増田デンキ 電気工事、アンテナ工事 換気扇工事のブログ 千葉県市川市、船橋市、松戸市、柏市、流山市、埼玉県三郷市 近郊

全ての工事を作品だと思って作業しています。引き込み工事、電気工事、換気扇工事、アンテナ工事、漏電修理などの電気工事ブログ

23日 千葉県松戸市和名ヶ谷にてコンセントの交換工事、 コンセントが焦げた。

2013年04月29日 | その他の工事  その他の電気工事 

 

今日は千葉県和名ヶ谷にお伺いしました。

昨夜コンセントが焦げてしまって、夜間に東電さんが応急処置をされたそうです。

20年以上経っているコンセント、スイッチは是非、お近くの電気工事店

にご相談をして交換してください。 

ご近所の電気屋さんがわからない場合は是非DJネット加盟店へ。

コンセントの交換といっても、ただ交換すれば良い訳ではありません。

コンセントの1つ1つ、極性の間違いはないか?

電圧チェック、配線の剥きなおしをします。

なので、個数があると意外にも時間がかかります。

今回は全てのコンセントを交換となりました。 (10個)

3つ口コンセントとの接触不良でした。

↑は電圧のみをチェックしています。

HIOKIの測定器で極性も調べます。

9箇所は外壁に面していましたので断熱材が入っています。

断熱材を避ける為に、色々工夫されているようですね。

今回はNフレを使用しました。

壁の厚さが少し薄いので、爪を1つ1つカットして加工して取り付けます。

ただ、ひたすら交換します。

途中Nフレが足らなく、自宅まで取りに帰りましたが無事全て完了しました。

これでご安心してコンセントをお使いいただけます。

今回は増田デンキにご依頼いただきまして、誠に有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

22日 市川市国分にて新築アンテナ工事 断念

2013年04月29日 | 千葉県市川市アンテナ工事

 

今日は市川市国分にて新築のアンテナ工事にお伺いしました。。

この付近はとても電波の悪い場所が沢山あります。

早くスカイツリーに切り替わってもらいたいです。

周りをみても、UHFの向きがバラバラです。

電波測定から開始です。

最高4mまでの高さで測定しました。

片流れ傾斜屋根です。

撃沈しました。

久々に降参です。

ただ、TVで映ればいいのであれば簡単ですが安定受信には程遠く、

スカイツリーの試験電波にあわせても良いのですが、 

でも、やはり完全に切り替わらないと怖いです。

斜め後方からの反射波がとても強いのが原因かと思われます。

(その他、外環工事など。)

今回は力不足で申し訳ございませんでした。

今後とも懲りずに増田デンキを宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

21日 船橋市前貝塚町にて電気工事続き 専用回路

2013年04月28日 | その他の工事  その他の電気工事 

 

21日今日は生憎のお天気でした。

この前の電気工事の続きです。

最後のトイレの専用回路とアースの2mm3c工事です。

天井裏までは配線済みですのであとはコンセントを設置して、

壁の中を通せばいいので簡単だと思っていました。

屋外の防水コンセントから1sqのVFFにて配線されていました。

通線完了ですが、 かなり壁の中にフィニッシュ釘が多く通線が非常に大変でした。

鉄スチールが思うように天井にでなく60分ほどかかりました。 

隠蔽できてよかった・・・・ 滝汗

お客様のご要望でコンセントの位置がつきました。

天井裏でジョイントして、この前ナイスハットを忘れてしまった場所も

被せました。

最終点検です。 

少し高いですが、内線規定内です。

いつも、本当に増田デンキにご依頼誠に有難うございます。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

コメント

KDSのATL-45を購入しました。

2013年04月27日 | お勧め道具や本、その他 興味品

 

マキタのさげろくのSK11をオクで売りKDSのATL-45を購入しました。

タジマと悩みましたが、KDSのほうが安いのと、TEL対応が良かったのが決めてです。

電気屋さんなので、大工さんと違い多少精度が悪くてもいいので、

山真も安いので悩みましたが、結果ATL-45で良かったです。

 

KDS レーザー墨出器スーパーレイ45 ATL45
クリエーター情報なし
ムラテックKDS

昼間ですが、 壁に直射日光が当たっていなければ、

見えます。 クラス1のレーザーです。

だいぶ性能がよくなってきたのですね。

水平、鉛直、大鋸ねがでるレーザーです。 使用するのが楽しみです。

 

コメント

20日 市川市南八幡にてトイレ換気扇交換工事とベントキャップの点検

2013年04月27日 | 換気扇故障 換気扇工事 換気扇交換工事

 

今日1件目はエアコン工事でしたが、急遽延期となりました。

(現在インターネットからのエアコン工事の受付はしておりません。)

なので2件目は市川市南八幡に換気扇の交換にお伺いしました。

ある、事務所の換気扇で音が非常に五月蝿くなってしまったとの事です。

私の友達のお父様からのご依頼です。 

VD-10ZC? です。 約10年程経っていますので寿命です。

養生をします。

換気扇を外します。

ダクトをつなぎ、電線を繋ぎナイスハットを被せます。

今まで天井に補強がなくネジが1本しか効いていませんでしたので、木をいれて補強を

しておきます。

これで確り取り付け完了です。

音が静かになり動作確認して工事完了です。

この後、お父様のご自宅をリフォームされたそうですが、同じく換気扇が効かないと

言う事で点検をご依頼いただきました。

知り合いの電気屋さんが点検にきたそうで、ダクト扇の風圧フラップを取り外しをしたそうです。

トイレの換気扇ですが、吹き返していますので、詰まっています。

お父様はダクトが繋がっていないのでは?という事ですが、繋がっていなければ

吹き返しはないのですが、一度点検して欲しいという事で取り外してご納得いただきました。

問題はベントキャップにあります。

新しいベントキャップが2個ありますが、 自然換気用のベントキャップが付いています。

左側がトイレのキャップです。

ご説明したのですが、ご納得いただけないので取り外しをします。

これだけ詰まっていました。 トイレのリフォーム時に換気扇を動かしながらボード施工を

して防虫ネットが埋まってしまったのです。

自然換気用のベントキャップと強制換気用のベントキャップは構造が実は全く違います。

違いは9月のDJネットの関東の勉強会で行う予定です。

あるメーカーさんをお呼びして講習会を開きます。 

本当にベントキャップ、換気扇の選び方、奥が深いです。 

(PQ特製図、設計における換気扇の選び方)

DJネットは勉強会をよく行う活発的な組合です。

街の電気屋さんのご加入をお待ちいたしています。)

 

マンションの通路で雨水の吹き込みが起こらない場所なので、

今回は防虫ネットを取り外しました。

これで両方とも今後詰まらないでしょう。

換気扇は本当に奥が深いです。

お客様も大変喜んでいただけました。

(これで友達にも怒られないw)

変性シーラントで防水処理をして無事完了です。

今後とも増田DKを宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント