たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

2008-12-31 18:03:28 | 日常
2008年を表す漢字は、「変」でしたね。
私自身も今年はいろんな変化のあった1年となりました。
両親のそばへ引っ越したり、ウーフを体験したり、仕事を再開したり、フラをお休みしたり、ウクレレを始めたりと、生活環境もめまぐるしく変わりました。

だからまさに私の1年を表す漢字も「変」かなと思ったのですが、少し違和感。
というのは、これだけ変化があったにもかかわらず、全く変わらないものがある事に気付いたから。

それは、人と人との「絆」です。

この1年ほど多くの人たちの“心”を身近に感じた年はありません。
生活環境が変化しても、変わらないどころかさらに深くなっていく“人との繋がり”に驚いています。
昔からお付き合いのある人たちも、今年初めて出会った方々も、いつも私にあったかい気持ちを伝えてくれてありがとう。

というわけで私の2008年を表す漢字は「絆」。
来年も大切に育んでいきたい目に見えない宝物です。


皆さん、この1年本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいね
コメント

夢のまにまに

2008-12-31 17:48:04 | 映画
この映画、11月に観たのにすっかりレポを失念しておりました(汗)

昨年の「芳2倶楽部温泉ツアー」の宴会の伝言ゲームでこの映画のタイトルが伝言されていった時は、「こぶ広場(仮)」というタイトルだったこの映画。
伝言ゲームでは「カプリポッカリ」になったり、「カニ」になったり「ドギマギー」になったり大変なことになりましたが、最終的には「夢のまにまに」というタイトルに決定したのですね。

感想→ 葛山信吾さんがどこに出ていたのか最後までわからなかった。

上映前に葛山さんファンらしき女性グループが、「(登場するのは)ちょっとだけなんだけどね~」と話している会話が聞こえてきて、チラシをみたらキャスト欄に葛山さんのお名前があって楽しみにしていたんですよ。 ・・・全然わからなかったです。どこに出ていらっしゃったんでしょうか(泣)

映画美術の巨匠・木村威夫さんが90歳の新人監督として撮った映画ということで話題を呼んだこの映画、生と死、老い、戦争などにまつわる人間の心の内側を、静かで美しい映像に織り込んで我々に見せてくださったような気がします。

井上芳雄さんは精神を病んだ青年の役で熱演。本当に痛々しかったです・・。
そんな彼を気にかける主演の長門裕之さんの演技に心打たれました。
また、長門さんの役は映画の中で認知症の妻を介護しているのですが、それが長門さんご本人の私生活とも重なっているということで、胸にくるものがありました。

映画の中で井上さんが歌っている「夜のプラットホーム」という曲が良かったので、CDを買いました。
両親が懐かしがって聴いています。

 「夢のまにまに」CD
コメント

あなたのこの役が最高だったで賞 ’08

2008-12-30 22:31:35 | 雑談(舞台)
そして恒例のベタなタイトルのこのランキング。
今年も独断と偏見で、2008年の印象に残ったキャストのランキングをつけてみました。(敬称略)

第 10位 「フォーリーズ」坂元健児 (テイクフライト)
第 9位 「リンダ」徳垣友子 (ウェディング・シンガー)
第 8位 「斎藤実盛」野村萬斎 (わが魂は輝く水なり)
第 7位 「男性客・貴族・市民」笠嶋俊秀 (ルドルフ)
第 6位 「アルマーニ王子」長裕二 (シンデレラ物語)
第 5位 「杉原千畝」吉川晃司 (SEMPO)
第 4位 「駒井政武」橋本じゅん (風林火山)
第3位 「滝本」三上市朗 (フライパンと拳銃)
第2位 「クローディオ」長谷川博己 (から騒ぎ)
第1位 「ハーミア」神田沙也加 (A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM~THEじゃなくてAなのが素敵~)

今年は神田沙也加ちゃんの舞台を3本拝見し、その演技の幅広さに感動した年でした。
どの役もすごく良かったですが、「A MIDSUMMER~」のハーミアの、パンツ見せながらズッコケる熱演に軍配!
2位と3位の長谷川さんと三上さんは、お二方の魅力を最大限に活かせるストライクゾーンど真ん中な役である上、けっこう出ずっぱりでファンとしては嬉しい限りでした。
サカケンは、フォーリーズのあの一瞬のインパクトで10位にランクイン(笑)

他にノミネートされていたのは、
 
「大貫」吉田鋼太郎 (ガマ王子vsザリガニ魔人)
「伝令兵」上田亮 (李香蘭)
「ピラト」青井緑平 (ジーザス・クライスト=スーパースター)
「ダンヴァース夫人」シルビア・グラブ (レベッカ)
「沢村宗十郎」藤木直人 (冬の絵空)
「ドン・ペドロ」吉田鋼太郎 (から騒ぎ)
「平維盛」長谷川博己 (わが魂は輝く水なり)
「サミー」鈴木綜馬 (ウェディング・シンガー)
「群集」長裕二 (トゥーランドット)
「アンディ」橋本じゅん (LOVE LETTERS)
「小泉八雲」沢木順 (YAKUMO)
「久我山」升毅 (夢のひと)
「千代」神田沙也加 (夢のひと)

神田沙也加ちゃんの他にも、吉田鋼太郎さんや升毅さんに惹かれた1年でもありました。
あと、長谷川博己さんは舞台の他にも、「四つの嘘」、「33分探偵」、「七瀬ふたたび」などのドラマでお目にかかれて嬉しかったです。
そして2008年は“長裕二イヤー”でもありました!
オサリンや笠嶋さんの来年のご活躍にも期待しています
コメント

今年の観劇を振り返る ’08

2008-12-30 01:18:28 | 雑談(舞台)
はい、今年もこの時期がやってまいりましたよ~。
今年はなんと、8月を最後に遠征していないんです~、もう全然時間なくて。
必然的に絞りに絞ったものしか観ていないので、かなり偏ったラインナップとなっています。

悩み抜き、全ての体力をふりしぼって選んだ、2008年のBEST5は、

★第5位・・・SEMPO
★第4位・・・フライパンと拳銃
★第3位・・・から騒ぎ
★第2位・・・ルドルフ / ウエディング・シンガー(同順位)
★第1位・・・夢のひと

同順位とかいう姑息な手を使ってしまいましたが許してください!
これ以上は絞れませんでした。
「ルドルフ」は、ささじまさん効果も大きかったですね。
とにかく今年は2位の2作品の盛り上がり方が自分の中ですごかったです(笑)
じゅんさんの出演作品を6作品観ているのに、ランキングに入っていないのが残念。
「LOVE LETTERS」は入れようかホントに迷ったんですけどね。

来年はこのまま遠征が減ると東京でしか上演していないものを観られないので観劇数は減りそう。
今年もたくさんの方といろんな場所でご一緒していただき、ありがとうございましたv
来年もヨロシクです! 

ノミネート作品はコチラ↓
【舞台】
・テイクフライト
・夢のひと(東京)
・ウエディング・シンガー(東京2)
・YAKUMO
・プロデューサーズ
・紫式部物語
・LOVE LETTERS(秋吉久美子&橋本じゅん)(東京)
・風林火山(東京)
・どん底(東京)
・ガマ王子vsザリガニ魔人
・トゥーランドット
・SEMPO
・わが魂は輝く水なり(東京)
・ルドルフ(東京2)
・レベッカ(東京)
・愛と死のアラビア
・A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM ~THEじゃなくてAなのが素敵~
・阿片と拳銃
・ミス・サイゴン(東京3)
・デュエット(東京)
・シンデレラ物語
・五右衛門ロック(2)
・ベントラー・ベントラー・ベントラー
・私生活
・から騒ぎ
・王立新喜劇 コーポからほり303
・冬の絵空
・フライパンと拳銃
・ウエストサイド物語(京都)
・李香蘭(東京2)
・オペラ座の怪人(11)
・マンマ・ミーア!(名古屋)
・ジーザス・クライスト=スーパースター(尼崎)

【映画】
・ヘイジャパ!
・少林少女
・百万円と苦虫女
・夢のまにまに

【ゲキ×シネ】
・アカドクロ

【DVD】
・GHOOOOOST!!
・そっとおやすみ
・COMPOSER
・アルプス
・LOOSER
・七人の恋人
・ライナス
・RIVER
・ハゲレット

【ライブ】
・おみつライブ(東京)

【イベント】
・橋本さとしvs塩田明弘vs井上芳雄トークショー(東京)
・芳2倶楽部in宝塚

※ハワイアン系のものは省略しています
コメント

西松遥 (JAL社長)

2008-12-29 20:12:07 | ひと

大幅な赤字から見事黒字に転換したJAL。
「痛みを分かち合う」という姿勢のもとに、自らの報酬削減、バス通勤、社員食堂でのランチ等、西松社長のとった行動は有名です。
社長たる人物、それらのことはなかなか出来ないことだと思います。
それをさらりとやってのけるのもすごいですが、私は西松社長がこだわった、あるポイントにとても共感しました。

それは、「当たり前の徹底」。
当たり前のことをきちんとやるということです。
一例として、西松社長は“定時出発”を徹底したそうです。
すると機体の点検等の時間も充分とれて、それが安全にも繋がっているとのこと。

当たり前のことをするのは当然のことでしょ?と思われるかもしれませんが、いやいやこれがなかなかできていないことが多い。
お恥ずかしい話、先日うちの部に内部監査が入って指摘された事が「締め切りを守れていない」。
・・・残念な話です。

問題は「当たり前のことができていない」ことではなく、「当たり前のことができていないことに気付いていない」ことだと思います。
世の中の頭のいい人たちは難しいことを考えるのは得意だけど、簡単なことを考えるのは苦手。
大切なことの本質は、実はとてもシンプルなものではないでしょうか。
そこに企業のトップが気付けるか気付けないかで、企業の運命も変わってくるような気がします。


コメント

やばいですよ!

2008-12-29 08:18:05 | 日常
いつものように駅のホームに上がると、いつもそこで通過待ちしている電車がいない。
今日が休日ダイヤだったなんてΣ( ̄□ ̄)!
コメント

今年最後のお客さま

2008-12-28 22:55:13 | 日常
会社の先輩&後輩が家に遊びにきてくれました~!
昔は同じ職場で毎日顔を合わせていた3人ですが、今は私が違うビルにいるので全然会えなくて。
どうしても年内にゆっくり会いたかったので、年末の慌しい時期で申し訳ないと思いながらもワガママ言って来ていただいちゃいましたv

ランチのメニューは、先日お料理上手なフラシスターちゃん宅でレシピを教えてもらった中から4品を。
・なすのブルスケッタ
・あげとじゃこの和風サラダ
・ゆずこしょうクリームチーズ入りトマト
・きのこのポタージュ
これに、プラス「なんちゃってパエリア」と「手羽先」。

朝、きのこのポタージュを作るため台所の奥からはりきってフードプロセッサーを出したのだけど、いざ、使おうとしたらカッターのセットの仕方がわからないというアホな事態に!(説明書も見当たらない。たぶん使ったことない。)
仕方なく包丁で切ったので、ポタージュではなくただのスープになってしまいました(笑)

お客様が家に到着してからまもなく「バゲット丸こげ事件」が起こり、部屋中の窓を開放する騒動となりましたが、みんなで「OLにっぽん」の熱風戦隊ドライヤーをチビ太の歌い方バージョンで熱唱したり、楽しいランチタイムとなりました。
私はこちらの先輩からは日々ギャグ(主にツッコミ)を学んでいたのですが、先輩と毎日お会いしなくなってからテキメンに先輩のボケに対する反応が鈍くなり、今日も何度もツッコミのチャンスを与えてくださったのにうまく活かせず、また頑張って修行せねば、と年の瀬に身の引き締まる思いをいたしました。
そして後輩ちゃんは、仕事中私が「私は次は何をしようと思ってたんだっけ?」と聞くと、「これこれこうでああだから○○をしようと思っていらっしゃったんじゃないですか?」と、私という人間の思考回路から行動パターンまで全て理解&把握してくれている世にも貴重な人物なのです。
自分のことをわかってくれている人と一緒にいるとやっぱり落ち着くし幸せを感じますね。

我が家に今日お客さんが来ることを知っていたフラシスターちゃんは、「今日は1日家にいるから何かあったらいつでも電話ちょうだいね」と、まるで聖母マリアのような優しいメールをくれました。
ありがとうね~
コメント (2)

魅惑のスタンダード・ポップス スペシャル

2008-12-27 20:37:54 | 音楽
今、BS2でやってるのですが、楽しい~!
新妻聖子ちゃん司会で、今井清隆さんや藤岡くん、中川晃教さんとか出てる~
アッキーの髪型にびっくり!!
今井さんの「見果てぬ夢」素敵だったなぁ。今年はなにげに「見果てぬ夢」イヤーですねv
聖子ちゃん、リチャード・カーペンターさんに英語でインタビューしまくってて、めっちゃカッコイイ
Rinaさんも素敵っす
藤岡くんとアッキーの「プリーズ・プリーズ・ミー」最高♪
今井さんの「オールマイラヴィング」、ノリのいいバルジャンがそこに!
博多座サイゴン、気持ち的には藤岡クリス追加してしまいそうな勢いですが、たぶん無理だ!(笑)
コメント (2)

メレ☆カリキマカ

2008-12-27 01:14:20 | ハワイアン
25日は仲良しフラシスター宅にてクリスマスパーティー♪
なんて素敵なテーブルクロスv と思ったら、パウ用の生地をテーブルにかけたのだそうです。
クリスマスムード満点~

彼女の手料理がそんじょそこらのレストランよりずっと美味しくて感激!
うちに嫁にきてくれないだろうか・・・・残念だがすでに人妻である。

  
   なすのブルスケッタ        きのこのスープとタンドリーチキン

他にもひと手間かけたサラダやなんやかんや、どれもこれもすっごく美味しかったです
レシピをいろいろ聞いてきたので、今度の日曜日(明日!)に我が家に遊びに来る会社の先輩と後輩がなにかと実験台となる予定(笑)
きのこのスープがあまりに美味しくて感動したので是非作ってみたいのだけど、上手く作れるかなぁ。

 デザートはマダムシンコの「マダムブリュレ」

温めても美味しいと書いてあったので、いくつかにカットしてもらって温めたり常温で食べたりいろいろ楽しみました。

天地真理歌唱法と金沢明子歌唱法も披露できて良かったです。(人の家で夜分に歌いまくってすみませんでした)
とっても楽しいクリスマスでしたぁ~
コメント (4)

世界の社食から

2008-12-26 16:41:56 | ハワイアン
久々に社食に行ったら、なんと週替わりのどんぶりメニューが 「ハワイ風スパム丼」 じゃありませんか!

 

見た目はいまひとつですが、まぁまぁいけましたよv
ごはんに白ゴマとしそが混ぜてあって、どちらかといえば「和風スパム丼」というべき?(笑)

そうそう、タイトルを見て「サラNEO」を思い出されたアナタ!
サラNEO年末スペシャルは、12/27(土)22:45~23:30の放送ですよ~。
コメント (2)

樋口さんお別れ会

2008-12-25 02:12:13 | ひと
本当なら50回目のお誕生日を迎えるはずだった12/24、『樋口宗孝 LAST MEMORIAL BIRTHDAY 2008.12.24』と題するお別れ会が東京都青山葬儀所で行われました。

30分ほど前に到着したら、すでにたくさんのファンが列を作っていました。
お別れ会は13時に始まりましたが、ファンの献花は14時からなので、私たちはそれまで中の様子をスピーカーで聞かせていただきました。

「THEME OF LOUDNESS PartⅡ」、「ARES' LAMENT」、「NEVER CHANGE YOUR MIND」が流れたあと、高崎晃氏、影山ヒロノブ氏、井上俊次氏の挨拶が。
今日は泣かないつもりだったのだけど、たっかんの挨拶からあかんかった。
みんな樋口さんとの思い出話やいろんなこと、長い時間話してくれました。

その後、関係者の献花が行われました。
バックに流れる音楽は、樋口さんのドラムソロに始まり、「LOUDNESS」、「CRAZY NIGHTS」、「HAPPY TIME」と続いて、このあたりまでは曲名を書き留めたりしていたのですが、そのあと私たちも樋口さんの遺品や写真が並べられたトレーラーの前に移動したのでもう曲はわからなくなりました。

大きなトレーラーには樋口さんのドラムや、パネル写真、衣装や私服、靴、ゴルフ用品、レイジーやラウドネスのレコードなど、思い出の品がたくさん並べられてありました。
ここは写真OKだったので、みんな場所を譲り合って樋口さんの思い出を写真に収めました。
トレーラー内にはモニターもあって、会場の中の様子と樋口さんの映像が交互に映っていました。

 

いよいよファンの献花の番になり、会場へ。
会場に向かう途中にも何箇所か樋口さんのパネルが置かれてあって胸がつまります。
会場をのぞくと、中央に大きな遺影(黒縁ではなかったのが良かった)と白いドラムセット。サイドに2箇所モニターがありました。

私が入り口に着いたときの曲が「EARTH ARK」。
私にとっての運命の曲。
ここで泣くかと思いましたが、緊張していたのか大丈夫で一安心。
入り口で白いカーネーションをいただいて、順番を待ちます。

献花台までの道のりは遠く、そうこうしているうちに「EARTH ARK」が終わって、曲が「Mr.YES MAN」になったとたんに私の涙のダムが決壊!!
うえー、涙が止まらん。間欠泉かっちゅうくらい出る。
しかもそのときサイドのモニターで、メンバーと樋口さんが楽しそうにダーツをしている映像が映っていて、樋口さんがふざけてダーツの矢をつまようじみたいにしてはしゃいでるのを見てしまったものだからさらにえらいことに。
油断してました・・イエスマンでこんな事態になろうとは。
でも献花するときには涙もおさまり、樋口さんにちゃんと御礼を言うことができました。
私が献花台に花を置くと、ちょうどイエスマンも終わりました。

献花を終えると、ラウドネス&レイジーのメンバーが並んでくれていました。
左から、ニイちゃん、マーくん、たっかん、影山さん、俊次さん。
みんなファンに丁寧にお辞儀をしてくださっていました。
影山さんはファン一人一人と目を合わせて頭を下げてくださっていたと思います。
そして出口でトップ写真の「会葬御礼」のカードをいただきました。
この写真、トレーラー内のパネルの中でいちばん好きだなぁと思っていた写真だったのですごく嬉しかった。
写真の横に「あとは頼んだで、よろしく」の文字。
本当に樋口さんが言っているように思えました。

会場を出るとものすごいファンの列でびっくり。最後尾が見えない。
全員の献花が終わると、トレーラー内のモニターで樋口さんのヒストリーを映像と音楽で紹介するVが流れ、これがめちゃくちゃかっこよかった!!

その後、メンバーが取材を受けている様子をモニターから見ることができました。(声は聞こえない)
15:50頃、樋口さんの遺骨をお見送り。
ご両親が遺骨とお位牌を持って出てこられました。
たくさんのファンが、樋口さんの遺骨に向かって「ありがとう!」と叫んでいました。
私も心の中で御礼を言いました。

ご両親が車に乗られてドアを閉めた瞬間、バックに流れていた樋口さんのドラムソロのラストのドラがジャーン!と鳴り響きました。
車が出た後ももう一度。

樋口さん、いろんなこと本当にたくさんありがとう。
そしてあなたの死は、ある大切なことを私に気付かせてくれました。
最後に、LAST MEMORIAL BIRTHDAY実行委員会の皆様へ。
お別れ会を開いてくださって本当にありがとうございました。
コメント (2)   トラックバック (1)

オペラ座の怪人 12/23  クリスマスカーテンコール

2008-12-24 06:06:47 | 観劇
今年の観劇納めとなりました。

見慣れたはずの1幕の支配人室でのやりとりに、なぜか突然ハマる。
ラウルが怪人からの手紙を持って支配人室に乗り込み、

ラウル: クリスティーヌはどこだ?
フィルマン: 知りません
ラウル: 君たちがこれを書いたのか?
アンドレ: 違います

という会話をしたばかりなのに、

ラウル:どこにいる?
フィルマン:ここには
アンドレ:いません!
ラウル:君たちがこの手紙 書いたのか?

ええっ!? ラウル、あなたついさっき同じこと聞いたばっかりやん!!(笑)
ラウル、大丈夫なんでしょうか・・


そしたら今度はカルロッタが乗り込んできて、

カルロッタ:この手紙は頭に来てるの!

フィルマン:(ラウルに向かって)あなたですか?

さっき自分が2回も疑った支配人に反撃されるラウル(笑)

ラウル:ちがうさ!
アンドレ:それじゃ一体
カルロッタ:(ラウルに向かって)あなたなの?

違うって言ってるのに、さらにカルロッタにも疑惑の矛先を向けられるラウル(笑)

他にもここのシーンでクリスティーヌが戻ってきた時の

ラウル:会いたいな
マダム・ジリー:いいえ、会わないでしょう

ここも私にはかなりツボなんです。
ものすごい勢いで歩いて来て「会いたいな」とジリーに詰め寄ったのに、ピシャリと言われた瞬間、同じ勢いで帰っていくラウル(笑)

ラウル、面白い

クリスマスカテコは、キャストの皆さんがクリスマスソングを2曲歌ってくださいました。
たぶん1曲目は「ひいらぎ飾ろう」・・・でしたっけ?(自信なし)
指揮をしていたのはサトケイさんかな? お顔は見えなかったけど2枠の衣装だったような気がする。
そして2曲目は「神の御子は今宵しも」・・・ですか?(ちゃんと聞いておこうね・笑)
キャストの皆さん、素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございました
写真は劇場の中のクリスマスツリーです。
コメント

井上芳雄ディナーショー

2008-12-23 09:38:09 | 音楽
私は行けなかったのですけどね!(笑)

昨日帝国ホテルで井上芳雄さんのディナーショーが昼夜2回行われました。
チケット激戦で多くの人が涙を飲んだ今回のディナーショー。
お席を確保できた幸運な芳友たちがメニューの写真や曲目リストなどをメールで送ってきてくれて、会場の雰囲気がすごく伝わってきて嬉しかったです。
皆さん、ありがとう

さすがにドライヤーは歌わなかったようでちょっと安心しました(笑)
曲目を見ると、大好きな「Wedding Singer」はじめ、「ルドルフ」、「ミス・サイゴン」からのナンバーに加えて、ドラマでも歌った“見果てぬ夢”なんかも入っていて、まさに今年の総決算って感じですね。
芳雄くんの「Amazing Grace」聴きたかった~!

メニューはご本人の写真つき。 この写真、お気に入りですv
お料理も七面鳥のクリームスープとか、クリスマスっぽくていいですねぇ

私が井上さんの歌を初めて生で聴いたのは、2004年の地元でのディナーショー。
あのときの衝撃は忘れられません。
いつかまた地方にも来てくださ~い
コメント

朝からTVで芝ムファサ

2008-12-22 07:54:52 | 雑談(四季)
LK10周年だったんですね。
おめでとうございます~ (←ライオンの絵文字がなかった)
コメント

サプライズ!

2008-12-22 00:24:25 | 音楽
家に帰るとポストに“JP WONDERLAND”からの封筒が。
はて?チケットか何か申しこんでたっけ・・?
封を開けてみると、なんとCDが!

 『IL Musicale』って! どういうこと
同封のメッセージを読むと、どうやらこれは『IL Musicale』のオリジナルCDらしい。
しかもFCの皆様へ日頃の感謝を込めてプレゼント、とか書いてあるし!

きゃー 嬉しい~~~~
だって行けなかったんだもの。
JPさん、いい人~(人?)

収録曲は『IL Musicale』から抜粋7曲+ボーナストラック1曲の全8曲。
笠嶋さんの歌は「君住む街」が収録されています。(ラウルじゃなくて残念!)
早速聴いてみましたv
・・・なんだか照れるんですが(笑)

考えてみたら笠嶋さんの歌をフルコーラスで聴いたことないんですよね。
歌にお人柄が現れているような、そんな素敵な歌声でした♪

そして、「RENT」に笠嶋センサー反応
谷口浩久さんがメインで歌っているようなのですが、どうも笠嶋さんの声らしきものが聴こえる(ような気がする)!
歌ってる?歌ってますか!?(歌ってなかったらすみません・汗)
そんな怪しさ満点の「RENT」にテンション上がりまくって、1月の「RENT」地元公演のチケットを探しましたが、なかなかないものですねぇ・・。

このCD、女性陣がなかなか良いですよ
でもやっぱ自由で熱くて怪しい「RENT」が最高かな(笑)
JPさん、素敵なクリスマスプレゼントをありがとう

【IL Musicale】より
1.ブイドイ(今井清隆)
2.ミュージック・オブ・ザ・ナイト(今井清隆)
3.命をあげよう(今泉りえ)
4.RENT(谷口浩久)
5.ダンスはやめられない(浦壁多恵)
6.君住む街(笠嶋俊秀)
7.我が心の夢(高島みほ)
〈ボーナストラック〉
8.世界が終わる夜のように(高島みほ&SINGO)
コメント