+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

またチューリップ撮りに行ってきた~!

2012-04-30 20:03:02 | 国内旅行

この時期は、お花を撮りに行くのが本当に楽しい~♪

 

今週はひたちなかに行ってきた。

去年も行ったけどチューリップの時期を逃していたので、今回はジャスト オン タイムで行ってみたらまーーーすごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしあるとしたら天国って、きっとこんなところなんだろう・・・・いやこんなところだといいな・・・

・・・無いほうががいいけど・・・。

 

本当に綺麗で綺麗で、「来て良かったーーーーーー!と思った。

 

 

 

見たことない種類もたっくさんあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色をいくつか組み合わせて混ぜたエリアもあって、これもこれで本当に綺麗だった

 

 

 

 

 

 

ネモフィラの丘もちょうど満開!

 

 

 

 

最盛期だったから、こないだよりも青の色が鮮やかで最高に綺麗だった。

 

 

 

 


スペインの旅行記 バルセロナ編その1 作った♪

2012-04-28 23:46:04 | 海外

だいぶ時間が経ってしまったが、ようやくフォートラにバルセロナの旅行記その1作った♪

スペイン / バルセロナ 憧れ続けたモデルニスモの街へ Part.1  カタルーニャ音楽堂 カサ・ミラ サグラダ カサ・フステル


相変わらず長っ!

タイトルが・・・



とにかく見どころ満載だったバルセロナ。

普段なら何日居ようがたいてい一都市一旅行記で済ませてしまうんだが、バルセロナはどうやらパート4ぐらいまで行きそうなイキオイ。



取り込み方が手抜きで写真ボケボケだが一切気にせず

パート1のダイジェスト。



























フォローしてくださってる方が「よく下調べして行ってる」って褒めてくれてる~。

事前の調査にものすごーーーーく時間をかけるワタクシには最高の褒め言葉。

嬉しいーーーーーーーーーーーーー!




鮮やかなチューリップ撮ってきた~!

2012-04-22 02:30:36 | 国内旅行

すっごい綺麗なチューリップ、撮ってきた

 

先週都内某所へ行ったら、あまりの人の多さにどんなアングルで撮ろうとしても人が入ってしまって全然納得のいく写真が撮れなくて、たいへん消化不良のモヤモヤした一週間だったんで、今日は神奈川某所に。

 

 

こっちのが写真撮るには全然いいや

 

 

 

綺麗ーーーーー、綺麗ーーーーー、超ーーーーーーーーキレイ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなチューリップあるんだ?ってびっくりするような色や形のものもあった。

 

 

 

とにかくキレイで、綺麗で、うっとりしながら写真を撮りまくったわぁ

ああ、満足

 

 


また買ってしまった・・・

2012-04-21 08:22:21 | 好きなもの

いくつあるんだ?って感じのバッグだけど、また買ってしまった・・・。

だって・・・・・・・・・・・、愛して、愛して、愛してやまない街、吉祥寺の地図柄だったんだもの~~~

 

 

超~可愛い~!

自分の家周辺の地図がデザインされた製品って、なかなか無いじゃん?

しかも、京都、東京、大阪、とか錚々たる街のラインナップの中に、吉祥寺、も入ってたことがヨロコビ

 

 

 

ただの地図じゃなくて、ちょこっと名所とかが可愛いイラストで入ってるのもイイ!

井の頭公園と、スワンボートと、ジブリミュージアムと、象の花子~

 

 

 

ハート型のチャームにちゃんと"Kichijoji"って入ってるのもイイ!

我が家はこのあたり~。

 

 

今借りてくれてる人たちは来月で出ちゃうから、一刻も早く不動産屋さんに次の人見つけてもらわないと・・・・・・・・・・・・・・。

頑張れ吉祥寺の不動産屋さん!

 

 


今週のカレンダー

2012-04-18 20:41:01 | ヨロコビ

フォートラベルの週めくりカレンダーをお使いの皆様~!

今週のお写真、大連の夜景はワタクシが撮影したものですよぉ~♪

綺麗でしょ~?

 

自分の写真がカレンダーに使われるのって、嬉しいもんだねぇ。

会社のデスクに置いてあるから、今週はふと目に着くたびになんかニヤニヤしちゃう~

 

楽しい一週間だわぁ。

 


スペインで残念だったことモロモロ その3

2012-04-15 07:35:54 | 海外

もう一個残念だったのは、現在も一般人の住居や事務所として使われていて、見学などで入ることができない芸術的な建造物もたくさんあること。
特に残念だったのは、カサ・コマラ。


カサ・ミラの屋上から周囲を眺めていて、ビルの向こう側にちら見できたあまりにも素敵な緑のドームにハートをズギュン!と撃ち抜かれた。


「うぉっ!!カワユス~!!なんだ?あの建物は何だ?」と気になってトコトコ見に行ったら、それがカサ・コマラ。

 

 

普通~にオフィスなどに使われてて残念ながら見学などは一切できない様子・・・。

え゛ええええええぇぇぇぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

でも外観だけでもものすご~~~く素敵!!!

 



「んーーーーーー、でも中は見れないのか・・・・・・・至極無念・・・」、と思って一人しょんぼり外観だけ写真を撮っていたら、正面玄関から入って行こうとする人がたまたま来たんで、その人が空けた扉の隙間から一瞬内部を見ることができたけど「ぬぉぉぉぉ!!ここ見れないのぉ!見たい!見たい!みたいー!」と思うくらい素晴らしいデザインでほんと眩暈がした。

 



仕方がないので、「なるべく外観だけでも細部まで味わい尽くしていこう」と思って、グルリと裏側に廻ってみた。
これが落ち着いた色合いの正面からは想像できないような鮮やかなデザインで、それはそれは独創的だった。

 

なんで?なんでこんな不規則にカクカク??

 

 

 

曲線の使い方とか、石で造られた窓枠のデザインとか、中の窓を飾るステンドグラスとか、壁面を埋めるモザイクとか、まーーーーーーーとにかくカッコ良過ぎる。

 

 

 


曲線が多用されていて、派手な色合いで、とにかくワタクシの好みにどストライクなデザイン。

こんなところに住んでみたいなぁ

 



ここの内部が見れないののは、惜しい、非常ーーーーーに惜しい・・・・・。
いつか見れる日が訪れますように・・・。

 

 


スペインで残念だったことモロモロ その2

2012-04-14 21:28:55 | 海外

未だ直行便の存在しない日本ースペイン間のフライト

今回のワタクシは、行きはフランスのシャルル・ドゴール空港経由、帰りはオランダのスキポール空港経由にしていた。
だって・・・、スキポールが好きなんだもの~♪


行きをエールフランスにしたのは、ただ未だに乗ったことが無かったし、乗り継ぎの時間もちょうどいいのがあったんで、どんなもんか一度試そうと思って。

 

だから「帰りは、スキポール空港内のカジノで一攫千金!それにマッサージも受けたいぃ~♪あと、スペインでは入手できなかったようなオランダ土産~!といろいろ楽しみにして行った。

 


でも、超久々のスキポール利用だったんで、すっかり忘れてた・・・。
あのバカでかさ


乗ってきた航空会社の利用するゾーンと、乗継で使う航空会社のゾーンが離れていたりすると、下手すると空港内で徒歩30分・・・なんて羽目になる・・・。

ここまでデカかったっけ?

この日はCゾーンに到着したんで、こっからたとえばHゾーンまで移動なら徒歩22-26分と書いてある・・・・・・・・・・・

 

 

遠い・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

それにあっちもこっちもお店、お店、またお店で興味津々で、移動の途中であれこれ見回っているうちに、いつの間にか時間が経過し、旨そうな魚介類が魅力的なシーフードバーを見つけたのに寄れず、それどころかカジノやマッサージの時間すら無くなってしまった・・・・・・・・・・・・・・・・。



うーーーーーむ、次からは乗継のタイムラグ、6時間くらいとってもいいかな?
それくらい充実、スキポール。



でも、手際はダメダメだね。
空港本体自体の設備が古いせいなのか、ヨーロッパの主要ハブとしてテロへの体制が厳戒なのか知らんが、搭乗の集合時間が出発時間の1時間も前・・・。
律儀で真面目な典型的な日本国民のワタクシとしては、カジノやマッサージやまだ見ぬ楽しそうなエリアや旨そうなレストランに後ろ髪をぎゅーぎゅー引かれながらも、きっちり集合時間に行ってはみるけど、ゲート前はまーーーーひどい大行列
一向に進まない。


荷物検査、身体検査・・・・・・・・・・・・。
一人飛行機に入れるのにどんだけ時間がかかる???????
げんなりした

 

 



ようやく乗り込めたと思ったら、今度はお隣の既婚男子の恋愛ごっこに付き合わされるし・・・
機内が寒いから毛布をもう一枚くれとスタッフに頼んでいたら、「寒いの?僕の手、温かいですよ。」と言ってきて、まぁ、確かに温かかったけど、しまいには「ずっと握っていてもいいですよ」まで言ってきた。
はぁぁぁぁぁぁ?????????

そりゃ、いろいろ話しかけてくるから答えてはいたけど、ワタクシがいつ、あなたにこれっぽっちでも興味があるような素振りを見せた????????
勘違いもたいがいにしてくれ・・・・・・・・・・・。

その後も延々、ラブラブ攻撃で本当に面倒くさかった・・・。
飛行機の二人並びの席、リスキーやわぁ・・・・・・・。
一度捕まったが最後。


せっかくゆったりのんびり帰ろうと追加料金出して選んだのにーーーーー。
ワシは一人で延々黙~って好きなことしてるのが好きなんじゃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



困った・・・・・・・

2012-04-13 06:31:10 | 好きなもの

また、あまりにもかっこいいものを見つけてしまった・・・。

 

EXO・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


いろいろハマり過ぎるとほんとお小遣いが続かないので、そろそろカッコイイものにハマる神経が急速に衰えてきて欲しいところなんだが・・・、一向にその気配はなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

しかし、これまためっちゃくちゃカッコイイな、EXO・・・

しかも何よ、Kだとか、Mだとか・・・。

 

 

 

 

ああ、数週間後にはSuper Juniorがいよいよさいたまに来てくれるし、ぐんちゃんのDVDは買わなきゃだし・・・。

どんだけかっこいいものを送り込んでくれば気が済むのだ。

恐るべし、韓国芸能界・・・。

 

てか、ワタクシのtoto、いったいいつ当たるのぉぉぉぉ??????

 

 

 

 

 

 

 

 

それよか、大○○○・・・・・・・・・・・・・、どうなってしまうんだ・・・。

社長め・・・、とんでもないことを・・・

 

 


Kis-Myは最高!本当に最高なんや!

2012-04-08 23:13:10 | ヨロコビ

キスマイコン@東京ドーム行ってきた


どうしてそんなにかっこいいんだぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

叫びたい、大声で!!!

 

ものすごい盛りだくさん。

ものすごい満足感

 

 

 

今回一番気に入ったのは、華やかでかっこいい舞台装置と照明。

とにかくカラフルで、キスマイらしくていい!

テーマの宇宙、惑星探査みたいのにぴったりのあの浮遊感満点の演出も最高。

今回天井席だったけど、あんな高くまでみんながふわりと浮いてきてくれた時は、ほんと嬉しかった。

そのあと浮くのに使ってたあの何の変哲もないただの白くてデカい風船が天井近くまで昇って、今度は照明によって天空に浮かぶいくつもの惑星のようになった時は、「おお!!」と思った。

 

メインステージのスクリーンやネオンも本当に綺麗だった。

 

 

衣装も良かったなぁ!

宇宙戦隊ものみたいなスーツも、レースひらひらも、お花のブーケみたいのも、どれもとっても似合ってた。

 

 

CMからのつながりで女装があって、それがいつものキメ台詞コーナーと連動していたのも楽しかった。

男の子の目線からじゃなくて女の子目線のセリフなのも、これまたいつもと違って女言葉でお互い話してるのも面白かった~!

 

MCは前のような緊張感が無くて、みんな本当に楽しそうで。

特に玉森ヒロシ・フトシ(←うちのi-shuffle的に呼ぶと)の、今までと全然違うはっちゃけぶりが、まーーーーー可愛くて可愛くて

いい感じに弾けて来たね、玉ちゃん。

 

あと、バラエティで鍛えられたか、自信を持ったか、俊哉が打たれ強くなって堂々としてるのもいい!

前はちょっと遠慮がちで、何か言われるために、「ゴメンね」、「ゴメン・・・」って謝ってたけど、それが無くなった。

俊哉!俊哉はそれでいいのよ!

あなたの明るさ、本当に貴重なのよ!!

堂々としてる俊哉、カッコイイよ。

 

 

7人とも、歌もダンスも最高に素敵で・・・。

念願のファーストアルバムリリース直後で、生で見るのも聞くのも初めての曲ばかりだったから、新鮮で良かったわぁ

「こっから何十年も、コンで歌われ続けて行く定番ソングになるものもあるのかな?」とか、考えていた。

 

シングルではいつも固定メンバーばかりがソロをとるけど、俊哉や健永なんかの歌声も爽やかで素敵だよね~

彼らにももっと歌に参加するチャンスを増やしてあげてほしい。

そのためには、メンバーたちはもっともっと歌の練習を地道に続けるように!

 

 

 

ダブルアンコも含めて3時間15分くらいあった?

恐ろしいほどの充実感。

終わった後、「もっと見たい!」じゃなくて、「はーーーーーー、大満足!!!見たいだけ見たわあ!!」って幸福感で満ち溢れるコンサート、素晴らしいね!!!

 

こないだの大国男児、2時間も無くて、ほんと「これっきり????もっと!!もっと聞きたいよう!!」と不満だったもの。

鑑賞後の気持ちが全く違った。

 

 

 

ローラーがメンバーカラーに光っていたのは良かったなぁ。

誰がどこにいるのか分かりやすくて。

俊哉のはアクシデントで消えちゃってたけど・・・。

 

あと、たいぴーのソロね。

セクシー過ぎてね・・・・・・・・、ほんと・・・・・・惚れてまうやろー!!!(ちょい古)

ああ、たいぴー、好き、好き、大好き。

 

とにかく、本当に本当に素晴らしいコンサートだった。

こんな幸せな日曜日もなかなか無い。

 

 

 

 

 

ちょっとだけ残念に思ったことは、今回天井席だったけど、異常におばあちゃん率が高いことに気づいてしまった・・・。

ご年配の方は、いつもあんなとんでもない、ステージから遥か彼方のクソ席ばかりあてがわれてるの・・・・・・・・・・・・・・?

それとも今回はビデオ収録の日だから、アリーナやいい席は若めの子たちを集めて入れたくて、たまたまこうなってる?

いや・・・、自分にいい席が来る時は、周りにあそこまで年配の方たちを見ることは殆どないなぁ・・・。

いつもこうだったらあまりにも気の毒・・・。

「自分もそのうち、天井席しか来なくなったらどうしよう・・・、と背筋が冷たくなった。

 

あと、ペンラ売り切れは酷いでしょ!!!!

振らせろ!ペンラ!!

用意しとけ!人数分!!

 

たいぴーの写真売り切れもひどいでしょ!!!!

買わせろ!!素敵なたいぴースマイル!!

 

あと、うちわの写り!!!!

たいぴーのうちわ、もっとまともな写真があったでしょ!!

 

それから、東京たった一公演ってなんなのよ!!!!

しかもあんな観づらい会場で!

大阪とかもっと小さくてもっともっと見やすい会場で7回もあるのに!!!!

不公平感が半端ないわ!!

もっと見せろ!やってくれりゃ何回だって行くんだから!!

 

あと、濱キス!!!!

食べ物を粗末にするだけの最悪のつまんない企画やめて!!!!

見たくもないわ!!!!

 

 

 

 

・・・・・・・・・・と、ちょっとイラッとすることは、もろもろあれど、コンサート自体は最高でした。

あーーーーーーー、なんで東京たった一回なの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


スペインで残念だったことモロモロ その1

2012-04-07 23:40:41 | 海外

スペインで残念だったのは、素晴らしい観光地のうち多くのところが、「内部撮影禁止!」ということ。
厳し過ぎる・・・
写真撮るぐらい、何がいかんのだ。
「フラッシュを使うな!」とかならまだ分かるが・・・。


「ガイドブックが売れなくなる!」というのが理由なら、ガイドブック位いくらでも買うのに。

今回、もし内部の写真が撮れていたとしてもやっぱりこれらのガイドは全部買って帰って来てただろうと思うし・・・。


一個一個の見どころをこんなに立派なガイドにしてくれたって、それにいくらたくさんの写真を使ってくれてるったって、自分が「ここが好きだ!と思ったところは載っていないものなのよ。
「このディテールがいい!」とか、「あー、これすごい珍しい」って感動したところを、自分の視点で写真で残しておきたかったよう・・・。

 




「混雑の中撮っていると他の人の迷惑になる」というなら、せめて季節外れのガラーンとした他に誰もいないような場所なら、良いではないか、良いではないか、とつい悪代官様のような口調になってしまう。


エル・エスコリアルなんて、こーーーーんなだだっ広い修道院内で、他の見学者一人も見かけなかったぞ。


すっごーーーーーーーーい怖かったんだから・・・


静まり返った巨大なお城みたいな建物の奥の奥までたった一人で、たまーに立ってる警備の人にビビりながら、自分の足音の響くコツーン、コツーンという音にさえビクビクしながら延々地下への階段を降りて行った先にあったのは、歴代のスペイン国王の遺体が収められた棺がいくつも壁にビッチリ納められている霊廟だったり・・・。




シーンと静まり返った冷たーい空気のその石造りの寂しい独特の部屋に、ぽつりと一人、何人もの王の屍に囲まれて立っているあの感覚・・・。
ゾッとするというのは、ああいうことを言うのだ。



その霊廟を抜けても、次の部屋も、その次の部屋も、またその次の部屋も、棺桶のオンパレード。
王妃たちの棺の部屋、王子たちの棺の部屋、幼くして亡くなってしまった王室の子供たちの部屋・・・、と延々続いていた。
それぞれ作りが違って、部屋によっては等身大の騎士などの彫刻が飾られていたりして、それに気づかず急に振り向きざまに発見して「ドキーーーッ!として心臓飛び出しそうになったり・・・。
お墓大好きで、海外では必ずその国の墓地やカタコンベを見に行くワタクシではあるが、さすがにここの雰囲気には一切慣れなかった。





ここには、素晴らしい絵画や古地図など、貴重な歴史的芸術品がたくさん展示されているんだけど、その中にすごーく面白い題材のタペストリーを見つけた
西暦1500年代に織られたタペストリーなんだけど、いろんな想像上の怪物が織り込まれていて、当時の人々がどんなものを恐れていたのか、どんな怪物を思い描いていたのか、そういったことが分かる貴重な歴史的資料だと思った。


なんかね、そこらの怪物図鑑やSFもののハリウッド映画みたいに奇妙でへんてこなものがたくさんいるのよ~。
足や胴体が鳥みたいで、クビがにょろ~っとキリンみたいに長いのに、その先に鬼みたいな人間の顔が3つ付いてるとかね、ほんと「誰が考えたんだ?」っつー面白い想像上の生き物がいっぱい。
興味深すぎて隅から隅まで延々眺めてた。

 

 



でも、ガイドブックも買ったけど、大きくて有名な展示物や、象徴的な広間の全体像とかは載ってるけど、こういう小さな展示物の、ましてやその一部分なんてこれっぽっちも載っちゃいないのよね・・・・。


また見たかったら、こんな地球の裏側の、スペインの、マドリッドの、さらに郊外の、見渡す限り遥か彼方まで何もない荒れた大地にぽつりと浮かぶ島のようなこの小さな小さな町の、この修道院まで行かないと見れないんだよね・・・

悲しい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

遠過ぎる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


せめてポストカードでも用意しておいてくれればいいのに・・・。
いくらでも買うわ。





スペインでのお話 素敵なお店で食べたもの編 その4

2012-04-07 01:37:24 | 海外

バルセロナではもう一軒、老舗と言われるレストランに行ってみた。
ロス・カラコレス。


店名のカラコレス"かたつむり"の意味。
かたつむり料理を食べられるお店。




モデルニスモ感たっぷりのエントランスが可愛い

 


ステンドグラスには、名物のかたつむりがデザインされている。

 





内部も歴史の積み重ねられてきた感がとても素敵

 


入った時は、すぐ奥にはもう厨房が見えてるし、入口のカウンター席しかないのかと思ってそこに座ったんだけど、他の人が奥に入っていくのを見て中にもまだ席があるんだと気付いてテーブル席に移動させてもらった。


カウンターから奥は、不思議なことに皆様絶賛調理中の厨房のど真ん中に繋がっている。
「え?いいの?こんなとこ通っていいの??」と戸惑いつつ、「恐れ入ります・・・恐れ入ります・・・」と進んでいくと、広い店内に続いていた。
厨房を通り抜けたところから階段を上ったり、お部屋を通り抜けたり、また段差があったり、ちょっとクネクネした様子が「迷路みたい!」とウキウキした。

 

 

 

窓ガラスにも、ラブリーなカタツムリが描かれている。

 


中には"ザ・お給仕さん"といった風情のナイスミドルのウエイターさんたちが勢揃い。
こちらが歩いてくるのが分かると、素敵なたたずまいで挨拶をしてくれる。
この人たちのプロフェッショナルな感じが良かった。


スペインの老舗では、どこでもこういうおじさん達がキリリと働いていらして素晴らしい接客をしてくださって、彼らのスマートな対応やこちらに向けてくれる笑顔を見ただけで「ああ、ここにきて良かったなぁ」というほっこりした気持ちにさせてもらえた。

 




ここで食べたのはパエージャと、やっぱ看板商品のカタツムリ。


パエージャはシーフードのにしてみた


始めはパエージャパンにちゃんと入って、ちゃんと"パエージャです!"って見た目で運ばれてきたんだけど、「ヨシッ!」とカメラを取り出そうとした瞬間、そのジェントルマンが華麗に運び去ってちゃちゃっと手際よく取り皿に移してまた持ってきてくれたんでその最初の姿は撮れず・・・。

 



かたつむりは、フランスで食べるエスカルゴ的な見た目を想像していたんだけど、こんな感じ。



カタツムリ自体はたくさん入ってるんだけど、一匹一匹はけっこう小粒で、そのぶん身が小さいからフレンチのエスカルゴ的なムチムチとしたサザエ的食感には欠ける。
味付けも・・・、ちょっとしょっぱいな。
パンと一緒に食べろということなんだろうけど。

 


ま、ここは「名物は一度くらいは食べてみないとね!」と思って、雰囲気を味わいに行くのがいいお店だと思う。

外でグリグリ回って焼かれているチキンの丸焼きのが美味しいかもしれない。

 

 

 

でも、お店の雰囲気はとってもいい。

 

 

 

食べ終わってからお店の外へ出て外観の写真を撮っていたら、それに気づいて走り出てきてくれて、一人で自分の写真を撮れないワタクシの写真を撮ってくれたお気遣いも嬉しかった。

スタッフの皆さんが、ほんと素晴らしいお店だと思った。

 

 

 


まあくん・・・良かったよぉ!

2012-04-06 23:48:42 | ヨロコビ

まあくーん!

すっごい良かったよぉ!

 

正直、「どうなっちゃうんだろう?」って不安でたまらんかったんだけど、こちらの予想に反して意外とそつなく築地のおばちゃんとのトークや、実際の調理をこなしていて・・・。

ああ、まあくん・・・、ワタクシが悪かったわ・・・

出来る子だって分かってるのに・・・、あんなに心配してしまって・・・。

 

 

ルックスも「ちょっとどうなの・・・?」と思っていたパーマをストレートに戻してくれて、すっきり爽やか系。

キリリとエプロンしてる姿は、最高に足長で胸板が厚いあのスタイルの良さが際立ってたいへん男前。

「本当にいつもちゃんとお料理しているんだなぁ」、と思えるあの手際の良さ。

そして、とっても美味しそうな仕上がり!

 

ああ、一般人の皆さんがまあくんの素敵さに気づいてしまったらどうしよう(嬉)

 

 

 

まあくん、改めて初めてのご自分の料理のレギュラーコーナー、おめでとう!

いつか夢の小料理屋を出す日の為に、毎回頑張って美味しい料理を作っていってくだされ~。

金曜日のノンストップ、見逃せなくなったわ~。

 

 

 


キスマイ会員証キター!

2012-04-04 22:45:35 | ヨロコビ

首をなが~くして待っていた発足したばかりのキスマイのファンクラブの会員証、キタワア!!

キランキランしてて、メンバーのお写真が使われていて、カード型でしまいやすくて、なんもかもがGOOD!!!

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛・・・・、いよいよ始まった、って感じだねぇ。

 

記念すべき会報のVol.001も届いた。

後にも先にも、たった一度の発行のVol.001。

これから先、いったいどこまで続いていくのかなぁ

この同じ7人でいつまでも仲良く頑張って行ってくれますように、と願った。

 

 

 

少クラ、水曜日に移ったんだね。

玉ちゃんのウィンクに撃たれて「くぅぅぅぅぅぅぅっ!!っとなって、そっからニヤニヤが止まらないっす!

 

ただ、うちの馬鹿i-shuffleが、玉ちゃんの名前を「玉森 ヒロシフトシ」って、まるで漫才コンビみたいな呼び方するのを誰かに止めて欲しいっす!

なんで"裕太""ヒロシ フトシ"になるんよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勘弁してください・・・。

 

それと、たいぴーはあんま外にハネハネしないで・・・。

外ハネヘア、あまり好きじゃない・・・。

こないだ雑誌やドラマでストレートにしてたのが死ぬほど可愛かったのに・・・、なんで歌ではいつもハネハネ?????

 

 

 

 

さっきカラオケ行って来たら、今日はKis-my Venusの92点が最高点だった。

あれ、ご本人が歌うと何点ぐらい出るもんなの?

kis-Myのカラオケは、ご本人映像なのが素晴らしいっす!

つい見入って、歌が疎かになるけど・・・

 

 

あああ、それに今週末はドームコンだねぇ

生マイ(←略し過ぎ)に会えるのが楽しみ過ぎて更にニラニラが止まらなくなっちゃう~!

 

 


ああ、聞こえたね・・・ケンシロウの声が・・・・・・・・・・

2012-04-03 07:06:39 | モロモロ

会社のイベントで血管年齢を調べてくれるというので、イソイソと行ってきた

 

・・・・・・・・・・・・・・・計ってもらって出た年齢は、実年齢よりも8歳も年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おばあちゃん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ああああ、聞こえたね・・・、頭の中でケンシロウの「お前はもう・・・死んでいる」っちゅー声が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

こんな今にも死にそうな血管してて、ろくに栄養分とか体内で供給できていなさそうなのに、こないだ計ってもらったお肌年齢は実年齢より13歳も若かったのがほんと不思議・・・。

謎だねぇ、人間の身体って・・・。

 

 

 


スペインでのお話 素敵なお店で食べたもの編 その3

2012-04-01 08:14:03 | 海外

バルセロナを巡っているうちに、モンタネールだけでなく「カダファルクの建物も最高に可愛い!!と気に入ってしまった。

カダファルクの特徴と言えば、超立体的なレリーフ。

ファサードや壁、コーナーなどにすごく立派な彫刻が施されている。

 

 

 

カダファルクの作った建物の一部がレストランとして使われているものがある。

クワトロガッツ。

ガイドブックで見て、ワタクシがいつでも食べることを夢見ている、ガッツリ大きな塊で供されるラム・ローストを提供しているということで「こりゃ、行くしかないな!」と出発前に決めていたので訪問してみた。

 

 

おお!すごい建物だ!

 

 

 

これでもか!これでもか!というくらいに、窓枠も、出窓も、コーナーも、バルコニーも、扉も、装飾、装飾、装飾・・・。

イイ!!!大好き!!こういうの

 

素敵、カダファルク

 

 

 

内部は外側よりも全然シンプル。

だけどディテールがいちいち可愛い。

 

 

 

柱にはこんなランプが付いていて、赤く塗られたポールの部分にはネコヤナギのようなポワポワした植物が描かれている。

 

でもネコヤナギって上向いているよなぁ。

こんなふうに枝垂れている種類がスペインにあるのかな?

この植物の描かれている装飾って初めて見た。

 

外国のお花って、日本で見たことも無いような変わったものが咲いていたりして見るのがとっても楽しいよね。

ああ、時間があったら植物園も行きたかったなぁ!

 

窓枠やボーダーの柄も可愛らしい。

家づくりの参考になるわぁ。

 

 

 

スペインでは、カヴァをたくさん飲んだ。

 

夜のお食事のときは、いつもカヴァかサングリア、そのどっちか。

普段お酒はあまり飲まないけど、スパークリングワインは好き♪

サングリアもたっぷりフルーツで美味しい♪

 

 

お食事は、オニオンスープ頼んだら、こんな巨大丼くらいのサイズできた!

 

おおおおおおおおーい!!

これだけでお腹いーっぱいになってしまいますがな!!!

びっくりした。

辿り着きたい・・・・、ヒツジまで・・・・・・・・・。

 

 

 

なんとか巨大ボールのオニオンスープをクリアして、やってきたのは夢見たヒツジちゃん

 

でっかーい!! ガッツリ!!! ヤホーーーイ!!

このポーションの大きさ。

素晴らしい。

 

もりもり、モグモグと、シアワセのカタマリになって大満足で全部平らげた。

 

出てきた骨の形で察するに、これは肩に近い部分だな。

この部位を食べたの、初めてかも。

柔らかくて、でも噛みごたえがあって、美味しかった~

 

 

ラムって、本当に最高のお肉だわぁ