Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

歯磨き粉コレクション 11

2016-08-25 17:24:36 | コレクション
この一年で溜まってしまった歯磨き粉コレクションを一挙大放出。

まずはイタリアから、パッケージがおしゃれな歯磨き粉。
 小さいサイズを買ったらまるで絵具のチューブのようなかわいらしさのこれはフィレンツェのブランド。蓋が小さくて、使い勝手よりはデザイン優先なところもイタリアらしかったりする。
 中身はすべて白いペーストだが、色の違いはフレーバーの違い。

まず緑はストロング・ミントで、確かに使い始めはミントがやや強い。
オレンジはジンジャー・ミントということで期待したが、これは生姜風味は全く感じず、わりと普通のミント味。
特筆すべきは赤のシナモン・ミントで、これはシナモンの香りがばっちり強くて、スリランカの歯磨き粉にも負けない。
そして黒はリコリス風味。しかもイタリアでは有名らしいアマレリ社とのコラボ製品とのことで、確かにリコリスの特徴的な香りがするが、とても上品でいい感じ。

他にもブルーやパープルもあって全種類試してみたかったが、25mlで1.8ユーロもする高級歯磨き粉なのでそうは買えず。

同じヨーロッパのオランダではおもしろいものは見つからず
 紫のパッケージに期待したこれも単に歯石予防歯磨きで、中身もオーソドックスな白いミント味。
小さな国の割にパッケージの表記がすべてオランダ語のみなのはちょっと意外。

前回はアゼルバイジャンで真っ黒い歯磨きを見つけたロシアのSPLAT社から、今度はキルギスでハーブ歯磨きを発見。
 パッケージによるとカモミールやセージ、サンザシの他にゼラニウム・オイルが入っていると言うことで、鮮やかな緑のジェルは結構くせのある青くさい香り。

インドネシアで見つけたのはおなじみ中国のダーリー社の新フレーバー。
 これも最近のはやりなのか、韓国産竹炭入りということで白とグレーのストライプ。
ただし香りは竹というよりメンソレータムっぽく、泡立ちがとても良い。

同じくインドネシアのスーパーにあった、これはインドのアーユルベーダ・ブランド、ヒマラヤ。
 
この会社のものらしく土色のペーストは漢方薬のようなくせのある香りで、あとからミント味がやってくる。
ニームやらミスワックの他にザクロのエキス入りとのことだが、ザクロは歯にいいのだろうか。

ニームと言えばこれはインド在住サントーシーさんにいただいたもので、さすがわかっていらっしゃる。
 こちらはくせのない、わりと普通のミント味。

パッケージ表記がすべて英語で、ブランド名だけが9種類の文字で書かれているのがおもしろい。

デリーの空港で見つけたのはホテルのアメニティーでよく見かけるBIOTIQUEというブランド。
 
インドのアーユルベーダにスイスのバイオ技術を導入したブランドだそうで、この歯磨き粉もクローブとトゥルシー(ホーリーバジル)入り。
しかしクローブというよりはインドのバスルームでよく嗅ぐ消毒薬のような香りがして、これは相当くせがある。

最後はインドの田舎のホテルにあったコルゲート。
 
しかしさすがインド、真っ赤なジェルに細かいフィルム入りは他の国のコルゲートにはあるまい。
しかも強烈なメンソレータム臭で、これは目が覚める。

おもしろい歯磨き粉が集まるのはいいのだが、だんだん使い切れなくなってきた。


過去のコレクション:

歯磨き粉の話
また歯磨き粉の話
歯磨き粉コレクション 3
歯磨き粉コレクション 4
歯磨き粉コレクション 5
歯磨き粉コレクション 6
歯磨き粉コレクション 7
歯磨き粉コレクション 8
歯磨き粉コレクション 9
歯磨き粉コレクション 10


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。


 



 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

オランダの戦利品

2016-08-23 18:36:15 | ヨーロッパ
戦利品と言えば春のオランダで買ってきたものをアップしていなかった。

オランダでは博物館にばかり行っていたので、お買い物もミュージアム・ショップ多し。

まず最初に行ったゴッホ美術館で
 ポテチとペーパーナプキン。
初期の作品、「ジャガイモを食べる人々」↓
 でポテチというセンスが好き。

 ハーグのマウリッツハイスではクリアホルダーにチューリップのティッシュ、小さなキューブは博物館の建物の消しゴム。

 工芸品のコレクションにも力が入っているらしいロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館ではチョーカーを購入。
実はミュージアム・ショップでアクセサリーを買うのが好きで、あちこちでブローチやらピアスやら買っている。
わりとお手頃価格で他にはないものが見つかるのがいい。

 思惑が外れてミッフィーちゃんグッズが買えなかったユトレヒト中央博物館では、シュローダー邸の解説本を買ったらかわいい袋に入れてくれたので満足。

一番お土産を買ったのはデルフトで
 デルフト・ブルーのオンパレード。
 これもデルフトで買った着せ替え腕時計は実はイタリア製だけれど、歩くのが楽しいこの町には小さくてかわいい店がいっぱいあって買い物がしやすいのだ。

ミッフィー・ミュージアムでは見なかったけれど、一番オランダらしいお土産はキューケンホフでゲット。
 木靴もいまやフカフカのスリッパになっていて、右は友人のチョイス、自分はオランダらしくオレンジを買った。

そしてオランダと言えばチーズ。
 
裸のものは市場で量り売り、スライスしたものはスーパーで買ったが、熟成チーズもクミン入りも食べやすくておいしい。
チーズの下のカラフルなのはドライフルーツを固めたもので、これも好物。

 
チューリップのチョコレートはロッテルダムのマーケットホールで購入、あとはスーパーで買ったものだが、買いたかったドロステのパステルがなぜかどこにも売っていない。スーパーやコンビニにあるのはプライベート・ブランドばかりで、日本で言えばトップバリュに明治や森永が駆逐されるようなものだろうか。ドロステはいまや空港の免税店にしかないのか。

オランダのチョコレートと言えば、実は懐かしいのはバン・ホーテン。
子供の頃、父親が海外出張のお土産に買ってきてくれて、オレンジ味のチョコレートがとても好きだった。
しかしこのバン・ホーテンの板チョコもオランダではもう見つからなくて、東南アジアでハーシーがブランド名を使っているだけらしい。

最後は空港でこんなものを衝動買い。
 カップの縁にぶら下がるスプーン、便利だと思ったのだが、実際に使ってみると飲む時は邪魔。それにカップが小さすぎるとぶら下がらないし、大きすぎるとかき混ぜにくい。便利グッズってこんなものかも。

さすがにヨーロッパでは金の使い道に困ることはない。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

キルギス、カザフの戦利品

2016-08-20 19:10:36 | 中央アジア
恒例、戦利品シリーズ(?)、タジキスタンの時もそうだったがキルギスでは現地物を探すのに一苦労。

特に観光客も来ないようなサリチェレックのアーキット村には店もないが、
 
ホームステイ先をはじめ、村内にはあちらこちらに養蜂箱がある。
食事の際に出された蜂蜜もとてもおいしかったので、村の蜂蜜が買いたいとお願いするとガイドが手配をしてペットボトルに詰めたものを用意してくれた。
 
500mlで150ソムは230円ぐらい。中には蜂が入っていたが、これはスズメバチなので生産者ではあるまい。
 
原料の方は村の周りにたくさん植わっているこの木の花だとアルマジロさんが教えてくれたが、これはサンザシ。
素性のしっかりした蜂蜜が買えた。

 土産物らしいものはビシュケクのオシュ・バザールで。
小さなユルトは天井部分が取れて小物入れになっている。

 ブラナの塔の土産物屋では銀のピアス。
試しにつけてみると売り子のおばちゃんたちが「ハラショー、ハラショー」とおだててくれるのだ。

 ツアーではもうお約束になっているスーパーはビシュケクで。
が、例によってキルギス産のものは皆無に近くて
 やっと見つけた、これはバーベリーのジャム。
バーベリーはタジキスタンではスープに入っていたことがあるが、イランの赤いゼレシュクも色は違うが同じ仲間だそうだ。

 
あとはロシア製のドライハーブミックスやチョコレート。鮮やかなブルーの包み紙は国旗をそのままデザインしたカザフスタンのチョコレートで、ばらまき土産用の量り売りチョコレートの中にもカザフスタン製が入っていたが、配った皆さんにはなかなか好評。
 さらにこちらはアルマトイ空港で買った別のメーカーのカザフ・チョコレート。
どちらも口どけはいまいちだが味は良くて、さすがにキルギスよりも人口の多いカザフスタンには国産パッケージ商品もあるようだが、カザフのスーパーには行く時間がなかったのが残念。

 パッケージが面白くて買ってみたのは旧ソ連圏で人気らしいラスク。
それぞれサワークリーム、ハム、カニ、イクラ味だが、目をつむって食べれば多分どれも同じ味。
小さな袋ではあるが一つ20円もしないのは安い。

と言うわけで使い切るのに苦労したキルギスのお金はこちら。
  
 
通過しただけのカザフスタンではお金を見ることもなかった。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

中央アジア花の旅 11 イシククル~帰国

2016-08-19 19:08:33 | 中央アジア
5月3日

 さすがにリゾートホテルらしい朝食をいただいて今回の旅の最終日がスタート。

今朝はイシククル湖でクルーズの予定なのだが、あいにくの雨。

閑散とした船着き場も寒くて、船室もないような船なら乗船拒否しようと思っていたら
 
さすがに室内に入れる大きな船にしてくれた。
しかも前日見かけたもう一組の日本人ツアーと一緒と言うことだったが、あちらは天気が悪いので観光の順番を変えたらしく、我々11名で出港。

港を出るとすぐに大きなホテルのような建物が見えたが
 これがなんと、大統領が作った孤児院とのこと。
しかも政変のためか結局孤児院としては使われず、今は無人で放置されていると言うからもったいない話。

 しかし悪天候では湖の周りを取り囲んでいるはずの雪山も見えず、世界第二位という透明度も実感できず。
 
ブリッジに上がって船長の顔を見たら他には何もすることがない。

結局みんな船室に座り込んで1時間をおしゃべり。
ツアー客全員の合意があれば日程表にある行程でもキャンセルすることができる、とはクルーズを終了してから添乗員に聞いた。そうならそうと、もっと早く言ってよ!

大不評のクルーズの後は来た道をアルマトイに戻るだけ。

途中、トイレ休憩のドライブインでサモサを買い食い。
 
たかがドライブインと侮るなかれ、胡椒の効いた羊肉のこのサモサが実は今回の旅で一番おいしかった。

次のストップはカザフスタンとの国境近くのレストラン。「ハワイ」と言う名の大型施設で
  
ボートで遊べる池やカラフルなヤシの木はともかく、なぜか妙なオブジェが庭中にある。
 ミラーボール完備のダンスホールがあるところを見ると、結婚式などに使われるのだろう。
  
しかし食事はなかなかおいしくて、特にやっと登場した羊のシャシリクに大満足。

そして前日の約束通り、イシククル湖畔の露天で買った鱒の燻製をみんなで試食。
 
これはイシククル湖の魚、という言葉が本当かどうかはわからないが、燻製は予想外にソフトで塩気もちょうどよく、期待を上回るおいしさ。
カムチャッカに行ったことがあると言うツアー参加者によるとそこで買った燻製は最高においしかったそうで、ロシアの食事も結構いけそうだ。

 往路にも通ったカラス―の国境では、人間は簡単に通ったがバスをちょっと待たされて1時間で通過。

そしてカザフスタン領内に入ると、天気も良くなり広い草原はレッドポピーだらけ。

往路に少し咲いていたものが、1週間で満開になったらしい。
 
時間がないと言われながら、2度ほどバスを停めてもらって写真を撮る。
 
ポピーの他にも矢車草やらネギ坊主のようなものも咲いて、草原の斜面が黄色やピンクに染まっているところもあるカザフスタンの春はきれい。
実際野生のチューリップもキルギスの25種に対してカザフスタンには33種ある、とアルマジロさんに教わった。

そんな景色を眺めながら、
 久しぶりに高層の建物が見えてきたら国境から4時間でアルマトイに到着。

すぐに夕食のレストランに案内されたが
 
なかなかおしゃれなここはウズベク・レストランらしい。
  
 
今夜はプロフも羊で、これまで全く出なかった羊を最終日に大盤振る舞い。
お皿がすべてリシタンの陶器で美しい。

と、これを愛でる暇もなく食事を急かされてアルマトイ空港へ。
 世話になったガイドのウェンツと別れて出国エリアに入るが
 
地味な空港売店にカザフスタンらしいものはあまりない。

ほぼ定刻のアシアナで出発して

5月4日

ソウル経由で無事帰国。

神の目のフラワーガイドさんのおかげもあり、文字通りの花の旅で楽しめた。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中央アジア花の旅 10 ブラナの塔~イシククル湖

2016-08-16 17:11:58 | 中央アジア
5月3日 続き

 昼食後、うまい具合に雨が止んだところでトクマク郊外のバラサグン遺跡へ。

ここで有名なのはブラナの塔。
 
11世紀、この地方を支配したカラハン朝のミナレットで、現在は24メートルだが地震で崩壊する前は50mあったとされている。

この塔は横のらせん階段を上がった所から内部の階段を使っててっぺんに上がれるのだが
 階段は狭くてすれ違いは不可能、誰も降りてこないよう声をかけてからでないと上がれない。
この写真は出口の手前なので明るいが、中は真っ暗。しかも各段の高さが一定ではないので足元を探りながらでなければ上り下りできず、大した高さではないがこれまで上がった塔の中でも一番怖かったかもしれない。

上から周りを見ると塔のすぐ脇にちょっとした盛り上がりが見えるが、これがバラサグンの城塞の跡。
 
 
霊廟の土台や小さな博物館の建物も見えるが、天気が良ければ見えるはずの天山の雪山は全く見えず。

この塔の上で景色を眺めていると日本人観光客が上がってきた。
今回の旅で初めて見た日本人ツアー客で、やっと普通の(笑)観光地に来たことを実感。
しかしこの団体が20人以上もいて、塔の上は狭いのに次々上がってきてしまうのには困った。

塔から降りたらまわりの草原に集められた石人を見学。
  
石人とは6~10世紀の戦士の墓標と考えられているそうで、ひげを生やし、右手に杯、左手に剣を持つ姿がお約束。

博物館の隣のユルトの中はお土産屋さんになっていて
 
アクセサリーをあさると丸顔のキルギス人のおばちゃんたちの「ハラショー」攻撃にさらされる。

 ブラナの見学後は狭い渓谷を抜けてイシククル湖へ。

湖の西端にあるバリクチと言う町に入ると道沿いに魚の燻製を売る露天が並んでいる。
 
イシククル湖は現在は個人的な漁以外は禁止なので売られている魚のほとんどはよそから持って来た物らしいが、おいしそうなので添乗員におねだりをして、翌日の昼に味見させてもらうことを約束させる。

この後は右手に湖
 
左手に雪山を見ながらイシククル湖の北岸を走り
 ソ連時代からの湖岸の保養地、チョルポン・アタに到着。

もう夕方だが、町の北側にある野外岩絵博物館を見学。

広い野原にごろごろと大きな石が散らばっているのは氷河時代に流されてきたものだそうで、その表面に紀元前8世紀ごろからサカ族やウスン族といった民族が岩絵を残した。
 
絵柄はユキヒョウやらアイベックス、鹿に狩人とおなじみのもので、最初に見たカザフスタンのタムガリの岩絵に比べるとだいぶ地味。

早々に見学を終えて、今夜の宿は湖岸にあるリゾートホテル。
 
宿泊棟がいくつも並ぶ大きなリゾートだが、まだ観光シーズン前なので我々の他にヨーロッパからの団体がもう一組来ているだけ。
 だから大きなダイニング・ルームもガラガラ、ビールもなくて飲む人はがっかり。
  
 
その代わりこの旅で初めてデザートらしいデザートが出た。
明日はもう最終日だけれど。


にほんブログ村 旅行ブログへ  ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加