ちょっと気になる世間のこと、自分のこと

ココロに刺激、いい言葉♪
気になるアレコレ~自己満備忘録。

休むことも闘いの一部だ。

2019年07月09日 | 気になる世間

休むことも闘いの一部だ。

(池袋ウエストゲートパーク、石田衣良)






お得な情報を
知ろうとしているのか、

知ってしまったから
お得だと思っているのか。

現代の私たちは、とにかく、
情報に振り回されている気がします。(´-ω-`)

スマホ関連のお得情報は、
とにかく、本当にお得なのか、
よく分からないことが多い。

同著には、
こんな言葉もありました。

「 耳より情報のオンパレード。
 おれたちはそろそろ
 自分が得をしない話に
 耳をかたむけたほうが
 いいのかもしれない。」

情報によって、
ただただ忙しくさせられている。
そんな感じです。

次々と入ってくる情報が、
ちょっと休むことさえ
「もったいない」みたいな感情を
植えつけていく。

消化不良の情報は、時に、
何も知らない情報よりも
生活を混乱させるかもしれません。

勝たなければいけない戦いこそ、
休む勇気が必要な時もある。
そう信じたい。( ´ ▽ ` )ノ
ちょっと気になるデジタルアイテム

Comment

『泣いてたまるか』主題歌 渥美清

2019年07月07日 | 気になる曲
さじを投げるはまだまだ早い♪

こんな気持ちで自分生きてるだろうか?頑張らなくっちゃ!^^
『泣いてたまるか』主題歌 渥美清
Comment

将来の不安はあるけれど・・・

2019年07月06日 | 気になる言葉

将来の不安はあるけれど
遠い将来のために
今、何をしたらいいのか
よく、わからないけれど
未来のためだけに
今を決めすぎることもない。
だってまだ 今、なんだし。

(結婚しなくていいですか。、益田ミリ)






「今」の時間の使い方って、
すごく難しいなと思うことが
あります。

忙しすぎて、
時間がとても欲しい、
と思っている時に、

ふとした時間が
手に入ったとして、

その時にやること、
っていうのは、だいたい、
たいしたことのないこと。

やりたいと思っていたことよりも、
思わず、しょうもないテレビ番組にハマって、
あ、もう、こんな時間か、
ということが少なくありません。(´-ω-`)

よくよく考えてみれば、
そのどちらにも共通しているのは、
主体的に自分の時間を
使っていないこと。

アクシデントに振り回されるか、
メディアの誘いにハマるか、
そのいずれか。(*´∀`*)

自分はこうしたい、という
心底からの願望がある時だけ、
時間は初めて自分のものになるのではないでしょうか。


Comment

とことこ歩くその一歩一歩が生きることです。

2019年07月03日 | 名言、格言

とことこ歩く
その一歩一歩が生きることです。
急ぐことはない。
その一歩分しか進めない。
そしてたまに休めばいい。
ゆっくり歩けばきっと遠くまで行ける。

(星を運ぶ舟、前田昌良)






車を運転していて、
前の車を追い越しても、
次の信号でいっしょになると、
なんだかバカなことをしたな、
と思えてきます。

逆に、追い越されて、
次の信号でいっしょになると、
そんなに急がなくても、
ほら同じでしょ、と思います。(^.^)

同著には、こんな言葉もあります。

「歩くことは
 一歩一歩が
 ちいさな旅です。」

とにかく、
進んでいればいい。

進もうという気持ちが
あればいい。

いつか休めることを
楽しみにするよりも、
ゆっくりでも進むことを
楽しめるほうが、
その一歩一歩が楽しいことに
気づかされます。

休めることを楽しみにしているうちは、
大切な一歩の楽しさが
見えなくなってしまうのではないでしょうか。(^.^)

Comment (1)

金も名声もないが、やつには時間と自由がたっぷり。

2019年06月30日 | 気になる世間

金も名声もないが、
やつには時間と自由がたっぷり。
将来の保証なんて当然ないけどね。
豊かさは
銀行預金の額だけでは
決まらないってこと。

(IWGP12 西一番街ブラックバイト、石田衣良)





ないものを探せば、
満たされない気持ちになります。

あるものを探せば、
けっこうかるあじゃないか
と思えてきます。

時には、集めるものよりも、
捨てるものを探したほうがいい
のでしょうか。(^.^)

Comment

読書


読書のしずく
本を読むことで、自分の中に 偉大な他者を持てるようになると、 視野が大きく広がります。 (大人のための読書の全技術、齋藤孝)
自分の中身っていうのが、 本を読んだり、 他人の経験を聞いたりすると、 なんとなく濃くなったような 気がします。
しかし、それは、 だいたいは錯覚のようです。(*´∀`*)
なぜかといえば、その後に、 何かしらハプニングが起これば、 あたふたしたり、冷静になれないまま 誤った判断をする自分に戻ることが 多いですから。(´-ω-`)
ただ読んだり、ただ聞くだけでは、 まだ足りないということでしょう。
だからといって、 それらが無駄とは言えません。
まだ自分の実になっていないだけで、 ちょっとずつ、自分のなかに、 何かしら蓄えられてはいるのではないでしょうか。
だから、あきらめず、 自分を育てるしかないです。
まだまだ足りないな、と思いながら、 読み、聞き、学ぶしかない。
今日も、がんばろう。( ´ ▽ ` )ノ

買い物

高いのか安いのか、 それとも妥当なのか。 買い物の値段はたいそうむずかしい。 それどころか人生の永遠の課題でもある。 (野蛮な読書 平松 洋子)
何を、いくらで買うか、 っていうのは、生き様に通じると思います。 買わないという判断もするし、 そういうことも含めて、 買ったものに付き合う時間が 増えたり、減ったりするのも、 決めているわけですから。
ちょっと気になるあの品、この品
ちょっと気になるデジタルアイテム
ナニコレ?珍商品!
お店で買うにはチト恥ずかしい