がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遅ればせの…アーセナルFA杯獲得、おめでとう!!

2014-05-26 | Arsene Wenger (アーセナル)
ラムジーとかエジルとか…も描きたいのですが、やはり、とりあえずアーセン祭を。
久々に描きましたが、やっぱ、カッコいいねぇ。惚れ惚れしちゃうねぇ。ドキドキしちゃうねぇ。
見てくれだけなら、世界一好きかもしれない。今現在。
いや、見た目だけでなく、言ってることも最高にカッコいいのですが。
まぁ、総合的に言うと、他の人に抜かれますんで、そこは。基本的には絵を描く人が一番好き。もう、そこはブレない。やっぱり、自分にとってのヒーローはかっちょエエ絵を描く人で、一番カッコいいと思ってます。

さても。
アーセナルは9年前までタイトルを獲りまくっていたのですが、あれから9年。毎年CLには出場するものの、タイトルからは遠ざかっていました。
サッカーを取り巻く環境が変化していく中、自分の哲学を守り抜いた上でのタイトル。
湯水のようにお金を使うビッククラブに比すれば、金銭によるスターの獲得よりも育成に力を注ぎ、それでいて、美しいサッカーを目指してきたアーセン。
まだ芽の出ていない才能や、しおれかけた才能を手元においては、見事な花を咲かせるため、横から選手をかっさらわれることも度々。
青田買いと揶揄されたこともありました。
選手たちへの愛情と競技に対する情熱は、ピンポンの小泉先生やおばばを彷彿とし、選手たちがスマイルやらペコに見えて、勝手にワクワクしたりしています。
そんなアーセンの、ある意味、一から育て上げたガナーズの初タイトル。
本当は、十代から育て上げた選手だけのチームを作るのが理想なんだろうね。
まぁ、それは無理だとしても、なるたけその理想に近づこうとした結果のチームでのタイトル。
そりゃ、9年前より嬉しいわな。

解任を騒がれ始めて久しいアーセンですが、あと一年はやってくれるでしょう。
試合に一喜一憂するアーセンを、また来シーズンも楽しみたいと思います。

Comment

植物男子ベランダー 第4話・フラワー・ラブ Episode 02「窓際の豹」

2014-05-21 | 植物男子ベランダー
なんというか、まったくやる気が失せる時というのがあって、それは暇な時ほどそうなりやすくて、ちょっとダラダラしてました。
体調を崩した時の変な時間に寝るクセが治らないのも、ちょっとした問題で。時々、こうなりますが、わりとすぐに治ります。基本的に寝れないというのはないので。つまり、眠りすぎるんです。
前々から悩んでいたこととかがあって、それに囚われちゃったこともあります。
基本的に全力で後ろ向きなので、自分のことも社会のことも常に悩んでおります。常態化しているので、普段は気にも留めません。そうゆう人生です。なんとかやっていくことでなんとかなる、というあやふやな信条で生きております。
まぁ、あとはアーセナルがFA杯獲ったので、浮かれてました。
やったね、アーセン。
そのうち、絵、描こう。アーセンの。

さても。
アルストロメリアを愛でるトモロヲさんは中途半端にエロかったですね。
松尾スズキさんがやったらエロ過ぎて放送禁止になりそうな気がしますが、そこはトモロヲさんなので、中途半端で笑えてしまったという。
しかし、散り際が美しい花ってあるんですかね?
妹と競技した結果、バラはキレイじゃないか、ということに。あと、椿は花ごとポロっと落ちますね。
でも、室内に置いておく限り、やはり、どんな花も散り際は厄介な気がします。

今日は再放送ですね。
多分、観ちゃいます。

Comment

植物男子ベランダー 第4話・フラワー・ラブ Episode 01「復活の鉢」

2014-05-15 | 植物男子ベランダー
この回、笑いましたねー。
ベランダ掃除ごときにフル装備で大騒ぎする軟弱な都会っ子ぶり、毛虫持って嫌がらせをする小学生のごとくにベランダーをいじめる店長、そして、台詞が「え」しかないサボテンの発芽発見の場面。可笑しくてしょうがなかった。
でも、サボテンはすごいです。事実すごいです。
昔、サボテンを枯らしたことがありまして。なんというか、絶望しつつも、なんとか復活しないものかと、ダメもとで鉢を入れ替えて水をたっぷりあげ、そりゃもう、必死に世話しました。そしたら、復活したんですよねー。今では倍くらいの大きさになって、毎年花を咲かせています。
そんなことを思い出したりもしました。

そして、南米!
出た、南米。せいこうさんで南米!
せいこうさんの著書で「岩だらけの懐かしい星」というのがありまして、これの舞台が南米なんですよ。
もともと「岩だらけで砂ばかりの風景」に郷愁を感じる人間なので、この作品が大好きだったのを思い出しました。
多分、寺田克也さんの絵が好きな理由も一緒なんです。砂のようにサラサラしていて、岩のようにゴツゴツしていて、それでいて切ったら血が滴るような感覚。私は、そうゆうものを愛してるんですね。
水分の多いものが苦手です。
ちなみに、同じ理由で中島らもさんも好き。マーズ・ヴォルタの音楽も聴いた時に「岩だらけの懐かしい星」だ、と思ってファンになりました。
そういや、このあいだ亡くなったガルシア・マルケスを知ったのは、確か、せいこうさんの著書の中でだったな、とか。
南米はいいね。
そろそろブラジルW杯ですね。
しかし、ベイルもラムジーもズラタンも、W杯には出られないんですね。

さても。
次の放送が28日までない、ということで、美術館に行ったりしようと思った矢先に、体調がぐずぐずになりました。
まぁ、季節の変わり目には必ず体調不良を訴えるようになったのは、年のせいでしょうか。
結局、「栄西と建仁寺」と「医は仁術」くらいしか観に行けず、仕事以外ではずっと寝てました。寝すぎて、こんな時間に目が覚めるとか。
でも、東京国立博物館は行けてよかったな。大好きなのですよ。特別展は行くための口実というか、ゆっくりと堪能出来て楽しかったです。
もちろん、海北友松の絵をあれだけまとめて観られたのに加え、宗達の風神雷神をはじめ、若冲、等伯、白隠...そりゃ、もう、愉しくて嬉しくて、うはうはだったのですが。観てて、後世の絵描きたちに与えた影響と抜群の線のカッコよさに、海北友松はメビウス!という思いを強くしました。
ああ、でも、体調不良は久々にかなりひどくて参りました。
なんというか、不幸中の幸いというか、なかなか絵が描けなかったので、今週放送がないのは助かりました。
「アルストロメリア」は来週までには完成させたいと思います。
で、苳だよ、苳。苳描くよ!

Comment

植物男子ベランダー パイロット版2・花はどこへ行った Episode 02「捨てられたオンシジウム」

2014-05-08 | 植物男子ベランダー
ライブに行ったことの疲労が消えず、腕が痛い、という事態に見舞われ、休み休み描いてました。
でも、ベランダーは28日まで次の放送がないんですね…。
次の新作分は、のんびりやります。つか、仕事のシフトがユルくなる時期に...新作やらないとか…。
よし、苳描こう、苳。
美術館・博物館にも行きたいし、ジロ・デ・イタリア始まるし、ちょうどいいね。

オンシジウムは黄色に赤の斑点という、なんというか、そんなに好きじゃない花でした。
でも、これ観てからは、そのけなげさを思い、一転、愛着のある花に。
いや、もう、すべての植物はビバ!ですよ!植物博愛!

もともと植物は大好きで、それは大好きだったおじいちゃんの影響が大きいのですが、ベランダーを観てると、しきりにおじいちゃんを思い出します。

さて。
ナスですが。
毎年、ナスを大収穫をしている父に聞いたところ、基本的に「千に一つも無駄はない。」そうです。肥料のやり過ぎじゃないかとのことでした。
時間が遅いので、父に観てもらえないのが残念なとこです。
Comments (2)

植物男子ベランダー パイロット版2・花はどこへ行った Episode 01「レモンポトスの侵略とナスの格言」

2014-05-05 | 植物男子ベランダー
実は、一番はじめにベランダーで絵を描いたのが、このナスの苗を愛でるトモロヲさんでした。
なんというか、描かずにいられなかったのです。

トモロヲさんの顔は難しいのですよ。
特徴がありそうでないというか、ここを描けば似る、みたいなとっかかりがないんです。
でも、表情や動きは豊かで面白いし、いつかちゃんと描いてみたいと思ってはいたんですよね。
なので、この「植物男子ベランダー」がレギュラー化されると知った時は、ワクワクしました。
今は、もう、見なくてもある程度描けます。

そうゆう人は、まだ何人かいます。
橋本じゅんさんとか、ベランダー的な番組に起用されたら、狂喜乱舞ですね。
せいこうさんには「スキヤキ」という、これまた偏愛で突っ走った名著もあることですし、これは橋本じゅんさんでいいと思います。
馬の役まで完璧にこなす演技力と変幻自在の表情筋を、ぜひ、TVで堪能してみたい!!
轟天さぁ~ん、愛してるぅ~!!

時に。
昨日、ラストオーダーズのライブを観て参りました。
去年の春は寺田祭でライブに行けなかったため、去年のさるフェス以来。
やっぱ一番かっちょエエ姿はこれだよねー!と、前の方ではしゃぎまくった結果、今朝の地震にも気づかないほどの爆睡でした。
このライブ、泯比沙子と島流しさん主催ライブでして、初めて泯さんを生で観ました。すごかった。もう、なんか、すごかったです。話には聞いてたけど、本当に実在するんだー!!みたいな、ストレートな感動でした。
Comment