がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うわぁぁぁ~!!!!

2008-04-30 | いろいろ
ってね。
仕事の最中に叫びそうになってしまったですよ。

ウチの職場はテレビやらラジオがかかりまくってるステキなところなんですが。
まさか、ね。
FMラジオで欧州チャンピオンズリーグの結果をアナウンスするとは!!
でもね。実は、ナチュラルに今日の早朝にマンチェスターU対バルサ戦をやってたことを忘れたりしてたんです。
いまだにリズラスズキの中国GP事前記事訳してないしな。いや、これは個人的な英語の勉強だから焦る必要はないんだけど。
ボケてるね!
完全に季節と同化してるね!!

GWは天気がいいみたいですね。
私は一般的な休みとは関係のない、シフト制の仕事をしてるので、どうでもいいです。中国GPのために希望休で4日に休みを貰ってほくほくしてたりします。
でも、こうゆう陽気だと、ツーリングとかドライブとかお散歩とか、ふらふらしたいなって思います。切実に。
厄よけ兼ねて千葉の奥地へグースでいくのもいいし、ゴリラズとか聴きながらのんびりドライブってのも最高♪川沿いの散歩もいいなぁ~。
どうしよう。陽気のいいうちにツーリングの計画でも立てるか!?

などと考えながら、今日は、去年の夏からずっと欲しくて、ようやく買えた「ホタルノヒカリ」を読んでました。
ひさびさの女の子マンガ!!ですよ!!読んでて恥ずかしいですよ!
やっぱり、こうゆうマンガは苦手かも...。
ドラマより面白いですけどね。まぁ、その程度で。
私にとって、マンガって、「ああ、わかる!わかる!」みたいなものじゃないんだ。松本大洋だったり望月峯太郎だったり岡崎京子だったり坂田靖子だったり、または、赤塚不二夫であったり楳図かずおであったり、なんだろう...もっと、こう、カッコいいもの、グッとくるもの、バカバカしいものであってほしいんだな。
ああゆう、キレイキレイに描かれたのは、別世界だね。
マンガ、描きたいなぁ。
描いてみようかなぁ。
Comments (2)

最後の最後

2008-04-26 | いろいろ
最後の最後でやられると、ショック大きいですよね。

最近、そうゆうのを二つ見ました。

一つは、少し前の話になってしまいますが、スーパーバイクの第3戦バレンシア。
愛するスズキの若手、ノイキルヒナーがポールポジションでホールショットも取って、最終ラップまで1位独走。
いや、正直、嫌な予感はあって、チェカ先生がぐんぐん後ろに迫ってきていたので、「2位でもいいから、無事に戻ってこい!」と、思っていたんです。
でも、最終コーナーまでなんとかなって、最終コーナーもうまくシャットアウトした感じで、なんとかなるんかな??と、思った瞬間、チェカ先生、突っ込みましたよ。ふたりでコースアウトですよ。ノイちゃんは鎖骨骨折ですよ。一方、チェカ先生は復帰して8位ですよ。第2ヒートは3位ですよ。
泣けてきました。

もう一つはリバプール対チェルシーのCL準決勝。
1-0で90分を終え、ロスタイムも残り数秒のところですよ。
リーセのオウンゴール。
リーセ、というところが泣けてきました。
選手の入れ替わりが激しい中で、ずっとリバプールに在籍している選手のひとりであるリーセのオウンゴール。
サッカーはね、こうゆう「運」みたいなものが勝敗に大きく影響するスポーツですね。

最後の最後。
最後まで気を抜かないこと。最後まで諦めないこと。自分の力じゃ、どうにもならないこと。
スポーツの理不尽さは、色々なことを考えさせられます。

って、ひさびさにりんごちゃんを長い間使ってみたら、やっぱり、不具合が起こってきました。
あれ??
マックストアの店員よ、本当に大丈夫なのか?!
Comments (7)

人生は夢に過ぎない

2008-04-26 | いろいろ
このあいだ、ふとプライマルの曲を聴いていて、耳についた歌詞です。

Life is but a dream.

泣きました。

君は許されている。
すべては許されている。
真実みたようなことはなにもない。
やるべきことをやりながら、
法の外に生きよ。
人生は夢に過ぎない。

「Sometime I feel so lonely」という曲なんですが、人生は夢に過ぎない、という諦めにも似た境地に至りながら、人間は時々さみしくなるんだよな、って、そう思います。

生きにくい世の中です。
ニュースを見てると絶望的になります。
そうゆう世界で、個人は生き延びていくことを考えなきゃいけない。
本当は、皆が立ち上がって、世界をいい方向に変えていくべきなんだろうけど、実際はどうしていいか分からない。

時々ね、思います。
もう少し、世の中の事を憂えたりせずに、素直に生きてこれたらな、って。
きちんと大学を卒業したり、就職活動をして定職に就いたり、愛し愛され恋愛して結婚したり、孫の顔を親に見せたり、そうゆうあたりまえのことはなにひとつできてない自分。
選んだのは、ボビー・ギレスピーがナナメ45℃にいる人生。
どうして、こうなったかな?
って、時々、後悔します。
でも、やっぱり、私にはボビーさんの歌が必要だったし、ステキな音楽を聴いたり、絵を描いたり、バイクに乗ったりしてると、そんなことはどうでもよくなります。
でも、やっぱり、さみしくなるね。
まぁ、人生は夢に過ぎない、のだけど。

よし。明日は仕事のあとにCDを買ってこよう♪
結構ね、欲しいのがあるんです。ホワイトストライプスの去年に出た「イッキー・サンプ」をまだ買ってなかったりするし、踏んで割っちゃったゴリラズの「デーモン・デイズ」やブラーの「シンクタンク」も買い直したい。
最近、ようやく仕事が落ち着いて、金銭的に余裕が出てたので、好きなものが買えるようになってきたのです!!やた!
晴れて、壊れてしまったりんごちゃんの電源アダプターも買い直せて、復活したし!(あとは、結局、バッテリーがダメだったみたいで...やっぱり、かのリコールがかかってたバッテリーだったんだそうです。)これから、またガシガシ絵を描くですよ!
うん。
モスのポテトみたいな、ミスドのハニーディップみたいな、小さな幸せですな。
でもね、少しは貯金もして、寒くなるまでにバイク乗り用の冬ジャケットを買わなきゃです。クリスの青メットも欲しいし、9月にはモテギも行くしね。

そうだね。
遊んでくれる友達もいるし、働けてるし、グースもいるし、まぁ、幸せと言えば幸せなんだな。
でも、やっぱりさみしくなったりするのは、しょうがないね。
Comments (3)

今年の9月はもてぎへ行こう!~その1~

2008-04-12 | MotoGP
と、いうことで。
この前の記事のコメントでユキさんの指摘を受けまして、今から「もてぎ同行者」を募りたいと思います。

もともとバイクレースに興味のある人はもちろんなんですが、是非、これを機にバイクレースの世界を覗いてもらいたい!という思いで、不定期にこういう記事を出していこうかな、と。そして、6月末までに「行きたい!」といってくれる人が一人でも現れてくれたら!と、思います。

まず、見てみなきゃ始まらない!
ということで、第一回はメディアの紹介です。

モトGPは「G+」という日テレ系のCSチャンネルでやっています。
基本的に「G+」で生放送ですが、巨人の試合の都合で、時々無料放送枠での生放送がありますので、そうゆう機会にちら見です!
ちなみに1ヶ月の視聴料は1,050円です。

レースのある週末、土曜の深夜に予選が、日曜日に本戦が放送されます。
125cc、250cc、モトGPと、3つのカテゴリーがあり、今年は18戦が世界各地で開催されます。
できれば下のクラスから全部観ることをオススメしますが、関東に住んでいれば、日テレの民放でもモトGPのみ放送がありますので、日曜日の深夜帯をチェックしてみてください。

そのほか、スーパーバイクはJ・SPORT、全日本はGAORAで視聴可能。ただし、放送は1週間遅れです。

雑誌は、今はライディング・スポーツしかありません。

各オフィシャルサイトは、左のブックマークに大体揃っています。

まずは観てみる。
そこから始めましょう。
とにかく、誰よりも速く走る。
そのことだけに情熱を燃やし奮闘するチームスタッフやライダーは、本当に誰もがカッコイイです。
その中に、グッとくる選手がひとりでも見つかったら、もう、加速度的にモトGPの虜になりますよ!
容姿から入ってもいいと思います。
あらかじめオフィシャルサイトで確認したり、レースが始まる前、メットをかぶる前の、その僅かなチャンスでお気に入りの子を品定めしたりして、その子を応援してみるだけでも、少しはバイクレースの魅力を味わうコトが出来ると思います。
ちなみに、下のクラスは、ライダーもスタッフも若くて、フェルナンド・トーレスみたいなのがうじゃうじゃです。
中野王子を頭に、高橋裕紀や青山博一...日本人ライダーも、けっこうカッコイイですよ。
まぁ、レース用語とか色々難しいことは、観てるうちにだんだん理解できるようになります。理解できなくても、楽しむことに支障はありません。要は、誰よりも速く!ですから!サッカーを観るより単純です。

私がバイクレースを観始めたのは、バイクに乗り出した頃で、ちょうどヴァレンティーノ・ロッシが500ccに上がった頃でした。でも、イタリアに留学するまでは、不定期に見る程度でして、全然見ない年もありました。今みたいに毎レースちゃんと観るようになったのは2005年からです。
そのときはね、ニッキーがピルロに似てる!って勘違いしてね...苦笑。それからしばらくニッキーを応援していたんですが、オーストラリアGPでスポット参戦してきたヘンな帽子の男の子が妙に気になって、ずっとベルメウレンという名前だけは覚えてて、ハタと気がつけば、スズキでモトGPデビュー。あれ?ホンダじゃなかったっけ??と、日本に帰ってくる直前、開幕特番の雑誌を見てビックリしたんでした。
まぁ、それでも、2006はニッキーが大活躍。スズキで低迷するクリスをちらちらと気にしつつも、この年はニッキー三昧でした。しかし、初めて行ったもてぎで一番最初にサインを貰ったのはクリスだったし、生で観て、一番応援したくなったのもクリス。そして、やっぱりこの年のオーストラリアGP、雨の中で2位表彰台でかなりグッときたのも事実で。そしてなぜか、この頃、スズキ乗りが身近に2人もいたこと、郵便バイトで乗ってたバイクがバーディーだったこと、配達先にスズキのバイクがやたら置いてあったことから、どんどんスズキに傾く自分が...。
2007年が開幕し、ストーナーの快進撃に驚きつつも、コンスタントにシングルフィニッシュを続ける姿や、あの多重クラッシュから立ち直る様、確実にクリスが面白くなっていくのは感じていました。そしてフランスGPです。とどめでしたね。あんまりに好きが高じてオフィシャルでプロフィール見たのが最後、「メタリカ」「ラムシュタイン」「ホットロッド」で追い討ちをかけられ、完全なクリスファンに。今に至ります。

きっとね、面白いですよ。
色んなライダーがいるので、きっとね、お気に入りが見つかります。
そのうちメーカーごと好きになって、バイク自体が好きになれると思います。
是非!バイクレースの世界へ!
そして、もてぎへ行きましょう!

Comments (5)

私の今季CLは終了です...

2008-04-11 | いろいろ
まぁ、そんなに期待はしてなかったんですが、いざ敗退しちゃうと悲しいですね。

シャルケもローマもフェネルバフチェも、結局負けてしまいました。

一番期待していたのは、シャルケです。
今のバルサなら!と、思っていたし、1st-legの様子からも、これはカンプノウで面白いことが起こるんじゃ??と、密かに期待したりもしてたんでした。
前半は、その期待に応えるように、グタグタのバルサに対して攻撃をたたみかけ、ノイアーのファインセーブも出たりして、最高の雰囲気になったりもしたんですが...。
結局、シャルケはシャルケでした。
バルサもダメダメだし、後半は眠たいこと限りなし。
コビがなんであんな早い時間に下げられたのかは、よく分かりません。
コビが負傷してしばらく出場できなかった時も、詳細はよく分からなかったので、所詮、そんな感じでうやむやに終わる気もします。
まぁね。
来季もぜひCLに出場して欲しいものです。
コビだけでなく、ノイアーやベスターマンもかなり好きになりつつある今日この頃です。ベスターマン、いいっすね。

ローマはねぇ...トッちゃんがねぇ...。
悔やまれますよね。
トッティ対C.ロナウド、見たかったですよ!
それでも、健気なローマの選手は、ノリノリ絶好調のマンチェスターU相手に頑張ったと思います。やっぱり、テベスに得点されてからは、少し気持ちが折れた節も見られましたが、試合も楽しかったです。
しかし、デ・ロッシがPKを外したのは、なんかイタリアの伝統を見る思いでしたね。
ともあれ。
ヴチニッチ、カッコイイなぁ。
多分、今現在、一番好きなサッカー選手です。

ということで。
4月いっぱいでスカパー、欧州サッカーセットを切ります♪
決勝は民放でもやってくれるだろうしねぇ。

来季に期待!
シャルケもローマも、ぜひまた出場して欲しいもんです。
Comments (6)

春の宵にたわごと

2008-04-09 | いろいろ
私はB型です。
しかも牡羊座で辰年で六白金星でオオカミさんです。

忘れ物はひどいわ、そそっかしいわ、遅刻はするわ、やることなすこと適当だわ、感情の起伏が激しいわ、まぁ、つまるところ、ダメ人間です。

今日、グースを迎えに行くはずだったのですが、はたと気がつけば、鱸世界は定休日。仕事の都合で12日まで迎えにいけないこととなりました。
ショックです。
もう、仕事に行くのが嫌になるくらいショックです。
借金してチョイノリを買いに近所のSBSに駆け込もうかと思いましたが、SBSも定休日でした。

腐りきってネットをボーっと眺めていたら、クリスの公式サイトがリニューアルしてました。内容はほとんど変わってません。前の方がチカチカしてなくて良かったなぁ~と思ったりもしますが、少し豪華になった感じです。ああ、おいらも早く非公式ファンサイト作りたいなぁ~、って、思ったことです。20日以降にりんごちゃんを修理して、やりたかったことをどんどんやっていくつもりです。
あ。
そうそう、この間、スペインGPの直後だったんですが、初めてクリスが夢に出てきました。
なんか、バンドを組んでて、フェンダーのギターを弾いてました。もちろんリズラブルーでした。バッヂーみたいな音楽でした。
「音楽なんかやってるヒマあったら、結果出せ!」「次は絶対にシングルフィニッシュだ!」と、野次っておきました。
でも、まぁ、なんでクリスを好きになったかって、メタリカが好きで旧車が好きで海が好き、そんな部分に共感したからなんです。チャンピオンじゃなくたっていい。頑張ってくれれば、上を向いて太陽より高いところを目指してくれれば、それでいい。バケツリレー!です。

にゃ。
腐ってます。
プライマルの音楽を聴いてます。
ボビーは最高です。
みうらじゅんにボブ・ディランがいるように、私にはボビー・ギレスピーがいます。頭のナナメ45度にボビー・ギレスピーがいる人生。これもまた、なんぎです。
いつだって、ボビーが「くたばっても、あきらめるな。」と言ってくれます。キープ・オンの魂です。

お風呂に入って、寝ます。
明日はシャルケとローマが美しく敗退していくCL準々決勝を録画して、仕事から帰ってきたら、堪能です。

滅茶苦茶な内容になりました。
本当に、風呂に入って寝ます。
今日は、グルグルでも聞いて寝るかな。
Comments (2)

スズキでしょん

2008-04-08 | Wheels & Engines
本格的にモーターサイクルレースのシーズンが到来!!

と、いうことで、今年のモトバトル開幕スペシャルを見ました。
スーパーバイクもそうですが、おしなべてバイクレースは一週間遅れの放送なんですよね。
全日本は来週が開幕戦の放送となります。
まぁ、結果なんて、簡単に情報シャットアウトできるんで、どうでもいいんですが。

しかし、自分でもビックリするくらいバイクレースを観るようになりましたねぇ。しかも、全てのレースにおいて、スズキを応援している自分がいます。今年は、全日本のレースを観に行く計画も立ててます。
正直、あの赤い"S"の字に、ここまでときめくようになるとは...。なんというか、見れば見るほど、知れば知るほど、スズキの魅力にはまっていきます。
モトバトルのCMで、ヤマハやカワサキがカッチョええのを流す中、「インジェクションならスズキでしょん」と、レッツ5のCMを打っているスズキにも涙しました。ベッキーは相変わらず可愛いですね!!

入院していたグースですが、色々見てもらった結果、イグニッションコイルの交換にキャブの調整など、色々手間取って、ようやく明日退院の運びとなりました。本当は今日でもよかったんですが、あいにくの豪風雨。
明日、仕事の帰りに迎えに行きます。
やっぱり、セカンドでチョイノリをゲットすべきか?と、本気で考えましたよ。
Comments (2)

好きな選手の最期を思う

2008-04-04 | Football
ゾラが好きでした。
私が好きになった頃は、チェルシーにいて、小さい身体でクルクル動き、FKになるとワクワクするような、そんな選手でした。
チェルシーが変革していく前にチームを離れ、地元のカリアリに戻り、セリエBにいたチームをAに昇格させ、1年プレーした後、引退しました。
最後の1年までも、その、ワクワクさせるFKは輝きを失わず、その小さい身体でカリアリを牽引する勇姿は素晴らしいものがありました。

最近、ピルロが選手としてどんな最期を迎えるのか、考えるコトがあります。
ミランに最後まで残るのか、地元のブレシアに戻るのか。
個人的には、ミランでコンスタントにスタメンで出れなくなるなら、ブレシアへ移籍してほしかったりします。ブレシアが昇格してくれてれば一番良いのですが、ゾラのように、昇格に貢献するのもカッコイイなぁ~、なんて思ったり。とにかく、引退するまでピッチでプレーし続けてほしいのです。
まぁ、以前から言ってますが、ゾラのような選手であってほしい、と。
あくまで、個人の希望ですが。

うん。
ピルロくらいなんだよなぁ、最期を考えてしまうサッカー選手は。
確かに、今現在は、ヴチニッチとかのほうが観てて面白いし、好きだし、感情抜きにしたら、今のピルロにはそんなに興味ないんですよ。
ただ、今後は気になる。
また、新たな道に踏み出して、新たなカッコよさをみせてくれるのか?
そして、サッカー選手としてどんな終わり方をするのか?
きっと、ピルロ以上に好きになれるサッカー選手が出てくるとは思えないし、だから、いい最期を迎えて欲しいと思うんでしょうね。

それは、きっと、近い将来、クリスに関しても考えるだろうなぁ。

とまれ。
ミランがボロボロですね。
やる気がない、というか、覇気がないですね。そのわりには焦っている向きもあり、チームがバラバラです。観ててつまらないことかぎりなしです。
戦術や技量以前の問題な気がします。
いっそCL圏内も取り逃して、とことんまで落ちたらいいんじゃないかと思っています。

CLは、マンチェスターUが優勝でしょう。
ローマ戦でのクリスティアーノ・ロナウドの飛び込み式のヘディングシュートに脱帽です。カッコよすぎ。ローマはトッちゃんがいない時点で、もうダメだと思っていました。最後のほうはバタバタでしたね。
シャルケは残念でしたね。今のバルサなら、もしかして!と、期待したのですが。試合が落ち着くまでは、もう少し慎重に守備をするべきだったと思います。ノイアーも、経験の浅さが出てしまいましたね。あそこはガッツリはじかないと!あと、コビは左サイドで使っとけよ...。ジョーンズやラキティッチがいないのが苦しいのは分かりますが、まず、スタメンの組み方からおかしかったし、クーラニーを早い段階で交代させたり、スロムカ監督の采配ミスは大きかったと思います。解任決定か?
とにかくも。
時代の流れは、華があるかないかで決まるので、今季のCLはクリロナが持っていくと思います。
決勝は、対リバプールがいいなぁ。
Comments (3)

お、地震だ!

2008-04-04 | いろいろ
ね。
千葉北西部、震度3。

いや。
こうゆう時に思ったりするんですよ。死ぬ準備はきちんとしとかなきゃな、って。

今は死にたくないです。
部屋汚いし、遺書も作成してないし、なにより、楽しみにしてるものが山ほどある。描きたい絵も山ほどある。

でも、突然死んでしまったりすることってあるからね。
その時に、親族があたふたしないようにしておくことは必要なんじゃないかと。
死亡連絡してあげて欲しい人のリスト、ブログのパスワードと削除の方法、葬式を最小限で行う旨、遺品の処分方法などなど。
自分の持ち物もきちんと整理して、いつ死んでもいいような状況を作っておきたい、って、最近思っています。

長生きは、あまりしたくないです。
ただ、むやみに親より先に死ぬのは最大の親不孝だと思っているので、それは、できるかぎり避けたいです。

人間の命、それ自体は、そんなに尊いものだとは思ってないんですよ。
尊いのは、命ではなく、生命活動のあり方であり、外界との関係性であり、それは、つまり、そこに意味があるかどうかの問題なのだと思っています。
そして、肉体に死があるのと同様に、精神にも死があることが、もっと認知されてもいいと思っています。
高齢者医療や尊厳死の問題も、やみくもに命の大切さだけを考えていては、解決の糸口はつかめないでしょうな。

とはいえ、現代は混乱にあって、社会は大きな嘘に包まれ、夢や希望を持ちにくい世の中ですね。政治や経済の対策には、いつも失望させられますが、かといって、自分に何かをなす力はない。
平坦な戦場。
そこで生き延びていくこと。
きっと、現代を生きるということは、そうゆうことなんでしょうね。
実は、生きる意味がないのは、個人ではなく、社会そのものなのかもしれません。
本当は、今ある権力に立ち向かっていく必要があるんだと思うんですが、そして、それは、一人の英雄が、ということではなく、ごく一般的な人間が立ち上がって、あるまとまった人数で起こすべき改革でないと意味がないでしょうね。

まぁ、所詮、人が多すぎて収集がつかないんですよ、現代は。
いいんじゃないかな、ゆるやかに滅びていくのも。
個人は、とにかく生き延びていけばいい。

そんなことを、思う、春の夕べです。
桜、散り始めて、キレイですね。
Comment