Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

さらば人形町ランチ

2016-05-28 14:15:27 | 食べ歩き
昨年の10月末から通勤していた人形町、ようやく今週でお役御免になった。
当初予定の3ヶ月が結局7ヶ月になって、おかげでオフィスの周りのランチどころはかなり網羅してしまった。

有名どころも結構行ったけれど
  
老舗洋食屋さんなどは結構お高くて、コスパがあまりよろしくないので結局「キラク」と「芳味亭」位しか行かなかった。

  こちらもメディアによく登場する「よね家」さん。
ここのランチは「鳥わさ丼」オンリーなのだが、上品に盛り付けられた半生の鶏ささみにわさびの効いた醤油だれで、これは確かにおいしい。

グルメサイトでトップになっているのはグルメバーガーのお店、「ブラザーズ」。
 
重すぎるのでお昼は一度しか入らなかったが、店内には「兄弟」がらみの古い映画ポスターばかり貼られているのがしゃれていて、パストラミ・サンドもおいしかった。
さらにこの店にはテイクアウト専門の窓口がちょっと離れたところにあって、
 
これまたスマートな箱に入れられてくるハンバーガーにはオニオンリングが付くのがうれしい。
 そして肝心のハンバーガーはしっかりしたお肉に野菜やバンズまでバランス良く、これなら1000円を超える値段も納得のおいしさ。

麺喰いの割には人形町ではあまり麺類を食べず、特にラーメンは一度も食べなかったのは体重が右肩上がりだったせい。
麺と言えばそばを選んでいたが
 明治座に近い「藪そば」はおいしいけれど、ざる一枚ではちょっと物足りない。
  
最近できたばかりのこちらの店ではおかわりが無料なのだが、さすがにそれでは多すぎる。

と言うわけでついデザートに走ってしまって
  
これでは元も子もなし。

お肉ばかり食べてコレステロール値に赤信号が点ってからはなるべく魚を食べるようにしたが
 さすが人形町、お刺身ランチもこの充実度。

ちょっと入りづらい雰囲気の「きてれつ」はジャズの流れるおしゃれな店で
 
煮魚や焼き魚にお刺身が何品も付く。

その斜め向かいにある魚型の提灯が目印のこちらの店は
  
 その上さらにご飯にイクラが乗ってくる。

しかし人形町のお魚で一番はこちらの「川治」。
 地味〜な外見で狭い店内も決してきれいとは言い難いのだが
 
タラのバター焼きにしてもカジキの付け焼きにしても切り身がとにかく大きくて、東京風の味付けもすごく好み。
魚は日替わりなのでできれば毎日でも通いたいような店なのだが、ここはおじさんたちに大人気で開店と同時にもう行列ができる。1時近くに誰も並んでいないのを見計らって行くとするっと入れる、という感じなので結局3回しか行けなかったのが残念。

ちなみにこちらのお店、夜はおまかせのコースがものすごく安くておいしいらしいのだが、去年の12月に予約を申し込んだ人は1年待ち、この前聞いていたお姉さんは1年2ヶ月待ちと言われていた・・・。

他に複数回行った店は片手に入るぐらいしかなくて、中でも気に入っていたのは以前にご紹介した焼き鳥重の「おが和」さん。

そして一番多く通ったのがこれも以前ご紹介の「ユニオン・サンド・ヤード」。
  
黙っていればいくらでもついでくれる日替わりの野菜ジュースが毎回おいしくて
 
メインの料理も野菜たっぷり。
 ローストビーフサラダのビーフも絶品。

というわけで大充実だった人形町のランチだが、敷居が高くて入れなかった天ぷら屋とか、寒い間は行く気がしなかったすし屋とか、心残りはまだある。

お昼だけ食べにまた行こうか。
でもその前にまずはダイエットに励もう。


過去の人形町ランチはこちら↓

人形町ランチグルメ
日本橋七福神めぐり
人形町ランチ お肉編
人形町ランチ 各国料理編


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のオランダ 14 デルフトのマーケット

2016-05-25 01:22:08 | ヨーロッパ
3月31日

本日は木曜日。
毎週木曜にはマルクト広場でその名の通りマーケットが開くとのことなので見に行くことにする。

まだちょっと早いので広場の周辺を一回りお散歩。

   
  
運河沿いに並ぶかわいい家や小さなお店。

 
黄色いひさしのパン屋さんにはフェルメールのパン。
  
チーズの並ぶ窓が見えたり、八百屋さんの店頭にはまだ早いかと思っていたホワイトアスパラももう並んでいる。
 そんなデルフトにも今やすし屋は当たり前らしい。

そろそろ店も開いたか、と広場に行ってみると
  
市庁舎と新教会の間にびっしりと屋台が店開きしている。

 
芸術的ディスプレイの八百屋があったり
  
パン屋にオランダ名物のストロープワッフル屋。
 チーズももちろん欠かせない。

  
魚屋にはオランダ人が大好きらしい揚げ物類が盛大に並んでいるが
  
さすがは海が近いところらしく魚の種類が豊富。特にまぐろのたたきはこれから観光に行くのでなければ買って帰りたいぐらいおいしそうだった。
 そして魚屋に必ず売っているこの謎の野菜。
オカヒジキに似ていると思ったらやはり同じように塩分の多い砂地に生える草で和名をアツケシソウというらしい。
塩気があって海藻のようなので必ず魚屋で売っている、と言うのが面白い。

 これもオランダの屋外市場には必ずいるらしいオルゴールの賑やかな音楽を聞きながら市場の見学は終了。

広場の周りを囲む土産物屋を覗いて回ると
  デルフト焼きの家もかわいいけれど、なぜかアヒルがいっぱい。
  
巨大ラバーダックもオランダのアーティストの作品だし、オランダ人はそんなにゴムのアヒルが好きなんだろうか。

  
ホテルで荷物をピックアップして、かわいいデルフトの町に別れを告げた。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のオランダ 13 ロッテルダム散策

2016-05-22 20:49:50 | ヨーロッパ
3月30日 続き

お昼を食べたら駅に戻り、ハーグからデルフトを通り過ぎてロッテルダムまで30分。

 降り立ったのはロッテルダム中央駅の次のロッテルダム・ブラークと言う駅。

地下駅から地上に出たら目指すものはすぐ目の前にあった。
  
ピート・ブロムという建築家により設計され、1984年に建てられたキューブハウスという集合住宅。
  
サイコロが斜めに並んでいるような、なんともユニークな建物だが、ここに全部で51軒があり、うち38軒は個人の住宅、残りは学校や商業施設で、サイコロの下の部分にもお店やオフィスが入っている。

この外見を見れば中はどうなっているかと好奇心がわくが、そのために一部屋がちゃんと公開されている。
  狭い階段を上がるとすぐにチケット売り場があって、観覧料は3ユーロ。

このフロアがリビング・ダイニングになっていて
 
角を利用して大きなソファが置かれ
 
別の角はキッチンになっているが、うらやましいような素敵なキッチン。

建物の中央に階段があるのでこれをもう一つ上がると、2階には寝室が2つとバスルーム。
  
 
収納もちゃんとあって、これ以外にも各戸にストーレッジが用意されているらしい。

さらにもう一つ階段を上がると最上階はサンルーム。
 
ここはもちろんのこと、下の階にも窓がたくさんあるので部屋の中は意外なほど明るく、世界一のっぽのオランダ人向けなので天井の高さも十分。

外観から想像するよりも内部はずっと広くて、それもそのはず、各戸の床面積は100平米というから東京に住む者にしてみれば垂涎の広さ。
斜めの壁も中に入ってしまえば気にならず、階段が苦でなければ快適に過ごせそう。
しかし38戸はすべて完成前に完売したらしいが、この中を見ずに買った人たちはかなりのチャレンジャーじゃないだろうか。
ちなみにこの敷地内にはユースホステルもあるのでこのキューブに泊まることも可能。

さて、キューブハウスから外を見ると目立つ赤い橋があるのでそちらに行ってみる。
 その手前に建つ白いビルは1897年に完成したヨーロッパで最初の「超高層ビル」なんだそうだ。

  
赤いウィレム橋の下を流れるのは新マース川。
 遠くに見えるハープのような橋は1996年完成のエラスムス橋。

ここからUターンをしてまたキューブハウスまで戻ってみると
 アパート群が公道の上をまたぐようにして建てられていることに初めて気が付いた。
これはフィレンツェのポンテ・ヴェッキオに想を得ているのだそうだ。

さらにブラーク駅前に戻ると、キューブハウスの並びにもまたおもしろい建物。
 
黄色いエアコンダクトが目立つこの建物は中央図書館。
 その前にあるブラーク駅舎もこちら側から見るとまるで宇宙船のようだ。

そして図書館の向かい側に建つまるで飛行機の巨大格納庫のような建物。
  
これが2014年にできたマーケットホール。
 
巨大な空間の中央にはイタリアの屋内市場のように様々な店が並び、壁に沿ってはレストランがあってそれぞれの店から2階に上がれる。
壁面から天井にかけてはカラフルで大胆な絵で覆われているが、3階以上は外側からアクセスするアパートになっているというのがすごい。
さらに地下にはスーパー、その下には駐車場があって、こんなに便利なアパートがあるだろうか。

お店の方はと見れば
  
ソーセージやらお惣菜やら各国の料理がずらり。
 
お寿司ももちろん並んでいるけれど、右側は実はよく見るとお菓子。
  
果物は輸入物のトロピカルなものが多くて、おかげでおいしいマンゴースムージーが飲めたけれど
 
オランダらしいものは巨大なハンバーグやミッフィーちゃんのチョコレートぐらい?

 簡単に食べられるイートインもあったが、まだあまりお腹が空いていなかったのでおいしそうなものを買ってデルフトのホテルに帰還。
  
オランダでどうしても食べてみたかった塩漬けニシンをようやくゲット。生ものがあまり得意ではない友人にはいまいちだったようだが、自分は大いに気に入る。
これまたオランダの国民食らしいエンドウ豆のスープも、スーパーのレトルトだったが十分においしくてお腹いっぱいになる。
 デザートのココナッツケーキも結構で、やっぱり市場は楽しい。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。    
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春のオランダ 12 エッシャー美術館

2016-05-20 01:12:23 | ヨーロッパ
3月30日 続き

マウリッツハイスを出て、次に向かったのは徒歩5分ほどの所にあるエッシャー美術館。
 ここは珍しくミュージアム・カードでカバーされないので、入場料9ユーロが必要。

入館早々一息入れようと、まずは地下にあるカフェへ。
  
この美術館の建物はランへ・フォールハウト宮殿と言って今から5代前のエンマ女王の冬宮だったところだそうで、この地下のカフェはその頃の台所。だからここでお茶を飲んでいるとなんだかダウントン・アビーの女中になったような気になれる(笑)。
 しかし気が付けば天井のランプは蠅になっていて、こんなところでエッシャーっぽさを演出しているのがおもしろい。

1階に戻って展示場に入ると、エッシャーの初期の写実的な風景画がしだいに計算しつくしただまし絵のような版画に変わって行くのを時系列で見ることができる。
  
 代表作の一つ、「メタモルフォーシス III」は7メートルの木版画が輪になっているので次々に変わる絵柄が永遠に続く。 

この美術館ではエッシャーの作品と共にかつての宮殿の内装も見ることができるのだが、もう一つ、各部屋のシャンデリアがそれぞれユニーク。
 
これらはハンス・ファン・ベンテムというオランダの作家がこの美術館のためにデザインしたものだそうで
 お子様も喜ぶおもろしさ。

さらに3階に上がるとここはエッシャー体験室のようになっていて、
  
体の大きさが違って見える写真が撮れたり、エッシャーの自画像のように鉄球に映る自分たちを見れたり、大人が結構楽しめる。

エッシャーも堪能したらお腹が空いたので
  
池越しに再びビネンホフを眺め、広場の向こうのビル群を眺めて、デパートなどの並ぶ繁華街の奥の中華街へ。

中華以外にもケバブ屋などの多いエスニックタウンで選んだのはベトナム料理。
  
  
牛肉とつみれのたくさん入ったフォー・ボーは本場の味と遜色なく、やっぱり汁麺が恋しかったぜ。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春のオランダ 11 マウリッツハイス美術館

2016-05-19 00:18:52 | ヨーロッパ
3月30日

ホテルの朝食ビュッフェで自分でホットサンドを作っておいしくいただく。
  
たくさん並んでいたのはトーストに乗せるチョコレート。ケーキにかけるチョコ・スプレーと同じものだが、これがオランダの朝食の定番だとか。

 郊外電車に乗ってデルフトから15分のハーグへ。

この町にも20年以上前に一度来たことがあるが、駅がものすごくモダンになっていてびっくり。
 
さらに駅前は大工事中で、この日に開催されているはずの屋外マーケットに行こうと思ったのだが市電の乗り場がまったくわからず、駅にはツーリスト・インフォメーションもないのでお手上げ。

あきらめて美術館に行こうと駅の外に出ると
 
高層ビルをガンガン建設中。真っ白い巨大な建物はハーグ市役所で、さすが行政の中心地。

駅から10分ほども歩いてホフフェイファの池へ。
  
ここまで来てようやく20年前の景色に巡り会えた。

この池の端にある門をくぐると、正面にある中世風の建物がなんと国会議事堂。
  
  
まわりの建物はビネンホフと呼ばれる政庁だそうで、眺めているとバイクに先導された黒塗りの車がやって来たので、これは政府の偉い人か、と思ったらどうやら映画かテレビの撮影だった様子。

この中庭を抜けると目指すマウリッツハイツ美術館。
 
17世紀の元伯爵邸に以前は正面玄関から入ったと思うのだが、現在の入り口は門を入ってから地下に降りる。
 
広々と明るくモダンなエントランスから邸内に入ると
 
豪華でクラシックな内装を保っていて、このコントラストが面白い。

それでは3階から見て行こう、と部屋に入るといきなり大本命のフェルメールの部屋だった。
  
 
片側に「真珠の耳飾りの少女」、その向かい側の壁に「デルフトの眺望」が掲げられているのは記憶の通り。
初めてこの風景画を見た時はあまりの素晴らしさに「ほしい!」と心底思ったっけ、とまだ開館間もなく見学者の少ない部屋でしみじみ思い出してしまった。

 
オランダ絵画の傑作ばかりが並ぶ優雅な部屋を巡っているうちに現れるのが
 
レンブラントの部屋。ここも素晴らしいけれど
  
  
ホルバインの、特に鷹を持った男が素敵。ジェーン・シーモアの肖像がロンドンではなくここにあるとは意外だった。

コンパクトながら濃密なコレクションを堪能して、お約束のミュージアム・ショップを覗いてみると
  
アヒルまでフェルメールしていた。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加