網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FLAG248特記事項

2013-10-31 23:07:32 | なのは洋菓子店のいい仕事

実は桂馬は今回一言も嘘は言っていない。

香織のイメージはゼロサムゲームだなぁ。2人で協力するゲームとかはやったことがない様子。一緒にやる
相手がいなかったのかも。イメージ的に誘われることもなかったとかで。さすがにゲーマー相手に使う喩え
ではなかったがそれを知る機会はなかったような。上級生に噂として伝わってなかったみたいだし。

香織は実は左利きらしい。イメージで剣を左手に持っているし装置は右手で持って左手で操作しているし。
それがわかるシーンは今までになかったような。そして他のキャラは桂馬以外すべて左手に持っている。
自分とかち合うライバルキャラというイメージなのかも。そして既に桂馬は相手として例外扱いっぽい。

今回桂馬のバックはドクロウだし「アクマの味方」は確かにその通り。その上ヴィンテージの邪魔はしない
ように動いていたし10年後に桂馬と無関係の香織の安否は未来に影響しなさそうだし。助けるのも態度
次第と言ってあるし顛末によっては本当に助けないままという選択肢もあった様子。未来優先ってことで。

ドクロウは透明なまま動いているが香織はまだそこら辺気が付いていない様子。首輪は14ページ目では
まだついていて16ページ目でなくなっている。とったのは装置を捨てている前後でその後描かれていない
右手で持っていたのを桂馬は確認したらしい。すると捕まえている時の体勢でも可能か。

香織が装置を持っていたのは状況から見て発動のタイミングは任されていたせいかも。そしてこの端末が
ロックされていないかどうかは不明。止める操作は出来なくしてある可能性もあるし。桂馬が来なかった
場合に香織が勝手に操作すること位はヴィンテージ側は想定出来ていると思うしもう一つ用意するよなぁ。

出てきた性格タイプから見て友達になりたいというのはほとんど当初から。むしろ異性として意識する
一歩手前位になっていそうな。今後の展開次第で恋に発展する可能性も十分。いやむしろ10年後とか
まできっちり覚えていそうな。再会することになったら時の様子は同タイプのディアナを参照かな。

コメント

第427話特記事項

2013-10-30 23:56:28 | エニア・タイプ判別室

題の枠外が川柳っぽいのは偶然かな。詠み人マリア?

値段は同じ200円だったか。ここは公正を期するために揃えたのかも。ある意味談合価格。品物の並べ方
とかはだいぶ違いそう。ルカ側はポップアップも用意していなかったらしいし完売の表示も出していない。
ここが「一冊分の情熱」ということになるのかなぁ。ポップアップの前後面が合っていないのは描き間違い?

千桜が言おうとしたのはなんとなくただの確認っぽい。決着の方法を事前に確認していなかった部分の。
2人とも実は完売までは想定していなかった様子。いや実はこの場の全員か。前回の売れ行きのイメージ
からやっぱり想定は50部ラインだったかな。そして多分どちらも途中から勝負のことは忘れてたな。

この一冊、どこに残していたのかが問題かも。単純な出庫ミスとも思えないしカユラが動いていないし。
実は来るはずの誰かのためにとっておいていたとかなのかも。それと結婚生活を始める覚悟とかが足りて
いなかったとかで。勝負に関してカユラは唯一真の意味で中立だし審判役としても適切ではあるか。

ルカの方の絵柄は前回ネームからは若干の変更かな。いや丁寧に描いただけかも。気になるのは表紙、
本の中の文章をどうやって描いたか。パソコンなどの描画環境はなさそうだし実は手描きとかだったり。
紙上の立体感を再現できている感じでもないし作画資料も用意していない感じが。

ここで来た人は集さんのようにも見える。ハヤテの言葉としては語尾が若干違うような。目下相手っぽいと
いうか。尤も集さんとも違いそうだが。北海道から連れてきた人という可能性は薄そうか。乗せてくる手段が
なさそうだし。結局最有力はハヤテなのかな。あるいは上司っぽいこの人が出てきても面白そうだが・・・

コメント

上条 恭介:type 4

2013-10-29 22:31:15 | エニア・タイプ判別室

仁美に続いてはやはり

恭介。

よい一枚絵がなくこんなところから。

台詞は主観的な傾向があり思考型ではなさそうです。

取り乱す時の様子から不安定型と思われます。

大事な道具の扱いから防御型のようです。

そんなわけで判定は type 4
ウィングは3方向っぽくもあるがさすがに保留。

というわけでほむらなどと同じタイプと出ました。
ニコニコ大百科などの記述でようやっと確信にいたりましたが。

コメント

志筑 仁美:type 2

2013-10-28 23:30:02 | エニア・タイプ判別室

魔法少女たちに続いて判別してみた

仁美。

描写の少なさからかなり困難でした。

リアクションの性質から受容型と思われます。

台詞の傾向から感情型のようです。

告白前後の行動などから他律型らしき様子があります。

そんなわけで判定は type 2
ウィングは1方向っぽいが保留。

というわけでまどかさやかと同じタイプと出ました。
お嬢様キャラとしては(男装前)が近いのかなぁ。

コメント

結崎 香織:type 8W9

2013-10-27 23:02:40 | エニア・タイプ判別室

やっと判別が確定できた

香織。

やっぱり仮判別とは違う結果になりました。

行動に訴える傾向が強く台詞が伴わない傾向があります。

台詞の傾向や動機から本能型と思われます。

助けを借りない傾向などから攻撃型のようです。

そんなわけで判定は type 8W9
仮判定の結果などから強い9ウィングの判断。

というわけでスミレや、ディアナなどと同じタイプと出ました。
悪役として近そうなのはやっぱりディオかな。 

コメント

宍戸 甚兵衛:type 7

2013-10-26 21:23:59 | エニア・タイプ判別室

ようやっと判別できるようになった

リーダー、甚兵衛。

まあ早くに見当はついていましたが。

多弁な様子はあり台詞は客観的な傾向もあります。

攻撃された時などの態度から安定型と思われます。

警戒心は弱い様子もあり受容型のようです。

そんなわけで判定は type 7
ウィングはなしっぽいがとりあえず保留。

というわけでタカミチ橘先生などと同じタイプと出ました。
ポジションとしてはコノエモンが近いのかなぁ。 

コメント

FLAG247特記事項

2013-10-25 21:00:17 | なのは洋菓子店のいい仕事

カウントダウン開始! 

カウントは60の時に残り10分くらいかな。多分6倍速になったのでは。すると1カウント10秒、1ページ目で
7分50秒・・・約8分か。体育館で騒ぎが起き始めるかどうか微妙なライン。移動だけでもかなりの割合を
とられる設定だなぁ。ヴィンテージ側は学校にあまり長居するつもりはないらしいことは見えてくるが。

どくろうの忍者スキルは相当なもの。透明も実は要らないような気がしてきた。というより本職自体そういう
ジョブなのでは。二つ名も「夜霧」で隠れて動くようなイメージだしそしてだからこそ諜報戦でもそれなり以上
の強さを発揮できているとか。というかそこらへんの駆け魂に必要な技能の第一人者という扱いなのかも。

きっちり似ていると思う。似顔絵的なものとしては。そういうスキルを習った形跡も習えそうな相手も
見当たらないが案外かのんに化けていた時かも。バラエティ出演の一環として。月夜編や天理編の
時のダミーからしたら格段の進歩だし多体制御とかも桂馬の無茶な要求で鍛えられていたっぽい。

桂馬の手のつなぎ方は自分の心臓側にどくろうを置いている。代わりにどくろうの右手をふさぐ形だが
戦力として頼っている証っぽい。代わりに天理の心臓側をガードする形でこちらは自分が守る対象。
次の隊形はみんなの右手を空けるヴァージョン。こちらは左手で肩を持ちどくろうが殿になる対奇襲用。

コロニーは、近くにはあまりなさそう。駆け魂隊自体がこの時は少数。その中でヴィンテージとなるとさらに
絞られ、すると一つのコロニーには2~3人といったところでは。巣を張るのは学校のような人の多い
閉鎖的空間をピックアップして、香織のような協力者がいる場所を狙っているのかな。範囲も不明だが。

香織はここに来ても強気、というか勝負に自分の命を代価にする気満々というか。そういうある意味肝が
座っているところも桂馬と同じだしそういう精神状態の人も多分小学生レベルでは他にいない。つまりは
どちらも一対一での打開は難しいのでは。つまりはここらで天理の存在がきいてくるのかなぁ・・・

コメント

第426話特記事項

2013-10-24 21:49:36 | ハヤテのごとく!

決着は案外意外なところで、かな。

お面位被っても通常、それ以外のところで見破られる危険はかなり高いわけで。変装しても現に千桜が
見抜いているしファンなら声や仕草で十分わかりそう。特に今回は髪型も変えていないし。マスク自体派手
だけど魔力装置とかのせいなのかも。鈴の方はやっぱり首に着けたのかなぁ。ちょっとした謎コスプレに。

花火大会はこれだなぁ。日程の性質上被りやすいし夕方からの混雑に拍車をかける形にもなるし。北海道
からの道が混むのはただ単に300kmまでは出せないくらいという感じも。時期柄の帰省ラッシュとは逆方向
だし数箇所混雑しただけでも帰りは相当遅くなりそうだし。特に青函トンネルとか。あとは東京付近かな。

西沢さんは体力も残りそう。というか結局何をすることになったのか。このコマでの配置は真ん中だし
各サークルをめぐるとも思えない。となると会計やら在庫供給やらの雑用係かな。連絡係を兼ねて。
いやまるで描かれていないのは直ちに外に出たせいなのかも。あるいはワタルに頼まれて買い物?

ルカ側に来たのは前回の30部を買い損ねた人たちかな。スタートダッシュにはなったかも。ただし
相方の売り子の力が前回のヒナギクに比べ若干不足かも。カユラは多分この手のことは未経験
だし性格的にも不向きだし。ルカ自身の力は大きいのでそれが発揮されれば、といった感じ。

真泉君は本来読み手側の人では。仲間の数からみても。そして今回もきっちり落とした様子。
一度勝負を持ちかけた相手だし真っ先にここを目指したのでは。そういう相手が他にいるとも
思えないし。ルカのところは多分、比較的大手を廻った後になりそう。

完売には「200円」という価格も影響した感じ。安ければ買ってみるかという層を捉えるナギの
マーケティング感覚のなせる業かな。手間とか考えれば原価割れ近いしページ数からして
印刷代+α程度に近い価格。機材とか考えれば十分赤字だがこの際それはどうでもいいか。

コメント

Stage.9特記事項

2013-10-23 22:47:01 | UQ HOLDER!

古の不死者は仕組みも古典的、なのかな・・・

なんか糸使いっぽい仕草が。使い方はエヴァと大きく違う感じだが相手を組み伏せる手法は似てるかも。
お互い別々に修得した感じか。技術の交流はきっちりあった感じだけど。いやエヴァから習った場合でも
数十年は鍛錬に使える時間がありそうだしちょっと判断材料に欠けるか。格闘も比較的近年の動きだし。

甚兵衛の傷は殆ど刀傷かな。右袈裟切りを受けた感じの。背中の傷は逆に走っているし前の傷とセットの
両断された時の傷っぽい。他には背中から切り付けられたっぽい比較的小さな傷。これは短刀で受けた
ような感じ。手の傷はまた別口で腕を落とされた傷かな。右手には他に多々名を受け損ねたっぽい傷も。

不死歴1400年、なったのはおおよそ藤原京の時代前後。若狭はきっちり八百比丘尼と同郷だし親類
だったりしそう。当時は苗字の習慣が怪しいし宍戸姓はだいぶ後代の姓だし後々名乗るようになった
感じが。背景の絵からして戦国時代前後にかも。何回か変えているかもだし固定したのは明治かも。

鍋の中身は前回のものに加えて多分、地下でも生えるような植物っぽいものかな。キノコが主力の。
人魚の肉の設定は高橋留美子の人魚シリーズそのもののような。化け物になる人がいるかどうかは
不明だが。戦う道を選ばなければずっと生きられそうだが、それでも選んだのはやっぱり・・・

九郎丸の悩みのメインは「それだけの間身長が伸びていないこと」じゃないかな。まだ十分生活年齢は
子供の範疇だし。実験体になったのは状況から見て「敵に囚われて」かな。特攻とかも何度もやらされて
いそう。不死身度によっては十分死ぬ位のを。つまり甚兵衛の体験はそれほど参考にはならないかも。

重力剣、名前からしてアルも関わっていそうな感じが。すると扱いの難しさはアルの嗜好によるものかも。
引き抜くだけなら簡単、ということもありそう。ただし同タイプの刀太なら案外相性が合ったりして。居城は
放置されて30年。およそアザラシに食われてから出られるまでと同じ期間、なのは関係ないかなぁ。 

コメント   トラックバック (1)

佐倉 杏子:type 7

2013-10-22 21:55:55 | エニア・タイプ判別室

さやかに続いて一気に判別してみた

杏子。

見当は案外すぐ付きました。

好戦的なこともあり分かりやすく外向型のようです。

言葉が先立つ様子もあり台詞に客観的な傾向もあります。

急場での態度から不安定型ではなさそうです。

そんなわけで判定は type 7
ウィングは8方向っぽいがとりあえず保留。

というわけでイリヤ霊夢などと同じタイプと出ました。
境遇とか含めるとむしろ雪路が近そう。

コメント

美樹 さやか:type 2

2013-10-21 23:24:13 | エニア・タイプ判別室

マミに続いては

さやか。

実は若干判別に手間取りました。

対人関心は強く個人を見るタイプの様子。

激情家でもあり安定型ではなさそうです。

多弁な様子はあり台詞の傾向から感情型と思われます。

そんなわけで判定は type 2
ウィングは両方の傾向が見え保留。

というわけでまどかなどと同じタイプと出ました。
ただし円は社会型、さやかは対人型かなぁ・・・

コメント

巴 マミ:type 1

2013-10-20 20:20:59 | エニア・タイプ判別室

ほむらに続いては

マミ。

第3話分までからの描写で判別してみました。

孤独に弱い様子などから安定型ではなさそうです。

台詞の傾向などから本能型と思われます。

他人の目を気にする傾向などから他律型のようです。

そんなわけで判定は type 1
ウィングは9方向っぽいが保留。

というわけで美生等と同じタイプと出ました。
髪型とかむしろアテネが近いかも。 

コメント

暁美 ほむら:type 4

2013-10-19 22:22:58 | エニア・タイプ判別室

まどかに続いてはやはり

ほむほむ。

よい一枚絵がなくこんなところから。

動揺したときなどの様子から安定型ではなさそうです。

自己開示の傾向から防御型と思われます。

対人関係が苦手なところなどから内向型のようです。

そんなわけで判定は type 4
ウィングは若干5方向っぽいが保留。

というわけでかのん雪歩などと同じタイプと出ました。
時間操作系で超鈴音とかもいるか。

コメント

FLAG246特記事項

2013-10-18 23:16:04 | なのは洋菓子店のいい仕事

十年一昔、なのかなぁ。

仕掛けようとしたタイミングは読みとは違い終わった後だったか。あまり派手には使えない道具だし。
手ごたえを見て目立つ仕掛けは捨てた様子。妨害の用意位はしてあったんじゃないかなと。舞台装置に
かなりベタな仕込みとか。それら全部スルーされただけで。にらんでいたのはむしろそちらが原因とか。

香織が消えた後の舞台の方は、気づくまで少し時間がかかりそう。共演予定の人がまず気づいて
探し回り、見つからないので取り巻きの皆に聞いて回るかな。それで総出で探し回る、と。桂馬たちの
方にも聞き込みに来るかも。その後は救出作戦次第か。無関係の小学生は敵地に近づけないと思うが。

地獄の技術革新も人間界同様かなり早いらしい。科学魔法というだけに人間界の技術も使われている
のでは。科学技術を土台に魔法を組んでいるので土台の技術の革新に乗せる魔法の進歩が遅れて
デカイものほど古い技術が残るとかかな。名前からして開発は1961年っぽい。当時でも中古のような。

この十年で羽衣のバージョンもアップしていそう。羽衣はナノマシンだったと思うし機械的な性能次第で
性能も上がるような。習う技術の方も同様。スマートフォンとかを昔に持っていくのと同様、ツールは強力
だけど当時主流のシステムとかはやはり位置から学ぶ必要があるわけで。悪魔なら十年一日になりそう。

どくろうは桂馬が何かやっていたのは見えていた。天理の横でさらにどくろうが出来ることがとか考えた
せいかも。いればそれなりにやり方も変わったかもだが。むしろ香織とかに気付かれる方が一大事かも。
結界の内側で待っている手はありそうだったが、そこはめんどくさかったのかも。人目とかいろんなのが。

香織を気絶させた仕組みは描写から単純な締め落としかな。状態を持続させるところに魔力を使って
いそう。それと命までは奪わないために。他の女の子相手と違うやり方なのは過程を自覚させるため
なのかな。心の隙間の元にするとかいう理由で。まあそこまで考えず急いだだけのような気もするが。

コメント (1)

第425話特記事項

2013-10-17 23:24:33 | ハヤテのごとく!

描かれていない人も多分手伝っている。

少し原稿を見比べた感じ、クオリティが上がったのは本来の絵柄近くに戻したせいもありそう。というより
前の原稿には妙に手が加わっていたかな。雑念も相当だったし。それが描き慣れたスタイルに戻した
ためにクオリティも上がったらしい。それと下手なマーケティングも捨てたからかな。スタイルの確立も近い?

千桜はずっとナギにつきっきり。メイドの仕事は休業中らしい。そこら辺はやっぱり咲夜の助力もありそう。
状況報告位はしているかも。咲夜の方は咲夜の方でマキナにかかりきりっぽいが。伊澄とも合流したし
そちらも動きはありそう。対決の後はその話かな。そろそろ海水浴のできる季節も残り少ないし。

足橋先生のところからは液晶ペンタブレット、ただし種類は特定できず。サイドにポインティングスティック
っぽいものがついているしやや特殊な品の可能性が。先生のスタジオにはもう何台かありそう。東宮君も
原稿は区切りがついているのかなぁ。案外代価が大きそう。アシスタントとして作業してきたとか。

この状況で出番のないマリアさんは本格的に直接手伝えることがなかった様子。製本位かな。あとは
食事やら何やら位かも。アテネは自分では付き合う技能も体力もないと見たか。パソコンの使用者の
想定はナギだったのでは。西沢さんはセッティングと基本操作までか。カユラは実は使用経験ありそう。

印刷にかかった時間から見てやはりコピー誌か。コンビニで、というよりレーザープリンタも調達してたり。
折る作業はマリアも手伝えたかも。アテネは多分普通に寝てた。それ以外は文字通り総出で折った形か。
結構な厚みがあるしホチキスでとめる作業にも慣れが要りそう。その係がマリアだったりして。

見た感じ部数は30~50位かな。ルカも前回30部からの増加が目標になりそうだし勝負は50部ライン?
この部数だと「先に完売した方が勝ち」という形式かも。勝負は次回から、の前に何か挟まる可能性も
かなりありそう。ハヤテたちはの帰りは勝負の後だったりしそう。お盆を挟みそうな気もしてきたし。 

コメント