+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

フォートラベルに変化が・・・

2011-11-26 17:24:24 | 海外

フォートラベル・・・いつの間に・・・・・。

いつも旅行記を作ってはアップしているフォートラベル。
ちょっと放置している間に変化が・・・。

こないだまでは自分の好きなトラベラーさんを"お気に入り"として登録しておくことができたんだけど、昨日見てみたらその名称が変わって"フォロー"と変わっていた。
私がフォローしている人、という意味。
今は一人しか登録していないけど。

そして新しいジャンルとして、今まで無かった"フォロワー"というものが出来て、このワタクシのページをフォローしてくれている人がなんと四人も存在することに気づいた。
いつの間に・・・・・・。
全然知らんかった。


・・・・てか、以前はお気に入りに誰かを追加する時はちゃんと許可制で「あなたをお気に入りに入れさせてもらってもいいですか?」的なお伺いメールを出して、先方がOKと言ってくれれば追加できる、という段取りだったと思うんだけど・・・。

誰かからそんなメール来たかな・・・。
忘れちゃってるだけ・・・?
それにしても、「ちゃんと読んでくれている人が居るんだ」と思ったら、旅先での撮影も、帰って来てからの写真選びも、構成考えるのも、コメント書き込むのも俄然やる気が出るわぁ♪

 

ということで、早速新たな旅行記を2つ追加してみた。

台湾 / 台北 変身写真を撮りに台北へ~

台北編ダイジェスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾 /台中 未知なる街・・・意外と面白いじゃん♪

台中編ダイジェスト

 

 

 

 

 

 

フォロワーさんたち、見に来ておくれ~♪

 

 

 


素敵なお店見つけた♪

2011-11-26 15:57:09 | 好きなもの

フリーペーパーに載ってるのを読んで、その素敵さにとっても気になっていた日本茶屋さんOHASHI。
こないだ中野に行った時に寄ってみた

 

 

外観も内装もパッケージも完璧に洋風。

 

 

 

 

 

見た目だけではここが日本茶屋さんだと分かる人はまず居ないと思う。

 

 



ズラッと並べられたパッケージも、ひとつひとつ違ったお花のデザインで今までの日本茶のイメージ一新って感じ。

 

 

 

 

独自にブレンドして作っているという珍しいお茶も多く、楽しく隅から隅まで眺めていたら"生姜の焙じ茶"を淹れてくださったのでいただいた。
あの焙じ茶の香りに、ちょっとスパイシーな生姜の香りがブレンドされていてなかなか。
ワタクシはフリーペーパーに載っていた柚子の香りのついた焙じ茶のほうが気になっていたのでそちらを購入してきた。

 

 

 

カウンター下にディスプレイされているパステルカラーのカラフルなお茶の名前を一通り眺めていたら、ある一角で「ん?」と思われる一群が。

 

"紅茶あめ"、"抹茶あめ"、"玄米茶あめ"と書いてある。

飴ちゃんなのに、お茶のパックと全く同じ形状。

たいへん紛らわしい(笑)


紅茶飴も抹茶飴も食べたことがあるので、玄米茶飴を買ってきてみた。
あと水色にほんのりピンクの桜柄の超カワユイお茶缶も。

 

 

よく見れば、飴ちゃんのさらにその上には「焼き海苔」の文字もあった!
これまたお茶と同じ形状。更に紛らわしい(笑)
こんなかわゆいパッケージの焼き海苔初めて見たわあ。
遊び心が楽しいお茶屋さんでした~


たのむよ・・・

2011-11-19 14:44:56 | ヨロコビ

よかった♪

まあくん、ほんとうに良かった~。
今回のお相手は、舞台で見た限りは美人さんで可愛らしいし、歌はとにかくお上手だし、雰囲気も素敵で好印象だったから、まあくんが好きになるのも分かる気がした


あとはプライベートでも性格のいい子であることを祈るばかり
ブログを見る限りではお料理上手で家庭的でなかなか良さそうな感じだけど、まあ・・・ブログにあることは主にいいところばかりだろうから、それだけで判断はつかんよね。

 

 

 

それにしたって・・・、前回と比べるのは申し訳ないけど・・・、あの方より何十倍も良いわ。
心象的に。


あの人は・・・ダメ。
・・・・・・ほんとにダメ・・・。
「まあくん・・・・・・・。共演したぐらいで・・・・・・・なんでよりによってそこ行った?????
「女見る目ないわぁ・・・・・と正直思っとったわ。

 

 

しっかり、まあくん!
女選びは慎重に。
頼むよ、ほんと・・・。
まあくんの幸せをいつでも祈っているんだぜ!

どうかあの子が心底いい子でありますように・・・。
まあくんがいつもシアワセでありますように・・・。



よかったわぁ

2011-11-17 22:13:43 | ヨロコビ

先週終わり、なぜかいつもと違う席に来ていて、ワタクシを滝汗の極致に追い込んだイケメン君・・・・・・・・・・・。

「また週明けにもあんな至近距離に居たらどうしよう・・・・、仕事にならん・・・・・・・・・・」と不安だったけど、月曜日にはちゃんといつもの絶妙な席に戻ってくれてた。

あーーーーーー、よかったぁぁぁーーーーーー

ほんとにほんとに恥ずかしかったんだものーーーーーーーーーーーーー。

 

 

同僚に聞いたところ彼の部署はすごいデカいらしく、自由に座る場所を選べる彼らの席はビルの奥の奥のほうまで延々広がっているらしい。

そっちの遠ーいほうに座っているような人だったら、存在にすら気づかなかったであろうイケメンくん。

いつもおそばに居てくれて、毎日をハッピーにしてくれてアリガトウーーーーーーー!!


震災関連ボランティアに参加してみた

2011-11-13 20:40:59 | モロモロ

震災から早半年以上・・・。
あんなに衝撃的な大災害を目の当たりにして、困り果てている人々をたくさん見ながらも、募金をしたり、物資を送ったり、ブログで情報を拡散したりとかのサポートしかしてきていないことを反省して、行動を起こそうと現地にボランティアに行くツアーを探していたら、たまたま関東でもできるボランティアを見つけた。

被災地で津波に流されて、海水や泥にまみれてしまったたくさんのアルバムの写真を洗浄・保存する活動。
現地から大量のアルバムを取り寄せて、まだ画像の残っている写真があったらアルバムから外してデジタル画像で保存、その後洗浄して乾燥させて、新たに簡易アルバムに入れ直して送り返すと、それが現地の体育館や公民館などに展示されて、被災者の皆さんがそこからご自分の写真を見つければ持って帰ってくれるというものだ。



現地の写真を見せてもらったら、すっごい数の既に洗浄された写真の数々が、体育館の壁一面と中に設置されたたくさんのテーブルの上にズラッと並べられていて壮観だった。
あの中から自分の写真を見つけるのは大変だと思うけど、家財道具もろとも一枚残らず失ってしまった大切な思い出の写真が、少しでも見つかればそれはものすごい嬉しいことなんじゃないかなぁ、と思った。



実際の作業は、とても切なくなってしまうものだった・・・・・・・・・・・・・・・・・。
このアルバムに笑顔で写っていらっしゃる皆さんのお宅は、全て津波でやられてしまっている訳だから・・・。
ご無事で居てくださると、今でもどこかでこの写真が見つかるのを待っていてくださると、信じて祈らずにはいられなかった。
一枚でも多く、なんとか少しでもいい状態で残せるように、心を込めて細心の注意を払って作業をした。



アルバムの状態は千差万別。
泥だらけにはなっていても、中の写真はかなり元通りで残っていてくれている奇跡的なものも有れば、アルバム自体が各ページごとにバラけてしまって、一部だけ見つかって送られてきているものも。

写真の状態は、正直かなり悪い。
これは、泥や海水の中に居るバクテリアが、写真表面を保護しているゼラチン質の層を食べてしまうので、その下の印刷層がやられてしまうせいらしい。
一見画像が残っていそうに見えても、アルバムのフィルムの方に張り付いてしまっていてフィルムを剥がした時点で印画紙の方に画像がほとんど残っていなかったり、洗浄するとかろうじて印画紙上に残っていた色の層が全部剥がれて真っ白になってしまったり・・・。
画像がもう何が写っていたのか分からなくなってしまっているものも多い。



 

もう水に浸かってしまってから、半年以上も経ってしまっているんだもんね・・・
もっと早くにこの活動を全国に広めて、こんなに浸食が進む前に一枚でも多く保存してあげるべきだったなぁ・・・・・・と思った。
すごく歯痒かった。
自分の写真がみんなこんなふうになってしまったら、本当に悲しいだろうなぁ・・・。



ポラロイドは結構いい状態で残っている。
これは洗浄はしないで拭くだけでOK。
あと昔、「光沢にしますか?絹目にしますか?」と現像の時に聞かれていた時代の、絹目仕上げの写真もなかなか。
とにかく一枚一枚、出来る限りの残す努力をしたけど、半分以上は洗い終わった頃にはほとんど消えかけになってしまって残念だった・・・。
洗う前にデジカメで撮影するのはほんと大事な作業だわ。
まる一日かけて、何冊ものアルバムの写真を洗った。

 

 

今回集まってたボランティアの皆さんは、震災以降何度も現地へ足を運んで被災者のサポートを重ねてきているような方たちばかり。
来週も、再来週もツアーに参加して現地へ行ってくるという方もいらして、自分を反省した・・・。
今は何度も何度も現地に入って被災者の為にと活動を繰り返している人と、全く忘れたように何もしていない人と、2極化してるんだな。
自分も時間を作って、また何かしらのサポートをしたいと思う。

 

 


中野通い

2011-11-12 21:04:49 | ヨロコビ

また中野の伯父さんの家へ行ってきた。
プリンターのドライバが届いたというので入れてあげようと思ったのに、Epsonったら違う機種のドライバ送って来てるし!
ほんと使えないわ~。
今週には散々待たされたインターネット接続の訪問設定の順番がようやく周ってくるというから、繋がったらネットでDLするからもういいわ




今回は、PCに写真を取り込む便利さ、それから取り込んでからの写真の楽しみ方を教えるつもりで、Movie Makerを使ったスライドショーの作り方を伝授してきた

サンプルとして、こないだ撮った台湾変身写真モロモロを組み合わせて、今一番お気に入りのロッテ・デューティーフリーの
テーマソングをBGに入れて作ったワタクシのプロモMovie(笑)を持ってって、「自分の写真でこんなMovieが超簡単に作れるよ!」と見せたら感心していた。



一通り見終わった後、叔母さんが「んで、このモデルさんは誰なの?」と言うから
「これ、ワタクシよ!ちゃんとお化粧して、ちゃんとドレス着たワタクシじゃない!」

と言ったら「どこのお人形さんかと思った!全く別人だ」とビックリしていた。

え゛え゛っ!
・・・・・そこまで違う???・・・・・・・・・・・面影ない????(笑)

さすが・・・・"変身"写真・・・・・・・・・・・・・・・

叔母さん・・・、ワタクシ、やればけっこうできる子でしょ~?
「半世紀近く生きてきて、これなら悪くないんじゃん??ね?ね?」と言っておいた。



叔母さんたちはビックリするくらいいろんな国に旅行に行ってて、世界各国の名所や風景なんかの綺麗な写真をたくさん持っているから、全部PCに入れていろいろ楽しめばいいわ。

その他にも、これまでPCが壊れていてせっかくお仲間からいただいても見ることが無かったというピアノや声楽なんかの習い事の発表会の様子なんかのDVDも見れるようになって、「数年ぶりに昔の自分を見れた」と嬉しそうだった。

よかったよかった!

少しずつ、いろんなことを覚えて行こうね~


 



今日は、美味なる天麩羅をご馳走になった
二人は食べ歩きも趣味だから、いろいろ美味しいところを知っていて連れて行ってくれるから嬉しい
今日のお店はしょっちゅう行っているお店らしく、いつものコースを有無を言わさずオーダーしてくれた。
車海老、ワカサギ、舞茸から始まって、大アサリ、アナゴ、烏賊、レンコン、小海老のかき揚げ・・・・などなど次から次から食べきれないくらいの種類が出て来て、さらにお口直しやご飯、お味噌汁、デザートまで。
このお歳でこれを食べきれる彼らの元気さが嬉しかった。


天つゆだけでなく、いろんな種類のお塩が出て来て、味のバリエーションが多いのが良かった。
天つゆよりお塩のが美味しいねぇ、天麩羅は

お家に帰ってから出してくれた、小布施から取り寄せたという栗羊羹もこれまためっちゃ美味しかった!

は~シアワセ

 

 


滝汗~

2011-11-12 11:00:42 | ヨロコビ

会社に気になってるイケメン君がいる。

10年近く勤めている会社だけど、こないだまではビルが都内数か所に分散していて、自分が居たオフィスにはあまりオサレ感のないジーパン徹夜明けオタク男子って感じの人ばかりで、会社でトキメキなど一切感じることのないおだやかな職場だった。

でも、新オフィスではお隣の部署が営業系で、みんなスーツとか着ちゃってパリッとシャキッとしててイイ!

「おんなじ会社でも、部署によってこーーーんなに雰囲気が違うんだなぁ」と思って眺めてた。

 

 

お隣の部署はフリーアドレス制でみんな自分の固定席を持っていなくて、来た時に空いている席に座って業務をする。

それでもやっぱりみんなだいたいお気に入りの席は決まっていて、たいてい同じ場所で仕事をしている。

始めの頃はワタクシの背面の6人掛けのブロックには、なるべく隅っこの目立たない席に座りたいらしき新人君と、声が大きいオジサンの二人がご常連さんだった。

新人君はなぜかいつも私の真後ろの席に居て、常に気配が気になり・・・「もーーー、こんなに席があるのにどうしていつもココ??」と思っていた。

オジサンが座る窓際の席は、デスク前の衝立の隙間越しに私の姿が見れる唯一の席なもんで、常に背後から監視されている感が強く、「オジサン、他のところで作業してや~」といつも願っていた。

 

 

 

そんなある日、あのイケメン君とすれ違った。

背か高くて、すらっとしてて、一目見て「あれ???あれれれれ????こんなイケメン君、この会社にも居るんだーーーーー??」と目が離せなくてまじまじ見入ってしまった・・・。

その翌日から、イケメン君がワタクシの近くに座るようになった。

最初、あら?たまたま?と思っていたけど、ここまでずっとその席に座っている。

真後ろではなく、その向かいのワタクシを背後から監視するような位置でもなく、その向こう側。

見られてる感は無いけど、居る気配は感じられる、絶妙なポジション。

毎回彼がそこに座るとソワソワしちゃう~

 

 

自販機のコーナーはビルの両隅にあるのに、彼は必ずワタクシの横を通って行くほうに行くんで、そばを通過される時もドチドチ、でも恥ずかしくて顔は見れず・・・、みたいな状態がここ半年くらい続いている。

いーーーーーね!こーいうココロのトキメキ!

待ってた待ってた、こういうの!

会社行くのが楽しくなるね

 

 

 

と思って過ごしていたのに、昨日はいつもと違った。

ほとんどまる一日を自席以外で過ごし、「そろそろ帰ろっかな~」とパソコンをしまいに席に戻ったら、イケメン君が斜め後ろの席に!

なんで???今日に限ってなんでそんなそばに居るんよ?????

ハートがドキーッ!としつつもいちおう自席に座ったけど、荷物をしまいながら気づけば滝のような汗!!!(笑)

「ここまで????ここまで意識してたんか、自分!!!!」とビックリ。

 

なんか・・・動きも小さくなって、息をするのも控えめにしてる自分が笑ってしまった。

「"息を殺す"とは、こういう状態を言うのだなぁ・・・」と実感。

あれ・・・・・・・、一日中続いたら身体が持ちませんがな。

自分の乙女っぷりが笑けてくる。

 

イケメン君、いつもトキメキを有難う!!

でも、来週はいつもの席に戻っていてね・・・・・・・・・・・ほんとお願い

 

 


今回の台湾旅で楽しみにしていたこと 花蓮編

2011-11-05 23:26:06 | 海外

花蓮でのお楽しみは、とにかく太魯閣渓谷

雄大で、大自然のど真ん中!って感じで、「自分の存在のなんとちっぽけなことか!」としみじみ実感した

 

 

たまたま一緒のゲストハウスに泊まっていた、シンガポールから来たボーイズ二人組と行ったんだけど、彼らがとにかくめちゃめちゃ感動しまくっていた。 

シンガポールには山が無いんだって(笑) 

山と呼ばれているものがあるにはあるらしいんだけど、標高たったの160mくらいしかないらしく、「山じゃないよ!ちょっとした丘だよ!」と言っていた。

 


岩がゴロゴロした山道を歩くだけでもすごく特別な大冒険気分らしい。

首が痛くなるほど高―い断崖絶壁を見上げる経験もなかなかできないらしい。

滝を見て「これ、全部ミネラルウォーターなんだよね!?」と興奮しているから、「すっごい美味しいはずだよ、飲んでみなよ」って言ったけど恥ずかしがって飲まなかった。

 

そこでふと気づいて、「ん??山が無いって・・・・。あーた達、お水はどうやって確保しているの?」って聞いたら、「国がマレーシアとかから買ってるんだよ!」って言ってた。

はーーーーー、自分の国に水が無いなんて・・・。

国がまるごと、水を他国から購入しなきゃならないなんて・・・・・・。

そんなシチュエーション、日本に住んでたらちょっと考えつかなかったわ

 

 

太魯閣の岩は全てが大理石。

 

この辺は岩場が全部真っ白で、すっごく綺麗だった。

 

 

あと、ここはめっちゃ恐ろしかった!!

 

ハイキングコースをてくてくしていたら突然現れた真っ暗な穴・・・・・・・・・・・。

覗き込んだら漆黒の闇。

おそるおそる数歩踏み込んでみたが、上下左右も分からなくなるほど真っ暗。

出口がどこにあるのかも、どれくらい歩いたら出られるのかも一切不明・・・・・・・・・・・・。

怖過ぎる。

でも迂回ルートも無いんで、ここを通らなければ先には進めない・・・

どうしよう・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しかし、いつでも常に一人旅のワタクシが、こんな日に限ってたまたまシンガポールボーイズ二人と一緒に行動中なんだよね~~

この二週間の旅のうち、たった一日だけ同伴行動した日!

超ラッキーーーーーーー!

自分だけじゃ絶対に入れなかった!!

ボーイズ!!頼りになるわぁ!!!

先に入ってもらって、ぴったり密着してついて行った。

意外と長くて、足元もガタガタで、なかなか出口が見えてこなくて、本当に怖かった・・・。

ボーイズ、居てくれてサンキュー!サンキューな!

 

 

 

ひととおり太魯閣を満喫して、最後に名物を食べに天祥に立ち寄った。

竹筒ご飯。

細めの竹にもち米を詰めて蒸したもので、食べる前に地面にガチンゴチンと思い切り振りおろして叩き割らないといけない。

まずはお店のおばさんがデモンストレーションをしてくれた。

思いきって振りかぶって、地面にゴツッ!ゴツッ!とぶち当てると、パキッと割れて御飯が現れた。

シンガポールボーイに持たせて撮影。

 

ボーイズもトライしてみていたが、思い切りが足りず全然割れず、おばちゃんに笑われていた

味は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、なんの味付けもしていないただのモチモチしたご飯のかたまりだよ!!

 

 

 


わらしべ長者や~♪

2011-11-04 22:12:30 | ヨロコビ

超晩婚ながら、仲睦まじく結婚25周年を迎えた伯父さん夫婦にパソコンをプレゼントした


前から「今持ってるのが古くて使いづらくてしょうがないから買い換えたいんで、どんな機種がいいかアドバイスしてくれ」とか「一緒に量販店行って選んでくれ」って言われながらなかなかそのチャンスが無かったんで、「こりゃいい機会だ!」と思って。


大好きなヨドバシさんに行って、PC売り場のお兄ちゃんにいろいろと教わりながら伯父さんの要望通りのスペックにしてもらった場合の料金の比較をして、結局Sonyのvaioにした。
なんでほぼ同じような構成にしたのに、他社とSonyではあんなに何万も料金が違うの
てか、ソニーさん安過ぎだろ????大丈夫???

「えーーーー、ほんとにこんな値段で買えるの?」とビックリした価格から、さらにインターネットを新規で申し込む人用の特典とかでさらに3万円も割引してもらえちゃったんで、信じられないくらい格安で買えちゃって拍子抜け。
信じられない。
最近のパソコンって、高機能で超低価格なんだなぁ~

そのうえお兄ちゃんにお願いしておまけも付けてもらった♪
お兄ちゃんたち、いつもいつも優しい接客ありがとう!!
私はこれからもヨドバシっ子だから!



そしてオーダーしていた本体が伯父さんの家に到着したのでセットアップをしてあげに行った。
開梱して、設置して、マウスの調節して、必要なソフトインストールして、一番使うという年賀状作成ソフトとゲーム、ワード、エクセルの説明して、プリンター繋げて、CDの聞き方教えて・・・。
後はブロードバンド回線来たらインターネットの設定すればいいだけ♪
いいねー!かっこいいねぇ!
ワイヤレスのマウスとキーボードにしたから、PC周りがすっきりして素晴らしいね!!
前の機種がだーいぶ古かったから、すごく新鮮な感じでおじさんは喜んでた。
「分かんないことがあったら、なんでも教えてあげえるから聞いてね~!」と言っておいた。



そんでいろいろ教えてそろそろ帰るわ、ってなった時におじさんが何か小さな袋を持ってきて、「これ、あげるよ」って言うから「ん?何?重い・・・。」と思って開けてみたら記念コインのシートがたくさん入ってた。
「何これ?」って聞いたら「銀貨だよ」と。
いまいち事情が呑み込めず、「銀貨?・・・・・・メッキ??」と聞いたら、「メッキじゃないよ、純銀だよ」というからビックリ!
「はぁぁぁぁぁぁ? 何?なんで??ワタクシにくれるの?どうして??」と聞いたら、「これからもいろいろ教えてもらわないといけないから、レッスン料代わりだよ」って。

おばさんが「おじさんが若い頃に集めていたものなんだって、だから貰ってあげて」というから「いいよーーー!そんな大切なもの、貰う訳にいかないよー。大事に持ってなよ!」ってさんざん断ったんだけど、「いいから持っていきな」といって渡してくれた・・・。

 

良く見てみたら30数年前にあったカナダのオリンピックを記念した銀貨のセットだった。
「前にカナダに住んでただろ?だから懐かしいと思ってそれにしたんだ。シリーズ、全部揃ってるはずだから」と。
いいのかなぁ・・・・・・と思ったけど、結局ちゃっかり貰ってきた♪


あんな安いPC買ってあげたくらいで・・・・・・、これじゃわらしべ長者や・・・



伯父さんはワタクシたちが生まれた頃はずっと近所に住んでいて、病弱で入退院を繰り返していたワタクシの父の代わりにお食事に連れて行ってくれたり、遊びに連れて行ってくれたり、父親代わりのように可愛がってくれた非常にありがたい存在。
本当に何十年もあらゆることでお世話になりっぱなし。

今でも電話してくれば「子供らは元気か?」とワタクシたちのことを気にしてくれて、訪ねてきてくれた時にいつもは多忙で留守がちのワタクシがたまたま家に居て会えた時なんかは本当に嬉しそうにしてくれて、伯父さん宅を訪問すればとっても美味しいご飯をあちこち食べに連れて行ってくれる、めっちゃいい伯父さん。



いままでこんなにお世話になってきながら、ここまでろくにお礼らしいお礼をしたことがなかったなぁ・・・との反省を込めての今回のPCプレゼントだったんだけど・・・・・・、なんか逆にこっちがラッキーみたいなことになってしまった。

 おじさんたちは、子供が居ないからね・・・。「年齢も年齢だし、そろそろ形見分け・・・」みたいなこと考え出しているんであれば、それはとても寂しい
父親代わりみたいに可愛がってくれたんだから、こっから老後、いろいろ気にして面倒見てあげるのが伯父さん孝行だと思って頑張るわ

 

 

 

帰り道におじさんちの近所のパパブブレ寄ってきた♪

 

全部手作りで、お店に入るとでっかい飴の塊をにょろにょろ伸ばして作っている様子を見学できる大好きなお店。

 

今回はHappy Birthdayバージョンと、Loveバージョンも買ってきた。

写真ボケてしまったけど、今回のHappy Birthday、文字が揃っていてめっちゃ綺麗!

お上手にできた日だったのね。


よくもまあ、あんなでっかい塊から細~く伸ばしていく過程で、文字を崩すことなくこんな可愛いキャンディーを作れるものだ、といつも感心。

Happy Birthdayバージョンにはこの文字のもの以外にもケーキや、プレゼントや、お花なんかのキャンディーもセットされていて、ほんと芸が細かい。

しかも、ここのキャンディー、美味しいんだよね~♪

行くたびにワクワクしちゃう