たけこの部屋

観劇と東方神起が好きです。

楽しかった!

2011-08-30 06:30:31 | 音楽
もうすっごく楽しくて素敵だったんです、昨日のコンサート。
大阪芸大の生徒さんによる演奏会だったのですが、クラシックあり、ポップスあり、合唱・独唱あり、ダンスあり、ミュージカルありで、盛りだくさんでした。

オープニングから1回生の皆さんの"In The Sanctuary" ですよ☆
もう彼らのエネルギーを全身に浴びて、感動して泣きそうになりました。

若いって素晴らしい!!

若いって、もうそれだけでキラキラしてて、存在自体が宝物ですよね。

すごいオーディションを勝ち抜いて残った4組のバンドの皆さん。
ピアノとパーカッションのみで編成された2人組のユニットとかあって、カッコよかったぁ^^
他にも、私が高校の軽音時代に、1年のときに3年の先輩のバンドに憧れていたのですが、彼らとめっちゃ重なるバンドがあったりして、一気に高校時代にタイムスリップしてあの頃の毎日ワクワクしていた気持ちなんかを思い出しました。
(憧れの「ペニーレイン」の角谷先輩、矢野先輩、長野先輩、岩田先輩、三好先輩、お元気ですかー!)

他にも素敵な演奏などで第1部が終わり、いよいよ2部へ。

幕が開くと、すんごいオーケストラ~~~~

2部では、ゲストとして、バイオリンの川井郁子さんや、井上芳雄さんが登場します。


川井さんのバイオリン、とっても素敵でした。
ストラディヴァリウスの音色にうっとり。

卒業生の方の素晴らしい合唱や独唱も聴かせていただいたあと、
いきなり舞台が『ウェストサイドストーリー』の世界に!

とびきり可愛い元気いっぱいの女子生徒さんたちが出てきて「America」 !!

そして井上さんが登場し、マリア役の生徒さんと「Tonight」をデュエット。
いんや~、よすぃおトニー素敵。マリア役の方もとっても可愛くて^^

次は『ミス・サイゴン』
井上さんがトニーからクリスになった瞬間が見えましたね~^^
キム役の生徒さん(マリアとはまた違う方)と「Last Night of the World」をデュエット。
生徒さん、最後抱きしめられてました(きゃー)

このあとトーク。
自己紹介と、生徒さんを抱きしめたことのお詫びw 橋本さとしさんのことwww などなど。
トークは何か変なこと言い出したらどうしようとか思ってましたが、大丈夫でした(爆)
楽しかったぁ。(持ち時間は2分しかなかったそうですw)

そして、ヴォルフガングに。
『モーツァルト!』から「僕こそ音楽」。
何度も聴きなれた曲ですが、ちょこちょこっと耳に新鮮に残る楽器のアレンジが、心地よかったです。

最後はヴォルフからトラップ大佐に。
大阪芸大さん側からのリクエストで『サウンド・オブ・ミュージック』から「エーデルワイス」。
この曲歌ってくれたの初めて聴いたかも^^

井上さんの部分のプログラムはこんな感じ。



そして井上さんがはけたあと、大阪芸術大学管弦楽団が最後に演奏してくださったのが、『レクイエム』から、「Lacrimosa」 と 「Dies irae」。
2011年の韓国版ミュージカル『モーツァルト!』のキーワードは“レクイエム”だと勝手に思っていたので、
すごく嬉しかったです。
「Lacrimosa」は井上さんのCDにも入っていて、私が生まれて初めて聴いた「レクイエム」です。レクイエムの中でいちばん好きかな。
こんな素敵な演奏で聴かせていただいて本当に感激しました。


会場に来る前、井上さんはたぶん1曲くらい何か歌うのかなと漠然と思っていたので、まさかこんなに歌っていただけるとは思っていなくて嬉しいサプライズでした。
もともとミュージカルから好きになった方ではないので、こういうコンサートに行くと、どうして私がこの人を好きになったかという遠い昔の原点に立ち返れるのがまた幸せでもあります。
本当に来て良かったなって思いました^^


大阪芸大プロムナードコンサート2011 は、本日8/30は名古屋で、明日8/31は神戸で公演があります。
詳細はこちら。

神戸のチケットも持っているのですが、ちょっと行けるかどうか微妙なところで・・・。
でもプログラムを見ると、生徒さんのパフォーマンスが大阪・名古屋・神戸と全部違うようなので、是非見たいのですが、そのためには明日中に韓国行きの準備を全部済ませる必要がTT(前のりなので)


そうそう、お隣のお席の方が私の待ち受けを見て「ジュンスですね」と。
その方は特にジュンスのファンの方ではなかったのですが、でも「モーツァルト!」はもちろんのこと、「ハムレット」や「ウェディング・シンガー」、「ミス・サイゴン」、あと何だっけなー、とにかく韓国でたくさんミュージカルを観ていらっしゃってオドロキでした。

全部芳雄くんに関係ある作品ばかり^^
私もそんな動機で韓国に行ったひとりですから、お気持ちよーくわかります(笑)
コメント (5)

大阪芸大プロムナードコンサート2011

2011-08-29 17:49:51 | 音楽

元カレが出るというのでよくわからないまま来てみましたら、
なんと、トニーと、クリスと、ヴォルフと、トラップ大佐!



コメント (4)

オペラ座の怪人 京都公演千秋楽 110828

2011-08-29 01:25:51 | 観劇

終わっちゃいました~ オペラ座京都公演。
カンパニーの皆さま、本当にお疲れさまでした!

公演期間の約半年間、韓国ばっかり行っててあまり通えなかったですが、
でも観劇した日は思いのほかとても濃い時間を過ごすことができました。
いろんなキャストで観れたしネ^^

いちばん大きな収穫は、佐野さんのファントムに改めてちゃんと出会えたことかな。


「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい」

          

「劇団四季のオペラ佐野怪人は凄いらしい」


と、ポスターを変えたいほど素晴らしかったです。


あと新キャストもたくさん観られて、楽しかった^^
金本フィルマン良かったな~
ピアンジは今日、永井ピアンジを初めて拝見しましたが、全然違和感なくて歌も素敵で良かったです。
8/2のリハ見のときはまだけっこう必死でお稽古中だったのに、あれからもうすっかり仕上がって千秋楽のピアンジを務められたんですね。おめでとうございます^^

今日はプリマドンナの7重唱がとってもきれいで、聞き惚れてしまいました。
カルロッタ、ビアンジ、アンドレ、フィルマン、ラウル、マダムジリー、メグジリーの7人の声が激しくぶつかり合うこともなく、みんなが他の人の声をちゃんと聞いて歌っているというか、本当にきれいなハーモニーでした。
7つの声がそれぞれ違う歌詞を歌っているのに歌詞が聴き取れたりするとちょっと感動しますね^^
優しく美しいプリマドンナでした。

ベテランキャストの方も以前と演技を変えていらっしゃったりして、そういうのを発見すると新鮮な気持ちになりますね。自分も頑張らないと、みたいな。


終演後は「千秋楽特別カーテンコール」があり、舞台上に「ありがとう京都」の看板が出て、
そして「プリマドンナ」の曲で男女がペアになって優雅にダンスを踊っていらっしゃたのが素敵でした^^
そのあと川地さんが代表して挨拶。
いったんはけたあと、皆さん、何度も何度も出てきてくださって嬉しかったです。



実は今日は、ソウルでも千秋楽を迎えた公演がありました。
「ジキルとハイド」です。
千秋楽のジキルはホン・グァンホさん。
お友達が観にいっているのですが、それはもう素晴らしかったそうです。


で、今日私が観た「オペラ座の怪人」と、お友達が観た「ジキルとハイド」。
この2つの作品を一緒にやっちゃうガラコンサートが、今週の金曜日から3日間、ソウルで開催されます。


「THE MUSIC OF THE NIGHT 2011 ファントム&ジキル」
 9/2~4 シャルロッテシアター

出演者は、ブラッド・リトルさん、ホン・グァンホさん、キム・ソニョンさん、キム・ソヒョンさん。
4名とも実際に韓国でミュージカルを観たときに運よく拝見することができた方々で、その歌声の素晴らしさは今も私の心に染み入っています。
(あ、グァンホさんのことを“グァントム”と私たちが呼んでいるのは、グァンホさんがファントムをされているから“グァントム”なのです^^)

今週末にロッテイベントに行った際、観れたら観てこようと思いまして、とりあえずチケットだけは取ってあります・・ちゃんと間に合えばいいのですが^^;
ブラッドリトルさんにも久しぶりにお会いしたいですね。



さてさて、四季のHPを久しぶりに観たらこんなものを見つけました。



↑をクリックしてくださると興味深いお話が23個見れます。
中には、そうだったの!?みたいなのもいくつかありました。

いちばん腰を抜かしたのは、カルロッタと鞭男さん(ハンニバルで鞭たたきながら踊ってる男性)が恋人同士ですって!?

知らなかったぁ~~!

興味のある方はご覧くださいね^^


あ、それから今日は私は2階の後方に座ってたんですけど、
双眼鏡でラウル見てたら中井ラウルと目が合って、カテコで私にだけ手を振ってくれました。



(※すみません、ここは突っ込むところです・・)



カンパニーの皆さま、10月からの東京公演も頑張ってください~^^


2011年京都公演千秋楽キャスト
 

公式サイト記事はこちら

コメント (4)

Wロミオ~!

2011-08-27 10:25:58 | 雑談(舞台)
わーい、ロミジュリの「Wロミオ・アフタートーク」イベントに当選した~^^




夜の9:45からなんですね、遅!(笑)
2人のロミオのトーク、とても楽しみです^^




コメント (6)

「三銃士」東京公演千秋楽

2011-08-27 03:10:21 | 雑談(舞台)
8/26に東京公演千秋楽を迎えたミュージカル「三銃士」。
千秋楽に行っていたお友達から、ロシュフォール役の吉野圭吾さんがお怪我のため、このあとの博多座の舞台を降板されることを聞きました。

東宝さんからのお知らせ → こちら

福岡 博多座公演 出演者変更のお知らせ
2011年8月26日

ロシュフォール役で出演を予定しておりました吉野圭吾は、アキレス腱を痛め、医師の指示により、やむなく休演させて戴くこととなりました。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。
本公演はこれに伴い、ロシュフォール役に原慎一郎、親衛隊士には青山航士、船長を松澤重雄がそれぞれ務め、上演させて戴きます。
何卒悪しからずご了承下さいますようお願い申し上げますとともに、変わらぬご声援を賜りますようお願い申し上げます。



もうびっくりしてしまって・・
21日にお怪我されて、しかもアキレス腱なのに、今日の千秋楽まで舞台を全うされた吉野さん。
ロシュフォールは階段から落ちるシーンもあるのですが、それもお怪我のあとも続けられていたということでしょうかTT
そしてあんなに激しい殺陣とか・・ありえないですTT

井上芳雄さんのブログに行くと、お怪我をされた瞬間を見た芳雄くんが、吉野さんの状態がどれほど深刻な状態か、なのに決して諦めずものすごい精神力で最善を尽くされている先輩の姿に対する思いを綴っていて、それを読んで涙。
そして、千秋楽のカーテンコール動画を見ると、吉野さんご自身の口から降板のことをご報告されていて、
吉野さん、涙で言葉がつまって・・最後には客席だけでなくキャストにも何度も頭を下げて、それを見てまた涙TT

吉野さんへ。
どうかゆっくり治療されて、また元気に舞台に戻ってきてくださいね。
だって私、11月に吉野さんがご出演の舞台の先行に明日参戦するんですからね^^
その日お会いできるのを楽しみにしています・・!

「三銃士」は震災のチャリティー公演ということで、昼公演1回だけの日にキャストが義援金BOXを持ってロビーに立っていたのですが、その金額だけで、1025万円も集まったそうなのです。
確か芳雄くんのFC貸切公演の日だけで200万ちょっといったんでしたっけね。
そのほかにもロビーに設置していた義援金BOXとチャリティーTシャツの売り上げで330万ほど。
すごいですね~ なんか自分も微力ながらお役にたてたのかと思うと嬉しいです^^


千秋楽のカーテンコール動画です。
ちょっと長いので中身を書きますね。見たいところをご覧ください。

3:35~ 義援金の結果報告
5:27~ 瀬奈じゅんさん挨拶
6:01~ 橋本さとしさん挨拶
7:45~ 山口祐一郎さん挨拶
9:50~ 吉野圭吾さん挨拶
12:52~ 代役の原慎一郎さんの紹介
14:00~ ジャガイモ号(馬)の中の人の紹介w(左が横沢さんで、右が山名さんです)
18:35~ 最後に出てきてくださった吉野さん
19:15~ 演出の山田和也さん登場





う~TT 本当に「ひとりはみんなのために みんなはひとりのために」ですね。

代役の原さんは大変だと思いますが、原さんなら大丈夫って思っています。
応援していますので頑張ってください・・!



最後に出てきてくださった吉野さんと抱き合う井上さん


コメント (4)

2012年7月にウィーンver.『ルドルフ』

2011-08-26 06:28:22 | 雑談(舞台)




来年7月に、日本で『ルドルフ』再演のニュース。
しかもウィーンバージョンらしい・・・!

『ルドルフ』という人物は、エリザベートの息子の名前です。
ジュンスのミューコンで、『エリザベート』のコーナーがありましたが、その中でドンソクさんがされた役です。

ミュージカル『エリザベート』では、ルドルフが登場するシーンは本当に短いのですが(でも重要だしインパクトあり)、このミュージカル『ルドルフ』は、そのルドルフに焦点をあてた、ルドルフが主役のお話です。


日本で『ルドルフ』が上演されたのは、今自分のレポを見たら2008年でした。
この時の演出は宮本亜門さんだったんですが、私はけっこう好きだったんですよ~。
好きなアンサンブルさんがたくさんご出演されていたのもあって。


ウィーン版は、偶然にも1ヶ月前、お友達にお借りしたDVDを見たばかり。



演出の印象は、ダイナミックというか、ストレートというか、そんな感じでした。

ウィーン版、“3大びっくり”は、

① 出演者スケート上手すぎ!!
亜門版もスケートシーンはあったんですが、アンサンブルさんの一部がちょっと滑っていたという感じだったんです。
でもウィーンの人ってスケート滑れない人なんて、おそらくいないんでしょうね。
アンサンブルさんはもちろんのこと、ルドルフもマリーもガンガン滑っていて、すごくカッコよかったです。


②キスシーン多すぎ!w
ホント多かったですよ^^; しかもちょっとナマナマしい感じ。(ベッドシーンもどきもあったような・・)
韓国で上演されると聞いて、ジュンスが演じることを頭において観たのですが、私の中ですぐ「却下」となりましたw(といっても、ジキハイのあのシーンよりはマシです)


③フランツ・ヨーゼフ役の人がフランツ・ヨーゼフにそっくり!!

デメルのこのチョコの左の男性がフランツなのですが・・・



あ・・ 今見たらそんなに似てなかった(爆)




その他、亜門版との決定的な違いは、「ファイファーがいない。」
ファイファーいなかったら、浦井くんは出演してくれるんでしょうか^^;

韓国でも『ルドルフ』が上演されるということで、韓国版もとても気になります。

来年韓国版『エリザベート』にもしジュンスが出演した場合、『エリザベート』を観て、『ルドルフ』のことをもっと知りたくなるかもしれませんね。
そういうのって、すごく楽しいですね^^


「明日への階段」 ジュンスに歌って欲しい曲でもあります。(これはハンガリーキャストかな?)

曲はワイルドホーンさんです^^


コメント (4)

日本版 『ジキルとハイド』 に濱田めぐみさん

2011-08-23 19:33:23 | 雑談(舞台)
キャー! めぐめぐ!!!!!





今日、出演者に濱田めぐみさんが追加されたことが発表されました。
お友達のツイートで知って、もう嬉しくて。

石丸さんと濱田さんがジキハイで共演なんて夢のようですTT
濱田さんはきっとルーシーですよね???
きっと大迫力のルーシーになるでしょうね。
すっごく楽しみです。

数年前までは想像すらできなかった作品とキャストの組み合わせが、
ここのところ、少しずつ見られてきて、ミュージカルファンとしてはとても嬉しいです。

だっていつも私たちは こんなふうに 妄想するしかなかったから。(←これはレミゼだけど)


嬉しすぎて観劇友達にメールをしまくったら、「大阪公演あるかな・・」っていうお返事が。
ガーン・・!!
そうだった、私は東京に住んでいないのだった・・!!

あ、でもこれはなんとしても遠征しなければなりませんね^^
コメント (4)

Mirotic piano rock mix.

2011-08-22 01:49:46 | TVXQ
今日は久しぶりにユノとチャンミンに会えて嬉しかった。
いつぶりだろうと思い返してみたら、たぶん2009年の「ベストヒット歌謡祭」の観覧以来だったのかも。

2人のステージを見て、寂しい気持ちは感じませんでした。
5人のときの歌を聴いても大丈夫でした。
なぜならジェジュンが昨年末のインタビューで、2人に対して「ありがとう」と言っていたものが、
そこに見えたから。
ちゃんと自分の目で見ることができて良かったです。


【私の好きな言葉】
「心は自由だから、縛れないから」byパクソンス (スナナレでジェジュンが言ってた言葉)

どんな関係にある人同士でも、心は自由であっていいと思います。


久しぶりに5人の曲を何か載せようと思ったのですが、そのままじゃなくて、何かアレンジされたものがいいなって思って、思いついたのがMiroticのピアノバージョン。
今年の1月にJINさんに教えていただいたものですね。

好きでよく聴いています^^





コメント (8)

終わった・・TT

2011-08-21 19:45:17 | TVXQ

今、ユノたち終わりました。
めちゃくちゃかっこよかった!
オーラも、どや顔も、脇毛も健在!!
コメント (3)

赤い海

2011-08-21 19:14:03 | TVXQ

ユノ、チャミ、会いたかった……!
コメント (4)

京都なう

2011-08-21 14:12:56 | 日常
女の香りコンサートの日とモロかぶりのイベントに出演するため、今、フォーメーションの猛練習中~。
コメント (2)

今日は

2011-08-20 15:19:40 | 雑談(舞台)

みつきちゃんに会いに来ています♪
コメント (3)

スマートモテリーマン講座

2011-08-20 13:32:36 | 雑談(舞台)

2010年は東京でしか上演してくれなかった 『スマートモテリーマン講座』。

昨年、エリザベート遠征で東京に行ったときにどうしても一緒に観たかったのですが、
当然のことながらチケットは完売。泣く泣くあきらめました。

そして2011年。
なんと地元に来てくれるという嬉しいニュースに大喜びしていたのに、
うっかりチケット発売日にボーッとしていたら、またしてもチケットは完売。


2011年も受講できず。


昨日、何を思ったか仕事帰りに劇場の窓口まで行って「チケットは本当に1枚もないですか」と聞いたら、
やはり「完売です」とのお返事。

TTTTTTTT

私のバケットリストに、「モテリーマンを観ること」が追加されました。

コメント (2)

髑髏城の七人  110818

2011-08-19 06:30:45 | 観劇


劇団☆新感線の、「髑髏城の七人」を観てきました。




あなたたち、どんだけカッコ良かったら気が済むんですか!


小栗 旬

早乙女太一

勝地 涼

森山未來

兵庫の兄w

(敬称略)



とりあえずキャスト豪華すぎ。


劇団☆新感線に本格的にハマったのが、「メタルマクベス」からなので、
髑髏シリーズはゲキシネでアカドクロを観ただけの私。
なので果たしてどのくらい楽しめるのかなって思っていましたが、実にカッコよかった!

いのうえ歌舞伎、大好きですTT
とにかくカッコイイんですよね。

そしてよくぞこのメンバーを集めてくださいました。
今回古田新太さんや橋本じゅんさんがご出演でなかったのですが、その寂しさを全く感じさせることなく、若い人たちのパワー炸裂・・!

今まで小栗旬さんのファンでなかった人も、帰りにはみんなが「私は小栗旬ファンです」と顔に書いて家路についたことでしょう。
そして太一くんの殺陣はホントにホントに美しくて、もう、クルックル剣が回転して、惚れ惚れします。
衣装が変わるたび、ほぉぉ~とため息も出ますし、「笛吹き太一」のシーンは今回の私のベストオブ太一。まばたきしてはなりません。
その他にも見せ場はいっぱい、太一くんのファンの方々にとっては、前回の「蛮幽鬼」同様、絶対に見逃せない作品ですね。

でね、↑に名前を連ねた中の「兵庫の兄」ですが、このメンバーの中に名前をいれずにはいられないほど今回もう彼に大注目です。
兵庫というのは、勝地涼くんの役名で、彼はそのお兄さん。
笑い、涙、感動。全部しっかり持っていったのは彼だけかもしれません。
この兄のシーンで「うわ、拍手したい!」って思うシーンがあって、きっとみんな同じ気持ちだったんですね、客席から自然に拍手が・・! 
こういうのいいですね、客席と舞台がひとつになる瞬間^^

そして、森山未來くん
「天魔王」の役でしたが、ホントにこの人は期待を裏切らない!
ああ、やっぱ若手でこの役やれるの未來くんしかいないなって思った瞬間が何度もありました。
狂気に満ちてましたねぇ。
本当に大好きな俳優さんです。

一方、期待を裏切りまくるのが、河野まさとさんの三五(さんご)ww
「期待を裏切る」の意味を、どうか楽しまれてくださいね。
サイコーでしたww

高田聖子さんの贋鉄斎もすんごくイイですよぉ~

そして私の大好きな村木よし子さん(笑)
もう、彼女がそこにいてくれるだけで私は幸せです。
今回もいいキャラ満開で楽しませてくださいました。

右近ちゃんは、中学のときの音楽の先生(女性)にそっくりでしたw

ストーリーに私たちのよく知っている「歴史」が組み込まれていて、
そういうところがまた面白いですよね。

作品本体の持つ「感動力」のようなものは、個人的には『朧の森に棲む鬼』や『蛮幽鬼』の方がやや高いようにも思いましたが、でも主要キャストの「ゴージャス感」はダントツ上位に食い込むのではないでしょうか。
単にカッコイイ人が出てるから舞台がカッコイイのではなくて、各俳優さんの熱演はもちろんのこと、この若いメンバーでこの重さを出せるところがカッコイイし、何よりこの客演キャストの皆さんが劇団☆新感線の世界をこんなにも創りあげていらっしゃることがホントにカッコよくてたまりませんね。
「アカドクロ」「アオドクロ」に続く「ワカドクロ」。まさにネーミングもぴったり・・!


そしてこの舞台を観た誰もが小栗旬ファンになるもうひとつの理由。

それは、小栗様のナマ足が、太ももの付け根まで大放出されること!


(※髑髏城の七人オフィシャルブログよりお借りしました)

もう何度もですよ。

皆さん「双眼鏡でガン見した」って言ってましたw


これからご覧になられる方、どうかお楽しみに~^^
コメント (11)

おはようございます

2011-08-18 08:37:11 | 日常
ひゃんりさんとこで見たジェジュンの昨日のドラマの視聴率が嬉しすぎて、
朝から変なダンスを踊ってしまいましたw

えー、本日ワタクシは 劇団☆新感線デー(別名:森山未來デー) のため、ブログの更新はありません。

コメントのお返事は週末にさせていただきますね。


新感線から「キャスト降板のお知らせ」とかいうメールが来ると本当にドキッとしますTT
吉田メタルさんが右足を骨折して、16日以降の公演は全て降板とのこと。
台本を一部改訂して上演するそうで、ご本人のお気持ちを思うと、また私たちも本当に残念ですが、
楽しんできたいと思います^^


ではでは皆さまも楽しい1日を^^

コメント (2)