がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

植物男子ベランダー 第13話・そして、俺は途方に暮れる

2015-01-12 | 植物男子ベランダー
ということで、かなり遅れてしまいましたが、最終話です。
アーセナルがストーク相手にクリーンシートを決めた勢いで、なんとか描ききりました。

蓮は、私も大好きな植物で、このHPのテンプレも蓮です。蓮はいいです。あれは天女の化身です。花びらの色の美しさはさることながら、つぼみから花の終わったあとまでもが、すべてが絵になります。葉っぱを玉のような水がコロコロするのもステキだし、泥の中から茎を伸ばすというのが、また、いい。仏教の教え、そのものの様な植物です。蓮はね、ずっと観てられますよ。もう、惚けたような顔で見とれます。
毎年、開花の時期に合わせて、近くの蓮沼へ行ったりしますが、時期をちょっとでも外すと、残念なことになるので、たいへん気を使います。

さて。最終話です。
始めの頃、親友が「最後までやりなよ?」と言ってくれたのが、ずっと心の片隅にあって、なんとか最後まで描ききりました。
ちょっとは画力上がったかな?とか思いましたが、大して変わらなかったみたいです。むしろ、画力のなさを痛感して脱力です。

正直、途中、挫けた時期がありました。
仕事の忙しさもあったし、植物女子あたりで「あれ?この方向性?」と、戸惑ったりもしまして。
個人的には、パイロット版の雰囲気が大好きで、エッセイの要素を多めに、植物相手のほぼ一人芝居の路線で淡々とやってほしかったんですよ。ミニコーナーも、もっとたくさんやってほしかったし。ショクダイオオコンニャクみたいなのはシリーズ化してほしかった…。
でも、まぁ、あれはあれで概ね好評だったんですかね。シーズン2やるってことは、好評だったんでしょう。私は少数派なのかもしれません。
とはいえ、トモロヲさんや松尾スズキさんを堪能出来るのはずっと変わりなかったので、そこは始終楽しかったです。となりの田中さんもツボ過ぎて、いつのまにか大好きになっておりました。最近、他の番組でも古館寛治さんを見かけると嬉しくて仕方がないです。この間なぞ、吉本隆明の詩の朗読をしてたのが古館さんで歓喜しておりました。あとはアボカド娘の清楚な可愛さが良かったですね。ちなみに、葵ちゃん推しです。あとあと、店長を描くのがとても好きでした。もともと、安藤さんの絶妙な色気がいいなぁ~と、思っていたので、楽しく描いておりました。
まぁ、基本的に分かりやすい性格なので、見ての通りです。

シーズン2は、多分、こうゆう形では絵を描かないと思います。観てみないと分かりませんけどね。

とまれ。
いままで、植物男子ベランダーの絵を楽しみに見にきてくださって、ありがとうございました。

Comments (2)

植物男子ベランダー 第12話・植物たちの挽歌 Episode 02「水草が欲しかっただけ」

2014-11-29 | 植物男子ベランダー
11月は法事がありまして、スズキがバレンシアGP出たり、おまけに寺田克也個展@L.A.「Return of Hot Pot Girls」があったりもしまして、まぁ、忙しかったわけです。

水草回は、観ながら、いつタナカカツキさんが出てくるのか、と、ドキドキ。
アクアショップの店頭の流木や店内の水草水槽に、もうこれは、いつ出てきてもおかしくない状況でしたが、もちろん出演はありませんでしたね。
水草水槽と言えばタナカカツキ。
「部屋へ」とか読むと、自分もやりたくなる衝動が…。でも、その一歩が踏み出せない。つか、本当はなにがやりたいのか、まだよく分かってないんです。
盆栽、水草水槽、文鳥...どれかに取り組みたいんですが。
いづれも取り組む素地はあるので、あとは決意を固めればいいだけなんですけどね。

さて。のんびりやると言っても、これでは年を越してしまうんではないかくらいの勢いですが、これをもって、残りはあと1話となりました。
きっと年内には終わらせますよ!!
Comment

植物男子ベランダー 第12話・植物たちの挽歌 Episode 01「影ヲ慕ヒテ」

2014-11-10 | 植物男子ベランダー
色々あり遅れました。

次の水草回はあまりたくさん描かないので、すぐにあがると思います。

しかし。
トモロヲさん、わりとしっかりした身体してるので、映像的には説得力がないというか…。
腹はね、出ててもいいですよ。むしろ男の人は出ててもいいと思います。
健康に重篤な影響がなければいいんじゃないか、と。

個人的にツボだったのは「食べちまえばいいんだ!」のシーン。アボカド娘がキャッキャとたわむれているとこで、笑いましたね。
アボカド娘、いいですよね。今風なようで結構清楚なあたりがステキです。

Comment

植物男子ベランダー 第11話・遠い日の花火

2014-10-23 | 植物男子ベランダー
松尾スズキさんとの掛け合いを描きたくて、こんなことに。
しかし、私服のアボカド娘たちが意外と清楚な格好で…通ってる学校はお嬢様学校なのか?
登場人物も多く、わりと大変な作画になりました。

昨日は、丸一日ベランダー絵に取り組めるということで、制作過程をTwitterで実況してみましたが、続々とファボってくれたりリツィートしてくれたり、なんというか、吃驚しました。いつもは毎日少しずつ制作していくので、こうゆう機会は珍しく...でも、いつかやってみたいとは思っていたんですけどね。
あれですか、すっぴんから化粧で化けてく過程が面白いみたいなことですかね。
そうじゃないか。
うん。絵が描かれていく過程って面白いですもんね。
ライブドローイングとか、ホント、見てると時間忘れますもん。
真っ白のとこに絵が立ち上がっていくのは、まるで魔法です。
私の絵はそこまで感動する様なもんじゃないんですが。まぁ、絵って面白いね。

残りもあと2話となりましたが、のんびりと最後まで描いていくつもりなので、よろしくお願いします。
Comment

植物男子ベランダー 第10話・パニック・ルーム!

2014-10-11 | 植物男子ベランダー
ある一定数、楽しみにしてくださっている方がいるのが分かっているので、心苦しかったりもしますが、もうね、のんびりやりますよ。
ちょっと、職場でのゴタゴタにやられて、ぐったりしております。私は、意地悪な人がとても苦手です。その矛先が自分に向いていなくても、そうゆう行為を見るだけでも嫌なんです。そうゆう毒にやられております。他にも色々ありますが、基本後ろ向きなのは常態化してるので、しょうがないですね。
しかも、ライブだとかイベントだとか、ウキウキ出来ることもなくてねぇ。
「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」のアライグマくらいっすよ、最近の潤いは。ロケット、めっちゃカッコいいね。あんなにもふもふなのに優秀なメカニックでパイロットで戦闘能力に長けてるとか…その上、キャラ設定がハードボイルドなんですよ!相棒のグルートは気は優しくて力持ちのステキキャラだしね!メルテザッカーさんで脳内変換しちゃうよね!
あ、でも、さすが秋で、美術館博物館は楽しいことになっておりますので、これから気分が上がるかもしれません。
とりあえず、今月中にあと2つくらい描けたらいいなと思っています。

さて。
パニック・ルーム!
パニック・ルームは、あれですね、ジョディー・フォスターが出てる映画のタイトルですね。きっと。あの、怖いヤツ。糖尿病で大変なヤツ。
まぁ、どうでもいいですね。
茶碗蓮ですよ。
なんで蓮用の土入れないんだよ!?
なんで死者の土にまんま入れてんだよ!?
と、もう、早い段階でダメダメでしたね。
そして、臭くてしょうがなくなった時点で、捨てろよ!!と。ガスマスク買う前に捨てろ!
ツッコミどころ満載でした。
花が咲かないのは淋しいね。
絵的にも淋しいね。

なんか、1ヶ月ちょっと前にここでドリフターズの新刊マダー?って書いたら、今月27日に4巻発売だそうで。
やたー!!これでしばらく生きられますですよ。

そういや、今、モトGPが茂木に来てますね。来年、スズキが復帰するとゆうことで、試作車が走行するそうです。観に行きたかったりもしますが、結局、気力も体力も伴わず、断念しました。来年はね、行きますよ。やはり、スズキのいないモトGPは淋しいもんです。個人的にはクラッチ郎に乗ってほしかったです。多分、似合う。きっと、似合う。でも、スズキが走ってくれるだけで、十分嬉しいです。



Comment

植物男子ベランダー 第9話・サマータイム・ブルース

2014-09-09 | 植物男子ベランダー
今までになく遅れました。
あんなに時間あったのに。
まぁ、夏のせいですね。

この回、トモロヲさんがブロンソンズだ!ということでテンションが上がりましたが、なんというか、そうじゃなくても良かったような。
個人的には、なじみの花屋を舞台にヒラコーの「以下略」で良かったと。
ときに。ドリフターズの新刊はいつ出るんだ…。(雑誌はあまり買わない派です。でも、ニコラ・ド・クレシー読みたくて、今、ウルジャン買ってますよ!あれ、奇跡!こんな時代が来るなんて!)
とりあえず。着流しのムラジュン、カッコよかったね。だから、ブロンソンズ展開じゃなくてもよかったんだよ?植物談義でキャラ崩壊していくヤクザさんが観たかったよ?ねぇ?
そして、隣の田中さんがじわじわきております。
実は、かなりカッコいいのでは?あれ?
結婚するなら、ベランダーより、断然、田中だろう?
みたいな。
ともあれ。
今月は毎週ベランダーの放送があるそうで、ちょっとは焦りつつ、気長にやっていきたいと思っています。

以下、近況報告なので、興味のない人は、ここまでで。
ベランダー関連でいらしてくださっている方々が多いことと思われますので。














近況報告です。
以下は近影…?



久々に自画像描きました。定期的にやるはずが1年以上やってなくて、久々に。
絵はいいよね。たるみとか皺とかシミとか色々補正が簡単だ。前髪を作ってみようかとか思っていたので、やってみたら、あんましよろしくないことも判明。やっぱりベリーショートにしたいとか思ったり。
似てるか似てないかは、本人には分かりません。
Twitterアイコン用のは、もうちょっとしたら描き直そう。

絵は描いてると楽しいね。どんな絵でも。最近は、よく鳥の絵を描いています。
そして、古今東西のカッコいい絵とか見るのも楽しい。

この間、注文していた寺田さんの「エロ×メカ」が届きまして...。超スペシャル版ですよ。生原画(スケッチ)付きなんですよ。
もともと、年内の届けばいいくらいのものかなとか思っていました。だって50部ですから。でも、夏に出版社から「発送が遅れてすいません。お詫びにオマケ付けます。」な、寺田さんのメッセージ付きのメールとか送られてきて、ああ、このメッセージも50部限定!とか感動して印刷保存。その時点で、すでにかなり得した気分でした。
しかし。送られてきたものを見て開いた口が塞がらなくなりました。
スケッチなんて言うクオリティじゃない…完全に絵画!!!!
ああ、大好きな鳥さんまで描いてある!女の子の顔もちょう好み!クラブ・パンターニみたいな悪魔さんもいるじゃないか!
そして、約束のプリントやオマケも素晴らしく…。オマケは、あれですよ、30Tの値札だったステッカーですよ。その完全版。
しばらく悦に浸ってました。ビバ!寺田克也!神!
正直、自分のところに届いたスケッチ以外のも見たいです。50部あるんですよ、この絵が!!と、思ったらジリジリします。それだけでも画集になるのに!欲しいよ、その画集!!!この企画、罪過ぎるわ。

そんなこんなで若干うかれていたわけですが、職場では部署移動により、いまだにあたふたしております。前のとこに戻りたいという後ろ向きな気分が晴れるのにはまだ時間がかかりそうで…。
なんというか、辛い時期には、近い将来にこうしたい、みたいなことを逃避的に考えます。
ちゃんと実行できるといいな。

ブエルタを観始めた瞬間に寝落ちし、運良くフルームが仕掛ける直前に目が覚め、コンタドールのバキューンの後にベランダー絵の仕上げをしました。ブログも色々とだらだら書いて、ネット巡回したりもして、すでに朝!今日は夜勤なので、これから寝ます。
とまれ。
コンタドールとかヴァレとかピッポとか、実力も華もあるスポーツ選手って、整形前のマイケル・ジャクソンの雰囲気なんだよなぁー!と、思ったりする今日この頃です。

Comments (2)

植物男子ベランダー 第8話・恋の冷凍保存

2014-08-14 | 植物男子ベランダー
個人的には、葛城さんとのきゃっきゃうふふな植物バカ男子の友情もありではないかと思ったり。
楽しそうだったじゃんね。あれ。
そして、好きな人の好きな人が好きな人なら許せる、そうゆう構図だった気がします。

相手との間に目に見えない深くて暗い溝を感じる恋は辛いよねー。飛び越えられない「差」みたいなのがある恋は辛い。
それでも淡く期待してたベランダーが切なかったです。
まぁ、あれがリアル・トモロヲさんなら勝てる気もしますが、あくまで「ベランダー」ですからねぇ。(せいこうさんですからねぇ。...おや?誰かきたようだ...)

しかし、楓さんはやはり小悪魔でしたなぁ。
ファンレターやらサイン会で小説家を落とせるとは!さすが!
可愛いもんね。頭良さげで性格も素直そうだし。
ああ、その魅力を爪の垢程度でいいから分けてくれ….。
まぁ、そうゆう思いを込めて楓さんを描きました。

そーいや、昔、渡辺満里奈@おニャン子クラブ会員番号36番さんが「好みの男性は長塚京三さんです♡」って言ってたっけなぁ。
そんなことを思い出しながら葛城さんを描いたりもしてました。

結局薬局、新作放送には間に合いませんでしたが、こんなだるだるなペースでも完走はしたいと思います。
次のブロンソンズなトモロヲさんも1話1枚でやることになるかと。
どうみても、狙ってるとしか思えないウエスタン…。
往年のブロンソンズファンに向けてのサービス回と受け取りました。
ほら、村上淳はMJじゃん!じゅんだし!(もう、どうでもいい。穴で泣いてきます。)

本当は京都に行く前に仕上げるつもりだったんですけどね。
新しい部署に馴染むのが大変で、毎日、帰宅してはご飯食べて寝てました。今も似たような状況です。
明後日はチボ・マットからのソニマニです。プレミアリーグも開幕です。新部署での初夜勤も控えており、どうしようね!ね!
Comment

植物男子ベランダー 第7話・初夏のパノラマ Episode 02「狂喜の植木市」

2014-07-25 | 植物男子ベランダー
ツールを観ながら、色を塗りながら、寝落ちするという…ね。気がついたら、ペンタブに突っ伏して寝ておりました。
我ながら間抜けな姿態に笑うしかなく。
山岳ステージで寝落ちするとか!バカか、自分!つか、誰が勝ったの?山岳賞は?
あとで確認しなきゃです。

ということで、起きてから色塗りを再開し、早朝にアップです。
昨日の夜に出来る宣言をしてたのになぁ…それで覗きにいらしてくださった方もいたんではないかと思うと、胸が痛いです。
すみませんでした。

なまずがね、可愛くてね。
茂木梅吉氏がね、エロくてね。
よかったね、この回。

でも、トモロヲさんの透け感のあるカーディガンは面倒くさかったです。

さて、次もすぐにとりかかりますかね。
8月は忙しいのですよ。
京都に行ったり、ライブに行ったり、で、まだまだプチ寺田祭開催中だし。職場でも人事異動があって、新しい部署に慣れなきゃならんのです。
今月中に、完成させなきゃなぁ。でも、どうやって画にするかな...。

とまれ。
今日は夜勤なので、二度寝します。

Comment

植物男子ベランダー 第7話・初夏のパノラマ Episode 01「仁義なきニチニチとの戦い」

2014-07-22 | 植物男子ベランダー
約1ヶ月ぶりの更新でございます。

W杯期間中に、再び体調を崩しました。
もう、そりゃ、盛大に。
観戦中に寝落ちして、お腹を出して寝たりしてたんですよ、たぶん、きっと。
急性副鼻腔炎とか、そんな感じになって、熱出したりもして、でも、夜勤やったりして。
そうこう苦しんでるうちにツール・ド・フランスが始まり、W杯との二重生活へ突入。
体調が回復したとたんに、なぜか掃除魂に火がつきまして、この時期に家の大掃除を始めてしまい、半ば、ベランダー絵を忘れていたのですが、新作の放送が近づくにつれ、あの鬼の形相で水やりをするトモロヲさんを描きたい衝動がムクムクと湧き始め、ようやく着手できた次第であります。
科博の「ダイオウイカ再び」でトークショーがあったり、夏のTシャツ祭「30Tファイナル」が始まったり、キノコホテルのライブがあったり、まぁ、なかなかすすまなかったのですが、ようやくアップできました。

W杯は、あれですね。
ドイツでしたね。
日韓W杯の時に、カーンでやられてサッカーを観るようになったことを思い出していました。今回のノイアーも同じくらいの凄まじさで。ノイアー、ここまできたか!と、感激しておりました。
体調崩して絵を描けなかったのは痛かったです。
個人的には、フランスのバルビュエナが一番気になったかも。フランス、フレッシュな感じが良かったです。そして、ドビュッシーがアーセナルに来ました。ロリスもくればいいと思います。オフのアーセンは髪の毛伸び放題です。ボサボサしてます。可愛いね。

さておき、もう、すぐにでも植木市に取りかかりたいと思います。
多分、新作の放送には間に合う、はず!
Comments (2)

植物男子ベランダー 第6話・風船と赤い金魚

2014-06-25 | 植物男子ベランダー
なんというか、いつものようにちびちびと描く気の起きない回でした。
エッセイみたいなドラマではなく、ちゃんとしたお話のあるドラマだったので、どうしようかな、と。
で、フツーに絵を描くか、と。
色の塗り方を変えてみたりもして、フィルターのせてみたりもして、まぁ、こんな感じで。

遅れたのは、どうしようかと迷っていたこともあったし、やっぱりW杯と妹のせいです。
なんとか新作放送までには間に合いましたが。

日本はもちろん、コートジボワールやイタリア、イングランドが敗退しちゃったのが残念で仕方ありません。
でも、よくよく考えれば、単純に力の差ですね。
コートジボワールは選手の質に差がありすぎてるし、イタリアはモントリーヴォいないし、イングランドは世代交代真っただ中だし。まぁ、イングランドはレドナップとかに監督やってもらったらいいのにね、で、UKででればいいのに、と、色々思うとこもあり。もともとホジソン監督にはわりと期待がないのでした。
あと、南米の気候も影響があるんじゃないかと。

って、ベランダーに関係ないことばっか書いてどうすんだ。

個人的には、今回大会はフランスが気になっております。

Comment