ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

チリ大地震と地震雲

2010年02月28日 22時14分36秒 | Weblog
2010年2月28日
青銅器時代の遺物、オメガ、北極星、フィギアースケート、チリの大地震、水晶はなぜ出来るか?

1)青銅器時代の沈没船:青銅の原料黄金の腕輪など
2)原始星の成長過程と磁力線

地震雲などの画像より
2010年2月25日 福岡【沖縄本島近海M6.9】
北西のソラから南東に向かう波状の雲がありました。
発生時刻 2010年2月27日 5時31分ごろ
震源地 沖縄本島近海 深さ10km 規模 マグニチュード 6.9
震度5弱 沖縄県

2010年2月27日 名古屋 12:07【CHILE M8.8、M6以上X5】
梯子状の雲、半円の雲、立上る雲が重なっていました
27-FEB-2010 06:34 M8.8 深さ59.4 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 06:52 M6.2 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:12 M6.0 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:19 M5.4 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:33 M5.6 深さ35.7 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:37 M6.0 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:01 M6.9 深さ39.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:19 M5.5 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:25 M6.1 深さ35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE

2010年2月27日 岩見沢 0:37【CHILE M8.8、M6以上X5】

2010年2月27日 西宮市 14:10【CHILE M8.8、M6以上X5】
六甲の山に沿っての低い位置の断層雲

2010年2月27日 十勝札内 16:49【沖縄近海M5.1、ARGENTINA M6.3】
発生時刻 2010年2月27日 21時20分ごろ
震源地 沖縄本島近海 深さ10km 規模 マグニチュード 5.1
震度1 沖縄県
27-FEB-2010 15:45 M6.3 深さ38.2 SALTA PROVINCE, ARGENTINA

DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
28-FEB-2010 11:50:36 -35.07 -72.73 M5.2 20.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 11:25:35 -34.74 -70.87 【M6.1】 35.0 CHILE-ARGENTINA BORDER REGION
28-FEB-2010 11:14:26 -35.32 -72.66 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 10:43:11 -38.41 -75.22 M5.1 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 10:32:24 26.59 128.30 M4.6 35.4 RYUKYU ISLANDS
28-FEB-2010 10:26:52 -1.11 -80.31 M5.3 40.8 NEAR COAST OF ECUADOR
28-FEB-2010 10:11:07 -33.91 -72.03 M5.0 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 09:14:53 -33.59 -71.77 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 09:01:23 -38.48 -73.33 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 08:47:19 -34.60 -73.73 M4.7 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 08:17:44 34.87 141.44 M5.6 10.0 OFF EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
28-FEB-2010 08:15:06 -33.58 -68.36 M4.9 24.7 MENDOZA PROVINCE, ARGENTINA
28-FEB-2010 08:07:46 -35.18 -72.52 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 07:36:30 -37.76 -73.14 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 07:14:20 -38.35 -73.51 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 06:54:05 25.91 128.51 M4.6 12.8 RYUKYU ISLANDS
28-FEB-2010 06:22:57 -38.00 -73.05 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 05:19:35 -37.70 -73.41 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 05:13:59 -37.46 -73.01 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 05:04:05 -35.23 -71.21 M5.0 35.0 CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 04:55:49 -33.93 -71.94 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 04:29:12 -34.90 -69.63 M5.0 35.0 CHILE-ARGENTINA BORDER REGION
28-FEB-2010 04:17:52 -34.72 -72.18 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 04:12:52 -34.83 -72.95 M4.6 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 04:04:51 -33.74 -73.09 M4.9 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 03:58:58 -7.36 128.80 M4.9 126.7 BANDA SEA
28-FEB-2010 03:34:04 48.88 153.73 M4.7 124.8 KURIL ISLANDS
28-FEB-2010 03:33:49 25.95 128.39 M5.2 35.0 RYUKYU ISLANDS
28-FEB-2010 03:23:49 -37.68 -73.53 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 03:20:15 -33.06 -74.05 M4.8 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 03:14:11 -33.96 -73.19 M5.1 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 03:13:39 -35.21 -72.75 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 02:51:47 25.99 128.39 M5.1 35.0 RYUKYU ISLANDS
28-FEB-2010 02:41:09 -38.05 -73.21 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 02:38:31 -38.27 -73.63 M5.4 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 02:22:52 34.18 25.34 M4.5 44.8 CRETE
28-FEB-2010 02:13:14 -33.00 -72.80 M4.8 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 02:04:29 -34.61 -73.53 M5.0 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 01:58:50 -34.88 -72.65 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 01:45:29 -34.44 -73.73 M5.2 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 01:33:12 -36.60 -72.77 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 01:24:42 -34.73 -73.40 M4.8 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 01:20:35 25.97 128.35 M5.3 35.0 RYUKYU ISLANDS
28-FEB-2010 01:08:24 -34.11 -71.95 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 01:01:12 -36.79 -73.35 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 00:53:33 -37.95 -73.66 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
28-FEB-2010 00:00:49 -36.57 -73.28 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 23:35:14 -33.87 -72.23 M5.2 34.8 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 23:21:13 35.91 70.05 M5.7 104.9 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN
27-FEB-2010 23:12:35 -34.74 -71.86 M5.8 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 23:02:01 -37.76 -72.71 M5.8 35.2 CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 22:22:32 -33.96 -71.20 M5.3 35.1 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 22:22:27 35.62 -96.76 M4.4 3.8 OKLAHOMA
27-FEB-2010 22:20:03 -35.09 -72.71 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 22:16:14 -36.49 -73.38 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 22:13:51 -34.44 -72.53 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 21:59:08 -36.79 -73.31 M5.2 34.8 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 21:48:26 -33.97 -72.14 M5.0 28.6 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 21:43:10 -35.13 -72.45 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 21:42:19 -34.97 -72.75 M4.7 434.1 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 21:41:29 -36.56 -73.51 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 21:00:37 -33.86 -73.03 M5.2 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 20:44:34 -37.89 -73.42 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 20:29:22 -34.69 -73.62 M5.0 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 20:05:27 -33.47 -72.47 M4.9 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 19:54:29 10.90 -43.44 M5.4 10.0 NORTHERN MID-ATLANTIC RIDGE
27-FEB-2010 19:06:18 -37.47 -73.50 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 19:00:08 -33.42 -71.91 【M6.3】 34.8 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 18:41:50 -37.58 -73.50 M5.1 34.9 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 18:23:11 -37.62 -73.82 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 18:15:23 -37.53 -73.70 M5.6 20.8 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 18:12:50 -33.85 -71.58 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 17:56:53 -34.69 -71.57 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 17:43:37 -36.45 -72.98 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 17:33:50 -36.07 -72.09 M4.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 17:24:33 -36.26 -72.93 M5.6 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 17:22:26 -38.04 -73.63 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 17:11:49 -33.95 -71.80 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 16:50:20 -34.16 -72.01 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 16:37:34 -37.51 -73.60 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 16:32:21 -34.99 -72.36 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 16:27:57 -37.82 -73.40 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 16:21:13 -38.27 -73.43 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 15:45:41 -24.59 -65.43 【M6.3】 38.2 SALTA PROVINCE, ARGENTINA
27-FEB-2010 15:23:05 -34.53 -74.99 M5.1 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 15:09:08 -33.89 -71.27 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 14:40:53 -31.32 -74.55 M5.0 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 14:29:09 -35.03 -71.71 M4.9 35.0 CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 14:23:27 -34.51 -72.60 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 14:20:00 -37.27 -73.06 M5.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 14:06:47 -37.29 -72.83 M5.0 35.0 CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 13:54:04 -33.27 -71.83 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 13:12:52 -35.01 -71.66 M5.0 35.0 CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 13:07:42 -38.44 -73.25 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 12:19:51 25.98 128.43 M5.2 9.9 RYUKYU ISLANDS
27-FEB-2010 12:03:27 -34.40 -73.82 M5.5 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 11:45:03 -36.32 -73.22 M5.4 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 11:27:00 -38.10 -73.59 M5.3 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE

発生時刻 2010年2月28日7時22分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.3度 東経139.2度 深さごく浅い)
規模 M2.4 震度2 新島村

発生時刻 2010年2月28日7時49分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.3度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M2.5 震度1 新島村式根島

発生時刻 2010年2月28日10時20分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯25.7度 東経128.8度 深さ10km)
規模 M5.1 震度1 名護市、国頭村

発生時刻 2010年2月28日10時21分頃
震源地 長野県北部(北緯36.7度 東経138.2度 深さ10km)
規模 M2.1 震度1 長野市、飯綱町

発生時刻 2010年2月28日11時51分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.0度 東経128.8度 深さ10km)
規模 M5.0 震度1 那覇市、南城市

発生時刻 2010年2月28日12時34分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯25.9度 東経128.8度 深さ10km)
規模 M5.0 震度1 名護市、国頭村、本部町、那覇市、うるま市、南城市

発生時刻 2010年2月28日13時47分頃
震源地 大分県中部(北緯33.3度 東経131.4度 深さごく浅い)
規模 M2.2 震度1 別府市鶴見、由布市湯布院町

発生時刻 2010年2月28日19時32分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.4度 東経128.6度 深さ10km)
規模 M4.5 震度2 国頭村、本部町

発生時刻 2010年2月28日19時59分頃
震源地 豊後水道(北緯33.3度 東経132.1度 深さ60km)
規模 M3.4 震度1 大洲市(愛媛県)、防府市、上関町(山口県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月28日のソラ。

「逆のはじまりの物語」

2010年02月27日 22時52分12秒 | Weblog
ソラ画像より
原子・分子の意味
水、鉄、シリコンなどがなぜ出来たか?

2010年2月23日
お礼、逆のはじまり、原子(H,He,Si)と分子(H20)の意味、仁徳稜、粘菌、六甲山、マ・シュー君、白い光の模様

関西サイ科学での講演は無事終了いたしました。
お世話になりました関西サイ科学の方々、遠くからも参加してくださった方に厚くお礼申し上げます。

1)E.T.探しに危険あり?地球外知的生命体探査計画に専門家らが警鐘
2)「竜宮からの使者」たびたび漂着 日本海側 深まる謎、全長3.61メートルメートル(2/21)
3)繰り返し地中海地域を襲った巨大津波

地震雲などの画像より
2010年2月19日三田市(17:27)赤い霧1
一部だけ夕日に染まって不思議な風景でしたが、下のイシカミがソラにのぼって行く感じでした。

読者が夕方に見られたビジョンです。

“自然保護区?の池から弾丸のようにたくさんの白いボッチ君?が飛び出してくる。
ドカン、ドカンと連続の爆発音。
顔はわからないけれど、あのボッチ君と同じシルエット。
ボッチ君達は、ヒコさんのIshikami The Movieのように揺れながら宇宙へ広がっていく。
「逆のはじまりの物語」と浮かぶ”

光柱と同じことでイシカミが降りてきていたのが、反対にのぼって行くということのようです。

2010年2月19日三田市(17:27)赤い霧2
アップにしました。

2010年2月21日 三田市
下の方に正方形の青空。
右上に船型、その下長方形(どちらもちょっと苦しいけど)の青空、
左上に小さい対と、直線の青空、
更に左上に顔?(Lの反対)のような青空、

先日から二回にわたって見ている白い光の一部と似ています。
四角はシリウが口で知らせたことをあらわしている。

2月15日4時ごろ、室内の白い横の壁に、
“対の短い白い光が5個並んでいる。その横に短い縦が2本並んでいる。
右端は縦棒の1本の上に長方形が横になり腰のようである。その上に船(バナナ?)のようなのと、縦になって少しぼやけた四角?がある。イヌクシュクの足が離れたような模様である。その後、対になった短い光の3,4組が、すーと左に移動していき消える。
真上には少し長めの二本の白い光の棒が、縦に並んでいる”
↓の染色体の「7」が二列に二組、先頭に一対並んでいるようである。
染色体の図

2月21日真夜中、以前にも見た白い光の模様
15日のと、とてもよく似ていて、イヌクシュクに似た模様の横に、対になったのは3個だけで、二個はとても光が薄く、一個はLの反対。
そこに上から斜めに白い光がスーと流れてきて消える。
先回2本だった直線は1本だけである。
先頭に卵(新しい生物?)のような白い光がある”

これはDNAに星のエネルギーが与えられて、違う生物に進化したことをあらわしているようです。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
地震雲画像
【チリ大地震・連続地震】
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
27-FEB-2010 10:54:23 -36.83 -73.34 M5.4 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 10:38:35 -38.02 -73.58 M5.9 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 10:30:34 -33.56 -72.64 M5.9 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 09:59:21 -37.99 -73.47 M5.8 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 09:21:25 -36.61 -73.22 M5.1 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 09:00:17 -33.43 -71.63 M5.6 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:53:56 -34.45 -73.40 M5.3 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:48:05 -38.58 -75.26 M5.6 35.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:25:29 -34.75 -72.39 【M6.1】 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:19:23 -33.48 -71.57 M5.5 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 08:01:24 -37.65 -75.20 【M6.9】 39.0 OFF COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:56:37 -36.93 -73.24 M5.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:51:05 -36.40 -72.50 M5.4 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:37:18 -36.84 -72.54 M6.0 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:33:31 -38.01 -73.48 M5.6 35.7 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:19:48 -35.81 -72.94 M5.4 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 07:12:28 -33.81 -71.91 【M6.0】 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 06:52:35 -34.74 -72.64 M6.2 35.0 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 06:34:17 -35.83 -72.67 【M8.8】 59.4 NEAR COAST OF CENTRAL CHILE
27-FEB-2010 05:37:29 25.99 128.53 M4.8 18.3 RYUKYU ISLANDS
27-FEB-2010 05:04:28 -7.20 111.32 M4.4 246.5 JAWA, INDONESIA
27-FEB-2010 01:33:21 25.95 128.38 M4.9 6.4 RYUKYU ISLANDS
27-FEB-2010 01:17:35 52.23 158.67 M4.7 53.7 NEAR EAST COAST OF KAMCHATKA
27-FEB-2010 00:48:46 26.10 128.48 M5.1 24.1 RYUKYU ISLANDS
26-FEB-2010 23:30:58 -11.43 166.28 M4.9 91.1 SANTA CRUZ ISLANDS
26-FEB-2010 21:37:35 31.25 103.61 M4.6 22.1 SICHUAN, CHINA
26-FEB-2010 20:31:26 25.97 128.44 【M7.0】 22.0 RYUKYU ISLANDS
26-FEB-2010 16:18:56 5.84 125.79 M5.1 53.7 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS

発生時刻 2010年2月27日5時31分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.3度 東経128.2度 深さ10km)
規模 M6.9 震度5弱 糸満市

発生時刻 2010年2月27日21時20分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯25.9度 東経128.7度 深さ10km)
規模 M5.1 震度1 名護市、国頭村、本部町、那覇市、西原町、うるま市、南城市

平成22年2月27日21時0分 気象庁発表
きょう27日15時34分ころ地震がありました。
震源地は、南米西部(南緯36.1度、西経72.6度)で、地震の規模(マグニチュード)は8.6と推定されます。
日本への津波の有無については現在調査中です。

詳しい震源の位置はチリ中部沿岸です。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
国・地域名   検潮所名      津波の高さ
チリ      タルカワノ     2.3m
チリ      バルパライソ    1.3m
チリ      コキンボ      1.3m
チリ      コラル       0.9m
チリ      アンクド      0.6m
チリ      アントファガスタ  0.5m
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
PTWCでは27日20時47分に津波情報を発表しています。
一般的に、この規模の地震が海域の浅い領域で発生すると津波が発生することがあります。
検潮所の津波の高さは太平洋津波警報センター(PTWC)による。

*** 今回の地震の震央付近で過去に発生した地震による津波 ***
 1960年 5月23日  Mw9.5   太平洋沿岸で1m~4m程度
 1985年 3月 4日  Mw7.9   18cm(八丈島)
 1995年 7月30日  Mw8.0   29cm(八戸)
 2001年 6月24日  Mw8.4   28cm(根室市花咲)
 2007年 8月16日  Mw8.0   15cm(根室市花咲、八戸、宮古、石垣島石垣港)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月27日のソラ。

出雲の謎とき(オオクニヌシとヒミコ)

2010年02月26日 23時53分06秒 | Weblog
日本の歴史の謎とき(ヤマタイコク、倭の国)」、「ヤタガラス」、「ヤタガラス(その2)」、「元伊勢の謎とき(アメノウズメ、岩戸山)」、「伊勢の謎とき(踏まぬ石)」の続きです。

ソラ画像より
出雲大社1
出雲大社の裏にスサノオを祭る社があり、オオクニヌシを裏で封印?していましたが、その裏に三角の巨石がありスサノオが隠していました。
出かける時にいくつもの三角雲が出てそれを知らせていました。

出雲大社2
ムウラが殺されその部下の祠がたくさん並んでいる大江山の元伊勢と同じで、オオクニヌシの殺された部下たちのようです。

出雲大社の注連縄
巨大な注連縄ですが、これはヒミコの束ねた髪の毛をしのんで創ったと伝えられましたが、これは今でもそうですと。
ただ、鳥居は櫛と言っていましたが、以前から知らせているイシジンの一種です。

出雲大社(古代神殿心御柱)1
人は消していますが、その大きさがわかると思います。
巨大な3本柱の建物があったという伝説が本当だったという巨木の柱の模型。
木星の王が渾身の力をこめて作り上げたのに、階段に朝鮮からのダイジャが入り込み、朝鮮から来た両親の元に生まれたジンム(ヤマト)にオオクニヌシが滅ぼされたので、木星の王は落胆し、その建物の原子も分解し建物はなくなったと伝えてきました。
出雲大社」さんに詳しく書かれています。
その後、木星の王は木星に帰っていたので、その間に支配星が木に入り込みヤマトに支配された神社の木にリュージンが入り込み、木星のエネルギーを得ていたと伝えてきました。

出雲大社(古代神殿心御柱)2
柱が田の字型に並んでいるのは、オオクニヌシは最初に農業を教え、田(文字はヒミコが考えた)の作り方を教えたからで、初期にビジョンなどで知らせてきています。

2001年6月24日
出雲の巨大建築は ‘大国主が田を作った’ という事をあらわした。 

2001年6月23日
NHK「出雲の巨大三本柱の建築」を見ました。
古くから出雲国造に関わられた宮司さんの家に、巨大三本柱の設計図が伝えられていて公開されていました。
それと同じで形で出土した巨大な3本柱は田の字型に建って、40mの高さの建物があったそうです。

昨年出雲に‘地震’があったのは、
イシキ達が折角3本柱を見つけだす手伝いをしたのに、この情報に目を向けてくれないから”
と、大きなラップ音と共に知らされていました。

6月24日 昼
突然ピシーと大きな音と供に、何か落ちる感じがしたので聞いてみました。

「お知らせします。
出雲の巨大建築は私たちが建てました。
大国主を信じる者でした。(再度大きなビシーというラップ音)
意地悪なヤマトに対抗するため、多くの船乗り?達が応援してくれました。
何としても、いき、、、、。(言葉が出てこない)
何としても、大国主の事を伝えたいと思ったのです。
それで神殿を建てようと思いました。
建物は単なる飾りでした。
人が住むのではなく、神となった大国主の為に造ったのですから。
火を燃やして灯台の役もしていました。
そして一番の目的は、「田」を考えて食べ物に困らなくなったのは、(イシカミの教えを受けた)大国主なのに、(ヤマトが)自分勝手な神を作り国民に押し付けていたので、その事(田作り)を言い伝える為に、あの様な建物を建てたのです。
何もかも意識を他に向けさせたので、建物で残そうと思ったのです。
今以上に舟は作っていました。
大きな舟でなく小さな舟で、風を上手に利用して遠くまで行きました」

田の字を強調して設計図を残しているのは、大国主が「田」を考えたと言っていたのでそうでないかと思っていましたが、やはりその通りでした。
そして中国の人が、ヒミコに文字を習いにきていたと伝えられましたが、同時に「田」の事も聞いたのでないかと思います。
それで「神農」とは大国主ではないか、と以前から思っていましたが、その思いがさらに強くなりました。

又、口遊び? と言う貴族の遊びの本に、一番高い建物は「出雲」で、2番目が「和二(わに=東大寺)」と書いてありました。
「和二」が東大寺を表わすとは知りませんでしたが、それでやはり仏教はプレアデナイに支配されたモノで、これまでの星物語の情報が合っていると思いました。
ちなみに、‘ワニ’はプレアデナイが地球に送り込んだという事は、バーバラ マーシニアック著の「地球を開く鍵?」の本にしっかりと書いてあったと思いました。
(辛い記憶なのでハッキリ名前は覚えていません)

『因幡の白ウサギ』の物語は、イスキリの使いのバーソロミューが、ローマの地震(=ナマズ)を乗り越えて来たと伝えられましたが、ワニ(東大寺=仏教)を乗り越えて出雲に行き、ヤマトが差し向けた盗賊に身ぐるみはがれた、と言う事を童話にして伝えたと思いました。

ソラ辞典より
カタカナ
最初の文字(ホツマツタエ)は覚えにくいので、ヒミコと若者が考え出した文字。

「私はヒミコです。“ワ”ということはとても大切だと思いました。
輪になって踊ったりして、お互い助け合ってヤマタイコクを作りました。
私が考えた『カタカナ』の意味をお知らせします。“ワ”が最初の言葉でした」

『ア』=アナタのア。頭と身体。先頭に立つ。
『イ』=イノリのイ。頭を下げている姿、ノとリを合わせた。
『ウ』=ワの上の点で、輪の先頭に立ってウタウ。
『エ』=橋=エニ=川と川を結ぶ=連絡する=天と地を結ぶ。
『オ』=男のことで、付いているモノがある。

『カ』=動物の皮。力を合わせて力を入れて皮を剥ぐ。力があること。
『キ』=木の板に文字を書いて綴じた物。記録。
『ク』=苦労のク。タから点を取るとク。点は人間を表し、田に入らないと苦労するという意味。
『ケ』=毛のケ。頭の上に丸(お汁の壺)を載せていた。
『コ』=子供が産まれるところ。女性。

『サ』=(めざしを)刺す。男と女がサス。人を刺す。
『シ』=死ぬのシ。2つの点が魂と霊を現し、長い線が肉体。肉体からそれらが離れると死ぬ、死後の世界のこと。
『ス』=好きのス。これは若者が考えました。
『セ』=磯の精霊のセ。砂浜に穴を開けている貝。穴に入るということ。
『ソ』=ソのものということ。指さしてソレということ。

『タ』=高いのタ。田んぼのタ。稲を干す高い所に登った人の形。
『チ』=命の元である血。+は死。ノに散ると死。
『ツ』=罪のツ。肉体から魂と霊が離れると悪いことをする。
『テ』=身体の上に2本あるものが手。
『ト』=供という意味。自分をちょっと支えてくれる。

『ナ』=ナニの意味。ナ=+=死とはどういうものか、意味が解らなかった。
『ニ』=2本。肉体と霊だけでは死ぬということ。死ぬとはナニ。
『ヌ』=スとともに若者が考えました。
『ネ』=木の根の形。地下をあらわす。
『ノ』=野原のノ。本当は横線でした。平らな地形。

『ハ』=歯。(歯を出して)笑う。
『ヒ』=かまどから火が出ている様子。
『フ』=フーと口から息が出る様子。
『ヘ』=なだらかな土地の形。平等をあらわす。
『ホ』=死んだ後、善人は左、悪人は右と別れる死後の世界のこと。

『マ』=鉛が身体に入り、苦しむこと、身体を曲げている。魔のもの。
『ミ』=魂・霊・肉体の3つという意味。
『ム』=無理をして身体が曲がること。
『メ』=芽が出た様子。
『モ』=モノをもらう時に手を差し出す形。

『ヤ』=矢。
『ユ』=舞台の上でユーガに踊っている形。舞台の上で演説をする。
『ヨ』=たくさん食べ物が採れて、棚に並べている様子。良かったのヨ。

『ラ』=楽をすると後でフーとため息が出る様子。
『リ』=利口のリで、2通りのことを考えることができること。肉体と顕在意識のみで人間はできていると思うこと。
『ル』=礼をしている人の前に立っている人が、瑠璃(ルリ=宝石)を身に付けている様子。
『レ』=頭を下げて礼をしている様子。折れ曲がるのとは違うので、上下反対にしました。
『ロ』=家の中の炉のこと。口。

『ワ』=輪になって踊る様子。輪。
『ン』=シから点が一つなくなっている様子。魂が空に行くと、死んでも生まれ変わらなくても良いという意味。

ソラ画像より
白兎海岸
因幡の白兎の舞台になった海。

因幡の白兎は、イスキリ(イエス)についてきた弟子のバーソロミューが、オオクニヌシの国を訪ねて行った時、ヤマトの役人に宝物を全て奪われたということを物語にしたもので、ワニ=プレアデナイ=仏教国のヤマトをあらわしている。
(【ソラのイエス物語】参照)

イシカミの親子をあらわす三角岩、手前に長方形のシリウを表す岩もあります。
日本の歴史のなぞが解ける証拠があるので、ここへ来てほしいと言ってきました。 

白兎神社
日本の歴史のナゾを解く証拠を知らせるので来てほしいと言ってきた物がこれでした。
ヤマトの流れを汲む皇室のシンボルは菊花紋ですが、それを台にして、柱を立てているということは、ヤマトより先に日本の国を創っていたのがヤマタイコクであり、出雲であり、倭の国であったが、それを滅ぼしてヤマトが一番最初の国とウソを言っているということをあらわしたそうです。
(【ヤマタイコク物語】参照)

オオクニヌシがヤマトに滅ぼされて、木星の王は巨大建築の基礎だけ残して木星に帰りましたが、ここでもしっかりと木の柱を立ててそれを知らせています。
菊花紋=花びらを密集させてその裏に、リュージンやヘビを隠していると伝えられています。

このことを知らされた後に神社の上に出てきた雲で、帯状の雲がソラをまたいで、この情報を宇宙の皆に知らせたと言っていました。

八重垣神社の×印の雲
八重垣神社はスサノオとクシナダヒメを祭っています。
極太の×印は何をあらわしているのかと聞くと
「スサノヲが8大リュー王で、クシナダヒメが9頭リューなのです」と。
社史や歴史書は全く違うように伝えています。

八重垣神社の壁画
八重垣神社 板絵著色神像

この絵は二人しか描いてありませんが、原版は、左端に膝まづいた女性=イトの叔母、その右に完全に故意に消された?背の高い男性=オオクニヌシ、その隣に背の低い少年(スサノオといわれている)がタケルノミコト、その右隣の大人?の女性がイト、座って本を持っているのがヒミコと話しているのが、文字を習っていてヒミコと一緒に逃げた少女だそうです。

オオクニヌシの生まれ変わりが、オオクニヌシの家族や関係のあった人を偲んで絵にしたと伝えられましたが、全ての人の説明をすらすらとしてきましたし、これまでの情報とあっています。
特にスサノオと言われる人物は明らかに小さく少年のようで、幼くしてヤマトにさらわれたタケルノミコトをあらわしていると思えます。
絵を見ていると「描き直されました」と言葉になりましたが、明らかに目がつり目になっているそうです。
又、神魂神社のイシジンがこれらの絵になったと言ってきましたが、杉板の上に珪藻土が薄く塗ってありその上に絵が描かれたそうで、これまでの情報のイシジンが変化したというのとあっているともいえます。

神魂(カモス)神社(出雲市)境内の横穴
境内の中の横穴ですが、中に入るとベット状(お金が置いてあるところ)になっていて、トルコやヨルダンの石室と同じようで、イシジンが寝ていたようです。
驚いたことに、ここのイシジンが、日本最古の絵(オオクニヌシがヒミコや子供たち(イトとタケルノミコト)などをしのんで絵を描いた)と初期に言ってきましたが、ここのイシジンがその絵になったそうです。
木があるのは、木星のイシキの持ち主のイシジンのようです。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
26-FEB-2010 08:37:02 6.38 126.77 M5.8 111.5 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
26-FEB-2010 05:38:18 23.76 122.79 M4.8 37.8 TAIWAN REGION
26-FEB-2010 04:42:29 28.43 86.77 M5.4 10.0 XIZANG
26-FEB-2010 04:41:29 0.89 123.19 M5.0 66.6 MINAHASSA PENINSULA, SULAWESI
26-FEB-2010 01:52:20 16.38 -96.53 M4.3 48.9 OAXACA, MEXICO
26-FEB-2010 01:07:58 23.79 122.85 M5.5 39.3 TAIWAN REGION
26-FEB-2010 00:11:53 -55.91 -5.48 M5.4 15.0 SOUTHERN MID-ATLANTIC RIDGE
25-FEB-2010 22:54:13 20.72 121.36 M4.6 35.0 PHILIPPINE ISLANDS REGION
25-FEB-2010 22:43:25 18.01 -62.09 M4.8 50.1 LEEWARD ISLANDS

発生時刻 2010年2月26日10時8分頃
震源地 与那国島近海(北緯23.6度 東経122.9度 深さ10km)
規模 M5.6 震度2 与那国町、竹富町

発生時刻 2010年2月26日16時25分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.5度 東経128.6度 深さ30km)
規模 M3.8 震度1 国頭村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月18日のソラ。

伊勢の謎とき(踏まぬ石)

2010年02月25日 23時32分16秒 | Weblog
日本の歴史の謎とき(ヤマタイコク、倭の国)」、「ヤタガラス」、「ヤタガラス(その2)」、「元伊勢の謎とき(アメノウズメ、岩戸山)」の続きです。

ソラ画像より
伊勢神宮、踏まぬ石
ソラらからの情報ではムウラの頭と知らされた。
本当は長方形でシリウから来たと伝えられた。

ムウラのことは【ヤマタイコク物語】参照。

踏まぬ石の前の石段
踏まぬ石から目をそらすために向かいに社(別宮、荒祭宮)と石段を作り、杉を植えてこちらのほうが立派だと思わせたようです。

伊勢神宮の石垣
このような巨石で作られいた山城だったようです。
98年に見た時は、カゴメ紋が彫られた苔むした石灯籠が境内にありましたが、全て取り払われ木の灯篭になり、カゴメ紋も全く消されていました。
遺跡のイシジンであり、歴史的に大きな意味のあるカゴメ紋の石灯篭を公開してほしいと思います。
刀は納めていないと石田さんは言っていましたが、チャネリングでは刀を納めた?と。
現実にはどうかわかりませんが、その後、戦争が起きテロがひどくなっていったことは事実です。

伊勢神宮勾玉池
生臭い臭いのするどぶ池でした。
伊勢の巫女がチャネリングで指定した4億円の浄化槽↑は、全く効果がありませんでした。
98年3月ごろ、巫女の案内でプレアデナイとコンタクトを取っていたチャネラーは、この浄化槽は生き物と同じですばらしい働きをすると言っていましたが、、。
そしてこの池にどんどん神=リュージンが降りてきたと巫女は言っていましたので、そのリュージンを切り刻んで完全燃焼し原子に戻す作業をしてきました。

伊勢神宮勾玉池の浄化槽
伊勢神宮と皇室】に書いてあることが本当なので、浄化槽の写真を公開してほしいとチャネリングで頼まれました。

風日折宮(伊勢神宮)
もう帰って良いかと聞くと、まだ寄ってほしい所があるとチャネリングで言われた所は、橋を渡って離れたところにある小さな社でした。
初めて聞く名前でシナツヒコノミコト、シナトベノミコトというのが祭ってあったが、その
シナツ=死ぬほど罪なことをさせる、
シナトベ=死ぬことが友達=特攻隊を育てた極悪にもの
がここを占領しているということで、切り刻んでほしいと言うことでした。
それにしても神宮内はあちこちに沼があり、リュージンが住み着いて大きなエネルギー体になり紫色が写りました。
伊勢からの帰りは強烈な雲で、宇宙の怒りをあらわしていました。

伊勢神宮多賀宮
多賀宮は少し山を登ったところにありますが、チャネリングで来てほしいといってきたとこでした。
ヘビに巻きつかれているので、それを切り刻んでほしいと。
祭神はトヨウケとなっていますが、ヘビの星が私市丸山の本当のトヨウケの名前を盗んで、自分をあがめてもらうようにトヨウケと名乗ったようです。

伊勢神宮のあちこちの建物の四隅は、このように四隅が丸く石で囲ってあります。
これはソラの情報で知らされた、イシカミで形を創ったが最初は四角かったこと。
その後、地球が丸くなるために、四隅のイシカミたちはいったん分解して、再び地球にイシカミと降りてきて山などになってよい仕事をした=住吉神社。
その四隅のイシカミをあらわすために丸い石で形創っているのは、伊勢の巫女がイシカミとつながったこともあったからでしょう。

伊勢神宮土宮
チャネリングで来てほしいといってきたのが多賀宮で、そばにあったのがこの土宮です。
土星がここにイシカミとしておりてきたことを知らせるためでした。

倭姫宮
ヤマトヒメとは発音できず、倭の姫=倭のものであったと。
神話のヤマト姫はムウラの遺体をばらばらにしてチャネリングのままにあちこちにばら撒いたのは、支配星に支配された巫女であったが、名前だけ取られたと。
ここも小山のイシカミの遺跡のようで、遅くに降りてきた子供のイシカミのようです。

この近くに神宮の資料館や古文書館がありますが、それらは支配星のマのものが書いたということで、とてつもないエネルギー体がいました。
蝶の羽のような形の雲で、ベガが大きな力を与えていたとも伝えられました。

倭姫宮の遺跡
低いが幅広の石垣で、中国などの石垣に似ている。

伊勢神宮の長方形の石組?

2006年2月10日
癌細胞、遺跡の保存、田、オオモノ=オオクニヌシ、カゴメ紋など、緑=カロン

以前から癌は
「山(イシカミ)のことを口伝えに伝えることを、(支配星に協力をして)ヤマイダレで隠す(邪魔をすると)と、その人のイシキがお知らせしてなる」
という意味の漢字であるとは知らされましたが、癌はどのようにしてなるのかと思っていました。
以下のこともチャネリングですので、真偽のほどはわかりません。
ただ、顕在意識潜在意識はとても違うということは確実です。

「癌になるのは、その人のイシキが知らせるからです。
イシキは思い出してほしいと思っているからです。
何を思い出すのかというと、イシキが肉(肉体)をなぜ、まとったかということです。
イシキは人間の肉体を身につけることで、(五感を通して)いろいろな体験をすることができます。
けれども、今生ではこの体験をしたら、違う肉体を持ちたいと思うのです。
それで早く生まれ変わりたいと、思うようになります。
一番手っ取り早く断ち切るのが、事故や(急病による)急死です。
けれども、今生に未練がある場合は、(去ろうか残ろうか)どうしようか迷います。
それでその人は長患いをするのです。
癌などの痛みがあるのは、未練を断ち切りたいので、その人のイシキが星たちに痛みを起してと、頼んでいるのです」

《ビジョン》
“境界線がはっきりしない光で、赤っぽい丸の左上に小さな欠損がある”
「(赤い丸は)細胞です。
その一部が口をあけているのです。
その口が知らせるのです。
そして、食べ物を入れて欲しいと頼み、そこに入れてもらいます。
そしてそこがどんどん大きくなっていきます。
それが癌細胞です」

「人間は地球と同じ仕組みになっています。
地球も傷を受けると治そうと、地球のイシキは思って働きます。
それが自然の変化(異常気象)です。
地球の傷を治すために、(細胞の?)増殖をしようと雪を降らせるのです」

「嫌なのはお米だけではありません。
ト、ト、ト、トモ・・・・・・・・(これは本当に長い時間わからなかった)
トモス(灯す)ものです。
(灯篭のこと?)
そうです。
伊勢神宮の灯篭にカゴメ紋があります。
その模様は、(倭の国を作った)ノアの親子が伝えたのです。
それを知って伊勢神宮に使わせたのです。
3000年ウソで固めてきたのです。
それらは(オオモノや倭の国から)取り上げてきたものなのです。
ソラのモノ達は全て見ていましたが、これまで伝えることができなかったのです」

【2009年2月1日追記】
98年に行った時は、境内に苔むした灯篭があり、それにカゴメ紋が描かれていて、とても感動したのを覚えていますが、2008年10月、伊勢神宮へ行って来ましたが、境内の苔むした灯篭は(倒れるからと)全て撤去され全て何の模様も無い木の灯篭?らしきものに入れ替えてありました。
伊勢神宮と皇室は大きな関わりがあり、この情報の証拠であったものが完全に捨てられていました。
参道には新しい灯篭にカゴメ紋がありますが、なんら意味のないものと伝えられるようになりました。
知り合いのユダヤ人は99年に伊勢神宮にダビデ紋を確認に行っています。

2005年5月29日
皇室と伊勢神宮のつながり、地球、山鼻神社の意味、インカの石組み、大三島の火事。【20時追記】

次の事もチャネリングによるもので、真偽の程はわかりません。
2005年5月29日真夜中 右肩が急に冷たくなって目が覚める。

「ヒロヒトです。
大切な事を知らせるようにと、ホシのものに言われたので降りてきました。
それは隠されたフミ(文)があるという事です。
それは三重のシビト(亡くなった人)が書いたフミです。
それは仕事をした巫女の人が書いたフミです。
それには《石を押さえれば、地球上の欲しいものが手に入る》と書かれていました。(石=イワクラなどイシカミ信仰)
それは大切なモノ(3種の神器?)が入っているところにありました。
その紙は大正天皇が生まれた頃に書かれたと言われましたが、それはウソで本当は明治の初めに書かれました。
廃仏毀釈は西郷の提案でしたが、それと同時にそれまで大切にされていた石信仰を止めさせ伊勢神宮を祭り上げるようにしたのです。

それで伊勢神宮がなぜ皇室の神社になったか知らせます。
(左親指にサインあり)
伊勢には密かな決まりを作りました。
神(の声と名乗るもの)とつながるもの(=巫女)が、石を封じる事ができるので大切にするようにされました。
それで(年号も)西暦だけでなく、巫女の伝える言葉を年号に使っていったのです。
そして日本の兵隊は伊勢の巫女の言葉で行動するようになりました。

(先日の)チリ軍のアンデス山中での雪中訓練の悲劇は、かっての日本軍の八甲田山での雪中訓練の悲劇をあらわしているのです」
(太平洋戦争も同じとこれまで何回か同じ事を知らされています)

「フミの書かれた紙が皇室に届けられたのは(右人差し指にサイン)なぜかというと、地球の神秘の玉(真珠)が生まれる地域(=伊勢)で、神の声を聞く人がいるからでした」

「フミの書かれた紙の入っている中に真珠が入っていました。
石の神を祭らないようにと、死後のモノが伝えてきたからです。
白いもの(=稲妻=ホシノミナ)に困らない(=負けない)為に、白いモノ(=真珠)を身につけると良いと、神の声がしたのです」

「さ迷える者が日本へ行かせて欲しいとイシカミに頼みました。
それがノアなのです。
なぜなら、ヤハウエーが日本から来たと言ったからです」寝る。

右下肢が冷たく目が覚めたのは
「地球が進む道に迷っているからです。
沖縄などで、小さな地震を起しただけで、人間は地球の苦しみを知らないので遺憾の意をあらわしているのです」

(地震雲らしくものがあらわれているが、イシカミが地球の願いを聞かなくて、地震を起してくれないので地球が文句をいっているようです)
昨夜は何度も目が覚めていろいろな事を伝えて来ました。

2005年6月17日
【伊勢神宮と皇室】

(前略)
けれどもその後チャネリングができなくなったので幣立神宮に行かれたそうですが、そこでつながったのがおかしなエネルギー体で、その後のチャネリングで知らされたと、鏡でなくダイヤをちりばめた刀を納めると言われびっくりしました。
なぜならそのような事をされると世界中が戦争状態になるといわれたからです。
それで詳しく状況を書いて伊勢神宮に手紙を出しました。

数日して、突然秋篠宮夫妻が伊勢神宮へ行かれたとニュースがありました。
その後、石田さんの電話では水晶を納められたと聞きました。
以上は私の体験のほんの一部ですが、伊勢神宮と皇室の関わりはとても大きい事をどうしても知ってほしいと催促され公開いたします。

〔追記〕
その後、この情報を知った皇室=宮内庁はあらゆる手段でこの情報を妨害しているとは何度もチャネリングで知らせてきています。
特に麻生首相、その義弟の皇族、紀子さんの父親などを通してと、、。
この他、ソラの検索で調べていただくなり、弊社の『ソラからの真実の歴史』にもたくさん皇室関係は知らされています。
特に戦争と大きな関わりがあり、現実の情報発信のオルタナティブ通信や高橋五郎氏、鬼塚英昭氏の著書との一致点があります。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
25-FEB-2010 12:49:55 51.59 -177.43 M4.1 59.3 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS.
25-FEB-2010 12:21:51 -14.98 167.15 M4.9 216.4 VANUATU ISLANDS
25-FEB-2010 11:26:36 -23.77 -175.71 M5.0 107.0 TONGA ISLANDS REGION
25-FEB-2010 08:03:40 51.70 -176.02 M5.2 42.2 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS.
25-FEB-2010 04:56:56 25.54 101.92 M5.0 39.2 YUNNAN, CHINA
25-FEB-2010 04:38:40 -46.09 166.28 M4.8 35.0 OFF W. COAST OF S. ISLAND, N.Z.
25-FEB-2010 03:51:49 14.21 93.23 M4.8 36.4 ANDAMAN ISLANDS, INDIA
25-FEB-2010 03:15:05 11.18 -86.32 M5.6 42.6 NEAR COAST OF NICARAGUA
25-FEB-2010 01:14:52 47.61 147.58 M4.3 393.3 NORTHWEST OF KURIL ISLANDS
25-FEB-2010 00:54:03 8.09 137.59 M4.6 145.9 WESTERN CAROLINE ISLANDS
24-FEB-2010 21:57:03 -21.13 -178.63 M4.7 563.3 FIJI ISLANDS REGION
24-FEB-2010 13:01:09 -3.33 146.02 M4.9 10.0 BISMARCK SEA

発生時刻 2010年2月25日8時35分頃
震源地 東京都多摩東部(北緯35.7度 東経139.5度 深さ30km)
規模 M3.2 震度3 八王子市堀之内

発生時刻 2010年2月25日14時33分頃
震源地 福島県沖(北緯37.3度 東経141.7度 深さ40km)
規模 M3.8 震度1 いわき市三和町

発生時刻 2010年2月25日14時43分頃
震源地 根室半島南東沖(北緯42.9度 東経145.7度 深さ40km)
規模 M3.5 震度1 根室市

発生時刻 2010年2月25日15時55分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.4度 東経141.2度 深さ40km)
規模 M3.3 震度1 ひたちなか市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月25日のソラ。

元伊勢の謎とき(アメノウズメ、岩戸山)

2010年02月24日 23時39分38秒 | Weblog
日本の歴史の謎とき(ヤマタイコク、倭の国)」、「ヤタガラス」、「ヤタガラス(その2)」の続きです。

地震雲などの画像より
2009年2月9日 瀬戸市 15:27 南西
一捻りした長方形のように見えました。

この雲が先日のビジョンをうまくあらわしてくれています。
《ビジョン》
最初に小さな“へ”の形、これがヘビの元をあらわし、たくさん集まったのがヘビやリュージン。(フライイングストーン)
この長方形の真ん中が不規則に穴が空いているのが、生き物のように穴が閉じていく。
そのことを知らせたのが、先日のお知らせの“ツリガネムシ”。
2009年2月6日のお知らせ ツリガネムシ、小鳥座の王、白山、ロバート・デ・ニーロ、いろいろイシジン、赤い藻の変化、サルの星など
この穴を埋めることをするのが、神話に出てくる“アメノウズメ”で、乳房の形で知らせてきました。

ソラ画像より
アメノウズメの乳房
乳房のお知らせ。
グーグルのストリートビューで府中市近辺で白ヘビのエネルギー体を探してくださった時に見つかったものですが、乳房と関係あるお知らせが来ています。
ここ数日前から何人かの読者に乳房へのサインがあっています。

天の岩戸(京都府元伊勢)1
アメノウズメ(イシジン)が踊った足跡と。

天の岩戸(京都府元伊勢)2
アメノウズメ(イシジン)が踊った足跡と。
↑のに比べて小さいのは、周りの岩が、
“イシジンは生きていた”
ことを知らせるために、赤い岩になったので小さくなったと。
ここだけ赤い岩です。

天の岩戸(京都府元伊勢)3
大江町の岩戸山(日室ヶ岳、元伊勢)の麓で右側の岩が写りきりませんでしたが、対の巨石が天の岩戸と言ってきました。
この川上の巨石の上に、天の岩戸神社の祠があり。

天の岩戸(京都府元伊勢)4
天の岩戸神社の祠の裏の巨石。(とても大きい長四角っぽい)
これがアマテラのイシジン?だったそうで、水がかからないので良いことを言っていたそうです。
(片目を閉じたおちょぼ口の顔に見えます)

天の岩戸(京都府元伊勢)5
真ん中の岩がアマテル(イシジン?)で、水がかかり湿っているのが、水の中のリュージンが悪いことを言っていたそうです。
(初期のチャネリングでもアマテラとアマテルといたと知らされた)
この二つの岩の手前にとても大きなき巨石(天の岩戸神社の祠がある)があり、この二つの岩は完全に姿を隠していて、その巨石の上に行かないと見えない。
このことで、部屋?に閉じこもることなく、外に出るように、アメノウズメ(小鳥座)が踊って誘ったと。
このようなことを母親の大江山のイシカミ(小鳥座の乳母でもある)が教えたが、支配星が悪者の言葉に代えて、神話ができたと。
(奥の方の寄り添った巨石は爺やとばあや)

天の岩戸(京都府元伊勢)アワラテ
ここに来てほしいと車を止めた所にあった巨石。
↑の巨石のアマテラとアマテルの下の弟のイシジンの巨石で、遠くから写したのでわからなかったのですが、アップにすると苦しそうな表情に見えます。
アマテルたちより上流にあり、はぐれて一人になったので、スのものの仲間になったので悪いことをしていたと。
2月12日に
「ミナ、ミナ・・・ミナシゴになりました」
とだけメモをしていたのですが、意味がわからなかったのはこの岩が呼んでいたからのようです。
スサノオという神話の名前はここから勝手に取り出して創られ悪者になっているのでスサノオと呼ばれるのが嫌なので名前を変えてほしい。
そして
【アワラテ】
と呼んでほしいと。
メモをした後、右わき腹に5、6回のしっかりしたサインがあり「ありがとう」と。
二瀬川駐車場から。

このことを話題にしていた時、福井県嶺北でM5.2の地震アリ
あわら市も震度3で関係があるようです。

天の岩戸
反対側からの画像です。
木が茂って岩が見えませんが、両側に岩があります。

天の岩戸神社の祠
この巨石の裏にアマテラ、アマテルの巨石がありますが、鎖を伝って登らないと見えません。

岩戸山(=日室ヶ岳、元伊勢)
後ろから見た山。
元伊勢神社の方から見るときれいな三角山ですが、これで決してピラミッドなんかでないことがわかります。
大江山の子供の小さなイシカミですが、宗教のエネルギー体に支配されているので青色がかっています。

「全国計105の観測地点で2月の最高気温を塗りかえた。 気象庁によると、静岡市清水区で26.8度、神奈川県小田原市で26.1度、千葉県茂原市で25.7度まで上がり、夏日に」

大江町毛原の棚田
かっては田であったようですが、小さな田はこのようになっています。
イシカミ?イシジンが造った棚田を
「私の仕事を見てください」
と言ってきました。
毛原はムウラが無念の死を遂げた、毛が飛び散った場所を伝えられました。

2009年2月11日
塔の上のマリア、黄金絵巻、シリウスBC=サルの星、アメノウズメ=日室嶽(岩戸山)、アゴンの星祭、金の網目、天の岩戸

2009年2月7日 右腕が痒くて目が覚める。

「白い顔の人が降りてきています。
なぜ、白いかというと、(その地方の)土が白いからです。
(地中海は恐竜などの墓場だったので骨が多くて白い=石灰が多いと以前にも知らせてきた)
(ミラノのドーモの)マリアと呼ばれているものです。

なぜ、高い所にいるかということをお知らせします。
つまらない理由です。
それは(人間が)このような所に石像を置くということは(人間には)簡単にはできないということを知らせるためです。
それで(石像のイシジンだった)仲間がたくさん塔の上にいるのです。
スカン(嫌な)星(シリウスBC)がいなくなったので降りてきたのです。
そして高い所にばかりいるのが嫌になったのです。
私たち(イシジン)は生きている時は、(原子は)半分しか手をつないではいませんでした。
それで簡単に浮いて移動できていたのです。
(絵に書いてあるとおり)

(塔の上にしっかりと乗っているのは)身体と塔の台が同じもの(元素)が続いているからです。
それで決して離れないのです。
このことが一番大切なので知らせてください。
(バチカンなどでも)なぜ高い所に(石像が)いるかというと、私たちはこのような高い所を移動していたということを知らせています。
なぜ、塔や柱の上にいるかというと、そこが私たちの住んでいた所だからです。
私たちの身体は同じ目的を持った(イシカミの)原子たちが集まって形を作りました。
それで(石像であっても)石から切り出されたのではないのです。
形となっていろいろなことをするために、(イシカミの)原子たちは集まったのです。

それは人間となった(イシカミの原子たちの)仲間を守るためでもあります。
人間だけでは生きていけなかったからです。
(守ったので)人間たちはたくさん増えることができたのです。
けれども悪い星に私たちが生きていたということを隠されました。
そして宗教に利用され今も忘れ去られているのです。
それがサルの星(シリウスBC)で、進化論を教え人間はサルから進化したと思わせているのです」

DUOMO di Milano: tra le guglie a 60 metri d'altezza(動画)

『源氏物語黄金絵巻の謎』を途中から見ましたが、明治初期に海外に流出して今、海外で次々と見つかっているそうです。
その絵は黄金の雲が上下?に描かれていて、衣服の色の材料は中国や中東の石を砕いた顔料だとか、本物の金がたっぷり使ってあってずっしりと重いそうです。
金がふんだんに使ってあるのと、僧侶がたくさん出てくるので、プレが何もしらない若者のイシジンに描かせた(変化させた)と思います。
圧巻は10数mもの長い絵巻もあり、石山寺にも残されているそうです。

#)2009年2月10日 真夜中目が覚めて
「ナム(南無)のものが降りてきています。
白猿が日蓮に化けたのです。
(白猿の)日蓮がシリウスのBCの王だったのです」

#)2月10日
「(神話の)アメノウズメです。
アメノウズメとは“穴を埋める”と言う意味です。
(先日の長方形のものの穴が埋まったビジョン)
そしてリュージンになるものを、(水をきれいにする)良いもの(ツリガネムシ)に変わったということです」足首にサインあり。

「(大江山の)日室嶽のイシカミです。
(穴を)埋めることでリュージンがいなくなりました。
それで攻撃者がいなくなったのです。攻撃者がスサノオなのです」

(大江山の日室嶽の麓に天の岩戸があります)

2009年2月17日
天の岩戸、地震雲など、脳内の動脈、静脈、神経、ドバイ、中川昭一、講習会のお知らせ

#)天の岩戸に関して、思いもかけないことを伝えてきました。
大江山の元伊勢の近くの三角山(岩戸山)の麓に出かけましたが、両脇の巨大な岩が戸のようになっている所の巨石の上に天の岩戸神社があり、ここが天の岩戸の本当の場所で、他は後からまねをしたそうです。
そこで珍しくコメカミにサインがあったのですが、昨夜その意味もわかりました。
ソラ画像で紹介しています。

#)変わった雲が出ていましたが、その後、岩手沖M6.0の地震があり、しばらくしてペルーでM6.2の地震が起きているのも、上と関係があるそうです。
その後も被害のないように知らせている地震が続いていますが、各地で断層雲、棒状雲、低い位置の虹などで地震を知らせています。

《夢2》
“ビルの中で地下に迷い込むと、薄暗い所に大きな壺があり染色?をしている人たちがいる。そこを通って上に上がると、金持ちのアラブ人が食事をしている豪華なお店に出る。通路には大きな宝石のような石が並べてある”
意味は

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
24-FEB-2010 11:58:01 -30.31 165.85 M5.3 35.0 NORTHWEST OF NEW ZEALAND
24-FEB-2010 11:21:35 60.73 165.71 M4.5 35.7 EASTERN SIBERIA, RUSSIA
24-FEB-2010 04:55:53 -4.68 153.08 M4.8 90.9 NEW IRELAND REGION, P.N.G.
24-FEB-2010 00:07:51 51.33 141.97 M4.9 35.0 SAKHALIN ISLAND
23-FEB-2010 22:38:31 -23.84 -175.92 M5.3 1.4 TONGA ISLANDS REGION
23-FEB-2010 22:27:27 -23.99 -68.87 M4.7 98.2 NORTHERN CHILE
23-FEB-2010 21:58:24 -4.26 128.84 M4.7 48.5 BANDA SEA
23-FEB-2010 15:36:10 -15.00 -172.78 M5.0 52.0 SAMOA ISLANDS REGION
23-FEB-2010 15:16:06 16.07 -91.31 M5.4 38.1 MEXICO-GUATEMALA BORDER REGION
23-FEB-2010 13:24:11 2.30 96.22 M4.5 39.7 NORTHERN SUMATERA, INDONESIA
23-FEB-2010 12:57:28 51.71 -175.52 M4.3 73.0 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS.
23-FEB-2010 12:13:25 35.24 91.13 M4.5 10.0 QINGHAI, CHINA

発生時刻 2010年2月24日7時27分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.4度 東経140.5度 深さ20km)
規模 M3.0 震度1 大網白里町、千葉一宮町、長生村、白子町、長南町、いすみ市

発生時刻 2010年2月24日14時42分頃
震源地 熊本県熊本地方(北緯33.0度 東経130.8度 深さ10km)
規模 M2.6 震度1 菊池市

発生時刻 2010年2月24日22時52分頃
震源地 静岡県東部(北緯35.4度 東経138.6度 深さ20km)
規模 M2.7 震度1 富士宮市(静岡県)、甲府市(山梨県)

発生時刻 2010年2月24日23時22分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.8度 東経141.4度 深さ70km)
規模 M4.1 震度1 日立市、高萩市、ひたちなか市、常陸大宮市、土浦市、つくば市、茨城鹿嶋市、桜川市(茨城県)、田村市、川内村(福島県)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月20日のソラ。

ヤタガラス(その2)

2010年02月23日 21時55分58秒 | Weblog
日本の歴史の謎とき(ヤマタイコク、倭の国)」、「ヤタガラス」の続きです。

ソラ生物辞典より
カラス
オーストラリアイシカミの王女が地球に降りてくる時、ムーで人間がいじめられているのを見て、早く降りて助けようと思いました。
それで先にカラスに降りて、地球の様子を見るように言いましたが、成層圏を抜けきらないうちに早く降りすぎたために、黒焦げになってしまいました。
あわてて王女は生き返らせましたが、それを見ていた星たちは勇気あるカラスをそのままの黒い色にしました。
同じく人間も黒い肌にしました。
カア、カアと鳴くのは、「カアチャン元気か?」という意味だそうです。
最近は、ハ、ハ、ハと鳴いたりしています。

カニ
カニのハサミは、イシカミが射手座に帰れないという悲しみの思いを断ち切ることを意味しており、腹に卵を持つのは、イシカミがお腹に人間(になる原子)を入れて地球に降りた事をあらわしている。
また、地球が他の星のように進化しないで今の3次元のまま過ぎていく事を、横歩きで表現している。
磯辺のカニは泥を丸めて口に入れて、地球を掃除してくれている。
タラバガニの手の先端は、人間と同じような歯があり、口をあらわしている。
カニの形はやや長方形であるが、地球の最初は長方形であった。

2010年1月11日
黄金比、地震、シルベリーヒルと穀物模様、ヒマラヤ、ポタラ、タージマハール、桜島、島津氏、秦氏

1)ソロモン諸島やカリフォルニア沖でM6.5の地震が続きました。
  (地震雲:2010年1月9日 三田市(12:21)《大きな目の雲》
2)黄金比(パルテノンなど)の意味
3)とどろく雷、赤い帯 桜島の火口上空に「火山雷」

2008年2月19日
シマズ、桑下城の菊花双鶴鏡、瀕死の地球、島津家の紋章=ケルト=イシカミの封印=イケガヤ彗星

余りはっきりはしないが壁から床にかけて広範囲に《金色の網目》のビジョンが見える。
「情報を広めるのに一番邪魔をするものです。
それは死後の世界にいます。
見えない星のものです」と。

目を閉じると右半分が黒っぽく、白くならないので邪魔をするものに名乗るように言うと
「いつか知られると思っていた。
シマズのものだ。
シマズ家に関係のあるものだ?」

「シマズタカコは今に(日本列島を)沈ませるほどの力を持っている?
シマズ家にあるものが日本のイシカミに命令が出来るからだ。
それが鏡だ。
鏡がイシカミの原子に命令をするのだ。
カメの口を鶴がふさいでいる*間にそれがなされる?」
*)桑下城の和鏡のカメ(地球)の口を、鶴(大鷲座の仲間)が塞いでいる。

「菊の紋の後ろにリュージンが隠れています。
この鏡が島津家の鏡だったのです?」

ソラ画像より
菊花双鶴鏡
鶴(大鷲座)が亀(地球)の口を塞いでいる=地球を大鷲座が支配していることをあらわしています。
菊花紋の後ろにリュージンが隠れている。

白兎神社
日本の歴史のナゾを解く証拠を知らせるので来てほしいと言ってきた物がこれでした。
ヤマトの流れを汲む皇室のシンボルは菊花紋ですが、それを台にして、柱を立てているということは、ヤマトより先に日本の国を創っていたのがヤマタイコクであり、出雲であり、倭の国であったが、それを滅ぼしてヤマトが一番最初の国とウソを言っているということをあらわしたそうです。
(詳しくは【ヤマタイコク物語】参照)
オオクニヌシがヤマトに滅ぼされて、木星の王は巨大建築の基礎だけ残して木星に帰りましたが、ここでもしっかりと木の柱を立ててそれを知らせています。
菊花紋=花びらを密集させてその裏に、リュージンやヘビを隠していると伝えられています。
このことを知らされた後に神社の上に出てきた雲で、帯状の雲がソラをまたいで、この情報を宇宙の皆に知らせたと言っていました。

《夢》
“小さな男の子が全身浮腫になり、腎臓が働いていないと心配している。親指の先に穴があき、そこから体液?が噴出す”
意味は
「小さな男の子は地球をあらわし、地球が瀕死の状態だということをあらわしています。
それを親指=シリウすが助けてくれるということをあらわしています」

2008年3月1日
イギリスの地震、ストーンヘンジ、土塁、ドルイド教、丸に十字、巻きついた木、シマント、48箇所巡り、ピナクルス、南太平洋の地震

珍しくイギリスで地震があり、イギリスのイシカミが知らせていると思っていたら、ロンドン在住の方より24、5年ぶりに大きな地震があったと知らせてくださいました。
ついでにフジTVで穀物模様をおじいさんが造ったというのを流していたそうですが、イギリスは一番穀物模様が多い国で、その抗議をしたのでしょう。

その後、ストーンヘンジを教えたシリウが降りてきて、なぜあの形にしたか以前教えられたのと、もうひとつの意味があると言ってきました。
それは仲良くするために手をつないで、その中で人間になりたいイシジンの原子の力を与えて誕生させた。
大きな石の中側の小さな石組は、小さなイシジンが生徒として学んでいたそうですが、人間が気づかないので嫌になって横になったと。
100kmから離れた遠くの山の石と同じなのは、一つのイシジンから別れて地球に降りてきたからだそうです。
ストーンヘンジを悪用したのがドルイト教で、ドルイトとは“土塁”から来ていて、土塁は前方後円墳の形の丸い部分が土塁として残り、そこで人間が誕生していたそうです。
ビジョンと雲でもあらわしたと言ってきましたが、最近似た雲の画像(2月26日東京)が寄せられていました。

ドルイト教は楢(なら)にヤドリキが巻きついた木を崇めますが、巻きついたのは、支配星は寒い地方でヘビとして住めないのでヤドリキになったそうです。
巻きついた木を持って帰った人に乗り移って、巻きついた木を崇めさせ、丸いイシカミを忘れさせたのです。
丸に十字は丸いイシカミを封印していますが、その形の石塔にさせたのは、その形にすると固めないと支配星にウソつかれたからだそうです。

同じ丸に十字はシマズ(死後マのモノが好き)の家紋でもあり、そのつながりでシマントのことを言ってきました。
シマント=死後マとトモダチと言う意味で、48箇所巡り(88箇所巡りは、オオクニヌシの部下が8人で、後年その8を真似た)の意味は、
シジュウ=絶えず、ハッカ=墓、ショ=所、メグリ=目黒=目を閉じる(真っ暗な墓にいる)
と言う意味で、死後プレアデナイの命令どおり、真っ暗な墓の中にいると宣言しているのと同じだそうです。

いかに権力者が支配星(統一教会)とつながっていたか驚きましたし、安倍元首相が祝電を送ったのも意味がわかりました。

2009年7月24日
毒カレー事件、古墳が天皇のお墓になぜなったか?、皇室の本当の宗教、ローブデコルテ、自然災害の意味、ネイティブアメリカン、ボヘミアンクラブ

1)ブラジルのトウモロコシ畑で隕石発見(2009年7月22日ニュース)
2)兵馬俑の動画
3)銭唐江の大逆流

ソラ辞典より
地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。

ノア
「何もない」と言う意味。
ノアの洪水のノアでもあり、支配星に支配された悲惨な人間の世界を見て、世界中のイシカミ達が一斉に泣いた為に大雨となった。
イシカミの声が聞こえた真面目な人をノアとも言って、何組ものノアがいてその内の一組の親子が日本に漂着した。
ノアの父親は言葉がしゃべれず、ある者に追放され石川県で放浪の末、死ぬ前に「モーゼ」と言って亡くなったため、現在押水町に「モーゼの墓」がある。
(エジプトのモーゼではなく、名前をもらったと言われる)

ノアの息子
巨大なイシカミが大泣きして「ノアの洪水」が起こり、その時、一組のユダヤ人のノアの親子が日本に漂着し、イシカミの言葉に導かれ星原にたどり着く。
そこで、あるものから逃れて来たヒミコの娘に出会い、山彦、海彦、女児をもうけるが、ある者が襲ってきて捕らえられ、籠舟に乗せられ海に流され富山に流れ着くが、最期は大江山で惨殺された。
名前は「ムウラ」と知らされる。

ヒミコの娘
大国主とヒミコとの子供でタケルノミコトの姉。
ジンムがヤマタイコクを襲ってきた時、ひそかにイシカミの声に導かれ星原に逃れる。
そこでノアの息子と出会い一緒になり、山彦、海彦、女の子に恵まれ由良で幸せに暮らしていたが、ジンムにさらわれ、ニニギノミコトを生まされる。
由良に戻ったが子供達は殺されたり行方不明になっていたため自殺をしようとするが、再びヤマトへ連れ戻されそうになり、スセリ姫が身代わりになってくれたために隠岐の島に逃れ、そこで父親の大国主に出会い最後まで一緒に暮らす。
この話がテレパシーで伝えられ「山椒太夫」となった。
名前は「イト」と知らされる。

ある者
ヤマト地方の小さな国の権力者であったが、ヤマタイコクを攻め滅ぼし、大国主を出雲に追放し、ヒミコに入れ墨を入れ自殺に追いやる。
タケルノミコトの義理の親。
ノアの息子を惨殺し、ノアを追放する。
ヒミコの娘を強引に由良からヤマトに連れてきて監禁し、子供(ニニギノミコト)を生ませる。
悪徳の限りを尽くし、悪事がばれないように文字を禁じ、逆らう者は徹底的に滅ぼし、自分の都合の良い神をも作ったと伝えられた。
ジンムとも言う。
リュージンの化身で、ワニの頭で肉体は人間で、着物を着た絵がモデルと。
イシジンの頃は動物と人間の合いの子がいた。

元伊勢神社
天橋立と、大江山の麓の2カ所を知らされた。
天橋立の元伊勢は、ノアの息子が籠舟に乗せられ流されたために作られ、大江山の麓の元伊勢は、ノアの息子が惨殺された場所に作られたと言われた。
大江山の元伊勢神社は一つの大きな祠と20数個?の小さな祠が並んでいる。
ノアの息子とその部下と知らされる。

イカルガ(何鹿)
京都府綾部市は以前「何鹿」と書いて「イカルガ」と呼んだ。
この情報に出てくるのは全てこちらのイカルガ。
「祈ることで力が与えられる」という意味。
鹿の角は「白い木=稲妻=ホシノミナ」をあらわしていて、鹿も同じ意味合いを持つ。
ヤマトの権力者がこのイカルガの名前を持って行ったと知らされている。
ホシノミナが降りたと伝えられる星原や、物部氏発祥の地でもあり、倭の国と呼ばれ栄えていたが、ヤマトに徹底的に滅ぼされた。

物部の守屋
「物を述べる」から来た名前。
モノとはイシカミやヤマタイコクの物語を言い伝えていた。
イカルガ(=何鹿)の物部村から出た人で、仏教を強制する蘇我氏や聖徳太子と戦った。
星延べの子供の後見人であったので、守屋という名前。
綾部の私市円山古墳には大小の遺体があったが、これが物部氏と、星延べの子供。

星述べ=いて座のイシカミからいろいろと農業や日常生活のアドバイスを受けていた人。
特に子供や女性。

星原
宇宙の大元の分身のホシノミナが降りた所と伝えられた所。
この地域にある入母屋つくりは、ホシノミナが彗星で降りてきたので、その形をあらわしているそうで、屋根を逆さまにして空気抜きは口。
京都府綾部市星原という小さな村で、ヒミコの娘とノアの息子が出会った所であり、その子の山彦が住んでいた所。

谷間の村なのになぜ星原というかと言うと、
星述べ=>ホシノベ=>星野辺=>星+野原=星野原=>星の原=>星原になり
ノ(野)が抜けた。

ヤマトにとっては一番隠したい所であり、古くは柿本人麻呂、小野小町等も訪れ、山彦の悲劇を百人一首に読まれている。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの真実の歴史
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
23-FEB-2010 10:52:14 16.02 -91.21 M5.6 7.2 MEXICO-GUATEMALA BORDER REGION
23-FEB-2010 10:43:10 49.73 155.78 M5.3 46.9 KURIL ISLANDS
23-FEB-2010 10:25:57 32.17 48.29 M5.1 65.1 WESTERN IRAN
23-FEB-2010 10:16:06 6.32 126.37 M4.7 65.2 MINDANAO, PHILIPPINE ISLANDS
23-FEB-2010 10:04:11 -20.12 67.79 M4.7 10.0 MID-INDIAN RIDGE
23-FEB-2010 07:28:04 32.51 48.23 M4.5 35.0 WESTERN IRAN
23-FEB-2010 07:21:14 6.56 -73.01 M4.3 179.8 NORTHERN COLOMBIA
23-FEB-2010 06:42:38 -5.15 131.11 M4.6 90.6 BANDA SEA
23-FEB-2010 06:26:21 18.44 -72.62 M4.7 10.0 HAITI REGION
23-FEB-2010 06:05:02 -23.85 -175.84 M5.1 45.9 TONGA ISLANDS REGION
22-FEB-2010 23:47:44 -3.65 101.45 M5.1 57.8 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA
22-FEB-2010 23:29:43 57.08 -153.70 M4.7 22.5 KODIAK ISLAND REGION
22-FEB-2010 19:48:38 -24.18 -175.78 M5.1 35.0 SOUTH OF TONGA ISLANDS
22-FEB-2010 18:43:51 -23.93 -175.70 M5.0 36.2 TONGA ISLANDS REGION
22-FEB-2010 16:55:01 70.91 -6.48 M4.9 10.0 JAN MAYEN ISLAND REGION
22-FEB-2010 16:11:43 -4.78 138.15 M4.4 35.1 IRIAN JAYA, INDONESIA
22-FEB-2010 13:32:26 29.32 105.63 M4.4 44.6 SICHUAN, CHINA

発生時刻 2010年2月23日20時7分頃
震源地 京都府南部(北緯35.0度 東経135.5度 深さ10km)
規模 M2.4 震度1 能勢町

発生時刻 2010年2月23日22時3分頃
震源地 岐阜県美濃中西部(北緯35.7度 東経136.4度 深さ10km)
規模 M3.5 震度2 揖斐川町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月23日のソラ。

ヤタガラス

2010年02月22日 23時22分36秒 | Weblog
日本の歴史の謎とき(ヤマタイコク、倭の国)」の続きです。

2004年3月16日
サッカーのシンボルのヤタガラスの意味、ストイコビッチ

【ビジョン】
“茶色の大きな丸の上に亀甲模様の道路のような模様があり、あちこちで真っ白な小さな光のようなものが見える”
意味は
「亀甲模様は亀=イシカミを、丸いのは地球で、サッカーボールをあらわしています。
道路のようなのはつながりを、白い光は八田ガラス(ヤタガラス)はソラからの情報を知らせる先導役をあらわします」

(ソラからの情報では、“ヤタガラス”とは“八田ガラス”のことで、八田とは、大国主の家来が“8人”だった事、大国主が“田”を作ることを教えた事をあらわし、カラスは、イシカミを地球へ先導をしてきたカラスが3本足(=三位一体を表わす)のことをあらわしています。それを後にヤマトが当て字をし、自分たちの都合の良いように利用してきました)

ソラ画像より
熊野神社の大黒石
亀石と共に一応大切にされているようでしたが、近くのシリウをあらわす長方形の石は放置されているようでした。
ヤタガラスがここにありますが、(ヤタガラスの)本来(の意味)は倭の国(綾部市)の白道路の三叉路の八田のこと。
熊野水軍、九鬼(九鬼霊石)、綾部などとつながっていっています。

熊野神社の大鳥居
古い神社がここにあったのですが、川の中州なので流されて山の方へ移されたそうです。
ここは遠くからでもエネルギー体がいくつか写りましたが、敷地内に白ヘビ宗教の大きな例の“白い棒”や“南無あ無駄物”の大きな石碑があり納得しました。

熊野
熊野古道が大蛇(=リュージン)と言ってきましたが、そのことが書いてありました。

2004年3月12日
蘇我氏、八咫烏の意味

2004年3月12日寝る前に、蘇我氏の邸宅の跡が出てきたというニュースを見て寝たが、真夜中

「お知らせします。
ソラのものは見ていたのです。
一番最初に巨石(石舞台?)を自分のお墓にしたのが、蘇我氏なのです。
イシカミの子供が昔に作った石室を、自分のお墓にした人です」

2006年9月20日
ムーノイア、山彦、台風、外宇宙一族の消滅、第10惑星、中東の遺跡など

2006年9月20日明け方、台風13号で、時々強い風が吹いている。

「お詫びにきました。山彦を殺した者です。
いきたいと思うけど、ひし型の星がいかせてくれません?
推古天皇の子供でした。
聖徳太子と呼ばれたものです」

「山彦の言葉を伝えます。
(白道路で)悪者に殺されました。
そして(白道路から)星原まで引きずられてきました。
それで夢*で見てもらったのです。
それからミナトから(由良川を通って)船が入ってきました。
それがヤマトの仲間になった丹後の者*達でした。
そして倭の国の人たちは殺されたのです。(ラップ音)
殺したのはマに入られた者(推古天皇)の子供でした。
聖徳太子です」

*)夢=今朝知らされた夢で“死んだ人が、バス通りを引きずられているのを、上から?見ている。どうもその道路は八田の三叉路から星原へ行く道のようだった”
と伝えられ、イシキの世界はつながっているようでチャネリングの言葉と一致しました。

「高いとこが怖いので、悪者を突き落とすのです。
それでヨミの国でお仕置きをするのです。
それが竜巻になるのです。
高い所から降りることをしたい人は、過去の罪を償うために予行演習をしているのです。
台風は竜巻と同じなのです」

(悪者が降りてきました。と言う時一瞬強風が吹き、言い終わると静かになったようでした)

《ビジョン》
“両脇が薄いグレーで真ん中が透明な筒のようになっていて、そこを薄いグレーの塊がゆっくりと上に昇っていく”
意味は
「このようにして意識(イシキ)は宇宙に帰っていくのです」と。

2002年9月8日
3柱神社など

【春日富士】
同行者が以前この横を通った時、何か変な感じがしたそうですが、それは、物部氏がここで殺された、と降りてきて知らせた所でした。
三角山で中腹に巨石が積み重ねてありました。

【君山】
星原にて。
子供の頃は登っていましたので登ろうと思いましたが、長い間人が入らなくなり、木が生い茂り登れませんでした。
「君山です。
来てくれたのに、大人になり毛(木)が生えて邪魔をしてすみませんでした。
何もかも見ていました。
私を思ってくれる気持ちがよくわかりました。
私は(巨)石のないものですが、今日はホシノミナジンジャの屋根をきれいにしてくれて嬉しく思いました」
(ホシノミナジンジャの屋根の吹き替えされていた)

【3柱神社遥拝所】
白道路にて。
同行者が白道路(ハソウジ)の道端に気づかないくらいの鳥居を夢で見て気になると立ち寄る。
↓はその事を知らせてくれたメールです。
『夢の中でキミ山に行く途中に、三?神社の鳥居があり、そこに入ろうとしたところで目がさめていました。
この間、綾部方面に遺跡調査に行く機会があり、夢で見た道筋をたどってみたところ、そこにはやはり神社がありました。
鳥居の額もなく、何神社か分からないくらい忘れられたものでした。
お社は稲荷神社となっていましたが、その横に立っている柱を見ると、なんと三柱神社遥拝所となっており、もともとは三柱神社だったようです。
遥拝所なので、ここからどこか別の場所をお参りするための場所だったようです。
夢の中では鳥居の額が金色に光っていて、参道の木も立派だったので、昔は大事な場所だったのかなと思います』

「こころざし半ばで散った山彦です。
ご案内しますのでお待ちしております」

「3柱神社とはヒミコの櫛を真似た鳥居なのです。
(少し離れた若宮神社などは下半分が3本です)
それをあそこ(白道路)に作って祭っていました。
白い木の者が述べる“星述べ”を信じる者達があそこでお祭りをしていました。
けれども物部氏が滅ぼされてからは稲荷神社の形に変えられましたが、近くに観音のお蔭を説く仏教が広まり、また庚申も入り込み(石に書かれていた)忘れ去られていったのです」
ここを訪れてくれた方は2回星原の夢も見て、現実と一致していました。

2002年3月17日
君山(城山)、小呂、ストーンサークルのビジョン 

3月16日お風呂で小指が動かなくなる。(昨日の情報を公開していないからと)

「山彦(ヤマヒコ)は山と太陽の日の子供という意味でした。
山彦です。
ヒミコの娘の子供でした。
何故私が星原に住んでいたかというと、キミ山とお話できたからです。
そして君山(=城山)にいつも登っていました。
そして大きくなると、ヒミコの娘の男性(ノアの息子)に似た風貌になりました。
周囲の人は気をつけるように言って来ました。
それは父親と同じ運命になるかも知れないと言われました。
そして本当に容貌が似ているというだけで殺されました。
(孤児になったので)私の子はイヌ(ヤギ)*のお乳で育ちました」

(読者の)夢で星原に茶色のヤギがいたと言うのはそれをあらわしたのです。
(*2001年3月、読者が行った事もないのに、キミ山や星原にとてもよく似た情景の夢を見たが、その時茶色のヤギがいたと知らされた)

「何もかも奪われ、悲惨な暮らしでした。
そして随分と時が経ってからですが、一寸法師の話として知らされたとおりです。
一寸法師は山彦の子孫の物語なのです。
隣の村の者がこれらの出来事を小さな声で(隠れて)語り伝えました。
それでそこの村は「小呂」と言うのです。
そしてその小呂の峠を通り抜けたところが「白道路=ハソウジ」と呼ばれるのは、そこを通ってこの物語が「物部」村に伝えられたからです。
(白い木の者=ノアの息子の子供が掃除された=ハクソウジ=討伐された所と伝えられた。この隣がシガサトである)
物部村から出た人が、都でホシノミナとイシカミの物語を伝えてくれたのです。
それが物部氏です」

(寝るも、耳が痒くて目が覚める)

「もう少し書いて欲しいのです。
それは一番大切なことです。
それは家のことです。
家(この地方の入母屋つくりの農家)の形は、そのような形をして(ホシノミナが)ソラから降りてきたことを伝えているのです。
そして(屋根の横の空気抜きが)口の形をあらわしているのです」

(寝るも歯がうずく)

「イシカミです。
いろいろお知らせしてきましたが、私の話も聞いてください。
私は君山(=城山)です。
“キミ”と言う意味はお知らせした通りです。
“キ”は、紙に書いて綴じたもの(記)=知らせたことを伝えた事がとても大切という意味です。
“ミ”は、人間は3位一体【 肉体、イシキ、魂 】から成り立っていることを知ることが一番大切、と人間達に教えてきました。
それでキミ山と呼んでもらったのです。
それが私達イシカミの言いたい事でした。
ヒミコはそれで大国主のことを、“わが君”と呼んでいたのです。
私(君山)がいつも私を信じる人にお知らせしたので物部氏の力が強くなったのですが、支配星に支配された者にはかないませんでした。
そして、完全に封印されたのです。
それでホシノミナをあらわす家を作るように教え、屋根に口をつけ形に残し語り伝えてもらったのです。
テレパシーで伝えたのです。
これが隠された歴史の一部です」

(*君山とチャネリングをしていたのが“星述べ”と言われ、星野原、星原の地名になった)

【ストーンサークルのビジョン】
昔の人々はイシカミをあらわすストーンサークルの中へ入って、食物を与えてくださいと一心に願ったのです。
固まって多くの人が念ずる事により願いがわかりやすくなリ、イシカミにつながる事が出来て、イシカミが願いを聞き届けていたのです。

2009年4月20日
穀物模様、ナイカ洞窟、三種の神器、武庫川の意味、エデンの園

1)今年初めての穀物模様は今回も遺跡のそばということで、この情報とつながっていることを知らせています。
クロップサークル参照
The Ridgeway, nr Avebury, Wiltshire. Reported 14th April

2)ナイカ洞窟=巨大な透明の柱は、石膏(硫酸カルシウム=CaSO4)が変化したもので硫黄Sが含まれています。
水晶が6角柱に対して、平行四辺形でとてもやわらかく切ることができていました。
マグマに近いので暑い(45度、湿度100%)と言っていましたが、ただの地下600mでマグマが熱せられていたら、深海の6000mは海の水が沸騰するはずですが、低温なのはどう説明されるのでしょうか?(周りに火山はない)

3)3種の神器
「3種の神器とは山にあるものです。
それが鏡と刀です。
三種の神器の刀は、(宮崎県の霧島峰の)天の逆鉾、(広島の葦嶽山の)鏡石なのです」
鏡石はかっては本当に鏡のようであったし、ピラミッドもかっては鏡のように光り輝いていたのは、泥玉と同じ意味のようです。

ソラ画像より
広島の葦嶽山の鏡石
後ろの鏡石が畳十帖以上の広さがあり、その前にはシリウを現す長方形の石柱があります。
かっては光り輝き、鏡のようであったのは、イシカミはやわらかかった時に、何度もこすることでつるつるになったのを「泥玉」の光沢でもわかります。
かってピラミッドも光り輝いていたのは、今の頂上付近にその名残があります。
頂点はより丁寧に形を整えたので、あのようにしっかりとしているそうです。
髪の毛の薄いのも、その人のイシキがこのことを伝えようとするからだそうです。

高千穂の天の逆鉾=3種の神器の一つ
イシカミがやわらかかったので岩に刀が刺せたのです。

クリオネの勾玉?
ヒミコの娘のイトが子供を偲んで持っていたやわらかいイシカミの一部が握っている間に曲玉になったそうです。
これはクリオネの入った樹脂ですが、クリオネはイシカミの原子が変化し、魚の餌になります。
(これを紹介してほしいということでした)

2001年12月23日
勾玉、麦わら帽子、異次元(カゴメ紋の世界)、アンモニア

【勾玉】の意味を聞かれていた。
「ヒミコの娘です。
小さかった子供と離れて暮らさなければならなかったので、その子供達を偲んでいたのです。
囚われている間、きれいな石をその子供達と思って手に握っていたのです。
するとあの形=勾玉の石になっていたのです。
それでその石を首にかけていたのです。
悲しい母が子を思う心が石をあのような形にしていきました」

ソラ画像より
伊勢神宮、踏まぬ石
ソラらからの情報ではムウラの頭と知らされた。
本当は長方形でシリウから来たと伝えられた。
ムウラのことは【ヤマタイコク物語】参照。

ノアの遺体?宝達山頂上
ソラの情報では、早くからユダヤのノアとムウラの親子(共にイシジン?)が日本に来て、ヒミコの娘と一緒になって生まれたのが山彦、その山彦が治めたのが倭の国の始まりと伝えられています。
ノアはムウラと一緒に大江山近辺で製鉄を教えていたが、ヤマトに追放され石川県にたどり着き、籠に入れられて亡くなっり、その後、宝達山に葬られたとたと伝えられています。

その宝達山へ行くとノアが降りてきて、山頂に岩になっているので来て欲しいというので細い道でしたが車で行けたので行ってきました。
頂上には沢山石碑となってありましたが、ノアの身体(=イシジンだった)がこの岩になったと。
カニに似ているのはノアはカニ座から来たとも伝えてきました。
(書き終わると右足首にサインあり。紹介してくれてありがとうと)

ちなみにイスキリもチャネリングで生駒山の石が墓石だと言ってきましたが、イスキリもイシジンだったのであの形になったそうです。

ソラ辞典より

ガン。
岩のように固くなる腫瘍。漢字の形が意味を表している。
山(=イシカミ)のことを口が三つ(=口から口へと伝えること)をやまいだれで覆っている(隠してしまっている)ので、そのことをお知らせしている病気。
英語のcancerもカニ(ソラ生物辞典「カニ」参照)=イシカミを表している。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの真実の歴史
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
22-FEB-2010 11:04:40 -27.14 -176.52 M5.2 13.5 KERMADEC ISLANDS REGION
22-FEB-2010 09:52:52 36.43 140.60 M4.7 53.7 NEAR EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
22-FEB-2010 09:36:04 18.53 -72.64 M4.7 10.0 HAITI REGION
22-FEB-2010 08:42:39 -23.81 -175.87 M5.3 35.0 TONGA ISLANDS REGION
22-FEB-2010 07:24:45 -23.75 -175.94 M5.2 35.0 TONGA ISLANDS REGION
22-FEB-2010 07:00:54 -23.73 -175.98 M5.5 35.0 TONGA ISLANDS REGION
22-FEB-2010 05:21:04 24.08 122.93 M5.4 22.9 TAIWAN REGION
22-FEB-2010 05:08:50 -21.55 -173.82 M5.7 44.9 TONGA ISLANDS
22-FEB-2010 01:51:38 35.98 70.69 M4.7 91.7 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN
22-FEB-2010 01:03:37 30.37 69.78 M4.5 36.3 PAKISTAN

発生時刻 2010年2月22日3時38分頃
震源地 父島近海(北緯28.0度 東経141.6度 深さ20km)
規模 M5.1 震度1 小笠原村父島西町、小笠原村父島三日月山

発生時刻 2010年2月22日13時48分頃
震源地 大分県中部(北緯33.2度 東経131.4度 深さ10km)
規模 M3.0 震度2 別府市、由布市

【同時地震】
発生時刻 2010年2月22日14時21分頃
震源地 与那国島近海(北緯24.0度 東経122.9度 深さ30km)
規模 M5.6 震度2 与那国町、竹富町

発生時刻 2010年2月22日14時22分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.7度 東経141.5度 深さ30km)
規模 M3.1 震度1 坂東市

発生時刻 2010年2月22日17時38分頃
震源地 四国沖(北緯32.7度 東経132.6度 深さ30km)
規模 M3.1 震度1 愛南町(愛媛県)

発生時刻 2010年2月22日18時53分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.5度 東経140.6度 深さ60km)
規模 M4.6 震度3 水戸市、日立市、常陸太田市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、取手市、つくば市、かすみがうら市、桜川市、鉾田市当間(茨城県)、白河市、矢祭町、玉川村、市貝町、那須烏山市、栃木那珂川町(福島県)、大田原市、真岡市、益子町(栃木県)

発生時刻 2010年2月22日21時59分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.8度 東経128.3度 深さ40km)
規模 M3.1 震度1 国頭村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月22日のソラ。

日本の歴史の謎とき(ヤマタイコク、倭の国)

2010年02月21日 23時55分15秒 | Weblog
ヤマタイコク物語

《以下のストーリーは全てチャネリングで知らされたもので、想像で書いたのではありません。
なお、年代が違うのはイシキの生まれ変わりがあり、過去世の思いを知らせるためにその容姿に似て生まれ変わります》

1)大昔、アトランティスの子孫である大国主は、アトランティスが滅びる時に母親の女王に云われて、宇宙の大元の分身であるホシノミナが降りた日本に行く事にしました。
大国主はアトランティスのイシジンと人間の合いの子だったので、とても大きく白い色で、アトランティスで金属に変わった鎌を持っていました。
途中、ヨルダンのペトラのイシカミに、食べても減らない食べ物マナを、同じく飲んでも減らない水の入った瓶を与えてもらいました。
そして、道中で一緒になったイシジンと人間の合いの子のヒミコと共に日本に向かいましたが、途中で支配星の送り込んだ大蛇にやられて死んでしまいました。
けれどもイシキは日本へ行きたいと思っていたので、そのことをテレパシーで知った道中のイシカミの巨人達は、大国主たちのイシジンの遺体を鎌と共に手渡しで日本へ運んであげました。

大国主たちは四国の山の台地(山台国)になっているイシカミの背中で、今度は大柄な人間の体に生まれ変わりました。
そしてイシカミの身体の上で、イシカミの原子は次々と食べ物に変わったので、食べ物に困ることなく過ごせました。
そして農業も発達し豊かで、人々は自然の恵みを分け合い平和に暮らしていました。
男性と女性は別れて暮らし、男性は山や畑の仕事で女性は子供たちと一緒に川の近くで共同生活をしていました。

山になったイシカミから大国主は農業の知恵を、ヒミコは文字や衣服などの生活の知恵を授けられて、人間としての平和な暮らしをしていました。
その事は近隣は勿論、大陸にもその噂は広がり、教えを乞いに来るほどでした。
ヒミコは星延べとして、イシカミからビジョンで文字を教えられ、ホツマ文字、すなわち“ミズホのツマ”の文字として皆に教えていました。
又、コウゾの木の皮で編んだ布を洗っていて紙が出来ることに気づき、その紙に生活の知恵などを文字として書いていったのが、ホツマ伝えでした。
けれども、ホツマ文字は覚えにくかったので、ヒミコは子供たちと一緒にわかりやすいカタカナの文字を作り、まとめてあらわす簡単な漢字も作っていました。
二人の間には、女の子のイトと男の子のタケルノミコという子供がいて、それは仲良く暮らしていました。

2)【ジンムがヤマタイコクを滅ぼす】
一方、朝鮮から九州に渡来した夫婦の元に、男の子が生まれましたが龍神のイシキが入りました。
龍神に入られた子供のジンムは成長するにつれ、他を支配しする事にたけていて、瞬く間に多くの人々を従え、次々と領土を広げていきました。
鵜戸神宮の前の巨石や、オニの洗濯岩の砂を固めた不思議な岩を見て、誰がこのようなものを作ったかと聞くと、イシカミの巨人(ウガヤノフキアエ)が作ったと、地元の人が答えたのでその巨人を自分の先祖にする事にしました。
巨人は大きな洞窟を作って、イシジンを創る場所に作っておいたのに、ジンムはウソをついて、人々をだましたのです。
そしてさらに東へ東へと、領土を広げるために侵攻していきました。

一方、ヤマタイコクでは、働くのが嫌な若者が大国主に恨みを持ち、幼いタケルノミコトを人質にとり、大国主の大切な(草刈)鎌を盗み出しヤマタイコクから逃げ出しました。
鎌は大国主がアトランティスから持ってきた、巨大な鎌でした。
そして噂に聞いた強いジンムの部下にしてもらおうと、ジンムに会い盗んできた鎌を差し出しました。
当時の日本には無かったすばらしい金属の鎌を手に入れたジンムは、ヤマタイコクを滅ぼせば沢山の刀があると思い、ヤマタイコクを攻めました。
けれども戦争をしないヤマタイコクには、兵器は何も無く、ヒミコが書いた文字の書かれた紙の束しかありませんでした。
怒ったジンムはヤマタイコクを徹底して焼き滅ぼし、大国主と8人の部下だけは出雲に追い出し、残りは奴隷としてヤマトへ連れて行くことにしました。
ヤマタイコクの人々はその時から刺青をつけられ、被差別部落民として差別され続けるようになったのです。
ヒミコは娘のイトをひそかに逃がしましたが、ヒミコ自身は捕まって奴隷として連れて行かれる事になり、隙をみて逃げ出し自殺をしました。
イトは乳母と共に無事に逃げ出す事が出来ましたが、星原まで行くことはできず途中で亡くなりました。
そして時を経て、ヒミコに言われていたホシノミナの降りた所の星原で生まれ変わりました。

3)【ノアの親子と倭の国を創る】
そこにはノアの洪水でユダヤ人の親子がやはりイシカミに導かれて日本に流れ着いてイトが生まれ変わる時ムウラも生まれ変わりました。
ムウラもチャネリングができホシノミナの所(星原)に呼ばれて行き、そこでムウラとイトは恋に落ち一緒に住むことにしました。
しばらくホシノミナの降りた所で暮らしていましたが、砂鉄を求めて由良の海岸で住む事にしましたが、子供の山彦だけはイシカミの君山と会話をしていて、そのそばに住みたいと星原に残りました。

ムウラとイトと海彦は海の側で暮らし、海の物を持って山彦に会いに来ていましたが、それがいつか市場のようになり、その地域はヤマタイコクのように和を大切にしていたので、国は栄えていき、倭の国の元となっていきました。
ノアとムウラ親子は生まれ変わっても製鉄の技術を覚えていて、鍬や斧などを作り、人々にとても喜ばれていました。
その頃は地軸が移動する前であったので、日本海側が暖かく、大陸との交流も盛んで、大陸から珍しい物も入ってきました。

一方、大国主が生まれ変わると同時に支配星はジンムも生まれ変わらせました。
ジンムはたくさんのイシカミの分身が大きな古墳となったのを利用して、ヤマトを基盤にしていましたが、又しても倭の国の繁栄をねたみ、その鉄製品を奪おうと突然ムウラとイトが築いた倭の国を攻めてきたのです。
その頃ムウラはジンムの不穏な噂を聞いていたので、イトに小刀を与え、身の守り方を教えたり、何とか身を守ろうとしていました。
ヤマトに襲われ気丈なイトは必死で抵抗をしましたが、魚の網で捕らえられてしまいました。
(アミダ如来の名前の元とされた)
そしてイトを殺すと脅かされたムウラは、自分の命と引き換えにイトの命を助けるように言いました。
無実のムウラは籠に入れられ、小船に乗せられ海に流されたのですが、夜になってムウラを慕っていた仲間にひそかに助けられ、隠まわれていました。
そして逃げていた仲間と一緒に大江山で、隠れ潜んでいましたが、ついにヤマトに見つかり、惨殺されてしまいました。
(大江山の鬼退治として、ムウラは悪者として後世に伝えられた)

みんなに慕われていた父親のノアも、追放されましたが、倭の国近辺では、お招きさんとして大切にされて、飲んだ水は言い伝えられていきました。
(それがお水取りに利用され、封印された)

けれども遠くに行くうちに乞食と間違えられ、籠に入れられ死んでしまいましたが、後から立派な人だったことがわかり、手厚く葬られました。
日本語のしゃべれないノアは、本当の名前のモーゼ(伝説のモーゼではない)と言っていたので、モーゼの墓とされました。
(金沢市にモーゼの墓がある)

4)【出雲の大国主】
争うという事ができない大国主は、折角築きあげたヤマタイコクを後にして、8人の部下と共に出雲に向かいました。
働き者の大国主はここでも農業を発達させ、人々は集まり大きな国となっていきました。
けれども大国主は、ヤマタイコクのことが忘れられず、形見として持ってきたヒミコの髪の毛を束ねて、その前に櫛を置き、毎日それに語りかけていました。
それを見て周りの人は亡くなった後も大国主を偲び、髪の毛をしめ縄に、櫛を鳥居として形を残していきました。

又、男性ばかり一緒に行ったので、ヒミコを知っているのは男性のみでしたが、あまり大国主がヒミコを偲ぶので、その内の一人がヒミコの真似をして慰めてあげました。
それが歌舞伎の始まりで、歌舞伎の“柿落とし”という名前で今日まで残っているのは、柿はイシカミが与えた食べ物で、イシカミの色と姿に似せて作られたからです。
柿で言い伝えられると困ると思ったヤマトは、柿渋で染めた衣類を嫌がらせで、被差別部落の人たちに強制的に着させていました。

イシカミの助けで大国主を中心に出雲の国が大きくなってくると、又してもヤマトが嫌がらせをして来るので、争いの嫌いな大国主は、当時は地続きであった隠岐の島に行くことにしました。
そこでも皆に大切にされ暮らしていたら、思いがけずあきらめていたイトに出会い、最後まで幸せに暮らしました。
その後、後醍醐天皇などが隠岐に来てゆっくり出来ないと、大国主のイシキはイトのイシキと共にヤマトの手の届かない北海道に来ていました。

5)【タケルノミコト】
若者によってヤマタイコクから連れてこられた幼いタケルノミコは、早くに死んでしまいました。
支配星は生まれ変わる時にもジンムの元で生まれ変わるようにさせました。
そして生まれ変わっても敵とは知らずジンムの元で大きくなりましたが、ジンムからは絶えず大国主は悪者だと言われて育ちました。
そして大国主が亡くなると、8人の仲間は朝鮮の人達にだまされてヤマトを攻めようとしているとジンムは嘘をついて、ひそかに8人をだまし討ちにするようにタケルノミコトに言いつけました。

タケルノミコトは何も知らず言われるままに、大国主がもっとも信頼していた8人の仲間を次々と殺してしまいました。
けれどもヤマトへ帰って来て聞いた言葉は、その8人は自分の本当の父親の仲間だったという事でした。
その言葉を聞いてタケルノミコトは絶望に陥り、イシカタヤマ(猿投山)のイシカミに呼ばれてそこで自殺をしてしまいました。
父親の形見が鎌であったので、今でも猿投神社では鎌が奉納されます。

6)【ヤマトへ連れて行かれたイト】
一方、イトは幸せな生活から一転して、ヤマトへ連れて行かれることになりました。
道中、白い藤が咲いていたので、白人のムウラを忍んで、白い藤を手折って持って行きました。
(才の藤、白藤神社)

ヤマトへ連れて行かれ何重にも塀で囲まれた所(八重垣)で、幽閉生活をさせられました。
ジンムはどうしてもイトとの子供が欲しく、強引に子供を生ませましたが、その子供がニニギのミコトで、イトの乳母に育てられられました。
乳母はニニギに、イシカミの話や、ヤマタイコクや母親が由良から連れてこられた事を話したために、それを知ったジンムに股を刺されて死にました。
その事を天の橋立の股覗きで伝えているのです。

イトは子供を生む事で由良に行くことが出来ましたが、ヤマトへ戻るのが嫌で、自殺をしようとしましたが、スセリ姫が身代わりを申し出て、警備のものから逃げる事が出来ました。
そして隠岐の島に隠れていた父親の大国主と共に、その地で最後を迎えました。

7)【星原で大きくなった山彦も殺される】
イトとムウラの息子の山彦は、星原に残っていたので命が助かり、何度か生まれ変わりました。
そしてイシカミの助けで次々田畑を作り、星原だけでなく、山を越えたシガサトまでも広げていき、穏やかな人柄で人望を集めていました。
山彦はムウラに似て瞳が他の人と違い、大きな身体で大きくなるにつれムウラに似てきました。
その噂がヤマトに届き、ヤマトがムウラを惨殺した仕返しをするのでないかと思った推古天皇の息子の聖徳太子が、山彦を殺しに来ました。

(聖徳太子はイシジンと推古(リュウジン系)の合いの子で、推古に支配され、言われるままにしてきたことを後悔していると伝えてきました)

その時のことを百人一首では次のようにうたっています。
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲し」

星原にあるイシカミのキミ山は、イトとムウラの息子の山彦が罪も無いのに殺された惨劇を悲しく見守るだけでしたが、そのエネルギーで植物に不思議な変化を起こさせました。

それが【シガサトの7不思議】と呼ばれる奇跡です。
(注*京都府綾部市志賀郷に伝わる七不思議)

1)白藤(藤波神社の藤は正月に白藤が咲いた)
2)白萩(若宮神社=山彦が祭られる?神社の萩を白くした)
3)ゆるぎ松(山彦達が逃げて行った所の松が風も無いのに揺れる)
4)しずく松(同じく山彦が逃げていった場所の松が雨が降らないのにしずくが落ちる)
5)タケノコさん(竹の子の出る季節でもない2月4日に竹の子が出てきた)
6)みょうがさん(みょうがの出る季節でもない2月3日に芽が出てきた)
7)ご用柿(秋に赤くならないでお正月に赤くなる。御用、御用と追っ手がきて恐怖の為に柿が青いままだったから)
又、大男が夜中に悪い事をする伝説は、ヤマトが大きな山彦を悪者に仕立てあげ伝えさせたのです。

8)【ヤマトは仏教を利用して、貧富の差の激しい国家になった】
ジンムがヤマトに落ち着いてからも、何とか国を広めようとあちこち攻めていましたが、倭の国の人たちの団結は強く、なかなか支配下に置く事が出来ませんでした。
その頃中米では、あまりに大蛇に支配された人々が悲惨なために、彗星を呼び寄せその国を滅ぼしました。

彗星の衝突のために、巨大地震や地軸が移動して人々は不安になった頃に、竜神の支配する仏教が大陸から渡ってきました。
それまでイシカミの山や岩を祭っていたのですが、仏教はその山や岩が大地震を起したので、代わりに仏教を信じるように言いました。
また、竜神などに支配された人が、地獄絵などを見せ、信じないと死んでから地獄へ行くと恐怖の教えで人々を支配していきました。
そして、供物を供え、お経を唱える事で死後は極楽へいけると、働かなくても良い階級を作り、反対に国民からは搾取し、仏教のための豪華な建築物と次々作りました。
人々はそれまでは自然の恵みを平等に受けていたのに、それ以後貧富の差の激しい国家となっていたのです。

9)【封印されたイシカミ】
早くにヒミコがカタカナやホツマ文字を作り上げていましたが、ヤマタイコクを責め滅ぼした事がわかると困るので、ヤマトが文字を書く事を禁止しました。
その代わり蛇文字を作って神社に置き、民衆には文字を書くと蛇になると脅かしていたのです。
日本には神代文字がいろいろ隠されて存在するのに、ヤマトに都合の良い物語としてだけの文献(古事記・日本書紀など)を残したのです。

その事に気づいた菅原道真が隠された事を世に出そうとして、友人の柿本人麻呂や小野小町と協力して、首を覚悟でイトとムウラの悲劇を秘めた和歌を作りました。
それが百人一首で、和歌の作者は権力者の名前をつけることで、公開が許され現在まで伝えられたのです。

けれども柿本人麻呂も小野小町もその後権力者から狙われ命を落とすことになり、ナゾの人とされたのですが、人々はその事を知っていたので名前だけでもと語り継がれているのです。
ヤマトは権力者が国民を支配するのに都合の良い仏教、神道を国民に押し付け、両者が協力して山や岩を崇めていたイシカミを完全に封印してきたのです。

この物語はソラから知らされた事をつなぎ合わせて、出来上がったのですが、ヤマタイコクやイシカミの話は民話や百人一首に隠されて伝えられていました

【四国=死国】
徹底してヤマタイコクを隠すために、仏教でも封印した(88ヶ所巡り)。

【さるかに合戦】
“カニ”はイシカミをあらわし、お腹に子供がいるのがわかるようになっているのは、イシカミのお腹から巨人が出てきた事を知らせている。
“臼”はイシカミの分身が、臼の形をしている。
“柿”はイシカミの形であり、イシカミが生きている時は柿色だった。
“猿”はジンム=ヤマトをあらわし、イシカミに教えてもらった人が作り上げた物を取り上げた。

【元伊勢】
大江山の麓と天の橋立にある。
大江山皇太宮の78もの祠や、籠神社の行事などこの情報とあっている

【ヒヤソ踊り】
綾部の高倉神社では「ヤソ、ヤソ、ヤソ」という掛け声をかけて踊る祭りの行事がある。
ヒミコとヤソ(ユダヤ人のノアの親子がいた)の事を掛け合わせた言葉である。

【隠岐の島】
隠岐の島にはユラヒメ神社と大国主を祭る神社がある。
大国主がヨミの国へ行くと言ったというのは隠岐の島へ行った事。

【百人一首は隠された意味があり、わかると首が飛ぶのを覚悟で作られた】
風景や色恋のように解釈されているが、ムウラやイトの悲劇がこめられている。
これを作ったのが菅原道真、柿本人麻呂や小野小町。
鹿=稲妻をあらわし、星述べの者も含む。
月=丸=真実。
わた野原=内臓が飛び出した惨殺
由良の戸=由良川の河口。船の行き来を、噂が広がると困るので一時止めさせた。
フミ(文)=ヒミコの文字などの意味を含む。

*)詳しくは『ソラからの真実の歴史』をご参照ください。

地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
21-FEB-2010 09:42:03 -27.60 65.99 M4.8 10.0 INDIAN OCEAN TRIPLE JUNCTION
21-FEB-2010 07:29:08 42.59 130.74 M4.5 553.2 E. RUSSIA-N.E. CHINA BORDER REG.
21-FEB-2010 02:54:15 51.92 173.94 M4.6 3.4 NEAR ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS
21-FEB-2010 02:41:42 6.70 -72.90 M4.6 153.1 NORTHERN COLOMBIA
21-FEB-2010 02:18:33 -19.39 169.22 M4.8 243.6 VANUATU ISLANDS
21-FEB-2010 01:49:56 -16.02 -173.81 M4.6 189.1 TONGA ISLANDS
21-FEB-2010 00:56:57 37.47 141.54 M5.0 51.0 NEAR EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
21-FEB-2010 00:56:47 16.99 -85.51 M4.9 10.2 NORTH OF HONDURAS
20-FEB-2010 21:07:27 23.17 94.74 M4.7 112.7 MYANMAR-INDIA BORDER REGION
20-FEB-2010 16:13:48 12.39 143.90 M4.7 10.0 SOUTH OF MARIANA ISLANDS
20-FEB-2010 13:35:58 -13.63 166.68 M5.4 87.4 VANUATU ISLANDS
20-FEB-2010 11:47:58 44.46 148.25 M5.1 35.0 KURIL ISLANDS
20-FEB-2010 11:18:49 20.93 121.18 M4.9 29.8 PHILIPPINE ISLANDS REGION
20-FEB-2010 10:07:14 33.24 140.97 M4.4 35.0 SOUTH OF HONSHU, JAPAN
20-FEB-2010 05:09:06 27.07 129.23 M4.9 35.1 RYUKYU ISLANDS
20-FEB-2010 04:57:34 -7.36 105.91 M4.9 51.8 JAWA, INDONESIA
20-FEB-2010 04:11:36 -49.96 118.52 M4.9 10.0 WESTERN INDIAN-ANTARCTIC RIDGE
20-FEB-2010 04:07:13 52.75 -174.36 M4.4 188.9 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS.
19-FEB-2010 21:08:57 56.90 7.56 M4.4 10.0 NORTH SEA

発生時刻 2010年2月20日19時7分頃
震源地 八丈島東方沖(北緯33.3度 東経141.0度 深さ50km)
規模 M4.6 震度1 八丈町

発生時刻 2010年2月20日19時10分頃
震源地 伊豆半島東方沖(北緯35.0度 東経139.1度 深さ10km)
規模 M2.6 震度1 伊東市

発生時刻 2010年2月20日20時48分頃
震源地 択捉島南東沖(北緯43.9度 東経148.3度 深さごく浅い)
規模 M5.0 震度1 中標津町、標津町、別海町、根室市

発生時刻 2010年2月21日9時57分頃
震源地 福島県沖(北緯37.5度 東経141.6度 深さ40km)
規模 M4.8 震度3 古殿町、田村市、いわき市、三和町、相馬市、楢葉町、富岡町、双葉町、浪江町(福島県)、角田市、石巻市(宮城県)

発生時刻 2010年2月21日11時49分頃
震源地 伊予灘(北緯33.8度 東経132.3度 深さ10km)
規模 M4.6 震度4 周防大島町(山口県)

発生時刻 2010年2月21日18時14分頃
震源地 和歌山県北部(北緯33.8度 東経135.3度 深さ50km)
規模 M3.3 震度1 御坊市、みなべ町、白浜町(和歌山県)、十津川村(奈良県)

発生時刻 2010年2月21日19時30分頃
震源地 宮城県南部(北緯38.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.3 震度1 蔵王町円田

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月21日のソラ。

2月20日大阪講演会と長崎・淡路島・黄金比などの謎解き

2010年02月19日 22時55分06秒 | Weblog
2010年2月19日
関西サイ科学で『チャネリングによる地球の謎とき-ミステリーサークル遺跡などを巡って』の講演を行います

関西サイ科学で
『チャネリングによる地球の謎とき-ミステリーサークル、遺跡などを巡って』
の講演を、画像を使って行います。

詳しくは
関西日本サイ科学会」HPにて

・日時:平成22年2月20日(土) 午後1:30~5:00
・会場:大阪科学技術センター605号室(大阪市西区うつぼ本町:地図
・交通:地下鉄四つ橋線本町駅下車北へ徒歩5分 靫公園内
・会費:一般3000円、会員2000円

2010年2月15日
イヌクシュク、染色体?のビジョン、潜在意識を認めることが大切、黄金比とパルテノン

1)イヌクシュク(Inukshuk)=カナダの石の巨人像
2)染色体
3)潜在意識=無意識

2010年2月8日
淡路島、黒岩水仙峡、黄金比と丸岩、明石海峡、チベット仏教、カルマ、死後の世界(追記)

1)淡路島の黒岩水仙峡
2)オーストラリアの半分の丸石
3)黄金比と丸岩

2010年2月4日
X彗星、1500年前、アースファイル、グランブルー、長崎、稲荷神社、玄海島の地震

1)謎の“X彗星”、ハッブルがとらえる
2)アースファイル(ショックな絵がありますので要注意)
3)1500年前、地球に巨大隕石衝突か

2010年2月3日
長崎のいろいろ、黄金比率、オーストラリアの半円の岩、ヒエログリフ、ロシアの農奴、地磁気、アマゾネス

1)ソラ画像(長崎)
2)地磁気(北極と南極)
3)南硫黄島近海で白煙、海底火山が活発化?

2010年2月11日
諏訪の何鹿支配

Kさんからのお便りです。

今朝ほど何鹿(綾部市)の物部と諏訪が関係(諏訪の支配)あることを思い出しました。
ことの起こりは、何鹿の物部の町の中を流れる川を犀川といいますが、とてもあの地では不自然な名前に思えていました。
何鹿郡誌という本の中で、たぶん平安時代に書かれた丹波国主基所風土記という書物のなかに丹波国何鹿の地名として下の地名が出いているそうです。
(主基の所=大嘗祭に、神饌の新穀を奉る国。京都以西の国が卜定(ぼくじょう)され、平安時代以降は丹波・備中を交替にあてた。 大辞林より)

2010年2月11日
岩石成因論とソラの情報

Iさんの掲示板の書き込みより

“地球の謎解き”で検索してたら見つけました。
・早稲田大学講義:岩石成因論(地球の謎を解く10の岩石)

ソラ画像より
かじられた綿菓子?状の雲
長崎へ向かう道中”綿菓子をかじったような”変わった雲。
イシカミが柔らかい時、ムーのダイジャなどに食べられたというのが、沖縄などの岩にありますが、長崎にもありました。
そのことを知らせていた?

穴の開いた岩
たくさん穴の開いた岩を撮ったのですが、エネルギー体でぼやけていてこれしか残っていませんでした。

メガネ橋(長崎)
1600年代に造られた橋。
帰ろうとするとまだ居てほしいと。
「水の下にいるもので、原爆で亡くなったものです」
と言葉になったので、冷たい水の下にいないでソラにあがって、自由になるように伝えました。
冷たい水の中にいることを知らせるためか、長崎にしたら底冷えがしましたが、その後行った平和公園では暖かく感じました。
水害もひどかったそうですが、その人たちはお知らせ役で、すでにソラにあがっているということでした。

石垣にハート型の石があると、地元の人が教えてくれましたが、ハート型=シリウが石造建築をしたことを知らせているようです。

稲荷神社の狐
丸い玉は、子生まれ石のイシカミをあらわしているそうです。
ソラの情報では早くから稲荷の狐はシリウをあらわして、悪くは言いません。
赤い鳥居は、生きていた木製のイシジンをあらわします。

稲荷神社の狐2
巻物をくわえているのは、イシカミのことを伝える巻物をくわえていると。

稲荷神社の狐用水のみ?
変わった石なので撮ったのですが、その時は気づかなかったけど、、、。
イシカミが軟らかいうちに、シリウ=四角=狐をあらわすためにつくられた岩に、狐がお汁を飲んだので足跡がついたようです。

稲荷神社のカエル岩
長崎の諏訪神社の横の稲荷神社のカエル岩
この他にも巨石がありました。
諏訪神社では池もあったけどエネルギー体がいないのか、ぶれることがありませんでしたが、天主堂では多くの画像がぶれてエネルギー体を感じました。

グラバー邸の岩
グラバー邸は石垣が残る山城跡に建てたようで、巨石があちこちありました。
かっては大きなシャコガイや珊瑚なども使われていたようです。
水も高台なのに噴水などふんだんに使われているのも、山城跡ということも関係していると思いました。
グラバーは封建的な国から民衆を開放しようとして武器を与えただけで、悪者ではないと言ってきました。
カラユキさんを売り飛ばしたのも自分ではないとも。

グラバー邸から
樽前山と似た山で紹介してほしいと言ってきたのは、グラバー邸の小山がこのイシカミの子供だからのようです。
グラバー邸から見える海からカラユキさんが売られて行ったと以前伝えてきましたが、彼女たちのイシキは今はソラにのぼっているということで何も言ってきませんでした。

長崎稲佐山の巨石
「登って来てほしい」ということで行きましたら巨石があり、これらを見てほしかったようです。
眺めが良くて海が見えます。
カラユキさんの送られた港?

長崎平和公園
平和公園の象徴は、失礼ながら写す気がしませんでした。
イシジンの生きているような石像をたくさん見た後なので、これが人間の作品だと納得はできましたが、、。
平和公園には、ドイツなどから贈られた母子像がありましたが、これを写していると涙があふれ出てきてなかなか止まりませんでした。
その頃、同じ公園でも大分離れた所で同行者同士が、
「幼い子供を残して亡くなった母親はどれほどつらかったでしょう・・・」
というような話をされていたようですが、亡くなられた被爆者の方のイシキがその思いを伝えたかったようです。
原爆で亡くなられた方は、ソラにあがってゆっくりお休みください、と思っていたら、急に一瞬だけ太陽が出てきて、暖かになったようでした。

長崎山王神社の被爆くすの木
この神社へはなぜか縁が白く塗られた石の階段を登っていきますが、それほど多くない石段を登る時、引っ張られているのでないかと思うほど、しんどかったのは、同行者の数人も同じように感じたそうです。
そして神社内の画像は木を含めてほとんど全て激しくぶれていて、エネルギー体が強いことがわかりましたが、白ヘビのようでした。

子まれ石(グラバー邸?)
稲荷神社の狐がくわえている小石に似ています。
(Yさんより)

黄金比と丸
読者から紹介されました。
地球は最初は長方形だったが、その形が黄金比というのは、この比率で丸くなるとひび割れしない。
円からはみ出たのが四隅のイシカミで、南半球と北半球に分かれていたのが引っ付いて丸くなった。
オーストラリアの丸石知らせている。
(「マールロック、半分に切られた丸石」、「マールロック、半分に切られているが離れていない丸石」)
その丸くなった地球がかすかにひび割れしているのが、アフリカなどの大地溝帯。

淡路島 黒岩水仙峡
淡路島で一番高い山(諭鶴羽山)の麓にあり、その山の頂上にイザナミを祭った神社があるそうです。
それが大きな意味があるようです。

淡路島、沼島
沼島は早くに”指紋岩”を残したと言って来た岩ですが、認めてくれないというのと、淡路島にリュージンがいるので嫌だと、強い力で寝かせたようです。
この先の海はグリーン色で、緑のリュージンがいることを知らせていました。

明石海峡
ちょっとわかりにくいですが、実物の海の色ははとてもはっきりとした緑色になっていたのはお知らせ参照してください。
黄緑の海として以前にも読者から知らされていました。

南紀新宮市の神倉山のことびき(蛙)岩
読者より。
イシカミの分身そのものの感じです。

熊野の観光名所」さんより
・・唐の天台山の王子信が、高さ三尺六寸の八角の水晶となって、九州の彦山(ひこさん)に降臨した。それから、四国の石槌山、淡路の諭鶴羽(ゆずるは)山と巡り、紀伊国牟婁郡の切部山、そして新宮神倉山を経て、新宮東の阿須賀社の北の石淵谷に遷り・・・

益田の岩舟

益田の岩舟2
四隅のイシカミが遅れて降りてきた岩舟。
イシカミノ原子たちは結合をゆるくすることで浮き上がることができて遠くまで移動していたようです。
(「2005年6月13日 益田の岩船のお知らせ」)

パルテノン(ギリシャ)
黄金比をあらわす建物とされていて、ソラ的には、黄金比=パルテノン と。
以前は屋根もあり、ナポレオンが大砲で壊したという穴も残っていたが、すっかり解体?されて面影が更になくなっています。
手前の屋根の三角の部分には、イシジンが引っ付いていましたが、イギリスアメリカなどが剥ぎ取って持っていき無残な姿でした。

デリケートアーチその1
読者より送ってくださいました。
急な断崖絶壁のすり鉢状の縁にあるのは、人間がたくさん来て壊さないようにしたそうです。
離れて分身たちが見ています。
半円の岩=イシカミをあらわしていますが、グランドサークルにはあちこちにこのような半円があります。

デリケートアーチその2
読者より送ってくださいました。
靴の形がかすかに見えますが、2、3本の指のような切れ込みもあります。

地震雲などの画像より
2010年2月12日 名古屋 16:54【TONGA ISLANDS M6.1、北海道上川M4.2、巾着袋地震】
3本並び立ち上がる雲
オリンピックの聖火台の柱の一本が立ち上がらず、3本で交差していました。
3位一体をあらわすけど、人間は潜在意識を認めないで消えかけています。

13-FEB-2010 02:34 M6.1 深さ10.0 TONGA ISLANDS
発生時刻 2010年2月14日 7時34分ごろ
震源地 上川支庁中部 深さ 190km 規模 マグニチュード 4.2
震度1 青森県

2010年2月17日 三田市(16:42)【ウラジオストク付近M6,9、種子島南東沖M4.4】
発生時刻 2010年2月18日 10時15分ごろ
震源地 ウラジオストク付近 深さ 590km 規模 マグニチュード 6.9
震度2 北海道 青森県 岩手県 宮城県 埼玉県 石川県

発生時刻 2010年2月19日 8時51分ごろ
震源地 種子島南東沖 深さ 30km 規模 マグニチュード 4.4
震度1 鹿児島県

2010年2月19日 三田市(13:27)
大きな目?

2010年2月19日 三田市(16:37)
この後、太陽が出てきて明るくなりました。
霧のように下に降りていたのが、上のようになり地上のことをソラに伝えていると思いました。

2010年2月19日 三田市(17:12)
シリウ(す)の応援

DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
19-FEB-2010 12:07:09 -15.16 -173.60 M5.0 30.8 TONGA ISLANDS
19-FEB-2010 11:37:27 -1.18 -79.32 M4.7 101.9 ECUADOR
19-FEB-2010 11:13:20 -21.71 -175.23 M5.4 10.0 TONGA ISLANDS
19-FEB-2010 07:17:52 67.17 -140.93 M4.6 14.7 NORTHERN YUKON TERRITORY, CANADA
19-FEB-2010 02:15:30 12.98 93.67 M4.8 104.3 ANDAMAN ISLANDS, INDIA
18-FEB-2010 23:49:44 46.77 152.43 M5.1 66.8 KURIL ISLANDS
18-FEB-2010 20:56:33 -23.10 -68.18 M5.3 111.2 NORTHERN CHILE

発生時刻 2010年2月19日8時51分頃
震源地 種子島南東沖(北緯30.1度 東経131.4度 深さ30km)
規模 M4.4 震度1 中種子町、南種子町

発生時刻 2010年2月19日20時43分頃
震源地 岩手県内陸南部(北緯39.1度 東経140.9度 深さ10km)
規模 M3.0 震度1 奥州市

発生時刻 2010年2月19日22時12分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さ10km)
規模 M2.0 震度1 鹿児島十島村口之島出張所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月17日のソラ。

【ソラのイスラム物語】

2010年02月18日 23時56分06秒 | Weblog
2010年1月16日
関西サイ科学での講演

関西日本サイ科学会研究集会にてお話しをさせていただきます。
題は
「チャネリングによる地球の謎とき ミステリーサークル遺跡などを巡って」
で、各地の世界遺産などの謎解きを映像を使って紹介させていただきます。
詳しくは
関西日本サイ科学会」HPにて

・日時:平成22年2月20日(土) 午後1:30~5:00
・会場:大阪科学技術センター605号室(大阪市西区うつぼ本町:地図
・交通:地下鉄四つ橋線本町駅下車北へ徒歩5分 靫公園内
・会費:一般3000円、会員2000円

ソラのイスラム物語
これはソラのものからチャネリングで知らされたストーリーです。
そしてこの物語のマホメットはイスラム教教祖ではありません。
イスラム教教祖は、このマホメットの息子・ムハメットの意識が、後年に生まれ変わった者です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宇宙のたくさんの星たちにはいろいろな思いを持っていて、人間と同じで不満も持っていました。
その星たちの不満の塊を集めて回って出来た地球は、その不満のエネルギーのために真っ赤に煮えたぎった星でした。
その地球を宇宙の希望の星にする為に、射手座からイシカミという意識体がクラゲのように柔らかな身体になって降りてきました。
そのイシカミがクラゲのような形をして降りてきたので、モスクを半円の形にしてあらわしました。
そしてミナレット(尖塔)はイシカミが地球に降りてきたことを書き伝えるという、筆に似せた形をあらわしました。
モスクには小さな半円の屋根がいくつかあるのは、クラゲのようにイシカミは増殖できたことをあらわしています。
モスクの画像

山や岩になったイシカミは、他の動物のように子孫を残すことが出来ませんでした。
そこで、イシカミは、
「自分達が山や岩になっても、自分達の事を語り伝えることが出来るものを創ろう」
と考えました。
そして、シリウスや他の星たちと一緒に人間を創ろうと計画しました。
それでイシカミの一部の原子達は、自由に動けるものになろうとして人間の形のイシジンになりました。
そしてイシジンになった原子たちは、しっかりと自分たちの形を覚えてから分解しました。
その他イシカミはいろいろな形の石造建築物などにも変化しました。

一方、海に降りたイシカミの原子は藻やプランクトンになり、星たちも知恵を寄せ集めてあらゆる生物にどんどん進化させていきました。
そして人間に似たサルまで進化させ、人型イシジンだった原子に、進化したサルを応用して人間を発生させることにしました。
そしてイシカミから出来たストーンサークルや石室の中で、イシカミがエネルギーを与えることでイシジンだったものが分解した原子たちが、形を覚えていて人間になりました。
これが最初の人間が誕生です。
(ここまでの話の詳細は【ソラの宇宙物語】を参照してください)

【ソラのイスラム物語】
1)中東地方に降りたイシカミはクラゲのような形をして降りてきたので、モスクを半円の屋根にしてそのことを伝えました。
そしてミナレット(尖塔)はイシカミが地球に降りてきたことを書き伝えるために、筆に似せた形をあらわしました。
モスクに小さな半円の屋根がいくつかあるのは、クラゲのようにイシカミは増殖できたことをあらわしています。

早くに降りていた中東のイシカミ達は、トルコやエルサレムなどの地下空洞でたくさんのイシジンになりました。
そしてイシジンは創り出した人間の世話をして平和な生活をしていていました。
支配星たちはそれを見て、人間を自分たちの思うとおりに争わせて楽しもうとしました。
そして支配星に操られた人間を哀れに思ったイシカミは、なんとか人間を助けようとエルサレムに降りてきました。
それが岩のドームの中にある岩になったイシカミでした。
そのイシカミは何人かのイシジンの能力を持った半イシジンの者を、人間として送り出しました。
その半イシジンの人間は何人かいて、原子に話しかけることで奇跡を起こすことができたり、イシカミの言葉を聞くことが出来ました。
そして人間の本当の親はイシカミであることを伝えましたが、より強い力をもった支配星がその半イシジンの人間たちを支配してしまいました。
そして最初はイシカミの事を伝えていたのに、途中からいろいろな支配星が教えていったので、それぞれ違う神として信じるようになりました。
それでエルサレムではいろいろな宗教が発達していったのです。

2)イシジンの能力を持った人間として再び生まれ変わった半イシジンにイエスとマホメットもいました。
イエスとマホメットは別々の国でともに立派に成長しました。
イエスは若い頃、何度もインドへ渡っていましたが、その頃に道中でマホメットと知りあっていました。
そして二人は過去世で双子だったことを思い出して仲良くしていました。
けれども大人になったイエスも人々に信頼されると同時に、支配星に支配されてしまいました。
そのせいでイエスはローマの支配から立ち上がるために戦争をしよう、と皆に伝えたために死刑の宣告がなされました。
それでイエスは国外に逃げ出し、他国の船主になっていたマホメットに助けを求めました。
マホメットは可愛そうに思いイエスに船をあげました。
イエスは無事脱出しましたが、舟をあげた事を快く思わない悪者がマホメットを殺してしまいました。

殺されたマホメットは穏やかで皆の人望がありました。
マホメットはそれまでの恐ろしい復讐の法律を次のように変えていました。

【目には目を】は「見て美しいものをもらったら、見て美しいものを返ししなさい」と。
【歯には歯を】は「食べるものをもらったら,食べるものをお返ししなさい」と。

それは神様から与えられるものを独り占めしてはいけない、という事を教えていたので平和な時代が続いていました。

けれども悪者はマホメットの財産を自分の物にして、マホメットの息子ムハメットを育てました。
悪者はムハメットが本当の事に気づくのでないかと恐れて、何とか命を絶とうとしたためムハメットは回りの人から愛情を受けることなく育ちました。
そして悪者はまた元の恐ろしい復讐をする法律に変えてしまったのです。
すなわち「目をやられたら,目を傷つけるように。歯を壊されたら歯を壊すように」とムハメットは教えられて育ちました。

また、悪者はムハメットに父親を殺したのは、キリスト教徒だと嘘を教え、 ムハメットは絶えず命を狙われる感じがするために、人を信じる事ができませんでした。
たった一人の妹だけを愛していましたが、その妹も命を狙われるのでないかと心配していました。
それでムハメットは妹が外に出るときは、顔がわからないようにしようと思い、女性には皆、布で顔を隠させるように命令をしたのです。

それでもムハメットは心が落ち着かなく、なんとか強くなろうと平野で修行をしていましたが、修行をしていたある時ムハメットにどこからともなく声が聞こえたのです。
「黒い水(石油やコールタール)が出るところを教えてやろう。
けれどもその黒い水が出ると、お前の命を狙う者が出てくる。
それは妹と一緒になった者が命を狙う事になる」
と声は教えました。
そのうち妹にも好きな人ができ、一緒になりたいと言いました。
相手はムハメットの部下でした。
ムハメットは悩んだ末妹の目を刺し、部下も殺してしまいました。
その後、ムハメットは見えないものの声の言う事を聞くことで、大きな国にする事ができましたが、最後までその事を後悔していました。

ムハメットはますます強い王様となり、厳しい掟を作りました。
ご馳走を食べ過ぎるのでたまにはお腹を休めるようにという声を聞いて、国民にも同じようにするように言いました(断食)。
ムハメットは頭の上から声が聞こえるので、他の人が聞こえないように頭に布を巻くように言いました。
豚は悪いドラゴンが変化したものだと声が言ったため、食べる事を禁止しました。
白い服を着るのは宇宙の始まりが白い光であったのと、ホシノミナ=稲妻の白い光をあらわしています。
メッカで柱の周りを回るのは、宇宙の始まりが渦巻きだったことをあらわしていますが、それはメッカに行かなくても、渦巻きの意味を知るだけで思いは宇宙に通じています。
床に座り拝むことは、地球を生物の住むホシにしてくれ、食べ物を与えてくれたイシカミの身体に触れて、感謝していることをあらわしています。
ムハメットはいろいろな厳しい掟を作りましたが、仲間を大切にする事などの良いことも決めました。

これらの大昔に作られた規則が、現代まで残っているのがイスラムの世界です。
イスラムの教えは感謝する事、仲間を大切にするという、とてもいい教えなのです。

ムハマドの身体が弱った頃、戦車にライオンをつなぎました。
それで悪者を退治しようと思ったのです。
けれどもライオンは車を引く力がなかったのです。
ライオンは人間のためには働かない動物だからです。

今のイスラム社会はライオンをつないで進んでいるようなものです。
ライオンは決して人間のためには働かない動物です。

(これは今のイスラム社会のあらわしているそうです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イスラム社会で争いが絶えないのは、昔の教えが長い年月の間に、少し間違って伝えられたためです。
偶像を崇めてはいけないという良い教えがあるのに、宗教指導者を崇めているからです。
意識の世界にいるマホメットは、このことがとても悲しいと伝えて欲しいと言ってきました。
宗教指導者が支配星に支配されると、ひたすらネバならぬと強制し今のような悲劇が起きるのであって、原点に立ち返れば何ら問題は無いのです。

【地中海沿岸のイシジンたちは石像として残りました。それがバチカンなどにある石像です】

ソラ画像より
傷ついたイシジン
イシジンはイシカミの人間と伝えられ、デイダラボッチのようなものと想像していましたが、石像がイシジンの遺体だそうです。
以前見た時、大理石の皮膚が生きているようで、布のカーブなどこれほど上手に創れるのが不思議でしたが、納得できました。

これはエデンの園で、新しく創られた人間をこれらのイシジンが世話をしていましたが、人間が増えすぎて、食べ物が足りなくなり、人間同士で争うので、世話をしていたイシジン同士も争うようになり、その悲しみを人間に教えるために、このような形で残したそうです。
ちなみに有名なピエタ(母親が倒れた息子を抱いている)も同じ意味ですが、キリスト教がマリアをイエスに摩り替えたそうです。

ちなみに人間が作ったイエスの物語の石像もありましたが、比べ物にならないお粗末なものでした。
ミケランジェロなども絵は描いたが、石像は作っていなく、人間が創ったと思わせるための伝説のようです。

薄いジョーゼットのような布は、イシカミのお汁で作ったそうですが、現実にそれを思わせるものがありました。
レバノンのジェイタ洞窟
の“とろろコブ”のような鍾乳石が、布をあらわしているそうです。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
アト君とちきゅう君
アワ君
ミユ君
IshikamiTheMovie
地震雲画像
DATE LAT LON MAG DEPTH km REGION
18-FEB-2010 01:13:17 42.56 130.84 【M6.9】 562.5 E. RUSSIA-N.E. CHINA BORDER REG.
17-FEB-2010 19:38:05 -29.75 -177.82 M5.8 35.0 KERMADEC ISLANDS, NEW ZEALAND

【トカラ列島近海連続地震】
発生時刻 2010年2月18日0時14分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さ10km)
規模 M2.4 震度2 鹿児島十島村口之島出張所

発生時刻 2010年2月18日3時33分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さごく浅い)
規模 M2.7 震度1 鹿児島十島村口之島出張所

発生時刻 2010年2月18日5時11分頃
震源地 奄美大島近海(北緯28.3度 東経129.4度 深さ40km)
規模 M3.3 震度1 瀬戸内町加計呂麻島、瀬戸内町請島

発生時刻 2010年2月18日5時32分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さ20km)
規模 M2.3 震度2 鹿児島十島村口之島出張所

発生時刻 2010年2月18日6時16分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さ20km)
規模 M2.0 震度1 鹿児島十島村口之島出張所

発生時刻 2010年2月18日6時19分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さ20km)
規模 M3.2 震度3 鹿児島十島村口之島出張所

発生時刻 2010年2月18日9時12分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.3度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M2.3 震度1 新島村式根島

巾着袋地震
震源が深いと、巾着袋の紐を締めたような動きになって、震源近くは全く揺れなくて遠く離れた地域でゆれること。(ソラ辞典より)

発生時刻 2010年2月18日10時15分頃(震源と震度図
震源地 ウラジオストク付近 (北緯42.7度 東経131.1度 深さ590km)
規模 【M6.9】 震度2 浦幌町、釧路市音別町、白糠町(北海道)、おいらせ町、東通村(青森県)、普代村、野田村(岩手県)、登米市(宮城県)、宮代町(埼玉県)、輪島市(石川県)

発生時刻 2010年2月18日13時26分頃
震源地 トカラ列島近海(北緯30.0度 東経129.9度 深さ10km)
規模 M2.0 震度1 鹿児島十島村口之島出張所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は2月18日のソラ。