「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

いきなり団子と辛子レンコン

2018-10-14 13:57:59 | パン ・ ケーキ ・ お菓子














































いきなり団子と辛子レンコン
どちらも熊本を代表する食べ物である。



北九州市小倉南区  「 FAVORI PLUS 」

2018-09-16 06:33:41 | パン ・ ケーキ ・ お菓子














ちょっとしたお礼に頂いたファボリのバームクーヘン。
スーパーなどで個層になった小さなバームクーヘンを買うことはあるが、
喉が詰まりそうなので、わざわざ買うことはない。
でも、こうして頂てい食べると結構オイシイ。




辛子めんたい風味  「 めんべい 」

2018-07-13 18:52:45 | パン ・ ケーキ ・ お菓子






















以前、タコやイカのせんべいを食べたことがあるが、
それに似た感覚の 「 めんべい 」 は、
福岡の名産 「 辛子めんたい 」 をベースにした煎餅である。
普段は自分で買って食べることはしないが、
いろんな手伝いやお世話をしたお返しに頂くことがある。

お菓子としてではなく、ビールの ” あて ” として口に運ぶ。


カルディ 「 れもんいか天 」

2018-07-01 04:58:19 | パン ・ ケーキ ・ お菓子















暑い日は柑橘系が欲しくなる。
で、 「 これを買ってビールのあてに 」 と思って食べたのだが・・・
昨日は雨でじっどしていたこともあって、
期待していたほどでもなかった。



佐世保銘菓  「 九十九島せんぺい 」

2018-06-05 21:31:24 | パン ・ ケーキ ・ お菓子

































出走選手が入場する佐世保競輪場の敢闘門から見たホームスタンド






よく佐世保競輪に参加していた関係から、
長崎のお菓子よりも佐世保のお菓子を食べる機会が多かった。
そのなかでも最もポピュラーなのが ” 九十九島せんぺい ” である。

戦後間もない昭和23年、長崎佐世保市で生まれた小さなお菓子屋さんで、
原料が少なく、甘いものの少ない時代に、
配給されていた粗糖をお客が持って来て
飴玉やせんべいなどのお菓子に加工して渡ししていたのが始まりだった。

いつしかそれらのお菓子が多くの方々に喜ばれ、
親しまれたおかげで 「 九十九島せんぺい本舗 」 が誕生した。

九十九島せんぺいの形は縁起物である海亀のこうらにヒントを得た六角形。
たくさん散りばめたピーナッツは美しい九十九島の大小の島影を表現している。

ちなみにパッケージの絵は 「 じゃがたらお春 」 がモチーフになっている。


如水庵  「 筑紫もち 」

2018-06-02 20:58:11 | パン ・ ケーキ ・ お菓子
































夕方、競馬を観ていると ” ピンポ~ン  ” とチャイムが鳴った。
出て行くと、先日パンク修理をしてあげた人からのお礼だった。

急いでいるようだったので、手際よくスペアタイヤと交換してあげ、
 「 お礼はヨカけん、早よ行かんと遅れるバイ! 」 と、言うと、
 「 それではまた~ 」 と、元気に行った。
お互い名前も何も聞かなかったので、
まさかお礼を持ってくるとは思わなかった。

 「 筑紫もち 」 は、如水庵の社長・森恍次郎が小さいころに食べた、
祖母のきな粉もちからヒントを得て、1977年に作られた。
筑紫もちは 「 きな粉餅 」 と 「 黒蜜 」 が入っているお菓子で、
読み方は 正式にいうと 「 つくしもち 」 ですが、
 「 つくしもち 」 でも
 「 ちくしもち 」 でも、どちらでも大丈夫。
福岡には 「 筑紫野 ( ちくしの ) 」 という場所があり、
 「 ちくしもち 」 と読んでも通じるようになったようです。


ちなみに食べた事がない方は、
山梨銘菓の 「 信玄餅 」 のようなものだと
思っていただければわかると思います。


くまもん  「 SWEET MARRON 」

2018-05-05 23:12:02 | パン ・ ケーキ ・ お菓子






















ホントに小出しになったが、
これも義兄さんのおみやげの袋に入っていた
 「 くまもん 」 だらけのパッケージデザインのスイートマロンは、
阿蘇のジャージー牛乳と地元熊本産の栗を使ったお菓子で、
ひとときのコーヒーに合う。

その小さなお菓子に込められた
そのちょっとした甘さが、
その微かな香りが
小さな幸せを運んでくれる



熊本みやげ ・ あんたがたどこさ 肥後もっこす本舗 「 すずめのたまご 」

2018-05-02 18:41:21 | パン ・ ケーキ ・ お菓子























先日、熊本に墓掃除に行った帰りに
義兄さんが 「 〇〇さん。こっば持って帰って下さい 」 と言って
手渡されたお土産の袋の中に入っていたひとつである。
他にも頂いた物があるが、小出しに紹介したいと思っている。

先ず最初は、 「 すずめのたまご 」 という豆菓子である。
すずめのたまごとは、駄菓子のひとつで、
九州など西日本で食されている。
体裁は中にピーナツが入っていて
周りを醤油ベースのピリ甘辛い味付けで
コーティングしたもので、明治期からあったともいわれる。

駄菓子屋の店先で大きな瓶に入れられて量り売りされ、
昭和初期には1銭で数十個、
昭和40年前後には2個1円で販売されていた。
30年ほど前より袋入りが流通している。


福岡生まれの洋菓子  「 ROYAL の スイートポテト 」

2018-04-20 11:28:54 | パン ・ ケーキ ・ お菓子

























誕生して60年以上のロイヤルのスイートポテトは、
福岡生まれの洋菓子である。

1950年ロイヤル創業者が、
当時福岡の中心地 「 本店の町・新天町 」 で事業を開始。
その翌年、日本航空国内線運行開始と同時に
福岡空港に食堂と売店をオープンし機内食の納入を開始。
スイートポテトはその同年、福岡空港から第1便が飛んだ時から
空港での販売を始めました。
以来、フライトアテンダントやパイロットの方々をはじめ、
多くのお客に愛されいる。


アンリ・シャルパンティエ  「 プティ ・ ガトー ・ アソルティ 」

2018-04-17 13:51:31 | パン ・ ケーキ ・ お菓子
































兵庫県は芦屋の菓子ブランド 「 アンリ・シャルパンティエ 」 。
その焼き菓子のプティ・ガトー・アソルティは、
発酵バターが奏でる美味しさの
 「 フィナンシェ 」 と 「 マドレーヌ 」 。
2種類のキャラメルパウダーを使用し、
しっとり仕上げた 「 キャラメル 」 。
ピスタチオのまろやかな味わい 「 ピスターシュ 」 。
ほんのり甘酸っぱい木いちごの風味 「 フランボワーズ 」 。 
香り高い抹茶を生地に使用した 「 抹茶 」 。
キャラメル風味のコクとまろやかな甘みの 「 ミルクチョコ 」 。
いちごペーストを練り込み甘みと酸味の味わいが特徴の 「 フレーズ 」 。
素材の違いを楽しめる 「 小さな巨人 」 である。


 「 HAKATA 塩チーズケーキ 」

2018-04-08 18:20:50 | パン ・ ケーキ ・ お菓子















九州の美味しさを詰め込んだ、
新しいチーズケーキは、
九州産のクリームチーズと、
糸島産の 「 塩 」 を使った
博多塩チーズケーキ。

表面のクランプルは、最高のアクセント。


「 usagami soーre に 桜餅を乗せて 」

2018-04-02 00:15:55 | パン ・ ケーキ ・ お菓子







沖縄の ” やちむん ” usagami so-re のお皿に乗った桜餅。
ウチナーグチでいう 「 うさがみそーれー 」 を大和言葉で言うと、
 ” どうぞお召し上がり下さい。 ” という意味である。

そんなおもてなしの心が綴られた器は、
那覇の壺屋小学校の 「 やちむん市場 」 で買った物。
写真では色が出ていないが、もっと桜色で、
この時季に似合う器で桜餅を頂いた。

なんとも春を感じる至福のひと時であった。




「 BOURBON ルマンド 」 アイス

2018-03-12 11:41:30 | パン ・ ケーキ ・ お菓子







ふらりと立ち寄ったコンビニのアイスコーナーを何気に覗いたら、
ルマンドがスンナリと仲良く並んでいた。
「 ここにあるやん! 」 って、3つ買った。

基本的にはモナカのアイスだが、
モナカ・チョコ・バニラ。
ルマンドがそれらに包まれて入っている。



パンオンパレード 「 九州 ・ 山口のパンが勢揃い 」

2018-03-10 13:13:13 | パン ・ ケーキ ・ お菓子



九州各県のパンが勢揃い









地元福岡の 「 博多明太子パン 」







個人的に大好きなレモンを使った山口県の 「 瀬戸内レモンウエハース 」








長崎 「 そのぎ茶ロール 」







熊本は河内みかんや植木スイカなどが有名だが七城メロンも・・・その 「 七城メロンパン 」








大分県はカボスと思いきや大分県産さつま芋を使った 「 甘太くん&マーガリン 」








宮崎といえば、チキン南蛮と日向夏。そんな日向夏を使った 「 日向夏クロワッサン 」








福岡の 「 あまおう苺 」 に並ぶ佐賀県の傑作さがほのかを使った 「 さがほのか苺のホットケーキ 」








鹿児島の全国的に知られた安納芋を使った 「 安納芋蒸しケーキ 」






毎年恒例になっている九州各県を代表したパンが販売されるが、
今年もそのパン祭りが行われている。

個人的には芋系には手を出さないが、柑橘系は大好きである。
パン以外でもチョコや焼き菓子なども好んで食べるほど好きである。
だから、宮崎の日向夏と山口のレモンのパンは大歓迎である。
沖縄は出ていないが、沖縄ならば黒糖よりもパイナップルだな。

そうそう、七城のメロンドームに行った時の写真を探したが・・・
どこのファイルに入っているのか探し出せないので、
今回はパンのみになってしまった。


「 ぴーなつ最中と栗むし羊羹 」

2018-02-06 14:26:04 | パン ・ ケーキ ・ お菓子





























毎年節分にあわせて、
東京からぴーなつ最中やぴーなつパイ。
さらには栗むし羊羹などが送られて来る。
これは千葉県成田市にある、なごみの米屋さんの物だが、
九州ではあまり食べることのない味は、この時季の楽しみである。