Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

ボゴールへ遠足

2016-06-29 02:12:57 | 東南アジア
まだインドネシア滞在中。

今回の出張は長いのだけれど、仕事の合間に結構待ち時間がある。

と言うことでバンドゥンに続いては電車でボゴールへ行ってみた。

まずは宿泊先であるブロックMからトランスジャカルタのバスに乗ってコタへ。

 
バス乗り場へは夕方になると小さな出店のひしめく地下から上がって行く。
 料金は以前と変わらず3,500ルピアのままだが、以前は紙の切符だったところが今はe-moneyやスイカのようなカードがなければ入れなくなった。
 車内は前半分が女性専用になって男性が乗り込むと車掌に厳しく追い立てられるが、前からこんな風に分かれていただろうか。
 ジャカルタの市内中心部は現在絶賛地下鉄工事中で、ただでさえひどい渋滞に輪をかけている。のろのろと進んでコタまで丸1時間。

コタの鉄道駅はバス・ターミナルの目の前。
  
1926年にオランダ人建築家が設計したと言う駅はターミナル駅らしいたたずまい。
  
ここもいまや切符は自販機になっていて
 このカードは運賃+10,000ルピアのデポジット。使用後には返金してもらえる。

自動改札を通ってホームに入るとちょうどボゴールからの電車が到着した。
 かなりの人数が降りてくるが、ホームが低いので長ーい階段が付いているのが面白い。

入れ替わりに乗り込むのはピンクの印の付いたこれも女性専用車両。
   
車内は日本の私鉄か地下鉄のお古なのでまったく通勤電車のまま。ただし日本よりもインドネシアらしい禁止事項がいっぱい。

女性専用は10両連結の前後1車両づつで、2人一組の警備員がずっと乗り込んでいてこちらもなかなか厳しく、女性としては安心。
  
この警備員さん、荷物を棚に上げてくれたり、お年寄りを助けたりと親切だが、走行中は暇なので寝ちゃったりしている。
かと思うとこれまた走行中にお掃除の人がモップを掛けに来たりして、効率的というべきか。

ガイドブックにはボゴールまで1時間とあったが、途中でなかなか動かなかったりして出発から2時間。
  
 
屋根の向こうに山が見えだして、やっとボゴール、標高246mに到着。

駅を出ると道は乗合いミニバンをはじめとする車で大渋滞。
 
その道路の脇には屋台店がびっしり、人出も多くて大変。

駅の近くの観光案内所で聞くと、この町でほとんど唯一の見どころである植物園までは歩くのが一番早いと言う。
そこでちょっと迷いつつ歩いて行くと
 植物園を囲む塀まではわりとすぐにたどり着いた。
しかしここからが大変。なにしろ広い植物園なのだが、門がぐるっと回った所にしかないのだ。

 汗だくになって歩くこと20分ほど、ようやく植物園の正門に到着。
 
徒歩の場合は灰色の建物から入るが、広い植物園の中を歩きたくない場合は車で白い門をくぐる。
この国、金持ちならとにかく歩かずに済むようにできている。

中に入ってみるとまわりは緑一色。
 
南国らしく高い木がいっぱいでいろいろな種類の椰子の樹ばかり集めた一角などもあるが、うっそうとしてとにかく地味。

まずは一服しようと園内のカフェを目指すが、ここまでがまた大変。
  
小高いところまでのぼってやっと一息。
  
お姉さんに辛くないことを確認して頼んだチキンはやっぱり辛くて、「伝統的飲み物」とあるのを適当に頼んだらこちらも蜂蜜入りしょうが湯で辛かった。

食事しながら園内地図をゆっくり眺めて、15時半閉館というラン園があると言うのでそこへ行くことにする。
テクテクと歩いてたどり着くと、なんと無情にも「ラマダン中につき14時半閉館」で扉が閉まっている。
  
その近くにあった薬草園の門も閉まっていて、見たいものが何も見られない!

しかたがないので看板にもあったこの植物園の売り、ラフレシアかオオコンニャクの花を見に行こうと思ったが、地図がいい加減で場所がよくわからず、どちらもどうせ咲いていないだろうと途中で気力が失せた。

ここで面白いのは不思議な形の木の根っこぐらい。
  
 
  
花も少なくて、やっぱり地味。

 大きな池の向こうには宮殿のような大統領の別邸が建っているが、遠すぎて近くに寄る気にもならず。

帰路はミニバンに乗って一段とひどい渋滞の駅前に戻り
  
 ココナッツジュースで一息入れてからまた電車でジャカルタのコタへ。

帰りも1時間45分かかって、着いたら外は雷にバケツをひっくり返したような土砂降り。
 川のようになった道を戻るバスは1時間半近くもかかって、ボゴールへの遠足は疲れた。   


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末バンドゥン 4 タンクバン・ペラフとチアトル温泉

2016-06-27 03:00:31 | 東南アジア
6月19日

今日もまたアラン君に迎えに来てもらって、今度はバンドゥンの北へおでかけ。

本日目指すのはタンクバン・ペラフ火山の火口なのだが、1時間で近くの町まで来たところで
「ルワク・コーヒーを作っているところを見たいですか」と言うのでちょっと寄り道。

普通の家が密集した集落の中の細い道をしばらく行くと、まるでレストランのようなたたずまいの建物に到着。
 これがルアク・コーヒー屋さん。

ルアクとはジャコウネコのことで、これがコーヒー豆を食べるとお腹の中で発酵された種が糞となって出てくる。これが独特の味と香りになるということで珍重されているコーヒーなのだ。

中に入るとすぐに案内のお兄さんがついて、まずは生産者にご挨拶。
  
このちょっと不思議な動物がジャコウネコ。これを檻の中で飼って、コーヒー豆を食べさせてルアク・コーヒーを作っていると言うわけだが、ここで何匹飼っているかは聞きそびれた。
  
繁殖もさせているのでかわいい子供もいるが、食事はバナナやパパイヤ、それに卵や鶏肉も食べさせると言うから雑食なのだろう。コーヒーは週に2回だけ与えるそうで
 するとこんな糞が出てくるので、これを洗って天日干しにし、外皮を向いてから焙煎する。

生産者の視察が終わったら次は当然試飲があるのだが
 
ここではさすがにタダでは飲ませてくれなくて、一杯50,000ルピア(約500円)。それでも街中のカフェでは1,000円以上もしたりするので、これでもお得。
飲み方は細かく挽いた粉に直接お湯を注いで、沈むのを待ってすするトルコ式。
特に独特な香りがするとも感じないが、普通においしいコーヒー。

ここを出たらすぐに火山の入り口で入場料を徴収されるが、現地人は一人30,000ルピアの所を、外国人はなんと10倍の300,000ルピア!ここまで来て引き返す者もいないからの強気な設定なのかもしれないが暴利だ。

と文句を言いつつ車で上がって行き、駐車場で外に出るとすぐ目の前に
 
タンクバン・ペラフ火山、標高2,076mの噴火口。
底には泥がたまり
  
煙が上がっているところもあって、あたりには硫黄の匂いが漂う。

こちらの山は2013年にも噴火したことがあるそうで
 こんな避難所があるが、いざという時これで助かるとは到底思えない。

駐車場からは火口の周りを歩く遊歩道が伸びているのでそれを歩いて行くと
 
途中までは延々と小屋掛けの土産物屋が続き、その先は火口を離れてしまうようなのでそこで引き返した。
が、後で聞いてみるとこの山には火口が3つあって、この道をもうしばらく行けば灰色ではなく白いもう一つの火口に行けたらしい。もったいないことをした。

帰りは土産物屋の中を通って行くと
 
ここでも硫黄を売っていたり
  
木彫りの動物やキティもどきの手編みバッグを売っていたり。

駐車場に戻って噴火口とは逆の方向を見れば
 
遠くにきれいな山容の高い山が見えるが、名前などまったくわからず。

入場料分いたかどうかわからないが、山を下りたら今日もまた温泉。

  
タンクバン・ペラフに近いところにあるのはチアトルのサリ・アテールと言うリゾート。
入場料32,000、車代30,000ルピアを払って中に入ると、広大な敷地に様々な施設が散らばっている様子。

しかしこちらのお目当ては本日も個室風呂。
 
門を入ってすぐ目の前にあるブースで追加料金60,000ルピアを払い、大きな温泉プールの横を通ってさらに行くと
  
受付棟があって、ここではさすがに高いだけあってバスタオルとシャンプー、石鹸をかごに入れて渡してくれる。
 浴室はこんな建物がいくつもあって、中の1室に案内されると
 
中はチマングゥと同じようだが、小さな棚と鏡が付いている分やや高級(笑)。

ここも浴槽にはお湯がかけ流されていて、温度は42℃とこれまた最適温。
匂いは感じず、見た目も無色透明なので泉質もチマングゥと同じようかと思いきや、舐めてみるとかなり酸っぱくて、お湯の中で肌をこするとつるつるする。

 こちらにはちゃんと泉質表示もあって、リューマチや皮膚病に効果があるとのこと。
ここもいいお湯で、インドネシアの温泉はいい!

個室を出て周りを歩いてみると
 大きな温泉池がいくつもあって
 
滝やら打たせ湯やら、みなさんTシャツのまま好きなところで好きなようにお湯に浸かっている。
ここの湯量はどれだけあるやら、驚くほど豊富だ。

設備がいろいろ揃っている中にレストランもあったので入ってみると
 焼バナナにはたっぷりとチーズがかかってきた。
この甘いものにチーズと言う組み合わせ、どうもインドネシア人は好きなようでどこでもあるが、これって合うだろうか。

 チアトル温泉を出るとこのまわりにも茶畑が広がっており、
 その景色を眺められるところには風通しの良さそうなサテー屋がずらりと並んでいる。
サテーとはおなじみ串焼きだが、このあたりでは馬やうさぎ、「小さいワニ」もあると看板が出ているそうだが、小さいワニってなんだろう。

ここからバンドゥンの郊外へ戻り、最後の観光は「虹の滝」。
 
この看板の所からでも高さ72mの滝は見えるのだが
 つい調子に乗って587段の階段を下まで降りてしまう。

  
下まで降りると滝壺から水しぶきがかかるほどの水量、小さなモスクまであるが
  
当然戻りは階段を上がらなければならないわけで、これは途中タイヤでできた椅子で休まなければならないほどきつかった。

戻ったところでバンドゥン観光は終了。
帰りは高速に乗ってジャカルタまでちょうど2時間。

初めてのバンドゥンは泊りがけで行く価値が十分にあった。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末バンドゥン 3 カワ・プティとチマングゥ温泉

2016-06-23 23:19:24 | 東南アジア
6月18日

 ホテルのオープンテラスで朝ご飯。
インドネシアの現地飯だと生野菜が食べられないので、ここぞとばかりにサラダの大盛り。
このホテルの宿泊客は現地の人が多いと見えて、陽が昇ってからのレストランはガラガラだ。

8時に約束通り、手配していた車の運転手がホテルに迎えに来てくれた。
堂本剛そっくりなアラン君は一応英語で意思疎通はできるが、あまり込み入った話はできないのでおとなしく車を転がしてくれる。

進路を南に取ってしばらく行くと次第に標高が上がって来て
 周りの田んぼがキャベツなどの高原野菜の畑に変わってくる。
  
途中に通過する町ではいまだに馬車が使われていて、かと思うと小学生ぐらいの子供が平気でバイクの二人乗りをしているが「免許は本当は17歳から。でもこういう田舎じゃ警察もいないからいいんだよ」とおおらか。

出発から1時間40分で目指す「カワ・プティ」に到着。
 この看板を入って少し行くと大きな駐車場があり、ここで入場料50,000ルピア(約500円)を支払うがこれは外国人料金。

さらに目的地へはまだ5キロあるが、自家用車だと1,500円払わなければいけないと言うので、ケチってシャトルバンで行くことにする。
 この料金が往復21,000ルピア。乗客が12人そろわないと出発しないが、すぐに若い男の子たちの団体がやって来た。

 ミニバンはかなりのスピードで高い木のうっそうと茂る山道を上って行く。

 そして10分ほどで到着したのがこちらの駐車場。
小やみになっていた雨がここに来たら激しくなって、車に傘を置いてきたことを後悔しているとすかさずレンタル傘屋がやってくる。200円は高いが仕方ない。

  
階段を少し降りて、見えてくるのが標高2,430mの火山の噴火口。
ここに硫黄泉が溜まって青い湖になっているのだが、あいにくの霧でまわりは真っ白。幻想的と言えば幻想的な風景ではあるが。

 
あたりには強い硫黄の香りが漂い、硫黄成分で黄色くなった石も見えるが湯の華も売っている。
 
周囲の樹は立ち枯れ、避難路を示す看板もあるが、一応ここはこの400年ほど噴火はしていないらしい。
 湖畔に近寄れるところがあり、どう見ても水は熱そうではないのでちょっと手を入れてみると、岸辺のためか雨のためか温度は30℃ほど。日本なら風呂の一つも作ってしまいそうだが、ここで長湯をしたらガスの中毒になりそうだ。

そのうちに一段と雨が激しくなってきたが、おかげで霧はちょっと晴れた。

思ったより小さな火口だが珍しい風景であることは間違いない。

標高と雨のせいで気温は10℃ぐらいだろうか。さすがに寒くなってきたので帰りのシャトルに乗る。
ところが待てど暮らせど他のお客は来なくて、退屈そうなドライバーとずっと待つはめに。
普段の週末ならここは観光客だらけなのだそうだが、ラマダン中のムスリムは遊びも控えるそうで、来ているのは裕福そうな中華系ばかり。彼らは自分の車でやって来るのでシャトルに乗る者などいない。
結局50分も待って、やっと若い子たちのグループが来たが、車の乗り入れ料をケチるんじゃなかった。

体が冷え切ったところで、次の目的地はカワ・プティの入り口から5分ほどのワリニ温泉。
設備が良さそうだと調べてきたのだが、行ってみるとなんとお休み。
ラマダン中を利用して設備のメンテをしているらしい。

仕方がないのでまた引き返すが、この温泉はお茶のプランテーションの中にあって、周りの丘はすべて茶畑。
 
これこそ本物のジャワ・ティ。

ワリニには入れなかったが、幸いにしてこのすぐそばにもう一つ温泉がある。
 
それがこちらのチマングゥ温泉。入場料の40,000ルピアはまた外国人料金で、ジモティーの倍らしい。
中には浅いのと深いの、2つのかなり大きなプールがあって、これが水温40℃ほどの温泉なのだが、お湯はあまりきれいな感じではない。

しかし目指していたのは最初からこちらの個室風呂。
  
こちらの受付でまた15,000ルピアを払うと、空いている部屋のどれでも好きなのを使えと案内される。
   
個室の中はシンプルそのもので、タイル張りの浴槽の他には壁に荷物を引っかける物があるだけ。その浴槽にはお湯がジャンジャン流れ込んでいるのであふれたお湯で床もびしょびしょ。着替える際にはいささか気を遣うが、いざかけ湯をして湯船に入ってみると、無色透明のお湯は42℃ほどの最適温。
すぐ近くのカワ・プティは硫黄の香りプンプンだったが、こちらはにおいもなく、飲んでみるとちょっと石膏っぽい味がするかな、と言う程度。
しかし見た目は小さい浴槽が足を伸ばして入るのにぴったりのサイズで、ジャンジャンかけ流されるお湯に肩まで浸かるとこれが何とも気持ちいい。そしてゆっくり浸かっていると、なんだか関節から疲労が出てくる感じがする。

清潔感あふれるとは言い難いが、台湾の個室風呂に慣れていればまったく問題ない設備で、思った以上にいいお湯に大満足。
30分入って出てきたらそのあとちょっとぐったりしてしまったから、無色透明無味無臭と侮ってはいけないお湯だったよう。

さて、一風呂浴びたらさすがにお腹も空いてきた。
ラマダン中でもちゃんと食事はできると言うことで、山道を少し下った所にあるレストランに案内される。
  
観光客には定番の食事処のようで中国系のお客さんでいっぱいだったが
 
ナシ・リウェットという揚げたシラスの乗ったご飯がココナッツミルクで炊かれているのかすごくおいしい。まわりには鶏を甘辛く煮たものや揚げ豆腐、テンペ、それにガドガドもついて、これで280円。
昨晩のリベンジで生イチゴジュースにもありつけたが、これも酸味の効いたイチゴの味が濃くておいしい。
標高が高くて涼しいこのあたりこそイチゴの産地なのだ。

食事を終えて外に出てみれば、畑の中に昔ながらの集落の残るいい雰囲気。
  
 ここいら辺ではこんな具合に袋に土を詰めてネギなどを栽培しているのがおもしろく、イチゴの苗もこの方式で育てられている。

  
町のシンボルらしい巨大イチゴを過ぎるとインドネシアらしくバイクが増えてきた。

 道端で大きなザボンを売っていたので一つ買ってみたが、甘みはいまいち。
いろいろな果物があるインドネシアだが、味はタイの方がずっといいように思う。

バンドゥンの町に戻ってきたところで、この町の名物を買いたいと言うとアラン君が車を停めてくれた。
 
命の危険を感じながら(笑)道を横断して入ったのはバタゴールの店。
 バタゴールとは揚げ豆腐の上に魚のすり身が塗りつけられたもので、注文するとこれを揚げて一口大に切ってくれる。
この店ではバタゴール2つにインドネシア風シューマイ1つのセットがあったので、今夜の夕食はこれ。

 
ホテルに帰って箱を開けてみると、3つとは言え一つ一つのバタゴールが大きいのでかなりの量。他にピリ辛のピーナッツソースと甘い醤油のケチャップ・マニス、それにライムが入っている。
揚げ焼売にすり身の乗った揚げ豆腐なのでなじみの味。そのままでも十分なほどしっかり味はついているが、ライムを絞って2つのソースを混ぜたものにつけて食べると飽きずに食べられる。

と、少し多いな、と思いながらこれを完食してしまったらまた油で胃をやられてしまった。
インドネシアの揚げ物は要注意。
 

にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週末バンドゥン 2 バンドゥン街歩き

2016-06-21 03:33:15 | 東南アジア
6月17日続き

部屋であれこれしているうちに2時半をまわってしまったが街歩きに出発。

ホテルは線路のすぐ北側にあるので
 ぼろくて恐ろしい鉄橋を渡って南側へ。

しばらくまっすぐ行くと歩道の両側に衣類や靴、鞄があふれだして、たくさんの買い物客のあいだには物乞いなどもいるので歩くのが大変。
  
 
被り物の店もたくさんあるし、インドネシア人の大好きな揚げせんべい類などのスナックを売る店が連なる一角もある。
ここがパサール・バルと言って衣類が安いので有名な市場だそうだが、日本で着られそうな服はありそうにないので先を急ぐ。

大きな通りに当たったところで左に折れるとアジア・アフリカ通り。
  
アザーンの流れる大きなマスジット・ラヤの前にも、郵便局の前にも地球儀があり、
  歩道にはスカルノ元大統領の功績をたたえているらしい看板が並ぶが
  
それはこの通りに1955年のアジア・アフリカ会議の会議場があり、今は博物館になっているから。
ここが4時までということなのでやってきたのだが、3時半だというのに扉が閉まっている。よくよく見ると脇に小さな張り紙があり、ラマダン期間中につき3時半で閉館とのことでがっかり。
本当は西ジャワ博物館の方に行きたかったのだが、こちらは3時に閉館とのことで、バンドゥンの博物館は閉まるのが早すぎる。

ところでこの通り沿いにはオランダ植民地時代からの建物がいくつも残っていて
  
 それもそのはず、19世紀にはこの通りが町の中心だったとのこと。

さらにここから折れてブラガ通りに入って行くと
  
  
1920年代、30年代のしゃれた建物が並んでいて
  
そのような建物には築年と建築家を記したプレートが付けられている。
 街灯の上に立つライオンまでかっこよくて、この町でこんなに古い建物探しができるとは知らなかっただけに楽しい。

ここからまた線路を渡り 
 独特な形の教会を過ぎて北へ歩いて行くと
  
今度は大きなショッピングセンターがいくつも現れて、現在の町の中心は明らかにこちら側らしい。

こちらの方で今も残るオランダの影響と言えば
 
パン屋やお菓子屋のチェーン店ぐらい。

お菓子と言えばバンドゥンで一番有名なのは Kartika Sari と言うこちらの店。
  
駐車場に高級車の並ぶ店内に入ってみると驚くほどの広さ。
 ケーキ売場にはいささか怪しげなカップケーキも並ぶが、バンドゥンに来たらここでお土産を買って帰るのが決まりらしく、どのお客さんも買い物籠はいっぱい。
  
そこで試しにバナナロールと抹茶入りアーモンドクッキーを買ってみると、どちらも甘さ控えめでとてもおいしく、有名なのは伊達ではない。
ちなみにここでの定番はバナナチーズパイとラピスケーキとのこと。

この広い店内の奥半分はレストランになっていて、ここでの食事にも心惹かれたが他にお目当てがあるのでここは我慢し、タクシーを拾って町のさらに北へ。

この町は北側が山になっていて、坂をかなり上る。高い建物はないが横に広がった町だ。
シェラトン・ホテルを目標に走ってもらうと途中で目指す店を発見。
  
とてもカジュアルな雰囲気のこちら、Sam's Strawberry Corner は生イチゴジュースがおいしいとのことだったのでわざわざ来たのだが、注文をするとなんと、「ない」とのつれないお返事。せっかく来たのに。

しかたがないのでこれもおいしいと評判の麺とココナッツジュースを注文。
 麺には豚の皮を揚げたようなものが乗って来たが、豚のはずはないのでなんだろう。麺は食感も甘いソース味もカップ焼きそばにそっくり。ジュースはピンクの物が出てきたのでやっぱりイチゴがあったのかと一瞬喜んだが、ココナッツジュースにシロップが入っていてとても甘い。これで約600円は高いね。

帰りはタクシーを拾おうと思ったが、眼の前にアンコタという乗合いミニバンが来たので駅方面に行くことを確認して乗車。
 バンドゥン市内はこんな緑色で
  開けっ放しのドアから乗り込む。

フロントガラスには行き先が書いてあるので、目の前に来たら止め、ルート上の降りたい所で声を掛ければ停まってくれる仕組み。見ていると皆さんごく短距離の乗車で、進みたい方向に向いたアンコタが来たら止め、ちょっと行ったら降りるという感じ。
ただわからないのは料金で、どうも距離制ではあるらしいのだが皆さん聞きもせずに小額紙幣を渡して降りて行く。
自分はかなりの距離を乗ったので10,000ルピアを渡し、お釣りが来るかと思ったが当然のようにそのままだった。乗っているのは女性ばかりなので安心だし、倍額ぼられていたとしてもたったの100円。

Sam's へはアンコタを乗りに行ったと考えよう。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末バンドゥン 1 インドネシア国鉄でバンドゥンへ

2016-06-20 02:22:47 | 東南アジア
オランダ旅行記がちょうど終わったところで久しぶりにその元植民地、インドネシアへ出稼ぎが入った。
しかも変更不可の安いチケットを買ったら仕事の開始が3日遅れるとのお知らせ。
これ幸いと2泊3日でバンドゥンへ小旅行に行くことにした。

2016年6月17日

前夜遅く着いたホテルからやってきたのはジャカルタの長距離列車が発着するガンビル駅。
  
ホールが3つ連なる細長い駅に入ると
 
緑の柱が目立つホールはあまり大きくないが、その先にはコンビニやらファストフードやらがたくさん入っていて便利。

まずやらなければならないのは切符の入手だが、今回はバンドゥンの旅行会社に車の手配と一緒に列車の予約も頼んでおいた。するとメールでeチケットが送られてきたので
  
駅構内にあるこんな端末の画面に予約番号を入れると、下の機械から印刷された切符が出てくる。
このeチケットでの予約は今はコンビニからもできるそうで、インドネシアも進化したもの。
 そのためか通常の切符売り場はあまり混んでいない。

発車の1時間前には駅に行かないといけない、などと言う情報も見たのでかなり早めに来たが、切符はすぐに出て来るし、ホームには1時間前からしか上がることができない。
 ホームに上がる際には改札カウンターでチケットに記載された身分証明書番号(外国人はパスポート)の確認があるが、それ以外はいたってのんびり。

 
ジャワ島をカバーする国鉄の路線図と今回のルートを確認したらホームへ。
  
線路の向こうには独立記念塔が見える。

この駅にはプラットホームが4つしかないが、乗車予定の1番線にはきれいなお姉さんが横に立つきれいな列車が待っている。
  
これに乗るのかと思ったら残念ながらこれは先発のスラバヤ行き。窓も大きく、座席も座り心地良さそうだが、乗車率は2割ぐらいだろうか、ガラガラ。スラバヤまではみなさん飛行機で行ってしまうらしい。

真ん中の二つの線路にはほとんど5分おきに近距離のコミューター列車が通る。
 日本のどこかの私鉄の払い下げ列車なので車内は日本の通勤電車のまま。しかしこの近距離線はガンビル駅には停まらずすべて通過してしまう。

やがて発車の20分前になってやっと目的の列車、Argo Parahyangan号がバンドゥンから到着してそのまま折り返しになる。
 
だいぶクラシックな感じの機関車に、女性乗務員の制服も鮮やかなブルーじゃない。
 1等であるエクゼクティブでもこんな古い車両でちょっとがっかり。
  
座席も豪華とはとても言えないがクッション付き。車両の端にはモニターが付いていて映画を流している。
乗車率はこちらは9割以上、やはり早めに予約を入れておいてよかった。

列車は定刻の10時15分ぴったりに汽笛を鳴らして発車。
しかしジャカルタ市内は普通電車以上にゆっくりしか走らない。
 やがて車掌さんがにこやかに検札にまわってきて、その後からは車内販売の注文取りが二人一組でやって来た。
今月はイスラムのラマダン月、インドネシア国鉄はどうなのかと思ったら食堂車も通常営業、メニューを持ったお兄さんは明らかにムスリムではない自分に声をかける。
隣のお姉さんはスカーフをしているので「食べてもいい?」と一応聞いてみると、「どうぞ気にしないで。聞いてくれてありがとう」と言うので注文してみた。

するとやっとジャカルタ市内を離れて列車が速度を上げ始めた11時過ぎ、早々と注文したナシ・ゴレン・バソがやってきた。
 
勝手にお昼頃来るものと思い込んでいたのであせるが、せっかく温かいのが来たのですぐに蓋を開ける。
すると中身は写真よりもだいぶ寂しい感じだが、これだけを電子レンジで温めたらしい紙包みのナシ・ゴレンはアツアツ。味付けが思いのほか良くて、軽いご飯なので完食。これで30,000ルピアは300円弱。

車窓の景色は2時間ほどはあまり面白くないが、やがて山の方に入ってからやっと良くなってくる。
    
おもしろい形の山が見えだし、緑の田んぼの中に固まる村のオレンジ色の瓦屋根が鮮やか。
写真がぼけているのは窓ガラスが傷だらけで汚いためだ。

途中の駅にはほとんど停まることなく、停まっても乗降客もなくて、ほぼノンストップの列車はちゃんと定刻の13時35分にバンドゥン駅に到着。
  
こちらのプラットフォームは高くなっていないので列車から降りるのには階段が必要。
 
バンドゥン駅は標高700mだそうな。
 
北口から出て初めてのインドネシア国鉄の旅は終了。
かなり揺れるし、期待したほど景色が良かったわけではないが、時間は正確だったし、3時間20分乗って料金は1000円なのだから文句はつけられない。

 駅前の通りを右に折れて少し行くと不思議な竹のオブジェのある交差点があり、これをまた右に折れると5分ほどで今夜の宿、アリオン・スイスホテルに到着。
 
部屋でWiFiが入らないのは不便ながら、6000円でこの広さの部屋はありがたい。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加