がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Higher than the sun

2007-12-29 | いろいろ
工場の夜勤バイトが終わりました。

好きですよ、工場バイト。
単純作業がまったく苦にならんので、向いてるとは思います。
ただ、夜勤は辛かった。

働かなきゃいけないのは分かってる。
定職に就かないとそろそろ辛い年齢なのも分かってる。
でも、来年はね、絵で飯が喰えるようになるかどうか、本気で頑張ってみようかと。
そんなことを考えています。
今年は仕事もしないでフラフラしてましたけどね、ようやく、方向性がつかめたみたいです。
外国語と絵。
来年は、ちゃんとバイトで働きながら、語学とイラストで飯を食うための努力をしていきたいと思っています。

そして。
太陽より高い場所に。
ホンモノの自由を手に入れるよ。
ジャンキーに生まれついたなら、しょうがねぇ。
ボビーみたいに、正しく堕落した人生を送るのだ。

ちょっと早いですが、年末年始の挨拶しておこうかな。週末大晦日はソバの売り子で、某デパートへ死にに逝きますので...。

今年1年、いろいろありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
みなさん、良いお年を!!
Comments (4)

2日遅れのクリスマスプレゼント

2007-12-27 | Wheels & Engines
届きました!!
ヴァーミューレン2!!

初めてレプリカメット買いましたよ。
色とか、本物とはちょっと違うけど、実物を手にすると嬉しいですね♪
サッカーでいうと、レプリカユニみたいなもん?
でも、これは、実用でガンガン使用しますよ。
春に、青のGOOSE350かSV400S(色は確定。)を手に入れて、このメットかむって走るんだ♪
でも、フォルツァに乗る時はかむらないよ!!

しかし。バイクよりメットが先、って。
教習所に通った時の事を思い出しますね。
教官に「どうせ使うんだから、自分の買った方がいい。」って言われて、フルフェイスのメットを何より先に買いました。
エンジンのついた乗り物に乗るのが初めてだったもんで、当時4段階あった1段階を6時間やったおバカさんです。
まぁ、いったん慣れてしまえば、あとはスムーズで、スラロームでのタイムアップを図るまでになりましたが。

バイクを好きになったのは、「バタアシ金魚」を描いた漫画家、望月峯太郎の影響です。
「バタアシ金魚」の花井カヲルは、私が思春期にもっとも影響を受けたキャラであり、カヲルがバイク乗りじゃなかったら、バイクに興味は持たなかったかもしれません。そのあと、「バイクメ~ン」という、そのものズバリなマンガもあったりしましたね。
とはいえ、考えが古いもので、「女がバイクに乗るもんじゃねぇ。」とか思っていまして....。
でも、大好きなロックバンド、人間椅子のギタリスト和嶋氏が乗っていた青いTZR250を見た時に、想いが爆発。免許を取りに行きました。
その後、同年代のノリックや大ちゃんがバイクレースで世界的に活躍していること、ヴァレンティーノ・ロッシという凄い天才が出てきたことで、徐々にバイクレースへも興味が。
しかし、もともと「女がバイクに乗るもんじゃねぇ。」という思いもあって、ホンダのVTR250という、大変扱いやすいバイクに乗っていました。

最近は、自分が本当にエンジンと車輪が大好きなことにつくづく気づかされて、「こうなったら、好きなように乗り物にのってやろうじゃんよ!」と、思っています。
で、スズキなんですが。
昔から、面白いメーカーだなとは思っていて、でも、傍で笑ってるだけでいいやと思っていたんですけどね。
まさか、本気で惚れるとは。
クリスにしても然り。
まさか、茂木にゲーフラをもって応援に行くまでになるとは思ってもみませんでした。
そして、レプメットまで購入。

これからですね。私のバイク人生は。
にしても。
このSHOEIのクリスメット、かぶり心地、最高です。
高いだけあるなぁ~、と、感心しきり。
はやくバイクに乗りたいよ!
Comments (2)

いつになったら...

2007-12-27 | Music
ようやくね、ムーンライダーズのライブが見られると思ってたんですよ。
もう、かれこれ15年以上はライダーズを聴いているんですが、ライブって、実は一度も行った事がなくて。
なんというか、タイミングがいつも合わなかったんですね。
で。やっとチケットとって、昨日行ってきたんですよ。
いや。
ちゃんと確認しないでチケット取っちゃったのが悪かったのかもしれんのですが、ムーンライダーズの単独公演じゃなかったんですね。2日間あって、初日が単独、次の日がメンバーそれぞれのバンドと一緒、そうゆうことだったらしいのです。
多分、チケットを取った時には、そうゆう情報はなかったはずなんですよ。
ああ。
7時開演でライダーズの演奏が始まる頃には10時に。
観られませんでした。
バイトがあって、1曲も聴けずにライブハウスを後にしました。
バイトさえ入れなければ...と、後悔しても、後の祭りで、これはもう、自分の判断ミスを呪うしかなく。
いつになったらライダーズのライブ見られるんだろうなぁ。

でも、良明さんのスクラップの演奏を見られただけでもよかったかも。
慶一さんの歌も聴けたしな。

良明さんのギターは大好きです。
音がぴちぴちしてるんですよね。活きがいい、というか。すごく楽しい感じがします。
それで、スクラップはバカボン鈴木さんとやってるプログレ(?)バンドなんですが、オリジナルはもちろん素晴らしかったわけですが、キングクリムゾンの「レッド」を、クリムゾンとは思えないような独特のアレンジでやってまして、ツボでした。
最後、良明さんが一人で演奏した「ボレロ」も最高にカッコよかったです。

私は正直、良明さんと慶一さん、岡田さん以外の活動には興味がありません。
むしろ、あんまり好きじゃなかったりします。
ムーンライダーズ、好きですけどね、かなり偏ったファンなのかも知れません。まるごと全部好き、ってわけじゃないんですよね。
歌詞も曲も、良明さんと慶一さん、岡田さんの書いたものが好きです。
まぁね、ムーンライダーズ特有の空気とかユニゾンコーラスとかは好きですよ。
でも、楽曲は好き嫌いが激しいです。

とまれ。
本当にね。いつになったら見られるのかなぁ...生ムーンライダーズ。

ライブはいいですよ。
いいライブは、「ああ、人間に生まれてよかった。」と思わせてくれますね。そして、いつまでも脳みそにこびりついて、すてきな思い出になります。

来年は2月にビョークが来日ですよ!!
チケットはすでに入手済み!!
楽しみです。
「オーシャニア」(アテネ五輪で歌った曲。)聴きたいけど、歌ってくれるかなぁ。


Comments (4)

お。インテルか。

2007-12-24 | いろいろ
ダービーが始まる前ですわ。
ウチの父ちゃんがインテルを見て、
「ミラノダービー?お。インテルか。」
と、言ったんですよ。
多分、まんま実況解説の言葉を繰り返しただけなのかもしれませんが、なんというか、あたかも、欧州サッカーをある程度は知っているかのような物の言い方に、思わず吹きました。

あいかわらず謎な父親です。

仕事先で貰ってきた米俵の置物をビニールから嬉しそうに取り出して、「このうえに小さなねずみを...」と、のたまった時も、その思考回路のファンタジーにビックリ。
いや、いいんですよ。米俵にねずみ。
ただね、60過ぎた猿顔のじい様が、うきうきと「小さなねずみを...」って、ねぇ。

まぁ、仕事で遅くなった時には、お家でプレ調理の蟹爪フライを揚げて待っててくれる、ステキな父ちゃんです。

ダービーは...いや、もうミランになにも望みません。今季はトヨタカップで十分です。

今日も快調に足は痛かったです。昨日で痛めた足に長時間の立ち仕事は、苦痛以外のなにものでもありませんでした。足先が腫れ上がりました。びっくりです。
明日からは4日連続のうどんのバイトです。
でも、明日は妹ちゃんが夫婦でおうちに遊びにきます。
いえい。

Comments (4)

久々に労働しました!!

2007-12-23 | いろいろ
って、ほめられたもんじゃねぇな...ハハ。

某デパートで生クリームの試食販売です♪
明日も頑張ります♪

って、仕事自体は楽勝だったんですが、靴に負けました。
せっかくイタリアで黒のパンプス買ったのにな、足に合わなかったのですよ。
昼飯を食べる頃には、すでに両足に激痛が。
チクショウ。
なんで、みんな、あんな靴はけるんだよ??
ヒールのある靴なんてーのは、拘束具だぜ、拘束具!!
帰りの電車の中でですね、見ると、多数のお姉ちゃんがきゅうきゅうしたパンプスやハイヒールをはいてるんですよ、あれ、大丈夫なんですか??
もしかしたら、ただ単に、私があわないパンプスを買ってしまっただけなのかもしれませんが、どだい、ピールのある、まともな靴をはいた事のない人間に、どうやって長時間はいても大丈夫なものを選べと?
しかも、細く長い25.5~26という、まず検出が難しい靴のサイズ。
無難にヒロタとかでローファーでも買っとくかなぁ。
この先、少しはまともな職に就くためにも、靴は大事だよなぁ。

靴ね。
一番好きなのは茶色の革のブーツ。
これだけで3足持ってます。
ブッテロのバックジップはエレガントなので、けっこうフォーマルでもいけるはずなのですが、デパート勤務にはNGだそうです。ブーツ自体がダメなんだな。一般事務だと、大丈夫みたいですよ。オフィスカジュアルって、どこまで許してくれるんだろうね?
私が社会人になりたくないのは、こうゆう服装とかちゃんとするのが苦手だからなのですね。
苦手、というか、正直なところ、どうやって着たらいいのか分からんのです。
人として一般に就職活動する時期に、それをしてないし、会社に就職した事もない。
目標は、ジーンズでも稼げるようになる事。
たとえば、今回のパンプスのことで、その想いは強くなる。
自由になるって、そうゆうことなんだな。
自分があるようにあること。

時々、今日みたいにまともな格好してる自分は、なにか他人みたいなのだ。笑ってしまうのだ。
地元の駅に着いて、ズボンの裾をまくり上げ、パンプスを脱いで、靴下のままで、濡れたアスファルトの上を歩いて帰ってきた。プライマルスクリームの曲を、Rocksを聴きながら、自分が自分らしくある事を思った。

明日は足に合った靴をはいていきます。
何を言われても、痛いのよりかはマシだろうて...。
Comments (4)

スズキがその他だと?

2007-12-21 | Wheels & Engines
「Gooバイク」という、バイク関連のネットショップがあります。
メットのセールをやっていまして、つい先頃、クリスのレプメットが3割引だったんで購入手続きをしたんですが、ここにですね、「世論調査」というのがあって、「乗りたいバイクメーカーは?」と質問してる訳ですよ。

これが現物。

ひどくないですか?
ホンダ、ヤマハ、カワサキ、ときて、スズキがない...。

確かに、私だって数年前は購入するバイクの選択肢にスズキはなかったさ。
でも、それは、自分が女だから、スズキ・カワサキにたいして敬意にも似たまなざしで嫌煙してただけであって、変態スズキ、というレッテルも、なんというか、愛があってこその枕言葉だし、スズキを本気で変態と思っていた訳じゃない。むしろ、スズキやカワサキに乗ってる人をカッコいいと思っていた。
だから、自分がスズキ乗りになるんだと決めた時、これは遊びじゃない、人生に関わる問題だ、と思ったのだ。

なぜ?
なぜ、スズキの名前がない??
がっつり「その他」に投票してきましたよ。コメントに「スズキ。つか、なんでスズキがその他?!」って書いて。
そして、ただいま、「その他」がぶっちぎり...笑。

今日はバイトやら派遣やらの面接で都内をぐるぐるまわって疲れたのだけど、表参道の交差点で、スズキの青いGOOSE350が横切ったのですよ!!!
「お疲れ!!頑張れよ!」
って、GOOSE350が言ってくれたような気がして、一気に幸せな気分に。
そして、GOOSE350の可愛さにノックアウトされた自分が...SV400もカッチョええのだけどね、走る「GOOSE350現物」の可愛さ、どうよ??青い車体も美しかったなぁ。
なんつーんですかね。
SV400は憧れの先輩。
GOOSE350は仲のいい幼なじみ。
そんな感じ?
どっちを選んだ方が将来幸せになれるかね??
春まで、じっくり悩む事にします。
(もし、これを読んでくれているバイク(特にスズキ)乗りの方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスを! 当方、身長163cmで腕力は女にしてはある方です。メアド > cv71_gsv_r@mail.goo.ne.jp )
そういや、はじめてバイク買った時も、2ストのレプリカバイクに乗りたかったのに、結局VTR250にしたんだよな。今回もそうなるのか?

今、とにかくクリスのスライドショー制作に夢中なんですが、活躍しまくった中盤を二つに分ける事に。Summer Editionは二つになる予定です。
選曲に頭を悩ましていたのですが、メタリカの「Frantic」と人間椅子の「走れメロス」、プライマルの「Shoot Speed/Kill Light」で決着しそうです。
ちなみにイタリアのスズキ紀行スライドは「とんまつりJAPAN」。
好きなクリスの画像だけのスライドを作って「Little L」もいいなぁ。
テストの画像があがってきたら、「Movin' on up」でしょう!!
楽しい。

HPのほうは、ただいま、体験版ソフトで試行錯誤中。
サイトのタイトルだけは決まった。

色々やることあるなぁ。
Comments (6)

そこで答えるんか?!

2007-12-18 | いろいろ
今日、なんとなしに、ごはんを食べながらNHKで「紅白検定」というクイズ番組を見ていました。
まぁ、紅白歌合戦に関するクイズなんですが、それまで黙ってTVを観ていた父が、「平成~年に横浜で路上ライブを行ったグループは?」という2択問題で、突然、「ゆず」と言い放ったのです。しかも、かなり自信たっぷりに。
なぜ?
なぜに??
しかも、正解。
「なんで?なんで?知ってたの??」
と聞いてもフヒフヒ笑うだけで答えてくれません。
謎。
謎です。

つか、ウチの父ちゃんは謎なんです。
色々、謎なんです。
チョココロネをカタツムリと言うような人間なのです。

ああ。
なんなんだよ、おまえは...。

今は、クリスの2007年を総括するスライドショーを作っています。
クリス、カッコいいわ~、ステキだわ~。
写真を選びながら、当時の記事を読みながら、ニヤニヤしてますよ。
トルコの多重クラッシュは画像があんまりないんですが、クリスのインタが最高。ダニのバイクに乗り上げたGSV-Rを引きずり降ろしたって....きっと、あの屈強な腕でグイッとやったんでしょうねぇ~....しかも、そのあと激走ですよ!!
本当にカッコいい...惚れ惚れですね。

第1弾は出来上がっていて、スズキ関連の専用ブログ方で公開してます。
興味のある人は見てみて下さいませ。
Comments (3)

主役はパオロ・マルディーニ。

2007-12-18 | Football
そうか、そうだったんだな。

そう思ったのは、優勝して、子供のような笑顔で喜ぶカピタンを見た時でした。

リッキーに飛びつき、おんぶしてもらうピッポ。
必死に記念撮影で真ん中のポジションをゲットするネスタさん。
はじけるブラジル人たち。
多分、すごい喜んでるんだろうけど、ただただ喜んでるようにしか見えないピルロ。
晴れやかな顔のセーちゃん。
叫ぶガッちゃん。
満面笑顔のアンチェロッティ。

みんながきらきらしかった。

しかし。
なにより、この結末に、誰より輝いていたのはカピタン・マルディーニでした。

CLの決勝の後、なにか、素直に喜べない複雑な想いがあったのですが、それは試合の内容や中継の仕方、それまでのミランの歴史を考えていたからとかではなく、ただ単純に、あれがゴールではなかったからなのでした。
ゴールは、ここ、横浜だったのでした。

 今日ですべてが終わるさ
 今日ですべてが変わる
 今日ですべてが報われる
 今日からすべてが始まるさ  「春夏秋冬」泉谷しげる

やっと終わったんですね、なにもかも。
ミランというチームの一つの時代が、パオロ・マルディーニというミランの物語の一つが、終わったんですね。
そう、主役はリッキーでもピッポでもセーちゃんでもなく、カピタン、マルディーニ。
CLからこの横浜への道は、我らがカピターノのためにあったんですな。
ここにたどり着くまで、ミラニスタは一息つく事が出来なかったんですな。

まさか、こんなに出来過ぎな終わり方をするなんて、思っても見なかったです。
いや、マルディーニだから、もしかしたら、とは思っていましたが、正直、今年の5月にリバプールに勝つまでは、期待すらしていなかったのです。
すべてのリベンジを果たして引退するとは、ね。
ああ、さすがだ、パオローネ。偉大なパオロ。

しかし。
カピタン、マルディーニが終わっても、ミランは終われない。
新しい時代を、ミランがどのように築いていくのか。
これからが楽しみです。
いや、でもね、しばらくは大変ですね...。
くじけないよ!!

とまれ。
本当に、この日のために今季のミランはあったんですねぇ。
今季、見た事ないですよ、あんなにきびきびしてはじけたミランは...。
Comments (5)

PIPPO INZAGHI Segna per noi !!

2007-12-17 | いろいろ
私の親友はピッポファンで、かれこれ5年くらい、ずっと好きなんであります。
4年前、ホテルの前で成田に帰るミランの見送りに行ったとき、彼女は仕事に行く時間の都合でピッポを見られずに帰らなければならなくなって、それがずっと心残りになっているのを私は知っていました。

今回、準決勝と決勝の日しか休みがとれなくて、やっぱりピッポを見る機会はなくて、どうしようかなと思っていたのですが、彼女が試合に向かうバスをお見送りしたいと言うので、横浜に行きました。そのバスが5時15分にホテルを出るから、それから急いで帰ってくればキックオフに間に合う、と。
とりあえず行くだけだと思い、なんの用意もせずに向かったのですが、彼女がボードを作りたいというので、急遽コンビニへ。段ボールをもらい、ペンやガムテープを買って、制作開始。コンビニが入っていたビルの中にちょうどいいスペースがあって、快適に段ボールをひろげて文字や絵をかくことが出来ました。
ピッポの応援歌の歌詞とピッポの似顔絵をかいたのですが、今回も右手に神降臨。正味1時間半で60cm×200cmくらいのボードが完成。のちに、そのビルの地下に100均ショップがあることに愕然としましたが、後の祭り。できあがったボードを持って、いざ、ロイヤルパークホテルへ!

いっぱいいましたね。人がいっぱい。
ピッポが乗ったバスの座席を確認して、ピッポにボードが見える方へ移動。人だかりの後ろから一生懸命にボードをあげました。
ピッポはがっつり気づいてくれましたよ!
そして、すれ違うイタリア人のミランファンも喜んでくれてました。サムアップかましてくれたり、「グランデピッポ」って言ってくれました。ピッポの応援歌を一緒に歌ってくれたおじさんは、帰るとき、頭をなぜてくれました。
一生懸命お家に帰って、試合は4-2で、ミランの快勝。
しかも、ピッポはドッピエッタ!
私は親友の彼女と手を取り合って喜びました。

大事な試合はいつだって彼女と一緒に観ています。
そして、ピッポがゴールを決めてくれます。

PIPPO INZAGHI Segna per noi !!
ピッポ・インザーギは僕らのためにゴールを決めてくれる!!

後に余裕ができたら、色々、横断幕などとともに、画像をアップしようと思います。

Comment

友達は大切にしましょう

2007-12-16 | いろいろ
友達、か。
友達と一緒にいるのは楽しいね。
準決勝の後、みんなで飲みながら、つくづく思ったのでした。

ずっとずっと仲良くしてくれている友達は少し。
大切にしている。

私は自分から交流を断ち切ったことがない。
ただ、去る者は追わない。
しかし、自分から去っていく友人を見るのは、辛いものだ。

好きになる時は全力で好きになる。
信じてくれる人には全幅の信頼を寄せる。
自分を好きでいてくれる人にはいつでも誠実であろうと思う。最大限にやさしくしようと思う。

大事な試合は友達と観たい。
4年前も一緒にトヨタカップの決勝を観た親友とテレビで観ることになっている。
4年間、お互いになんの代りばえもない。
個人的にはお互い色々あったのだけど、関係ない。
ただただ、一緒に試合を観られる友達がいることを嬉しく思う。

ほんの少し、ずっとずっと仲良くしてきた友達がいる。
一点の曇りもなく信用出来る友達がいる。
だから、いつだって、大丈夫。


 僕は控えめで樫の木のようにしっかりしている
 僕は美しい人々が煙のように消えるのを見てきた
 友達が来て友達が消える
 僕が必要なら、ハニー、ベイビー、ここにいるよ。

 生きることは悲しいよ
 生きることは騒ぎだよ
 出来ることはしなきゃいけないことなのさ
 しなきゃいけないことをするんだよ
 だから、うまくできるのさ
 ハニー、ベイビー、君のためにね。
 分かるかい?

  ボブ・ディラン 「雨のバケツ」
Comment