壁際椿事の「あるくみるきく」

東京都内在住の50代男性。宜しくお願いします。

池江選手おめでとう

2021年04月06日 | かんがえる

競泳の池江梨花子選手が復活した。
すばらしい。
が、違和感を持った。
インタビュー記事で「努力は報われる」という主旨の発言。
たしかに彼女は病気にかかり、大変な境遇にある。
人の何倍も努力しただろう。
だから復活できたのだ。

しかし、努力をしたのは彼女だけか?
2位や3位の選手も相当の努力をしているはず。
全国大会なんて及びもない、地方大会レベルの選手も
地元のプールで必死に努力しているはず。
だけど勝てない。
勝者は1人しかいない。
2位以下に意味はないのか?

マスコミの注目は、優勝者だけに向けられる。
その人が難病と闘っているとなると、格好の話題だ。
マスコミの習性は仕方ないとして、
それに踊らされる市民でありたくない。

大切なことは、努力ではない。
努力はもちろん大切だが、もっと大切なものがある。
自分なりの納得とか清算とか、そういうものだ。
そういう選手を見たいし、
一個の人間として自分もそうありたい。


視点の転換

2021年03月07日 | かんがえる

ちょっとした小話を創ってみました。

視点の転換

 東京では、春先に思い出したように雪が降ることが
ある。3月の半ば、いつもは暗いうちに届く朝刊が6時
を過ぎても配達されない。前日の雪はすぐ消えたから
道路事情ではなさそうだ。どうしたのか?

 そのうちバイクのエンジン音が聞こえた。やっと来
たか。玄関に出ると2台のバイクが停まっていた。ああ
3月、新しい新聞奨学生が先輩と一緒に回り、配達先を
学んでいるんだな。心が晴れた。

 と、そのとき年嵩の青年が口を開いた。「すみませ
ん遅くなって。こいつが昨日バイク盗まれちまって」。
聞くともなしに聞くと、昨夜遅くにやられ、朝起きて
盗難に気付いたらしい。遅配の理由もいろいろだ。

 盗んだバイクで走り出す青年がいる一方で、盗まれ
て困る青年もいるんだなぁ。尾崎豊に心酔したのは今
は昔。年を重ねてこそ見える景色もある。


2021、年頭にあたり

2021年01月03日 | 雑記

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

前年から持ち越しの「荒川プロジェクト」を完結させたい。
今年の課題は、それぐらいかな。

それ以外は、例年通り、いろいろと楽しみます。





2020、私的十大ニュース

2021年01月03日 | かんがえる

1)
秋に父が逝去した。3~4週間前から、危ないと聞かされていたから心の準備はできていた。人は死ぬ前に走馬灯のように経験を振り返るという。父の死だが、父との関連で自分も走馬灯のように来し方を思った。そして行く末も。どんな生き方をすべきか考えた。

2)
年頭に定めた「荒川プロジェクト」を8割方、やりとげた。全6回、番外編3回。日本水、竹内さんの焼きそば、一面の菜の花など色々と思い出す。残すは源頭部のみ。2021年の宿題としよう。

3)
登山は16回行った。コロナ禍もあり泊りは1回のみ。アブの攻勢に悩まされた。足腰の衰えも感じた。

4)
3月末の京都旅行。名古屋でI君と15年ほどぶり、京都でT君と30年ぶりで会った。鴨川ギターもやった。

5)
3月の旅で手帳紛失。鴨川ジョグなど存分に楽しんだ旅だが、明け方まで飲み明かし、手帳の紛失に気付く。大失態。

6)
青空の下でギター弾く楽しみに開眼。大きな公園で、人が少ない平日。誰も聞く人はいないが、しこしこ部屋で弾くのと違い、気分がいい。今後は「チェアリング」も楽しみたい。

7)
ジョギングは年間70回ほど。恒例となった12月のハーフマラソン大会はオンライン大会だが、これもノンビリ特設コースを走った。

8)
果樹やフルールを食べた。荒川プロジェクト中で食べた路傍のビワ。瑞々しかった。野川の菜花と桑、笹子のワラビなども。

9)
6月に勤め先の老人ホームの異動。同じ系列なのに入居者やスタッフの違いで、こんなにも雰囲気や働きやすさは異なるのか。驚いたよ。

10)
世を覆うコロナ禍。「対岸の火事」と思ってたが、職場が37度以上の熱ある時は出勤停止など、ワタクシの生活にも直に大きな影響があったし、今後もあるだろう。

番外編)
白土三平『カムイ伝』を読む。ラスト、正助の死、無知の悲しさ。

番外編)
物忘れをするなど、「ひょっとして認知症?」と我を疑うことが何度かあった。




荒川プロジェクト、2020年のまとめ

2020年12月22日 | あるく

年頭に立てた「2020荒川プロジェクト」。
荒川を、河口から水源まで、徒歩で辿るというプチ冒険だ。
今年は、全区間は行けなかったが、9割方は歩いた。

1) 1/5(日) 新木場~岩淵水門(赤羽)
2) 1/9(木) 岩淵水門(赤羽)~治水橋
3) 2/17(月) 治水橋~御成橋
4) 3/15(日) さくら橋(西武秩父)~大瀧
5) 3/23(月) 御成橋~寄居
6) 6/17(水) ★番外編(釜伏川)男衾駅~寄居駅
7) 7/30(木) ★番外編(隅田川)両国橋~勝鬨橋~尾竹橋
8) 8/8(土) ★番外編(隅田川)尾竹橋~岩淵水門(赤羽)
9) 8/27(木) 玉淀駅~西武秩父駅

今まで歩いたところは、いずれも1日行程。
しかし、残す水源部(大瀧から甲武信岳)は
山中3日は要するだろう。来年の宿題だ。
気候のいい時期にキャンプ道具を背負い、挑戦しよう。