Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

西部ヒマーチャルの旅 11 スーラル・セリ村

2016-09-26 22:51:39 | インド
7月27日 続き

お昼を食べたら車で移動してすぐ隣のスーラル・セリ村へ。

 
バトリ村より標高が300メートル低いこちらではピンクのそばの花が満開。家の数はこちらの方がだいぶ多く、一軒ずつもかなり大きい。

すぐ隣ではあるけれど、こちらの村人はヒンドゥー教徒。
この谷に住むヒンドゥーの女性たちは独特のパングワリドレスと言う衣装を着けていて
  
これは前日、サチ・パスを越えて昼食を摂った所にいた女性。
 こちらはキラールのバザールにいた女性で、パンツスーツの上に巻きつけたショールと頭飾りに特徴がある。

スーラル・セリ村に入った所で孫を抱いたにこやかな女性に遭遇。
 お願いしてまたお宅訪問をすることになったが、衣装もしっかり見せていただく。
  
一枚布を巻きつけて両肩の所をピンでとめているのはブータンのキラに似ているが、後ろの処理がどうなっているのかが謎。着方を見せてもらえばよかった、と後で気が付いた。
干してあるところを見るとかなり大きなショールで、これはクルと言う町で作られているそう。
 華やかな刺繍の頭飾りは自分で作るものだそうで、どうやって留まっているのかと思ったら上の部分は乗せているだけ。しっぽの方をお下げの髪に安全ピンで留めていたが、結構重さがあるのかもしれない。これも持たせてもらえばよかった、と後で気が付いた。

 
お邪魔したのはこちらの石造りのお宅。
 玄関口にはヒンドゥーの神様。
  
台所らしき部屋が2つあるが、そのどちらにもやはり神様の絵が飾られている。

2階に上がると正面のテラスには機織り機が。
 
  
その裏は種イモや道具の貯蔵庫になっていて、さらに奥にはいくつも部屋を増築中。
聞けばこの家には子供たちや孫たち、総勢20人ほども住んでいるそうで、台所が2つある理由も納得。

老夫婦にお礼を言って家を出ると、近所の人が売り物を持って登場。
 
このあたりで冬に使うかんじきだそうで、我々一行に無事一つ売れた。

 
他には店の一つも見当たらない村の中を通り抜けて、スーラル谷の観光は終了。

来た道を戻ると、往路にも通った川が雨で増水していてこわいぐらい。
 

その先ではちょっとした土砂崩れがあったらしくて、しばし工事待ち。
が、それほど待たされることもなく通過でき、無事にホテルに戻ることができた。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西部ヒマーチャルの旅 10 スーラル・バトリ村

2016-09-24 16:05:44 | インド
7月27日

朝、起きてみると外はあいにくの雨。
 部屋の前の谷も眼下に雲がかかっている。

この雨の中、スーラル川をさかのぼって村の見学に出かける。

 崖道でバスとすれ違いながら行くが
 
谷あいには思いのほかたくさんの村があり、遠目に見る家は結構立派だ。

こんな景色を見ながら2時間でまわりに雪渓の残る標高3300メートルのスーラル・バトリ村に到着。
 
バトリとは仏教徒の村のことで、この周辺にはザンスカールから移住してきたチベット系の村がここを含めて5つだけあるのだそうだ。
 
家々の屋根にダルシンやタルチョがはためいているのが仏教徒の村である証し。

この村に入って、一番大きそうなお家をまたアポなし訪問。
 
快く迎え入れてくれてお茶までご馳走してくださったご当主は警察官。ストーブのある広い居間には衛星放送の入るテレビがあって、これなら雪に閉ざされる季節も退屈すまい。
 こちらはこの家の長男と三男。長男はたしか先生、三男は学生で、不在の二男はトレッキングガイド、ここからザンスカールまで2,3日で行けるとか。
このお兄ちゃんたちの写真を撮っているとなんと日本語で挨拶をして来る女の子が登場。
 15歳というわりには幼く見えるが、お兄ちゃんたちのいとこだと言うこの子は英語も達者で聡明そう。
日本語をどこで覚えたのかと聞くと、なんとスマホに日本語学習のアプリが入っている。携帯電話は通じないこの村でもスマホは活躍しているのか、と感心。この子は日本に住みたいんだそうだ。

お茶をいただいているうちに雨も上がったので、三男といとこに案内されて村の見学へ。
  
人口170人ほどと言う村の人は穏やかな笑顔で、やっぱりチベット村はいい。
 
畑に植えられているのは麦や豆。
 さらに村はずれのお寺をめざす。

 
谷を見下ろす所に建てられたこちらのお寺。
 
創建250年ほどのドゥルック・カギュ派ということで、お釈迦様の隣にパドマサンババがいらっしゃる。
  
ほかにもたくさん仏像があって、村の規模の割にしっかりしたお寺。
 
寺守はお茶をいただいた家のおじいちゃんだそうで、現在の寺の隣には新しいお堂も建築中。
息子たちによるとこれはゴンパで、完成した暁にはダライ・ラマをお呼びしたいのだとか。ダライ・ラマはお忙しいわけだ。

道端の花など撮りながらゆっくり村に戻ると
   
   
  
おお、ここにもブルーポピーが咲いている。

お昼は眼下の川を見下ろしながらピクニックランチ。
  
 オムレツやジャムを巻いたチャパティ・ロールはS社の添乗員考案だそうだが、普通のサンドイッチよりずっといい。

  
にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西部ヒマーチャルの旅 9 キラール

2016-09-22 18:18:10 | インド
7月26日 続き

目的地が見えても山道では到着まで時間がかかる。

 
一度谷底まで下って橋を渡り、また山の上の方にある町まで上がらなければならないからだ。

やっと到着したキラールは標高2600メートル。
 狭い道にはバスがたくさん発着していて、ヘアピンカーブに上り下りのバスが互いに突っ込んだりするので通り抜けるのが大変。

今夜の宿は遠目からも町で一番目立ったホテル・ラージ。
 
キラール唯一のホテルは斜面に建っていて、入口は山側にある。

すぐにくじ引きをして、割り当てられた部屋は建物の2階。
 
 
部屋は広くてテレビもあり、タンク容量が小さいながらお湯も出る。
毛布もタオルも新しそうで自分の部屋は問題なかったが、中には前の宿泊客の体臭が耐えられない毛布もあったとか。
そして何よりびっくりしたのはトイレットペーパーがないこと。ホテルにないだけでなく、町のどこにも売っていないのはこの町に外国人が来ることなどないかららしい。
デリーのホテルから念のためにといただいてきたトイレットペーパーが役に立った。
蠅も多いこのホテルに泊まる時は殺虫剤とトイレットペーパー、清潔なシーツを持参することをおすすめする。

さて、一息入れたらまだ明るいので町のバザールを見学に行く。

 
ホテルからちょっと歩くとバス・ターミナル。外国人は来ないがここはこのエリアの中心地らしく、バスが頻繁に発着している。
中には日本の満員電車も負けるほど乗客を詰め込んだバスもあって、あれでこの山道を行くことを考えると気が遠くなりそうだ。

 
バス停の隣には小さな祠があり、その先に延びる道がキラールの銀座通り。
建築中の建物が多くて、景気は悪くなさそう。

  
台車に売り物を載せたおじさんもいるが、八百屋や肉屋は狭い間口の奥で営業中。
  
正面に緑の布の付いたキナウル帽をかぶったおじさんや、素敵なショールをまとった女性の姿も見える。

バザールは200メートルほどだろうか、衣類を売る店の先には変電所があるぐらい。
  
 
ここにも祠があって、谷の反対側には段々畑の村がある。

お金を落とすところもなく、ホテルに戻って夕食の時間。
  
 
今夜ももちろんカレーだけれど、添乗員が気を利かせて塩茹で野菜を作らせてくれた。
ゆでただけのカリフラワーがうまい!


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西部ヒマーチャルの旅 8 サチ・パス越え

2016-09-20 18:29:13 | インド
7月26日 続き

バイラガルを出ていよいよ今回の旅のハイライト、サチ・パスへ向かう。

村を出る細い道は杉林の中を行くが、この先には人家は見えなくなる。

2150メートルから次第に標高を上げ、
 
3500メートル近くなった水の流れる岩場に来ると
  
今回の旅で最初のブルーポピーを発見。この花、まるで高度計のように3000メートル以上になると現れ、よくぞこんなところにという岩場を好んで咲く。

 
狭い道ながら通る車はほとんどないので、初めのうちこそポピーを見つけるたび停車して撮影会をしていたが、しょっちゅう出現するのでそのうち素通り(笑)。

やがて高い木もまばらになってくると、今度は一面のお花畑が出現した。
 
色とりどりで文字通り百花繚乱。

このあとも含めて、この日に見られた高山植物の数々はこちら↓


花の撮影に夢中になっていたが、気が付くとこの野原で遊牧をしている人たちがいた。
  
短い夏の間だけここにテントを張って生活をしている若いカップル、にこやかにカメラに収まってくれたが、照れて2人並んでは撮らせてくれなかった。

ここからしばらく行くと警察のチェックポスト。
 ここは警戒厳重で撮影は厳禁、一人一人パスポートの写真と照会してまるで国境のよう。

これを通過すると道はさらに高度を上げて、見下ろすとチェックポストの青いビニールシートが眼下に見える。
 
 
このまわりも花畑でブルーポピーもいっぱい。

しかしここを過ぎるとやがて緑は見えなくなり
 
低い雲の中を突っ切って出ると岩山の峰が目の前にあって
 
このすぐ下がサチ・パス、公称4420メートル、手元の高度計では4200メートル。
赤い祠の建つこの峠は高さはさほどでもないが雪が多く、一年の中でも通行できるのは6月末から9月上旬までの2ヶ月ちょっととか。
 
峠の向こうはパンギ渓谷、今までいたチャンバ側に比べて乾燥しているのがよくわかる。

無事に峠を越えて、1000メートルほど下ると茶店が何軒か並んでいる。
  
 中は雑貨も並ぶ食堂になっていて、本日はこちらでランチ。
 
我々にはおにぎりも付いたお弁当が用意されているが、ドライバーたちの食べるご飯がおいしそうなのでおねだりすると、添乗員女史が一つ味見用にと頼んでくれた。
ひよこ豆のカレーのぶっかけ飯、マイルドな味で結構いける。手を出したのは3,4人だったけれど。

昼食を終えたらまたひたすら下り道。
  
もうほとんど花は咲いていないのでうとうとすると、突然屋根を叩く大きな音にびっくりさせられる。雪解け水が滝になって道路に落ちているところがいくつもあるのだ。

その先では谷がなにやらモコモコしている。
 と思ったら羊の大きな群れで、写真を撮っていると羊飼いのおじさんが山羊を連れて登場。 
  岩の上で仔山羊を抱いてポーズをとってくれるとは、わかってらっしゃる。

 
さらに山羊に囲まれたりしながら山を下って
 出発から8時間半でようやく本日の目的地が見えてきた。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

西部ヒマーチャルの旅 7 バイラガル村朝散歩

2016-09-16 18:25:26 | インド
7月26日

早朝に目覚めてベランダから外を見ると目の前の谷はもやっている。
 
日出は見られなかったが、明るくなったので朝食前に村の散歩へ。

 ホテルの前の車道にはここから折り返すバスが停まっている。
  
まだ早いので食堂らしきところはお掃除中、あとは牛糞拾いの村人ぐらいしか見当たらない。

 
車道に面した家はピンクやグリーンに塗られて華やか。
  その脇に小路があるのでこれを入ってみると、板石を敷き詰めた坂がずっと続いている。

 
村の中の家はデヴィコテ村と同様、石造りの土台に木造の上屋。
 建築中の所を見ると壁は平たい石を巧みに組み合わせているが、接着剤のようなものを使っている様子はない。このあたりに地震はないのだろうか。

 
この村の中にも雑貨屋が何軒かあって、奥では朝のお祈りをしている姿が見える。
 こちらの水汲み場には立派な屋根が付いていて、さすがはバスの通う村というところだろうか。

家々が途切れるとその先は畑。
 ここでも作られているのは主にトウモロコシ、ぽつぽつと植えられた木はリンゴの木だ。

さて、下まで降りてきたら帰りは当然上らなければならない。
  
これが結構な斜面で、こんなところを重い籠など背負って上がり下がりするのは大変だろう。

 軽い運動のおかげでおいしく朝食をいただいて、気持ちのいいバイラガルを後にする。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加