壁際椿事の「あるくみるきく」

東京都内在住の50代男性。宜しくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2021、年頭にあたり

2021年01月03日 | 雑記

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

前年から持ち越しの「荒川プロジェクト」を完結させたい。
今年の課題は、それぐらいかな。

それ以外は、例年通り、いろいろと楽しみます。





2020、私的十大ニュース

2021年01月03日 | かんがえる

1)
秋に父が逝去した。3~4週間前から、危ないと聞かされていたから心の準備はできていた。人は死ぬ前に走馬灯のように経験を振り返るという。父の死だが、父との関連で自分も走馬灯のように来し方を思った。そして行く末も。どんな生き方をすべきか考えた。

2)
年頭に定めた「荒川プロジェクト」を8割方、やりとげた。全6回、番外編3回。日本水、竹内さんの焼きそば、一面の菜の花など色々と思い出す。残すは源頭部のみ。2021年の宿題としよう。

3)
登山は16回行った。コロナ禍もあり泊りは1回のみ。アブの攻勢に悩まされた。足腰の衰えも感じた。

4)
3月末の京都旅行。名古屋でI君と15年ほどぶり、京都でT君と30年ぶりで会った。鴨川ギターもやった。

5)
3月の旅で手帳紛失。鴨川ジョグなど存分に楽しんだ旅だが、明け方まで飲み明かし、手帳の紛失に気付く。大失態。

6)
青空の下でギター弾く楽しみに開眼。大きな公園で、人が少ない平日。誰も聞く人はいないが、しこしこ部屋で弾くのと違い、気分がいい。今後は「チェアリング」も楽しみたい。

7)
ジョギングは年間70回ほど。恒例となった12月のハーフマラソン大会はオンライン大会だが、これもノンビリ特設コースを走った。

8)
果樹やフルールを食べた。荒川プロジェクト中で食べた路傍のビワ。瑞々しかった。野川の菜花と桑、笹子のワラビなども。

9)
6月に勤め先の老人ホームの異動。同じ系列なのに入居者やスタッフの違いで、こんなにも雰囲気や働きやすさは異なるのか。驚いたよ。

10)
世を覆うコロナ禍。「対岸の火事」と思ってたが、職場が37度以上の熱ある時は出勤停止など、ワタクシの生活にも直に大きな影響があったし、今後もあるだろう。

番外編)
白土三平『カムイ伝』を読む。ラスト、正助の死、無知の悲しさ。

番外編)
物忘れをするなど、「ひょっとして認知症?」と我を疑うことが何度かあった。




荒川プロジェクト、2020年のまとめ

2020年12月22日 | あるく

年頭に立てた「2020荒川プロジェクト」。
荒川を、河口から水源まで、徒歩で辿るというプチ冒険だ。
今年は、全区間は行けなかったが、9割方は歩いた。

1) 1/5(日) 新木場~岩淵水門(赤羽)
2) 1/9(木) 岩淵水門(赤羽)~治水橋
3) 2/17(月) 治水橋~御成橋
4) 3/15(日) さくら橋(西武秩父)~大瀧
5) 3/23(月) 御成橋~寄居
6) 6/17(水) ★番外編(釜伏川)男衾駅~寄居駅
7) 7/30(木) ★番外編(隅田川)両国橋~勝鬨橋~尾竹橋
8) 8/8(土) ★番外編(隅田川)尾竹橋~岩淵水門(赤羽)
9) 8/27(木) 玉淀駅~西武秩父駅

今まで歩いたところは、いずれも1日行程。
しかし、残す水源部(大瀧から甲武信岳)は
山中3日は要するだろう。来年の宿題だ。
気候のいい時期にキャンプ道具を背負い、挑戦しよう。



どう生きるか?

2020年09月26日 | かんがえる

以下は、半年ほど前に新聞の読者欄へ投稿した文です。
半年も前のこと、確実にボツですね。
ということで、ここに公開します。

89歳男性Aさん、死因:老衰。
90歳男性Bさん、死因:新型コロナウイルスによる肺炎。
どちらの方が幸福か? 天寿を全うしたんだからAさんを幸福と感じる人が多いでしょう。しかし、たかだか一年ですがBさんより短命です。では、長ければいいの? 日々、コロナウイルスの感染者数や死者数が報じられる今、一種の思考実験です。

偉い人も貧しい人も、みんなが同じならば簡単なことです。人間は必ず一度は死ぬ。違いは何か? 早いか遅いか、一人で逝くか看取ってくれる人がいるか、死因が老衰か避けられた事故か。そんなところでしょう。死期は遅い方が、哀悼者の感情は深い方が、死因はより自然な方が、より幸福だ。そういうことです。

「コロナウイルスによる死者は80代が3人、90代が1人」などのニュースを見ると、そんなの当たり前、なぜ報じるの?と不思議に思います。一方で「30代が…、40代が…」という報には胸が痛む。生きていれば、前途に幸福を感じられる瞬間があったはずですから。

死は、生き方の問題です。どのように生きてきたかによって、その人の死に臨む心の持ちようは変わる。ガンで早逝したスティーブ・ジョブスの生き方も一つのヒントになる。
私は50歳。仮に、明日に心臓麻痺で死んでも、50年後に老衰で死んでも、死の瞬間に「良い人生だったなぁ」と感じられるよう、今を生きようと努めている。だから休息も含めて精一杯に仕事に励むし、放任も含めて子どもに愛情を注ぐ。そんな生き方を、ウイルスを気にしてセーブしたくない。しかし人に広げてしまうかもしれないリスクを考えると、行動自粛も、まぁ仕方ないとも思う。
ウイルス禍の今、生と死について考えてみてはいかがでしょう。




荒川プロジェクト(9)

2020年09月01日 | あるく

2020年8月27日(木) 曇り(蒸し暑い)

7時20分、玉淀駅からスタート。
9時05分、波久礼駅。
9時50分、長瀞八景、樋口を望む秩父往還。

10時45分、多宝寺。小休止。

11時40分、長瀞の岩田畳(大休止)。
平日のコロナ禍だが、観光客は多かった。
休日でコロナが無ければもっと多いのだろう。

12時55分、金崎神社。
「はしばそば」という店に入る。
メニューは並盛、大盛、特盛のそば3種のみ。
冷麺みたいな、ゴムのような食感。
名物店みたいだ。

和銅の集落。内田家旧宅。

15時55分、大栄稲荷神社(小休止)。

17時00分、西武秩父駅着。

中下流域はサイクリングロードが整備され、
河川を見渡しながら歩けたが、
このあたりは川沿いを歩き続けるのは困難。
いつの間にか幹線道路を歩いてしまう。
なるべく生活道路を行きたいのだが、
いつの間にかR140に出てしまう。
大型車が多い。武甲山の石灰を運ぶためだろう。
終盤は体力を消耗し、ただひたすら
西武秩父駅を目指すという余裕のない歩きに
なってしまった。
反省である。