たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

春のロミジュリ祭り その1

2011-04-30 12:56:24 | 舞台(TV・DVD)

フランス版ロミジュリが、あまりにもカッコイイです
なんですか、この絵に描いたような美しいカポーは!

それにしてもフランス版、独特の魅力がありますね~。
この魅力は何なんでしょうね?
うまく説明できないですよー。

特にダンスが魅力的ですね。
日本版はダンサーさんなど一部オーディションのようですが、
まさにオーディションで選んでいただくことを激しく希望します!!
日本にも素敵なダンサーさんはたくさんいらっしゃいますが、
いったいどんな方々が選ばれるのか、それがとても楽しみです。
ミュージカル界以外の方も選ばれるような気がしますね~。

うぉー、日本版楽しみ~☆


ダミアンロミオ・・!! うーん、カッコ良す。

Les rois du monde

なんて細いんだ。うらやましすぎる・・。


コメント (4)

GWはロミジュリでスタート

2011-04-29 13:46:59 | 雑談(舞台)
ついにGWがスタートしましたね。
10連休の方もたくさんいらっしゃるのでしょうか?
私はとりあえず、3連休です^^

この3連休の予定は、

①フランス版『ロミオとジュリエット』のDVDを観る




②ハンガリー版『ロミオとジュリエット』のDVDを観る




③日本版『ロミオとジュリエット』のことをいっぱい考えて楽しむ



☆赤坂ACT シアター     2011/9/7(水) ~ 2011/10/2(日)
☆梅田芸術劇場メインホール 2011/10/8(土) ~ 2011/10/20(木)

ロミオ役は、城田優さんと山崎育三郎さんのWキャストです。
(浦井くんも出ます!←アピールw)


④韓国版『ロミオとジュリエット』の写真や曲、動画などに思う存分溺れる

実は数日前からすでに溺れておりまして・・

先日、韓国からいくつかCDが送られてきまして、送ってくださった方の意図としては、
オンニは絶対にリュ・ジョンハンさん(ジキハイやモンテクリストでご活躍の方)の声が好きだと思うから、聴いてみて!というものだったのです。

いろんな方の歌が収録されたCDの中で、「まずはジョンハン先生から聴いて。たのむから!」とお願いされたCDの中に・・・


入ってたんですよ。




ドンソクさんのロミオが。



(※もちろん、ジョンハン先生の歌が私の大ストライクゾーンであったことは言うまでもありません)


タイムマシーンが欲しい!!

2009年に戻って韓国版ロミジュリを観たい!!



イム・ロミオ・テギョンssi



チョン・ロミオ・ドンソクssi



モーツァルトのキャスト写真でオソロなお2人の衣装は、ロミオつながりだったというワケですね^^



※今、2分30秒お時間がある方は、お願いですからこちらをご覧になってみてください。


素敵じゃないですか~???


以下、2つの動画をNAVERから共有させていただきました。(ありがとうございます)

■「AIMER」OSTバージョン(ドンソクロミオ)


私はやっぱり彼の声好きですよ~


■「恋に落ちたロミオ」(ドンソクロミオ)


この曲↑、「天国の涙」でリンのお兄さん役だったキム・テフンさんがマキューシオ役で歌っているとテヤンさんから教えていただきました。

【マキューシオ】♪宿敵と恋に落ちるなんて、ふざけんなっっロミオ!目を覚ませーー♪

【ロミオ】♪僕は知らないもーーん。だって、彼女を愛しちゃってるんだもん、君達も恋をしたまえ♪


っていう内容の歌だそうです(笑)

で、一生懸命キム・テフンさんのお声を聴きわけようとしたところ、1分03秒あたりに懐かしいお声が聞こえるような気がしました。(もし間違ってたらごめんなさい~)

そしてこちらのお写真。
左端が、マキューシオなキム・テフンさんですって!
おお~、「天国の涙」のときとは髪型が180度違いますね~。とてもお似合いですね。



というわけで、皆さまも楽しいGWを!!



(テヤンさん、いつも情報提供ありがとうございます~^^)


コメント (8)

「ラバーズコンチェルト」の原曲

2011-04-26 01:13:08 | 音楽

「ラバーズコンチェルト」の原曲はバッハのト長調のメヌエットとして有名ですが・・

Bach- minuet in G major



実はこの曲、ペツォルトさんという方が作られたらしくて、
正確には、「ペツォルト作曲 (伝バッハ)」というのが正しいと言われているそうです。

タイトルがそのように紹介されている動画がありました。



「Menuet BWV Anh.114 」など、Anhがつくものは、バッハの作品かどうかわからないものらしいのです。
クラシックにはたくさん謎があって面白いですね^^



なんせバッハは全く詳しくないので、なんかおかしなこと言ってたらすみません・・。
(CD1枚しか持っていません^^;)

いずれにせよ、「ラバーズコンチェルト」は素敵な曲ですね^^


コメント (6)

鈴木先生 本日スタート!

2011-04-25 18:17:07 | TV ・配信

全国のハセヒロファンの皆さま、こんにちは。
いよいよ皆さまお待ちかねのドラマ、「鈴木先生」が本日22時からスタートですね。
公式HP → http://www.tv-tokyo.co.jp/suzukisensei/

今回長谷川さんは、主役でございます。
しかもタイトルロール^^
さらに学校の先生だったりするわけで。

どんな先生なのでしょうね~
予告の動画を見た限りでは、真面目なお話みたいですね。(ついソコをチェックしてしまう)

このドラマがまたまた大成功しちゃったりなんかしちゃいますと、
ますます「四つの嘘」の長谷川さんが貴重なものになりますね。
あと、「33分探偵」の悪メイクの長谷川さんなんかも、伝説として語り継がれるのでしょうか(笑)

個人的には、ツッコミどころが全くないのはやっぱり寂しいので、
どうかツッコミシーンが毎回1回くらいはありますようにと密かに願っております^^


放送局は下記の通りです。

■テレビ東京/テレビ北海道/テレビ愛知/テレビ大阪/テレビせとうち/TVQ九州放送
2011年4月25日(月)夜10時スタート!(初回15分拡大スペシャル)

■GBS 岐阜放送
2011年4月25日(月)夜10時スタート!(初回15分拡大スペシャル)

■WTV テレビ和歌山
2011年5月8日(日)夜11時30分スタート!(初回15分拡大スペシャル)
毎週日曜夜11時30分~0時24分放送!

■TKU テレビ熊本
2011年5月10日(火)深夜1時5分スタート!(初回15分拡大スペシャル)


こんなのまで出てるんですね^^↓

☆長谷川博己『鈴木先生』OFFICIAL BOOK

ご予約は コチラ。

ではでは、皆さま、今夜お楽しみに~

(ミントさん、ありがとうございましたw)

コメント

オペラ座の怪人  4/20

2011-04-23 11:15:31 | 観劇
京都劇場のC席、遠っ!(笑)
いつも2階の最後列の2列しかない最安席(C席)で観劇するワタクシ。
この劇場のC席は遠い~w

4/20にリハーサル見学会のあと、「オペラ座の怪人」を観てきました。
名古屋公演を1度も観に行っていないので、いつぶりなんだろうと自分のブログで調べたら、2009年5月の大阪公演千秋楽以来でした。

2年ぶりですか!

2年ぶりともなるとキャストも変わっていて、新ラウルが誕生していました!
中井智彦さんのラウルです。

中井さんといえば、2007年のレミゼ20周年キャスト。
レミゼ好きの方は、おそらく青と赤の2種類のパンフをお持ちだと思いますが、



この青パンフがお宝で、とっても面白いんですよね^^
俳優さんひとりに1ページとってあって、そのページにその俳優さんの個性がにじみ出ていてw
お持ちの方は94ページをご覧くださいね。

 司教役をされていらっしゃいました。

あとは、2008年に日本で上演され、今年の秋に韓国でも上演される『ルドルフ』で、
ウリ笠嶋俊秀さん(なんだその呼び方w)と共演していらっしゃったのが印象的でした。
(マジ韓国ルドルフ観たい)

そんな中井さんのラウル。

素晴らしかったです^^

歌も安定されていて、なんというか、とても優しくて包容力があって。
とても親しみやすい子爵というか、お兄ちゃん子爵様というか、
とにかくとてもあたたかいラウルでした。
マスカレードではリフトもばっちり決まっていましたね~。

私、どちらかというと今までラウルという人物にはあまり興味がなかったのですが(笑)、
中井さんのラウルは興味ありますね。
ラウルの存在が自分の中で大きいと、ファントムかラウルか感情移入が複雑に入り組み、それだけで舞台を観る側として10倍は楽しくなることを知りました。
この日の高井ファントムの歌も絶好調だったのでね^^

そうそう、あまりに久しぶりに観たら、演出が変わっていました。
1幕終盤の、ファントムがプロセニアムアーチで歌うシーンが、舞台の中に取り込まれていました。
いつから変わってたのかな~?
以前の演出だと1階前方のお客さんには頭上で何が起こってるのかわからなかったのでw、わかりやすくなりましたね。

あと他にも何か「変わった!」と思ったのに、もう忘れましたw なんだっけww

この劇場のC席で見切れるシーンは、
墓場のシーンのファントムと(ここ大事やろーw)、マダムジリーとラウルの「目の高さに手を上げて~ 手を目の高さに~♪」のシーン。
完璧に見切れててちょっと笑えました。大好きなシーンなのにww
まぁ安いお席なので仕方ないですね^^


そんなこんなで、2年ぶりの「オペラ座の怪人」、とても楽しませていただきました。
年内にもう一度くらい行きたいですね。

そして、やっぱり韓国版を観てみたい・・・!
おっぱのラウル観たかったなぁ。

そうそう、おっぱラウルで思い出しましたけど、
もし、何か検索でたどり着いてこの記事を読んでくださっているオペラ座ファンの方がいらっしゃいましたら、
以前、日本でこの作品のクリスティーヌ役でご活躍されていた西珠美さんの貴重な映像が韓国から送られてきましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

西さんは今、韓国でとてもご活躍されていらっしゃるのですが、韓国でオペラ座開幕当時、ヒョンジュさん(西さん)が四季でクリスティーヌをされていたのが相当話題だったらしく、ファンのために、日本語でクリスの台詞を披露してくださったらしいのです。

それが、

おっぱラウルが韓国語、西クリスティーヌが日本語で、
日韓で全くかみ合わない二人の出会いを再現!!(笑)


ではどうぞ。

■おっぱ・ラウルと西クリスティーヌの言語を超えた愛

おっぱラウル: クリスティーヌ・ダーエ、君はあの赤いスカーフをどこにやったんだい?(韓国語)

西クリスティーヌ: 何のこと?(日本語)

おっぱラウル: (激しく動揺)えっ?えーっと、言葉分かんないけど、失くしちゃったのかな・・。えっ、そうなのかな・・僕があれほど苦労して探してあげたっていうのに。。あの時の僕はたったの14歳の少年で体全部をかけてあの赤いスカーフを探したってーのに。(韓国語)

西クリスティーヌ: 私のスカーフのために、海に飛び込んでくださった方?・・あなた・・ラウルなのね!!(日本語)


お客さん、大喜び!!!(笑)

(情報&訳をくださったテヤンさん、ありがとうございました)

ちなみに、韓国の「THE MUSICAL」という雑誌の2月号の表紙は西さんです^^
 

ああ、楽しい。
なんて楽しいんだ、いろいろと!


あと、全然どうでもいい情報ですが、中井ラウル、胸毛ありまーす^^
まぁこのブログの観劇レポでは、胸毛とギャランドゥは発見したらご報告するシステムになっているので、スルーするわけにはいかず(笑)

最後の衣装で中井ラウルのそれを拝見したとき、私の頭の中に、

・胸毛あり俳優さんランキング 
・ギャランドゥ俳優さんランキング

が浮かんだので、このレポに書こうと思いましたが、またいつか改めてランキングは書きたいと思います。


そして私は「オペラ座の怪人」を観るといつも思うことは、

オークションのシーンでお猿のオルゴールをラウルが30フランで落札しようとするまさにその瞬間に、サッと客席から「35フラン!」と叫んで割り箸の先に厚紙を丸く切ったものをくっつけた自作の札をオークショナーに思いっきりアピールしながら頭上高く上げたらどうなるだろうか?
ラウルは「40フラン」で入札し返してくるのだろうか?

いつも観劇するたびにそれを考えますが、やっぱり今回も考えてしまったのでした。
私の永遠のテーマです(笑)

コメント (3)

オペラ座の怪人リハーサル見学会

2011-04-20 18:00:20 | 雑談(舞台)
ものっすごく久しぶりにリハ見みてきました。

本日のリハーサルは、
オークションのラストシーンからハンニバル丸ごと、そしてカルロッタが出て行ってクリスティーヌが代役で歌うまでノンストップで。
そのあと、ドンファン稽古のシーンでした。

今日は初見の中井ラウルを楽しみに来たのですが、とてもいい感じでこのあとの本番が期待大!

それよりも!

いやぁ~、ピアンジがよさげでテンションあがるっちゅうねん!(笑)
私、初めてお目にかかるんですよ、橋元ピアンジ。
いつからご出演されていらっしゃったのでしょう?

ドンファン稽古のリハは、イス出しの確認~立ち位置確認~はけ確認。
ピアンジの動きが軽いのがめっちゃツボでした!(笑)

このドンファン稽古のリハ、直前の支配人室から入ったので、中井ラウルのファントムへの宣戦布告の台詞が聞けました。
いいですね~。
ホントに舞台が楽しみです。

リハーサルのあとの質問コーナーは、増田さんの司会で、沼尾クリス、中井ラウル、アンサンブルの瀧山さんと松ケ下さん(どんな漢字だっけ~間違ってたら夜に訂正します)。

皆さんが役作りのために気をつけていらっしゃることは、
キャラクターの生い立ちや性格などを研究するいわゆる「ゼロ幕」を大切にする。(沼尾さん)
オペラ歌手の役なので、楽屋でもクラシックやオペラの楽譜を見るよう心掛ける。(瀧山さん)
中井さんは姿勢が良くなかったのでギブスをずっとつけていらっしゃったそうです。

四季に入ったきっかけとなった作品は、
大阪キャッツ(松ケ下さん)
福岡オペラ座(瀧山さん)
自由劇場のCFY(中井さん)
大学の時に観た「夢醒め」(沼尾さん)
そして増田さんは、ある指揮者の方にすすめられて入団されたので、デビュー作品のキャッツが初めて観た四季の作品だったそうです。

このあとの本番の見所は?という増田さんの問いかけに、
沼尾さん「増田さんのアンドレが素晴らしいので是非観てください!」
中井さん「増田さんのアンドレが…」
と、まっすんマンセーな流れに(爆)
瀧山さんはイルムートの自分とおっしゃってました(1枠だからね♪)

久しぶりのリハ見、楽しかった!
あと30分で本番始まります。
ピアンジ楽しみ~(笑)
コメント (2)

おはようございます

2011-04-19 06:30:53 | 日常
今週はちょっと忙しくて、なかなかPCの前に座る時間が取れなさそうな予感です。

GWまでにしたいことがたくさんあって~

大切な人にお手紙を書いたり、

お友達からお借りしてるたくさんのDVDを見たり、

ちょっとまとまった時間を作って勉強したいことがあったり。

もちろん観劇の予定もあって、

やっぱり自分はミューオタなんだと最近つくづく思います。

もしかしたらしばらくブログの更新がなくても、心配しないでくださいね^^

更新しても、皆さまにはあまり興味のない内容になるかもしれません。

コメントのお返事はできるだけ今日終わらせるようにしますね。

いつもお返事遅くなってごめんなさいね^^;

コメント (8)

車折神社

2011-04-17 18:44:00 | 日常
「くるまざき」神社って読みます。
嵐山から近いところにあるので、ものすごく久しぶりに立ち寄ってみました。
ここは芸能の神様という事で、芸能人の方のお名前がずらり並んでいます。
数年前とはずいぶんお名前も変わっちゃってました~

   

コメント

京都の桜

2011-04-17 16:52:58 | 日常

毎日韓国の事ばかり考えていたら、
自分の家の近くから京都までめっちゃ早く行ける道路が開通していたことを知らなかったのですよ。

それで、試しに来てみたのさ♪
ホントに40分くらいで来れて感激でした~
コメント

港町純情オセロ 4/15

2011-04-16 10:15:16 | 観劇

橋本じゅん 完全復活!!

昨年10月、腰部脊柱管狭窄症で『鋼鉄番長』を急遽降板されたじゅんさん。
入院先のベッドから、ご自身のブログに何度も何度もごめんって謝っていたじゅんさん・・・

正直あのときは、患部が腰ということもあって、しかもそのかなり深刻な状況から、
私たちがまた元気なじゅんさんに舞台で会える日が本当にくるのだろうかと半信半疑でした。
必ず戻ってくる!という希望と、ある意味覚悟のようなものをしておいたほうがいいかもしれないという気持ちが背中合わせでした。

しかし!

2011年4月15日。
じゅんさんが再び帰ってきた!!!!!



本当に帰ってきてくれたんです(涙)
2階のいちばん後ろまでびっしり満席の客席。
みんなじゅんさんの帰りを待ってたよ!
じゅんさんは、一時期の激ヤセの時より少しだけふっくらされてました。
その元気そうなお姿を拝見して、泣きそうになりました。

お話は、シェイクスピアの『オセロー』。

もう、がっつりとシェイクスピアでした!!

私、劇団☆新感線のシェイクスピアが、かなり好きなようです。
もともとじゅんさんのファンになったきっかけも、『メタルマクベス』(原作は「マクベス」)だったし。

今回、もちろん笑いもたくさんあったけど、個人的には作品に惹きこまれたというか、
『オセロー』を心から楽しみました。
特に2幕からはすごかったですよ~。

原作にない役があって、それが大東俊介さんの役なんですけど、すごく良かったです。
(原作のイアーゴーの妻の役を、一部彼が背負っていたかな?)

そして、伊礼彼方in劇団☆新感線!!

ちょっとすごい告白していいですか?
ワタクシ、ミュージカルファンでありながら、今までの人生で、なぜか伊礼くんの舞台をまだ一度も観た事がなかったんです!

まさか“MY初伊礼くん”が、劇団☆新感線の舞台になるなんて思いもしていなかったです(笑)
いやぁ~、伊礼くん良かった。
特に2幕のお風呂のシーンとか最高です。ファンの方、お楽しみに!

そして今回の舞台、注目すべきは粟根まことさんです
まだ幕が開いたばかりなので、今は詳しいことは言えません(爆)
とにかく粟根さんから目が離せません、いや、目を離さなかったら粟根さんですwwww

あと、原作でイアーゴーの妻役となる松本まりかさんがすごく良かった・・TT
素敵な女優さんですね。


そして、そして、我らがじゅんさん演じるオセロ!
じゅんさんワールド炸裂!!

オープニングから、出ました、腰ネタ(笑)
そのたび客席から大拍手が!

じゅんさん、腰に負担がかかると思われるような体勢をたくさんとられていました。
動きはスムーズで、もう心配ないように見受けられましたが、気のせいかもしれないけどどこか腰をかばっているようにも見えて・・・
なので本当のところはわかりません。この方の精神力とプロ意識は半端ないですから。

ただもう、じゅんさんのオセロが最高で、もちろん笑うシーンも最高ですが、
役者として、ホントにホントにかっこよかったです・・!
やっぱりこの人の舞台が好きで、役者橋本じゅんが大好きだ、って思いました。
最後のシーンは、たぶん満席のお客さん全員が泣いたと思います。

1幕で「藺牟田オセロ、完全復活!」というじゅんさんオセロの台詞があるんですが、
ここが当然のことながらじゅんさんと重なって、熱いものがこみ上げました。

ありがとう、じゅんさん。
この日のことは忘れないです。
これから先、長丁場になるけど、どうかお体に気をつけて頑張ってくださいね。



そうそう、パンフに、浦井くんから伊礼くんへのメッセージが載ってるんですが、
ちょっと笑えるので、買われた方は読んでみてくださいねw

浦井くん、伊礼くん、と客演が続いて、次はどなたが出演してくださいますかね~?

とりあえず皆さま、会場でもらうアンケートの、
「今後、新感線公演に出演してほしい人は誰ですか?」という欄に、

「シア・ジュンス」と書いていただけると嬉しいですww

公演は幕が開いたばかり。
これからご覧になられる皆さま、本当にお楽しみに^^

【大阪公演】4月15日(金)~22日(金) イオン化粧品 シアターBRAVA!
【東京公演】4月30日(土)~5月15日(日) 赤坂ACTシアター




【出演】橋本じゅん 石原さとみ 大東俊介 粟根まこと 松本まりか 伊礼彼方 田中哲司 ほか
コメント (2)

じゅんさん!

2011-04-15 17:49:57 | 日常
やばい、看板見ただけで泣けてきた…
じゅんさんに会える(泣)
コメント (3)

ジーザス開幕!

2011-04-13 19:46:39 | 雑談(舞台)
本日19:00、「ジーザス・クライスト=スーパースター」が幕を開けました!
エルサレムバージョンで開幕です。

今まさにこの時間、リアルタイムで上演中なので、ちょっと心臓がドキドキしています^^;

今日発表されたキャストは、下記のとおり。

ジーザス・クライスト    芝 清道
イスカリオテのユダ    金森 勝
マグダラのマリア     高木美果
カヤパ(大司教)     金本和起
アンナス(カヤパの義父)阿川建一郎
司祭1           平山信二
司祭2           内海雅智
司祭3           伊藤潤一郎
シモン(使徒)      本城裕二
ペテロ(使徒)      神永東吾
ピラト(ローマの総督) 村 俊英
ヘロデ王         北澤裕輔


今回の個人的な見どころは、

・やっぱり芝ジ~
・うつみん司祭2
・北澤さんヘロデ
・金森さんユダのオープニングの電流の流れ具合(※実際は電流は流れていません)
・金森さんさんユダのオープニングをジュンスに置き換えたときの萌え度
・大好きなじゅんじゅん司祭3
・女性アンサンブルに、ジョン・ジヨンさんはいるのか(じゅんじゅんvsジョンジヨン)
・鞭打ちが青山さんだったら、嬉しくてたぶん泣く

はぁ~、私はあと3週間もお預けです。拷問だ・・。
初日ご覧になられた方、よろしければ感想をお聞かせください~^^

昨日の公開稽古の様子とか、なんやかんやは コチラ。
コメント (3)

韓国版ウェディング・シンガーに コンジュ姫

2011-04-11 02:06:03 | 雑談(舞台)
毎日 『ウェデング・シンガー』 のことばかり考えててスミマセン(笑)

昨年の2月、韓国に 『モーツァルト!』 を観に行った時、
別の劇場で上演されていた韓国版 『ウェディングシンガー』。

  

このとき、この作品に、『天国の涙』でジュンスと共演したユン・コンジュさんがご出演されていたことを、以前、sunnyさんから教えていただきました。

それで、コンジュさんの役・・漠然とジュリアかな~くらいに思っていたら・・

ホリーだった!



ホリーといえば、激しいダンスも踊るし、アクティブでセクシーでちょっぴりワイルドで、それでいて楽しい、とっても魅力的な女性。

例えば、フラッシュダンスのように水をかぶる見せ場があったり、
 (日本版パンフより)

サミーと、おそろいの「馬鹿」と書いたTシャツを着ていたりするんですw
(あ、このTシャツ、韓国版ではちゃんと「パボ」だったそうですヨw)
(日本版パンフより)


『天国の涙』でしかコンジュさんを知らない私にとっては、コンジュさんのイメージはあくまで美人薄命な、守ってあげたくなるようなまさに「コンジュ姫」なイメージだったので、もうホリーが想像できなくて!

どんなホリーだったのか知りたい・・!

と、いろいろ動画を探しましたが、動画は見つけられず、
写真が少しだけありました。


(左から2人目がコンジュさんです)




ホリーはダブルキャストで、もう一人の方がこんな感じ。


おお~、韓国版、かなりホリーがキョーレツ。
これをコンジュさんが・・・!?

結局、動画がないので検証できず(笑)


以前ブログに書いた「JYJ版ウェディング・シンガー」の企画書の中で、
最終週に“スペシャルウィーク”として、昨年の韓国キャストによる上演を1週間、と書きましたが、1週間なのでキャストはとりあえずシングルで、ロビーはパク・コニョンさん、そしてホリーはコンジュさんでいきます。
そして、サミーにおっぱを緊急抜擢!w

もしくはもう1ヶ月増やして、「天国の涙版ウェディングシンガー」を追加するとか。
(ロビー:ジュンス、 サミー:おっぱ、 ジョージ:ドンソクさん、 ジュリア:ヘリちゃん、 ホリー:コンジュさん、 グレン:ブラッドリトルさん、 リンダ:クェン)

どうしよう、これ最高かもwwww

どうやら、『ミュージカルヘブン』というところに言えばいいみたいですね(笑)


最後に韓国版WSから、とっても素敵なコニョンさんロビーを
コニョンさん、このあとヨンギさんの結婚式で、ギター弾きながら歌われて、リアルウエディングシンガーになっていらっしゃいましたね^^
この曲を歌ったのかなぁ???



コメント (5)

ソウルFM

2011-04-11 00:52:50 | TVXQ

今、トン特集やっています。
この美しいハーモニーに今夜は浸りたいです。


http://seoul.fm/playing.html?buster=0.7632687450038527


【追記】
トン特集、今終わったようです(1:20)
大好きな彼らの声でした。愛してやまない曲ばかりでした。
ありがとうございました。

コメント

1日目終了~♪

2011-04-10 21:01:30 | 韓流
これの1日目が終わりました。↑

「3日で終わる文字ドリル ハングル練習帳」

3日坊主でも大丈夫なように、3日で終わるようになってるんです、これ。

すごいでしょう!?

今まで韓国語の勉強をしようと思いながらも、何度も挫折してきましたが、
これなら私にもできるかもしれない。

だって、3日で終わるんだから!

そう思ってこの本を買ったのが2010年11月6日。
上海ショーケースに出発する前に、関空で思わず買ってしまったのです。
そして、1日分をするのに 5ヶ月 かかりました(爆)
今、ハングルの50音みたいなのが、やっと読めて書けるようになった段階ですww

さぁ次は2日目に突入ですヨ。 
2日目が終わったらまた報告しますね


近所の桜です~ 今日はいいお天気で気持ちよかったですね^^













コメント (12)