+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

トニコンーーーー!

2008-12-23 02:59:14 | ヨロコビ

まさかの2年連続トニコン、キタァァアーーーーーーー!!!

嬉しい嬉しい嬉し過ぎる
年の瀬に舞い込んできたビッグニュース
神様、トニ様、ありがとうーーーー

 

でも、スタートまでほとんど時間が無い
なんだってこんなに遅い発表??
当落がわかってから交通機関おさえるのに・・・・、間に合わないっちゅーの。

 

それより何より、もっと間に合わないのは申し込みだよ・・・・・・
自分、あさってからほぼ2週間、日本に居ないのにぃーーーー!!
それまでに申込用紙来なかったら、どうしたらいいのーーーー(T_T)(T_T)(T_T)


まあくん!!!大至急届けてくださーーーーーい!頼むーーーーー。

 


クラブワールドカップ

2008-12-22 00:18:43 | モロモロ

やっぱ、ものすごいうまいねぇ~~~

世界のトップとは、超絶技術というのは、こういうものなんだなぁ。

 

また今年も横浜国際で、サッカー界の世界一が生まれた。
こんな世界最高のプレーを、こんなに頻繁に間近で見られる日本人は本当に幸せだねぇ

世界一の決まった試合といえば、同じ横浜で2002年に行われた日韓ワールドカップの決勝。
あの年は、あの期間中ずっと、あの会場でボランティアをしていた。
WC期間中は、会場でも家でも毎日毎日がサッカー漬けの超~幸せな日々だった


世界中から集まったメディアの皆さんが集まる場所に居たので、彼らが試合を見て、その速報を自国に送信するキビキビした様子を生で見られてすごい臨場感
いろんなTV局に登場する豪華ゲストやアナウンサーがあちこちウロウロしていてドキドキ
あれだけチケットの入手が困難だった試合も、仲間の持ち場にお邪魔して
チラリと観戦できたのも、ボランティアの予行演習でキリンチャレンジカップの時ピッチレベルに入れてもらって、俊輔のカッコいいフリーキックをすぐ目の前で見れたのも貴重な思い出


裏側もいろいろ見れて面白かった。
よくアフリカのチームは、有名な祈祷師だとか、魔術師だとか連れてきて
相手チームに真剣に呪いをかけてたりするけど、中東とかのイスラムの皆さんもやっぱ宗教にすごくご熱心で、1日に5回(?)あるらしいお祈りの時間近くになるとソワソワしだして、「どこのスペースをお祈りに使っていいか?」とか「メッカの方角はどっちだ?」とか聞いてきた。
時間になると、みなさんカーペットみたいなの敷いて真剣にお祈りしていらっしゃった。
「世界にはイロイロな国があって、考え方も、習慣も、それぞれ違うのだなあ」、と当たり前なことに改めて感心した。

 

VIPのゲストのみなさんは、振袖を着たギャルがずらりと並んでお出迎えしていた。
・・・・けど、ギャルのチョイスにはちょっぴり疑問符が・・・。
みんなあんま綺麗じゃないんだよね・・・・
どうやって選んでるんだろう?縁故枠?

 

あと、決勝だけやってきたF○FAの女性達はひどかった・・・。
派閥があって、ギスギスした緊迫感まるだし。
しかも超プライドの高そうな人ばかりで、自己主張強すぎてどうにも収集がつかない。
人の話を聞かないで偉そうに仕切った挙句、最後の決勝をメタメタの混乱に陥れていた。
ああいう職場では絶対働きたくない。3日で胃に穴が開きそう。
ああいう人々と一緒に仕事をするのは不幸だね・・・。
楽しいのかなぁ、あんなふうに毎日過ごしていて。
嫌だけど、ただ権力にしがみついていたいだけなのかなあ。

・・・・・な~んてことを今日の決勝を見ていて久々に思い出してしまった。
来年からは日本開催ではなくなっちゃうんだってね。
寂しいな・・・

 

 


機械オンチ

2008-12-21 13:40:25 | モロモロ

一緒に旅行行った友達が、写真をくれるくれると言いながら、なかなか持ってきてくれないんで「お忙しいし、お時間ないんだろな~」と気にも留めないでいたら、こないだ「・・・・・・たいへんおはずかしいのだけど・・・・・・」と来たんでどうしたのかと思ったら、「・・・・・DVDの違いを教えてくれない?」とのことだった。

どうやら写真が遅れていたのはお忙しいのが理由ではなく、デジカメで撮ったデータを、何のフォーマットにコピって渡せばいいのか分らず、買いに行っては違いも分らず、結局選べずに挫折、を何度か繰り返していたみたいだ。

カ・・・、カワイイ

機械オンチは知ってたけど、ここまでとは・・・・・・・

しかも彼女は、技術系部署ではないとはいえ、世界有数のIT企業で部長さんやってるもんだから、そのギャップが余計おかしい。

簡単なことを教えただけなのに、すごくありがたがってくれた(笑)

無事にゲットして、コピって来てくれますように・・・

 

 


ガンバ、すごいよ!!

2008-12-19 07:25:06 | モロモロ

よくやったなぁ。

めちゃめちゃカッコよかった

 

徹底して攻撃的に行く姿勢。

取られても取り返す意地。

あのマンチェスター・ユナイテッドから3点も取れる技術!!

ほんと、最後まで面白かった

ガンバ、素晴らしかった~

 

それにしても、ヤットのPK・・・。

相変わらず凄い

それを止められるジェフ立石はもっと凄い

 

 


香港の食、研究中

2008-12-17 00:15:59 | モロモロ

いよいよ来週に迫った香港旅行に向けて、情報収集の真っ最中

以前ドイツに行った時に、「ここを見なくてどこを見る?」ってくらい最高に美しい世界遺産のすぐ近くを訪れていたのに、事前調査が甘くて全く知らないまま素通りしていたことを帰ってきてから気づいて、激しく激しく落ち込んでからは、海外へ行く前は現地の情報をこれでもか!というくらいに調べあげて行くことにしている。


今回の香港も、何冊のガイドブックを読み、どれだけのWebの情報を読み漁ったことか・・・

今はようやく図書館からゲットした、蔡瀾(チャイラン)の香港を丸ごと味わうを隅から隅まで熟読中~~~

 


蔡瀾さん、ありがとう!!


自分、今まで、香港のうわっつらしか楽しんでなかったっす!
あんなにレベルの高い激ウマ料理が星の数ほどもあるあのグルメシティ香港を何度も訪れていながら、朝はお粥、昼は飲茶、夜は北京ダックや海鮮料理、なんてありきたりの食事のチョイスから脱却してなかったっす!

奥深い、非常に奥深いねぇ、香港の料理は
今回の旅では、今まで食べたことの無い料理や飲み物やデザートに果敢に挑戦してこよう


蔡瀾さんが教えてくれた、この今まで行ったことの無いエリアの裏路地にある、地元の人でも分りづらいという、自分のチョイスでは絶対入ってこなかったであろう新疆料理屋さん、絶対行ってくるっす!
大草原の真ん中で地元の遊牧民と車座に座って、手でむしりながら食べてる自分をイメージしつつ、豪快なこの羊や駱駝の料理をガッツリ味わってくるっす
 


日本の中のアジア

2008-12-15 23:17:25 | 好きなもの

火鍋を食べようとのお誘いがあって行ってきた。

先方のご指定は、大久保の小尾羊

ここのお店のお鍋、本当に美味しいから大好き!!よくぞ指定してくださった

 

羊の濃厚な香りといかにも身体に良さそうな薬膳スープの香りが、渾然一体となった強烈に魅力的なこのお鍋

具沢山なので野菜もたくさん摂れるし、羊のカルニチンも、スープのコラーゲンも、中に入ってる漢方系の素材も、全てが私を美しくしてくれるような気がする

そしてそして、たまらなく美味しい~~~

 

 

あんまり旨過ぎて脇目もふらずに完食してしまって、写真撮るのを忘れたんでパンフレットを撮ってみる。

また来ます~

 

大久保は、日本に居ながらにしてアジアのどこかの国に来たような感覚になれる街。

主流を占める韓国系を筆頭に、中国系、タイ系、インド系など、いろいろな国の本格的なレストランや食材屋、そして現地語の曲の入ったカラオケ屋さんや現地テレビ番組のDVDのレンタル屋さんまである。

レストランにも食材屋さんにも、「こんなものまで売ってる・・・。」って驚くようなものが置いてある。何とは書かないけど・・・。

とにかく、超エキゾチック~

 

大きな通りには、まるでソウルの屋台みたいなお店があって、トッポギやホットクなど、コリアンストリートフードが手軽に食べられる。

どこも人気で行列ができてた。

 

韓流ショップもどこも大賑わいだった。

自分もついつい東方神起のTV番組と、まだ未購入だったCDやライブDVDなどなど、しこたまゲットしてきちゃった・・・。

いかん、いかーーーん、欲しいものが山ほどある!

趣味を絞らないと、あまりの出費に破産する

 

 

歌舞伎町を抜ける。

どんだけあるんだ?ホストクラブ・・・・・。

ハマらなくて幸い・・・・・。

ホストってさ、派手な外見してるけど、たいがい不細工だよねぇ

 

日本一イカガワシイ雰囲気を漂わす街。

でも夜のネオンは綺麗だよ~

 

 


毎度おなじみの・・・・

2008-12-15 19:33:27 | モロモロ

毎度おなじみの「もうすぐ海外へ出発、ってタイミングで必ず現地で何かしらの問題が勃発する」シリーズ、今回もこないだの広州の道路陥没死傷者発生に続いて、香港で鳥インフルエンザが発生・・・・・・

あーた、ワタクシ・・・、来週出発ですのよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本では、発生してもそのエリアの鳥を全部処分して事なきを得てきているが、アジア諸国では人にうつって死者も出ている鳥インフル・・・・。

あっちでは、生きてる鳥をその場でさばいている市場がそこらじゅうにある分、そういった処分場が一般人とは完全に隔離されている日本の何百倍も感染の確率が高いんだろうなぁ。

しかも、今テレビで、「もし罹ったら致死率は数十%」とか言ってるし・・・・・・・・・・・・

はぁーーーーーーーーーーーーーーー

 

香港といえばあの市場のライブ感を味わうのが楽しみの一つなのに、今回は止めといたほうがよさげだな・・・・。

一番の懸念は、大好きな北京ダックが食べられないかも知れない ・・・っちゅーこと(←そこかよ!)

 

ああ、もうひとつの周遊先、マカオには何も起こりませんように・・・・

 

 

 


吉祥寺の魔力

2008-12-13 23:44:12 | 好きなもの

通院のためチャリで吉祥寺へ。

病院が終わってあちこち散策していたら、なーんか気になる新しいお店がどんどん出来て、更に楽しさがパワーアップしてるーーー

 

駅前のハーモニカ横丁には、雰囲気のいい飲み屋がたくさん
すっげー旨そうな鳥の丸焼きを出してるバルみたいなのや、炭火焼の香りにそそられる串焼き屋、昼からすっかりいい気分にできあがっちゃってるオヤジでいっぱいのカウンター飲み屋。

どこもけっこう繁盛していて活気がある。


他にも、3、4人しか入れないようなカウンターだけのカレー屋さんがあったり、こんな狭い階段の上に?って思うようなところに秘密基地のようなバーがあったり、1mにも満たないようなガラスケースだけが店舗の極小だけどとっても美味しい揚げもの屋さんがあったり、毎日朝の5時頃から整理券待ちの行列ができる羊羹の名店までもある。
このゴチャッとした一角は吉祥寺の大きな魅力のひとつだよね

 

デパートや大型店も揃った便利な都会っぽいところもあるし、駅からすぐにあんなに大きな池まで有する井の頭公園もあって自然も満喫できるし、街を歩けば小さな小さな路地裏にまで個性的な服や小物や趣味のお店が数え切れないほど集まりまくっているし、路上ライブをする人やヘブンアーティストのような表現者達もノビノビと活動している。
そして、駅前一帯から住宅街の隠れた名店まで、とにかく美味しいもの屋で溢れている。
ああ、いい 
吉祥寺大好き!!

 

今日は麺蔵でラーメンを食べた。


たまに無性に食べたくなる味。


「お正月においしくお酒を飲むための素敵なグラスを探して来い」という父の号令に従ってデパートをウロウロしていたら、伊勢丹で吉祥寺の生き神様、いやいや名物(?)、楳図かずお先生を発見!
お皿を購入していらっしゃったが、いつものように横シマシャツを着ていらっしゃらなかったのでちょっと不安になった(笑)
珍しいなぁ。

 

伊勢丹の前では、ゴスペルコーラスの団体が華麗な歌声を披露していて、超感動してしまった。
すごい迫力。美しいハーモニー!
「来年はゴスペルを習おう!と心に決めてしまった。


今まで知らなかったアンティークショップも幾つか発見した。
今度じっくり見に行くわ♪

ほんと、魅力がギッチリ詰った街だわ~。
ラブ、吉祥寺


 


念願の・・・・

2008-12-13 10:49:40 | ヨロコビ

マフラー、ゲットーーーーー!!!

去年買いそびれてしまって、今年は絶対入手したいと思っていた、FIFAクラブワールドカップのレインボウマフラー

 

すっごくパキッとした明るい虹色で、めっちゃ目立つ。

ひと目見た瞬間恋に落ちた

 

 

なのに、今年も出遅れた・・・・・。

テレビで開幕のCMを見て思い出し、すぐにネットショップに行ったのに既に売り切れ・・・・

開幕前に瞬殺って・・・・。

・・・・・・・・・・・去年も速攻売り切れてたけど・・・。

需要があるのは判ってんだから、もっと量産しといてよーーー

 

 

しかたないからオークションでゲットした。

んでも去年よりは相当安いからいいや。

 

なにより、まーーー、来たマフラーが死ぬほどカワイイーーーーーーんだこれが

 

満足、超満足

 


幼なじみ

2008-12-12 02:00:58 | モロモロ

久しぶりに幼なじみと二人でご飯を食べた

二十歳ぐらいになって私が引っ越してしまうまでは、しょっちゅう会っては
グダグダと取り留めの無い話を遅くまでしていた友達だ。


もう1人の仲良しと3人でいつも通っていた公園通りのミスタードーナツは
今はもう無い・・・
私の青春を語るのに絶対外せない場所だったのに・・・。
無くなったのを知った時はちょっとショックだった。

 

引っ越す時は、すごく残念がってくれた。
「もう会いづらくなっちゃうね・・・」と悲しそうだった。
よく考えれば渋谷から杉並に、ただ隣の区に引っ越すだけなのに、
すごーーーく遠くへ離れてしまうような、もうお別れみたいな、そんな
感覚だったなぁ。
主に徒歩で行動していたあの頃は、自分たちの知っている世界は
あまりにも狭かった(笑)


あれから、うん十年が経ち、一時会えない期間なんかもあったけど、
それでも久々に会えばあの頃の気持ちに戻ってしまう。
人づきあいのあまり得意でない自分が、すごくリラックスして
よく喋ってるのが分かる。

あーーーー、幼なじみっていいなあ

 


初台のフレンチ、ラ・カスケットに行った。
ボリュームがあって、見た目も美しく、とても美味しいお料理だった♪

ウニのフラン

 

大好きな鴨♪

 

友が食べてたホタテ

 

とスズキ

 

デザートのマスカルポーネのヌガー

下にチェリーが敷いてあって、美味しかった

 

オペラシティのクリスマスイルミネーションも綺麗だった
こちらは新宿とは対照的に赤が基調になっていた。

赤もいいけど、自分はやっぱり青が好きかな。

 

 



新宿の夜

2008-12-11 00:31:22 | モロモロ

今日は新宿オフィスでお仕事。

この時期は会社の前がライトアップされていてけっこう綺麗

 

年末の新宿は華やかでいいね~

ついいろいろ写真を撮ってしまった。

 


このドームは、下に入ってボタンを押すと、ドームのライティングの色が変わって運勢が出る占いになっていて、けっこう人が並んでいた。



 

 

ミロードのところも綺麗だね~

 

 

 

高島屋の前のライティングのテーマはサーカステント

 

 

青い色のライトがクールでいいね。

今日の新聞に「駅のライトや踏切を青い色にした駅では自殺が減った」ってあった。

やっぱ癒される色なんだろうな。

やたら飛び込みの多い中央線とか、踏切とかも、もっと落ち着いた青系統の色にしたほうがいいのかも知れないね。

 


奇跡の目撃者

2008-12-07 15:22:05 | JEF

まさか、こんな結末を迎えるとは・・・・

こんな筋書きってあるんだ・・・・。まるでドラマのようなどんでん返し。

私は見た。奇跡の瞬間を目撃したよ

 


奈落の底に突き落とされた、中心選手の大量離脱・・・
グズグズ決心を引き延ばしてた奴らに引きずられ、出遅れた
補強選手獲得とチーム編成・・・。
連敗に次ぐ連敗で過ごしてきた絶望の日々・・・。
まさに生き地獄

 

その地獄から、血の滲むような必死の努力でチームと選手達が
懸命に這い上がってくる姿を、こっちも胃に穴が開きそうな気持ちで見守り、声援を送り続けるしかできなかった今年・・・。
今思い出しても、酸っぱいものが逆流してくるような、嵐の一年・・・。
辛かった・・・・・、本当につらかったよ・・・・

 


終盤に来てもチャンスをことごとくモノにできず、いよいよ崖っぷちに立たされた昨日の最終戦。
自分達が勝っても他2チームが負けない限りは自動降格という世紀の大ピンチに、先に2失点してしまうというこれ以上はない圧倒的な逆境。しかも残り時間はたったの20分あまり・・・。

そこで下を向かずに、最後まで諦めずに気力をふりしぼり、なんと10分くらいのうちで4得点してミラクル大逆転残留が決まってしまうとはーーーーーー
やったー、やったー、やったーーーーーーーーーーー


今季4得点なんてしたことあった???????
得点力不足で散々苦しんだのにー、この土壇場に来てーーーー!
ドラマチック過ぎる。出来過ぎ!


自分でもわからないくらいに興奮して、声にならない声で叫び続けた。
ゴール裏に居た、そこらじゅうのギャルも、オヤジも、家族連れも、
みんなみんなわーんわん泣いていた

 

あんな興奮のカオスの中に、喜びの絶頂に、居られたことを本当に幸せに思う。
あの真っ暗闇のどん底状態から始まり、補強成功による怒涛の5連勝でのまさかの大追い上げ・追い抜き、そして最後の最後の瞬間に訪れたこのありえないような逆転残留の興奮の極み。

今季一番興奮を味わえたのは、間違いなく我々ジェフサポだと思う。

 

2失点の直後、うなだれてトボトボ戻ってくるチームメイトを、いち早くセンターサークルに戻っていた巻が鼓舞する。
全く諦めていない巻の熱いハートに強く胸打たれた。

そこからのあの的確な選手交代と、怒涛のゴールラッシュ!!!!
今シーズンのベストマッチは、間違いなくこれに確定

 

 

チームを良くするためにあらゆる努力を怠らない、行動力があって人柄の良い、頼りがいのある最高の社長が来てくださった。
そして悲願だった練習場も、素晴らしい立地に、想像以上の規模で
建築が進められている。
あの大ビハインドからここまでチームを引き上げてくれた、すごい監督も
来年も継続してやってくれることになった。
実力のあるワクワクするような選手達も、いろんなチームから集結してくれた。
そしてチームは、毎回スタジアムがほぼ満席に埋まるようなサポーターが見に来てくれるようなチームに変貌を遂げた。

ジェフは、ここでJ2に落ちるわけにはいかなかったんだよ。

 

お膳立ては整った。
来年は躍進の年だ。
成長したジェフを見られるのが今から本当に楽しみ。


今年は本当にお疲れ様でした。
言葉ではとても言い表せないようなすごい体験をしてきた。
その時間を共有できたからこそ、分かち合えた深い感動があった。
ハッピーエンドで終われて良かったと、今心の底から安堵している。

 

でも、監督や社長がおっしゃっていたように、これはスタート地点に過ぎん。
新たな目標を持って、頂点を目指してまたみんなで団結して戦おう。
今年のジェフを応援できて本当によかった。

さよなら、2008シーズン。

 

 



ココロモチ

2008-12-05 22:59:48 | JEF

今、凪の海のように心穏やか~~~

 

もうじたばたしてもしょうがない。

明日は平常心で、シーズン最後の公式戦を楽しむだけだ。

 

 

選手達も、もう心配は止めて、明日は楽しんでゲームをしろよ!

 

 

 

明日の今頃は、幸せな気持ちでお酒を飲んでいる予定~~~♪

 

 


紅葉の京都♪

2008-12-01 02:44:55 | 国内旅行

敗戦の痛みを癒すため(嘘)、秋の紅葉まっさかりの京都へ。

やっぱり、どこへ行っても素晴らしい景色


風情のある建物と鮮やかな紅葉、最高のコンビネーション


美しい~秋の京都は美しいわ~

 

 

 

たくさん歩いて、いろいろなお寺に行って、美味しいものをいっぱい食べた。

 

 

宿泊は、古い町家がそのまま保存されているところをお借りした。

こんな建物に泊まれるなんて、めったに無いよ~♪

 

長屋のように数軒が繋がっていて、五右衛門風呂が付いていて、お釜が並んだ共同の炊事場がある。

昔は、こんなふうに家の外で煮炊きしていたんだなぁ・・・・。

お母さんたち、毎日大変だっただろうなぁ。

 

 

 

竹林好きにはたまらない散歩道もあった。

両脇の大きくスクスク伸びた竹の影で薄暗~い中、見上げるとキラキラと木漏れ日が

そして、そよ風にサワサワいう葉のすれる音!

あ~~~~~、いいなあ~、竹林って

 

 

 

食事をするところは、いっぱいいっぱい事前調査しておいて、「絶対ココ!ここで食べたい!!」ってところを厳選して予約

こちらは、お昼にいただいた木乃婦さんのお弁当。

たくさんのものが彩りよく盛り付けられていて、しかもどれもこれもがとても美味しい

そして、最後に出てきたグレープフルーツとブドウとカスタードを組み合わせたデザートが最高♪

超幸せになれるお昼ご飯でした。

 

本当はコースでお願いしていたんだけど、あまりにも見たいところが多過ぎて、お昼にかける時間を削らざるを得なくなり、泣く泣く早く済みそうなお弁当に変更させてもらったんだけど、それでも大~満足。

今度は絶対にコースで食べに来るわ

 

 

 

そして、感動的に美味しかったもう一軒は、いはら田さん

今回同行した友達が、「以前食べてあまりにも美味しかったので忘れられなかった」、と夢見心地で言うもんだから、「それはまた行くしかないっしょ!」と決めたはいいが、彼女が肝心の名前を失念してしまっていて・・・・

何日も何日もかかって、よ~やく思い出してくれたんで無事お邪魔することができました

 

最初に出てきた塩辛のムースから、んも~~~、心、ワシ掴みにされた

旨い、めちゃめちゃ旨い(T_T)

 

次に何が出てくるのか、楽しみで楽しみでしょうがない。

お造りには珍しいアナゴが・・・・。

すごく立派なアナゴで、表面を軽く炙ってある。

アナゴを生で食べたのは生まれて初めて。

こんな歯ごたえがあるものだとは♪

言葉で言うとムチ、ムチ、・・・・・・って感じかな?モニュ、かな?難しい・・・。

香ばしい焦げ目も最高♪

美味しい~~~~

 

 

こちらは太刀魚。

火の通し方も、塩加減も、絶妙

フワッとして、それはそれは美味しい。

 

 

とにかく、出てくるもの全部が最高に美味!

京都に来る時は、また必ずここでご飯を食べたい。

めっちゃいいお店を教えてくれた友よ、有難う~(*^_^*)