がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DEATH PANDA

2009-11-28 | いろいろ
ふと思い出して、無性に見たくなって、確かYOUTUBEで見られたよなと検索。

デスパンダ。

フクロオオカミ、トクダオオコウモリ、リョコウバト。

懐かしい画像に心躍らせてクリック!
...が。
なんと、削除されてたですよ!不適切だとかなんとかで!
なぜ??
確かに、過激ではあると思いますが、夕方に放送されていた子供番組のワンコーナーですよ?

デスパンダは、3年くらい前にテレ東でやっていた「竹山先生?」で、絶滅した動物を召還し一曲歌わせるという、シュールでブラックな企画でした。しかし、描かれるキャラクターは実にポップで可愛く、そのままキャラクターグッツを作れるんじゃなかろうかというくらいのレベルの高さ。正直、もっと色んな作品を見たかったです。
ギター・音楽はマーティン・フリードマン。
絶滅動物を召還するデスパンダはキッスのジーン・シモンズをパクった外見のパンダ。
HR/HM好きの心を揺さぶりまくる、この組み合わせでしたしね!
でも、歌はAKB48。
このギャップもよかった。

どうしても見たくて、ニコ動に無料登録...ちょっとした敗北感を味わいました。
久々に見て、一気に歌詞やらなんやらを思い起こし、最近、ずっと鼻歌がデスパンダ...。
トクダオオコウモリとか、ヤバ過ぎです。

BAD FACE, BUT TASTY. 
フルーツ・アンド・ハニー・テイスト!!
絶滅するまで食べるんじゃねーよ!

ちなみに、トクダオオコウモリのトクちゃんの声は元モー娘。のなっち。

でも、一番怖いのはリョコウバト。ちょっとしたホラーです。
あくまで陽気なオージーウルフのフクロオオカミも大好きです。

絵はその当時に描いたマウス絵。
気になる方は、ニコ動で検索してみて下さい。
Comments (2)

KAWASAKI DAYS 23.11.2009・WSB公式:クリス、カワサキ初乗り in オートポリス@大分

2009-11-24 | Chris Vermeulen(KRT)
ヴァーミューレン、日本でカワサキに乗る(Monday, 23 November 2009 13:49)

2010年、公式にカワサキWSBのライダーとなるクリス・ヴァーミューレンは、先週、日本のオートポリスで初テストを行った。厳しい寒さのため、コースに出たのは半日だけだったが、初めて乗るマシンでの初めてのテストを楽しんだ。

WSBとモトGPの両方で優勝したことのある貴重なライダーの一人であるクリス・ヴァーミューレン曰く、
「初日はすごく寒くて、周回したりはしなかったんだ。1日目は、どんな人間だって周回しにいけるもんじゃなかったよ。最高気温は1℃だし、凍ちゃうように寒かったからね! 2日目はちょっとマシになって、午後1時くらいから出てったんだ。まぁ、少なくとも晴れてはいたしね。気温は6、7℃まで上がって、路面温度は14℃くらいだった。」

テスト中、インフルエンザ(ただの風邪かも...)に苛まれていたヴァーミューレンは続けて曰く、
「とにかく、バー(ハンドルのこと?)やフットペグ(ステップのことですね。)やシートの正しい位置に馴れるために乗っていた。こうゆうのは最初の頃にやるような一般的なことだよね。また、小さなセットアップにも取り組んだ。シャーシに関しては、バランスはいいみたいだし、こうゆうコンディションでの初乗りとしては、すべてがかなりうまくやれたよ。とにかくただただ基本的なテストだった。1時から4時で30~40周くらいしたと思う。

ヴァーミューレンが次にマシンに乗る機会は、11月30日と12月1日のスペインはCartagenaになる。


原文(WSB公式)>

Vermeulen rides Kawasaki in Japan(Monday, 23 November 2009 13:49)
Chris Vermeulen, who will be an official Kawasaki World Superbike rider in 2010, had his first test at Autopolis in Japan last week. He only did one half day on track due to the inclement wintry conditions, but was glad to have done his first test on his new machine.

"The weather was so cold on the first day that we didn't do any laps," said Vermeulen, who is one of a select band of riders to have won both WSB and MotoGP races. "Nobody went out to do a lap on day one because it got a maximum of one degree and it was freezing cold! The second day was a bit better. I got out about 1pm and at least it was sunny. The air temperature got up to about six or seven, the track temperature got up to about 14 degrees."

Vermeulen, who was suffering with a flu through the test, said "I was just riding to get the bars, footpegs and seat in the right place. Just general things like that, all the early stuff you try to get done. We played around with some small set-up things as well. On the chassis side the bike felt well balanced and did everything fairly well for a first ride in the conditions we had. It was pretty much just a basic test. I guess I did somewhere between 30 and 40 laps, between one and four o'clock."

Vermeulen will get his next chance to ride the machine at Cartagena in Spain on 30 November and 1 December.


やっと出ましたねぇ...カワサキのテスト報告。
寒過ぎでテスト出来なかったですか...まぁ、18日は東京も寒かったですもんね。
そして、クリス、インフルエンザ??
Fulとあって、これは普通の風邪にも使うこともあるんですが、ただの風邪ならFulは使わないか...インフルエンザにかかったのかもです。
GP最終戦に続き、やっぱりここでも平手造酒かよ...泣。げふげふ。
とはいえ、なぜかテスト中の写真は半袖Tシャツ姿...矛盾してないか??

シャーシのバランスの良さはガードナー氏も言ってたことですね。
でも、本格的なテストはスペインからになるんでしょうね。
とりあえず、今回は挨拶したくらいの第一歩!次はメアドの交換くらいまでは進展...なんの話だ?

しかし、カワサキ公式のニュース・リリースや画像の提供はしょぼいと言うか厳しいと言うかなんというか...昔は、お金出せば画像はくれた気がするんですが、今はそれもなしなのか??
スズキのアホみたいな太っ腹とマメさに慣れた身には、これから試練が待ち受けてるような気がします。

本当は、クリスのチームメイトになるトム・サイクスのインタも訳したかったりしたんですが、挫折。
サイクスも元スズキなんですよね。BSBでリズラスズキだった...。リズラ兄弟♪

とまれ。
一応、今日からここのブログを公開。
クリスにくっついてきて、WSBでカワサキを応援することになったスズキ乗りですが、これからよろしくお願いします。
Comment

安斎さんが大好きです♪

2009-11-24 | いろいろ
今年に入って、どんだけ安斎さんが好きかということに気づかされて、まぁ、きちんと活動を追うようになったわけですが、やっぱりというか、当然というか、どんどん好きが増大していくのが分かります。
色々追っかけやってきたけど、みんな安斎さんの足下にも及ばないんだぜ!
私はそう友人に言い放って叱責されたことがあるのですが、事実なんだから仕方がありません。

でも、最近さらに気づいたことがあって、なんで自分の中で安斎さんを追っかけることを解禁したのか?ということなんですが....。
うん。
あきらめたんですよ。
本当はちゃんと一人前のクリエーターになって安斎さんに会いたかったんです。
でも、あきらめた。
才能がない自分をちゃんと認められたから、一ファンとして会うことを自分に許したんです。

あきらめちゃダメなのかもしれません。
でも、やっぱり才能なんてなかった。
それは、もう、本当に。
絵を描くことは大好きです。
大好き。息をするのと同じくらい、私はいつも絵を描いています。
でも、ただそれだけ。

なんだろう。あきらめたら楽になったな。
そして、安斎さんを見ていると、本当に幸せな自分がいる。
ずっとずっと、こうして安斎さんや安斎さんの作ったもの、やってることを見ていられたら、それだけで十分だなと本気で思う。

絵を描いて、音楽を聴いて、バイクに乗って、バイクレースとサッカーを観て、そして安斎さん。
私の人生は本当に楽しいなと、思う。
色々大変な人生で、色々辛くて、死んじゃいたいようなこともたくさんあったし、成長出来ない子供な部分がいっぱい残った人間になってしまったけど、よく考えたらステキな人生で、今は本当に楽しい。
楽しいな。

絵はさらさら描きました。
このあいだ行ってきた、フーレンズのライブを記憶スケッチ!
しかし、豪華なメンバーだ...小野瀬さん(@クレージー・ケン・バンド)のギターはマジでハンパないっす...度肝を抜かれましたよ。
オカリナだけでスモーク・オン・ザ・ウォーターとか、色々面白かったし、なにより、はじけまくった安斎さんがカッコ良くてね...ラストオーダーズとは違った魅力が満載でした。
ホント、安斎さん、大好きです。ラヴ!!(<はい。病気なので、放っといてください...)
Comment

あおによしーっ!!!!!!

2009-11-17 | 旅 ~ I Love Trip ! ~
ブツ、ブツ、ブツ....
1年くらいブツをライヴで見ないでいると、けっこう辛い自分がいるんですよ。
ブツ、仏、つまり、仏像。
みうらじゅんを好きになったきっかけが仏像で、実はその逆ではありません。
もともと仏像が好きだったのね。
確か中学生の時に新聞で「大きい仏像はカッコいい、大仏ビーム!」とか言ってるのを新聞記事で読んで、この人についていこうと思ったのがはじまりでした。
で、仏。
癒されるとかありがたいとか、そんなんじゃなくて...。
まぁ、癒されるなら、タモリ倶楽部で十分だし、猫の可愛い姿でもいいしね。
仏像はロックでパンクでセクシーで、この世のものではない異世界のアイドルなんである!!とか、思ってて、ライヴ・フロム・蓮華蔵世界!ですから、お堂に行くのはわくわくドキドキです。

今回の目的は二つ。
興福寺の「お堂で阿修羅を見る」と、唐招提寺の落成したばかりの金堂。
そして、心の菩提寺、京都の六波羅蜜寺にも、しばらく行ってないので、寄ることにしました。
色々あって、夜行バスで奈良に行き、その日のうちに新幹線で帰ってくるという強行スケジュールになってしまい、去年のスパルタン・ツーリングを思い出しました。
あの時は南円堂(トップの写真の真ん中の屋根。手前の基礎には、そのうち金堂がのる予定。)が開帳で、やっぱり興福寺に来たんですよね...もう、しばらくは興福寺は行かなくていいかな、つか、時間の都合で、すぐそばにある東大寺に行けないのが、残念過ぎです。

それにしても、興福寺は阿修羅のプロデュースが実に巧妙です。
春から阿修羅展の巡回をやって、秋に帰ってきたら「あの阿修羅をはじめとした八部衆および十大弟子が仮金堂に集結!」なーんていう粋な企画をやってしまうあたり、かなりのやり手です。
「お堂で会いましょう!!」
ってな具合に、全国から阿修羅ファン、仏像ファンが押し掛けた結果...



浦安のネズミの国もビックリですよ。
私は90分待ちだったんですけどね...それでもかなり辛かったです。
でもね、お堂に釈迦三尊をとりまく可愛らしい八部衆と十大弟子という光景は、やっぱり最高にカッコよくてね...宝物館に収蔵するのは間違いなんだよなぁ~って改めて思いました。なんつーか、昆虫標本みたいな感じするからね...博物館とか。
しかし、釈迦をさておき、阿修羅がメインなスポットの当て方...阿修羅、困っちゃう!な顔してましたよ!
そのうえ、北円堂はいつまでたっても0分。なんだ、この差は?!

並ぶのが苦手で、人ごみが嫌いで...私、この阿修羅で、ぐったり疲れまして...ええ。
当初、東寺にも行く気でいたんですけど、唐招提寺についた頃には、その気はまったく失せておりました。

つい最近、ようやく平成の大修理が終わり金堂が落成した!というわりには空いてた唐招提寺。



もう、正面からして、構えがデカくて堂々としていて天平のおおらかさが...



しかも、この中には、千手観音、盧舎那仏、薬師如来、ところ狭しと3体の大きな仏がおられます。

私が初めて唐招提寺に来た時は平成の大修理が始まる直前で、もっとボロボロだった気がします。でも、デカイお堂にデカイ仏。ちょっとお堂をのぞいた時にちらりと見えた千手観音の手のデカさと多さにグッときたのは、今も昔も一緒でした。

西ノ京から近鉄線で京都まで出て、バスで六波羅へ。
途中、三十三間堂に寄りたいとも思いましたが、阿修羅行列の後遺症は癒えず、真っすぐに六波羅蜜寺を目指しました。
あの辺りは歩いてるとホッとします。商店街とか路地の感じが昭和なニオイなのですよ。
空也上人像で有名なお寺さんですが、実は、ここの髪掛け地蔵がかなりのラヴリーで、私の恋仏なのであります。こんな可愛い女の子に生まれたかったぜ!と思うこともしばし。あんまり好き過ぎて、何回ここに来たのかわからないくらい来ています。
今は、けっこう心が素直な方向に向いてるので、地蔵さんは微笑んでいるように見えました。
ここ5年くらい来てなかったのですが、ガラスケースが新調されていたり、配置が変わっていたり、四天王が揃っていたり...相変わらず、こじんまりした宝物館ですが、ちょっと立派になっていました。
ただ、やはりお堂にいない仏というのは、淋しいです。
久々に暦も買い、基本的に「慎みなさい!」と説く、来年の運勢を見て気を引き締めました。

京都・奈良には好物が多くて、お土産に困ります。
奈良では、柿の葉寿司と奈良漬け、京都では、乾燥八つ橋と千枚漬け、栗甘納豆、ゆずせんべい、飴、あと、菜宝楽という珍しいお菓子を買っておしまいにしました。(菜宝楽については、また、のちほど!)本当は干菓子やお漬け物をもっと買いたかったんですけどね。



これは焼き栗。
イタリアの焼き栗と似てますが、こっちの方が高級な感じで、実が大きいしホクホクです。ハズレもありません。
寒い季節、よく焼き栗食べながらサッカー観戦してましたね。「夢は安斎さんと焼き栗食べながらサッカー観戦!」とか思っていたんですが、それをふと思い出し、衝動的に購入。予想以上の美味しさにビックリでした。

私は、いわゆる世に言う「追っかけ」をやっていたので、遠方に友達がちらほらいます。
京都にも友達がいて、会おうと約束していたのですが、双方で色々あって1時間くらいしかお話し出来ず...残念なことでした。
でも、実際会って話をするのはいいものです。

このあと、またモトGP関連の友人、ユキさんと色々受け渡しをする予定があって名古屋にも立ち寄ったんですが、ユキさんはすごいです。スペイン土産のお菓子にトッローニ!!(名前、かすかに思い出して検索した!スペインではなんて言うんですかね?トッロン?)ぎゃー!!実はイタリア滞在中にハマったお菓子の一つで、クリスマスの時期に大量発生する季節ものなんです。ハチミツと卵白とナッツの白い塊!!すごいよ!ユキさん!なんで私の好物がわかったんだよ?!...ちょっと、気分的にはぎゅうって抱きしめたい感じでした。



ユキさんはヴァレンシアGPを観戦しにいったわけですが、その土産話などを聞きつつ、名古屋の有名な手羽先屋で飲み食い。アルバロさんは田口トモロヲだ!と豪語して、このオフはアルバロさんにパンクコスプレをさせる!と息巻いたり...バカです。けっこういい感じで新幹線に乗ったら、あっという間に東京に着きましたですよ。家に着いたのは夜中の1時。次の日は仕事がキツかったです。

さて。
モトGPの季節も終わり、こっちのブログに戻ってこようかなといった時期になりました。
結局薬局、アルバロさんの新人研修はレポがなく、もう今年はおしまいみたいです。ただ、ガードーナーが今季のスーパーバイクのインプレをやってて、カワサキを褒めちぎっていたので、翻訳してみたい気も...けっこういいタイムも出たようで「あとはいいライダーを待つのみだ。」とのこと。...クリス、忍者が待ってるってよ。つか、期待値ハードル上げられちゃったよ? 一方スズキGSX-Rはこきおろされておりました...汗。「マシンが古過ぎ」「問題山積みじゃん!」だってさ。あと、気になったところでは、ヤマハR1はマシンがすごいというよりはスピーズがすごかったみたいだってことですかね。スピーズ、やっぱ天才?桜木花道?来年のトスランドとの比較が楽しそうですね。

ちょっとゆっくりしたら、今年やり残したことを整理して来年に備えなきゃですね。
なんか、安斎さんが年末やる気なんですけど...どこまでついていけるかな??
Comments (2)