+.。*ちっちゃなヨロコビ*。.+

日々のちっちゃなヨロコビを見つけたい

My Princeはマジでプリンスだった

2012-10-31 01:07:05 | 好きなもの

My princeいんじゅんさまは、昔は今みたいなダークブラウンの髪の毛だったんだなぁ。

ものすっごい似合ってる。

 

 

新参者ファンのワタクシは、金髪ロン毛いんじゅんさましか知らないから・・・。

「え゛え゛ーーーっ!いんじゅんさまって、こんなに正統派美男子なんだ?????って、なんか衝撃だったのよ。

 

そして、またまたさらに愛おしくてたまらないことに・・・

 

「ワタクシは、いんじゅんさまの、なーーーんにもしらないね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

そう思った。

 

 

 

人って、髪でものすごいイメージが変わるよね。

今日もイトゥクが入隊して行ったけど、韓流スターの皆さんが入隊される時、坊主になると「え???あんなイケメンがこんなになる?」的な変化を遂げてビックリすることがある。

坊主の似合う人、意外と少ないかも。

 

 


旅の最後のピースが埋まった感じ♪

2012-10-30 03:36:35 | 国内旅行

旅行の前には、どこへ行くにも徹底リサーチを欠かさないワタクシ。

今回の九州巡りは、訪れたい街も、泊まりたいお宿も全部決まって、交通機関も調べて、後は各地の美味しい郷土料理を楽しめるお店、そこでしか訪れられない歴史的価値のあるお店なんかをリサーチしていたんだけど、「ここは絶対に外せない!」と思うお店が見つかった♪

 

 

大分の暘谷にある、素晴らしく豪華な伝統家屋で日本料理がいただける

的山荘さん

 

見て!この店構え!!(感涙)

かっこよすぎる!

 

なに?このアプローチの長さ!

なに?この保存状態のいい大邸宅!!

皇族方の迎賓館として使われてたお宅だって。

 

 

 

 



すごいーーーーー、すごいーーーーー、めっちゃすごいーーーーー

 

 

 

金山の経営者だった大金持ちの方が大正4年に、別府湾と高崎山を借景とした日出藩日出(暘谷)城三ノ丸跡に、今の金額にして7~8億もの巨額を投じて、日本の伝統的木造建築の粋をつくして建てさせた桟瓦葺近代和風建築の別邸だって。

伝統家屋好きのワタクシが、大分行ってここ行かなくてどうする?

見つけて超嬉しい~!

 

 

 

お料理も、お手軽なコースから本格的会席まで、幅広く揃っていて素敵♪



 

 

さっそく予約しなければ!と思ってお電話したら、たった一人の予約なのに、とても感じのいい応対をしてくださってこれまた好印象

「古い建造物が大好きなんで、内部を細かく見学させていただきたい」とお願いしたら、「早めの時間に来れれば、ゆっくり見られるからいらしてください」、とおっしゃってくださって感激。

ああ、どんなお部屋があるんだろう??

どんな贅を尽くした内装になっているんだろう??

超ーーーーーー楽しみーーーーーーー。

 

今回の旅の最終日なんだ。

最高に素晴らしい締めくくりになりそう♪

 

 

的山荘のみなさま、よろしくお願いします。

 

 

 

ああ、九州。

見たいところが山盛りだね。

楽しみ。

めっちゃ楽しみ。

 


こんなカスタマイズが!・・・っていまさら!!

2012-10-29 20:41:45 | 好きなもの

3月の渋谷公会堂のファースト単独コンを、メンバーの名前すら一人も知らない状態でフラッと見に行って、大国男児、中でもいんじゅんさまにハートを撃ち抜かれて虜になってから早7か月・・・。

 

はいはい、見事に撃ち落されましたよ、ズキューンとね。

 

 

 

あの日の記事・・・。

大国男児~~~!!!!最高!!!

 

 

大国男児の素晴らしいアーティストっぷりは、ほんと衝撃的だった。

たった一回のライブで、ものの見事にハマってしまった。

大国男児のパフォーマンス、本当に素晴らしいよ。

まだ見たこと無い人は、絶対に見てみて方がいい。

超おすすめ。

 

アイドルとかのくくりで、先入観持たない方がいいよ。

極上のアーティストだから。

 

 

 

あの日はとにかく、いんじゅんさまの一挙手、一投足にひたすら目が釘付けだった

ダンスも、歌も、声も、トークも、ちょっとしたしぐさも。

「なにこの子???」

「なにこのこ?????」

「なんなの???????この子?????超ーーーーーカッコいいんですけど!!!全てが!!!もう、ほんと小さな動きまですべて!!!」

って、2時間近くのコンサート中、もうひたすら彼しか見れないぐらい気に入ってしまった。

 

 

 

そっから半年ちょっと・・・、まさか本当にここまで、「毎日毎日がいんじゅんさまでいっぱい!になってしまうとは・・・、あの時全く予想もしていなかったわ・・・。

ツイッターのせいよ・・・、ツイッターのせいだわ。

いんじゅんさまが毎日あんまりカワイ子ちゃんなもんだから、おねえさん、若干蟻地獄にはまってる気分よ!

 

 

 

いんじゅんさまがやっているから、と聞いてそれを読みたいというただそれだけで始めたツイッター。

使い方もよく分からず、恐る恐る使いだして、ろくに設定とかも変えずに使い続けてきたけど・・・、こんなにカスタマイズできるものだと、今日初めて気づきました!(笑)

 

 

ああ、いんじゅんさまがいっぱい(爆)

 

 

 

 

も~、いい加減ちょっと頭冷やしなさい!自分!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・冷やしたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

3月に出会って・・・。

初めてごく至近距離で見れて、生いんじゅんさまのあまりの可愛さに感動してた7月

大国男児のラジオ出演×2、+ライブ見て来た~~♪

 

 

そして、あんな近くで体感できるZEPPの至福のライブを3回ともフルでしかと見届けて、改めて偉大な表現者集団だと大国男児を認識していっそう好きになり、さらに初めて持って行ったいんじゅんさまのお名前入りのボードを、ご本人が見つけてくれて手を振っていただけた(気がして)感激して涙していた9月・・・

大国男児は極上のアーティスト!見ないともったいないよ

大国男児のライブ@大阪ZEPP 行ってきた!

大国男児のライブ@大阪ZEPP 行ってきた! その2

大国男児のライブ@大阪ZEPP 行ってきた! その3

 

 

 

そんだけ気持ち盛り上がったところで、いきなり日本を離れられてしまって、置いてきぼり感、遠くに感じる寂しさ感、ファンミがあるのに行けない失望感、次いつ会えるのか分からない焦燥感が最高潮の10月・・・

 

 

ああ、今が好き好きモードのピークかもしれないね・・・。

 

 

 


今日も今日とて・・・

2012-10-28 20:58:18 | 好きなもの

どうやら、だいぶ楽しいらしい。

いんじゅんさま加工

 

 

キラキラした星が入るのは基本。

だって、ご本人を見る時、そう見えるんだもん♪

 

 

 

 

ご本人、今日は温泉に行きたがってらっしゃる。

いんじゅんさま!

日本は極上温泉の宝庫ですよ!

いんじゅんさまがこれから毎年いくつ行っても、行ききれないぐらいたくさんの素晴らしい温泉があなたを待っていますわよ~!

 

 

こんな、「滝壺が丸ごと温泉!」っちゅー超ワイルドな温泉もありますわよ~♪

 

お早いお帰りを~(^з^)-☆

 

 

 

 

いや~、それにしても、金髪ロン毛クリクリいんじゅんさまと、黒髪短髪サラサラいんじゅんさまとでは、全然印象が違うねぇ~。

今の髪型で、どっかの雑誌の取材、たくさん受けてください。

お願いします、お願いします。

 

 


携帯楽しい♪

2012-10-27 20:27:21 | ヨロコビ

十数年ぶりに持つ携帯楽しい♪

あのころはただの電話だったからね。

いろんなアプリがあるんだなぁ~。

なーんにも知らないから、とっても新鮮(笑)

 

 

今とりあえず、画像編集が楽しい~

そして、いんじゅんさまが実験台に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・かっ、かわゆいぃぃぃ~~!!

 

 


お悩み中

2012-10-25 07:51:30 | 好きなもの

My Princeが若干お悩み中・・・。

なにがあったのかは知らないけど、あんな公の場所で、あんまりおおっぴらに詳細な内容を話すわけにはいかないだろうし、話す必要も一切ないけど、「大丈夫かな?」と気にはなる。

言葉や、話す内容を選ぶのも難しいだろうし、気軽につぶやくことが大きな波紋を引き起こすこともあったりして、なかなか有名人がtwitterするのも大変ですな。

 

こんな時にね、「どうした?話聞くよ、いんじゅんさま!と声をかけられるような存在に、

悩んでる時に向こうから、「実はね・・・」って、気軽に相談してもらえるような間柄になれたら・・・、

さらに、本当に辛い時にはそばにいてあげて、ギュッと抱きしめてあげて背中を優しくポンポン、ってしててあげられる、母のように思ってもらえる人になれたらいいな・・・

というのがワタクシの野望(笑)

 

 

いんじゅんはまだ、ものすごーく若くて(こないだ気づいたけどな)、社会の荒波に揉まれ始めたばかり。

そのピュアでイノセントな部分がたまらなく愛おしい。

これからも大小、いろんな困難にぶち当たって悩むこともたくさんあるだろうけど、そんな時に少しでも支えてあげられたらうれしいね・・・。

 

 

いつも、デートだなんだ言っとりますが、正直なところ、目指しているのは「いんじゅんの日本のお母さん」になること!

 

これでございます

 

 

「いんじゅん、どした?話聞こうか?」

言ってみたーーーーーーーーーーーーーーーい!

 

 

 

 


最高齢だったアウシュヴィッツの生存者が亡くなったらしい

2012-10-24 21:58:48 | 海外

確認されている中では最高齢だった、アウシュヴィッツ強制収容所の収容者の生き残りだった方が亡くなられたらしい。

あと何名ぐらいご生存なんだろうね。

あんなに気が遠くなるほど膨大な数の人々が容赦なく殺害されていく中で、ガス室行きの決定を逃れ、最後まで劣悪な環境や過酷な強制労働に耐えて生き延びて、晴れて解放されただけでも奇跡的なことなのに、その後何十年もここまで生きてこられたというのは本当にすごいことだと思う。

でもそのうち・・・、あそこでどんな理不尽で凄惨な大虐殺が行われていたか、実際に見て、体験して、自分の言葉で語れる方たちが居なくなってしまう時が来るんだね。

 

 

日本だってそうだ。

もう、戦争を実際に体験した世代はそうとう高齢になってきてしまっている。

そのうち、戦争に巻き込まれるということがどんなに悲惨なことなのか、どんな惨たらしいこと、悲しいことを自分のこととして体験することになるのか、伝えられる人が居なくなってしまう・・・。

これは本当に良くない・・・。

 

日本なんて特に、テレビや新聞とかで他の国みたいに死んでる人を映したり載せたりは絶対にしないし、最近は核家族化もあるし病院で亡くなる方が増えたから、人が死ぬとはどんなことなのか直接見たこともない若い人が多いから、死というものがどんなことなのか実感できない人も多いと思う。

ゲームで育った世代だと、「人は死んでもリセットボタンを押すと戻ってくる」と思ってる小さい子も居たというニュースを聞いて、驚愕したこともある。

そんなことだと、戦争がどれだけ大変なことか想像すらできないくせに、簡単に「戦争すればいい」などと口にする愚かな人々が出てくる。

だから、伝えられる世代が精一杯、平和の大切さ、命の重さ、戦争の愚かさ、手を取り合って協調して生きていくことの必要性を伝えていかないと駄目だ。

 

 

今日、この記事を読んで、昔アウシュビッツに行った時のことを思い出した。

その時の旅行記

絶対自分の目で確認したかった強制収容所の痕跡 アウシュビッツ&ビルケナウを訪ねる

 

 

実際にこの目で見てきたことは本当ーーーに衝撃的だった。

 

 

映画などで、あの頃どんなことが行われたのか若干は知っているつもりでも、それが「この場所で実際に行われていた紛れもない事実なんだ」、という現実がズシッと体全体に重ーーーく覆いかぶさってくる感じで、とにかくずっと息苦しかった。

全てのものが、あまりにもそのままの状態でそこに残っていたもんだから・・・。

 

 

ただ「ユダヤ人だから」という理由だけで、人々はヨーロッパ中から貨物列車に詰め込まれて、何十時間もかけてこの収容所に送り込まれてきた。

 

 

 

そして、降りたところで強制労働に就けそうな者だけが選別され残されて、後は全てこのガス室へ詰め込まれて、チクロンの猛毒で殺されてしまったのだ・・・。

 

 

何の罪も無い人々が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

たった一人の独裁者の狂気のせいで・・・。

 

 

 

彼らの持ち物は全て没収された。

これは集められた彼らの履いていた靴の山。

 

 

これは、彼らから切り取られた髪の毛の山。

 

 

 そしてこれは、その髪の毛で織られた布・・・・・・・・・・・・。

 

 

指輪も、眼鏡も、義歯も、義眼も、義足も、金歯も・・・・・・・・・・・、とにかく金目のものは全て集められた。

ナチスは他にも、剥いだ人間の皮膚でスタンドの傘なども作っていた・・・。

 

 

収容所内では、当時ナチスが記録用に撮影していた人体実験の映像なども上映していて、そこには他人の皮膚を移植されてしまった人や、お互いの体の一部を縫い付けられて繋がってしまった人々など、本当にむごたらしい実験の結果が映し出されていて、涙が止まらなかった。

人を人と思わないその鬼の所業に心の底からの嫌悪感を覚えた・・・。

 

 

生き延びた人々はラッキーだったのかというと、またそこからも地獄で、毎日ろくに食べるものも与えられないまま強制労働につかされていた。

こんな板の上に寝返りをうつスペースもないくらいの多人数が密集してごろ寝させられて、衛生環境も劣悪で伝染病でバタバタと人々が亡くなっていったそうだ。

 

 

ちょっとでも反抗などしようものなら、こんな狭くて4人入れば満員電車のようにぎゅうぎゅう詰めになって座ることもできない立ち牢に詰め込まれて、何日もずっと放置されたり・・・

 

 

独居房で餓死するまで放置されたり・・・、

 

 

この枠に結ばれたロープで、見せしめのために公開で絞首刑にされたりした・・・。

 

 

死ぬのも地獄、生き延びるのも地獄だったと思う・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

死んでからもこれがひどい扱いで・・・。

焼却炉が全然足りないから、山積みにされて野焼き・・・。

 

 

 

残った灰はこの池に捨てられた・・・。

今でも底をすくえば白い灰と人骨片が出てくるって・・・。

たくさんの言語で書かれた慰霊碑が並んでいた。

ユダヤの皆様は、いろいろな国からここまで連れてこられて、悲しい思いをしたのだなぁ・・・、ととても複雑な気持ちになった。

 

 

こんな狂ったことが、ほんと自分たちが生まれるほんのちょっと前に実際に起こっていたんだ、と実感すると同時に、今現在のこの世界でも、一部の国や地域ではまだまだ独裁者がのさばって、同じように人々に地獄のような生活を強いている事実があることを忘れてはいけないなぁと思うし、なんとかその犠牲者たちを救い出す方法を世界が力を合わせて見つけ出していかないといけないな、と思う。

 

こんなに戦争の悲惨さ、命の大切さ、暴走する政治の恐ろしさ、実感できる施設もなかなか無いと思う。

ごく普通の一般市民が、ほんの一握りの人々の思惑に有無を言わさず巻き込まれて、それがおかしなことだと分かっていても刃向えなかったり、だんだん洗脳されて自分たちが正しいことをしていると思い込んでしまって、普通の思考ができなくなって取り返しのつかない行動に走ってしまう加害者になり、相手はその被害者になる、それが戦争だよね。

ダメ。絶対ダメ。

 

みんな修学旅行や体験学習でここに行けばいいのに。

「戦争なんて絶対嫌だ!」と思うようになるから。

 

 

このアウシュヴィッツ、現地語でいうところのオシフィエンチムでは、ホテルが見つからなくて、そのへんで客引きしていた見ず知らずのおばあちゃんのおうちで居候させてもらった。

おばあちゃんはポーランド語しか喋らないし、ワタクシはポーランド語は一言たりとも分からないから、すごくもどかしかった。

このおばあちゃんは、この街で、あの強制収容所が稼働している時代を生きて、全てを見てきているのに・・・。

どんな様子だったのか、中で何が行われているのかどこまで知っていたのか、街の人はどう思っていたのか、あの電流の流れる鉄条網をそれでも潜り抜けて逃げ出してきた人々は居なかったのか・・・・・・・・。

あらゆることをとてもとても聞きたかったよ・・・。

あの頃、今みたいな自動翻訳機があったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

・・・けど、あの時、それでも何とか何かを聞きたいと思って、英語でおばあちゃんに一生懸命「ナチスのいた当時のことを知りたくて、強制収容所で何があったのか知りたくて、ここまで来たんだ。ナチスのいた頃、ここに居たの?」と聞いたら、分からないであろう英語を理解しようと努力してくれて、ナチスのことを聞いていると分かってくれて、とっても悲しそうな顔をして、首を振りながら「ナチス・・・・・・・。very very bad・・・・・・・・・・・」とだけ答えてくれた。

自分の好奇心だけで、このおばあちゃんに、思い出したくもない忌まわしい古い記憶を掘り起こさせてしまったかな・・・、と非常に申し訳なくて、それ以上はとても聞けなかった・・・。

おばあちゃん、嫌なことを思い出させてしまってゴメンね・・・。

そして、泊めてくれてありがとう。

 

 


iPhone5研究中~

2012-10-24 21:34:35 | ヨロコビ

ようやく手元に来たiPhone5研究中~。

だって・・・ほら・・・、ずーっと前に持ってた携帯、叩き捨ててからもう10年以上も経っているから・・・、使い方よく分かんないの(爆

リハビリ中~。

普通の人類に戻るためのリハビリ中よ~♪

 

 

 

とりあえず、気になるアプリをダウンロードしてみた。

漫画カメラ。

 

さっそく自室のピンボールマシンを激写。

 

あー、漫画っぽい、見事に漫画っぽいよ!

おもしろいねぇ

 

あとはどんな面白アプリがあるのかしら?

はーーーーーーーーーー、よちよち歩きの赤ちゃんの気分よ(笑)

 

 

 

表はいんじゅんさまのラブリーフェイス

 

 

そして裏はこんなギラギラした感じになっております♪

 

 ぬふふふふふ・・・・。

どっちから見ても、ウルトラハッピー気分

 

 


あーあ

2012-10-23 21:17:34 | 好きなもの

今日もこの人に夢中ですよ、っと。


 

 

あー、天使

 


九州旅行の準備 進行中~

2012-10-22 03:53:22 | 国内旅行

来月行く九州の旅の準備、着々と進行中。

出遅れたと思ってたお宿、当初泊まりたいと思ってた有名どころ温泉宿は悉くおひとりさまでは泊めてくださらないようで、「むむむむ・・・・・」と若干凹んだけど、調べ直すとまだ掘り出し物の未知のお宿を見つけることができて、無事全部確保完了♪

 

 

柳川では、藩主の邸宅だった広いお屋敷に泊まる~

ここ、超ーーーーー泊まってみたかったんだ~。

こっちは洋館。

 

 

で、泊まるのは同じ敷地内の日本家屋の方♪

すっばらしい邸宅!!!

シアワセ~♪

こんな素敵なところに泊まれるなんて、めっちゃシアワセだよぉ

ここ、一番楽しみ~。

 

 

 

お食事系では、「熊本行くなら絶対これを食べてみたい!」と思っていた熊本城の本丸御膳を食べることができる!!



本丸御膳は、熊本の貴重な料理秘伝書である"料理方秘"や、 近世熊本の食品料理集である"歳時記"をもとに再現された「熊本藩士料理」。

 

藩政時代当時使われていた調味料を使い、当時の調理法になるべく近い形で再現された伝統的な日本食を、

藩主細川家の家紋入りの器で、

日本三名城の一つと言われる熊本城の中の、

復元されたばかりで本当に煌びやかな本丸御殿の中の、

普通の見学では足を踏み入れることのできない大御台所と呼ばれる秘密のお部屋でいただける、

という

「城好き、日本食好きにはこれ以上のシチュエーションは無い!」という魅力的なお食事なのだ。


ほんとは予約は2名様からということなんだけど、前からずーっと食べたかった憧れのお食事なのでなんとか・・・とお願いしたら、一人でも受け付けてくださった。

めちゃめちゃ嬉しい

青柳様、ありがとうございます!

食べてくる!殿様気分で食べてくるわ~♪

 

 

 

 

あとね、温泉はこんな感じのマイナスイオン出まくってそうな露天風呂をいろいろ巡って、旅の終わりにはちゅるっちゅるのお肌になっている予定~♪

お写真は黒川温泉、黒川荘さんのもの~。

ここは絶対行きたい!てか行く!!



 

あーーーーー、もうこれだけで楽しくて嬉しくて死にそう~~~

 

 

 

なのに、これに加えて、

お堀巡りだの・・・

 

 

地獄めぐりだの・・・

 

 

博多の屋台だの・・・



とにかく盛りだくさんの旅ですわ~





ってことで、いんじゅんさま、・・・一緒に行く?

一緒に日本の極上の美しさ、満喫しないか~い??

 

 


2週連ちゃん

2012-10-21 22:10:53 | モロモロ

先週に引き続き、プール行って泳いできた。

偉い!

だって「カムバック!マイ天使の羽のようだった美しい肩甲骨!キャンペーン」の真っ最中だから♪

 

痩せたいー。

もうちょっと、もうちょっとだけ女子として生きていこうと、こないだ決めたんだもん~(爆

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・三日坊主の子だから、来週が心配・・・。

続きますように・・・。


短かったなぁ、黒いんじゅんさま・・・

2012-10-21 21:47:44 | 好きなもの

もう金髪に戻したの???

いんじゅんさまーーーーーーーーーーーー!!!

早っっっっっ!!!!!!!

 

 

 

短かったなぁ・・・・・・・・、黒いんじゅんさまの季節・・・。

実はめっちゃ気に入っていたんだけど・・・。

 

今となっては貴重な黒いんじゅんさまを並べてみた。

 

ほらーーーーーーー!

めっちゃ可愛いよぉ!!!!!!

なんで戻したかなぁ!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ま、金髪でも可愛いからいいや

 

 

 


吉祥寺の魅力

2012-10-21 19:06:55 | 国内旅行

いつもは吉祥寺行っても写真とかそんな撮らないけど、今回は「いんじゅんさまとおデートするなら、吉祥寺のどこを紹介しよう・・・?」と思いながら、脳内妄想デートしながら(笑)、行きたいところにいろいろまわってみた

 

結論としましては・・・・・・・・、まーあっちもこっちも行きたいところばかりで、どこを選んだらいいやら。

もともと好きなところ、好きなお店いろいろあるけど、行くたびに「あれ?またこんなお店できたんだ?」、「あ、こんなのできてる・・・」が多すぎて、知識のアップデートが追いつきません。・゜゜・(>_<)

 

 

吉祥寺の最大の魅力は、商店街もデパートもたくさんある、なんでも揃う大きな街であるのに、その傍らに思わず深呼吸をしたくなるような、森ガール気分になれるような、そんな自然のエリアが広大に残されていること

 

 

 

 

 

 

昨日は、井の頭公園の中にある、"森の中でお食事♪"気分の満喫できるタイ料理屋さんでおランチ。

いつでも大行列。

そりゃそうだ。

東京広しといえども、こんな気持ちのいいシチュエーションで美味しいご飯の食べられるとこ、なかなか無いもの。

 

 

 

昨日の日替わりおランチは、シーフードのゴロゴロ入ったパッタイと生春巻き。

ちょっとピリ辛くて、パッタイのもちもち具合が絶妙で、超~美味しかった♪

昼からお酒なんて飲んでみたりして

いつもは夜でもほとんど飲まないんだけど~、この開放的な気分でついつい・・・。

リゾートや。

都会のリゾートやね。

 

 

 

そのあとは、フェレットに癒されに動物園へ。

フェレットハグハグタイムがあって、たくさんいる中からお好きなフェレットを自分で選んで、連れてきてお膝にのっけたり、ナデナデしたり、じっと観察したり、好きなだけ一緒に遊んでいいのだ~

か~わい~のだ~

 

たくさんあるベンチは、大人や子供でぎっちり満員。

そして、みーんなお膝の上には、お気に入りの一フェレット

 

 

私はこの子!

この子が好きよ!!

おいで、ダーリン♪

あ゛~~~、あたたかいわぁ~♪

やわらかいわぁ~♪

モゾモゾ動いてるわぁ~♪

お目々がクリクリしてラブリーだわぁ♪

癒される~、見ているだけで癒されるんだわぁ!

いんじゅんさま並みの癒し系だわぁ

あー、ナデナデ。

ひたすらナデナデ(^о^)

 

 

昨日の新発見は、「こうもりはとても可愛い♪」ということ。

なんなの?あの不思議な形状!

羽が無ければ、普通にポメラニアンっぽい顔&サイズ&見た目の普通の動物、それにあの鉤状の指が付いて、あんな大きな羽が付いて・・・、ぶら下がって移動するってんだから・・・。

見れば見るほど不思議でしょうがない。

ずっと見てても飽きないわぁ。

かわいいわぁ

 

 

 

吉祥寺にだって、メリーゴーラウンドとか、ティーカップとかの乗り物もあるって、意外と知られてないんじゃないかなぁ。

子供連れには最高だよね。

 

 

 

あと、公園の外れにはジブリ美術館もあるよね。

このファンタジックな外観!

 

巨大なトトロが受付でお出迎え。

ジブリ映画好きなら外せないよね。

 

 

屋上にはロボット兵。

ジブリワールドだよねぇ。

 

 

 

そして、街へ戻って次はお買いものかな?

やっぱ東急裏が楽しいけど、その中でも中道通りかなぁ。

雑貨屋さんの宝庫。

 

 

 

 

 

可愛いレストランも続々増殖中。

 

 

 

路面営業の旨いもの屋さんも続々増殖中。

 

このたい焼き屋さんの炭火の素晴らしい香りにはほんと魅了されたけど、行列を見て購入を断念・・・。

 

 

でも小腹が空いたんで、アンティークのレース屋さんの店先で路面販売してたのを一個買って食べ歩きしたこのマロンのパウンドケーキが恐ろしく美味しくて、またお店に舞い戻って並んでた全てを大人買い♪

こんな美味しいマロンケーキ初めて!

道端でこんな旨いものを売ってる吉祥寺・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、ほんと恐るべし。

今年の営業は今週っきりらしいけど・・・。

また春、楽しみにしてる~。

 

 

 

中道の魅力の一つはこの原っぱだよね。

 

あんなビルや店舗のギュッと密集した商業地帯に、突如ぽっかりと現れるオアシス。

ここは以前の建物が壊された時、武蔵野市が市民に「次にここに何を建てて欲しい?公共施設か、それとも公園に整備か?」などといういくつかの選択肢でアンケートを取って、その中からみんなで選んだのが、「極力人工的に手を加えない、原っぱとして残してほしい」ってやつだったんだよね。

原っぱのまま残して、大正解だと思う。

この抜け感が最高なんだよね。

 

 

 

あとは、古着屋さんや、ファストファッションのお店、そこに居るだけでワクワクしちゃう本屋さんヴィレッジヴァンガードなんかでウィンドウショッピング。

ヴィレヴァン、ここにはもう結構前からあるけど、最近あちこちにものすごい増殖してるんだね。

今HP見てビックリした。

楽しいもんね~

 

 

 

 

そして、とっぷり日が暮れたらここにたどり着くね。

ハモニカ横丁。

 

吉祥寺を象徴する一角だよね。

 

 

小さな区画に、細い路地が幾本も伸びて・・・。

4人ぐらいしか座れないようなカウンターだけの小さな小さなお店やら、店長が日替わりで変わって、毎日違う店舗として営業している隠れ家的お店やら、いつも人でいっぱいの旨そうな飲み屋さんやらがギッッチリと詰まった、まさに魅惑のラビリンス。

 

・・・・・・・・・・・吉祥寺のポテンシャル!!(感涙)

東京一、いや、日本一好きな街かな?と思うくらい吉祥寺が大好きです。

 

 

 

 

ということで、いんじゅんさま、こんなおデートコースでいかがでしょうか~?(まだ妄想中)

早く日本に帰ってきて、遊びに来てね~

 

 

 

 


九州の旅

2012-10-19 07:22:21 | 国内旅行

なんか、夏場が異様に忙しく、たいへん出遅れた九州の旅の手配・・・。

「黒川とか、湯布院とか、別府とか、大人気温泉地巡るのに、この出遅れは若干致命的?」・・・・・・・・・・、といまさら実感。

しかも、紅葉シーズンだといまさら気づいた・・・。

 

 

 

てかさ・・・、おひとりさまで泊まれる宿のなんと少ないことか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

どうして一人じゃ駄目なのさー?

 

素敵なお宿、いーーーーーっぱいあるのに・・・。

 


年齢・・・

2012-10-18 22:27:19 | モロモロ

自分の年齢、また間違った・・・。

 

今日が父母の結婚記念日だというので、会社帰りに綺麗な花束買ってきて、「○○周年だね!」と渡したら、「違う」と言われ・・・。

「えー、だってワタクシの生まれる前の年に結婚したんでしょ?」と言ったら、弟に「自分が何歳だと思ってる?」と言われ、伝えたら「それは違う」と・・・・・・・・・・・。

弟が言うんだから間違えない・・・。

ちゃんと指折り数えてみたら、やっぱり間違ってた・・・

 

 

もーーーーーーーね、自分の歳、よくわかんなーーーーい!

だいたいでいいよ、もう・・・・、だいたいでね。

 

いろんな申込書とかも、年齢書かせるのやめて・・・。

生年月日で聞いてください・・・。