のことが書かれて、全く知らなかったのですが、御首神社の話題が出ていました。
平将門は平民があまりに悲惨なので、天皇に直訴をしただけで、反逆罪とされ打ち首になったのだけど、祟りが大きいと言うのは、平民の恨みが一緒になって、大きな災いで知らせていると伝えてきています。
ムウラ、平将門、皇室、ナマズ

又、建国記念日だということも忘れていたのですが、この日はムウラが殺された(首をはねられた日)とチャネリングで知らされていたこともつながっていました。
建国記念日の真実

《ビジョン》
“極小さなマンガのようなものが、3コマで見えるも、あまりに小さすぎて意味がわからない”
もっと大きく描けないのかと聞くと、
ソラのものたちはとても力が弱いのに、地球から嫌なエネルギーがたくさん上がってくるので、余計力が無くなるのです」と。

それをあらわすビジョン
“濃い青紫の光が、下から上へと何回か上がっていく”
濃い紫はいわば死んだ光で、虐げられた人々の絶望の思いが、このような光になって、地球から宇宙に向かって放たれているようです。

2005年11月26日
左親指にサインあり。
「火あぶりにされた者です。
田舎にいた者でした。
祈りをしていて、、、、、、、、、、、思い出して泣き出したのです」

「そして(イシカミが)石にされたことを言葉で伝え出したのです。
それが決め手になったのです。
みんなの見る目が違ってきました。
それから(権力者の元に)連れて行かれ痛めつけられました。
そしてそのままおしまい(死)になったのです。
(日本では)筒に入れられ焼かれたのです」
巨大円筒埴輪

「(昨日紹介した鳥の型といわれている)木の型は生きたままそれに縛り付けられていたのです」
(右側腹部にサインあり)

2005年11月25日
#)死者送る鳥? 「木の埴輪」110cm奈良・高取で出土(2005年11月24日付ニュース)
を見てからうたた寝をしていると身体にサインあり。

「(火刑で) 焼かれた過去(世)を持つ者です。
それ(鳥型といわれるもの)が出てきたのは意味があります。
鳥の形をあらわしているのではないのです。
見せしめのためにそこに入れられたのです。
手を広げてくくられていたのです。
イシカミの話をしただけで殺されたのです。
昔はそんな(絵に描かれているような鳥型の)ロマンはありません。
支配星は残酷の限りを人間にさせました。
ヨーロッパでは(イシカミの)話をするだけで、火あぶりにされたのです。
そのような恐怖を与えて徹底して(世界中のイシカミの話は)封じ込まれたのです」

2005年11月26日
(ヨーロッパでは魔女狩りとして火刑はよくあったようですが、日本では何もかも隠されています。
そして権力者の悪事は、物語として伝えているだけで、長い間家系が続いたことを賞賛して、過去をロマンで包んでいます。
そのことをソラのものは一番嫌がります。
そして被差別部落の人たちなど、虐げられて亡くなった人々は、決して納得していないでしょう)

2006年12月13日
左股関節にサインあり。

「三千院とは3千人と言う意味です。
三千人の人が殺され集められた所です。
そしてその血が紅葉の赤い葉になったのです。
殺されたのはイシカミを信じる人たち(被差別部落)でした。
それを証拠とするものが、ヨダレ掛け(前掛け)をした地蔵です。
ヨダレ掛けは物を食べる時に使うということであらわされています。
それは(その人たちが)食べ物をほしいとお願いしたので殺されたのです。
支配星に支配された人は、“イシカミ(イシジン)は水を飲んでおれば良い”と言って、食べ物を取り上げたからです。
イシカミをあらわすお餅(鏡餅)を食べている所を見つかったのです。
そしてイシカミに教えてもらって、折角作った食べ物を全て取り上げられたのです」

なぜ、急に三千院が出てきたかわかりません。
海外の雑誌に赤い涎掛けが写真に載っていて、丁度どういう意味かと思っていたと知らせてくださいました。
Koyasan

2004年8月24日
【ひな祭り】
「(段飾りの)ひな祭りが、イシカミの一番の敵だと思ってください。
あれが身分の差別を助長したのです。
知らないうちにそれまでの差別を認めているのです。
ひな飾りの姿が支配星をあらわしています。
男子の頭の絵帽子の垂れは、昆虫を送り込んだ悪い星が自分の姿をあらわす触角をあらわしています。

人間は‘ひな’にさせられたのです。
鶏のひなはピイピイ鳴くばかりで何の役にも立ちません。
すなわち何も作り出さない人たちと言う意味です。

12単(ひとえ)は嫌なものです。
着物が1枚であることに意味があるからです。
一枚の着物を作るのに、糸からつむいで布を織るのは大変なことです。
その着物を12枚も着るというのは、贅沢出来る身分であることを人に見せびらかすためです。
又着物で足を覆い隠すのは、全く進む道がわからないということをあらわしています」

2006年9月17日
昨夜寝る前に、旧宮家の復活を考えていると記事を読んで寝た後、いつものことなのになぜかこのことが頭に浮かんで、怒りがこみ上げてきてなかなか寝付けないほどでした。

今日、出かけた車の中で
「ふいに来るものです?」と。
(これはなかなか意味がわかりませんでしたが、急に進路を変更した台風13号のムーノイアのようでした)

「怒りが沸き、怒っていたのは私が知らせていたのです」
と言葉になりました。
イシカミのムーノイアの怒りを感じていたようです。

それはこれだけ貧富の差が開いているのに、これまでの福祉のお金を削減し、弱者からも増税しようとしています。
そうでなくても弱者から取り上げたお金で、意味もない(イシキの世界ではとんでもないと言っている)一部の人に、なぜ贅沢させなければならないかと思うと、無性に怒りが沸いてきます。

ソラのものも《労なくして食む者》として、昨年も“お米に湧く虫”のビジョンで知らせてきていますが、皇室崇拝がますますひどくなっていくからのようです。

2007年3月21日
「宇宙から見ると、蛆は地球の富を労なくして食む者をあらわします。
すなわち他の人たちが汗水流して作った食べ物(地球の富)を取り上げる人たちのことです。
それはで人間は平等であるべきなのにまだ王侯、皇室制が続いているからです。
又、地球の富を欲張って他の人から取り上げる人たちも同じです。
それらを蛆であらわし、いつも白米(地球の富)を狙っていて、ゴミの中でも生きているということです」

2007年9月22日
左足甲にきついサインあり。

地球の言葉が入っていません。
それはこのことを公開してほしいということです。
そして日本が悪者に支配されているのは、チョウセン人(の先祖)の天皇がいるからです。
それで秋田のイシカミが悪天皇と書いたのです」

(秋田のイシカミは、イシジンが小さいと言って人間が言うことを聞かなくバカにしたので怒った顔がナマハゲです。本当はこんな顔ではなかったと言ってきました。ソラ画像参照)
ナマハゲ伝説、秋田の稲

「悪者を知らない者は幸せです。
地球の怒りの一番はこのこと(王制や皇室制)なのです。
現実の姿に惑わされないでほしいのです」

(ソラからの情報は一貫して、地球の人々は平等であらねばならないのに、王制、天皇制がそれを壊しているので、その制度がなくならない限り地球の平和が来ないと厳しいです)
右薬指にサインあり=本当と

・参考【ヤマタイコク物語

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月30日のソラ。

イシカミの想い

2007年09月29日 23時55分57秒 | Weblog
2006年8月3日
「(ノアの)船を作るように言ったのは、宇宙の大元のそばで、最初に創られた星のいて座のものでした。
それは地球のいたる所を外宇宙のものが占領したからです。
それでいて座(イシカミ達)のものが泣いたのです。
それを知った火星の水の原子たちが、応援をするために一斉に地球にやって来たのです。
それで地球上は水で覆われ、地球は浄化されたのです。
そして元の大陸が出てくるまで、余分の水は地下空洞に潜り、地下空洞の海になったのです。
それをあらわしているのが、ソルトレークの地底湖なのです」

2005年5月9日
「イシカミが知らせています。
ノアの洪水はイシカミが大泣きしたのでなったということです。
(以前にもイシカミが大泣きしたからなったと伝えられています)
なぜかというと、支配された人間が(他の人を)恐怖を持たせて死なせるようになり、人間が余りに残酷になったためです。
支配星は人間の恐怖心をエネルギーにしていたので、当時は世界中で生贄が盛んであった)

イシカミが泣いたので火星の水が応援に来てくれたのです。
(これも以前知らされていて、火星にはかって水があったと科学的にも証明されています)
火星はイシキとしてだけでなく、(現実に)応援しようと水を送ってくれたのです」
 
2005年3月16日
「代わりに私(ムウラ)がお知らせします。
今でも黒いお米* を食べていますが、当時はいろいろな色のお米がありました。
なぜいろいろな色のお米が出来たかというと、(言葉になかなかならない)いろいろな肌の色の人がいたからです。
ユダヤの国にはいろいろな肌の人が、一同に集まる事がありました。
モーゼがエジプトから帰ってきた頃より前の事です。
私たちはユー物語*の前に(日本に)来たのです。
ノアの洪水は、下のモノ?(イシカミ)が怒ったからです。
なぜかと言うと死ぬほど辛い(言葉が出てこない)今では言葉で言えないような事が起きていました。
人々の、生きたくないという叫びが満ち溢れていたので、イシカミ達が泣いたからです」

2004年11月30日
日曜日、ノアの息子(ムウラ)や山彦達で、イシカミの直系?はいなくなったのかな、と考えていたら涙がどっと出てきました。
それで、イメージではこげ茶色のコボッチ君を大きくしたような巨人が、海の水?をすくって山に置くイメージが見えました。
んん?と思っていましたら、すくって山に置きました。
「ウミユリ?や貝があるのは残しておこうと思ったのです」(鞍馬??)

注)エベレストやアンデス山脈に貝の化石などがあるのは、海の中の土砂を山を高くするのに掘り出して乗せたと以前知らされています。

「ノアの息子が死んで、泣いて泣いて嵐になりそうになりました。
それで、ジンムは大きなものにも気を付けないと、と気が付いたのです。
そして封印が始まりました? ノアの息子も大きな人でした」

2001年3月3日
「身体が段々固まって行くことが一番可愛そうでした。
イシカミは『これで終わりです。』と言いました。
私たちも泣きました。
そして、見る見る色が変わって行きました。
それまでは明るい色でしたが、梨色に変わっていったのです。
そして、命が亡くなりました。
しばらくすると大粒の雨が降ってきました。
イシカミが泣いているのが解りました。
そして身体が溶けていきました。
それで、【高砂】(タカスナ)と名付けました。
悲しい歌なのです」

人間は、意味があって創られました
それは悪いことよりも、良いことをして生きていくと、自分だけでなく、宇宙全体が気持ち良く暮らせると言うことが解っているので、その実験なのです。
それを思って生きてください。
楽しく美しい物を見て、心を感動させて暮らしていくと、宇宙がその様になります
この事が一番大切なことなのです。
星達が一生懸命創った色々な生き物の働きを見てください。
可憐に咲いている花を見てやってください。
そうすると星達はよりがんばって感動する物を創ってくれるでしょう。
心配ばかりしないでください、、、、、、。   終わり」

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月29日のソラ。

イシカミの行動

2007年09月28日 23時54分28秒 | Weblog
『ソラからの真実の歴史』より
イシカとは「意思を持った力のあるもの」をあらわし、
ミとは「肉体、意識、生きようと思うエネルギー」の三位一体をあらわしています。

ソラ辞典より
射手座
銀河系の中心はこの星座の方向にある。
宇宙で一番最初に作られた星で、地球から遠く離れていたが、星の戦争時王様が地球に降りてきて戻れなくなったため、女王が王様を捜しに来る。
女王も戻れなくなったため、射手座のものも全て降りて来た。
降りて来る時に人間を連れてきて、人間が生きていくために山や川を作り、あらゆる知恵を授けたり、いろいろな食べ物をソラのものと共に作ってくれた。
扁平の星で引力がなく半物体の巨体のイシカミも自由に歩けて、皆仲良く暮らしていたと伝えられた事もあるが全く定かでない。
射手座は複数の星が集まっているが、イシキの似たモノ同士が集まるようで、どの星から来たということは出来ない。

イシカミ
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂“意識体”だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

ソラ画像より
イシカミの分裂の仕方その1
細胞分裂のように小さいイシカミが半分に分かれる。

イシカミの分裂の仕方その2
キノコの茎のような部分(右側)の原子が独立して分かれる。

イシカミの分裂の仕方その3
キノコの傘の部分が独立していく。
「イシカミから巨人の足の部分が一番最後に離れるので、アキレス腱が弱いイシジンがいたことをあらわす雲だそうです。

イシカミの分裂の仕方その4
この雲は最初お腹の部分が長方形にきれいに抜けて青空が見ていました。
長方形はシリウスをあらわし、シリウスが分裂をすることを教えてくれたと。
長方形の穴は次第に閉じて、その右側に穴が開き、丁度目のようになり、それも崩れて次第に真っ白いハートの形になりました。
(ちょっとわかりにくいけど真ん中の白い部分)

それからが今日知らせてくれたことで、キノコの傘の部分(右側の三角になりかけている)が離れていき、最後は手をあげているように↓、分身が出来る様子を知らせてくれました。
その他いろいろな分身の出来方を極短時間に知らせてくれました。

9月28日
今日は変わった雲のオンパレードで、このような巨大な雲もズラーと並んでいます。

2007年3月26日
昨日、日本とバヌアツで、数分違いでM7の巨大地震が起きました。
北半球のイシカミの原子と南半球のイシカミの原子が同時に地震を起すことが出来たのは、なぜかと思っていました。

「イシカミの原子たちはいつも次のことを連絡しあっています。
それは原子たちが地球にいて、地球を形成していることを忘れないようにするためです。
イシカミの原子たちが、地球にいることを忘れて手をつなぐことをやめたら地球は崩壊してしまうからです。
そのことをしっかりと伝えてください」

このことでも地球を創ってくれている原子たちに、私たちは感謝をしなければならないかよくわかります。
けれども現実に地球はただの岩、土、山と思い、人間が一番賢い、何でもわかっていると思う傲慢な思いが抜けないため、さらなる知らせ=警告をしてくるのだと思います。

朝がた突然、かすかだが言葉になる。
「万人が知りたいと思っていることを伝えます。
なぜ二つの地域(北半球の日本と南半球のバヌアツ)で、(ほぼ)同時に大きな地震が起きたか?
地震を起す存在が悪者だと思っている人たちに知らせます。
よもやと思うでしょうが、見えない世界では地球の反対側と繋がっているということです」

(本当に数分違いでM7級の地震が、北半球と南半球で起きました)
25-MAR-2007 00:41:57 M 6.7 深さ 5.0 NEAR WEST COAST OF HONSHU, JAPAN
25-MAR-2007 00:40:02 M 7.2 深さ 35.0 VANUATU ISLANDS

半分に割れたマールロックの岩が頭に浮かんで目が覚める。
マールロック、半分に切られた丸石
ニュージーランドの割れた丸石

「地球は(学者が言っているマントルやプレート理論の)姿ではありません。
岩が意識を持って知らせるようになっているのです。
それはこれまで何度も知らせています」

・【原子とニウ物語(雲、虹、地震雲、などの意味)

「地球が半分に分かれて、(海流や風の)流れが違うのは、地球の位置を変えないためです。
地球全体が同じ流れになると、どんどん太陽から離れていくからです」

原子に意識があることを証明するために同時に地震が起きたのです。
南半球の原子(元素)たちと北半球の原子たちが連絡し合って地震で知らせたのです。
(それでも地球を構成している原子に意識があると認めないで)今の説(プレート理論やマグマ説)を取り下げないと、さらに大きなお知らせをします」

クロップサークル(穀物模様)より
次元の違いの地球
August 21, 2007 Petersfield, Hampshire, England
同じ地球でも次元が違うということ。
三角のトゲと、長方形(=お城を取り合うようにシリウスが教えた)で表しているように、争いばかりしている地球。

3つの丸い輪(=3位一体を認める)で丸くなって仲良くしている。
地球は何で出来ているか?=イシカミに感謝していると争いはなくなる平和な地球。

つながっている棒の横のは、ソラの情報の巻物?=トーラーの本当の意味を知ることが大切。

次元の違いは、ソラ雲画像で分断したヒカリの画像が多くなったことともつながっている
8月17日
8月20日

2005年8月27日
「悪い言葉が嫌なのです。
“いつも遠くで地震が起きるので(考えを)何も変えなくても良い”
そんな気持の人ばかりです。
お知らせを今にします。
緊急の知らせでした」

地震雲画像より
9月26日
一直線につながります。
「意味のないことではありません。
地下空洞でつながっているので連絡をしているのです」
と言葉になります。

Seismic Monitor
Earthquakes Worldwide in the Last 30 Days
(DATE, LAT, LON, MAG, DEPTH km, REGION)
28-SEP-2007 13:38:58 21.98 142.68 7.4 261.2 MARIANA ISLANDS REGION
28-SEP-2007 11:44:22 -19.90 -178.26 5.0 559.3 FIJI ISLANDS REGION
28-SEP-2007 11:16:39 -21.52 169.22 6.0 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 11:12:40 -21.38 169.20 6.0 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 10:40:35 -21.50 169.28 5.2 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 10:12:29 -21.23 169.25 5.0 103.2 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 10:12:18 -21.22 169.44 5.1 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 08:21:22 -21.38 169.46 5.4 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 04:43:18 -21.09 169.28 4.8 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 02:42:37 -5.74 -80.88 4.9 57.2 NEAR COAST OF NORTHERN PERU
28-SEP-2007 02:39:58 12.42 141.88 5.3 10.0 SOUTH OF MARIANA ISLANDS
28-SEP-2007 02:36:40 -8.48 163.50 5.0 10.0 SOLOMON ISLANDS
28-SEP-2007 02:20:04 -21.35 169.47 5.2 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 02:01:34 -21.21 169.30 5.0 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 01:51:00 -21.29 169.43 5.3 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 01:43:57 -23.65 169.30 5.5 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 01:35:52 -21.29 169.31 6.2 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 01:25:16 -21.29 169.50 5.6 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 01:01:48 -21.44 169.37 6.4 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
28-SEP-2007 00:44:48 -21.37 169.22 5.7 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 22:10:10 -21.19 169.24 4.9 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 22:01:13 -21.27 169.38 5.4 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 21:26:58 -21.22 169.22 5.3 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 21:05:34 -21.20 169.34 5.5 15.4 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 21:02:05 -21.36 169.50 5.0 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 20:47:20 -21.21 169.27 5.4 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 20:25:58 -21.21 169.30 5.2 10.0 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 19:57:46 -21.30 169.28 6.3 24.6 LOYALTY ISLANDS REGION
27-SEP-2007 15:35:30 9.12 125.58 4.7 69.4 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
27-SEP-2007 08:07:43 -3.41 100.88 5.1 35.0 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA

LOYALTY ISLANDS REGION で
M6以上5回、M5以上16回の連続地震が起きていますが、ロイヤル=爬虫類という名前が嫌だと。

震源地はマリアナ諸島で日本もゆれる~東北、関東...なぜか福岡
発生時刻 2007年9月28日22時41分頃
震源地 マリアナ諸島(北緯21.9度 東経142.7度 深さ280km)
規模 マグニチュード 7.4

震度 宮城県
震度2 丸森町
震度1 栗原市、登米市、大崎市、蔵王町、大河原町、宮城川崎町、山元町、石巻市、東松島市

秋田県
震度1 由利本荘市、横手市

山形県
震度1 酒田市、遊佐町、河北町、米沢市

福島県
震度2 郡山市、双葉町、南相馬市、猪苗代町

茨城県
震度2 石岡市、取手市、つくばみらい市
震度1 茨城町、つくば市、利根町、坂東市、筑西市

栃木県
震度1 日光市、宇都宮市、鹿沼市、真岡市、益子町

群馬県
震度1 片品村、桐生市、群馬明和町、群馬千代田町

埼玉県
震度2 久喜市、大利根町、春日部市、幸手市、宮代町
震度1 熊谷市、行田市、加須市、吉見町、戸田市、鳩ケ谷市、毛呂山町、川島町、さいたま大宮区

千葉県
震度2 浦安市、館山市、鋸南町
震度1 多古町、長生村、千葉中央区、市原市、鴨川市、君津市、南房総市

東京都
震度2 東京江戸川区、小笠原村
震度1 東京千代田区、東京中央区、東京墨田区、東京江東区、東京品川区、東京大田区、東京北区、東京荒川区、東京板橋区、東京足立区、東京葛飾区、町田市、伊豆大島町

神奈川県
震度2 神奈川二宮町
震度1 横浜西区、横浜中区、横浜緑区、海老名市、綾瀬市、寒川町、中井町、神奈川大井町、真鶴町

新潟県
震度2 南魚沼市
震度1 刈羽村

長野県
震度1 飯綱町、諏訪市、小諸市、佐久市、長野南牧村、御代田町

静岡県
震度1 松崎町、伊豆の国市、静岡清水町

福岡県
震度1 久留米市、柳川市、大川市、大木町

ソラ辞典:マリアナ海溝
地球上で一番深い海溝。(1万911m)
射手座のイシカミで、女王たちを捜しに行こうと他のイシカミを誘って地球に降りてきたが、あまりの条件の悪さに、他のイシカミから非難され、地球に誘って降りてきたことを非常に後悔して地中深く潜ったと知らされる。

2003年5月9日
「マリアナ海溝に降りたイシカミは、地球に降りるのを誘った事を後悔しましたが、同時に、支配星(に支配されたもの)が渡って来ないように(海を)深くしてくれたのです」

2004年11月4日
何故いつまでも大きな地震があるのかと思っていると。

「泣いているのです。
これほど(辛い思いをして人間のイシキも協力してくれて)一生懸命知らせているのに、これまでの考えのままでイシカミを決して認めてくれないからです。
これまでの(紀伊半島の双子地震も)理論に当てはまらないのに、無理に理屈をつけて当てはめようとしているからです。
なぜ深さ10kmの地震が続くのか、それは人間に嫌われていると思っているイシカミの若者達が知らせているからです」

(2日のバンクーバーM6.5、 3日マリアナ諸島のM6の地震、4日の夜中の福岡筑後の震度4の地震も深さ10kmで、遅く降りてきたイシカミの若者と言う事です。先程の中越の地震は深さ20km)

「(早く降りた古いイシカミの上に)遅く降りてきたイシカミの若者たちは、プレアデナイの王に散々いかに人間が悪いかを知らされてきました。
そして本当に争いによって、世界中の人間の悲しみや恐怖や絶望の思いばかりが宇宙に届いていました。
それでイシカミの若者達は 教えられた事が本当だと思っているのです。
イシカミが折角作った生物も、本当の目的から離れ人間の欲の餌食になり、争わせるために使われている事も知りました。
イシカミが人間の為にと思ってした事が、支配星(の想念に支配された人達)によって違う方向に進んでいる事が良く分かったのです。
それで地球の助けを聞いて協力していこうと思ったのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月28日のソラ。

僧侶の呻き

2007年09月27日 23時56分27秒 | Weblog
2006年2月13日
ここラオスでも、700人から1000人くらいの僧侶(若者など男性)が托鉢のため各家庭を回って、もち米を蒸したものをもらうそうです。
屈強な若者たちが仕事もせずに、貧しい人や女子供たちが作った食べ物を、功徳のためにと半ば脅かして搾取していると同じに思え、決して美しい風習とは思えないのは、お米を作る農業の苦しさを知っているからです。

2003年11月5日
生前の行いで良いとこへ行けると言うだけで済むのなら、どうして宗教の建物は異常に豪華な建物や、宗教者は贅沢な暮らしをされているのでしょう?
(ヨーロッパのツアーに一緒に行った僧侶一家は、ブランド漁りに明け暮れていました)
檀家であれば寄付を半強制的に徴収しているのは知っていますし、ちゃんとした(形式にのっとった)お葬式をすれば成仏すると安心させ、死の不安をお金で買っているとしか思えません。
長い闘病生活を終えお金も少なくなっているような人達でも、亡くなればお葬式、何回もの法事、といつ迄もお金を払い続けているからでしょう。

2003年8月14日
「愛する マ?。
ユウ○ロウと呼ばれていた者です。
今ようやく降りることが出来ました。
仲間に知らせてください。
自然に事故が起きたのではありません。(撮影中の事故?)
私がしたのです。
本当に何度も一生懸命知らせましたが、誰もわかってくれませんでした。
こちら(亡くなってから)に来てからわかった事は、イシキ(=霊)の世界は本当にあると言うことです。
そしてそれを知ってもらうために、(その人のイシキに)お知らせをしてもらいました。(大腸癌? = 思い込みを捨てる事が出来ない)
スポーツカー(?)のハンドルを切ったのは、私が切ったのです。
それで私は精一杯の抗議をしたのです。

(法事をして)たくさんの僧侶のお経は、私を極限の苦しみに引きずり込みました。
会場で巨大なエネルギー体が発生し、その事で私はイシキの世界では責められ続けています。
ハ、ハシ、ハシゴ? ハシゴにぶら下がり、手が離れる瞬間の恐怖を絶えず繰り返しています。
どうか私の苦しみを取り除くために、今までのやり方を止めてください。
その宗教がいつあらわれ、その後の世の中はどうであったか、よく考えてください。
信じなければジゴクヘ行くと脅かし信じさせたその教えこそ、今の私を苦しめているものに他ならないのです」

2005年7月10日
#)右頬に冷たい風を感じる。(誰が降りているの?)

「死んだ者です。
眠れないのです。
こ、こ、こんな事になるとは思ってもいませんでした。
(人差し指にサイン)
(誰か聞くもなかなか名乗らず)
(ローマ)法王と呼ばれた者です。
(今)大勢の人に責められています。
その数は誰よりも多いのです。
生きていた時と正反対になっています。
あの広場を埋め尽くした人々が、怒号を発して責めるのです。
そしてそれが休む間がありません。
眠らせて欲しいのです。
日本の天皇も、2000年も前から責められています」

2005年6月17日
その後、石田さんが天皇家から頼まれているという掛け軸を見せられました。
神武天皇から数10人の天皇の似顔絵が描かれた掛け軸で、どの天皇も成仏していないので、成仏させて欲しいと天皇家から頼まれているが、空海でさえ一人も成仏できなかった。
それは天皇は国民から恨まれて、イシキ界でぶら下がっているからという事でした。

2005年5月11日
ヒ0ヒ0と名乗る存在が何度も冷風と共に降りてきて、責められて困るので天皇制を止めて欲しいと言われていましたが、出来ないと断わっていました。
すると、
“地獄の釜のある所にいると誰も責めてこないから良かった”、
とそれ以後私のところには降りてこられなくなりました。
地獄の絵がお寺にあるのは、実際プレアデナイが僧侶などにビジョンを見せて、仏教を信じないと地獄へ行くと脅かしていたから、人間は死後の世界を知らないので皆信じていったのです。

2004年12月19日
昨夜、ショウワ天皇の皇后と名乗り、

「高松宮(喜0子さん)が嫁にくる事になった時、“(徳川家の孫の)この人なら(支配者の)仲間になれる”と言いました。
けれども美0子の時は“粉屋(○清○粉)の娘はどこの誰かわからない”と言った事が(ショウワ天皇が言ったと)世間に出ました。
私は死んでから、いつも追いかけられています。
戦争をけしかけたと、天皇と共に追いかけられているのです」

と言って来ていました。

2004年12月27日
「(前世で)一度も働かなかった人が世の中に出る(生まれ変わる)事になりました。
ヒンズー教のカースト(=カスが友達)の一番下になる事になりました。
それが宇宙の法則です。
(現実生活で一番上にいると、生まれ変わった時は一番下になるとは、これまで生まれ変わりの情報では何度か知らされています)
反対に津波で亡くなった人は、一瞬のうちに違う世界に生まれ変わります」

2005年11月9日
メールより抜粋させていただきます。
「皇室有識者会議で女性天皇が認められたことに対して、新聞ではあまり論じられていないのということは、マスコミが及び腰ということで残念・・・・・・。
その中でA新聞は3通りの意見が載っていて、女性学者は皇太子妃と同姓の立場や人間の平等の原則から、皇室制度そのものに疑問を投げかけた意見があったが、そのことすら反論している週間文春にはあきて・・・・・・・。
(中略)
他人が汗水たらしたお金を、嫁入りに1億5000万円も持たせたり、動物に着物を着せた悪神の絵の保存に1億かけたり、猛暑の中、暑さで死ぬものもいると言うのに、そのような悪神の絵を冷房装置で守ったり、・・・・・・。
それに比べて、巨石遺跡に対する地図すら日本にはない、今の学問の向かう先に希望はない。・・・・・・・」

これは私も同じ思いです。
増税がささやかれているのに、税金の使い道が気になります。

結婚式に伊勢神宮の宮司が立ち会うそうですが、宮司の帽子のタレは昆虫の星
“触覚を持つものを神と崇めるように”
と送り込んだ教えをあらわしています。

そのことをあらわすように、カメムシやてんとう虫の異常繁殖の報告が各地であります。
そして、そのように昆虫を送り込んだ星を崇めるために、来年もアフリカなどで、イナゴの大量発生が襲い、さらに悲劇を招くでしょう。

それにしてもソラから見る皇居は、周りの密集した建物と別世界です。
中にいる人達は籠の鳥ですし、周りの狭い部屋に住んでいる人は、税金を払いながらこの矛盾にどうして気づかないのでしょう
昨日見た夢は、このソラから見た皇居に対しての抗議の意味があったと思います。

《夢かイメージ》
“同じような家がズラーと並んでいるが、端の家だけ二棟ありやや大きい”

「人間が地球に住むのに、余分な土地や建物はいらないと言うことです。
一部が大きいのは、指導者の元に人が集まるためには必要だということです」

今、次回の本の倭の国の編集をしていますが、倭の国は皆、平等であったので、指導者の物部も少し大きめの家だけだった、ということを知らせたようです。

それに反してヤマトは、仏教の教えの元、働く者と貴族や僧侶など労せずして搾取する者にわかれ、貧富の差が激しく、仏教建築など大きな建物などを建てていたり、何度も都を変えたりして、決して理想の国ではなかったということを知らせたようです。

2004年3月30日
「キンメイ天皇です。
ソラのものに降りて言わなければならないと言われ、伝えてもらおうと思い降りました」と。

「私があの(酒船)石を作るように命令したのです。
なぜかというと仏教の力を強めようと思ったからです。
それには、食べ物を与えてくれたと思っている山になった巨人を崇めている人々の思いを、何とか変えたいと思ったからです。
それで巨人が作った証拠の石の家(鬼のせっちん、まないた)などを、なんとかしようと思い、山から落とさせたのです。
(鬼の雪隠は、鬼のまな板の下に転げ落ちたような形である)
そしてあのような名前を付け、脅かす伝説を作り上げたのです。
山の上にある巨人の顔と思っている丸い岩を船に仕立て上げ、(石神は)もう船出したと民衆に思わせたのです。
そしてあそこで尿をさせ、その山から下がってきた水を加えて、亀に流れ込むようにしたのです。
人々は亀は石神(イシカミ)の化身と思っていたので、自分達の方が上で(石神は)なんら力がないように思わせたのです。
石をそのようにするように(僧侶に)言われたのです。
仏教を広めるためでした」

2006年2月25日
東大寺お水取り行事(2月20日から3月13、14日がクライマックス)

瞑想中にエネルギー体に支配された僧侶が始めたことを、仏教全体の力で今日まで続けさせてきましたが、どのようなことがされるか読むと、今のイスラムの世界を彷彿とさせます。
1200年間熱心に信じて保ってきた行事ですが、その間どれだけ戦争があったかと言うことを冷静になって考えると、反対のことばかりであったことがわかります。

宗教や皇室から気持ちが離れたこと(洗脳が解かれたこと)で戦争をしなくなったのです。
若狭の国の遠敷川近くの井戸の水を、わざわざ奈良まで運ばせるのは、そこの水を人々が大切にしていたのを仏教の支配下に置き、人体の多くを構成する水を、仏教の仲間のリュージンが支配するためです。
なぜ、福井の水が大切にされていたかを、ソラからは詳しく知らせています。

すなわち、製鉄など人々に教えて信望を集めていたノアの親子を、ジンムが滅ぼし、父親のノアを倭の国から追放したため、ノアが途中で飲んだ水を、倭の国を含め地元の人たちは大切にしていたのです。

・【ヤマタイコク物語】参照

2006年3月13日
「悪僧侶が火遊びをしているだけです。それに振り回されているだけです。
大勢の人はその火遊びを見ているだけです。
そこのエネルギー体は消滅しました。
カッパドギアに隠れていた、白リューと黒リューのエネルギー体も消滅しました」

2006年10月15日
「マンダラは一つの地域を支配する事をあらわしているのです。
それを作ることでその地域の人々を、爬虫類(のイシキ)が支配しようとするのです。
それが日本で作られたので、ヘビ柄の模様が流行るのです」

・ビルに巨大マンダラの模様を作って、僧侶50人が読経(2006年10月14日付ニュース)
「懲りない人たちです」と言葉が出てきます。

2005年9月13日
「シリウスが知らせています。
朝鮮半島の人(そこ出身?)が書いています。
(ヤフーなどでこの情報を攻撃している人たちのこと)
丸坊主の人(僧侶?)が書いています」
(左下から丸い鈍い金色の光があらわれ、本当ですと)

「朝鮮(出身の)人は目覚めなければなりません。
過去に仏教を日本人に押し付けた大きな罪があります。
それを知りながら生まれてきて(情報を)攻撃している事は、宇宙の皆が見ています。
そして目覚めを促しています。
大きなリスク(仏教を押し付けた過去世)を背負って生まれて来たと思ってください。
それなのに更に攻撃する事は、取り返しのつかない大きな罪を背負うことになります」

2005年9月15日
今朝、神智学徒と名乗る人から、長々と仏教についての文を貼り付けて、この情報がおかしいとメールが来ました。
仏教についてはソラのものは語るも嫌な感じで、ほんの少ししか知らせてきませんが、その少しの情報をまとめたのが【ソラの釈迦とブッタ物語】です。
知らされる事は想像を絶する事ばかりでしたが、自分の体験も合わせて全て納得ができました。

そしてメールでは仏教に関する書物が正しいと言い切っていますが、何度も書いているように2000年も昔の事がなぜ正しいと言い切れるのか、それが不思議でなりません。
今巷に現れているヘビのエネルギー体に、メールを書かされているとソラのものは伝えてきます。
現在ほど情報が行き渡っている時代はないと言えますが、それでもどれだけ本当の事が伝えられているでしょうか?
今、ネット時代に入りますますそのことが良くわかります。

ネットのお陰で、居ながら世界中の情報がわかり、この情報もどれほど補足をしてくれているかわかりません。
仏教書の狭い知識だけでなく、世界中に目を向けていただきたいと思います

不思議な岩や、人間では到底できない完璧な穀物模様など、この情報は地球上全ての謎に対してつながりがあり、謎を解いてくれています。
抽象的な言葉の仏教書だけでは、想像以外何一つつながりがなく、全く整合性がありません。

ましてやこれまでは想像を絶するくらい権力者が横暴を極めてきましたが、その為に自分たちに都合の良い文しか残していません。
それを考えただけでも、あらゆるこれまでの歴史書の内容は、ほとんどが推測でしかなく、すなわち真実だと言える確率は本当に少ないと言えます。

なぜソラのものがどの宗教よりも仏教を嫌がるかというと、宗教で人間を支配しようと支配星に教えたのが外宇宙のイシキで、直接、外宇宙のイシキが関わっているのが、仏教だからです。
支配星などの望みどおり、世界中の人間はこれまで宗教に縛られ、人間の恐怖をエネルギー源としてきた支配星は強力なエネルギーを蓄え、絶え間なく人間を争わせてきました。

仏教は平和の宗教などと言っていますが、その中に巧妙に隠された外宇宙の支配があり、その手下のヘビの星がずるがしこく、信じないと地獄へ落ちると脅かし、お金を支配する事で人間を堕落させてきました。

今、イスラム教徒が宗派の違いで争って悲惨な事になっていますが、日本もかっては同じ事をしてきたのを、見せてくれているのです。
かっては仏教も今のイスラムと同じ教え(一向一揆など = 戦わなければ地獄へ行くなど)があり、キリスト教もカソリックとプロテスタントの争いも悲惨を極めたのは有名です。

これまでから宗教に依存したり、親の宗教で悲惨な思いをしたと何人も知らされていますが、宗教に支配された両親の元で子供時代を過ごされた方から、昨日メールがありました。
これを読むと今更ながら本当に宗教の怖さが良くわかります。

それに比べ、昨日のイシカミ君を起してあげるとけなげに思う子供さんは、山や雲の意味を知り、台風、地震、雷などに対し、余計な不安を持たずに、宇宙全体が守ってくれると、安心してのびのびと生きていく事ができると思っています。

又、親子で和やかにこの情報の話をされている年頃の子供さんを見ると、いろいろな小さな波はあるでしょうが、これから何より強力な存在に見守られて、長い人間生活を穏やかに過ごしていかれると思っています。

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月26日のソラ

百人一首

2007年09月26日 23時55分05秒 | Weblog
2004年5月15日
突然目が覚めて。

「同じ人が書いているのです。
百人一首のことです。
(和歌の)選者になった人が、自分の気に入った歌を、自分が歌ったようにしたのです。
あの百人一首の歌は、柿本人麻呂と、小野小町と、道真(の3人)だけで作った歌なのです。
名前を貸すことで、あの歌は世に出す事が出来たのです。
いつかお知らせせねばと思っていました。道真でした」 

(先日百人一首は全て? ノアの息子達の悲劇が隠されているので、訳を書いて欲しいと夜中に言っていたと思いますが、次回の本の準備でゆっくり聞けずに終わっています。これまで知らされた以外の、他の歌にも悲劇が隠されていると思っています)

2005年8月24日
【百人一首】
百人で作られたのでなく、菅原道真と柿本人麻呂と小野小町の3人で作られた和歌は、滅ぼされたヤマタイコク倭の国の事が隠されて読まれたと伝えられました。
隠された意味がわかれば殺される、すなわち首を覚悟で読まれたということから一首と名づけられました。

その為に3人とも非業の最期を遂げ、有名歌人でありながら人麻呂も小町も権力者にとって都合が悪いので記録が残されず、謎の人となっているのです。
人麻呂と小町のことは何回かに分けて知らされてきました。
ソラの検索参照)

権力者の名前を和歌の作者の名前とすること、風流な内容と思わせることで今まで残されてきました。
単なる色恋歌だけなら千数百年も歌い続けられません。
意味は半分チャネリングで後は一文字のカタカナの意味などでなぞ解きをするようでなかなかわかりませんが、あっていると最後に「そうです」と言葉になります。
ソラ辞典:カタカナの意味

『アリアケノ ツレナクミエシ ワカレヨリ アカツキバカリ ウキモノハナシ』

“アリの穴のような小さな罪で、殺して見せしめにして、赤土の墓(=山彦のお墓)で団結をしていたイシカミを信じる人たちを分裂させた。
ウキモノハナシ=(権力者の話は)真実を隠して上辺だけの話です“

『ナゲキツツ ヒトリネルヨノ アクルマハ イカニヒサシキ モノトカハシル』

ヒミコと別れさせられた大国主は、一人で寝る夜が明けるのが、どれほど長く感じたか、モノ(ヒミコの櫛と束ねた髪の毛をあらわす鳥居としめ縄)を一緒に出雲に行ったヤマタイコクの仲間が作ってくれたことでわかる”

『ヨオコメテ トリノソラネハ ハカルトモ ヨニオオサカノ セキハユルサジ』

“世を治めている者が、ニワトリの鳴き声を(長く鳴かせることを)競うのに、お金を出して勝つ事はできるが(八百長をする)、世の多くの人がセキ(遺跡、仁徳天皇のお墓=仁徳がなぜ天皇になったか)の事を知っている”

2004年6月21日
【ユラノトヲ  ワタルフナビト  カジヲタエ  ユクエモシラヌ  コイノミチカナ】

由良川の河口の砂州が、戸のようになっているのを“由良の戸”と呼ぶ。
そこを通って倭の国の人々は船で行き来をしていたが、ムウラが捕らえられた後しばらく交流を止められていたことがあり、その後の二人の行方はわからなくなった》

丹後の国の国司・曽禰好忠(そねのよしただ)がこれを作った事にしたそうです。

「これは私の作った歌です。 柿の元人麻呂です。
さっきの意味を書いてください。

【タゴノウラ  ウチイデテミレバ  シロタエノ  フジノタカネニ  ユキハフリツツ】                     
ヒミコの娘のイトが、 (ヤマトに連れていかれるのに)丹後の由良の家を出て星原に行ってみたら、息子の白い木の者の山彦が(いじめに)耐えていた。
(白)藤を持ったお母さんが連れて行かれるのを、(山彦は)高い井根(石井根という大きな岩)の上で手を振って見送った》

という事を村人から言い伝えられていたので作った歌です。
何としても残したい歌でした。
山部赤人はイシカミを悪く言う悪い人で、(赤人が)この様な歌は作っていません。
私がいなくなった後、自分の歌にしたのです」

石井根にかつては巨大な岩が道路をふさぐようにしてあったのは、星原にヤマトからの侵入を防ぐために君山(=城山)が置いておいたそうです。
今は道路が通り跡形もありませんが、その近くに12の古墳があり、そこに地獄の入り口と言われた所がありました。

【ハルスギテ  ナツキニケラシ  シロタエノ  コロモホステフ  アマノカグヤマ】

《磔を逃れた(イエスが)暑い(インドを経て)来た(そしてユダヤ人のノアの子の)白い木の者が (ヤマトにいじめられて)耐えている(と聞いた)その子供を欲しいと頼んだのです。 そして天(射手座)のことが山に隠されていると教えたのです》

2004年5月17日
先日三笠市に行き、その名前や百人一首に出てくる“みかさ”と言う意味が、以前は民衆の カサ=すげ笠と伝えられましたが、本当の意味は違うというので、いろいろ言葉を当てはめてみましたが、どうしても意味がわかりませんでした。

三笠市で変わった岩を写真に撮りましたが、(5月16日お知らせ参照)それはクヌギの実に似ていると思っていたところ、ふと。

【ミカサとは“実と笠=実の殻斗(帽子)”】をあらわすということでした。
すなわちミカサであるシイの実や、どんぐりなどは、昔の人にとっては食料として貴重な物で、そのシイの木などの古木は地味な神社などにあります。

【あまのはら  ふりさけみれば  かすがなる  みかさのやまに  いでしつきかも】

《(古代の)神様のお腹を裂いて見たら、かすかにわかる、ミカサの物を食べていた事が。なぜ神社に杉が植えてあるか気づけば、 真実の意味=(満)月がわかる》

神社といえば、杉の古木がいかにも由緒ありげですが、 情報によると、 杉は天に、矢=矛を向けるためにヤマトにより、人工的に植えられたと伝えられました。
すなわち、ノアの息子などを殺しておいては、祟られると困るので、杉を植えて置いたが、杉は実を食べる事は出来なく、古代ではあまり重要ではなかったのです。

反対に、イシカミはシイの木などの人間が食べる実がなる木を植えてくれ、イシカミを大切に思うの人々は、その地に神社を作ったようで、ヤマトの支配下でない神社を大切にしていたようです。シイの実などは昔の人は冬の食料確保に助けられたと思います。

【むらさめの  つゆもまだひぬ  まきのはに  きりたちのぼる  あきのゆふぐれ】

《ムラ=ムウラ、村の人=外人のような メ=目をした村の人を サ=刺し(殺し)たが、 その人のツユ=罪が マダ=何だったか未だ言わない、
マキ=巻物の ハ=に霧がこめたようにぼかして書いておかないで、はっきりと口を アキ=開けて  ユウ=言って クレ=くれ》

【何時の間も 神さびけるか 香具山の 鉾杉 (ほこすぎ) がもとに こけむすまでに】    
                            (万葉集 鴨足人(かものたりひと))

【古(いにしへ)の  人の植ゑけむ  杉が枝(え)に  霞(かすみ)棚引く(たなびく)  春は来ぬらし】                                  (万葉集)
                           
注:「矛」とは、両刃の剣に長い柄をつけたものを言う。
京都の祇園祭りでは 長刀鉾(ナギナタホコ)でしめ縄を切る。

2005年4月3日
【忘すらるる  身をば思わず  誓いてし  人の命の  惜しくもあるかな】
意味
《倭の国が捨てられて(滅ぼされて)も、身についた習慣(石信仰)を捨てないでおくぞと誓う。その人達に(仏教の教えを強制し)それまでの習慣を捨てさせるのは惜しいことである》

2007年2月19日
左腎臓部にサインあり。
「過去になぜカルタ(百人一首)をはじめようとしたのか?
それは皆に思いがけない内容が含まれていることを知らせるためです」
(書くとサインがなくなる)
「それはイシカミの無念を伝えるためです」
(昨日百人一首を読んでいた)

2005年5月27日
【生き物の異常】
《セミ》=地下で7年過ごして鳴くだけに地上に現れるセミは、隠された真実を知らせる為に鳴いているそうです。
特に日本の歴史は真実が完全に隠されたまま、ウソの歴史を信じているからです。
百人一首に【蝉丸法師】の名前があるのは、隠されたヤマタイコクをあの和歌集に込められているからであり、芭蕉の句の【静けさや、岩にしみいるセミの声】も、岩=イシカミが言葉を発している事を読んでいます。

《巨大クラゲ》イシカミはクラゲのようにソラから降りてきて、やわらかかった事、あの半円の中の無数の触手で巨人を作った事をあらわしたそうです。

参考
・【ヤマタイコク物語
・【ソラのイエス物語

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月26日のソラ。

仁徳天皇陵

2007年09月25日 23時13分55秒 | Weblog
2003年2月26日
「天皇家に伝わることは、仁徳天皇が伝えたことなのです。
それで仁徳天皇のお墓(堺市の仁徳陵)に堀を築いて、人が入れなくしたのです。
(明治に作られた?)
かつては自由に入る事が出来て、仁徳天皇を偲んでいました。
いつの日か仁徳天皇の素性が知れる時、意味が解かれると分かったからです。

あのお墓の形はギリシャ文字のオームの形と言いましたが、それはイエスが日本に来た(イスキリと名乗った)ことと繋がるからです。
【オームの文字は“最後”と言う意味の記号である】と、白い木の子供(仁徳)がイエスから教えられ、“亡くなった後はこの形にして欲しい”と頼んでいました。
仁徳天皇の亡き後に仁徳天皇を偲んだ人々により、あのような大きなお墓が作られたのです」

2004年3月9日
・古代の律令体制を確立した天武、持統両天皇の宮殿「飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)」(672―694年)の中心施設「正殿

ここには同じような大きさの石を敷き詰めた庭があります。
この丸い石は、イシカミの穴から出た涙と以前知らされています。

(日本の岩山ではあまりわかりませんが、アメリカ、オーストラリアなどの岩山では、その穴がとてもよくわかります。
PhotoTrip USA Publishing
丸い石は川の水で削られたと言われますが、同じような大きさの丸い石が山の上でもたくさん土に埋まっている事は、川の水で削られたので丸くなったとは言えないと思います)

この丸い石を敷き詰めたという事は、物部氏の巨石(=イシカミ)信仰を押さえたという意味で、酒船石に対する仕打ちや、ヤマト近辺の全てのストーンサークルの破壊などと同時に、巨石信仰から仏教に変わった事をあらわしているのです。

500年代に小惑星が衝突し、地軸の異常が起こり天地異変が続いたことで、それまで信じられていた巨石、イシカミ信仰が急速に失われました。
それに便乗してプレアデナイに支配された仏教思想が広まっていき、イシカミを抑えたと思わせるために石を敷き詰めたのです。

仁徳天皇はイシカミを信じ巨石や塚を大切にしていたのと、イスキリから伝えられていた最後の文字であり、 イシカミに似たオーム ( Ω ) の文字を真似たお墓にしたいと言っていたので、仁徳天皇を慕う人により前方後円墳が作られたのです。

仁徳天皇にあやかって後の権力者が自分も崇めてもらおうと、仁徳天皇の真似をしてイシカミが作っておいた塚や小山を自分のお墓としていったが、イシカミが作った塚や小山には限りがあり無くなってしまったので、古墳時代は急速に消えていったのです。
古墳から遺品が出てくるとその時代に作られたと思われていますが、以前にイシカミによって作られていた塚、小山、巨石の古墳を、後の権力者が借用してお墓を作ったのに過ぎないのです。

2004年4月8日
「イシカミの分身は石冠のような身体をしていました。
イシカミの分身が亡くなって横になると前方後円墳の形になったのです」
ソラ画像:石冠
(円山が二つ並んだようで、等高線で見ると、昔の柱時計の形をしています)

綾部市には小さな古墳が1000? 近くあるのはなぜか聞いてみました。

「私はトヨウケです。
私(が作った巨人に)が作らせたのです。
なぜ作らせたかというと未来のわかる私は、必ずその事(古墳が多い)に気づいてくれると思ったからです。
平野に作らなかったのは(ヤマトに)壊されると思ったからです」

「トヨウケです。
その意味(小さな古墳が多い)を知りたいと思う星述べがあらわれると思ったからです。
(所々にある前方後円墳の)大きな塚は私の子供(巨人)なのです。
その子供たちが沢山の小さな盛り土をして、星たちをあらわそうと思ったのです。
そこ(綾部)はホシノミナの近くだからです。
丘の上に作ったのは、(平野に作ったのでは)ヤマトに気づかれ壊されると思ったからです。

二つ(ヒジリ塚ショウブ塚)を平らな所に作ったのは、そこの場所(綾部市多田町)は、(イシカミの事を守ってくれる人たちの所なので“おっぱい”のつもりで作りました。
なぜ二つの塚が四角いかというと、その土地はヤマトに取り上げられ、苦労すると思ったからです。
(この地方に大きな古墳=私市円山古墳が一つだけなのは)多くのイシカミが降りていなく、イシカミの分身が少ないからです。

それに比べ、(奈良地方は)大きな古墳がたくさんあるのは、ツボの形の半島(紀伊半島)にするため、たくさんのイシカミが降りて、イシカミのたくさんの分身がそこに集まったからです。
そして(紀伊半島が)ツボの形に出来たので、海の浅瀬であった(奈良盆地の)海水を、イシカミの分身たちが飲み干して、それから横になったからです。
それでイシカミの分身の亡骸が大きな古墳(前方後円墳)の形になり、それをヤマトの人が自分たちのお墓にしたのです。
水を沢山飲んだので(分身の遺体が)岩にならなく土になったので、お墓にしやすかったのです。
それに比べ(綾部の古墳が)小さいのは、トヨウケの巨人がイシカミの(遺)体を切り取って、盛り土にしていったので小さな古墳があたくさんるのです」

*)綾部には小さな古墳が、1000近くあります。 
(30cmから7mの高さで、円墳径5mから20mまで) 

古墳は考古学では人間が盛り土をしてお墓を作ったとされていますが、鍬だけで土を掘りそれを運んで小高い所に盛る事で、これ程多くの塚を作ることは到底不可能と思われます。
そして私市円山古墳のトンネル部分はやわらかい岩だったそうで、人間が運んだのではないと思われます。
巨大な小山を人間の力で盛り上げる事は、到底不可能と思いますし、人間が盛り上げたとしたら、雨で流されて崩れてしまうと思います。
又、 奈良盆地が海であったということも情報と合っています。

亀石が西を向けば奈良盆地は海になるというのは、亀はイシカミをあらわすので、イシカミの事に気づいたら、かつて奈良盆地は海であったことがわかるという事と思います。

古墳時代はブームのように去ってそれ以後作られなかったというのは、巨人が作った塚の数が限られ、使い切ったので古墳を作りたくても出来なかったと思います。
又、大切な農地の土を、お墓の為に労力を使ってわざわざ盛り上げたくなかったからと思います。
仁徳天皇が亡くなりその人柄を偲んで、回りの人たちが Ω (オーム) の形に似せようと周りをきちっと形作ったので、立派なお墓として残されたそうです。
後の天皇はそれを真似て、イシカミの分身の遺体をお墓にしていったのだと思います。

2006年1月16日
「キ、キ、キフネのことです。
貴船とは・・・・」

「これまで一度も知らせたことのないものです。
仲間が呼んでくれたのです。
(貴船の)船の石*を作ったものです。
人間*が船に乗って(大阪に)行くとわかっていたからです」
(その後、巨人は歩いて大阪に行って、仁徳天皇陵になったようです)

*)船=以前より、フネ、フネとだけ言葉になり、その後続かなかったことあり。意味を聞くも「港に着いたのに、船を降りないからと?」その後も意味がわかりませんでした)
*)貴船の船石
*)人が船に乗って・・・=一寸法師が船に乗って大阪のイスキリの養子になり、仁徳天皇になったこと。イエス物語参照。

2004年2月25日
(事実はどうかわかりませんが何度も知らされていますので、、。
↓次の年号は、伊○神○の巫女のチャネリングで決められた? そうです)

* 明治 =メイジ=目(メ)で見えること(見た目が恰幅の良い身代わり天皇)を神として 祈 (イ) のらせる (ジ)時代。 
* 大正 =タイショウ=メイジ天皇と 対象的
* 昭和 =ショウワ=小さな輪=大東亜共栄圏
* 平成 =ヘイセイ=この情報を聞いても 平静でいるように。

注: 大東亜共栄圏=第二次大戦中に日本が唱えたスローガン。欧米の植民地支配に代わって共存共栄の新秩序をアジア地域に樹立すると主張して、日本の侵略政策を正当化しようとしたもの。[新辞林 三省堂]

又、天皇家の墓だからと、全国の多くの「古墳」の発掘を宮内庁が拒んでいるそうですが、いつまでも人間を神と崇めているという事と同じだと思います。
【歴史を知る権利が 国民はあると思います。】
古墳について

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月25日のソラ。

仁徳天皇

2007年09月24日 23時56分35秒 | Weblog
ソラ辞典より
仁徳天皇
山彦の子孫を当時大阪にいたイスキリ(イエス)が引き取って育てた。
その子が後年、選挙で天皇に選ばれ仁徳天皇となる。
イスキリに教えられた事を政治に生かし、租税を3年免除し国が安泰したと言われる。
ギリシャ文字のΩをかたどった墓が作られたのが前方後円墳。
難波に都を置いた最初の天皇。

2006年11月9日
仁徳天皇の前の天皇はワニなどの動物人間だったそうで、エジプトや奈良の石室に描かれていたような動物人間は本当にいたそうです。
イシジンたちが生まれ変わって人間として創りだしたのに、内臓は動物を送り込んだ星たちがDNAに関与したため、人間の姿をした動物のようだったそうです。

2000年以前は動物人間がいたので、正式な人間は2000年前に発生したとも言ったようです。
それまでの高度な文明はイシジンが作り出したものです。

人間を創り出してもあまりに悲惨だったので、イシジンだったイエスマホメット釈迦などが人間らしく生きる指導をするために肉体を持ったが、支配星にやられて悲惨な体験をしたそうです。
ちなみにそれぞれの生まれた年が違うのは、支配星がこのことを知られないようにするためにウソを教えたり、イシキは生まれ変わっているので数百年の違いはあります。

2003年12月12日
「イスキリです。
オオサカにいた時の事を話します。
大坂とは、決して忘れる事の出来ない(ゴルゴダの)坂を、言葉として残しておこうと付けた名前です」

注): 大坂=大阪。 以前は“大坂”と書かれている。

「(私が)横になっていると付き人が、ノアの息子の話をし出しました。
その話は何度も聞いていましたが、その村に星述べをする子供がいると
聞きました。
その子供を(ここに)連れて来て欲しいと頼みました。
そしてイシカミの謂れを聞きました。
私もイシカミに導かれて日本に来ることが出来ました。
そして支配されないように(声が聞こえないように)茨の冠をかぶりました。
(強力な支配星は、聞きたくないと思っても強い力で言葉で命令する)

茨の冠をかぶる事で、支配星の言葉をさえぎる事が出来、イシカミに助けられたのでした。
小さな子供は星述べの家に伝わる事を話してくれました。
それは星述べの家に女として生まれると、星述べをしないと喉の病気になると言う事でした。
星の言葉を世に出す事で、喉の病気は治っていくということでした。
星の知恵を授けられた子供はいつも傍にいましたが、
次第に背が高くなり生長していきました」

「少年は沸かしたお湯のそばにいて、付き人が作ってくれた食事を持ってきてくれました。
少年は傍にいたので、ユダヤのことなどいろいろなことを教えました。
少年はイシカミの教えや、ユダヤの教えを守り立派な大人になりました。
天皇家の跡取が途絶えた時に、選挙の形で天皇になり仁徳天皇となりました。
それはイシカミに教えられた知恵を教える事で、
より沢山の食べ物が得る事が出来るようになったからです。
なぜ今も(日本で)ユダヤの風習に似たものがあるかと言うと、私イスキリが教えていたからです。 
仁徳天皇のお墓の形が変わっているのは、ギリシャ文字のオーム ( Ω ) の形を真似たからです」

「仁徳天皇と呼ばれた者です。
ソラのものに降りて伝えるように言われました。
私が一寸法師の話の元になった者です。
私は仕事をする事が好きでした。
大きなお屋敷で何もせずに座っている事はとても苦痛でした。
何もかも付き人がしてくれる事も苦痛でした。
(人々が)多くの物を持って来てくれましたが、イスキリに教えられたように、お返しをするように言いました。
人間は生まれる所が違うだけで、これほど差があるとは驚きました。
‘イカサズコロサズ’という政りごとで、農民からは厳しい取立てをしている事がよくわかりました。
仏教の教えに国民は震え上がり、なんでも言われるままにしていました。
そして、多くの貴族と僧侶が贅沢をしている事もわかりました。
私がまずしたことは、(年貢の)取立てを止めることでした。
そして田畑の開墾をするようにすすめました。
誰も言わないので、次の年も取り立てをやめようと言ったので殺されたのです。
私が言いたい事は、まず国民のお蔭で暮らせているという事をしっかり思って欲しいのです。
取立てばかり厳しくしても国は豊かにはならないと言う事です」

「私はイエス(=イスキリ)です。
私がどうしても言いたいことは、(ユダヤでは)プレアデナイに支配され、とても辛かったことです。
ローマと戦争をすると言わなければ、永遠の地獄に落とすと絶えず言われました。
その他いろいろな事を言われた通りにしなければ、同じように言われ続けました。
(私が、ローマと戦争をすると言った事は)全て消し去られ、私の遺体がなくなった事だけが生き返った事として、まことしやかに伝えられて行きました。
なぜローマの兵士が私の身体を少ししか槍で突かなかったかと言うと、ピラトから、殺してはいけないと言われていたからです。
ピラトに無実にして欲しいと裁判の前に、マリア(母)がお金を持って行っていたからです。
お知らせしたように、私は支配されたチャネラーに過ぎません。
その事を、どうしても伝えて欲しかったので起きてもらいました」

(詳しくは【ソラのイエス物語】参照)

2003年10月22日
「仁徳天皇のお墓の中には女性の品物があります。
仁徳天皇陵はヒミコのお墓にしようと作ったお墓で、そこに仁徳天皇とヒミコを偲んで女性の品物(櫛?)が入っているのです。
仁徳天皇がお願いしていたのです。
(私が)亡くなったらイスキリから教えられた Ω (オーム)の形にして欲しいと。
それで仁徳天皇を慕っていた人たちが、あのような形にしたのです。
ヒミコの話は大国主を慕う人(出雲の人)たちから聞いていたのです。
仁徳天皇は一番良い天皇でした」
(足にサインがあり)

「私はお姫様に可愛いがられた一寸法師と呼ばれた者です。
(以前、一寸法師が仁徳天皇になったと知らされた)
私が知らせたことは真実の事です」

【イメージ】
“車のオートロックの情景が浮かぶ”

「車のオートロックはドアを閉めると自然にロックされますが、人間の脳も同じようにされている事が分かりました」
(この情報が受け入れられない人たち?)

「そのロックを解くのにカギが必要です。
(そのロックを解除する)鍵穴が、“仁徳天皇の前方後円墳”なのです。
仁徳天皇のお墓が、なぜ途中から “開かずのお墓” になったか、今の踏み切りで表しています。
(小金井の踏み切り?)
(仁徳天皇陵が)なぜ途中から埋め戻されて閉じられたか、宮○庁が知っています?
仁徳天皇のお墓の中が知られないことは良くない事です。
仁徳天皇のお墓の中には、男性の品物の他に女性の品物が入っています。
その事が国民に知られると困るので、 “開かずのお墓” にしたのです」

「仁徳天皇は一寸法師だったと以前にお話しました。
そして自分の祖先であるヒミコのことを出雲の人に聞きました。
それで自分が亡くなれば、ヒミコをあらわす櫛(=鳥居の原型)を一緒に入れるようにお願いしたのです。 (足にとても強いサイン)
その事はイシカミのことが分かるので支配星の嫌がるものです」
(ヒミコはイシカミの言葉を聞いて文字を書いていた)

「ツマ、ツマ… (言葉がなかなか出てこず)妻の勤めを書いた言葉=ホツマツタエのホツマ文字? カタカナ? がお墓の石に書かれているのです。
ホツマツタエはヒミコが妻としての勤めを書いたものなのに、
権力者の都合のよいように書かれた物語(古事記や日本書紀)を裏付けするように訳されました。
そしてホツマツタエはヒミコが書いた目的とは違う意味で解釈され世に出ました。
そして意味を悟られないように、現実には無いミカサフミの2,3巻を探す事に意識を向けさせたのです。
ホツマツタエが、なぜ宇和島から出たかと言うと、世間に知られないように隠れて違う意味で解釈されていたのです。 (強い足のサイン)
それが地球の秘密を開くカギなのです。
ホツマツタエは、イシカミのことが書かれていると受け継がれて来ました。
その意味を、神の言葉として?解釈させてきたのが神道です」

・参考【ヤマタイコク物語

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月24日のソラ。

ワを食い破り二つに分けるワニ

2007年09月23日 22時20分40秒 | Weblog
2007年9月22日
昨夜は宮崎は神の国?というのを少しと、沖ノ島のTVを見ました。その後寝ようとすると
《イメージ》
“木立の向こうに沼がある。ジンムリュージンが降りた宮崎県の御池”

以前、霧島に向かっていた時、同行者共にサインがあり寄ってほしいと言ってきたのが狭野神社でした。
狭野神社については同行者とも全く知らなかったのですが、ジンム生誕の地ということがわかり驚いた覚えがあります。
神社を見て帰っても良いかと聞くとまたサインがあり、この先の池に行ってほしいと言ってきたのでちょっと気味が悪かったけれど見に行きました。
うっそうとした木立の中の気味の悪い沼で、ここにリュージンが降りてきてジンムとなったと言ってきて又驚きました。

2004年2月23日ウガヤノフキアエズの意味、ジンムの生まれ、隼人など
御池(狭野神社の先にある)の地図

【お池のリュージンを切り刻んで硬化剤で固めて大地とす】

次のこともチャネリングによるもので真偽のほどはわかりません。
身体のサインが続くので公開に踏み切るとサインはなくなりました。

「あと少しです。
なぜ韓国(カンコク)と呼ぶかと言うと、(日本をリュージンから守るために)日本海になる(沈む)ように勧告をしたという意味です。
けれども韓国のイシカミは、自分勝手なイシカミだったので沈まなかったのです。
韓国のイシカミに悪者を祭らないようにすることが大切と知らせてください。
韓国のイシカミは終わりにお仕事をしてください。
(韓国には地震がない)
(統一教会の)文鮮明がマのものなのです」

「沖の島がなぜ沈まないで残ったかというと、韓国のイシカミにだまされたのです。
沈まないで残っていると崇めてもらえるといわれた若いイシカミだったのです」
沖ノ島について(PDF)

「(沖ノ島は)朝鮮に近いので、マのものが利用しているのです。
(沖ノ島には金の竜頭など国宝3万点が出土した)
マのものの仲間に若いイシカミが利用されているのです。
沖の島のイシカミは謎を突き止めたので(沖ノ島の)宗像神社を(TV局に)公開させたのです。
沖ノ島で祭っている宗像姉妹は大元の弟の嫁なのです。
大元の弟には3人の嫁がいました。

(宗像姉妹は)イシカミを封印して自分を祭らせているので、ムナクソワルイと言う意味なのです。
半島で朝鮮戦争が起きたのとクリミヤ半島で戦争が起きたのと同じ理由なのです。
(争いが好きな、支配星の仲間だったから?)」

左足甲にきついサインあり。
地球の言葉が入っていません。
それはこのことを公開してほしいということです。
そして日本が悪者に支配されているのは、チョウセン人(の先祖)の天皇がいるからです。
それで秋田のイシカミが悪天皇と書いたのです」

(秋田のイシカミは、イシジンが小さいと言って人間が言うことを聞かなくバカにしたので怒った顔がナマハゲです。本当はこんな顔ではなかったと言ってきました。ソラ画像参照)
ナマハゲ伝説
秋田の稲

「悪者を知らない者は幸せです。
地球の怒りの一番はこのこと(王制や皇室制)なのです。
現実の姿に惑わされないでほしいのです」

(ソラからの情報は一貫して、地球の人々は平等であらねばならないのに、王制、天皇制がそれを壊しているので、その制度がなくならない限り地球の平和が来ないと厳しいです)
右薬指にサインあり=本当と

差別はしたくありませんが、こういう情報もあるということは知っていても良いでしょう。
昔の朝鮮の写真
このサイトの下段の説明を読むと、昔の朝鮮は決して文化が進んでいたとは言えません。

日本の文化は遅れていて、全ての進んだ文化は朝鮮経由で大陸から入ってきたと思わされていますが、過去はこのようであったということです。
何かの本では日本はとてもきれい好きと書いてあったのは、きちんと排泄物は畑の野ツボに溜めて、自然の肥料として使用していたからですが、これも日本のイシジンが教えたのです。

あらゆる食べ物や生活の知恵をイシジンが教えているのに、全ての手柄を仏教や神道関係に摩り替えているので、イシカミは怒るのです。
ちなみにヨーロッパの石造りの建物は、イシジンが創り住んでいたのでトイレがなく、外に放り投げていたのでマントや大きなツバの帽子を被るという説があります。

【地球上の全ての鍾乳洞の地下空洞のリュージンを切り刻んで硬化剤で固めて大地とす】

2007年6月22日
朝方、久しぶりに右頬にかすかに冷たい風が吹きつけるので、誰(のイシキ)か降りているのか聞くと思ってもいない言葉になりました。
ただ、イシキの世界からのチャネリングですので真偽のほどはわかりません。
そして公開を躊躇していたのですが、一日中右目に涙が出てくるのは、
「知らせてくれないから涙を出している」
ということですので、お知らせします。

「私はキム・ションニ?という者です。
金日成の息子でした。
(小さな白い光があらわれ消える=本当と言う意味)
私は(生まれた時には)脳性マヒでした。
それで父親に首を絞められて殺されました。
そして(生まれていた)イトコ?を自分の子供だと言って、皆に紹介したのです。
このことを知っている人はほとんどいません。

なぜ、私が脳性マヒとして生まれたかと言うと、(支配星に)昭和天皇の真似をするようにと言われたからです。
昭和天皇は人間の姿をしたリュージンだということを、生まれる前に見ていたからです。
その恐ろしい人と同じになれと言われたからです。
それが嫌だったので脳性マヒとなって身体を動かさないようにしたのです。
それが今思うと良くなかったのです。
(右股関節にサインあり)
ザンネン・・・・、残念なことにキム・ジョンイルが、(金日成の)息子として好き放題に育てられたからです。
私の身代わりのキム・ジョンイルが国をボロボロにしたのです」

はっきりとした《イメージ》
“中と小の白い箱があり、小さな箱は中の箱の中に入る”
意味は
「朝鮮からのメッセージが箱の中に入って送られたことを知らせました」

「ソラから見ていると全てのことがわかります。
なぜ、悪者(のキム・ジョンイル)が今まで好き放題なことができたかと言うと、それは(現実世界で)リュージンが崇められていたからです。
それで(リュージンの子分である)ヘビ一族が、地球の富を自分たちにより多く持つことが出来たのです。
今に(隠れて悪い事をしていても表に出てきて)わかります」

《イメージ》
(茶色のタオルは現実には持っていない)
“茶色のタオルが干してある”
意味は
「それが朝鮮の血の歴史を拭き去ったタオルです。
血の歴史の何もかも茶色のタオルが消し去ったということです」

「(金は支配星が教えた)金という文字が示すように、支配星(プレアデナなど)に支配されるとこのようになると知らされたのです。
そして裏で(北朝鮮と)つながっているのが、人間の姿をしたへび族の一人、文鮮明なのです。
文鮮明の兄が北朝鮮にいたのです。
そして兄が支配星から受けたチャネリングの情報を、利用したのです」
(その後エネルギーを貰っていたというようなことを、夢うつつで聞いていました)

#)朝鮮の食事や服などの夢を見ると複数の報告があるのと、ヒル長官が北朝鮮へ行くのが気になっていました。
金正日が亡くなったのかと聞くと

「(金日成の息子の)金正日ではありません。
偽物です(以前から偽物と言ってきている)。
偽物がいなくなった*のです。
金正日がいなくなったので、ヒル*(アメリカの特使)が行くのです」

*)いなくなった=動けなくなった?
*)ヒル=リュージンの子分。

(独裁者の金正日は、戦前の天皇を真似たと何度も伝えられています。
98年秋ごろに突然、胸が痛くなって咳が出て、北朝鮮の文鮮明の兄のイシキとつながり交信しました。
兄と名乗る存在は、結核になってもうすぐ死ぬと言い、韓国にいる文鮮明にチャネリングの情報を売っていると言っていました。
それで文鮮明は統一教会を始めたと。
兄は結核の薬がないので送ってほしいと言うようなことも言っていたのを覚えています)

2006年7月20日
以前にも、本当の金正日は死んで、今の人は偽物だとは伝えて来ていますが全くどうかわかりません。
また、98年の夏ごろでチャネリングが強かった頃、文鮮明の兄で北朝鮮にいるチャネラーだと言ってコンタクトを取ってきた存在がいました。
文鮮明の兄と名乗るその存在は、肺結核の重症でもうすぐ死ぬと言っていましたが、本当に胸が痛くなり、咳も出てきたことを覚えています。

ちなみに福田さんの1週間の訪米の意味、首相選挙に出ないのはなぜかと、チャネリングで知らされています。
読者からのお便り:安倍氏の信仰

2007年7月5日
先日からなぜ急に何度か「コウライ、とか、金正日とか朝鮮系のこと」を、お知らせとして言ってくるのか不思議でしたが、今日、統一教会の恐ろしい実態を告発した被害者の家族の方からの文を読んで納得できました。

その統一教会の結婚式に祝電を送った安倍総理に対して、話題にならないのが不思議です。
私は統一教会の問題はもう過去のことだと思っていましたが、今のなおこのようにだまされている若い人たちがいること、マスコミはなぜもっと取り上げて知らせないのでしょう?
反対に韓国のドラマや映画を宣伝し、俳優を・・・様や・・姫など言うのでしょう?
なぜ、もっとカルトの恐ろしさを取り上げ、関わりのある教育者、政治家などを白日の元にもっとさらさないのでしょう?

2005年11月5日
なお、創価学会が朝鮮と大きな関わりがあり、特にTVはその関係が強いということで、マスコミによって故意に韓国の流行が作られたとも知らされています。

2005年8月31日
「当麻*のモノ(のエネルギー体)が来ています。
(消滅する)
当麻とは馬を殺した蘇我です。
トウマとは“マとうまくやるトもだち”と言う意味です。
蘇我のものが(高松塚の古墳の壁画を)描かせたのです。
4獣神は魔物の神です。
石室に絵を描く事で、そこで創られた人間を、魔の神が捕まえたと思わせるために描かせたのです。
それまでその地の人たちは、(人間が創られた)その石室を大切にしていました。

朝鮮から来た蘇我は、それを利用して人々を支配したのです。
蘇我氏とわざわざ氏をつけるのは、(ヨン様、・・姫とか韓国の人につけるのと同じで)日本人を見下した妙見に支配された人たちだからです。
妙見信仰は北斗七星信仰です」

2006年9月1日
5時ごろ《ビジョン》
“机の前に座って、手紙を見せられていた人?の姿がいろいろ変わり、怒って?出て行くマンガ”
その後一瞬だけニンニクの匂いがする。

意味は
「なぜ被差別部落が何時までも伝わり、その階層が維持されてきたかというと、朝鮮から来た人に意識を向けさせないためでした。
それらの人を崇めさせるために、被差別部落の人たちに意識を向けさせたのです。
朝鮮から来た人が天皇になった時、さらにそれがひどくなったのです。
その事を知った部落開放の指導者が、バツが悪くなって出て行ったことを知らせたのです」

2006年10月11日
*)大韓帝国皇室を復活、皇族会が皇位継承式を開催(2006年9月29日付ニュース)

「それ(↑)が核実験を起させたのです。
リュージンが復活したということです。
(ラップ音)
それを書いてほしいので、腕にサインをしたのです」
(腕のサインはなくなる)

(これまで何度も北朝鮮の独裁は、戦前の皇室崇拝を真似していると伝えられています。
日本の場合は世界から孤立して、直接太平洋戦争を始めています。
皇室の元になる、神話の中にもワニが出てきていますし、朝鮮からきた人達が、日本の最初の国のヤマタイコクを滅ぼしたヤマト政権=ジンムから始まっています)

2006年2月9日
「それなのに、人々が特定の人を崇めることで、崇めて欲しい宇宙のものがその人に入り込むのです。
そして人々に崇めさせることで、次第に悪さがひどくなるのです。
(歴代の王や戦前の天皇、金正日など)
崇めてほしいと思っているイシキのものは、宇宙に無限にいるために、永久にこれまでと同じように、支配者と被支配者に別れることになるのです。
それを丸いもの(カロン)は、悪用したのです」

「ウガヤフキアヘズノミコトと神話で書かせたのは、支配するためなのです。
“ワガノフキアワス”というのが本当の言葉なのです。
その意味は“輪が強い力を持ち、ノ=平ら=平等が大切と記録し、輪を頭にする(輪をモットーとする)ことがスキ”と言う意味なのです。

生きる力をなくしたイシカミ(=砂)を再び、形にあらわして、地球に降りてきた目的を知らせている岩が、その証拠です。
固まることは、輪となることです」
鵜戸神宮前の岩、心臓と胃をあらわす岩

イシカミ(イシジン=ワガノフキアワス)が砂を固めて、いろいろな形にしています。
人間は砂を固めることはできないので、神武はこれを見て、(イシジンが)自分の先祖だと勝手に言ったことを、神話に取り入れています。
神武はリュージンの子供としっかり、神話に書かれています。

*《メールで知らされたビジョン》
「誰か男の人?が目隠しかメガネをしていて、それをはずすとそこから白っぽい大きなカイコのような虫が出てくる」

(イシキの世界を見たくないので、目を閉じようとしているのです。仏陀の像が半眼なのも、自分がいるイシキの世界が醜いので、見たくなく目が絶えず閉じようとするので、半眼になるのです)
(蚕は以前、贅沢をするために送り込まれた虫で、支配星の仲間が送り込んだと。
12単衣は、これだけ贅沢できると、見せびらかすための衣装と伝えられています)

2月7日
「カロンのあるものとは、丸いものでなく、囲いを使ってその中にいるのです?」
の意味を聞いていると。
丸いもの=カロン衛星の中、囲い=皇居と。
すなわち、カロンのイシキが、衛星から地球に降りてきたということ。

その後に見えた、これまで見たことのないくらい、とてもはっきりと、そして大きい《ビジョン》が、次のものです。
“真四角の中に、これまで見たこともない!巨大で異常な形のダニ?のような不気味な虫が、数匹しきりに手足を動かしている。
その後、少し小さなダニらしきものが一面を埋め尽くし、あわてて「消滅した」というと、それらは裏に隠れている丸いもの(カロン)の方へ移動する”

又しても、同じようなビジョンがあらわれるので、消滅をするも、同じで裏の丸いものの方へ行き、消滅できない。
そのビジョンが4、5回あり、このこともこれまで一度も体験したことのないことでした。
その後、カロンが地球を支配しようとしていることがわかり、
【カロンは消滅しました】
と発音しようとするも発音できず。

「なぜ、昨日知らせたか?
お分かりですね。
カロンがイシキとして肉体を形成し、支配星のまねをして、再び支配しようと計画したのです。
ソラのものは、なんとしても皇室の実態を知らせたかったからです」

ビジョンのダニは、それは勢いがあり、無数のダニにぞーとしました。
北朝鮮がカロンのエネルギーを受けていて、戦前の皇室の真似をして、皇室の実態を知らせているそうです。

「いつまで日本人はだまされているのですか?」
など、リュージンに洗脳された人をあきれています。

2005年10月21日
2005年10月21日朝
以下の事は不安をもたれる方があるかも知れませんが、私はお知らせ役ですので公開させていただきます。

明け方に、はっきりとした《イメージ》で驚いて目が覚めました。
それはこれまで見たことのない大きなオレンジ色の丸が、日本列島をほとんど覆っているのです。
Seismic Monitor
これより大きくて、中が全て塗りつぶされている=余震が何度も起きている
と思いました。

意味を聞くと
「これ以上この情報を無視し、皇室制度を認めていくのであれば、このような計画が宇宙でたてられると知らせました。
宇宙(ソラ)のもの一同より」

メッセージは大体オーバーに伝えられますが、起きてみた今朝の新聞に皇室関係の報道(女性天皇を認める)があり、やはりよく知っているなと思いました。
イシキの世界ではヒロヒトが責められて困ると、他のチャネラーを含めて何度も言ってきていますが、今の制度では女性だけになると自然に皇室制度は消えると思い、女性たちもそのつもりで生まれてきたそうです。

これまで何度も書いていますが、今の皇室の祖は朝鮮から来て、本来の日本の祖である石信仰のヤマタイコクを、リュージン(=神道)と仏教で協力し合って両方で徹底的に封印してきました。

“人間は平等”という一番大切なことを踏みにじっている皇室制度は、時の流れと共に目覚めた人たちも多くなっているのに、国の指導者達は国民の思いを全く無視して決めていっています。

2007年3月21日
《ビジョン》
“白米の袋の口がファスナーになっているが、そこに小さい蛆虫が数0匹隠れている。
それを庭に掃き集めたゴミの小山の中に入れる。それで駆除できると思うが覗いてみると蛆はゴソゴソとゴミに中に歩いて入っていく。そこでハエになるかな?駆除できるかなと思いながらそれで終わる”
その後そのゴミを燃やすイメージをする。

意味は
「宇宙から見ると、蛆は地球の富を労なくして食む者をあらわします。
すなわち他の人たちが汗水流して作った食べ物(地球の富)を取り上げる人たちのことです。
それは人間は平等であるべきなのにまだ王侯、皇室制が続いているからです。
又、地球の富を欲張って他の人から取り上げる人たちも同じです。
それらを蛆であらわし、いつも白米(地球の富)を狙っていて、ゴミの中でも生きているということです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月23日のソラ。

出口王仁三郎のイシキ

2007年09月22日 23時57分38秒 | Weblog
2007年8月3日
2007年8月3日朝
「悪いイシカミがいます。
皆神山です。
悪者に協力をしてきたからです」

「無念です。
今まで嫌になるほど仕事をしてきました。
それがいけないことだと言われたからです。
皆神山です。
仕事というのは、中国のリュージンを育てていたことです。
大本教のワニ三郎(出口王仁三郎)が連れてきたのです。
それを山にかくまってほしいと言われたのです」

皆神山
どこにでもあるような小山で、頂上が平らになっていて畑があり、ヤマタイコクを真似したようです。
辺鄙なこんな小さな山にわざわざチャネラーが訪れるのは、やはり沼にすんでいたリュージンが呼び寄せたようです。
「悪いイシカミ」と言われていたからか、反対側の道路はナビの載っていなく行かなかったのですが、石室などあったそうです。

皆神山のワニ三郎の石碑

皆神山の三つの沼
最後の地下空洞の入り口が松代にあるというので出かけました。
皆神山の頂上に3つの沼が並んでいて、↓の3つのサークル=爬虫類のことを知らせているのと関係があるというので驚きました。
丸い二つの沼が並んで、ひとつはこの上にあり細長く、ここにリュージンが降りていて隠れて悪さをしていたそうです。
この沼は底なし沼とも言われていて、地下空洞へリュージンを送り出していて、それを嫌がったイシカミが松代群発地震で知らせていたと伝えてきました。
実際リュージンに支配されていたワニ三郎や他のチャネラーも訪れていて、ワニ三郎やリュージン信仰を隠している大本教の出口直日の石碑があります。
クロサンショウウオが棲んでいるそうで、黒=悪いイシカミ(=リュージンを長い間住まわせていた)をあらわしているようです。

その後の《イメージ》
“横向きの”U”の字型でエビに似ている”

「それはエビ*だと言われたので守っていたのです。
そしてエビは山では守れないので、諏訪湖に移したのです。
そして四角い箱*に入れて守りました。
リュージンということは知らなかったのです。
そのリュージンが外に出てきては悪さをしていたと知らされました」

*)四角い箱=ひし形?の石箱が諏訪湖に沈んでいて、武田信玄のお墓と言われる伝説がある。
(四角い箱というのでは、以前オーストラリアの空港で出会った髭の人が、四角い箱型のかばんを、足で押さえていたことが頭に浮かんでくるが、それも関係があると。すなわちそれは契約の箱?だったが、リュージンがいるので足で押さえていたと。チャネリングでいろいろ言ってきたことと、その人がとっていたその他の変わった行動なども結びつく感じがする) 

*)エビ=触角などの形からリュージンに似せた生物と伝えられている。

【皆神山のエネルギー体を切り刻んで消滅する】

2007年8月1日 朝
《ビジョン》
“金色の網目が壁と天井に見える”

外宇宙の入り口が松代と皆神山の地下にあり、そのエネルギー体ということで消滅する。

【松代の地下のエネルギー体を切り刻んで消滅する】

その後、口内にポリープができたので何を知らせるのかなかなかわからなかったけれど、何度か聞いてようやくわかる。

それはソラ画像の銅鐸型の遺跡(クリヴィキール遺跡)の中に石の門があったが、戸隠しとはそのことを知らせている。
(松代に戸隠神社があり、9頭リューが祭られていると)

それは謎を解くために入り口の門を入るには狭く、腰をかがめないと入れない。
すなわち傲慢でなく、謙虚でなければその門には入れない。
そこを通り抜けると石の戸が向かい合っている。
向いあっている二つの石の戸は下部でつながっている=同じ意味がある=イシカミは同じ仲間がいる。

(地球はこのように、地下でつながっているのと、外に出ているイシカミがいることを“ウニのトゲ”で知らせているそうです)

さらに進むと三角のおにぎり型の石=イシカミがあり、銅鐸の答えはイシカミが子供(=分裂して分身)を創っていたことを教えているということである。

諏訪湖も銅鐸型の湖で、その中にひし形の石があるが、その中に皆神山や松代から抜け出たリュージンが隠れている。

【諏訪湖の中のリュージンを切り刻んで消滅する】

2007年7月6日
2007年7月6日
昨夜はまず左鼻の下にかすかにサインがあり、

(鼻の穴は地球の地下空洞の入り口をあらわしているのでないかと先日から思っていましたが、どこの地下空洞の入り口かわかりませんでした。
先日は鼻の奥にかすかにサインがあり、それが入り口に向かって移動してきていましたが、昨夜は鼻の下の溝を境に、左と次右と2回サインがあり)

次に、中央構造線と糸魚川静岡構造線が交差するイメージがあり【入】の文字が浮かぶ。その後

「まだわかりませんか?
それは(リュージンが)“入”るという言葉が形になっているのです。
そこ(松代の地下空洞)の入り口からリュージンが入ったのです。
それで(リュージンは松本の)サリン事件で知らせたのです。

また、イシカミはリュージンを嫌がって(松代)群発地震*で知らせていたのです。
(松代)群発地震は皆神山*が知らせていたのです」
(これは知らなかったのですが、後から調べると本当にそうでした)

「そして、そして・・・・本当にひどいことが支配星によって計画されていました。
それが50mの段差を造る大地震です。
そしてその後、地球は石器時代に戻る計画がなされていたのです」

「松代の地下空洞の入り口からリュージンが入っていたのです。
そのリュージンはとても多いので、何回かに分けて切り刻んでください」と。
その後右鼻の下にもサインがあり

【松代の地下空洞の入り口から入ったリュージンを全て切り刻んで捨てた】

と発言しようとするも「まーつー・・・・・」と、強力なリュージンのエネルギー体にジャマをされてなかなか発音できませんでした。
それでも何とか発音できるようになり、何度も宣言していました。

*)松代群発地震
地震と断層 松代

*)中央構造線
中央構造線上やその近くには、諏訪大社、鳳来寺山、伊勢神宮(外宮)、高野山、石鎚山、幣立神宮など古くからの聖地、霊場などがある。
このことで、ソラから知らされた情報によると、韓国から来たリュージンが宮崎の“高千穂の近くの御池”に降りてジンムになり、四国のヤマタイコクを滅ぼし、伊勢に落ち着いたこととつながります。

その後リュージンは、蓬莱寺山、諏訪まで行き、そこから松代の地下空洞の入り口から、地下空洞に入り悪さをしていたことがわかります。
これで、ジンムの末裔の天皇家が松代に来る計画が立てられ、松代で大本営が築かれようとしたこともつながっていきます。

*)糸魚川静岡構造線

松代はこの二つが交差する所にあるようで、それで、戦争中ここに大本営が移される計画だったようです。

*)皆神山はピラミッドと呼ばれている山で、95年以前にチャネラーの天野さんが、チャネリングで言われてそこの神社?にいった体験を話していました。

「皆神山(の神社?)に行くと出口ワニ三郎が出迎えてくれ、神棚の前?に行くと天女が降りてきて羽衣で体(意識だけ)を撒きつけて、上に挙がって行ったが、ワニサブロウは身分(次元?)が低いので、上に挙げてもらえなかった。
(天野さんは)神の一人子として、白衣を着た巨大な神の手のひらに乗せてもらって、天上界で紹介してもらった。天女たちが天上界では働いていた」

など、明らかに支配星に支配され、幻を見させられているのは、ワニ三郎が支配され、地獄や天国を見させられて、霊界物語を書いているのと同じです。

ワニサブロウはスサノオの生まれ変わりと言っていたそうですが、それは本当だそうで
牛頭天王=ワニ三郎=スサノオ=諏訪大明神
(右薬指にきついサインあり。ホシノミナがやられてことを知らせたそうです。

「松本で捕まえているリュー体を切り刻んでください」

【松本のリュージンを切り刻んで流した】

2007年7月9日
「ワニ、ワニ三郎はリュージンの化身です。
消滅してください」と。

ワニサブロウはケンタロウスと関係があり、今日の穀物模様で知らせているので、言ってきたと思いました。
穀物模様などで知らせてきているので、それだけにプレアデナイと月の接近は大きな意味があると思って、真剣に立ち向かっていかなければと思っています。

プレアデナイ一族、ケンタロウス、月の長老と仲間が結託して、人間を支配し争わせています。
それらは人間を争わせることでエネルギーを得ます。
平和を説きながら、イシキの世界では反対のことをしていると、繰り返しソラからは伝えられます。

2006年8月16日
天皇家の神社である伊勢神宮では表立ってリュージン信仰が出来ないので、大本教でリュージン信仰を全国に広めさせたそうで、大本教は地球平和を唱えながら、リュージン信仰を世界に広めていったのです。

2006年11月5日
*)出かけていたので知らなかったのですが、大阪の地震について次のようなことを【掲示板】でまとめてくださいました。
「リュージンの総元締めが大本だからです」と。

2006年11月3日6時24分頃 M3.9 震度3 亀岡市 震度4 能勢町 震度3 三田市

2007年9月21日23時57分頃 大阪府北部の地震
震源地:大阪府北部(北緯35.0度 東経135.4度 深さ10km)
規模:マグニチュード 3.6
震度2 亀岡市 震度3 能勢町 震度2 三田市、猪名川町

2007年7月6日
読者の方より
「ワニサブロウといえばスサノオで霊界物語の主人公はスサノオ
(ちなみに、大本三派の一つである愛善苑もこれを主張。だそうです。)
スサノオ=牛頭天王
(牛頭天王は日本の神素盞鳴尊と習合。)
ということですし、またしても牛が気になっています。
ケンタウロス
>半人半竜のドラコケンタウロス、半人半驢馬のオノケンタウロス、半人半獅子のレオントケンタウロス、半人半魚のイクテュオケンタウロス、半人半牛のブケンタウロス、半人半獣の怪物をまとめてケンタウロスと呼ぶ場合もある。

2007年7月1日 明け方、突然目が覚めて英語の文字が見える。
《イメージ》
“I'm a find(er.)”という(er)の抜けた文字

その後の《ビジョン》
“小さな枠の中にマンガで変わった動物が2種類、その後は羽根のはえた馬?牛?らしきもの”

意味
「生意気な若者の星(馬?牛?=ケンタウルス?)のものは、大本教のリュージンに捕まっているからです。
それがパレスチナのリュージンに力を与えたので争いがひどくなったのです。
たまに知らされるソラの情報の一部を聞いただけで、
『今世紀中には(ソラの情報が広がるのは)無理だ』
と言ったからです。
それが世界連邦の人に伝わったのです。
そして友達物語でなく違うマンガ*になったのです。

*)マンガ=世界連邦で戦争遺児にプレゼントするマンガ
中東和平交流 今夏も中止。綾部、現地情勢悪化で(2007年6月27日付ニュース)
によると
“世界連邦としてプレゼントする予定のマンガが、偏りすぎているということでイスラエルから許可が出なかったそうです”

「ソラの情報を一部だけ読んで解釈して(メドゥーサのこと*)伝えたのでテロリストに大きな力を与えたのです。

(ソラの情報はパレスチナなどイスラム国にも届いているが、日本の宗教家が、この情報を否定するので、イスラムの復讐の教えは正しいと、相変わらず復讐の教えを若者に伝えるので、テロが止まらないこと。
大本教も平和を唱えながらその裏でリュージンを崇めているとソラの情報では非難していること。
ワニ三郎が大本の庭の池=金竜海を信者に作らせる時は、狂人のようであったことは、本性が出ているのです)

そのことを伝えてください」

*)メドゥーサ=神話では石にする悪者と思われているのに、頭の毛はウナギのイシカミで被害者だと情報では伝えたこと。

(先週から続いていた右手首の痛みが今朝は治まっているのは、1昨日イスラエルに友達物語などを贈ったからと。痛みは地球からのSOSであった)

2007年7月2日 真夜中突然、目が覚めて。
「今年も(パレスチナとイスラエルの戦争遺児の来日が)ダメだったのは、子供たちに希望の知らせ(友達物語)を伝えないことがわかったからです。
そして(友達物語の代わりに)何の意味もないマンガを与えようとしたからです。
それはすなわち、友達物語を否定することでもあったからです」
(現実にはいろいろな意味もあったと思いますが、、、、、)

「悪者の言葉です。
“(パレスチナやイスラエルの戦争遺児に)何もしない方が良い?”
という言葉が悪者だということをあらわしています。
自分勝手な思いだからです。
他の人たちに何も(ソラの情報の本当の意味を)知らせていません。
(ソラの情報を知らせると)自分の立場が変に思われると嫌だからです。

マの者たち(大本教祖など)がいるので、それにつながっていれば丸く治まると、大切な(ソラの)教えを知らせないのです。
自分たちが丸く収まっていれば、相手(パレスチナやイスラエルの戦争遺児など)がどうなろうと知らないと思っているのです。
招いてやっているという思いが見え見えなのです。
日本の(宗教家が)ソラの情報を遮断して、必死で救いを求めてくる人たちを突き放しているのです。
ソラのモノたちより」

2007年7月2日 朝、右足薬指にサインあり。
「硬直した宗教の教えから離れないと、世界連邦の発展はありえません。
何の目的で世界連邦は創られたか?
籠の中のカナリアのように、意味のない言葉だけ並べていても何の働きもしないのです。

今こそ、脱宗教で最初の目的のために進むことが大切なのです。
イスラムの人たちが宗教に囚われることで、いかに精神の煉獄に入っているか身を持って知らせてくれているのです。
それはキリスト教徒でも同じなのです。
無宗教者を異端者として教えてきたキリスト教も罪は重いのです。
ともかくこの情報が、悪者に届くように(ラップ音)するために知らせたいのです。
それでソラの情報の広がりをジャマをしている人を見つけたので、発見者と“I'm a find(er.)”とビジョンで見せたのです。
私はユダのものです」

2005年8月30日
2005年8月31日18時
突然、かすかにジージトントン、ジージトントンと耳鳴りが5、6回だけする。
同時に左眼に涙が出てくる。
ツト、ツト、ツトと極小さな音がやはり5、6回だけするので意味を聞く。

「私が知らせています。
イシカミです。
地球が知らせて欲しいと言ったのです。
それできついお知らせをしているのです」

「地球です。
地球は(言葉としては)何も言えないけど、地球にも思いがあるという事を知って欲しいのです。
そんなことは考えられないと思われるのであれば、今以上のお知らせをしてもらいます。

ソラの言葉を悪く言う人は、いつでも地球から去って行ってください。
(この情報に対して他の掲示板での攻撃者に対して)
地球はそのような人が住む事を許しません。
そしてそのことをそのような人(ソラの言葉を悪く言う人)のイシキに伝えます。
ヘビの星のものには、地球の資源を好きにさせません。
ヘビの星へ帰ってください。

このことを伝えたいので、耳の音や涙を出してもらったのです」

右人差し指にサインあり。
「ワ、ワ、ワ二の国を(ハリケーンで)掃除したのです。
(アメリカ南部はワニがいる)
ワニを神としたのはプレアデナイです。
(プレアデナイからのチャネリング本“地球を開く鍵”では、ワニの王との会話がある)
それでワニを神聖視するのです。
(アメリカ南部ではワニを崇める?)
ワニは輪を食い破り、二つに分けます」

#)なぜ高松塚古墳のような悪神ばかりに8億円も使うのでしょう。(2005年8月30日付ニュース)
4獣神のエネルギー体が、どれほど悪さをしているのか、真剣に考えて欲しいと思います。
もっと忘れられた巨石遺跡こそ見直して欲しいです。

高松塚といえば高松の宮が亡くなられたあと、思いもよらないことを知らされたことを思い出しました。
2004年12月19日斂葬の意味

【21時追記】
今日は一日涙が出ています。
「人間に苦しみを与える事も悲しいのです」と。
特に南部は貧しい人たちに被害が集中するのが、いくらイシキが呼び寄せても悲しいお知らせと思っていました。
何とか早く地球にも意識があると、みんなが気づいて欲しいとそれだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真は9月22日のソラ。

ソラ画像東北編、ソラのものとイシカミの仕事、耳石

2007年09月21日 23時49分15秒 | Weblog
ソラ画像より
男鹿水族館の岩
男鹿水族館の岩は
「太平山の分身で海からリュウジンが来ないように見守っているのです。
岩がチョット赤いのは、イシカミが生きていたことを知らせています」

真山神社の仁王
ナマハゲ博物館へ行き、帰っても良い?と聞くとサインがあり。
近くの真山神社へ来て欲しいということで行くと、赤神神社の碑があった。
仁王門に赤い仁王が1対あり、これは木のイシジンなので見てほしかったと。
エネルギー体が入った感じがしたので廻りを見ると、近くに小さな沼がありリュウジンが隠れていたようで、リュージンを切り刻んでほしいといってきました。

秋田県大館市長走風穴(天然記念物)
長走風穴 地層の間を通って冷えた空気が、国見山西側斜面一体のところどころで噴き出す。標高166mの低地でありながら高山植物が群生する。国の天然記念物に指定されている。秋田県大館市長走字長走

この日は気温30度だったのですが、ここに入ると本当に涼しく汗も一気に引くぐらいです。
このような石垣が数箇所あり、どこから風が来るのかあまりわかりません。

「長走風穴が涼しいのは、地下空洞につながっているからです。
内宇宙は7つの海がまるで地球の外側の海のようになっています。
1283km*と数字が出てきたのは長走風穴がその深さの地下空洞まで延びていることをしらせました。
石垣は耳石と同じようにして、イシカミの原子に深くなりなさいと伝えているのです」

*)1283km=前日、夜中にこの数字がイメージかビジョンで見えてメモをしていたが、その時は意味がわからなかった。

手前の方は石が敷き詰めてあるのが、少しサークルになっているようであったが、石垣と共に何時創られたかわからない。

でぇだらおばちゃんソラを想ふ』さんに、丁度同じもの=宮城の風穴(材木岩氷室)が紹介してあります。

青森県 三厨岩
巨大なアーチが二つあり足のような巨岩です。
ここでも源義経伝説があった。

青森県東津軽郡外ヶ浜町(旧蟹田町、平舘村、三厩村が統合)の三厩(みんまやと読みます。巨石は厩石と呼ばれているようです。)

立(竜)飛岬への道中の岩
同行者共にサインがあり。
よくきてくれたと。
顔のように見える部分もあります。

青函トンネル記念館のそば
トンネルは北海道からは海辺から入っていくが、本州側はずいぶんと内陸に入ってから外に出てくる。すなわち海辺は一気に高くなっている。
トンネルと通っていると
「トンネルになったイシカミです。
津軽海峡になってようやくリュウジンから離れさせることができると思ったのにトンネルができるので嫌がったのです。(トンネル工事が難しかったこと)
何で嫌がったのかというと、友と別れるので嫌がったのです。
リュージンを北海道に渡らせないために、自分たちが海に沈んで姿を消すことにし、沈むのに固く手をつないで沈みました。
それを断ち切ろうとしたからです」

又、親子で沈んだとも言って涙が出てきましたが、本州側のトンネルは広範囲に海水が染み出ています。

立飛岬より
リュージンを北海道に送らないために津軽海峡を作ったのに、嫌な名前をつけられたと。
立って飛んで北海道へ行くという意味で立つにしました。

飛び出している陸地は沈むのが嫌だと残ったイシカミ。

十三湖と中ノ島
十三湖は汽水湖で、シオがあるためにリュージンが住み着いで悲劇(栄えていた港が沈んだ)が起こったと。
イエスがここに到着したと以前から伝えられている。
アイルランドで見たイメージ(葦の茂みにリュージンが隠れていて笑って消えていく)にそっくりな葦の茂みがあった。

十三湖の中ノ島の博物館の内部
沢山の石器などがあり、伝説の十三湊が栄えていたことがわかります。

2007年9月12日
《ビジョン》
“一番上が濃紺の横棒。その次はすこしずつ薄くなっていく紺の横棒が並び、一番下はクリーム色の横棒でその下は空間があり地平線?になる”

意味は
「これはソラのものとイシカミがこれまでしてきた仕事をあらわしました。

一番上はかって水の膜が地球を覆っていたこと。
次は仲良し3人組の0酸素が手をつないでオゾン層03をつくっていること。
次はソラのものが白い薄い雲をつくっていること。
グレーの色の雲は少し気に入らないと思っているイシカミの原子たちがつくっている。
次に地上のイシカミの山が、思いをこめてつくる(ぽっかり雲など)雲。
そしてクリーム色の横棒が、いわゆるチッソを多く含む地上の空気です」
(いずれも原子になったのはイシカミの原子が変化したから?)

*)同じよう意味を雲であらわしているのを、読者の方が送ってくださいました。
洞爺湖の山の上から(9.10)
次回サミットが行われる予定のウインザーホテルからだそうです。
それにしてもすごい雲です。
最近は特に変化に富んだ雲です。
東京の方より(9.13)
穀物模様でも知らせています。
2003年7月空知地区のクロップサークル

以前から、大きな耳石をどのようにして用いてたかと思っていました。
土器の耳飾り?
イシジンがイシカミの言葉を聞くために、耳にはめていたもの。
オオクニヌシがイシジンだった時は、耳がいて座の形をした円形で穴が開いていたのを、耳当てのようにつけていた。
そのイシキ人間として生まれ変わってからも、イシジンの時のことを忘れないために、耳の横で髪の毛を丸くしていた。

ちなみに隣にある、頭にお汁の管のついた小さな人形は、どこから出土したかわかりませんが、ストーンサークルの中であれば、人間がストーンサークルの中で発生したという、第2の証拠となりますが、、、。
(ストーンサークルの中に小さな人形が置いてあったのは、洞爺虻田資料館にあり、ストーンサークルの中で人間があらわれたと知らされた

「耳石はイシジンの頭の中に埋め込まれていました。
(柔らかい粘土のようなイシジンの頭の中に入れていたと)
その耳石は音を聞くために(脳を形つくっているイシカミの原子たちに)穴を開けたり(内外耳官)耳の機能として働けるような形になるように指示をしていました。
耳たぶの始まりは(幅広く)音を集めるために創られました。
けれどもあらゆる音が聞こえ過ぎるのも良くないことがわかりました。
あらゆる音が聞こえすぎると自分で考えることが出来ないことがわかったのです。
それで耳たぶを縮めたのです」

この説明で大きな耳石を、どのようにして耳につけていたかよくわかりました。
同時に内耳の複雑な構造も耳石が原子たちに、音が脳に伝わるような形なるように指示をして創られたことがわかりました。
耳の構造と機能
蝸牛が宇宙の大元をあらわし、三半規管は三位一体が大切なことをあらわしています。

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はおたる水族館のアザラシ君。