たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

WOWOW じゅんさん祭り

2007-02-28 06:34:03 | 舞台(TV・DVD)
封も開けずにほったらかしにしていた“WOWOWマガジン3月号”。
さっきなにげに見て思わず歓喜の声をあげました!

■ 「噂の男」 3月2日(金)23:00~1:40 放送

やっべぇ~、今週よ、今週!
気付くの遅かったら、見逃してたよ~!(DVDを買いなさい)
ほぇ~、気付いて良かったー

そして、これだけじゃないのでアルよ

■ 「NODA・MAP 『ロープ』」 4月放送予定

ついこないだ観たばかりの「ロープ」が早くもまた観られるぅ~v
作品がすごく面白かったのでとても楽しみ☆
うきゃきゃ 4月まで待てない~(笑)

今週はなんとか仕事頑張れそうだな
コメント

映画 「マリー・アントワネット」

2007-02-27 00:19:30 | 映画
映画を観ました。

う~~~~む。観終わった直後の感想は「なんじゃこりゃ!」(爆)
だってマリーの人生の途中で終わっちゃうんですよ。
ルイ16世一家が宮殿を離れる馬車の中の場面が最後なんです。

え~!?これで終わり~!?

もちろん首飾り事件なんて出てこない。
パリの民衆の苦しみなんかも描かれていません。
処刑される場面もありません。

なので、これが「マリー・アントワネット」という映画として成り立つ理由を、帰り道ず~っと自分なりに考えてみました。

監督が女性(ソフィア・コッポラ)なんですね。
あくまでもマリーの目線で描かれています。
14歳で異国の王室に嫁いで、これまでと全く違った環境の中で生きていかなければならなかったマリー。
世継ぎがなかなか産まれないことで周りからあびせられる大きなプレッシャー、そして自分の部屋で流した涙。

この映画は、マリーという一人の女性の心の動きを追った物語なのでしょう。
マリー・アントワネットの素顔って実はこんなだったのか、辛い思いもたくさんしてたのね、と女性なら誰しも彼女に共感する部分がそこにあったのは確かです。

映画の中のマリーは傲慢さやわがままなところはなく、ただ無邪気にはしゃぐ青春まっただ中の王妃という感じでした。だから映像は美しく華やかで、ケーキは美味しそうだし、天真爛漫なマリーのふるまいや生活に憧れさえ抱いてしまうほどです。

そういう意味では、この映画のタイトルを「マリー・アントワネット」にしない方が良かったかもしれませんね。別のタイトルにして「これってマリー・アントワネットの物語なのね~」なら充分納得できたかも。
言いたいこと言ってすみません・・・
コメント (2)

芳々会 in 大阪 2/25

2007-02-26 00:02:05 | StarSとかよしおさんとか
休暇の最後の最後は「芳々会」でしめくくり。
ご存じ、井上芳雄さんのFCイベントです(笑)
会場は大阪市内の某ホテルで、510人ほど集まりました。

今回のイベントは行ってびっくり、プチコンサート!
テーマは、「自分のやりたいことをやる」
で、今回の“ヨシオセレクト”はマニアックなミュージカルソング。
しかも全曲デュエットの曲ばかりv

デュエットということで、なんと、林アキラさん、tekkanさん、やまぐちあきこさん、Belleさんら豪華ゲストが登場!!
林さんのピアノ伴奏で、7曲ほど歌ってくださいました。

★やまぐちあきこさんとのデュエットで、
①「パレード」より ♪This Is Not Over Yet.
②「ウエディング・シンガー」より ♪If I Told You.

★Belleさんとのデュエットで、
③「グランドホテル」より ♪ラヴ キャント ハプン

★そして、やまぐちさん、Belleさんと3人で、
④「アイーダ」より ♪ステップ・トゥ・ファー
※ちなみに、アイーダがやまぐちさん、アムネリスがBelleさんでした。井上さんのラダメスは・・う~ん、5年後にもう一度聴いてみたいかな!

★ここでtekkanさん登場!
⑤「ブラッド・ブラザース」より ♪マイ・フレンド
⑥すみません、曲名がわかりません・・。なんか「秘密の花園」をなんちゃらかんちゃらしたミュージカルとか言ってました。

【追記】“名無しのミューオタさん”が曲名を教えてくださいました。
「The Secret Garden」の「Lily's Eyes」だそうです♪(ありがとうございました
 
★そして、やまぐちさん、Belleさん、tekkanさん、井上さんの4人で歌った曲、それは・・・
⑦「マンマ・ミーア!」より ♪サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
井上さんはダディーズの中の誰だったかというと、ハリー!
tekkanさんがビルでした。


ミニコンサートのあとは、ゲストの皆さんとのトークコーナー
いろんなお話が出ましたがいちばん笑ったのが、井上さんがデビューしたての頃、「Belleさんは、もとは男性だった」と騙されていた話
プロデューサーまで「彼女の男時代を知ってるけど・・」とフツーに話をして、カンパニーぐるみで1週間ほど騙されたままだったとか(笑)

他にも楽しいお話満載で、そのあと井上さんが客席を回っての質問コーナーや、抽選でしたが井上さんとフェルセン&マリー・アントワネットのポーズで写真を撮るコーナーや井上さんの声で起こしてくれる目覚まし時計プレゼントなど、なかなか楽しかったですv

30分くらい押したので、お友達の新幹線の時間が気になってハラハラしましたが無事飛び乗ったとのメールをいただき、ホッとしました
ウィーン組の懐かしい面々とも昨年のミーマイ以来の再会ができ、嬉しかったです。

だんだん迫ってきた3月のイベントも楽しみになってきました!
コメント (7)

マリー・アントワネット 2/24

2007-02-25 00:01:16 | 観劇
こんばんは!ギヨタン博士の摩訶不思議な首の動きを研究しているたけこです。

観劇前の腹ごしらえ、今日はちょっと違うお店に行ってみようかということで、NU茶屋町9Fにある「浪速ご馳走ビュッフェ 芋と大根」というお店に行きました。
土・日のランチビュッフェは1600円で食べ放題。家庭料理がたくさんあって、なかなか美味しかったですよv この日はひーちゃまと京ちゃまと3人で、15時から苦しくなるまで食べました。
でもお腹いっぱいになっても観劇中は寝ない自信あり!
MAでは寝ているヒマはないのです!(わたくしは王妃です!風に読んでねv)

本日は歌別の感想で。

■「私こそがふさわしい」
オルレアン公のナンバーが大好きなんです。
でも毎回 ♪恥ずべきか?卑劣か?♪ のところで「欧米か!」とつぶやいてしまう私は密かにタカアンドトシのファンでもあります。

■「もしも」
♪か~くせ、仮面のぉ下♪
今日のお席はサイド寄りだったので仮面で隠したはずの井上さんのお顔がちらりと見えたんです。そしたら井上さん、あの至近距離の仮面の裏を真剣に見つめているじゃありませんか。
はっ・・!もしやあの仮面の裏に歌詞がびっしり書いてある疑惑!?(んなこたーない)

■「我らは兄弟」
ランバル夫人の死はむごいです・・。そこで素朴な疑問。首を突き刺して掲げたり、3色の旗を掲げて行進するのはわかります。しかし齊藤さんが持っている棒の先には木の葉っぱがたくさん突き刺さっているのですが、葉っぱって、何か意味があるのでしょうか・・?

■「自由」
前回のレポで、福井ロベスピエールが狼男に変身しそうだと書きましたが、すみません、訂正します。友人と検証した結果、もう最後のあの場面ではすでに狼になっています。
あの瞬間の福井さんの血圧、測れるものなら測ってみたい・・。


本日お会いできた東京からの遠征組の皆さん、ちょっとだけお会いできた方も、ゆっくりお話できた方も、お会いできて嬉しかったです。
楽しいひとときをありがとうございました
コメント (10)

堀井紀壬子さんのワークショップセミナー

2007-02-24 00:05:43 | 日常
夢のようだったリフレッシュ休暇も実質昨日で終わり。土・日は普通に休みなのでね。
案の定、水曜あたりから毎晩仕事の夢を見てうなされています。

まぁこんなことも自分で予想していたので、休暇前に会社費用負担のとあるワークショップセミナーに申し込み、休暇最終日の昨日、受講してきました。

■女性社員のための 『心も体も元気になる秘訣』
 講師: NPO法人GEWEL 代表理事 堀井紀壬子氏

こんなたぐいのセミナーってよくあるじゃないですか。
なので正直あまり期待していなかったのですが・・・面白かった!

中でも興味深かったのが、動作心理学のお話。
人間の脳と、その指令を与える体の関係。

興味のある方は是非ご一緒に体験してくださいね♪

①立って右手をまっすぐ前に出し、人差し指で前を指さしてください。
②足は動かさず、体を右に限界までひねって人差し指が指す場所を覚えていてください。
③手を下ろし、正面を向いて目を閉じてください。
④頭の中で、さっき指さしたところよりもう10~20cm先まで指さしているところを想像してください。
⑤次に、そのまだ7cmくらい先まで指さしているところを想像してください。
⑥目を開けて、もう一度②の動作をしてください。

さて、結果はどうなりましたか!?

イメージにより、脳は「ここまでできる!」と体に指令を出すのだそうです。
普段、知らず知らずのうちに自分で限界を作ってしまってそれが習慣となっているのだとしたら人生もったいない話ですよね。

なりたい自分とか、夢とかあったら絶対イメージしましょう
(※あまり現実とかけ離れすぎたイメージは効果がないそうです・笑)
コメント (4)

マリー・アントワネット 2/20

2007-02-23 00:02:17 | 観劇
こんばんは!ボーマルシェの「神に感謝!」のところのひざカックン座りを練習しているたけこです。

さて、18日からジョゼフが川綱治加来くんなので行って参りました。

治加来くんのジョゼフは、もう病気でしんどいのが痛々しいほど伝わってきました。さすが演技派ですねぇ、治加来くん。
歌いきったあとベッドに倒れ込み、そのあともハァハァ苦しい呼吸をしてるんですね。頬には歌った時に流れた涙が光っていて、本当につらそう。思わず心の中で「照井さん、早くきて!」と祈りましたよ。
(※照井さん=ジョゼフを迎えにくる人)

梅芸前半ジョゼフの桝井賢斗くんの演技もそれは素晴らしくて私は泣いてしまったんです。病人にしては少しパワフルかもしれないけど、でもパワフルな分、歌が魂の叫びみたいですごく良かった。2人はちょっと違うタイプのジョゼフだけど、どちらも見ごたえありますね~


ではその他のひとりごと。

★オープニングのカリオストロのシルエット、ここは思い切ってイナバウアーとかやってみてはどうだろう? もしくは毎回誰かのモノマネをしてシルエット当てクイズとかね。山口さんならやってくれそうな気がする(笑)楽しいだろうなぁ

★ロベスピエールの福井昌一さん・・いや、福井貴一さん。地味な感じのひとだなぁって思っていたのですが、最後「自由~」とか叫びまくるあたりで、「こ、この人、オオカミ男に変身する~~~~!!」って思うくらい凄かった。
ここはいつもアンサンブルさんを観ているのですが、しばらくはロベスピエールを観ることにします。

★しまった!平日ソワレはカテコに子役が出てこないのだった!
山口さんと治加来くんのほのぼのカテコを楽しみにしてたのにぃ


ボーマルシェの次はジャコバン党の動きを研究する予定です。
コメント (6)

「MA」CD発売 と 「地球ドラマチック」

2007-02-22 00:01:03 | 雑談(舞台)
■ 「マリー・アントワネット」ハイライト・ライブ録音盤CD発売

待ってました!
先日梅芸で見つけた嬉しいチラシ。
MAのハイライト・ライブ録音盤CDが3月に発売になるそうです。
すでにFAXで申し込みが開始されていますが、もちろん私も申し込みました!

2枚組で4600円。
キャストは、涼風真世、新妻聖子、笹本玲奈、土屋裕子、井上芳雄、石川禅、山路和弘、高嶋政宏、山口祐一郎(敬称略)

マルグリットは1幕が新妻さんで、2幕が玲奈ちゃんです。
しかもマルグリットファンの人に朗報!
1幕のあの歌を玲奈ちゃんで聴きたい、2幕のあの歌を新妻さんで聴きたい、という人のためにボーナス・トラックとしてDISC2の末尾に、「100万のキャンドル」(笹本玲奈)、「心の声」(笹本玲奈)、「金が決め手」(新妻聖子)の3曲が収録されています。
東宝さん、ファン心理をよくお察しですねぇv

あれ?キャストの中に子役のお名前がない・・・
ジョゼフの歌、入ってますよね・・・!?


■ 『悲劇の王妃マリー・アントワネット』

NHKの番組「地球ドラマチック」(毎週水曜19:00~19:45)。
きばりんさんに教えていただき、オンタイムで観ることができました!

21日放送の前編では、マリー・アントワネットが14歳で嫁いでから長女(マリー・テレーズ)出産までの人生を。冒頭いきなり断頭台への準備として髪を切られるシーンから始まり、ゾクゾクしました。

物語は解説付でとてもわかりやすく、ルイ15世やデュ・バリー夫人のこと、ルイ16世の人柄や問題のアノ事、フランス王室のしきたり、母マリア・テレジアからの手紙のことなど、興味深い内容がいっぱいでとても面白かったです。
もちろんフェルセンやポリニャック夫人なんかも登場しました。

そして、何と言ってもマリー・アントワネットの吹き替えが坂本真綾ちゃん 嬉しいですねぇ~

後編は2/28放送。
めちゃくちゃ楽しみです
コメント (4)

王子とこじき 2/16

2007-02-21 12:23:14 | 観劇
すっかり遅レポになってしまいました。
おじこじ全国公演もようやく折り返し地点にきたばかりだというのに、早くもMY楽(笑) 松原公演に行ってきました。

この日はどういう訳か急にいろんな事が可笑しく思えてきてしまって。

例えば歌。
岡崎さんたちの ♪ドカンと押すハンコ~♪ は、ハンコに対してここまで振付をしてオーバーアクションで表現しているのが可笑しかったv

内御堂さんたちの ♪ポーカポカ、ポカポカ♪ は、あなたたちものすごく怒ってエドワードを殴っているのに、のんびり可愛く ポーカポカ♪って、やってる事と歌があってねーよ!と心の中でツッコミまくり。

そして極めつけは柳瀬マイルスが歌うあの歌、あんな懐メロみたいな曲でしたっけ?????
柳瀬さんが「懐かしのヒットメドレー」みたいな番組で気持ちよさそう~に歌っているところを想像してひとり肩を震わせて笑ってしまいました。あのリズムが懐メロっぽいんでしょうねv

歌だけでなく台詞もツボでして。 門番2人のしゃべり口調が、
「うるさいわ」とか、「やってられんわ」とか、あなたたちってば漫才師!? しかも2人ともツッコミ担当(笑)


マイルスが町の若者たちとケンカするあたりからいろんなミュージカルが入りこんでいて、ウエスト・サイド・ストーリー から ♪のっぼっれっ 天上~に~(キャッツ)を経て、異国の丘になります。これからご覧になられる方はお楽しみに♪

えー、以下、幕間に上田の会で整理した上田さんの台詞です。
今までのどの出演作品より台詞が多かったのでこちらも覚えるのにとまどい、まぁ私はほとんど覚えられなかったのですが、Yちゃんの大健闘によりこうして整理することができましたv

・おい、こじき小僧!威勢がいいな!
・なんだ、お前は!
・これでイギリスも少しは変わるだろう
・きれいごとはもうたくさんだ!
・お前の体にも同じような傷をつけてやろうか!
・確かに、あの棚も見ました
・王様はご病気です

あと、アベック泥棒(フール&フー)のソロナンバーの歌詞がわからない・・・ もしご存じの方がいらっしゃいましたら教えてくださいませ。

今回エドワード王子が鳥原如末さんだったのですが、歌がとても良かった! 王子としての威厳もあって私的には大ヒットでした。

おじこじカンパニーの皆さん、後半の旅公演も頑張ってください!
コメント

小樽雪あかりの路

2007-02-20 14:43:50 | 
2月9日(金)~2月18日(日)まで開催されていた 『第9回小樽雪あかりの路』 の最終日を見ることができました。

写真↑は運河会場(浅草橋~中央橋~竜宮橋)。
小樽のシンボルである小樽運河に浮き球キャンドルが浮き、運河沿いにはたくさんのろうそくのあかりが灯ります。

 16:30頃からあかりが灯り始めます

バケツに雪をつめてひっくり返して型をとったものの中にろうそくを入れるのがいちばん多かったですが、他にも、

  
               こんなのとか、


    こんなのとか↑       ハート型↑のもありました



      地元の方々の手作りの温かさが伝わってきます

 とっても大きなフクロウもいました!


もうひとつの会場、手宮線会場(寿司屋通り~日銀通り~中央通り)では・・
ジーザス発見!(笑) 

 雪の滑り台はかなりのスピードv


楽しいひとときに、すっかり寒さも忘れてしまっていたのでした
コメント (2)

北海道で食べたもの

2007-02-19 22:07:13 | 
1日目はキリンビール園で、「蟹とジンギスカンとサーモン寿司の食べ放題」に挑戦。
その昔サッポロビール園でジンギスカンを2人で10人前ほど食べたことがあるので私としては今回もジンギスカンを食べまくる予定だったのですが・・

 せっかくなので、まずは蟹から。

 な、なんじゃこりゃ~!
こうして取り出されたのがTOPの写真のカニの身。
ずっしり重たいのなんのって。生まれて初めてこんなの食べました。
カニは種類ごとにおかわりができて、「たらばを何本持ってきてください」という風に追加できるんです。しかもどれもものすごい太さ!
もうカニだけでお腹いっぱいになってしまうほどでした。

でもジンギスカンも美味しかった!  

スウィーニー・トッドを観た後だけど気にしないさ! 
お肉は柔らかくて、臭みもありません。お野菜はジャガイモやアスパラやえのきがバター焼きできるようになっていました。2人なのに最初から軽く4人前は出てましたね。カニのおかげでちょっと残しちゃいました。ああ、過去のジンギスカンクィーンの栄光はいずこへ・・・。


2日目は小樽に行きました。

 ルタオのドゥーブルフロマージュ


そして小樽の“寿司屋通り”で入ったお店は「寛寿司」さん。

 ちょっと豪華なランチ

写真右上は「ゴッコ汁」といって、大将オススメの冬季限定の魚のお汁。黒いゴッコというお魚はゼラチン質で美容によさげな感じ。骨も食べられるんですよ。
お味は淡白で美味しかったです。お椀の底にはゴッコの卵がいっぱい入っていてかき混ぜながら食べました。珍しかったなぁ。
もちろんお寿司も美味しかったです。とにかくネタが新鮮!!

小樽ではいっぱい歩いたので、なんか甘いモノが食べたくなって、「ぜんざいとか食べたい~」と言っていたら、運河沿いの倉庫群のお店の中に素敵なお店を見つけましたv 

 「ほとり」の田舎ぜんざい

小豆が美味しくて、少し甘さ控えめで、おもちが大きくて
器がけっこう大きかったのでかなり量が入っていたと思われます。
窓からはもちろん運河が見えますし、エレクトーンの生演奏もあって素敵な雰囲気のお店でしたv

そして札幌に戻ってラーメンでも食べようかということに。
かなり歩き疲れていたのと、今さらラーメン横丁もなぁということで、ちょうど'04のJCSで札幌に来たときに食べようと思って食べそびれた駅ビルの「ら~めん共和国」へ。
「白樺山荘」(札幌)の味噌ラーメン  

ピリ辛こってり系でした。美味しかったけどちょっと濃いかな~。
ら~めん共和国はどのお店もハーフサイズがあって、はしごできるようになってるのが魅力!
一瞬はしごも考えましたがやめておきました(笑)


最終日は出発が早かったので、空港のラーメン道場でこれまたラーメンを。北海道らしいラーメンを食べようということで、バターコーンラーメンなんてどう?ということに。
「特一番」(旭川)の塩バターコーン 

こりゃ美味しい!相方の味噌バターコーンも食べたけど、どちらもとても純粋な美味しさ。しかもチャーシューが予想外に美味しい~ あのバターの量を全部食べたのかと思うとちょっとびっくりしますけどね(笑)

まぁ、結論から言えば食べ過ぎです。
この2泊3日でいちばん多く発した言葉は「苦しい~」だったかも。
私は大食い選手権には出られない・・・とつくづく思ったのでした
コメント (5)   トラックバック (1)

冬の北海道をなめたらあかん

2007-02-18 15:36:18 | 
どもー、昨日から北海道にきています。

運がよければ今日は森山未來くん主演の映画「スマイル~聖夜の奇跡」のエキストラに参加する予定でしたが、運が悪かったので参加できませんでした(爆)

朝、札幌を出るときは晴れていたのに小樽は雪。

さ、寒い・・・
コメント (5)

橋本じゅんさんドラマ出演

2007-02-17 09:06:09 | TV ・配信
じゅんさんがご出演されるドラマは、TBS4月スタート(金曜22:00~)の『特急田中3号』 のようですね。

じゅんさん、どんな役なのでしょう。
楽しみです
コメント

スウィーニー・トッド 2/15

2007-02-17 00:05:35 | 観劇
こんばんは! ジャコバン党に入りたいたけこです。

15日はMAのあと、ソワレは『スウィーニー・トッド』を観劇。
きばりんさんとひーちゃまも一緒です

出演は、市村正親さん、大竹しのぶさん、キムラ緑子さん、武田真治さん他、とにかく豪華キャスト。しかもアンサンブルに我らが大須賀ひできさんや、阿部裕さん、その他ヴァンパイア組さんなど、こちらも豪華!

市村さんがフリート街の悪魔の理髪師(スウィーニー・トッド)です。
怖いです・・次から次へと人を殺しちゃうんですよ、いとも簡単に。
そして殺した人たちの人肉を大竹しのぶさんがパイに入れて焼くんですから!
Oh My God ・・・

スウィーニーがそうなるにはそれなりの事情があるんですけどね、でも“復讐とは?”ということを久しぶりに考えさせられました。パンフの後ろの方に乗っている復讐に関するいろんなことわざや格言なんかも興味深いですね。

でもそんな怖い話の中にも笑える場面があったりしてホッとしました。特に市村さんの「深剃り」とか(笑) あと、阿部さんが手に酒瓶を持っているのを見て、グランテール?と思ったりv

ひできの歌声がけっこう聴けたのも良かった。
あと、この人の声好き!と思ったら越智則英さん。確か「十二夜」のときも、この人の声好き!って思ったんだった。好きな声はどんな時もちゃんと聞き分けられるものなんですねぇ。

猟奇的な話であるだけでなく、人間の悲哀みたいなものもそこにあったような気がします。
そしてマチネで観たMAと重なる部分も多々あり。
亜門さんの演出は、野田秀樹さんの「ロープ」のようなダイレクトな手法ではないけれど、でも結局お二人は同じようなメッセージをくださっているのでは・・・とか、後からいろいろ考えてしまいました。

MA組がたくさん来られていて、幕間のロビーは華やかでした。
彼らはこの作品、どう感じたのかなぁ。気になるところです。

チケを取ってくれたYくん、いろんな意味でありがとう!(笑)
コメント (8)   トラックバック (2)

がんばれタイゾウ

2007-02-16 16:22:23 | 日常
仕事仲間で同い年のタイゾウの病名は多発性筋炎。
原因不明の難病のひとつらしい。

筋肉が炎症を起こして内蔵を攻撃する病気らしく、彼の場合は「間質肺炎」を併発している。
原因不明ということは当然きちんとした治療法があるわけではなく、ステロイドの投与を受けているらしい。

仕事でタイゾウを担当するようになったのは6~7年前のことで、私は彼の当時少しルーズだったところがなかなか受け入れられず衝突ばかり。
しかし私が転勤で4年ほど今の職場を離れ、昨年再び戻ってきたとき、神様がもう一度チャンスをくれた。私は再びタイゾウの担当に任命され、さぁ、今度こそいいパートナーになろう!と思っていた矢先の彼の病気。

さっき病院にお見舞いに行ったら、夜も昼も眠れないという・・・。

運動してはいけなかったり、食物の制限があったり何かと制約が多い中一生懸命病気と闘っている。

自分が大変なときなのに逆に私の貧血のこと心配してもらって申し訳ない・・。

私には何もできないけど、応援だけはしてるから頑張って一日も早く元気になっておくれな。
コメント

マリー・アントワネット 2/15

2007-02-15 23:59:50 | 観劇
さぁ~、どんどんハマってきましたよ~(笑)

■毎回思うことシリーズ

①山口‘カリオストロ’祐一郎さんはあの衣装を着ると思わず「ポイント・オブ・ノーリターン」を歌ってしまいそうにならないのでしょうか・・?

②ギヨタン博士とルイ16世のギロチンの曲を聴くとき、いつも舞台のどこかで吉野ヘルベルトがお風呂に入っているんじゃないかと思うのは私だけでしょうか・・・? ♪あ~あ~あ~~♪

③「100万のキャンドル」を「100万ドルのキャンドル」と思って、ロウソク高っ!と思った人はちょっとぐらいいるんじゃないでしょうか・・。

1幕で1ヶ所マルグリットのマイクトラブルがあったものの、本日の新妻さんも熱くて私はまた泣いてしまいました。
それにしてもこの作品、アンサンブルさんの出番が充実していてホントに嬉しいv 1幕ラストとジャコバン党の場面が特にお気に入りです


さて、本日は終演後に“スペシャル・トーク・イベント”なるものがありまして(写真)、大阪公演第1回目(本日)のゲストは井上芳雄さん。
指揮者の塩田さんの司会でいろいろなお話をしてくださいました。
・・・・が!イベントが始まるのが遅れたり、イベント自体も長引いたりして、そのあと待ち合わせの約束をしていた私は気が気ではなく、途中からうわの空・・ なので覚えていることだけ書きますね。

★MAは帝劇の頃からかなり変わってきている。歌詞や動きを変えたところもけっこうあり、東京、博多ときて、大阪で完結編といった感じ。

★塩田さんは井上さんのことを「芳雄ちゃん」と呼んでいる。

★井上さんは実は中学生の時、ジャズダンスフェスティバルでここの劇場(当時“飛天”)の初舞台を踏んでいる。(水兵さんの踊り
「なんだか名前をよく変える劇場ですよね」に場内爆笑。

★アンカレ、MAと愛人の役が続いているが私生活では愛人はやっていない。たとえやっていても言えない(笑)

★ウィーン版エリザの話から塩田さんが小池先生のモノマネ(爆)

★小池先生のモノマネからそもそもこの世界に入ったきっかけの話になり、例のオーディションの話に。オーディションの曲は「ミルク」。

★MAの曲は難しいという話から、塩田さんが「『すべてはあなたに』は加山雄三の歌っぽい。幸せだなぁ~って台詞とか似合いそう」と。
そう言われれば確かに

★難しい曲では歌い出しが時々わからなくなる事があるので、そういうとき井上さんは塩田さんを必死で観ている。
(特にM!の♪一家団欒~のところ)

★山路さんは劇中、息を切らして休憩するシーンがあるが、本当に疲れているらしい。

★自分のナンバー以外に歌ってみたい曲は、「心の声」とか。
あと、ジャコバン党がカッコイイのでやってみたい。(椅子こんな風にして、と真似をする井上さん・笑)

★フェルセン役で気を付けていることは、あまり動かず表現すること。
なので今回は舞台で汗をかかないそうです!

★洗濯はどうしているの?という質問に、今は頼んでいますが、エリザベートのルドルフの時は最初舞台に出たあと次の出番まで時間があるのでその間に洗濯機を回していた。

このあと3名にサイン付きポスターのプレゼントがあり、井上さんが抽選すると引かれた番号の人がみなイベントに残らずもう帰っちゃってて井上さんは泣きそうになってました

13時開演の公演でイベントが終了したのは17:30!
長丁場でしたが充実したひとときでした。
・・・でも待ち合わせに遅れてごめんなさい
コメント (4)