がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一人酒画視顔26.01.11

2011-01-27 | Illustration
本当は毎日やりたいんですけどね。
とにかくクロッキー、みたいなの。頑張ってみるか。

ということで、自分を描く。
基本ですから。自画像。すごく恥ずかしい作業ではありますが、まぁ、定期的に描いとこうかと。
可愛い感じで描いてみました。ふふ。実際に会ったら幻滅されそうな絵だな、これ。こんな真っ白な服は持っていません。実際は紺色のパーカーでした。
でも、最近、ピンクとかね、いいなと思うんですよ。可愛く装うことは楽しいんじゃないかと気づいた、もうすぐ35歳です。
女に生まれたことを楽しむ、それが出来るようになるのがもう少し早かったら人生変わってたか?
まぁ、もともと性格も趣味も可愛くないから、どう転んでも今とさして変わらないか。

さておき。
アジアカップ。
仕事しながら、結局観ちゃいました。
代表戦はね、楽しむって要素が減るよね...ミーハーな気分もなし...もう、必死だよ...心臓に悪いよ。
とにかく良かった。すごく嬉しいです。



Comments (4)

日本代表を描いてみた。

2011-01-25 | Football
今日、韓国との準決勝ですね。
夜勤ですので、まともに観られる保証がないので、夜勤中はフェイクを見て、帰ってきてから録画を見ることにします。

今の日本代表はさして強いというわけじゃあないと思うんですよ。個人の能力はさておき、まとまりがないというか、なんかちぐはぐだしね。守ってはボロを出し、攻めては迷いを出し、対戦相手に恵まれてたなぁ~って感じ。
ただ、それでも「慌てず・あきらめず」で勝ってこれたのは大きいですね。ザックが目標としてるのが「成長」だというのなら、それはうまくいってると思うんですよね。その成果を次の準決勝で出せたら最高だと思います。どんな勝ち方でもいいから勝ってほしいです。

しかし。この国はまだサッカーというスポーツがなんたるかを理解してないみたいで。
誤審やレフェリングの公平性について、なんでもっと議論しないかね??
選手たちは日の丸背負って必死に遠い異国で戦ってるんすよ?その私たちの代表が不利を受けたことをなんとも思わんのかね?
ちょっと悲しくなります。
ゴールを決め、胸のエンブレムにキスをした香川に対して複雑な気持ちになるのは、そして日本代表に対しても素直に応援できないのは、多分、日本という国の矛盾に対してなんです。君たちはこんなに必死に国の代表として戦っているのに...と。
サッカーは代理戦争です。
国のプライドを賭けた戦争なんです。
もっとも、すべてのスポーツ競技の国別対抗戦が代理戦争たりえるわけですが、世界で一番普及しているスポーツであるところのサッカーがその色合いを一番濃く反映しているのはワールドカップからもうかがえるでしょう。だから、代表を強くするには国民が自分の国に誇りを持つことからはじめなきゃいけないんです。そして、文化やスポーツといった面での豊かさを発展させ、国家事業としてサッカー選手の育成ができる国にしていかなければ。
こう言ってる私自身も、それに気がついたのはアテネ五輪あたりのことなんですけどね...。
歯痒いです。こうゆう問題はあんまり力みすぎると変人扱いされるし、日本には愛国心アレルギーみたいなのがあるのもわかります。でも、どんな国でも愛国心というのはあたりまえのことなんです。そして、それがなければサッカーは強くならない。

今日は久々にグースに乗りました。
道の駅でネギを買い、ネギをしょって千葉の田舎道を走りながら、上記のようなことを考えてました。
グース、タンクを替えてからすこぶる調子がいいです。こんなに寒いのに止まらない~♪

ともあれ。
頑張れ、日本代表。
Comment

いとこい漫才@極楽

2011-01-23 | いろいろ
喜味こいしさんがなくなりました。
いとしさんがなくなって7年余。とうとう、こいしさんも彼岸にいってしまいました。

歴代、一番好きな漫才師が”喜味こいし夢路いとし”です。
関東文化圏で育ったため、頻繁に見ていたわけではなかったのですが、小学生の頃に初めてみたお爺ちゃん二人の漫才は衝撃で、上方漫才の番組があるたびに”いとこい”をチェックするようになりました。
テンポがよく毒がありながらも、ほんわかと優しい、その飄々とした立ち居が大好きでした。

こいしさんは徴兵で広島まで行って広島で終戦をむかえ、ちょっと被爆しています。
その後大阪へ帰るわけですが、そのときの話をすると必ず泣いてしまっていたこいしさん。
帰りの汽車を持つ間に、えらい兵隊さんに帽子とタバコをもらったことが忘れられなかったのだそうです。
泣いてしまうこいしさんに当時どれだけの思いで終戦をむかえたのかが推し量られ、こちらもグッときてしまいました。

米朝さんが「また一人...」と、おくやみを出していましたが、本当にどんどん昭和の芸人さんが彼岸へといってしまいます。
淋しいことですが、安斎先生もよく言っていますが、人間は100%死にますからね....。

ああ、きっとあの世でいとしさんが待っていますね。

Comment

今年もさるフェス新年会

2011-01-18 | いろいろ
去年に初めて行って、そのあまりの面白さに、今年も友人各位連れだって新宿ロフトへ。

安斎先生の新ユニット「ーーーー(よこぼう)」が私的メインではありましたが、他にも楽しみはいっぱいで。
お笑い芸人から80年代ニューウェーヴ、テクノにタンゴにクラッシック、そして大日本プロレスまで、もう、むちゃくちゃな内容。商業ベースからかけ離れたところにある路傍のエンターテイメント。サブカルチャーはまだ生きてるのか?!と、ちょっと心が躍る感じでした。

ステージ上も楽しかったんですが、個人的にものすごく楽しみだったのが、「猫背椿のおにぎり屋さん!!にぎり上手と呼ばないで!」女優さんの握ったおにぎりが食べられるんですよ!!猫背椿さんですよ!!しかも、売り子に峯村リエさんと鈴木砂羽さんが!すげぇ!!三人とも美しくてクラクラしました。おにぎりは無事に購入でき、堪能~。肉そぼろとチーズのはいったおにぎりとクレソンとじゃこのおにぎり+きゅうりのピクルス。女優の手製なのにコンビニのおにぎりと値段があまり変わらない~。至福でした。しかも、おにぎり屋さんのあとにやってたフリマで猫背さんの私物スカートを購入♪ピンクでミニのヒスの冬物スカート。砂羽さんに「わたしのイチ一押し!」と猛烈アピールされ、押しの強さに押し切られました。ちょうどピンクのロンTを着ていたので、「着ちゃおうかな~」って言ったら「着ちゃいなよっっ!」って砂羽さんにお尻をはたかれ、着てみて、また売り場に行った時に「ぴったりじゃ~ん」っと腰をわしづかみにされたのはいい思い出です。砂羽さん、男前。そしてプロレスが始まった時にキャーキャー言って追っかけてた猫背さんは可愛かった~♪

女優さんと言えばね、緒川たまきさんがいたですよ。ケラさんと一緒でした。(ケラさんはヒカミンツフルーツ.に飛び入り参加してました。)あがた森魚さんのステージの時にふと振り向いたら、すごく美しい人がいて...にっこり微笑んでくださいました。あと、田口トモロヲさんもいらっしゃいました。発見した時に目が合ってしまい、やはり、こちらもにっこりと微笑んでくださいました。ああ、新年早々、縁起がいい。ラストオーダーズは今週末観に行くんですけどね!朝倉先生もいらしてて、なんだか、個人的にかなり豪華な気分でした~。

そして、安斎先生の「ーーーー(よこぼう)」。フーレンズのメンバー、クレージーケンバンドのノッサンと武内亨さん(ex.チェッカーズ)に 大久保ノブオさん(ポカスカジャン・リーダー)を加えた謎ユニット。ノッサンと武内亨さんの二人がギターを弾き倒す横でポカスカ・リーダーがパーカッションを打ち鳴らし、安斎先生がぶつぶつと歌ったりタンバリンを叩いたり煽ったり、なんか硬派で男っぽい雰囲気でした。このユニットにつづきはあるのか?!かなりカッコ良かったので、また見たい気がします。

とまれ、圧倒だったのは、主催のしりあがり寿先生の「親戚」でしたね~。
姪さんの結婚式で結成したバンドが基なのだそうですが、銀髪カツラのしり先生がカッコいいことと言ったら...思いっきりアンディ・ウォーホルでした。そして、うさぎのキュートさにやられました。親父の小言...あまりにまともなその歌詞にグッとくるグットクリフ。
その後は出演者が揃ってのフィナーレになだれこみ、その華やかさに酔いしれました。
ただ。
トリのノッサンはメインステージではなく、終わった後に、友人一同と猛ダッシュ!
人ごみかき分け、無事最前列でノッサンギターを拝ませてもらいました。

そのあとは恒例の打ち上げで、ビール一杯とおつまみを少々いただいた後、出来る範囲で挨拶などをし、会場を後に。うどんを食べて帰宅。雪が降る中で帰宅したせいか、疲れてたのか、翌日プレミアTV観戦3連チャンをやったせいか、今、若干風邪気味でございます。
でも、さるフェスは楽しかったなぁ~。いい年が迎えられた!って感じっすよ。

Comments (2)

頭が混乱してきたので...

2011-01-14 | Illustration
クリスとアダム・ジョンソンの描き比べを実行いたしました。
結論としては、AJのほうが男前だ、と。パーツは似てるんですが、配置に間延びがありません。口も鼻もクリスみたいにデカくないしな。色白で栗毛でヘーゼルの瞳で河童顔なのは共通ですが、AJの方が整っていました。描いてるうちにAJが男前に見えてきたのは気のせいか?参考にしたのはブラックプール戦後のインタ動画。どうみてもクリスより整ってて泣けました。
クリスはなぁ...やっぱ面白い顔してるよね~。ラヴリー過ぎ。でも、頭がハゲ散らかってきたせいか、髪の毛がくしゃくしゃです。オランダ人特有の若禿ですから、そろそろあきらめてロッベンやスナイデルのように頭を丸めようか?ね?

テストでセパンに行ってたクリスですが、テストは前半だけで終了。実家に戻ったようです。洪水の被害はなかったようで何の言及もありません。
いつの間にかツイッター始めてましたね。
ん~...そろそろ私も始めるか?と、真剣に悩む今日この頃。

アジアカップは楽しく観てます。
ただ、あんまり描く気になれないのことが判明。
歴代でみてもキャラが薄い気が...。あ、でも、描いてみようと思ってはいるんですよ。






Comment

KAWASAKI DAYS 10.01.2011 祝!クリス復帰!

2011-01-12 | Chris Vermeulen(KRT)
セパンでテストが始まり、ヴァーミューレンが復帰(2011年1月10日/カワサキ公式HP)

マレーシアはセパンでの4日間のテストの初日、クリス・ヴァーミューレンは膝の手術から復帰し、2011年のNinja ZX-Rを初めて試した。
チームメイトのトム・サイクスやジョアン・ラスコルツとは違って今日まで新しいバイクに乗ったことがなかったが、ラップ数を押さえて走ったにもかかわらず、すぐに関心を示した。サイクスやラスコルツにとってはマレーシアは初走行であったが、ヴァーミューレンは以前にセパンで何回も走っている。
初日でサイクスとラスコルツは、クアラルンプールから遠く離れたところにある、この広くて比較的距離のあるサーキットに慣れることとこの後のテストで使う基礎のセッティングに始終した。
復帰初日についてクリス・ヴァーミューレンはこう語る「今日は3回走ったんだ。ゆっくりバイクに乗ったし、少ししか周回しなかった。昼食の前に終了したんだ。午後は雨が降ったからね。でも明日はまた走るよ。新しいバイクはいい感じだね。最後のセパンで乗ったバイクはGPマシンだったけど、このバイクに乗った印象では、とてもいいスタートだってことが分かったよ。開発で皆が素晴らしい仕事をしてくれたんだね。比較的少ない周回数ではあったけど、いい感触が得られて満足してるよ。今はまだ右コーナーで十分に膝を曲げることが出来ないんだけど、ここ数週間でずいぶん良くなってきてる。膝の回復については、すべては予定通りで、実際は、医者が考えてたよりちょっと進んでる。歩き始めて三週間しか経ってないことを考えれば、筋肉の発達はうまくいってるんだ。」
今度は、三人のKRTのワークスライダーにペデルチーニ・カワサキ・チームが加わる。彼らは新しいNinja ZX-10Rでのファクトリーチームの経験から多くを学ぶ機会を得ることになる。クルーたちは明日もコースで仕事を続け、12日に休みを取り、木曜日と金曜日でテストを終える。

原文>

Vermeulen Returns As Testing Starts At Sepang
Newsflash, 10 January 2011

At the start of four days of testing for KRT at Sepang in Malaysia Chris Vermeulen had his first taste of the 2011 Ninja ZX-10R, as he made his comeback ride after recuperating from knee surgery.

Unlike his team-mates Tom Sykes and Joan Lascorz, Vermeulen had never ridden the new bike before today and was instantly impressed with it, despite setting a limited number of laps. This was a first ride in Malaysia for Sykes and Lascorz, although Vermeulen has ridden at Sepang on many previous occasions.

Sykes and Lascorz used the first day to familiarize themselves with the wide and comparatively long circuit in the outskirts of Kuala Lumpur, and find base settings to work with for the rest of the tests.

Chris Vermeulen said of his first day back in the saddle: “I eased into it today and only did a limited number of laps, over three separate runs. I stopped before lunch today and then the rains came later in the afternoon, but we will go out again tomorrow. The new bike feels really good. The last bike I rode around Sepang was a GP machine, so to be impressed with this motorbike already shows it is a very good start. All the guys have done a great job in developing it. I was happy to come away with that positive impression, even after a relatively short number of laps so far. Right now I cannot quite bend my knee enough when going round right hand corners, but my knee has improved a lot over the last couple of weeks. Everything in the recovery of my knee is going to plan, and in fact I am quite a bit ahead of what the doctors expected. My muscle growth is good, particularly considering I have only been walking for three weeks.”

Also joining the three works KRT riders in Sepang is the Pedercini Kawasaki Team who will be using the opportunity to learn more from the Factory team's experience with the new Ninja ZX-10R. The crews will continue on track tomorrow, take a break for a day on 12th January and then complete their final tests on Thursday and Friday.

”リターン”と聞くと、「リターン・オブ・スペースカウボーイ@ジャミロクワイ」が思い出される三十路女でございます。気分的にもあんなメロディです。明るいけど、ちょっと泣いちゃう感じです。
頑張れ、クリス。
再び、ここの軒を借りて翻訳はじめますよ~。

そーいや、豪州クィーンズランド州が洪水ですごいことになってますが、クリスの実家は大丈夫だったんですかね?
Comment

巴ちゃんをおえかき

2011-01-11 | Illustration
このあいだ、謡の先生が翁を演るということで、喜多流職分会1月自主公演に行ってきました。
間狂言はことごとく覚えてない上に、なんとなく夢うつつな感じで観てました。
本当は、きちんと絵を描いてみたかったりするんですが、なんかうまくいかなくてね。多分、画力の問題かと。時間もなくてね...。でも、今年はいっぱい絵を描くんだい!と、おえかきや途中で挫折した絵も公開していきます。でも、おえかきじゃ絵は上達しないんだよね....。

今日はセパンでクリスが久々にバイクに乗って走ってるはずなんですが、ぜんぜん状況は分かりません。
元気に楽しく走れてるといいなと思います。
うん。ここでインタの翻訳とかは再開しようかな。多分、自分がやりたくてしょうがないだけなんですが。
「セパンに向かう途中なう。バイクをまたぐ日が待ちきれない♪」と、つぶやくクリスは確認できてます。
もう泣きません。くたばってもあきらめない、そんな姿を今季のWSBKで観たいです。

しかし寒いです。
Comment

力尽きて終了したAJ彩色スケッチ

2011-01-09 | Illustration
アダム・ジョンソンは可愛いです。
なんか古くさい感じのするあたりもいいです。車で言うとシトロエンCXみたいな感じでカッコいいです。いっそ右足なんてどうでもいい...左足を極めほしいです。そうゆう旧車的なカッコよさである程度までのし上がってほしいです。ちなみにベイルはランボルギーニなイメージ。<意味不明ですね!
最近、自分の一番好きなタイプの選手はギグスだったんだなと思います。
もちろん、ピルロは特別枠なんですが。
ピルロは今ケガですね。年ですね。仕方ないですね。でもCL決勝Tには間に合いそうですね。

ノンストップのプレミアはさておき、各国リーグがぞくぞく再開。高校サッカーにアジアカップ...なんかワケが分からなくなってきました。アジアカップは日本代表の活躍如何でイラスト祭開催予定~♪ 高校サッカーは地元の千葉流経大柏は準決勝でPKの末負けましたが、久御山は面白くて最初から応援してたので、まぁ、諦めはつきました。

今週発売のWSDの付録ポスターがベイルでした。フランケ~ン。カッコいい!!ベイルもいつかちゃんと描画しよう~♪
でも、エジルの時と同様、パッと見たときはメッシでした。
とりあえず、貼らねば!!
まぁ、AJが付録になることはねぇだろうなぁ....。

ああ、しかし。
絵は途中で挫折しました。疲れた...忍耐がね、ないのです。

Comment

ヱビスで乾杯

2011-01-05 | Illustration
ビールが好きです。
ヱビスはシルクヱビスが好きです。
三が日はお仕事で、ようやく休みとなった今日はやらなきゃならんことを放擲してだらだらした後にヱビスで乾杯。めでたく高校サッカーを観戦しにいく予定が流れました。明日は少しちゃんとします。
思いつきでテキトウに絵を描くのもどうかと思いますが、個人的には新年気分なので...。
Comment

愛の神様なんだって

2011-01-04 | Illustration
今回の安斎神社のご神体があまりにギャルっぽくて可愛かったので擬人化。
安斎先生、すみません。

自分、あまり白い服は着ないのですが、あんまりにクローゼットが暗いので無印のセールで白っぽい服を購入。でも、真っ白な服はさすがに買えんね...着ないもの。そして金欠で高い服は買えない...。でも、他のセールで気に入ったワンピは黒でした...。鳥さんの刺繍の入ったステキなワンピ。あと財布を新調。5年使った今の財布はもうボロボロです。でも、財布は難しい。長く使えるかは使ってみないと分からない。

どうでもいいことですが、この絵はキョンキョンとYOUとマツコ・デラックスが箱根を旅する番組をチラ見しつつ描いてました。
YOUが可愛過ぎる...たぶん、私の一番のアイドル。他の二人も好きだし、なんか、嬉しい内容でした。そして、温泉に行きたくてたまらなくなったです。源泉掛け流しの温泉につかって、美味しい料理を食って、いい宿に泊まりたい~。でも初夢はフランス旅行でした。しかも亡くなった母親と....まぁ、楽しかったんですけどね。



Comment