モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

初夏の泥湯三山周回・前編(2020年6月6日)

2020-06-10 | 泥湯三山・虎毛山

泥湯三山とは、栗駒山の西部に位置する山塊で、小安岳(1301m)、高松岳(1348m)、山伏岳(1315m)の三山を指す。
横手から南に行くと、盆地の奥によく見える山だが、その名前はあまり知られていない。
地元でも山名を同定出来る人はあまり居ないと思うが、私自身は横手実家からよく見える山なので、
子供の時から知っていた。

主峰の高松岳には高校二年生の時、泥湯温泉から登っている。今日行けば、このルートを48年ぶりに歩くことになる
(高松岳、山伏岳には数年前、別ルートから登頂済み)。
ところでこの山塊の花についてはほとんど情報が無い。自身、最近登ったのは残雪の多い五月と紅葉の終わる十月と花の無い時期ばかりだ。今日は晴れているが視程がイマイチなので花の調査がメインになると思う。


湯沢市駒形町から見た泥湯三山。

左から小安岳(1301m)、高松岳(1348m)、山伏岳(1315m)。早朝は雲が少し出ていた。


湯沢市皆瀬地区から見た泥湯三山。
小安岳が前面に迫り出して見える。真ん中辺に高松岳、右端に山伏岳。



今回のマップ。


泥湯温泉からの登山口。
高松岳に直接登る道は無く、小安岳の西斜面を巻くようにして高度を稼ぎ、稜線に出て、高松岳をめざす。



小安岳巻き道の森林風景。



凄味の有るブナが出て来る。



巻き道は所々このように片側が切れ落ちている。適宜、ロープや枝につかまって越えて行く。

                                                                                                                       サンカヨウの芽出し
 


小安岳分岐手前のガレ場斜面には花が多かった。

ミヤマスミレ


ツバメオモト                                                                                              オオバキスミレ

 


イワハタザオ




エチゴキジムシロ




折角なので小安岳山頂にも寄ってみる。

山頂標(高さは厳密には1301m)                      カタクリ
 


山頂ではカタクリがまだ残り、シラネアオイやミツバオウレンが咲き乱れていた。ここはまだ春なのだ。

小安岳山頂から高松岳を望む。




小安岳山頂から山伏岳を望む。



小安岳山頂は他の山の眺めも良いが、後で何回も出て来るので、写真は省略。

石神分岐から先の稜線は花が多かった。
今の時期はシラネアオイが多く、あちこちで小群生を作っていた。

シラネアオイ                             ニッコウキスゲ(蕾)
 


高松岳にニッコウキスゲが有るとは知らなかった。
他にコバイケイソウやハクサンチドリ、ゴゼンタチバナも少し有った。
芽出しはハクサンシャジンやエゾオヤマリンドウ?を確認。

ムラサキヤシオ



ここのイワカガミは色の濃いのが多かった。



高松岳がだいぶ近くなって来た。山頂は左端の突起。




高松岳山頂手前で来し方を振り返る。遠くに聳えるのは栗駒山。




高松岳は避難小屋のある辺りが最高点(1348m)だが、山頂は少し南に歩いた場所に有る。

そこは10mくらい低いが、眺めは抜群だ。

高松岳山頂標                                                                                                 小さなお社
 

虎毛山や皆瀬川源流部の眺め。




虎毛山をアップで。山頂避難小屋が見える。



神室連峰の核心部。左から小又山、天狗森、神室山。
南アルプスの夜叉人峠から見た白根三山みたいだと思うのは自分だけだろうか。



小又山と天狗森のバックにぼんやりと月山が。



これから行く山伏岳とその奥に鳥海山。鳥海山から雲がだんだん取れて来た。




後編」へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 初夏のシェード(2020年5月31... | トップ | 初夏の泥湯三山周回・後編(2... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (shirohanamizuki)
2020-11-03 10:21:23
泥湯三山の紅葉からこちらの投稿を拝見させていただきました。
爽やかな緑の登山道に山野草が豊か、素晴らしい山ですね。
美しい風景をありがとうございます。
《ハナミズキ》
shirohanamizukiさんへ。 (モウズイカ)
2020-11-03 10:33:00
ご覧いただき、またコメントもいただきありがとうございます。
泥湯三山は私のもろ生まれ故郷の山です。
なのに今までは遠方の山ばかり登っておりましたが、
老いてから改めて登ってみて、こんな近場にこんな素晴らしい景色や花が有ったのかと驚いております。
故郷の山は有り難きかなです。

コメントを投稿

泥湯三山・虎毛山」カテゴリの最新記事