パソコン楽習館スタッフブログ

初心者・ミセス・シニアのためのパソコン・iPad・スマートフォン教室
埼玉県本庄市 パソコン楽習館

江戸の風景がそのままの大内宿

2019年01月05日 | じゅく長漫遊記

じゅく長の東です。

年明けの休みは家族と裏磐梯へスキーに行ってきました。
スキーは6年ぶりでしたが、何とか怪我もせず全員滑って降りてこれました。

スキーからの帰り道、江戸時代の宿場の風景がそのままに残る大内宿によりました。
大内宿は福島県南会津郡にあります。一面が雪で奇麗でしたがとても寒かったです。

名物のねぎ蕎麦。ねぎを箸して、ねぎをかじりながら蕎麦を食べます。
自分としては刻んだねぎが入ってる方が食べやすくていいですね。お蕎麦はとても美味しかったです。

 

 

 

 

コメント

鉄瓶を買いました

2018年12月14日 | じゅく長漫遊記

じゅく長の東です。

わが家と会社の事務所のストーブは3.11の震災以来、
やかんを載せるタイプのストーブを使っています。

電気いらずでお湯が沸き、湯気が加湿器代わりにもなり、
そして本来のストーブとしての暖が取れるので
一石四鳥だと思って使っています。

ストーブを見てたら、ふと鉄瓶が欲しくなりました。
冬の間は、わが家のストーブの上に鉄瓶を乗っけておけば、
勝手にお湯が沸きます。
そう思ったら鉄瓶で沸かしたお湯でお茶やコーヒー、
お湯割り焼酎を飲みたくなりました。

ネットでは国産ではない鉄瓶なのに、南部鉄器と言う名前で販売されているものもあります。
そこで国内の南部鉄瓶の会社を検索してネットで注文しました。

国産品の中には職人が作る高価なものありますが、量産品でリーズナブルな商品もあります。
ちょうど手ごろな大きさとお値段の物が見つかったのでこちらのサイトで注文しました。

鉄瓶で沸かすとお湯がまろやかになり、美味しくなります。鉄分も取れるので体にもいいそうです。
お湯を使い切った後、蓋を開けて置いておけば余熱で中が乾燥しますので、取り扱いは思ったより簡単です。

流行りすたりのあるものより、一生使えるお値打ち品を使いたいと最近特に思います。
この鉄瓶は今年自分が買った品の中で、一番いい買い物だったと思いました。

コメント

宝徳寺の床もみじ

2018年11月11日 | じゅく長漫遊記

じゅく長の東です。

群馬県桐生(きりゅう)市にある宝徳寺の床もみじを見てきました。
床に映えるもみじがとてもきれいだと、生徒さんから教えてもらったのでぜひ見たくなりました。
宝徳寺の紅葉まつり

桐生まで私の自宅から1時間半程度です。
日曜の朝9時半ごろお寺についたのですが、すでに長い行列ができていました。
1時間以上並んでお寺の中に入れました。床に映える紅葉が見事です。
ゴールデンウィークの期間は新緑が床に映えるぼたん祭りをしています。

ふすまの絵も最近絵師に描き直してもらったそうです。

枯山水のお庭も素晴らしい。

枯山水を抜けると風景の色が変わります。

境内には紅葉とかわいいお地蔵様が。

一日中穏やかでとてもいいお天気でした。
宝徳寺の床もみじは11月23日まで公開しています。

 

コメント

この靴下、とってもお買い得だと思います。

2018年11月06日 | じゅく長漫遊記

じゅく長の東です。

こちらの靴下、一見普通の靴下ですが、ちょっと変わった靴下です。
たまたまお店で見つけて衝動買いしてしまいました。
お値段はいくらだと思いますか?

9月に買った時は2,800円+税。それが今は値段が下がって一足2,000円+税。
最近ではアマゾンでも販売されています。

それでも一足2,160円は靴下としては高価ですよね。
でもこれを見たらどうでしょう?


なんとこの靴下、永久交換保証の靴下なんです。
かかと、つま先、足底に穴が開いたら交換してくれます。

という事は一生使える靴下!(もちろん作っている会社が存続し続けていれば)

日本のすぐれた職人技で作る衣料品のみを取り扱うファクトリエのお店で偶然見つけました。

ファクトリエの靴下の販売サイト
https://factelier.com/products/detail.php?product_id=12536

以下HPより

靴下一筋で25年のソックスファクトリー「GLEN CLYDE社」が2018年春より開始する「永久交換保証」という日本初の取り組み。

通常の綿のソックスの6倍~10倍の強度という驚くべき耐久性を誇ります。

このソックスを愛用してもらうお客様と生涯を共にする決意と覚悟から「永久交換保証」という日本初の制度を始めることにしました。

アマゾンでも購入できます。
http://ur0.link/NiLU

何年か前にテレビでファクトリエの山田社長の取り組みを知り、ファクトリエの商品を一度買ってみたくなりました。
その山田社長、今月の11月8日に本を出版します。
http://ur0.link/NiMx

 

 

コメント

6月に作った陶芸作品が送られてきました

2018年09月04日 | じゅく長漫遊記

じゅく長の東です。

道の駅日本一にも選ばれたことがある人気の川場田園プラザ
6月に家族でに行ったのですが、そのとき園内で見かけたのが
電動ろくろ体験の陶芸教室。

楽しそうなので家族全員でチャレンジしてみました。

こちらはお客さんが作った実際の作品。

どれも売り物のレベルです。

プロの先生がマンツーマンでついて仕上げてくださるので、誰が作っても
売り物のようなレベルで完成するそうです。

※「必ずきれいに完成させます。」とここの陶芸教室の貝瀬先生の談。

6月に作った作品が送られてきました。

私が作ったコーヒーカップ。何か描こうという事でイニシャル入りに。

自分のが出来た瞬間。実際は”やっと”出来た瞬間です。
家族の中で一番失敗して何度も作り直しさせてもらいました。
均一の厚さにする指先の感覚が難しかったです。
体験教室は通常一人15分程度で仕上がりますが、この日は後ろに
お客さんがいなかったのでもっと時間かけてくださいました。

祐見子先生作のお茶碗。底の絵は次女の作。

長女作、コーヒーカップ。オプションで2色と指置きを追加しています。

次女作 ぐい飲み。 さすが親に似て飲んべえだね。

作品を前に記念撮影。

焼きあがった作品一覧がこちら


一つ2000円から(ぐい飲みは2個で2000円)で体験できます。
お絵かき追加(300円)、カップの取っ手(300円)、指置き(200円)、
2色仕上げ(300円)など希望するオプションを追加してもほとんど3000円以下で作れます。
最後は取っ手を付けたり、うわぐすり縫ったりと先生が仕上げて焼いてくれた完成品が送られてきます。
コスパ高くて仕上がりも売り物レベルと、とってもお得な陶芸体験教室です。

これは生徒さんやスタッフもやりたい人いるだろうなと思い、先週日曜日(9月2日)に
川場田園プラザに教室のバスピクニックツアーで行って来て希望者10人が陶芸体験してきました。
こちらの仕上がりは年末になる模様です。

 

コメント