温泉逍遥

思いつきで巡った各地の温泉(主に日帰り温泉)を写真と共に紹介します。取り上げるのは原則的に源泉掛け流しの温泉です。

栗駒・駒の湯温泉 2018年の営業日は残りあと僅か!

2018年11月17日 | 宮城県
 
拙ブログで応援しております宮城県栗駒の「駒の湯温泉」。
みちのくの山中に位置していますから、冬になると辺りは深い雪に覆われます。そして雪のシーズンが近づくとその年の営業を終え、来春の再オープンまでしばしのお休みとなります。
今年の夏は毎日狂ったような猛暑が日本全土を襲いましたが、11月に入るとそんな猛暑を忘れてしまうような肌寒さに包まれるようになり、街中では外套を羽織る人の姿も見られるようになりました。

駒の湯温泉は水道管が凍結するタイミングで、今年の営業を終了します。天気予報から推測しますと、2018年の営業はどうやら来週中頃の11月20日か21日頃までのようです。気象状況によって最終営業日が変わりますので、詳しくは駒の湯温泉公式サイト内のブログFacebookなどでご確認ください。

少なくとも17日(土)18日(日)は営業していますから、お時間のある方は是非どうぞ!
10時~17時まで営業しますよ。

シーズンオフですから、ゆっくりお過ごしできるかと思います。


朝からおそばもお出しできますので、是非召し上がってくださいね。
湯守さんが丹精込めて手打ちした美味しいおそばです。


怒涛の如く注がれる大量掛け流し、極上ぬる湯にゆっくり浸かって、心身を癒しましょう!
今週末が年内に駒の湯で入浴できる実質的なラストチャンスです。
この機会を逸することなかれ!


営業期間:4月下旬~11月上中旬(冬期休業) 
※2018年は11月20日か21日頃までかと思われますが、前後する可能性もありますので、詳しくは公式サイト内ブログFacebookでご確認ください。

定休日:毎週水曜日および第2・4木曜日(ただし祝日の場合は営業、翌日休業)

営業時間:10:00~17:00(16:00頃に受付を終了しますが、状況により前後します)
入浴料金:大人500円(中学生以上)、小学生以下300円
(注1)備え付けの石鹸やシャンプー等はありません。
(注2)収容人員が限られた小さな湯小屋ですので、週末や連休など繁忙期には、入浴までお待ちいただくことがあります。





宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東
公式サイト
コメント

栗駒 駒の湯温泉 紅葉の季節を迎えます

2018年10月05日 | 宮城県
2015年の復活以来、拙ブログで応援しております宮城県・栗駒のいで湯「駒の湯温泉」。
この駒の湯を擁する栗駒山は、街や里よりも早く秋らしい装いを纏います。

栗駒山は既に紅葉のシーズンを迎えており、登山者の皆さんは既に秋ならではの色鮮やかな世界を堪能していらっしゃいます。紅葉が駒の湯まで下りてくるのはもうちょっと日数を要するかもしれませんが、車で行ける山の中腹「いわかがみ平」は、おそらく赤や黄色に染まっているものと思われます。

紅葉に関する最新情報は、駒の湯温泉公式サイト内にリンクが張られているFacebookアカウントや駒の湯のブログ「森の温泉~駒の湯温泉通信」などでご確認ください。

 

 
昨年の拙ブログでもご紹介しましたが、ご参考までに2015年および2016年に撮影された栗駒山の紅葉をご覧ください。駒の湯温泉の「そばカフェ」に置かれているアルバムの上からデジカメで撮ったので、写真の上で照明が反射しておりますが、何卒ご了承ください。

なお紅葉シーズンの栗駒山・宮城県側はマイカー規制が実施されます。紅葉の盛りになると、県道の終点であるいわかがみ平の駐車場が満車になってしまうため、手前の臨時駐車場にマイカーを停め、そこからいわかがみ平までシャトルバスを利用してもらおうという施策です。

 期間:平成30年9月28日(金)~10月14日(日)までの金・土・日曜・祝祭日。
 時間:7:00~15:00
 運行協力金:車一台あたり500円(観光バス・路線バス・タクシー・自動二輪車は対象外)
 シャトルバス区間:臨時駐車場~いわかがみ平駐車場(シャトルバスは随時出発)。

詳しくはこちら(栗原市観光ポータルサイト「ぎゅぎゅっとくりはら」内)をご覧ください。

秋の色彩に染まった大パノラマを眺めに、栗駒山へお出かけになりませんか。



さて前置きが長くなりましたが、本題に戻ります。2018年9月下旬に駒の湯温泉へ行ってまいりました。
どんな雨乞いの神様よりも強力な雨降らしのパワーを持つ雨男の私。この日も私の訪問に空が反応してしまい、栗駒山は低く立ち込める雨雲の中に隠れてしまいました。無念の溜息をつきながらハンドルを握り、お風呂で心身を癒してもらうべく先を急ぎます。


 
駒の湯復活応援団の一員である私はこの地に何度も足を踏み入れていますが、今年は諸般の事情によりなかなか訪問することができず、久しぶりに伺ったら、入口からお風呂までのレイアウトが変更されていました。以前は入口・受付・浴舎の相互間をフリーな状態で行き来できちゃいましたが、現在は入口~受付(そばカフェ)~浴舎といったように、お客さんの動線がわかりやすく固定化されました。


 
受付前から男女各浴舎を見た様子です。



そばカフェ前のデッキにはオープンエアのテーブルセットも置かれるようになりました。今年の猛暑は山の上の当地でも例外ではなかったらしく、暑さが酷い時には室内にいられなかったそうですから、今年置かれたばかりのオープンエアデッキは早くも役に立ったことでしょう。


 
拙ブログで繰り返し紹介しております駒の湯温泉の復活後のお風呂。
明るく清潔感溢れ、湯の香漂うこのお風呂。何度訪れても良いですね。特に訪問時は清掃直後だったらしく、湯の花も少なく非常に綺麗な状態でした。こまめな掃除を欠かさない湯守のご主人に心から感謝。


 
絶えることなく大量に湧き続ける栗駒山の恵み。
硫黄の香りが漂う綺麗で透明なお湯は、弱酸性で、且つ体温よりちょっと高い程度のぬる湯です。「お風呂は熱くなきゃダメ」と仰る御仁もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと待った! 駒の湯のように体温以上40℃未満のぬる湯に入る入浴を「不感入浴」と称し、その名の通り熱いとも冷たいとも感じない温度帯ですから、入浴中のエネルギー消費が最小限に抑えられ、心身をリラックスさせてくれる副交感神経が働きます。また体への負担が軽いため長湯することもでき、温泉がもたらす効能を高めることもできます。そして、こうした効果が健康へと導いてくれます。しかも駒の湯は加温加水循環消毒のない完全掛け流しであり、湯量も豊富ですから、新鮮で良好な状態のお湯に浸かれます。
つまり、駒の湯のぬる湯は心身のリラックスや健康に最適なのです!
このお風呂に入ったら(他のお客さんの迷惑にならない程度で)じっくり長湯し、自然の恵みを存分に享受してください。長湯すれば、不思議にも全身がポカポカ温まりますよ。

また、その温度故に湯上がりは大変さっぱり爽快ですから、(もう過ぎてしまいましたが)暑い夏にこそ入りたい温泉でもあります。


 
このお風呂は、お湯の良さもさることながら、窓から眺める森の景色も実に佳いのです。決して展望が開けているわけでも、印象的な景勝が見えるわけでもありません。ただ栗駒山の森が広がっているだけなのですが、その木々の美しさが何とも言えず、1枚窓による額縁効果がより一層緑の美しさを際立たせているのです。温泉の入浴効果だけでなく、この窓から目に入ってくる緑の美しさにも心が癒されることでしょう。


 
お風呂上がりには、ご主人手打ちのおそばをいただきました。幌加内産そば粉100%使用のたいへん美味しい蕎麦です。お風呂上がりにお蕎麦を召し上がる場合は、入浴とおそばがセットになった料金プランをご利用になるとお得です。通常ですと入浴料金500円におそば600円で合計1100円になりますが、セットでご注文の場合は1000円となります。この他、休憩付のプランなどもございますので、詳しくは駒の湯温泉公式サイトをご覧ください。

栗駒山の紅葉をお楽しみの際は、是非とも駒の湯温泉にお立ち寄りになり、掛け流しの温泉とおいしいお蕎麦を堪能してくださいね。


営業期間:4月下旬~11月上中旬(冬期休業) 
定休日:毎週水曜日および第2・4木曜日(ただし祝日の場合は営業、翌日休業)
営業時間:10:00~17:00(16:00頃に受付を終了しますが、状況により前後します)
入浴料金:大人500円(中学生以上)、小学生以下300円
(注1)備え付けの石鹸やシャンプー等はありません。
(注2)収容人員が限られた小さな湯小屋ですので、週末や連休など繁忙期には、入浴までお待ちいただくことがあります。

宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東 
公式サイト











コメント

中山平温泉 琢秀 2018年春再訪、そして宿泊 その3(露天風呂)

2018年07月29日 | 宮城県
前回記事では時間によって男女を入れ替える内湯の「石橋の湯」と「芍薬の湯」を取り上げましたが、今回記事では露天風呂にスポットライトを当てます。

●長生の湯

こちらのお宿には、前回記事で取り上げた「芍薬の湯」の1人用樽風呂を除けば、2つの露天風呂が設けられています。まずは以前にも利用したことがある混浴露天風呂「長生の湯」へ。


 
以前訪問してから1年半しか経っていないのですが、その間に「長生の湯」は写真がNGになったようですので、本記事ではまだそのレギュレーションが無かった当時の画像を掲載させていただきます。
玄関から近い位置にある「長生の湯」は、男女別の小さな内湯と混浴の大きな露天風呂によって構成されています。上画像は紅葉の季節のものですが、今回は桜が咲く前の時季でしたから、まだ中山平には雪が残っており、雪見風呂を楽しむことができました。
混浴の露天風呂はまるで日本庭園の池のように広くて大きく、非常に開放的です。そんな露天にホースから熱々の温泉が注がれているのですが、シーズンによって冷め方が異なるのか、適温だった前回と異なり今回はややぬるく、しかも浅めの造りだったので、いまいち入り応えに乏しいお湯という印象が残ってしまいました。湯加減の調整はとても難しく、また露天で適温にするとゆっくり長湯できないのでせっかくの眺めを愉しめないという弊害もありますから、少々ぬるい温度はむしろ露天にとって適温と言えるのかもしれません。そのあたりの繊細な感覚がわからない私は鈍感なのかも・・・。とはいえ、気持ち良く清々しいお風呂であることには違いありません。今回も開放的な湯あみを楽しませていただきました。


●鶴亀の湯

お宿のもう一つの露天風呂である「鶴亀の湯」は、前回訪問時に利用できなかったので、私にとっては初めての入浴です。どんなお風呂に出会えるのか、期待に胸を膨らませつつ白い暖簾を潜り、外履きに履き替えて屋外の通路を進みます。


 
地熱資源の豊富な中山平らしく、温泉櫓から湯気がシューシューあがる光景を見ながら、通路に従い階段を下りていきます。



階段を下りきった先で浴舎がお出迎え。「鶴亀の湯」という縁起の良い名前は、「鶴の湯」と「亀の湯」という2つのお風呂を合わせた総合名称であり、この浴舎の先で鶴と亀に分かれています。前回記事の「石橋の湯」及び「芍薬の湯」と同じく、こちらも真夜中の0時に男女が入れ替えます。


 
チェックインした日は亀の方に紺の暖簾が下げられていたので、ツヤツヤ光る金精様の亀を拝みながらお風呂へとお邪魔しました。2つ並ぶ入口のうち、右側が「亀の湯」です。


 
後述する鶴も同様ですが、こちらには内湯が無く、露天風呂のみです。脱衣室を抜けた先には浴場名の通りに、亀甲のような形状をした変則的な六角形の露天風呂がお湯を湛えていました。浴槽の内部は石材ですが、縁には木材が採用され、見た目に優しい印象を与えてくれます。お風呂からは周囲の景色が眺められ、あちこちで真っ白い湯煙がたなびいていました。ちなみに画像の手前に写っている白いものは残雪です。



露天しかないとはいえ、小さいながらもちゃんと洗い場が用意されていますから、ここで汗をしっかり流すことができますね。


 
細い樋の中に塩ビのパイプが仕込まれ、そこからアツアツのお湯が注がれていました。投入量はチョロチョロ程度なのですが、お湯の量を絞ることによって加水することなくちょうど良い湯加減へと調整されていました。決して大きなお風呂ではありませんが、まずまずの開放感と適温のお湯のおかげで、実に気持ちの良い湯浴みを堪能することができました。



上述のように夜中0時に暖簾替えですから、翌朝は「鶴の湯」に紺の暖簾が掛かっていました。


 
屋根のない開放的な「亀の湯」とは対照的に、こちらは奥に屋根がついており、しかも四方を塀で囲われているため、露天風呂でありながらあまり開放感はいまいち。外部からの視線をシャットアウトできるという点では、女湯向きのお風呂かもしれませんね。開放感に乏しい代わりなのかもしれませんが、お風呂の大きさは「亀の湯」より大きく、いわゆる岩風呂の浴槽は複数人数が同時に入っても十分足が伸ばせます。
こちらのお風呂では筧の湯口から温泉が注がれており、隣と同じく熱いお湯をチョロチョロ落とすことによる自然冷却で湯加減を調整していました。おかげでベストなお湯に浸かることができました。

さて、この鶴と亀という縁起の良い露天風呂に限っては、館内の他のお風呂に引かれている「新1号源泉・新2号源泉混合」ではなく「白須5号」という別の源泉が引かれています。無色透明のウナギ湯であることには違いありませんし、両方とも「含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉」という泉質名は共通していますが、こちらの方が若干肌への当たりが優しく、ヌルヌル感も幾分おとなしいように感じられました。かといってお湯の質が劣るわけではなく、ウナギ湯らしいツル&ヌルの独特な質感はしっかり得られますし、湯上り後のさっぱり感としっとり感の共存も楽しめます。鳴子エリアのお宿はこちらのように源泉を複数所有しているお宿が多いので、泊まりながら温泉巡りができてしまうという、実にお得なエリアでもありますね。

美味しい食事に舌鼓を打ち、バラエティに富んだお風呂でウナギ湯を堪能、そして綺麗で広いお部屋で大の字になってぐっすり熟睡。人間の本能的欲求を満たしつつゆったり寛げ、今回の旅で同行した親類たちも異口同音に満足の意を表していました。


(鶴亀の湯)
白須5号
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 100℃ pH9.2 溶存物質1291.0mg/kg 蒸発残留物1087mg/kg
Na+:296.7mg(94.22mval%),
Cl-:78.6mg(15.09mval%), HS-:4.0mg, S2O3--:1.0mg, SO4-:172.6mg(24.41mval%), HCO3-:287.0mg(31.95mval%), CO3--:99.1mg(22.43mval%),
H2SiO3:302.8mg,
(平成8年6月13日)
加水加温循環消毒なし

(「鶴亀の湯」以外の各浴室)
新1号源泉・新2号源泉混合泉
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉 67.9℃ pH9.3 蒸気泉(掘削自噴) 溶存物質1107.9mg/kg 成分総計1108.5mg/kg
Na+:256.9mg(95.31mval%),
Cl-:63.8mg(14.01mval%), HS-:15.7mg, S2O3--:4.4mg, SO4--:147.8mg(23.97mval%), HCO3-:198.8mg(25.37mval%), CO3--:106.8mg(27.70mval%),
H2SiO3:273.4mg, H2S-:0.6mg,
(平成20年10月10日)
加水加温循環消毒なし

JR陸羽東線・中山平温泉駅より徒歩20分弱(約1.5km)
宮城県大崎市鳴子温泉星沼20-9  地図
0229-87-2216 
ホームページ

日帰り入浴10:30~20:00(14:00~15:00は清掃のため休み。また土日祝は15時以降を休む場合あり)
800円
シャンプー類・ドライヤーあり

私の好み:★★★

コメント

中山平温泉 琢秀 2018年春再訪、そして宿泊 その2(石橋の湯・芍薬の湯)

2018年07月26日 | 宮城県
さて、お風呂へと参りましょう

以前拙ブログでこちらのお宿を取り上げた時には日帰り入浴でしたから、紹介できるお風呂は限られていました。でも今回は宿泊ですから、昼夜暖簾替えのお風呂でも両方に入ることができます。今回記事では本館2階の廊下を進んだ先にある2つの浴室「石橋の湯」と「芍薬の湯」をたずねます。


●石橋の湯
 
前回記事でもこの「石橋の湯」を取り上げました。仲良く並ぶ「石橋の湯」と「芍薬の湯」は、真夜中の0時に男女の暖簾が入れ替わり、前回訪問時はこの「石橋の湯」に男湯の札がさがっていましたが、今回もチェックインした日はこちらが男湯でした(0時を超えると女湯)。秘湯を守る会の提灯を診ながら中へお邪魔しましょう。



前回訪問から1年程度しか経っていませんから、お風呂の様子は前回記事と全く変わっていませんでした。
石材が多用されている浴室は、落ち着きと気品を兼ね備えた空間。今回は日没後にチェックインしたため、このお風呂を利用した時、既に窓の外は漆黒の闇でしたが、日中でしたら遠くまで広がる山の景色が眺められ、屋内でありながら非日常的な開放感を楽しむことができます。室内の洗い場にはシャワー付きカランが5基並んでいます(カランから出てくるお湯は真湯です)。

4~5人サイズの浴槽は大きな岩を鑿で刳り抜いたような形状。その厚い縁はやわらかな曲線を描いており、石材なのに柔らかな温かみが伝わってきます。明るい時間に湯船へ入ると、窓外の景色を一望することができますよ。優しさと落ち着き、そして重厚さを兼ね備えたような趣きのあるお風呂です。
前回訪問時は、熱いお湯を冷ますためなのか、投入量が絞られており、それゆえお湯の鮮度感が若干心細かったのですが、今回は投入量がやや増えており、鮮度も向上していました。その分、湯加減がちょっと熱めでしたが、しっかり掻き混ぜればちょうど良い具合に落ち着いてくれました。


●芍薬の湯

暖簾替えされた翌朝は、その隣の「芍薬の湯」へ。



浴室のコンセプトは「石橋の湯」とほぼ同じですが、室内レイアウトのほか浴槽の形状が若干異なり、「石橋の湯」の浴槽を歪な形にして一回り小さくしたような感じです。洗い場にはシャワー付きカランが5基(4基?)設けられ、カランからは真湯が出てきます。


 
入り心地の良い浴槽。湯口から注がれる温泉は非常に熱いので、投入量を絞ってチョロチョロと注がれています。その絞り具合が実に良い塩梅であるため、浴槽の湯加減も最適温。私は後述する露天よりもこの内湯ばかりに入っていました。適温且つニュルニュルのうなぎ湯は実に気持ち良いですよ。


 
「石橋」と「芍薬」で決定的に違うのは、露天の有無。「芍薬」には露天風呂が付帯しているんですね。露天といっても一人用の樽風呂なのですが、高台に設けられたテラスの先端に設置されており、湯船に浸かりながら中山平温泉や鳴子峡上流の景色を眼下に見下ろすことができるのです。しかもちょうど真下に陸羽東線の線路が横切っています。チェックイン時にお宿の方が「運が良ければ列車が走る姿を見ることができますよ」と言っていたのですが、今回の旅行で同行した私の親族はその言葉の通り、実際に入浴中に列車と遭遇したそうです。


 
内湯同様に湯口から注がれるお湯は大変熱くてチョロチョロと絞られているのですが、外気の影響を受けにくい内湯と異なり、この露天は思いっきり冷めやすい環境ですから、まだ残雪が目立っていた早春の朝は、正直なところかなりぬるく、あまり長湯できませんでした。せっかく素晴らしい景色なのにもったいなかったのですが、季節によっては適温の状態で素敵なパノラマをほしいままにできるものと思われます。特に秋の紅葉シーズンは最高だろうなぁ・・・。

次回記事では他のお風呂を取り上げます。

次回に続く・・・
コメント

中山平温泉 琢秀 2018年春再訪、そして宿泊 その1(客室・食事)

2018年07月21日 | 宮城県
いつも一人で温泉旅へ出かけている私でも、たまにはグループで旅に出ることもあります。
アメリカで生活している私の親戚が久しぶりに日本へ帰ってきた今年(2018年)春の某日、その親戚をはじめとした親族が揃い、私がツアコンとして先導し、一族の血のルーツを辿るべく東北へ親類旅行へ出かけました。その旅について細かく触れるつもりはありませんが、せっかくですからその旅でお世話になったお宿を紹介させていただきます。



東北旅行では3泊したのですが、2泊目にお世話になったのが鳴子温泉郷の中山平温泉「琢秀」です。以前私は日帰り入浴で利用したことがあり、拙ブログでも紹介したことがありますが、今回の旅行は年配の女性が多く、お肌がツルツルになるお湯に入って若返っていただきたかったので、今回の旅行でこちらのお宿を選定致しました。



宿泊に際しては、2タイプの部屋に分かれて予約しました。ひとつは10畳の広さを有する「上のお部屋」、私などは「中のお部屋」なのですが、「中のお部屋」といっても本館に内包されているお部屋ではなく、今回確保していただいたのは離れの個室。正面玄関の前に建つ2階層の建物がその離れです。


 
この離れには3つの部屋があり、いずれも琉球畳が用いられた和風モダンの現代的なデザインが採用されています。上の画像は私が宿泊した「寿の間」。なんと12.5畳と6畳という二間に分かれており、広い方にちゃぶ台やテレビなどが置かれ、奥の6畳間に布団が敷かれています。「上のお部屋」の倍近い広さがあり、しかも最近回送されたばかりなのですが、これでなんと「中のお部屋」の同じ料金設定で利用できるのです。今回お宿のスタッフのおすすめ通りにこのお部屋を利用したのですが、あまりに広すぎて一人で泊まるとスペースを持て余すほど。でもこんな経験は滅多にできませんから、無駄に部屋の中を走り回ったりして、童心に戻りながら大人げなく楽しませていただきました。



(↑画像は公式サイトからお借りしています)
今回の旅で同行した私の従兄が利用したのは、上画像の「伽羅の間」。こちらも3つある離れのお部屋のひとつであり、私が利用した「寿の間」は2間で構成されているのに対し、こちらは20畳で一間という広すぎる間取りです。この部屋で面白いのが、琉球畳を使ったベッド。ベッドと言ってもマットレスが敷かれているわけではなく、まさに畳敷きがベッドのように高くなっただけなので、寝具そのものは布団であり、ベッドはしっかり硬いのですが、趣向を凝らしたお部屋の佇まいに、従兄は面白く感じ気に入ってくれたようでした。



 

夕食は半個室のような場所へ移動していただきます。
前菜の他、仙台港直送鮮魚のお造り、黒毛和牛バラ陶板焼き、お宿の名物の生姜餅、天ぷら、ひっつみ鍋、うなぎの茶わん蒸し、最強焼き、仙台味噌のお味噌汁、地鶏と山菜の炊き込みご飯、デザート、といった地元の食材をふんだんに使った豪華絢爛なラインナップ。これでも最もリーズナブルなランクのお食事なのですから恐れ入ります。味はもちろん言わずもがな。普段は小食な人たちも、このときばかりは美味しさや彩りに惹かれてペロッと胃袋へ収めていました。


 

翌日、立派な雛飾りを見ながら朝食。朝食は大広間でいただきました。
品数のみならず彩りも豊か。朝からしっかり栄養チャージすることができました。


 
セルフですが、ラウンジで珈琲の無料サービスもあります。

さて、今回記事はお部屋やお食事を取り上げましたが、次回記事からは拙ブログの主旨である温泉浴場を紹介します。

次回に続く

コメント (2)