たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

振込されました。「ふっこう周遊割」

2018-12-04 16:42:44 | 

10月に広島で2泊したときの宿泊費を「ふっこう周遊割」で申請したところ、
11月末に振込されていたことに今日気づきました。

東〇インに2泊して、1泊6175円(税込)。
広島の「ふっこう周遊割」は1泊の上限が6000円で、消費税は除くので、1泊5718円×2泊=11436円が戻ってきました。

実質、広島遠征で自己負担した宿泊費は、2泊でトータル914円(消費税分のみ)ということになります。
ありがたい・・TT


「13府県ふっこう周遊割」は、対象期間が平成31年1月31日(木)宿泊分までで、現在の残予算状況はこんな感じです。(12/3現在)





で、上記の表で×になっているところでも、例えば 広島 はもう受付終了してるのかと思いきや、
旅行会社が企画するふっこう周遊割を利用した旅行商品に関しては受付中なので、必ず一度各府県のページに飛んで状況を確認されることをおすすめします。

Twitterで「ふっこう周遊割」のことを教えてくださったトンペンさん、ありがとうございました・・!
コメント

13府県ふっこう周遊割

2018-10-16 23:59:06 | 

今回広島で2連泊したので、申請すればホテル代の一部を支援金として受けられるようです。

詳細は こちら


トンの福岡ツアーの頃にこの「13府県ふっこう周遊割」のことをTwitterで知ったのですが、
私は福岡行かなかったし、広島もその時点で1枚もチケットを持っていなかったので自分には関係ないと思ってあまり気にかけていませんでした。

広島初日前日に広島行きが決まってからも、1泊で帰る予定だったので関係ないと思っていたのですが、
現地で急遽もう1泊することになったので、ちょっと申請してみようかなって思っています。

といっても1泊追加になった時点で「ふっこう周遊割」のことはスコーン!と頭から抜けていたため「宿泊証明書」ももらってないし、
クレカ払いして「領収書はいりません♪」なんて言っちゃったので、それらをもらうところからのスタートになるんですけどね^^;

もし申請が通ると、広島2泊のホテル代合わせて自己負担が1000円以下ですむ可能性が!?
そうなれば本当に助かります・・TT
コメント

24時間

2018-08-18 10:27:01 | 

昨日の午後にバンコクに来て、
今日これから日本に帰ります。








24時間という短い滞在でしたが、
楽しい出会いがあって、
楽しい思い出がまたひとつできました\(^^)/
コメント (4)

関空の出発口

2018-05-04 00:00:00 | 

関空の出発口って、北と南の2カ所の出発口が混んでいても、だいたい中央の2つはほとんどいつもガラガラです。


(4月に撮った写真です↑)


さすがにGWは少しくらいは混んでいるかもしれませんが、もしいつも北と南の長蛇の列に並んでいる方がいらっしゃいましたら、
ぜひこちらも使われるといいと思います。

いつもここから入るとき、いまだかつて他の乗客と一緒になったことがないんです。
手荷物検査でどの列に並んだら早いかとか考える必要ないし、
そのあと自動化ゲートで出国すれば、出発口に入ってから出国するまで5分ちょっとくらいで終了します。


すいているのは中央のこの2カ所です^^
(GW混んでいたらすみません^^;)





コメント

1600円で遠征する

2018-01-13 06:13:32 | 

今日から1泊2日で名古屋へ。

名古屋までの交通費は1600円。




株主優待乗車券を、株主じゃないから金券ショップで1600円で買って名古屋まで行くのです!
(※期限が迫っているものだと1400円で買えるときもあります)



大阪から名古屋までは、

新幹線だと約1時間、
近鉄特急だと約2時間、
急行を乗り継いで3時間と少し。(乗り継ぎ状況で変動)


時間はお金で買うものですが、
今日は節約して、のんびり行ってきます(^_^)/~



コメント (2)

お帰り確約サービス終了がつらい

2017-09-10 23:59:35 | 

JALの国内線特典航空券予約時の「お帰り確約サービス」が2017年6月30日で終了となりました。
今までマイルで予約するとき、出発日を含め15日以内の帰りの便ならば発売前でも行きの便と一緒に予約できたのに、もうできなくなってしまったんですね。

なので、往復2区間で取ろうと思えば、帰りの便の発売日に行きの分も一緒に取ることに。
その時点でもう行きの便はすでに発売されているわけだから、行きの残席があるかどうか保証はなく・・

そこで、1区間ずつ別の日に取ることにした場合、行きの便が運よく取れたとしても、今度は帰りの便が取れる保証はない。
だいたい帰りの便というのは日曜日だったりすることが多く、行きよりも激戦なイメージがありますよね。
行きだけ取って帰りが取れなかった場合、例えば大阪-東京の航空券ならまだ別の日に使えそうですが、それ以外の区間は使うことがまずない(笑)
キャンセルする場合、マイルはそのまま返ってくるけど3,100円キャンセル料がかかる・・それはもったいないですよねー。


そんなこんなで、今日は急に行くことになった某遠征の行きの特典航空券の発売日だったので挑戦してみましたら、
なんとか無事に行きはマイルでゲットできました。
しかし、帰りの便は2日後でないと予約できません。
そのため、万一帰りの便が取れなかった場合のことを考えて、帰りの航空券は念のため先得で「予約のみ」でおさえておきました。
しかしまだ決済はしてはなりません(笑)
2日後にマイルで席を押さえることができた時点で「予約のみ」分は光の速さで解約し(同一名義で2つ予約はできないから)、マイルで予約を確定します。
マイルで席を押さえられなかったときは、「予約のみ」分を決済してそれを使います。

いや~もうホント面倒なんですけど・・^^;
「お帰り確約サービス」の存在は偉大だったわ。



そりゃそうと、先得系って思ったより安いんですね!
行きたい日程の行きの大阪→札幌(あ、行先言ってしもたw)の最安値が7700円でした。(関空 →新千歳)
北海道のエアーってめっちゃ高いというイメージだったので意外だったなぁ。

あと、残席状況によっては「スーパー先得」が「先得」よりも安いとは限らないんですね。
帰りの便、先得の方が安かったです。
予約するときじっくり画面を見ておかないといけないですね~。


遠征準備とか久しぶりすぎて、いろいろ新鮮です。



【9/12追記】
本日帰りの特典予約に挑戦して赤字の部分でひっかかり、2つ予約できなかったことを思い出しました。
特典航空券はとりあえずポチできれば一定時間はキープできるので、落ち着いてキャンセル操作すれば問題なし。
なんとか帰りもマイルで無事ゲットできてこれでホテル代のみで札幌行けます^^;(2泊で14600円)


コメント

安住さんが言ってたアレやってみた

2017-08-06 23:59:25 | 

以前、海外の航空会社でオーバーブッキングのトラブルがあってニュースになったとき、この記事がRTされてきたので読みました。

★安住紳一郎が語る 空港で人々を動揺させる館内放送と対処方法  (音声はこちら

安住さん曰く、日本ではオーバーブッキングがわかると、
『次の便に搭乗予定を振り替えてくださる方を募集します。ご協力くださる方には7500マイルもしくは現金1万円を差し上げます』
という館内放送があり、協力したい人がたくさんいて争奪戦になるのだと。


それでですね、6月にレミ遠征に行くとき、自分の乗る便でたまたまこの放送が流れたんですよ。
正確に言えば、ボーっとしていたので、放送が終わるころに「あれ?今の放送って安住さんが言ってたアレじゃない!?」って気づいた感じで。

その瞬間、「私も並んでみようかな!?」という気持ちと、「次の便は1時間後だから、1時間遅くなっても東京でのスケジュールに問題ないかな?」という気持ちがぶつかって数秒躊躇したんです。

そしたらもうその時点でカウンターに何人か並んでいるんですよ!(笑)

今から並んでももう無理かなぁと思ったのですが、とりあえず東京でのスケジュールに問題ないと確信できたので、ダメ元で列に並んでみました。

私の前に5人くらいいたでしょうか。
やっと私の順番が来て、荷物は機内持ち込みなのか預けたのかとか、謝礼は7500マイルがいいか現金1万円がいいかなど質問されました。
答えながらカウンター内に少し上半身を乗り出して、お姉さんが書き留めている手元のメモをちらっと見ると、けっこうマイルを希望している人が多いのにびっくり。
ちなみに私は迷わず現金1万円でお願いしましたw

受付が終わると、「しばらくこの付近でお待ちください」と言われ、カウンターの近辺で待機。
すでにこの便の搭乗は始まっていて、待合室はどんどん人がいなくなっていく・・・

その時!

カウンターの中にいたお姉さんがカウンターから出て、私に向かって一直線に小走りでやってくる・・!
カウンターを出た瞬間から、私とお姉さんの目がずっと合ったままですからね!w

そしてこう言われました。
「○○様、せっかくお申し出をいただきましたが、今回は大丈夫でございます。」


やっぱりあかんかったー!ww


その言葉を聞いて、もう誰もいなくなった搭乗口へダッシュし、予定通りの便に乗りました。


この時、私も少なからずこんな気持ちに(笑) ↓

(安住紳一郎)なんか損はしてないのに、なにか損した気分になるというね。

(中澤有美子)そうなんですよね。

(安住紳一郎)エアロトみたいなことになりますからね。うん。

(中澤有美子)そうでしょうね。元々そうだったのに、なんだ、この気分は?っていう。

(安住紳一郎)そうなんですよ。あれ、おかしいな?普通通りに乗っていたらなんの心の動きもなかったのに、なんか損した気分になっちゃったわ、みたいな。




一直線に私のところに来たということは、私の前の人まではセーフだったってことなのでしょうかね?
だとしたら余計残念な気持ちにwww

こうなったら帰りの便でもう一度狙ってみる!
と思ったのですが、実際、帰りの便は残席があり、このケースには至りませんでした^^; (というか、むしろ1つ前の便に乗れたので乗ったw)


今回の件、いつの日かリベンジしたいです。
来たるべきその日のための教訓はこちら(笑) ↓


(安住紳一郎)もう観光で2、3人で連れ立って『どうする?どうする?でも、1万円・・・』なんてやっていたらもう歯が立ちません!

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)もう早い!30秒から45秒で5人、バンッて来ますから。で、もう1分から1分半たったら20人から30人来ますから。

(中澤有美子)まあ!そうですか!

(安住紳一郎)すんごいですから。まず、キャリーバッグを持っていたら負け。それから、喫茶店でお茶してたら負け。それから、エスカレーターで上りに乗っていても負けです。ダメ。荷物多いとダメだし、お会計しないと出られない店に入っていてもダメ。エスカレーターなんか乗っている場合もダメ。

(中澤有美子)ダメ。はい。

(安住紳一郎)『満席以上のご予約をいただいております』の『満席以上』の『い』を聞いたら、もう走る!

(中澤有美子)(爆笑)

(安住紳一郎)もう百人一首みたいな感じ?

(中澤有美子)ピンポーン!

(安住紳一郎)『衣ほすてふ』の『ほ』を聞いたらもうバーン!『衣ほ・・・』『ほ!これしかない!決まり!』って。『満席い・・・』って言ったらバーン!って、走んなきゃ。

(中澤有美子)そうなんですね(笑)。

(安住紳一郎)もう45秒。30秒以内に行かなきゃ間に合わない。で、これ間違っちゃうパターンは引っかけがあるんですけども。『16時5分松山行き1467便は満席でのご案内になりますので、後方座席からのご案内になります』っていう、ちょっとね、紛らわしい、似てるアナウンスがあるんですよ。なので、『満席以上』の『い』を聞いたら走る!カウンターの位置を正確に把握して。で、とにかく走る。恥ずかしいなんて言ってられませんから。最初ね、1回目の時、恥ずかしいっていう気持ちあるの。

(中澤有美子)そうですよね。

(安住紳一郎)なんか、お金にうるさいみたいな。なんか図太いみたいに思われるみたいな。大丈夫です。カウンターに並ぶと、もっと図太い人がたくさんいますから!



コメント (4)

金浦到着のLCC

2016-07-15 23:59:58 | 

今回のソウル行きは、チェジュ航空を使ってみました。

昼便に乗れるときは、イースター航空を使うことが多かったのですが、前回は初めてジンエアーを使ってみて、時間も正確で荷物も無料で預けられてお気に入りに。

ただ、LCCだと仁川到着・・というイメージがあり、今回、当日15時開演のミュージカル(会場はセジョン)に間に合いたかったので、はて、どの便がいちばんいいのかな・・と悩んでおりましたら、なんと、チェジュ航空は金浦着の便もあるということを知りまして!

仁川13:00着のイースターより、
仁川12:35着のジンエアーより、
金浦12:45着のチェジュ航空がなんだか良さげ・・!

これなら多少飛行機が遅れても、15時開演には間に合うだろう、と読んで決定しました。


そもそもチェジュ航空って、済州島にしか行かないのかと思っていたら、


いろんなとこに行くんやーん!w (関空チェックイン時の様子 ↓ 仁川・金浦・釜山行き、同時に受付してた・・!)






しかも到着予定時刻ぴったりに到着して、セジョンまで5号線でちんたら40分かけて行ってもまだ余裕で、

ビビンククス食べちゃいました(笑)






しかも、帰りに空港で2500ウォンで500mlのエビアン買って飛行機に乗ったら、

飛行機の中で買ったほうが500ウォン安いことを知りましたw




というわけで、私の中で、今後もチェジュ航空は「アリ」に^^
ちょっと機内が狭いかなって思ったのと、イースターより3000円くらい高めだったかと思いますが、それでも新幹線で大阪ー東京往復するよりずっと安いです。
毎回いろいろ勉強になりますね~


関空ーソウルの夏期時刻表(2016/7/01~2016/10/29)リンクしておきますね^^
http://homepage3.nifty.com/timetravel/kixseltimetable.htm





コメント

JALカードの悲劇

2016-05-19 18:16:06 | 

ちょっと今頃つぶやいてもいいですか。
私、生活費のほとんどを1本のカードに絞ってカード払いにして、それでJALのマイルを貯めてたんですけど、
悲しきかな、もうそれが私にとってイミのないことになってしまったのです・・

というのは、確か数年前まで、関空-ソウルのJAL直行便はマイルで予約できていたのですが、
現在では、関空発のJALのソウル行き直行便が大韓航空とのコードシェア便になってしまっていて、特典予約ができないと。

【ご参考】
関西-ソウル時刻表
http://homepage3.nifty.com/timetravel/kixseltimetable.htm



今はマイルで予約をしようとすれば、頼んでもないのに東京経由の画面がでてきて、




関空から1時間20分で行けるところを、最短で4時間30分かけて行くことに・・!


そんなんいらんわww


それなら往復1万円台で行けるLCCを迷わず選びますよ~


というわけで、主にソウルに行くためにマイルを貯めていた私には、東京遠征もほぼしなくなってしまった今となっては、
もうJALのマイルを貯める意味がなくなってしまって、心からショックだったのでした。

以上、悲しいお話を終わりますw



コメント (2)

自動化ゲート

2016-05-15 23:59:34 | 

先日やっと、関空で「自動化ゲート」の手続きをすることができました。
それ以前にも何度か試みたのですが、いつもすごい列で、しかも1人あたりの手続きに関する所要時間が結構長くてタイムリミットに。

今回もダメ元で行ってみると、前に3人くらいしかいなくて、これはいけるかも?と。
機械で指紋を読み取るのですが、私の前の人が何度やっても読み取れなくて、通常は人差し指で読み取るようなのですが、10分くらいやり直しを繰り返したあげく、その方は結局中指の指紋で登録されたようでした。

私はけっこうすんなり読み取れて、パスポートにこんなスタンプを押してもらいました。




実際その日から自動化ゲートを使いましたが、とっても便利ですね!
もっと早くから手続きすれば良かった、と思います。

関空では4FのCIQ PRルームで手続きされている方が多いようですが(私もいつもここに並んでタイムリミットに)、
手荷物検査を受けたあと、出国審査場のところにも手続きするところがあって、こちらは誰も並んでいませんでした。
もしかしたらこちらのほうがスムーズに手続きできるかもしれませんね。

帰国時も、1秒も待たずに入国できたし、ホント便利。
激しくオススメいたします^^

詳しくはこちら
http://www.kansai-airport.or.jp/autogate/



コメント

當麻寺

2016-05-01 23:29:43 | 

奈良の當麻寺。

牡丹とお庭が綺麗でした^^













つつじも綺麗でした^^















相武紗季ちゃんが當麻寺で描いた「勢至菩薩」(たぶん)が飾ってありました。
写仏体験は こちら

當麻寺HP http://www.taimadera.org/index.html



コメント

京都大原三千院

2016-04-24 20:55:55 | 

今日は午後から京都へ。
大原三千院に行ってきました。







































新緑と苔がきれいで、心洗われました。
生湯葉も美味しくいただいてきました^^



コメント

平等院に行ってきました

2016-02-27 23:27:17 | 

今日は午後から京都の宇治へ。

平等院に行ってきました^^










  







凰翔館の雲中供養菩薩像がとても興味深くて~
鳳凰堂の内部も拝観できて大満足でございました。
歴史と共存できる静かな空間が、本当に居心地良かったです。


ウィキより【平等院】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E7%AD%89%E9%99%A2





帰りに中村藤吉平等院店へ。








きつね茶蕎麦




そして食後に 生茶ゼリィ(抹茶)をいただきました^^







お蕎麦もスイーツも美味しくて、幸せ幸せ幸せ♪




コメント

象に乗る

2015-06-13 08:00:36 | 

バンコクで象に乗ったときの短い動画です。

はしゃいでいる私の声と対照的に、そんな私に「携帯落とさないで・・!」とか真顔で訴えかける友人の声のトーンが可笑しかったので公開しようかとおもったのですが、もうトンの曲かぶせちゃいました(爆)







コメント

1泊3日 深圳の旅

2015-04-30 06:00:00 | 

ただいまです!
無事に日本に帰って来ております。

東方神起の深圳での公演に行ってきたのですが(もう皆さんすでにご存じw)、現地でうっかりフレッシュジュースみたいなのを飲んじゃってライブ直前にお腹壊した以外は、特に大きな事件もなく大丈夫でした!(というか危険は未然に回避した)
あれほど水は飲んじゃいけないって言われてたのに、中国だってことをうっかり忘れてしまってて・・・あぶな~~~^^;


さて、前記事のあと、ついに見えてきました。
中国のゲートが。




高速道路の料金所みたいなところを通過して、香港から深圳に入ります。





料金所みたいなのは全部で3つあって、まず1つ目が、香港からの出国のイミグレ。
ドライバーが窓を開けて、パスポートをイミグレの人に渡すと、その人はパスポートを見ながらひとりひとり名前を呼び、顔を見て、写真と同じ人物かどうかチェックします。
私たちは車に乗ったまま、ここを通過。

1つ目を通過したらすぐとなりに2つ目のイミグレが。(←見た目料金所)
これはたぶん中国大陸への入国のイミグレ。
ここでも同じ作業が繰り返されます。(ここの人は、コワい顔で何度も見るので緊張しました。)


ここまで順調に来たのですが、3つめの料金所(違)を通過するのにけっこう渋滞が。
みんな車のトランクを開けてます。税関でしょうか。

結局、香港空港から車に乗ったのが 12:45で、この税関らしきところを通過したのが、14時でした。
1時間15分くらいですね。
長く感じたけど、けっこうスムーズに来たのではないかと思います。


ここを通過したらもうそこは 「深圳湾口岸」というところで、みんなここでいったん車をおりて、他の地域へ行くバスに乗り継いだりします。
私たちはここからタクシーに乗ってホテルに行くことに。
(なんと関空でナンパしたうちのおひとりが同じホテルでラッキー!)


深圳は夏の陽気でした。





ホテルに着くと、先に部屋で待ってくれていた友人と感動の再会。
彼女も東京からひとりでここまでやってきたんです!

彼女は香港空港からフェリーで来るルートを使いました。
実は私もフェリーで一緒に来る気満々だったのですが、なんと私が乗った飛行機がピーチだったもので、このフェリーに乗る資格がなかったんです(笑)
※LCCでこのフェリーに乗り継げるのは、香港エクスプレスのみ。(豆知識)


彼女の乗ったフェリーはこんなの。




彼女が船に乗る前に 会社の人に「今からフェリーに乗りまーす♪」とフェリーの写真を送ると、

「○○さん、それ、きっとフェリーじゃないですよ! 密航船ですよ! 気を付けてください!」 

って返事が来たらしい(爆)



彼女の事前リサーチによれば、そのフェリーは500円くらい払えばファーストクラスに乗れて、ドリンクもついてるとのことだったので、彼女はファーストクラスに乗ったそうです。

そしたらば!ww

彼女いわく、

クーラーがガンガンきいてる(推定10度w)狭い部屋に、知らない男の人と2人で入れられて(利用者2名ww)昭和30~40年代にあるような合皮の1ミリも沈まないソファーに座って、Mr.ビーンのTV見せられて、飲み物が地べたに置いてあった

そうです(爆)


ファーストクラスの部屋の写真。




もうお腹痛くなるほど笑いましたよw

別の子の話によれば、香港は、寒ければ寒いほど「おもてなし」なのだそうです。
クーラーが富の象徴らしい。

でも、「凍え死ぬかと思った」と言うほど寒いのはちょっと困りますね^^;




彼女と海外に遠征に行くときは、だいたい1つのベッドに2人で寝るのですが(リクエストができないような国に行くことが多い)
今回、初めて ベッドが2つ!w

喜びの舞のあとのため、すでにぐしゃぐしゃw



お昼は麺を食べました。






超楽しいライブが終わったのが夜の23時。
ご飯を食べに行きたかったのだけど、近くに店はなし、ホテルのレストランも営業時間外。
私たちは会場から徒歩2分のホテルに泊まっていたのだけど、結局タクシーでこの時間でも開いてる店に行かないといけない。
ホテルでタクシーを呼んでもらうも、30分待ってください、と言われて1時間待っても来ない。

ホテルでタクシーを待っていた人たちはたまりかねて外でタクシーを拾うことに。

そしたら、な~るほど。
タクシーはわざとこないんだということがわかりました。


なぜなら、私たちが外に出た時ちょうど知人がタクシーに乗るところだったので、

「タクシーあってよかったね!」 というと、

「3倍の値段で交渉した」 と言うのです。


えええええ!
だけど乗せてもらえないとホテルに帰れないから仕方ないそうで・・確かにね。



運よく私たちの前にタクシーがとまったので、私たちが近距離のレストランの名前を告げると乗車拒否。
そっか~ ホテルにまともに来たら、正規料金で近場に行くこともあるからね、そんなあほらしいことはできないんですね。

ふと見渡せば、スクーターのタクシーみたいな人たちがいっぱいいて、後ろに乗りなさい、とジャスチャー。

バイクに2人乗りして行くのかよ!!ww

どこに連れていかれるかわからなさすぎて、結局その夜は、ホテルでルームサービスを取りました(笑)





翌日は、超楽しいライブのあと、その日の深夜便で帰るため、香港空港まで代行業者のバスに乗せてもらいました。
帰りのイミグレは、同じく深圳湾口岸で、いったん荷物を持ってバスを降りて、建物の中で出入国をして、またバスに乗るというケースでした。
行きとまた違って面白かったです。


香港の空港に着いてやっと、胃にしみいるような、温かくて美味しいもの(またしても麺)と野菜を食べたあと、
友人とは別の飛行機なので別れを告げました。





私のピーチは案の定出発が遅れ、待っていると、もうとっくに飛び立っているはずの友人からLINEが。




出発時刻を50分過ぎてるのに、荷物だけ預けて人が来ないなんて!!
それって・・・爆破テロなのでは!?


結局1時間遅れで飛んだらしくてホントに良かったのですが、最後までハラハラ&爆笑の旅でしたw


ま、翌日は東方神起の日本デビュー10周年のファンイベントが横浜で開催されたのですが、その友人も、私も、

そのイベントに見事に落選して、肝心の10周年を一緒にお祝いできなかった

っていう世にも悲しいオチつきなのでした(爆)



コメント (4)