網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青銅聖闘士と白銀聖闘士の違いは何?

2013-06-30 16:47:53 | 聖闘士星矢

黄金聖闘士と白銀聖闘士との間の差は比較的はっきりしていますが、

白銀と青銅との間の差はそれよりははっきりしません。スピードも青銅はマッハ1、白銀はマッハ
2~5と言われていますが黄金のスピードである光速はマッハでは約90万。対数グラフでの
中間値はマッハ1000付近と「中間的な強さ」にすらなっておらず扱いが軽い感じがあります。

その一方で「黄金聖闘士にも匹敵する・超える」と言われる者はケフィウス座、琴座、祭壇座など
白銀聖闘士にしかおらずスピードも当然光速付近を出せると思われます。とはいえ星矢など一部
青銅聖闘士も通常の白銀聖闘士を安定して超えているようでそこは違いとは言えないようです。

ただし聖域からの扱いには格段の違いがあるようです。聖域からの指令でメインで動くのは
白銀聖闘士で、聖域と戦う時のアテナ(城戸沙織)以外から青銅に直接指令が下る描写は
ありません。耶人等の時も直接指示を受けたのはユズリハと思われるし魔鈴等も役は同様か。

また特に聖闘士候補生を教える役割は白銀以上が担うようで、武術における師範のように
小宇宙など聖闘士に必要な資質のことをある程度以上自覚的に理解している必要がありそう
です。戦闘力とかそういうもの以上に。そのことにより通常は戦闘力も相応に高いことが多いと。

セブンセンシズには劣るがそれに近い、第6.5感といった感覚に目覚めている扱いに近く
聖衣を授かる段階でその域に達しているかどうかで青銅と別れるのかもと。あるいは描写が
なされていないだけで、青銅から白銀への昇格は意外と多いのかもと。黄金へ、より遥かに。

そしてそれは聖衣に認められるかという基準がそうであるということであり、どのランクにも
上位の聖闘士に匹敵、あるいは勝るものは居り、ただそれぞれのランクの中でも相当な差が
あることも多く、その平均の実力差は天と地ほどにもなるということっぽい。ただ上位の聖衣を
認められても固辞するハクレイような例もあり個々の実力は「この聖衣に認められる以上」
ということ位しか言えないのでは。星矢たちもアテネさえ認めれば白銀に昇格できたのかも。

コメント

高槻 やよい:type 9

2013-06-29 22:06:33 | エニア・タイプ判別室

に続いては掲載順に

やよい。

テンションは下がりにくく安定型と思われます。
自分で動こうとする傾向が強く行動型の様子。

家族相手は特定個人に注視する様子が見られず
台詞の傾向は主観的なようで思考型ではなさそうです。

そんなわけで判定は type 9
ウィングはおそらくなし。

というわけでなどと同じタイプと出ました。
今回かなり判別に苦労しました。

コメント

菊地 真:type 7w8

2013-06-28 21:41:21 | エニア・タイプ判別室

春香に続いては掲載順に

真。

テンションが下がりにくいところから安定型と思われます。
行動に訴えるところが目立ち外向型か行動型の様子。

警戒心は緩い様子もあり受容型とも思われ
素のままを出さない傾向からどうやら防御型です。

そんなわけで判定は type 7w8
育ちの製の部分が大きそうだがウィングは8方向の判断。

というわけでセイバー歩美などと同じタイプと出ました。
生い立ちとかが近そうなのは・・・ヒルデガルドとか?

コメント (1)

FLAG232特記事項

2013-06-27 23:21:20 | なのは洋菓子店のいい仕事

本来はミネルヴァの番だったらしい。

ウルカヌスは一番最後らしいしメルとディアナの順番は不明。出発の時にはどちらの宿主も
起きていたと思うが、姿とかの変化が大きく結びつかない様子。事情を話していないのは栞が
聞かないのとミネルヴァが無口なせいっぽい。メルクリウスはただ単に寝ているせいかも。

栞の実際の心境はミネルヴァの状態を参照、かも。若干力は落ちているかもだが翼がまだ
出ているし。それとは多分対人型。自己保存傾向が強く見えるのは能力、特に運動能力の
なさが原因っぽい。多少は探そうとしたかもしれないが桂馬のクラスも知らなかった様子。

月夜の方も多分対人型かな。ウルカヌスと共に。社会方にも見えないし冒険と化を求める
傾向もないので消去法で。こちらは多分クラスは結に聞けるし学校に来ていないことは知って
いたのでは。桂木家の場所は覚えてはいなかったか。来ても多分何もできなかったと思うが。

天体望遠鏡と人形の組み合わせは栞の創造の範疇外だった様子。咄嗟に本を出したところ
から他に何冊か持ってきている様子。夜に役立つ本とかそういうチョイスで。多分それなりの
重量になるがパワーは鍛えられているのでは。根性とかも必要十分には備わっている様子。

FLAG210の最後のコマは今回の冒頭よりだいぶ前の時間だろうなと。少なくとも月夜が
望遠鏡を出していないし栞が読んでいる本も違う。その間の中の騒ぎは外にはまだ聞こえて
いなかった様子。そしてここにきて女神の方は動く気はなかったと。特にウルカヌスの方。

この二人が女神の仲介なしに話すと、まず桂馬の話題を避ける形になりそうな気も。天文の話
から入るとかで。ウルカヌスは桂馬を寝かせようとすると思うがそれをミネルヴァが守る展開も
あり得るか。その前に結が飛び出してくるかどうかが分岐点かも。桂馬をどう運ぼうとするかから。

コメント

第411話特記事項

2013-06-26 20:57:07 | ハヤテのごとく!

ナギの体力の方も後どれだけ保つのか・・・

扉絵で舞っている本は「REAL LENGUA」「Academic Espanola」かな。紋章とか違うし
全部番号が「X」っぽいし詳細は不明だけど。描写はないけどスペイン語もできるのかも。
あるいはローマに住んでいたときのイタリア語の素養で読めるだけかもしれないが。

挙がっている名物の中で、真珠を食うつもりか?と思ったが、阿古屋貝も伝統的に食材だし。
当然のように伊澄はいない。冒頭は夕方だし伊丹からセントレア経由でも移動時間から十分到着
しそうではあるが、カユラが休息をとれているようだしもっと京都近くに滑走路をとれたっぽい。

ナギは最初から必死で頑張ってはいる。分からないのは本当はネタを集める方法。漫画は
描いていたがネタ出しは事実上初めての経験の様子。集め方は教わったけど集めるポイント
とかが足りなかった様子。まあこれは作者の描き方とかによって違うし自力で見つけないと。

カユラは多分、人を追いこもうとしたことも自分が追い込まれたこともない。つい先程までは。
ヒナギクはとりあえず行動して人を巻き込んでいつの間にか追い込んでいることはあったが。
アテネは相手がライバルという記憶が心の片隅には残っていたかも。多分一晩中でも・・・

様子からして本命のネタはこれでも、他にも幾つかストーリーの候補を並行して考えていた
のでは。他も十分な形にならなかっただけで。登場キャラは第400話のときのほぼそのまま
+カユラの父がそのまま登場。黒須先生も案外、冒頭で医師役で出てくるかも。

ストーリーの基本だけは出来ていてもオチが浮かばなかった形か。落としどころができた
ことでそこに至るストーリーの枠組みが一気に組み立った、と。ネームはこれからほぼ徹夜に
なりそう。お参りに行けるかどうかは体力次第かも。終わったところで寝落ちすることになりそう。

コメント

No.29:type 2

2013-06-25 21:33:56 | エニア・タイプ判別室

Program.25に登場の

人工知能No.29。

サーティーと同じ外見なのでこんなところから。

台詞を伴わずに動くことが多いようで行動型と思われます。
急場での様子などから安定型ではなさそうです。

対人関心は高い様子もありまた外向型と思われ
また行動から目的志向型ではなさそうです。

そんなわけで判定は type 2
ウィングは3方向っぽい感じだが保留。

というわけでサーティーと同じタイプと出ました。

他のAIも同じ描写されたものは2とみて良いようです。
トゥエニーと同じ3も混じっているかもしれませんが。

コメント

天海 春香:type 2w3

2013-06-24 19:24:28 | エニア・タイプ判別室

入手したSPの攻略本から判別してみた

春香。

前向きなところから基本的にポジティブなタイプの様子。
テンションの上下動が目立ち安定型ではなさそうです。

人相手に難点はなく外向型のようで
動機などから感情型と思われます。

そんなわけで判定は type 2
ウィングは3方向の判断。

というわけでヒナギクハクアなどと同じタイプと出ました。
同業者の中ではルカとかかな。

コメント (2)

ナインセンシズ

2013-06-23 14:48:58 | 聖闘士星矢

エイトセンシズに続き二次創作では登場しているこのナインセンシズ

唯識論で説かれている第8識、阿頼耶識から天台宗などでさらに第9識、阿摩羅識を立てます。
これは穢れ無き仏性とも言われ、「識とは言い難いが・・・」などとも注釈され、元の法相宗等では
第8識と分けていないなど各論ありますが、ナインセンシズに相当するものは他にないでしょう。

真の悟りの境地とも同一視されており聖闘士星矢に当てはめると神の境地辺りに相当しそうで
阿頼耶識に目覚めた者より更に強くなることは想定できます。阿頼耶識までの人と神との対戦の
描写が冥界での乙女座シャカvsハーデスしかないので細かいところは分からないのですが。

それに関連するかもしれない描写として、人間には見られず神々には共通した傾向として
あえて言葉にするなら「自我?に執着しない」ということが挙げられます。ハーデスは人格を
アローンに乗っ取られたことに大した反応を返さず、アテナも記憶を捨てて地上に来ます。

いわば神としての属性をメインにして動いており、それ以外の、自分の好みや性格傾向、
思いや生き方、などといったモノがそもそも大してないのかもしれません。対する人間側は
そういった物を前面に出して神に立ち向かっていく構造になります。どの人対神の構図でも。

となると第9識に当たるのは「自分の宿命を感じ取る」辺りになるのかも。参考になりそうな
事例としてテンマの描写があります。星矢たちの場合は冥界で痛めつけられ、エイトセンシズ
が弱ったところで目覚めた、とも考えられるような感じがします。完全には程遠いようですが。

得られる強さは神聖衣を纏った位、というよりナインセンシズの高まりに聖衣が反応して神聖衣
に変化するとか辺りかも。少し目覚めたくらいではタナトスとか中下級の神に匹敵する力には
なるが、ハーデスとかに伍するには完全に目覚める必要があるとか。今のところの推測として。

コメント

第22巻より

2013-06-22 19:24:28 | なのは洋菓子店のいい仕事

こちらも発売日に限定盤で入手しました。

表紙はうらら(大)、大きくなったばかりの時の服か。(FLAG218219参照)
背表紙もやっぱり大人ヴァージョン。「10年後の姿」もこのままだったりするのかも。
裏表紙は宇宙人。他に出すべき人たちがいたような気もするが、後にまた見せ場が?

表紙裏漫画、エルシィの魔力のせいもありそう。宇宙人視点では未確認の力場の発生を
確認し急行、かな。桂馬にコンタクトした理由は見当がつかず、これは魔法陣の効果かも。

おまけ4コマ、のここら辺はマリアとかと共通っぽい。年の差は19弱かな。無理の
なくはない差のような。今回の件がきっかけになってだいぶ世話役の負担も減るかも。

仕切り紙の元絵はかのん100%のコミックの第26ページらしい。DVD自体は未視聴。
観られたら判別できるキャラもいたりするかも。キャストには出てないけど。

クランチチョコもついでに買ってみました。味はふつう、かな。値段のほとんどはブロマイド
の分だろうなと。5枚揃えるのは難しそう。むしろ目当ては同時購入特典だし。

コメント

第37巻より

2013-06-21 19:24:28 | ハヤテのごとく!

発売日に限定盤で入手しましたが。

表紙は水着姿のアテネ、背景の海岸は有名な場所の気がするが思い出せず。
裏表紙はメイド服のぽっちゃりした方。背表紙は黒服の誰かの手。
背表紙裏と中扉にはドクター黒須登場。それなりに重要なキャラの扱いらしい。

折り返し4コマ1の題名はこれか。この時点では読んですらいない様子。
折り返し4コマ2の方は同じサンデーのこれ。どちらも内容とはあまり関係ない。
表紙裏、ファンのオフ会で近いことがあったような記憶が・・・ 

結局このおまけは開けなさそう。基本的に消耗品だし。
成分がわかれば再現はしてみるかもだが。この分野にはあまり詳しくないが。

裏表紙裏、飛行場に着くまでがこんな感じかな。いやあるいは伊丹だったり。
おまけページはやっぱりこれかぁ。バンジーもできそうだが多分許可は下りない。
本誌内容、台詞がやっぱりちょこちょこと違う。全体的に簡略化の方向かなぁ。 

コメント

FLAG231特記事項

2013-06-20 19:45:29 | なのは洋菓子店のいい仕事

やはり相手も羽衣を使っているような

書いている字は「RESERVED」か。そしてカプセルは羽衣製っぽい。「生贄」はどう使うかとか
が一番の問題か。今までの例からは、魂度の高い駆け魂を優先的に植えつけるとかだけど。
あとはどう選んだのかとか。単純に香織が嫌いな人から選んだとかもありそうだけど。

勉強部屋は思いのほか普通。こちらも何の目的で運用していることになるのか。ここでは特に
競争とかいうものもなさそうだし「こちらの人たちは助けとこう」とかいうものもあったりするかなぁ。
あるいは得意なことで勢力を作るような部分もあったりはしそう。競争を避ける人も来そうかな。

こちらの服も羽衣で作った感じが。そっくりな服を出す手段は他に思い付かないし。中身は
FLAG227に出てきたゆみだったりするのかなぁ。メガネがないけどいちおう変装中だし。
役に選ばれた理由は「背格好が似ているから」とかかな。声も多少は近づけていそう。

香織と悪魔とのつながりで考えやすいのはやはり「駆け魂隊とバディ」かな。香織に首輪が
見当たらないがリボンで隠しているとか。逆に今回の事態のせいで駆け魂隊以外が地上に
来るのが制限されるようになった可能性もあるか。香織は何気に一番隙間の大きかった人?

一緒に、何ができるかが一番の問題のような。今後の展開次第で「あえて誘いに乗る」という
選択肢もあり得そうだし。間違えたらバッドエンド直行っぽいけど。十年後少なくとも契約は
履行はされていなかったらしいし香織の計画は阻止されたか悪魔に何かあったかだよなぁ。

香織のタイプは確定近い感じに。決裂時にリアクションが少なくあっさり内幕をばらしているし。
尤もタイプ9がもくろみそうな目的でもないし競争意識も高すぎるような。それと1の可能性も
出てきた感じが。それとこのまま攻略相手になったりとかするのかも。駆け魂は後から憑く? 

コメント

第410話特記事項

2013-06-19 19:23:33 | ハヤテのごとく!

結局誰の運が一番悪かったんだろ?


描写からして二日弱は観光ができたのかなぁ。とすると今は既に午後をだいぶ回っている?
最後のコマでは夜になっているっぽいしそうなるとナギも実は結構回れていそうな。その実感が
なかっただけで。ヒナギクたちのこと忘れていたしネタ探しで頭がいっぱいだったのでは

行く理由はなんか当たってたし。祈る相手は難病なのか精神的なものなのか。伊勢までは
車で最短は一度滋賀に戻る東名高速から亀山経由。ただ目的からして紀伊山地経由とかも
当初の予定にはあったかも。描写から奈良経由の伊賀街道とかは使わなかった様子。



どう調達したヘリなのか。それとどうやって乗る場所まで持ってきたのか。緊急移動用に
使い捨てのつもりで調達して4次元ポケットっぽく収納してあるのではと。それとだれが
操縦しているのかと。なんとなく実質伊澄自ら操縦していそう。式神とかもありそうだし。

落ちても伊澄の力と幸運度で助かるとかいうことを繰り返してきたのかも。函館からは海上
込みの日本海側を通る最短距離かも。むしろ落ちた時の周囲への安全確保のためとかで
市街地とかを避けて飛んではいそうだけど。こちらの伊勢行きは奈良の山地に沿ってかな。



青×黒はまあ、有名なカップリングらしい。そういう同人誌も持ってそうだしカユラにも見られた
かなぁ。運勢はほとんど現在進行形のような。カユラの運はまだしばらく下り坂っぽい感じが。
そもそもナギと違ってこちらは一睡も出来なかったっぽい。運が戻るのは一度きっちり寝た
後になりそう。眠気も引いてそうだし。

結局一番運がよかったのはマリアかも。揃っているところに合流できた訳だし。自家用の
飛行機は何処に?空港で一番近いのは伊丹になるし伊勢の方は中部国際空港になるし、
これはやっぱり自家用の飛行場をどこか借りた形っぽい。垂直離陸機とかではないよなあ。

コメント

パピー:type 2

2013-06-18 20:25:36 | エニア・タイプ判別室

Program.22に登場の

パピー。

犬種不明なこともあり確定は出来なさそうですが。

見知らぬ人を警戒しないなど受容型と思われます。

またこちらもすぐ情が移るタイプのようです。

親を前にしての態度から攻撃型と思われます。

そんなわけで判定は type 2
ウィングとかはさすがに保留。

というわけでサーティーなどと同じタイプと出ました。
犬種によっては実は9等の可能性もありそうですが。

コメント

伊吹 萃香:type 7

2013-06-17 21:06:52 | エニア・タイプ判別室

萃夢想より登場の

萃香。

やはり有限会社パラさんのところのアイコンを使わせていただきました。

嘘が嫌いという所から防御型と思われます。
台詞には客観的な傾向があり思考型のようです。

基本的な性格から外向型と思われ
観察に回ることが多く受容型のようです。

そんなわけで判定は type 7
ウィングは8方向っぽいが種続から保留。

というわけで霊夢などと同じタイプと出ました。
なんか7と9がやたら多い感じが。

コメント

佐々木:type 7

2013-06-16 22:16:46 | エニア・タイプ判別室

なんとか判別できた

佐々木。

一枚絵はとりあえずこのあたりから。

ずっと演じている様子が見られ防御型と思われます。

台詞には客観的な傾向はあり思考型のようです。

自体に対する様子からどうやら安定型です。

そんなわけで判定は type 7
ウィングは8方向っぽいがとりあえず保留。

というわけで橘京子国木田などと同じタイプと出ました。
やっぱり多い感じです。

コメント