「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

鹿児島県徳之島  「 トラグスク 」

2017-08-31 12:22:18 | グスク ( 城 ) ・ 遺跡



グスクの敷地はほとんど墓が占めている








坂道の途中から見たトラグスクの全景








こんもりとした丘になったグスク跡







グスクの東側の斜面にわずかに石垣らしき物が見える




トラグスクは伊仙町上検福集落を走る町道の横にある
独立した丘に築かれたグスクである。
現在は、その丘のほとんどが墓地になっており、
墓地の東側の斜面にわずかに石垣らしき物が見られるが、
それがグスク時代の遺構かどうかは定かではない。
グスクの内部は墓地になっているため撮影はしなかったが、
おそらくカムィヤキなどの土器片が出土するのではないかと思われる。
グスクについて按司などの口碑伝承もなく、詳細は不明である。


トラグスクへのアクセス
トラグスクへは、県道80号線を亀津から伊仙町役場に向かって行くと
目手久を過ぎると検福のバス停がある。
そのバス停から右の山手に向かって1キロほど行くと
坂を登って下った所に、写真のような墓がある場所がグスクになる。
駐車は、グスクの下の広場に駐車出来る。


第5位 みずがめ座 今日のラッキーポイント 「 カレンダー 」

2017-08-31 06:00:37 | 今日の占い








今日で8月も終わりだが、
相変わらず茹だるような暑い日が続いている。
もちろん、昨日の昼間も暑かった。
着ているシャツはおろかパンツさえも汗でビショ濡れになり、
それはまるで熔鉱炉の前で仕事をしているようであった。
仕事の合間に小さな木陰を探し探し歩いたが、
「 暑さ寒さも彼岸まで 」 のことわざを信じて
9月20日の彼岸を待とうと思う。
そんな今日の順位は5位で、
ラッキーポイントは、
「 カレンダー 」 である。

不得意分野の克服へ前進
意外なコツを新たに発見しそう?


   今日のコトバ

 明日のことは明日案じよ

 ( あすのことはあすあんじよ )

明日のことは明日案じよとは、明日の事は明日のことで、
何が起こるかわからないから
今日から心配しても仕方ないということ。



スローな時間が流れる  「 鹿児島県喜界島 」

2017-08-30 20:00:32 | お題
お題「一人旅に行くなら?」に参加中!



喜界島の小野津





























鹿児島県喜界島は、JALやANAの沖縄キャンペーンビーチに勝るとも劣らぬビーチで、
青い海と美しい砂浜が待っている。
それでいて周囲は静かで穏やかで、スローな時間が流れる。


  ” この空間を独り占め ” 




北九州市門司区  「 門司第二船だまり防波堤南灯台 」

2017-08-30 11:11:41 | 福岡の灯台






























































灯台表番号 / 5426
ふりがな / もじだいにふなだまりぼうはていみなみとうだい
標識名称 / 門司第二船だまり防波堤南灯台
所在地 / 福岡県北九州市門司区 ( 第二船だまり防波堤南端 )
北緯 / 33-57-17.5
東経 / 130-57-44.3
塗色 / 白色
灯質 / 単閃緑光 毎3秒に1閃光
光度 / 実効光度19カンデラ 
光達距離 / 閃光3.0海里
地上~頂部の高さ / 8.7m
平均水面上~灯火の高さ / 9.5m 
地上~灯火の高さ / 8.0m
業務開始年月日 / 昭和39年1月30日
現用灯器 / LED灯器 ( Ⅱ型緑 )



門司第二船だまり防波堤南灯台は関門橋の下にあり、
北側の門司埼灯台とは関門橋を挟んで真反対側になる。
船だまりの防波堤は途中で切れているため上堤は出来ないが、
手前の船だまり近くから見ることが出来る。
ここはレトロ地区の北のはずれにあたり、
ここまで来ると観光客も少なく、
近くには色んな倉庫が立ち並んで港の風景を醸し出している。



門司第二船だまり防波堤南灯台へのアクセス
門司第二船だまり防波堤南灯台へは、
門司港駅からレトロ地区を抜け関門橋下の
めかり公園方面に向かいその手前の門司労災病院から左に入った突き当たりになる。
尚、灯台は向かいの防波堤にあるため上堤は出来ない。
駐車は、倉庫の運搬に邪魔にならない場所ならば駐車可能である。


第4位 みずがめ座 今日のラッキーポイント 「 自然食品の店 」

2017-08-30 06:00:41 | 今日の占い



ファームステーション ・ バサロ ( 福岡県朝倉市杷木 ) 






昨夜から今朝にかけて
降りそうで降りきれない雨の所為でか?
蒸し暑くて不快指数がウナギ登りである。
「 秋がそこまで来ている 」 と感じていたのに・・・
また不快な夏に逆戻りである。
そんな今日の順位は4位で、
ラッキーポイントは、
「 自然食品の店 」 である。

良い報せが舞い込む一日
肩の力を抜いてリラックスしよう!


    今日のコトバ

 言わぬは言うに勝る

 ( いわぬはいうにまさる )

思いを言葉にして言うよりも、沈黙を守っているほうが、
より深い思いや意思を相手に伝えるのに効果的な場合が多いということ。


福岡県築上町石堂  「 宇留津城主 ( 加来与次郎 ) の墓 」

2017-08-29 11:28:24 | 歴史 ・ 墓 ・ 城 ( 本土 )



墓石の表面には何も彫られていないが宇留津城の方向を向いている









山の尾根にある宇留津城主の墓







墓の入り口にある看板








墓へと続く獣道








立木と同化して解かりづらい墓石








墓の近くにある墓石らしき石積み







石堂古墳群といわれる地での 「 らしき石 」












この墓の探訪は2度目である。
最初は墓の直ぐ側まで行っていながら、
立木と同化した墓石に気づかず、
全く関係ない場所を探した。
そして2度目は、その雰囲気を持った場所をもう一度探したら
墓はちゃんとそこにあった。

昨日の宇留津城主・加来与次郎の墓は、
宇留津城から遙か離れた石堂の山の尾根にあり、
それは生き延びた家臣が城主の亡骸を敵の眼を逃れてこの地まで運び、
自分の城が見渡せる場所を選んで埋葬した。
そのため墓石の正面は宇留津城の方向を向いている。

尾根の平場の立木に寄り添うように
高さが1.2mほどの墓石が立っているが、
それには名前が刻まれていない。
また、墓の周りにはバレーボールくらいの大きさの石が
弧を描くように埋まっている。
墓がある尾根付近には大きな石が点在しており、
石堂古墳群の目印かもしれない。


第6位 みずがめ座 今日のラッキーポイント 「 ぬいぐるみ 」

2017-08-29 06:00:21 | 今日の占い








最近、朝晩に秋の気配を感じる。
今朝も涼しさを感じながら散歩に出たが、
帰って家の中に入ると
ム~ンとした温かい空気が淀んでいた。
それでサッシを開けて網戸にすると、
淀んだ生暖かい空気は新しい風に流され、
瞬く間に爽やかな空気に変わった。
そんな今日の順位は6位で、
ラッキーポイントは、
「 ぬいぐるみ 」 である。

悩みが解消してスッキリ!
先輩のアドバイスがカギになるかも?


    今日のコトバ

 一時違えば三里の遅れ

 ( ひとときちがえばさんりのおくれ )

一時違えば三里の遅れとは、少しの間でも油断してぐずぐずしていると、
たちまち大きな差が開くということ。
「 一時 」 は約二時間、 「 三里 」 は約十二キロメートル。
一時遅れると、旅程に三里の遅れが出るという意から。
「 一時三里 」 ともいう。



小さい頃好きだったTV番組は 「 ウルトラマン & ウルトラQ 」

2017-08-28 18:41:40 | お題
お題「小さい頃好きだったTV番組は?」に参加中!








今回のお題は、 「 小さい頃好きだったテレビ番組は? 」 であるが、
「 巨人の星 」 や 「 あしたのジョー 」 などもあるけど、
小さい頃は、何と言っても円谷英二の傑作 「 ウルトラマンとウルトラQ 」 であろう。
とぐろを巻いた渦巻きから出て来るQの文字のように、
毎回出現する子共の想像を超えた怪獣にワクワクしたものである。




福岡県築上町宇留津  「 宇留津城址 」

2017-08-28 10:01:14 | 歴史 ・ 墓 ・ 城 ( 本土 )



須佐神社の前にある 「 宇留津城之碑 」











塩田沼の位置図が書かれた看板








宇留津城の主郭部分だったと考えられる公民館付近














宇留津城の説明板








城に隣接する 「 須佐神社 」






福岡県築上町 ( 旧・ 椎田町 ) の北東、
航空自衛隊築城基地の東約1キロの所にある宇留津集落全体が城跡と言われている。
宇留津城は別名 ( 塩田城 ・ えんたじょう ) とも言われ、
宅所兼本城の要害であった。

宇留津の海岸の須佐神社の南を塩田沼といい、
これは城堀の跡である。
宇留津公民館に 「 宇留津城之碑 」 があり、
ここが城の中心であったと思われる。
付近に城井戸や姫井戸と称する古井戸が残っていたが、
現在は埋め立てられてしまった。
また、宇留津集落の西と東に土塁があったが、
これも取り除かれている。
南と北の両端に 「 カマエグチ 」 という地名があり、
これは 「 構え口 」 の転化で、
ここに城の表門、裏門があったものと思われる。

この城は、元暦年間 ( 1184 ~ 85年 ) に
源義経が緒方三郎惟栄 ( これよし ) に命じて築かせたものである。
この時、加来次郎を置き、のち加来氏代々の居城となった。

応永5年 ( 1398年 ) に大友氏鑑が豊前に侵入したが、
このとき大友に加担した者のなかに加来三郎の名がある。

弘治2年 ( 1556年 ) の春、豊後の大友宗麟が豊前に侵入したが、
その時、この宇留津城について 『 宇佐軍記 』 に、
「 築城郡に討ち入り塩田の城に押し寄れば、加来孫兵衛惟康冑を脱いで平伏す 」 とある。
のちに加来氏は宇都宮氏に属した。

天正14年 ( 1586 ) 、豊臣秀吉は九州統一のため薩摩の島津氏攻めを開始。
先遣隊の軍艦黒田官兵衛孝高 ( よしたか ) は、
毛利、吉川、小早川の中国勢とともに小倉城の高橋氏を攻略、
さらに軍勢28000人で、
2000人が立て籠もる加来与次郎 ( かくよじろう ) の宇留津城を攻めた。

黒田勢は母里太兵衛が先陣を務めたが、大きな濠に阻まれた。
しかし、一匹の白い犬が濠の浅瀬を渡っているのを見て、
そこから一気に攻めて落城。
そして妻子とも400人余りを浜で磔にしたと伝えられる。
 
須佐神社から宝積寺 ( ほうしゃくじ ) 一帯が城跡で、
周辺の堀跡の塩田 ( えんた ) 沼も埋め立てられてしまった。

城内で討たれた加来与次郎の亡骸は、
生き残った家臣が敵の目を逃れ、
宇留津城の見渡せる石堂の山の上に葬った。


第11位 みずがめ座 今日のラッキーポイント 「 屈伸運動 」

2017-08-28 06:00:45 | 今日の占い

昨日は高温注意報が発令された。
高温で不快にならないように、
気温の上がる前の午前中に仕事を済ませ、
午後からクーラーの効いた部屋でビールを飲みながら
競馬やソフトバンクのデイゲームを観戦した。
そんな休みはあっと言う間に過ぎ去って、
また今日から仕事が始まる。
そんな今日の順位は11位で、
ラッキーポイントは、
「 屈伸運動 」 である。

気持ちが伝わらずブルーに・・・
時には話し合いが大切!


   今日のコトバ

 生まれながらの長老なし

 ( うまれながらのちょうろうなし )

生まれながらにすぐれた人間などいるはずもなく、
みんな長い間の修養や経験を積んで立派な人間になるということ。



元ダイエーの同僚 「 ソフトバンク和田が復活しロッテの井口が去る 」

2017-08-27 19:41:01 | スポーツ



左肘の手術で4月以来の登板となった和田








かつてのホームのヤフオクドームで最後のゲームとなった井口







復帰した和田が投げ最後の福岡でのゲームとなった井口







井口から奪った三振が通算1500個目の快挙に・・・








井口との対戦を終え井口のもとへ









対戦した井口と他人には見えないタッチがあった









試合後お互いの健闘を称え合う






左肘の手術で4月以来の復帰登板となった和田と、
かつてダイエーホークスの同僚で今日が福岡での最後の公式戦となった井口。
その二人だけの思いの詰まった攻防があった。

第一打席は井口がセンター前にヒットを放ち、
その後は和田がストレートで井口からメモリアルになる1500個目の三振を取った。

和田の試合後のインタビューも井口を意識したものだった。
ダイエーからソフトバンクのファンにとって、
ジ~ンと来るものだった。

和田選手、復帰勝利おめでとう!
そして、井口選手お疲れ様でした。
いつの日かホークスのユニホームを着ることを望んでいる。



第4回 新潟2才ステークス覇者 「 ダイナシュート 」

2017-08-27 08:19:07 | 競馬・ボート








父 ノーザンテースト
母 シャダイマイン

生年月日  / 1982年5月13日
調教師  / 矢野 進  ( 美浦 )
馬主  / 社台レースホース
生産者  / 社台ファーム
産地  / 早来町
通算成績  / 26戦4勝  [ 4-3-4-12 ]
主な勝鞍  / 新潟3才ステークス ・ 京成杯3才ステークス ・ 七夕賞
近親馬  / マイフェイバリット、サマーワイン


ダイナシュートの時代の馬は、イブキバレリーナやミスターボーイ。
リードトリプルやラッキーエコーなど、
お気に入りの馬が多かった。
特にイブキバレリーナに逢いたくて、
わざわざ熊本から小倉競馬場へ足を運んだものであった。


福岡県嘉麻市上山田  「 山田饅頭 」 

2017-08-27 00:25:15 | パン ・ ケーキ ・ お菓子











筑豊のボタ山をかたどった饅頭のカタチ












福岡県嘉麻市上山田の 「 山田饅頭 」 を貰った。
合併以前に山田市だったころに地方議員の 「 合併協議会 」 に出席したことがある。
民意を無視した合併を推進しようとする自治体や
合併特例法でハコモノを乱発しようとする自治体などの意見が次々に出て、
加熱した議論が行われた。

そんな山田市にこんな美味しい饅頭があったとは知らなかった。
熊本市で食べていた 「 かすまん 」 や 「 呉越 」 のような好みの和菓子である。



「 マンゴーのレアチーズ 」

2017-08-26 14:57:43 | お題
お題「好きなプリンは?」に参加中!








お題の 「 好きなプリンは? 」 であるが・・・
焼きプリンか、このマンゴーのレアチーズか迷ったが、
結局、後者にした。

ちょっぴりマンゴーの酸味がきいてレアチーズと相まって
口の中で絶妙なハーモニーを奏でる。


沖縄県大宜味村  「 喜如嘉グスク 」

2017-08-26 11:21:18 | グスク ( 城 ) ・ 遺跡



喜如嘉グスクがある山の全望








グスク下の喜如嘉集落にある殿 ( どぅん )





喜如嘉グスクは、喜如嘉集落の後方の山に築かれたグスクであるが、
入山未見のため、その形体は定かではない。
ただ地元の長老からその場所を教えて頂いたが、
とても入山できるような場所ではなかった。
グスク下の喜如嘉集落の中に殿 ( どぅん ) があり、
グスクと関連性が高いと思われる。


喜如嘉グスクへのアクセス
喜如嘉グスクへは、国道58号線を名護市から大宜味村へ入り、
大宜味村役場を過ぎてから
辺土名高校の先を右に入った 「 芭蕉布会館 」 の先になる。
駐車は、路上駐車になる。