+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

まあくん、いらっさい!

2010-06-28 23:39:46 | ヨロコビ

週刊新○に出ていた、まあくんマンションご購入のニュース。
買ったそばから、おおまかながら所在地を暴露されてほんとお気の毒・・・。
スタアの宿命か・・・。

けどねー、ワタクシ的には超Good News!
まあくん、超ご近所さ~ん♪
ちゃりんこディスタンス~
すっげー嬉しい。
まあくん、いらっさ~い!!

ほげほげお散歩してたらまあくんとすれ違えそうな・・・、ウロウロしてたらお買い物中のまあくんにバッタリ会えそうな・・・、毎日そんなドチドチ感を味わいながら生きて行けるなんて・・・、ワタクシったら、な~んてシアワセ者
ちょっとスッピンでは出歩けなくなるわ~♪♪ぬふふふふ。



館山キャンプ スタート!

2010-06-27 18:41:19 | JEF
いよいよ今日から館山キャンプ。
お怪我に気をつけて、さらにコンビネーションを高めるチームビルディングを、この期間にお願いします。


館山と言えばウミホタル、ウミホタルと言えば館山。
選手たちも、せっかく館山に居るのなら昼のうちに仕掛けを海に仕込んでおいて、夜になったらみんなであの神秘的で幻想的な青い光を楽しんでほしいなぁ。


初めてのうみほたるに感動した、香川へ行った時の旅行記。
http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10400936/


本当に綺麗な青い光。
ものすっごい小さい生き物なのに、こんなに強い光を放てる不思議。





あ~、海の動物って・・・、いいねぇ~♪

東方神起 THE LIVE ~a-nation 2006-2009~ 観てきた・・・

2010-06-26 22:10:09 | 好きなもの

"これから数年の稼ぎ頭"と見込んで期待していた東方神起の突然の空中分解に慌てふためいて、なんとか少しでも損失を補填しようと、有りものの素材を寄せ集めたやっつけ仕事で、必死に小銭稼ぎ中のavex。
それにまんまとハマって、a-nationの東方神起出演シーンをただ繋げただけの、Live映像鑑賞会に行って来た。

もーね、お隣のお姉さん、シクシク泣くの止めて~。
こっちも釣られて涙止まらなくなるからーーーーー!(T_T)

もーね、反対側の隣のお姉さん達、その赤い東方神起ペンライト振るの止めて~。
「ああ・・・・・・・・、5人の最っ高に楽しいライブで、この曲を聴きながら、そのペンライトを振れる日は、もう我々に訪れることは無いんだなぁ・・・」と思ったら、涙止まらなくなるからーーーーーーーーーーー!(T_T)

あちこちで聞えるすすり泣き・・・。
どんなお通夜会場だよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2006年は、ユンホが怪我で4人での出演だったね。
ビジュアル的には、5人ともあの頃が最強だった。
まだ早い時間帯の出演で、ほとんど興味を持たれず席がガラガラだったね。

2007年は、5人揃っての出演だったね。
5人でニコニコしている様子が超微笑ましかった。
ユノのラップ、ユノのダンスがやっぱり必要だよ!と思った。

2008年は、ファンの贔屓目で見ても、Mirotic仕様のあのヘンテコ髪型がどーしても受け入れることが出来なかった・・・。
あんなに可愛かったジェジュンが、一気に筋骨隆々にグレードアップしててビビったしね。
一般にもだんだん受け入れられて来て、「テレビで聞いたことある!」と思ってもらえるような楽曲が増えてきた頃だよね。

2009年は、押しも押されもせぬ、オリコンNo.1獲得曲を多く引っさげた大スターとしての登場だったね。
出て来た時の会場中が揺さぶられるようなあの大歓声、トンペンが一斉に付けた赤いペンライトで、青一色だった会場がブワッと一気に紫に変わったのを見て、感動で鳥肌が立ったこと、5人の満足そうな笑顔、素晴らしいパフォーマンス・・・、昨日の事のように思い出すわ。
「あんなに小さい会場から、地道に真摯に積み重ねて来た努力が、ようやく報われたね・・・」と思えた最高の一夜だった。

全部見た・・・、全部会場で見て来たよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
メチャメチャ楽しい思い出として、胸の中に大切にしまってきたのに、こんなに悲しい気持ちになる映像になってしまったなんて・・・・・・・・・・・・・・・・・。
寂しい・・・、寂し過ぎるよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ユノは、今日有楽町に居たみたいだね。
あの解散騒動以来、初めてファンの前に生で現れたらしい。
こんな単独仕事のユノなんて見たくないよ・・・。

今年のa-nationは、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人だけで出演するみたいだね・・・。
見たくねー、そんなa-nation見たくねーよ・・・。
毎年、ギラギラの灼熱の真夏の太陽で、体中の水分という水分が汗として吹き出して、デロデロに溶けそうになりながらも、何時間も何時間もひたすら耐えて、それでもようやく東方神起が出てきてくれればそこで喜び爆発!のあの真夏の祭典が大好きで、毎年必ず、欠かさず行っていたけど・・・、今年は行く気が起こりそうにないわ・・・。


うわーーーーん!
5人の東方神起、Come Baaaaaaaaack!!!

あんなに素敵な曲がいっぱいあるのに、もう生で聞けないなんて寂し過ぎる!

一人でもこの世から居なくなった訳でもないのに、動けなくなった訳でもないのに、ビジュアル的に衰えたわけでもないのに、今日見たあの映像と変わらない姿で、あの素晴らしいダンススキルと抜群の歌唱力を持ったままで、この東アジアのどこかに普通に生きているのに・・・・・・。
もったいなさ過ぎるよ・・・・・・・・。


大連の旅行記

2010-06-23 21:26:20 | 海外

ゴールデンウイークに行った大連の旅行記を作った。

http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10472021/




ドーベルマンに噛み殺されそうになった大連・・・。
無傷で帰ってこられて良かった・・・。



韓国遠征キャンプの皆さん、お帰りなさい!
すごく充実したキャンプで、みんなの結束が一段と強くなったみたいで良かったです。
引き続き館山キャンプ、お怪我しないように頑張ってください。
プレシーズンの鹿島戦、楽しみにしているから最高の仕上がりで望めるよう調整をお願いします。
中断明けの連戦連勝、首位奪取、夢見てます。

あーーーー、ジェフのサッカーが見たいねぇ。
みんなに会いたいねぇ。


ワールドカップ期間中のアルゼンチン

2010-06-23 00:46:55 | 海外
絶賛開催中のワールドカップ。

「サッカーの盛んな国の開催中の様子って、どんなもんなんだろ?」と思って、今年アルゼンチンに移住して行ってしまった友達に聞いてみた。


やっぱ街中がお祭り騒ぎだって。
アルゼンチン戦がある時間帯は、街がゴーストタウンみたいになるって(笑)
みーんなテレビに齧りついてんだろうね。


日本とはちょうど12時間の時差なんだって。
本当にジャスト地球の真裏なんだね~。
だから、こっちの夜8時半スタートの1試合目は、あっちだと朝8時半スタートになる。
そんなもんだから彼女が通っている学校も、アルゼンチン戦が朝8時半スタートの日は、学校も11時過ぎスタートに変更になって、その分の振替授業が前日とか翌日とかに行われたって。

さーーすーーがーー、サッカーを中心に回っている国!
そんな時間帯に仕事なんてしたって、気がそぞろで身が入らなくて全くダメなんだろうな。
いいねー、楽しそうーー


実際彼女も、サッカー全然興味なかったのに、今ではほとんどの試合見ちゃってハマってるらしい。
そりゃそーだろー、現地の友達もみーんなサッカー大好きなんだろうから。
羨ましい~。
そんな雰囲気の中に身を置きたいなあ。



コーキ・・・・・・・・・・・・・・・・

2010-06-19 12:50:01 | JEF

ものすっごいショック・・・。

「皇居の周りチャリでプラプラしてんのに、なんでユナパ来ない?」と思ってたらこれだ・・・。

あの大量離脱の、いっちばん辛い、本当ーーーーーに心折れそうなボロボロの時に、 「お前さんまで行ってしまうのか!と思ったが、
「自分はチームが嫌いになって出て行くわけではない」
「戻る時はジェフに」

と言ってくれた言葉を、そのまま鵜呑みにして心に刻んで、 

「世界に名前を轟かせて来い!ジェフの誇り!」
と、涙を呑んで断腸の思いで送り出した秘蔵っ子・・・。

あっちで出れなくても、怪我しても、応援する気持ちは、身内のように思う気持ちはずっと変わらなかった。

それが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、レイソル行くか?




なんで去年、呼び戻しに行った時に、帰ってきてくれなかったんよ・・・・・・・。
なんでJ2なんかに戻ってくるのよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
なんで同じ県のお隣さんなのよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
なんで、なんで、なんで・・・・・・・・・・・・・・・・。ホロリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


今回は、うちにとってもタイミングが悪すぎるんだよね・・・。
ああ・・・・・・・・・・・・・、でも・・・・・・・・・・、なーーーーーーーんか、寂しいねぇ・・・・・・・・・・・・・・。


次のアウェイ、レイソル戦だよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
あーーーーーーーーあーーー、見に行きたくねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




けど、晃樹・・・、頑張れよ。
実際見たら泣けちゃうかも知れんけど、晃樹を好きな気持ちはたぶん変わらないよ。
またいつかご縁があるかも知れんしね。
みーーーんな帰って来てくれるジェフだしね!
怪我に気をつけて。
うちとの試合以外での活躍を楽しみにしてるよ。




自分は、今この時点でジェフに居てくれる最高にカッコイイ選手達を、力いっぱい応援することに尽力するのだ!
みんな最高に素敵なのだ!
大好きなのだ!
韓国キャンプの情報に、ワールドカップ以上に毎日ワクワクなのだ!
中断明けの彼らの躍進が楽しみで仕方ないのだ!
J2優勝するぞ、気合入れてけ!

 


ソマリア、恐ろしや・・・・・・・・・・

2010-06-17 21:27:46 | モロモロ
ソマリアで、自宅でワールドカップをテレビ観戦中の一般人二人が、いきなり押し入ってきたイスラム系の武装勢力に射殺されたんだってね・・・・・・・・・・・・・・・。

なんでーーーーーーーー?????????
なんでサッカーをテレビで見てるだけで殺されないといかんのよー???
せっかく楽しみにしてたんだろうに・・・、可哀相過ぎる



その集団は、イスラム教義を厳密に解釈し、スポーツや音楽、舞踊なんかを禁じているらしい・・・。
すごい人たちが居るもんだね・・・。
自分が信じる分にはいいけど、人にその思想を強要するのはどうなの???
とんでもない国があるもんだ。


あーーー、自宅でゴロ寝しながらワールドカップ見放題のこの国に生まれることが出来て、我々は本当にシアワセだよねぇ~~。




お気に入りの生き物

2010-06-16 22:40:56 | 好きなもの
写真撮りすぎて、しこたまPCに溜めてるから、もうメモリーがいっぱいや・・・。
動作遅くてかなわないからちょっと古い写真ホルダーを整理中。

そしたら、超お気に入りのカワユイ動物の写真を久々に発見したんで載せてみる。

ヤマトメリベ


ちょーーーーカワイイーーーーーー!!
プニプニ!
プニップニー!!



すっごく優雅にふわぁ~、ふわふわり~ん♪と浮かんでいて、プランクトンを食べているんだろうけど、この大きな口を投網のようにガバーっと広げてはシュルシュルと閉じている。
愛おしすぎる仕草。
そしてこのラブリーカラー!



この何本も生えてるベロロ~ンとしてる手?足?がね、触ってみたくてたまらない。
きっとパウダービーズ入りのクッションのようなモニュッとした手触りと妄想。
そうであって欲しい。

ほーーんとにエレガントでね、癒し系でね、一日中でも見ていられる自信がある。
大好き。

ちなみに、元は貝だったらしいが、進化の過程で貝殻が無くなったらしい。



もうひとつのお気に入りはこれ。
テヅルモヅル


からみに絡みまくった糸のような外見。
けど、この一本一本が、伸びたり、縮んだり、ウネウネと好き勝手に動き回る。
あれもプランクトンを捕まえて食べているのかな~?
ちなみにこれは、ヒトデの仲間らしい。
とにかく見てるのが面白い。

けど、言われなきゃ動物って判んないよねぇ。
事実水族館でも、ジックリ見ない人たちはほとんどが気づかず素通りする。
こーーーんなに面白い生き物を見逃すなんて・・・。
もったいない・・・・、ああもったいない・・・。


昔すっごいダイビングにハマってて、いろーーーーんな海で潜ってきたけど、この2つには出会ったことが無かった。
海洋生物の種類の多さといったら、すっごいよね。
まだまだ、見たことも無いような不思議な形をした生き物がいーーーっぱい居るんだろうなあ。


遥か世界へ 羽ばた~け勇樹!

2010-06-15 23:01:44 | ヨロコビ
阿部ちゃん、WC初戦先発フル出場&勝利オメデトウ!

あれだけ夢見ていたワールドカップ本戦の舞台。
出番が回ってきて、そしてきちんと結果を出せて、本当に良かったね。
すごい立派だった。
キリッとした、集中した表情がめちゃめちゃカッコよかった。


今日は朝から、何十回、何百回歌ってきたか判らない、阿部ちゃんの「遥か世界へ、羽ばた~け勇樹♪」のチャントが頭の中でずっと繰り返されていて、なんかその度に鼻の奥がツーンとするような、目に汗がジワッと滲んで来るような、そんなセンチメンタルな気持ちだった。
移籍して行ってしまってから、意識してあまり試合を見ないようにしていたけど、やっぱ阿部ちゃんは今でも大好きな選手だよなぁ。
阿部ちゃん、本当におめでとう。

もうすっかり次の勝負に向けて準備中だと思うけど、次もしっかり出番があるように、そしてまたそこでも素晴らしい活躍で勝利に貢献してくれるように、そしてその結果、念願の世界へ羽ばたけるように、遠い空の下から祈っています。



激励会

2010-06-14 03:38:37 | JEF
久々に参加してみた後援会の激励会。
前回参加時とは仕切りが変わっていた。
やり方はなかなか難しいんだろうけど、あの短い間に、あの方法で、まんべんなく選手を"激しく励ます"のは困難だね・・・。
もっともっとたくさんの選手に直接声をかけて、「大好き!みんな大好き!心の底から応援してるんで精一杯頑張って!」と伝えたかった。

参加者のサポのほとんどは、昨日の甲府遠征から戻ったばかりだった。
でも、「ここにいるおじさん、おばさんたちは、年間のお休みと言うお休みを、ほとんどあなたたちの成長や活躍を見て一喜一憂するためだけに費やしているくらい、あなたたちLOVEなんですよー!」というこちらの気持ちは、残念ながら選手にはあまり伝わってなさそう・・・。

甲府の試合から夜遅くに戻って、横浜で早朝からTGやって、その後あの激励会で立ちっぱなし・・・、っちゅー選手も居て、お疲れだっただろうなぁ・・・、とも思う。
ここしかなかったらしいけど、タイミングも難しかったねぇ。



人数もね、あれだけたくさんの選手がわざわざ集まってくれるのに、あれだけのサポしか居ないのも寂しいんじゃないかな・・・?と思う。
自分の友人達はみんなシーチケ持ちだけど、激励会の開催を一人も知らなかった。
みんな後援会に入っていないからだけど。
後援会の人だけ集めた小ぢんまりした会にしたいのか、もっと広範囲に声をかけて大きな催しにするべきなのか・・・そのへんも悩ましいだろうね。
もっと増えちゃうと仕切りがさらに難しくなっちゃうんだろうし、今の体制であれだけ準備運営するのも大変だと思うからこれ以上は大きくしたくても出来ないのかもしれないね。


自分の居るテーブルを離れていいのかよくわからなかったんで、そこにたまたまくじ引きで指定されて来てくれた選手としか話せなかった。
会場中みんなその戸惑いがあったのか、テーブルにきてくれた選手は人気者なのに、他のテーブルのサポが話しかけに来るでもないから、こちらも次の選手に声をかけに行くタイミングがなく、そのままなんとなーくその場で過ごし、終わってみればずっとその人と話してた。
会場中がもっとうまく循環できるとよかったんだけどね。

人がたくさん集まるというのは、いろいろ難しいのう・・・。


とはいえ、いつもは裏方として目立たぬところで一生懸命汗を流してくださっているスタッフの皆さんのことを少しだけ知ることができたり、来てくれた数人の選手達とはゆっくり話すことが出来たんでそこは良かった。


いつもは生年月日は西暦で読んでるから意識したことなかったんだけど、彼らの何人かは平成生まれなんだねぇ・・・。
平成か・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(遠い目)
元号が変わった頃には、自分はカナダに語学留学行っとったわ・・・。

社会に出て自分で貯めたお金で、ぜーんぜん英語喋れないのに、いきなり海外生活に踏み切った若くて無謀だったあの頃・・・。
出発前の年末に、連日「天皇のご容態が相当悪い」と一日中テレビのテロップで流れているような状況で、天皇が変わるのは寂しかったけど人生の中でそう見るチャンスは無い国葬とか、元号変更の瞬間とか見てから行きたいなと思っていたのに、結局平成に変わったのは出発から10日ほど経った後だったので、それらのイベントは一切見られずじまいで残念だったのでよく覚えている。

いつもこんなに逞しく、誇らしく思っている大好きなあの選手たちが、あの頃生まれた子供達なんだ・・・と激しく実感・・・。
そうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・、おばさんも年取る訳だよねぇ・・・。



千葉市長のちょっぴり辛口コメントには若干苦笑。
けど、ホームゲームはかなりの数来てくださってるらしいので、たくさんのゲームを見た上での素直な気持ちなんだろう。
もちろん選手達もそれは自覚しつつ、だけど更なる高みを目指して一丸となって頑張って行ってくれると思う。

市長は、千葉にジェフがあること、そこにたくさんの人が集まってることをもっとアピールして欲しいみたいだね。
街中に黄色いユニが溢れるように。
ジェフサポって、街なかや電車の中からユニ着てる人って少ないよね。
都心のクラブの特徴かな~?
地方とか行くと、車で来る人が多いからなのかやたらとユニ姿でうろつく人が目に付くけど・・・。
自分もさすがに、東京メトロからユニ着こんでは行けないわ。


今日全然話せなかったその他大勢の選手達、中断中にちょっとだけお休みがあるみたいだから、ゆっくり鋭気を養って、中断後はフワフワと入らずに最初からガツッ!と気合を入れて連勝お願いしますよ!
下には一試合の勝敗で順位がひっくり返る位置に、実力の有るチームたちがヒタヒタと迫ってきてまっせ!!
気を抜くな!

相変わらず遠征も行きまくる気満々なんで、アウェイも楽しいゲーム、見せてくださいよー!
みんな大好きよ♪


ソウルの旅行記 完成♪

2010-06-13 11:46:44 | 海外
ゴールデンウィークに行った、ソウルの旅行記を作った。
http://4travel.jp/traveler/lonelyvagrant/album/10469536/



主にうろついた三清洞 北村韓屋通り 狎鴎亭洞がメイン。
ゴミゴミした中心街とはまた別の、落ち着いたソウルを満喫。

楽しかったわ。

連日のネックレス買い

2010-06-12 11:41:35 | 好きなもの
おととい、ネットで購入したとんぼ玉のネックレスが到着。
カワユイ~


とんぼ玉って、なんて綺麗なんだろう。
全部手作りだから、一つとして同じものは無い。
色の組み合わせやデザイン、絵柄や形、全部作家さんによって違うのも個性的で面白い。


前は全然気にしていなかったのに、去年孝太を見に岡山行った時に、たまたま倉敷でいろんな作家さんのとんぼ玉を綺麗に比較展示しているお店を見つけて、その緻密さ、繊細さ、バリエーションの豊富さ、美しさにビックリして、すっかりハマってしまった。
どうやってこんなに小さい中に、これだけ細かい柄を作れるの?
ガラスの中に広がる小宇宙や~。


それから、イロイロなサイトを見まくって、お気に入りの作家さんを見つけた。
今回買ったのはその作家さんのとんぼ玉。

数ヶ月に一回、ポツリと新作を数点アップしてくれるのを心待ちにしている。
今回は、これを含めて5点だけあげてくれた。
これが一番可愛かったよ!
満足。大満足。

翌日見たら、他のも全部売り切れていた。早っ!
次の発表が待ち遠しいなぁ♪




そして昨日、新宿をウロついていたら、駅のイベントコーナーでこんな可愛いネックレスをみつけてしまってすかざず購入。


「すっごい本物っぽい!」って思ってみてたら、本当に本物のお花に特殊加工をしているものだと説明してくれた。
そーだよねぇ、造花と違うよねぇ。キレイ~

すごく小さなコーナーだったんで、もっと見たいな~と思って聞いたけど、おばさまの手作りで店舗は構えていないらしい。
「じゃぁ、次はどこのイベントに出品されますか??」って聞いても、「う~ん、私ねぇ、そういうのよくわかんないのよ~」って、他人任せにしているらしい。
こんなに次から次へと買う気マンマンのお客を前に、なんて欲の無いお方・・・

またあのおばさまにどこかで必ず会えますように・・・・。


この旅で食べたものイロイロ ソウル編 その2

2010-06-10 01:16:57 | 海外

ソウルで一番楽しみにしていたのは、"ユッケ通り"に行くこと♪
ユッケとか、レバ刺とか、生肉好きなワタクシに、これ以上の響きの良いお言葉は無い。

ユッケ通りは、大きな市場の一角にある小さな路地で、両側に生肉だけを食べさせるお店が並んでいる。

地元オヤジ達で盛り上がる、いい雰囲気の屋台街を抜けて・・・



こんな細い路地がユッケ通り。


それぞれの店の前のショーケースには、山盛りのユッケと、レバ刺と、センマイ刺、・・・以上!
勝負の仕方が潔い


ほんとはユッケ食べたかったんだけど、超ー大盛りな上に、ユッケだけはハーフアンドハーフが出来ない、というルールらしいので、レバ刺しとセンマイのハーフアンドハーフをもらった。
だって・・・、一種類じゃ飽きるでしょ?
一皿だって一人じゃ食べきれない量なのに、もう一皿頼むわけにもいかないし・・・。
こういうときだけ一人旅はつらい・・・。
なんでや?皿に盛るだけなのに、なんでユッケだけハーフはダメなんだ?


そんなこんなでキター!
なにこのゴロゴロ感満載のレバー!
なにこの超デカ盛り!


一人者にも容赦ないな~♪


この厚みの生レバー、食べるの初めて。
角がピーンとしてて新鮮さがわかる。
歯ごたえはプリップリで、噛むほどにあまーーーい!
超旨ーーい!

センマイを食べるのは初めてだった。
このイボイボのところより、その脇の白い部分が美味しいね!
コリッコリしてる。抜群の歯ごたえ。
美味しかった。満足 満足。



あとはやっぱりケジャン。
辛くても、これはどーーしても食べたい!と思っていた。

事前調査で、「ここは絶対に行く!」と狙って行ったホルモン屋さんがたまたま閉まっていたので、超うなだれながらトボトボ歩いていたら見つけたなんか素敵な趣のお店♪


滝が流れてて、緑が心地よくて、なんか旨そうな予感がしたので入ってみたら、ここが正解♪


ケジャンがあったのでそれと、あとはやっぱせっかくだから肉も食べておこうと骨付きカルビをオーダー。

出てきたわ出てきたわ、付け合せの数々が・・・。


おひとりさまですよー!
メイン来る前にお腹いっぱいになるわ。


そして来た来た、ケジャン!


大ぶりの蟹の分厚い殻にみーっっっっちり身が詰ってて、かじりつくとトロ~~ンとそれが口いっぱいに溢れ出てくる。
うんまーーー!生の蟹、旨過ぎる!
すっごい食べ応え。
これまた甘い、あまーーーーいんだよ。
最初に来る辛味と、その身の甘さのコンビネーションといったら・・・・。
完璧。


この骨付きカルビが焼ける頃には、まあたいがいお腹いっぱいでしたが・・・


でも、これがまた柔らか~くて、絶妙な噛み応えで、美味しかったんだよー。


はー、よく食べたなぁ、今回も。



一平ちゃ~ん!

2010-06-08 03:23:09 | JEF

愛媛戦。
パルちゃんが大好きで、ジェフ戦でもないのにパルちゃんショーを見たいがために清水まで遠征していたこともあるマスコット好きのワタクシとしては、一平ちゃんの来場を心待ちにしていた。

なーんだあの可愛さ!
J's Goalで、フクアリ遠征に向けて、愛媛銘菓やポンジュースやミカンなんかをイソイソ荷造りしている様子なんて100点満点。

ご本人は、噂に違わずナイスキャラだった。
撮影会に出てくる時も、普通に出てきたかと思いきや、いきなりびよょ~~ん!とカエルみたいに目の前までジャンプしてきてマジびびった。
・・・・・・・・・・・あ、カエルみたい・・・じゃなくてカエルだった。

あまりの"びよよぉぉ~ん!"加減で、ビデオのオートフォーカス間に合わず・・・

「一平ちゃん、カエルさん見せて~!」ってお願いしたら、こんなポーズ。
胸のポーチに入れていたポンジュースは、ジェフィかユニティにプレゼントしていた。


このぽってりお腹がたまらない。
とにかくラブリーだった~♪


試合は秋ちゃんの試合開始早々のゴールでイキオイに乗れて、よねっちのいい感じのゴールが続いて、3-0の快勝!
若手の活躍は、本当に嬉しいよ。
亮ちゃんも久々にベンチ入りする姿を見れてよかった。

そしてフクアリ不敗記録、継続中。
去年はほとんど勝ち試合を見れなくて、しょんぼりトボトボ帰ることばかりだったホーム、今年はシアワセな気分で立ち去れることが多くて嬉しいね。
でも、J2でこの成績で満足していてもらっては困る!
3位ギリギリでようやく昇格なんて、誰も望んでないから。
柏に、甲府に、追いつけ、追い越せ!
来週の甲府戦がめっちゃ楽しみだわ~。


今回のJEF Pressは孝太が表紙でめっさカッコイイ。
ちょびっとのコーナーで、あの体力一番ありそうな太田さんが「早稲田とのTGの日の練習が、サッカー人生の中で一番厳しい練習だった」と言っていた。
やっぱりそうだったんだねぇ。
あの日、最後まで「これ・・・、すっごいな・・・・・・」と思いながら見てて、疲労困憊の選手達に申し訳なくて、出てきたところで声もかけられなかった。
あんな練習積み重ねてる選手達はほんと尊敬する。
その努力が報われる日が絶対来るよね。

まずは今季の終わり。
みんなで笑って昇格を祝える日が来ますように・・・。
ナビスコカップのある、あの世界へ帰れますように。


この旅で食べたものイロイロ ソウル編 その1

2010-06-05 10:16:21 | 海外
旅での楽しみは食べること♪

けど、辛いものが苦手な自分は、韓国のお食事にはそーーんなにソソられないので、韓国へ行く頻度も少なめ。
今回も、なるべく辛いものを避けて食べてきた。


泊まったゲストハウスのお父さんにご馳走してもらったのは、トガニタン。


外見からは何屋さんだかさっぱりわからず、メニューもちっとも読めなかったんで、「何食べる?」って聞かれて、「韓国の食べ物で~、名前を知っているもので~、まだ食べたことの無いもの・・・」と考えて、言ってみたらこんなものが出てきた。

そうなのね、スープなのね。
白濁したスープの中に、たっくさんの半透明のものがゴロゴロと沈んでいた。
「それはね、牛のココなんですよ」と、お父さんが膝を指して教えてくれた。
牛の膝の軟骨らしい。
「コラーゲンたっぷりですよ」とのことだった。

プルプル、モニュモニュしてるけど、味はあんま無いのね、ナンコツだし。
スープも味はほとんど付いてなくて、自分で塩で調整するものらしい。
ナンコツの部分は酢醤油をつけて食べる。
結構な高級食材だと言われたけど、ワタクシ的には残念ながらあんまり好きではなかったなぁ。



これは、オサレなピビンバ。


ピビンパって、丼ふうの深めの器に入ってるからああやって、コネコネ混ぜ混ぜして食べられるのに、こんなふうに来ちゃったらどうやって混ぜたらいいか分らない・・・
ま、普通に混ぜずに食べても美味しかったけど。


このお店は、すごい大きな歴史的建造物の中にあった。
数年前までは迎賓館として国賓の接待などに使われていて、一般人が入ることはできなかった山のてっぺんの大きな敷地。
このド庶民に開放してくれたって言うなら、見に行かない訳にはいかない。

どこまでも続く素敵なデザインの塀、美しい森、敷地内ところどころに点在するエレガントな伝統建築。



あっち行っても、こっち行っても、誰も居ない・・・。
いつも変なところに迷い込んでしまう自分は、「本当に入ってよかったのか・・・?」と不安になる・・・。
数日前に、大連で立ち入り禁止区域に迷い込んで、ドーベルマンに噛み殺されそうになったばかりだったし・・・



レストランはこの威厳のある建物の中に発見。
建造物見学だけのつもりで覗き込んだのに、意外なところで、目立たぬようにひっそりと営業するお店を見つけた時は嬉しかった。




見晴らしの良いテラスから、山桜の咲く美しい山並みを眺めていたら、他のお客さんも入ってきたのでホッとした。


いろんな国のお偉いさんが、この綺麗な景色を堪能したんだろうなぁ。