+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

凹む・・・・・・・・・・・・

2009-02-28 23:36:54 | モロモロ

トニコン、富山のチケット来たけど・・・・・・・・、2階席・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

行くのやめようかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんな遠くまで、たった一回、しかも2階席から見るためだけに行くのはどーか・・・、と疑念が湧いてきた・・・。

翌日の長野と周遊で行くつもりだったのに、そっちは落選しちゃうしさぁ・・・。

 

しかも今日、発売されたばかりの最新最高級エアコンを買ってしまって、出費が大きかったのもじんわりボディーブロー・・・。

 

んーーーーーーーーー、悩ましい

 


広州の旅行記

2009-02-27 23:15:09 | 海外

年末に行った旅行の記録、広州編をフォートラベルにアップした。

http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10308444/

 

広州は楽しかった~
曲芸師のような人があちこちにいて、発見するたびにいちいち感動~
そこら中に買い食いのできるお店があって食べ歩きも楽しい
道にはた~くさん屋台が出ていて、でも警察が来るとそれが全部物凄い勢いで逃げて行く、そんな修羅場もエキサイティング!!

街並は西洋風のゴージャスなエリアが意外とあるんで驚いた。
そうかと思えば、未だに屋外にポツリと椅子を置いてあるだけの散髪屋さんとか、いかにも中国っぽい素朴な魅力にも溢れている。
また行きたいわ~。

 

そういえば、この旅行で思い出した・・・。
香港で泊まったゲストハウス。
昔よく香港に通っていた頃、何度か利用したことのある宿。
香港の宿の慢性激混み具合、そして年末年始という特殊事情も考慮して、もちろん電話で予約をしていった。

なのに・・・・・・・、着いたとたんに「満室です」っていう・・・・・・・・・・・・
予約しーたーでーしょぉぉぉぉーーーー???
「他の宿紹介してください」って頼んでも、「あっちもこっちも電話してみたけど、もう満室で空きがありません」という・・・・・。
・・・・・・・え?なんですか?この寒空に、乙女に野宿をさせますか?

 

と思っていたら、なんかいつもはオーナーが使っている部屋があるから、特別にそこを使わせてくれる、っていうオファーが。
見てみたら、他の部屋と設備的には変わらないし、昼間私が出かけている間だけその部屋のトイレを使わせてくれというので、「外に放り出されるよりはいいや・・・」と思って承諾してそこに泊めてもらった。
夜は自宅があるから、そこに寝に帰るという話だった。


なのに数日経って、明日はいよいよ新年っちゅー大晦日になって、「相談がある」と言ってきた。
新年ということで全部の子供達が妻子を連れて自宅に戻ってきてしまって、自分の寝るスペースが無いから、
一晩私の部屋に一緒に寝かせてくれというのだ・・・・・・・・・・・・

お・・・・・、お客さんに提供している部屋に、自分が一緒に泊まるってか????
「もちろん無料にする」とは言うけど、この部屋ベッド一つしかないし、広さも6畳くらいしかありませんけど??????
無理ーーーーーーーーー。
どうしたって無理な相談ーーーーーーーー

オーナー・・・・。
いくら私が人が良さそ~な、物わかりのよさそ~な、人当たりの柔らか~い日本人だからって、ワガママ言い過ぎなんじゃないの??
なんで私がおっちゃんと一夜を共にせにゃならんの?
勘弁してくださいよ~!!!!
こんな時は、私はちゃんとNoと言える日本人ですよ。

「非常に申し訳ないけど・・・そればかりはできません・・・」とやんわりとお断りして、その後おっちゃんはお隣の家に一晩お世話になる話をつけてきてくれた。
よかった・・・・、とホッとしたけど、気まずさだけが残った。

 

もーーーー、絶対泊まらないよ、あんな宿。
よくもそんな話を持ちかけてくるもんだとビックリした。
こんどはもうちょっとまともなトコ泊まろう~。

 


hanakoは吉祥寺特集♪

2009-02-26 20:06:13 | ヨロコビ

毎年この時期になるとやってくる・・・・・・・・・・・・・。
今回のhanakoは吉祥寺特集!

いつも桜の時期のちょっと前、もうすぐ春!って頃に出る吉祥寺特集。
「今年はどんな素敵なお店が増えただろう?」と毎年読むのを楽しみにしている。

数年前、「どんなド素人に編集させたらこんなチョイスになる???」ってガッカリの内容の年があって、それ以来買う時ちょっとドキドキするんだけど、今年の内容は素晴らしい!
吉祥寺によく通ってる人が、吉祥寺が大好きな人が、編集に関わっていただろうと思わせるそんなセレクト
いいです
たくさんいいお店を紹介してくれてありがとう

 

火曜日にマンションの明け渡しに立ち会うために吉祥寺に行った。
駅からマンションまで行くには東急裏のエリアを通る。
あっちにもこっちにも素敵な飲み屋やカフェや雑貨屋が増えてるぅぅぅ~
全部行ってみたい~
ああ、楽しい、楽しい街だなぁ~

 

マンションのお隣にも、素敵なレストランが出来てた♪いいねぇ~。
いつ行ってもお客さんが私1人しか居なくて、「いつ潰れるだろう・・・?」と心配だった近くのフレンチレストランがまだあったので、そこでご飯を食べようと入ったら、予約で満員で入れない店に変貌を遂げていた・・・。
オーナーシェフは変わっていなかった。
いったいあの店に何が起こったんだろう・・・

 


引渡しとリフォーム関係の打ち合わせが終わったんで、原宿までお買い物に・・・。
途中、中野駅で隣のホームに停まっている電車を見て目が釘付け!
「何だ??何だこの電車????」と気になって、思わず途中下車。そして激写。

 

何このカラーリング~??初めて見る~。

 

そして何?このフロントに付いたカメラ~??

 

そしてそして何?この不思議な形の窓の数々~?このアングル???

 

たくさん付いてるレンズは一体・・・・・・?

 

客席は一切無し。

 

easti-E・・・・、eastはJR東日本、でも・・・i-Eは何の意味~?

 

気になる・・・・、非常ーーーーーーーーに気になる。

 

運転手さん見つけて果敢に聞いたら、なんか架線とか線路とか、いろいろ調べる電車なんだって。

へぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~

かっこいいーーーーーー

最近、自分は鉄分が若干多いことに気づいた

 

いつもの自分の活動タイム、土日や通勤時間帯には見れないであろう電車。
たまには平日休んでみるもんだ~。

 

 

そして電車つながりで、東京の最新路線、副都心線。
この路線が出来て、どこへ行くにもすごく安くなったんで助かる~
いちいちJRとか私鉄とかに乗り換えなくてどこへでも出やすくなった上に、
料金がメトロのみで済むんだも~ん
Love!副都心線Love!

でも副都心線で一番気に入ってるのはコレ。
ベンチ。

クリアプラスチックでできてて、デザインがすっごくカワイイ

 

そして駅ごとに色と絵柄が違う。

オッサレ~

 


氷見の魚

2009-02-22 22:02:45 | モロモロ

日本最後の三助さんのいる銭湯のブログを読んでいたら、お料理のお上手そうな奥様(お嬢様?)のやっているブログがあって、なんとな~く読んでいたら、美味しそうなお魚のたくさん入った箱が届いた日があった。


「こんな新鮮なお魚、いっぱい食べたい!!」と思って読んだら、「氷見の魚は世界一!」と書いてあった。

おーーーー、これは氷見から届いたお魚なのーーー
行く行くーーー、来月行くよーーーーー!

 

行くってか、本当に行くのはその隣の高岡市だけど~。
前日から入って周辺観光するから、「氷見に行って美味しいお魚食べたい!」と、行くとこリストに入れてたんだよーー。
ムフフ、楽しみ

 

なんか送ってくれたのは、海辺にオーべルジュを開いている漁師さんらしく、そのHPを見てみたら、料理が美味しそうで、美しい海辺に建っていて、極上の海の景色を見ながら入れる露天風呂の有る素敵な宿だった。


「ここに泊まりたい!」と、思って電話してみたけど既に予約でいっぱいだった・・・・。

ちっ・・・・・、出遅れた・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・はっ!!
そーだった、あそこ3連休だったんだ・・・・・・・・・。
やばい、早く宿決めよう

 

宿よりも気になっていたのは、うみほたる。
海ほたるが見たいんだよぉぉぉおーーーーー

昔、"富山のあの辺はうみほたるの宝庫"、と紹介しているサイトを見て以来、ずっと行ってみたかった憧れの場所なのだ。
彼らはシーカヤックで夜の海に出て、自分の航跡に現れる明るく真っ青な神秘的な光の帯に狂喜していた。

超羨ましかった~

だから今回のトニコンツアーの遠征先からも富山を選んだ。

 

 

海ほたるって、全然人に知られていない・・・。
あんなに綺麗なのに・・・・・。

海ほたるは、海に住む夜光虫の一種。
刺激を受けると、とても明るいネオンブルーの液体で周辺を染める。
あんなに小さい虫が、あんなに明るい光を出せることに驚く。
すっごく不思議な生き物。

 

昔ダイビングにハマっていた頃、よく沖縄の離島に通っていた。
飲み屋も食堂も一軒も無い本当に小さくて素朴な島で、潜って、民宿のおばあちゃんの作ってくれたお弁当食べて、昼寝して、また潜って、おばあちゃんの作ってくれたおやつ食べて、泳いで、昼寝して、おばあちゃんの作ってくれた晩ご飯食べて、夜の海に潜って、最後はインストラクターの家に毎晩集まって遅くまで酒盛りして、また翌日同じメンバーで潜りに行った。

地元のおじいちゃんに話しかけられてもただの一言も理解できない、圧倒的アウェイ感が、外国に来たみたいで楽しかった。
おじいちゃんはこっちがさっぱり判ってなくても、全く気にも留めずずっとお話をしてくれた。
こっちもすっかり島時間でのんびりしていて、何分でもそばに立っておじいちゃんのお話を楽しく聞いていた。

 

夜になると、空には本当に数え切れない数の星がぶわーーーーーっと空を埋め尽くしていた
子供の頃からネオンギラギラの渋谷で育ち、しかも目も悪かった私は、空に10個以上の星を見るチャンスがほとんど無かった。
当時はスモッグもあって空が今よりクリアでなかったので、余計東京では星は見えなかった。


だから「天の川って・・・・・本当に川のようにダイナミックに大空を蛇行して流れているんだ」、ってあの島で初めて知った。
毎晩天の川を見るために、懐中電灯一つ持って真っ暗な闇の中を歩いて桟橋の突端まで行き、そこに座っていつまででも空を眺めた。
楽園だ、と思った。

 

そんな毎日で一番好きだったのは、ナイトダイビングの時だった。
でスポットまで移動する時に、(ほんとはいけないらしいんだけど)船長さんが一瞬船の明かりを消して、スクリューを回転させてくれるのだ。
パッと電気が消えた瞬間、右も左も上下の区別さえもあやふやになるくらいの漆黒の闇に包まれる。
そこで海中のスクリューを回すと、その振動にビックリした海ほたるが一斉にぱーーーーっとネオンブルーに光るのだ。
海の中にスポットライトが当たったように、ブワーーーーッと青い光が広がる。
船の周辺が驚くほどに明るくなる。
こんなに綺麗なもの、この世にあるんだ??」と思うくらい感動的な美しさだった。
あの感動をもう一度味わいたいのだ。

 

宿泊は断られてしまったけど、お電話に出てくださったお父さんに、「その辺で海ほたるは見れますか?」と聞いたら、どうやら見れるらしい。

ただ、普通に岸から見るんじゃダメなんだよねぇ・・・。
お父さんも、「夏場に夜の海で泳ぐと、自分の周りが光る」という程度の認知度だったし・・・。
夜に初心者を連れてシーカヤックツアーしてくれるショップを探したいところ・・・。
でも、時期的にちょっと海遊びには早いんだよなぁ。

最悪、今回はいろいろ現地リサーチしといて、また夏に再訪するか・・・

 

 

 


三助さん

2009-02-22 19:51:20 | モロモロ

録画してあった、クマグスの銭湯編を見た。

三助さんって、もう日本に1人しか残っていないんだね~。

 

子供の頃、家の向かいが銭湯で、他にも近所にいくつか銭湯があって、夕方になると母と一緒にそのどこかに行くのが日課だった。

あの頃の銭湯はご近所の社交場で、いつでもすごくたくさんの人で賑わっていた。
渋谷にだって、まだまだ銭湯通いの人たちがいっぱい居た。
銭湯に行けば、必ず友達の誰かしらに会えた。
 

湯上りに買ってもらうイチゴ牛乳は、ほんとーーーーに美味しかった

でっかいお釜みたいなドライヤーに入って、その中で長い髪の毛がグルングルン回るのが楽しかった。

 

銭湯には、三助さんも居た。

三助さんはもちろん男の人で、女湯に何事も無いように突然スタスタと入ってくると、子供ながらにちょっぴり気恥ずかしかった。

あの頃でも、やっぱり女湯ではあまり三助さんが背中を流してる様子は見られなかった。

でも番組で見たら、背中は流してくれるし、そのあとマッサージもしてくれるし、なんだかすごく気持ち良さそうだった~。至れり尽くせり~

こんど日暮里に行くことがあったら寄ってみたいわ斉藤湯。

 

ペンキ絵職人さんもカッコよかった
やっぱ銭湯には富士山が無いとねーーー。
あんなに大きな絵を、たった一人で5時間で完璧に仕上げるなんて!!!
すごい!すごい技術だよーーー
 最高!職人さんって素敵だね。

 

でも、ペンキ絵職人さんも、もう3人しか居ないなんて・・・・。

絶滅の危機・・・・・・・・・

もったいないなぁ。

 


クロスジャケット、キター!

2009-02-20 23:43:12 | ヨロコビ

オーダーしておいた、ジェフのトレーニングクロスジャケットが来たー

 

すっごく軽い

めっちゃコンパクトにたためるから持ち運びにも便利~♪

色もとっても綺麗。

 

後ろのKappaのマーク、デカい

でか過ぎ

JEFのマークが上が良かった・・・。

・・・・でもカワイイ

 

 

胸に輝く、ワンコのエンブレム

今年は、コレを着て、応援に行きま~す

 

 


旅行記、完成♪

2009-02-19 23:58:01 | モロモロ

年末年始で行ってきた、香港、澳門、珠海、開平、広州のうち、まず珠海の旅行記を作成して、フォートラベルにアップした

http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10307548/

 

 

フォートラベルはアルバム代わり。

後から見返すと旅行した当時の気持ちとか蘇ってきて、また旅情をかきたてられる。

 

「次、どこの国に行こうかな~??」って計画の時も、他の人の作った旅行記がすごく参考になる。

ガイドブックに載っていないような裏道の名店とか、リーズナブルな穴場ホテル、みたいなニッチな情報とか載せてくれてる人もいてたいへんありがたい。

 

こんなに簡単に、家に居ながらにしてすごい量の情報を手に入れることができる。

なんと便利な時代なんだろか~

 


おみやげ

2009-02-18 23:36:24 | モロモロ

同僚が先週フィンランドに行ってきた。

オーロラが見たくて、ずっと山のほうまで移動して連日出現を待っていたが、とうとう滞在中一度も見れずじまいで帰ってくるハメになったらしく、たいへんお気の毒・・・

この時期、寒かろうに・・・。

運が悪かったねぇ。

 

 

そして彼女がおみやを買ってきてくれた

見知らぬ異国のお菓子たち

いつもみんなのおみやげがすごい楽しみ。

全く読めない言葉がパッケージに並んでいるとワクワクする。

 

 

今回はムーミンものが多い。

さすがフィンランド。

どれどれ。これは何だ

 

開けてみるとこんな感じ。

この色・・・・・・・、むむむ・・・・・・、嫌な予感・・・・・・・・・

ぬぉーーーー、やっぱりリコリスーーーーーーー

苦手ーーーーーーーーーー。

一口齧って、パッケージに戻してみた・・・

 

 

さて、続きまして・・・。

こちらもムーミンもの。

キシリトールが使われているのも、さすがフィンランド。

グミだけど、だいぶ堅いタイプ。

そんなに甘くなくてなかなか。

 

 

これが一番美味しかった~。

ヨーグルト味とか、ミルクチョコとか、ミント入りとか、4種類がごっそり入ってるチョコレート。

みんなオイシイ

 

いつもいろんなものを買ってきてくれてありがと~

感謝感謝!!

 

 

 

今週末からは、別の同僚がアルゼンチンに行く。

彼女は半年くらい前にもアルゼンチンに行ったのだが、「最終日にお土産を買うつもりでいたら、夜道で財布とパスポートの入った鞄をひったくられ、追っかけたり、警察行ったりでドタバタしていて、結局アルゼンチンお菓子を入手する暇が無かった」と、申し訳無さそうに飛行機の乗り継ぎ地アメリカのお菓子を買ってきてくれた。

いいよいいよーーー、そんなのーーー。

命が助かっただけでシアワセだよー

 

 

しかも彼女の財布とパスポートは、戻ってきた。

奇跡だよ!!!

なんか追っかけたら相手が慌てたらしく、どっかに投げ捨てて逃げたのを、親切な人が見つけてその日のうちに警察に持ってきてくれたんだって。

めったに無くない?そんなこと。

ある意味幸運な人だー(ある意味ね)

 

 

今回は、彼女と出発前に会うのは昨日で最後だったんで、

「あのさ~、こんなこと頼むのは非常におこがましいし、ずうずうしいんだけどさ~・・・、今度は是非、アルゼンチンのお菓子、食べてみたいな」と甘えておいた

もちろん、ご無事で全日程が過ごせて、お土産を買う時間と気持ちのゆとりがありますように・・・、という祈りをこめて。

楽しいご旅行を~

 

 

 

南米は危険だ。

昔、別の知り合いがコロンビアで災難に遭った。

治安の悪さを分っていたから、「カメラは絶対に盗られたくない」と思って、よく新聞記者とかが着ていそうな頑丈なサファリベスト(???っていうの?)のポケットにしっかりと縫い付けられている金属に、カメラのストラップを通しておいたら、後ろから来たバイクにカメラをひったくられ、ベストとそれが繋がっていたせいでそのまま身体ごと道路を引きずられて大変な目にあったらしい・・・。

おいおいおいー!!スタントマンかよーーー!!

結局そうこうするうち、無残にもポケットがカメラと共に引きちぎられ、彼はカメラとポケットは失ったが、命は何とか失わずに済んだ。

 

 

でも、彼の不幸はそれで終わらなかった

怒って警察に行ったら、「他に盗られたものは無いのか?」「所持品は無事か?」と親切そうにいろいろ調べて、事情聴取してくれたポリスメンに、財布の中身を抜かれたのだ。

 

街の奴らも信用できない・・・

警察も信用できない・・・

身を守れるのは自分自身のみ。

恐ろしい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

海外うろつく皆さん、気ぃつけなはれやー!(←自戒が八割)

 

 


バレンタインデーの疑問

2009-02-15 00:50:43 | モロモロ

バレンタインデーに全く何の関与もしなくなって、だいぶ長い年月が経った・・・

 

子供心には、確かにときめくイベントごとではあろうが・・・・・、

あれは、何なの?

なんでチョコレートなの??

なんで女の子が男の子にあげるの???

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本では

 

 

昨日テレビで、中国でのバレンタインデーのニュースをやってた。

あの国では、バレンタインは、男の子が彼女にバラの花束を贈って「愛している」と伝える日だ。

だー、よー、ねー

 

 

 

昔カナダに語学留学していた頃、ハンサムな現地の男の子に恋をして、初めてのデートの日がちょうどバレンタインデーだった

初めてのデートってだけでもドキドキなのに、ろくに英語も話せないのにドライブ中に会話が成り立つのか、だいたいデート自体のしきたりが全然違うんではないか・・・などハラハラの要素が山盛りの中、ホームステイ先で彼の迎えを待っていた。

 

ご自慢のイギリス製の真っ赤なオープンカーで迎えに来てくれた彼は、恥ずかしそうに家に入って来たと思ったら、後ろ手にして持っていたバラの花をそっと差し出してくれた。

超、超、超、嬉しかった

その時初めて、カナダでは男の子が女の子にお花やプレゼントを贈る日なんだと知った。

「素晴らしいイベントだな~~~♪」と思った。

 

「なんで日本は女の子なのん?」「なんでチョコレートオンリーなのん?」とも思った。

お花のが嬉しいよ。

 

 

それに義理チョコって・・・・・・・・・・・・・何?

好きでもない顔見知りや、同僚に配りまくる習慣、全く意味不明・・・。

チョコレート業界にまんまとハメられてる・・・・・・

別に自分がしてるワケでないけど、「メンドクサイ習慣だよなぁ」と思う。

その悪循環から抜け出せなくなって、毎年大量に買出しとかしているOLさんとか、お気の毒・・・。

 

 


一生のお願い

2009-02-12 23:20:25 | ヨロコビ

出発前に神様に一生のお願いをしといたら本当に通じてしまったらしい。


だって福島トニコンの客席登場、まあくんが私の居る通路に降りて来てくれたんだも~ん

 

最初、「ディナーショー形式で下に行きます」の話をしてる時に右側に立ってるから、「え?まさかまさかー??」って思ってるうちに、そのまま右側にスルスルッと降りて来て、「うわっ!!うわぁー!うわわわわわーーーーー!」と完璧にパニック

 

しーかーもー、近くに来たどころかすぐ目の前に延々立ち止まって、あの美しい歌声を聞かせてくれたーーー
去年の高松公演で席が実質一列目だった時は「手を伸ばせば届きそう」だったけど、今回は本当に「手を伸ばしたら届く」距離だった(*^_^*)
あ~んなに近くで聞こえる、昌行さまの甘~~い生声・・・・
(ウットリ。ウットリの極致)

 

長生きはするもんだー
人生最大級の喜び。

 

人間って、あまりにも感動すると、身体があんなにガクガクと震えちゃうものなんだね。
でも、興奮のあまり頭の中でどこか回線がショートしたらしく、何を歌ってくれてたんだかさっぱり思い出せない(笑)
"頭が真っ白になる"、ってこういうことを言うんだな。
・・・・って、なんだってこんなに貴重な記憶を吹っ飛ばしてしまう・・・・・・・私の脳よ・・・・・・

 
歌ってくれてる間、ひたすら「ぬぉぉぉぉぉぉぉーー!」とか「ヤバイ!!ヤバイ!ヤバイ!!!」とかパニクってるうちに曲が終わり、後ろに行ってしまいそうになったんで、思わず手が出てしまって「まあくん、行かないでぇ~~」と懇願してしまった。
その時一瞬触れてしまった足の感触だけはしっかりと思い出せる。
・・・・・鍛え抜かれた男の人の筋肉って、美しいんだねぇ・・・(ぽわぽわぽわゎぁ~ん←回想中)

 

 

まあくんが離れて行ってしまってから、張りつめていたものがプッツリと切れて、涙が溢れてきた。
でも「ダメダメ!泣いたらメイクが全部取れてしまう~!新人賞受賞後の聖子ちゃんみたくなるー!」と懸命に我慢

 

 

終盤に投げてくれるサイン色紙も、普段絶対来ないのに、今回は斜め前の席に向かって飛んできた。
すぐ目の前に夢にまで見たまあくんのサイン色紙が・・・


だけど、あの獰猛な肉食獣の獲物の争奪戦みたいな修羅場に参加する勇気も無いし、そんな醜態をまあくんに見られるのも乙女としてはどうしても避けたいし、なにより、もうそこに至るまでに まあくんから貰ったシアワセ感が身体の中からとめどなく溢れだして来てるような気分だったから、色紙は「もう十分です。おなかいっぱい。どなたかお持ち帰りください。幸せのおすそ分け。」と早々に入手を放棄して、かわりに一瞬でも一秒でも長くまあくんを見つめることにした。
あのお方は、ステージの上でキラキラの笑顔で歌っていらした。
私はこの人が大好きなんだ」、と改めて思った。
 
あーーーーーー、なんてーか、人生最良の日
天にも昇るココロモチ。

 

 


そんなドリームコンサートもとうとう終わってしまった・・・・。
終演後、駅までのシャトルバスに詰め込まれて現実に引き戻されるのが嫌だったから、人っ子一人居ない暗くて寒い福島の夜道を、余韻に浸りながら1人トボトボ歩いた。
まあくんがすぐそばに居てくれた、あんなに近くで歌ってくれた、生身のまあくんに触れられた・・・。
こんなことが起こるなんて・・・、想像もしていなかった。
「わざわざ福島まで来てよかった・・・」、とまた涙が溢れてきた。

 

 


深夜バスの時間までまだまだ時間があるので、福島の街を散策した。


どこの通りを歩いても、繁華街を回っても、人がほとんど居ない・・・。
これで県庁所在地なの?
さーーーびーーーしーーーいーーー。

とりあえず全部見てみて、一番気に入った"庵ぐら"というお店に入ってご飯を食べた。


生牡蠣とお通し2種

スモークサーモンとクリームチーズの生春巻

びんちょうマグロ

ツブ貝とイカと海老とアスパラとたまねぎの炒め物

どれもこれもみんな美味しかった。
お店の皆さんの対応も爽やかで、
とても気持ちよく飲めるお店だった。

 

 

郊外に大型店がたくさん出来て、駅前が寂しくなってきちゃってるんだって。
地方では、車が無いと何も出来ないねぇ・・・。
郡山のほうが栄えてて、ヘタすると県庁も郡山に移転してしまうかも・・・、という話らしい。
そんなぁ・・・・、これ以上寂しくなってどうする?
頑張れ福島!

 

 

 

ゆっくり食べ終わっても、まだまだバスまでは時間がある・・・。
「このへんにネットカフェか、お風呂入れるとこありませんか?」と聞いたら、駅の隣にスーパー銭湯があると教えてくれた。
しかも、カワイイ店員のお兄ちゃんが、お財布から割引券を探し出してくれて「よかったら、これ使ってください。」って譲ってくれた
んもーーーー、なんてイイコなのかしら!
ありがと!お兄ちゃんありがと!

 


そしてやって来た、スーパー銭湯。
この夢のような、天にも昇るココロモチの、人生最高レベルの一日を締めくくるお風呂の名前が"極楽湯"。


出来過ぎ

ジェットバスで遠征の疲れをほぐし、露天風呂で旅情を満喫し、いい匂いになって、ポカポカに温まって、帰りのバスは熟睡。

 


本当に幸せなトニコン遠征でした。
次は富山。
ああ、来月が待ち遠しい!
またいい席が来ますように・・・。
神様に再び一生のお願いをしておこう

 

トラックバック (1)

このタイミングでデーブイデー キター!

2009-02-11 00:11:19 | モロモロ

このタイミングで、発売ほかほかのトニコンのデーブイデー、キター!

明日は大事な大事なコンサートだというのに・・・。

朝早ように出発せなならんというのに・・・・・・・。

ネイルのケアとか、持ってくipodにトニ曲入れたりとか、持ってくコングッズ探したりとか、来てく服決めたりとか、いろいろすることあるのに・・・

 

でも、見ずに寝るわけには行かない。

パッケージ見ただけでテンソンだだ上がり

こりゃ今夜は徹夜か?

明日のお肌に響くわ~~~~ん(悩)

 

 

最高に楽しくて、毎回思い入れがいっぱいのトニコン。

こんなふうに映像として残ってくれるなんて・・・

感無量っす。

今年のコンサートも、絶対DVD発売してくれますように・・・・

 

 

ああ、明日が、いや今日が、めっちゃ楽しみ!

 

 


いよいよ来週

2009-02-08 19:53:11 | モロモロ

いよいよ今週末から始まった今年度最大のお楽しみ、トニコン。

ワクワクし過ぎてちょっとテンションがおかしい

 

チラッとレポート読んだら、なんか客席に降りて来てくれるって・・・

やばーーーーーーい!!

来週の福島の席、思いきり通路横なんですけどーーーーーーーーー!!

 

ううううううううううーーーーーー、うーでーじーいぃーーーーーー

でも、緊張しすぎて胃が口から飛び出してきそうなんですけどぉーーーー。

まあく~ん、お手々ニギニギしていい??ねぇーーねぇーーねぇーー!!

痛くしないから~

 

そういえば、遠い昔に一度だけあったディナーショー。

あんなにいろんなテーブルを回ってきてくれたのに、3人のうちまあくんだけ私のテーブルには来てくれなくて、まあくんとだけ握手してもらえなかったんだよなぁ・・・・・(遠い目)

今回は、絶対にまあくんが来てくれますように・・・・

神様、ほんと一生のお願い!(その1)

 

あーーー、でもまあくんって、いつも向かって左側にいるよなぁ・・・・。

そっち行っちゃうのかなぁ・・・。

不安・・・。

 

 


韻くん・・・・・

2009-02-08 02:02:51 | JEF

ジェフに来た時からとっても期待していた若手の韻くんが現役を引退してしまった・・・

 

ルックス的に好みのタイプだったのでひと目で気に入ってしまった。

実際に会ってみると背が高くてガッチリしてて、シャイな笑顔が可愛くて、素直そうで純朴な雰囲気がとっても好きだった。

「早くトップチームに上がっておいで。フクアリで活躍する姿を見せておくれ」

とずっと楽しみにしていた。

 

 

けど、年末に今年の戦力外になってしまい、トライアウトに出ていると知った。

下部組織であまり活躍できていなかったみたいで心配ではあったが、実際に契約が更新されなかったと聞いたときはさすがに寂しかった・・・

 

そしておととい、オフィシャルに現役引退の発表と本人のコメントが載った。

まだ21歳なんだね・・・・・・・・。

サッカー、離れちゃうんだね・・・・・・・。

ここまでの人生、毎日毎日サッカー漬けで生きてきて、急にサッカー辞めることになったらきっとどうしたらいいか分らないんじゃないかな・・・・・・。

すっごい落ち込んだり、悩んだりしてるかな・・・・・・。

プロの世界って・・・、厳しいねぇ・・・・・・。

 

もう千葉に行っても、あの笑顔に会えないんだと思うと悲しい・・・。

この先の消息も、きっと分らなくなってしまうんだろうな・・・・・。

でも、韻くん。

人生はまだまだ始まったばかりだから。

一つ躓いてしまったけど、これからまた別の事始める時間とチャンスは沢山あるから。

別の事じゃなくても、また改めてサッカーで頑張ることだってできるから。

どうかこの件に挫けないで、また新たな目標を見つけて素敵な未来を築いていってください。

ジェフでの3年間、本当にお疲れ様でした

 


貰った~~~♪

2009-02-07 12:00:23 | モロモロ

メルマガが来た


過去にリフォーム用の資材を購入したことのある、イタリアの輸入建材を扱っている会社のメルマガだ。
イタリア製のシーリングライトを差し上げます」という内容だった。
タイトルを見た瞬間、目が釘づけ

今ちょうどリフォームを考えているワタクシに、この嬉しすぎるオファー
なんてタイムリーーーーーー♪
しかも一個15万円とかするやつまである~
いくつでもくれるらしいーーーー。
すっげーーーーー!太っ腹ーーーーーーー

 

すぐさま応募して、10個近く譲ってもらったのがさっき到着した。
でけーーーー!!!一個一個がでけぇ!!!
照明器具って、梱包してあるとやたら大きいのね・・・・・
部屋が箱で埋まった。


開けてみたら、すごくゴージャスなガラス製のシャンデリアや、
高級感のあるシーリングライトたちで、「本当に本当にタダでいただいていいのですか??」っちゅー立派な製品ばかり。
計算してみたら100万円相当ぐらいになる。
超幸せ~♪
大満足

 

母が私の部屋に入ってくるたびに「この部屋は照明が暗い」と文句を言っていたが、これを付ければ問題解決♪


ああ、素晴らしいオファーを本当に有難うございました。
メルマガ、購読しておくもんだねぇ・・・・・・。


カルトナージュ

2009-02-05 00:15:51 | モロモロ

前からずっと作ってみたいと思っていたカルトナージュ

だいたい自己流でも出来そうなんだけど、几帳面な自分は一度基本的な部分だけは押さえておきたいと教室の予約を試みていたけど、なんかいっつも人気でなかなか予約が取れずに居た。

そして今日、ようやくキャンセル待ちの席が空いてクラスを受けることが出来るというので青山まで行って来た

 

作ったのはこんな小さなボックス。

たぁーーーーーのしぃーーーーーいぃぃぃぃ♪

手作り、たぁーーーのしぃいいいい

もっと可愛いマテリアルを探してきて、いろいろ作ってみたい