+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

おいおいおいー!

2009-10-30 21:41:11 | ヨロコビ

なーんか「ウーウーとサイレンがウルサイなぁ!どこや、火事は?」と思ってたら、うちのマンションじゃん!
すっげー数の消防車やパトカーや救急車や、なんかいろいろ入って来て超ビビッた。
お食事中だったから、お箸握ったまま廊下で呆然としちゃったよ。
他のお部屋の皆さんも、既にパジャマだったり、お風呂入ろうとしてたのかビニールのヘアキャップを被ったままだったり・・・、面白かった♪
ま、小火でなんの被害も無かったからよかった・・・。

 


年末の旅行の行程、毎日イロイロと「どういうルートで周ろうか・・・」と悩んでいたのが、今日「ピピーン!これだ!」とハマるプランに行き着いた


なのでさっそく、「泊まるならこのホテルがいいなぁ」と思っていたホテルに予約を入れてみた。
建物自体は古くても、小さくても、風情のある、ちょっとクラシックな家具を使ったりしているホテルが好き
今回のこのホテルはそんな感じで、お部屋の紹介の中には、アンティークの素敵なベットを使っているものの写真もあったんで、「そういうお部屋がいいなぁ」、とメールでリクエストしておいたら、「ホントはその部屋はデラックスのカテゴリーで値段が違うんだけど、新年をうちで迎えてくださるということなので、特別にスタンダードのお値段でそのお部屋をご用意してお待ちしております」って丁寧でお優しいお返事があった。


嬉しいーーーーー、あのお部屋に泊まれるうえに、お安くしてくれるなんてーーーーー!
要望って、伝えておくものだわ~~~。

 


ハノイの新年の迎えかたってどんななんだろう?
去年はマカオに居て、フィッシャーマンズワーフに集まったすごい数の地元の皆さんに混じって、カウントダウンしたんだよなぁ。

その時の旅行記
http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10329605/
なかなか楽しかった♪

 

アメリカに居た時は、テレビで1時間ごとに数回やるカウントダウンに、"自分の国内に時差のある超大国"を実感したんだったなぁ。


あぁ、ハノイ行きが楽しみ~ 

 


最高のガラス作品を見て、横須賀散策へ

2009-10-26 02:34:39 | モロモロ

先週、ガラス工芸を見に横須賀へ行った。

こないだテレビで見てあまりにも素敵だったんで、是非直接見てみたかった黒木さんの作品。
作り方がとてもダイナミックで、たくさんの目の覚めるような鮮やかな色が使われていて、「こんなガラス見たこと無い!」と思った。
それが、目の前に沢山並んでいる光景・・・。

壮観

あんまり嬉しくて、しゃがみこんで穴が開くほど見つめていたら、係員の方が丁寧に説明してくださった。
一個欲しいねぇ~、と思っても・・・・、何百万単位・・・。
とても手出しは出来ませんわ・・・、ホホホ

 


じっくり鑑賞させていただいて満足した後は、久しぶりの横須賀散策。
やっぱここは海軍の街。
その雰囲気を味わって行くとするわ~


まずは、三笠公園へ。
クレイジー・ケン・バンドの歌、「俺のぉ~、俺のぉ~、俺の話を聞けぇぇぇぇぇ~♪」のタイガー・アンド・ドラゴンで出てくる、あのドン突きの公園。

トボトボと歩いていたら、米軍基地のゲートが。
ああ、あの先はもうアメリカなんだねぇ。

 


到着した三笠公園には、戦艦三笠が・・・。


日露戦争で活躍した連合艦隊の旗艦らしい。
大砲があちこちから突き出していて、ホントに"戦う"って意思に溢れたデザイン。
当時の青年達はたった一枚の赤紙によって召集され、家族を残し、これに乗って、命を懸けた戦いに向かったんだなぁ・・・。
今は本当にイイ時代だ。

 


公園を出て、ドブ板通りまでお散歩。
昔から、米兵さん達相手のバーが両脇にズラッと並ぶ、異国情緒満点の通り。
すごくアメリカっぽい入り口からお店の中を覗くと、カウンターと、ちょっとしたボックス席、ダーツゲームにプールテーブル。
そしてそこで興じるのは、いかにも兵隊さんっぽい見た目のアメリカ人たち。

 

そこらへんのオープンエアのバーで飲んでいる人たちもみんなアメリカ人。
聞こえてくる会話もほとんどが英語。
お散歩しているのは、水兵さんのユニフォームのグループ。

ああ、アメリカだよ。ここはアメリカだよママン。
それも、最先端ではない、50年代、60年代の映画に出てくるような、ノスタルジックなアメリカ。
いいわ~


看板も、貼紙も、表記が全部英語だったりする。
あ~、カナダに住んでた頃を思い出しちゃうわ~。

 

ここはやっぱり、アメリカっぽいもの食べたいね~と思って、入ったハンバーガーショップ。
ヨコスカネイビーバーガーなるものがここの名物っぽい。

 

けど、ここはメキシカンを食べたい!と頼んだのはビーフステーキブリトー。

ボリュームのあるステーキがガッツリ入っていて、めっちゃデリシャス♪

国内でこんなにアメリカを感じられるところって無いよね。

いい雰囲気の通りだわ~。楽しかった~♪


 


コータ、得点オメデトウ!

2009-10-26 00:40:13 | JEF

コーナーから、ドンピシャのジャンプでの鋭い弾道のゴール!!!!
さっすが我らがコータ!


相手のキーパー、反応できなくて棒立ちだったね。
気持ちよかっただろうなぁ。
最近、ゴールしてもあんまり表情変えないんで、今日は一瞬ほんのり嬉しそうな顔をしててこっちが嬉しくなるわ
ほんっと、見逃しそうなくらい一瞬だけどね・・・。
もっと笑ってよ、コータ・・・。


あんな途中から行ったのに、今季6得点目なんて、やっぱ凄いよ
頼もしいわ~
でも、チームが勝てればもっと良かったんだけどね・・・。
連敗続きで、塞ぎこまないようにね・・・。
停滞ムードを払拭するような明るさがコータにはあるはず。
そういうところでも、是非岡山さんに貢献してあげて欲しい~。

 

残りあと4試合か・・・。
もう見に行けそうな試合が無いのが辛い・・・。
遠い、遠いよ、岡山・・・
このあとは、全力で懸命に戦うコータを毎試合テレビで見守ることにしよう。
最後まで悔いのないように戦っておくれ~、コータ。
でもお怪我だけは気をつけるんだよぉ。

 


うーむ・・・

2009-10-24 23:19:36 | JEF

鹿島戦・・・、見てきた。

もう疲れた・・・、疲れちゃったんだよ・・・、パトラッシュ・・・・・

 

 


・・・・が、気を取り直しまして・・・。
今日のアド街ック天国、吉祥寺特集だったんだね♪
そ、そ、そ、住みたい街のアンケートで、だいたい1位に選ばれてるよねぇ~
ほんと魅力的な街。
持っているマンションは、一生手放さないっす


古いものと新しいもの・・・、
都会的なところと郊外的なところ・・・、
日本のものと海外のもの・・・。
なんかあらゆるものがギュッと詰ってココにある!という街。

 

新しいお店がガンガンできるから、知識のアップデートがたいへん。
だからこういう番組、ほんと助かるわ~♪
知らないお店や、気になってたお店がいろいろ紹介されているから早速チェックしに行こう

 


台湾観光協会さん、太っ腹♪

2009-10-23 10:16:00 | ヨロコビ

年末、ベトナムに行く途中で台湾でストップオーバーする。

なので台湾の情報収集してたら、台湾観光協会さんが旅行者を対象に無料のプレゼントをくれるというので申し込んでみた。

 

故宮博物館の無料入場券と、台湾の名産品のお土産引換券

え~、いいの~???

こんなにいただけるの~?

台湾観光協会さん、なんて太っ腹なんざんしょ

素晴らしい。サンクス!サンクス!

 

このほかにも、台湾各地の温泉施設の無料入浴券とかも選べたよ。

今年中に台湾に行く予定のある人は要チェック

 


オリオン座流星群

2009-10-21 22:18:45 | 好きなもの

今、オリオン座流星群が来てるんだね
今年は流れる数が多い上に、月の影響が少ない巡り合わせだから観測には絶好のコンディションらしい。
深めの時間帯に起きて、眺めに行こうかな。

ちなみに今回見れてるこの光は、3千年前くらいの光らしいよ。

 

昔は流星群が来ると、わざわざ遠くまで眺めに行くほど好きだった。
一人で、寝袋持って海まで行って、砂浜とかにポツンと寝転びながら、一晩中華麗な天体ショーを眺めてから翌朝そのまま出勤したりしていた。
家の周辺は明る過ぎて観測には向いていないからね。


生まれてからハタチをだいぶ過ぎるまでずっと渋谷に住んでいた自分は、ビルの隙間から覗く、ネオンに照らされ、どんなに晴れていても10個くらいしか星が見えないような空しか見たことが無かったから、高校生の時友人に誘われ、銚子にあった彼女のおばあちゃんちにお泊りに行った時、空一面にダイヤモンドをたっくさん撒き散らしたような数え切れないほどの星を見て、死ぬほど感動した。
ちょうど獅子座の流星群が来てるタイミングだったので、流れ星も幾つか見れた。
流れ星を見たのは、あれが人生で初めてだった。
それまでは、流れ星なんて都市伝説、というか映画や物語の中だけの話だと思っていた。
「ほんとうにあるんだーと胸がいっぱいになった。


そこから、星が大好きになってしまった。
都心から離れるたびに、夜になると夜空を見上げる事が増えた。

社会人になってからダイビングにハマって沖縄に行くようになって、離島の夜空の美しさにも感動した。
お店もよろず屋さん一軒くらいしかないような、街灯すら殆ど無いような小さな小さな離島で、昼間はダイビングを楽しんで、夜になると民宿のおばあちゃんに懐中電灯を借りて、その心もとない灯りだけを頼りに桟橋の一番突端まで手探りをするようにして辿り着いて、手元の懐中電灯を消すとあたり一面が漆黒の闇に包まれる。
目が慣れてくると、それはそれは美しい、降るような星空の大パノラマが視界を覆い尽くす。

そこに流れるのは真っ白な天の川。
ひとつひとつはあんなに小さな点でしかない星が、空を白く変えるほど驚異的な数で密集している光景。
円盤状に広がる銀河の星たちのその一番密集している部分を、真横から奥に向かって眺めるからあんなふうに川のように見えるんだってね。
すっげーーー、宇宙ってすげーーーーーー
こんなにゴージャスな星空を毎日眺められる生活が、心底羨ましいと思った。


バリ島に行った時は、現地でガイドをしてくれた男の子と毎晩澄み渡った夜空を眺めていた。
やっぱり連日の星降る夜で、「ヘブンや・・・・・、ここは地上の楽園や・・・・と感動しまくり、「こんなにキレイな星空を毎日眺められて本当に羨ましい」と言ったら、彼は「でも・・・、いっつも薄雲がかかっているんだよ」と寂しそうだったんで「ありゃ薄雲じゃないよ!天の川だよ!ぜーーーんぶ星なんだよ!」と教えてあげた。
生まれてからずっと、あんなに素晴らしい夜空を眺めていながら、「いつも薄曇り・・・」と思っていたらしい(笑)
あなたが雲だって思っているもの、動いてないでしょ。
面白かった。

 

星が好きな人は、国立天文台の4次元デジタル宇宙シアターを絶対見に行ったほうがいいよ。
ドームに映し出される最先端の4次元映像を駆使して、宇宙旅行に連れて行ってくれる。
銀河のいろいろな所に移動して、そこから眺める宇宙について専門家の方が詳しく解説してくれる。
画面が移動するたびに、たっくさんの星が彼方へ吹っ飛び、銀河の形がギュィーンと変化していく様子は鳥肌もの。

ちょっと自分の想像力の枠を遥かに超えた"銀河の規模の途方も無さ"、というものを擬似体感して、何かデッカイものでガツーーーンと脳天をかち割られたような衝撃を受けて、そんなに大きな、大きな、大きな宇宙の中に生きる自分という存在のあまりの小ささに愕然とした。


私が死んだって、そんなのそのへんの蟻ん子が踏み潰されるより遥か遥かに小さい出来事だよ。
自分の存在なんて、そのへんの砂粒どころか、バクテリアほどの価値も無いちっぽけなものだよ。
そう判ったんで、
チマチマしたことで悩むのがバカらしくなってしまって、それ以来すっげーお気楽人生満喫中

お悩みのある人にも超オススメ(笑)

素晴らしいものを発明してくれて、本当にありがとう。
国立天文台、いい仕事してます♪


ハマりすぎの旅行記作り

2009-10-20 22:10:07 | 好きなもの

数週間前から、止まらなくなった旅行記作り。

暇があるとひたすらPCに向かって旅行記作り。

今日は、GWに行った飛騨高山。
http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10389657/

 

あんなに古き良き日本の風景が残っているなんて感激


ほんと、のんびりしたいいところだねぇ

 


コータ、もう岡山に着いたかな・・・・・・・・・・

2009-10-18 22:09:53 | JEF

たった2時間の試合のために、わざわざ大所帯で長い距離移動して、日本中あっちこっち・・・、大変だよね。
J2の場合、週二とかも平気である超ハードスケジュールだしね。
負け試合の後なんて、余計移動時間が長く感じそう・・・。
ほんとお疲れ様です


ファジアーノ、ここんとこなかなか勝てないねぇ・・・
なんとも歯痒いね・・・。

今日、西が丘で見ていて感じた・・・。
コータはずーーーっと下を向いているなぁ・・・
練習中も、挨拶の時も、試合後も・・・。

負けも混んでいるし、自分の思ったようなプレーも出来ていないだろうし、この時期はプロとしては契約更新の話なんかもあるんだろうから自分の去就についても考えないといけないし、肝心のジェフは「来季はどうなることやら・・・」の状況だし・・・
悩みは尽きないのだろう・・・。
コータ・・・・・、いろいろとあるけど、自信を失っちゃダメだよ。
Cheer UP!コータ!!
頑張れ、ほんと頑張れ。

 


今日は初めてコータにサインを貰った。
ジェフの時は、「姉崎行けばいつでも貰えるだろう」の安心感と、一方その姉崎の東京からの異様な遠さがネックで、結局足を運ぶことなく貰えずじまいだった。
今回は、こないだ岡山で買ってきたファジアーノTシャツ。
大きな大きな背番号。
来年は、どこでどうしているだろうね。
想像もつかない。

でも・・・、どこに居ようが、ひたすらコータを応援するのみだわ。

 

コータが近くに来てくれるまでは、「アレを伝えよう。」「これを言おう。」といろいろ考えてあるのに、いざコータがそばに来ると全てぶっ飛んで何も言えなくなるね。
「何か伝えたい」、と思っても出てくるのは「頑張ってね」の言葉だけ・・・。
気づけばあの短い時間で何度「頑張ってね」と言ったことか・・・・・・・・・。
だって・・・・・・、焦れば焦るほど、口をついて出てくるのはこの言葉ばかりなんだもん・・・
うーーーーーーーーーーむ、非常にモドカシイ・・・・。


"そんだけ熱い思いが溢れ出てきてしまったんだろう・・・"とコータが好意的に捉えてくれたであろう・・・と、「選手も勝とう勝とうと焦れば焦るほどうまくいかない、同様のモドカシ~イ気持ちを実感しているんだろう。仲間、仲間!」・・・、と、ポジティブな方向に考えておくことにする。


コータにとっては、何千枚書いたかわからないサインの一つ。
でも、
私にとってはたった一つの宝物です

コータ、お疲れのところありがと。本当にアリガトね


コータが関東に来る試合も、今年はとうとう来週の草津戦でラスト。
これを逃したら次見れるのは下手するとほぼ半年後・・・。
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ、悲し過ぎる。
ということで、来週も観戦決定。
待ってろ、コータ! 待ってろ草津!

 


大好きな金木犀の季節、キターー!

2009-10-15 00:34:52 | モロモロ

毎年楽しみな金木犀の季節、今年もキター!
この時期は、海外旅行や出張は絶対入れないほど楽しみにしている。
ちょうど薔薇のシーズンということも聞き、今年は神代植物公園へ向かってみた。

こちら、深大寺の門前にある鬼太郎茶屋。ゲゲゲの鬼太郎グッズを売っているお店。
来年のNHKの朝の連続ドラマは、「ゲゲゲの女房」というタイトルで、このゲゲゲの鬼太郎を描いた水木しげる先生の奥様が主役のストーリーで、調布が舞台になるらしい。

 

まずは腹ごしらえ。
いつもランチで行っても、動き出しの早いグルメな調布マダムたちに先を越されて毎度売り切れ状態の限定丼にようやくありつけて感激。

ウニ、イクラ、トロ、カニ、ボタン海老、カンパチ、湯葉、イワシ、カツオ・・・その他モロモロがガッツリ乗っていて、すっごいゴージャス

超美味しかった♪ 大満足~

 

そこからトボトボと歩いていると、街のあちこちから漂ってくる素敵な香り。
あ~、お庭のあるおうちは結構金木犀植えてるんだね~。
イイ匂いだなぁ

はぁぁぁぁぁぁぁぁ~、ウットリ
素晴らしい、素晴らしい花だよ。

 


植物公園は薔薇が今真っ盛り。
ここには300種類もの薔薇があるらしい。


見たことも無いような薔薇がたくさんあって、似ていても花びらの形状や枚数、色づいた縁取りなど微妙な部分が違っていたりして、見比べも楽しい。

 


ダリア園もあって、不思議な形をした花が沢山あった。

そしてこの公園内にも、とても立派な金木犀の花が何本もあった。
風向きによってふわぁぁ~~っと押し寄せてくるあの上品なカホリに包まれて、最高にシアワセな気持ち


ずっとココを離れたくないと思ったわ~。


京都の旅行記

2009-10-10 22:38:46 | モロモロ

先月の5連休から作成心に火がついて一気にアップを続けている旅行記、去年の秋の京都分も完成した。

http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10385776/

 

晩秋の嵐山、すんばらしく綺麗だった~
特に気に入ったのが大河内山荘という個人所有のお山丸ごとのお屋敷。
めっちゃ広い敷地内に、贅を尽くした建物が点在する。
そしてそれを繋ぐように遊歩道があって、辿っていくと眼下に京都を一望できる最高の眺望の展望台が現れる。
裏にまわれば、あの美しい嵐山の紅葉が独り占めの別の展望台もある。
あんなに贅沢なお屋敷、ちょっと無いよ。

あとは泊まったお宿がすごくレトロで良かった
細~い路地にある、築後100年以上経っている長屋造りの宿で、当時の共同炊事場なんかもそのまま残っていて、古い建物と路地が大好きなワタクシにはピッタリ
満喫した~。

それから、やっぱ京都は美味しいものの宝庫!
散々吟味したあげく選んだお店は、どこも本当に美味しいお店だった。
食べ物だけでなく、あの店構えなんかの雰囲気もコミで、満足度がさらにアップするわ~。

 

なんて魅力的な街なのだろう、京都って・・・。
また紅葉のシーズンに突入だね。
ムズムズ、ムズムズ・・・・(←頭をもたげて来た、行きたい気持ち)

 


海外旅行に潜む危険・・・

2009-10-04 15:07:44 | 海外

バリで女性がレイプされて殺されたね・・・。
バリでレイプとかはけっこうあるとは聞いていたけど、ここまで酷い被害が出るとは・・・。

バリでは、特に日本人女性は現地人と仲良くなりやすい。
たくさんいるジゴロ達は、ビックリするぐらい流暢な日本語で親しげに話しかけてくる。
二人で歩いてたら、カップルで来てる日本人サーファー同士だと現地の人も勘違いするほどだ。

あっちでもこっちでも、色が浅黒くて、引き締まった身体をした優しい男の子が、「可愛いね」だの、「一目ぼれしちゃった」だの、「デートしようよ」だの、「ドライブ行いかない?」だのガンガン甘い言葉を囁いてくる。
のんびりと開放的な気分でリゾートを楽しんでいるところでこれをやられると、金目当てなのは重々分っていても、正直あまり悪い気分はしない。


だけどこっちだって、この島にはジゴロがらみや、スリ、賭博詐欺、置き引き、盗難、レイプなんかのトラブルが多々あることはよーーーく分っているので、まともには取り合わない。
ギラギラ、チャラチャラしていて、一方的にあっちのペースで事を運ぼうとする、一目で「こいつと関わったら絶対マズイ!と判るやつもたくさん居る。
すごく純朴そうで、「友達になっても悪くないんでない?」と思える子も居る。
でも、絶対に油断しちゃダメだ。

 

とにかく日本はあまりにも平和過ぎて、自分が犯罪被害者になることなんて普段想像すらしない。
日本に住んでれば、あれだけの数の、犯罪を企ててる人間がゾロゾロと自分に直接接触してくることは無い。
日本では、女の子が泥酔して路上で朝まで寝てても、財布も、貴重品も、貞操も、命も無事だけど、そんな国なかなか無いんだから。
「そんな平和ボケの国から来ている自分」、を十分認識して行かないといかんよね。

 


バリでは、売人が女の子に麻薬を勧めて、女の子が手を出したら警察に扮した仲間がその女の子を拘束して、脅迫して有り金を全部巻き上げたり、レイプしたりすることが横行しているらしい。
ホテルの従業員もグルだったりするらしいから油断ならん。
自分も、「娘が日本に留学するんで日本の状況を教えて欲しい」と近づいてくる賭博詐欺のやつらに危うく拉致られそうになったりした。
外国人ばかりが集まって朝まで乱痴気騒ぎしているようなディスコにも出入りしちゃダメだ。ろくなヤツが居ないって判るだろうに・・・。数年前には日本人も含む200人以上が犠牲になった自爆テロもあったんだし・・・。


とにかく、こんなことがあってもなおバリへ行くという女の子たちは、ステキなリゾートなだけでないバリの一面をよく認識して、危険からなるべく遠ざかるように、絶対に気を抜くことのないように慎重に行動して欲しい。

 


そして私も、海外では引き続き気を抜かんで楽しんで来る決意のもと、この年末に行くことに決めたベトナムのガイドを買って来て、早速「旅先でのトラブル」のページを熟読。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あるわあるわ、トラブルの報告事例。

タクシー運転手が頼んだ所と違うところに連れて行く、
マッサージ店で、法外な値段をふっかけられる、
最初に決めたのより数十倍も高いレンタルサイクルの保証金を請求される、
土産店に発送を頼んで料金も払ったのに一向に商品が届かない、
高級ホテルのスパや変身写真のスタジオで財布から札を抜かれる、
ホテルに置いてあったスーツケースの鍵をいじられて中身を盗られる、
レストランで「サービスだ」と言って持ってきたものが、なぜか伝票でチャージされてる、
異様に高額なチップを請求される、
バイクで来た犯人にネックレスを引きちぎられて怪我をする、
カバンをひったくられる、
タクシーのメーターの桁が一桁違ったり、「ドル表示だ」と嘘をつかれる、
ミニタクシーのメーターの上がり方が異常に早い、
ホテルの部屋で、マスターキーを使って入ってきた職員にレイプされかける、
遺跡観光でガイドが、「自分は出口で待っているから、荷物を持っていてあげる」というので頼んだらそのまま荷物ごと消える、
居酒屋でビールに睡眠薬を入れられて眠ってしまったら貴重品を持ち去られる、
そのほかにも、麻薬、美人局、偽札、カード賭博・・・・・・etc・・・・・・・・。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なにこれ
ある意味バリよりよっぽど酷いじゃん。

それも「頻発」  「横行」  「常套手段」 「続発」  「悪質」なんかの不吉な言葉のオンパレード
・・・・・・・・・・日本人であるというだけで狙われるな。
これは、今まで以上に、史上最大に気を引き締めて行くしかないな。

でもガイドにこれだけいろいろ例を書いておいて貰えると助かる~。
気持ちの準備が出来るから
ガイドの中には綺麗なところや楽しいところしか書いてないものもあるけど、あれはほんとマズイと思うわ。

 


最近食べたもの2つ 白熊ケーキ & にくまきオニギリ

2009-10-01 20:32:43 | モロモロ

ここんとこ食べたもの2つ。

ひとつは、このシロクマさん♪

 


こんな簡単な絵で、シロクマに見えてしまうこの表現力!

 

札幌の丸山動物園で売っているお菓子なんだって。
仙台名物の萩の月みたいな感じ。
スポンジの中にクリームが入っている。

中身はこんな。
可愛いシロクマさんがいっぱい!(デレデレ~~)

白いのは、中がミルククリーム。
青いのは、中がミルククリームとアンコ。

 

見て、この見た目♪


ラブリー過ぎるんだわこれが~。
フワッフワの触り心地がまさにシロクマの赤ちゃん。
・・・・・・・・・・・・・・・・いや・・・、なんとなくイメージで。

貰ったら嬉しくなっちゃうお菓子だわ~。

 

 


そしてこちらは、最近のお気に入り、宮崎名物らしい肉巻きオニギリ。
しっかり東国原さんのイラスト入り。

 

フクアリ近くに売っているので、観戦に行くたびに買ってしまう~。
ご飯の周りに、薄切りのお肉がクルクルと巻いてあるオニギリで、結構ボリュームがある。


美味しいよ~。ハマるよ~