がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まだ飛べるか?今年も挑戦!...爆。

2010-03-28 | いろいろ
安斎先生のくらげさんを玄関に飾りました。
シンプルに飾ろうと思ったんですが、長谷川等伯の絵を見てたら「額にこだわる」ということに感銘をうけて、こんなことに...水玉あわあわです。暗くてちゃんと映ってないんですけど、実はちょっとキラキラした水玉です。
友達のあかちんのタンバリンは、「なかなか届かないね」って言ってたら、この間のタモリ倶楽部に出演!びっくりでした。

さても。
まぁ、もともとのんびり更新の当ブログですが、毎年恒例で日本GP前のブログ休止宣言!です。
本当は今年はなんもしないで日本GPに行くつもりだったんですよ。
しかし、なんと今年はスズキがレースをはじめてから50年のアニバーサリーイヤー!こりゃ、ちょっと頑張るしかないよねー、って、そんな感じで一念発起。只今、応援準備で大変なことになっています。
横断幕は終わって、もう業者に入稿するだけです。
でもね、終わったのはそれだけなのね...泣。
まず、いまだに去年のリズラスズキ本があがってないのですよ、はい...印刷に行けてません。原稿が若干出来上がってないもので。大丈夫なのか??
あとは色々作りたいんですが、どこまで出来るか?頑張ります!
そろそろ完成予定はステッカーか。当初、記念のミニタオルを作る予定だったんですが、上の絵を買ってしまったことでご破算に。ステッカーに変更。50周年記念ステッカーセット!100セット作るよ!欲しい人には差し上げます。

最近は、SBK開幕だし、欧州サッカーも佳境だし、安斎先生のバンド活動も盛んで、忙し過ぎて泣けてきます。
本当に大丈夫なのかな?自分。
きっと大丈夫だと思ってやるしかないんですけどね。


マンチーニファンの友達から「シティに河童がいる。」とメールを受けたのが1ヶ月前か...。本当にそっくりで驚いたですよ。アーセナルのヴェルマーレンも似てるけど、アダム・ジョンソンの方が河童度高いです。でも、クリスが一番可愛いねー♪
今は高速クラッシュで負った右膝のケガでリハビリ中のクリス。
今週末のポルティマオは乗る気満々でしたが、実際に乗ってみたらかなりキツかったようです。
とりあえず乗ってみた映像や画像が健気で泣けます。
まぁ、個人的にはホッとした方が強くて、これで安心して眠れる感じです。
Comments (2)

KAWASAKI DAYS 17.03.2010 クリスのケガについて(カワサキ公式)

2010-03-17 | Chris Vermeulen(KRT)
ヴァーミューレン、ポルティマオに間に合うよう努力(17.03.2010)

クリス・ヴァーミューレンは先月のフィリップアイランドでの高速クラッシュにより右膝に怪我を負ったが、3月28日のポリティマオのレースが出来るよう努力している。

クリスは膝の専門家に治療を受けるため、地元のオーストラリアにとどまっていた。そして、内部の損傷に対する手術はする必要がないといういい知らせがあった。
「17日の水曜日に主治医に会ったら、足に手術をする必要がないっていういい知らせだったんだ。治るのには時間がかかるだろうって言ってたけど、ちょっとした損傷だったからね。手術をしたくない主な理由は治癒期間を短縮するものではないし、この程度なら放っておいた方がいいからなんだ。今はフットペグに足を乗せられるほど曲げられる膝じゃないけど、レースはまだほんのちょっと先だ。ポルティマオまでに大丈夫になるといいね。もうすぐ自転車に乗れる。それは血流を良くして治りを早める手助けになるだろうね。」
まだ完全に身体の自由が戻らないものの、ポルティマオでレースが出来ると考えて、クリスは来週ヨーロッパに向かう。
「24日の水曜日にはヨーロッパに行く。医者にレースがしたいって話したんだ。物理療法と針療法を代る代るやってて、動けるようにするために出来るかぎりのことをしてみている。日毎に良くなってきているよ。毎夜、膝をあげて寝てて、寝る前に腫れをひかせるための治療もしている。専門家はバイクに乗ることで膝に負担はないだろうって言うけど、乗って動かすのに必要な位置に膝を持っていけるかってことに疑問を持ってる。みんなそれぞれ治る早さは違ってて、僕の治りがずっと早いといいね。ポルティマオで乗れることを目指しているよ。」


原文>

Vermeulen Working To Be Fit For Portimao
Newsflash, 17 March 2010

Chris Vermeulen (Kawasaki Racing Team) injured his right knee in a high-speed crash at Phillip Island last month, but is working hard to be able to race at Portimao on March 28.

Chris remained in his native Australia to be treated by a knee specialist and the positive news is that he does not have to have an operation to repair the internal damage.
“I saw my doctor again on Wednesday 17th March and the good news is that I do not need an operation on my leg,” said Chris. “He said it would take a long time to heal, however, because there is a fair bit of damage in there. The main reason he did not want to operate is because it would not reduce the healing time and at this stage it is better to stay out of it. I don’t have enough bend in my knee joint to get my foot onto the footpeg at the moment but the race is a bit away yet, so hopefully it will be right by Portimao. I will be able to cycle quite soon, which will get more blood flow through it and help it heal faster.”
Despite not having full movement back in his leg yet, Chris is heading to Europe next week with the mindset to be able to race at Portimao. “I get to Europe on Wednesday 24th and I told the doctor I want to race. I am having physiotherapy and acupuncture on alternate days over here and I am working on it as much as I can to try and get enough movement in it. It has been improving every day. I sleep with the knee elevated each night and do some treatment to get the swelling down before I go to bed. The specialist says it won’t do more damage to my knee by riding the bike but he is a little doubtful I can get my knee into the position I need to ride and move around. But everybody heals at different rates so hopefully my rate of healing will be quite quick. I am aiming to be able to ride at Portimao.”



多分、小さい手術はしたはずです。忙しくて翻訳できなかったんですけど、簡単にできる手術はやって、膝の中の方の損傷に対する手術は経過を見るとかいうことだったんですよ。
GPoneに出てたはずですが、ちょっと行方不明。
内部の筋肉やら腱の損傷で、傷の感染症がどうとかで、たぶん、膝全体が炎症を起こしてるんだと思います。
痛そうだなぁ...。
いつもは能天気なくらい明るいクリスが、すごい落ち込んだ顔でコメントしてるビデオブログを見た時は、こっちもかなり落ち込みました。
ポルティマオには出る気満々なようですが、無理はしないでもらいたいです。正直、ドクターストップをかけてやってほしいくらいです。
でも走るんだよな。レーサだもんな。
きっと大丈夫。どんなにダメになってもあきらめない、その心意気に期待したいと思います。
Comment

大人の階段、のぼるよ!

2010-03-13 | いろいろ
明日までのフーレンズ展in東京に行ってきました。

天気もいいし、暖かいし、グースに乗って原宿へ。原宿は表参道ヒルズの駐車場にバイクを停められるから安心して行けます。でも、今日はデモ行進やっててねー...おまけに土曜日だし...明治通りが渋滞!泣けました。

友人のあかちんとは現地集合。
でっかいフーレンズ眼鏡の立体、安斎先生のイラストがちりばめられたドラムセット、描き下ろしのイラスト、タンバリン...もう、どれもステキで、そこにいるのが幸せな空間でした。
しかも。描き下しのイラストとタンバリンは売り物!!
イラスト、欲しいヤツが3万円...。
正直、安いと思いました。安斎先生の絵が3万で自分のものになるなら、本当に安いものだと思いました。でも、手持ちは2万。カードも家に置いてきてるし、このあいだの関西行きで散財しちゃったし...。
悩んでいる、そのそばであかちんがさらっと1万5千円のタンバリンを購入!!
おおっ!!
その瞬間、スコーンと栓が抜けたような気持ちになりました。
買う!あのクラゲの絵、買う!!
「これ、買います!誰か買うという人がいたら、商談中って言ってください!」と、会場の係の人に近くのATMの場所を訊いてお金を下ろしに行きました。
なんかね、思い返して、買ってよかったなと。
だって、きっと後悔したと思うんですよ。なんで買わなかったんだろう?って。
届くのは会期が終わってからだそうで、届くのが楽しみです。
あ、そうそう。会場には記帳が出来るノートがあって(ボブ・ディランのノート!!)、二人して1ページづつ、安斎先生の絵を描いたりして懸命に記帳してきましたよー。(上の写真で左にいる黒い人は、記帳中の私。撮影はあかちん。)

うん。
はじめて絵を買いましたよ~。
最近は終電逃してタクシーで帰宅したり、バイクの車検通してみたり、正社員として働きはじめて1年経ったり、大人の階段を着実にのぼっています。
絵を買う、というのも、大人の階段な感じです。
もうすぐ誕生日だし、自分にプレゼント!でいいかな。いいよね。
ともあれ、これで安斎先生の絵の相場が分かりました。
私が買った絵の他にも色々あって、値段がついていたんですね。もっとちゃんとした人間になったら、安斎先生に絵を描いてもらいたいと思っているのですが、だいたい幾らくらい貯めたらいいのかの見当がつきました。


私のクラゲとあかちんのタンバリン(下)。


私のクラゲ。
ゴリラズの「Superfast Jellyfish」が大好きな最中で、クラゲ祭だったためもあり、もう、本当に気に入ったのでした。
フーリッシュ...あ、バカ?バカって書いてあるね!あは。バカは死んでも治らんもんね!

小1時間LPNET SHIPで過ごし、お腹がすいたので、表参道の横道を入ったイタリアンレストランで食事。ラザニアとホワイトアスパラガスを食べて、カプチーノを飲みました。


カプチーノがオシャレなラテアートで出てきて、おまけにすんごい美味しかった。

帰りにジャン・ポール・エバンでチョコレートケーキを買い、ただいま堪能中。ベルガモ、美味いです。
さぁ、明日から倹約するよ!茂木もあるしね。
Comments (3)

フーテンツアー関西篇

2010-03-09 | 旅 ~ I Love Trip ! ~
関西地区でのフーレンズのライヴ、フーテンツアーに行って参りました!

大阪はライヴの前にバンタンデザイン学校で安斎先生のワークショップ「安斎肇と学ぶはじめてのおえかき」に参加。
デザインや絵を語る先生は、タモリ倶楽部やバンド活動では見ることの出来ないような真面目さと真剣さが垣間見られるんですよ。もう、本当に男前な安斎肇です。たしかに普段の先生も可愛くて好きですが、本職モードは本気でカッコ良くてクラクラでした。
でもねー...ワークショップで絵を描いたりするとね...自分の才能のなさが丸出しで嫌になります。
本当に才能ないなぁ~、センスないなぁ~って、痛感。
これでイラストレーターの真似事をしたりしたんだからウソもいいとこです。
ま、でも、好きだから描くんですけどね。
そして、誰かが喜んでくれたり笑ってくれたりしてくれるなら、その人のために絵を描きたい。
常に絵が誰かと自分をつなぐためのものであればいいと思っています。

そしてメインのライヴ!
もうね、知り合いが一人もいない完全アウェー!!
フーレンズのライヴでは初めてのことでした。
大阪では暇にまかせてライヴ会場で飯でも喰うか!と、1時間前に行ったら、私が二番目くらいの客でm最前のノッサン(小野瀬雅生@CKB)真ん前の席をゲットしてしまいました。安斎先生は言うまでもなく大好きなんですが、実はノッサンのギターも大好きで、いい機会だから間近で見てみよう!と思ったのでした。
いや~...ノッサンすごかったね。
ギターソロとか、一瞬、安斎先生の存在を忘却したですよ。
もう、こんな近くでこんなすごいものを見ていいのかと、ものすごい贅沢な気分になりました。
もちろん、ばじけた安斎先生のパフォーマンスも、可愛いミツワちゃんも、そして、あの古田たかしさんのドラムも、すごい近くで見れて幸せ至極。
いつもよりちょっと短いライヴでしたが、休憩もなく100m全力疾走みたいな感じで密度の濃い内容でした。
大阪は先生の個展もライヴ会場で同時開催してて、写真OKだったので携帯で撮りまくったんですが、それを転送したメールボックスを誤って消去してしまい消えました...大阪の絵、すごくすごく好きだったのに...消えた...だれか、撮ってませんか?特にハードロック(?)の絵!!ショック過ぎて心が痛いです。つか、あれでTシャツ作ってよ~!!

さておき、神戸。
雨が降っててねー...動き回るのがおっくうで、滞在先のホテルのまわりをふらふらしてお土産買ったりしてたんですが、カワサキワールドを失念しててねー...気がついた時には開館時間過ぎてました。まぁ、あれでしょう。スズキ秘宝館にいかずしてカワサキ世界を見るべからずという、バイクの神様のありがたい説諭でしょう。道理です。
でも、南京町で美味しい水餃子を食べたり、高砂屋本店でお茶することも出来たし、モザイクも行ったし、それなりに観光は出来ました。
まぁ、大阪と一緒で、1時間ちょっと前に行ってみたんですが、なんと、まだリハ中...神戸のライヴ会場はガラス張りで、リハは丸見えでした。ノッサンの逞しい後ろ姿を拝んでからスタバに退避して一杯お茶を飲んでから向かいました。やっぱり三番目くらいの客となり、最前へ。
でもね、ここステージに柵が付いてて、座ってたら見にくいんですよ。
2曲目から、後ろに行って立って観ました。
まぁね、立ってたら踊るでしょ?つか、ノリまくれるでしょ?
本当はフーレンズの曲はノリノリで聴きたかったんですよ。腕あげたり、頭振ったりしたかったんですよ。
思う存分やったですよ。
楽しかったぁ~。
フーレンズはロックバンドであることを再確認。いえい。
大阪よりは長くて、休憩挿んでましたし、テルミン使ってUFOごっことかしてましたが、100mダッシュ2本!みたいな、これまた濃い内容でした。
神戸は個展の会場は別で、ラフレアというレストランカフェみたいなとこの上の階でした。
いや~...Tシャツづくし!!
タンバリンもあわせて2万円余の散財で物欲炸裂!
そして、会場内は大阪同様撮影OK。2時間くらいかかって携帯で撮影しました。
どれもすごかったけど、圧巻はサッカー日本代表選手のTシャツデザイン。
どうやら主催者さんの話だと、選手の版権がどうとかで商品化は難しいんだそうです。


Oh!久保Yo!人。


中澤ザワ22ザワ。


中村屋俊乃輔。


松井”台”輔。


ガチャピ...遠藤、どーん!

う~ん...すごいな、安斎肇!!
やっぱり、この人は天才です。
大好き!!

明日は越谷、そして4月は東京。
まだまだフーテンツアーは続きます。

さても。
この関西行きのため、職場でシフト調整をするため同僚各位には多大なる協力をしてもらいました。なんというか、今働いてる環境のありがたさが身に沁みましたね。そして、色々情報提供をしてくれたり、ライヴの待ち時間にメールのやり取りをしてくれた関東の友人たちにも感謝!完全なるストレンジャーだった私に話しかけて下さった関西のフーレンズファンの方々もいて、本当にありがたかったです。
いい人たちとおつきあいできてることに、すごい幸せを感じました。
人と人との間に生まれる幸せというのは貴重だね。どんなものよりステキなものだと思います。
Comments (4)

ゴリラズ始動!!

2010-03-05 | Music
クリスがフィリップアイランドのレースでクラッシュし、どうやら手術になりそうだということで、かなり凹んでいる最中ですが、そうゆう時に救いの手というのはあるもんで。
ひな祭りの日に新譜、「プラスティック・ビーチ」が発売になり、ヘビロテ中です。
ちょいとピップホップに偏りがちな気もしますが、正統ブリットポップの基礎にワールドミュージックがスパイスになっているメロディや音で、しっかりとデーモンらしさが出てました。
まぁ、まだ聴き込んでないので何とも言えませんが、とりあえず及第点。だって、何回も聴きたくなるし、メロもすぐ覚えられたし!
「スーパーファスト・ジェリー・フィッシュ」が今のところお気に入りです。

時に。
オリンピックのフィギュアスケートですが、個人的には長洲未来ちゃんが一番気になりました。
なんたって、リアル・ヌードル!!
そっくりです!
ぜひぜひ、近い将来、エキシビジョンでゴリラズをやってほしいもんです。「DARE」とかいいと思うんですが!
ちなみに、上のイラストは、かのプルシェンコが真央ちゃんにキスをねだったというのを聞いたとき、思わず脳内変換したものです。
ひさびさにマードックとヌードル描いた!
Comment

クリス、手術か?

2010-03-04 | Chris Vermeulen(KRT)
私が夜勤仕事をしている間に、そんなことになったようで...。
情報源が本人(実際やってるのは彼女のトニちゃん、だと思う。)のツイッターなので確実でしょう。

のぉぉぉーーーーーーーっっっ!!!

半泣き状態です。

詳しいことはわからないのですが、MRI検査の結果が思わしくなかったようです。
X線で異常がなかったということは骨ではないかもしれません。もしかしたら、足のケガではないかもしれません。

本人の公式HPでは大丈夫そうな感じで決勝のことを話す様子がビデオブログにあがってるんですけどね。

明日からしばらく家を空けるので、帰ってくるまでに詳細が分かっていればいいと思います。
治るケガであればいいです。どんなケガでも、またレースに復帰してくれるなら、それでいいです。
もう、本当、代われるもんなら代わってやりたいですよ。

うん。薬師如来で有名な寺にでも行ってくるかな...。
Comment