亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

誰が、さらに売り乗せるのか

2018年08月17日 22時31分14秒 | 金市場
日本時間、今夜のNY金は1180ドル台半ばで推移中。前日比で横ばい。ドル・インデックス(DXY)は、高値保ち合い状態で、金の動きはそれを映したもの。 昨日はアジア時間の午前早く、日本時間の午前9時台にややまとまった売りに金は急落となった。1167.10ドルまで安値を見たが、これは2016年1月5日以来の低水準。売りが一巡するとショートカバー(空売りの買戻し)と見られる安値拾いの買いに反発となり、 . . . 本文を読む
コメント

悲観的見通しが広がる市場、メタルの下げを加速・拡大させたモメンタム投資

2018年08月16日 14時01分14秒 | 金市場
8月15日のNY市場の金価格は大幅反落となった。トルコ政府が一部の米国製品に対する報復的な追加関税を課すと発表。このところの米国とトルコ間の対立激化により広がった新興国通貨の下落が、そのまま新興国経済の先行きへの懸念に焼き直され、その筆頭国たる中国経済への懸念が再燃することになった。 折しも15日に発表された中国のインターネットサービス大手の「テンセント」の4-6月期決算が約13年ぶりに減益と . . . 本文を読む
コメント

“夜明け前が一番暗い”のか、“悲観の中で生まれる相場”なのか

2018年08月14日 22時33分03秒 | 金市場
ドル指数(DXY)が96ポイント台でさらに上値追いの様相の中、スポットのみならず現在NYコメックスのアクティブ・マンス(中心限月)となっているゴールドDecember2018(12月物)も13日は1200ドル割れとなった。ほぼ安値引け状態で、引け味もよくなかった。取引時間中(つまり、ザラバ)および終値ベースの双方で1200ドルを割れたのは、2017年1月30日以来、1年7ヵ月ぶりのこと。この金の下 . . . 本文を読む
コメント

行き過ぎるところまで行かないと止まらない

2018年08月13日 23時01分09秒 | 金市場
先週来のトルコ騒動が、週明けも続いている。アジア時間の早朝にトルコリラは、1ドル=7.2リラ台と最安値を更新。その後トルコ政府(銀行監督局)が、リラ売りを事実上禁止する取引規制を発表、6.6リラ台に反発と荒れた展開となった。ただし、同国は経常収支の赤字がGDP比6%まで拡大しており、通貨危機に陥りやすい構造といえ、小手先の対応が効くか疑問というのが、率直なところ。日本時間の今夜の21時過ぎの時点で . . . 本文を読む
コメント

政治主導の動乱相場

2018年08月10日 23時48分21秒 | 金市場
米国による追加制裁の対象国2国、ロシアとトルコが大荒れ状態となっている。この2つの国の通貨ルーブルとトルコリラは、ともに大幅下落となっているが、昨日はロシア、本日はトルコリラが主役。日本時間の本日午後、つまり欧州時間から下げが目立ち始め、エルドアン大統領の演説を受けた、日本時間の21時台には底抜けの様相に。その影響は、早い時間からユーロの売りに波及し、ユーロも年初来安値を更新する1.14ドル台に。 . . . 本文を読む
コメント

2018年上半期の「稼ぎ」が10兆8411億円

2018年08月08日 22時58分18秒 | 金融市場の話題
本日発表の今年上半期の経常収支。前年同期比つまり昨年の1-6月期に比べ2%増え10兆8411億円となった。3年連続で上半期の10兆円超えという。いわば官民挙げての“日本国の稼ぎ”がこれ。日本の対米貿易黒字の大きさを問題視するトランプ大統領。明日9日そして10日とワシントンで日米貿易協定(FFR)が開かれる。25%の自動車関税まで持ち出している米国。今回、茂木経済財政・再生相の交渉相手がライトハイザ . . . 本文を読む
コメント

「制裁再発動のイランで金が売れている」報道

2018年08月07日 23時10分20秒 | 金市場
広く報じられているように、日本時間の本日午後から米国がイランに対する経済制裁を再開した。主力産業の自動車関連の取引に加え、イランとの貴金属取引の資金を融資する銀行や、イラン政府に貴金属を売却する者への制裁も含まれている。この制裁発動を前にしてイラン国内で金が売れていることは7月31日にここで取り上げたが、その際は1-3月期のデータしかなかった。日本時間の8月1日の4-6月期の需要データが発表され( . . . 本文を読む
コメント

さして語るべきものもなく米雇用統計は通過

2018年08月06日 23時07分20秒 | 金融市場の話題
7月の米雇用統計は、物価上昇の先行指標として注目される注目の平均時給は、前月比0.3%増、前年同月比2.7%増といずれも予想に沿った内容となった。インフレにつながる加速は依然として確認されない状態ということに。リーマン前は3%台前半から半ばだった。それでも先週31日発表の雇用コスト指数(4-6月期)が、前年同期比で+2.8%と10年ぶりの伸びとなっていたので、早晩、賃金押し上げプレッシャーは高まる . . . 本文を読む
コメント

米中貿易戦争の高まりの中、中国の金需要は増加

2018年08月03日 21時19分34秒 | 金市場
94ポイント台で高値保ち合いを続けていたドル指数(DXY)が、95ポイント台に乗り、騰勢を強めている。2日は、終値ベースで7月20日以来、約2週間ぶりに95ポイント台に乗せ、1年ぶりの高値に接近した。背景にあるのは、ユーロ安の動き。 2日のユーロドルは、1.16ドル台前半でもみ合った後に結局1.1584ドルで終了となった。約1ヵ月にわたり1.16ドル台と1.17ドル台での引けを繰り返し、こう着 . . . 本文を読む
コメント

FOMCより米中貿易戦争

2018年08月02日 20時23分05秒 | 金市場
米連邦公開市場委員会(FOMC)は、市場の予想通り政策金利は1.75~2.00%で据え置き。発表された声明文は、7月に行われたパウエル議長の記者会見での強気見通しをそのまま反映した上で、その後の経済指標の結果から、さらに強気にという印象。“Economic activity has been rising at a strong rate(経済活動は力強い速度で拡大している)” をはじめ家計支出は . . . 本文を読む
コメント