たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

プーさん待ち

2012-07-31 23:39:10 | 日常

もうすぐ始まるプーさんのクエストの待機中です^^

結局中途半端にラベンダーに手をつけてしまったので(もちろん最後まで達成できずw)、
プーさんの準備がなんにもできていないままイベントに突入することに^^;
しかもラベンダーがまだお庭を占領しているという手際の悪さw

あはは。


画像は、先日、観劇友達のあーちゃさんがお庭に来てくれたときにこっそり記念撮影したもの(笑)


私たち、もともと某ミュージカルに通っていて知り合ったんですけど、そのミューオタ集団が、今年出会って10周年を迎えるんです。
それで8月に大規模な同窓会があるんですよー^^
もう休暇も申請してあってめっちゃ楽しみで♪

トンペン仲間も10年後にまた同窓会しようね^^

コメント (4)

最近ショーゲキだったこと

2012-07-31 06:23:22 | 日常

① 昨日、代替のスマホに電話がかかってきたが、電話の出方がわからずとうとう電話に出られなかった。


② ドラマ「ビューティフルレイン」を見ていたらヤスケンが出てきて、「あ!ヤスケン出てる!!」とめっちゃ得した気分になったが、そもそもヤスケンが出てるからこのドラマを見始めたのだった。


③ 「ドラえもんの足が気になる人はRT」と、友人からRTされてきたドラえもん。




そして、

④ ニイロさんの7/26のブログより。 → ワールドワイド

スリルミーは日本では「究極の愛の物語」と解釈しているが、韓国では「愛憎劇」と解釈しているらしい!

あとからこれ知って、めっちゃナットクしました・・・!!



今日も楽しい1日を^^


コメント (3)

業務連絡 (追記あり)

2012-07-30 07:25:08 | 日常

スマホの電源が入りませんTT
充電が切れてるだけかと思っていたらそうじゃないみたいで・・

昨日の夕方くらいから、メール、Lineなど、一切見れていないので、
急用ある方はPCアドレスか、ブログのコメント欄、アメブロのメッセージなどお使いいただきますようお願いいたします。
すみません・・TT

電話も通じませんTT

また回復したらお知らせしますね。



*    *    *    *    *    *    *    *


【7/30 21:00追記】

やっぱり本体やられてまして代替の機種を持ち帰りましたので、メールと電話はOKになりました^^

お店の人に、「こうなる直前は何をされてましたか?」と聞かれました。
昨日は飛行機が大阪に着いて、電源を入れようとしたら電源が入らなくて・・・
その直前といえば、羽田で飛行機に乗るぎりぎりまでスマホでラベンダーを収穫しまくって、スマホがめっちゃ熱くなっていた・・・それが最後でした。

もしかしてピグのせいでしょうか(笑)


コメント (2)

『二都物語』 2013年夏上演決定

2012-07-30 02:17:10 | 雑談(舞台)

遠征中に皆さまから教えていただいた大ニュース!!
(なのにまだお返事できてなくてごめんなさいTT)

ミュージカル『二都物語』が、来年夏、帝劇で上演決定!

早速、今日帝劇でチラシをゲットしてまいりました^^


芳雄くんと浦井くんの舞台での共演って、過去にありましたっけ???
めちゃくちゃ嬉しいのですが・・!


韓国では一足お先に今年の8~10月に上演されますが、韓国版のキャストがまたステキなんですよね^^
芳雄くん演じるシドニー・カートン役が、リュ・ジョンハン先生と、ユン・ヒョンリョルさん、
そして、浦井くん演じるチャールズ・ダーネー役が、チョン・ドンソクさんと、カイさん。

韓国版も観たい勢いですが、残念ながら10月までに韓国に行く予定はありません・・・TT


日本では2013年7月18日~8月26日に帝劇にて上演。
これさぁ・・芳雄くんのFCと浦井くんのFCの合同貸切公演とかやってくれないかしら!?(笑)

コメント (2)

ルドルフ ザ・ラスト・キス  120729

2012-07-30 01:29:20 | 観劇

ルドルフ千秋楽を観てきました!
今回全然東京に来れなくて、結局今日が最初で最後の『ルドルフ』でした~

とりあえず、ウンテさんが写真を撮られた場所を激写^^



いや~、どうでしたか、皆さま。
ルヴォー版、素敵な恋物語でしたね~^^

私ね、2008年の亜門版も好きだったんですよ。
亜門版はアンサンブルさんの出番が多くて、けっこうそれが楽しかったんです。
だから今回はアンサンブルさんの活躍する場がそんなになかったかなって思ったのですが、
でもその分、ルドルフとマリーに焦点が当てられていて、強く美しい愛が描かれていましたね。

悲しい最期なのに、なぜか悲しくないんです。
だけど涙が出てしまって。
自分でも一瞬何の涙かよくわからないんですよね。

たぶん、4年前にも感じた気持ち。 (過去記事 マイヤーリンク
うーん、尊いものを感じたときに出る涙かな~
何が尊いかと言うと、究極の愛とか、究極の幸せということになるんじゃないかって思います。


昨日「スリル・ミー」を観て、良知×小西ペアのキスシーンが最強だと思いましたが、

井上×和音ペアが、さらに最強でした・・!(笑)

ルヴォー版のキスシーン、はんぱないです。アハハ。

そして、今回これを観に行ったと言っても過言ではない、それは、スケートシーン。
芳雄くんちゃんと滑れてた!
カーテンコールで和音さんが、最後まで誰も本番で転ばなかったっておっしゃってました。
本当に良かったですね^^


そうそう、2幕冒頭は『マンマ・ミーア!』の2幕冒頭とかぶってるって思いませんか?^^;
あと、韓国エリザの闇広って、ルヴォー版ルドルフの階段を使ってたんですねw

楽曲はやっぱり大好きです。
「明日への階段」が「明日への道」に変わっていました。
この曲のあとはショーストップでした。私もちょっと胸がいっぱいに・・
このシーンの演出も変わっていましたが、あくまでもルドルフに焦点!って感じですね。
すごく良かったです。(亜門版のこのシーンも大好きですよ)


開幕までいろいろと大変だったようですが、無事に千秋楽を迎えられて本当に良かったですね。
俳優さんたちがみなルヴォーさんに熱い思いを抱いていらっしゃる様子がうかがえて、ルヴォーさんってすごい方なんだなって思いました。
主役の井上さん、和音さんはじめ、ルドルフカンパニーの皆さま、本当にお疲れさまでした^^

カテコの動画、東宝さん早くアップしてくださ~い!
とても面白かったんですよ、特に村井さんとサカケンさんがw


劇場にはルドルフとマリーのパネルが。



こんなのも^^



井上さんは、次の舞台は「ダディ・ロング・レッグズ」ですね。
こちらは地元に来てくれるのでありがたい~
来年の夏まで舞台のスケジュール入っててすごいよね。体に気をつけて頑張ってください~





【キャスト】
ルドルフ:井上芳雄
マリー・ヴェッツェラ:和音美桜

ステファニー:吉沢梨絵
ターフェ:坂元健児

ラリッシュ:一路真輝
フランツ・ヨーゼフ:村井國夫

<男性アンサンブル>青山航士/島田邦人/杉山有大/照井裕隆/中島康宏/
原 慎一郎/ひのあらた/松澤重雄/港幸樹/村瀬美音/山名孝幸

<女性アンサンブル>岩亜希子/大月さゆ/樺島麻美/後藤 藍/鈴木結加里/
保泉沙耶/舞城のどか/美鳳あや/望月理世/柳本奈都子/やまぐちあきこ


音楽:フランク・ワイルドホーン
脚本・歌詞:ジャック・マーフィ
追加歌詞:ナン・ナイトン
演出:デヴィッド・ルヴォ―


コメント (2)

スリル・ミー 120728

2012-07-29 08:59:10 | 観劇

いや~、スリルミー遠征は大正解でした!
7/28は3公演(ラチコニペア、韓国ペア、韓国ペア)あったのですが、私は12:00のラチコニペアと、15:30の韓国ペアを観ました。


劇場の物販付近の様子



土曜日ということと、ラチコニ楽ということと、韓国ペアが2公演あるということで、劇場がカオスなことにw
韓国からもたくさん観に来られていて韓国語があちこちで飛び交っているし、今年になってソウルで知り合った方々と偶然お会いできたり、10年来の地元の観劇友達も来ていたり。
中でも、小西くんファンの地元の観劇友達は、この日東京に来て、ラチコニ楽を見て、夜は大阪で『リンダリンダ』を観るという、東京と大阪のマチソワ。相変わらずのオトコマエな観劇っぷりに改めて惚れ直しました!


さてさて、良知×小西組ですよ。


いやんもう遠征してホントよかったワー!
予想以上の期待以上でした。

2012年3月7日、何度も目をこすって確認したあの キャスト発表の日から4ヵ月半。
本当にこのペアが観れるなんて、夢じゃなかったんですね!

私、良知くんのこんなにもたくさんの表情、初めて見ましたよ。
声も表情も、瞬間瞬間、流れるように変化していく良知くん、初めて見ましたよ。
こんなに柔らかくて熱くて切なくてしたたかな良知くん、初めて見ましたよ。

観る前はイメージはどうしても「私」じゃなくて「彼」だったけど、
幕が開いたら、「私」以外の何者でもなかったですね。
『スリル・ミー』に出演している良知くんなんて想像もしたことなかったので、キャスティングしてくださった方、本当に感謝ですよ。
そして、小西くんと組ませてくださったことにさらに感謝。
相性がとっても良かったのではないかと思います。

何より2人のキスシーンが!
前日に見たニイロ×万里生組の比じゃないくらい濃くてビックリしましたよ。(それがいいかどうかは別として。 ←私は良かったですw)

小西くんの「彼」もホントに素晴らしくて、私は最初の方で弟にキレて柱をガン!って蹴るところで、
「ああ、小西くん完璧・・!」って思いました。(私のツボが変ですねw)
そして拘置所のシーンの、鼻水を垂らしながらの熱演に感動・・TT

良知くんが歌う「99年」には自然に涙が流れました。
すごく良かったです・・!
2人ともすごく役を研究して、2人でこの関係を作り上げたのがとても伝わってきましたね。


終演後、良知くんのマネージャーさんがツイってくれた楽屋写真。
なんかホッとした、そしてやりきった顔してますよね~^^
小西くん、良知くん、千秋楽おめでとうございます。 本当にお疲れさまでした! 





そしていよいよ韓国ペアを観れる時が!
チェ・ジェウンさん×キム・ムヨルさんペア。
あ、これ↓は劇場で販売されている「韓国ミュージカルガイド」の中についてるポスターの写真です^^



このペアは、韓国ではもう観られない伝説のペアだそうで、そんなお2人を日本で拝見できて本当にありがたかったです。

感想をひと言でいえば、何もかもが美しかったです。
歌はもちろん、舞台でのお2人の動きも、お芝居の空間の流れも、お2人の存在そのものも。
練りに練られた時間を見せていただいたように思いました。
本当に素晴らしかったです・・!

ジェウンさんはご縁があって、韓国で2作品ほど舞台を拝見しているのですが、「スリルミー」でのジェウンさんがいちばん好きかもです。
ムヨルさんの舞台は初めてでした。とても素敵な俳優さんですね。

お二方とも日本にきてくださって本当にありがとうございました、と心からお礼を申し上げたいです^^



この日友人たちと盛り上がったのは、劇場で飲めるオリジナルカクテル。



それぞれのキャストごとにカクテルがあるんですよ^^



私は観劇前の水分摂取は控えているので飲まなかったのですが、この日友人たちがセレクトしたのが韓国ペアのカクテル。



ジェウンさんのはビールに柚子とレモンを加えたシトラスビール(左)、
ムヨルさんのは、ジンをピンクグレープフルーツとアセロラジュースで割ったカクテル(右)。

どちらも美味しかったそうです^^
あ、アルコールがダメな方にはノンアルコールでも作ってくれるんですよ~


ちなみにラチコニペアのカクテルはこんな感じ。


カクテルに名前がついてて、2人がつけた名前が、
良知くん→「初恋」、小西くん→「初夜」(みんな爆笑ww)



カウンターに、こんなお人形が置いてあって、そのポーズが・・!!


この劇場に通いまくっている友人いわく、
「お人形は前からあったけどこんなポーズはしてなかった」らしい(爆)

みんなで 「これは絶対ラチコニペアだよね」 という結論にw


観劇後、みんなでとりあえずいったん乾杯し、そのあと、この人数のまま(7人)中華を食べに行きました^^


皆さん、楽しい時間をありがとう~~~~!
そして、劇場で奇跡の再会をしたソウルのエリザジョンハンさん楽でお隣のお席だった綺麗な方、京ちゃま、ソウルでお世話になったいずみさん、偶然お会いできて嬉しかったです。
またお会いしましょうね^^


今日は本当は「洸平さん×カッキー組」を観たかったのですが、やむをえない事情により断念。
カッキーたちは大阪に来てくれるので、大阪で観ますね!


コメント (4)

どうしよう!!

2012-07-28 14:33:11 | 観劇

良知×小西組、めっちゃ良かったんですけど!
想像してたより10倍良かった!(≧▽≦)

韓国組を見る前に、今のうちに好きなこと言っておかなきゃ!w
きゃー、でも何から言っていいかわからない!

とにかく良知くんがキュンキュンきて、私、涙してしまいました。
そして、なんなの、キスシーンが昨日の100倍濃いじゃないの!(笑)
キスシーンの、通称「エロ小西」と、拘置所の通称「乱れ小西」が最高でした!

今、中間打ち上げでみんなで絶賛しています。
ええ、みんな良知くんと小西くんのファンばかりですから言いたい放題ほめまくりですよ。
韓国組見る前だから、今、何でも言ってOKなんですよ( ^o^)ノ

良知くん、小西くん、あなた達最高~!(笑)
コメント (4)

スリル・ミー 120727S

2012-07-28 11:11:43 | 観劇
こんにちは!

昨日は3時に仕事を無理やり終えて、4時半の飛行機に乗って、7時半のスリルミーを観てきました。
せっかくマイルを使って交通費かけずに東京に行けるはずだったのに、当日発覚した空港までのルートの計算ミスによりやむなく空港までタクシーを使うことに。痛い出費となりましたTT


天王洲銀河劇場~!
やっと観れるー!『スリル・ミー』^^


この劇場はまだ劇場が「アートスフィア」って名前のときに芳雄くんのコンサートで1回来た以来。
7年ぶりくらいかな??? 懐かしいー^^


今回の『スリル・ミー』は大阪公演もあるのですが、東京でしか観られない良知×小西組と、はるばる韓国から来てくれたジェウン×ムヨル組を観るために遠征しました。
ラチコニ組の楽に合わせて日程を組んだのですが、いきなりこのペアを観るのが何故だかコワくて(爆)、その前にやっぱりこの人たちを観ておくべきだろうと。


「ニイロ×万里生組」。



というわけで、チケットもお友達がニイロさんのFCで取ってくれました。ありがとー^^
ニイロさんのFCは「ROUTE216」っていいます。 カッコイイですよね!



お友達が取ってくれてたお席が、なんと、ステージサイドシートというステージ真横のお席。
このお席が、舞台での俳優さんの息づかいまで間近で感じられる臨場感溢れるお席でした・・!

例えばこっちにいるニイロさんに向かって歩いてくる万里生くんの視線とか、またその逆も、すごくリアルに感じられるんです。
こういう観劇の仕方ができるって面白いですね~。


お話の方は、私の中では「ひぇ~~!」な世界(笑)
自分には絶対ない愛の形ですから。
あ、もちろんこれが男女間の物語であったとしても、ないですね、私には。
だから、逆にとても楽しめました。

新納さんと万里生くん、本当に素晴らしかったですよ。
新納さんはどんどん凄い俳優さんになっていかれてて、役の幅も本当に広くて、ひたすら「尊敬」。
万里生くんは、これまで私が持っていた万里生くんのイメージを見事にくつがえしてくれて、ひたすら「すごい!」って思いました。






さて、あと2時間弱でラチコニ組を観れるわけですが・・・・ やっぱりコワイよーw
あ、昨日ラチコニクリアファイルをゲットしましたよ^^




それにしても良知くんの「私」が全く想像つかん!!(笑)


今までの役からすると、私の中で良知くんはどうしても「彼」のイメージなのですよ。
楽しみで、今ちょっと軽く吐きそうですw


劇場には韓国チームへのお花もありました。



昨日から劇場で販売されている「韓国ミュージカルガイド」も早速購入。
帰ったらじっくり読ませていただきます~!



遠征中はなかなか時間がなくてコメントのお返事が滞ったりしてごめんなさい^^;
また帰ったらお返事させていただきますね。


コメント (3)

タスケテー

2012-07-27 22:50:57 | 日常

今泊まっているホテル、ピグに接続できないんです。

ラ、ラベンダーが・・TT

スマホでやれと?

ショック大きすぎで立ち直れません~!

コメント (2)

TONE - Arena Tour Backstage

2012-07-27 02:14:14 | TVXQ
あえて別館じゃなくこちらに。
頑張っているユノとチャンミンの姿を、良かったら見てくださいね^^


(YODMANOODlllll様)


コメント (3)

ウェディング・シンガー 2013年3月上演決定

2012-07-27 01:44:46 | 雑談(舞台)

わーい、2013年3月に『ウェディング・シンガー』にまた会える!

え!? でも、ラストステージなの!?
それは寂しすぎますよ~!!


キャストはこちら。




ジュリアとホリーとサミーが新キャストさんに!!!!!

いちばん驚いたのがサミーの吉野圭吾さん!

綜馬さんのサミーがインパクトありすぎて、吉野さんのサミーが想像できません!(笑)

楽しみにしていますね^^


コメント (2)

オリンピックに思う

2012-07-27 01:43:04 | 日常

ロンドンオリンピックがいよいよ開幕ですね!
なでしこもカナダに勝って、幸先のいいスタートです^^

私、オリンピックになるといつも思うことがあるんです。
それは、メダルのことなんですが、
金メダルというのは、「絶対に金メダルを取る!」という気持ちがある人だけが取れるような、そんな気がするんです。
どんなに練習した人でも、「メダルは無理かもしれない」と思ったら本当に取れなくて、
金メダルじゃなくて銀でも銅でもいいや、と思ったらホントに金は取れなかったりするんじゃないかと。


それで思い出すのが、以前受けた、NPO法人GEWEL代表理事の堀井紀壬子氏のセミナー。

以前、このブログでも紹介させていただいたことがありますが、そのセミナーでこんなことをやったんです。

①立って右手をまっすぐ前に出し、人差し指で前を指さしてください。
②足は動かさず、体を右に限界までひねって人差し指が指す場所を覚えていてください。
③手を下ろし、正面を向いて目を閉じてください。
④頭の中で、さっき指さしたところよりもう10~20cm先まで指さしているところを想像してください。
⑤次に、そのまだ7cmくらい先まで指さしているところを想像してください。
⑥目を開けて、もう一度②の動作をしてください。

さて、結果はどうなりましたか!?
おそらく100人中100人が、「うそ!?」って思う結果になったのではないでしょうか。

イメージにより、脳は「ここまでできる!」と体に指令を出すのだそうです。
だからもちろんその逆もあるわけで、「できない」と思ったらできないのでしょうね。
普段、知らず知らずのうちに自分で限界を作ってしまってそれが習慣となっているのだとしたら人生もったいない話だと思います。


ここからは私の考えなのですが、「思い」というのは人生をとても左右するものと思っています。
例えば、手に入れたいものや状況がある場合、それが努力を積み重ねれば手に入るものなのか、努力のしようがないものなのか、に大きく分けて、努力すれば手に入るものであればこつこつ努力して手に入れる。
で、努力しようのないものの場合はどうするかというと、ただ、「思う」ことによって手に入れるという方法があります。

例えば失業中に、「この時期までは好きなことをして、この時期から働こう」と思うとします。
そうしてその思いを自分の胸の深いところまで落とし込みます。
そしたら次にそのようにスケジュールを組む。
それまでは平日にも予定を入れていたものを、このあたりから働くからここからは土日しか予定を入れないで、平日の観劇は夜公演のみ、というふうにスケジュールを組むんです。
そしたら本当にその時期に仕事のお話をいただけるんです。
そんなふうにこれまでいくつか望む状況や環境や物を手に入れてきました。

変な話なんですけど、人間ってもともとある程度自然とか宇宙とかにちゃんとサポートされているんじゃないかなって思うんです。
それを「できない」と思ったり、疑ってかかったりすることで、本来すぐ手に入るものなのになかなか手に入らなかったりするような気がします。
本当は今すぐ手に入れられるものを、自ら「いつか」とか、「10年後には」とかその時期を先送りにしていることもあるのではないかと。


すみません、オリンピックと脳の不思議と自分の体験になんか繋がりを感じて、書いておこうと思いました。
簡単に言うと、「しっかり“思い”を持つことで望みは実現する」ということでしょうか。
ホントに変な話ですみません。ひとり言だと思ってくださいね^^


コメント (6)

「幸福」

2012-07-26 23:29:03 | 雑談(舞台)

先日、ミンチョルルキーニにいただいたカードのサインがチャンウィさんのものだとわかった瞬間、




額に入れて厳重に取り扱うことに(笑)




教えてくださった皆さま、どうもありがとうございました。
日付の上の、“ ”の中の字がもう絶対に役の名前だと思い込んでいたので、
チングと、「皇后」って書いてるのかなぁ? 皇后ならソニョンさんのサインじゃん!! と盛り上がり、

「サインがどうもアルファベットのEから始まってない?」
「エリザベートのE?」
「え?何?ソニョンさんのサインはエリザベートってこと???」
「役になりきってサイン書いてみたとか???」


などど、真剣にアホな会話をしておりました。


“행복 ”(幸福)って書かれてあったのですね。

いい言葉ですね。
チャンウィさんが「幸福」って言ったら、みんな幸福になる気がします。
すでに持っているいろんな幸福にも改めて気づかされます^^


それで、遅ればせながらやっとFCに入ったんですよ。
以前入ろうとしたら有料会員を受け付けていなくてそのままになっていたのですが、
チングが「今は入れるよー」って教えてくれたので^^

それで、申し込みのページを見ていると、会員カードの写真が載っていて、

そこにチャンウィさんのサインがあるじゃないですか!!




お、お、同じだ・・・・(涙)

うう・・ミンチョルルキーニ、ありがとうTT
だってね、これ、ばらまきじゃなくて手渡しでいただいたから。
あなたにはこれ、っていうふうにミンチョルさんが1枚選んで私の手に渡してくださったから。
ミンチョル氏、神。
あなたに足向けて寝れません。


というわけで、チャンウィさんのサインは、大好きな東方神起のFC会報と一緒に飾ってあります(笑)





チャンウィさんのFCは特に会報はないようなのですが、いつかもし会報が発行されるようなことがあれば、こんなことをして 遊ぶのが夢です^^


コメント (5)

エリザベート(高陽公演) 120721 

2012-07-23 01:36:17 | 観劇

ただいまー^^
チングを韓国に残したまま帰ってきましたw


旅の最後に選んだ作品は、『エリザベート』です。

イルサンは、街じゅうエリザベート^^




コヤンアラムヌリアラム劇場。
ここが『エリザベート』地方公演の最終会場になります。
(ご参考:韓国エリザ地方公演スケジュール









高陽公演初日のトートは、ソン・チャンウィさん。






前日の7/20は釜山で『光化門恋歌』の“過去のサンフン”役で優しく切ない恋物語を演じられ、



翌日7/21は、高陽で『エリザベート』の“トート”役で激しく冷酷な恋物語を演じられ、



いったいチャンウィさんの頭の中はどんなことになってるんでしょうか。

※ちなみに本日7/22は、またまた釜山で『光化門恋歌』ですからビックリです。



高陽でのチャンウィトートは余計なものをすべて削ぎ落とし、限りなく原点に戻られていました。

これですよ。
私が2012年2月8日に惚れたトートは!


歌声もツヤッツヤで、何よりチャンウィさんご自身がノリノリでトートを演じられているのが本当によくわかりました。

きっとお忙しいながらも気持ちはとっても充実されてるのでしょうね~
そういう感じなんです。 「ボク今、最高にノッてます!」 みたいな^^

いつもはしないような動きや、キメポーズも多発!(笑)
それがどれもホントにカッコよく決まっていました。

「最後のダンス」や、ルドルフが窮地に陥ったシーンでは、ハッキリと、「ワッハハハ!」とか「ホー!」とか、カタカナで大きく字が見えるような笑い声を上げていらっしゃいました^^
聞いていてとても気持ちよかったです!
一時は役の解釈で全く高笑いされなくなった時期もおありでしたから、
ツンデレトート完全復活!といった感じでしょうか。

マイヤーリンクでは決して必死すぎず、クールに淡々とルドルフを死に導きます。
余力があるんですよ。
ルドルフの1人や2人、思いのままなんですよ。
それがよけいコワイ・・!
ルドルフが死んじゃったあと、キスした口元をクールに手でぬぐって去る姿もカッコ良すぎました。


地方公演はソウル公演と全く同じようには舞台を設定できない部分もあるようで、
エリザベートが娘ゾフィーを殺されたシーンで本来トートが左上の高所に登場するところは、舞台下手袖に登場していました。
ここで、「お前が求めているのは皇帝ではなく俺だ」とかなんとか歌ったあと、プロセニアムアーチに寄りかかって哀愁を漂わせていたチャンウィさんのポーズがとても良かったです^^

そして、もう一箇所ルドルフの棺にエリザベートが泣きつくシーンはやはり本来は左上高所に登場する場面ですが、ここはなんと、舞台中央にまるで東方神起のコンサートのように円形の台がせり上がり、その上に乗ってガーッと上がってくるチャンウィトート。
ここは意表をつかれました!楽しませていただきました~^^


最後のフランツとの対決シーンも、おそらく初めて拝見したチャンウィさんの、

コート全開のポーズ(両手でコートの端を持ち、一気に力強く開く)

など、もうホントに全てが力強くて、ナイフを投げたあともシュッシュッ!って腕をカッコよく振り回して(ただし相変わらずナイフはよく見えている。というか、隠す気などさらさらない。むしろ、見ろ!)、なんだかもうノリノリなんです。観ていてホント気持ちよかったです。

白トートも言うまでもなく素敵で、両手を上にあげてエリザベートが胸に飛び込んでくるのを待つ状態でした。
この手の位置が、前に差し出すのと少し上に上げるのとではニュアンス全然違ってきますよね。
この日は優しく「おいで」というよりは、「さぁ来るんだ」という感じで、少し俺様なところにやられてしまいました。
最後、キスしたあと、エリザの首筋に顔をうずめるのは変わらずでした。

カテコのダンスも絶好調で、最後のキメの部分は、ためてためてためまくって歌われていました^^


チングとは席が隣同士ではなかったので、終演後再会した瞬間の最初の一言が、2人同時に

「ちょ~~~~かっこいい~~~~TT」

でした(爆)



キッチュでミンチョルルキーからいただいたカード。
どなたのサインなのかなぁ???
“ ”の中の文字は・・・「황후」(皇后)のような気もするし、違うような気もするし・・^^;
パンフでこの字に近い役名を探してみたのですが、よくわかりませんでしたTT




そのパンフですが、サイズがひとまわり小さくなっていました。


中は、高陽公演用に編集されていました。手がかかってますね~
なのにたったの3000ウォンで売られているんですよ。安すぎる~!


出演者の写真も高陽に出演する人のみ。

(ジュンサンくんはアマデに行ったのでいなくなっちゃってました。)



その他のご報告事項・感想など

★ミンチョルルキーニの髪型がサマーバージョンに!
★綱渡り落下シシィはシルエットのみの映像。
★結婚式のトートの笑い声のシーン、トートが鐘を鳴らすシルエットが薄く映るようになっていた。
★僕がママの鏡だったらのシーン、「日本のルドルフはママと話できていいなぁ」と言っていたスンデさんの言葉を思い出し、泣けた。
★そのスンデさん、いつもながらの大熱演で、マイヤーリンクでは何度もものすごい音をさせて床に叩きつけられていましたTT

もちろん他のキャストの方々も皆さん素晴らしかったです。

この日の皇后様はキム・ソニョンさん。
いつものことですが、圧巻でした。ソロ曲のあとの客席の拍手はすごかったですね~





キャストボードの代わりに、この紙が貼られていました。



本日のキャスト
エリザベート: キム・ソニョン
チュグム: ソン・チャンウィ
ルキーニ: チェ・ミンチョル
ヨーゼフ: ユン・ヨンソク
ゾフィー: イ・ジョンファ
ルドルフ: キム・スンデ

子供のルドルフは、イ・ジュンソくんでした^^


ちなみに、誰にも聞かれてないけどチャンウィさんのスケジュール(笑)
7/20 光化門恋歌(釜山)
7/21 エリザベート(高陽)
7/22 光化門恋歌(釜山)
7/23 光化門恋歌(釜山)
7/24 光化門恋歌(釜山)
7/25 エリザベート(高陽)
7/26 
7/27 エリザベート(高陽)
7/28 
7/29 エリザベート(高陽)
7/30 
7/31 
8/1 光化門恋歌(釜山)
8/2 光化門恋歌(釜山)
8/3 光化門恋歌(釜山)
8/4 光化門恋歌(釜山)2回公演
8/5 光化門恋歌(釜山)2回公演


韓国の俳優さんはホントに大変ですね・・!
ユン・スンウクさんも、7/19に『モーツァルト!』のレオポルトで拝見したと思ったら、
7/21の『エリザベート』ではグリュンネ伯爵をされていらっしゃいました。
私としては1度の遠征で2人の俳優さんを2役ずつ拝見できて嬉しかったですが、俳優の皆さま、本当にお体だけはご自愛ください~!

(※たまっているコメントのお返事は7/23にさせていただきますネ)
コメント (9)

素敵でした!

2012-07-21 23:11:41 | 韓国ミュージカル

エリザベート、ため息が止まらないほど素敵でした。

昨日とは180度違う役を演じられたチャンウィさん。

もうホント、やるときゃやるわ!!

超かっこよかったです。

チングと熱く語り合う高陽の夜。
明日チングはソウルへ向かい、私は日本へ帰ります。
今夜はラベンダーだけ収穫したらすぐ寝るので(笑)、感想は帰国してから少しだけ書きますね(*^▽^*)


コメント