たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

椿山課長の七日間 映画化

2006-06-30 00:17:00 | 映画
昨年、このちょっとせつなそうなオヤジの絵が本屋でズラっと平積みされている光景が可笑しくて、思わず即買いしてしまった浅田次郎さんの『椿山課長の七日間』。

46歳で突然死した椿山課長が、やり残した事が多すぎるため7日間だけ猶予をもらって美女の肉体を借りて現世に戻るという話。
死んだ人が甦ったり見守ってくれていたりする話は無条件に好きですv

今朝、TVでこの映画の制作発表記者会見の様子がちらっと放送されていて、映画化されることを知りました
本の帯に、「2006年春テレビドラマ化決定!」って書いてあるのですが、ドラマ化じゃなくて映画化になったのかな?

ドラマ化を前提に、原作のイメージからキャストを想像していたのですが、なかなか思いつかなくて。私の中での絶対的な希望は、

椿山和昭♂(椿山課長)
 → ギトギトした決してかっこよくない中年俳優さんで!
和山 椿♀(変身後の椿山課長)
 → スタイル抜群の美人女優さんで!

発表されたキャストは、椿山課長が西田敏行さん、和山椿が伊東美咲さんでした
ナットクです!

映画絶対観まーす
コメント (2)

フラ・ホオラウナ・アロハ2006

2006-06-29 00:27:16 | ハワイアン
毎年7月にオアフ島で開催される『フラ・ホオラウナ・アロハ』は、日本でフラを学んでいる人たちのための、ハワイで開催されるフラ・フェスティバル。

今年はうちのハラウ(教室)も見事に選考を通過し、コンペティションに出場しまーす

というわけで、ちょうど今日は出発1週間前。
私は応援だけなのに(出場するには10年早い!)、すでにもう緊張しているのですが(笑)

この時期、日本からフラ人口がごっそりハワイに移動するようです。
出場する人も、観戦する人も事前に登録が必要なんだとか。
たまたま観光でハワイに行ってるからちょっと見てみよう、というノリでは見れないらしい。知らなかった~。

コンペティション会場はロイヤルハワイアンホテルの中庭「ココナッツ・グローブ」。
私たちのハラウから出場するのは、こちらのメンバー
クプナのカテゴリーの一番上の写真の赤い衣装の先輩方です。頑張ってくださいね(“クプナ”というのは年輩の方々のことデス。)

コンペ前日にはプリンスロット・フラ・フェスティバルも見学します
パーティーの時にするレイを自分で作るワークショップにも参加することにしました。いろいろと楽しみがいっぱいですv


自由行動も2日ほどあるので、何をして過ごすか行きの飛行機の中でみんなで打ち合わせすることになりそうです
どこかオススメの場所やお店などご存知の方がいらっしゃいましたら教えてくださ~い
コメント (2)

AB型バトン

2006-06-28 23:27:44 | 日常
kadoさんヌヌさん のところで回っていたAB型バトン。

カミングアウトいたしましょう。
ええ!私もAB型ですとも

やっぱり!? それとも 意外!?
皆さんの心の中の声にビビっている小心者の私なのであります


【1】あなたのご両親は何型ですか?

父はA型。まじめくさくて全然面白くない人。
母はB型。昔から一緒に歩いていて音楽が聞こえると突然陽気に踊り出したり、子供ながら恥ずかしい思いをしたこと多し。


【2】AB型だと言った時の周りの反応はどうですか?

つき合いが短い人は、「え~!?」という反応が多いですが、私をよく知ってる人は「なるほどね~」という感じ???


【3】AB型の性格は二重人格だと言われてますが、あなたはそれに当てはまりますか?

あはは~、当てはまると思います。
ジキルとハイドのような正反対の人格というよりは、いろんな人格が潜んでいます。
なんか人格っていうと危険な香りがしますねぇ。
個性と言いましょう、個性と!(笑)


【4】初対面の人には何型に見られやすいですか?

圧倒的にO型と言われることが多いですが、自分ではなぜだかさっぱりわかりません。
消去法で考える人には「A型は絶対違うよね~」と真っ先に消されますね。


【5】自分がAB型だと思う瞬間ってありますか?

分刻みで緻密なスケジュールを組んで、その瞬間瞬間を思う存分楽しんでいるときは、AとBを両方持っているのかなぁと思います。


【6】自分は何型の人と相性がいいと思いますか?

O型もしくはAB型かなぁ。
O型の人にはついつい甘えてしまいます。
ABの人はやはり気持ちが通じますね。こちらの気持ちを見透かされているのもけっこう居心地がいいものです。


【7】友達で一番多い血液型は何型ですか?

どの血液型も同じくらいかなぁ。う~ん、でも強いて言えばAとBが多いかも。普段、友達の血液型とか全く気にしていないので、そういえば彼女って何型だっけ?と今改めて思う人もいます(笑)


【8】AB型で良かった、得をしたという経験はありますか?

いろんな事を楽しいと思えること。(これって血液型関係ない?)
あと、輸血の時はいろんな血液型の人から血がもらえるんでしたっけ!?


【9】AB型で嫌だった、損をしたという経験はありますか?

“変わった人”というレッテルを貼られがちじゃないですか?
以前はそれが嫌でしたけど、最近はAB型の人が周りにたくさんいるので(職場はAB型多すぎ!爆)平気になりましたv
損をしたことは特に思いつかないですね~。


【10】生まれ変わるなら何型に生まれたいですか?

O型のいつも冷静でおおらかなところに憧れますね。
なのでO型♪


【11】次に回すAB型の人。

今このブログを見ている人でAB型の人ならどなたでも☆
コメント (5)   トラックバック (2)

サラリーマンNEO 再開♪

2006-06-27 00:42:47 | TV ・配信
2週間お休みだった「サラリーマンNEO」が本日待望の再開

朝起きて真っ先に新聞を取りに行き、番組があることを確認(笑)
新聞のTV欄には「スタントマン」とかいてあったので、大好きな “企業戦士 社内スタントマン” が登場するんだー と、もう嬉しくて

職場では1名急病でお休みだったため仕事は大変だったけど、「サラNEO」を見れるのを楽しみにがぜん頑張れた単純な自分。
はい、「幸せな人ね~」とよく言われます。

久々に見た番組はやはり面白かった~
しょっぱな登場のスタントマン(生瀬勝久さん)、やっぱ面白すぎ!

そしてチョコレートを食べて虫歯が悪化した“いーちゃん”(田中要次さん)!
そうそう、いーちゃんはホラー映画が苦手なのね。怖い話をされてるとき、耳をわぉんわぉんと両手で押さえていた姿がサイコーでした

一瞬だけ出てきた川上くん(沢村一樹さん)、ちゃんと川上くんメイクをしていたのが笑えた!

あと、新キャラ?「父vs娘」の父が面白かった
父親役はマギーさん? かなりのメイクで素顔わからなくなってましたが(笑)

番組のHPには長い間出演者の紹介が載っていなかったのですが、先日しきさんにHPが更新されていて出演者が紹介されていることを教えていただきましたv 嬉しい~


生瀬さんといえば、こないだの日曜にTVで放送されてた『TRICK劇場版』を録画したのを早く見なくては~!
そして今映画館でやっている『劇場版2』も観に行かなくては~
コメント (6)   トラックバック (2)

ミー&マイガール千秋楽

2006-06-26 23:14:17 | 雑談(舞台)
本日、ミーマイ千秋楽!
カンパニーの皆様、お疲れさまでした
そして、楽しい舞台をありがとうございました

電車に乗っていても、「次は~弁天町~、弁天町~」というアナウンスが、
「次は~ウォーシントン、ウォーシントン~」と聞こえます(笑)

好きな場面はいろいろあるけど、CDを聴きながら今楽しくて仕方ないのが、2幕の初めの 『The Sun Has Got His Hat On』。 小ネタやギャグも大好きだけど、やっぱりこの曲のシーンは“ミュージカルサイコー!”と思えちゃいます。
あと、1幕のジャッキーとジェラルドの 『Thinking Of No-one But Me』 の時のアンサンブルさんのダンスとか大好き
こんなに楽しい作品に出会えたことを幸せに思います。

井上さんも玲奈ちゃんもとっても可愛いカップルだったし、脇を固めるベテラン陣が本当に素晴らしい存在感でしたv
そして井上さん、座長さんお疲れさまでした!
どうかまたこのキャストで再演してくださいね

その時は開演前のロビーで「パーチェスターのダンス講座」を 
     
コメント (4)   トラックバック (1)

聖響モーツァルト【第2回】 6/25

2006-06-25 21:56:50 | モーツァルト
4回シリーズの「聖響モーツァルト」の第2回目。

第2回目のテーマは “ドイツ・マンハイム~パリの回想”
就職活動がうまくいかなかったり、母の死、アロイジアに失恋するなど、モーツァルトの人生で辛いことが多かった時代でもありますね。

曲目は
1.交響曲 第32番 K.318
2.フルート協奏曲 第1番 K.313
3.フルートとハープのための協奏曲 K.299
4.交響曲 第31番「パリ」 K.297

チケットは完売! 立ち見もたくさんいらっしゃいました。
今回はフルートの高木綾子さん、ハープの吉野直子さんがご出演。
華やかなお二人の登場で、見ても聴いてもうっとり
聖響さんも前回のサラリーマン風の感じとは違って(笑)、白い蝶ネクタイをビシッと決めて、それはカッコ良かったです。指揮をされるときも、曲と曲の合間も、笑顔がとても多かったですね。優しい曲が多かったからでしょうか。

そう、聖響さんのお顔がしっかり見えた理由はですね、今日のお席はオーケストラの後ろの指揮者のお顔が正面に見えるお席だったからです
一度ここに座ってみたかったの~
ここは思ったよりステージが近くて、なんだか自分もオーケストラの一員になったよう だって皆さんの楽譜が見えるんですよ~v 楽しいお席でした。

曲はやはり個人的には高木さんのフルートと吉野さんのハープを一緒に聴けた『フルートとハープのための協奏曲』が美しくて素敵でしたが、でもそれに負けないくらい『交響曲第31番』が良かった
というのは、交響曲第31番は「毎日モーツァルト」で放送された時に大野和士さんが解説をしていらっしゃって、大野さんをご存知の方はおわかりいただけると思いますが、その心のこもった解説はとっても印象に残るんですよ(笑)
なので、コンサートでこの曲を聴きながら頭の中では大野さんのお顔が浮かんでしかたありませんでした
聖響さんもこの曲(「パリ」)の時がいちばんいろんな表情やいろんなポーズ(笑)をされていて、とても楽しそうでした。

第3回は10月なので、ちょっと間があくのが寂しいです。
写真は、前回から気になっていたモーツァルトになりきって写真を撮るヤツ(笑)
また今日も写真を撮る勇気がなかった私なのでした
コメント

偽りの採寸

2006-06-24 00:47:45 | ハワイアン
ブログにはフラの事はほとんど書いていませんが、ここのところレッスンでは8/6の発表会に向けて猛特訓が続いています。

今日のレッスンではその時に着る衣装の採寸をしました。
衣装はゴールド系のムームーになるそうです

私の採寸中、先生が明るくひとこと。
「たけこさん、発表会の時は胸にパット入れてきてね~

そしてバストトップを測るとき、「はい、寄せて上げてボリュームアップして~」との先生の指示。
パットを入れたものと仮定してサイズを測られたのでありました(笑)

あは・・それって事実に基づく採寸じゃないじゃんね~


そりゃそうと、発表会直前の仕上げのレッスン日程が井上さんのコンサートの遠征日と見事に重なり、東京の遠征は中止せざるを得なくなりました
大阪公演は残業で行けない可能性が高く、名古屋公演は発表会前夜なので遠征はどうなの?って感じだし・・・はっ、まさか、もしかして、今年はコンサートに行けなかったりするのでしょうか!?(重大事件)
コメント (3)   トラックバック (1)

大須賀ひできさんを語る

2006-06-23 01:54:11 | 雑談(舞台)
興奮のミーマイ遠征から1週間。
16日のマチネを観た私(井上さんファン)と、17日のマチネを観た友人(某ダンサーさんファン)が17日のソワレ開演前に帝劇で合流。

その時、駆け寄った2人がコーフンして発した言葉が
「大須賀さん、カッコイイ~~~~~

大須賀さんのお顔をご存知ない方は、ミーマイHPのキャスト欄の大須賀さんのお名前のところをクリックしていただくと、お顔が見れまーすv

で、ご覧のとおりの方なんですね。
レミゼの司教様役もカツラをつけずに素のままで演じられていたので、私と友人は大須賀さんのことを「男の中の男」とたたえていました。

その大須賀さんが、ミーマイではカツラをつけていらっしゃったんです!そのカツラの似合うことといったら

カッコイイ! 素敵すぎる! もうヒデキに釘付け!(笑)

イングリッシュ・ジェントルマンのシーンでは、髪を手でなでつけるこれまで見たことのない仕草に心臓ドキドキ
私たちはすっかり大須賀さんにやられてしまって、ファンクラブに入るのは時間の問題だと思います。
大須賀さんのライブとか絶対行きたい~☆

今思えば、ジキル&ハイドでもっとしっかり大須賀さんを観ておけば良かった
ジキハイのプログラムにも同じ写真が使われているのですが、こちらはかなりアップなので、胸元に何やらチラリと見えるものがセクシー(それはレミゼのプログラムでもよく見ると確認できますv)

友人が教えてくれた大須賀さんのブログは コチラ 
5/24の日記「HIDEKIを探せ!?」が面白いのー♪
「さぁ、カツラの僕を発見することができるでしょうか?」って(笑)
ええ、発見できましたとも! 
コメント (6)

ぷしゅ~~~~ の井上ビル

2006-06-22 00:40:05 | 雑談(舞台)
  ひー画伯からいただいちゃいました、↑
        ミーマイの 「しぼんでいく芳雄くん」(笑)

        可愛いでしょ? 可愛いでしょ!?
           もう大好きな場面です

サリーにショックなことを言われてビルがしぼみ始めるタイミングが絶妙ですよね。
画伯は「プチトマトの嘆き」というタイトルをつけていますが、まさにそんな感じ~v

楽しい場面が甦ってきます。

画伯、ありがとう
コメント (4)   トラックバック (1)

未見の柳瀬ラウル

2006-06-21 00:37:35 | 雑談(四季)

そうなんです。
ワタクシ、恥ずかしながらまだ柳瀬さんのラウルを拝見したことがないんです・・・。

やなジ~ラウルに会いたいなぁ、と思う時があります。

そんなときは決まって、「オペラ座の怪人」のプログラムを引っぱり出して、塚本伸彦さんの写真を見ることにしています。

なんだかとりあえず、その場がしのげるんです

コメント (6)

ぷりん師匠より寄贈 ~その時ラウルは~

2006-06-20 22:54:29 | 雑談(四季)
6/18の記事で書いた、「イル ムート」でクリスティーヌがピンチになった時のラウルの台詞 “大丈夫、僕がいる!” を聞いた瞬間の私の頭の中の出来事を、まるで脳内を透視されたかのごとく、ぷりん師匠が4コマに描いてくださいました

代役のラウルにはムッシュー林和男氏もさぞびっくり仰天することでしょう。
ホクロもついてて大感激ー

ぷりん師匠様、どうもありがとうございました。
サブタイトル勝手につけてすみません(笑)

       

コメント (4)

ミー&マイガール 6/16・17・18

2006-06-19 22:13:31 | 観劇
どちらさんも どちらさんも 耳の穴かっぽじって よ~く聞きな♪
ミーマイをまだ観てない人がいたら それは人生損しちゃってるってんだ!

と、ビルになり代わって言いたいくらい、楽しいミュージカルでしたv
はてこの面白さは、どこかで体験したような・・・?
プロデューサーズ!そう、この小ネタがちりばめられた笑いのツボ満載具合はプロデューサーズに似てるかも!

とにかく登場人物がみな面白い!
最強だったのは涼風真世さん もうサイコー!
涼風さんがこんなに面白い方だったとは知らなかったので、もうすっかりファンになってしまいました。

他にも、弁護士パーチェスター役の武岡淳一さん、“オトコの国の○ッ○○ファーザー”村井国夫さん、今回は着ぐるみ系キャラで笑わせてくださった福麻むつ美さん、小動物のようでもあり、パンフ写真はどこかET似のジャスパー卿、花房徹さん、味方隆司さんに見えて仕方なかったジェラルドの本間憲一さん、その冷静さが笑いを呼ぶ執事チャールズの丸山博一さんetc、もう皆さん個性的なキャラでサイコー

井上さんも、これまでのシリアス路線とは一転して、登場から寅さん風だったし、最初から最後までホントにたくさん笑わせてくださいましたね~。
18日は近くに小さなお子さんがいたのですが、井上さんが椅子からずり落ちたり、何かやらかすたびにケラケラと可愛い笑い声が聞こえて、それは微笑ましかったです。


私は台所のシーンとご先祖様のシーンが特に好き。
アンサンブルさんがたくさん出てくるシーンはもう楽しすぎます

劇場でCDを買ったんですよ、ブロードウェイ版ですけどね。
ご先祖様の曲になると、用事をしていても手を止めて行進することにしています(笑)
ご先祖様は皆さん振り付けが違いますよねぇ~、ホントはリチャード・ヘアフォードの歩き方がいちばんカッコイイので好きなのですが、私にはちょっと難しいので、大須賀ご先祖様の機関車トーマスばりの歩き方で

いや~、今回は大須賀さんにやられました。
ずるいです、大須賀さん。あの2種類のヅラ、犯罪的に素敵すぎ
大須賀さんの魅力を語らせたら長くなるのでそれはまた改めて(笑)

個人的にツボだったのは、鎧の人の動きや、手紙の場面でのパーチェスターのアドリブによって、その後の井上さんの台詞や動きが変わるところv 『とびうお』が良かったな
あと、井上さんが従僕役の照井さんの両腕のポーズを変えるところは3公演で2パターン観れたのですが、他にもパターンがあるのでしょうか?もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください♪

大好きな場面ベスト7は、(これ以上しぼりきれなかった・・)
1位 ジョンに告白されたあとのマリアのハケ方
2位 プシュ~~~~~~~~~っとしぼむビル
3位 ムツゴロウさんになるビル
4位 パンツを降ろしちゃいけまちぇん!のあたりの一連のビル
5位 これ、どういう意味~~?と帽子をかぶって登場するマリア
6位 誰だ、灯りを消したのは~!のジャスパー卿
7位 ケーキと福麻さん

ランベスウォークはホテルで猛特訓したんですけどね、本番では目の前で繰り広げられるあの状況にテンション上がりすぎて頭の中真っ白になってしまいました(爆)
下手の席は大須賀ファンには美味しい席です!(だから改めて・・)
もう家からスプーン持ってくれば良かったと思うほど楽しかった

17日の終演後に、芳2のお友達5人ほどでご飯を食べに行きました
当日観劇じゃなかった方もわざわざお食事会のために帝劇まできてくれてありがと~!井上さんを通じて出会えたかけがえのない人たちとの楽しいひととき。ホントに楽しかったなぁ。
お食事はご一緒できなかったけど帝劇までの道でお会い出来た方や、劇場で連日お会いできた皆さんにもこの場をお借りして御礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました
コメント (10)   トラックバック (3)

遠征帰り

2006-06-18 17:13:38 | 日常
3日間のミーマイ遠征を終え、今、新幹線の中で恒例の打ち上げを3人でしています♪

私は明日健康診断なのでアルコールは控え、お茶なんですけどね(笑)
でも大好きなチーかまは欠かせません(^.^)b

今、頭をぐるぐる回っているのは、
「♪べーんごしの 私におまかせあれ~」
あー、楽しかったミーマイ。
もっともっと見たかったなぁ。
またレポはのちほど♪
コメント (4)

オペラ座の怪人 6/17 マチネ

2006-06-18 01:08:45 | 観劇
なんと、初めて村さんのファントムを観ることができました。
村さんのファントムもいいですねぇ!

気付けば今日はなにげに個人的に豪華キャスト。
大好きな岩本さんカルロッタと小林さんフィルマンさんがご出演♪もうこれだけで楽しさ10倍です(^_-)

クリスティーヌの西珠美(さいたまみ)さん、見た感じは五東由衣さんと沼尾みゆきさんを足して2で割ったようなお顔だち。
日本の方ではないこともあって最初のうちは台詞が気になったりしていたのですが、最後ファントムにキスする場面で涙をポロポロ流しながらの演技に感動してしまいました。
この場面でこんなに泣いているクリスを見たことないかも・・!
西田ゆりあさんのメグ・ジリーもめちゃくちゃ可愛かったです。

そんな感動的なことを書いておきながらなんなんですが、カルロッタがカエルの声になったあと、代役をするように言われたクリスがラウルに助けを求めます。その時のラウルの台詞「大丈夫、僕がいる!」を聞いて瞬間的に想像したこと。それは、クリスが代役をやったがうまくいかず、“僕がいる”と言った手前、仕方なく代役をするラウル(笑)
今日に限ってどうしてこんな想像をしたのかわかりませんが、佐野さんラウルの伯爵夫人にはちゃんとカルロッタと同じ大きなギャグのホクロがついていることを希望します(だってクリスはついてないので面白くないんだもん)。

某お方の「♪せけ~んみんなの 笑い者~」のワンフレーズの歌声を聴いて、やっぱこの声が好きだーと実感したのでした(^.^)b
コメント (4)

銀座千疋屋

2006-06-17 11:52:11 | 
ちゃっぴいさんオススメのイチゴのショートケーキを食べに銀座千疋屋さんに来ています♪

イチゴの使い方がたまらなく素敵!
だって丸ごと入ってるんですもの☆
しかもそのイチゴの大きさが半端じゃない。
幸せですよ、ホントに。
生クリームもスポンジも美味しいです。

フルーツパーラーなので、メニューにはいろいろなフルーツを使ったフレッシュジュースやデザート、サンドイッチなどがたくさん。フルーツ三昧です。
フルーツポンチを注文している人が多かったです。きっと美味しいのでしょうね。
迷ったあげく、たった今私は「アボカド・フルーツサンド」を注文してしまいました。(まだ食べるんかい!)
待っているうちに、さっき食べたケーキがお腹の中で膨らんできているのか、だんだんお腹が苦しくなってきました。

どうしよう(;^_^A
コメント