がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヴェンゲルまんが 2014・その1

2014-08-23 | Arsene Wenger (アーセナル)
アーセンの自分の選手に対する可愛い可愛いな鼻息が荒くなってきたので、思わず4コマを…。
セスクに対するコメントのすごいトコは、ウチのアーロンの方がすごい!って言い切っちゃったとこですね。
フォローするようにフラミニさんが「さみしい」って言ってくれてます。
でも、これでセスクが大活躍すると、盛大な返り討ちですね。

とりあえず、シーズン初戦に勝利し、CL予備予選もアウェイで引き分け。
悪くない出だしかと。
なにはなくとも、CLには出てくれ。




Comments (2)

どこもガラガラ!台風さん、ありがとう!(ヤケクソ京都旅)

2014-08-19 | 好きな食べもの
京都には美味しいものがいっぱいあります。
東京にもありますね。
地元にもあります。
でも。
京都が一番好きです。
パンと和菓子と洋食の天国、京都。

この間、台風11号が京都の横をかすめていったあの日、私は京都にいました。
安斎先生の陶芸展を観に行く目的で行ったのですが、8月に京都といったら、どうしても食べたいものがありまして。
それは、中村軒のすだち氷!
かき氷は、断然フルーツ派!柑橘大好き!とくれば、絶対に食べてみたかったすだち氷。
前にね、友人に連れてきてもらった時は7月でゆず氷を食べたんですよ。これがとても美味しくて、次はすだちを!と、ずっと願ってたのでした。
でも、京都は台風の影響で暴風雨。桂川沿いの中村軒は開いているのか?!
そう思いながらバスで桂小橋まで。本当は桂川を渡らなきゃいけないんですが、市バス一日乗り放題の範囲から出てしまうので、そこから降りて歩きました。桂川は濁流でしたよ。傘の骨は若干折れ曲がりましたよ。それでも、開いていることを信じて歩きました。
お店が開いてるのを確認した時は、ホッとしました。
いつもはですね、すごい人が並ぶようなお店なんです。心が折れるくらいに。
でも、喫茶の開店前だったし、台風のせいもあって、私が一番乗りでした。
本当は食事をしたいとこだったりもしたんですが、やはりすだち氷を。
もうね、すべての苦労を忘れるくらいに美味しかったですね。
すだち最高!すだち最高!すだち最高!別添えシロップかければいいじゃん!(打首の「フローネル」の調子で!そんな幸福感♪)
そして、中村軒といえば麦手餅!!
食べずに帰れるか!麦手餅!
麩まんじゅうや水ようかんも気になったけど、やっぱり麦手餅!
粒あんを挟んだ餅にきな粉がかかった素朴な餅菓子なのですが、あんこ、餅、きな粉、すべてが最高に美味しいのですよ。
でもね、これには罠がありまして。
ミニというのがあるんですよ。
ミニ。
普通サイズとミニサイズがあるんです。
もう、これがね、普通サイズの大きいことといったら、スズメくらいはありまして。
でもね、忘れて普通サイズを頼んじゃっても、美味しいから食べちゃうんですよね。
かき氷食べた後に、志津屋でカルネを食べようと思っていたのですが、まぁ、それはやめればいいかと、観念して、完食。
そして、どんどん強まる暴風の中、再び京都の中心へ戻りました。

ちなみに、志津屋のカルネはカイザーみたいなパンにハムとオニオンスライスが挟んであるだけのシンプルなものです。ペッパーとチーズもあり、個人的にはペッパーが一番好きです。進々堂のオニオンカイザーも似たような感じですが、やはりカルネが好きです。

観光は断念しました。
そして、中村軒がこの調子なら栖園も…と、考え、三条へ。
そして、思惑通りにガラガラの栖園!
ここも行列になるとこなんですよ。いつもあきらめてたんですが、今日は入れる!しかも8月の琥珀流しは冷やし飴じゃないか!
琥珀流し、というのは、ぷるぷるした寒天にさっぱりした蜜がかかっているだけのものなんですが、美味しいのですよ。霞を食べるというか、清流をそのままお菓子にしたみたいな、そしてキラキラした見た目がとても美しい寒天菓子です。
もうね、これも美味しかった。やっぱり冷やし飴は美味しかった。生のショウガが刻んだのがのってるのですが、これがまた爽やかで…。
しかも、帰りがけに、若鮎をサービスでいただきました。
ここは若鮎も美味しいです。雨だったので、極力お土産を買うのを控えていたため、若鮎を買うのを断念していたところ、思いがけず頂き、嬉しかったですね。

それでも雨風は勢いを増し、せっかくここまで来たからと、六角堂へ行ったのですが、着いた時には滝のような雨になっておりました。
でも、おみくじを引いたら、大吉で、「聖☆おにいさん」じゃないですが、「ああ、この雨風の中よく来たねって、接待されてるな…。」と、思いました。でも、まぁ、嬉しいものですね。神様、粋ですね。
鳩グッツが気になったので、お土産を求めて作務所に入ったら、朱印帳書きのおじちゃんたちが「あれやから休んでますね」と。
あれやから…。台風だから、お土産やのおばちゃんたちは休んでる、と。
ほっこりですよ。
鳩も境内の片隅で丸まって雨宿りですもん!
いいじゃないですか!休んでくださいよ!大丈夫ですよ!おみくじ大吉ですよ!!ビバ!六角堂!

でもって、さすがに午後2時くらいになって、お腹がすいてきたところで三条商店街を歩いていたら、昔検索で見つけたガレット屋さんを発見!
ガレット、めっちゃ好きなのですよ。
甘くないヤツね。そば粉で、チーズとかハムとか載っけるヤツ。で、シードル飲むの!!
もちろん、悪天候につき、店内は空いておりました。食後にサービスでミニキャラメルクレープまでつきました!おみくじ大吉ですよ!

その後も、安斎先生の陶芸展のサイン会では、差し入れのふたばの豆餅をいただいたり、帰りの新幹線でペッパーカルネでビール飲んだり、食べものに関しては、とても恵まれた旅となりました。
でも、この台風で被害に遭われた方もいっぱいいるんですよね…。
浮かれてる場合じゃないんですが。

あ。
もちろん、安斎先生の陶芸展はよかったですよ。陶芸やっても、あの線のカッコよさは活きるもんだなぁ、と、感動。
いっぱい人が集まり、色んな人とお話が出来て楽しかったし、やっぱり安斎先生はステキなんでした。
当初、食器として使うために安斎先生の陶芸作品を買ったのですが、届いてみて、お部屋において、アクセサリーとか並べたら可愛いかなとか思い直しました。



カサビアン描いた勢いで、色々お絵描き。
ベランダーのも、そろそろ取りかかります。
アーセンの絵も描きたい!!
Comment

ダブルヘッダー

2014-08-18 | Music
一日のうちにふたつのライブをはしごするという、もうすぐ40に手が届くおばはんには辛いスケジュールを決行いたしました。

チボマット@ブルーノート東京からソニックマニア。
もうね、いっそカサビアンはサマソニで良かったでしょ?そしたらちゃんと寝られたし、チボマットもう一回観られたんだよ?
ブルーノートは箱的に踊りまくるような雰囲気ではなく、リキッド行っときゃ良かったかな、と、後悔しきりだったので、よけい口惜しいという。

チボマットは素晴らしかったですよ。
羽鳥美保さんの軽やかな声がたまらなく可愛くて…。歌もラップも楽しく喋ってるみたいな感じで心地よかったです。
2枚しかオリジナルアルバムがないのに大好きで大好きでしょうがなかったチボマット。まさか、新譜が出てライブを観られるとは思ってなかったので、とにかく嬉しくて、ずっとずっと観ていたかったです。
国境関係ない人はカッコいいよなぁ、という芯の強さとおおらかな雰囲気に、日本の片隅でウジウジしている自分の脆さと身の不自由さを思ったりもしましたが、もうちょっと手足をのばせるようになれたらいいなぁ、と、希望したりもしてました。
ライブハウスで踊りながら観るのも良かったかもですが、じっくりと音楽を楽しむなら、こうゆうのも悪くないんだなぁ、と。でも、踊りたかったですけど。
ちょっと可笑しかったのは、羽鳥美保さんが本田ユカさんをことあるごとに「ユカさん」となまめかしく呼んでいて、叶姉妹な雰囲気だったことです。

そして、その足で幕張まで行く予定だったのですが!身分証明書忘れた!と、いったん帰宅。(でも、結局要らなかった。じゃあ、チケットに絶対持って来いみたいなこと書くな!微妙な年齢の人に限れ!)
幕張は自宅から30分くらいなので、まぁ、なんとかクラフトワークを半分くらいは観られましたが、お腹すいてたので、クラフトワークが終わるちょっと前にフードエリアへ移動!
ブルーノートはご飯高いからね。もちろん、ジュース一杯ですませてたので、ご飯を食べる暇がなかったのは痛くてね。本当はメッセに行く前にロッテリアでご飯食べる予定だったんですよ。(だって、ブルーノート。ミックスジュースが1,100円て…一瞬、パルプフィクションのシェークかよ?!と。)
肉喰いたーい!!と、ケバブを。で、恒例のサムライジェラートも。シャーベット系が減った気がするのは気のせいだったか。前はイチゴとかもクリーム入ってなかったような。でも、美味しかったですけどね。でも、平泉のジェラテリアにはやはり勝てないんですけどね。

まぁ、本命はカサビアンですよ。
むしろカサビアンさえ観られたらいいんですよ、私は。
結局、追加公演なんてなかったんですよ。
だからいいんですよ。

サカナクションの時は踊ってるファンを横目に片隅でじっと待ち、終わった瞬間に人をかき分け前へ前へと前進。
始まる前は4列目くらいにいましたが、始まった瞬間に2列目くらいにいました。前に行く嗅覚は昔取ったなんとやらです。
鼻血が出そうなくらい間近で見るカサビアンに興奮!もう、コミケ3日目にも匹敵しそうな男臭さも、朝の山手線並みのもみくちゃも、全然平気です。
ある意味、フェスだから前に行けたのかな?とか思ったりもして、単独じゃなくても良かった!1万円近く払ったけど、全然惜しくない!って思いました。
カッコよかったなぁ…。
楽しそうにステージで動き回ってるのを観られて幸せでしたよ。
色んなイントネーションでトムが「ありがとう」って言ってました。そして、やっぱり、ずっと「トーキョー」って言ってました。千葉ですけどね。まぁ、植民地ですからね、仕方ないですかね。
個人的に、髭と、あと人体のフォルムとして、ひょろっと背の高い人の猫背が好きなので、サージは殊にカッコよかったなぁ。高音域の声の伸ばし方も好き。
そして、曲のカッコよさがね、たまらなかったですよ。
どこが好きの境界線なのかは説明できないんですが、とにかく好きな音で曲で声です。

まぁ、メッセでは、プライマルスクリームもマーズヴォルタも、こうして間近で観てきました。昔はライブと言えば前へ突進してました。
最近は、齢のせいもあって、後ろで踊ってたりしますが、やはりライブはGo!Go!最前列ですよ。若い人は体力のあるうちに前のめってください!

でも、近年は海外のバンドがあまり来日しなくなってね…。
日本のバンドにも面白いのはあったりもするし、自分が知らないのもいっぱいあるんでしょうが…淋しいです。

にしても、一人でライブに行くって言うと「え!ひとりで!?」って反応すね、世の中は。
回り見渡しても、あんまりいないですね、ひとりの人。
音楽の趣味が同じ人に友達がいないからしょーがないじゃんね。
つか、慣れすぎちゃってて、あたりまえに一人で行きますよ。
強く生きていきたいと思います。
Comment

植物男子ベランダー 第8話・恋の冷凍保存

2014-08-14 | 植物男子ベランダー
個人的には、葛城さんとのきゃっきゃうふふな植物バカ男子の友情もありではないかと思ったり。
楽しそうだったじゃんね。あれ。
そして、好きな人の好きな人が好きな人なら許せる、そうゆう構図だった気がします。

相手との間に目に見えない深くて暗い溝を感じる恋は辛いよねー。飛び越えられない「差」みたいなのがある恋は辛い。
それでも淡く期待してたベランダーが切なかったです。
まぁ、あれがリアル・トモロヲさんなら勝てる気もしますが、あくまで「ベランダー」ですからねぇ。(せいこうさんですからねぇ。...おや?誰かきたようだ...)

しかし、楓さんはやはり小悪魔でしたなぁ。
ファンレターやらサイン会で小説家を落とせるとは!さすが!
可愛いもんね。頭良さげで性格も素直そうだし。
ああ、その魅力を爪の垢程度でいいから分けてくれ….。
まぁ、そうゆう思いを込めて楓さんを描きました。

そーいや、昔、渡辺満里奈@おニャン子クラブ会員番号36番さんが「好みの男性は長塚京三さんです♡」って言ってたっけなぁ。
そんなことを思い出しながら葛城さんを描いたりもしてました。

結局薬局、新作放送には間に合いませんでしたが、こんなだるだるなペースでも完走はしたいと思います。
次のブロンソンズなトモロヲさんも1話1枚でやることになるかと。
どうみても、狙ってるとしか思えないウエスタン…。
往年のブロンソンズファンに向けてのサービス回と受け取りました。
ほら、村上淳はMJじゃん!じゅんだし!(もう、どうでもいい。穴で泣いてきます。)

本当は京都に行く前に仕上げるつもりだったんですけどね。
新しい部署に馴染むのが大変で、毎日、帰宅してはご飯食べて寝てました。今も似たような状況です。
明後日はチボ・マットからのソニマニです。プレミアリーグも開幕です。新部署での初夜勤も控えており、どうしようね!ね!
Comment